サブメニュー
更新日 : 2020年2月7日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名寺崎 正紀 (TERASAKI Masanori)
所属専攻講座岩手大学 人文社会科学部 地域政策課程
職名教授
生年月日
研究室電話番号
研究室FAX番号
研究室環境化学研究室
ホームページアドレスhttp://envchem.hss.iwate-u.ac.jp/
出身大学
  1. 信州大学 工学部
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1997年3月
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 筑波大学 理工学研究科
    • 大学院課程 : 修士課程
    • 修了年月日 : 1999年3月
    • 修了区分 : 修了
  2. 筑波大学 化学研究科
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 2002年3月
    • 修了区分 : 修了
取得学位
  1. 博士(理学)
    • 学位の分野 : 地球宇宙化学
    • 学位授与機関 : 筑波大学
    • 取得年月日 : 2002年3月
学内職務経歴
  1. 岩手大学 人文社会科学部 環境科学課程 (廃止組織)
    • [本務] 准教授 (2014年4月~2016年3月)
  2. 岩手大学 人文社会科学部 地域政策課程
    • [本務] 准教授 (2016年4月~2019年8月)
  3. 岩手大学 人文社会科学部 地域政策課程
    • [本務] 教授 (2019年9月~継続中)
学外略歴
  1. 国立環境研究所
    • [博士研究員] (2002年4月~2003年6月)
  2. 静岡県立大学
    • [助手] (2003年7月~2007年3月)
  3. 公立大学法人 静岡県立大学
    • [助教] (2007年4月~2014年3月)
  4. その他
    • [University of Cambridge, Visiting researcher] (2005年12月~2006年3月)
専門分野(科研費分類)
  1. 環境関連化学
研究分野を表すキーワード
  1. 環境化学、化学物質影響科学
可能な出前講義
  1. 地域環境化学論 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      地域の水環境の現状や水質保全に向けた行政の取り組みに関する講義
  2. 環境リスク論 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      身の回りの製品や化学物質の安全性に関する講義
担当授業科目
  1. 2018年度
    • 基礎ゼミナール
    • 総合科学論Ⅰ
    • 自然環境学A
    • 自然環境学B
    • 環境科学実験
    • 化学Ⅰ
    • 化学Ⅱ
    • 化学実験
    • 物質の世界
    • 環境化学特論
  2. 2017年度
    • 自然環境学A
    • 自然環境学B
    • 環境科学実験
    • 化学Ⅰ
    • 化学Ⅱ
    • 化学実験
    • 物質の世界
    • 環境化学特論
  3. 2016年度
    • 環境科学実験
    • 化学Ⅰ
    • 化学Ⅱ
    • 化学実験
    • 物質の世界
  4. 2015年度
    • 基礎ゼミナール
    • 環境基礎化学
    • 化学Ⅰ
    • 化学Ⅱ
    • 環境化学特論
    • 物質の世界
  5. 2014年度
    • 環境基礎化学
    • 物質の世界
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2016年度
    • 卒業研究指導(学部) 5人
    • 学位論文審査(修士・主査)/教育実践研究報告書審査(主担当) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査)/教育実践研究報告書審査(副担当) 1人
  2. 2017年度
    • 卒業研究指導(学部) 5人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
  3. 2018年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査)/教育実践研究報告書審査(主担当) 1人
学生課外活動の指導(サークル等の顧問等)の実施
  1. 2018年度
    • 少林寺拳法部顧問
    • ボランティアサークルsmile顧問
  2. 2017年度
    • 少林寺拳法部顧問
    • ボランティアサークルsmile顧問
  3. 2016年度
    • 少林寺拳法部顧問
論文
  1. Occurrence and AhR activity of brominated parabens in the Kitakami River, North Japan [Chemosphere 【Elsevier誌】, in press, (2020年2月)] Y Gouukon, M T Yasuda, H Yasukawa, M Terasaki
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Screening data for the endocrine disrupting activities of 583 chemicals using the yeast two-hybrid assay [Data in Brief 【Elsevier誌】, 21, (2018年11月), pp.2543-2546] F Shiraishi, R Kamata, M Terasaki, H Takigami, Y Imaizumi, M Yagishita, D Nakajima
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. Estrogen agonistic/antagonistic activity of brominated parabens [Environmental Science and Pollution Research 【Springer誌】, 25, (2018年6月), pp.21257-21266] K Sasaki, M Terasaki
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. In vitro transformation of chlorinated parabens by the liver S9 fraction: Kinetics, metabolite identification, and AhR agonist activity [Chemical and Pharmaceutical Bulletin 【日本薬学会英文誌】, 64(6), (2016年6月), pp.650-654] M Terasaki, T Wada, S Nagashima, M Makino, H Yasukawa
