サブメニュー
更新日 : 2019年11月29日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名石村 学志 (Gakushi Ishimura)
所属専攻講座岩手大学 農学部 食料生産環境学科
職名准教授
生年月日
研究室電話番号
研究室FAX番号
連絡先住所 岩手県盛岡市上田
研究室資源経済・政策及び数理資源学研究室
メールアドレスgakugaku@iwate-u.ac.jp
出身大学
  1. 北海道大学 水産学部 水産化学
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1997年3月31日
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. ワシントン大学 海洋政策
    • 大学院課程 : 修士課程
    • 修了年月日 : 2003年6月30日
    • 修了区分 : 修了
  2. ノルウエー経済経営高等学院 経済学研究科 経済(客員大学院生)
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 2007年8月30日
    • 修了区分 : その他
  3. ブリティッシュ・コロンビア大学 資源管理及び環境 資源政策・経済
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 2010年3月31日
    • 修了区分 : 修了
取得学位
  1. 水産学学士
    • 学位の分野 : 水産化学
    • 学位授与機関 : 北海道大学
    • 取得年月日 : 1997年3月31日
  2. Master of Marine Affairs
    • 学位の分野 : Fishery Economics and management
    • 学位授与機関 : ワシントン大学
    • 取得年月日 : 2003年6月30日
  3. Ph.D.
    • 学位の分野 : 資源管理及び環境
    • 学位授与機関 : ブリティッシュ・コロンビア大学
    • 取得年月日 : 2010年3月30日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 農学部 食料生産環境学科
    • [本務] 准教授 (2016年4月1日~継続中)
  2. 岩手大学 国際連携室
    • [兼務] 准教授 (2017年4月1日~継続中)
  3. 岩手大学 三陸水産研究センター
    • [兼務] 准教授 (2017年10月1日~継続中)
学外略歴
  1. 国立 環境研究所
    • [大学等非常勤研究員] (2019年4月1日~継続中)
  2. アイスランド大学ビジネス学部
    • [博士指導教員] (2019年4月1日~継続中)
専門分野(科研費分類)
  1. 資源保全学
  2. 水産学一般
  3. 農業経済学
  4. 教育学
  5. 科学教育
研究分野を表すキーワード
  1. 資源経済
  2. 資源政策
  3. サステイナビリティ学
  4. 数理資源管理
  5. サステイナビリティ教育
担当授業科目
  1. 2016年度
    • 水産科学入門
    • 基礎ゼミナール
    • 生物統計学
    • 食料生産環境学概論
  2. 2017年度
    • 漁業・漁業資源経済学
    • 起業学入門
    • 漁業・漁業資源経済学
    • 水産科学入門
    • コーディネーション概論
    • コミュニケーション論
    • 水産科学技術者倫理
    • 生物統計学
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2017年度
    • 学部研究生 1人
  2. 2018年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学部研究生 1人
    • 大学院研究生(修士・専門職学位課程) 2人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
教育活動のその他の事項
  1. 2016年度
    • 学生生活指導活動
      コース学生全員対象の個別面談を一年で4回施行
  2. 2017年度
    • 学生生活指導活動
      1年生、2年生対象の個別面談
論文
  1. THE FUTURE OF FOOD FROM THE SEA [The High Level Panel for Sustainable Ocean Economy, (2019年12月1日)] Christopher Costello, Ling Cao and Stefan Gelcich, Miguel Angel Cisneros, Christopher M. Free, Halley E. Froehlich, Elsa Galarza, Christopher D. Golden, Gakushi Ishimura, Jason Maier, Ilan Macadam-Somer, Tracey Mangin, Michael C. Melnychuk, Masanori Miyahara, Carryn de Moor, Rosamond Naylor, Linda Nøstbakken, Elena Ojea, Erin O’Reilly, Giacomo Chato Osio, Ana M. Parma, Fabian Pina Amargos, Andrew J. Plantinga, Albert Tacon, and Shakuntala H. Thilsted
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  2. Ecosystem-based management can contribute to cooperation in transboundary fisheries: The case of Pacific sardine [Fisheries Research, (2020年1月1日)] Andrés M Cisneros-Montemayor, Gakushi Ishimura, Gordon R Munro, U. Rashid Sumaila
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. 三陸水産物の価格向上戦略探求 活度保持に着目した野田村産ホタテガイの 大遠隔地での販路拡大を目指した輸送試験からの考察 [北日本漁業経済, (2020年1月1日)] 川尻博、石村学志、後藤友明
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  4. Alternative outcomes under different fisheries management policies: A bioeconomic analysis of Japanese fisheries [Marine Policy, (2019年10月1日)] Kanae Tokunaga, Gakushi Ishimura, Shigehide Iwata, Keita Abe, Kazuhiko Otsuka, Kristin Kleisner, Rod Fujita
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. Protein denaturation and oxidation in chilled hairtail (Trichiutus haumela) as affected by electrolyzed oxidizing water and chitosan treatment [Journal International Journal of Food Properties, (2018年1月1日)] Luan L, Wu C, Wang L, Li Y, Ishimura G, Yuan C, Ding T, Hu Y
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. Quality evaluation based on fractal dimension and biochemical changes for hairtail (Trichiurus Haumela) samples subjected to multiple freeze–thaw cycles [International Journal of Food Properties, 21(1), (2018年8月1日), pp.2328-2338] Lanlan Luan, Yeshun Sun, Chunhong Yuan, Gakushi Ishimura, Shiguo Chen & Yaqin Hu
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. Developing Joint Educational Programs in Sustainability Science across Different Universities - A Case Study from Japan [Sustainability Science, accepted, (2017年12月1日)] Makoto Tamura, Motoharu Onuki, Makiko Sekiyama, Keishiro Hara, Michinori Uwasu, Nobuyuki Tsuji, Gakushi Ishimura, Noriyuki Tanaka, Akihisa Mori, Takashi Mino
