サブメニュー
更新日 : 2017年6月23日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名佐原 健 (Ken Sahara)
所属専攻講座岩手大学 農学部 植物生命科学科
職名
生年月日
研究室電話番号019-621-6147
研究室FAX番号019-621-6147
連絡先住所020-8550 岩手県 盛岡市上田3-18-8
研究室応用昆虫学研究室
取得学位
  1. 博士(農学)
    • 学位の分野 : 応用昆虫学
    • 学位授与機関 : 北海道大学
    • 取得年月日 : 1997年3月25日
学外略歴
  1. 北海道大学
    • [講師] (2011年8月1日~2012年3月31日)
  2. 北海道大学
    • [助教] (2007年4月1日~2011年7月31日)
  3. 北海道大学
    • [助手] (1992年7月1日~2007年3月31日)
専門分野(科研費分類)
  1. 昆虫科学
論文
  1. FISH identification of Helicoverpa armigera and Mamestra brassicae chromosomes by BAC and fosmid probes. [Insect Biochemistry and Molecular Biology, in press, (2013年4月28日)] Sahara K , Yoshido A, Shibata F, Fujikawa N, Okabe T, Tanaka-Okuyama M, Yasukochi Y
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Rapid turnover of the W chromosome in geographical populations of wild silkmoths, Samia cynthia ssp. [Chromosome Research, 21, (2013年4月), pp.149-164] Yoshido A, Šíchová J, Kubíčková S, Marec F, Sahara K
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. Neo-sex chromosomes and adaptive potential in tortricid pests. [The Proceedings National Academy of Sciences USA, 110, (2013年4月23日), pp.6931-6936] Nguyen P, Sýkorová M, Šíchová J, Kůta V, Dalíková M, Čapková Frydrychová R, Neven LG, Sahara K, Marec F
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. EST sequencing and fosmid library construction in a non-model moth, Mamestra brassicae, for comparative mapping (訳)比較マッピングのための非モデルガ類のヨトウガにおけるEST配列決定とフォスミドライブラリー作製 [Genome, in press, (2012年10月29日)] Kamimura M, Taetishi K, Tanaka-Okuyama M, Okabe T, Shibata F, Sahara K, Yasukochi Y
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. Phenotypic grouping of 141 BmNPVs lacking viral gene sequences (訳)ウイルス遺伝子欠損による141BmNPV遺伝子の形質グルーピング [Virus Research, 165(2), (2012年5月6日), pp.197-206] Ono C, Kamagata T, Taka H, Sahara K, Asano S, Bando H
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. Sex chromosome evolution in moths and butterflies (訳)ガとチョウ類における性染色体進化 [Chromosome Research, 20(1), (2011年12月21日), pp.83-94] Sahara K, Yoshido A, Traut W
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. Sex-linked pheromone receptor genes of the European corn borer, Ostrinia nubilalis, are in tandem arrays(訳)ヨーロッパアワノメイガのフェロモンレセプター遺伝子はZ染色体上にタンデムに並んでいる [PLoS ONE, 6(4), (2011年4月22日), pp.e18843-] Yasukochi Y, Miura N, Nakano R, Sahara K, Ishikawa Y
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. Samia cynthia versus Bombyx mori: Comparative gene mapping between a species with a low-number karyotype and the model species of Lepidoptera. (訳)シンジュサン対カイコ:鱗翅目昆虫における染色体数の少ない種とモデル種の比較遺伝子マッピング [Insect Biochemistry and Molecular Biology, 41, (2011年3月15日), pp.370-377] Yoshido A, Yasukochi Y, Sahara K
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Isolation of BAC clones containing conserved genes from libraries of three distantly related moths: A useful resource for comparative genomics of Lepidoptera. (訳)3種の遠縁なガ類における保存遺伝子を含むBACの単離: 鱗翅目昆虫における比較ゲノム解析に利用可能なリソース [Journal of Biomedicine and Biotechnology, ID 165894, (2010年11月25日)] Yasukochi Y, Tanaka-Okuyama M, Kamimura M, Nakano R, Naito Y, Ishikawa Y, Sahara K
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Isolation of the Thosea asigna virus (TaV) from the epizootic Setothosea asigna larvae collected in South Sumatra and a study on its pathogenicity to Limacodidae larvae in Japan.(訳)南スマトラのSetothosea asigna集団感染個体からのThosea asigna virus (TaV) 分離と日本におけるイラガ科幼虫への感染性研究 [Journal of Insect Biotechnology and Sericology, 79(3), (2010年11月17日), pp.117-124] Sugiharti M, Ono C, Ito T, Asano S, Sahara K, Yulia Pujiastuti Y, Bando H
