サブメニュー
更新日 : 2019年8月19日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名村元 隆行 (MURAMOTO Takayuki)
所属専攻講座岩手大学 農学部 動物科学科
職名准教授
生年月日
研究室電話番号019-621-6287
研究室FAX番号019-621-6287
連絡先住所020-8550 岩手県 盛岡市上田3-18-8
研究室食肉科学研究室
メールアドレスmuramoto@iwate-u.ac.jp
取得学位
  1. 博士(農学)
    • 学位の分野 : 畜産学・草地学
    • 学位授与機関 : 新潟大学
    • 取得年月日 : 1999年9月7日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 農学部
    • [本務] 准教授 (2006年8月1日~継続中)
学外略歴
  1. 農林水産省 (国家Ⅰ種 畜産職) 中国農業試験場 畜産部 産肉利用研究室 (黒毛和種研究)
    • [研究員] (1996年4月1日~2002年3月31日)
  2. 東北農業研究センター 総合研究部 総合研究第2チーム (日本短角種研究)
    • [主任研究官] (2002年4月1日~2006年7月31日)
研究分野を表すキーワード
  1. 食肉科学(理化学分析・官能評価)
  2. 日本短角種(放牧肥育・経産牛・植物由来タンパク質分解酵素・セシナ(発色剤無添加牛肉生ハム))
  3. ジビエ(イノシシ・ホンシュウジカ・エゾシカ)
  4. 非破壊分析(分光反射率・インピーダンス)
可能な出前講義
  1. 岩手の牛、日本短角種を科学する [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      岩手には、全国に、いや世界に誇れる牛がいます。その牛「日本短角種」の魅力を科学的に解説します。また、「日本短角種」の最新の研究についても紹介します。
  2. 食肉の品質を非破壊で分析する [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      食肉の品質を科学的に分析したい。でも、実験室の薬品を使って分析すると、二度と食べられなくなってしまいます。そこで、薬品などを使わずに、非破壊で食肉の品質を調べる方法についてお話しします。また、非破壊分析についての理解を深めてもらうため、講義の途中で実際に非破壊分析を体験してもらいます。
  3. 「科学の力」は畜産業にどのように活かされているのか [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      産業の多くは科学技術の基に成り立っています。そこで、大学や研究機関で開発された科学技術が一次産業のひとつである畜産業にどのように活かされているのかについて、岩手県の畜産業を例に挙げて説明します。講義の中では、科学技術、つまり「科学の力」というものを理解してもらうため、簡単な実験を行います。
担当授業科目
  1. 2006年度
    • 畜産物利用学実習
  2. 2007年度
    • 基礎ゼミナール
    • 動物科学総論
    • 動物科学総論
    • 食肉科学
    • 研究推進演習
    • 卒業研究
  3. 2008年度
    • 基礎ゼミナール
    • 動物科学総論
    • 畜産物利用学
    • 畜産物利用学実験
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 食肉科学
    • 基礎生物学実験
    • 研究推進演習
    • 卒業研究
    • 農業生命科学特別研究
  4. 2009年度
    • 基礎生物学実験
    • 動物科学総論
    • 畜産物利用学
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 動物資源利用学特論
    • 食品安全管理科学特論
    • 卒業研究
    • 農業生命科学特別研究
  5. 2010年度
    • 畜産物利用学
    • 動物科学総論
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 動物資源利用学特論
    • 基礎生物学実験
    • 食品安全管理科学実習
    • 卒業研究
    • 動物科学特別研究
  6. 2011年度
    • 動物資源利用学
    • 動物科学総論
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 動物資源利用学特論
    • 食品安全管理科学実習
    • 基礎生物学実験
    • 卒業研究
    • 動物科学特別研究
  7. 2012年度
    • 動物資源利用学
    • 動物科学総論
    • 動物資源利用学特論
    • 基礎生物学実験
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 食品安全管理科学実習
    • 卒業研究
    • 動物科学特別研究
  8. 2013年度
    • 動物資源利用学特論
    • 動物資源利用学
    • 動物科学総論
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 基礎生物学実験
    • 食品安全管理科学実習
    • 卒業研究
    • 動物科学特別研究
  9. 2014年度
    • 動物資源利用学特論
    • 動物資源利用学
    • 動物科学総論
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 基礎生物学実験
    • 食品安全管理科学実習
    • 動物科学特別研究
    • 卒業研究
  10. 2015年度
    • 動物資源利用学Ⅰ
    • 動物資源利用学特論
    • 動物科学総論
    • 動物資源利用学Ⅱ
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 基礎生物学実験
    • 食品安全管理科学実習
    • 卒業研究
    • 動物科学特別研究
  11. 2016年度
    • 基礎ゼミナール
    • 動物資源利用学Ⅰ
    • 動物資源利用学特論
    • 基礎ゼミナール
    • 動物科学総論
    • 動物資源利用学Ⅱ
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 基礎生物学実験
    • 卒業研究
    • 動物科学特別研究
    • 生物生産科学特別演習
  12. 2017年度
    • 動物資源利用学Ⅰ
    • 動物資源利用学特論
    • 動物資源利用学特論
    • 動物科学総論
    • 動物資源利用学Ⅱ
    • 基礎生物学実験
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 生物生産科学特別演習
    • 卒業研究
    • 動物科学特別研究
  13. 2018年度
    • 動物科学総論
    • 基礎生物学実験
    • 動物科学実験Ⅰ
    • 動物資源利用学Ⅰ
    • 動物資源利用学Ⅱ
    • 卒業研究
    • 動物資源利用学特論
    • 生物生産科学特別研究
    • 動物科学特別研究
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2007年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(修士・主査)/教育実践研究報告書審査(主担当) 1人
  2. 2008年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査)/教育実践研究報告書審査(主担当) 3人
  3. 2009年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査)/教育実践研究報告書審査(主担当) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査)/教育実践研究報告書審査(副担当) 4人
  4. 2010年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
  5. 2011年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査)/教育実践研究報告書審査(主担当) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査)/教育実践研究報告書審査(副担当) 2人
  6. 2012年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査)/教育実践研究報告書審査(主担当) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査)/教育実践研究報告書審査(副担当) 4人
  7. 2013年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(学部・主査) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
    • 学位論文審査(修士・主査)/教育実践研究報告書審査(主担当) 2人
    • 学位論文審査(修士・副査)/教育実践研究報告書審査(副担当) 3人
  8. 2014年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査)/教育実践研究報告書審査(副担当) 2人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 1人
  9. 2015年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査)/教育実践研究報告書審査(主担当) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査)/教育実践研究報告書審査(副担当) 2人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 1人
  10. 2016年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
    • 学位論文審査(修士・主査)/教育実践研究報告書審査(主担当) 2人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 1人
  11. 2017年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 学位論文審査(学部・主査) 2人
    • 研究指導(修士・主任指導) 4人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査)/教育実践研究報告書審査(主担当) 1人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 1人
  12. 2018年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(学部・主査) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(博士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査)/教育実践研究報告書審査(主担当) 2人
    • 学位論文審査(修士・副査)/教育実践研究報告書審査(副担当) 2人
    • 学位論文審査(博士・主査) 1人
研究経歴
  1. 日本短角種の筋肉の理化学特性に関する研究(2006年8月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 日本短角種・理化学特性・放牧肥育・セシーナ(発色剤無添加牛肉生ハム)
    • 専門分野(科研費分類) :
      畜産学・草地学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
  2. 野生動物の筋肉の理化学特性に関する研究(2006年8月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 野生動物・理化学特性
    • 専門分野(科研費分類) :
      畜産学・草地学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
  3. 筋肉の非破壊分析に関する研究(2006年8月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 分光反射率・インピーダンス
    • 専門分野(科研費分類) :
      畜産学・草地学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
論文
  1. Effects of dietary amino acid and metabolizable energy levels on performance of native chicken, Hinai-dori [Japanese Poultry Science, 31(2), (1994年3月), pp.93-102] Muramoto, T., Fujimura, S. and Ishibashi, T.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Chemical analysis and sensory evaluation of free amino acids and 5'-inosinic acid in meat of Hinai-dori, Japanese native chicken.-Comparison with broilers and layer pullets [Animal Science and Technology, 65(7), (1994年7月), pp.610-618] Fujimura, S., Muramoto, T., Katsukawa, M., Hatano, T. and Ishibashi, T.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. Total sulfur amino acid requirements of native chicken, Hinai-jidori [Animal Science and Technology, 67(9), (1996年9月), pp.764-771] Muramoto, T., Fujimura, S., Kadowaki, M. and Ishibashi, T.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. 地鶏の生産性向上のための栄養学的研究 [日本畜産学会北陸支部新潟県分会報, 31, (1996年10月), pp.41-44] 村元隆行,藤村 忍,門脇基二,石橋 晃
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  5. Establishment of special feeding standards for tasty native chickens [The 8th AAAP Animal Science Congress, 2, (1996年10月), pp.788-789] Muramoto, T. and Ishibashi, T.
