サブメニュー
更新日 : 2018年7月7日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名脇 裕之 (WAKI Hiroyuki)
所属専攻講座岩手大学 理工学部 システム創成工学科 機械科学コース
職名教授
生年月日
研究室電話番号
研究室FAX番号
取得学位
  1. 学士(工学)
    • 学位の分野 : 機械力学・制御
    • 学位授与機関 : 大阪大学
    • 取得年月日 : 1995年3月23日
  2. 修士(工学)
    • 学位の分野 : 機械材料・材料力学
    • 学位授与機関 : 大阪大学
    • 取得年月日 : 1997年3月25日
  3. 博士(工学)
    • 学位の分野 : 機械材料・材料力学
    • 学位授与機関 : 大阪大学
    • 取得年月日 : 2003年3月25日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 工学部 機械システム工学科 (廃止組織)
    • [本務] 准教授 (2011年4月1日~2016年8月31日)
  2. 岩手大学 理工学部 システム創成工学科 機械科学コース
    • [本務] 教授 (2016年9月1日~継続中)
研究分野を表すキーワード
  1. 高温材料力学
おすすめURL
  1. 脇研究室
    http://www.mech.iwate-u.ac.jp/~waki/index.html
教材作成
  1. よくわかる機械工学4力学の演習
    • 教材種類 : 教科書等の執筆
    • 教材年度 : 2011年度
論文
  1. レーザスペックルゲージSSDGによる高温下SUS304鋼の切欠底二軸繰返しひずみ挙動の検討 [日本機械学会論文集A, 66(645), (2000年5月), pp.923-930] 脇 裕之,小倉敬二,西川出
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. 皮膜ひずみ計測によるアルミナ溶射SUS304鋼の高温疲労過程の観察 [日本機械学会論文集A, 66(648), (2000年8月), pp.1520-1525] 脇 裕之,西井雅宏,小倉敬二,西川出
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. Notch Root Biaxial Cyclic Strain Behavior of Type 304 Stainless Steel at Elevated Temperature Using Laser Speckle Strain / Displacement Gauge [JSME International Journal, Series A, 44(3), (2001年7月), pp.374-382] H. Waki, K. Ogura, I. Nishikawa
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. ジルコニア溶射被覆SUS304鋼の高温疲労過程と表面ひずみ挙動 [日本機械学会論文集A, 67(659), (2001年7月), pp.1148-1154] 脇 裕之,小倉敬二,西川出,長沼博貴,西井雅宏
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. 単軸圧縮負荷下におけるプラズマ溶射遮熱皮膜の応力-ひずみ応答 [日本機械学会論文集A, 68(673), (2002年9月), pp.1375-1381] 脇 裕之,小倉敬二,西川出
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. プラズマ溶射皮膜の残留応力測定 [日本機械学会論文集A, 68(673), (2002年9月), pp.1382-1388] 脇 裕之,小倉敬二,西川出,柏原良彦
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. 表面ひずみモニタリングによる遮熱コーティングSUS304の熱サイクルはく離損傷過程の観察 [日本機械学会論文集A, 68(675), (2002年11月), pp.1643-1649] 脇 裕之,小倉敬二,西川出,長沼博貴
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  8. セラミックス遮熱コーティングを施したSUS304の高温疲労破壊強度におよぼすはく離損傷の影響 [材料, 52(6), (2003年6月), pp.639-645] 脇 裕之,小倉敬二,西川出,長沼博貴
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Residual Stress Measurement of Plasma-Sprayed Coatings [JSME International Journal, Series A, 46(4), (2003年10月), pp.590-597] H. Waki, K. Ogura, I. Nishikawa, Y. Kashihara
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Observation of Heat Cycle Delamination Process with Surface Strain Measurement in Thermal Barrier Coating [Key Engineering Materials, 261-263, (2004年4月), pp.453-458] H. Waki, I. Nishikawa, K. Ogura
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. Monotonic and cyclic deformation behavior of plasma-sprayed coatings under uni-axial compressive loading [Materials Science and Engineering A, 374, (2004年6月), pp.129-136] H. Waki, K. Ogura, I. Nishikawa, A. Ohmori
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. 単軸圧縮による減圧プラズマ溶射CoNiCrAlYの機械的特性評価 [プラズマ応用科学, 12, (2004年12月), pp.80-86] 脇 裕之,竹内健一郎,西川出,大森明
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. イットリア安定化ジルコニア溶射膜の微細構造と変形挙動の関係 [プラズマ応用科学, 13, (2005年12月), pp.81-86] 脇 裕之,竹内健一郎,西川出,小林明
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. Evaluation of Adhesive Strengths of Plasma-Sprayed CoNiCrAlY Coatings using an Indentation Method [Key Engineering Materials, 306-308, (2006年3月), pp.387-392] H. Waki, I. Nishikawa, A. Ohmori
