サブメニュー
更新日 : 2018年6月29日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名藁谷 収 (WARAGAI Osamu)
所属専攻講座岩手大学 教育学部 美術教育
職名教授
生年月日1953年5月14日
研究室電話番号019-621-6575
研究室FAX番号019-621-6575
メールアドレスwaragai@iwate-u.ac.jp
出身大学
  1. 岩手大学 教育学部 特別教科教員養成課程(美術)
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1977年3月
    • 卒業区分 : 卒業
取得学位
  1. 教育学士
    • 学位の分野 : 美学・美術史
    • 学位授与機関 : 岩手大学
    • 取得年月日 : 1977年3月24日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 教育学部 美術教育
    • [本務] 助手 (1979年4月1日~1981年3月31日)
  2. 岩手大学 教育学部 美術教育
    • [本務] 教授 (1996年4月1日~継続中)
専門分野(科研費分類)
  1. 都市計画・建築計画
研究分野を表すキーワード
  1. 彫刻
  2. 野外彫刻
可能な出前講義
  1. 解説 野外彫刻 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      パブリックに設置された彫刻の解説と、新たな彫刻設置の方法について論ずる。
担当授業科目
  1. 2004年度
    • 彫塑基礎A
    • 彫塑基礎B
    • 彫刻制作Ⅰ
    • 芸術へのいざない
    • 造形鑑賞の指導(彫塑)
    • 造形特別演習(彫塑)Ⅰ
    • 造形特別演習(彫塑)Ⅱ
    • 造形実習(彫塑)
    • 彫塑特論
    • 彫塑特別演習Ⅰ
    • 彫塑特別演習Ⅱ
    • 彫塑特別演習Ⅲ
    • 彫塑特別演習Ⅳ
  2. 2005年度
    • 彫塑基礎A
    • 彫塑基礎B
    • 彫刻制作Ⅰ
    • 芸術へのいざない
    • 造形特別演習(彫塑)Ⅰ
    • 造形特別演習(彫塑)Ⅱ
    • 造形実習(彫塑)
    • 彫塑特論
    • 彫塑特別演習Ⅰ
    • 彫塑特別演習Ⅱ
    • 彫塑特別演習Ⅲ
    • 彫塑特別演習Ⅳ
  3. 2006年度
    • 彫塑基礎A
    • 彫塑基礎B
    • 彫刻制作Ⅰ
    • 芸術へのいざない
    • 造形鑑賞の指導(彫塑)
    • 造形特別演習(彫塑)Ⅰ
    • 造形特別演習(彫塑)Ⅱ
    • 造形実習(彫塑)
    • 彫塑特論
    • 彫塑特別演習Ⅰ
    • 彫塑特別演習Ⅱ
    • 彫塑特別演習Ⅲ
    • 彫塑特別演習Ⅳ
    • 岩手大学ミュージアム学
  4. 2007年度
    • 彫塑基礎B
    • 彫刻制作Ⅰ
    • 芸術へのいざない
    • 造形特別演習(彫塑)Ⅰ
    • 造形実習(彫塑)
    • 彫塑特別演習Ⅰ
    • 彫塑特別演習Ⅲ
    • 岩手大学ミュージアム学
  5. 2008年度
    • 造形特別演習(彫塑)Ⅰ
    • 彫塑特別演習Ⅰ
    • 彫塑特別演習Ⅱ
    • 岩手大学ミュージアム学
    • 彫塑特論
    • 造形特別演習(彫塑)Ⅱ
    • 彫塑基礎B
    • 造形鑑賞の指導(彫塑)
    • 造形表現の基礎(彫塑)
    • 造形実習(彫塑)
    • 芸術へのいざない
    • 彫刻表現入門
    • 造形実習(彫塑)
    • 芸術表現の歴史
    • 上級日本語G
    • 総合演習
    • 図画工作
    • 基礎ゼミナール
  6. 2009年度
    • 彫塑基礎B
    • 芸術へのいざない
    • 造形実習(彫塑)
    • 彫塑特別演習Ⅲ
    • 彫塑特別演習Ⅳ
    • 岩手大学ミュージアム学
    • 造形特別演習(彫塑)Ⅱ
    • 彫塑特論
    • 野外彫刻特別演習
    • 造形鑑賞の指導(彫塑)
    • 造形特別演習(彫塑)Ⅰ
    • 造形実習(彫塑)
    • 彫刻表現入門
    • 芸術表現の歴史
    • 上級日本語G
    • 総合演習
    • 図画工作
    • 基礎ゼミナール
  7. 2012年度
    • 小学校美術
    • 造形論
    • 彫刻表現の指導
    • 彫刻特別演習Ⅰ
    • 彫刻実習
    • 彫塑特別演習Ⅰ
    • 彫塑特別演習Ⅲ
    • 彫刻表現入門
    • 彫刻特別演習Ⅱ
    • 彫塑特論
    • 彫塑特別演習Ⅱ
  8. 2013年度
    • 彫塑特別演習Ⅰ
    • 彫塑特別演習Ⅲ
    • 彫刻表現入門
    • 彫刻特別演習Ⅱ
    • 彫刻実習
    • 野外彫刻特別演習
  9. 2014年度
    • 彫塑特別演習Ⅰ
    • 彫塑特別演習Ⅲ
    • 小学校美術
    • 彫刻表現入門
    • 造形論
    • 彫刻表現の指導
    • 彫刻特別演習Ⅰ
    • 彫刻実習
    • 彫塑特論
    • 彫塑特別演習Ⅱ
    • 彫塑特別演習Ⅳ
    • 彫刻表現の基礎
    • 彫刻特別演習Ⅱ
    • 彫刻実習
    • 特別研究
    • 卒業研究
  10. 2015年度
    • 彫刻表現入門
    • 造形論
    • 彫刻表現の指導
