サブメニュー
更新日 : 2018年10月12日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名會澤 純雄 (AISAWA Sumio)
所属専攻講座岩手大学 理工学部 化学・生命理工学科 化学コース
職名准教授
生年月日
研究室電話番号019-621-6333
研究室FAX番号019-621-6333
連絡先住所020-8551 岩手県 盛岡市上田4-3-5
研究室無機材料化学研究室
出身大学
  1. 岩手大学 工学部 応用分子化学
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1997年3月
    • 卒業区分 : その他
出身大学院
  1. 岩手大学 工学研究科 応用分子化学
    • 大学院課程 : 修士課程
    • 修了年月日 : 1999年3月
    • 修了区分 : 修了
取得学位
  1. 修士(工学)
    • 学位の分野 : 無機工業材料
    • 学位授与機関 : 岩手大学
    • 取得年月日 : 1999年3月23日
  2. 博士(工学)
    • 学位の分野 : 無機工業化学
    • 学位授与機関 : 岩手大学
    • 取得年月日 : 2005年9月30日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 工学部 応用化学科 基礎化学 (廃止組織)
    • [本務] 助手 (2001年2月1日~2004年3月31日)
  2. 岩手大学 工学研究科 フロンティア材料機能工学専攻 ナノ材料工学 (廃止組織)
    • [本務] 助手 (2004年4月1日~2007年3月31日)
  3. 岩手大学 工学研究科 フロンティア材料機能工学専攻 (廃止組織)
    • [本務] 助教 (2007年4月1日~2016年8月31日)
  4. 岩手大学 平泉文化研究センター
    • [兼務] 助教 (2012年5月1日~2016年8月31日)
  5. 岩手大学 理工学部 化学・生命理工学科 化学コース
    • [本務] 准教授 (2016年9月1日~継続中)
  6. 岩手大学 平泉文化研究センター
    • [兼務] 准教授 (2016年9月1日~継続中)
専門分野(科研費分類)
  1. 無機工業材料
研究分野を表すキーワード
  1. 無機層状化合物
  2. 有機/無機ナノ複合体
可能な出前講義
  1. 千の用途を持つ素材「粘土」について -生命の起源から医薬品まで- [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      現代社会はさまざまな新素材・新材料なしでは成り立ちません.その素材や材料の先端領域で粘土が重要な役割を果たしていることはあまり知られていません.しかし,身の回りの意外なところに粘土が利用されています.その多様性を知ることにより粘土の重要性に驚かされます.私の研究室は環境親和性の高い無機層状化合物である層状複水酸化物(Layered Double Hydroxide: LDH)の層間へ様々な無機陰イオン,有機陰イオンや分子を温和な条件で簡便に挿入(インターカレーション)する研究を行っています.そこで,本研究室の研究内容を含めて身近な粘土の利用法などについてお話します.
担当授業科目
  1. 2004年度
    • 化学実験
    • 応用化学実験Ⅰ
    • 応用化学演習Ⅰ
    • 卒業研究
    • 応用化学研修
  2. 2005年度
    • 化学実験
    • 応用化学実験Ⅰ
    • 応用化学演習Ⅰ
    • 卒業研究
    • 応用化学研修
  3. 2006年度
    • 化学実験
    • 応用化学実験Ⅰ
    • 応用化学演習Ⅰ
    • 卒業研究
    • 応用化学研修
    • 化学情報
  4. 2007年度
    • 応用化学実験Ⅰ
    • 応用化学演習Ⅰ
    • 卒業研究
    • 化学実験
    • 応用化学研修
    • 基礎ゼミナール
    • 化学情報
    • 化学実験
    • 化学実験
    • 化学実験
  5. 2008年度
    • 応用化学実験Ⅰ
    • 応用化学演習Ⅰ
    • 卒業研究
    • 化学実験
    • 応用化学研修
    • 化学情報
    • 化学実験
  6. 2009年度
    • 応用化学実験Ⅰ
    • 応用化学演習Ⅰ
    • 卒業研究
    • 化学実験
    • 応用化学研修
    • 化学情報
    • 化学実験
  7. 2010年度
    • 応用化学実験Ⅰ
    • 応用化学演習Ⅰ
    • 応用化学研修
    • 化学情報
    • 化学実験
    • 卒業研究
  8. 2011年度
    • 応用化学・生命工学実験Ⅰ
    • 応用化学研修
    • 化学情報
    • 化学実験
    • 応用化学・生命工学演習Ⅱ
    • 卒業研究
  9. 2012年度
    • 応用化学・生命工学実験Ⅰ
    • 応用化学・生命工学研修
    • 応用化学・生命工学情報
    • 化学実験
    • 基礎ゼミナール
    • 応用化学・生命工学概論
    • 応用化学・生命工学演習Ⅱ
    • 卒業研究
  10. 2013年度
    • 応用化学・生命工学実験Ⅰ
    • 応用化学・生命工学研修
    • 応用化学・生命工学情報
    • 化学実験
    • 応用化学・生命工学演習Ⅱ
    • 卒業研究
  11. 2014年度
    • 応用化学・生命工学実験Ⅰ
    • 応用化学・生命工学研修
    • 応用化学・生命工学情報
    • 化学実験
    • 基礎ゼミナール
    • 応用化学・生命工学演習Ⅱ
    • 卒業研究
  12. 2015年度
    • 応用化学・生命工学実験Ⅰ
    • 応用化学・生命工学研修
    • 応用化学・生命工学情報
    • 化学実験
    • 基礎ゼミナール
    • 応用化学・生命工学演習Ⅱ
    • 卒業研究
  13. 2016年度
    • 応用化学・生命工学実験Ⅰ
    • 応用化学・生命工学研修
    • 応用化学・生命工学情報
    • 無機材料化学
    • 化学生命研修Ⅰ
    • 応用化学・生命工学演習Ⅱ
    • 卒業研究
  14. 2017年度
    • 応用化学・生命工学実験Ⅰ
    • 応用化学・生命工学研修
    • 応用化学・生命工学情報
    • 無機材料化学
    • 無機化学特論
    • 資源循環化学特論
    • 無機化学特論
    • 化学生命研修Ⅰ
    • 卒業研究
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2008年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
  2. 2009年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
  3. 2010年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 補助教員(修士・助教) 4人
    • 補助教員(助教)(博士) 1人
  4. 2011年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 補助教員(修士・助教) 4人
    • 補助教員(助教)(博士) 1人
  5. 2012年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 補助教員(修士・助教) 1人
  6. 2013年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 補助教員(修士・助教) 3人
  7. 2014年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 補助教員(修士・助教) 1人
  8. 2015年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 補助教員(修士・助教) 1人
  9. 2016年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 学位論文審査(学部・主査) 2人
    • 学位論文審査(学部・副査) 3人
    • 大学院研究生(修士) 5人
    • 学位論文審査(修士・副査) 6人
    • 学位論文審査(博士・副査) 1人
    • 補助教員(修士・助教) 1人
    • 複数指導の責任者(修士) 1人
  10. 2017年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 副研究指導(学部) 5人
    • 学位論文審査(学部・主査) 2人
    • 学位論文審査(学部・副査) 5人
    • 大学院研究生(修士) 4人
    • 学位論文審査(修士・副査) 5人
研究経歴
  1. 有機/無機層状化合物ナノ複合体の合成に関する研究(1999年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 層状複水酸化物
    • 専門分野(科研費分類) :
      無機工業材料
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
  2. 生体分子/無機層状化合物ナノ複合体の合成に関する研究(1999年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 無機層状化合物
    • 専門分野(科研費分類) :
      無機工業材料
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
  3. 無機ナノ粒子を用いたドラッグデリバリー材料の開発(2004年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 層状複水酸化物,ドラッグデリバリーシステム,無機ナノ粒子,
    • 専門分野(科研費分類) :
      無機工業化学ナノ材料・ナノバイオサイエンス
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : 科学研究費補助金
    • 研究活動内容 :
論文
  1. Mn-Al系層状複水酸化物の合成とその熱分解挙動 [粘土科学, 39, (2000年6月), pp.197-206] 成田榮一, 内山博昭, 會澤純雄, 梅津芳生
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Coprecipitation Behavior of Amino Acids with Zn-Al Layered Double Hydroxide Precipitates [Clay Science, 11, (2000年12月), pp.317-] 2. Sumio Aisawa, Satoshi Takahashi, Wataru Ogasawara, Yoshio Umetsu, Eiichi Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  3. Direct Intercalation of Amino Acids into Layered Double Hydroxides by Coprecipitation [J. Solid State Chem., 162, (2001年11月15日), pp.52-] Sumio Aisawa, Satoshi Takahashi, Wataru Ogasawara, Yoshio Umetsu, Eiichi Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. Synthesis and Thermal Decomposition of Phenylalanine Intercalated Layered Double Hydroxides [Clay Science, 12, (2002年1月), pp.17-] Sumio Aisawa, Masahiro Izumi, Satoshi Takahashi, Hidetoshi Hirahara, Yoshio Umetsu, Eiichi Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. Synthesis and Thermal Decomposition of Mn-Al Layered Double Hydroxides [J. Solid State Chem.,, 167, (2002年8月), pp.152-] Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Hiroaki Uchiyama, Satoshi Takahashi, Eiichi Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. 使用済みコンクリート型枠用合板から高吸着性炭化物の製造 [資源処理技術, 49(4), (2002年11月), pp.181-186] 平原英俊,佐々木陽,兼平賢一,會澤純雄,成田榮一
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  7. Mg-Fe系層状複水酸化物の合成とその制酸特性 [粘土科学, 42(2), (2002年12月), pp.70-76] 平原英俊, 澤井好幸, 會澤純雄, 高橋諭, 梅津芳生, 成田榮一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. Sugar-anionic Clay Compositematerials: Intercalation of Pentoses in Layered Double Hydroxide [J .Solid State Chem., 174, (2003年9月), pp.342-348] Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Kayoko Ishiyama, Wataru Ogasawara, Yoshio Umetsu, Eiichi Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Study of Interfacial Chemistry on Direct Curing Adhesion between Ni-P Plating Rubber using 1,3,5,-Triazine-2,4,6-tritiol Monosodium Salt [Surf. Interface Anal., 35, (2003年12月), pp.953-959] Hidetoshi Hirahara, Sumio Aisawa, Kunio Mori, Eiichi Narita, Yoshiyuki Oishi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Stereoselective Intercalation of Hexose for Layered Double Hydroxide by Calcination–Rehydration Reaction [Chem. Lett., 33(3), (2004年2月14日), pp.306-] Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Satoshi Takahashi, Yoshio Umetsu, Eiichi Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. Synthesis and Adsorption Property of Calicarene-p-sulfonate-intercalated Layered Double Hydroxides [Chem. Lett., 33(7), (2004年7月), pp.790-791] Satoru Sasaki, Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Akira Sasaki, Eiichi Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. 吸着剤添加による地熱水中のヒ素の除去 [温泉科学, 53, (2004年10月1日), pp.162-170] 11. 高橋 諭,平原英俊,會澤純雄,成田榮一
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  13. Intercalation Behavior of Amino Acids into Zn–Al-Layered Double Hydroxide by Calcination-rehydration Reaction [Journal of Solid State Chemistry, 177, (2004年11月), pp.3987-3994] Sumio AISAWA, Hiroko KUDO, Tomomi HOSHI, Satoshi TAKAHASHI, Hidetoshi HIRAHARA, Yoshio UMETSU, Eiichi NARITA
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. Synthesis and Physicochemical Properties of Zn-hectrite [Clay Science, 12, (2004年12月), pp.285-291] Takahito Nakakuki, Kaori Fujimura, Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Eiichi Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  15. Intercalation of Nucleotides into Layered Double Hydroxides by Ion-exchange Reaction [Applied Clay Science, 28, (2005年1月), pp.137-145] Sumio AISAWA, Yuuki OHNUMA, Kimihiro HIROSE, Satoshi TAKAHASHI, Hidetoshi HIRAHARA, Eiichi NARITA
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. Mg-Al系層状複水酸化物による水溶液からのヒ素の除去 [粘土科学, 45(1), (2005年2月), pp.6-13] 平原英俊,會澤純雄,佐藤寛恵,高橋諭,梅津芳生,成田榮一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. Synthesis and Ultraviolet-ray-shielding Property of Organic UV-absorbent Intercalated Layered Zinc Hydroxide [Chemistry Letters, 34(5), (2005年5月), pp.630-631] Sumio Aisawa, Eri Ishida, Satoshi Takahashi, Hidetoshi Hirahara, Eiichi Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. Intercalation of Natural Cyclodextrins into Layered Double Hydorxide by Calcination-rehydration Reaction [Chemistry Letters, 34, (2005年8月), pp.1192-1193] Satoru Sasaki, Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Akira Sasaki, Hrokazu Nakayama, Eiichi Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. Hydrothermal synthesis and physiochemical properties of Ni-hectorite [Clay Science, 13(1), (2005年12月), pp.19-26] Takahito Nakakuki, Hidetoshi Hirahara, Sumio Aisawa, Satoshi Takahashi, Eiichi Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. Intercalation of polyhydric alcohols into Mg-Al layered double hydroxide by calcination-rehydration reaction [Clay Science, 13(1), (2005年12月), pp.27-34] Hidetoshi Hirahara, Sumio Aisawa, Takumi Akiyama, Satoshi Takahashi and Eiichi Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. Synthesis of p-sulfonated calix[4]arene-intercalated layered double hydroxides and their adsorption properties for organic molecules [Journal of the European Ceramic Society, 26(4-5), (2006年2月), pp.655-659] Satoru Sasaki, Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Akira Sasaki, Eiichi Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  22. コンクリート型枠用木質廃材の炭化と生成炭化物の染料吸着特性 [Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan, 13, (2006年4月), pp.165-172] 平原英俊,佐々木 陽,岩渕 文,會澤純雄,高橋 諭,成田榮一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  23. Synthesis and adsorption properties of p-sulfonated calix[4 and 6]arene-intercalated layered double hydroxides [Journal of Solid State Chemistry, 179(4), (2006年4月), pp.1129-1135] Satoru Sasaki, Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Akira Sasaki, Hirokazu Nakayama, Eiichi Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  24. 架橋剤/無機層状複水酸化物複合体の合成とゴム架橋特性 [日本ゴム協会誌, 79, (2006年5月), pp.261-266] 平原英俊,會澤純雄,高橋諭,櫻庭英樹,秋葉洋一・成田榮一,森邦夫
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  25. Intercalation of amino acids and oligopeptides into Zn-Al layered double hydroxide by coprecipitation reaction [Journal of Physics and Chemistry of Solids, 67, (2006年8月), pp.920-925] Sumio Aisawa, Shuji Sasaki, Satoshi Takahashi, Hidetoshi Hirahara,Hirokazu Nakayama, Eiichi Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  26. Intercalation behavior of L-ascorbic acid into layered double hydroxides [Applied Clay Science, 35, (2007年2月), pp.146-154] Sumio Aisawa, Norihito Higashiyama, Satoshi Takahashi, Hidetoshi Hirahara, Daisaku Ikematsu, Hajime Kondo, Hirokazu Nakayama, Eiichi Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  27. Intercalation of Collagen and Soybean Peptides into Zn-Al Layered Double Hydroxide [J. Nanosci. Nanotech., 8, (2008年1月), pp.428-431] S. Aisawa, A. Yasutake, S. Takahashi, H. Hirahara, E. Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  28. Synthesis of Biopolymer Intercalated Inorganic-layered Materials: Intercalation of Collagen Peptide and Soybean Peptide into Zn-Al Layered Double Hydroxide and Layered Zinc Hydroxide [J. Phys. Chem. Solids, 69, (2008年6月), pp.1542-1546] A. Yasutake, S. Aisawa, S. Takahashi, H. Hirahara, E. Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  29. Intercalation Behavior of 5-Fluorouracil into Mg-Al Layered Double Hydroxide [Clay Science, 14(1), (2008年12月), pp.49-54] A. Yasutake, S. Aisawa, S. Takahashi, H. Hirahara, E. Narita
