サブメニュー
更新日 : 2019年6月27日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名天木 桂子 (AMAKI Keiko)
所属専攻講座岩手大学 教育学部 家政教育
職名教授
生年月日1960年10月15日
研究室電話番号019-621-6608
研究室FAX番号019-621-6609
連絡先住所0208550 岩手県 盛岡市上田3-18-33
研究室被服学研究室
メールアドレスamaki@iwate-u.ac.jp
出身大学
  1. 都留文科大学 文学部 初等教育学科
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1984年3月23日
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 東京学芸大学 教育学研究科 家政教育
    • 大学院課程 : 修士課程
    • 修了年月日 : 1986年3月22日
    • 修了区分 : 修了
  2. 新潟大学 自然科学研究科 材料生産開発科学専攻
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 2009年3月23日
    • 修了区分 : 修了
取得学位
  1. 教育学修士
    • 学位の分野 : 生活科学一般
    • 学位授与機関 : 東京学芸大学
    • 取得年月日 : 1986年3月22日
  2. 博士(工学)
    • 学位の分野 : 流体工学
    • 学位授与機関 : 新潟大学
    • 取得年月日 : 2009年3月23日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 教育学部 家政教育
    • [本務] 助手 (1986年10月1日~1994年9月30日)
  2. 岩手大学 教育学部 家政教育
    • [本務] 講師 (1994年10月1日~1996年9月30日)
  3. 岩手大学 教育学部 家政教育
    • [本務] 助教授 (1996年10月1日~2007年3月31日)
  4. 岩手大学 教育学部 家政教育
    • [本務] 准教授 (2007年4月1日~2018年3月31日)
  5. 岩手大学 教育学部 家政教育
    • [本務] 教授 (2018年4月1日~継続中)
学外略歴
  1. 新潟大学工学部機械システム工学科流体工学研究室
    • [研究員] (1988年5月1日~1989年4月30日)
  2. スタンフォード大学化学工学科(アメリカ合衆国)
    • [研究員] (1996年10月13日~1997年10月12日)
  3. 北日本医療福祉専門学校介護福祉科
    • [講師] (2006年4月1日~継続中)
専門分野(科研費分類)
  1. 生活科学一般
  2. 洗浄科学
  3. 高分子・繊維材料
研究分野を表すキーワード
  1. 洗浄科学
  2. レオロジー
  3. 被服管理学・染色学
  4. 被服学一般
可能な出前講義
  1. 洗浄と洗剤の科学-汚れ除去のメカニズム- [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
  2. 健康と衣生活-快適な着衣とは- [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
  3. 着装の心理学 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
  4. 豊かな衣生活を考える [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      aa
  5. せんいのお話 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      a
  6. 衣服は何からできているか [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      a
  7. 日本の洗濯事情と昨今の消費者意識の変化 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      a
  8. プラスチックと合成繊維の科学 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      プラスチックのなかまである合成繊維の歴史や機能について述べる.