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  15. Development of Lateral Compression Method of Circular Tube Thin Coating for Mechanical Properties of Plasma Sprayed CoNiCrAlY [Materials Transactions, 47(7), (2006年7月), pp.1626-1630] H. Waki, A. Kobayashi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. 円管横圧縮によるプラズマ溶射CoNiCrAlY膜単独の曲げ疲労強度 [プラズマ応用科学, 14, (2006年12月), pp.81-86] 脇 裕之,小林明
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. Interface Oxidation Process of ZrO2-8%Y2O3 / CoNiCrAlY Thermal Barrier Coating System [Key Engineering Materials, 345-346, (2007年8月), pp.1035-1038] H. Waki, A. Kobayashi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. Residual Stress Characteristics of Plasma Sprayed CoNiCrAlY Coatings by X-Ray Diffraction [Key Engineering Materials, 353-358, (2007年11月), pp.495-498] H. Waki, A. Kobayashi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. Nonlinearity of Uniaxial Compressive Response in Atmospheric Plasma Sprayed Free-Standing CoNiCrAlY Coatings [Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, 2(6), (2008年6月), pp.771-779] H. Waki, I. Nishikawa, A. Kobayashi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. High Temperature Mechanical Properties of Free-Standing HVOF CoNiCrAlY Coatings by Lateral Compression of Circular Tube [Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, 2(8), (2008年8月), pp.1161-1171] H. Waki, K. Nakamura, I. Yamaguchi, A. Kobayashi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. Influence of the mechanical properties of CoNiCrAlY under-coating on the high temperature fatigue life of YSZ thermal-barrier-coating system [Vacuum, 83(1), (2008年9月), pp.171-174] H. Waki, A. Kobayashi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  22. 円管横圧縮による溶射皮膜の曲げ強度の簡便・高効率評価法の考案 [日本機械学会論文集A, 74(746), (2008年10月), pp.1342-1350] 脇 裕之,廣田裕也,小林明
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  23. Stress Histories of Yttria-Stabilized Zirconia and CoNiCrAlY Coatings during Thermal Spraying [Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, 3(2), (2009年2月), pp.199-209] H. Waki, H. Fujioka, A. Kobayashi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  24. Effect of Thermal Treatment on the High Temperature Mechanical Properties Enhancement in LPPS, HVOF, and APS CoNiCrAlY Coatings [Journal of Thermal Spray Technology, 18(4), (2009年12月), pp.500-509] H. Waki, T. Kitamura, A. Kobayashi
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  25. A Study of Delamination Mechanism of Thermal Barrier Coating under Thermal Cycling and Aging Condition by Residual Stress History [Key Engineering Materials, 417-418, (2010年1月), pp.173-176] H. Waki, A. Kobayashi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  26. 共鳴超音波スペクトロスコピーによる耐熱コーティングのヤング率異方性測定 [日本機械学会論文集A, 76(762), (2010年2月), pp.121-157] 脇 裕之,久保智史,荻 博次,小林 明
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  27. Collaborative Research on Adhesion Strength of Thermal Barrier Coatings in JSMS [Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, 4(2), (2010年2月), pp.252-263] M. Okazaki, Y. Yamazaki, K. Namba, K. Ogawa, M. Ohki, K. Fujiyama, H. Waki, M. Arai, M. Sekihara, A. Itoh, H. Fukanuma, N. Ohno, H. Kaneko, M. Kawamura