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. Does Trade Openness reduce domestic fishing catch? [Fishery Science, (2017年10月1日)] Keita Abe, Gakushi Ishimura, Tetsuya Tsurumi, Shunsuke Managi and Ussif Rashid Sumaila
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Education and capacity building with research: a possible case for Future Earth [International Journal of Sustainability in Higher Education, 18(2), (2017年4月1日), pp.263-276] Yasuhiro Fukushima, Gakushi Ishimura, Andrew James Komasinski, Reiko Omoto, Shunsuke Managi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. γ-PGA and MTGase improve the formation of ε-(γ-glutamyl) lysine cross-links within hairtail (Trichiurus haumela) surimi protein [Food Chemistry, (2017年10月1日)] Yaqin Hu, Ying Shaoa, Chunhua Wu, Chunhong Yuan, Gakushi Ishimura, Wenjuan Liu, Shiguo Chen,
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. Critical Thinking and Normative Competencies for Sustainability Science Education [高等教育ジャーナル, 24, (2017年4月1日), pp.21-37] Andrew KOMASINSK, Gakushi Ishimura
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. Combined Effect of Superchilling and Tea Polyphenols on the Preservation Quality of Hairtail (Trichiurus Haumela) [International Journal of Food Properties, (2017年5月1日)] Lanlan Luan, Shalu Fu, Chunhong Yuan, Gakushi Ishimura, Shiguo Chen, Jianchu Chen, Yaqin Hu
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. Formulating an Introductory Class for “Sustainability Science” Within a Global Classroom Setting [高等教育ジャーナル, 23, (2016年7月1日), pp.1-8] Ishimura G, Chittenden AR, Tanaka S, Momota E, Tanaka N
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. Can there be stable, cooperative management of a transboundary fish stock under climate variability? The case study of the Pacific sardine fishery in the California current [Marine Policy, 39, (2013年1月1日), pp.333-340] Ishimura, G., S. Herrick, and U.R. Sumaila.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  15. Fishing games under climate variability: transboundary management of Pacific sardine in the California Current System [Environmental Economics and Policy Studies, 15(2), (2013年4月1日), pp.189-209] Ishimura, G., S. Herrick, and U.R. Sumaila.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. Moving beyond catch in allocation approaches for internationally shared fish stocks [Marine Policy, 40, (2013年1月1日), pp.124-136] Bailey, M., G. Ishimura, R. Paisley, U. R. Sumaila
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. The Impacts of Waiting Cooperative Management of a Transboundary Fish Stock Vulnerable to Climate Variability: the Case of Pacific Sardine [Global Environmental Research, 18(2), (2014年1月1日), pp.207-216] Gakushi Ishimura, Ussif Rashid Sumaila, Sam Herrick
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. The market value of freshness: Observations from the swordfish and blue shark longline fishery in Kesennuma, Japan [Fishery Science, 79(3), (2013年5月1日), pp.547-553] Ishimura, G. and M. Bailey
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. Management of Fluctuating Fish Stocks-The Case of Pacific whiting [Fisheries Research, 73(1), (2008年1月1日)] Ishimura, G., Punt, A.E. and Huppert
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. Assessment of Total Fisheries-Related Biomass Removal from Japan’s Exclusive Economic Zones: 1950-2010 [Fishery Science, 80, (2014年5月1日), pp.643-651] Wilf Swart, Gakushi Ishimura
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. Euryphorus brachypterus (Copepoda: Caligidae) on wild Pacific bluefin tuna from the Tsugaru Straight, northern Japan [Parasitology International, 65(3), (2016年6月1日), pp.268-270] Kanaiwa M, Yamamoto, Y., Hiraoka, Y., Kato, M., Ishimura, G., Katahira, H
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  22. The development of an International Education Alliance for global human resources in sustainability: the case of Sustainability Leader Program Alliance [Journal of Higher Education and Lifelong Learning, 21, (2014年1月1日), pp.1-8] Chittenden AR, Ishimura G, Tanaka S, Momota E, Tanaka N
