サブメニュー
更新日 : 2017年5月30日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名西向 めぐみ (NISHIMUKAI Megumi)
所属専攻講座岩手大学 農学部 動物科学科
職名准教授
生年月日
研究室電話番号019-621-6116
研究室FAX番号
連絡先住所020-8550 岩手県 盛岡市上田三丁目18-8
研究室動物生理学
メールアドレスnmegumi@iwate-u.ac.jp
取得学位
  1. 博士(農学)
    • 学位の分野 : 食品科学
    • 学位授与機関 : 北海道大学
    • 取得年月日 : 2004年3月25日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 農学部 動物科学課程 (廃止組織)
    • [本務] 准教授 (2013年4月1日~継続中)
研究分野を表すキーワード
  1. 脂質生理学
担当授業科目
  1. 2013年度
    • 基礎ゼミナール
    • 動物科学総論
    • 動物科学実験Ⅰ
  2. 2014年度
    • 動物生理学特論
    • 基礎ゼミナール
    • 動物科学総論
    • 動物生理学Ⅰ
    • 情報基礎
    • 動物生理学Ⅱ
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 卒業研究
  3. 2015年度
    • 卒業研究
    • 動物生理学Ⅰ
    • 動物生理学特論
    • 動物科学総論
    • 情報基礎
    • 基礎生物学実験
    • 動物生理学Ⅱ
    • 動物生理学Ⅱ
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 生命のしくみ
    • 卒業研究
研究経歴
  1. 生理活性脂質による生活習慣病予防(2005年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : プラスマローゲン,
    • 専門分野(科研費分類) :
      生理学一般食品科学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
  2. 皮膚バリア機能における機能性リン脂質の役割に関する研究(2009年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : リン脂質,
    • 専門分野(科研費分類) :
      生理学一般食品科学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
論文
  1. Massive large bowel resection decreases bone strength and magnesium content but not calcium content of the femur in rats. [Nutrition, 17(5), (2001年5月1日), pp.397-402] Shiga, K., Hara, H., Suzuki, T., Nishimukai, M., Konishi, A. and Aoyama, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. The addition of soybean phosphatidylcholine to triglyceride increases suppressive effects on food intake and gastric emptying in rats. [Journal of Nutrition, 133(5), (2003年5月1日), pp.1255-1258] Nishimukai M, Hara H, Aoyama Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. Enteral administration of soybean lecithin enhanced lymphatic absorption of triacylglycerol in rats. [British Journal of Nutrition, 90(3), (2003年9月1日), pp.565-71] Nishimukai, M., Hara, H. and Aoyama, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. Ingestion of plasmalogen markedly increased plasmalogen levels of blood plasma in rats. [Lipids, 38(12), (2003年12月1日), pp.1227-1235] Nishimukai M, Wakisaka T, Hara H.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. Enteral administration of soybean phosphatidylcholine enhances the lymphatic absorption of lycopene, but reduces that of alpha-tocopherol in rats. [Journal of Nutrition, 134(8), (2004年8月1日), pp.1862-1866] Nishimukai M, Hara H.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. Ingestion of difructose anhydride III, a non-digestible disaccharide, prevents gastrectomy-induced iron malabsorption and anemia in rats. [Nutrition, 22(7-8), (2006年7月1日), pp.786-793] Shiga K, Nishimukai M, Tomita F, Hara H.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. Supplementation of difructose anhydride III enhanced elevation of plasma equol concentrations and lowered plasma total cholesterol in isoflavone-fed rats. [British Journal of Nutrition, 96(3), (2006年9月1日), pp.442-449] Tamura A, Nishimukai M, Shigematsu N, Hara H.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. Ingestion of difructose anhydride III, a non-digestible disaccharide, improves postgastrectomy osteopenia in rats. [Scandinavian Journal of Gastroenterology, 41(10), (2006年10月1日), pp.1165-1173] Shiga K, Nishimukai M, Tomita F, Hara H.