サブメニュー
更新日 : 2018年10月12日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名石村 学志 (Gakushi Ishimura)
所属専攻講座岩手大学 農学部 食料生産環境学科
職名准教授
生年月日
研究室電話番号
研究室FAX番号
連絡先住所 岩手県盛岡市上田
研究室資源経済・政策及び数理資源学研究室
メールアドレスgakugaku@iwate-u.ac.jp
出身大学
  1. 北海道大学 水産学部 水産化学
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1997年3月31日
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. ワシントン大学 海洋政策
    • 大学院課程 : 修士課程
    • 修了年月日 : 2003年6月30日
    • 修了区分 : 修了
  2. ノルウエー経済経営高等学院 経済学研究科 経済(客員大学院生)
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 2007年8月30日
    • 修了区分 : その他
  3. ブリティッシュ・コロンビア大学 資源管理及び環境 資源政策・経済
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 2010年3月31日
    • 修了区分 : 修了
取得学位
  1. 水産学学士
    • 学位の分野 : 水産化学
    • 学位授与機関 : 北海道大学
    • 取得年月日 : 1997年3月31日
  2. Master of Marine Affairs
    • 学位の分野 : Fishery Economics and management
    • 学位授与機関 : ワシントン大学
    • 取得年月日 : 2003年6月30日
  3. Ph.D.
    • 学位の分野 : 資源管理及び環境
    • 学位授与機関 : ブリティッシュ・コロンビア大学
    • 取得年月日 : 2010年3月30日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 農学部 食料生産環境学科
    • [本務] 准教授 (2016年4月1日~継続中)
  2. 岩手大学 国際連携室
    • [兼務] 准教授 (2017年4月1日~継続中)
専門分野(科研費分類)
  1. 資源保全学
  2. 水産学一般
  3. 農業経済学
  4. 教育学
  5. 科学教育
研究分野を表すキーワード
  1. 資源経済
  2. 資源政策
  3. サステイナビリティ学
  4. 数理資源管理
  5. サステイナビリティ教育
担当授業科目
  1. 2016年度
    • 水産科学入門
    • 基礎ゼミナール
    • 生物統計学
    • 食料生産環境学概論
  2. 2017年度
    • 漁業・漁業資源経済学
    • 起業学入門
    • 漁業・漁業資源経済学
    • 水産科学入門
    • コーディネーション概論
    • コミュニケーション論
    • 水産科学技術者倫理
    • 生物統計学
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2017年度
    • 学部研究生 1人
  2. 2018年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学部研究生 1人
    • 大学院研究生(修士) 2人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
教育活動のその他の事項
  1. 2016年度
    • 学生生活指導活動
      コース学生全員対象の個別面談を一年で4回施行
  2. 2017年度
    • 学生生活指導活動
      1年生、2年生対象の個別面談
論文
  1. Protein denaturation and oxidation in chilled hairtail (Trichiutus haumela) as affected by electrolyzed oxidizing water and chitosan treatment [Journal International Journal of Food Properties, (2018年1月1日)] Luan L, Wu C, Wang L, Li Y, Ishimura G, Yuan C, Ding T, Hu Y
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Does Trade Openness reduce domestic fishing catch? [Fishery Science, (2017年10月1日)] Keita Abe, Gakushi Ishimura, Tetsuya Tsurumi, Shunsuke Managi and Ussif Rashid Sumaila
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. Developing Joint Educational Programs in Sustainability Science across Different Universities - A Case Study from Japan [Sustainability Science, accepted, (2017年12月1日)] Makoto Tamura, Motoharu Onuki, Makiko Sekiyama, Keishiro Hara, Michinori Uwasu, Nobuyuki Tsuji, Gakushi Ishimura, Noriyuki Tanaka, Akihisa Mori, Takashi Mino
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. Education and capacity building with research: a possible case for Future Earth [International Journal of Sustainability in Higher Education, 18(2), (2017年4月1日), pp.263-276] Yasuhiro Fukushima, Gakushi Ishimura, Andrew James Komasinski, Reiko Omoto, Shunsuke Managi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. γ-PGA and MTGase improve the formation of ε-(γ-glutamyl) lysine cross-links within hairtail (Trichiurus haumela) surimi protein [Food Chemistry, (2017年10月1日)] Yaqin Hu, Ying Shaoa, Chunhua Wu, Chunhong Yuan, Gakushi Ishimura, Wenjuan Liu, Shiguo Chen,
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. Critical Thinking and Normative Competencies for Sustainability Science Education [高等教育ジャーナル, 24, (2017年4月1日), pp.21-37] Andrew KOMASINSK, Gakushi Ishimura
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. Combined Effect of Superchilling and Tea Polyphenols on the Preservation Quality of Hairtail (Trichiurus Haumela) [International Journal of Food Properties, (2017年5月1日)] Lanlan Luan, Shalu Fu, Chunhong Yuan, Gakushi Ishimura, Shiguo Chen, Jianchu Chen, Yaqin Hu