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  6. Lysine requirements of native chicken, Hinai-jidori (Rhode Island Red × Hinai-dori) [Animal Science and Technology, 68(5), (1997年5月), pp.459-465] Muramoto, T., Fujimura, S., Kadowaki, M. and Ishibashi, T.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. Effects of excess dietary lysine and total sulfur amino acid on carcass yield of native chicken, Hinai-jidori (Rhode Island Red × Hinai-dori) [Animal Science and Technology, 68(10), (1997年10月), pp.952-955] Muramoto, T., Fujimura, S., Kadowaki, M. and Ishibashi, T.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. Effect of feeding area and feed intake on meat compositions and taste relating components of broiler chickens [Japanese Poultry Science, 34(6), (1997年11月), pp.373-381] Fujimura, S., Muramoto, T., Do-Ura, I., Koga, H., Itou, H., Tone, N., Kadowaki, M. and Ishibashi, T.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Calcium and phosphorus requirements of native chicken, Hinai-jidori (Rhode Island Red × Hinai-dori) [Animal Science and Technology, 69(9), (1998年9月), pp.861-864] Muramoto, T., Fujimura, S., Kadowaki, M. and Ishibashi, T.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. 黒毛和種における脂肪細胞の分化制御因子PPARγ2の変異について [日本畜産学会報, 70(7), (1999年2月), pp.J1-J5] 相川勝弘,中西直人,村元隆行,佐藤幸信,萬田富治
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. Genetic variants of PPARγ2 specific region in Japanese Black cattle [45th International Congress of Meat Science and Technology, 1, (1999年8月), pp.332-333] Aikawa, K., Nakanishi, N., Muramoto, T., Sato, Y. and Manda, T.
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  12. 肥育全期間における濃厚飼料の制限給与が黒毛和種去勢牛の産肉性に及ぼす影響 [日本畜産学会報, 73(1), (2002年2月), pp.57-62] 村元隆行,相川勝弘,柴田昌宏,中西直人
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. 黒毛和種去勢牛の産肉性に及ぼすビタミンAの影響 [日本畜産学会報, 73(2), (2002年5月), pp.273-282] 中西直人,山田知哉,三津本充,三橋忠由,相川勝弘,村元隆行,小澤 忍
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. ビール粕を利用した放牧育成後の黒毛和種去勢牛の肥育成績 [近畿中国四国農業研究, 1, (2002年7月), pp.65-69] 谷本保幸,村元隆行,小山信明,千田雅之
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  15. Genetic organization and polymorphism of the myostatin gene in Japanese Black cattle [7th World Congress on Genetics Applied to Livestock Production, 29, (2002年8月), pp.657-659] Shibata, M., Muramoto, T. and Aikawa, K.
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  16. Effect of dietary β-carotene supplementation on beef color stability during display of two muscles from Japanese Black steers [Meat Science, 63, (2003年1月), pp.39-42] Muramoto, T., Nakanishi, N., Shibata, M. and Aikawa, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. Effect of slaughter age on beef color stability during display of four muscles from Japanese Black steers [Asian-Australasian Journal of Animal Sciences, 16(9), (2003年9月), pp.1364-1368] Muramoto, T., Shibata, M. and Nakanishi, N.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. Nucleotide sequence of myostatin gene and its developmental expression in skeletal muscles of Japanese Black cattle [Animal Science Journal, 74, (2003年10月), pp.383-390] Shibata, M., Ohshima, K., Kojima, T., Muramoto, T., Matsumoto, K., Komatsu, M., Aikawa, K., Fujimura, S. and Kadowaki, M.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. Relationships between muscle α-tocopherol concentrations and metmyoglobin percentages during display of six muscles of Japanese Black steers [Asian-Australasian Journal of Animal Sciences, 17(7), (2004年7月), pp.1014-1018] Muramoto, T., Shibata, M. and Nakanishi, N.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. Comparison of beef color stability during display of two muscles between Japanese Shorthorn steers and Japanese Black steers [Asian-Australasian Journal of Animal Sciences, 17(9), (2004年9月), pp.1303-1308] Muramoto, T., Higashiyama, M. and Kondo, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. Effect of pasture finishing on beef quality of Japanese Shorthorn steers [Asian-Australasian Journal of Animal Sciences, 18(3), (2005年3月), pp.420-426] Muramoto, T., Higashiyama, M. and Kondo, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  22. 北東北における地域飼料資源を活用した日本短角種生産システムの開発 [日本草地学会誌, 51(2), (2005年7月), pp.226-233] 近藤恒夫・東山雅一・村元隆行・河本英憲・築城幹典
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 未設定
  23. Myostatin and adipogenic transcription factor expressions during skeletal muscular growth of Japanese Black cattle [52nd International Congress of Meat Science and Technology, (2006年8月), pp.67-68] Shibata, M., Matsumoto, K., Aikawa, K., Muramoto, T., Muroya, S., Ohe, M., Nakajima, I., Chikuni, K., Fujimura, S. and Kadowaki, M.