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Soybean phosphatidylcholine-induced enhancement of lymphatic absorption of triglyceride depends on chylomicron formation in rats. [Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 71(5), (2007年5月7日), pp.1192-1197] Nishimukai M, Hara H.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Enzymatic properties of cellobiose 2-epimerase from Ruminococcus albus and the synthesis of rare oligosaccharides by the enzyme. [Applied Microbiology and Biotechnology, 79(3), (2008年4月5日), pp.433-441] Ito S, Taguchi H, Hamada S, Kawauchi S, Ito H, Senoura T, Watanabe J, Nishimukai M, Ito S, Matsui H.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. Asaccharobacter celatus gen. nov., sp. nov., isolated from rat caecum. [International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, 58(5), (2008年5月1日), pp.1238-1240] Minamida K, Ota K, Nishimukai M, Tanaka M, Abe A, Sone T, Tomita F, Hara H, Asano K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. Effects of epilactose on calcium absorption and serum lipid metabolism in rats. [Journal of Agricultural and Food Chemistry, 56(21), (2008年11月12日), pp.10340-10345] Nishimukai M, Watanabe J, Taguchi H, Senoura T, Hamada S, Matsui H, Yamamoto T, Wasaki J, Hara H, Ito S.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. Prebiotic properties of epilactose. [Journal of Dairy Science, 91(12), (2008年12月1日), pp.4518-4526] Watanabe J, Nishimukai M, Taguchi H, Senoura T, Hamada S, Matsui H, Yamamoto T, Wasaki J, Hara H, Ito S.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. Improved isolation methods for mucosal leukocytes from small and large intestines in rats. [Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 73(8), (2009年8月7日), pp.1732-1740] Lee JS, Oka K, Obara M, Nishimukai M, Yoo YC, Yamada K, Tsukahara T, Nakayama K, Hara H, Ishizuka S.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  15. The nondigestible disaccharide epilactose increases paracellular Ca absorption via Rho-associated kinase- and myosin light chain kinase-dependent mechanisms in rat small intestines. [Journal of Agricultural and Food Chemistry, 58(3), (2010年2月10日), pp.1927-1932] Suzuki T, Nishimukai M, Takechi M, Taguchi H, Hamada S, Yokota A, Ito S, Hara H, Matsui H.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. Suppressive effects of the marine carotenoids, fucoxanthin and fucoxanthinol on triglyceride absorption in lymph duct-cannulated rats. [European Journal of Nutrition, 49(4), (2010年6月1日), pp.243-249] Matsumoto M, Hosokawa M, Matsukawa N, Hagio M, Shinoki A, Nishimukai M, Miyashita K, Yajima T, Hara H.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. Ingestion of epilactose, a non-digestible disaccharide, improves postgastrectomy osteopenia and anemia in rats through the promotion of intestinal calcium and iron absorption. [Journal of Agricultural and Food Chemistry, 58(19), (2010年10月13日), pp.10787-10792] Suzuki T, Nishimukai M, Shinoki A, Taguchi H, Fukiya S, Yokota A, Saburi W, Yamamoto T, Hara H, Matsui H.