担当授業科目
  1. 2004年度
    • 情報基礎
    • 被服学Ⅰ
    • 被服学Ⅱ
    • 被服学実験実習Ⅰ
    • 被服学実験実習Ⅱ
    • 健康と衣生活
    • 生活素材実験Ⅱ
    • 被服学特論
    • 被服学特別演習
    • 家政学特講Ⅱ
    • 家政学特講Ⅲ
  2. 2005年度
    • 被服学Ⅰ
    • 被服学Ⅱ
    • 被服学実験実習Ⅰ
    • 被服学実験実習Ⅱ
    • 健康と衣生活
    • 生活素材実験Ⅱ
    • 被服学特論
    • 被服学特別演習
    • 情報基礎
    • 家政学特講Ⅱ
    • 家政学特講Ⅲ
  3. 2006年度
    • 被服学Ⅰ
    • 被服学Ⅱ
    • 被服学実験実習Ⅰ
    • 被服学実験実習Ⅱ
    • 家政学特講Ⅱ
    • 家政学特講Ⅲ
    • 健康と衣生活
    • 生活素材実験Ⅱ
    • 被服学特論
    • 被服学特別演習
    • 情報基礎
  4. 2007年度
    • 健康と衣生活
    • 生活素材実験Ⅱ
    • 家政学特講Ⅱ
    • 家政学特講Ⅲ
    • 情報基礎
    • 被服学Ⅰ
    • 被服学Ⅱ
    • 被服学実験実習Ⅰ
    • 被服学実験実習Ⅱ
    • 被服学特論
    • 消費生活と素材Ⅱ
  5. 2008年度
    • 健康と衣生活
    • 生活素材実験Ⅱ
    • 家政学特講Ⅱ
    • 情報基礎
    • 被服学Ⅰ
    • 被服学Ⅱ
    • 被服学実験実習Ⅰ
    • 被服学実験実習Ⅱ
    • 消費生活と素材Ⅱ
    • 基礎ゼミナール
    • 家政学特講Ⅲ
  6. 2009年度
    • 健康と衣生活
    • 生活素材実験Ⅱ
    • 家政学特講Ⅱ
    • 情報基礎
    • 被服学Ⅰ
    • 被服学Ⅱ
    • 被服学実験実習Ⅰ
    • 被服学実験実習Ⅱ
    • 被服学特論
    • 消費生活と素材Ⅱ
    • 基礎ゼミナール
    • 家政学特講Ⅲ
  7. 2010年度
    • 基礎ゼミナール
    • 被服学Ⅱ
    • 被服学Ⅲ
    • 被服学実験実習Ⅰ
    • 健康と衣生活
    • 被服学Ⅱ
    • 被服学Ⅲ
    • 被服学実験実習Ⅰ
    • 生活科学特別演習
    • 情報基礎
    • 被服学Ⅰ
    • 消費生活と素材Ⅱ
    • 生活素材実験Ⅱ
    • 被服学Ⅰ
    • 被服学Ⅳ
    • 被服学実験実習Ⅱ
    • 生活自立力開発特別演習B
    • 生活科学特論
  8. 2011年度
    • 基礎ゼミナール
    • 家政学特講Ⅱ
    • 健康と衣生活
    • 被服学Ⅱ
    • 被服学Ⅲ
    • 被服学実験実習Ⅰ
    • 生活科学特別演習
    • 情報基礎
    • 家政学特講Ⅲ
    • 消費生活と素材Ⅱ
    • 生活素材実験Ⅱ
    • 被服学Ⅰ
    • 被服学Ⅳ
    • 被服学実験実習Ⅱ
    • 生活自立力開発特別演習B
    • 生活科学特論
    • 家庭科教育法Ⅳ
    • 家政学特講Ⅱ
  9. 2012年度
    • 基礎ゼミナール
    • 被服学Ⅱ
    • 被服学Ⅲ
    • 被服学実験実習Ⅰ
    • 生活科学特別演習
    • 被服学Ⅰ
    • 被服学Ⅳ
    • 被服学実験実習Ⅱ
    • 生活自立力開発特別演習B
    • 生活科学特論
    • 家庭科教育法Ⅳ
    • 教職実践演習
    • 卒業研究
  10. 2013年度
    • 生活科学特別演習
    • 被服学Ⅱ
    • 被服学Ⅲ
    • 被服学実験実習Ⅰ
    • 生活自立力開発特別演習B
    • 生活科学特論
    • 被服学Ⅰ
    • 被服学Ⅳ
    • 被服学実験実習Ⅱ
    • 家庭科教育法Ⅳ
    • 教職実践演習
    • 卒業研究
  11. 2014年度
    • 生活科学特別演習
    • 被服学Ⅱ
    • 被服学Ⅲ
    • 被服学実験実習Ⅰ
    • 生活自立力開発特別演習B
    • 生活科学特論
    • 被服学Ⅰ
    • 被服学Ⅳ
    • 被服学実験実習Ⅱ
    • 家庭科教育法Ⅳ
    • 教職実践演習
    • 卒業研究
  12. 2015年度
    • 被服学Ⅱ
    • 被服学Ⅲ
    • 被服学実験実習Ⅰ
    • 生活科学特別演習
    • 被服学Ⅰ
    • 被服学Ⅳ
    • 被服学実験実習Ⅱ
    • 生活自立力開発特別演習B
    • 生活科学特論
    • 教職実践演習
    • 家庭科教育法Ⅳ
  13. 2016年度
    • 被服学Ⅱ
    • 被服学Ⅲ
    • 被服学実験実習Ⅰ
    • 家政学特講Ⅲ
    • 生活科学特別演習
    • 被服学Ⅰ
    • 被服学Ⅳ
    • 被服学実験実習Ⅱ
    • 家政学特講Ⅱ
    • 家政学特講Ⅳ
    • 生活自立力開発特別演習B
    • 生活科学特論