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. Formulating an Introductory Class for “Sustainability Science” Within a Global Classroom Setting [高等教育ジャーナル, 23, (2016年7月1日), pp.1-8] Ishimura G, Chittenden AR, Tanaka S, Momota E, Tanaka N
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Can there be stable, cooperative management of a transboundary fish stock under climate variability? The case study of the Pacific sardine fishery in the California current [Marine Policy, 39, (2013年1月1日), pp.333-340] Ishimura, G., S. Herrick, and U.R. Sumaila.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Fishing games under climate variability: transboundary management of Pacific sardine in the California Current System [Environmental Economics and Policy Studies, 15(2), (2013年4月1日), pp.189-209] Ishimura, G., S. Herrick, and U.R. Sumaila.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. Moving beyond catch in allocation approaches for internationally shared fish stocks [Marine Policy, 40, (2013年1月1日), pp.124-136] Bailey, M., G. Ishimura, R. Paisley, U. R. Sumaila
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. The Impacts of Waiting Cooperative Management of a Transboundary Fish Stock Vulnerable to Climate Variability: the Case of Pacific Sardine [Global Environmental Research, 18(2), (2014年1月1日), pp.207-216] Gakushi Ishimura, Ussif Rashid Sumaila, Sam Herrick
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. The market value of freshness: Observations from the swordfish and blue shark longline fishery in Kesennuma, Japan [Fishery Science, 79(3), (2013年5月1日), pp.547-553] Ishimura, G. and M. Bailey
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. Management of Fluctuating Fish Stocks-The Case of Pacific whiting [Fisheries Research, 73(1), (2008年1月1日)] Ishimura, G., Punt, A.E. and Huppert
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  15. Development of Bayesian production models for assessing the North Pacific swordfish population [Fishery Science, (2011年1月1日)] BRODZIAK Jon, ISHIMURA Gakushi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. Assessment of Total Fisheries-Related Biomass Removal from Japan’s Exclusive Economic Zones: 1950-2010 [Fishery Science, 80, (2014年5月1日), pp.643-651] Wilf Swart, Gakushi Ishimura
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. Euryphorus brachypterus (Copepoda: Caligidae) on wild Pacific bluefin tuna from the Tsugaru Straight, northern Japan [Parasitology International, 65(3), (2016年6月1日), pp.268-270] Kanaiwa M, Yamamoto, Y., Hiraoka, Y., Kato, M., Ishimura, G., Katahira, H
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. The development of an International Education Alliance for global human resources in sustainability: the case of Sustainability Leader Program Alliance [Journal of Higher Education and Lifelong Learning, 21, (2014年1月1日), pp.1-8] Chittenden AR, Ishimura G, Tanaka S, Momota E, Tanaka N
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. Four suggestions to improve fisheries education program in developing countries [African Journal of Aquatic Science, 37(2), (2012年1月1日), pp.225-227] Bower, J. and G. Ishimura
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. A Historical Overview of Education and Social Change in Spiti Valley, India [Ladakh Studies, 28, (2012年1月1日), pp.4-16] Tsering, T. and G. Ishimura
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. Stock assessment of North Pacific swordfish (Xiphius gladius) in 2009 [National Oceanic and Atmospheric Administration Pacific Islands Fishery Science Center Administration Report, (2009年1月1日)] Brodziak, J. and G. Ishimura
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  22. Production model analyses of maximum sustainable yield-based reference points for the North Pacific swordfish stocks [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, (2010年1月1日)] Brodziak, J,Ishimura, G.