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  28. Young's Modulus of Thermal Barrier Coating and Oxidation Resistant Coating Bonded to Stainless Substrate by Four-Point Bending [Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, 4(2), (2010年2月), pp.274-285] H. Waki, H. Fujioka, Y. Harada, M. Okazaki, A. Kawasaki
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  29. 遮熱コーティングとHVOF CoNiCrAlYボンド層の界面における熱成長酸化物の初期成長挙動 [プラズマ応用科学, 19(2), (2011年12月20日), pp.119-124] 脇 裕之,前田光夫,小林 明
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  30. HVOF溶射による耐熱コーティングCoNiCrAlYの高温疲労特性 [プラズマ応用科学, 20(2), (2012年12月20日), pp.120-125] 脇 裕之,小林明
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  31. Sensitivity to experimental errors in evaluating the thermal expansion coefficient of a thermal barrier coating by using coating system specimens [Vacuum, 88(1), (2013年2月), pp.93-97] H. Waki, I. Nishikawa, A. Kobayashi, N. Ishii
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  32. 遮熱コーティングが基材の高温低サイクル疲労寿命に及ぼす影響 [材料, 63(2), (2013年2月15日), pp.125-130] 脇 裕之,小林 明,石井徳章
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  33. Adhesion Strength of Ceramic Top Coat in Thermal Barrier Coatings Subjected to Thermal Cycles: Effects of Thermal Cycle Testing Method and Environment, [International Journal of Fatigue, 53, (2013年8月), pp.33-39] M. Okazaki, S. Yamagishi, Y. Yamazaki, K. Ogawa, H. Waki, M. Arai
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  34. Determination of Interfacial Fracture Toughness of Thermal Spray Coatings by Indentation, [Journal of Thermal Spray Technology, 22(8), (2013年12月), pp.1358-1365] Y. Yamazki, M. Arai, Y. Miyashita, H. Waki, M. Suzuki
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  35. Current Activities for Standardization of Test Method for Fracture Toughness of Thermal Spray Coatings in Japan [Key Engineering Materials, 577-578, (2014年1月), pp.149-152] M. Arai, Y. Yamazaki, M. Suzuki, Y. Miyashita, H. Waki
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  36. 種々の試験法による焼戻しマルテンサイト鋼板の水素脆化特性評価 [鉄と鋼, 100(10), (2014年10月), pp.1306-1314] 北條智彦, 脇 裕之, 西村文仁
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  37. Evaluation of the Accuracy of Young’s Moduli of Thermal Barrier Coatings Determined on the Basis of Composite Beam Theory [Journal of Thermal Spray Technology, 23(8), (2014年12月), pp.1291-1301] H. Waki, A. Oikawa, M. Kato, S. Takahashi, Y. Kojima, F. Ono
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  38. 窒化ケイ素セラミックスの高温残存強度に及ぼすき裂治癒中の引張応力の影響 [材料, 64(6), (2015年6月15日), pp.456-461] 脇 裕之,北條智彦
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  39. Accuracy of Young's Modulus of Thermal Barrier Coating Layer Determined by Bending Resonance of a Multilayered Specimen, Journal of Thermal Spray Technology [Journal of Thermal Spray Technology, 25(4), (2016年4月), pp.684-693] H. Waki, K. Takizawa, M. Kato, S. Takahashi, Y. Kojima, F. Ono
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  40. 三層試験片の曲率に基づく遮熱コーティングシステムの残留応力評価法 [材料, 66(2), (2017年2月15日), pp.150-157] 早瀬知行,脇 裕之,長谷部侑亮
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  41. Influence of substrate twisting on Young's modulus measured by four-point bending test for thermal barrier coatings [Mechanical Engineering Journal, 4(5), (2017年10月), pp.16-00714-] M. Kato, Y. Mmasuo, H. Waki, S. Takahashi, H. Akebono, A. Sugeta, Y. Kojima, F. Ono
