サブメニュー
更新日 : 2019年7月3日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名金沢 文緒 (KANAZAWA Fumio)
所属専攻講座岩手大学 教育学部 美術教育
職名准教授
生年月日
研究室電話番号
研究室FAX番号
取得学位
  1. 修士(文学)
    • 学位の分野 : 美学・美術史
    • 学位授与機関 : 東京大学
    • 取得年月日 : 2005年3月31日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 教育学部 美術教育
    • [本務] 准教授 (2015年4月1日~継続中)
担当授業科目
  1. 2015年度
    • 芸術学Ⅰ
    • 美術史学特別演習Ⅰ
    • 美術史学特別演習Ⅲ
    • 芸術へのいざない
    • 基礎ゼミナール
    • 芸術学Ⅱ
    • 芸術学特別演習Ⅱ
    • 美術史学特論
    • 美術史学特別演習Ⅱ
    • 美術史学特別演習Ⅳ
    • 芸術鑑賞入門
    • 芸術表現の歴史
    • 美術実地研修Ⅱ
  2. 2016年度
    • 芸術学入門
    • 芸術学Ⅰ
    • 芸術学特別演習Ⅰ
    • 美術史学特別演習Ⅰ
    • 美術史学特別演習Ⅲ
    • 美術史学特別演習Ⅰ
    • 美術史入門
    • 基礎ゼミナール
    • 環境マネジメント実践学
    • 環境マネジメント実践学
    • 芸術学Ⅱ
    • 芸術学特別演習Ⅱ
    • 美術史学特論
    • 美術史学特別演習Ⅱ
    • 美術史学特別演習Ⅳ
    • 美術史学特論
    • 美術史学特別演習Ⅱ
    • 美術実地研修Ⅱ
    • 海外研修事前事後研修
  3. 2017年度
    • 芸術学入門
    • 芸術表現の歴史
    • 芸術学Ⅰ
    • 芸術学特別演習Ⅰ
    • 美術史Ⅰ
    • 美術史入門
    • 美術史入門
    • 美術史入門
    • アート理論・応用特論(美術史)
    • アート・マネジメント論
    • 基礎ゼミナール
    • 環境マネジメント実践学
    • 環境マネジメント実践学
    • 芸術学Ⅱ
    • 芸術学特別演習Ⅱ
    • 美術史Ⅱ
    • アート理論・応用特別演習(美術史)Ⅰ
  4. 2018年度
    • 芸術学入門
    • 芸術学Ⅰ
    • 芸術学特別演習Ⅰ
    • 美術史Ⅰ
    • 美術史特別演習A
    • 美術史入門
    • 美術史Ⅰ
    • 美術史Ⅰ
    • 美術史演習A
    • 美術史入門
    • 美術史入門
    • アート理論・応用特別演習(美術史)Ⅱ
    • 基礎ゼミナール
    • アート・マネジメント論
    • 芸術学Ⅱ
    • 芸術学特別演習Ⅱ
    • アート理論・応用特別演習(美術史)Ⅲ
    • 美術史Ⅱ
    • 美術史特別演習B
    • 美術史Ⅱ
    • 美術史Ⅱ
    • 美術史演習B
    • 海外研修事前事後研修
論文
  1. ベルナルド・ベロットのワルシャワ時代―《スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキの選挙》を通して― [西スラヴ学論集, (9), (2006年4月1日), pp.35-54] 金沢 文緒
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  2. ベルナルド・ベロットの景観画再考―点景人物の問題を中心に― [日本18世紀学会年報, (21), (2006年6月1日), pp.11-27] 金沢 文緒
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  3. ジュリオ・マンチーニ『絵画に関する諸考察』第10章 [美術史論叢, (24), (2008年3月1日), pp.110-130] 小佐野重利、金沢文緒他7名
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  4. Pour une édition critique informatisée de l'Encyclopédie: quelques précisions sur les métadonnées [Recherches sur Diderot et sur l'Encyclopédie, (44), (2009年6月1日), pp.207-218] Yoichi Sumi et al.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  5. ベルナルド・ベロット作《ヴェネツィアのプロクラトーレの衣装を着た自画像》に関する一考察―対作品《神殿から商人たちを追い払うキリスト》との関係から― [美術史, (170), (2011年3月1日), pp.296-312] 金沢 文緒
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  6. ウフィツィ美術館自画像コレクション関連の資料から [美術史論叢, (26), (2011年3月1日), pp.104-152] 浦一章、金沢文緒他6名
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  7. ベルナルド・ベロット作《ヴェネツィア行政官の衣装を着た自画像》に関する一考察―対作品《神殿から商人たちを追い払うキリスト》との関係から― [美術史, (59), (2011年3月1日), pp.283-] 金沢 文緒
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読無し
  8. Federica Spadotto, Francesco Zuccarelli, Milano, 2007 [日本18世紀学会年報, (23), (2011年6月1日), pp.50-51] 金沢 文緒