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  5. Studies on size distribution and health risk of 37 species of polycyclic aromatic hydrocarbons associated with fine particulate matter collected in the atmosphere of a suburban area of Shanghai city, China [Environmental Pollution 【Elsevier 誌】, 214, (2016年4月), pp.149-160] Q Wang, K Kobayashi, S Lu, D Nakajima, W Wang, W Zhang, K Sekiguchi, M Terasaki
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. Chronic toxicity of parabens and their chlorinated by-products in Ceriodaphnia dubia [Environmental Toxicology 【Wiley-Blackwell 誌】, 30, (2015年5月), pp.664-673] M Terasaki, R Abe, M Makino, N Tatarazako
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. Aryl hydrocarbon receptor potency of chlorinated parabens in the aquatic environment [Environmental Science: Water Research & Technology 【英国王立化学会誌】, 1, (2015年3月), pp.375-382] M Terasaki, M Yasuda, M Makino, K Shimoi
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  8. Evaluation of sensitizers found in wastewater from paper recycling areas, and their activation of the aryl hydrocarbon receptor in vitro [Science of the Total Environment 【Elsevier 誌】, 493, (2014年9月), pp.156-161] M Terasaki, M Yasuda, K Shimoi, K Jozuka, M Makino, F Shiraishi, D Nakajima
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Identification of inter-specific differences in phase II reactions: Determination of metabolites in the urine of 16 mammalian species exposed to environmental pyrene [Environmental Toxicology and Chemistry 【Wiley-Blackwell 誌】, 33, (2014年9月), pp.2062-2069] A Saengtienchai, Y Ikenaka, SM Nakayama, H Mizukawa, M Kakehi, N Bortey-Sam, WS Darwish, T Tsubota, M Terasaki, A Poapolathepm, M Ishizuka
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Paraben chlorinated derivatives in river waters [Environmental Chemistry Letters 【Springer 誌】, 10, (2012年12月), pp.401-406] M Terasaki, Y Takemura, M Makino
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. Elution of bisphenol A and its chlorination by-products from lined pipes in water supply process [Water Science and Technology: Water Supply 【IWA 国際水協会誌】, 12, (2012年11月), pp.791-798] K Kosaka, T Hayashida, M Terasaki, M Asami, T Yamada, M Itoh, M Akiba
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. Development of solid-phase extraction method for the determination of aromatic sensitizers in paper mill effluent [International Journal of Environmental Analytical Chemistry 【Taylor & Francis 誌】, 92, (2012年6月), pp.844-855] K Jozuka, M Terasaki, M Makino
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. Identification and accumulation of aromatic sensitizers in fish from paper recycling in Japan [Environmental Toxicology and Chemistry 【Wiley-Blackwell 誌】, 31, (2012年4月), pp.1202-1208] M Terasaki, K Jozuka, M Makino
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 「HPLC, GCの測定条件設定テクニックと解析 事例集」第10章6節「食品・医薬化粧品中の有機系殺菌防腐剤の抽出技術」 [技術情報協会 (2016年8月31日)] 寺崎 正紀
    • 著書種別 : 学術著書
  2. 「食品・化粧品・医薬品への保存料・防腐剤の最適な配合法」 第3章3節「殺菌防腐剤の一斉分析法」 [技術情報協会 (2014年9月)] 寺崎正紀
    • 著書種別 : 学術著書
研究発表
  1. AhR activity of brominated disinfection by-products of parabens in the river water
    • 会議名称 : SETAC North America 40th Annual Meeting
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2019年11月3日~2019年11月7日
    • 発表者 : Y Gouukon , M Terasaki
    • 開催場所 : Toronto, Canada
  2. 河川水中の臭素化パラベンとAhR活性:北上川における事例
