サブメニュー
更新日 : 2019年9月13日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名松波 麻耶 (Matsunami Maya)
所属専攻講座岩手大学 農学部 植物生命科学科
職名助教
生年月日
研究室電話番号019-621-6113
研究室FAX番号
研究室作物学研究室
出身大学
  1. 東北大学 農学部
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 2005年3月
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 東北大学 農学研究科
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 2011年3月
    • 修了区分 : 修了
取得学位
  1. 博士(農学)
    • 学位の分野 : 作物学・雑草学
    • 学位授与機関 : 東北大学
    • 取得年月日 : 2011年3月25日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 農学部 植物生命科学科
    • [本務] 助教 (2017年11月1日~継続中)
学外略歴
  1. 東北大学大学院農学研究科
    • [日本学術振興会特別研究員] (2011年4月1日~2012年3月31日)
  2. 秋田県立大学
    • [客員研究員] (2012年4月1日~2012年7月31日)
  3. 秋田県立大学
    • [嘱託職員(博士研究員)] (2012年8月1日~2014年3月31日)
  4. 農研機構東北農業研究センター
    • [日本学術振興会特別研究員] (2014年4月1日~2017年9月30日)
  5. 農研機構東北農業研究センター
    • [契約研究員] (2017年10月1日~2017年10月31日)
専門分野(科研費分類)
  1. 作物学・雑草学
担当授業科目
  1. 2018年度
    • 作物学実験
    • 生命資源科学演習Ⅱ
    • 植物生命科学演習Ⅰ
    • 卒業研究
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2017年度
    • 学位論文審査(修士・副査)/教育実践研究報告書審査(副担当) 1人
  2. 2018年度
    • 卒業研究指導(学部) 1人
    • 補助教員(修士・助教) 2人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第1副指導(博士) 1人
論文
  1. Effective methods for practical application of gene expression analysis in field-grown rice roots [Plant and Soil, 433, (2018年10月), pp.173-187] Maya Matsunami, Hidehiro Hayashi, Yoko Tominaga, Yoshiaki Nagamura, Mari Murai-Hatano, Junko Ishikawa-Sakurai, Tsuneo Kuwagata
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. OsPIN2, which encodes a member of the auxin efflux carrier proteins, is involved in root elongation growth and lateral root formation patterns via the regulation of auxin distribution in rice [Physiologia Plantarum, (2018年2月15日)] Hiroki Inahashi Israt Jahan Shelley Takaki Yamauchi Shunsaku Nishiuchi Misuzu Takahashi‐Nosaka Maya Matsunami Atsushi Ogawa Yusaku Noda Yoshiaki Inukai
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. Assesment of genotypic variation for salt stress tolerance and related characteristics among selected rice cultivars [International Journal of Agriculture and Environmental Research, 3, (2017年11月), pp.4338-4353] Atsushi Ogawa, , Kazuki Amano , Kyoko Toyofuku , Maya Matsunami, , Chiharu Sone, Hirohiko Morita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. イネにおけるアクアポリンの機能と環境応答 [根の研究, 26, (2017年10月), pp.39-55] 石川(櫻井)淳子・羽田野麻理・林秀洋・松波麻耶・桑形恒男
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  5. Lateral root elongation inside the basal cortex of the seminal root is caused by the changes in auxin distribution to the root system of rice (Oryza sativa L.) seedlings [Plant Root, 11, (2017年5月), pp.10-15] Atsushi Ogawa, Maya Matsunami, Yusuke Suzuki, Kyoko Toyofuku, Hiroetsu Wabiko
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. Characterization of the morphological and physiological traits of rice cultivars with adaptation to unflooded condition during early vegetative growth. [Plant Production Science, 19, (2016年2月), pp.173-180] Matsunami, M., Matsunami, T., Kodama, I., Ogawa, A., Toyofuku, K., Ishikawa-Sakurai, J., Kokubun, M.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. Root Development and the Expression of Aquaporin Genes in Rice Seedlings under Osmotic Stress [Plant Production Science, 19, (2016年2月), pp.315-322] Maya Matsunami, Kyoko Toyofuku, Junko Ishikawa-Sakurai, Atsushi Ogawa, Toshinori Matsunami, Makie Kokubun
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. 秋田県における疎植栽培条件下での追肥の有無があきたこまちの収量, 品質に及ぼす影響 [日本作物学会紀事, 85, (2016年1月), pp.1-9] 松波寿典・能登屋美咲・松波麻耶・金和裕
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  9. 寒冷地北部において疎植栽培したあきたこまちの茎数過剰に伴う低収要因 [日本作物学会紀事, 85, (2016年1月), pp.67-76] 松波寿典・能登屋美咲・三浦恒子・金和裕・松波麻耶・佐藤雄幸
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Genotypic variation in osmotic stress tolerance among rice cultivars and its association with L-type lateral roots development. [Plant Production Science, 18, (2015年7月), pp.246-253] Toyofuku, K., Matsunami, M., Ogawa, A.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. 疎植栽培した「あきたこまち」の生育、収量、品質 [日本作物学会東北支部会報, 55, (2013年12月), pp.25-26] 松波寿典・能登屋美咲・松本眞一・三浦恒子・佐藤雄幸・松波麻耶
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  12. 疎植無追肥栽培した「あきたこまち」の生育、収量、品質 [日本作物学会東北支部会報, 56, (2013年12月), pp.27-28] 松波寿典・能登屋美咲・三浦恒子・金和裕・佐藤雄幸・松波麻耶
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  13. Genotypic variation in nitrogen uptake during early growth among rice cultivars under different soil moisture regimes. [Plant Production Science, 16, (2013年7月), pp.238-246] Matsunami, M., Matsunami, T., Kon, K., Ogawa, A., Kodama, I. and Kokubun, M.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. 低投入条件下における登熟期のNERICAの個葉光合成速度 [日本作物学会東北支部会報, 54, (2012年12月), pp.17-20] 松波麻耶・松波寿典・国分牧衛.
