サブメニュー
更新日 : 2018年11月5日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名宮崎 雅雄 (MIYAZAKI Masao)
所属専攻講座岩手大学 農学部 応用生物化学科
職名
生年月日
研究室電話番号019-621-6154
研究室FAX番号019-621-6154
連絡先住所0208550 岩手県 岩手県盛岡市上田3-18-8
研究室生化学研究室
出身大学
  1. 岩手大学 農学部 獣医学科
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 2000年3月24日
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 岩手大学 連合農学研究科
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 2004年3月25日
    • 修了区分 : 修了
学内職務経歴
  1. 岩手大学 農学部
    • [本務] その他 (2011年4月1日~2012年6月30日)
学外略歴
  1. 独立行政法人 理化学研究所 フロンティア研究システム
    • [基礎科学特別研究員] (2004年4月1日~2007年3月31日)
  2. 独立行政法人 理化学研究所 フロンティア研究システム
    • [研究員] (2007年4月1日~2007年9月30日)
  3. 東海大学 糖鎖工学研究施設
    • [研究員] (2007年10月1日~2008年3月31日)
  4. 東海大学 糖鎖科学研究所
    • [日本学術振興会特別研究員] (2008年4月1日~2011年3月31日)
  5. ルイジアナ州立大学
    • [客員研究員] (2008年5月24日~2009年10月24日)
研究分野を表すキーワード
  1. フェロモン
  2. 嗅覚
  3. タンパク質
  4. 動物行動
  5. 生化学
可能な出前講義
  1. においの科学 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      皆さんは、イヌやネコが電柱や壁におしっこをひっかける姿を見たことがありますか?これは尿のにおいをマーキングして縄張りを主張するための行動と考えられています。ではなぜにおいで縄張りが主張できるのでしょうか?そもそもにおいの正体ってなんでしょうか?本プログラムでは最先端の研究技術を使ってにおいを科学的に分析し、においを使ったネコの縄張り行動の仕組みについて考えてみたいと思います。
担当授業科目
  1. 2012年度
    • 分子生体機能学
    • 機器分析化学
    • 生化学特論
    • 応用生物化学演習Ⅰ
    • 卒業研究
  2. 2013年度
    • 分子生体機能学
    • 生化学実験
    • 科学文献読解法
    • 基礎ゼミナール
    • 生化学特論
    • 機器分析化学
    • 応用生物化学演習Ⅰ
    • 卒業研究
    • 酵素化学特論
  3. 2014年度
    • 分子生体機能学
    • 基礎ゼミナール
    • 生化学実験
    • 科学文献読解法
    • 化学入門
    • 生化学特論
    • 機器分析化学
    • 応用生物化学演習Ⅰ
    • 卒業研究
    • 応用生物化学特別講義
    • 酵素化学特論
  4. 2015年度
    • 分子生体機能学
    • 生化学実験
    • 基礎ゼミナール
    • 科学文献読解法
    • 機器分析化学
    • 生化学特論
    • 応用生物化学演習Ⅰ
    • 卒業研究
    • 応用生物化学特別研究
    • 酵素化学特論
  5. 2016年度
    • 分子生体機能学
    • 生化学実験
    • 分子生体機能学
    • 機器分析化学
    • 応用生物化学演習Ⅰ
    • 生化学特論
    • 応用生物化学特別研究
    • インターンシップ
授業評価
  1. 2013年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 :
    • 専門教育
      改善に努力した内容 :
    • 修士課程
      改善に努力した内容 :
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2013年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(修士・副査)/教育実践研究報告書審査(副担当) 2人
  2. 2014年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 大学院研究生(修士・専門職学位課程) 1人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査)/教育実践研究報告書審査(副担当) 1人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第1副指導(博士) 1人
  3. 2015年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 大学院研究生(修士・専門職学位課程) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 学位論文審査(修士・副査)/教育実践研究報告書審査(副担当) 1人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第1副指導(博士) 1人
  4. 2016年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 2人
    • 大学院研究生(修士・専門職学位課程) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 4人
    • 学位論文審査(修士・主査)/教育実践研究報告書審査(主担当) 2人
    • 学位論文審査(修士・副査)/教育実践研究報告書審査(副担当) 2人
  5. 2017年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
研究経歴
  1. ネコ尿主要タンパク質の機能解析(2001年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : ネコ尿主要タンパク質,
    • 専門分野(科研費分類) :
      応用動物科学基礎獣医学・基礎畜産学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
  2. ネコ腎臓病のバイオマーカー開発(2001年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : バイオマーカー
    • 専門分野(科研費分類) :
      臨床獣医学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
  3. ネコのケミカルコミュニケーションの分子基盤解明(2006年10月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 嗅覚
    • 専門分野(科研費分類) :
      応用動物科学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
  4. 薄層クロマトグラフィー-レーザーイオン化四重極イオントラップ飛行時間型質量分析装置を用いてマウスの各臓器に含まれる中性糖脂質の簡便かつ微量構造解析(2007年10月~2011年3月)
    • 研究課題キーワード : 質量分析
    • 専門分野(科研費分類) :
      分析化学
    • 研究様態 : 機関内共同研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
  5. シロアリのカースト形成機構における昆虫幼若ホルモンⅢの機能解析(2008年5月~2009年10月)
    • 研究課題キーワード : 昆虫
    • 専門分野(科研費分類) :
      応用生物化学
    • 研究様態 : 国際共同研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
  6. 革新的におい分析法の開発(2010年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 機器分析
    • 専門分野(科研費分類) :
      分析化学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
論文
  1. Clinical availability of urinary N-acetyl-beta-D-glucosaminidase index in dogs with urinary Diseases [The Journal of Veterinary Medical Science, 64, (2002年1月1日), pp.361-365] Sato, R., Soeta, S., Miyazaki, M., Syuto, B., Sato, J., Miyake, Y., Yasuda, J., Okada, K. and Naito, Y.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Molecular cloning and characterization of a novel carboxylesterase-like protein that is physiologically present at high concentrations in the urine of domestic cats (Felis catus) [Biochemical Journal, 370, (2003年1月1日), pp.101-110] Miyazaki, M., Kamiie, K., Soeta, S., Taira, H. and Yamashita, T.