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  42. Effect of Strain Rate on the Hydrogen Embrittlement Property of Ultra High-strength Low-alloy TRIP-aided Steel [ISIJ International, 58(4), (2018年4月), pp.751-759] T. Hojo, R. Kikuchi, H. Waki, F. Nishimura, Y. Ukai, E. Akiyama
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. よくわかる機械工学4力学の演習 [電気書院 (2011年11月1日)] 西原一嘉,井口学,石井徳章,辻野良二,高岡大造,森 幸治,中田亮生,脇 裕之,添田晴生,植田芳昭
    • 著書種別 : 教科書
    • 担当部分 :
      pp.168-207, pp.336-342
総説・解説記事
  1. ガスタービン遮熱コーティングの機械的特性評価技術 [日本ガスタービン学会, 日本ガスタービン学会誌, 40(4), (2012年7月20日), pp.158-164] 脇裕之
    • 掲載種別 : 学術誌
  2. 溶射コーティングの特性評価試験方法の標準化の動向 [日本溶射学会, 溶射技術, 32(4), (2013年2月25日), pp.65-69] 脇裕之,高橋智,山崎泰広
    • 掲載種別 : 学術誌
  3. 機械的特性試験方法-組合せ梁モデルによるTBCのヤング率評価- [表面技術協会, 表面技術, 64(5), (2013年5月1日), pp.280-284] 脇裕之
    • 掲載種別 : 学術誌
研究発表
  1. Adhesion Strength of Ceramic Top Coat in Thermal Barrier Coatings Subjected to Thermal Cycles: -Effects of Thermal Cycle Testing Method and Environment-
    • 会議名称 : International Workshop on Thermo-Mechanical Fatigue 2011
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年5月12日~2011年5月13日
    • 発表者 : Masakazu OKAZAKI, Yasuhiro YAMAZAKI, Kazuhiro OGAWA, Hiroyuki WAKI, Masayuki ARAI
  2. 基材の高温低サイクル疲労寿命に及ぼす遮熱コーティングの影響
    • 会議名称 : 日本材料学会第60期学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年5月25日~2011年5月26日
    • 発表者 : 脇 裕之,小林 明
  3. 耐食コーティングCoNiCrAlYの異方性と全ての弾性係数
    • 会議名称 : 日本機械学会M&M2011材料力学カンファレンス
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年7月15日~2011年7月18日
    • 発表者 : 前田光夫,脇 裕之,荻博次
  4. High Temperature Elastic Properties of Thermal Barrier Coating by Resonance Ultrasound Spectroscopy
    • 会議名称 : International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2011
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月19日~2011年9月21日
    • 発表者 : H. Waki, T. Kitamura, H. Ogi, A. Kobayashi
  5. 遮熱・耐熱コーティングの弾性係数評価法-標準法から異方性評価法まで-
    • 会議名称 : 日本材料学会東北支部平成23年度材料フォーラム講演会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2012年3月21日
    • 発表者 : 脇 裕之
  6. ガストンネル型プラズマ溶射によるジルコニア系セラミックス被覆材の強度向上に関する研究
    • 会議名称 : 日本材料学会第61期学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年5月25日~2012年5月27日
    • 発表者 : 西川 出 , 堀本 尭幸 , 小林 明 , 脇 裕之
  7. 超音波共鳴法による遮熱コーティングの高温異方性弾性係数の焼結特性評価
    • 会議名称 : 日本機械学会M&M2012材料力学カンファレンス
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月21日~2012年9月24日
    • 発表者 : 脇 裕之,荻 博次,小林 明
  8. Anisotropic Elastic modulus of TBC by Resonance Ultrasound Spectroscopy at High Temperature
    • 会議名称 : Third German-Japanese Workshop on: Thermal Barrier Coating Systems for Gas Turbines
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年6月25日~2013年6月27日
    • 発表者 : H. Waki, M. Saitoh, H. Ogi, A. Kobayashi
  9. 遮熱コーティングのヤング率評価法の国際標準化に向けて:組合せ梁理論による各種評価法の誤差感度
    • 会議名称 : 日本機械学会 2013年度年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月8日~2013年9月11日
    • 発表者 : 脇 裕之,及川礼人,加藤昌彦,高橋智,児島慶享,小野文夫
  10. 試験片ねじれを考慮した四点曲げ試験による熱遮蔽溶射皮膜のヤング率評価
    • 会議名称 : 日本機械学会 2013年度年次大会講演論文集
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月8日~2013年9月11日
    • 発表者 : 加藤 昌彦,大原 一郎,曙 紘之,菅田 淳,脇 裕之,高橋 智,児島 慶亨,小野 文夫
  11. 共鳴超音波弾性計測に基づく遮熱コーティングの損傷評価の基礎研究
    • 会議名称 : 日本機械学会東北支部第49期秋期講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月20日
    • 発表者 : 齊藤淳,長澤隆明,脇裕之,荻博次,小林明
  12. DCB試験による遮熱コーティングの界面破壊靭性評価