    • 彫刻特別演習Ⅰ
    • 彫刻実習
    • 彫塑特別演習Ⅰ
    • 彫塑特別演習Ⅲ
    • 彫刻表現の基礎
    • 彫刻特別演習Ⅱ
    • 彫刻実習
    • 彫塑特論
    • 彫塑特別演習Ⅱ
    • 彫塑特別演習Ⅳ
    • 卒業研究
  11. 2016年度
    • 彫刻表現入門
    • 造形論
    • 彫刻表現の指導
    • 彫刻特別演習Ⅰ
    • 彫刻実習
    • 彫塑特別演習Ⅰ
    • 彫塑特別演習Ⅲ
    • 彫塑特別演習Ⅰ
    • 彫刻表現入門
    • 彫刻表現の基礎
    • 彫刻特別演習Ⅱ
    • 彫刻実習
    • 彫塑特論
    • 彫塑特別演習Ⅱ
    • 彫塑特別演習Ⅳ
    • 彫塑特論
    • 彫塑特別演習Ⅱ
    • 彫刻基礎
    • 彫刻基礎
    • 卒業研究
    • 特別研究
  12. 2017年度
    • 彫刻表現入門
    • 彫刻特別演習Ⅰ
    • 彫刻実習
    • 造形実習(彫刻)A
    • 造形実習(彫刻)A
    • 造形実習(彫刻)A
    • アート・マネジメント論
    • アート実践・応用特論(彫塑)
    • 彫刻表現の基礎
    • 彫刻特別演習Ⅱ
    • 彫刻実習
    • 造形実習(彫刻)B
    • 彫刻基礎
    • 造形実習(彫刻)B
    • 造形実習(彫刻)B
    • 彫刻基礎
    • アート実践・応用特別演習(彫塑)Ⅰ
    • 卒業研究
授業評価
  1. 2004年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
  2. 2005年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
  3. 2006年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
  4. 2007年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
  5. 2010年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 各授業ごとに感想を聞き、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。
  6. 2012年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
  7. 2013年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
  8. 2014年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。
  9. 2015年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。
  10. 2016年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
  11. 2017年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 各授業ごとにレスポンスカードを配布し、授業で理解しにくかった点・改善点等を書かせ、次の回で回答するとともに授業方法を改善している。また最後の授業でアンケートを実施し、次年度の教材の選定・補助教材等を更新している。
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2004年度
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
  2. 2005年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
  3. 2006年度
    • 卒業研究指導(学部) 1人
  4. 2011年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 学位論文審査(学部・主査) 2人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
  5. 2012年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(学部・主査) 3人
    • 学位論文審査(学部・副査) 24人
    • 大学院研究生(修士) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(博士・主任指導) 2人
  6. 2014年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 学位論文審査(学部・主査) 2人
    • 大学院研究生(修士) 2人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
  7. 2015年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
  8. 2016年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
  9. 2017年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
教育研究会における発表
  1. 安比高原彫刻シンポジウム報告
    • 教育研究会名 :