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. In vitro inhibition of adrenal catecholamine secretion by steroidal metabolites of ginseng saponins [Biochemical Pharmacology, 66, (2003年1月1日), pp.2213-2221] 3) Tachikawa, E., Kudo, K., Hasegawa, H., Kashimoto,T., Sasaki, K., Miyazaki, M., Taira, H., and Lindstrom, J. M.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. DES2 protein is responsible for phytoceramide biosynthesis in the mouse small intestine [Biochemical Journal, 379, (2004年1月1日), pp.687-695] 4) Omae, F., Miyazaki, M., Enomoto, A., Suzuki, M., Suzuki, Y., Suzuki, A.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. Identification of an essential sequence for dihydroceramide C-4 hydroxylase activity of mouse DES2 [FEBS Letters, 576, (2004年1月1日), pp.63-67] Omae, F., Miyazaki, M., Enomoto, A., Suzuki, A.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. The expression of genes for transepithelial calcium-transporting proteins in the bovine duodenum [Veterinary Journal, 171, (2006年1月1日), pp.363-366] Yamagishi, N., Miyazaki, M., Naito, Y.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. An epididymal form of cauxin, a carboxylesterase-like enzyme, is present and active in mammalian male reproductive fluids [Biology of Reproduction, 74, (2006年1月1日), pp.439-447] Ecroyd, H., Belghazi, M., Dacheux, J. L., Miyazaki, M., Yamashita, T., Gatti, J.-L.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. The cis-regulatory element Gsl5 is indispensable for proximal straight tubule cell-specific transcription of core 2-1,6-N-acetylglucosaminyltransferase in the mouse kidney [Journal of Biological Chemistry, 281(2), (2006年1月1日), pp.1008-1015] Sekine, M., Taya, C., Shitara, H., Kikkawa, Y., Akamatsu, N., Kotani, M., Miyazaki, M., Suzuki, A., Yonekawa, H.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Calreticulin is transiently induced after immunogen treatment in the fat body of the silkworm Bombyx mori [Journal of Insect Biotechnology and Sericology, 75(2), (2006年1月1日), pp.79-84] Takahashi, T., Murakami, H., Imanishi, S., Miyazaki, M., Kamiie, K., Suzuki, K., Taira, H., Yamashita, T.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Dihydroceramide:sphinganine C-4-hydroxylation requires Des2 hydroxylase and the membrane form of cytochrome b5 [Biochemical Journal, 397, (2006年1月1日), pp.289-295] Enomoto, A., Omae, F., Miyazaki, M., Kozutsumi, Y., Yubisui, T., Suzuki, A.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. A major urinary protein of the domestic cat regulates the production of felinine, a putative pheromone precursor [Chemistry & Biology, 13, (2006年1月1日), pp.1071-1079] Miyazaki, M., Yamashita, T., Suzuki, Y., Saito, Y., Soeta, S., Taira, H., Suzuki, A.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. Species-, sex-, and age-dependent urinary excretion of cauxin, a mammalian carboxylesterase [Comparative Biochemistry and Physiology Part B, 145, (2007年1月1日), pp.270-277] Miyazaki, M., Yamashita, T., Hosokawa, M., Taira, H., Suzuki, A.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. Tubulointerstitial nephritis causes decreased renal expression and urinary excretion of cauxin, a major urinary protein of the domestic cat [Research in Veterinary Science, 82, (2007年1月1日), pp.76-79] Miyazaki, M., Soeta, S., Yamagishi, N., Taira, H., Suzuki, A., Yamashita, T.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. Structural characterization of N-glycans of cauxin by MALDI-TOF mass spectrometry and nano LC-ESI mass spectrometry [Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 71(3), (2007年1月1日), pp.811-716] Suzuki, Y., Miyazaki, M., Ito, E., Suzuki, M., Yamashita, T., Taira, H., Suzuki, A.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  15. High-performance thin-layer chromatography/mass spectrometry for rapid analysis of neutral glycosphingolipids [Journal of AOAC International, 91(5), (2008年1月1日), pp.1218-1226] Miyazaki, M., Yonesige, A., Matsuda, J., Kuroda, Y., Kojima, N., Suzuki, A.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. Core 2 GlcNAc modification and megalin ligand-binding activity [Biochimica et Biophysica Acta, 1780, (2008年1月1日), pp.479-485] Zhang, H., Yoshioka, S., Miyazaki, M., Kannagi, R., Suzuki, A.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. Gene delivery to renal tubular epithelial cells using adeno-associated virus vector in domestic cats [Research in Veterinary Science, 87, (2009年1月1日), pp.408-412] Miyazaki, M., Yamashita, T., Miyazaki, T., Taira, H., and Suzuki, A.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. Liquid chromatography-electrospray ionization-mass spectrometric quantitation of juvenile hormone III in whole body extracts of the Formosan subterranean termite [Journal of Chromatography B, 877, (2009年1月1日), pp.3175-3180] Miyazaki, M., Mao, L., Henderson, G., Laine, R. A.