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  30. 各種炭化物による水中微量有害物質の吸着 [木質炭化学会誌, 5(2), (2009年2月), pp.57-63] 佐々木 陽,目時槙子,吉田舞美,平原英俊,會澤純雄,成田榮一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  31. トリアジンチオール末端オリゴ(2-ブチル-2-オキサゾリン)による銅表面の改質 [色材協会誌, 82(11), (2009年11月), pp.487-492] 佐藤久美子,平原英俊,川村優文,會澤純雄,成田榮一
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 未設定
  32. コーンストークの炭化と生成炭化物の吸着特性 [木質炭化学会誌, 7, (2010年4月1日), pp.12-18] 佐々木陽,森秀一,目時槙子,Mohd Hasnul bin Abdul Rahman,平原英俊,會澤純雄,成田榮一
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  33. Synthesis and Cellular Uptake of Fluorescein Intercalated Layered Double Hydoroxide [Clay Science, 14, (2010年12月1日), pp.197-202] Miyuki Tanaka, Sumio Aisawa, Satohi Takahashi, Hidetoshi Hirahara, Eiichi Narita
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  34. Direct Adhesion of Rubbers to Various Resins During Curing Using Molecular Adhesives [Chem. Listy., 105, (2011年5月), pp.336-337] Hidetoshi Hirahara, Katsuhiko Mori, Eiichi Narita, Yoshiyuki Oishi, Sumio Aisawa and Kunio Mori
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  35. Characteristics of Tantalum Surface Treated by 6-Trienthoxysilypropylamino-1,3,5-Triazine-2,4-Dithiol Using XPS [Rare Metal Mater. Eng., 41, (2012年2月15日), pp.28-32] Sang Jing, Hidetoshi Hirahara, Sumio Aisawa, Eiichi Narita, Kunio Mori, Zhixin Kang
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  36. Production and Dye Adsorbability of Charcoal from Waste Corncob [Journal of the Society Inorganic Materials, Japan, 19, (2012年3月1日), pp.9-14] Mohd Hasnul bin Abdul Rahman, Akira Sasaki, Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Eiichi Narita
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  37. Cellular Uptake Behavior of Fluorescein-intercalated Layered Double Hydroxide [Functional Mater. Lett., (2012年5月9日)] Miyuki Tanaka, Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Eiichi Narita, Shu Yin, Tsugio Sato
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  38. 加熱処理毛髪における機械的特性変化を伴う化学変化 [皮膚と美容, 44, (2012年6月30日), pp.23-31] 高橋政信,小野寺哲也,會澤純雄,平原英俊,成田榮一
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  39. ペプチド/抗がん剤/層状複水酸化物ナノ複合体の合成とその細胞毒性 [J. Soc. Inorg. Mater., Japan, 19, (2012年7月1日), pp.230-236] 會澤純雄,安武愛子,高橋 諭,平原英俊,成田榮一
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  40. 過酸化物架橋されたNBRの表面および切断面の官能基分析 [日本ゴム協会誌, 85(3), (2012年8月), pp.75-80] 桑 静,平原英俊,森 克仁,松野祐亮,工藤孝廣,會澤純雄,成田榮一,大石好行,森 邦夫
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  41. 塩基性染料と酸性染料による毛髪の染色性比較 [色材協会誌, 86, (2013年6月), pp.155-162] 高橋政信,尾山達人,小野寺哲也,會澤純雄,平原英俊,成田榮一
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  42. Intracellular Release of Fluorescein Anion from Layered Double Hydroxide Nanoparticles indicating Endosomal Escape [Mater. Sci. Eng., 47, (2013年6月)] Miyuki Tanaka, Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Eiichi Narita, Qiang Dong,Shu Yin, Tsugio Sato
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  43. Mg-Al系層状複水酸化物へのフルオレセインのインターカレーション挙動に及ぼす合成条件の影響 [J. Soc. Inorg. Mater., 20, (2013年11月1日), pp.359-367] 田中みゆき,會澤純雄,平原英俊,成田榮一,董 強,殷 シュウ,佐藤次雄
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  44. コーンコブ炭化物土壌改良材による農作物へのカドミウムイオンの吸収低減効果 [木質炭化学会誌, 11, (2014年10月), pp.23-30] 佐々木陽,佐藤光沙子,大井崇人,會澤純雄,平原英俊,成田榮一
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  45. メカノケミカル-水熱法によるイットリウムまたはテルビウム含有層状複水酸化物の合成 [Journal of the Society of Inorganic Materials,Japan, 22, (2015年6月1日), pp.129-136] 篠原五月,會澤純雄,平原英俊,成田榮一,佐藤次雄
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  46. 多官能性トリアジン化合物による樹脂上への無電解スプレー銀めっきに関する研究 [Journal of The Japan Society of Colour Material, 88(8), (2015年9月1日), pp.257-264] Yanni LI, Sumio AISAWA, Jing SANG, Kunio MORI, Takahiro KUDO, and Hidetoshi HIRAHARA
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  47. Primary process to fabricate functional groups on acrylonitrile-butadiene rubber surface during peroxide curing [Chemical Engineering Journal, 287, (2015年11月1日), pp.657-664] Jing Sang, Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Kunio Mori
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  48. Self-reduction and size controlled synthesis of silver nanoparticles on carbon nanospheres by grafting triazine-based molecular layer for conductivity improvement [Applied Surface Science, 364, (2015年12月1日), pp.110-116] Jing Sang, Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Takahiro Kudo, Kunio Mori
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  49. Heat-resistant organic molecular layer as a joint interface for metal reduction on plastics surfaces [Applied Surface Science, 368, (2016年4月15日), pp.49-55] Jing Sang, Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Takahiro Kudo, Kunio Mori
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  50. Integration of Peroxide-Cured Rubber/Rubber Through Covalent Grafting of a Thiol-Linked Molecular Layer [Ind. Eng. Chem. Res., 55(24), (2016年5月31日), pp.6792-6800] Jing Sang, Sumio Aisawa, Takahiro Kudo, Hidetoshi Hirahara, and Kunio Mori
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  51. Long period preservation of marine products using electrostatic field [Japanese Journal of Applied Physics, 55, (2016年6月27日)] Takamasa Okumura, Taro Yaegashi, Kazuki Yamada, Takanori Ito, Katsuyuki Takahashi, Sumio Aisawa, Koichi Takaki, Shigeyoshi Yamazaki, and Bunei Syuto
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読無し
  52. Adhesion of carbon steel and natural rubber by functionalized silane coupling agents [International Journal of Adhesion and Adhesives, 72, (2016年10月18日), pp.70-74] Jing Sang, Sumio Aisawa, Katsuya Miura, Hidetoshi Hirahara, Oravec Jan, Preto Jozef, Melus Pavol
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  53. Hybrid joining of polyamide and hydrogenated acrylonitrile butadiene rubber through heat-resistant functional layer of silane coupling agent [Applied Surface Science, 412, (2017年3月31日), pp.121-130] Jing Sang, Riku Sato, Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Kunio Mori
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  54. 溶液浸せき法によるスズ系金属表面への トリアジントリチオールの吸着 [色材協会誌, 90(5), (2017年8月20日), pp.161-167] 平井彰, 桑静, 會澤純雄, 平原英俊
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  55. IMPROVEMENT FOR TRIBOLOGICAL AND HYDROGEN BARRIER PROPERTIES OF POLY OLEFINE BY THE ADDITION OF LECITHIN-MODIFIED CLAY [Clay Science, 21, (2017年10月2日), pp.55-58] Hidetaka Nanao, Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Noriyuki Takahashib, Masayuki Shirai
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 粘土ハンドブック 第三版 [日本粘土学会 (2009年4月)] 會澤純雄 他多数
    • 著書種別 : 学術著書
  2. 機能性粘土素材の最新動向(共著) [シーエムシー出版 (2010年3月4日)] 小川誠他
    • 著書種別 : 学術著書
  3. 細胞が食べるナノサンドイッチ-無機層状ナノ粒子のドラッグデリバリー材料への活用- [化学同人 (2011年2月18日)] 會澤純雄,成田榮一
    • 著書種別 : 一般雑誌・新聞への寄稿
  4. ポータブル複合X線分析による白磁と青磁の胎土分析(その2) [平泉文化研究年報 (2017年3月10日)] 會澤純雄・平原英俊・三浦謙一・徳留大輔
    • 著書種別 : 調査報告書
  5. ポータブル複合X線分析による白磁と青磁の胎土分析(その3) [平泉文化研究年報 (2017年3月27日)] 會澤純雄・平原英俊・三浦謙一・徳留大輔
    • 著書種別 : 調査報告書
総説・解説記事
  1. 層状複水酸化物へのアミノ酸類および糖類のインターカレーション [ゼオライト学会, ゼオライト, 17(3), (2000年9月), pp.101-107] 會澤純雄, 成田榮一
    • 掲載種別 : その他
  2. 層状複水酸化物による白血病細胞へのヌクレオチドの輸送効率 [日本化学会, 化学と工業, 55, (2002年7月), pp.809-] 會澤純雄
    • 掲載種別 : その他
  3. バイオ粘土 -生態関連物質と層状複水酸化物との相互作用- [無機マテリアル学会, Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan, 10(305), (2003年7月), pp.260-267] 會澤純雄, 平原英俊, 成田榮一
    • 掲載種別 : その他
  4. 層状複水酸化物への機能性有機分子のインターカレーションとその応用 [(社)日本セラミックス協会, セラミックス, 43(1), (2008年1月), pp.11-15] 成田榮一,會澤純雄
    • 掲載種別 : その他
  5. 医薬成分のキャリアとしての層状複水酸化物 [無機マテリアル学会, Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan, 15, (2008年12月), pp.392-399] 安武愛子,會澤純雄,成田榮一
    • 掲載種別 : その他
  6. 医薬成分のキャリアとしての層状複水酸化物 [日本粘土学会, 粘土科学, 48, (2009年12月), pp.137-144] 會澤純雄
    • 掲載種別 : その他
  7. 層状複水酸化物をホストとする機能性ナノ複合体の合成と応用 [無機マテリアル学会, J. Soc. Inorg. Mater., Jpn., 17, (2010年5月1日), pp.150-157] 會澤純雄,成田榮一
    • 掲載種別 : 学術誌
  8. 層状複水酸化物のドラッグデリバリー材料としての応用 [日本粘土学会, 粘土科学, 49, (2011年3月1日), pp.75-81] 會澤純雄
    • 掲載種別 : 学術誌
  9. 陰イオン性粘土(層状複水酸化物)を用いるエコナノ材料の創製 [粉体工学会, 粉体工学会誌, 49(9), (2012年9月10日), pp.693-703] 平原英俊, 會澤純雄, 成田榮一
    • 掲載種別 : 学術誌
  10. 層状無機ナノ粒子を用いた ドラッグデリバリー材料の開発 [日本化学会, 化学と工業, (2013年3月)] 會澤純雄
    • 掲載種別 : 学術誌
  11. 環境汚染防止のためのコーン炭化物の開発 [木質炭化学会, 木質炭化学会誌, (2013年3月20日)] 成田榮一,佐々木 陽,會澤純雄,平原英俊
    • 掲載種別 : 学術誌
  12. 3Dレーザースキャナを用いた平泉柳之御所遺跡と無量光院跡の三次元計測 [岩手大学平泉文化研究センター, 岩手大学平泉文化研究センター年報, (2014年3月28日)] 平原英俊,會澤純雄,桑静,藤崎聡美
    • 掲載種別 : その他
  13. ポータブル複合X線分析による浙江省陶磁器の元素分析 [岩手大学平泉文化研究センター, 岩手大学平泉文化研究センター年報, (2014年3月28日)] 會澤純雄,桑静,平原英俊,沈岳明,徐軍,徳留大輔
    • 掲載種別 : その他
  14. 層状複水酸化物を基材とした生体分子・薬剤ナノキャリアの創製 [無機マテリアル学会, Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan, 21(370), (2014年5月1日), pp.176-182] 會澤純雄
    • 掲載種別 : 学術誌
  15. ポータブル複合Ⅹ線分析による福建省陶磁器の元素分析(その1) [岩手大学平泉文化研究センター, 岩手大学平泉文化研究センター年報, (2015年3月28日)] 會澤純雄,桑静,平原英俊,羊澤林,栗建安,徳留大輔
    • 掲載種別 : 大学紀要
  16. ポータブル複合X線分析による浙江省陶磁器の元素分析(その2) [岩手大学平泉文化研究センター, 岩手大学平泉文化研究センター年報, (2015年3月28日)] 會澤純雄,桑静,平原英俊,沈岳明,徐軍,徳留大輔
    • 掲載種別 : 大学紀要
  17. 層状複水酸化物を基材としたドラッグデリバリー材料の創製 [日本化学会研究会低次元系光機能材料研究会, 日本化学会研究会「低次元系光機能材料研究会」ニュースレター, (2018年2月14日)] 會澤純雄
    • 掲載種別 : 機関誌
研究発表
  1. UV吸収剤架橋型層状水酸化亜鉛の合成とその特性
    • 会議名称 : 無機マテリアル学会第110回学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年6月2日~2005年6月3日
    • 発表者 : 會澤純雄,石田恵理,高橋諭,平原英俊,成田榮一
    • 主催者 : 無機マテリアル学会
    • 開催場所 : 工学院大学
  2. Intercalation of peptides into Zn-Al layered double hydroxide by coprecipitation method
    • 会議名称 : 13th International Symposium on Intercalation Compounds
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年6月6日~2005年6月9日
    • 発表者 : Sumio Aisawa,Aiko Yasutake,Satoshi Takahashi,Hidetoshi Hirahara,Eiichi Narita
    • 開催場所 : Clermont-Ferrand, France
  3. Intercalation of peptides into Zn-Al layered double hydroxide by coprecipitation reaction
    • 会議名称 : The 13th International Clay Conference 2005
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年8月21日~2005年8月27日
    • 発表者 : Sumio Aisawa,Aiko Yasutake,Satoshi Takahashi, Hidetoshi Hirahara,Eiichi Narita
  4. Intercalation of oligopeptides into Zn-Al layered double hydroxide by coprecipitation reaction
    • 会議名称 : 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年12月15日~2005年12月20日
    • 発表者 : Sumio Aisawa, Aiko Yasutake, Satoshi Takahashi, Hidetoshi Hirahara, Eiichi Narita
  5. 層状複水酸化物へのシクロデキストリン包接体の取り込み
    • 会議名称 : 日本化学会第86春季年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年3月27日~2006年3月30日
    • 発表者 : 赤塚修平,佐々木啓,會澤純雄,高橋諭,平原英俊,成田榮一
  6. Mg-Al系層状複水酸化物へのシクロデキストリン包接体のインターカレーション
    • 会議名称 : 無機マテリアル学会第112回学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年6月8日~2006年6月9日
    • 発表者 : 赤塚秀平,佐々木啓,會澤純雄,平原英俊,高橋諭,成田榮一
    • 主催者 : 無機マテリアル学会
    • 開催場所 : 上智大学
  7. Mg-Al系層状複水酸化物による水溶液中からの臭素酸イオンの除去
    • 会議名称 : 第50回粘土科学討論会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月7日~2006年9月9日
    • 発表者 : 吉田誠,會澤純雄,高橋諭,平原英俊,成田榮一
    • 主催者 : 日本粘土学会
    • 開催場所 : 千葉科学大学
  8. 層状複水酸化物への芳香族アルデヒドのインターカレーション
    • 会議名称 : 第50 回粘土科学討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月7日~2006年9月9日
    • 発表者 : 増渕綾香,會澤純雄,平原英俊,高橋 諭,成田榮一
    • 主催者 : 日本粘土学会
    • 開催場所 : 千葉科学大学
  9. 無機層状化合物へのペプチド類の取り込み挙動
    • 会議名称 : 第50 回粘土科学討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月7日~2006年9月9日
    • 発表者 : 安武愛子,會澤純雄,平原英俊,高橋 諭,成田榮一
    • 主催者 : 日本粘土学会
    • 開催場所 : 千葉科学大学
  10. 尿素法によるAl-リッチなZn-Al系層状複水酸化物の合成
    • 会議名称 : 第50 回粘土科学討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月7日~2006年9月9日
    • 発表者 : 藤原大輔,會澤純雄,平原英俊,成田榮一
    • 主催者 : 日本粘土学会
    • 開催場所 : 千葉科学大学