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  11. Silk threads function as an “adhesive cleaner” for nest space in a social spider mite.(訳)社会性ハダニは絹糸を粘着クリーナーとして巣内を掃除する [Proceedings of the Royal Society B, 278(1712), (2010年11月10日), pp.1653-1660] Kanazawa M, Sahara K, Saito Y
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. Step-by-step evolution of neo-sex chromosomes in geographical populations of wild silkmoths, Samia cynthia ssp.(シンジュサンの地域個体群に見られるネオ性染色体の順次進化) [Heredity, 106(4), (2010年7月28日), pp.614-624] Yoshido A, Sahara K, Marec F, Matsuda Y
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. Intramolecular proteolytic nicking and binding of Bacillus thuringiensis Cry8Da toxin in BBMVs of Japanese beetle.(訳)マメコガネ中腸刷子縁膜小胞に対するBT Cry8Daトキシンのタンパク質分解性損傷と結合 [Journal of Invertebrate Pathology, 105(3), (2010年7月23日), pp.243-247] Yamaguchi T, Sahara K, Bando H, Asano SI
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. An HDAC inhibitor increases AcMNPV gene expression in mammalian cells. (訳)哺乳動物細胞ではAcMNPV遺伝子発現がHDACを抑制する [Archives of Virology, 155(4), (2010年2月27日), pp.577-581] Fujita R, Ohtsuka D, Sahara K, Asano S, Bando H
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  15. Evolutionary dynamics of rDNA clusters on chromosomes of moths and butterflies (Lepidoptera).(訳)ガとチョウ類の染色体におけるrDNAクラスターのダイナミックな変化 [Genetica, 138(3), (2009年11月17日), pp.343-345] Nguyen P, Sahara K, Yoshido A, Marec F
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. Extensive conserved synteny of genes between the karyotypes of Manduca sexta and Bombyx mori revealed by BAC-FISH mapping.(訳)遺伝子マッピングにより明らかになったカイコとタバコスズメガの広範な遺伝子シンテニー [PLoS ONE, 4(10), (2009年10月15日), pp.e7465-] Yasukochi Y, Tanaka-Okuyama M, Shibata F, Yoshido A, Marec F, Wu C, Zhang H-B, Goldsmith MR, Sahara K
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. Fertility restoration of cryopreserved semen by hyper ratio of apyrene sperm in Bombyx mori.(訳)無核精子比を過剰にしたカイコ凍結精子による受精の回復 [Applied Entomology and Zoology, 44(3), (2009年8月), pp.413-417] Takemura Y, Sahara K, Mochida Y, Ohnuma A
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. Molecular phylogeny of Stigmaeopsis, with special reference to speciation through host plant Shift.(訳)宿主植物のシフトを考慮したスゴモリはダニ属の分子系統 [Annals of the Entomological Society of Ameria, 102(3), (2009年5月), pp.360-366] Sakagami T, Saito Y, Kongchuensin M, Sahara K
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. Reprobing of multicolour FISH in preparations of lepidopteran chromosomes.(訳)マルチカラーによる鱗翅目昆虫のリプローブFISH [Zoological Science, 26(3), (2009年3月), pp.187-190] Shibata F, Sahara K, Naito Y, Yasukochi Y
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. Discovery of a novel Bacillus thuringiensis Cry8D protein and the unique toxicity of the Cry8D-class proteins against scarab beetles.(訳)新規Btタンパクの発見とCry8Dのコガネムシ類に対する特異な殺虫化性 [Journal of Invetebrate Pathology, 99(3), (2008年6月5日), pp.257-262] Yamaguchi T, Sahara K, Bando H, Asano SI
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. Sex chromosomes and sex determination in Lepidoptera (訳)鱗翅目昆虫における性染色体と性決定 [Sexual Development, 1(6), (2008年1月18日), pp.332-346] Traut W, Sahara K, Marec F
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  22. Conserved synteny of genes between chromosome 15 of Bombyx mori and a chromosome of Manduca sexta shown by five-color BAC-FISH.(訳)5色プローブBAC-FISHにより示されたカイコとタバコスズメガ第15染色体のシンテニー [Genome, 50(11), (2007年11月), pp.1061-1065] Sahara K, Yoshido A, Marec F, Fuková I, Zhang H-B,Wu C, Goldsmith MR, Yasukochi Y
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  23. Detection of gamma-tubulin in mitotic division of Bombyx mori (Lepidoptera) and Chortophaga viridifasciata (Orthoptera).(訳)カイコとバッタ類の体細胞分裂記におけるγチューブリン検出 [Zoological Science, 24(8), (2007年8月), pp.781-786] Matsuda Y, Sahara K, Yasukochi Y, Yamashiki N