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  15. 異なる基肥量に対する大粒品種「秋田63号」の初期生育反応. [日本作物学会東北支部会報, 55, (2012年12月), pp.1-4] 松波麻耶・松波寿典・小玉郁子・佐野広伸・加藤和直・佐藤健介・川本朋彦・小川敦史
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  16. 窒素追肥時期の違いが疎植栽培したあきたこまちの収量,品質に及ぼす影響 [日本作物学会東北支部会報, 55, (2012年12月), pp.5-12] 松波寿典・能登屋美咲・三浦恒子・佐藤雄幸・松波麻耶
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  17. 低投入条件下における水稲有望系統「秋田107号」の初期生育. [日本作物学会東北支部会報, 55, (2012年12月), pp.31-32] 松波寿典・松波麻耶・小玉郁子・佐野広伸・佐藤雄幸・小川敦史
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  18. Genotypic variation in biomass production at the early vegetative stage among rice cultivars subjected to deficient soil moisture regimes and its association with water uptake capacity. [Plant Production Science, 15, (2012年4月), pp.82-91] Matsunami, M., Matsunami, T., Ogawa, A., Toyofuku, K., Kodama, I. and Kokubun.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. Starch properties of waxy rice cultivars influencing rice cake hardening. [J. J. Food Eng, 12, (2011年12月1日), pp.157-162] Kodama, I., Shibata, C., Fujita, N., Ishikawa, K., Takahashi, T., Nakamura, Y., Kawamoto, T., Kato, K., Sato, K., Matsunami, M. and Akiyama,Y.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. Comparison of nitrogen uptake, transpiration rate and exudation rate between upland NERICAs and Japanese cultivars. [Plant Production Science, 13(497), (2010年12月), pp.502-] Matsunami, M., Matsunami, T. and Kokubun, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. Growth and yield of new rice for Africa (NERICAs) under different ecosystems and nitrogen levels [Plant Production Science, 12(3), (2009年12月), pp.381-389] Matsunami, M., Matsunami, T. and Kokubun, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  22. イネ(Oryza sativa L.)大粒品種「秋田63号」の窒素施肥反応 [日本作物学会紀事, 78(4), (2009年11月), pp.497-502] 松波麻耶・張文会・国分牧衛
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
総説・解説記事
  1. Yield response of upland NERICAs under rainfed upland conditions with different levels of nitrogen application. [Japan International Research Center for Agricultural Sciences, Japan Agricultural Research Quarterly, 45, (2012年2月16日), pp.243-249] Maya MATSUNAMI, Makie KOKUBUN
    • 掲載種別 : 学術誌
  2. イネにおけるアクアポリンの機能と環境応答 [根研究学会, 根の研究, 26(3), (2017年9月11日), pp.39-55] 石川(櫻井)淳子・羽田野麻理・林秀洋・松波麻耶・桑形恒男