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  23. Four suggestions to improve fisheries education program in developing countries [African Journal of Aquatic Science, 37(2), (2012年1月1日), pp.225-227] Bower, J. and G. Ishimura
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  24. A Historical Overview of Education and Social Change in Spiti Valley, India [Ladakh Studies, 28, (2012年1月1日), pp.4-16] Tsering, T. and G. Ishimura
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  25. Development of Bayesian production models for assessing the North Pacific swordfish population [Fishery Science, (2011年1月1日)] BRODZIAK Jon, ISHIMURA Gakushi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  26. Management of fluctuating fish stocks: the case of Pacific whiting [Fisheries Research, 73(1-2), (2005年6月1日), pp.201-216] Gakushi Ishimura, André E Punt, Daniel D Huppert
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  27. Stock assessment of North Pacific swordfish (Xiphius gladius) in 2009 [National Oceanic and Atmospheric Administration Pacific Islands Fishery Science Center Administration Report, (2009年1月1日)] Brodziak, J. and G. Ishimura
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  28. Production model analyses of maximum sustainable yield-based reference points for the North Pacific swordfish stocks [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, (2010年1月1日)] Brodziak, J,Ishimura, G.
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  29. Searching for optimal economic fishing effort for swordfish (Xiphias gladius) by Japanese distant longline fishing vessels [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, (2011年1月1日)] Ishimura, G. Abe, K, Brodziak, J and Kadota, M
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  30. Updated the market value of freshness: Preliminary evidences from swordfish and blue shark market for a pelagic longline fishery [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, (2010年1月1日)] K. Ito, G. Ishimura, K. Yokawa and K. Ishida,
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  31. Preliminary development of Economic capacity and reference points for Western and Central swordfish fisheries (Xiphias gladius) in the North Pacific [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, (2011年1月1日)] Ishimura, G. ,Brodziak, J and Kadota, M
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  32. Preliminary overview of the Recreational Billfish Fishery in the Eastern Coast of Baja California Sur, Mexico [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, 09(1), (2009年1月1日)] A. Cisneros-Montemayor, and G. Ishimura.
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  33. Preliminary economic overview of the swordfish longline fishery in Kesen-numa, Japan [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, 08(2), (2008年1月1日)] Ishimura, G., and Yokawa, K
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  34. Archiving Blue marlin harvesting in Japanese coastal fishery [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, 08(1), (2008年1月1日)] Ishimura, G., Yokawa, K. and Ichinokawa,M
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  35. Model-averaging to account for prior uncertainty in swordfish intrinsic growth rate and carrying capacity [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, 09(2), (2009年1月1日)] Ishimura, G. ,Brodziak, J
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  36. Does extending days of searching fishing grounds and fishing operation add catch? : Preliminary observations from the operations of Japanese coastal longline fisheries [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, 09(3), (2009年1月1日)] Ishimura, G., K. Ito. and K. Yokawa
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  37. Development of Bayesian surplus production models for the assessing North Pacific swordfish population [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, 09(2), (2009年1月1日)] Brodziak, J. and G.Ishimura
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  38. Update of the Catch per Unit Effort distribution of Swordfish (Xiphias gladius) by the Japanese offshore and distant-water longline fishery in the Pacific [Working Paper of International Scientific Committee for Tuna and Tuna like species in North Pacific, 08(2), (2009年1月1日)] Ishimura, G., Yokawa, K. and Ichinokawa, M.