      第一回「知的財産の創出と地域貢献」に向けた横断的交流会
    • 開催年月 : 2004年11月
  2. 盛岡彫刻シンポジウム報告
    • 教育研究会名 :
      盛岡彫刻シンポジウム
    • 開催年月 : 2007年11月
  3. アートが街にとびだした
    • 教育研究会名 :
      、平成22年度岩手県立大学全学研究費公募型地域課題研究
    • 開催年月 : 2011年2月
  4. 盛岡彫刻シンポジウム報告
    • 教育研究会名 :
      盛岡彫刻シンポジウム
    • 開催年月 : 2014年9月
  5. 盛岡彫刻シンポジウム報告
    • 教育研究会名 :
      盛岡彫刻シンポジウム
    • 開催年月 : 2015年9月
  6. 盛岡彫刻シンポジウム報告
    • 教育研究会名 :
      盛岡彫刻シンポジウム
    • 開催年月 : 2016年9月
  7. 盛岡彫刻シンポジウム報告
    • 教育研究会名 :
      盛岡彫刻シンポジウム
    • 開催年月 : 2017年9月
研究経歴
  1. 都市と彫刻(1975年7月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 野外彫刻,
    • 専門分野(科研費分類) :
      都市計画・建築計画美学・美術史
    • 研究様態 : 未設定
    • 研究制度 : 受託研究
    • 研究活動内容 :
      盛岡市に於ける野外彫刻のあり方の研究と、盛岡市と共催による彫刻シンポジウムを32年間企画参加している。
  2. 都市と彫刻(1975年7月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 野外彫刻,
    • 専門分野(科研費分類) :
      都市計画・建築計画美学・美術史
    • 研究様態 : 未設定
    • 研究制度 : 受託研究
    • 研究活動内容 :
      盛岡市に於ける野外彫刻のあり方の研究と、盛岡市と共催による彫刻シンポジウムを34年間企画参加している。
  3. 都市と彫刻(1975年7月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 野外彫刻,
    • 専門分野(科研費分類) :
      都市計画・建築計画美学・美術史
    • 研究様態 : 未設定
    • 研究制度 : 受託研究
    • 研究活動内容 :
      盛岡市に於ける野外彫刻のあり方の研究と、盛岡市と共催による彫刻シンポジウムを34年間企画参加している。
  4. 都市と彫刻(1975年7月~2014年7月)
    • 研究課題キーワード : 野外彫刻,
    • 専門分野(科研費分類) :
      都市計画・建築計画美学・美術史
    • 研究様態 : 未設定
    • 研究制度 : 受託研究
    • 研究活動内容 :
      盛岡市に於ける野外彫刻のあり方の研究と、盛岡市と共催による彫刻シンポジウムを34年間企画参加している。
  5. 都市と彫刻(1975年7月~2015年7月)
    • 研究課題キーワード : 野外彫刻,
    • 専門分野(科研費分類) :
      都市計画・建築計画美学・美術史
    • 研究様態 : 未設定
    • 研究制度 : 受託研究
    • 研究活動内容 :
      盛岡市に於ける野外彫刻のあり方の研究と、盛岡市と共催による彫刻シンポジウムを34年間企画参加している。
論文
  1. 地域に於ける芸術活動ー彫刻シンポジウムからー [岩手大学生涯学習論集 第1号, 1(1), (2005年3月), pp.42-46] 「種倉紀昭」「藁谷収」「阿部裕之」
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
総説・解説記事
  1. いわての芸術教育の今後を探るForum [岩手大学アートフォーラム, 岩手大学アートフォーラム・平成26年度事業開催報告書2015,3, (2015年3月1日)] アートフォーラム代表 藁谷収
    • 掲載種別 : 報告
芸術・技術・体育系業績
  1. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 国展
    • 作品・種目 : finestra
    • 発表年月 : 2005年4月
  2. 演奏会・作品発表会
    • 大会・展覧会 : イタリア カラーラ国際彫刻シンポジウム
    • 作品・種目 : circolazione
    • 全発表者 : 7か国11名参加
    • 発表年月 : 2005年7月~2005年8月
    • 設置場所 : カラーラ市大理石美術館
  3. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 石空間展
    • 作品・種目 : 循環
    • 発表年月 : 2005年11月
  4. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 国展
    • 作品・種目 : 循環
    • 発表年月 : 2006年4月
  5. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 国展彫刻部 秋季展
    • 作品・種目 : 循環Ⅳ
    • 発表年月 : 2006年9月
    • 発表場所 : 東京銀座 洋協ホール
  6. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 第81回国展