  11. 層状複水酸化物による臭素酸イオンの吸着・除去
    • 会議名称 : 平成18年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月22日~2006年9月24日
    • 発表者 : 吉田誠,會澤純雄,高橋諭,平原英俊,成田榮一
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 秋田大学
  12. 層状複水酸化物への芳香族アルデヒド異性体のインターカレーション
    • 会議名称 : 平成18年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月22日~2006年9月24日
    • 発表者 : 増渕綾香,會澤純雄,平原英俊,高橋 諭,成田榮一
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 秋田大学
  13. 無機層状化合物へのペプチド類のインターカレーション
    • 会議名称 : 平成18年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月22日~2006年9月24日
    • 発表者 : 安武愛子,會澤純雄,平原英俊,高橋 諭,成田榮一
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 秋田大学
  14. 層状複水酸化物へのベンゼンジオール異性体のインターカレーション
    • 会議名称 : 平成18年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月22日~2006年9月24日
    • 発表者 : 斉藤隆光,中野谷祐介,會澤純雄,平原英俊,成田榮一
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 秋田大学
  15. Layered double hydroxide as a container of non-ionic organo-molecules: Intercalation of natural cyclodextrin/organo-molecule inclusion complexes
    • 会議名称 : Fifth International Conference on Inorganic Materials
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月23日~2006年9月26日
    • 発表者 : E.Narita, S.Akatsuka, S.Sasaki, S.Aisawa, H.Hirahara, S.Takahashi
    • 開催場所 : Cankarjev Dom Cultural and Congress Centre, Ljubljana, Slovenia
  16. 層状複水酸化物の熱分解-再水和反応による水溶液からの臭素酸イオンの除去
    • 会議名称 : 無機マテリアル学会第113回学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年11月9日~2006年11月10日
    • 発表者 : 吉田誠,會澤純雄,高橋諭,平原英俊,成田榮一
    • 主催者 : 無機マテリアル学会
    • 開催場所 : 名古屋大学
  17. 層状複水酸化物への含硫アミノ酸の取り込み
    • 会議名称 : 日本化学会第87春季年会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2007年3月25日~2007年3月28日
    • 発表者 : 會澤純雄,菊地拓也,高橋優太,高橋諭,平原英俊,成田榮一
    • 主催者 : 日本化学会
    • 開催場所 : 関西大学千里山キャンパス
  18. 層状複水酸化物への含硫アミノ酸の取り込みと放出挙動
    • 会議名称 : 無機マテリアル学会第114回学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年6月7日~2007年6月8日
    • 発表者 : 會澤純雄,菊地拓也,安武愛子,平原英俊,高橋諭,成田榮一
    • 主催者 : 無機マテリアル学会
    • 開催場所 : 日本大学理工学部
  19. Synthesis of Biopolymer Intercalated Inorganic Layered Materials: Intercalation of Collagen Peptide and Soybean Peptide into Zn–Al Layered Double Hydroxide and Layered Zinc Hydroxide
    • 会議名称 : The 14th International Symposium on Intercalation Compounds
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2007年6月11日~2007年6月15日
    • 発表者 : S. Aisawa,A. Yasutake,S. Takahashi,H. Hirahara,E. Narita
    • 開催場所 : Korean Science-Technology Center
  20. Layered Double Hydroxide as Molecular Container for Removal and Thermal Decomposition of Perfluorosurfactants
    • 会議名称 : The 14th International Symposium on Intercalation Compounds
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2007年6月11日~2007年6月15日
    • 発表者 : E.Narita, T.Tokuta, H.Hirahara S.Aisawa, S.Takahashi
    • 開催場所 : Korean Science-Technology Center
  21. Intercalation of biopolymers into layered double hydroxide and layered zinc hydroxide and their application as precursor to biocompatible material
    • 会議名称 : Euroclay2007
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2007年7月22日~2007年7月27日
    • 発表者 : Sumio Aisawa, Aiko Yasutake, Satoshi Takahashi, Hidetoshi Hirahara and Eiichi Narita
    • 主催者 : AIPEA
    • 開催場所 : University of Aveiro
  22. Rapid delamination of layered double hydroxide in polar solvents
    • 会議名称 : Euroclay2007
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2007年7月22日~2007年7月27日
    • 発表者 : H.Hirahara, T.Takeshige, S.Aisawa, E.Narita, D.Ikematsu and T.Okumiya
    • 主催者 : AIPEA
    • 開催場所 : University of Aveiro
  23. 尿素法による遷移金属含有層状複水酸化物の合成
    • 会議名称 : 第51回粘土科学討論会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2007年9月12日~2007年9月13日
    • 発表者 : 會澤純雄,高橋明子,高橋諭,平原英俊,成田榮一
  24. ペプチド/無機層状化合物複合体の合成とその細胞適合性
    • 会議名称 : 第51回粘土科学討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年9月12日~2007年9月13日
    • 発表者 : 安武愛子,會澤純雄,高橋諭,平原英俊,成田 榮一
  25. ナノフード材料としての芳香成分/層状複水酸化物複合体の合成
    • 会議名称 : 第51回粘土科学討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年9月12日~2007年9月13日
    • 発表者 : 増渕綾香,會澤純雄,平原英俊,高橋 諭,成田榮一
  26. 芳香成分/層状複水酸化物複合体の合成と加熱特性
    • 会議名称 : 無機マテリアル学会第115回学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年10月25日~2007年10月26日
    • 発表者 : 増渕綾香,會澤純雄,平原英俊,高橋 諭,成田榮一
    • 主催者 : 無機マテリアル学会
    • 開催場所 : 盛岡市産学官連携研究センター
  27. カリックスアレーンスルホン酸/層状複水酸化物複合体による水溶液からの金属イオンの吸着
    • 会議名称 : 無機マテリアル学会第115回学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年10月25日~2007年10月26日
    • 発表者 : 伊藤佳那子,會澤純雄,平原英俊,高橋 諭,成田榮一
    • 主催者 : 無機マテリアル学会
    • 開催場所 : 盛岡市産学官連携研究センター
  28. Mg-Al系層状複水酸化物への抗ガン剤の取り込み
    • 会議名称 : 日本化学会第88春季年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年3月26日~2008年3月30日
    • 発表者 : 會澤純雄,小橋直将,安武愛子,高橋諭,平原英俊,成田榮一
    • 主催者 : 日本化学会
    • 開催場所 : 立教大学池袋キャンパス
  29. 無機層状化合物へのペプチド類のインターカレーションとその細胞適合性
    • 会議名称 : 日本化学会第88春季年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年3月26日~2008年3月30日
    • 発表者 : 安武愛子,會澤純雄,高橋諭,平原英俊,成田 榮一
    • 主催者 : 日本化学会
    • 開催場所 : 立教大学池袋キャンパス
  30. Synthesis and Cellular Uptake of Fluorescein Intercalated Layered Double Hydoroxide
    • 会議名称 : 2010 SEA-CSSJ-CMS Trilateral Meeting on Clays
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年6月8日~2010年6月10日
    • 発表者 : Sumio Aisawa, Miyuki Tanaka, Satohi Takahashi, Hidetoshi Hirahara, Eiichi
  31. A Kinetc Study on The Intercalation of Organic Anions in Layered Double Hydroxide Using Quartz Crystal Microbalance
    • 会議名称 : 2010 SEA-CSSJ-CMS Trilateral Meeting on Clays
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2010年6月8日~2010年6月10日
    • 発表者 : Hidetoshi Hirahara, Yuuya Nitanai, Sumio Aisawa, Eiichi Narita
  32. カーボンナノスフェアを鋳型とする抗がん剤/層状複水酸化物の合成
    • 会議名称 : 第54回粘土科学討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月7日~2010年9月8日
    • 発表者 : 菅大輔,會澤純雄,高橋諭,平原英俊,成田榮一
  33. 二酸化チタン/層状複水酸化物ナノ複合体を基材とする薄膜の作製
    • 会議名称 : 第54回粘土科学討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月7日~2010年9月8日
    • 発表者 : 千葉薫,會澤純雄,高橋諭,平原英俊,成田榮一
  34. 層状複水酸化物のドラッグデリバリー材料としての応用
    • 会議名称 : 第54回粘土科学討論会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2010年9月7日~2010年9月8日
    • 発表者 : 會澤純雄
  35. カーボンナノスフェアを鋳型とする層状複水酸化物の合成
    • 会議名称 : 平成22年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月25日~2010年9月26日
    • 発表者 : 菅大輔,會澤純雄,平原英俊,高橋諭,成田榮一
  36. フルオレセイン/Mg-Al系層状複水酸化物の合成と細胞内への取り込み挙動
    • 会議名称 : 平成22年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月25日~2010年9月26日
    • 発表者 : 田中みゆき,會澤純雄,高橋諭,平原英俊,成田榮一
  37. 二酸化チタン/層状複水酸化物ナノ複合体を基材とする薄膜の作製
    • 会議名称 : 平成22年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月25日~2010年9月26日
    • 発表者 : 千葉薫,會澤純雄,高橋諭,平原英俊,成田榮一
  38. 毛髪の物理化学的特性ならびに有機分子吸着特性
    • 会議名称 : 平成22年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月25日~2010年9月26日
    • 発表者 : 高橋政信,小野寺哲也,會澤純雄,平原英俊,成田榮一,山岸秀俊
  39. 天然ケイ酸塩による含窒素有機化合物の吸着
    • 会議名称 : 平成22年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月25日~2010年9月26日
    • 発表者 : 小野寺哲也,會澤純雄,平原英俊,成田榮一
  40. フルオレセイン/層状複水酸化物ナノ複合体の細胞内への輸送
    • 会議名称 : 平成22年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年10月28日~2010年10月29日
    • 発表者 : 田中みゆき,會澤純雄,高橋諭,平原英俊,成田榮一
  41. 層状複水酸化物をホストとする機能性ナノ複合体の合成と応用
    • 会議名称 : 平成22年度北東北ナノメディカルクラスター研究会オータムキャンプ
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2010年10月29日~2010年10月30日
    • 発表者 : 會澤純雄
  42. カーボンナノスフィアをテンプレートとした層状複水酸化物の合成
    • 会議名称 : 無機マテリアル学会第121回学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年11月4日~2010年11月5日
    • 発表者 : 菅大輔,會澤純雄,高橋諭,平原英俊,成田榮一
  43. UV吸収剤架橋型層状水酸化亜鉛の合成とその特性
    • 会議名称 : 第10回東北大学多元物質科学研究所研究発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年12月1日
    • 発表者 : 會澤純雄,石田恵理,高橋諭,平原英俊,成田榮一,佐藤次雄
  44. Synthesis and Cellular Uptake Behavior of Fluorescein Intercalated Inorganic Layered Materials
    • 会議名称 : 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年12月15日~2010年12月20日
    • 発表者 : Miyuki Tanaka, Sumio Aisawa, Satoshi Takahashi, Hirahara Hirahara, Eiichi Narita
  45. Synthesis and Cytotoxicity of 5-Fluorouracil/Layered Double Hydroxide Nanohybrid Particles
    • 会議名称 : 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年12月15日~2010年12月20日
    • 発表者 : Sumio Aisawa, Jun Kumasaka, Satoshi Takahashi, Hirahara Hirahara, Eiichi Narita
  46. カーボンナノスフィアを鋳型とした中空層状複水酸化物の合成
    • 会議名称 : 日本化学会第91春季年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月26日~2011年3月29日
    • 発表者 : 菅大輔,會澤純雄,高橋諭,平原英俊,成田榮一
  47. 毛髪の物理化学的特性ならびに有機分子吸着特性
    • 会議名称 : 日本化学会第91春季年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月26日~2011年3月29日
    • 発表者 : 高橋政信,小野寺哲也,會澤純雄,平原英俊,成田榮一,山岸俊秀
  48. 抗がん剤/層状複水酸化物ナノ複合体の合成とその細胞増殖抑制効果
    • 会議名称 : 無機マテリアル学会 第122回講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年6月2日~2011年6月3日
    • 発表者 : 會澤純雄,熊坂 惇,高橋 諭,平原英俊,成田榮一
  49. 表面修飾した抗がん剤/層状複水酸化物の合成とその細胞毒性
    • 会議名称 : 第27回日本DDS学会学術集会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年6月9日~2011年6月10日
    • 発表者 : 會澤純雄,熊坂 惇,高橋 諭,平原英俊,成田榮一
  50. Synthesis and Cytotoxicity of 5-Fluorouracil Intercalated Layered Double Hydoroxide Nanohybrid Particles
    • 会議名称 : EUROCLAY 2011
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年6月26日~2011年7月1日
    • 発表者 : S. Aisawa, J. Kumasaka, S. Takahashi, H. Hirahara, E. Narita
  51. Fabrication and Characterization of Hollow 5-Fluorouracil/Layered Double Hydoroxide using Carbon Nanosphere Template
    • 会議名称 : EUROCLAY 2011
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年6月26日~2011年7月1日
    • 発表者 : D. Suga, S. Aisawa, S. Takahashi, H. Hirahara, E. Narita
  52. Cellular uptake behavior of fluorescein - intercalated layered double hydroxide
    • 会議名称 : The 4th International Symposium on Functional Materials (ISFM2011)
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年8月2日~2011年8月6日
    • 発表者 : Miyuki Tanaka, Sumio Aisawa, Eiichi Narita, Tsugio Sato
  53. フルオレセイン/Mg-Al系層状複水酸化物ナノ複合体の細胞内への輸送挙動
    • 会議名称 : 日本セラミックス協会 第24回秋季シンポジウム
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月7日~2011年9月9日
    • 発表者 : 田中みゆき,會澤純雄,平原英俊,成田榮一,殷シュウ,佐藤次雄
  54. 層状複水酸化物の層空間を活用するフッ素系汚染物質の無害化
    • 会議名称 : 第55回粘土科学討論会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月14日~2011年9月16日
    • 発表者 : 徳田 武, 會澤純雄, 平原英俊, 高橋 諭, 成田榮一
  55. フルオレセイン/層状複水酸化物ナノ複合体の細胞内移行
    • 会議名称 : 第55回粘土科学討論会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月14日~2011年9月16日
    • 発表者 : 會澤純雄, 田中みゆき, 高橋 諭, 平原英俊, 成田榮一
  56. フルオレセイン/層状複水酸化物ナノ複合体の細胞内への輸送挙動
    • 会議名称 : 平成23年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月17日~2011年9月18日
    • 発表者 : 田中みゆき, 會澤純雄, 平原英俊, 成田榮一, 殷 シュウ, 佐藤次雄
  57. 希土類元素含有層状複水酸化物の合成と細胞輸送
    • 会議名称 : 平成23年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月17日~2011年9月18日
    • 発表者 : 千葉 薫, 會澤純雄, 高橋 諭, 平原英俊, 成田榮一
  58. 層状複水酸化物へのヘミンの取り込み挙動
    • 会議名称 : 平成23年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年10月27日~2011年10月28日
    • 発表者 : 阿部朋子, 會澤純雄, 高橋諭, 平原英俊, 成田榮一
  59. 薬剤/層状複水酸化物ナノ複合体の合成と薬剤の放出挙動
    • 会議名称 : 平成23年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年10月27日~2011年10月28日
    • 発表者 : 今野仁栄, 會澤純雄, 高橋 諭, 平原英俊, 成田榮一
  60. 可視化プローブ特性を有する層状複水酸化物粒子の細胞内挙動の観察
    • 会議名称 : 平成23年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年10月27日~2011年10月28日
    • 発表者 : 田中みゆき,會澤純雄,平原英俊,成田榮一,殷シュウ,佐藤次雄
  61. カーボンナノスフィアの合成とドラッグデリバリー材料への応用
    • 会議名称 : 第49回粉体に関する討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年11月14日~2011年11月16日
    • 発表者 : 會澤純雄,堀田真人,高橋 諭,平原英俊,成田榮一
  62. 層状複水酸化物ナノスフィアの合成とドラッグデリバリーへの応用
    • 会議名称 : 第49回粉体に関する討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年11月14日~2011年11月16日
    • 発表者 : 菅 大輔,會澤純雄,高橋 諭,平原英俊,成田榮一
  63. フルオレセイン/層状複水酸化物ナノ複合体の合成と細胞内輸送挙動
    • 会議名称 : 無機マテリアル学会 第123回学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年11月17日~2011年11月18日
    • 発表者 : 田中みゆき, 會澤純雄, 平原英俊, 成田榮一, 殷シュウ, 佐藤次雄
  64. カーボンナノスフィアの合成とその細胞毒性
    • 会議名称 : 日本化学会第92春季年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月25日~2012年3月28日
    • 発表者 : 會澤純雄, 堀田真人, 高橋 諭, 平原英俊, 成田榮一
  65. 腸溶性ポリマー被覆した薬剤/層状複水酸化物ナノ複合体の合成と薬剤の放出挙動
    • 会議名称 : 日本化学会第92春季年会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月25日~2012年3月28日
    • 発表者 : 今野仁栄, 會澤純雄, 高橋 諭, 平原英俊, 成田榮一