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  39. Can we stabilize fisheries’ benefits from a fluctuating stock? The bioeconomic assessment of the Pacific whiting fishery [Proceeding of Institute of International Fisheries Economics and Trade, (2004年1月1日)] Ishimura, G., Huppert, D.D. and Punt, A.E.
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 深き海の魚たち:資源開拓と有効利用に向けて [丸善プラネット (2017年4月1日)] 落合芳博編:石村学志
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
  2. エコラベルによる持続可能な漁業:農林水産の経済学 [中央経済社 (2015年1月1日)] 島畑敦史、石村学志
    • 著書種別 : 学術図書
  3. Tuna stock status and changes in fisheries [Food and Agricultural Organization of United Nation (2010年1月1日)] Miyake, M. P., P. Guillotreau,CH. Sun and G. Ishimura
    • 著書種別 : 学術著書
  4. Defining sustainability of fishery resource [United Nations University Press (2011年1月1日)] Ishimura, G., and M. Bailey
    • 著書種別 : 学術著書
  5. U. S. Marine Ecosystem Habitat Values [Willey-Blackwell (2010年1月1日)] Sumaila, U.R., J. Alder, G. Ishimura, W. W. L. Cheung, L. Dropkin, S. Hopkins, S. Sullivan and A. Kitchingman
    • 著書種別 : 学術著書
  6. Global Atlas of Marine Fisheries: A Critical Appraisal of Catches and Ecosystem Impacts [Island Press (2016年10月6日)] Swartz, W., and G. Ishimura
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      Japan
  7. ミッション・サメ・レスキュー (ナショナル ジオグラフィック キッズ) 単行本 [ハーバーコリンズジャパン (2018年9月22日)] ルース・A マスグレイヴ(監修:後藤友明、石村学志)
    • 著書種別 : 児童生徒用教科書
  8. 日本人が魚を食べ続けるために (海とヒトの関係学) [西日本出版社 (2019年2月19日)] 石村学志 (編著者 秋道智彌 角南篤)
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
    • 担当部分 :
      コラム 「持続的」サメ漁業認証にむけた気仙沼近海延縄漁業
研究発表
  1. Economic Challenges of Post-Tsunami Reconstruction and Redevelopment: A case study of the recovery of longline fisheries and associated industry clusters from the 2011 Great Tohoku Earthquake/Tsunami
    • 会議名称 : IIFET
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年5月5日~2016年5月10日
    • 発表者 : 石村 学志
  2. Exploring optimum economic efficiency of fishing:Shall we move from the tradition in the post-tsunami fishery?
    • 会議名称 : North America Association of Fishery Economics
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月22日
    • 発表者 : Gakushi Ishimura. Keita Abe, Tomoaki Goto
    • 開催場所 : La Paz, Mixico
  3. Challenges of the “Sixth Sector Industrialization” policy in Japanese fishery Obstacles and adverse effects of the vertical sector integration led by fishers
    • 会議名称 : North America Association of Fishery Economics
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月23日
    • 発表者 : Gakushi Ishimura, Chunhong Yuan
    • 開催場所 : La Paz, Mixico
  4. 六次産業化における 漁業独自の課題抽出と理論構築: 三陸漁業での社会実装探求
    • 会議名称 : 日本水産学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月29日
    • 発表者 : 石村 学志 袁 春紅
  5. 水産技術者倫理教育の可能性を探る: システムの公共性と技術者の社会的責務の接点を起点として
    • 会議名称 : 日本水産学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月29日
    • 発表者 : 石村学志・脇野博・眞嶋俊造・コマシンスキ アンドリュー
  6. FishBase日本拠点形成とSANRIKU FishBaseプロジェクト
    • 会議名称 : 日本水産学会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月29日
    • 発表者 : 後藤友明・石村学志・袁春紅・塚越英晴・高見宗広・武藤文人・渋川浩一・ジョン・バウアー
  7. Strategic Activities to establish "FishBase Japan”
    • 会議名称 : 2017 FishBase Consortium Meeting
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月5日~2017年9月7日
    • 発表者 : Tomoaki Goto Chunhong Yuan Hideharu Tsukagoshi Shogo Kajiwara Gaku Ishimura*
    • 開催場所 : Royal Museum of Central Africa, Tervuren Belgium