    • 作品・種目 : 循環 Ⅴ
    • 全発表者 : 藁谷収
    • 発表年月 : 2007年4月~2007年5月
    • 発表場所 : 東京新国立美術館
  7. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 国展彫刻部 試み展
    • 作品・種目 : 循環Ⅵ
    • 発表年月 : 2007年12月
    • 発表場所 : 東京都美術館
  8. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 第82回国展
    • 作品・種目 : 月のかたち
    • 全発表者 : 藁谷収
    • 発表年月 : 2008年5月
    • 発表場所 : 東京国立新美術館
  9. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 国展彫刻部 試み展
    • 作品・種目 : 循環-大地
    • 発表年月 : 2008年12月
    • 発表場所 : 東京都美術館
  10. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 第83回国展
    • 作品・種目 : 循環ー空へ
    • 全発表者 : 藁谷収
    • 発表年月 : 2009年5月
    • 発表場所 : 東京国立新美術館
  11. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 石空間展
    • 作品・種目 : 循環
    • 発表年月 : 2009年8月
  12. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 国展彫刻部 北の風展
    • 作品・種目 : 循環`09
    • 発表年月 : 2009年9月
    • 発表場所 : 盛岡市民文化ホールマリオス
  13. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 国展彫刻部 試み展
    • 作品・種目 : 月の分割
    • 発表年月 : 2009年12月
    • 発表場所 : 東京都美術館
  14. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 第84回国展
    • 作品・種目 : 月の雨
    • 全発表者 : 藁谷収
    • 発表年月 : 2010年5月
    • 発表場所 : 国立新美術館
  15. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 盛岡彫刻シンポジウム企画展
    • 作品・種目 : 月の形ー青
    • 発表年月 : 2010年7月
  16. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 盛岡彫刻シンポジウム企画展
    • 作品・種目 : 循環ー空へⅡ
    • 発表年月 : 2010年9月~2010年11月
    • 発表場所 : 盛岡市練兵場ギャラリー
  17. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 国展彫刻部
    • 作品・種目 : aratanamegumi
    • 発表年月 : 2011年5月
  18. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 盛岡彫刻シンポジウム企画展
    • 作品・種目 : artanamegumi2
    • 発表年月 : 2011年7月
    • 発表場所 : 盛岡市彩園子ギャラリー
  19. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 平泉国際交流展
    • 作品・種目 : ARATANAMEGUMI
    • 発表年月 : 2011年8月~2011年11月
    • 発表場所 : 盛岡市 平泉 水沢 北上
  20. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 第86回国展
    • 作品・種目 : ARATANAMEGUMI
    • 発表年月 : 2012年4月
  21. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 第38回盛岡彫刻シンポジウム企画展
    • 作品・種目 : 循環10
    • 発表年月 : 2012年7月
  22. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 石空間展7
    • 作品・種目 : ARATANAMEGUMI no3
    • 発表年月 : 2012年8月
  23. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 平泉国際交流展
    • 作品・種目 : ARATANAMEGUMI no5
    • 発表年月 : 2012年9月
  24. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 国展彫刻部 秋季展
    • 作品・種目 : ARATANAMEGUMI no4
    • 発表年月 : 2012年11月
  25. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 第87回国展
    • 作品・種目 : 循環12