    • 被服学Ⅰ
    • 家庭科教育法Ⅳ
    • 教職実践演習
    • 卒業研究
  14. 2017年度
    • 被服学Ⅱ
    • 被服学Ⅲ
    • 被服学実験実習Ⅰ
    • 家政学特講Ⅲ
    • 被服学Ⅱ
    • 被服学Ⅲ
    • 被服学実験実習Ⅰ
    • 衣生活健康科学特論
    • 被服学Ⅰ
    • 被服学Ⅳ
    • 被服学実験実習Ⅱ
    • 家政学特講Ⅳ
    • 被服学Ⅰ
    • 被服学Ⅳ
    • 被服学実験実習Ⅱ
    • 衣生活健康科学特別演習
    • 家庭科教育法Ⅳ
    • 教職実践演習
    • 卒業研究
  15. 2018年度
    • 被服学Ⅱ
    • 被服学Ⅲ
    • 被服学実験実習Ⅰ
    • 被服学Ⅱ
    • 被服学Ⅲ
    • 被服学実験実習Ⅰ
    • 衣生活健康科学特論
    • 被服学Ⅰ
    • 被服学Ⅳ
    • 被服学実験実習Ⅱ
    • 家政学特講Ⅱ
    • 衣生活健康科学特別演習
    • 被服学Ⅰ
    • 被服学Ⅳ
    • 被服学実験実習Ⅱ
    • 家政学特講Ⅰ
    • 卒業研究
授業評価
  1. 2010年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 「情報基礎」で実施.学生が苦手としている点の内容改善,進度の見直し.
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 講義内容の見直し,進度の見直し
  2. 2011年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 「情報基礎」で実施.学生が苦手としている点の内容改善,進度の見直し.
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 講義内容の見直し,進度の見直し
  3. 2012年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 「情報基礎」で実施.学生が苦手としている点の内容改善,進度の見直し.
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 講義内容の見直し,進度の見直し
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 講義内容の見直し,進度の見直し.
  4. 2013年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 「情報基礎」で実施.学生が苦手としている点の内容改善,進度の見直し.
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 講義内容の見直し,進度の見直し
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 講義内容の見直し,進度の見直し.
  5. 2014年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 「情報基礎」で実施.学生が苦手としている点の内容改善,進度の見直しなどを行った.
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 「被服学1」「被服学2」「被服学3」「被服学4」「被服学実験実習2」で実施.
      毎時間授業終了後,学期末テストの際に授業に関する疑問点,改善要望などをその場で授業者から聞き取っつたり,解答用紙に記述してもらい,内容を吟味して講義内容の見直し,進度の見直しなどを行った.
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 「生活科学特論」「生活科学特別演習」で実施.
      毎時間授業終了後,学期末レポートの際に,授業に対する疑問点,改善要望,理解度などを受講者から聞き取ったり,レポートに記述してもらい,内容を吟味して講義内容の見直し,進度の見直などを行った.
  6. 2015年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 「情報基礎」で実施.学生が苦手としている点の内容改善,進度の見直しなどを行った.
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 「被服学1」「被服学2」「被服学3」「被服学4」「被服学実験実習2」で実施.
      毎時間授業終了後,学期末テストの際に授業に関する疑問点,改善要望などをその場で授業者から聞き取っつたり,解答用紙に記述してもらい,内容を吟味して講義内容の見直し,進度の見直しなどを行った.
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 「生活科学特論」「生活科学特別演習」で実施.
      毎時間授業終了後,学期末レポートの際に,授業に対する疑問点,改善要望,理解度などを受講者から聞き取ったり,レポートに記述してもらい,内容を吟味して講義内容の見直し,進度の見直などを行った.