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  24. Ecdysone response element in a baculovirus immediate-early gene, ie1, promoter.(訳)核多核体病ウイルスのie1遺伝子に認められるエクダイソン応答配列 [Virus Research, 130(1-2), (2007年7月20日), pp.202-209] Kojima K, Oritani K, Nakatsukasa T, Asano S, Sahara K, Bando H.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  25. FISH analysis of the W chromosome in Bombyx mandarina and several other species of Lepidoptera by means of B. mori W-BAC probes.(訳)カイコWBACをプローブとしたクワコと数種鱗翅目昆虫類W染色体のFISH解析 [Journal of Insect Biotechnology and Sericology, 76(1), (2007年2月), pp.1-7] Yoshido A, Yasukochi Y, Marec F, Abe H, Sahara K
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  26. The W chromosome detection in several lepidopteran species by genomic in situ hybridization (GISH). (訳)GISHによる数種ガ類W染色体の同定 [Journal of Insect Biotechnology and Sericology, 75(3), (2006年10月), pp.141-151] Yoshido A, Yamada Y, Sahara K
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  27. Cloning and expression of two crystal protein genes, cry30Ba1 and cry44Aa1, obtained from a highly mosquitecidal strain, Bacillus thuringiensis subsp. entomocidus INA288.(訳)強い蚊類殺虫活性をもつBT亜種entomocidus INA288由来の2つの結晶タンパク質遺伝子のクローニングと発現 [Applied and Environmental Microbiology, 72(8), (2006年8月), pp.5673-5676] Ito T, Ikeya T, Sahara K, Bando H, Asano S
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  28. Apyrene sperm from the triploid donors restore fecundity of cryopreserved semen in Bombyx mori.(訳)無核精子は凍結保存したカイコ精液の受精能力を回復させる [Journal of Insect Physiology, 52(10), (2006年7月15日), pp.1021-1026] Takemura Y, Sahara K, Mochida Y, Ohnuma A
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  29. A second generation integrated map of the silkworm reveals synteny and conserved gene order between lepidopteran insects.(訳)第二世代のカイコ分子連関地図は鱗翅目昆虫間の遺伝子配置の保存性とシンテニーを明らかとした [Genetics, 173(3), (2006年3月17日), pp.1319-1328] Yasukochi Y, Ashakumary LA, Baba K, Yoshido A, Sahara K
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  30. Molecular cloning and chromosomal localization of the Bombyx Sex-lethal gene.(訳)カイコSxl遺伝子のクローニングとマッピング [Genome, 49(3), (2006年3月), pp.263-268] Niimi T, Sahara K, Oshima H, Yasukochi Y, Ikeo K, Traut W
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  31. Phylogeny of the sex determining gene Sex-lethal in insects.(訳)昆虫性決定遺伝子Sxlの系統関係 [Genome, 49(3), (2006年3月), pp.254-262] Traut W, Niimi T, Ikeo K, Sahara K
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  32. Expression of Autographa californica multiple nucleopolyhedrovirus genes in mammalian cells and Upregulation of the host beta-actin gene.(訳)哺乳細胞における昆虫ウイルスAcMNPV遺伝子発現はβアクチン遺伝子発現を上昇させる [Journal of Virology, 80(5), (2006年3月), pp.2390-2395] Fujita R, Matsuyama T, Yamagishi J, Sahara K, Asano S, Bando H
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  33. Partial deletions of the W chromosome due to reciprocal translocation in the silkworm Bombyx mori.(訳)相互転座によるカイコW染色体の一部欠失 [Insect Molecular Biology, 14(4), (2005年8月), pp.339-352] Abe H, Seki M, Ohbayashi F, Tanaka N, Yamashita J, Fujii T, Yokoyama T, Takahashi M, Banno Y, Sahara K, Yoshido A, Ihara J, Yasukochi Y, Mita K, Ajimura M, Suzuki MG, Oshiki T and Shimada T
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  34. Resolution of sex chromosome constitution by genomic in situ hybridization and fluorescence in situ hybridization with (TTAGG)n telomeric probe in some species of Lepidoptera.(訳)GISHとテロメアFISHを組み合わせた鱗翅目昆虫の性染色体構成判定 [Chromosoma, 114(3), (2005年7月14日), pp.193-202] Yoshido A, Marec F and Sahara K
