Hoshino Yuki

写真a

Affiliation

IWATE University  Faculty of Agriculture  Veterinary Teaching Hospital 

Position

Associate Professor

Campus Career 【 display / non-display

  • 2017.07
    -
    Now

    IWATE University   Faculty of Agriculture   Veterinary Teaching Hospital   Associate Professor   [Duty]

 

Course Subject 【 display / non-display

  • 2018

    Basic Seminar for the first-year students

  • 2018

    Veterinary Clinical Oncology

  • 2018

    Small Animal:Applied Practice in Veterinary Surgery

  • 2018

    Veterinary Soft Tissue Surgery

  • 2018

    General Veterinary Surgery

display all >>

 

Published Papers 【 display / non-display

  • 犬の腫瘍性疾患に対して循環血液中MicroRNA−214,126がバイオマーカーとなる可能性

    平島和樹、市川ゆきえ , 吉田恭子 , 岩﨑 遼太 、星野有希、森崇他

    サイエンティフィックリポート   23 ( 7 ) 2301   2017.04  [Refereed]

    Academic Journal  Multiple authorship

    犬の腫瘍性疾患および健常対照の合計181例における循環血漿マイクロRNA(miR)-214および-126のプロファイルを得るためにRT-qPCRを行った. miR-214は, 甲状腺癌, 乳癌 骨肉腫, 組織球性肉腫軟骨肉腫および血管肉腫において高かった. miR-126は, 乳癌, 肝細胞癌, 扁平上皮癌, 甲状腺癌, 移行上皮癌, 骨肉腫, 肥満細胞腫, メラノーマ, 血管肉腫において高かった. miR-214の診断精度は肉腫で比較的高かったが, miR-126はほとんどの腫瘍で高かった. miR-214および-126はいくつかの腫瘍の予後予測因子であった. miR-214および-126は, 犬腫瘍性疾患の診断および予後のバイオマーカーである可能性を有する.

  • 犬の腫瘍組織および正常組織由来血管内皮細胞に対するCA4Pの効果

    和泉雄介、青島圭佑、星野有希、高木哲

    リサーチインベテリナリーサイエンス   ( 112 ) 222 - 228   2017.06  [Refereed]

    Academic Journal  Multiple authorship

  • 猫におけるフェノバルビタール濃度に対するシクロスポリンの干渉

    印伝、大高、福井、佐藤、片山

    JVMS     2019.11  [Refereed]

    Academic Journal  Multiple authorship