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. Ultrasonographic imaging of abomasal curd in preruminant calves [Veterinary Journal, 179, (2009年1月1日), pp.109-116] Miyazaki, T., Miyazaki, M., Yasuda, J., Okada, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. Construction and characterization of a fluorescent sendai virus carrying the gene for envelope fusion protein fused with enhanced green fluorescent protein [Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 74(11), (2010年1月1日), pp.2293-2298] Miyazaki, M., Segawa, H., Yamashita, T., Zhu, Y., Takizawa, K., Hasegawa, M., and Taira, H.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. Measurement of urinary cauxin in geriatric cats with variable plasma creatinine concentrations and proteinuria and evaluation of urine cauxin-to- creatinine concentration ratio as a predictor of developing azotemia [American Journal of Veterinary Research, 71(8), (2010年1月1日), pp.982-987] 22) Jepson, R. E., Syme, H. M., Markwell, P., Miyazaki, M., Yamashita, T., and Elliott, J.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  22. Developmental changes in glycolipids and synchronized expression of nutrient transporters in the mouse small intestine [The Journal of Nutritional Biochemistry, 21, (2010年1月1日), pp.214-226] 21) Yoneshige, A., Sasaki, A., Miyazaki, M., Kojima, N., Suzuki, A., and Matsuda, J.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  23. No abomasal curd formation in pre-ruminant calves after ingestion of a clotting milk replacer [Veterinary Journal, 183, (2010年1月1日), pp.205-209] Miyazaki, T., Miyazaki, M., Yasuda, J., and Okada, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  24. Characterisation of the carboxylesterase enzyme cauxin in the seminal fluid of the cat [The Veterinary Journal, 190, (2011年1月1日), pp.378-382] Miyazaki, M., Miyazaki, T., Toyonaga, M., Tsutsui, T., Taira, H., Yamashita, T. and Suzuki, A.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  25. Screening for proteinuria in cats using a conventional dipstick test after removal of cauxin from urine with a Lens culinaris agglutinin lectin tip [The Veterinary Journal, 189, (2011年1月1日), pp.312-317] Miyazaki, M., Fujiwara, K., Suzuta, Y., Wakamatsu, N., Taira, H., Suzuki, A. and Yamashita, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  26. Immobilization of an esterase inhibitor on a porous hollow-fiber membrane by radiation-induced graft polymerization for developing a diagnostic tool for feline kidney diseases [Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 77(10), (2013年10月7日), pp.2061-2064] Matsuno, S., Ueno, D., Miyazaki, M., Suzuta, Y., Saito, K., Yamashita, T.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  27. High-Molecular-Weight Polyethylene Glycol Enhances Hypothermic Storage of Feline Kidney Cells [The Journal of Veterinary Medical Science, 76(6), (2014年5月5日), pp.923-926] Katayama, M., Tsuchiaka, S., Motegi, T.,Miyazaki, M., Yamashita, T., Shimamura, S., Okamura, Y., Uzuka, Y.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  28. Cell Proliferation Inhibition by Sericin from the Wild Silkworm, Cricula trifenestrata [Advances in Biological Chemistry, 6(1), (2016年2月), pp.28-33] Wenqi Liu, Mayumi Karimazawa, Taku Ozaki, Ying An, Masao Miyazaki, Koichi Suzuki, Ken-ichi Tsutsumi, Tetsuro Yamashita
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  29. Two-dimensional gas chromatography time-of-flight mass spectrometry-based serum metabolic fingerprints of neonatal calves before and after first colostrum ingestion [Journal of Dairy Science, 100(6), (2017年5月20日), pp.4354-4364] Miyazaki, T., Yamashita, T., Okada, K., and Miyazaki, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  30. The therapeutic efficacy of allyl isothiocyanate in cows with bovine digital dermatitis [J. Vet. Med. Sci., 79, (2017年6月1日), pp.1191-1195] Chiba, K., Miyazaki, T., Sekiyama, Y., Miyazaki, M., and Okada, K.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  31. The physiological accumulation of mutant fibroin light chains induces an unfolded protein response in the posterior silk gland of the Nd-s. J. [J. Insect Biotec. Seric., 86, (2017年6月1日), pp.105-112] Takahashi, T., Miyazaki, M., Kidou, S., Matsui, Y., Ozaki, T., and Yamashita, T.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  32. Neonatal calves coagulate first-milking colostrum and produce a large curd for efficient absorption of immunoglobulins after first ingestion [J. Dairy Sci., 100, (2017年7月1日), pp.7262-7270] Miyazaki, T., Okada, K., and Miyazaki, M.