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  24. 牛肉の各部位における保存温度と変色速度の関係 [近畿中国四国農業研究, 9, (2006年9月), pp.86-89] 松本和典,柴田昌宏,村元隆行,相川勝弘
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  25. Gene expression of myostatin during development and regeneration of skeletal muscle in Japanese Black Cattle [Journal of Animal Science, 84, (2006年11月), pp.2983-2989] Shibata, M., Matsumoto, K., Aikawa, K., Muramoto, T., Fujimura, S. and Kadowaki, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  26. 地域自給飼料多給を主体とする赤肉生産及び肉質制御技術の開発 [地域先導技術総合研究「地域内資源を用いた日本短角種による良質赤肉生産・流通システムの開発」研究成果集, (2007年3月), pp.38-44] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  27. コンテナサイロによる地ビール粕の貯蔵・利用技術の開発 [東北農業研究センター報告, (108), (2007年12月), pp.55-61] 近藤恒夫, 河本英憲,村元隆行,東山雅一
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  28. 新規BRM(免疫調整物質)ならびに機能性飼料添加物給与の評価システム構築プロジェクト [平成19年度学系プロジェクト経費研究成果報告書, (2008年6月)] 佐藤れえ子,安田 準,御領政信,百田 豊,片山泰章,小田伸一,村元隆行,出口善隆
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  29. 冷凍貯蔵した日本短角種牛肉の品質に関する研究 [三陸総合研究, (33), (2009年2月1日), pp.40-43] 村元隆行,菊地幸男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  30. Life cycle assessment of Japanese beef-fattening systems using local food by-product feeds [Journal of the Japanese Agricultural Systems Society, 25, (2009年5月13日), pp.195-203] Tsuiki M., Sasaki A., Kondo T., Higashiyama M., Muramoto, T. and Saiga, S.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  31. 日本短角種牛肉の肉色評価向上に関する研究 [三陸総合研究, (34), (2010年2月1日), pp.1-3] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  32. 北東北の採草地を利用した冬季放牧における牛の滞在場所と摂食場所の選択性に影響する要因 [日本草地学会誌, 56(3), (2010年6月), pp.203-210] 東山雅一、出口善隆、成田大展、近藤恒夫、高橋繁男、村元隆行
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  33. 育成期間の粗飼料給与量が黒毛和種去勢牛の産肉性に及ぼす影響 [近畿中国四国農業研究センター研究報告, 10, (2011年2月), pp.29-39] 中西直人、山田知哉、村元隆行、河上眞一、相川勝弘
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  34. 日本短角種筋肉における脂肪含量の非破壊推定 [平成22年度中期計画における農学部戦略的研究費成果報告書, (2011年4月)] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  35. 日本短角種「いわて短角牛」の低次利用部位の肉質評価 [日本短角種「いわて短角牛」の低次利用部位の肉質評価の研究報告書, (2012年5月)] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  36. バイオインフォマティクス解析に基づく日本短角種の代謝と肉質特性の評価 [平成19年度学系プロジェクト経費研究成果報告書, (2012年6月)] 木崎景一郎・村元隆行・山岸則夫・古濱和久・橋爪一善
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  37. 龍泉洞黒豚の豚肉品質の評価 [三陸総合研究, (37), (2012年9月), pp.16-16] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  38. 日本短角種経産牛の牛肉品質に関する研究 [日本短角種経産牛の牛肉品質に関する研究の研究報告書, (2013年4月)] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  39. 日本短角種経産牛の放牧仕上げによる高付加価値牛肉の開発 [復興促進プログラム(マッチング促進)可能性試験完了報告書, (2013年5月)] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  40. 野生エゾシカの3筋肉の理化学特性 [日本畜産学会報, 84(2), (2013年5月25日), pp.169-174] 岡田祐季・村元隆行
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  41. 北東北の採草地を利用した冬季放牧における日本短角種育成牛の日増体量 [日本草地学会誌, 59(3), (2013年11月1日), pp.206-210] 東山雅一、近藤恒夫、高橋繁男、村元隆行
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 未設定
  42. 日本短角種経産牛の牛肉品質に関する研究 [日本短角種経産牛の牛肉品質に関する研究の研究報告書, (2014年3月)] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  43. 日本短角種経産牛の牛肉品質に関する研究 [農学部戦略的研究費成果報告書, (2014年3月)] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  44. パイナップル果汁への浸漬時間が日本短角種牛肉の理化学特性に及ぼす影響 [日本畜産学会報, 85(2), (2014年5月25日), pp.145-152] 手塚 咲・村元隆行
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  45. 接触型電極を装着したLCRメータを用いたインピーダンス測定による牛肉中脂肪含量の推定 [日本畜産学会報, 85(2), (2014年5月25日), pp.193-196] 鎌田丈弘・村元隆行
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  46. 日本短角種牛肉における剪断力価と軟らかさとの関係 [東北畜産学会報, 64(1), (2014年6月15日), pp.7-12] 村元隆行・前野かおり・岡田祐希・手塚 咲・鎌田丈弘
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  47. 年齢の違いが野生エゾシカ肉の理化学特性および栄養成分に及ぼす影響 [日本畜産学会報, 85(4), (2014年11月25日), pp.517-524] 岡田祐季・村元隆行
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  48. 日本短角種経産牛の放牧後の肥育期間と筋肉の理化学特性との関係 [日本畜産学会報, 85(4), (2014年11月25日), pp.525-530] 村元隆行・舘山保奈美・金子真志保
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  49. 岩手県内の主要な4つの生産地で生産された日本短角種去勢牛の牛肉品質の比較 [東北畜産学会報, 64(3), (2015年2月25日), pp.25-31] 村元隆行・金子真志保・鎌田丈弘
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  50. 浸漬液および浸漬時間の違いが日本短角種牛肉の理化学特性に及ぼす影響 [日本畜産学会報, 86(1), (2015年2月25日), pp.37-43] 手塚 咲・山形健登・片山寛則・渡邉 学・村元隆行
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  51. 植物由来タンパク質分解酵素による日本短角種経産牛の牛肉軟化に関する研究 [植物由来タンパク質分解酵素による日本短角種経産牛の牛肉軟化に関する研究の研究報告書, (2015年3月)] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  52. 北東北のオーチャードグラスとイタリアンライグラス優占の採草地を利用した冬季放牧が翌年収量と栄養価に及ぼす影響 [東北農業研究センター報告, (117), (2015年3月), pp.29-33] 東山雅一,高橋繁男,近藤恒夫,出口 新,村元隆行
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  53. 冷凍貯蔵期間の違いがエゾシカ肉の理化学特性およびテクスチャー特性に及ぼす影響 [日本畜産学会報, 86(2), (2015年5月25日), pp.179-182] 村元隆行・鈴木悠希・永島樹里・岡田祐季
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  54. Effect of aging on volatile compounds in cooked beef [Meat Science, 107, (2015年9月), pp.12-19] Watanabe, A., Kamada, G., Imanari, M., Shiba, N., Yonai, M., Muramoto, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  55. 浸漬液のpHが日本短角種牛肉の理化学特性に及ぼす影響 [日本畜産学会報, 86(4), (2015年11月25日), pp.491-496] 手塚 咲・村元隆行
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  56. 接触型電極を用いたインピーダンス測定による牛パティの脂肪含量推定 [日本畜産学会報, 87(1), (2016年2月25日), pp.35-38] 木浦佑一・鎌田丈弘・村元隆行
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  57. 着弾から放血までの時間が野生ホンシュウジカ肉の理化学特性に及ぼす影響 [有害捕獲されたニホンジカの肉利用に関する研究の報告書, (2016年3月18日), pp.1-5] 西山萌乃・村元隆行
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  58. 異なる品種のイワテヤマナシ果汁に浸漬させた日本短角種牛肉の理化学特性 [日本畜産学会報, 87(2), (2016年5月25日), pp.149-155] 手塚 咲・片山寛則・渡邉 学・村元隆行
