サブメニュー
更新日 : 2018年8月16日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名畠山 勝徳 (HATAKEYAMA Katsunori)
所属専攻講座岩手大学 農学部 植物生命科学科
職名准教授
生年月日
研究室電話番号019-621-6152
研究室FAX番号019-621-6152
連絡先住所020-8550 岩手県 盛岡市上田3丁目18-8
研究室植物育種学研究室
出身大学
  1. 東北大学 農学部
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1993年3月25日
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 東北大学 農学研究科
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 1998年3月25日
    • 修了区分 : 修了
取得学位
  1. 農学
    • 学位の分野 : 育種学
    • 学位授与機関 : 東北大学
    • 取得年月日 : 1998年3月25日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 農学部 植物生命科学科
    • [本務] 准教授 (2015年10月1日~継続中)
学外略歴
  1. 株式会社採種実用技術研究所
    • [研究員] (1995年4月1日~2001年7月31日)
  2. 東北大学大学院農学研究科
    • [非常勤講師] (2001年8月1日~2001年9月30日)
  3. 農研機構野菜茶業研究所
    • [任期付研究員] (2001年10月1日~2004年9月30日)
  4. 農研機構野菜茶業研究所
    • [主任研究員] (2004年10月1日~2015年9月30日)
  5. 国立大学法人三重大学
    • [客員准教授] (2007年4月~2015年9月)
研究分野を表すキーワード
  1. 植物育種学
可能な出前講義
  1. DNA技術を活用した作物の改良 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      今日私たちが食べている作物の1つの品種ができるまで、10年以上かかるといわれます。分子生物学の進展に伴い、DNA塩基配列の違いを利用して好みの特性をもつ植物を選ぶことができる技術の開発が進んでいます。多くの時間と労力が必要な品種改良を効率化するとして注目されている、新たな改良方法について紹介します。
担当授業科目
  1. 2016年度
    • 遺伝育種学
    • 情報基礎
    • 植物育種学実験
    • 植物分子遺伝学特論
    • 基礎生物学実験
  2. 2017年度
    • 科学英語
    • 遺伝育種学
    • 植物育種学実験
    • 植物分子遺伝学特論
    • 卒業研究
    • 農学生命特別研究
論文
  1. The S receptor kinase gene determines dominance relationships in stigma expression of self-incompatibility in Brassica. [Plant journal, (2001年1月1日)] 畠山勝徳, 高崎剛志, 鈴木剛, 西尾剛, 渡辺正夫, 磯貝彰, 日向康吉
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Antisense inhibition of a nuclear gene, BrDAD1, in Brassica causes male sterility that is restorable with jasmonic acid treatment. [Molecular Breeding, (2003年1月1日)] 畠山勝徳, 石黒澄衞, 岡田清孝, 高崎剛志, 日向康吉
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. New classification method for Plasmodiophora brassicae field isolates in Japan based on resistance of F1 cultivars of Chinese cabbage (Brassica rapa L.) to clubroot. [Breeding Science, (2004年1月1日)] 畠山勝徳, 藤村みゆき, 石田正彦, 鈴木 徹
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. Mapping of quantitative trait loci for high level of self-incompatibility in Brassica rapa L. [Genome, (2010年1月1日)] 畠山勝徳, 堀崎 敦, 新倉 聡, 鳴坂義弘, 安部 洋, 吉秋 斎
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. The genome of the mesopolyploid crop species Brassica rapa. Nature Genet. [Nature Genetics, (2011年1月1日)] ブラシカラパ ゲノムシーケンスプロジェクト
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. Identification of quantitative trait loci controlling late bolting in Chinese cabbage (Brassica rapa L.) parental line Nou 6 gou. [Breeding Science, (2011年1月1日)] 柿崎智博, 加藤丈幸, 吹野伸子, 石田正彦, 畠山勝徳, 松元 哲
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. Development of full-length cDNAs from Chinese cabbage (Brassica rapa subsp. pekinensis) and identification of marker genes for defense response. [DNA Research, (2011年1月1日)] 安部 洋, 鳴坂義弘, 佐々木一誠, 畠山勝徳 他
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. Identificaiton of a clubroot resistance locus conferring resistance to a Plasmodiophora brassicae classified into pathotype group 3 in Chinese cabbage (Brassica rapa L.) [Breeding Science, (2012年1月1日)] 加藤丈幸, 畠山勝徳, 吹野伸子, 松元 哲
