対馬 正秋 (TSUSHIMA Masaaki)

写真a

所属

岩手大学  研究支援・産学連携センター 

職名

教授

研究室住所

〒020-8551 岩手県 盛岡市上田4-3-5

研究室

研究推進機構 プロジェクト推進部門

研究室電話

019-621-6494

研究室FAX

019-604-5036

ホームページ

http://www.ccrd.iwate-u.ac.jp/

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

抗認知証, 技術移転、知的財産、エネルギー、ヒートポンプ、脳、昆虫

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年03月

    東北学院大学   工学部   電気工学科   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2010年03月

    岩手大学  連合農学研究科  寒冷圏生命システム学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 岩手大学 -  博士(農学)  2010年03月31日

    学位の分野 : 植物保護科学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年09月
    -
    2008年03月

    岩手大学   工学部   産学官連携教員(技術移転マネージャー)   [本務]

  • 2004年04月
    -
    継続中

    岩手大学   UURR国際共同交流事業プロジェクトチーム 産学官連携教員   [兼務]

  • 2004年09月
    -
    2005年03月

    岩手大学   工学部   産学官連携教員   [講義担当]

  • 2006年07月
    -
    継続中

    岩手大学   岩手大学・大連理工大学国際連携・技術移転室 産学官連携教員   [兼務]

  • 2006年10月
    -
    2007年03月

    岩手大学   大学教育総合センター   産学官連携教員(技術移転マネージャー)   [講義担当]

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 電力工学・電力変換・電気機器

  • 植物保護科学

  • 技術移転

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2010年度

    技術経営特論

  • 2011年度

    技術経営特論

  • 2012年度

    技術経営学特論

  • 2013年度

    技術経営学特論

  • 2014年度

    技術経営学特論

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 自治体・大学等の開発技術の利用促進に関する調査

    研究期間:

    1996年04月
    -
    1997年03月

    研究課題キーワード : 産学連携、特許、活用、技術移転

    研究態様: 個人研究

    研究制度: その他の研究制度  

    専門分野(科研費分類)

    社会学 , 

    研究活動内容

    我が国の公設研究機関、国公私立大学、高等専門学校における開発技術の事業化状況について調査し、それらの開発技術を活用した今後の産業振興制度の改善のための基礎資料とした。

  • 未利用特許情報活用実態調査(調査対象:大企業)

    研究期間:

    1996年04月
    -
    1997年03月

    研究課題キーワード : 特許、休眠、活用、技術移転

    研究態様: 個人研究

    研究制度: その他の研究制度  

    専門分野(科研費分類)

    社会学 , 

    研究活動内容

    大企業100社が有する特許のうち、製品化等の事業に利用している特許の状況について調査し、今後の特許制度の改善のための基礎資料とした。

  • 米国における技術流通機関に関する調査

    研究期間:

    1997年04月
    -
    1998年03月

    研究課題キーワード : 技術移転事務所、TLO、ライセンス、バイドール法

    研究態様: 個人研究

    研究制度: その他の研究制度  

    専門分野(科研費分類)

    社会学 , 

    研究活動内容

    米国の国立研究所のTLO、大学のTLO、民間企業、技術移転コンサルタント等の活動状況について調査するとともに、ヒアリングを通じて、我が国での技術移転促進政策の立案・施行を検討するための基礎資料を提供した。

  • 日米の技術移転状況を踏まえた技術移転システムの検討

    研究期間:

    1997年04月
    -
    1998年03月

    研究課題キーワード : 技術移転、ライセンス、戦略、共同研究、アライアンス

    研究態様: 個人研究

    研究制度: その他の研究制度  

    専門分野(科研費分類)

    社会学 , 

    研究活動内容

    日米双方の企業、国立研究機関等における技術移転活動の現状や課題点について、アンケート調査とヒアリング調査により実施し、今後の産業振興制度の改善のための基礎資料とした。

  • 未利用特許情報活用実態調査(調査対象:中小企業)

    研究期間:

    1997年04月
    -
    1998年03月

    研究課題キーワード : 特許、休眠、活用、技術移転

    研究態様: 個人研究

    研究制度: その他の研究制度  

    専門分野(科研費分類)

    社会学 , 

    研究活動内容

    中小企業300社が有する特許のうち、製品化等の事業に利用している特許の状況について調査し、今後の特許制度の改善のための基礎資料とした。

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 地中熱を利用した住宅用ヒートポンプシステムの性能に関する実験的研究 第2報 冬期の暖房性能に関する実験