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. Lymphatic absorption of choline plasmalogen is much higher than that of ethanolamine plasmalogen in rats. [European Journal of Nutrition, 50(6), (2011年9月1日), pp.427-436] Nishimukai M, Yamashita M, Watanabe Y, Yamazaki Y, Nezu T, Maeba R, Hara H.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. Tysnd1 deficiency in mice interferes with the peroxisomal localization of PTS2 enzymes, causing lipid metabolic abnormalities and male infertility. [PLoS Genetics, 9(2), (2013年2月14日)] Mizuno Y, Ninomiya Y, Nakachi Y, Iseki M, Iwasa H, Akita M, Tsukui T, Shimozawa N, Ito C, Toshimori K, Nishimukai M, Hara H, Maeba R, Okazaki T, Alodaib AN, Al Amoudi M, Jacob M, Alkuraya FS, Horai Y, Watanabe M, Motegi H, Wakana S, Noda T, Kurochkin IV, Mizuno Y, Schönbach C, Okazaki Y.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. Serum choline plasmalogens, particularly those with oleic acid in sn-2, are associated with proatherogenic state. [Journal of Lipid Research, 55(5), (2014年3月10日), pp.956-965] Nishimukai M, Maeba R, Yamazaki Y, Nezu T, Sakurai T, Takahashi Y, Hui SP, Chiba H, Okazaki T, Hara H.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. Proportion of nervonic acid in serum lipids is associated with serum plasmalogen levels and metabolic syndrome. [Journal of Oleo Science, 63(5), (2014年4月26日), pp.527-537] Yamazaki, Y., Kondo, K., Maeba, R., Nishimukai, M., Nezu, T. and Hara, H.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  22. Serum choline plasmalogens-those with oleic acid in sn-2-are biomarkers for coronary artery disease [Clinica Chimica Acta, 437, (2014年7月25日), pp.147-154] Nishimukai, M., Maeba, R., Ikuta, A., Asakawa, N., Kamiya, K., Yamada, S., Yokota, T., Sakakibara, M., Tsutsui, H., Sakurai, T., Takahashi, Y., Hui, SP., Chiba, H., Okazaki, T. and Hara, H.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  23. Effect of in ovo administration of branched-chain amino acids on embryo growth and hatching time of chickens [Journal of Poultry Science, 52, (2014年9月25日), pp.34-36] Kita, K., Ito, RK., Sugahara, M., Kobayashi, M., Makino, R., Takahashi, N., Nakahara, H., Takahashi, K. and Nishimukai, M
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  24. Plasma/Serum Plasmalogens: Methods of Analysis and Clinical Significance [Advances in Clinical Chemistry, 70, (2015年4月23日), pp.31-94] Maeba, R., Nishimukai, M., Sakasegawa, S., Sugimori, D., Hara, H.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  25. Serum ethanolamine plasmalogens improve detection of cognitive impairment among elderly with high excretion levels of urinarymyo-inositol: A cross-sectional study. [Clinica Chimica Acta, 453, (2015年12月8日), pp.134-140] Maeba R, Araki A, Ishii K, Ogawa K, Tamura Y, Yasunaga M, Minami U, Komori A, Okazaki T, Nishimukai M, Hara H, Fujiwara Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
研究発表
  1. 冠動脈硬化性疾患の病態の把握及び早期診断のための血漿プラスマローゲンの有用性に関しての検討.
    • 会議名称 : 第66回日本栄養・食糧学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年5月18日~2012年5月20日
    • 発表者 : 西向めぐみ、榊原 守、横田 卓、山田史郎、櫻井俊宏、高橋祐司、生田知子、古牧 宏啓、山木志展、前場良太、千葉仁志、筒井裕之、原 博
  2. トランス脂肪酸は、オキアミ由来アルキルリン脂質の吸収とプラスマローゲンへの変換を阻害する.
    • 会議名称 : 第66回日本栄養・食糧学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年5月18日~2012年5月20日
    • 発表者 : 山元貴之、西向めぐみ、山崎裕也、小池誠治、前場良太、原 博
  3. アルキル型リン脂質の腸管吸収とクラス変換.