  66. Mg-Al系層状複水酸化物へのポルフィリン類の取り込み挙動
    • 会議名称 : 日本化学会第92春季年会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月25日~2012年3月28日
    • 発表者 : 阿部朋子, 會澤純雄, 高橋 諭 平原英俊, 成田榮一
  67. 毛髪の酸化処理による機械的特性ならびに化学変化
    • 会議名称 : 日本化学会第92春季年会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月25日~2012年3月28日
    • 発表者 : 高橋政信, 小野寺哲也, 佐々木理沙, 會澤純雄, 平原英俊, 成田榮一, 山岸秀俊
  68. 廃棄貝がらからの生体由来炭酸カルシウム粒子の回収
    • 会議名称 : 無機マテリアル学会第124回講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年6月7日~2012年6月8日
    • 発表者 : 佐藤朝美, 會澤純雄, 平原英俊, 成田榮一, 伊藤英信
  69. 層状複水酸化物ナノスフィアの合成とその細胞毒性
    • 会議名称 : 無機マテリアル学会第124回講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年6月7日~2012年6月8日
    • 発表者 : 菅 大輔, 會澤純雄, 高橋 諭, 平原英俊, 成田榮一
  70. コーンコブ炭化物による水溶液からのセシウムイオンの吸着
    • 会議名称 : 第10回木質炭化学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年6月28日
    • 発表者 : 中村佳良, 會澤純雄, 平原英俊, 成田榮一, 佐々木 陽
  71. コーンコブ炭化物による土壌中のセシウムイオンの固定化
    • 会議名称 : 第10回木質炭化学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年6月28日
    • 発表者 : 大井崇人, 會澤純雄, 平原英俊, 成田榮一, 佐々木 陽
  72. コーン炭化物による水溶液からの有害アニオン性金属イオンの吸着
    • 会議名称 : 第10回木質炭化学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年6月28日
    • 発表者 : 森 秀一, 會澤純雄, 平原英俊, 成田榮一, 佐々木 陽, 坂田 渉
  73. アルコキシリル基含トリアジンチオール化合物処理基材と各種接着剤の接着強度特性
    • 会議名称 : 第50回日本接着学会年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年6月29日
    • 発表者 : 白幡悠人, 睦月伸季,平原英俊,會澤純雄,桑 静,成田榮一
  74. カーボンナノスフィアの合成とその細胞内への輸送
    • 会議名称 : 第28回日本DDS学会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年7月4日~2012年7月5日
    • 発表者 : 會澤純雄, 菊池亮太, 堀田真人, 高橋 諭, 平原英俊, 成田榮一
  75. Synthesis and Its Cytotoxicity of Hollow 5-Fluorouracil-intercalated Layered Double Hydroxide Nanosphere
    • 会議名称 : ICTA2012
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年8月22日~2012年8月24日
    • 発表者 : Sumio Aisawa, Daisuke Suga, Satoshi Takahashi, Hidetoshi Hirahara, Eiichi Narita
  76. Removal and Thermal Decomposition of Perfluorosurfactants Using Interlayer Space of Layered Double Hydroxides
    • 会議名称 : ICTA2012
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年8月22日~2012年8月24日
    • 発表者 : Hidetoshi Hirahara, Takeshi Tokuta, Sumio Aisawa, Satoshi Takahashi, Eiichi Narita
  77. Synthesis and Cytotoxicity of 5-Fluorouracil-intercalated Layered Double Hydroxide Hollow Nanosphere
    • 会議名称 : The 2nd Asian Clay Conference
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月6日~2012年9月9日
    • 発表者 : Sumio Aisawa, Daisuke Suga, Satoshi Takahashi, Hidetoshi Hirahara, Eiichi Narita
  78. Adsorption and Desorption of Mycotoxins by Commercial Clays
    • 会議名称 : The 2nd Asian Clay Conference
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月6日~2012年9月9日
    • 発表者 : Sumio Aisawa, Saki Kikuchi, Kiyomi Fujita, Satoshi Takahashi, Hidetoshi Hirahara, Eiichi Narita, Noriyuki Takahashi
  79. ポルフィリン類/Mg-Al 系層状複水酸化物の合成と物理化学的特性
    • 会議名称 : 平成24年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月15日~2012年9月16日
    • 発表者 : 阿部朋子, 會澤純雄, 高橋 諭, 平原英俊, 成田榮一, 田中みゆき, 佐藤次雄
  80. 腸溶性ポリマーによる薬剤/層状複水酸化物ナノ複合体の被覆と薬剤の放出挙動
    • 会議名称 : 平成24年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月15日~2012年9月16日
    • 発表者 : 今野仁栄, 會澤純雄, 高橋 諭, 平原英俊, 成田榮一
  81. 可視化プローブ特性を有する層状複水酸化物による細胞内移行過程の観察
    • 会議名称 : 平成24年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月15日~2012年9月16日
    • 発表者 : 田中みゆき, 會澤純雄, 平原英俊, 成田榮一, 殷 シュウ, 佐藤次雄
  82. コーンコブ炭化物による土壌中セシウムイオンの植物への移行抑制効果
    • 会議名称 : 平成24年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月15日~2012年9月16日
    • 発表者 : 大井崇人, 佐々木 陽, 平原英俊, 會澤純雄, 成田榮一
  83. カーボンナノスフィアの化学修飾と細胞内への輸送
    • 会議名称 : 平成24年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月15日~2012年9月16日
    • 発表者 : 菊池亮太, 會澤純雄, 高橋 諭, 平原英俊, 成田榮一
  84. 貝殻粉末充填ポリオキサゾリングラフトPVC の調製と物性評価
    • 会議名称 : 平成24年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月15日~2012年9月16日
    • 発表者 : 佐藤久美子, 平原英俊, 會澤純雄, 成田榮一
  85. トリアジンチオール系シランカップリング剤によるアルミニウムの表面処理とその接着特性
    • 会議名称 : 平成24年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月15日~2012年9月16日
    • 発表者 : 白幡悠人, 睦月伸季, 平原英俊, 會澤純雄,桑 静, 成田榮一
  86. コーンコブ炭化物の物理化学的特性とセシウムイオン吸着能
    • 会議名称 : 平成24年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月15日~2012年9月16日
    • 発表者 : 中村佳良, 會澤純雄, 平原英俊, 成田榮一, 佐々木 陽
  87. 抗がん剤/層状複水酸化物ナノスフィアの合成と抗がん剤輸送への応用
    • 会議名称 : 平成24年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月15日~2012年9月16日
    • 発表者 : 高橋 海, 會澤純雄, 平原英俊, 成田榮一, 佐藤次雄
  88. 可視化プローブ特性を有する層状複水酸化物の合成および形態制御
    • 会議名称 : 日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月19日
    • 発表者 : 田中みゆき,會澤純雄,平原英俊,成田榮一,殷シュウ,佐藤次雄
  89. International Conference on Competitive Materials and Technology Process, Observation of cellular uptake behavior of layered double hydroxide nanoparticles which has visualization probe characteristic
    • 会議名称 : 2nd International Conference on Competitive Materials and Technology Process
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年10月8日~2012年10月12日
    • 発表者 : Miyuki Tanaka, Sumio Aisawa, Satoshi Takahashi, Hidetoshi Hirahara, Eiichi Narita, Shu Yin, Tsugio Sato
  90. フルオレセイン/層状複水酸化物ナノ複合体を用いた細胞内輸送挙動の観察
    • 会議名称 : 第2回CSJ化学フェスタ2012
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年10月16日
    • 発表者 : 田中みゆき,會澤純雄,平原英俊,成田榮一,殷シュウ,佐藤次雄
  91. コーンコブの炭化および生成炭化物のセシウムイオンの吸着
    • 会議名称 : 平成24年度日本セラミックス協会東北北海道支部発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月8日~2012年11月9日
    • 発表者 : 中村佳良, 會澤純雄, 平原英俊, 成田榮一, 佐々木 陽
  92. 接着剤とアルミニウムの接着強度に及ぼす表面処理とフィラー配合の影響
    • 会議名称 : 平成24年度日本セラミックス協会東北北海道支部発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月8日~2012年11月9日
    • 発表者 : 白幡悠人, 睦月伸季, 平原英俊, 會澤純雄, 桑 静, 成田榮一
  93. ポルフィリン類/Mg-Al系層状複水酸化物ナノ複合体の合成と光化学的特性
    • 会議名称 : 平成24年度日本セラミックス協会東北北海道支部発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月8日~2012年11月9日
    • 発表者 : 阿部朋子, 會澤純雄, 高橋 諭, 平原英俊, 成田榮一, 田中みゆき, 佐藤次雄
  94. pH応答性を持つ蛍光色素/層状複水酸化物ナノ複合体の合成とその細胞内動態
    • 会議名称 : 平成24年度日本セラミックス協会東北北海道支部発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月8日~2012年11月9日
    • 発表者 : 田中みゆき, 會澤純雄, 平原英俊, 成田榮一, 殷 シュウ, 佐藤次雄
  95. 腸溶性ポリマー被覆した薬剤/層状複水酸化物ナノ複合体からの薬剤の放出挙動
    • 会議名称 : 平成24年度日本セラミックス協会東北北海道支部発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月8日~2012年11月9日
    • 発表者 : 今野仁栄, 會澤純雄, 高橋 諭, 平原英俊, 成田榮一
  96. 土壌へのコーンコブ炭化物添加による植物のセシウムイオンの移行抑制
    • 会議名称 : 平成24年度日本セラミックス協会東北北海道支部発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月8日~2012年11月9日
    • 発表者 : 大井崇人, 佐々木 陽, 平原英俊, 會澤純雄, 成田榮一
  97. カーボンナノスフィアの合成とそのポリエチレングリコール修飾
    • 会議名称 : 平成24年度日本セラミックス協会東北北海道支部発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月8日~2012年11月9日
    • 発表者 : 菊池亮太, 會澤純雄, 高橋 諭, 平原英俊, 成田榮一
  98. 球殻構造を有する抗がん剤/層状複水酸化物の合成とその細胞内移行
    • 会議名称 : 平成24年度日本セラミックス協会東北北海道支部発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月8日~2012年11月9日
    • 発表者 : 菅 大輔, 高橋 海, 會澤純雄, 高橋 諭, 平原英俊, 成田榮一
  99. 抗がん剤/層状複水酸化物ナノスフィアの合成とその細胞増殖抑制効果
    • 会議名称 : 第12回東北大学多元物質科学研究所研究発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年12月10日
    • 発表者 : 會澤純雄, 菅 大輔, 平原英俊, 成田榮一, 佐藤次雄
  100. 球殻構造を有する抗がん剤/層状複水酸化物の合成とその細胞毒性
    • 会議名称 : 第51回セラミックス基礎科学討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年1月9日~2013年1月10日
    • 発表者 : 會澤純雄, 菅 大輔, 高橋 海, 高橋 諭, 平原英俊, 成田榮一
  101. Mg-Al系層状複水酸化物へのポルフィリン類の取り込み挙動と光化学的特性
    • 会議名称 : 第51回セラミックス基礎科学討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年1月9日~2013年1月10日
    • 発表者 : 阿部朋子, 會澤純雄, 高橋 諭, 平原英俊, 成田榮一, 田中みゆき, 佐藤次雄
  102. Intracellular dynamic state of the fluorescent layered double hydroxide nanoparticles
    • 会議名称 : International Symposium on Materials Chemistry of Intercalation Compounds
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月11日
    • 発表者 : Miyuki Tanaka, Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Eiichi Narita, Qiang Dong, Shu Yin, Tsugio Sato
  103. 層状複水酸化物ナノ複合体の細胞内動態
    • 会議名称 : 日本化学会第93春季年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月22日~2013年3月25日
    • 発表者 : 田中みゆき, 會澤純雄, 董 強, 殷しゅう, 平原英俊, 成田榮一, 佐藤次雄
  104. 中空構造を有する抗がん剤/層状複水酸化物の合成とその細胞毒性効果
    • 会議名称 : 日本化学会第93春季年会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月22日~2013年3月25日
    • 発表者 : 會澤純雄, 菊池亮太, 菅 大輔, 高橋 諭, 平原英俊, 成田榮一
  105. コーンコブの炭化と生成炭化物による水溶液からのセシウムイオンの吸着
    • 会議名称 : 第63回木材学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月27日~2013年3月29日
    • 発表者 : 佐々木陽, 中村佳良, 大井崇人, 會澤純雄, 平原英俊, 成田榮一
  106. Synthesis of biomolecule-modified 5-fluorouracil-intercalated layered double hydroxide and its cytotoxicity
    • 会議名称 : 17th International Symposium on Intercalation Compounds
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年5月12日~2013年5月16日
    • 発表者 : Sumio Aisawa, Jun Kumasaka, Satoshi Takahashi, Hidetoshi Hirahara, Eiichi Narita
  107. Intracellular dynamic state of the fluorescent layered double hydroxide nanocomposite
    • 会議名称 : 17th International Symposium on Intercalation Compounds
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年5月12日~2013年5月16日
    • 発表者 : Miyuki Tanaka, Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Eiichi Narita, Qiang Dong, Shu Yin, Tsugio Sato
  108. 鉄担持コーンコブ炭化物へのプルシアンブルーの複合化とそのセシウムイオン吸着特性
    • 会議名称 : 第11回木質炭化学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年6月6日~2013年6月7日
    • 発表者 : 1. 大井崇人, 佐々木 陽,成田榮一,平原英俊,會澤純雄
  109. 層状複水酸化物ナノ複合体の細胞内移行過程の観察
    • 会議名称 : 第57回粘土科学討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月4日~2013年9月5日
    • 発表者 : 田中みゆき,會澤純雄・平原英俊・成田榮一,董 強,殷 シュウ,佐藤次雄
  110. 固相反応法による希土類元素含有層状複水酸化物の合成
    • 会議名称 : 第57回粘土科学討論会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月4日~2013年9月5日
    • 発表者 : 篠原五月,會澤純雄,高橋 諭,平原英俊,成田榮一
  111. ポルフィリン類/層状複水酸化物ナノ複合体の合成とその光化学特性
    • 会議名称 : 第57回粘土科学討論会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月4日~2013年9月5日
    • 発表者 : 阿部朋子,會澤純雄,高橋 諭,平原英俊,成田榮一,田中みゆき,佐藤次雄
  112. Adsorption of cesium ion on various natural ores in aqueous solutions
    • 会議名称 : 平成25年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月28日~2013年9月30日
    • 発表者 : Sakata Wataru, Hirahara Hidetoshi, Aisawa Sumio, Narita Eiichi, Sasaki Akira
  113. Synthesis and characterization of rare earth doped layered double hydroxides by mechanochemical method
    • 会議名称 : 平成25年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月28日~2013年9月30日
    • 発表者 : Satsuki Shinohara, Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Eiichi Narita
  114. Adhesion interlayer properties between rubber compound and brass
    • 会議名称 : 平成25年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月28日~2013年9月30日
    • 発表者 : Kazuki Endo, Hidetoshi Hirahara, Sumio Aisawa, Jing Sang, Junichi Kodama
  115. Intercalation behavior of porphyrin compounds into Mg-Al layered double hydroxide and its physicochemical property
    • 会議名称 : 平成25年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月28日~2013年9月30日
    • 発表者 : Tomoko Abe, Sumio Aisawa, Satoshi Takahashi, Hirahara Hidetoshi, Eiichi Narita, Miyuki Tanaka, Tsugio Sato
  116. Synthesis and characterization of hollow nanoshere layered double hydroxide for drug delivery vechicles
    • 会議名称 : 平成25年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月28日~2013年9月30日
    • 発表者 : Kikuchi Ryota, Aisawa Sumio, Takahashi Satoshi, Hidetoshi Hirahara, Narita Eiichi
  117. Coverage of soda-lime glass surface by exfoliated layered double hydroxide nanosheets
    • 会議名称 : 平成25年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月28日~2013年9月30日
    • 発表者 : Kai Takahashi, Sumio Aisawa, Hidetoshi Hirahara, Eiichi Narita
  118. 蛍光色素/層状複水酸化物ナノ複合体の細胞内移行過程
    • 会議名称 : 平成25年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月25日
    • 発表者 : 田中みゆき,會澤純雄,平原英俊,成田榮一,董強,殷シュウ,佐藤次雄
  119. 層状複水酸化物ナノシートを用いる超薄膜の作製
    • 会議名称 : 無機マテリアル学会第127回講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年11月14日~2013年11月15日
    • 発表者 : 13. 高橋海,會澤純雄,平原英俊,成田榮一
  120. カーボンナノスフィアを鋳型とした中空層状複水酸化物の合成
    • 会議名称 : 無機マテリアル学会第127回講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年11月14日~2013年11月15日
    • 発表者 : 菊池亮太,會澤純雄,高橋諭,平原英俊,成田榮一
  121. ポルフィリン/層状複水酸化物ナノ複合体の合成とその光化学的特性
    • 会議名称 : 第13回東北大学多元物質科学研究所研究発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年12月6日
    • 発表者 : 阿部朋子,會澤純雄,高橋諭,平原英俊,成田榮一,田中みゆき,佐藤次雄