    長友宗重, 吉野博, 石川善美, 木村茂夫, 対馬正秋, 石川泰夫, 佐藤明郎

    東北大学建築学報   29   189 - 196   1990年03月

    その他(含・紀要)  共著・分担

  • カイコサナギを宿主とするハナサナギタケ熱水抽出物のDガラクトースによる脳加齢誘導マウスの脳機能向上効果

    対馬正秋、山本圭一郎、御領政信、鈴木文夫、鈴木幸一

    ジャーナル・オブ・インセクト・バイオロジー・アンド・セリコロジー   79 ( 2 ) 45 - 51   2010年06月  [査読有り]

    学会誌  共著・分担

    本研究は、実用品種のカイコを宿主とする冬虫夏草(ハナサナギタケ)Paecilomyces tenuipes(= Isaria tenuipes, or Isaria japonica)熱水抽出物(PTE)を、D-galactose(D-gal)を8週間皮下注射して脳加齢を誘導したC57BL/6Jマウスに5週間経口投与し、ステップスルー受動回避試験による文脈記憶能力とモリス水迷路試験による空間学習記憶能力に関する解析を行なった。PTEを摂取したマウスは、ステップスルー試験では、post-shock trialでの潜伏時間が長期化し、モリス水迷路試験では、トレーニング期間での反応潜時、プラットフォーム位置のクロッシング回数の増加とプラットフォームゾーン滞在時間が有意に増加した。さらに、D-galによる脳加齢誘導マウスの脳切片について、ホルツァー染色により海馬CA3領域にグリオーシスの発生という解剖学的なエビデンスが得られた。PTEを摂取していたD-gal脳加齢誘導マウスのグループにグリオーシスの減少が認められた。これらのことから、PTEが抗認知並びに学習機能向上効果を有する可能性があることがわかった。

  • カイコ冬虫夏草によるマウス脳機能改善効果

    対馬正秋、山本圭一郎、鈴木文夫、御領政信、鈴木幸一

    東北蚕糸・昆虫利用研究報告   2011 ( 35 ) 2 - 2   2011年12月

    学会誌  共著・分担

  • 昆虫を資源とした生物学に基づくセラピーならびに創薬(その1)海馬修復因子

    鈴木幸一, 対馬正秋

    Pharm Tech Jpn   Vol.29 ( No.14 ) 2777 - 2781   2013年12月

    全国誌  共著・分担

    昆虫資源を根拠に,海馬修復因子について述べる。漢方薬・生薬上の狭義な冬虫夏草とは,コウモリガに寄生するチベット産の菌類のみを指していたが,今日ではCordyceps属の他の菌類(例えばサナギタケ)から,ハナサナギタケまで含めて広義に冬虫夏草としている。冬虫夏草商品としては,人工タンク培養液由来のタイプ,昆虫体から発生し子実体を形成した状態で乾燥したままのタイプかその粉末タイプのものが主流である。カイコ冬虫夏草ハナサナギタケ熱水抽出物(PTE)を5および25mg/kg・dayになるように濃度調整し,5週間経口自由摂取させたPTE群のマウスに対して,脳機能解析のためにステップスルー型受動的回避実験とモリス水迷路実験,海馬の組織化学的観察(ヘマトキシリンエオジン染色,ホルツァ染色)を行った。その結果,文脈学習記憶評価のステップスルー型受動的回避実験において,老化マウス群に比較してコントロール群と25mg/kg・dayのPTE群では,24時間後の記憶保持を示す再生試行(Post‐shock trial)による反応潜時が有意に高かった。すなわち,老化ネズミで発生したニューロン損傷部位を修復する効果を,経口投与したカイコ冬虫夏草ハナサナギタケ熱水抽出物で認めたのである。ヒト試験では目下実験中である。

  • カイコ冬虫夏草の機能解析と応用開発

    石黒慎一、対馬正秋、シラパコング=ピヤマース、鈴木幸一

    蚕糸・昆虫バイオテック   85 ( 2 ) 63 - 67   2016年08月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

    冬虫夏草を起源とした医薬品・代替補完薬に関するヒト試験を紹介した上で、現在取り組んでいるカイコ冬虫夏草のマウス実験による記憶障害改善効果ならびに安全性評価結果について紹介している。

著書 【 表示 / 非表示

  • Frontiers in Clinical Drug Research (Alzheimer Disorders), Vol. 6

    鈴木幸一、対馬正秋、御領政信、品田哲郎、保野陽子、西村栄治、寺山靖夫、森勇樹、吉岡芳親

    Bentham Science Publishers - Sharjah, UAE.   2017年01月 ISBN: 978-1-68108-3

    学術著書

  • カイコ冬虫夏草の機能解析と応用開発

    石黒慎一、対馬正秋、シラパコング=ピヤマース、鈴木幸一

    株式会社本の泉社  2018年02月 ISBN: 978-4-7807-16

    学術著書

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 特許戦略シリーズⅠ「中小企業の技術導入の現状と特許流通事業の役割」