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  23. Searching for optimal economic fishing effort for swordfish (Xiphias gladius) by Japanese distant longline fishing vessels [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, (2011年1月1日)] Ishimura, G. Abe, K, Brodziak, J and Kadota, M
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  24. Updated the market value of freshness: Preliminary evidences from swordfish and blue shark market for a pelagic longline fishery [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, (2010年1月1日)] K. Ito, G. Ishimura, K. Yokawa and K. Ishida,
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  25. Preliminary development of Economic capacity and reference points for Western and Central swordfish fisheries (Xiphias gladius) in the North Pacific [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, (2011年1月1日)] Ishimura, G. ,Brodziak, J and Kadota, M
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  26. Preliminary economic overview of the swordfish longline fishery in Kesen-numa, Japan [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, 08(2), (2008年1月1日)] Ishimura, G., and Yokawa, K
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  27. Archiving Blue marlin harvesting in Japanese coastal fishery [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, 08(1), (2008年1月1日)] Ishimura, G., Yokawa, K. and Ichinokawa,M
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  28. Model-averaging to account for prior uncertainty in swordfish intrinsic growth rate and carrying capacity [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, 09(2), (2009年1月1日)] Ishimura, G. ,Brodziak, J
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  29. Does extending days of searching fishing grounds and fishing operation add catch? : Preliminary observations from the operations of Japanese coastal longline fisheries [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, 09(3), (2009年1月1日)] Ishimura, G., K. Ito. and K. Yokawa
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  30. Development of Bayesian surplus production models for the assessing North Pacific swordfish population [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, 09(2), (2009年1月1日)] Brodziak, J. and G.Ishimura
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  31. Preliminary overview of the Recreational Billfish Fishery in the Eastern Coast of Baja California Sur, Mexico [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, 09(1), (2009年1月1日)] A. Cisneros-Montemayor, and G. Ishimura.
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  32. Update of the Catch per Unit Effort distribution of Swordfish (Xiphias gladius) by the Japanese offshore and distant-water longline fishery in the Pacific [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, 08(2), (2009年1月1日)] Ishimura, G., Yokawa, K. and Ichinokawa, M.
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  33. Can we stabilize fisheries’ benefits from a fluctuating stock? The bioeconomic assessment of the Pacific whiting fishery [Proceeding of Institute of International Fisheries Economics and Trade, (2004年1月1日)] Ishimura, G., Huppert, D.D. and Punt, A.E.
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 深き海の魚たち:資源開拓と有効利用に向けて [丸善プラネット (2017年4月1日)] 落合芳博編:石村学志
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
  2. エコラベルによる持続可能な漁業:農林水産の経済学 [中央経済社 (2015年1月1日)] 島畑敦史、石村学志
    • 著書種別 : 学術図書
  3. Tuna stock status and changes in fisheries [Food and Agricultural Organization of United Nation (2010年1月1日)] Miyake, M. P., P. Guillotreau,CH. Sun and G. Ishimura
    • 著書種別 : 学術著書
  4. Defining sustainability of fishery resource [United Nations University Press (2011年1月1日)] Ishimura, G., and M. Bailey
    • 著書種別 : 学術著書
  5. U. S. Marine Ecosystem Habitat Values [Willey-Blackwell (2010年1月1日)] Sumaila, U.R., J. Alder, G. Ishimura, W. W. L. Cheung, L. Dropkin, S. Hopkins, S. Sullivan and A. Kitchingman
    • 著書種別 : 学術著書
  6. Global Atlas of Marine Fisheries: A Critical Appraisal of Catches and Ecosystem Impacts [Island Press (2016年10月6日)] Swartz, W., and G. Ishimura
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      Japan
  7. ミッション・サメ・レスキュー (ナショナル ジオグラフィック キッズ) 単行本 [ハーバーコリンズジャパン (2018年9月22日)] ルース・A マスグレイヴ(監修:後藤友明、石村学志)
    • 著書種別 : 児童生徒用教科書
研究発表
  1. Economic Challenges of Post-Tsunami Reconstruction and Redevelopment: A case study of the recovery of longline fisheries and associated industry clusters from the 2011 Great Tohoku Earthquake/Tsunami