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  59. 浸漬液の違いが日本短角種牛肉のコラーゲン性状および酸化に及ぼす影響 [日本畜産学会報, 87(2), (2016年5月25日), pp.157-163] 手塚 咲・柴 伸弥・片山寛則・渡邉 学・村元隆行
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  60. 野生エゾシカ肉のメトミオグロビン割合と変色の官能評価との関係 [日本畜産学会報, 87(3), (2016年8月25日), pp.259-262] 村元隆行・勝目泰史
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  61. パイナップル果汁の注入が日本短角種牛肉のテクスチャーおよび保水性に及ぼす影響 [日本畜産学会報, 87(4), (2016年11月25日), pp.389-392] 村元隆行・宮崎真緒・手塚 咲
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  62. 放血から内臓摘出までの時間が冷凍シカ肉の理化学特性に及ぼす影響 [有害捕獲されたニホンジカの肉利用に関する研究の報告書, (2017年3月21日), pp.1-11] 西山萌乃・村元隆行
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  63. 非破壊測定による食肉テクスチャーの推定 [科学研究費補助金報告書, (2017年6月5日)] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  64. 接触型電極を用いたインピーダンス測定による牛肉テクスチャーの非破壊推定 [日本畜産学会報, 88(3), (2017年8月25日), pp.315-320] 村元隆行・木浦佑一・石松朝輝・鎌田丈弘
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  65. 加熱挽肉のテクスチャー特性と官能評価におけるばらけにくさとの関係 [日本畜産学会報, 88(3), (2017年8月25日), pp.329-333] 村元隆行・丹野さやか
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  66. 牛肉テクスチャーのプロファイル分析によるパイナップル果汁のブロメライン濃度の推定 [日本畜産学会報, 88(3), (2017年8月25日), pp.335-338] 高田偲帆・村元隆行
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  67. 筋肉内脂肪含量が塩漬後の牛肉のNaCl含量およびメトミオグロビン割合に及ぼす影響 [日本畜産学会報, 88(4), (2017年11月25日), pp.463-472] 細川遥果・谷本智里・村元隆行
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  68. 塩漬におけるNaClの量が日本短角種牛肉の理化学特性に及ぼす影響 [日本畜産学会報, 88(4), (2017年11月25日), pp.473-477] 谷本智里・細川遥果・村元隆行
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  69. 着弾から内臓摘出までの時間が野生ホンシュウジカ肉の品質に及ぼす影響 [有害捕獲されたニホンジカの肉利用に関する研究の報告書, (2018年3月22日), pp.1-11] 西山萌乃・村元隆行
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  70. 接触型電極を装着したインピーダンス測定による牛肉中オレイン酸割合の推定 [日本畜産学会報, 89(2), (2018年5月25日), pp.227-234] 鎌田丈弘・村元隆行
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  71. 日本短角種去勢牛の塩漬された6筋肉間における理化学特性およびテクスチャー特性の比較 [日本畜産学会報, 89(3), (2018年8月25日), pp.339-344] 福田智歩・谷本智里・野呂聡美・村元隆行
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  72. ブロメライン溶液への浸漬がウシ筋肉の硬さおよびコラーゲン含量に及ぼす影響 [日本畜産学会報, 89(4), (2018年11月25日), pp.459-463] 高田偲帆・柴伸弥・村元隆行
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  73. 塩漬剤としてのKCLが日本短角種牛肉の理化学特性およびテクスチャー特性に及ぼす影響 [日本畜産学会報, 89(4), (2018年11月25日), pp.465-470] 村元隆行・野呂聡美・谷本智里・福田智歩
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  74. イノシシ・シカ肉の理化学的特徴の分析 [生産性革命プロ単年度研究成果報告書, (2018年12月18日), pp.1-3] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  75. 黒毛和種牛肉における脂肪酸組成とテクスチャーおよび肉色との関係 [日本畜産学会報, 90(1), (2019年2月25日), pp.31-36] 鎌田丈弘・米内美晴・村元隆行
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  76. 早生,中生,および晩生のイワテヤマナシの果汁への浸漬が牛肉の硬さに及ぼす影響 [日本畜産学会報, 90(2), (2019年5月25日), pp.147-151] 高田偲帆・片山寛則・村元隆行
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 農業技術大系 畜産編 追録 [農山漁村文化協会 (2002年8月5日)] 村元隆行 他
    • 著書種別 : 学術図書
  2. 地域資源を活用した家畜生産システム [学会出版センター (2009年3月29日)] 村元隆行 他
    • 著書種別 : 学術図書
  3. 最新農業技術 畜産 vol. 6 [農山漁村文化協会 (2013年9月30日)] 村元隆行 他
    • 著書種別 : 学術図書
  4. 肉牛大事典 [農山漁村文化協会 (2013年11月5日)] 村元隆行 他
    • 著書種別 : 学術図書
  5. 肉牛大事典 [農山漁村文化協会 (2013年11月5日)] 村元隆行 他
    • 著書種別 : 学術図書
  6. 農業技術大系 畜産編 追録 [農山漁村文化協会 (2018年9月20日)] 村元隆行 他
    • 著書種別 : 学術図書
  7. 最新農業技術 畜産 Vol. 11 [農山漁村文化協会 (2018年11月5日)] 村元隆行 他
    • 著書種別 : 学術図書
総説・解説記事
  1. ビタミンAの制限が黒毛和種去勢牛の成長ホルモン分泌反応と産肉性に及ぼす影響 [農林水産省畜産試験場, 畜産研究成果情報, 11, (1997年8月), pp.99-100] 中西直人,三津本充,小沢 忍,三橋忠由,後藤 治,相川勝弘,村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  2. 黒毛和種去勢牛への粗飼料多給が産肉性に及ぼす影響 [農林水産省中国農業試験場, 平成9年度近畿中国農業研究成果情報, (1998年8月), pp.325-326] 中西直人,相川勝弘,村元隆行,三津本充
    • 掲載種別 : その他
  3. 育成期における粗飼料多給が産肉性に及ぼす影響 [農林水産省畜産試験場, 畜産研究成果情報, 12, (1998年8月), pp.77-78] 中西直人,相川勝弘,村元隆行,三津本充
    • 掲載種別 : その他
  4. 黒毛和種における脂肪細胞の分化調節因子PPARγ2の変異とその簡易検出法 [農林水産省畜産試験場, 畜産研究成果情報, 13, (1999年8月), pp.75-76] 相川勝弘,中西直人,村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  5. 牛肉の日持ちが変わる [農林水産省中国農業試験場, 最近の主な研究成果, (2000年9月), pp.14-14] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  6. 脂肪細胞分化制御遺伝子PPARγの和牛ロース部分における発現変動 [近畿中国四国農業研究センター, 平成12年度近畿中国農業研究成果情報, (2001年5月), pp.319-320] 相川勝弘,柴田昌宏,村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  7. 肥育牛へのβ-カロチン給与が牛肉の変色を抑える効果 [近畿中国四国農業研究センター, 平成12年度近畿中国農業研究成果情報, (2001年5月), pp.321-322] 村元隆行,相川勝弘,柴田昌宏
    • 掲載種別 : その他
  8. ビタミンE投与および長期肥育した黒毛和種去勢牛の5筋肉の肉色安定性 [農林水産省畜産試験場, 畜産研究成果情報, 14, (2001年8月), pp.71-72] 村元隆行,相川勝弘,柴田昌宏
    • 掲載種別 : その他
  9. 肥育牛へのβ-カロチン給与で牛肉の変色を抑える技術 [農林水産省畜産試験場, 畜産研究成果情報, 15, (2001年8月), pp.113-114] 村元隆行,相川勝弘,柴田昌宏
    • 掲載種別 : その他
  10. β-カロチンが牛肉の変色を抑える [近畿中国四国農業研究センター, 最近の主な研究成果, (2001年9月), pp.25-25] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  11. 変色しにくい牛肉の生産 [近畿中国四国農業研究センター, 近中四農研ニュース, (3), (2001年12月), pp.5-5] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  12. 肥育牛へのβ-カロチン給与で牛肉の変色を抑える技術 [畜産草地研究所草地研究センター, 草地飼料作研究成果最新情報, (16), (2002年1月), pp.113-114] 村元隆行,相川勝弘,柴田昌宏
    • 掲載種別 : その他
  13. 黒毛和種去勢牛の肥育全期間における濃厚飼料制限給与による赤肉生産 [畜産草地研究所, 畜産草地研究成果情報, 1, (2002年8月), pp.223-224] 村元隆行,中西直人,相川勝弘,柴田昌宏
    • 掲載種別 : その他