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  35. Inbreeding depression on female fecundity by genetic factors retained in small population of a male-haploid social mite.(訳)雄単数社会性ハダニの小さな個体群に認められた遺伝的要因による雌造卵数の近交弱性 [Experimental and Applied Acarology, 36(1-2), (2005年5月), pp.15-23] Mori K, Saito Y, Sakagami T, Sahara K
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  36. Enhancement of cauliflower mosaic virus 35S promoter in insect cells infected with baculovirus.(訳)核多核体病ウイルスに感染した昆虫細胞では植物ウイルスCMVの35Sプロモーター活性が上昇する [Virus Research, 112(1-2), (2005年4月25日), pp.38-41] Abe T, Miyake N, Nishijima Y, Fujita R, Sahara K, Asano S, Bando H
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  37. The Bombyx mori karyotype and the assignment of linkage groups.(訳)カイコにおけるカリオタイプと連関地図への統合 [Genetics, 170, (2005年3月31日), pp.675-685] Yoshido A, Bando H, Yasukochi Y, Sahara K
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  38. Organization of the Hox gene cluster of the silkworm, Bombyx mori: a split of the Hox cluster in a non-Drosophila insect.(訳)カイコにおけるHOX遺伝子クラスター:非ショウジョウバエ昆虫におけるHOXクラスターの分断 [Development Genes and Evolution, 214(12), (2004年10月14日), pp.606-614] Yasukochi Y, Ashakumary LA, Wu C, Yoshido A, Nohata J, Mita K, Sahara K
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  39. Use of RNAi technology to confer enhanced resistance to BmNPV on transgenic silkworms.(訳)BmNPVへの耐性強化を目指したトランスジェニックカイコにおけるRNAi技術の応用 [Archives of Virology, 149(10), (2004年10月), pp.1931-1940] Isobe R, Kojima K, Matsuyama T, Quan G-X, Kanda T, Tamura T, Sahara K, Asano S-I, Bando H
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  40. Roles of actin networks in peristaltic squeezing of sperm bundles in Bombyx mori.(訳)カイコ精子束のスクイージングにおけるアクチンネットワークの役割 [Journal of Morphology, 259(1), (2004年1月), pp.1-6] Sahara K and Kawamura N
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  41. W-derived BAC probes as a new tool for identification of the W chromosome and its aberrations in Bombyx mori.(訳)W由来のBACプローブはカイコにおけるW染色体とW染色体変異を特定する新たなツールである [Chromosoma, 112(1), (2003年6月24日), pp.48-55] Sahara K, Yoshido A, Kawamura N, Ohnuma A, Abe H, Mita K, Oshiki T, Shimada T, Asano S, Bando H, Yasukochi Y
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  42. Application of artificial insemination technique to eupyrene and/or apyrene sperm in Bombyx mori.(訳)人工授精によるカイコの有核と無核精子の機能解析 [Journal of Experimental Zoology Part A-Comparative Experimental Biology, 297A(2), (2003年6月), pp.196-200] Sahara K and Takemura Y
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  43. Moth sex chromatin probed by comparative genomic hybridization (CGH).(訳)CGHによるガ類Wクロマチンの比較 [Genome, 46(2), (2003年4月), pp.339-342] Sahara K, Marec F, Eickhoff U, Traut W
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  44. Function analysis of an immediate early gene, ie1, of Bombyx mori nucleopolyhedrovirus in mammalian cells.(訳)哺乳細胞におけるBmNPVのie1遺伝子機能解析 [Journal of Insect Biotechnology and Sericology, 72(2), (2003年1月8日), pp.87-94] Matsuyama T, Asano S, Sahara K, Bando H
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  45. Glucose and ecdysteroid increase apyrene sperm production in in vitro cultivation of spermatocysts of Bombyx mori.(訳)グルコースもしくはエクダイステロイド添加培養はカイコ無核精子の生産を増加させる [Journal of Insect Physiology, 49(1), (2003年1月), pp.25-30] Kawamura N, Sahara K, Fugo H
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  46. Use of an N-terminal half truncated IE1 as an antagonist of IE1, an essential regulatory protein in baculovirus.(訳)バキュウロウイルスの必須調節因子であるIE1のアンタゴニストとしてのN末端部位の利用 [Virus Research, 90(1-2), (2002年12月), pp.253-261] Yamada Y, Matsuyama T, Quan GX, Kanda T, Tamura T, Sahara K, Asano S, Bando H
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  47. Differences in diapause attributes between two forms distinguished by male-to-male aggression in a subsocial spider mite, Schizotetranychus miscanthi Saito. [Ecological Research, 17(6), (2002年10月29日), pp.645-653] Saito Y, Sakagami T, Sahara K