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読無し
  9. 「ポーランドの至宝―レンブラントと珠玉の王室コレクション」展 [西スラヴ学論集, (14), (2011年6月1日), pp.203-211] 金沢 文緒
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Puiser aux sources de l'Encyclopédie [Recherches sur Diderot et sur l'Encyclopédie, (46), (2011年6月1日), pp.226-231] Yoichi Sumi et al.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  11. 知的表象の試みとしてのプッサン受容―18世紀半ばのイタリアにおける風景画制作― [日仏美術学会会報, (31), (2012年6月1日), pp.112-113] 金沢 文緒
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読無し
  12. ドレスデン王立絵画館の成立―近代美術館への歩み― [青山学院女子短期大学 総合文化研究所年報, (20), (2012年12月1日), pp.135-155] 金沢 文緒
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  13. Review of ‘Hubert Robert: Les jardins du Temps’ and ‘The Prisons by Giovanni Battista Piranesi’ [British Society for Eighteenth-Century Studies, (2013年2月1日)] Fumio Kanazawa
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  14. 「ユベール・ロベール―時間の庭」展 [日本18世紀学会年報, (28), (2013年6月1日), pp.59-61] 金沢 文緒
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読無し
  15. 岩手大学教育学部所蔵《三日月の上に立つ聖母子》に関する考察(1) [岩手大学教育学部研究年報, (2018年3月28日)] 金沢 文緒
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. イタリア人画家カナレットの見たワルシャ ワ ―18世紀ポーランドの宮廷美術との関わり [キリスト教ヨーロッパにおけるポーランドの1050年 フォーラム・ポーランド2016年会議録, (12), (2018年9月1日), pp.34-43] 金沢 文緒
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
著書
  1. 旅を糧とする芸術家 [三元社 (2006年12月1日)] 小佐野重利他5名執筆
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      第3部資料編「モーリス・ドニの第2回イタリア滞在 1897~98年」(pp. 297-329、小佐野重利監訳、金沢文緒他6名訳)
  2. ポーランドの至宝―レンブラントと珠玉の王室コレクション [東京富士美術館 (2010年8月1日)] ヤン・オストロフスキ、アンジェイ・ロッテルムンド他4名
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      全研究論文、出展のベロット作品5点の作品解説の英語の翻訳等、日本語カタログの文章の中心部分を担当(pp. 17-22, 25, 93, 123-125, 128-129, 132-133, 157-158)
  3. フィレンツェ・ウフィツィ美術館コレクション―ヴァザーリの回廊展 [損保ジャパン東郷青児美術館 (2010年9月1日)] アントニオ・ナターリ、小佐野重利、金沢文緒他16名
    • 著書種別 : 学術図書
  4. Autoritratti dalla Collezione della Galleria degli Uffizi [損保ジャパン東郷青児美術館 (2010年9月1日)] Antonio Natali, Shigetoshi Osano, Fumio Kanazawa他16名
    • 著書種別 : 学術図書
  5. シャルダン展―静寂の巨匠 [三菱一号館美術館 (2013年6月1日)] ピエール・ローザンベール、大野芳材他2名執筆
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      シャルダンに関する英語、イタリア語、ドイツ語の批評の翻訳を担当(pp. 145-146)
  6. フランス近世叢書III 美術と都市―アカデミー・サロン・コレクション [ありな書房 (2014年7月1日)] 大野芳材(監修・解説)、田中久美子(著)、 伊藤已令(著)、 矢野陽子(著)、安井裕雄(著)、金沢文緒(著)
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      第5章「ドレスデン王立絵画館の成立―フランスの文化的変奏としてのザクセン」(pp.175-210,233-237)
  7. ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄 [国立新美術館 (2015年2月1日)] ヴァンサン・ポマレード他
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      ヴァンサン・ポマレード氏によるフランス語の研究論文“La nature au quotidien: Paysages champêtres et pastorales, scènes de genre”(「日常生活における風景―田園的・牧歌的風景と風俗的情景」)の翻訳を担当(pp. 145-150)。