  14. 通常の60%量の濃厚飼料で牛肉生産 [近畿中国四国農業研究センター, 最近の主な研究成果, (2002年9月), pp.2-2] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  15. 放牧育成牛のビール粕を利用した肥育牛肉の理化学的特性と栄養成分 [近畿中国四国農業研究センター, 中国中山間地域を活かす里地の放牧利用-遊休農林地活用型肉用牛営農システムの手引き-, (2003年3月), pp.46-47] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  16. 黒毛和種牛骨格筋におけるミオスタチン遺伝子の発現推移 [畜産草地研究所, 畜産草地研究成果情報, 3, (2004年8月), pp.173-174] 柴田昌宏,相川勝弘,松本和典,村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  17. 日本短角種の肉は肉色素の変色が遅い [東北農業研究センター, 平成16年度研究成果ダイジェスト, (2005年4月), pp.21-21] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  18. 慣行の60%量の配合飼料または地域産飼料だけで日本短角種を肥育する技術 [東北農業研究センター, 平成16年度研究成果ダイジェスト, (2005年4月), pp.9-9] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  19. 放牧した日本短角種の肉の特徴 [東北農業研究センター, 平成16年度研究成果ダイジェスト, (2005年4月), pp.22-22] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  20. 角形コンテナサイロによる地ビール粕の貯蔵・利用技術 [東北農業研究センター, 東北農業研究成果情報, 19, (2005年10月), pp.210-211] 近藤恒夫,河本英憲,村元隆行,東山雅一
    • 掲載種別 : その他
  21. 日本短角種の肉はメトミオグロビンの生成が遅い [東北農業研究センター, 東北農業研究成果情報, 19, (2005年10月), pp.244-245] 村元隆行,東山雅一,近藤恒夫
    • 掲載種別 : その他
  22. 配合飼料制限給与または地域自給飼料だけで日本短角種を肥育する技術 [東北農業研究センター, 東北農業研究成果情報, 19, (2005年10月), pp.246-247] 村元隆行,東山雅一,近藤恒夫
    • 掲載種別 : その他
  23. 放牧で仕上げた日本短角種の肉質 [東北農業研究センター, 東北農業研究成果情報, 19, (2005年10月), pp.248-249] 村元隆行,東山雅一,近藤恒夫
    • 掲載種別 : その他
  24. 地元のリンゴ搾りカスと南部小麦フスマで短角牛を肥育 [農山漁村文化協会, 現代農業, (1), (2006年1月1日), pp.242-244] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  25. 地域の資源を活かして魅力ある良質牛肉をつくる [東北農業研究センター, 研究紹介パンフレット, (2006年3月), pp.3-5] 近藤恒夫,東山雅一,村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  26. 放牧で仕上げた日本短角種の牛肉品質 [畜産技術協会, 畜産技術, (9), (2006年9月1日), pp.2-7] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  27. 地域自給飼料を活用した日本短角種の生産は地球温暖化負荷が低い [東北農業研究センター, 東北農業研究成果情報, 20, (2006年10月), pp.265-266] 近藤恒夫,築城幹典,村元隆行,東山雅一
    • 掲載種別 : その他
  28. 日本短角種去勢牛への稲発酵粗飼料の多給は増体を向上させる [東北農業研究センター, 東北農業研究成果情報, 20, (2006年10月), pp.253-254] 押部明徳,渡辺 彰,三津本充,佐々木啓介,因野要一,石塚 譲,村元隆行,樋口幹人,柴 伸弥,新宮博行,嶝野英子,田中 治
    • 掲載種別 : その他
  29. 地域自給飼料多給を主体とする赤肉生産及び肉質制御技術の開発 [東北農業研究センター, 地域先導技術総合研究「地域内資源を用いた日本短角種による良質赤肉生産・流通システムの開発」研究成果集, (2007年3月), pp.38-44] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  30. 機能性飼料添加物を給与した鶏の免疫応答能と鶏肉の外観・食感評価システムの構築 [岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター, 岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター2006年度年報, (2007年5月1日)] 小田伸一,塚本知玄,村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  31. 日本短角種の牛肉品質に及ぼす放牧地の影響 [岩手大学動物医学食品安全教育研究センター, 岩手大学動物医学食品安全教育研究センター2007年度年報, (2008年3月)] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  32. 飼料学(47)生産物の品質Ⅳ牛肉の品質 [養賢堂, 畜産の研究, (2008年4月)] 村元隆行,石橋 晃
    • 掲載種別 : その他
  33. 北上山地高標高公共草地における日本短角種の体重変化 [東北農業研究センター, 平成19年度研究成果ダイジェスト, (2008年4月), pp.16-16] 東山雅一,村元隆行,近藤恒夫,出口新,川手督也
    • 掲載種別 : その他
  34. 情報機器を合理的に活用しよう [岩手大学情報処理センター, 岩手大学情報処理センター報告, (2009年3月)] 中村ちどり,厚井裕司,内藤智之,村元隆行,吉田等明,中西貴裕
    • 掲載種別 : その他
  35. 北上山地高標高公共草地における日本短角種親子牛群の放牧期間の日増体量 [東北農業研究センター, 東北農業研究成果情報, (2009年8月)] 東山雅一,村元隆行,近藤恒夫,出口新,川手督也
    • 掲載種別 : その他
  36. 動物資源利用学研究室 [岩手大学農学部北水会, 北水会報, (2010年1月10日)] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他
  37. 接触型電極を用いたインピーダンス測定(食肉品質の非破壊分析) [畜産技術協会, 畜産技術, (754), (2018年3月1日), pp.49-50] 村元隆行
    • 掲載種別 : その他
研究発表
  1. 黒毛和種におけるミオスタチン遺伝子の検索
    • 会議名称 : 日本畜産学会第98回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2001年3月
    • 発表者 : 柴田昌宏,相川勝弘,村元隆行
  2. 黒毛和種及び褐毛和種の腰最長筋におけるPPARγの発現
    • 会議名称 : 日本畜産学会第98回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2001年3月
    • 発表者 : 相川勝弘,柴田昌宏,村元隆行,谷本保幸,河野幸雄
  3. 肥育牛へのβ-カロチン給与が肉色安定性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第98回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2001年3月
    • 発表者 : 村元隆行,中西直人,柴田昌宏,相川勝弘
  4. 黒毛和種去勢牛の産肉性に及ぼす濃厚飼料制限給与の影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第99回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2001年9月
    • 発表者 : 村元隆行,中西直人,柴田昌宏,相川勝
  5. 黒毛和種におけるミオスタチン遺伝子近傍の制限酵素地図の作成
    • 会議名称 : 日本畜産学会第99回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2001年9月
    • 発表者 : 柴田昌宏,村元隆行,宮下哲典,桑野良三,相川勝弘
  6. 脂肪細胞の分化調節因子PPARγ変異牛の脂質関連血液成分について
    • 会議名称 : 日本畜産学会第99回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2001年9月
    • 発表者 : 相川勝弘,村元隆行,柴田昌宏,岡 章生,岩木史之,森下賀之,安藤嘉章
  7. ビタミンEとβ-カロチンによる肉質保持
    • 会議名称 : 平成13年度近畿中国四国農業試験研究推進会議畜産草地推進部会問題別研究会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2001年10月
    • 発表者 : 村元隆行
  8. 黒毛和種ミオスタチン遺伝子の変異
    • 会議名称 : 日本畜産学会第100回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2002年3月
    • 発表者 : 柴田昌宏,村元隆行,相川勝弘
  9. 脱分化した脂肪細胞の再分化に及ぼすPPARγ遺伝子変異の影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第100回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2002年3月
    • 発表者 : 相川勝弘,柴田昌宏,村元隆行
  10. 日本短角種に対する消費者の評価と課題-BSE問題発生前後の比較を踏まえて
    • 会議名称 : 第38回東北農業経済学会青森大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2002年8月
    • 発表者 : 川手督也,下山禎,佐藤百合香,村元隆行,近藤恒夫
  11. 黒毛和種去勢牛の屠殺月齢が展示中の筋肉のメトミオグロビン割合に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第101回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2003年3月
    • 発表者 : 村元隆行,柴田昌宏,相川勝弘,中西直人
  12. 黒毛和種の胎児から子ウシ期における骨格筋でのMyostatin遺伝子の発現
    • 会議名称 : 日本畜産学会第101回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2003年3月
    • 発表者 : 柴田昌宏,大島一修,小島孝敏,松本和典,村元隆行,小松正憲,相川勝弘,門脇基二
  13. 岩手県における食品製造副産物の飼料利用に関する実態調査
    • 会議名称 : 第46回東北農業試験研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2003年7月
    • 発表者 : 近藤恒夫,篠田 満,村元隆行,東山雅一
  14. 6種類の牛筋肉の変色を遅らせるために必要な各筋肉のビタミンE含量
    • 会議名称 : 日本畜産学会第102回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2003年9月
    • 発表者 : 村元隆行,柴田昌宏,中西直人
  15. 牛肉の変色予測技術に関する検討
    • 会議名称 : 第41回肉用牛研究会沖縄大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2003年10月
    • 発表者 : 松本和典,柴田昌宏,村元隆行,相川勝弘
  16. 牛肉の肉色保持日数の予測技術に関する検討
    • 会議名称 : 日本畜産学会第103回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年3月
    • 発表者 : 松本和典,柴田昌宏,村元隆行,安藤 貞,相川勝弘
  17. 日本短角種と黒毛和種の肉色の比較
    • 会議名称 : 日本畜産学会第103回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年3月
    • 発表者 : 村元隆行,東山雅一,近藤恒夫