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Microstructure of a Brassica rapa genome segment homoeologous to the resistance gene cluster on Arabidopsis chromosome 4 [Breeding Science, (2012年1月1日)] 諏訪部圭太, 鈴木 剛, 布目 司, 畠山勝徳, 向井康比己, 福岡浩之, 松元 哲
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Small variation of glucosinolate composition in Japanese cultivars of radish (Raphanus sativus L.) requires simple quantitative analysis for breeding of glucosinolate component [Breeding Science, (2012年1月1日)] 石田正彦, 永田雅靖、小原隆由, 柿崎智博, 畠山勝徳, 西尾 剛
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. Breaking restricted taxonomic functionality by dual resistance genes [Plant Signaling & Behavior, 8, (2013年1月), pp.e24244-] 鳴坂真理、久保義彦、畠山勝徳、今村順、江面浩、白須賢、鳴坂義弘
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. Identification and characterization of Crr1a, a gene for resistance to clubroot disease (Plasmodiophora brassicae Woronin) in Brassica rapa L. [PLoS ONE, 8(1), (2013年1月), pp.e54745-] 畠山勝徳、諏訪部圭太、加藤丈幸、冨田ルーベンス、布目司、福岡浩之、松元哲
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. Interfamily transfer of dual NB-LRR genes confers resistance to multiple pathogens. [PLoS ONE, 8, (2013年2月), pp.e55954-] 鳴坂真理、久保義弘、畠山勝徳、他7名
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. Fine mapping of clubroot resistance gene, CRb, and development of a useful selectable marker in Brassica rapa. [Breeding Science, 63, (2013年9月), pp.116-124] 加藤丈幸、畠山勝徳、吹野伸子、松元哲
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  15. Arabidopsis dual resistance proteins, both RPS4 and RRS1, are required for resistance to bacterial wilt in transgenic Brassica crops [Plant Signaling Behavior, (2014年1月)] 鳴坂義弘、畠山勝徳、白須賢、鳴坂真理
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. ‘桜島大根’におけるBrassica rapa由来マイクロサテライトマーカーの属間増幅とそのF1純度検定への応用 [園芸学雑誌, 13, (2014年1月), pp.27-33] 田中義弘,竹之下佳久,向吉健二,畠山勝徳
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  17. Novel glucosinolate composition lacking 4-methylthio-3-butenyl glucosinolate in Japanese radish (Raphanus sativus L.) [Theoretical Applied Genetics, (2015年3月)] 石田正彦、柿崎智博、森光康次郎、畠山勝徳、吉秋斎、小堀純奈、西尾剛
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. The tandem repeated organization of NB-LRR genes in the clubroot-resistant CRb locus in Brassica rapa L. [Mol. Genet, Genomics, 292, (2017年1月), pp.397-405] 畠山勝徳、丹羽智久、加藤丈幸、小原隆由、柿崎智博、松元哲
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. The transition time from the juvenile phase to the adult phase differs in soybean cultivars ‘Enrei’ and ‘Peking’ [Plant Breeding, (2017年4月)] 小澤傑,畠山勝徳,高畑義人,横井修司
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. 2つの根こぶ病抵抗性遺伝子(Crr1,Crr2)を有するハクサイ中晩生F1品種‘CR寒次郎’の育成 [農研機構研究報告, (2017年4月)] 松元哲、畠山勝徳、高下新二、宮崎俊夫、近藤友宏
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  21. 日本におけるレタスと在来近縁種の交雑性評価 [育種学研究, 19, (2017年6月1日), pp.77-84] 川頭洋一,冨士山龍伊,畠山勝徳,松元哲
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  22. QTL-seq analysis identifies two genomic regions determining the heading date of foxtail millet, Setaria Italica (L.) P.Beauv. [Breeding Science, 67, (2017年11月1日), pp.518-527] Yoshitsu, Y., Takakusaki, M., Abe, A., Takagi, H, Uemura, A., Yaegashi, H., Terauchi, R., Takahata, Y., Hatakeyama, K., Yokoi, S.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. The Use of Genome Information for Intergeneric Hybridization Breeding. [The Radish Genome. Compendium of Plant Genomes. Springer-Vrrlag (2017年10月1日)] Bang S.W., Hatakeyama K., Takahata Y.