    • 発表年月 : 2013年4月
  26. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 第39回盛岡彫刻シンポジウム企画展
    • 作品・種目 : 循環11
    • 発表年月 : 2013年7月
  27. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 平泉国際交流展2013
    • 作品・種目 : 循環 13
    • 発表年月 : 2013年9月
  28. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 国展彫刻部 秋季展
    • 作品・種目 : 循環no14
    • 発表年月 : 2013年11月
  29. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 【第88回国展】
    • 作品・種目 : 循環14
    • 発表年月 : 2014年4月~2015年5月
  30. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 第40回盛岡彫刻シンポジウム企画展
    • 作品・種目 : 循環13-14
    • 発表年月 : 2014年7月
  31. 演奏会・作品発表会
    • 大会・展覧会 : 国画会彫刻部秋季展
    • 作品・種目 : 循環ー塔
    • 発表年月 : 2014年11月
  32. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 第89回国展
    • 作品・種目 : 循環15
    • 発表年月 : 2015年4月~2015年5月
  33. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 第41回盛岡彫刻シンポジウム企画展
    • 作品・種目 : 循環16
    • 発表年月 : 2015年7月
  34. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 石空間展8
    • 作品・種目 : ciruculation
    • 発表年月 : 2015年8月
  35. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 国画会彫刻部秋季展
    • 作品・種目 : 循環ー網
    • 発表年月 : 2015年11月
  36. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 国展
    • 作品・種目 : 循環No.17
    • 全発表者 : 藁谷収
    • 発表年月 : 2016年4月~2016年5月
  37. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 国画会彫刻部秋季展
    • 作品・種目 : 循環no,17
    • 発表年月 : 2016年11月
  38. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 国展
    • 作品・種目 : R396
    • 全発表者 : 藁谷収
    • 発表年月 : 2017年4月~2017年5月
    • 発表場所 : 国立新美術館
  39. 展覧会
    • 大会・展覧会 : 国画会彫刻部秋季展
    • 作品・種目 : R46
    • 発表年月 : 2017年11月
研究発表
  1. 野外彫刻の役割
    • 会議名称 : 盛岡市中央通り野外彫刻20周年記念
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2004年11月
    • 発表者 : 藁谷収
    • 主催者 : 盛岡市中央通振興会
    • 開催場所 : 盛岡市中央通り共催ビル
所属学会・委員会
  1. 国画会 (1975年4月~継続中)
  2. 国画会 (1975年4月~継続中)
  3. 国画会 (1975年4月~2015年4月)
  4. 日本美術家連盟 (2000年4月~継続中)
  5. 日本美術家連盟 (2000年4月~継続中)
  6. 日本美術家連盟 (2015年6月~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 国画会 彫刻部会務委員(2005年10月1日~継続中)
  2. 国画会 彫刻部会務委員(2009年6月1日~継続中)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 平泉国際交流展『アートでつなぐ』 (2011年8月)
    • 参加者数 : 23人
国・地方自治体等の委員歴
  1. 岩手県立美術館
    • 委員会等名 : 美術館運営
    • 役職名 : 館長
    • 就任期間 : 2017年4月~継続中
企業・団体等への指導等
  1. 2014年度 予防医学協会
    • 指導等の内容 :
      院内環境整備のための彫刻設置
  2. 2015年度 予防医学協会
    • 指導等の内容 :
      彫刻設置
  3. 2016年度 予防医学協会
    • 指導等の内容 :
      施設内芸術作品の展示
  4. 2017年度 予防医学協会
    • 指導等の内容 :
      施設内芸術作品の展示
生涯学習支援実績
  1. アートスクール彫刻入門
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 彫刻実習
