佐々木 全 (SASAKI Zen)

写真a

所属

岩手大学  教育学研究科 

職名

准教授

生年

1975年

研究分野・キーワード

発達障害, 特別支援教育, 発達障害のある子どもの放課後休日活動, 通常学級における特別支援教育, 特別支援教育における連携

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年03月

    岩手大学  教育学研究科  障害児教育専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 岩手大学 -  教育学修士  2000年03月23日

    学位の分野 : 教育学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    岩手大学   教育学部   准教授   [本務]

  • 2016年04月
    -
    継続中

    岩手大学   教育学研究科   准教授   [本務]

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2015年度

    基礎ゼミナール

  • 2015年度

    特別支援教育指導法

  • 2015年度

    特別支援教育概説

  • 2015年度

    特別支援教育実践論

  • 2016年度

    特別支援教育指導法

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • “いわゆるLD”児の教育支援に関する一研究

    佐々木全

    未刊行:学位論文(教育学修士)岩手大学大学院教育学研究科     2000年03月

    その他(含・紀要)  単著

    LD、高機能広汎性発達障害、注意欠陥多動性障害、境界知能を包括する概念として、“いわゆるLD”という呼称を提唱。その上で、M市内の小中学校通常学級を対象とし、“いわゆるLD”のある児童生徒に関する実態調査を実施した。この結果から支援体制に関する課題等を指摘した。また“いわゆるLD”のある児童生徒3名を対象とした個別指導の経緯から、認知特性に応じた指導の有効性等を指摘した。なお“いわゆるLD”とは、現在でいうところの発達障害を意味した。

  • LD及びその周辺児に対する教育支援の実態と課題

    加藤義男、石坂直康、佐々木全

    岩手大学教育学部研究年報   60 ( 1 ) 11 - 24   2000年10月

    その他(含・紀要)  共著・分担

    LD及びその周辺児を取り巻く状況について、岩手県内およびM市内の小中学校通常学級を調査対象とした実態調査の結果に基づき、次の3点を指摘した。すなわち、①LD及びその周辺児は学校において学習面、行動・情緒、対人関係等における困難さを表していること、②学校はその内外との連携を重視しつつも、実現できていない状況があること、③一人一人の教育的ニーズに基づいた支援という認識の重要性である。なお、LD及びその周辺児とは、現在でいうところの発達障害児を意味した。

  • 生徒一人一人が自主・自律的に活動できる授業をめざして

    佐々木全、山村保之、石田豊 他63名

    創造とチャレンジ―特別支援教育の時代―     117 - 118   2003年10月

    全国誌  共著・分担

    重度・重複障害児の指導について「生徒一人一人が自主・自律的に活動できる授業をめざして」と題し、岩手県立花巻養護学校(現 花巻清風支援学校)高等部の作業学習における重度・重複障害生徒の事例を示した。これを通じて、活動中の生徒の行動からその認知特性を把握し、それに応じた指導方法を開発することの必要性と、その有効性を指摘した。

  • 高機能広汎性発達障害児に対する「エブリ教室」におけるソーシャルスキル・トレーニングの一例

    佐々木全

    第6回自閉症支援実践賞入賞論文集     5 - 17   2005年05月

    その他(含・紀要)  単著

    高機能広汎性発達障害児(主に通常学級在籍)を対象とした「エブリ教室」の心理臨床実践の研究報告。独自に考案した劇活動を用いたソーシャルスキル・トレーニングの展開方法、内容を示し、その有効性を指摘した。なお、高機能広汎性発達障害とは、発達障害に含まれる一群である。
    本論文は、第6回自閉症支援実践賞(いとしご賞)を受賞した。

  • 発達障害児(者)に対する、インフォーマルな支援グループの取り組みに関する検討―岩手県における「通所支援教室」の成果と課題―

    佐々木全

    発達障害研究   31 ( 2 ) 125 - 134   2009年05月  [査読有り]

    学会誌  単著

    岩手県内において、発達障害児(者)を対象とした「通所支援教室」の活動について、保護者を対象とした「顧客満足度調査」を実施した。その結果、目的変数である「教室に参加させてよかった」との相関が高く、活動の満足度が低いものに「子どもの活動に対する満足感や楽しみ」があり、相関が低く活動の満足度が高いものに「子どもの知識技能の育ち」があった。すなわち活動に対して、保護者は知識技能の習得よりも満足感や楽しみを重視していたことが明らかになった。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 特別支援教育の「子ども理解」