  8. Optimizing fishing strategies and spatial management by linking spatial abundance information and economic indicators
    • 会議名称 : IMBIZO 5: Marine biosphere research for a sustainable ocean: Linking ecosystems, future states and resource management
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年10月1日~2017年10月4日
    • 発表者 : Gakushi Ishimura, Keita Abe
  9. 社会関係資本としての「漁業協同組合」:「公平性」からの共有自然資本管理の独自性と有効性
    • 会議名称 : 日本水産学会春季大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2018年3月29日
    • 発表者 : 石村学志 (岩手大学農)・阿部景太(ワシントン大経済)・塩田卓也 (ノルウエー経済高等学院経済)・ 大塚和彦(Environmental Defense Fund)
  10. 日本における漁業資源の潜在便益推定: Upside Bioeconomic Model構築と限定的結果考察
    • 会議名称 : 日本水産学会春季大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2018年3月29日
    • 発表者 : 徳永佳奈恵(東大海洋アライアンス)石村学志(岩手大農)阿部景太(ワシントン大経済)・Jennifer Couture・大塚和彦(Environmental Defense Fund)
  11. 不確実性下の 国際共有水産資源政策 東シナ海の日中協力への応用
    • 会議名称 : Workshop on Chinese-Japan Cooperation on Marine Fisheries Management and Marine Environment Protection in the East China Sea
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2018年4月3日
    • 発表者 : Gakushi Ishimura
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2018年8月~継続中
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2018年度・510,000円・1,530,000円
      2019年度・460,000円・1,380,000円
      2020年度・450,000円・1,350,000円
  2. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2017年4月~継続中
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2017年度・1,500,000円・450,000円
      2018年度・1,100,000円・330,000円
      2019年度・1,100,000円・330,000円
  3. 萌芽研究
    • 支払支給期間 : 2012年4月~2015年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2012年度・1,430,000円・330,000円
      2013年度・1,300,000円・300,000円
      2014年度・1,300,000円・300,000円
奨学寄附金等
  1. Feasibility study in replacing longline observers with AI
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : Global Fishing Watch
    • 寄附金額 : 6,700,000円
    • 寄附年月 : 2019年12月1日
  2. 漁獲漁業研究
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : EDF
    • 寄附金額 : 1,066,000円
    • 寄附年月 : 2019年10月1日
  3. 漁獲漁業研究
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : EDF
    • 寄附金額 : 1,870,000円
    • 寄附年月 : 2018年1月1日
  4. 笹川スカンジナビア財団奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 笹川スカンジナビア財団
    • 寄附金額 : 300,000円
    • 寄附年月 : 2018年7月1日
  5. 旭硝子財団奨学寄付金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 旭硝子財団
    • 寄附金額 : 1,000,000円
    • 寄附年月 : 2017年4月1日
  6. Defining Success for Japanese fisheries
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : Environmental Defense Fund
    • 寄附金額 : 1,554,000円
    • 寄附年月 : 2017年7月1日
  7. 日本漁業の研究
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : Environmental Defense Fund
    • 寄附金額 : 1,365,000円
    • 寄附年月 : 2016年9月1日
  8. 日本生命財団環境研究助成金若手研究
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 日本生命財団
    • 寄附金額 : 1,300,000円
    • 寄附年月 : 2016年8月1日
  9. 一般社団法人水産資源・海域環境保全研究会: 研究助成
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 一般社団法人水産資源・海域環境保全研究会: 研究助成
    • 寄附金額 : 2,000,000円
    • 寄附年月 : 2011年4月1日
  10. 松下幸之助記念財団
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 松下幸之助記念財団
    • 寄附金額 : 500,000円
    • 寄附年月 : 2010年10月1日
  11. 日本生命財団環境研究助成金若手研究
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 日本生命財団
    • 寄附金額 : 1,500,000円
    • 寄附年月 : 2011年8月1日
その他競争的資金獲得実績
  1. 研究力強化支援経費
    • 研究内容 :
      レジリアンスある漁業構築のための社会
      実装可能な三陸漁業最適化戦略・政策探求
      北太平洋メカジキ漁業の生物経済空間分
所属学会・委員会