    • 著書種別 : 学術著書
研究発表
  1. Characterization and utilization of the clubroot resistant genes in Chinese cabbage
    • 会議名称 : 2015 KSM Spring Meeting and KSM-ICWG-GSP Joint Clubroot Symposium
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2015年5月12日~2015年5月16日
    • 発表者 : 畠山勝徳
  2. ハクサイにおける根こぶ病抵抗性育種研究
    • 会議名称 : 第10回東北育種研究集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年11月14日
    • 発表者 : 畠山勝徳
    • 開催場所 : 東北大学
  3. 病害抵抗性選抜のためのDNAマーカーの開発と利用
    • 会議名称 : DNAマーカーの活用による種苗産業のオープンイノベーションセミナー(2)
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2016年1月26日
    • 発表者 : 畠山勝徳
    • 主催者 : かずさDNA研究所
  4. アブラナ科野菜の重要形質マッピング
    • 会議名称 : 第39回岩手育種談話会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年2月23日
    • 発表者 : 畠山勝徳
    • 開催場所 : 岩手大学農学部
  5. ハクサイ類の根こぶ病抵抗性遺伝子座Crr1を導入したキャベツ型戻し交雑後代における抵抗性発現
    • 会議名称 : 園芸学会平成28年度秋季大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月10日~2016年9月12日
    • 発表者 : 小原隆由,丹羽智久,吹野伸子,柿崎智博,板橋悦子,石田正彦,畠山勝徳,松元哲
    • 開催場所 : 名城大学
  6. ハクサイ根こぶ病抵抗性遺伝子の単離と育種への応用
    • 会議名称 : 日本育種学会第130回講演会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2016年9月24日~2016年9月25日
    • 発表者 : 畠山勝徳
    • 開催場所 : 鳥取大学
  7. 無加温での早春作型を可能にする極晩抽性ハクサイ品種の育成
    • 会議名称 : 日本育種学会第130回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月24日~2016年9月25日
    • 発表者 : 北本尚子,西川和裕,松浦拓也,塚崎光,本城正憲,畠山勝徳,高畑義人,由比進
    • 開催場所 : 鳥取大学
  8. ハクサイの開花期と胚軸伸長に影響するQTLの解析
    • 会議名称 : 日本育種学会第130回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月24日~2016年9月25日
    • 発表者 : 小野寺大樹,北本尚子,由比進,西川和裕,畠山勝徳,高畑義人
    • 開催場所 : 鳥取大学
  9. 長日条件下のダイズ栽培品種Pekingでは、miR172の生合成が抑制される
    • 会議名称 : 日本育種学会第130回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月24日~2016年9月25日
    • 発表者 : 小澤傑,畠山勝徳,高畑義人,横井修司
    • 開催場所 : 鳥取大学
  10. QTL-seq法を用いたアワ(Setaria italica)の出穂期関連遺伝座の同定
    • 会議名称 : 日本育種学会第130回講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月24日~2016年9月25日
    • 発表者 : 吉津祐貴,高草木雅人,高木宏樹,阿部陽,寺内良平,畠山勝徳,高畑義人
    • 開催場所 : 鳥取大学
  11. 未受精胚珠培養による倍加半数体作出法の外国種リンドウへの適用
    • 会議名称 : 日本育種学会第130回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月24日~2016年9月25日
    • 発表者 : 高村祐太郎,日影孝志,畠山勝徳,高畑義人
    • 開催場所 : 鳥取大学
  12. ハクサイ根こぶ病抵抗性遺伝子CRbのゲノム構造
    • 会議名称 : 日本育種学会第130回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月24日~2016年9月25日
    • 発表者 : 畠山勝徳,丹羽智久,加藤丈幸,小原隆由,柿崎智博,松元 哲
    • 開催場所 : 鳥取大学
  13. 全代謝産物およびDNAメチル化を指標とした小胞子胚発生機構の解析
    • 会議名称 : 第11回東北育種研究集会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年11月12日
    • 発表者 : 多田周平,高橋秀行,佐野真澄,畠山勝徳,高畑義人
    • 開催場所 : 山形大学農学部
  14. キャベツにおける高レベル自家不和合性程度のQTL解析
    • 会議名称 : 第11回東北育種研究集会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年11月12日