    • 掲載種別 : 学術誌
研究発表
  1. Daytime or nighttime N feeding: Is there any effect on growth and N uptake in rice?
    • 会議名称 : 日本作物学会第247回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2019年3月
    • 発表者 : Md Mehedi Hasan, Maya Matsunami, Uzuki Matsushima, Eiki Kuroda, Hiroyuki Shimono
  2. 熟期の異なる同質遺伝子系統群の混植がイネ生産性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本作物学会第247回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2019年3月
    • 発表者 : 及川誠司・多田亜未・松波麻耶・黒田栄喜・下野裕之
  3. 水稲の初冬直播き栽培における種子処理が出芽率に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本作物学会第247回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2019年3月
    • 発表者 : 及川聡子・西政佳・由比進・松波麻耶・黒田栄喜・下野裕之
  4. 青森県と岩手県における水稲の初冬直播き栽培の実証試験
    • 会議名称 : 日本作物学会第247回講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2019年3月
    • 発表者 : 及川聡子・木村利行・松波寿典・西政佳・由比進・松波麻耶・黒田栄喜・下野裕之
  5. 遺伝子発現解析に用いるイネ根サンプルの水田での採取法と内部標準遺伝子の探索
    • 会議名称 : 第49回根研究学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2018年10月
    • 発表者 : 松波麻耶・羽田野麻理・冨永陽子・林秀洋・長村吉晃・楢館茉奈・及川聡子・舛谷悠祐
  6. 耕起・鎮圧法の有無が寒冷地における初冬直播栽培の出芽率に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本作物学会第246回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2018年9月
    • 発表者 : 及川 聡子, 西 政佳, 由比 進, 松波 麻耶, 黒田 榮喜, 下野 裕之
  7. イネの表現型可塑性を支配する遺伝子領域の探索
    • 会議名称 : 日本作物学会第246回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2018年9月
    • 発表者 : 大平 雅広, 齋藤 裕樹, 阿部 陽, 熊谷 悦史, 松波 麻耶, 黒田 栄喜, 下野 裕之
  8. 生長にともなうカリウム吸収量の増加と 安定同位体セシウム吸収の関係
    • 会議名称 : 第59回植物生理学会年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2018年3月29日
    • 発表者 : 羽田野麻理・松波麻耶・石川淳子・戸上和樹・藤村恵人・後藤明俊・・近藤始彦・長谷川利拡
  9. 土壌乾燥下でのアフリカイネ「CG17」の乾物生産と生理形態的特性
    • 会議名称 : 日本作物学会第245回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2018年3月
    • 発表者 : 舛谷 悠祐, 河村 幸男, 武藤 由子, 熊谷 悦史, 松波 麻耶, 黒田 栄喜, 下野 裕之
  10. ストレス記憶:イネの栄養成長期の低水温は穂ばらみ期耐冷性を2集団に分離させる
    • 会議名称 : 日本作物学会第245回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2018年3月
    • 発表者 : 濱野 郁哉, 塩井 健一朗, 村中 智明, 伊藤 佑, 西尾 治幾, 工藤 洋, 松波 麻耶, 黒田 榮喜, 下野 裕之
  11. 種子コーティング処理が初冬播き水稲栽培の出芽率に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本作物学会第245回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2018年3月
    • 発表者 : 及川 聡子, 西 政佳, 由比 進, 松波 麻耶, 黒田 榮喜, 下野 裕之
  12. 野外群落環境における水稲根の水と窒素の吸収に関連する遺伝子の発現動態
    • 会議名称 : 日本作物学会第245回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2018年3月
    • 発表者 : 松波 麻耶, 羽田野 麻理, 林 秀洋, 桑形 恒男, 石川 淳子
  13. 栄養成長期におけるイネの可溶性糖の利用が葉身展開に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本作物学会第245回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2018年3月
    • 発表者 : 塩井 健一朗, 濱野 郁哉, 青木 直大, 阿部 陽, 松波 麻耶, 黒田 栄喜, 下野 裕之
学術関係受賞
  1. 日本作物学会 第232回講演会優秀発表賞(口頭発表部門)
    • 受賞年月日 : 2011年11月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 松波麻耶
  2. 根研究学会 学術奨励賞 「栽培イネの養水分吸収能の土壌環境応答に関する作物生理学的研究」
    • 受賞年月日 : 2013年11月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 松波麻耶
  3. The Korean Society of Crop Science Exellent Oral Presentation Award
    • 受賞年月日 : 2013年11月
    • 受賞者・受賞グループ名 : Matsunami Maya
  4. 日本作物学会 第239回講演会優秀発表賞(口頭発表部門)
    • 受賞年月日 : 2015年5月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 松波麻耶
  5. 日本作物学会 研究奨励賞 「イネにおける窒素と水の吸収能・利用効率の遺伝的変異とその生理的要因に関する研究」
    • 受賞年月日 : 2016年3月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 松波麻耶
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 特別研究員推奨費
    • 支払支給期間 : 2010年4月~2013年3月
  2. 特別研究員推奨費
    • 支払支給期間 : 2014年4月~2017年9月
  3. 若手研究
    • 支払支給期間 : 2018年4月~2020年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2018年度・1,100,000円・330,000円
      2019年度・900,000円・270,000円
      2020年度・1,100,000円・330,000円
奨学寄附金等
  1. Japan Prize研究助成
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 公益財団法人 国際科学技術財団
    • 寄附金額 : 1,000,000円
    • 寄附年月 : 2019年5月
その他競争的資金獲得実績
  1. ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)
    • 研究内容 :
      野外群落環境におけるイネの遺伝子発現動態の実態解明に関する研究
所属学会・委員会
  1. 日本作物学会 (2004年4月~継続中)
  2. 根研究学会 (2013年4月~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 根研究学会 評議員(2014年1月~2015年12月)
  2. 根研究学会 和文誌編集委員(2016年1月~継続中)
  3. 日本作物学会 若手・男女共同参画ワーキンググループ(2018年4月~継続中)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 第49回根研究集会 (2018年10月)
    • 参加者数 : 50人