    • 会議名称 : 第28回環境化学討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2019年6月12日~2019年6月14日
    • 発表者 : 郷右近 嘉一、寺崎 正紀
  3. 東北沿岸の漂着プラスチックに関する毒性評価:ブラインシュリプによる吸着成分の急性毒性
    • 会議名称 : 環境科学会2018年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2018年9月10日~2018年9月11日
    • 発表者 : 杉本海友、寺崎正紀
  4. Characterization of AhR agonists in snow samples collected from the mountain areas in North Japan
    • 会議名称 : SETAC North America 38th Annual Meeting
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年11月12日~2017年11月16日
    • 発表者 : T Iida, K Watanabe, M Terasaki
    • 開催場所 : Minneapolis, MN, USA
  5. Estrogenic activity of parabens and their brominated derivatives
    • 会議名称 : SETAC North America 37th Annual Meeting
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年11月6日~2016年11月10日
    • 発表者 : K Sasaki, M Terasaki
    • 開催場所 : Orlando, FL, USA
  6. 東北地方で問題になっている有害化学物質
    • 会議名称 : 第19回日本水環境学会シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月13日~2016年9月14日
    • 発表者 : 寺崎 正紀
  7. Synthesis and endocrine-disruption potential of biotransformation products of chlorinated parabens
    • 会議名称 : SETAC North America 36th Annual Meeting
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年11月1日~2015年11月5日
    • 発表者 : T Wada, M Terasaki
    • 開催場所 : Salt Lake City, UT, USA
  8. A survey and preliminary assessment of paraben compound on aquatic organisms
    • 会議名称 : SETAC North America 35th Annual Meeting
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年11月9日~2014年11月13日
    • 発表者 : M Terasaki, R Abe, N Tatarazako
    • 開催場所 : Vancouver, Canada
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2017年4月~2020年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2017年度・10,400,000円・3,120,000円
      2018年度・2,100,000円・630,000円
      2019年度・1,700,000円・510,000円
  2. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2014年4月~2017年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2014年度・1,800,000円・540,000円
      2015年度・1,200,000円・360,000円
      2016年度・900,000円・270,000円
  3. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2012年4月~2014年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2012年度・2,800,000円・840,000円
      2013年度・800,000円・240,000円
  4. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2010年4月~2012年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2010年度・2,600,000円・780,000円
      2011年度・600,000円・180,000円
奨学寄附金等
  1. 影響指向分析を用いた越境化学物質による水質汚染調査
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 住友財団 2015年度 環境研究助成
    • 寄附金額 : 1,300,000円
所属学会・委員会
  1. 日本化学会 (1999年3月~継続中)
  2. 日本環境化学会 (2002年6月~継続中)
  3. 日本内分泌撹乱化学物質学会 (2002年6月~継続中)
  4. Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) (2004年6月~継続中)
  5. 日本水環境学会 (2007年10月~継続中)
  6. 環境科学会 (2012年9月~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 日本水環境学会 学会誌 Journal of Water and Environment Technology / Associate Editor(2014年8月~2018年7月)
  2. 日本化学会 東北支部 岩手地区教育幹事(2017年4月~2018年3月)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 平成29年度 化学系学協会東北大会 (2017年9月)
    • 参加者数 : 677人
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. Environmental Science and Pollution Research (Springer誌) [査読 (2019年7月)]
  2. Environmental Science and Pollution Research (Springer誌) [査読 (2019年6月)]
  3. Environmental Pollution (Elsevier誌) [査読 (2018年8月)]
  4. BioMed Research International (Hindawi誌) [査読 (2018年4月)]
  5. Journal of Water and Environment Technology (日本水環境学会英文誌) [査読 (2017年6月)]