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  33. Potential use of domestic cat (Felis catus) urinary extracts for manipulating the behavior of free-roaming cats and wild small felids [Appl. Anim. Behav. Sci., 196, (2017年8月1日), pp.52-60] Miyazaki, M., Nishimura, T., Hojo, W., Miyazaki, T., Laine, R., and Yamashita, T.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  34. A simple enzymatic method for the production of 6-oxohexanoic acid from 6-aminohexanoic acid by an enzyme oxidizing ω-amino compounds from Phialemoniusp. AIU 274. [Biosci. Biotech. Biochem., 81, (2017年9月1日), pp.2407-2410] Yamada, M., Ooe, M., Sasaki, T., Miyazaki, M., Isobe, K.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  35. Identification of 2-phenylethanol with a rose-like odor from anal sac secretions of the small Indian mongoose (Herpestes auropunctatus) [Biosci. Biotech. Biochem., 82, (2018年1月1日), pp.232-237] Miyazaki, T., Nakata, K., Nishimura, T., Abe, S., Yamashita, T., and Miyazaki, M.*
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  36. Poly(3-hydroxybutyrate) production using mannitol as a sole carbon source by Burkholderia sp. AIU M5M02 isolated from a marine environment [Fish. Sci, In press, (2018年1月1日)] Yamada, M., Yukita, A., Hanazumi, Y., Yamashtia, Y., Moriya, D., Miyazaki, M., Yamashita, T., and Shimoi, H.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  37. The chemical basis of species, sex, and individual recognition using feces in the domestic cat [Journal of Chemical Ecology, (2018年3月1日)] 39. Miyazaki, M., Miyazaki, T., Nishimura, T., Hojo, W., and Yamashita, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  38. Olfactory discrimination of anal sac secretions in the domestic cat and the chemical profiles of the volatile compounds [J Ethol., 36, (2018年11月1日), pp.99-105] Miyazaki, T., Nishimura, T., Yamashita, T., and Miyazaki, M.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  39. LC-MS/MS quantification of felinine and its precursors in several tissue extracts and excretions of the domestic cat (Felis cutus) [J. Chromatogr. B., 1072, (2018年11月1日), pp.94-99] Futsuta, A., Hojo, W., Miyazaki, T., Yamashita, T., and Miyazaki, M.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. Chemical Signals in Vertebrates 11 [Springer (2007年1月1日)] Miyazaki, M., Yamashita, T., Taira, H., Suzuki, A.
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      The biological function of cauxin, a major urinary protein of the domestic cat (Felis catus)
総説・解説記事
  1. ネコ特有な尿臭の生産機構に関与する尿中タンパク質Cauxinの発見 [フレグランスジャーナル社, Aroma Research, 29, (2007年1月1日), pp.56-61] 宮崎雅雄
    • 掲載種別 : 機関誌
  2. ネコ特有な尿臭の原因となる化合物を生産するメカニズム [バイオインダストリー協会, バイオサイエンスとインダストリー, 65, (2007年1月1日), pp.516-517] 宮崎雅雄
    • 掲載種別 : 機関誌
  3. 超音波画像診断法による第四胃内カード形成状態の評価法 [産業動物臨床医誌, 産業動物臨床医誌, 1, (2010年1月1日), pp.54-61] 宮崎珠子, 宮崎雅雄, 安田準, 岡田啓司
    • 掲載種別 : 学術誌
  4. 哺乳動物の嗅覚コミュニケーション [公益社団法人におい・かおり環境協会, におい・かおり環境学会誌, 47(1), (2016年1月), pp.25-33] 宮崎雅雄
    • 掲載種別 : 機関誌
  5. ネコの嗅覚システムを解明する [Fragrance journal, Aroma research, 72, (2017年11月28日), pp.50-51] 宮崎雅雄
    • 掲載種別 : 機関誌
研究発表
  1. The tissue distribution of a putative pheromone precursor, felinine and its precursor, 3-methylbutanol-glutathione, in the domestic cat
    • 会議名称 : The XVI International Symposium on Olfaction and Taste
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年6月23日~2012年6月27日
    • 発表者 : Hojo, W., Miyazaki, M., Nishimura, T., Nakamuta, N., Yamashita, T.
    • 開催場所 : Stockhorm, Sweden
  2. The chemosensory system for flehmen response in the domestic cat
    • 会議名称 : The International Symposium on Olfaction and Taste
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年6月24日~2014年6月25日
    • 発表者 : 6. Miyazaki, M., Hojo, W., Nishimura, T., Miyazaki, T., Laine, A. R., Suzuki, A., Yamashita, T.
    • 開催場所 : Stockholm, Sweden
  3. 非自己の嗅覚情報で誘発されるネコフレーメン行動
    • 会議名称 : 第16回鋤鼻研究会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年7月6日~2012年7月8日
    • 発表者 : 宮崎雅雄
  4. Investigation on the biosynthetic pathway of felinine, a precursor of cat specific odorant, in the domestic cat
    • 会議名称 : International Chemical Ecology Conference 2013
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年6月24日~2013年6月25日
    • 発表者 : Hojo, W., Miyazaki, M., Tsutchiya K., Yamashita, T.
  5. Identification of scent signals contributing to speceis, sex, age and individual recognition from anal sac secretions and feces in the domestic cat
    • 会議名称 : International Chemical Ecology Conference 2013
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年8月21日
    • 発表者 : Miyazaki, M., Hojo, W., Nishimura, T., Yamashita, T.