  1. International Institute of Fishery Economics and Trade (2013年4月1日~継続中)
  2. 日本水産学会 (2014年4月1日~継続中)
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. Fishery Science [査読 (2016年6月)]
  2. Fisheries Research [査読 (2016年6月)]
  3. Fishery Science [査読 (2017年8月)]
  4. Journal of Theoretical Biology [査読 (2017年11月)]
  5. Ocean and Coastal Management [査読 (2018年3月)]
マスメディアによる報道
  1. 2017年度
    • 2017/8/16 日本経済新聞
      市場で買う魚がない 減り続ける水産資源
      三陸沖の不都合な真実

      東松島の延縄漁業の研究について報道された
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 全国報道
国・地方自治体等の委員歴
  1. Marine StewardShip Council
    • 委員会等名 : Stakeholder Council
    • 役職名 : Council Member
    • 就任期間 : 2014年9月~2017年8月
企業・団体等への指導等
  1. 2016年度 国際協力事業団
    • 指導等の内容 :
      国別研修における講師
  2. 2017年度 Marine Stewardship Council 社会経済専門家会議
    • 指導等の内容 :
      会議に参加し、MSCが啓蒙するTheory of Change の分析と発展の議論に参加。
  3. 2017年度 国際協力事業団(JICA)
    • 指導等の内容 :
      国別研修における講師(イラク政府行政官研修)
  4. 2017年度 海洋政策研究所
    • 指導等の内容 :
      漁業と寄り添う実学 としての水産学再生 -盛岡高等農林学校から 三陸沿岸復興へ
      2011年の東日本大震災は、三陸沿 岸、そして、福島の漁業に壊滅的な被 害を与えました。震災から6年が経ちましたが、未だに 被災地は復興の途中にあります。この講義では、まず、 様々な問題を抱えながらに、水産資源の特殊性と日本 の現状を踏まえながら、どうして水産業が三陸沿岸や福 島に、そして、この国に必要なのか、を問います。その答 えを起点として、この岩手大学に水産が新設されたこと の必然性と、漁業と寄り添う実学へと回帰する新しい水 産学のあり方を議論します。
生涯学習支援実績
  1. 水産経済・政策
    • 種類 : 岩手県教育委員会 授業能力向上研修
    • 担当部門(講演題目) : 水産資源をめぐる国内外の動向と
      これ からの三陸水産業の在り方
    • 開催期間 : 2016年7月
  2. 第25回男女共同参画推進のための学習と交流の会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 大学における特別養子縁組制度への壁
    • 開催期間 : 2017年6月
  3. 岩手大学シニアカレッジ講師
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 漁業と寄り添う実学としての
      水産学再生
    • 開催期間 : 2017年9月
  4. 宮城県泉高校での出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 差別から区別へ
      三陸さめ漁業の国際戦略
    • 開催期間 : 2017年9月
  5. 科学談話会
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 東日本大震災からの
      持続的漁業構築をめざして
      漁業と寄り添う実学としての
      水産学再生
    • 開催期間 : 2017年10月
国際交流活動
  1. 2016年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        ミャンマー パティン大学
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        交流訪問、全学協定締結に向けた協議
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        上海海洋大学サマースクール受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        サマースクールの受け入れ
  2. 2017年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        上海海洋大学全学協定締結
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        全学協定締結のため上海海洋大学を訪問
    • 学術交流
      • 交流機関・事業等名 :
        University of California, Santa Barbara: Sustainable Fishery Group
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        共同研究にむけて話合い
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        上海海洋大学サマースクール
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        レクチャー講師
    • 学術交流
      • 交流機関・事業等名 :
        FIshBase コンソーシアム会議
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        国際魚類データベース日本拠点形成事業として参加の義務のある会議に出席
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2018年度
    • 英国議会の意見聴取における持続的漁業についての意見書の提出http://data.parliament.uk/writtenevidence/committeeevidence.svc/evidencedocument/environmental-audit-committee/sustainable-seas/written/82890.html
活動履歴
  1. 2016年度
    • 農学部教務委員会
    • 農学部入試委員会
    • 農学部国際交流委員会(オブザーバー)
    • 総合科学研究科地域創生専攻設置委員会
    • クラス担任(1年生担任)
    • 三陸水産研究センター兼務教員
    • [各部局(機構・施設)等の兼務教員](三陸水産研究センター)
    • コース代表
  2. 2017年度
    • 農学部国際交流委員会
    • 農学部教務委員会
    • 水産システム学コース主任
    • 1年生担任
    • 2年生担任
    • 国際連携室兼務教員
    • 三陸水産研究センター兼務教員
    • 英語力対策検討専門委員会
  3. 2018年度
    • 国際連携室兼務教員