  122. Synthesis and photochemical property of anionic porphyrin-intercalated layered double hydroxide
    • 会議名称 : Pinnavaia-MSU Materials Chemistry Symposium
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年5月10日
    • 発表者 : Sumio Aisawa, Tomoko Abe, Satoshi Takahashi, Hidetoshi Hirahara, Eiichi Narita, Tsugio Sato
  123. Synthesis and cytotoxicity of 5-fluorouracil-intercalated layered double hydroxide nanosphere
    • 会議名称 : Pinnavaia-MSU Materials Chemistry Symposium
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年5月10日
    • 発表者 : Sumio Aisawa, Daisuke Suga, Satoshi Takahashi, Hidetoshi Hirahara, Eiichi Narita
  124. スチールコード / 天然ゴムの接着界面の構造解析
    • 会議名称 : 日本ゴム協会2014年年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年5月20日~2014年5月21日
    • 発表者 : 遠藤一輝,平原英俊,會澤純雄,桑静,菅原亜希也
  125. 層状複水酸化物ナノスフィアの合成とドラッグキャリアへの応用
    • 会議名称 : 第30回日本DDS学会学術集会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年7月30日~2014年7月31日
    • 発表者 : 會澤純雄,菊池亮太,平原英俊,成田榮一
    • 主催者 : 日本DDS学会
    • 開催場所 : 慶應義塾大学薬学部芝共立キャンパス
  126. スチールコード/天然ゴムの接着強度に及ぼす繰り返し耐水性試験の影響
    • 会議名称 : 平成26年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月20日~2014年9月21日
    • 発表者 : 遠藤一輝,平原英俊,會澤純雄,桑静
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 山形大学米沢キャンパス
  127. 環境低負荷ポリマー/無機層状化合物ハイブリッドに関する研究
    • 会議名称 : 平成26年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月20日~2014年9月21日
    • 発表者 : 熊谷凌介,平原英俊,會澤純雄,桑静
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 山形大学米沢キャンパス
  128. アルコール溶媒中における層状複水酸化物への薬剤の取り込み
    • 会議名称 : 平成26年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月20日~2014年9月21日
    • 発表者 : 竹村芳乃香,會澤純雄,平原英俊
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 山形大学米沢キャンパス
  129. 希土類元素含有層状複水酸化物の合成およびその粒子径制御
    • 会議名称 : 平成26年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月20日~2014年9月21日
    • 発表者 : 篠原五月,會澤純雄,平原英俊
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 山形大学米沢キャンパス
  130. アルコール溶媒中における層状複水酸化物への薬剤の取り込み
    • 会議名称 : 第58粘土科学討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月24日~2014年9月27日
    • 発表者 : 竹村芳乃香,會澤純雄,平原英俊
    • 主催者 : 日本粘土学会
    • 開催場所 : 福島市 A・O・Z(アオウゼ )
  131. 急速混合法による高分散性層状複水酸化物の合成
    • 会議名称 : 第58粘土科学討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月24日~2014年9月27日
    • 発表者 : 篠原五月,會澤純雄,平原英俊
    • 主催者 : 日本粘土学会
    • 開催場所 : 福島市 A・O・Z(アオウゼ )
  132. 抗がん剤/層状複水酸化物ナノスフィアの合成とその細胞毒性
    • 会議名称 : 第58粘土科学討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月24日~2014年9月27日
    • 発表者 : 會澤純雄,菊池亮太,竹村芳乃香,平原英俊
    • 主催者 : 日本粘土学会
    • 開催場所 : 福島市 A・O・Z(アオウゼ )
  133. 急速混合法による希土類元素含有層状複水酸化物の合成
    • 会議名称 : 平成26年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年11月6日~2014年11月7日
    • 発表者 : 篠原五月,會澤純雄,平原英俊
    • 主催者 : 日本セラミックス協会東北北海道支部
    • 開催場所 : 秋田市にぎわい交流館 AU
  134. エタノール溶媒中における層状複水酸化物への薬剤の取り込み挙動
    • 会議名称 : 平成26年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年11月6日~2014年11月7日
    • 発表者 : 竹村芳乃香,會澤純雄,平原英俊
    • 主催者 : 日本セラミックス協会東北北海道支部
    • 開催場所 : 秋田市にぎわい交流館 AU
  135. 希土類元素含有層状複水酸化物の合成および粒子径制御
    • 会議名称 : 第14回東北大学多元物質科学研究所研究発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年12月5日
    • 発表者 : 篠原五月,會澤純雄,平原英俊,佐藤次雄
  136. 水晶発振子マイクロバランス法によるポリアミド樹脂へのトリアジンジチオールシランカップリング剤の吸着挙動と局所熱分析
    • 会議名称 : 日本化学会第95回春季年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月26日~2015年3月29日
    • 発表者 : 平原英俊,會澤純雄,桑静,中山環
    • 主催者 : 日本化学会
    • 開催場所 : 日本大学理工学部船橋キャンパス/薬学部
  137. 水晶発振子マイクロバランスを用いた層状複水酸化物薄膜の作製
    • 会議名称 : 日本化学会第95回春季年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月26日~2015年3月29日
    • 発表者 : 會澤純雄,澤里美貴,平原英俊
    • 主催者 : 日本化学会
    • 開催場所 : 日本大学理工学部船橋キャンパス/薬学部
  138. トリアジンチオール末端ポリ(2-メチル-2-オキサゾリン)による銅表面の親水化
    • 会議名称 : 日本化学会第95回春季年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月26日~2015年3月29日
    • 発表者 : 佐藤久美子,會澤純雄,桑静,平原英俊,小川薫
    • 主催者 : 日本化学会
    • 開催場所 : 日本大学理工学部船橋キャンパス/薬学部
  139. アルコールを用いたイオン交換法によるTegafur/層状複水酸化物の合成とその細胞毒性
    • 会議名称 : 第31回日本DDS学会学術集会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年7月2日~2015年7月3日
    • 発表者 : 竹村芳乃香,會澤純雄,平原英俊,佐藤次雄
    • 主催者 : 日本DDS学会
    • 開催場所 : 京王プラザホテル
  140. 水晶発振子マイクロバランス法による層状複水酸化物薄膜の吸着挙動の観察
    • 会議名称 : 第59粘土科学討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月2日~2015年9月5日
    • 発表者 : 會澤純雄,澤里美貴,女澤みさき,桑静,平原英俊
    • 主催者 : 日本粘土学会
    • 開催場所 : 山口大学吉田キャンパス
  141. The influence of silane coupling agents on natural rubber / steel plate composite
    • 会議名称 : 平成27年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月12日~2015年9月13日
    • 発表者 : 平原英俊,三浦克也,會澤純雄,桑静, Oravec Jan, Preto Jozef,Hronkovic Jan, Melus Pavol
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 弘前大学文京キャンパス
  142. Method of electroless copper plating on carbon nanospheres
    • 会議名称 : 平成27年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月12日~2015年9月13日
    • 発表者 : グエン ティ タン テュオン,平原英俊,會澤純雄,桑 静
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 弘前大学文京キャンパス
  143. Adsorption and desorption behavior of zearalenone by commercial and organophilic clays
    • 会議名称 : 平成27年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月12日~2015年9月13日
    • 発表者 : 會澤純雄,山﨑春菜,桑 静,遠藤翔太,関根 舞,高橋範行,坂尾一則,成田榮一,平原英俊
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 弘前大学文京キャンパス
  144. Intercalation of anticancer drugs into hollow nanosphere layered double hydroxide
    • 会議名称 : 平成27年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月12日~2015年9月13日
    • 発表者 : 竹村芳乃香,會澤純雄,平原英俊
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 弘前大学文京キャンパス
  145. 熱可塑性樹脂と金属の射出成型接着におよぼす金属表面性状の影響
    • 会議名称 : 高分子学会第64回高分子討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月15日~2015年9月17日
    • 発表者 : 平原英俊,熊谷凌介,會澤純雄,桑静
    • 主催者 : 公益社団法人 高分子学会
    • 開催場所 : 東北大学川内キャンパス
  146. ポリアミド樹脂とアクリロニトリルブタジエンゴム直接架橋接着に関する研究
    • 会議名称 : 高分子学会第64回高分子討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月15日~2015年9月17日
    • 発表者 : 平原英俊,佐藤陸,會澤純雄,桑静
    • 主催者 : 公益社団法人 高分子学会
    • 開催場所 : 東北大学川内キャンパス
  147. 水晶発振子マイクロバランス法によるシランカップリング剤のポリマーへの吸着挙動とAFMによるポリマーの局所熱分析
    • 会議名称 : 高分子学会第64回高分子討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月15日~2015年9月17日
    • 発表者 : 平原英俊,日山沙織,會澤純雄,桑静
    • 主催者 : 公益社団法人 高分子学会
    • 開催場所 : 東北大学川内キャンパス
  148. Fabrication of organic fluorescent dye/layered double hydroxide thin film on quartz crystal microbalance
    • 会議名称 : 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月15日~2015年12月20日
    • 発表者 : Aisawa, Sumio; Sawasato, Miki; Sang, Jing; Hirahara, Hidetoshi
    • 開催場所 : Hawaii convention center, Honolulu, Hawaii, USA
  149. Direct crosslink adhesion of polyamide and acrylonitrile butadiene rubber
    • 会議名称 : 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月15日~2015年12月20日
    • 発表者 : Hirahara, Hidetoshi; Ryo, Sato; Aisawa, Sumio; Sang, Jing
    • 開催場所 : Hawaii convention center, Honolulu, Hawaii, USA
  150. Synthesis of hollow nanoshere layered double hydroxide as cellular delivery vector
    • 会議名称 : 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月15日~2015年12月20日
    • 発表者 : Aisawa, Sumio; Takemura, Honoka; Sang, Jing; Hirahara, Hidetoshi
    • 開催場所 : Hawaii convention center, Honolulu, Hawaii, USA
  151. Adhesion of natural rubber and carbon steel plate
    • 会議名称 : 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月15日~2015年12月20日
    • 発表者 : Hirahara, Hidetoshi; Katsuya, Miura; Aisawa, Sumio; Sang, Jing; Jang Oravec
    • 開催場所 : Hawaii convention center, Honolulu, Hawaii, USA
  152. Adsorption behavior of zearalenone by commercial and organophilic clays
    • 会議名称 : 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月15日~2015年12月20日
    • 発表者 : Aisawa, Sumio; Haruna, Yamazaki; Sang, Jing; Shota, Endo; Mai, Sekine; Noriyuki, Takahashi; Kazunori, Sakao; Eiichi, Narita; Hirahara, Hidetoshi
    • 開催場所 : Hawaii convention center, Honolulu, Hawaii, USA
  153. Controlling of NBR surface chemical functional properties during the curing process
    • 会議名称 : 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月15日~2015年12月20日
    • 発表者 : Sang, Jing; Aisawa, Sumio; Hirahara, Hidetoshi; Mori, Kunio
    • 開催場所 : Hawaii convention center, Honolulu, Hawaii, USA
  154. Study of adhesion between thermoplastic resin and metal using injection molding
    • 会議名称 : 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月15日~2015年12月20日
    • 発表者 : Hirahara, Hidetoshi; Kumagai, Ryosuke; Aisawa, Sumio; Sang, Jing
    • 開催場所 : Hawaii convention center, Honolulu, Hawaii, USA
  155. Synthesis of carbon nanospheres/copper composite particles by electroless plating method
    • 会議名称 : 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月15日~2015年12月20日
    • 発表者 : Hirahara, Hidetoshi; Nguyen, Thuong; Aisawa, Sumio; Sang, Jing
    • 開催場所 : Hawaii convention center, Honolulu, Hawaii, USA
  156. Adsorption behavior of silane coupling agent by the quartz crystal microbalance method and the nano thermal analysis
    • 会議名称 : 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月15日~2015年12月20日
    • 発表者 : Hirahara, Hidetoshi; Hiyama, Saori; Aisawa, Sumio; Sang, Jing
    • 開催場所 : Hawaii convention center, Honolulu, Hawaii, USA
  157. アルコール溶液中における層状複水酸化物への薬剤の取り込み挙動
    • 会議名称 : 第15回東北大学多元物質科学研究所研究発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月22日
    • 発表者 : 竹村芳乃香,會澤純雄,平原英俊,佐藤次雄
  158. Synthesis of well-dispersible rare earth element-doped layered double hydroxides by rapidmixing/hydrothermal method
    • 会議名称 : 日本化学会第96春季年会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月24日~2016年3月27日
    • 発表者 : KIMURA, Hiroe; AISAWA, Sumio; SHINOHARA, Satsuki; SANG, Jing; KURE, Shochiku; HIRAHARA, Hidetoshi
    • 主催者 : 日本化学会
    • 開催場所 : 同志社大学京田辺キャンパス
  159. Fabrication and characterization of core-shell Fe3O4 / layered double hydroxide
    • 会議名称 : 平成29年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月10日~2016年9月11日
    • 発表者 : 山﨑春菜,會澤純雄,桑静,平原英俊
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : いわき明星大学
  160. 商業用粘土および有機修飾粘土によるカビ毒(ゼアラレノン)の吸脱着挙動
    • 会議名称 : 第60粘土科学討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月15日~2016年9月17日
    • 発表者 : 會澤純雄,平原英俊,遠藤翔太,関根舞,成田榮一,高橋範行
    • 主催者 : 日本粘土学会
    • 開催場所 : 九州大学病院キャンパス
  161. コアシェル型マグネタイト/層状複水酸化物の合成および特性
    • 会議名称 : 第60粘土科学討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月15日~2016年9月17日
    • 発表者 : 山﨑春菜,會澤純雄,桑静,平原英俊
    • 主催者 : 日本粘土学会
    • 開催場所 : 九州大学病院キャンパス
  162. 層状複水酸化物を基材としたドラックデリバリー材料の創製
    • 会議名称 : 第10回東北大学多元物質科学研究所新機能無機物質探索研究センターシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2017年2月10日
    • 発表者 : 會澤純雄
    • 主催者 : 東北大学多元物質科学研究所
    • 開催場所 : 東北大学多元物質科学研究所
  163. Synthesis of 5-fluorouracil/layered double hydroxide by rapidmixingmethod
    • 会議名称 : 日本化学会第97春季年会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月16日~2017年3月19日
    • 発表者 : AISAWA, Sumio; SATO, Takuji; TAKATORI, Takuya; SANG, Jing; HIRAHARA, Hidetoshi
    • 主催者 : 日本化学会
    • 開催場所 : 慶応義塾大学日吉キャンパス
  164. エッチングフリー金属と樹脂の射出成形接合とAFM-nanoIR による界面分析
    • 会議名称 : プラスチック成形加工学会第28回年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年6月14日~2017年6月15日
    • 発表者 : 平原英俊,高橋佳佑,會澤純雄,桑静,工藤孝廣,鈴木一孝,村上総一郎
  165. 合成ゴムと樹脂の直接架橋接着
    • 会議名称 : プラスチック成形加工学会第28回年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年6月14日~2017年6月15日
    • 発表者 : 平原英俊,神知広, 桑静,會澤純雄
  166. 樹脂同士の接合に及ぼす表面改質の影響
    • 会議名称 : プラスチック成形加工学会第28回年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年6月14日~2017年6月15日
    • 発表者 : 平原英俊,藤森一伎,桑静,會澤純雄,工藤孝廣
  167. 急速混合法による抗がん剤/層状複水酸化物の合成とその細胞毒性試験
    • 会議名称 : 第33回日本DDS学会学術集会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年7月6日~2017年7月7日
    • 発表者 : 會澤純雄,佐藤卓司,高取拓哉,桑 静,平原英俊
  168. SYNTHESIS AND CHATACTERIZATION OF HOLLOW NANOSHERE LAYERED DOUBLE HYDROXIDE AS DRUG CARRER
    • 会議名称 : 16TH INTERNATIONAL CLAY CONFERENCE
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年7月17日~2017年7月21日
    • 発表者 : SUMIO AISAWA, HONOKA TAKEMURA, SANG JING, HIDETOSHI HIRAHARA
  169. Fabrication of Biomolecules and Drugs Nanocarrier using Layered Double Hydroxide
    • 会議名称 : 平成29年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2017年9月16日~2017年9月17日
    • 発表者 : 會澤純雄