    • 開催場所 : Melbourne, Australia
  6. 尿脂質を塗布したカメラトラップによる野良ネコの個体調査法
    • 会議名称 : 日本野生動物医学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年8月30日~2013年9月1日
    • 発表者 : 西村貴志,北條 渉,山下哲郎,宮崎雅雄
    • 開催場所 : 京都大学
  7. Chemical communication in the domestic cat
    • 会議名称 : Chemosensory and Behavior Workshop 2013
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月27日~2019年9月29日
    • 発表者 : 宮崎雅雄
  8. Entech7200-GC×GC-TOF-MS を用いた三陸産ワカメの香気物質探索
    • 会議名称 : 日本農芸化学会東北支部第148 回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月26日
    • 発表者 : 加藤恭子、小枝まどか、中野晴日、小野久弥、宮崎雅雄、山下哲郎
  9. におい識別装置FF-2020 による三陸産ワカメのにおい分析と評価
    • 会議名称 : 日本農芸化学会東北支部第148 回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月26日
    • 発表者 : 小枝まどか、加藤恭子、小野久弥、宮崎雅雄、山下哲郎
  10. Significant differences between scent signals emitted from marking materials and bodies in the domestic cat
    • 会議名称 : Behaviour Meets Biochemistry: Animals Making Sense of Molecules Making Scents
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年2月18日~2014年2月20日
    • 発表者 : Miyazaki, M., Hojo, W., Nishimura, T., Yamashita, T.
    • 開催場所 : London, U.K.
  11. 包括的二次元GC-TOFMSを用いたワカメの香気物質の網羅的解析
    • 会議名称 : 日本農芸学会2014年度年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年3月29日
    • 発表者 : 山下 哲郎、加藤 恭子、小枝 まどか、中野 晴日、小野 久弥、宮崎 雅雄
  12. ネコの尿臭識別能力と尿臭の個体差を作り出す揮発性化合物の探索
    • 会議名称 : 日本農芸学会2014年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年3月29日
    • 発表者 : 中野 晴日、加藤 恭子、山下 哲郎、宮崎 雅雄
  13. ネコの嗅覚コミュニケーションに重要なマーキング臭と体臭の有意な違い
    • 会議名称 : 日本農芸学会2014年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年3月29日
    • 発表者 : ネコの嗅覚コミュニケーションに重要なマーキング臭と体臭の有意な違い
  14. ネコのマーキング物質と体から放出される嗅覚シグナルの大きな違い
    • 会議名称 : 第87回日本生化学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年10月16日
    • 発表者 : 宮崎雅雄、北條渉、西村貴志、山下哲郎
    • 開催場所 : 国立京都国際会館
  15. ネコのマーキング尿から放出される嗅覚シグナルの探索
    • 会議名称 : 第87回日本生化学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年10月16日
    • 発表者 : 中野晴日、山下哲郎、宮崎雅雄
    • 開催場所 : 国立京都国際会館
  16. 完全肉食動物への進化で獲得したネコ特有なケミカルシグナルの生合成機構
    • 会議名称 : 第12回農薬バイオサイエンス研究会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2014年12月5日
    • 発表者 : 宮崎雅雄
  17. 包括的二次元GCMSを用いた産地間におけるワカメ香気成分の比較解析
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2015年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月26日~2015年3月29日
    • 発表者 : 山下哲郎、新田祝子、浜田修、前川雄二、宮崎雅雄
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 岡山市
  18. 完全肉食動物への進化で獲得したネコ特有なケミカルシグナルの生合成機構
    • 会議名称 : 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」地区ミニシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2015年5月14日
    • 発表者 : 宮崎雅雄
    • 開催場所 : 名古屋大学
  19. 過剰なコレステロール生合成を抑制する新規代謝経路の解明
    • 会議名称 : 第38回分子生物学会年会・第88回生化学会大会 合同大会(BMB2015)
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月1日~2015年12月4日
    • 発表者 : 弗田 彩心、北條 渉、宮崎 珠子、土谷 和平、木村 賢一、山下 哲郎、宮崎 雅雄
    • 開催場所 : 神戸
  20. ネコのフレーメン誘起フェロモン候補物質である新規遊離分岐鎖脂肪酸の同定
    • 会議名称 : 第38回分子生物学会年会・第88回生化学会大会 合同大会(BMB2015)
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月1日~2015年12月4日
    • 発表者 : 米田稔、山下 哲郎、宮崎 雅雄
    • 開催場所 : 神戸
  21. ミトコンドリアにおける分子シャペロンERp57結合タンパク質の同定
    • 会議名称 : 第38回分子生物学会年会・第88回生化学会大会 合同大会(BMB2015)
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月1日~2015年12月4日
    • 発表者 : 工藤 翔太、宮崎 雅雄、山下 哲郎、尾崎 拓
    • 開催場所 : 神戸
  22. ハートカットGCと酸化物半導体センサを組み合わせたオミッションテストによる香気分析
    • 会議名称 : 日本農芸学会2016年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月29日
    • 発表者 : 三津谷尭史、喜多純一、山下哲郎、宮崎雅雄
  23. ネコにマタタビ反応を誘発する新規活性物質の探索
    • 会議名称 : 日本農芸学会2016年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月30日
    • 発表者 : 室岡孝信、宮澤悠、安立昌篤、山下哲郎、西川俊夫、宮崎雅雄
  24. A biosynthetic pathway of a species-specific sulfurous odor emitted from the urine of domestic cats
    • 会議名称 : International Symposium on Olfaction and Taste (ISOT 2016)
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年6月7日
    • 発表者 : Futsuta, A., Hojo, W., Miyazaki, T., Tsutiya, K., Kimura, K., Yamashita, T., and Miyazaki, M.