  6. Environmental Science and Pollution Research (Springer誌) [査読 (2017年1月)]
  7. Journal of Water and Environment Technology (日本水環境学会英文誌) [査読 (2016年12月)]
  8. Environmental Science and Pollution Research (Springer誌) [査読 (2016年11月)]
  9. RSC Advances (英国王立化学会誌) [査読 (2015年12月)]
  10. Environmental Science and Pollution Research (Springer誌) [査読 (2015年7月)]
  11. RSC Advances (英国王立化学会誌) [査読 (2015年6月)]
  12. Journal of Hazardous Materials (Elsevier誌) [査読 (2015年3月)]
  13. Water Research (Elsevier誌) [査読 (2014年10月)]
  14. Journal of Hazardous Materials (Elsevier誌) [査読 (2014年9月)]
  15. BMC Complementary and Alternative Medicine (Springer誌) [査読 (2014年5月)]
  16. Journal of Water and Environment Technology (日本水環境学会英文誌) [査読 (2014年5月)]
  17. Journal of Water and Environment Technology (日本水環境学会英文誌) [査読 (2013年10月)]
  18. Journal of Agricultural and Food Chemistry (米国化学会誌) [査読 (2013年9月)]
  19. Environmental Science & Technology (米国化学会誌) [査読 (2013年6月)]
  20. Science of the Total Environment (Elsevier誌) [査読 (2013年6月)]
  21. Journal of Water and Environment Technology (日本水環境学会英文誌) [査読 (2013年5月)]
  22. International Journal of Environmental Analytical Chemistry (Taylor & Francis 誌) [査読 (2013年2月)]
  23. Environmental Science & Technology (米国化学会誌) [査読 (2012年8月)]
  24. Journal of Water and Environment Technology (日本水環境学会英文誌) [査読 (2012年5月)]
  25. Ecotoxicology and Environmental Safety (Elsevier誌) [査読 (2012年4月)]
  26. Journal of Agricultural and Food Chemistry (米国化学会誌) [査読 (2012年1月)]
研究員(参加)
  1. 国立環境研究所 客員研究員 (2004年8月~2014年3月)
生涯学習支援実績
  1. 日本化学会東北支部岩手地区講演会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 分子から探る毒と環境汚染
    • 開催期間 : 2019年12月
  2. 夢ナビ・LIVE講義
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 暮らしと化学物質-日常的に使う意外なものに潜む、化学物質のリスクに注意-
    • 開催期間 : 2019年10月
  3. 日本水環境学会東北支部セミナー 「岩手の水環境を守るための取組・研究と最近の話題」
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 化学物質の生態リスク評価
    • 開催期間 : 2018年10月
  4. 地域政策入門―地域と暮らし―
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : くすりと地域の水環境
    • 開催期間 : 2017年7月
  5. 化学グランプリ2017
    • 種類 : その他
    • 担当部門(講演題目) : 東北ブロック岩手会場運営責任者
    • 開催期間 : 2017年7月
  6. 環境中の内分泌かく乱化学物質を探索するための新たなアプローチ
    • 種類 : 国立環境研究所-市民公開シンポジウム
    • 担当部門(講演題目) : 内分泌かく乱作用を示す未知化学物質の検索
    • 開催期間 : 2016年9月
  7. 岩手県立千厩高校
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 環境共生社会形成に向けた地域政策
    • 開催期間 : 2016年9月
  8. 化学への招待
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 1日体験化学教室
    • 開催期間 : 2016年7月
  9. 岩手県立水沢高等学校
    • 種類 : SSH事業・講師
    • 担当部門(講演題目) : 旧松尾鉱山廃水による北上川の汚染と再生
    • 開催期間 : 2015年11月
他大学等の非常勤講師
  1. 放送大学
    • 岩手学習センター(専門科目) 「身近な化学物質と環境」 (2018年6月~2018年7月)
  2. 沼津工業高等専門学校
    • 機器分析II (2011年4月~2013年10月)
活動履歴
  1. 2018年度
    • 毒物等管理委員会
    • 環境マネジメント推進室会議
    • 環境管理システム委員会
    • 財務委員会
    • ポートフォリオ担当教員
    • [各部局(機構・施設)等の兼務教員](三陸水産研究センター)
    • [各部局(機構・施設)等の兼務教員](理工系教育研究基盤センター)
  2. 2017年度
    • 毒物等管理委員会
    • 環境マネジメント推進室会議
    • 環境管理システム委員会
    • 入試委員会
    • [各部局(機構・施設)等の兼務教員](三陸水産研究センター)
    • [各部局(機構・施設)等の兼務教員](理工系教育研究基盤センター)
  3. 2016年度
    • 毒物等管理委員会
    • 環境マネジメント推進室会議
    • 環境管理システム委員会
    • アドミッション・オフィス入試専門委員会
    • 入試委員会
    • [各部局(機構・施設)等の兼務教員](三陸水産研究センター)
    • [各部局(機構・施設)等の兼務教員](理工系教育研究基盤センター)
  4. 2015年度
    • 毒物等管理委員会
    • 広報委員会
    • 紀要・図書委員会
    • 水圏環境部門会議
  5. 2014年度
    • 毒物等管理委員会
    • 紀要・図書委員会
    • 総合的ファカルティ・ディベロップメント委員会
    • 水圏環境部門会議