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  48. In vitro cultivation of spermatocysts to matured sperm in the silkworm, Bombyx mori.(訳)カイコ精母細胞から精子への体外培養 [Developmet Growth and Differentiation, 44(4), (2002年8月), pp.273-280] Kawamura N and Sahara K
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  49. Cloning and expression of novel crystal protein genes cry39A and 39orf2 from Bacillus thuringiensis subsp. aizawai Bun1-14 encoding mosquitocidal proteins.(訳)Bacillus thuringiensis subsp. aizawai Bun1-14の持つ殺蚊性結晶タンパク質からの新規cry39Aと39orf2のクローニングと発現 [Journal of Insect Biotechnology and Sericology, 71(3), (2002年5月30日), pp.123-128] Ito T, Sahara K, Bando H, Asano S
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  50. Double copulation of a female with sterile diploid and polyploid males recovers fertility in Bombyx mori.(訳)不妊2倍体と倍数体雄のに重複交尾によってカイコ雌の妊性が回復する [Zygote, 10(1), (2002年2月), pp.23-29] Sahara K and Kawamura N
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  51. Antisense and double-strand RAN interferenece in a silkworm ovarian cell line.(訳)カイコ卵巣培養細胞におけるアンチセンスと二重鎖によるRNA阻害 [Journal of Insect Biotechnology and Sericology, 71(1), (2001年12月17日), pp.43-47] Isobe R, Kojima K, Sahara K, Asano S, Bando H
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  52. Meiotic pairing of sex chromosome fragments and its relation to atypical transmission of a sex-linked marker in Ephestia kuehniella (Insecta, Lepidoptera).(訳)スジコナマダラメイガにおける性染色体断片の対合と伴性マーカーの非典型的な分離の関連性 [Heredity, 87(12), (2001年12月), pp.659-671] Marec F, Tothov A, Sahara K, Traut W
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  53. 家蚕濃核病ウイルス (BmDNV-2)特異的DNAポリメラーゼ活性と末端配列認識タンパク質の解析. [日本蚕糸学雑誌, 70(2), (2001年5月2日), pp.103-108] 小島 桂・平野 文・浅野真一郎・佐原 健・伴戸久徳
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  54. Significance of peristaltic squeezing of sperm bundles in the silkworm, Bombyx mori: Elimination of irregular eupyrene sperm nuclei of the triploid.(訳)カイコ精子束におけるスクイージングの意味:異常3倍体核の有核精子からの排除 [Zygote, 9(2), (2001年5月), pp.159-166] Kawamura N, Yamashiki N, Saitoh H, Sahara K
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  55. 天蚕全齢人工飼料育に用いる飼料樹葉特性の検討. [日本応用動物昆虫学会誌, 45(2), (2001年3月30日), pp.94-98] 佐原 健・斎藤 寛・菊池邦夫・山田恭裕・浅野眞一郎・伴戸久徳
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  56. The peristaltic squeezing of sperm bundles at the late stage of spermatogenesis in the silkworm, Bombyx mori.(訳)カイコ精子形成後期におけるスクイージング [Journal of Morphology, 246(2), (2000年10月31日), pp.53-58] Kawamura N, Yamashiki N, Saitoh H, Sahara K
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  57. PfDNV遺伝子産物によるウイルスRNAスプライシングの抑制 [日本蚕糸学雑誌, 69(4), (2000年4月24日), pp.271-276] 山岸潤也・浅野真一郎・佐原 健・飯塚敏彦・伴戸久徳
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  58. Inbreeding depression by resessive deleterious genes affecting female fecandity of a haplo-diploid mite.(訳)劣性有害遺伝子による近交弱性は単数-2倍性のハダニ雌の生殖能力に影響を与える [Journal of Evolution Biology, 13(4), (2000年3月15日), pp.668-678] Saito Y, Sahara K, Mori K
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  59. Analysis of proteins encoded in the bipartite genome of a new type of parvo-like virus isolated from silkworm. -Structual protein with DNA polymerase motifs-(訳)カイコから分離されたパルボウイルス様新規2断片ゲノムがコードするタンパク質の解析-DNAポリメラーゼモチーフを持つ構造タンパク質- [Virus Research, 66(1), (1999年10月27日), pp.101-108] Hayakawa T, Kojima K, Nakagaki M, Sahara K, Asano S, Iizuka T, Bando H
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  60. TTAGG telomeric repeats in chromosomes of some insects and other arthropods.(訳)昆虫とその他節足動物における染色体のTTAGGテロメアリピート [Chromosome Research, 7(6), (1999年6月1日), pp.449-460] Sahara K, Marec F, Traut W