    • 会議名称 : 日本機械学会M&M2013材料力学カンファレンス
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月11日~2013年10月14日
    • 発表者 : 齊藤 淳,脇 裕之,小林 明
  13. TBC積層はりの引張・圧縮曲げによる皮膜損傷応力の評価法
    • 会議名称 : 日本溶射学会第98回全国講演大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年11月18日~2013年11月19日
    • 発表者 : 及川礼人,脇 裕之,加藤昌彦,高橋智,児島慶享,小野文夫
  14. 溶射皮膜の弾性係数評価法-標準法から全方向係数評価まで-
    • 会議名称 : 日本溶射学会関東支部平成25年度第3回講演会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2013年12月11日
    • 発表者 : 脇裕之
  15. レーザースペックルによる損傷評価の試み
    • 会議名称 : 日本材料学会高温強度部門委員会損傷評価WG第2期第11回
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2014年6月6日
    • 発表者 : 脇 裕之
  16. 積層はりモデルを用いた遮熱コーティングのヤング率評価法の高精度化
    • 会議名称 : 第25回新構造・傾斜制御と傾斜機能材料シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年7月10日~2014年7月11日
    • 発表者 : 脇 裕之,加藤昌彦,高橋智
  17. 基材の応力分担変化を用いた遮熱コーティングの曲げ損傷評価法
    • 会議名称 : 日本機械学会M&M2014材料力学カンファレンス
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年7月19日~2014年7月21日
    • 発表者 : 及川礼人,脇 裕之,加藤昌彦,高橋智,児島慶享,小野文夫
  18. プラズマ溶射CoNiCrAlYの内部摩擦の組織依存性
    • 会議名称 : 日本機械学会 2014年度年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月13日~2014年9月17日
    • 発表者 : 瀧澤健介,脇 裕之,荻博次,小林明
  19. 四点曲げ試験法により測定した遮熱コーティングのヤング率に及ぼす試験片ねじれの影響
    • 会議名称 : 第58回日本学術会議材料工学連合講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年10月27日~2014年10月28日
    • 発表者 : 松尾祐希,曙紘之,加藤昌彦,菅田淳,脇 裕之,高橋智,児島慶亨,小野文夫
  20. 多層遮熱コーティング試験片の曲げ共振に基づくコーティングのヤング率評価精度
    • 会議名称 : 日本機械学会 2015年度年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月13日~2015年9月16日
    • 発表者 : 瀧澤健介,脇 裕之,加藤昌彦,高橋智
  21. 曲げ共振法による遮熱コーティングのヤング率測定
    • 会議名称 : 日本機械学会 2015年度年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月13日~2015年9月16日
    • 発表者 : 高橋智,大久保一輝,脇 裕之,加藤昌彦,小川秋水,水津竜夫
  22. 鋭い圧子押込みによる多層溶射界面の破壊靭性評価
    • 会議名称 : 日本機械学会 2015年度年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月13日~2015年9月16日
    • 発表者 : 長谷部侑亮, 脇 裕之, 山崎泰広
  23. 試験片の曲率に基づく遮熱コーティングシステムの残留応力評価
    • 会議名称 : 日本機械学会M&M2015材料力学カンファレンス
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月13日~2015年9月16日
    • 発表者 : 長谷部侑亮, 脇 裕之
  24. TBC多層材の曲げ共振によるTBCのヤング率評価法
    • 会議名称 : 第26回新構造・傾斜制御と傾斜機能材料シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月29日~2015年9月30日
    • 発表者 : 脇 裕之,瀧澤健介,加藤昌彦,高橋智
  25. Development of Dual Beam Laser Speckle Strain Gauge for in Situ Evaluation of Coating Damages under Thermal Shock Conditions
    • 会議名称 : Int. Conf. on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2015
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月4日~2015年10月8日
    • 発表者 : H. Waki, T. Nagasawa, T. Kuwashima
  26. Damage Detection in Plasma Sprayed Coatings under Thermal Shock Condition Using Laser Speckle Strain
    • 会議名称 : 7th International Workshop on Plasma Scientech for All Something
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年11月6日~2015年11月8日
    • 発表者 : H. Waki
  27. 組合せ梁試験片の曲げによる遮熱コーティングの一連の機械的特性の一括評価法(弾性係数,残留応力,真の強度の一括評価)
    • 会議名称 : 第53回高温強度シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月10日~2015年12月11日
    • 発表者 : 脇 裕之,長谷部侑亮
  28. 遮熱コーティングの高温ヤング率測定
    • 会議名称 : 日本機械学会関東支部第22期総会・講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月10日~2016年3月11日
    • 発表者 : 大久保一輝,横田美菜子,髙橋 智,脇 裕之,加藤昌彦,小川秋水
  29. 試験片の曲率に基づく遮熱コーティングの残留応力形成機構の検討
    • 会議名称 : 日本機械学会 2016年度年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月11日~2016年9月14日
    • 発表者 : 早瀬 知行,脇 裕之,長谷部 侑亮
  30. 組合せ梁の静的・動的曲げによるセグメント遮熱コーティングの弾性係数評価
