サブメニュー
更新日 : 2017年6月16日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名村元 隆行 (MURAMOTO Takayuki)
所属専攻講座岩手大学 農学部 動物科学科
職名准教授
生年月日
研究室電話番号019-621-6287
研究室FAX番号019-621-6287
連絡先住所020-8550 岩手県 盛岡市上田3-18-8
研究室食肉科学研究室
メールアドレスmuramoto@iwate-u.ac.jp
学内職務経歴
  1. 岩手大学 農学部
    • [本務] 准教授 (2006年8月1日~継続中)
学外略歴
  1. 農林水産省 (国家Ⅰ種 畜産職) 中国農業試験場 畜産部 産肉利用研究室 (黒毛和種研究)
    • [研究員] (1996年4月1日~2002年3月31日)
  2. 東北農業研究センター 総合研究部 総合研究第2チーム (日本短角種研究)
    • [主任研究官] (2002年4月1日~2006年7月31日)
研究分野を表すキーワード
  1. 食肉科学(理化学分析・官能評価)
  2. 日本短角種(放牧肥育・経産牛・セシーナ(発色剤無添加牛肉生ハム))
  3. ジビエ(ホンシュウジカ・エゾシカ)
  4. 非破壊分析(分光反射率・インピーダンス)
可能な出前講義
  1. 岩手の牛、日本短角種を科学する [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      岩手には、全国に、いや世界に誇れる牛がいます。その牛、日本短角種の魅力について科学的に解説します。
  2. 食肉の品質を非破壊で分析する [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      食肉の品質を科学的に分析したい、でも実験室の薬品を使って分析すると、二度と食べられなくなってしまう。そこで、薬品などを使わずに、非破壊で食肉の品質を分析する方法についてお話しします。
担当授業科目
  1. 2006年度
    • 畜産物利用学実習
  2. 2007年度
    • 基礎ゼミナール
    • 動物科学総論
    • 動物科学総論
    • 食肉科学
    • 研究推進演習
    • 卒業研究
  3. 2008年度
    • 基礎ゼミナール
    • 動物科学総論
    • 畜産物利用学
    • 畜産物利用学実験
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 食肉科学
    • 基礎生物学実験
    • 研究推進演習
    • 卒業研究
    • 農業生命科学特別研究
  4. 2009年度
    • 基礎生物学実験
    • 動物科学総論
    • 畜産物利用学
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 動物資源利用学特論
    • 食品安全管理科学特論
    • 卒業研究
    • 農業生命科学特別研究
  5. 2010年度
    • 畜産物利用学
    • 動物科学総論
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 動物資源利用学特論
    • 基礎生物学実験
    • 食品安全管理科学実習
    • 卒業研究
    • 動物科学特別研究
  6. 2011年度
    • 動物資源利用学
    • 動物科学総論
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 動物資源利用学特論
    • 食品安全管理科学実習
    • 基礎生物学実験
    • 卒業研究
    • 動物科学特別研究
  7. 2012年度
    • 動物資源利用学
    • 動物科学総論
    • 動物資源利用学特論
    • 基礎生物学実験
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 食品安全管理科学実習
    • 卒業研究
    • 動物科学特別研究
  8. 2013年度
    • 動物資源利用学特論
    • 動物資源利用学
    • 動物科学総論
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 基礎生物学実験
    • 食品安全管理科学実習
    • 卒業研究
    • 動物科学特別研究
  9. 2014年度
    • 動物資源利用学特論
    • 動物資源利用学
    • 動物科学総論
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 基礎生物学実験
    • 食品安全管理科学実習
    • 動物科学特別研究
    • 卒業研究
  10. 2015年度
    • 動物資源利用学Ⅰ
    • 動物資源利用学特論
    • 動物科学総論
    • 動物資源利用学Ⅱ
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 基礎生物学実験
    • 食品安全管理科学実習
    • 卒業研究
    • 動物科学特別研究
  11. 2016年度
    • 基礎ゼミナール
    • 動物資源利用学Ⅰ
    • 動物資源利用学特論
    • 基礎ゼミナール
    • 動物科学総論
    • 動物資源利用学Ⅱ
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 基礎生物学実験
    • 卒業研究
    • 動物科学特別研究
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2007年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
  2. 2008年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 3人
  3. 2009年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 4人
  4. 2010年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
  5. 2011年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 2人
  6. 2012年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 4人
  7. 2013年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(学部・主査) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
    • 学位論文審査(修士・主査) 2人
    • 学位論文審査(修士・副査) 3人
  8. 2014年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 2人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 1人
  9. 2015年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 2人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 1人
  10. 2016年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
    • 学位論文審査(修士・主査) 2人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 1人
研究経歴
  1. 日本短角種の筋肉の理化学特性に関する研究(2006年8月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 日本短角種・理化学特性・放牧肥育・セシーナ(発色剤無添加牛肉生ハム)
    • 専門分野(科研費分類) :
      畜産学・草地学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
  2. 野生動物の筋肉の理化学特性に関する研究(2006年8月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 野生動物・理化学特性
    • 専門分野(科研費分類) :
      畜産学・草地学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
  3. 筋肉の非破壊分析に関する研究(2006年8月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 分光反射率・インピーダンス
    • 専門分野(科研費分類) :
      畜産学・草地学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
学術関係受賞
  1. 日本畜産学会奨励賞
    • 受賞年月日 : 2001年3月28日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 村元隆行