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  170. Synthesis and characterization of silane coupling modified layered double hydroxide/natural rubber composite
    • 会議名称 : 平成29年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月16日~2017年9月17日
    • 発表者 : 三上水輝,折舘智輝,會澤純雄,桑 静,平原英俊
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  171. Synthesis of 5-fluorouracil intercalated Mg-Al layered double hydroxide by rapid-mixing method
    • 会議名称 : 平成29年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月16日~2017年9月17日
    • 発表者 : 三上水輝,折舘智輝,會澤純雄,桑 静,平原英俊
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  172. Direct adhesion between resin and metal by using injection molding
    • 会議名称 : 平成29年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月16日~2017年9月17日
    • 発表者 : 平原英俊,高橋佳佑,會澤純雄,桑静
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  173. Direct adhesion between natural rubber and metal
    • 会議名称 : 平成29年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月16日~2017年9月17日
    • 発表者 : 平原英俊,片山凪,會澤純雄,桑靜,三浦克也
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  174. Study on a layer by layer electroless metal deposition on plastic surface
    • 会議名称 : 平成29年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月16日~2017年9月17日
    • 発表者 : 陳徳馨,平原英俊,會澤純雄,桑靜,康志新
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  175. Study on environment-friendly electroless plating method
    • 会議名称 : 平成29年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月16日~2017年9月17日
    • 発表者 : 平原英俊,土川桃子,會澤純雄,桑静,君成田智裕
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  176. Study on adhesion of natural rubber and copper alloy plate composites
    • 会議名称 : 平成29年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月16日~2017年9月17日
    • 発表者 : 平原英俊,邢弘博,會澤純雄,桑静,三浦克也,オラベックヤン
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  177. The synthesis of copper/resin composites by electroless plating method
    • 会議名称 : 平成29年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月16日~2017年9月17日
    • 発表者 : 平原英俊,田代結女,會澤純雄,桑静,グェンティタンデュオン
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  178. Study on adhesion between silicone rubber and dissimilar materials
    • 会議名称 : 平成29年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月16日~2017年9月17日
    • 発表者 : 平原英俊,藤森一伎,會澤純雄,桑靜
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  179. Effect of thermal and water stability on natural rubber and steel cord composites
    • 会議名称 : 平成29年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月16日~2017年9月17日
    • 発表者 : 平原英俊,佐々木鴻,會澤純雄,桑静
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  180. Study on direct adhesion between thermoplastic resin and metal using injection molding
    • 会議名称 : 平成29年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月16日~2017年9月17日
    • 発表者 : 平原英俊,吉田俊希,會澤純雄,桑静,熊谷凌介
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  181. Study on surface treatment method of carbon fiber
    • 会議名称 : 平成29年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月16日~2017年9月17日
    • 発表者 : 平原英俊,王若西,會澤純雄,桑静,鈴木一孝,村上総一郎
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  182. Direct curing adhesion between Nitrile Butadiene Rubber and resin
    • 会議名称 : 平成29年度化学系学協会東北大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月16日~2017年9月17日
    • 発表者 : 平原英俊,神知広,會澤純雄,桑静
    • 主催者 : 日本化学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  183. Study of degradation of natural rubber and steel cord composites by thermal and water aging
    • 会議名称 : 第66回高分子討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月20日~2017年9月22日
    • 発表者 : Hidetoshi Hirahara, Koh Sasaki, Sumio Aisawa, Jing Sang
  184. 急速混合法による5-フルオロウラシル/層状複水酸化物の合成とその細胞毒性
    • 会議名称 : 第61回粘土科学討論会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月25日~2017年9月26日
    • 発表者 : 會澤純雄,佐藤卓司,高取拓哉,桑 静,平原英俊
    • 主催者 : 日本粘土学会
    • 開催場所 : 富山大学
  185. 急速混合法による層状複水酸化物への抗がん剤の取り込み挙動
    • 会議名称 : 平成29年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年11月1日~2017年11月2日
    • 発表者 : 會澤純雄,小川優吾,佐藤拓司,桑静,平原英俊
  186. 天然ゴム/スチールコード接着物の水熱劣化挙動
    • 会議名称 : 第28 回エラストマー討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年11月29日~2017年11月30日
    • 発表者 : 佐々木鴻,會澤純雄,桑静,平原英俊
  187. 樹脂とゴムの架橋接着とAFM-IRによる界面分析
    • 会議名称 : 第28 回エラストマー討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年11月29日~2017年11月30日
    • 発表者 : 神知広,會澤純雄,桑静,平原英俊
  188. エラストマーと樹脂の接合におよぼす表面加飾の影響
    • 会議名称 : 第28 回エラストマー討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年11月29日~2017年11月30日
    • 発表者 : 藤森一伎,會澤純雄,桑静,平原英俊
  189. メトトレキサート/層状複水酸化物の合成とその細胞毒性
    • 会議名称 : 日本化学会第98春季年会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)
    • 開催期間 : 2018年3月20日~2018年3月23日
    • 発表者 : AISAWA, Sumio; OGAWA, Yugo; SANG, Jing; HIRAHARA, Hidetoshi
    • 主催者 : 日本化学会
学術関係受賞
  1. 日本粘土学会優秀講演賞
    • 受賞年月日 : 1999年1月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 會澤 純雄
  2. 日本粘土学会優秀講演賞
    • 受賞年月日 : 2003年1月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 會澤 純雄
  3. 日本粘土学会奨励賞
    • 受賞年月日 : 2005年8月27日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 會澤 純雄
  4. 平成17年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会優秀発表賞
    • 受賞年月日 : 2005年11月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 坂本未来,杉田学,會澤純雄,平原英俊,高橋諭,成田榮一,佐藤徳一
    • 内容 :
      ホタテ貝殻焼成物の水熱処理によるカルサイト微粒子の合成
  5. 日本粘土学会論文賞
    • 受賞年月日 : 2006年9月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 平原英俊,會澤純雄,佐藤寛恵,高橋諭,梅津芳生,成田榮一
  6. 平成23年度化学系学協会東北大会優秀ポスター賞
    • 受賞年月日 : 2010年9月21日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 田中みゆき,會澤純雄,平原英俊,成田榮一,殷シュウ,佐藤次雄
    • 内容 :
      フルオレセイン/層状複水酸化物ナノ複合体の細胞内への輸送挙動
  7. 平成22年度化学系学協会東北大会優秀ポスター賞
    • 受賞年月日 : 2010年9月26日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 田代公則, 千葉洋一郎, 會澤純雄, 平原英俊, 成田榮一, 長谷川章, 伊藤英信
    • 内容 :
      回収炭酸カルシウムの物理化学的特性とその利用
  8. 平成22年度化学系学協会東北大会優秀ポスター賞
    • 受賞年月日 : 2010年9月26日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 菅 大輔, 會澤純雄, 平原英俊, 高橋 諭, 成田榮一
    • 内容 :
      カーボンナノスフェアを鋳型とする層状複水酸化物の合成
  9. 平成22年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会学生優秀発表賞
    • 受賞年月日 : 2010年10月29日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 田中みゆき,會澤純雄,高橋 諭,平原英俊,成田榮一
    • 内容 :
      フルオレセイン/層状複水酸化物ナノ複合体の細胞内への輸送
  10. 第52回無機マテリアル学会永井記念奨励賞
    • 受賞年月日 : 2011年6月2日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 會澤純雄
  11. The 4th International Symposium on Functional Materials (ISFM2011) Best Poster Presentation Award for Young Scientists
    • 受賞年月日 : 2011年8月4日
    • 受賞者・受賞グループ名 : Miyuki Tanaka, Sumio Aisawa, Eiichi Narita, Tsugio Sato
    • 内容 :
      Cellular uptake behavior of fluorescein - intercalated layered double hydroxide
  12. 平成23年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会学生優秀発表賞
    • 受賞年月日 : 2011年10月28日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 今野仁栄, 會澤純雄, 高橋 諭, 平原英俊, 成田榮一
    • 内容 :
      薬剤/層状複水酸化物ナノ複合体の合成と薬剤の放出挙動
  13. 平成23年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会学生優秀発表賞
    • 受賞年月日 : 2011年10月28日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 田中みゆき, 會澤純雄, 平原英俊, 成田榮一, 殷シュウ, 佐藤次雄
    • 内容 :
      可視化プローブ特性を有する層状複水酸化物粒子の細胞内挙動の観察
  14. 無機マテリアル学会 第123回学術講演会講演奨励賞
    • 受賞年月日 : 2011年11月17日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 田中みゆき, 會澤純雄, 平原英俊, 成田榮一, 殷シュウ, 佐藤次雄
    • 内容 :
      フルオレセイン/層状複水酸化物ナノ複合体の合成と細胞内輸送挙動
  15. 日本セラミックス協会 第25回秋季シンポジウム特定セッション優秀発表賞
    • 受賞年月日 : 2012年9月19日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 田中みゆき,會澤純雄,平原英俊,成田榮一,董 強,殷 シュウ,佐藤次雄
    • 内容 :
      可視化プローブ特性を有する層状複水酸化物の合成および形態制御
  16. 日本化学会第93春季年会学生講演賞
    • 受賞年月日 : 2013年4月18日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 田中みゆき,會澤純雄,平原英俊,成田榮一,董 強,殷 シュウ,佐藤次雄
    • 内容 :
      層状複水酸化物ナノ複合体の細胞内動態
  17. 平成25年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会学生優秀発表賞
    • 受賞年月日 : 2013年10月25日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 田中みゆき, 會澤純雄, 平原英俊, 成田榮一, 殷シュウ, 佐藤次雄
    • 内容 :
      蛍光色素/層状複水酸化物ナノ複合体の細胞内移行過程
  18. 第57回粘土科学討論会優秀講演賞
    • 受賞年月日 : 2013年11月8日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 田中みゆき,會澤純雄,平原英俊,成田榮一,董 強,殷 シュウ,佐藤次雄
    • 内容 :
      層状複水酸化物ナノ複合体の細胞内移行過程の観察
工業所有権
  1. トリアジンチオール担持炭化物,トリアジンチオール担持炭化物の製造方法,金属イオン吸着方法および金属回収方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2007年1月31日
    • 出願番号 : 特願2007-02232
  2. エラストマー組成物,該エラストマー組成物からなる部材,画像形成装置用導電性部材及び画像形成装置
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2005年4月1日
    • 出願番号 : 特開2005-200541
  3. 硫酸塩溶液の処理方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2008年4月2日
    • 出願番号 : 特願2008-096347,
    • 公開日 : 2012年8月3日
  4. 極性溶媒中で剥離する層状複水酸化物およびその製造法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2007年3月5日
    • 公開日 : 2012年12月4日
  5. 水中で剥離する層状複水酸化物およびその製造法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2007年3月5日
    • 公開日 : 2008年9月18日
    • 登録番号 : 特許第5178027号
  6. 架橋型層状水酸化亜鉛の層間に紫外線吸収性の化合物を取り込ませた組成物、同組成物の製造方法及び同組成物を用いた紫外線吸収剤又は外用剤
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2002年8月9日
    • 出願番号 : 特許出願2002-232348
    • 公開日 : 2004年3月4日
    • 公開番号 : 特許公開2004-67631
    • 登録日 : 2004年3月4日
    • 登録番号 : 2004-67631
  7. 層状複水酸化物のデラミネーション方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2002年12月11日
    • 出願番号 : 特許出願2002-359615
    • 公開日 : 2004年7月8日
    • 公開番号 : 特許公開2004-189671
    • 登録日 : 2004年7月8日
    • 登録番号 : 2004-189671
  8. 層状複合体の製造方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2003年3月19日
    • 出願番号 : 特許出願2003-76407
    • 公開日 : 2004年10月14日
    • 公開番号 : 特許公開2004-284842
    • 登録日 : 2004年10月14日
    • 登録番号 : 2004-284842
  9. シクロデキストリン含有薬剤または食品添加剤
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2005年8月1日
    • 出願番号 : 特許出願2005-222676
    • 公開日 : 2006年3月16日
    • 公開番号 : 特許公開2006-70022
    • 登録日 : 2006年3月16日
    • 登録番号 : 2006-70022
  10. 剥離した層状複水酸化物を含む難燃性合成樹脂組成物
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2006年6月22日
    • 出願番号 : 特願2006-172827
    • 公開日 : 2011年10月19日
    • 公開番号 : 特許第4796445号
    • 登録日 : 2011年10月19日
    • 登録番号 : 特許第4796445号
  11. 水中で剥離する層状複水酸化物、その製造方法および用途
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2007年1月2日
    • 登録日 : 2012年12月14日
    • 登録番号 : 特許第5155568号
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2002年4月~2004年3月
  2. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2004年4月~2006年3月
  3. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2006年4月~2008年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2007年度・1,000,000円・0円
      2008年度・2,600,000円・0円
  4. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2008年4月~2010年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2008年度・1,600,000円・480,000円
      2009年度・1,600,000円・480,000円
  5. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2009年4月~2012年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2009年度・20,000円・0円
      2010年度・20,000円・0円
  6. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2011年4月~2013年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2011年度・1,900,000円・570,000円
      2012年度・1,500,000円・450,000円
  7. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2016年4月~2019年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2016年度・1,700,000円・510,000円
      2017年度・1,100,000円・330,000円
      2018年度・1,000,000円・300,000円
奨学寄附金等
  1. 財団法人新生資源協会
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附金額 : 800,000円
    • 寄附年月 : 2008年8月
  2. 財団法人新生資源協会
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附金額 : 800,000円
    • 寄附年月 : 2009年8月
その他競争的資金獲得実績
  1. 全学経費(学長裁量経費を除く)
    • 研究内容 :
      本提案では、災害に対応可能な分散型インフラ構築のために、有機化学および無機化学の見地に立ち、エネルギーの高効率利用技術の開発を多角的に実現可能な技術開発を目的とする。新たに両親媒性化合物の設計と合成を行い、これを活用した、Ⅰ.洗浄剤としての高性能界面活性剤、Ⅱ.非化石資源を用いるリサイクル可能な高耐熱・高耐候性エラストマー・樹脂、Ⅲ.多機能型ドラッグデリバリーシステム、Ⅳ.低コスト・低消費電力化に寄与する有機無機複合発光体や有機半導体デバイスならびにそれら製造技術、Ⅴ.デバイス間のエネルギー伝達の高効率化のための摩擦力の高度な制御技術の開発を目的とする。
  2. 平成15年度笹川科学研究助成
    • 資金支給期間 : 2003年4月~2004年2月
    • 研究内容 :
      本研究では,UV散乱およびUV吸収能を同時に機能することが期待される新規なUV防御剤の開発を行うため,層状水酸化亜鉛(Layered Zinc Hydroxide:LZH)に着目し,高性能UV防御剤合成法の確立を目的とした.