    • 会議名称 : 日本機械学会M&M2016材料力学カンファレンス
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年10月8日~2016年10月10日
    • 発表者 : 長谷部侑亮,脇 裕之,加藤昌彦,高橋 智
  31. 遮熱コーティングの弾性係数評価方法の最前線
    • 会議名称 : JTSS&JTSA 合同関東支部講演会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2016年12月15日~2016年12月16日
    • 発表者 : 脇裕之,加藤昌彦,高橋智
  32. 遮熱コーティングシステムの共振による高温ヤング率の高精度評
    • 会議名称 : 日本材料学会第66期学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年5月26日~2017年5月28日
    • 発表者 : 古舘佳希、脇裕之、加藤昌彦、高橋智
  33. 三層板曲げモデルによる遮熱コーティングのヤング率およびポアソン比評価法
    • 会議名称 : 日本材料学会第66期学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年5月26日~2017年5月28日
    • 発表者 : 早瀬知行、脇裕之
  34. Evaluation method for a series of mechanical properties in plasma-sprayed coating using a composite beam specimen:Batch evaluation of elastic modulus, residual stress, and strength
    • 会議名称 : The 4th Japan-Taiwan Workshop on Plasma Life Science and Technology
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2017年6月10日~2017年6月3日
    • 発表者 : H. Waki
  35. EVALUATION OF YOUNG'S MODULUS AT ELEVATED TEMPERATURES OF THERMAL BARRIER COATING BY BENDING RESONANCE METHOD
    • 会議名称 : EUROMAT2017
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年6月10日~2017年6月3日
    • 発表者 : S. Takahashi, K. Ohkubo, H. Waki, M. Kato
  36. 積層はりの曲げ共振による遮熱コーティングの高温ヤング率の高精度評価法
    • 会議名称 : 第28回新構造・機能制御と傾斜機能材料シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2017年8月7日~2017年8月8日
    • 発表者 : 脇 裕之,古舘佳希,加藤昌彦,高橋智
  37. 共振法により測定した遮熱コーティングのヤング率に及ぼす試験片反りの影響
    • 会議名称 : 第28回新構造・機能制御と傾斜機能材料シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2017年8月7日~2017年8月8日
    • 発表者 : 加藤昌彦,脇 裕之,高橋智
  38. 三層板曲げによる遮熱コーティングのヤング率およびポアソン比の高精度評価
    • 会議名称 : 日本機械学会 2017年度年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月3日~2017年9月6日
    • 発表者 : 早瀬知行、脇裕之
  39. Simple Technique for Determining Strength of Thermal Barrier Coating Using Stress Relaxation Sensing
    • 会議名称 : The 11th International Symposium on Applied Plasma Science
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月11日~2017年9月15日
    • 発表者 : H. Waki, A. Oikawa
  40. 遮熱コーティングの高温ヤング率に及ぼす熱処理の影響
    • 会議名称 : 日本機械学会M&M2017材料力学カンファレンス
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年10月7日~2017年10月9日
    • 発表者 : 古舘 佳希,脇 裕之,加藤 昌彦,高橋 智
  41. 高温における遮熱コーティングのヤング率の変化
    • 会議名称 : 日本機械学会関東支部第24期総会・講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2018年3月17日~2018年3月18日
    • 発表者 : 篠田智史、高橋 智、脇 裕之、加藤昌彦
  42. 溶射コーティングの残留応力形成機構の研究
    • 会議名称 : 日本材料学会東北支部材料フォーラム講演会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2018年3月19日
    • 発表者 : 脇 裕之
学術関係受賞
  1. 日本材料学会第40回高温強度シンポジウム ベストプレゼンテーション賞
    • 受賞年月日 : 2002年12月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 脇裕之
  2. 日本機械学会奨励賞(研究)
    • 受賞年月日 : 2004年4月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 脇裕之
    • 内容 :
      プラズマ溶射皮膜の力学的特性解明と遮熱コーティング鋼の高温疲労強度の研究
  3. 日本材料学会優秀講演発表賞
    • 受賞年月日 : 2007年6月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 脇裕之
    • 内容 :
      日本材料学会第56期学術講演会
  4. 日本機械学会材料力学部門 優秀講演表彰
    • 受賞年月日 : 2008年12月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 脇裕之
    • 内容 :
      M&M2008材料力学カンファレンス
  5. 日本材料学会高温強度部門委員会 第20回躍進賞
    • 受賞年月日 : 2009年12月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 脇裕之
    • 内容 :
      高温強度の分野において,顕著な研究成果を挙げたと認められる若手研究者
  6. 日本材料学会学術奨励賞
    • 受賞年月日 : 2012年5月26日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 脇裕之