    • 開催期間 : 2005年12月
  2. アートスクール
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 彫塑入門
    • 開催期間 : 2006年8月
  3. アートスクール
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 石膏デッサン
    • 開催期間 : 2007年12月
  4. アートスクール
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 彫刻入門
    • 開催期間 : 2008年7月
  5. アートスクール
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 石膏デッサン
    • 開催期間 : 2008年12月
  6. アートスクール
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 彫刻入門
    • 開催期間 : 2009年7月
  7. アートスクール
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 石膏デッサン
    • 開催期間 : 2009年12月
  8. アートスクール
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 彫刻入門
    • 開催期間 : 2010年8月
  9. アートスクール
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 石膏デッサン
    • 開催期間 : 2010年12月
  10. 賢治センター講演会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 彫刻を中心とした賢治の表現
    • 開催期間 : 2011年3月
  11. 平成23年度社会教育主事講習
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 芸術文化活動と社会教育Ⅱ
    • 開催期間 : 2011年7月
  12. ぶらり美術巡り
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : キャンパス・ミュージアム巡り
    • 開催期間 : 2011年7月
  13. 不来方大学院講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 彫刻のある街づくり
    • 開催期間 : 2011年8月
  14. アートスクール
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 石膏デッサン
    • 開催期間 : 2011年12月
  15. アートスクール
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 彫刻入門
    • 開催期間 : 2012年8月
  16. シニアカレッジ
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 彫刻の開設とデッサン指導
    • 開催期間 : 2013年7月
  17. アートスクール
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 彫刻入門
    • 開催期間 : 2013年8月
  18. 岩手大学 大学収蔵美術展
    • 種類 : 企画展示
    • 担当部門(講演題目) : ミュージアム館長として大学収蔵美術展を企画展示を行った。
    • 開催期間 : 2013年10月
  19. 宮古地区芸術展の講習会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 被災した高校生のための実技講習
    • 開催期間 : 2015年1月
  20. アートスクール
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 岩手大学アートフォーラム主催 染織
    • 開催期間 : 2015年8月
  21. アートフォーラム・アートスクール
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 岩手大学アートフォーラム主催 染織
    • 開催期間 : 2016年8月
  22. 彫刻専門家対象の3DAISキャンプ
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 彫刻家対象の公開制作シンポジウム
    • 開催期間 : 2016年9月
  23. アートフォーラム・アートスクール
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 岩手大学アートフォーラム主催 染織・窯芸
    • 開催期間 : 2017年8月
  24. 彫刻専門家対象の3DAISキャンプ
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 彫刻家による公開制作シンポジウム
    • 開催期間 : 2017年9月
国際交流活動
  1. 2005年度
    • 学術交流
      • 交流機関・事業等名 :
        イタリア カラーラ市美術学校との交流協定
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        イタリアカラーラ市美術学校と交流協定を結び、1ケ月に渡る公開制作の招待を受けた。