  25. Identification of urinary pheromones releasing the flehmen response in the domestic cat
    • 会議名称 : International Symposium on Olfaction and Taste (ISOT 2016)
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年6月7日
    • 発表者 : Maita, M., Caspers, J., Yamashita, T., Schulz, S., and Miyazaki, M.
  26. Temporal chemical profiling of the headspace gas emitted from domestic cat urine and their olfactory discrimination ability
    • 会議名称 : International Symposium on Olfaction and Taste (ISOT 2016)
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年6月7日
    • 発表者 : Suzuki, C., Yamashita, T., and Miyazaki, M.
  27. The comprehensive expression profiles of vomeronasal type 1 receptors in the domestic cat
    • 会議名称 : International Symposium on Olfaction and Taste (ISOT 2016)
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年6月7日
    • 発表者 : Matsuda, N., Nakamuta, S., Yamashita, T., Nakamuta, N., and Miyazaki, M.
  28. Metabolomics analysis of calf serum after being fed colostrum
    • 会議名称 : World Buiatrics Congress
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年7月5日
    • 発表者 : Miyazaki, T., Okada, K., Sato, S., Yamashita, T., and Miyazaki, M.
  29. 新生子牛の初乳摂取前後における血清メタボローム解析
    • 会議名称 : 第159回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月6日
    • 発表者 : 宮崎珠子、宮崎雅雄、山下哲郎、高橋正弘、佐藤繁、岡田啓司
  30. Role of ERp57 for its binding proteins in the mitochondria
    • 会議名称 : 第89回日本生化学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月25日
    • 発表者 : 工藤翔太、尾崎拓、宮崎雅雄、山下哲郎
  31. コレステロール生合成を抑制するフェリニン経路代謝物のネコとヒトの尿中排泄量の比較
    • 会議名称 : 第89回日本生化学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月25日
    • 発表者 : 弗田彩心、山下哲郎、宮崎雅雄
  32. The identification of unusual branched chain free fatty acids for individual recognition in the domestic cat
    • 会議名称 : The 16th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年12月3日
    • 発表者 : Miyazaki, M.
  33. Enhancing a shunt of the mevalonate pathway reduces cholesterol synthesis without statin
    • 会議名称 : 1st UGAS, Iwate University International Symposium
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年12月16日
    • 発表者 : Miyazaki, M.
  34. Functional expressions of mammalian vomeronasal receptors for screening pheromones in transgenic Caenorhabditis elegans
    • 会議名称 : 1st UGAS, Iwate University International Symposium
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年12月16日
    • 発表者 : Miyamoto, R., Wakabayashi, T., Yamashita, T., and Miyazaki, M.
  35. Characterization of ERp57-associated proteins in the mitochondria
    • 会議名称 : 1st UGAS, Iwate University International Symposium
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年12月16日
    • 発表者 : Kudo, S., Ozaki, T., Miyazaki, M., and Yamashita, T.
  36. Identification of bioactive compounds inducing matatabi dancing from matatabi (Actinidia polygama) in the domestic cat
    • 会議名称 : 1st UGAS, Iwate University International Symposium
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年12月16日
    • 発表者 : Murooka, T., Miyazawa, Y., Adachi, M., Yamashita, T., Nishikawa, T., and Miyazaki, M.
  37. Neconomics identified urinary pheromones eliciting the flehmen response
    • 会議名称 : 1st UGAS, Iwate University International Symposium
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年12月16日
    • 発表者 : Maita, M., Caspers, J., Yamashita, T., Schulz, S., and Miyazaki, M.
  38. The comprehensive expression profiles of pheromone receptors in the domestic cat
    • 会議名称 : 1st UGAS, Iwate University International Symposium
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年12月16日
    • 発表者 : Matsuda, N., Nakamuta, S., Yamashita, T., Nakamuta, N., and Miyazaki, M.
  39. Screening for ligands for cat-specific olfactory receptors
    • 会議名称 : 1st UGAS, Iwate University International Symposium
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年12月16日
    • 発表者 : Suzuki, K., Niimura, Y., Yamashita, T., Touhara, K., and Miyazaki, M.
  40. Temporal chemical profiling of the headspace gas emitted from the urine of domestic cats and their olfactory discrimination abilities
    • 会議名称 : 1st UGAS, Iwate University International Symposium
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年12月16日
    • 発表者 : Suzuki, C., Yamashita, T., and Miyazaki, M.
  41. Enhancing a shunt of the mevalonate pathway decrease cholesterol biosynthesis but increase felinine production in the domestic cat
    • 会議名称 : 1st UGAS, Iwate University International Symposium
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年12月16日
    • 発表者 : Futsuta, A., Yamashita, T., and Miyazaki, M.