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  61. Toxicity of Bacillus thuringiensis subsp. wuhanensis crystal protein to Bombyx mori and Spodoptera litura.(訳)カイコとハスモンヨトウ に対するBacillus thuringiensis subsp. wuhanensisの結晶タンパク質活性 [Journal of Sericultural Science Japan, 68(3), (1999年4月12日), pp.195-199] Pujiastuti Y, Asano S, Sahara K, Bando H, Iizuka T
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  62. Molecular differentiation of sex chromosomes probed by comparative genomic hybridization.(訳)CGHにより検出した性染色体の分子的な分化 [Chromosoma, 108(3), (1999年2月11日), pp.173-180] Traut W, Sahara K, Otto TD, Marec F
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  63. Two clinal trends in male-male aggressiveness in a subsocial spider mite.(訳)亜社会性ハダニにおける雄間の攻撃性の2つの勾配傾向 [Behavioral Ecology and Sociobiology, 46, (1998年12月30日), pp.25-29] Saito Y and Sahara K
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  64. Spodoptera litura(ハスモンヨトウ)に殺虫活性を有するBacillus thuringiensis菌株におけるcry1遺伝子の同定 [日本蚕糸学雑誌, 67(3), (1998年3月30日), pp.237-242] 浅野真一郎・プジャスツティ ユリア・佐原 健・伴戸久徳・飯塚敏彦
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  65. A mehod for chromosomal DNA preparation from a small number of mites.(訳)少数のハダニか染色体DNAを抽出する方法 [Applied Entomology and Zoology, 32(3), (1997年9月), pp.523-526] Sakagami T, Sahara K, Saito Y
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  66. Novel Bacillus thuringiensis serovar aizawai strains isolated from mulberry leaves in Indonesia.(訳)インドネシアの桑葉から分離された新規 Bacillus thuringiensis serovar aizawai株 [Applied Entomology and Zoology, 33(1), (1997年9月29日), pp.111-114] Rizali A, Asano S, Sahara K, Band H, Lay BW, Hastowo S, Iiazuka T
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  67. Analysis of genetic information of an insect picorna-like virus, infectious flacherie virus of silkworm: evidence for evolutionary relationships among insect, mammalian and plant picorna(-like) viruses.(訳)昆虫ピコルナ様ウイルスのカイコIFVの遺伝情報解析:昆虫、哺乳類ならびに植物ピコルナ(様)ウイルス間の進化的相互関係の証明 [Archives of Virology, 143(1), (1997年8月5日), pp.127-143] Isawa H, AsanoS, Sahara K, Iizuka T, Bando H
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  68. PCR法を用いたカイコ病原ウイルス遺伝子の検出 [日本蚕糸学雑誌, 66(6), (1997年6月), pp.477-483] 景安聖士・早川 徹・伊澤晴彦・佐原 健・浅野真一郎・飯塚敏彦・伴戸久徳
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  69. こぶ(K)形質を持つ家蚕の卵サイズ [日本蚕糸学雑誌, 66(5), (1997年5月), pp.364-366] 原 健・P. Rama Mohana Rao・山田恭裕・斉藤 寛・浅野真一郎・伴戸久徳・飯塚敏彦・中田 徹
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  70. 家蚕4倍体雌雄相互交配によって得られたF14倍体の生存率ならびに卵の性状 [日本蚕糸学雑誌, 66(5), (1997年5月), pp.341-345] 佐原 健*・山田恭裕・斉藤 寛・中田 徹・浅野真一郎・伴戸久徳・川村直子・飯塚敏彦
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  71. Origin of the gene in the newly discovered large egg mutant of Bombyx mori.(訳)家蚕において新たに発見された大型卵突然変異 [Journal of Sericultural Science Japan, 66(4), (1997年4月), pp.261-265] Sahara K, Kawamura N, Iizuka T, Doira H
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  72. A new molecular technique for determining the sex of Harmonia axyridis. [Journal of Insect Biotechnology and Sericology, 84, (2015年2月), pp.9-15] Gotoh H, Nishikawa H, Sahara K, Yaginuma T, Niimi T
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  73. Dynamic karyotype evolution and unique sex determination systems in Leptidea wood white butterflies. [BMC Evolutionary Biology, 15(89), (2015年5月19日)] Šíchová J, Voleníková A, Dincă V, Nguyen P, Vila R, Sahara K, Marec F
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  74. Mapping and recombination analysis of two moth colour mutations, Black moth and Wild wing spot, in the silkworm Bombyx mori. [Heredity, 116, (2016年1月), pp.52-59] Ito K, Katsuma S, Kuwazaki S, Jouraku A, Fujimoto T, Sahara K, Yasukochi Y, Yamamoto K, Tabunoki H, Yokoyama T, Kadono-Okuda K, Shimada T