    • 内容 :
      遮熱コーティングの機械的性質の解明とその評価法に関する研究
  7. プラズマ応用科学会論文賞
    • 受賞年月日 : 2013年3月9日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 脇裕之,小林明
    • 内容 :
      HVOF溶射による耐熱コーティングCoNiCrAlYの高温疲労特性,
      プラズマ応用科学,Vol.20, No.2, pp.120-125, 2012
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2010年4月~2012年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2011年度・900,000円・270,000円
  2. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2012年4月~2015年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2012年度・1,800,000円・540,000円
      2013年度・1,300,000円・390,000円
      2014年度・1,100,000円・330,000円
  3. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2017年4月~2020年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2017年度・1,500,000円・450,000円
      2018年度・1,200,000円・360,000円
      2019年度・1,000,000円・300,000円
奨学寄附金等
  1. (財)高橋産業経済研究財団(平成24年度研究助成)
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : (財)高橋産業経済研究財団
    • 寄附金額 : 1,000,000円
  2. 日揮・実吉奨学会(2013年研究助成金)
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 日揮・実吉奨学会
    • 寄附金額 : 2,000,000円
  3. 日本溶射学会2018年度研究助成
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 日本溶射学会
    • 寄附金額 : 700,000円
所属学会・委員会
  1. 日本機械学会 (1995年7月20日~継続中)
  2. 日本材料学会 (1996年4月~継続中)
  3. 日本溶射学会 (2004年4月~継続中)
  4. プラズマ応用科学会 (2004年4月~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 日本材料学会 疲労部門委員会・委員(2001年7月~継続中)
  2. 日本材料学会 高温強度部門委員会・幹事(2007年4月1日~継続中)
  3. 日本材料学会 編集委員会調査委員(2008年4月1日~2013年3月31日)
  4. 日本溶射学会 研究企画委員会・委員(2009年4月1日~継続中)
  5. 日本材料学会 編集委員会・幹事(2010年4月1日~2012年3月31日)
  6. 日本材料学会 東北支部常議員(2011年4月1日~継続中)
  7. 日本溶射学会 関東支部・幹事(2011年4月1日~継続中)
  8. 日本溶射学会 規格開発委員会・委員(2011年7月1日~2015年3月31日)
  9. 日本溶射学会 代議員(2013年4月1日~継続中)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. International Symposium on Applied Plasma Science ’11 (2011年9月)
    • 参加者数 : 80人
  2. The 5th International Workshop on Plasma Application and Hybrid Functionally Materials (2012年3月)
    • 参加者数 : 60人
  3. 日本溶射学会関東支部平成24年度第1回講演会 (2012年8月)
    • 参加者数 : 30人
  4. 5th Asian Thermal Spray Conference (2012年11月)
    • 参加者数 : 200人
  5. The 6th International Workshop on Plasma Application and Hybrid Functionally Materials (2013年3月)
    • 参加者数 : 50人
  6. 8th Japan-China Bilateral Symposium on High Temperature Strength of Materials (2013年8月)
    • 参加者数 : 80人
  7. 日本機械学会東北支部第49期秋期講演会 (2013年9月)
    • 参加者数 : 150人
  8. International Symposium on Applied Plasma Science ‘13 (2013年9月)
    • 参加者数 : 80人
  9. 日本溶射学会関東支部平成25年度第2回講演会 (2013年10月)
    • 参加者数 : 30人
  10. The 7th International Workshop on Plasma Application and Hybrid Functionally Materials (2014年3月)
    • 参加者数 : 50人
  11. 日本溶射協会第99回(2014年度春季)全国講演大会 (2014年6月)
    • 参加者数 : 200人
  12. 日本機械学会計算力学部門計算力学講演会 (2014年11月)
    • 参加者数 : 500人
  13. 日本材料学会第52回高温強度シンポジウム (2014年12月)
    • 参加者数 : 70人
  14. The 8th International Workshop on Plasma Application and Hybrid Functionally Materials (2015年3月)
    • 参加者数 : 50人
  15. 日本溶射学会 第102回(2015年度春季)全国講演大会 (2015年6月)
    • 参加者数 : 200人
  16. 日本材料学会第53回高温強度シンポジウム (2015年12月)
    • 参加者数 : 70人
  17. International Symposium on Applied Plasma Science ‘17 (2017年9月)
    • 参加者数 : 80人
  18. 日本溶射学会 第106回(2017年度春季)全国講演大会 (2017年11月)
    • 参加者数 : 200人
  19. 日本材料学会東北支部材料ファーラム講演会 (2018年3月)
    • 参加者数 : 20人
学会活動2(国際会議などの座長)