  7. 2016年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 「被服学1」「被服学2」「被服学3」「被服学4」「被服学実験実習1」「被服学実験実習2」で実施.
      毎時間授業終了後,学期末テストの際に授業に関する疑問点,改善要望などをその場で授業者から聞き取っつたり,解答用紙に記述してもらい,内容を吟味して講義内容の見直し,進度の見直しなどを行った.
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 「生活科学特論」「生活科学特別演習」で実施.
      毎時間授業終了後,学期末レポートの際に,授業に対する疑問点,改善要望,理解度などを受講者から聞き取ったり,レポートに記述してもらい,内容を吟味して講義内容の見直し,進度の見直などを行った.
  8. 2017年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 「被服学1」「被服学2」「被服学3」「被服学4」「被服学実験実習1」「被服学実験実習2」で実施.
      毎時間授業終了後,学期末テストの際に授業に関する疑問点,改善要望などをその場で授業者から聞き取っつたり,解答用紙に記述してもらい,内容を吟味して講義内容の見直し,進度の見直しなどを行った.
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 「衣生活健康科学特論」で実施.
      毎時間授業終了後,学期末レポートの際に,授業に対する疑問点,改善要望,理解度などを受講者から聞き取ったり,レポートに記述してもらい,内容を吟味して講義内容の見直し,進度の見直などを行った.
  9. 2018年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 「被服学1」「被服学2」「被服学3」「被服学4」「被服学実験実習1」「被服学実験実習2」で実施.
      毎時間授業終了後,学期末テストの際に授業に関する疑問点,改善要望などをその場で授業者から聞き取っつたり,解答用紙に記述してもらい,内容を吟味して講義内容の見直し,進度の見直しなどを行った.また,学期末テストの際,本授業に関する意見,感想,改善要望などを自由記述する欄を設け,次年度の参考とした.
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 「衣生活健康科学特論」で実施.
      毎時間授業終了後,学期末レポートの際に,授業に対する疑問点,改善要望,理解度などを受講者から聞き取ったり,レポートに記述してもらい,内容を吟味して講義内容の見直し,進度の見直などを行った.
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2004年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査)/教育実践研究報告書審査(主担当) 1人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
  2. 2005年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
  3. 2006年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
  4. 2007年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
  5. 2008年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(修士・主査)/教育実践研究報告書審査(主担当) 1人
  6. 2009年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
  7. 2010年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
  8. 2011年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
  9. 2012年度
    • 卒業研究指導(学部) 1人
  10. 2013年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
  11. 2014年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
  12. 2016年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 学位論文審査(学部・主査) 2人
  13. 2017年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 学位論文審査(学部・主査) 2人
    • 複数指導の責任者(修士) 8人
  14. 2018年度
    • 卒業研究指導(学部) 5人
    • 学位論文審査(学部・主査) 2人
    • 学位論文審査(学部・副査) 3人
    • 複数指導の責任者(修士) 6人
教育研究会における発表
  1. PBLを基軸とする工学教育プログラム(九州工業大学:中尾)
    • 教育研究会名 :
      岩手大学全学FD研修会
    • 開催年月 : 2015年9月
  2. 大学教育へのPBL導入の考え方と方法(盛岡大学:市川洋子)
    • 教育研究会名 :