  3. 平成20年度 9月入学支援経費事業
    • 資金支給期間 : 2008年7月~2009年1月
    • 研究内容 :
      交流協定校ではあるが本学への工学研究科への進学の実績はない寧波大学、華南理工大学を対象に、相手大学から推薦された留学生が本研究科に中国での学部卒業後直ちに本研究科に進学できるようなシステムを構築すべく、訪問調査を実施した。新たに、ベトナムホーチミン工科大学に関しても秋期入学の実施に向けた訪問調査を実施した。
  4. 物質・デバイス領域共同研究拠点共同研究課題
    • 資金支給期間 : 2010年6月~2011年3月
    • 研究内容 :
      オゾン層破壊に伴うオゾンホールの発生により,地表へ降り注ぐ紫外線量の増加は人間に対し身近な環境問題であり,様々な産業において高性能な紫外線防御剤(UV防御剤)の開発が注目されている.現在一般に使用されているUV防御剤はUV吸収剤(有機化合物)とUV散乱剤(無機化合物)に大別される.UV吸収剤は高いUV吸収能をもっているが,人体に対する有害性が認められているため使用量に制限がある.一方,酸化チタンや酸化亜鉛などのUV散乱剤は人体への危険性は少ないものの,可視光線の反射に伴う白浮きなどの欠点があり,粒子形状および粒子サイズの制御による改良が行われている.
      近年,有機物と無機物がナノオーダーで複合化したナノハイブリッド化合物の研究が行われている.なかでも無機層状化合物の層間へ有機化合物を取り込ませるインターカレーション反応は,層間における有機分子の配向や配列制御が可能であり,新規有機-無機ナノハイブリッド化合物の合成法として広く利用されている.
      そこで本研究では,UVの散乱能および吸収能を同時に発現可能なUV防御剤の開発を目指し,層状水酸化亜鉛(Layered Zinc Hydroxide: LZH)へのUV吸収剤をインターカレーションしたUV吸収剤-LZH複合体の合成ならびにそのUV防御能について検討する.
  5. 平成22年度 財団法人日本化学研究会 化学研究連絡助成金
    • 資金支給期間 : 2011年3月~2012年2月
    • 研究内容 :
      近年,新薬の開発が難しくなり,さらに薬物の特許切れの問題から,既存の薬物を工夫することで薬理効率の向上を目指したドラッグデリバリーシステム(DDS)が注目されている.現在,ドラッグデリバリー材料を目的とした様々なナノ粒子に関する研究開発が行われており,ナノレベルで構造を制御した各種ドラッグデリバリー材料が報告されている.一方,層状複水酸化物(Layered double hydoroxide: LDH)は,層間へ陰イオンを取り込むことが可能であり,生体親和性が高いためドラッグデリバリー材料への応用が期待されている無機ナノ粒子一つである.本申請課題では,抗がん剤をLDHへ取り込んだ「抗がん剤/LDH複合体」を合成し,さらにLDHの粒子サイズ・形状の制御を試みる.また,抗がん剤/LDH複合体の細胞毒性,つまり細胞への抗がん剤の輸送効率の向上を最終目的とした.細胞への抗がん剤の輸送効率を改善できれば,LDHは,非ウィルスベクターのような感染性が低い,安全性が高い,低コストで量産可能など多くのメリットを備えたドラッグデリバリー材料としての役割を果たすことが期待できる.
      ドラッグデリバリー材料に付与したい性能は,1)薬物放出の制御,2)薬物の標的指向化(ターゲティング),3)薬物の吸収促進である.これまで個々の性能を持つドラッグデリバリー材料は数多く研究・開発されてきたが,薬物の多様化,医療技術の高度化に伴い,多くの機能を併せ持つドラッグデリバリー材料の開発が求められている.しかし,すべての性能を付与することは困難である.とくに3)薬物の吸収促進,つまり薬物の細胞への輸送効率の改善が重要である.ドラッグデリバリー材料としてLDHを利用する場合,LDHは細胞表面へ吸着し,細胞内へ迅速に取り込まれ,細胞内のエンドソームにおいて溶解されることで薬物を放出,速やかに代謝される.従って,他のドラッグデリバリー材料に比べて分解されやすく,かつ蓄積性が低いため生体への負荷が低いことが予想される.
  6. 物質・デバイス領域共同研究拠点
    • 資金支給期間 : 2011年4月~2012年3月
    • 研究内容 :
      近年,ドラッグデリバリーならびに非ウィルスベクター材料として層状複水酸化物(LDH)が注目されている.LDHは,陰イオン交換能を持つことから,インターカレーション反応を用いた,有機化合物/LDH複合体の合成における基盤物質として用いられている.本申請課題では,LDHへのインターカレーション反応を用い,たんぱく質を構成するペプチドとLDHとの複合化に着目し,ペプチド/LDH複合体の合成ならびにその細胞毒性について調べ,新規なペプチド/LDH複合体を母体とした非ウィルスベクターの創製を試みる.
      LDHは制酸剤として多くの医薬品に含まれており,生体親和性が高いことからLDHへのベクター機能の付与が期待できる.しかし,LDHの細胞毒性ならびに細胞内へのたんぱく質や薬物の送達能力について詳細な研究は行われていない.また,ペプチドは人体にとって重要な機能を担っているが,熱安定性ならびに耐酸性が低いため安定化が求められている.ペプチドはLDHとナノレベルでの複合化にともない熱安定性,耐酸性ならびに生体親和性の向上が予想され,細胞への送達能力の向上も期待できる.以上のことから,ペプチド/LDH複合体に,薬物,たんぱく質,遺伝子などを送達する能力を備えられれば,感染性がなく,安全性の高い,低コストで量産可能な多くのメリットを備えた新しい有機/無機非ウィルスベクターへの展開が期待できる.
  7. 科学技術戦略推進費
    • 資金支給期間 : 2011年7月~2012年3月
    • 研究内容 :
      福島原発事故で喫緊の課題となっている、環境中の放射性物質の回収・除去技術を開発・実証し、実際の汚染除去を実現することを目指す。対象核種としては、既に大量に環境中に飛散しているにもかかわらず、半減期が長く、経時による減少が見込めない放射性セシウムを主たる対象としてシステム開発を進める。
      このうち、独立行政法人物質・材料研究機構では、天然鉱物等の無機材料を利用した環境からの放射性物質回収・除去技術等の開発を目的として、セシウムの選択的吸着機能が知られるモルデナイト、スメクタイトなどの天然鉱石を利用したセシウム回収・除去技術の開発、高秩序メゾポーラス材料によるヨウ素吸着材の開発を、11機関(国立大学法人北海道大学、国立大学法人岩手大学、国立大学法人東京工業大学、国立大学法人島根大学、国立大学法人宮崎大学、公立大学法人首都大学東京、学校法人金沢工業大学、独立行政法人日本原子力研究開発機構、独立行政法人国際農林水産業研究センター、独立行政法人産業技術総合研究所、財団法人電力中央研究所)によるその他天然鉱物等の無機材料の農地土壌を想定した環境下でのセシウム等の元素の吸着・除去特性についての研究成果を得た上で行うほか、これら検討結果の取りまとめを行うとともに、プロジェクトの総合的推進を行う。
  8. 物質・デバイス領域共同研究拠点
    • 資金支給期間 : 2012年4月~2013年3月
    • 研究内容 :
      層状複水酸化物(LDH)は無機ナノ粒子の一種であり,陰イオン交換能ならびに高い生体親和性を持つことから,ドラッグデリバリー材料として期待されている.本研究では,細胞への薬剤の輸送や細胞内における薬剤の放出改善を目的とし,D-グルコースを水熱処理することで合成できるカーボンナノスフィア(CNS)を鋳型として用い,LDHの粒径および形状を制御したLDHナノスフィア(LDH-NS)の合成を試みる.また,LDH-NSに抗がん剤を取り込ませた抗がん剤/LDH-NSPの合成も挑戦し,その細胞増殖抑制効果について検討する.
      これまで申請者は,抗がん剤(5-フルオロウラシル:5FU)/LDHを合成し,培養細胞に対する細胞増殖抑制効果が5FUに比べ高くなることを見出した.また,その抑制効果はLDHの粒径に依存することも明らかにした.しかし,LDHの粒径を制御しながら球状にするのは困難である.そこで,LDH-NSを経由し,粒径を100~200 nmに制御できれば,血中投与時にがん組織への蓄積性を持つLDHを得ることができる.また,LDH-NSは中空にすることで細胞内におけるLDHの溶解に伴う薬剤の放出促進が予想される.したがって,LDH-NSはがん組織に対する蓄積性ならびに薬剤の輸送効率が高い無機ナノ粒子をベースにしたドラッグデリバリー材料としての応用が期待できる.
  9. 物質・デバイス領域共同研究拠点
    • 資金支給期間 : 2013年4月~2014年3月
    • 研究内容 :
      近年,層状複水酸化物(LDH)は高い生体親和性が着目され,LDHへ生体分子を取り込んだLDHナノ複合体が生体分子のキャリア材料への応用が注目されている.また,ポルフィリンは,がん組織への特異的な集積性や光励起による一重項酸素の発生に伴う細胞破壊効果を利用した光線力学的療法(PDT)に用いられているが,集積性や一重項酸素の発生効率が低いなどの問題がある.一方,LDHとポルフィリンとの複合化に関する研究は報告されているが,ヘミンおよびプロトポルフィリンIXに関する報告例はない.本課題では,PDTへの応用を最終目的とし,ポルフィリン/LDHナノ複合体の合成およびその光化学的特性について検討する.
      これまで申請者は,蛍光色素/LDHを合成し,その細胞内動態について検討を重ねてきた.その結果,LDHは細胞内へ容易に取り込まれ,細胞内において蛍光色素を放出する様子を観察している.このことから,LDHをポルフィリンのキャリア材料として用いることで,がん組織へポルフィリン/LDHを集積させ,細胞内にポルフィリンを効率的に放出することができれば,一重項酸素の発生効率を改善しPDTに利用できるナノ材料としての応用が期待される.
  10. 平成25年度教育研究支援経費
    • 資金支給期間 : 2013年5月~2014年3月
    • 研究内容 :
      本申請課題の最終目標は無機ナノ材料をベースとしたドラッグデリバリー材料の創製である.無機ナノ材料の一種である層状複水酸化物(LDH)は,その高い生体親和性や陰イオン交換能などを持ち,近年,ドラッグデリバリーシステム(DDS)を構築するうえで重要な無機ナノ材料として注目されている.しかし,細胞にLDHを作用させた際,培地や緩衝溶液中において粒子が凝集し,凝集体の状態で細胞内へ取り込まれる.そのため,細胞内への薬剤の輸送効率の低下やナノサイズのLDHの細胞内への輸送形態や細胞内動態が明らかにされていないため,in vitroからin vivoへの展開が困難という課題がある.これらの問題を解決するために,固相反応法を用いた小粒径LDHの合成,高結晶性・高分散性LDHの合成法の確立を目標とし,さらに,LDHの細胞内動態を可視化するため同方法による希土類元素含有/LDHの合成を試み,これらのLDHを細胞に作用させLDHの細胞内動態の観察・解明を目指す.この成果から,LDHをベースとしたドラッグデリバリー材料の開発につなげる.
  11. 物質・デバイス領域共同研究拠点
    • 資金支給期間 : 2014年4月~2015年3月
    • 研究内容 :
      層状複水酸化物(LDH)は陰イオン交換能をもち,薬剤やDNAなどの生体分子をLDH層間へ保持することができるため,無機系ナノキャリア材料として注目されている.とくにLDH粒子は正に帯電しているため,表面が負に帯電している細胞表面へ吸着しやすく,エンドサイトーシスにより細胞内へ取り込まれる.しかし,LDHの細胞への輸送機構や細胞内におけるLDHの挙動は明らかになっていない.一方,希土類元素(RE)をLDH基本層に固溶させるとLDHに蛍光特性を付与することができ,希土類元素含有LDH(RE-LDH)は細胞内動態を観察する蛍光プローブとして利用できる可能性がある.本研究では,粒子形状ならびにサイズが均一かつ小粒径のLDHを合成できる固相反応法により,RE-LDHの合成を試みさらにLDHの細胞内動態を観察する蛍光プローブとして応用を目的とする.この成果はLDHによる「感染性のない」「安全性が高い」「薬物の輸送効率が高い」「pH応答性を持つ」など,多くの機能を備えたDDS構築をはじめ,新しい無機系ナノキャリアの創製に発展する可能性がある.