  18. 採草地への冬季放牧が草地生産に与える影響. 1. 放牧がイネ科実生に与える影響
    • 会議名称 : 2004年度日本草地学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年3月
    • 発表者 : 東山雅一,近藤恒夫,村元隆行,高橋繁男
  19. 安家森半自然草地の家畜および草地生産(2002-2003年)
    • 会議名称 : 2004年度日本草地学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年3月
    • 発表者 : 東山雅一,村元隆行,近藤恒夫,高橋繁男
  20. 小規模地ビール事業所から排出されるビール粕の簡易保存技術
    • 会議名称 : 2004年度日本草地学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年3月
    • 発表者 : 河本英憲,近藤恒夫,出口 新,村元隆行,東山雅一
  21. LCAを用いた家畜生産システムの環境影響評価 1. 飼料生産における環境影響評価
    • 会議名称 : 2004年度日本草地学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年3月
    • 発表者 : 佐々木綾美,築城幹典,大井麻子,近藤恒夫,東山雅一,村元隆行,雑賀 優
  22. LCAを用いた家畜生産システムの環境影響評価 2. 肉用牛生産における環境影響評価
    • 会議名称 : 2004年度日本草地学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年3月
    • 発表者 : 築城幹典,佐々木綾美,大井麻子,近藤恒夫,東山雅一,村元隆行,雑賀 優
  23. 日本短角種生産地域における放牧延長技術の現地実証試験
    • 会議名称 : 第47回東北農業試験研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年7月
    • 発表者 : 東山雅一,近藤恒夫,村元隆行,高橋繁男
  24. 日本短角種去勢牛における牧草サイレージ飽食下での濃厚飼料摂取量と体重および枝肉成績との関係
    • 会議名称 : 第47回東北農業試験研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年7月
    • 発表者 : 近藤恒夫,竹中昭雄,村元隆行,東山雅一
  25. 岩手県内公共草地におけるロールベールラップサイレージ生産とその品質
    • 会議名称 : 第47回東北農業試験研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年7月
    • 発表者 : 近藤恒夫,久馬 忠,村元隆行,東山雅一
  26. 肥育の仕上げに放牧を行った日本短角種の肉質
    • 会議名称 : 日本畜産学会第104回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年3月
    • 発表者 : 村元隆行,東山雅一,近藤恒夫
  27. 冬季放牧における牛の土地利用
    • 会議名称 : 2005年度日本草地学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年3月
    • 発表者 : 東山雅一,出口善隆,成田大展,近藤恒夫,高橋繁男,村元隆行
  28. 堆肥成形シードキューブを利用した草地の修復
    • 会議名称 : 2005年度日本草地学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年3月
    • 発表者 : 東山雅一,高橋繁男,澁谷幸憲,出口 新,川手督也,近藤恒夫,村元隆行
  29. 地域内資源を用いた日本短角種肥育生産のLCAによる環境影響評価
    • 会議名称 : 2005年度日本草地学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年3月
    • 発表者 : 築城幹典,佐々木綾美,近藤恒夫,東山雅一,村元隆行,雑賀 優
  30. 岩手県生産技術体系に基づく肉用牛生産のLCAによる環境影響評価
    • 会議名称 : 2005年度日本草地学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年3月
    • 発表者 : 築城幹典,鈴木孝通,佐々木綾美,近藤恒夫,東山雅一,村元隆行,雑賀 優
  31. コンテナを利用した地ビール粕の簡易保存技術
    • 会議名称 : 2005年度日本草地学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年3月
    • 発表者 : 河本英憲,近藤恒夫,村元隆行,東山雅一
  32. 地ビール粕の飼料利用システム
    • 会議名称 : 第48回東北農業試験研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年7月
    • 発表者 : 近藤恒夫,河本英憲,村元隆行,東山雅一
  33. 日本短角種牛の秋市場における体重と価格
    • 会議名称 : 第48回東北農業試験研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年7月
    • 発表者 : 東山雅一,近藤恒夫,村元隆行
  34. 日本短角種去勢牛における稲発酵粗飼料の給与効果
    • 会議名称 : 第43 回肉用牛研究会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年9月
    • 発表者 : 押部明徳,渡辺 彰,三津本 充,佐々木啓介,因野要一,石塚 譲,村元隆行,樋口幹人,柴 伸弥,新宮博行,嶝野英子
  35. 安家森半自然草地の植物生長速度
    • 会議名称 : 2006年度日本草地学会つくば大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年3月
    • 発表者 : 東山雅一,高橋繁男,成田大展,近藤恒夫,村元隆行
  36. 安家森半自然草地における放牧牛の日増体量
    • 会議名称 : 2006年度日本草地学会つくば大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年3月
    • 発表者 : 東山雅一,高橋繁男,成田大展,近藤恒夫,村元隆行
  37. 北東北の肉用牛生産地帯における公共牧場の利用実態
    • 会議名称 : 第49回東北農業試験研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年8月
    • 発表者 : 近藤恒夫,東山雅一,村元隆行
  38. 安家森半自然草地における放牧が植生に及ぼす影響
    • 会議名称 : 2006年度日本草地学会沖縄大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年10月~2006年11月
    • 発表者 : 東山雅一,近藤恒夫,村元隆行
  39. 北上山地高標高放牧草地の草量,草種構成および植物生長速度
    • 会議名称 : 2007年度日本草地学会相模原大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年3月
    • 発表者 : 東山雅一,村元隆行,近藤恒夫,高橋繁男
  40. 北上山地高標高放牧草地における日本短角種牛の体重と日増体量
    • 会議名称 : 2007年度日本草地学会相模原大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年3月
    • 発表者 : 東山雅一,村元隆行,近藤恒夫,高橋繁男
  41. 1シーズンおよび2シーズン放牧牛の肥育段階における環境影響評価
    • 会議名称 : 2007年度日本草地学会相模原大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年3月
    • 発表者 : 築城幹典,澤谷真一,近藤恒夫,東山雅一,村元隆行,雑賀 優
  42. 地域自給飼料だけで肥育した日本短角種の肉質
    • 会議名称 : 日本畜産学会第107回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年3月
    • 発表者 : 村元隆行,東山雅一,近藤恒夫
  43. 自給飼料を活用した肉用牛肥育
    • 会議名称 : 平成19年度自給飼料利用研究会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2007年11月6日~2007年11月7日
    • 発表者 : 村元隆行
  44. 日本短角種の肥育と肉色
    • 会議名称 : 第34回日本短角種研究会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2007年11月15日
    • 発表者 : 村元隆行
  45. 牛肉ランキング1位、いわて短角和牛
    • 会議名称 : 岩手大学動物医科学系セミナー
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2008年1月13日
    • 発表者 : 村元隆行
  46. 日本短角種の牛肉品質に及ぼす放牧地の影響
    • 会議名称 : FAMS研究成果発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年3月8日
    • 発表者 : 村元隆行
  47. スゲ優占半自然草地の植物生長速度
    • 会議名称 : 2008年度日本草地学会仙台大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年3月24日~2008年3月26日
    • 発表者 : 東山雅一,高橋繁男,成田大展,近藤恒夫,村元隆行
  48. 異なる放牧地で仕上げた日本短角種の牛肉品質
    • 会議名称 : 日本畜産学会第109回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年3月27日~2008年3月29日
    • 発表者 : 村元隆行,東山雅一,近藤恒夫,久保田明人
  49. 冷凍貯蔵が日本短角種の牛肉品質に及ぼす影響
    • 会議名称 : 第58回東北畜産学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年8月21日~2008年8月22日
    • 発表者 : 老川ひとみ,安藤香奈子,加藤友啓,水内智規,村元隆行
  50. いわて短角和牛の挑戦
    • 会議名称 : 平成20年度日本草地学会若手の会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2008年8月25日~2008年8月26日
    • 発表者 : 村元隆行
  51. 冷凍貯蔵した日本短角種牛肉の品質に関する研究
    • 会議名称 : 財団法人さんりく基金平成20年度調査研究成果報告会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2008年9月11日
    • 発表者 : 村元隆行
  52. Relationship between calf daily gain and stocking rate on Japanese Shorthorn cow-calf grazing pastures
    • 会議名称 : 10th World Conference on Animal Production
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2008年11月23日~2008年11月28日
    • 発表者 : Higashiyama, M., Muramoto, T. and Kondo, T.