      岩手大学全学FD研修会
    • 開催年月 : 2015年9月
  3. H28年度岩手大学教職大学院 第1回授業公開・授業研究会
    • 教育研究会名 :
      岩手大学教職大学院
    • 開催年月 : 2016年7月
  4. クォーター制の意義と課題-内部質保証システムから垣間見えてきたこと(お茶の水女子大学:半田智久)
    • 教育研究会名 :
      岩手大学全学FD研修会
    • 開催年月 : 2016年9月
  5. 開学20年来のクォーター制について(高知工科大学:坂本明雄)
    • 教育研究会名 :
      岩手大学全学FD研修会
    • 開催年月 : 2016年9月
  6. 教職大学院における教育の実施状況の把握と課題解決に向けての基調報告とワークショップ
    • 教育研究会名 :
      岩手大学教育学部共催 教育学研究科FD研修会
    • 開催年月 : 2016年9月
  7. アクティブラーニングとはなにか(独立行政法人大学入試センター教授 山地弘起)
    • 教育研究会名 :
      岩手大学教育学部FD研修会
    • 開催年月 : 2016年11月
  8. H28年度岩手大学教職大学院 第2回授業公開・授業研究会「子ども支援力開発実習」
    • 教育研究会名 :
      岩手大学教職大学院
    • 開催年月 : 2016年12月
  9. H29年度岩手大学教職大学院 第1回授業公開・授業研究会
    • 教育研究会名 :
      岩手大学教職大学院FD研修会
    • 開催年月 : 2017年7月
  10. 教職大学院の授業科目「リフレクション」の構想とねらい,実施状況報告とワークショップ
    • 教育研究会名 :
      岩手大学教育学部共催 平成29年度教育学研究科FD研修会
    • 開催年月 : 2017年9月
  11. 教育学部の被災地に学ぶ災害復興教育とは
    • 教育研究会名 :
      H29年度教育学部FD研修会
    • 開催年月 : 2017年10月
  12. H29年度岩手大学教職大学院 第2回授業公開・授業研究会
    • 教育研究会名 :
      岩手大学教職大学院FD研修会
    • 開催年月 : 2017年12月
  13. 新カリ学生の主免,副免に対する考え方
    • 教育研究会名 :
      教育学部学生に対する履修指導に関する研修会
    • 開催年月 : 2018年10月
教材作成
  1. 情報基礎-コンピュータの基本操作と情報活用術 新装(改訂版)
    • 教材種類 : 教科書等の執筆
    • 教材年度 : 2017年度
学生課外活動の指導(サークル等の顧問等)の実施
  1. 2013年度
    • 岩手大学バドミントン部顧問
  2. 2014年度
    • 岩手大学バドミントン部顧問
  3. 2015年度
    • 岩手大学バドミントン部顧問
  4. 2016年度
    • 岩手大学バドミントン部顧問
  5. 2017年度
    • 岩手大学バドミントン部顧問
  6. 2018年度
    • 岩手大学バドミントン部顧問
教育活動のその他の事項
  1. 2006年度
    • 進路指導業務
      家政教育科の就職委員として家政科および生活システムコースの4年次学生に対し,就職に関する指導を個別に行った.また,就職支援課の事務職員とともに盛岡市内の5社に出向き,岩手大学学生の就職事情を聞いたり,採用に関して依頼した.
    • その他
      教育実習の事前指導および事後指導を行った.また,実習中の学生に対し研究資料やサンプルなどを貸し出したり,授業の指導,アドバイスを行った.
  2. 2007年度
    • その他
      教育実習の事前指導および事後指導を行った.また,実習に行く学生に対し研究資料や各種サンプルを貸し出し,授業遂行のための指導やアドバイスを行った.また,各実習校に出向いて研究授業を見学し,その後の研究会に出席して指導を行った.
  3. 2008年度
    • 学生生活指導活動
      家政教育科および生活システム撰修の学生(1-4年次)とともに合宿研修に参加し,交流をはかるとともに,学生生活全体に関する話し合いを持った.
    • その他
      教育実習の事前指導および事後指導を行った.また,実習に行く学生に対し研究資料や各種サンプルを貸し出し,授業遂行のための指導やアドバイスを行った.また,各実習校に出向いて研究授業を見学し,その後の研究会に出席して指導を行った.
  4. 2009年度
    • 学生生活指導活動
      家政教育科および生活システム撰修の学生とともに合宿研修に参加し,交流をはかるとともに,大学生活に関する話し合いを持った.
    • その他
      教育実習の事前指導および事後指導を行った.また,実習に行く学生に対し研究資料や各種サンプルを貸し出し,授業遂行のための指導やアドバイスを行った.また,各実習校に出向いて研究授業を見学し,その後の研究会に出席して指導を行った.
  5. 2010年度
    • 学生生活指導活動
      家政教育科および生活システム撰修の学生とともに合宿研修に参加し,交流をはかるとともに,大学生活に関する話し合いを持った.
    • その他
      教育実習の事前指導および事後指導を行った.また,実習に行く学生に対し研究資料や各種サンプルを貸し出し,授業遂行のための指導やアドバイスを行った.また,各実習校に出向いて研究授業を見学し,その後の研究会に出席して指導を行った.