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  75. A FISH-based chromosome map for the European corn borer yields insights into ancient chromosomal fusions in the silkworm. [Heredity, 116, (2016年1月), pp.75-83] Yasukochi Y, Ohno M, Shibata F, Jouraku A, Nakano R, Ishikawa Y, Sahara K
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  76. XX/XY System of Sex Determination in the Geophilomorph Centipede Strigamia maritima [PLoSONE, 11(2), (2016年2月26日), pp.e0150292-] Jack E. Green, Martina Dalíková, Ken Sahara, František Marec, Michael Akam
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  77. The fate of W chromosomes in hybrids between wild silkmoths, Samia cynthia ssp.: no role in sex determination and reproduction [Heredity, 116, (2016年4月), pp.424-433] A Yoshido, F Marec, K Sahara
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  78. Fissions, fusions, and translocations shaped the karyotype and multiple sex chromosome constitution of the northeast-Asian wood white butterfly, Leptidea amurensis [Biological Journal of the Linnean Society, 118, (2016年5月), pp.457-471] JINDRA SICHOVA, MIZUKI OHNO, VLAD DINCA, MICHIHITO WATANABE, KEN SAHARA, FRANTISEK MAREC
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  79. Variation in nesting behavior of eight species of spider mites, Stigmaeopsis having sociality [Science of Nature, 103, (2016年10月1日), pp.87-] Yutaka Saito, Yan-Xuan Zhang, Kotaro Mori, Katsura Ito, Yukie Sato, Anthony R. Chittenden, Jian-Zhen Lin, Younghae Chae, Takane Sakagami, Ken Sahara
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  80. A history of chromosome identification in Bombyx mori [Chromosome Science, 19, (2017年4月), pp.3-9] Ken Sahara, Atsuo Yoshido, Yuji Yasukochi
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 糸の博物誌-ムシたちが糸で織りなす多様な世界- [海游舎 (2012年9月25日)] 齋藤裕、佐原健(共編)
    • 著書種別 : 学術図書
  2. Molecular Biology and Genetics of the Lepidoptera (訳)鱗翅目昆虫における分子生物学と分子遺伝学 [CRC press (2009年9月8日)] Goldsmith M, Marec F eds
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      Marec F, Sahara K, Traut W: Chapter 3: Rise and fall of the W chromosome in Lepidoptera
  3. 分子昆虫学-ポストゲノムの昆虫研究- [共立出版 (2009年8月25日)] 神村学、日本典秀、葛西真治、竹内秀明、畠山正統、石橋純(共編)
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      佐原健:第一章 遺伝;1.2.1カイコの染色体構造と染色体同定の歴史 p12-17
  4. 虫たちが語る生物学の未来 [(財)衣笠会 (2009年6月6日)] 林幸之、大槻良樹、松本継男、増井博之、藤井博、杉村順夫、矢島正博、古澤寿治(共編)
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      佐原健:昆虫と生命現象解析18.昆虫を通して生命現象をみる p90-93
  5. 節足動物ゲノムにおける細胞遺伝学的マッピングプロトコル:第6章カイコ(鱗翅目昆虫) [CRC press (2014年11月20日)] Yoshido A, Sahara K, Yasukochi Y
    • 著書種別 : 学術著書
総説・解説記事
  1. チョウ目昆虫の性染色体進化. [日本蚕糸学会, 蚕糸昆虫バイオテック, 84, (2015年3月), pp.37-49] 佐原 健・松橋伊織・吉戸敦生
    • 掲載種別 : 学術誌
研究発表
  1. 鱗翅目昆虫における染色体同定
    • 会議名称 : 日本昆虫学会東北支部会第59回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年8月4日~2012年8月5日
    • 発表者 : 佐原 健
    • 主催者 : 日本昆虫学会東北支部会
    • 開催場所 : 八幡平ハイツ
  2. 2n=55のカイコ個体
    • 会議名称 : 日本蚕糸学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年3月9日~2014年3月10日
    • 発表者 : 佐原健・鈴木宙・石井啓祐・山田恭裕・安河内祐二
  3. シンジュサン・エリサン種群における性染色体多型について
    • 会議名称 : 昆虫DNA研究会第11回研究集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年5月17日~2014年5月18日
    • 発表者 : 佐原 健・吉戸敦生・安河内祐二
    • 主催者 : 昆虫DNA研究会
    • 開催場所 : つくばサイエンスインフォメーションセンター3F大会議室
  4. シンジュサン種群における性染色体ターンオーバー
    • 会議名称 : Evolution of Non-recombining Chromosomes and Genomes
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2014年6月15日
    • 発表者 : 佐原 健、吉戸敦生、安河内祐二
    • 主催者 : University of Lübeck
    • 開催場所 : Workshop held at the University of Lübeck
  5. 新規雄巣礎を用いたミツバチヘギイタダニ制御
    • 会議名称 : 日本ダニ学会第23回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年10月18日~2014年10月19日
    • 発表者 : 佐原 健・前田耀介・高橋圭一・藤原禎久・藤原誠太・藤原由美子・高田壮則