    • 会議名称 : 第54回日本脂質生化学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年6月7日~2012年6月8日
    • 発表者 : 西向めぐみ、山﨑裕也、小池誠治、前場良太、原 博
  4. LC-MS/MSを用いた健常人の血清リン脂質の網羅的解析―血清プラスマローゲンの血中バイオマーカーとしての臨床的意義の検討-
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第59回大会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2012年8月29日~2012年8月31日
    • 発表者 : 西向めぐみ
  5. 長期トランス脂肪酸食摂取ラットにおける抗動脈硬化リン脂質プラスマローゲンの変動
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2013年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月24日~2013年3月26日
    • 発表者 : 千葉 俊、西向 めぐみ、原 博
  6. ラットにおける血漿プラスマローゲン濃度上昇にはアルキル型リン脂質濃縮物摂取が有効である
    • 会議名称 : 第67回日本栄養・食糧学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年5月24日~2013年5月26日
    • 発表者 : 西向めぐみ、山崎裕也、小池誠治、前場良太、原博
  7. Tysnd1欠損によるペルオキシソーム脂質代謝異常の病態と分子メカニズムの解析
    • 会議名称 : 第86回生化学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月11日~2013年9月13日
    • 発表者 : 水野由美、二宮裕一、仲地 豊、 伊関美緒子、岩佐泰靖、穐田真澄、津久井通、伊藤千鶴、年森清隆、下澤伸行、西向めぐみ、原 博、前場良太、岡崎具樹、洞井康、渡辺光博、茂木浩未、若菜茂晴、 野田哲生、Kurochkin Igor V. 、水野洋介、Schoenbach Christian、岡崎康司
  8. 腸管関連リンパ液採取法の検討とその構成成分の脂質吸収に伴う経時的解析
    • 会議名称 : 第43回日本栄養・食糧学会北海道支部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月26日
    • 発表者 : 山岸 晋也、野勢 琢馬、菊地 慧大、清水 英寿、西向 めぐみ、原 博、石塚 敏
  9. 食事中のトランス脂肪酸は、細胞膜やリポタンパク質中のリン脂質へ大量に組み込まれる
    • 会議名称 : 第11回日本栄養改善学会北海道支部学術総会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年12月1日
    • 発表者 : 千葉俊、西向めぐみ、原 博
  10. 食事中のトランス脂肪酸は小腸においてジアシル型リン脂質のsn-1位へ大量に組み込まれる
    • 会議名称 : 第19回Hindgut Club Japan
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年12月7日
    • 発表者 : 千葉 俊、西向 めぐみ、原 博
  11. 食事性リン脂質の吸収 -機能性リン脂質プラスマローゲンに関して-
    • 会議名称 : 第68回日本栄養・食糧学会大会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2014年5月30日~2014年6月1日
    • 発表者 : 西向めぐみ
  12. 腸におけるエーテル型リン脂質の代謝特性sn-2脂肪酸による特異性
    • 会議名称 : 第26回油脂・コレステロール研究会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年7月19日
    • 発表者 : 原博、山元貴之、西向めぐみ、山崎裕也、小池誠治
  13. Ethanolamine plasmalogen enhances barrier function in human epidermal keratinocytes
    • 会議名称 : 1st Asian Conference on Oleo Science
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月9日~2014年9月11日
    • 発表者 : Megumi Nishimukai, Takuya Suzuki
  14. 飼料へのヨウ素添加がニワトリの血中および鶏卵中の脂質組成へ及ぼす効果
    • 会議名称 : 第17回ヨウ素学会シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月19日
    • 発表者 : 伊藤謙、田口亮、西向めぐみ、横山次郎、喜多一美
  15. ラット小腸におけるアルキル型リン脂質の吸収とプラスマローゲンへの代謝変換
    • 会議名称 : 日本油化学会第54回年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月8日~2015年9月10日
    • 発表者 : 長谷川 大将・西向 めぐみ・前場 良太・山﨑 裕也・小池 誠治・原 博
  16. 血清プラスマローゲンと動脈硬化症リスクの相関
    • 会議名称 : 第15回 油脂優秀論文賞受賞講演会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2015年9月8日
    • 発表者 : 西向めぐみ、山﨑裕也、根津亨
  17. 飼料中のヨウ化カリウム添加が産卵鶏の脂質代謝へ及ぼす効果
    • 会議名称 : 第18回ヨウ素学会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月16日
    • 発表者 : 伊藤謙、田口稜、西向めぐみ、横山次郎、喜多一美
  18. アトピー性皮膚炎モデルNC/Ngaマウスにおける アルキルリン脂質摂取による症状改善効果
    • 会議名称 : 日本農芸化学会大会2016年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月27日~2016年3月30日