  53. 日本短角種の牛肉品質に及ぼす冷凍負荷の影響
    • 会議名称 : FAMS研究成果発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月4日
    • 発表者 : 村元隆行
  54. 肥育の中期に行う放牧が日本短角種の牛肉品質に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第110回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月27日~2009年3月29日
    • 発表者 : 村元隆行,東山雅一,近藤恒夫
  55. 放牧した日本短角種の肉質
    • 会議名称 : 第9回「岩手Farm to Tableフォーラム」研究会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年5月13日
    • 発表者 : 村元隆行
  56. 冷凍貯蔵が日本短角種の半膜様筋の牛肉品質に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第111回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月28日~2009年9月29日
    • 発表者 : 老川ひとみ,菊池恵梨香,蛇沼 哲,森 将宏,村元 隆行
  57. 加圧処理が日本短角種腓腹筋の理化学性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第111回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月28日~2009年9月29日
    • 発表者 : 村元隆行, 蛇沼 哲,老川ひとみ,柴 伸弥
  58. 日本短角種牛肉の肉色評価向上に関する研究
    • 会議名称 : 財団法人さんりく基金平成20年度調査研究成果報告会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年11月27日
    • 発表者 : 村元隆行
  59. 日本短角種腓腹筋の牛肉品質に及ぼす加圧処理の影響
    • 会議名称 : FAMS研究成果発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年3月10日
    • 発表者 : 村元隆行
  60. 有機飼料を用いて肥育した日本短角種牛の肉質特性
    • 会議名称 : 日本畜産学会第112回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年3月28日~2010年3月30日
    • 発表者 : 今成麻衣, 樋口幹人, 柴伸弥, 米内美春, 村元隆行, 中村郁惠, 渡邊彰
  61. 放牧仕上げの期間が日本短角種の牛肉品質に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第112回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年3月28日~2010年3月30日
    • 発表者 : 村元隆行, 東山雅一, 近藤恒夫
  62. インピーダンス測定による牛肉中の脂肪含量推定
    • 会議名称 : 第60回東北畜産学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年8月29日~2010年8月30日
    • 発表者 : 鎌田丈弘、老川ひとみ、上原 学、前野かおり、張 冲天、村元隆行
  63. 中国東北雑種黄牛の筋肉の理化学性
    • 会議名称 : 第60回東北畜産学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年8月29日~2010年8月30日
    • 発表者 : 張 冲天、老川ひとみ、上原 学、前野かおり、鎌田丈弘、村元隆行
  64. エサと牛肉の色・成分
    • 会議名称 : 第60回東北畜産学会大会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2010年8月29日~2010年8月30日
    • 発表者 : 村元隆行
  65. The effect of feed on beef color
    • 会議名称 : 中国および日本の肉牛の生産性および肉質に関する研究交流会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2010年9月17日
    • 発表者 : 村元隆行、張 冲天
    • 主催者 : 南京農業大学
    • 開催場所 : 南京農業大学
  66. 中国黄牛、黒毛和種、および日本短角種の肉質
    • 会議名称 : FAMS研究成果発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月3日
    • 発表者 : 村元隆行
  67. Meat quality from the cattle raised with organic and conventional diet
    • 会議名称 : 57th International Congress of Meat Science and Technology
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年8月7日~2011年8月12日
    • 発表者 : Imanari M. 1, Yonai M., Muramoto T., Higuchi M., Shiba N. and Watanabe A.
  68. 日本短角種、黒毛和種、およびホルスタイン種の筋肉における発色の違い
    • 会議名称 : 日本畜産学会第114回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年8月26日~2011年8月27日
    • 発表者 : 村元隆行・上原学・鎌田丈弘・張冲天
  69. 3種類の牛筋肉におけるインピーダンス測定による脂肪含量推定
    • 会議名称 : 日本畜産学会第114回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年8月26日~2011年8月27日
    • 発表者 : 鎌田丈弘・村元隆行
  70. 牛赤身肉における筋肉の色調値と官能検査による評価との関係
    • 会議名称 : 第61回東北畜産学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月8日~2011年9月9日
    • 発表者 : 村元隆行・大野文音・鎌田丈弘・張 冲天
  71. 牛肉の貯蔵期間がインピーダンス特性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 第61回東北畜産学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月8日~2011年9月9日
    • 発表者 : 鎌田丈弘・張 冲天・岡田祐季・金子真志保・丹 静香・ 鶴喰理沙・村元隆行
  72. 日本短角種の舌筋の理化学性
    • 会議名称 : 第61回東北畜産学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月8日~2011年9月9日
    • 発表者 : 丹 静香・鎌田丈弘・張 冲天・岡田祐季・金子真志保・ 鶴喰理紗・村元隆行
  73. 筋肉の色調値と官能検査による評価との関係
    • 会議名称 : 第9回「岩手Farm to Tableフォーラム」研究会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2011年11月2日
    • 発表者 : 村元隆行
  74. 日本短角種,黒毛和種,およびホルスタイン種の筋肉における発色の違い
    • 会議名称 : FAMS研究成果発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月2日
    • 発表者 : 村元隆行
  75. 日本短角種牛肉における官能検査で評価した「硬さ」と剪断力価との関係
    • 会議名称 : 日本畜産学会第115回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月28日~2012年3月30日
    • 発表者 : 村元隆行・前野かおり・鎌田丈弘
  76. 牛肉の脂肪酸組成がインピーダンスに及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第115回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月28日~2012年3月30日
    • 発表者 : 鎌田丈弘・米内美晴・村元隆行
  77. エゾシカ3筋肉の理化学性および加工特性
    • 会議名称 : 日本畜産学会第115回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月28日~2012年3月30日
    • 発表者 : 岡田祐季・鎌田丈弘・村元隆行
  78. 龍泉洞黒豚の筋肉の理化学性および成分
    • 会議名称 : 第62回東北畜産学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年8月30日~2012年8月31日
    • 発表者 : 村元隆行・羽生萌恵・鎌田丈弘・張 冲天
  79. エゾシカ肉ソーセージのテクスチャープロファイル分析値に及ぼすソーセージ直径およびプランジャー直径の影響
    • 会議名称 : 第62回東北畜産学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年8月30日~2012年8月31日
    • 発表者 : 岡田祐季・張 冲天・金子真志保・鎌田 豪・矢野拓郎・山口彩梨紗・山﨑里美・村元隆行
  80. 産地および筋肉の違いが日本短角種の牛肉品質に及ぼす影響
    • 会議名称 : 第62回東北畜産学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年8月30日~2012年8月31日
    • 発表者 : 金子真志保・張 冲天・岡田祐季・鎌田豪・矢野卓郎・山口彩梨紗・山崎里美・村元隆行
  81. 加塩後の時間がエゾシカソーセージのクッキングロスに及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第116回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月28日~2013年3月30日
    • 発表者 : 岡田祐季・金子真志保・村元隆行
  82. 飼育形態の違いが日本短角種の肉質に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第116回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月28日~2013年3月30日
    • 発表者 : 金子真志保・岡田祐季・米内美晴・村元隆行
  83. 牛肉の熟成が加熱焙焼香気に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第116回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月28日~2013年3月30日
    • 発表者 : 渡邊彰・鎌田豪・今成麻衣・柴伸弥・米内美晴・村元隆行
  84. 岩手県内の主要4産地で生産された日本短角種の牛肉品質
    • 会議名称 : 第63回東北畜産学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年8月29日~2013年8月30日
    • 発表者 : 金子真志保・舘山保奈美・岡田祐季・手塚 咲・永島樹里・村元隆行
  85. 冷凍期間の違いがエゾシカ肉の理化学特性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 第63回東北畜産学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年8月29日~2013年8月30日
    • 発表者 : 永島樹里・岡田祐季・金子真志保・舘山保奈美・手塚 咲・村元隆行
  86. ヒツジへのタモギタケ廃菌床給与が飼料の利用性と赤肉の鮮度保持効果に及ぼす影響