    • 会議名称 : IIFET
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年5月5日~2016年5月10日
    • 発表者 : 石村 学志
  2. Exploring optimum economic efficiency of fishing:Shall we move from the tradition in the post-tsunami fishery?
    • 会議名称 : North America Association of Fishery Economics
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月22日
    • 発表者 : Gakushi Ishimura. Keita Abe, Tomoaki Goto
    • 開催場所 : La Paz, Mixico
  3. Challenges of the “Sixth Sector Industrialization” policy in Japanese fishery Obstacles and adverse effects of the vertical sector integration led by fishers
    • 会議名称 : North America Association of Fishery Economics
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月23日
    • 発表者 : Gakushi Ishimura, Chunhong Yuan
    • 開催場所 : La Paz, Mixico
  4. 六次産業化における 漁業独自の課題抽出と理論構築: 三陸漁業での社会実装探求
    • 会議名称 : 日本水産学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月29日
    • 発表者 : 石村 学志 袁 春紅
  5. 水産技術者倫理教育の可能性を探る: システムの公共性と技術者の社会的責務の接点を起点として
    • 会議名称 : 日本水産学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月29日
    • 発表者 : 石村学志・脇野博・眞嶋俊造・コマシンスキ アンドリュー
  6. FishBase日本拠点形成とSANRIKU FishBaseプロジェクト
    • 会議名称 : 日本水産学会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月29日
    • 発表者 : 後藤友明・石村学志・袁春紅・塚越英晴・高見宗広・武藤文人・渋川浩一・ジョン・バウアー
  7. Strategic Activities to establish "FishBase Japan”
    • 会議名称 : 2017 FishBase Consortium Meeting
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月5日~2017年9月7日
    • 発表者 : Tomoaki Goto Chunhong Yuan Hideharu Tsukagoshi Shogo Kajiwara Gaku Ishimura*
    • 開催場所 : Royal Museum of Central Africa, Tervuren Belgium
  8. Optimizing fishing strategies and spatial management by linking spatial abundance information and economic indicators
    • 会議名称 : IMBIZO 5: Marine biosphere research for a sustainable ocean: Linking ecosystems, future states and resource management
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年10月1日~2017年10月4日
    • 発表者 : Gakushi Ishimura, Keita Abe
  9. 社会関係資本としての「漁業協同組合」:「公平性」からの共有自然資本管理の独自性と有効性
    • 会議名称 : 日本水産学会春季大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2018年3月29日
    • 発表者 : 石村学志 (岩手大学農)・阿部景太(ワシントン大経済)・塩田卓也 (ノルウエー経済高等学院経済)・ 大塚和彦(Environmental Defense Fund)
  10. 日本における漁業資源の潜在便益推定: Upside Bioeconomic Model構築と限定的結果考察
    • 会議名称 : 日本水産学会春季大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2018年3月29日
    • 発表者 : 徳永佳奈恵(東大海洋アライアンス)石村学志(岩手大農)阿部景太(ワシントン大経済)・Jennifer Couture・大塚和彦(Environmental Defense Fund)
  11. 不確実性下の 国際共有水産資源政策 東シナ海の日中協力への応用
    • 会議名称 : Workshop on Chinese-Japan Cooperation on Marine Fisheries Management and Marine Environment Protection in the East China Sea
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2018年4月3日
    • 発表者 : Gakushi Ishimura
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2018年8月~継続中
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2018年度・510,000円・1,530,000円
      2019年度・460,000円・1,380,000円
      2020年度・450,000円・1,350,000円
  2. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2017年4月~継続中
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2017年度・1,500,000円・450,000円
      2018年度・1,100,000円・330,000円
      2019年度・1,100,000円・330,000円
  3. 萌芽研究
    • 支払支給期間 : 2012年4月~2015年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2012年度・1,430,000円・330,000円
      2013年度・1,300,000円・300,000円
      2014年度・1,300,000円・300,000円
奨学寄附金等
  1. 漁獲漁業研究
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : EDF
    • 寄附金額 : 1,870,000円
  2. 笹川スカンジナビア財団奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 笹川スカンジナビア財団
    • 寄附金額 : 300,000円
    • 寄附年月 : 2018年7月1日
  3. 旭硝子財団奨学寄付金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 旭硝子財団
    • 寄附金額 : 1,000,000円
    • 寄附年月 : 2017年4月1日
  4. Defining Success for Japanese fisheries
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : Environmental Defense Fund
    • 寄附金額 : 1,554,000円
    • 寄附年月 : 2017年7月1日
  5. 日本漁業の研究
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : Environmental Defense Fund
    • 寄附金額 : 1,365,000円
    • 寄附年月 : 2016年9月1日
  6. 日本生命財団環境研究助成金若手研究
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 日本生命財団