    • 発表者 : 西向 めぐみ、 鈴木 卓弥、 山崎 裕也、 小池 誠治
  19. Absorption and beneficial effects of ether-type krill phospholipids
    • 会議名称 : International Workshop “Marine Functional Foods” Strategic International Collaborative Research Program (SICORP) Japanese-New Zealand Joint Research on “Functional Foods”
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2016年7月8日
    • 発表者 : Megumi Nishimukai
  20. オキアミ由来アルキル型リン脂質摂取による体内プラスマローゲン増加と飼料中ω3脂肪酸 との関連
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会 第63回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年8月25日~2016年8月26日
    • 発表者 : 東森はるか, 山﨑裕也 , 小池誠治、 西向めぐみ , 前場良太 , 原 博
  21. オキアミ由来アルキル型リン脂質の長期摂取による体内プラスマローゲン増加作用
    • 会議名称 : 第23回日本未病システム学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年11月5日~2016年11月6日
    • 発表者 : 東森はるか、山﨑裕也、小池誠治、前場良太、西向めぐみ、原 博
  22. 閉経モデルラットにおける体内プラスマローゲンの変動
    • 会議名称 : 第50回日本栄養・食糧学会東北支部大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年11月6日
    • 発表者 : 菊池太邦磨、西向めぐみ
  23. アトピー性皮膚炎モデルマウスにおけるアルキル型リン脂質摂取の影響
    • 会議名称 : 第50回日本栄養・食糧学会東北支部大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年11月6日
    • 発表者 : 渡邉 菜々 、山崎 裕也、小池 誠治、 西向 めぐみ
  24. Ingestion of alkyl phospholipids derived from krill increases serum levels of plasmalogen with DHA in rats
    • 会議名称 : The 1st INTERNATIONAL PLASMALOGEN SYMPOSIUM
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年11月7日~2016年11月8日
    • 発表者 : Megumi Nishimukai, Yuya Yamazaki, Seiji Koike, Ryouta Maeba, Hiroshi Hara
  25. Clinical significance of blood plasmalognes: relevance to atherosclerosis
    • 会議名称 : The 1st INTERNATIONAL PLASMALOGEN SYMPOSIUM
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2016年11月7日~2016年11月8日
    • 発表者 : Ryouta Maeba, Megumi Nishimukai, Hiroshi Hara
  26. 日本の伝統発酵食品に含まれているグリコシルセラミド含量の解析
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2017年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月17日~2017年3月20日
    • 発表者 : 酒谷 真以、Ferdouse Jannatul、阪本 真由子、浜島 浩史、柘植 圭 介、西向 めぐみ、柳田 晃良、永尾 晃治、光武 進、北垣 浩志
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2005年4月~2007年3月
  2. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2007年4月~2009年3月
  3. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2012年4月~2015年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2012年度・2,210,000円・510,000円
      2013年度・1,820,000円・420,000円
      2014年度・1,560,000円・360,000円
  4. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2016年4月~2019年3月
その他競争的資金獲得実績
  1. 文部科学省平成28年度科学技術人材育成費補助金「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」
    • 資金支給期間 : 2016年11月~2017年3月
    • 研究内容 :
      新規エーテル型リン脂質の微生物酵素による合成と生理機能の解明
所属学会・委員会
  1. 日本栄養・食糧学会 (2001年4月1日~継続中)
  2. 日本農芸化学会 (2002年11月28日~継続中)
  3. 日本脂質生化学会 (2005年4月27日~継続中)
  4. 日本脂質栄養学会 (2010年5月31日~継続中)
  5. 日本畜産学会 (2013年1月~継続中)
  6. 日本油化学会 (2015年9月~継続中)
活動履歴
  1. 2013年度
    • 附属植物園運営委員会
    • 附属自然エネルギー利用温室運営委員会
    • 附属農業教育資料館運営委員会
  2. 2014年度
    • 附属植物園運営委員会
    • 附属自然エネルギー利用温室運営委員会
    • 附属農業教育資料館運営委員会
    • 入試委員会