    • 学術交流
      • 交流機関・事業等名 :
        中国山東省工芸芸術学院
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        中国山東省工芸芸術学院との交流協定のため、五月に学院を訪問した。2006年五月工芸芸術学院から、五名の訪問団が来学し、協定協議が行われ、後日協定が締結した。
  2. 2007年度
    • 学術交流
      • 交流機関・事業等名 :
        国際交流展
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        中国吉林農業大学芸術系美術学院と相互に作品パネル展示の交流展を開催した。
  3. 2008年度
    • 学術交流
      • 交流機関・事業等名 :
        国際交流展
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        イタリア国立カッラーラ市美術アカデミー教授ミゲル氏を招聘し、学生交流協定を締結した。あわせて、彫刻家ミゲル氏、指導学生の作品作品写真展とミゲル教授の環境と彫刻という講演会を開催した。
  4. 2009年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        イタリアカッラーラ市国立美術アカデミーを訪問し、交換留学生(9月入学を含む)について、協議を行った。2009年4月から1名、10月から2名の受け入れを行った。
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        中国山東工芸美術学院からの留学生を研究生として担当した。
  5. 2010年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        イタリア カッラーラ市美術アカデミーとの交換留学
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        カッラーラ市美術アカデミーから彫刻専攻の学生を受け入れ、制作指導をした。
  6. 2011年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        平泉国際交流展『アートでつなぐ』
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        イタリアカッラーラ市美術アカデミーから3名の彫刻作家を招聘し、平泉国際交流展『アートでつなぐ』を行った。
  7. 2012年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        平泉国際交流展(アートでつなぐ)
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        平泉国際交流展に2名のイタリア人を招聘し展示会を行った。
  8. 2013年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        国際交流事業 (平泉国際交流展『アートでつなぐ』)
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        平泉国際交流展に2名のイタリア人と1名のフランス人を招聘し展示会を行った。
    • 外国人受入れ(私費留学生)
      • 交流機関・事業等名 :
        カッラーラ市美術アカデミーから交換留学生受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        カッラーラ市美術アカデミーから彫刻専攻の学生2名を受け入れ、制作指導をした。
  9. 2015年度
    • 外国人受入れ(私費留学生)
      • 交流機関・事業等名 :
        カッラーラ市美術アカデミーから交換留学生受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        北東北芸術プログラムとして受け入れ
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        カッラーラ美術アカデミー交流協定
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        カッラーラ美術アカデミー交流協定の更新と学術交流
  10. 2017年度
    • 外国人受入れ(私費留学生)
      • 交流機関・事業等名 :
        イタリアカッラーラ美術アカデミー
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        交換留学生受け入れ
他大学等の非常勤講師
  1. 東京芸術大学
    • 博士論文審査 (2013年10月~2014年3月)
ボランティア・寄与など
  1. 2005年度
    • 文化の伝承、発展及び創造活動への寄与
      • 1975年から盛岡彫刻シンポジウムを企画組織し、彫刻のある町作りを推進している。企画展、公開制作、野外展、林間彫刻教室、音楽会、講演会等を企画実行している。
  2. 2008年度
    • 文化の伝承、発展及び創造活動への寄与