  8. フランス近世叢書IV 絵画と表象I―ガブリエル・デストレからユベール・ロベールへ [ありな書房 (2015年3月1日)] 大野芳材(監修解説・著)、 田中久美子(著)、 栗田秀法(著)、 伊藤已令(著)、 船岡美穂子(著)、矢野陽子(著)、 金沢文緒(著)
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      第6章「ユベール・ロベールの廃墟―甘美な憂鬱と時間性の表現をめぐって」(pp. 179-218, 242-245)
  9. 感覚のラビュリントゥスⅥ 視覚のイコノグラフィア―〈トロンプ・ルイユ〉・横たわる美女・闇の発見 [ありな書房 (2015年7月1日)] 上村清雄(監修・著)、遠山公一(解題)、尾崎彰宏(著)、神谷玖方子(著)、出佳奈子(著)、吉住磨子(著)、大野洋子(著)、 金沢文緒(著)
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      第5章「現実と虚構のはざま―景観画家ベルナルド・ベロットと田園風景」(pp.181-220,287-290)
研究発表
  1. ベルナルド・ベロットの景観画再考―点景人物の問題を中心に―
    • 会議名称 : 日本18世紀学会第27回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年6月12日
    • 発表者 : 金沢 文緒
    • 主催者 : 日本18世紀学会
    • 開催場所 : 日本大学
  2. ベルナルド・ベロットのワルシャワ時代
    • 会議名称 : 日本西スラヴ学研究会2005年度研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年4月1日
    • 発表者 : 金沢 文緒
    • 主催者 : 日本西スラヴ学研究会
  3. ベルナルド・ベロットの歴史画について
    • 会議名称 : 第15回東西合同ポーランド史研究者集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年8月8日
    • 発表者 : 金沢 文緒
    • 主催者 : 東西合同ポーランド史研究者集会
  4. 英国風景画家リチャード・ウィルソンのイタリア滞在―《アポロと四季》をめぐって―
    • 会議名称 : イタリア言語・文化研究会第98回例会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年12月22日
    • 発表者 : 金沢 文緒
    • 主催者 : イタリア言語・文化研究会
    • 開催場所 : 早稲田大学
  5. ベルナルド・ベロット作《ヴェネツィア行政官の衣装を着た自画像》に関する一考察―対作品《神殿から商人たちを追い払うキリスト》との関係から―
    • 会議名称 : 美術史学会第62回全国大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年5月24日
    • 発表者 : 金沢 文緒
    • 主催者 : 美術史学会
    • 開催場所 : 京都大学
  6. ドレスデン王立絵画館の成立―近代美術館への歩み―
    • 会議名称 : 青山学院女子短期大学総合文化研究所2011年度第3回講演会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2011年1月27日
    • 発表者 : 金沢 文緒
    • 主催者 : 青山学院女子短期大学総合文化研究所
    • 開催場所 : 青山学院女子短期大学
  7. 知的表象の試みとしてのプッサン受容―18世紀半ばのイタリアにおける風景画制作―
    • 会議名称 : 日仏美術学会第121回例会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年2月18日
    • 発表者 : 金沢 文緒
    • 主催者 : 日仏美術学会
    • 開催場所 : 日仏会館
  8. ポーランド国王としてのアウグスト3世―ベルナルド・ベロットの寓意画の考察―
    • 会議名称 : 日本西スラヴ学研究会2012年度研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月16日
    • 発表者 : 金沢 文緒
    • 主催者 : 日本西スラヴ学研究会
    • 開催場所 : 北海道大学
  9. 現実と虚構のはざま―18世紀ヨーロッパにおける景観画の展開―
    • 会議名称 : 日本地理学会第5回大衆文化の地理学研究グループ研究集会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2014年3月15日
    • 発表者 : 金沢 文緒
    • 主催者 : 日本地理学会
    • 開催場所 : 明治大学
  10. イタリア人画家カナレットの見たワルシャワ ―18世紀ポーランドの宮廷美術との関わり
    • 会議名称 : フォーラム・ポーランド会議
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2016年12月10日
    • 発表者 : 金沢 文緒
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 若手研究(B)
    • 特別研究員推奨費
      • 支払支給期間 : 2007年4月~2009年3月
    • 特別研究員推奨費
      • 支払支給期間 : 2011年3月~2014年3月
    • 研究活動スタート支援
      • 支払支給期間 : 2014年4月~2016年3月
    • 若手研究(B)
      • 支払支給期間 : 2016年4月~継続中
      • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
        2016年度・1,430,000円・330,000円
        2017年度・1,430,000円・330,000円
        2018年度・1,040,000円・240,000円