  12. 戦略的イノベーション創造プログラム
    • 資金支給期間 : 2014年11月~2019年3月
    • 研究内容 :
      これまで岩手大学が培ってきた革新的シーズ「トリアジンチオール誘導体による分子接合技術」が有する非材料依存性、非接合条件依存性及び非環境条件依存性の解明とその確立を図るとともに、当該技術を活用した新しい機能性製品や軽量、低コスト化製品等の創出に資する研究開発を進め、技術移転を図ることにより、被災地域及び我が国のものづくり産業のイノベーション創出を図ることを目的とする。
  13. 物質・デバイス領域共同研究拠点
    • 資金支給期間 : 2015年4月~2016年3月
    • 研究内容 :
      層状複水酸化物(LDH)は,生体親和性が高く,負に帯電した細胞表面へ容易に吸着し,細胞内へ取り込まれやすいため,LDHをドラッグキャリア材料として利用する研究が近年注目されている.一方,炭酸型LDHは,炭酸イオンとLDH基本層が静電的に強く相互作用しているため,イオン交換反応による各種陰イオンの取り込みは困難とされていた.しかし,アルコール溶液中における脱炭酸に伴い,LDH層間へ薬剤を取り込む方法が報告された.本研究では,LDHへの取り込みが困難である水に難溶性の薬剤を,上述の方法を用いてLDH層間へ取り込み,新規な薬剤/LDHの合成を目的とする.薬剤としては抗がん剤として利用されている5-フルオロ-1-(テトラヒドロ-2-フルフリル)ウラシル(Tegafur)を用い,脱炭酸の促進が期待できる酸-エタノール混合溶液または各種アルコール溶液中でのイオン交換反応による薬剤の取り込み挙動を調べ,その化学的特性とTegafur/LDHの細胞毒性を評価する.
      ※共同研究希望教員との役割分担も明確に記載ください。(一般研究課題)
      Tegafur/LDHの合成は,0.1 M HCl-EtOH溶液とEtOHを所定量混合したHCl-EtOH溶液または各種アルコール溶液を用いて所定濃度のTegafur溶液を調製し,窒素雰囲気下において炭酸型LDHを所定量加え,所定温度,所定時間,撹拌することにより行う.その際,Tegafurの取り込みにおよぼす反応条件を系統的に調査する.固体生成物はXRD,FT-IR,固体13C-NMRなどにより評価し,詳細な構造決定を佐藤研究室と共同で実施する予定である.また,Tegafur/LDHの細胞毒性は,モデル細胞としてHeLa細胞(ヒト,子宮頚がん由来)に所定量のTegafur/LDHを添加し,WST-8試験による細胞生存率を実施する予定である.
  14. 研究成果展開事業マッチングプランナー プログラム「探索試験」
    • 資金支給期間 : 2016年1月~2017年1月
    • 研究内容 :
      国産ならびに輸入農産物からカビ毒汚染が見つかっている.そのため食品に対するカビ毒の規制値や監視体制は整備されているが,カビ毒に汚染された飼料を摂取した家畜の繁殖障害や肝・腎臓障害に伴う生産性の低下ならびに人間への影響が危惧されている.これらの問題を解決するため,飼料添加剤としてケイ酸塩を家畜飼料に配合し,カビ毒を吸着・除去,家畜への体内移行を抑制する方法がとられている.しかし,現在市販されている試料添加剤の大部分は輸入品であり,比較的高価である.本申請課題では国内で豊富に産出するケイ酸塩を化学的な処理,すなわち有機修飾(レシチン類)することで,高性能で安価,安全性の高い飼料添加剤の開発を行う.
  15. 物質・デバイス領域共同研究拠点
    • 資金支給期間 : 2016年4月~2017年2月
    • 研究内容 :
      層状複水酸化物(LDH)は,低細胞毒性,高生体親和性および陰イオン交換能をもつ無機ナノ粒子の一つで,
      近年ドラッグキャリア材料に応用する研究が行われている.一方,鉄酸化物ナノ粒子は造影剤やドラッグキャ
      リア,ハイパーサーミヤなどに利用されており,LDHと鉄酸化物ナノ粒子によるコアシェル構造体を形成するこ
      とで,多機能性のドラックキャリア材料を構築できる可能性がある.本研究では,鉄酸化物ナノ粒子としてマグ
      ネタイトを用い,その表面上にLDHを階層的に積層させ,マグネタイト@LDHコアシェルの合成を試みる.また,
      このLDH領域へのポルフィリン類の取り込みを検討し,マグネタイト@LDH@ポルフィリンの合成とその細胞毒
      性,交流磁場によるポルフィリンの放出ならびに一重項酸素の発生について検討する.
  16. 文部科学省「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」
    • 資金支給期間 : 2016年10月~2017年3月
    • 研究内容 :
      無機機能材料の一つである層状複水酸化物(LDH)は、陰イオン交換能をもつ粘土鉱物の一種であり、医薬用制酸剤、陰イオン交換体、触媒など幅広い分野で利用されている。一方、単層カーボンナノチューブ(Single-walled carbon nanotubes, SWCNTs)は、その直径と巻き方によって金属や半導体になるなどの電気的特性、非線形光学特性や、極めて強靭な機械的特性、ダイヤモンドを超える熱伝導特性などが期待され、ナノテクノロジーの代表的な新素材として注目を浴びている。本研究では、上記のLDHとCNTを組み合わせた新規ナノハイブリッド材料を合成し、その電気化学的特性を明らかにすることを目標とする。今年度、本研究テーマでは、研究グループが考案した「急速混合-水熱法」を基にした方法により小粒径・高分散性Ni-Co系 LDHの合成を試みる。
  17. 物質・デバイス領域共同研究拠点
    • 資金支給期間 : 2017年4月~2018年2月
    • 研究内容 :
      層状複水酸化物(LDH)は高い生体親和性ならびに陰イオン交換能をもち,薬剤をLDHの層間へ取り込み,無機系ドラックキャリアとして注目されている.とくにLDH粒子は正に帯電しているため,表面が負に帯電している細胞表面へ吸着しやすく,エンドサイトーシスにより細胞内へ取り込まれる.しかし,LDHの細胞への輸送機構や細胞内におけるLDHの挙動は明らかになっていない.これまで,固相反応法により希土類元素をLDH基本層に固溶させた(RE-LDH)の合成に成功しているが,粒子サイズと水溶液中での分散性に問題があった.本研究では,粒子形状ならびにサイズが均一,かつ水溶液中で分散性が高いLDHを合成できる急速混合法により,RE-LDHの合成を試みさらにLDHの細胞内動態を観察する蛍光プローブとして応用を目的とする.この成果はLDHを基材とした無機系ナノキャリア・プローブ材料の創製に発展する可能性がある.
  18. 文部科学省「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」
    • 資金支給期間 : 2017年8月~2018年3月
    • 研究内容 :
      無機機能材料の一つである層状複水酸化物(LDH)は、陰イオン交換能をもつ粘土鉱物の一種であり、医薬用制酸剤、陰イオン交換体、触媒など幅広い分野で利用されている。一方、単層カーボンナノチューブ(Single-walled carbon nanotubes, SWCNTs)は、その直径と巻き方によって金属や半導体になるなどの電気的特性、非線形光学特性や、極めて強靭な機械的特性、ダイヤモンドを超える熱伝導特性などが期待され、ナノテクノロジーの代表的な新素材として注目を浴びている。本研究では、上記のLDHとCNTを組み合わせた新規ナノハイブリッド材料を合成し、その電気化学的特性を明らかにすることを目標とする。本研究テーマでは昨年度までに、研究グループが考案した「急速混合-水熱法」を基にした方法により小粒径・高分散性Mg-Al系LDHの合成を行った。また、昨年度、一関工業高等専門学校内にCNTの合成システムを構築し、CNTの合成が可能となった。今年度は、LDH-CNT複合材料の合成およびその電気特性の評価を試みる。
  19. 物質・デバイス領域共同研究拠点
    • 資金支給期間 : 2018年4月~2019年2月
    • 研究内容 :
      層状複水酸化物(LDH)は高い生体親和性ならびに陰イオン交換能をもち,薬剤をLDHの層間へ取り込み,無機系ドラックキャリアとして注目されている.とくにLDH粒子は正に帯電しているため,表面が負に帯電している細胞表面へ吸着しやすく,エンドサイトーシスにより細胞内へ取り込まれる.しかし,LDHの細胞への輸送機構や細胞内におけるLDHの挙動は明らかになっていない.これまで,固相反応法により希土類元素をLDH基本層に固溶させた(RE-LDH)の合成に成功しているが,粒子サイズと水溶液中での分散性に問題があった.本研究では,粒子形状ならびにサイズが均一,かつ水溶液中で分散性が高いLDHを合成できる急速混合法により,RE-LDHの合成を試みさらにLDHの細胞内動態を観察する蛍光プローブとして応用を目的とする.この成果はLDHを基材とした無機系ナノキャリア・プローブ材料の創製に発展する可能性がある.
所属学会・委員会
  1. 日本化学会 (1997年4月1日~継続中)
  2. 日本粘土学会 (1997年4月1日~継続中)
  3. 無機マテリアル学会 (2002年1月1日~継続中)
  4. 日本DDS学会 (2008年4月~継続中)
  5. 日本セラミックス協会 (2013年6月11日~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 日本粘土学会 ClayScience編集委員(2004年9月15日~継続中)
  2. 日本粘土学会 常務委員(2008年9月~2010年9月)
  3. 日本粘土学会 粘土科学編集委員(2008年9月~2012年9月)
  4. 日本粘土学会 評議員(2010年9月~2012年9月)
  5. 日本粘土学会 理事(2015年9月~2018年9月)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 無機マテリアル学会 第115回学術講演会 (2007年10月)
    • 参加者数 : 130人
  2. 第53回粘土科学討論会 (2009年9月)
    • 参加者数 : 200人
  3. 第2回若手研究者研究発表会 (2009年9月)
    • 参加者数 : 30人
  4. 平成24年度日本セラミックス協会東北北海道支部発表会 (2012年11月)
    • 参加者数 : 120人
  5. 平成29年度化学系学協会東北大会 (2017年9月)
    • 参加者数 : 400人
学会活動2(国際会議などの座長)
  1. S. Aisawa and J. Huertas [2010 SEA-CSSJ-CMS Trilateral Meeting on Clays (2010年6月)]
  2. Session 6 Biology and medicine [The 2nd Asian Clay Conference (2012年9月)]
生涯学習支援実績
  1. 八戸南大学
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 千の用途を持つ素材「粘土」 -生命の起源から医薬品まで-
    • 開催期間 : 2012年6月
  2. 平成24年度 岩手大学公開講座第32回工学部教養講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : きれいな水を守ろう! 水の浄化を体験する。
    • 開催期間 : 2012年7月
  3. 仙台西高等学校アカデミックインターンシップ
    • 種類 : 高大連携インターンシップ
    • 担当部門(講演題目) : きれいな水を守ろう!
    • 開催期間 : 2013年8月
  4. 岩手県立大船渡高等学校一日総合大学
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 千の用途を持つ素材「粘土」
      -生命の起源から医薬品まで-
    • 開催期間 : 2013年9月
  5. 青森県立三本木高等学校アカデミックインターンシップ
    • 種類 : 高大連携インターンシップ
    • 担当部門(講演題目) : きれいな水を守ろう!
    • 開催期間 : 2014年8月
  6. いろんな結晶づくりをたのしもう!
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 結晶ねんどのサンドイッチ
    • 開催期間 : 2014年9月
  7. 岩手県立一関第一高等学校「工学部ゼミ」
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 千の用途を持つ素材「粘土」-生命の起源から医薬品まで-
    • 開催期間 : 2014年9月
  8. 化学への招待(東北支部第242 回)
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 岩手大学一日体験化学教室-水資源を守ろう!-
    • 開催期間 : 2015年7月
  9. 宮城県仙台西高等学校アカデミックインターンシップ
    • 種類 : 高大連携インターンシップ
    • 担当部門(講演題目) : きれいな水を守ろう!
    • 開催期間 : 2015年8月
  10. 宮城県仙台向山高等学校アカデミックインターンシップ
    • 種類 : 高大連携インターンシップ
    • 担当部門(講演題目) : きれいな水を守ろう!
    • 開催期間 : 2015年8月
  11. 岩手県立一関第一高等学校アカデミックインターンシップ
    • 種類 : 高大連携インターンシップ
    • 担当部門(講演題目) : きれいな水を守ろう!
    • 開催期間 : 2015年8月
  12. チャレンジサイエンス岩手大学工学部の先生と一緒に、実験や工作にチャレンジしよう!
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : アルギンボールをつくろう
    • 開催期間 : 2015年9月
  13. きれいな水を守ろう!
    • 種類 : 岩手県釜石高等学校SSH
    • 担当部門(講演題目) : きれいな水を守ろう!
    • 開催期間 : 2016年9月
  14. 黒板に書かれたチョークを効率よく消したい。
    • 種類 : 課題研究指導
    • 担当部門(講演題目) : 黒板に書かれたチョークを効率よく消したいに関して,化学・物理的な視点による探索方法を指導した.
    • 開催期間 : 2016年9月~2017年2月
  15. きれいな水を守ろう!
    • 種類 : 高大連携インターンシップ
    • 担当部門(講演題目) : きれいな水を守ろう!水道の簡易塩素の測定
    • 開催期間 : 2017年9月
  16. 【化学】みんな細胞 おいしい水の条件とは何か
    • 種類 : 課題研究指導
    • 担当部門(講演題目) : おいしい水の条件とは何か,化学的生物的視点から調べる.
    • 開催期間 : 2018年6月~2019年2月
産学官民連携活動
  1. 「いわて発」高付加価値コバルト合金によるイノベーションクラスターの形成
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  2. INS 水と環境研究会設立総会および第一回研究会
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  3. INS 水と環境研究会第二回研究会
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  4. INS 水と環境研究会第三回研究会
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  5. INS 水と環境研究会第四回研究会
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  6. INS 水と環境研究会第五回研究会
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
国際交流活動
  1. 2008年度
    • 学術交流
      • 交流機関・事業等名 :
        平成20年度 9月入学支援経費事業
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        本学への工学研究科への進学留学の実績はないベトナムホーチミン工科大学から推薦
        された留学生が本研究科にベトナムでの学部卒業後直ちに本研究科に進学できるよう
        なシステムを構築すべく、秋期入学の実施に向けた訪問調査を実施した。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        日本留学フェア(ベトナム)
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        ベトナムの学生が日本留学を志し、かつ、留学希望に合った大学等を選択し、実りある留学を達成できるようにするため、留学希望者及び進学指導者等を対象に、ベトナム(ホーチミン)へ出向き、岩手大学の教育、研究上の特色等に関する最新で的確な情報を提供し、岩手大学への留学の促進を図る。
  2. 2016年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        さくらサイエンスプラン
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        華南理工大学の学部生・大学院生を招聘し,岩手大学理工学部化学・生命理工学科化学コース無機材料化学研究室において,3日間の実験・研修を実施した.
ボランティア・寄与など
  1. 2011年度
    • ボランティア
      • 岩手県立高田高等学校2年生への化学実験・講義
    • ボランティア
      • きみたちの魔法-化学『新』発見の補助
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2006年度
    • 化学への招待(東北支部145回)
      岩手大学一日体験化学教室
      テーマ「きれいな水を守ろう」
      2006.7.29
  2. 2007年度
    • 平成19年度水沢高校スーパーサイエンスハイスクールプロジェクト(SSH)
      「きれいな水を守ろう!?環境水の汚染と浄化:水のクリーンアップを体験する」2007.9.12
  3. 2007年度
    • 平成19年度サイエンスパートナーシッププロジェクト(SPP)「きれいな水を守ろう!?環境水の汚染と浄化:水のクリーンアップを体験する」2007.8.4-5
  4. 2008年度
    • 第43回奥州市水沢産業まつり
      科学とものづくり体験コーナー「スーパーサイエンスショー」
  5. 2014年度
    • 盛岡市子ども科学館「いろんな結晶づくりを楽しもう!」
  6. 2015年度
    • 盛岡市子ども科学館「チャレンジサイエンス」
  7. 2016年度
    • 盛岡市子ども科学館「チャレンジサイエンス」
  8. 2016年度
    • 親子で楽しむ大学探検隊~小学生のオープンキャンパス~
  9. 2017年度
    • 盛岡市子ども科学館「チャレンジサイエンス」
活動履歴
  1. 2017年度
    • ものづくりEF運営委員会