    • 会議名称 : 第63回東北畜産学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年8月29日~2013年8月30日
    • 発表者 : 横田牧恵・森田昌孝・山口彩梨紗・村元隆行・堀口健一・吉田宣夫・貫名 学
  87. 放牧仕上げが日本短角種経産牛の牛肉品質に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第117回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月9日~2013年9月10日
    • 発表者 : 金子真志保・舘山保奈美・岡田祐季・手塚 咲・永島樹里・村元隆行
  88. パイナップル果汁が日本短角種の内転筋の理化学特性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第117回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月9日~2013年9月10日
    • 発表者 : 手塚 咲・岡田祐季・金子真志保・永島樹里・舘山保奈美・村元隆行
  89. エゾシカの年齢が3筋肉の理化学特性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第117回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月9日~2013年9月10日
    • 発表者 : 岡田祐季・永島樹里・金子真志保・舘山保奈美・手塚 咲・村元隆行
  90. 浸漬液のpHが日本短角種牛肉の理化学特性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第119回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月27日~2015年3月30日
    • 発表者 : 手塚 咲・村元隆行
  91. ウシの品種が塩漬過程のセシーナの理化学的特性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第120回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月11日~2015年9月12日
    • 発表者 : 細川遥果・府金伸治・村元隆行
  92. 異なる品種のイワテヤマナシ果汁に浸漬させた日本短角種牛肉の理化学特性
    • 会議名称 : 日本畜産学会第120回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月11日~2015年9月12日
    • 発表者 : 手塚 咲・片山寛則・渡邉 学・村元隆行
  93. 接触型電極を用いた牛パティのインピーダンス測定による牛肉中脂肪含量の推定
    • 会議名称 : 日本畜産学会第120回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月11日~2015年9月12日
    • 発表者 : 木浦佑一・鎌田丈弘・村元隆行
  94. SSH校における課題解決型授業のアクティブラーニングの考察
    • 会議名称 : 第40回日本科学教育学会大分大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年8月19日~2016年8月21日
    • 発表者 : 塚本真由・森田直之・中安雅美・鈴木寛之・保坂勝広・村元隆行
  95. Effect of injection of pineapple juice on texture and water holding capacity of Japanese Shorthorn beef
    • 会議名称 : 17th Animal Science Congress of AAAP
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年8月22日~2016年8月25日
    • 発表者 : Muramoto T., Miyazaki M., Tezuka S.
  96. 筋肉内脂肪含量が塩漬後の牛肉の理化学特性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第122回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月26日~2017年3月30日
    • 発表者 : 細川遥果・谷本智里・府金伸治・村元隆行
  97. 接触型電極を用いたインピーダンス測定による牛肉の脂肪酸組成の推定
    • 会議名称 : 日本畜産学会第122回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月26日~2017年3月30日
    • 発表者 : 石松朝輝・小田伸一・木浦佑一・鎌田丈弘・村元隆行
  98. 着弾から内臓摘出までの時間と野生ホンシュウジカ肉の品質との関係
    • 会議名称 : 第67回東北畜産学会青森大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年8月18日~2017年8月19日
    • 発表者 : 西山萌乃・村元隆行
  99. 青森県内における系統の違いおよび脂肪交雑が黒毛和種牛肉のテクスチャー特性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 第67回東北畜産学会青森大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年8月18日~2017年8月19日
    • 発表者 : 鎌田丈弘・阿保洋一・村元隆行
  100. 3種類の牛筋肉のテクスチャープロファイル分析によるパイナップル果汁中のブロメライン濃度の推定
    • 会議名称 : 日本畜産学会第123回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月6日~2017年9月7日
    • 発表者 : 高田偲帆・村元隆行
  101. 塩漬剤のNaClの量が日本短角種牛肉の理化学特性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第123回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月6日~2017年9月7日
    • 発表者 : 谷本智里・細川遥果・野呂聡美・福田智歩・村元隆行
  102. 内臓摘出までの時間が野生鹿肉の栄養成分および理化学特性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 2nd International Symposium on Innovations in Plant and Food Sciences
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月8日~2017年9月9日
    • 発表者 : 西山萌乃・村元隆行
  103. 電気インピーダンスによる食肉の品質評価
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会平成29年度東北支部大会および市民フォーラム
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2017年10月28日
    • 発表者 : 村元隆行
  104. 塩漬が日本短角種の異なる6筋肉の品質に及ぼす影響
    • 会議名称 : 第68回東北畜産学会秋田大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2018年8月30日~2018年8月31日
    • 発表者 : 福田智歩・谷本智里・野呂聡美・村元隆行
  105. 青森県内における品種間および黒毛和種種雄牛間での牛肉テクスチャー特性の比較
    • 会議名称 : 第68回東北畜産学会秋田大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2018年8月30日~2018年8月31日
    • 発表者 : 鎌田丈弘・阿保洋一・村元隆行
  106. 塩漬剤としての海塩中のミネラルが日本短角種牛肉の保水性およびテクスチャー特性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 平成30年度岩手大学地域連携フォーラムin久慈
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2019年1月28日
    • 発表者 : 金谷圭太、村元隆行
  107. 塩漬剤としての海塩中のミネラルが日本短角種牛肉の保水性およびテクスチャー特性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 地域課題解決プログラム成果発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2019年3月8日
    • 発表者 : 金谷圭太、村元隆行
  108. 青森県内における黒毛和種の体尺値および枝肉形質が牛肉のテクスチャー特性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 第69回東北畜産学会山形大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2019年8月27日~2019年8月28日
    • 発表者 : 鎌田丈弘・阿保洋一・木村祐介・平泉真吾・村元隆行
  109. 塩漬剤としての4種類のミネラルの添加量の違いが日本短角種牛肉の保水性及びテクスチャー特性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第126回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2019年9月17日~2019年9月20日
    • 発表者 : 金谷圭太・川村周・福田智歩・大内田泰之・横田朋佳・村元隆行
  110. 鹿挽肉に添加したNaClの含量が鹿肉ソーセージのテクスチャー特性および保水性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本畜産学会第126回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2019年9月17日~2019年9月20日
    • 発表者 : 中井瑞歩・西山萌乃・鈴木結子・村元 隆行
  111. 接触型電極を用いたインピーダンス測定による黒毛和種8筋肉の脂肪酸組成の推定
    • 会議名称 : 日本畜産学会第126回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2019年9月17日~2019年9月20日
    • 発表者 : 渡辺亮平・米内美晴・鎌田丈弘・横田朋佳・石松朝輝・村元隆行
学術関係受賞
  1. 日本畜産学会奨励賞
    • 受賞年月日 : 2001年3月28日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 村元隆行
工業所有権
  1. ミスマッチプライマーおよびそれを用いた牛PPARγ2変異体の検出方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 1999年6月28日
    • 出願番号 : 特願平11-181471
    • 公開日 : 2001年1月16日
    • 公開番号 : 2001-8688
    • 登録番号 : 3174854
  2. 急速な酸化による変色の速さから牛肉の肉色保持日数を予測する方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2004年8月30日
    • 出願番号 : 特願2004-249921
    • 公開日 : 2006年3月9日
    • 公開番号 : 2006-64629
    • 登録日 : 2010年6月25日
    • 登録番号 : 4534035
  3. 抗酸化能測定による牛肉の肉色保持日数の予測方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2004年8月30日
    • 出願番号 : 特願2004-249922
    • 公開日 : 2006年3月9日
    • 公開番号 : 2006-64630
    • 登録日 : 2010年7月9日
    • 登録番号 : 4543233