    対馬正秋

    Venture Forum ( 財団法人ベンチャーエンタープライズセンター )  158 ( 11-12 ) 16 - 21   1997年11月

    その他  

  • 特許戦略シリーズⅡ「米国における産学官の技術移転機関」

    対馬正秋

    Venture Forum ( 財団法人ベンチャーエンタープライズセンター )  160 ( 2-3 ) 10 - 15   1998年02月

    その他  

  • 特許戦略シリーズⅢ「自治体開発技術利用促進に関する調査結果」

    対馬正秋

    Venture Forum ( 財団法人ベンチャーエンタープライズセンター )  161 ( 4-5 ) 6 - 11   1998年04月

    その他  

  • 特許戦略シリーズⅣ「大学における技術移転」

    対馬正秋

    Venture Forum ( 財団法人ベンチャーエンタープライズセンター )  162 ( 6-7 ) 12 - 15   1998年06月

    その他  

  • 大学における利益相反マネジメントの現状と課題

    対馬正秋

    インターラボ ( 株式会社オプトロニクス社 )  78   23 - 27   2005年03月

    その他  

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 室内環境並びに光色が冷暖房エネルギー消費率に与える影響について

    口頭(一般)  高木佐加枝, 対馬正秋, 原田伊孝

    エネルギー・資源学会研究発表会 

    1991年04月
     
     

    エネルギー・資源学会

  • 未利用特許に関する企業意識調査結果

    口頭(一般)  対馬正秋, 日高賢治

    研究・技術計画学会年次学術大会  (筑波大学) 

    1996年10月
     
     

    研究・技術計画学会

  • 大企業の休眠特許に対する中小企業の技術導入の意向分析

    口頭(一般)  対馬正秋, 清水善広, 藤本信男

    研究・技術計画学会年次学術大会  (筑波大学) 

    1997年09月
     
     

    研究・技術計画学会

  • 米国の技術流通機関に関する調査結果-産学官のシステム

    口頭(一般)  平沼紀明, 対馬正秋

    研究・技術計画学会年次学術大会  (筑波大学) 

    1997年09月
     
     

    研究・技術計画学会

  • 自治体・大学等における開発技術の利用促進に関する調査結果

    口頭(一般)  対馬正秋, 中沢康晴

    研究・技術計画学会年次学術大会  (筑波大学) 

    1997年09月
     
     

    研究・技術計画学会

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 換気機能付空気調和装置

    特許

    特願 特願平03-153825  特開 特開平04-353327 

    出願日: 1991年05月30日

    公開日: 1992年12月08日

  • 換気機能付空気調和装置

    特許

    特願 特願平4-270462  特開 特開平6-123444 

    出願日: 1992年10月08日

    公開日: 1994年05月06日

  • 空調換気機能付き除湿ユニットの運転制御装置

    特許

    特願 特願平4-270477  特開 特開平6-123469 

    出願日: 1992年10月08日

    公開日: 1994年05月06日

  • ハナサナギタケ(P. tenuipes)粉末の熱水抽出物を含有する脳機能改善剤

    特許

    特願 特願2010-200352  特開 特開2012-056867 

    出願日: 2010年09月07日

    公開日: 2012年03月22日

  • ハナサナギタケ由来抽出物と、これを含有するアストロサイト増殖促進剤およびアストロサイト増殖促進剤の製造方法

    特許

    特願 特願2012-051004  特開 特開2013-184923 

    出願日: 2012年03月07日

    公開日: 2013年09月19日

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省知的財産本部整備事業

    文部科学省知的財産本部整備事業

    資金支給期間 :

    2003年08月
    -
    2008年03月

    研究内容 :

    岩手大学の知的財産本部設置・運用に関する支援事業。

  • 文部科学省戦略展開プログラム

    文部科学省戦略展開プログラム

    資金支給期間 :

    2008年07月
    -
    2010年03月

    研究内容 :

    北東地域大学コンソーシアム(NERUC)の運用支援事業。

  • 大学等産学官連携自立化促進プログラム(機能強化支援型)

    大学等産学官連携自立化促進プログラム(機能強化支援型)

    資金支給期間 :

    2010年04月
    -
    2011年03月

    研究内容 :

    北東地域大学コンソーシアム(NERUC)の運用支援事業。

  • 産学連携知的財産アドバイザー派遣プログラム

    独立行政法人工業所有権情報・研修館「産学連携知的財産アドバイザー派遣プログラム」

    資金支給期間 :

    2016年04月
    -
    2019年03月

    研究内容 :

    「プロジェクト支援型」として無線式pHセンサによる反芻動物モニタリングシステム開発プロジェクト

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1996年12月
    -
    2012年03月
     

    米国大学技術管理者協会(AUTM)