    • 教育実習への協力
      研究授業へのアドバイス,観察実習,体験実習への統導
  6. 2011年度
    • その他
      教育実習の事前指導および事後指導を行った.また,実習に行く学生に対し研究資料や各種サンプルを貸し出し,授業遂行のための指導やアドバイスを行った.また,各実習校に出向いて研究授業を見学し,その後の研究会に出席して指導を行った.
    • 教育実習への協力
      実習校への統導,研究授業協力
  7. 2012年度
    • 学生生活指導活動
      家政教育科学生とともに合宿研修に参加し,交流をはかるとともに,大学生活に関する話し合いを持った.
    • その他
      教育実習の事前指導および事後指導を行った.また,実習に行く学生に対し研究資料や各種サンプルを貸し出し,授業遂行のための指導やアドバイスを行った.また,各実習校に出向いて研究授業を見学し,その後の研究会に出席して指導を行った.
    • 教育実習への協力
      研究授業へのアドバイス,学校体験実習,主免実習への統導
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      本学卒業生(教員)からの要請に基づき,現場での家庭科指導(特に被服分野)の際の実験方法,評価方法などの提言を行った.同時に,提言した内容を本学部の授業でも実践し,その結果を卒業生に還元した.
  8. 2013年度
    • 学生生活指導活動
      家政教育科学生とともに合宿研修に参加し,交流をはかるとともに,大学生活に関する話し合いを持った.
    • その他
      教育実習の事前指導および事後指導を行った.また,実習に行く学生に対し研究資料や各種サンプルを貸し出し,授業遂行のための指導やアドバイスを行った.また,各実習校に出向いて研究授業を見学し,その後の研究会に出席して指導を行った.
    • 教育実習への協力
      研究授業へのアドバイス,学校体験実習,主免実習への統導
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      本学卒業生(教員)からの要請に基づき,現場での家庭科指導(特に被服分野)の際の実験方法,評価方法などの提言を行った.同時に,提言した内容を本学部の授業でも実践し,その結果を卒業生に還元した.
  9. 2014年度
    • 学生生活指導活動
      家政教育科学生(1ー4年次)とともに合宿研修に参加し,交流をはかるとともに,大学生活に関する話し合い(卒論,研究室配属,教員採用試験,教育実習など)を持った.
    • その他
      教育実習の事前指導および事後指導を行った.また,実習に行く学生に対し研究資料や各種サンプルを貸し出し,授業遂行のための指導やアドバイスを行った.また,各実習校に出向いて研究授業を見学し,その後の研究会に出席して指導を行った.
    • 教育実習への協力
      緑ヶ丘小学校の実習生研究授業へのアドバイス,授業参観,主免実習への統導
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      本学卒業生(教員)からの要請に基づき,現場での家庭科指導(特に被服分野)の際の実験方法,評価方法などの提言を行った.同時に,提言した内容を本学部の授業でも実践し,その結果を卒業生に還元した.
    • 教育実習への協力
      地域教育実習(西和賀町2014/9/24-26)への統導
  10. 2015年度
    • 学生生活指導活動
      家政教育科学生(1ー4年次)とともに合宿研修に参加し,交流をはかるとともに,大学生活に関する話し合い(研究室配属,教育実習,教員採用試験,卒論など)を持った.
    • その他
      教育実習の事前指導および事後指導を行った.また,実習に行く学生に対し研究資料や各種サンプルを貸し出し,授業遂行のための指導やアドバイスを行った.また,各実習校に出向いて研究授業を見学し,その後の研究会に出席して指導を行った.
    • 教育実習への協力
      緑ヶ丘小学校での実習生研究授業へのアドバイス,学校体験実習(桜城小学校),授業参観,主免実習への統導
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      本学卒業生(教員)からの要請に基づき,現場での家庭科指導(特に被服分野)の際の実験方法,評価方法などの提言を行った.同時に,提言した内容を本学部の授業でも実践し,その結果を卒業生に還元した.