  42. Identification of key odorants from complex volatile mixtures by the omission test using a heart-cutting gas chromatography and an electronic nose
    • 会議名称 : 1st UGAS, Iwate University International Symposium
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年12月16日
    • 発表者 : Mitsuya, A., Kita, J., Aoyama, Y., Kinoshita, M., Yamashita, T., and Miyazaki,
  43. ハートカットガスクロマトグラフと酸化物半導体センサを組み合わせたオミッション法による香気分析
    • 会議名称 : Chemosensory and Behavior Workshop 2016
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年2月15日
    • 発表者 : 宮崎雅雄
  44. Novel lipid metabolism system developed in cats produces a species-specific
    • 会議名称 : 2017 Meeting of the Chemical Signals in Vertebrates
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年8月28日
    • 発表者 : Miyazaki, M., Futsuta, A., Hojo, W., Miyazaki, T., and Yamashita, T.
  45. Identification of key compounds for the individual recognition in the
    • 会議名称 : 2017 Meeting of the Chemical Signals in Vertebrates
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年8月28日
    • 発表者 : Maita, M., Suzuki, C., Caspers, J., Yamashita, T., Schulz, S., and Miyazaki,
  46. Temporal chemical profiling of urine volatile compounds of domestic cats and
    • 会議名称 : 2017 Meeting of the Chemical Signals in Vertebrates
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年8月28日
    • 発表者 : Suzuki, C., Maita, M., Miyazaki, T., Yamashita, T., and Miyazaki, M.
  47. A mercaptan emitted from excretions of domestic cats alerts other animals to their presences
    • 会議名称 : ECRO 2017
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月2日~2017年9月5日
    • 発表者 : Miyazaki, M., Hojo, W., Miyazaki, T., and Yamashita, T.
  48. Two-dimensional gas chromatography time-of-flight mass spectrometry-based temporal fingerprints of volatile compounds emitted from domestic cat urine
    • 会議名称 : ECRO 2017
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月2日~2017年9月5日
    • 発表者 : Suzuki, C., Maita, M., Miyazaki, T., Yamashita, T., Miyazaki, M.
  49. 全自動オミッション試料作製装置の開発
    • 会議名称 : 日本味と匂学会第51回大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月25日~2017年9月27日
    • 発表者 : 樋澤舞雪、喜多純一、青山佳弘、木下太生、山下哲郎、宮崎雅雄
  50. ネコの個体識別に関わる尿中化合物の探索
    • 会議名称 : 日本味と匂学会第51回大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月25日~2017年9月27日
    • 発表者 : 鈴木千春、米田稔、宮崎珠子、山下哲郎、宮崎雅雄
  51. ネコの鋤鼻器における1型鋤鼻受容体レパートリー23種の網羅的発現解析
    • 会議名称 : 日本味と匂学会第51回大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月25日~2017年9月27日
    • 発表者 : 松田奈夕、中牟田祥子、新村芳人、鈴木彦夕、伊藤正人、宮崎珠子、二階堂雅人、東原和成、山下哲郎、中牟田信明、宮崎雅雄
  52. ミトコンドリア m-カルパイン阻害ペプチドの細胞障害機構
    • 会議名称 : 東北支部大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年11月4日
    • 発表者 : 大河内裕史、尾﨑拓、宮崎雅雄、山下哲郎
  53. Regulatory mechanisms of the felinine pathway that is a branch of the mevalonate pathway and downregulates cholesterol biosynthesis
    • 会議名称 : 2017年度生命科学系学会合同年次大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年12月6日~2017年12月9日
    • 発表者 : 弗田彩心、山下哲郎、宮崎雅雄
学術関係受賞
  1. 第143回日本獣医学会学術集会大会長賞
    • 受賞年月日 : 2007年4月3日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 宮崎雅雄
    • 内容 :
      ネコ特有な尿臭の生産機構に関与する尿中タンパク質Cauxinの発見
  2. 獣医学奨励賞
    • 受賞年月日 : 2007年4月4日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 宮崎雅雄
    • 内容 :
      ネコ特有な尿臭の生産機構に関与する尿中タンパク質Cauxinの発見
工業所有権
  1. におい評価装置
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願番号 : 特願2016-169554
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. ひらめきときめきサイエンス
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2014年度・403,000円・40,300円
  2. 研究活動スタート支援
    • 支払支給期間 : 2011年8月~2013年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2011年度・1,300,000円・390,000円
      2012年度・1,200,000円・360,000円
  3. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2012年4月~2016年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2013年度・2,200,000円・0円
      2014年度・1,500,000円・0円
  4. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2013年4月~2016年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2013年度・1,100,000円・330,000円
      2014年度・1,200,000円・360,000円
      2015年度・1,000,000円・300,000円