  1. Poster Session II [International Symposium on Applied Plasma Science ‘11 (2011年9月)]
  2. 「高温強度における現在の課題とその解決に向けて」 [日本材料学会第62期公開高温強度部門委員会 (2012年5月)]
  3. セッション「コーティングの特性評価」 [日本機械学会 M&M2012材料力学カンファレンス (2012年9月)]
  4. session「TBC3」 [5th Asian Thermal Spray Conference (2012年11月)]
  5. セッション「コーティング」 [日本材料学会第50回高温強度シンポジウム (2012年12月)]
  6. Session「Creep strength and behavior 1」 [8th Japan-China Bilateral Symposium on High Temperature Strength of Materials (2013年8月)]
  7. セッション「厚膜形成技術と厚膜の機械特性評価2」 [日本機械学会2013年次大会 (2013年9月)]
  8. セッション「薄膜・コーティング材の力学特性と微構造」 [日本機械学会M&M2013材料力学カンファレンス (2013年10月)]
  9. Session B [The 7th International Workshop on Plasma Application and Hybrid Functionally Materials (2014年3月)]
  10. セッション「皮膜特性・試験法I」 [日本溶射協会第99回(2014年度春季)全国講演大会 (2014年6月)]
  11. セッション「薄膜・コーティングの力学特性と微視組織2」 [日本機械学会M&M2014材料力学カンファレンス (2014年7月)]
  12. セッション「異種材料の接合プロセスと界面強度評価」 [日本機械学会2014年度年次大会 (2014年9月)]
  13. セッション「一般セッション1-2」 [日本機械学会計算力学部門講演会 (2014年11月)]
  14. セッション「コーティング・熱疲労」 [日本材料学会第52回高温強度シンポジウム (2014年12月)]
  15. Session B [The 8th International Workshop on Plasma Application and Hybrid Functionally Materials (2015年3月)]
  16. セッション「接合材・複合材の界面強度と損傷」 [日本機械学会M&M2015材料力学カンファレンス (2015年11月)]
  17. セッション「クリープ強度・変形1」 [日本材料学会第53回高温強度シンポジウム (2015年12月)]
  18. 種材料の接合プロセスと接合部・界面の強度・信頼性評価(3) [日本機械学会2016年度年次大会 (2016年9月)]
  19. セッション「コーティングⅠ」 [日本材料学会第66期学術講演会 (2017年5月)]
  20. Poster Session I [International Symposium on Applied Plasma Science ‘17 (2017年9月)]
  21. セッション「皮膜特性・試験法Ⅱ」 [日本溶射協会第106回(2017年度秋季)全国講演大会 (2017年11月)]
研究員(参加)
  1. 大阪大学接合科学研究所共同研究員 (2011年4月~2013年3月)
国・地方自治体等の委員歴
  1. 財)大阪科学技術センター付属ニューマテリアルセンター
    • 委員会等名 : 遮熱コーティング産学官連携委員会、及び試験方法開発WG
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2011年9月~2017年3月
  2. 財)大阪科学技術センター付属ニューマテリアルセンター
    • 委員会等名 : 「遮熱コーティングの縦弾性係数試験方法」JIS原案作成委員会委員
    • 役職名 : 幹事
    • 就任期間 : 2017年4月~2018年3月
  3. 一般財団法人大阪科学技術センターニューマテリアルセンター
    • 委員会等名 : タービンの遮熱コーティング高温特性試験方法と健全性評価方法の国際標準化「産学官連携委員会」「機械的特性WG」
    • 役職名 : 委員および副リーダー
    • 就任期間 : 2017年4月~継続中
企業・団体等への指導等
  1. 2012年度 日本溶射学会
    • 指導等の内容 :
      規格開発委員会および規格開発作業小委員会にて,界面密着性評価に関するISO規格の原案を作成した.
  2. 2013年度 日本溶射学会
    • 指導等の内容 :
      規格開発委員会および規格開発作業小委員会にて,界面破壊靭性評価に関するISO規格の原案を作成した.
生涯学習支援実績
  1. 日本材料学会第62期公開高温強度部門委員会
    • 種類 : 公開研究会
    • 担当部門(講演題目) : 「高温強度における現在の課題とその解決に向けて」
    • 開催期間 : 2012年5月
  2. SSH総合大学
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 材料の力学による安全性の解析
    • 開催期間 : 2014年8月~2014年9月
  3. 日本材料学会第66期公開高温強度部門委員会
    • 種類 : 公開研究会
    • 担当部門(講演題目) : 「損傷評価法の技術開発と展望」
    • 開催期間 : 2017年5月
産学官民連携活動
  1. 第87回岩手県接合技術研究会
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  2. 超合金とそのコーティング材の高温強度評価技術WG
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  3. 超合金とそのコーティング材の高温強度評価技術WG
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  4. 超合金とそのコーティング材の高温強度評価技術WG
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  5. 超合金とそのコーティング材の高温強度評価技術WG
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  6. 超合金とそのコーティング材の高温強度評価技術WG
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  7. 超合金とそのコーティング材の高温強度評価技術WG
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  8. 超合金とそのコーティング材の高温強度評価技術WG
    • 実績年度 : 2017年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2016年度
    • アカデミックインターンシップ
      一関一高
      10:00~18:00 (材料の強度と変形)
  2. 2017年度
    • アカデミックインターンシップ
      一関一高
      10:00~18:00 (材料の強度と変形)