  • 1996年12月
    -
    継続中
     

    日本ライセンス協会(LES)

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    日本蚕糸学会

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • 日本ライセンス協会2015年度大会 (2015年07月)

    参加者数 : 200人

研究員(参加) 【 表示 / 非表示

  • 九州大学学術研究者(研究成果有体物授受における財産権の取扱に関する調査研究) (

    2018年10月
    -
    2019年03月

    )

  • 九州大学学術研究者(研究成果有体物授受に関する研究) (

    2019年04月
    -
    継続中

    )

研究員(受入れ) 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立大学との共同研究「産学公連携システムの構築に関する実践的研究」の実施のため。 (

    1人 
    2020年04月
    -
    2021年03月

    )

マスメディアによる報道 【 表示 / 非表示

  • 2010年度

    「福島県産ハナサナギタケ冬虫夏草によるマウスの脳機能向上効果」に関するプレス発表。
    日時:2010年9月17日
    場所:福島県庁記者クラブ
    説明者:農学部 鈴木幸一教授、地域連携推進センター 対馬正秋
        東白農産企業組合 鈴木文夫代表

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: テレビ

その他研究活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    カイコ冬虫夏草抽出物による抗認知症物質の事業化を目指す(株)バイオコクーン研究所が2016年4月に設立された。

 

国・地方自治体等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 特許庁

    委員会等名 : 中小・中堅企業における工業所有権制度利用実態調査委員会

    役職名 : 委員

    1997年09月
    -
    1998年03月
  • 文部省

    委員会等名 : 大学等技術移転促進法検討WG

    役職名 : オブザーバー

    1997年09月
    -
    1998年03月
  • 通商産業省

    委員会等名 : 通産省大学等連携推進室技術移転マニュアル委員会

    役職名 : 委員

    1999年05月
    -
    1999年11月
  • 通産省工業技術院

    委員会等名 : 通産省工業技術院の技術移転システム検討委員会

    役職名 : 委員

    2000年04月
    -
    2001年03月
  • 東北経済産業局

    委員会等名 : 東北地域における大学等の技術移転シーズを活用した中小ベンチャー企業支援検討委員会

    役職名 : 委員

    2004年12月
    -
    2005年03月

全件表示 >>

企業・団体等への指導等 【 表示 / 非表示

  • 2009年度 東北経済連合会

    指導等の内容 :

    事業化コーディネーター

  • 2009年度 岩手医科大学

    指導等の内容 :

    利益相反マネジメント委員会 外部委員

  • 2010年度 東北経済連合会

    指導等の内容 :

    事業化コーディネーター

  • 2010年度 岩手医科大学

    指導等の内容 :

    利益相反マネジメント委員会 外部委員

  • 2011年度 財団法人いわて産業振興センター

    指導等の内容 :

    平成23年度コバルト合金新産業クラスター形成促進事業に係る「知的財産アドバイザー」

全件表示 >>

産学官民連携活動 【 表示 / 非表示

  • INS知的財産活用研究会

    実績年度 : 2004年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

  • INS知的財産活用研究会

    実績年度 : 2005年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

  • 北東ライフサイエンス部門(NLU)研究成果技術移転セミナ-~ 知的財産の活用方法と 有望な研究成果紹介

    実績年度 : 2010年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

  • NERUC産学官連携担当者のための 海外技術移転マーケティングセミナー

    実績年度 : 2010年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

  • MIU Café(岩手大学知的財産セミナー)

    実績年度 : 2010年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

全件表示 >>

国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    国際交流事業

    交流機関・事業等名 :UURR国際共同交流事業プロジェクトチーム

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :本学と中国清華大学とのUURR事業展開として、中国杭州市にて技術交流会を開催した。

  • 2016年度

    国際交流事業

    交流機関・事業等名 :AJS2016開催

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :平成28年10月12日~14日に岩手大学で開催されたAJS2016の分科会の座長、交流会での司会を担当した。

  • 2017年度

    国際交流事業

    交流機関・事業等名 :AJS2017参加

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :2017年10月15日~20日に大連理工大学で開催されたAJS2017の分科会「産学連携分野」で「日本及び岩手大学における産学連携の現状と課題」について発表した。

  • 2019年度

    国際交流事業

    交流機関・事業等名 : AJS2017参加

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :UURRプロジェクトのアジアジョイントシンポジウムの開催

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    利益相反管理専門委員会

  • 2005年度

    利益相反管理専門委員会

  • 2006年度

    教育研究支援施設等業務

  • 2006年度

    利益相反管理専門員会

  • 2007年度

    利益相反管理専門委員会委員

全件表示 >>