    • 寄附金額 : 1,300,000円
    • 寄附年月 : 2016年8月1日
  7. 一般社団法人水産資源・海域環境保全研究会: 研究助成
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 一般社団法人水産資源・海域環境保全研究会: 研究助成
    • 寄附金額 : 2,000,000円
    • 寄附年月 : 2011年4月1日
  8. 松下幸之助記念財団
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 松下幸之助記念財団
    • 寄附金額 : 500,000円
    • 寄附年月 : 2010年10月1日
  9. 日本生命財団環境研究助成金若手研究
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 日本生命財団
    • 寄附金額 : 1,500,000円
    • 寄附年月 : 2011年8月1日
その他競争的資金獲得実績
  1. 研究力強化支援経費
    • 研究内容 :
      レジリアンスある漁業構築のための社会
      実装可能な三陸漁業最適化戦略・政策探求
      北太平洋メカジキ漁業の生物経済空間分
所属学会・委員会
  1. International Institute of Fishery Economics and Trade (2013年4月1日~継続中)
  2. 日本水産学会 (2014年4月1日~継続中)
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. Fishery Science [査読 (2016年6月)]
  2. Fisheries Research [査読 (2016年6月)]
  3. Fishery Science [査読 (2017年8月)]
  4. Journal of Theoretical Biology [査読 (2017年11月)]
  5. Ocean and Coastal Management [査読 (2018年3月)]
マスメディアによる報道
  1. 2017年度
    • 2017/8/16 日本経済新聞
      市場で買う魚がない 減り続ける水産資源
      三陸沖の不都合な真実

      東松島の延縄漁業の研究について報道された
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 全国報道
国・地方自治体等の委員歴
  1. Marine StewardShip Council
    • 委員会等名 : Stakeholder Council
    • 役職名 : Council Member
    • 就任期間 : 2014年9月~2017年8月
企業・団体等への指導等
  1. 2016年度 国際協力事業団
    • 指導等の内容 :
      国別研修における講師
  2. 2017年度 Marine Stewardship Council 社会経済専門家会議
    • 指導等の内容 :
      会議に参加し、MSCが啓蒙するTheory of Change の分析と発展の議論に参加。
  3. 2017年度 国際協力事業団(JICA)
    • 指導等の内容 :
      国別研修における講師(イラク政府行政官研修)
  4. 2017年度 海洋政策研究所
    • 指導等の内容 :
      漁業と寄り添う実学 としての水産学再生 -盛岡高等農林学校から 三陸沿岸復興へ
      2011年の東日本大震災は、三陸沿 岸、そして、福島の漁業に壊滅的な被 害を与えました。震災から6年が経ちましたが、未だに 被災地は復興の途中にあります。この講義では、まず、 様々な問題を抱えながらに、水産資源の特殊性と日本 の現状を踏まえながら、どうして水産業が三陸沿岸や福 島に、そして、この国に必要なのか、を問います。その答 えを起点として、この岩手大学に水産が新設されたこと の必然性と、漁業と寄り添う実学へと回帰する新しい水 産学のあり方を議論します。
生涯学習支援実績
  1. 水産経済・政策
    • 種類 : 岩手県教育委員会 授業能力向上研修
    • 担当部門(講演題目) : 水産資源をめぐる国内外の動向と
      これ からの三陸水産業の在り方
    • 開催期間 : 2016年7月
  2. 第25回男女共同参画推進のための学習と交流の会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 大学における特別養子縁組制度への壁
    • 開催期間 : 2017年6月
  3. 岩手大学シニアカレッジ講師
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 漁業と寄り添う実学としての
      水産学再生
    • 開催期間 : 2017年9月
  4. 宮城県泉高校での出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 差別から区別へ
      三陸さめ漁業の国際戦略
    • 開催期間 : 2017年9月
  5. 科学談話会
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 東日本大震災からの
      持続的漁業構築をめざして
      漁業と寄り添う実学としての
      水産学再生
    • 開催期間 : 2017年10月
国際交流活動
  1. 2016年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        ミャンマー パティン大学
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        交流訪問、全学協定締結に向けた協議
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        上海海洋大学サマースクール受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        サマースクールの受け入れ
  2. 2017年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        上海海洋大学全学協定締結
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        全学協定締結のため上海海洋大学を訪問
    • 学術交流
      • 交流機関・事業等名 :
        University of California, Santa Barbara: Sustainable Fishery Group
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        共同研究にむけて話合い
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        上海海洋大学サマースクール
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        レクチャー講師
    • 学術交流
      • 交流機関・事業等名 :
        FIshBase コンソーシアム会議
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        国際魚類データベース日本拠点形成事業として参加の義務のある会議に出席
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2018年度
    • 英国議会の意見聴取における持続的漁業についての意見書の提出http://data.parliament.uk/writtenevidence/committeeevidence.svc/evidencedocument/environmental-audit-committee/sustainable-seas/written/82890.html
活動履歴
  1. 2016年度
    • 農学部教務委員会
    • 農学部入試委員会
    • 農学部国際交流委員会(オブザーバー)
    • 総合科学研究科地域創生専攻設置委員会
    • クラス担任(1年生担任)
    • 三陸水産研究センター兼務教員
    • [各部局(機構・施設)等の兼務教員](三陸水産研究センター)
    • コース代表
  2. 2017年度
    • 農学部国際交流委員会
    • 農学部教務委員会
    • 水産システム学コース主任
    • 1年生担任
    • 2年生担任
    • 国際連携室兼務教員
    • 三陸水産研究センター兼務教員
    • 英語力対策検討専門委員会