サブメニュー
更新日 : 2019年9月18日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名大野 美紗
所属専攻講座岩手大学 農学部 応用生物化学科
職名助教
生年月日
研究室電話番号
研究室FAX番号
取得学位
  1. 博士(工学)
    • 学位の分野 : 応用微生物学・応用生物化学
    • 学位授与機関 : 工学院大学
    • 取得年月日 : 2016年3月31日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 農学部
    • [本務] 助教 (2016年4月1日~継続中)
担当授業科目
  1. 2016年度
    • 化学生物学実験
論文
  1. Loss and gain of human acidic mammalian chitinase activity by nonsynonymous SNPs. [Mol. Biol. Evol., 33(12), (2016年10月4日), pp.3183-3193] Okawa, K., Ohno, M., Kashimura, A., Kimura, M., Kobayashi, Y., Sakaguchi, M., Sugahara, Y., Kamaya, M., Kino, Y., Bauer, PO., Oyama, F.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Acidic mammalian chitinase is a proteases-resistant glycosidase in mouse digestive system. [Sci. Rep., 6, (2016年11月24日)] Ohno, M., Kimura, M., Miyazaki,H., Okawa, K., Onuki, R., Nemoto, C., Tabata, E., Wakita, S., Kashimura, A., Sakaguchi, M., Sugahara, Y., Nukina, N., Bauer, PO., Oyama, F.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. Functional dissection of the N-terminal sequence of Clostridium sp. G0005 glucoamylase: identification of components critical for folding the catalytic domain and for constructing the active site structure. [Appl. Microbiol. Biotechnol., 101(6), (2016年12月9日), pp.2415-2425] Sakaguchi, M., Matsushima, Y., Nagamine, Y., Matsuhashi, T., Honda, S., Okuda, S., Ohno, M., Sugahara, Y., Shin, Y., Oyama, F., Kawakita, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. Triterpene saponins from the roots of Acacia albida Del. (Mimosaceae). [Phytochemistry, 136, (2016年12月30日), pp.31-38] Tchoukoua, A., Tabopda, TK., Uesugi, S., Ohno, M., Kimura, K., Kwon, E., Momma, H., Horo, I., Çalişkan,OA. Shiono,Y., Ngadjui, BT.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. Improved fluorescent labeling of chitin oligomers: chitinolytic properties of acidic mammalian chitinase under somatic tissue pH conditions. [Carbohydrate Polymers, 164, (2017年1月31日), pp.145-153] Wakita, S., Kimura, M., Kato, N., Kashimura, A., Kobayashi, S., Kanayama, N., Ohno, M., Honda, S., Sakaguchi, M., Sugahara, Y., Bauer, PO., Oyama, F.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. Secondary metabolites with antiprolifertive effects from Albizia glaberrima var glabrescens Oliv. (Mimosoideae). [Nat. Prod. Res., (2017年1月20日)] Fotso, GW., Kamga, J., Ngameni, B., Uesugi, S., Ohno, M., Kimura, K., Momma, H., Kwon, E., Furuno, H., Shiono, Y., Ingridh, SK., Yeboah, SO., Ngadjui, BT.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
研究発表
  1. ヒトとマウスの酸性哺乳類キチナーゼの機能解析と比較
    • 会議名称 : 第30回日本キチン・キトサン学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年8月18日~2016年8月19日
    • 発表者 : 大川一明,大野美紗,樫村昭徳,坂口政吉,菅原康里,小山文隆
  2. マウス胃における酸性ほ乳類キチナーゼの発現と生産細胞の同定
    • 会議名称 : 第30回日本キチン・キトサン学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年8月18日~2016年8月19日
    • 発表者 : 小山文隆,大野美紗,木村将大,大川一明,田畑絵理,脇田悟誌,樫村昭徳,坂口政吉,菅原康里
  3. ブタ組織におけるキチナーゼ遺伝子発現レベルの解析
    • 会議名称 : 第30回日本キチン・キトサン学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年8月18日~2016年8月19日
    • 発表者 : 田畑絵理,大野美紗,坂口政吉,小山文隆
  4. 超臨界二酸化炭素を用いた久慈琥珀からの Kujigamberol の抽出
    • 会議名称 : 平成 28 年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月10日~2016年9月11日
    • 発表者 : 星暉, 永澤佳之, 七尾英孝, 川村哲晃, 大野美紗, 木村賢一, 白井誠之
  5. Loss and recovery of chitinolytic activity by amino acid substitutions in human acidic mammalian chitinase.
    • 会議名称 : The 66th Annual Meeting of the American Society of Human Genetics
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年10月18日~2016年10月22日
    • 発表者 : Okawa, K., Ohno, M., Kashimura, A., Kobayashi, Y., Sakaguchi, M., Sugahara, Y. and Oyama, F.