    佐々木全、太田俊己、中坪晃一 他60名

    (有)ケーアンドエイチ  2012年02月

    学術図書

  • 特別支援教育 青年期を支える 「日常生活の指導」Q&A

    佐々木全、名古屋恒彦、石井貴也 他10名

    東洋館出版社  2012年03月

    学術図書

  • 中学校 学級担任のためのよくわかるインクルーシブ教育 課題解決Q&A

    森山貴史 佐々木全 ( 担当範囲: pp128-133 )

    開隆堂  2019年09月 ISBN: 978-4-304-02162-6

    単行本(一般書)

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 知的障害を有する生徒の自主・自律的行動を促す教材の一例

    佐々木全

    教育研究岩手 ( 岩手県立総合教育センター )  ( 93 ) 80 - 81   2005年11月

    機関誌  

  • 気づきから、共感的理解へ

    佐々木全

    年報 花童・風童 ( はなまき軽度発達障害児の教育と生活を支援する会 )  ( 3 ) 12 - 13   2007年02月

    機関誌  

  • スキルトレーニングと生活単元学習

    佐々木全

    特別支援教育研究 ( 日本文化科学社 )  ( 604 ) 31 - 31   2007年12月

    機関誌  

  • 生活単元学習と子どもの育ち

    佐々木全

    特別支援教育研究 ( 日本文化科学社 )  ( 604 ) 31 - 31   2007年12月

    機関誌  

  • 知的障害教育実践の現場から

    佐々木全

    特別支援教育研究 ( 日本文化科学社 )  ( 614 ) 20 - 21   2008年10月

    機関誌  

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 地域の市民活動による、軽度発達障害のある児(者)に対する支援の現状―はなまき軽度発達障害児の教育と生活を支援する会(花童・風童)の実践―

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  佐々木全、三田敏明、関口栄子、山下仁志、宮澤寛行、安倍千恵子

    日本発達障害学会第44回大会  (岩手大学) 

    2009年08月
     
     

    日本発達障害学会

  • 地域の市民活動による、軽度発達障害のある児に対する休日活動提供の現状―岩手県内3つのグループによる「通所支援教室」の運営上の課題―

    ポスター(一般)  佐々木全、三田敏明

    日本発達障害学会第44回大会  (岩手大学) 

    2009年08月
     
     

    日本発達障害学会

  • 特別支援学校のセンター的機能による地域資源開発―発達障害児とその保護者支援に資する取組―

    ポスター(一般)  佐々木全

    一般社団法人日本LD学会第21回大会  (仙台国際センター) 

    2012年10月
     
     

    一般社団法人日本LD学会

  • 高等学校におけるスクール・ソーシャルワーカーの有効活用に資する特別支援教育コーディネーターの連携内容

    口頭(一般)  佐々木全・髙橋岳志

    日本学校ソーシャルワーク学会 全国大会in東京  (法政大学) 

    2016年08月
     
     

    日本学校ソーシャルワーク学会

  • 発達障害のある児者を対象とした「タグラグビー」における支援方法開発~心的過程に着目した戦術によるナチュラルサポートをめざして~

    ポスター(一般)  佐々木全

    日本LD学会第25回大会(東京)  (パシフィコ横浜) 

    2016年11月
     
     

    一般社団法人日本LD学会

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 特別支援学校の防災対策における合理的配慮と基礎的環境整備に関する調査研究

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2018年度・ 2,730,000円・ 630,000円

    2019年度・ 780,000円・ 180,000円

    2020年度・ 910,000円・ 210,000円

その他研究活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年度

    平成30年度日本教職大学院協会研究大会 発表

    岩手大学教職大学院における現職院生の学びの様相
    -「特別支援教育力開発プログラム」修了生・M2・M1の
    現職院生自身による省察から-

    田淵健・東信之・佐々木全

    日本教職大学院協会年報 別冊 実践研究成果集

  • 2019年度

    第27回発達障害支援医学研修
    (岩手県医師会派遣)
    20190626ー27