      • 1975年から盛岡彫刻シンポジウムを企画組織し、彫刻のある町作りを推進している。企画展、公開制作、野外展、林間彫刻教室、音楽会、講演会等を企画実行している。2008年から盛岡市ブランド推進室と連携を取りながら活動を続けている。
  3. 2009年度
    • 文化の伝承、発展及び創造活動への寄与
      • 1975年から盛岡彫刻シンポジウムを企画組織し、彫刻のある町作りを推進している。企画展、公開制作、野外展、林間彫刻教室、音楽会、講演会等を企画実行している。2008年から盛岡市ブランド推進室と連携を取りながら活動を続けている。2009年にはもりおか暮らし物語賞を受賞した。
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2010年度
    • 岩手大学アートフォーラム代表として、地域の美術活動の支援を行った。
  2. 2011年度
    • 岩手大学アートフォーラム代表として、地域の美術活動の支援を行った。
  3. 2012年度
    • 岩手大学アートフォーラム代表として、地域(被災地含む)の美術活動の支援を行った。
  4. 2013年度
    • 岩手大学アートフォーラム代表として、地域(被災地含む)の美術活動の支援を行った。
  5. 2014年度
    • 岩手大学アートフォーラム代表として、地域(被災地含む)の美術活動の支援を行った。
  6. 2015年度
    • 岩手大学アートフォーラム代表として、地域(被災地含む)の美術活動の支援を行った。
  7. 2016年度
    • 岩手大学アートフォーラム代表として、地域の美術活動の支援を行った。
  8. 2017年度
    • 岩手大学アートフォーラム代表として、地域の美術活動の支援を行った。
活動履歴
  1. 2004年度
    • 教育研究支援施設等業務
  2. 2005年度
    • 教育研究支援施設等業務
  3. 2006年度
    • 教育研究支援施設等業務
    • 教育研究支援施設等業務
  4. 2007年度
    • 教育研究支援施設等業務
    • 教育研究支援施設等業務
  5. 2009年度
    • 教育研究支援施設等業務
    • 教育学部広報委員会
  6. 2010年度
    • 学系長
    • 運営会議
    • 附属自然観察園運営委員会
    • 情報メディアセンターミュージアム部門会議
    • 地域連携推進センター運営委員会
    • 基本計画検討会議
    • 広報委員会
    • 学部長特別補佐
    • その他学部運営上設置したWG、専門委員会等(新課程検討WG)
  7. 2011年度
    • 学系長
    • 情報メディアセンターミュージアム部門会議
    • 地域連携推進センター運営委員会
    • 運営会議
    • 基本計画検討会議
    • 附属自然観察園運営委員会
    • 就職委員会
    • 学部長特別補佐
    • その他学部運営上設置したWG、専門委員会等(新課程検討WG)
  8. 2012年度
    • ミュージアム館長(ミュージアム部門会議)
    • 改革委員会(教育学部改革委員会)
    • ミュージアム部門会議
    • 学部運営上、学部長が任命する役職(委員長等)(新課程検討委員会)
    • 学系長(学系長会議)
    • 学部長特別補佐(教育学部運営委員会)
    • その他学部運営上設置したWG、専門委員会等(教育学部1号館改修委員会)
    • 附属自然観察園運営委員会(自然観察運営委員会)
    • 代議員会(環境管理委員会含む)
  9. 2013年度
    • ミュージアム館長
    • 改革委員会
    • 学部長特別補佐
    • 運営委員会
    • 運営委員会
    • 附属自然観察園運営委員会
    • その他学部運営上設置したWG、専門委員会等
    • 運営会議
    • 代議員会(環境管理委員会含む)
    • その他学部運営上設置したWG、専門委員会等
  10. 2014年度
    • 運営会議
    • ミュージアム部門会議
    • 国際戦略推進委員会
    • グローバル教育センター会議
    • 地域連携推進機構会議
    • 附属自然観察園運営委員会
    • 学部長特別補佐
    • 改革委員会
    • クラス担任
  11. 2015年度
    • 運営会議
    • ミュージアム部門会議
    • 国際戦略推進委員会
    • 地域連携推進機構会議
    • グローバル教育センター会議
    • 附属自然観察園運営委員会
    • 学部長特別補佐
    • 改革委員会
    • 新研究科設置準備委員会
  12. 2016年度
    • ミュージアム準備委員会
    • 大学院委員会
    • 同窓会連合理事会
    • 教員人事委員会常任会議
    • 改革委員会/将来検討特別委員会
    • 附属自然観察園運営委員会
    • 同窓会連合運営委員会
  13. 2017年度
    • 同窓会連合運営委員会
    • 同窓会連合理事会
    • ミュージアム準備委員会
    • 教員人事委員会常任会議
    • 改革委員会/将来検討特別委員会
    • 代議員会(環境管理委員会含む)
    • 附属自然観察園運営委員会
その他の大学運営活動
  1. 2008年度
    • ミュージアム兼務教員として節子の井戸の意匠、技術指導等、再興に務めた。
  2. 2009年度
    • 総合教育研究棟(教育系)の改装工事に於いて、アートフォーラム活動の一環で、デザイン関係の提案をした。
  3. 2014年度
    • 岩手大学芸術棟外装デザイン