    • 主催者 : 日本ダニ学会
    • 開催場所 : 盛岡市アイーナ
  6. カイコにおけるモノソミーの発見
    • 会議名称 : 染色体学会第65回年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年10月24日~2014年10月25日
    • 発表者 : 佐原 健・鈴木宙・石井啓祐・山田恭裕・伴野 豊・安河内祐二
    • 主催者 : 日本染色体学会
    • 開催場所 : 倉敷芸文館アイシアター
  7. 染色体異系統を用いてカイコ突然変異の原因遺伝子にせまる
    • 会議名称 : 第59回日本応用動物昆虫学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月26日~2015年3月28日
    • 発表者 : 佐原 健・鈴木 一生・安河内 祐二・伴野 豊
    • 主催者 : 日本応用動物昆虫学会
    • 開催場所 : 山形大学小白川キャンパス
  8. 野蚕における性染色体転換
    • 会議名称 : The 5th Asia Chromosome Cooqium
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)
    • 開催期間 : 2015年4月29日~2015年5月1日
    • 発表者 : 佐原 健・吉戸敦生・安河内祐二
    • 主催者 : The 5th Asian Chromosome Colloquium Organizing Committee
    • 開催場所 : Kasetsart University, Bangkok, Thailand
  9. BAC-FISHを用いた4倍体雌蚕における性染色体対合の解析
    • 会議名称 : 平成27年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月26日~2015年9月27日
    • 発表者 : 佐原 健・山田恭裕・松橋伊織・目時暢子・安河内祐二
    • 主催者 : 日本蚕糸学会
    • 開催場所 : 北海道大学農学部
  10. Sex chromosome evolution in Lepidoptera
    • 会議名称 : Satellite symposium in XXV International Congress of Entomology. Rosen Plaza Hotel, Orlando, USA. Recent Advances in Entomology in Japan -Ecology and Reproductive Biology, Interantional Congress of Entomology 2016
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2016年9月25日
    • 発表者 : Ken Sahara
    • 主催者 : 昆虫科学連合
    • 開催場所 : Rosen Plaza Hotel, Orlando, USA
  11. 限性黄繭系統Syの染色体構成.
    • 会議名称 : 日本蚕糸学会第87回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月21日~2017年3月22日
    • 発表者 : 佐原 健・吉戸敦生
    • 主催者 : 日本蚕糸学会
    • 開催場所 : 農林水産技術会議事務局 筑波産学連携支援センター
学術関係受賞
  1. 日本農学進歩賞
    • 受賞年月日 : 2006年11月27日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 佐原健
    • 内容 :
      鱗翅目昆虫における染色体同定法の開発
  2. 日本蚕糸学会蚕糸学進歩賞(奨励賞)
    • 受賞年月日 : 1997年4月1日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 佐原健
    • 内容 :
      Preferential pairing of sex chromosomes in homotype and heterotype tetraploid silkworm females of sex-limited normal pattern strain, HOMARE.
  3. 平成23年度科研費審査員表彰
    • 受賞年月日 : 2014年10月31日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 佐原 健
  4. 染色体学会賞
    • 受賞年月日 : 2015年4月29日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 佐原 健
    • 内容 :
      2015年度染色体学会賞
  5. 日本蚕糸学会賞
    • 受賞年月日 : 2016年3月17日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 佐原健
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 萌芽研究
    • 支払支給期間 : 2012年4月~2014年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2012年度・1,900,000円・570,000円
      2013年度・1,300,000円・390,000円
  2. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2011年4月~2015年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2011年度・3,400,000円・1,020,000円
      2012年度・2,300,000円・690,000円
      2013年度・2,000,000円・600,000円
  3. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2006年4月~2009年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2006年度・7,800,000円・2,340,000円
      2007年度・4,900,000円・1,470,000円
      2008年度・1,900,000円・570,000円
  4. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2016年4月~2019年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2016年度・2,800,000円・840,000円
  5. 萌芽研究
    • 支払支給期間 : 2016年4月~2018年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2016年度・1,700,000円・510,000円
所属学会・委員会
  1. 日本蚕糸学会 (1989年1月1日~継続中)
  2. 日本応用動物昆虫学会 (2000年1月1日~継続中)
  3. 染色体学会 (2008年10月1日~継続中)
  4. 日本野蚕学会 (2000年4月1日~継続中)
国際交流活動
  1. 2014年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        チェコ科学アカデミー生物学研究センター
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        共同研究のため、同機関所属の研究院(Jindra Šíchová)を約1.5ヶ月間受け入れた。
  2. 2017年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        特別聴講学生
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        交換留学生制度に則り吉林農業大学からの特別聴講学生を受け入れ、教育研究指導にあたった。