  6. Gene expression analysis of mammalian chitinase transcripts in pig tissues.
    • 会議名称 : The 66th Annual Meeting of the American Society of Human Genetics
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年10月18日~2016年10月22日
    • 発表者 : Tabata, E., Ohno, M., Sakaguchi, M. and Oyama, F.
  7. Inactivation of mouse AMCase by introducing amino acid substitutions encoded by single-nucleotide polymorphisms in human AMCase gene.
    • 会議名称 : The 66th Annual Meeting of the American Society of Human Genetics
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年10月18日~2016年10月22日
    • 発表者 : Oyama, F., Okawa, K., Ohno, M., Kashimura, A. Kobayashi, Y. Sakaguchi, M. and Sugahara, Y.
  8. The methanol extract of Kuji amber and kujigamberol have anti-allergic activity against RBL-2H3 cells and guinea pigs.
    • 会議名称 : 1st UGAS, Iwate University International Symposium
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年12月17日~2016年12月18日
    • 発表者 : Maruyama, M., Kobayashi, M., Okawa, Y., Shimizu, E., Uesugi, S., Ohno, M. and Kimura, K.
  9. Supercritical fluid treatment for Kuji amber and identification of a degradation product.
    • 会議名称 : 1st UGAS, Iwate University International Symposium
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年12月17日~2016年12月18日
    • 発表者 : Kawamura, T., Koshino, H., Uesugi, S., Nagasawa, Y., Nanao, H., Ohno, M., Shirai, M. and Kimura, K.
  10. Cell death inducing mechanisms of endoperoxide and hydroperoxide compounds derived from edible wild plant Cacalia delphiniifolia.
    • 会議名称 : 1st UGAS, Iwate University International Symposium
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年12月17日~2016年12月18日
    • 発表者 : Usukhbayar, N., Takahashi, Y., Takano, Y., Ohno, M., Uesugi, S. and Kimura, K.
  11. 久慈産琥珀に含まれる生物活性物質の精製法の改良と新規物質の探索
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2017年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月17日~2017年3月20日
    • 発表者 : 高橋穂乃香,越野広雪,川村哲晃,清水栄作,新田久男,上杉祥太,大野美紗, 木村賢一
  12. 超臨界流体抽出法によって増加する久慈産琥珀の構成成分の解析
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2017年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月17日~2017年3月20日
    • 発表者 : 川村哲晃,越野広雪,永澤佳之,七尾英孝,白井誠之,上杉祥太,大野美紗, 木村賢一
  13. 久慈産琥珀のメタノール抽出物と超臨界流体抽出物の生物活性の比較
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2017年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月17日~2017年3月20日
    • 発表者 : 丸山美紅,川村哲晃,永澤佳之,七尾英孝,白井誠之,鈴木聡,上杉祥太,大野美紗,木村賢一
  14. ニワトリ組織におけるキチナーゼ遺伝子発現レベルとその酵素学的機能の解析
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2017年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月17日~2017年3月20日
    • 発表者 : 田畑絵理,樫村昭德,大野美紗,坂口政吉,小山文隆
その他競争的資金獲得実績
  1. 全学経費(学長裁量経費を除く)
    • 研究内容 :
      Di-N-acetylchitobiase (chitobiase)は,N-acetyl-D-glucosamine (GlcNAc)が二つ結合している,N,N’-diacetylchitobiose [(GlcNAc)2]を分解する酵素で,破骨細胞で多く発現している。これまで,大腸菌組換えマウスchitobiaseが,pH 3.0-4.0で最も活性が高く,pH 1.0-8.0まで安定であることを示した。しかし,chitobiaseが破骨細胞で多く発現している必然性や機能はわかっていない。そこで本研究で,「マウスchitobiaseの活性化物質と阻害物質を用いて破骨細胞での機能」を明らかにする。