    • 発表者 : 畠山勝徳,堀崎敦史,田中紀史,新倉聡,松元哲
    • 開催場所 : 山形大学農学部
  15. ハクサイ根こぶ病抵抗性遺伝子単離の進捗状況
    • 会議名称 : 第6回根こぶ病研究会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月9日
    • 発表者 : 畠山勝徳
  16. 笑気ガス処理によるリンドウの染色体倍加
    • 会議名称 : 日本育種学会第131回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月29日~2017年3月30日
    • 発表者 : 髙村祐太郎,高橋亮,日影孝志,畠山勝徳,高畑義人
    • 開催場所 : 名古屋大学
  17. セイヨウナタネ子実の成分特性の品種間差異
    • 会議名称 : 日本育種学会第131回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月29日~2017年3月30日
    • 発表者 : 川崎光代,畠山勝徳,高畑義人
    • 開催場所 : 名古屋大学
  18. イネ出穂期遺伝子FLT2の高密度連鎖解析
    • 会議名称 : 日本育種学会第131回講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月29日~2017年3月30日
    • 発表者 : 一谷勝之,保木良太,植村真郷,田浦悟,吉津祐貴,畠山勝徳
    • 開催場所 : 名古屋大学
  19. セイヨウナタネ子実の成分特性の品種間差異
    • 会議名称 : 日本育種学会第132回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年10月7日~2017年10月8日
    • 発表者 : 川崎光代,畠山勝徳,高畑義人
  20. 笑気ガス処理によるリンドウの染色体倍加
    • 会議名称 : 日本育種学会第132回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年10月7日~2017年10月8日
    • 発表者 : 髙村祐太郎,高橋亮,日影孝志,畠山勝徳,高畑義人
  21. イネ極晩生変異体t-65lateの原因遺伝子の探索と分子学的解析
    • 会議名称 : 日本育種学会第132回講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年10月7日~2017年10月8日
    • 発表者 : 吉津祐貴,一谷勝之,畠山勝徳,高畑義人,横井修司
  22. ダイズ相転換におけるE2, E3遺伝子の影響
    • 会議名称 : 日本育種学会第132回講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年10月7日~2017年10月8日
    • 発表者 : 小澤 傑,加賀秋人,畠山勝徳,高畑義人
  23. ハクサイ根こぶ病抵抗性遺伝子Crr1bの詳細マッピング
    • 会議名称 : 日本育種学会第132回講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年10月7日~2017年10月8日
    • 発表者 : 高橋美紗子,松元 哲,柿崎智博,湯澤彰太,高畑義人,畠山勝徳
  24. ジベレリンがBrassica rapaの展葉速度と開花期および開花関連遺伝子の発現量に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本育種学会第132回講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年10月7日~2017年10月8日
    • 発表者 : 北本尚子,西川和裕,塚崎 光,由比 進,畠山勝徳,高畑義人
  25. セイヨウナタネにおける葉片からの不定芽形成能のゲノムワイド関連解析
    • 会議名称 : 日本育種学会第132回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年10月7日~2017年10月8日
    • 発表者 : 阿部千遥,真壁由衣,北柴大泰,西尾 剛,畠山勝徳,高畑義人
  26. 中島菜(Brassica rapa)における葉の切れ込みに関する遺伝解析
    • 会議名称 : 園芸学会平成30年度春季大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2018年3月24日~2018年3月25日
    • 発表者 : 沓澤寛人,伊藤徳昭,瀬川天太,柿崎智博,畠山勝徳,吉津祐貴,高木 宏樹
  27. ハクサイBrassica rapa L.における開花調節機構とその育種への応用
    • 会議名称 : 園芸学会平成30年度春季大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2018年3月24日~2018年3月25日
    • 発表者 : 北本尚子,由比進,西川和裕,榊原均,小嶋美紀子,竹林裕美子,塚崎光,畠山勝徳,高畑義人
  28. ハクサイ根こぶ病抵抗性遺伝子Crr1aのアレル変異と抵抗性の変化
    • 会議名称 : 日本育種学会第133回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2018年3月25日~2018年3月26日
    • 発表者 : 湯澤彰太,高畑義人,畠山勝徳
  29. セイヨウナタネ子実中のクロロフィル含量の品種間差異