  5. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2013年4月~2016年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2013年度・200,000円・0円
      2014年度・200,000円・0円
  6. ひらめき☆ときめきサイエンス
    • 支払支給期間 : 2013年6月~2013年8月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2013年度・450,000円・45,000円
  7. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2017年4月~2020年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2017年度・5,700,000円・1,710,000円
      2018年度・3,400,000円・1,020,000円
  8. 萌芽研究
    • 支払支給期間 : 2017年4月~2020年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2017年度・2,600,000円・200,000円
      2018年度・2,470,000円・190,000円
      2019年度・1,300,000円・100,000円
  9. 新学術領域研究(研究領域提案型)
    • 支払支給期間 : 2018年4月~2020年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2018年度・2,000,000円・600,000円
      2018年度・2,000,000円・600,000円
その他競争的資金獲得実績
  1. 平成28年度研究力強化支援経費
    • 資金支給期間 : 2016年8月~2017年3月
    • 研究内容 :
      フェリニン経路の機能解析
共同研究希望テーマ
  1. ネコの糞尿被害防止策の開発
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
所属学会・委員会
  1. 日本農芸学会 (2011年12月~継続中)
  2. 日本生化学会 (2014年6月14日~継続中)
  3. 日本味と匂学会 (2016年3月~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 日本味と匂学会 学会誌編集委員(2017年10月1日~継続中)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 日本農芸化学会 東北支部 第14回若手の会 (2013年10月)
    • 参加者数 : 71人
  2. Chemosensory and Behavior Workshop 2016 (2017年2月)
    • 参加者数 : 25人
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. Journal of Ethology [査読 (2012年7月)]
  2. Journal of Ethology [査読 (2012年8月)]
  3. Journal of Ethology [査読 (2012年8月)]
  4. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry [査読 (2013年8月)]
  5. Flavour and Fragrance Journal [査読 (2014年4月)]
  6. The Journal of Physiological Science [査読 (2014年6月)]
  7. Plos One [査読 (2015年2月)]
  8. Journal of Ethology [査読 (2016年7月)]
  9. Journal of Ethology [査読 (2016年10月)]
  10. Journal of Ethology [査読 (2016年11月)]
  11. Journal of Ethology [査読 (2017年2月)]
  12. 日本味と匂学会誌 [編集 (2018年4月)]
マスメディアによる報道
  1. 2013年度
    • 岩手日報H25.8.10朝刊、ひらめき☆ときめきサイエンスの実施紹介
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • 盛岡タイムス ひらめき☆ときめきサイエンス実施紹介
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • 岩手めんこいテレビSuper News ひらめき☆ときめきサイエンス 実施紹介
      • 報道区分 : テレビ
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
  2. 2014年度
    • 岩手めんこいテレビSuper News ひらめき☆ときめきサイエンス 実施紹介
      • 報道区分 : テレビ
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
  3. 2015年度
    • 岩手日報 ひらめき☆ときめきサイエンス実施紹介
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
  4. 2016年度
    • 盛岡タイムス ひらめき☆ときめきサイエンス実施紹介
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
  5. 2017年度
    • 野良猫の修正利用し糞尿被害防止 岩手大学
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • 野良ネコの習性利用し糞尿防止 岩手大
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
生涯学習支援実績
  1. ひらめき☆ときめきサイエンス
    • 種類 : ひらめき☆ときめきサイエンス
    • 担当部門(講演題目) : においの科学~なぜ犬や猫はおしっこのにおいで縄張りを確保できるか考えてみよう~
    • 開催期間 : 2013年8月
  2. 岩手県立釜石高等学校SSH講義・実験
    • 種類 : スーパーサイエンスハイスクール事業
    • 担当部門(講演題目) : においの化学
    • 開催期間 : 2013年9月
  3. 岩手県立水沢高校SSH大学実習
    • 種類 : スーパーサイエンスハイスクール事業
    • 担当部門(講演題目) : タンパク質と酵素のはたらき
    • 開催期間 : 2013年9月
  4. ひらめき☆ときめきサイエンス
    • 種類 : ひらめき☆ときめきサイエンス
    • 担当部門(講演題目) : においの科学~なぜ犬や猫はにおいをマーキングするか考えてみよう~
    • 開催期間 : 2014年7月
  5. 岩手県立水沢高等学校SSH講義・実験
    • 種類 : スーパーサイエンスハイスクール事業
    • 担当部門(講演題目) : においの化学
    • 開催期間 : 2014年7月~2014年9月
  6. 岩手県理数科課題研究発表会 講師
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 大学の研究
    • 開催期間 : 2015年2月
  7. ひらめき☆ときめきサイエンス
    • 種類 : ひらめき☆ときめきサイエンス
    • 担当部門(講演題目) : においの科学~においの正体と動物のにおい識別能力を調べてみよう~
    • 開催期間 : 2015年7月
  8. 岩手県立盛岡第三高等学校 出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : においの科学
    • 開催期間 : 2015年10月
  9. 岩手県理数科課題研究発表会 講師
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 大学の研究
    • 開催期間 : 2016年2月
  10. ひらめき☆ときめきサイエンス
    • 種類 : ひらめき☆ときめきサイエンス
    • 担当部門(講演題目) : においの科学~においを感じる仕組みについて調べてみよう~
    • 開催期間 : 2016年8月
  11. ひらめき☆ときめきサイエンス
    • 種類 : ひらめき☆ときめきサイエンス
    • 担当部門(講演題目) : においの科学へようこそ! ~においの正体を探ってみよう~
    • 開催期間 : 2017年8月
活動履歴
  1. 2013年度
    • 附属動物医学食品安全教育研究センター運営委員会
    • 企画室特命班
  2. 2014年度
    • 附属動物医学食品安全教育研究センター運営委員会
    • 情報セキュリティ委員会
その他の大学運営活動
  1. 2012年度
    • におい分子情報解析システム仕様策定委員