    • 会議名称 : 日本育種学会第133回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2018年3月25日~2018年3月26日
    • 発表者 : 川崎光代,畠山勝徳,高畑義人
  30. リンドウの未受精胚珠培養における培地、蕾ステージおよび遺伝子型の影響
    • 会議名称 : 日本育種学会第133回講演会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2018年3月25日~2018年3月26日
    • 発表者 : 髙村祐太郎,高橋 亮,日影孝志,畠山勝徳,高畑義人
学術関係受賞
  1. 第11回 日経BP社技術賞 大賞
    • 受賞年月日 : 2001年3月21日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 日向康吉、高崎剛志、畠山勝徳、鈴木剛、渡辺正夫、磯貝陽
  2. 日本育種学会第118回講演会優秀発表賞
    • 受賞年月日 : 2010年11月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 畠山 勝徳,諏訪部圭太,加藤丈幸,布目司,福岡 浩之,松元 哲
  3. NARO Research Prize 2011
    • 受賞年月日 : 2011年11月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 松元哲、畠山勝徳
  4. 2011年農林水産研究成果10大トピックス
    • 受賞年月日 : 2011年12月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 松元哲、畠山勝徳、高下新二
工業所有権
  1. はくさい亜種「はくさい安日交2号」
    • 工業所有権区分 : 品種登録
    • 出願日 : 2015年4月
  2. はくさい亜種「あきめき」
    • 工業所有権区分 : 品種登録
    • 出願日 : 2011年4月
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2006年4月~2009年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2006年度・1,900,000円・0円
      2007年度・900,000円・0円
      2008年度・800,000円・240,000円
  2. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2012年4月~2015年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2012年度・1,700,000円・510,000円
      2013年度・1,300,000円・390,000円
      2014年度・1,300,000円・390,000円
  3. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2018年4月~2021年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2018年度・1,700,000円・510,000円
所属学会・委員会
  1. 一般社団法人日本育種学会 (1994年1月~継続中)
  2. 園芸学会 (1999年7月~継続中)
  3. 日本植物病理学会 (2013年9月~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 一般社団法人日本育種学会 Breeding Science誌編集委員(2016年4月~継続中)
  2. 一般社団法人日本育種学会 日本育種学会運営委員(2018年4月1日~継続中)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 日本育種学会第132回講演会 (2017年10月)
    • 参加者数 : 500人
  2. 日本育種学会第132回講演会市民公開シンポジウム (2017年10月)
    • 参加者数 : 200人
生涯学習支援実績
  1. H28年度スーパーサイエンスハイスクール事業(釜石高校)
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : SSH総合大学(野菜の品種改良とDNA解析技術を利用した新たな育種技術)
    • 開催期間 : 2016年9月
  2. H28年度スーパーサインスハイスクール事業(釜石高校)
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 実験科学入門(PCR法を利用した植物のDNA多型の検出方法)
    • 開催期間 : 2016年9月
  3. 第22回岩手大学農学部5学科公開講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 「PCR法で植物のDNAの違いをしらべてみよう」
    • 開催期間 : 2017年7月
産学官民連携活動
  1. 農研機構セミナー 根こぶ病発病リスク診断のための病原菌検出法
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  2. DNAマーカーの活用による種苗産業のオープンイノベーションセミナー(2)
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
活動履歴
  1. 2017年度
    • 教務委員会
    • 附属生物環境制御装置室運営委員会