  11. 2016年度
    • 教育実習への協力
      教育実習委員として緑ヶ丘小学校を担当し,当校を期間中複数回訪問し教育実習生の様子を見守った.また,「家庭科」研究授業へのアドバイス,観察実習(附属中学校),授業参観,主免実習への統導
    • 学生生活指導活動
      家政教育科学生(1ー4年次)とともに研修に参加(遠野市)し,交流をはかるとともに,大学生活に関する話し合い(研究室配属,教育実習,教員採用試験,卒論など)を持った.
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      本学卒業生(教員)からの要請に基づき,現場での家庭科指導(特に被服分野)の際の実験方法,評価方法などの提言を行った.同時に,提言した内容を本学部の授業でも実践し,その結果を卒業生に還元した.
    • その他
      教育実習の事前指導および事後指導を行った.また,実習に行く学生に対し研究資料や各種サンプルを貸し出し,授業遂行のための指導やアドバイスを行った.また,各実習校に出向いて研究授業を見学し,その後の研究会に出席して指導を行った.
  12. 2017年度
    • 教育実習への協力
      緑ヶ丘小学校での実習生研究授業(「家庭科」)へのアドバイスを行った,
      学校体験実習(杜陵小学校)を担当し,期間中の学生指導,当該学校訪問,授業参観を行った.
    • 学生生活指導活動
      家政教育科学生(1ー4年次)とともに研修に参加(葛巻町)し,交流をはかるとともに,大学生活に関する話し合い(研究室配属,教育実習,教員採用試験,卒論など)を持った.
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      本学卒業生(教員)からの要請に基づき,現場での家庭科指導(特に被服分野)の際の実験方法,評価方法などの提言を行った.同時に,提言した内容を本学部の授業でも実践し,その結果を卒業生に還元した.
    • その他
      教育実習の事前指導および事後指導を行った.また,実習に行く学生に対し研究資料や各種サンプルを貸し出し,授業遂行のための指導やアドバイスを行った.また,各実習校に出向いて研究授業を見学し,その後の研究会に出席して指導を行った.
  13. 2018年度
    • 教育実習への協力
      岩手大学教育学部附属中学校での実習生研究授業(「家庭科」)へのアドバイス,教材作成指導を行った,
      学校体験実習(杜陵小学校)を担当し,期間中の学生指導,当該学校訪問,授業参観を行った.
    • 学生生活指導活動
      家政教育科学生(1ー4年次)とともに家政科の研修に参加し,交流をはかるとともに,大学生活に関する話し合い(研究室配属,教育実習,教員採用試験,卒論など)を持った.
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      本学卒業生(教員)からの要請に基づき,現場での家庭科指導(特に被服分野)の際の実験方法,評価方法などの提言を行った.同時に,提言した内容を本学部の授業でも実践し,その結果を卒業生に還元した.
研究経歴
  1. 洗浄機構に関わる流体力について(1984年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 洗浄、流体力、レオロジー, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      生活科学一般流体工学反応工学・プロセスシステム
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
      洗浄機構に関する研究
  2. 被服教育について(小・中・高等学校)(1984年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 被服学、教育、教材,
    • 専門分野(科研費分類) :
      生活科学一般教科教育学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
  3. 植物由来染料の各種繊維に対する親和性および染色性(2000年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 染色学,繊維,染料
    • 専門分野(科研費分類) :
      生活科学一般
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
  4. マイクロバブル水およびナノバブル水の洗浄効果(2012年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : マイクロバブル水,ナノバブル水,界面活性剤水溶液,流動挙動, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      流体工学化学工学一般生活科学一般
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : 基礎科学研究
    • 研究活動内容 :
  5. マイクロバブル水およびナノバブル水の染色への利用効果(2016年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : マイクロバブル水,ナノバブル水,界面活性剤水溶液,流動挙動, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      流体工学化学工学一般生活科学一般
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : 基礎科学研究
    • 研究活動内容 :
論文
  1. 被服整理の指導における実験および実習の学習効果について [日本家庭科教育学会誌, 30, (1987年1月), pp.3-] 天木桂子,岩崎芳枝,生野晴美
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  2. 布に対する各種しみの付着・脱落挙動 [岩手大学教育学部研究年報, 48, (1988年1月), pp.1-] 池田揚子,天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  3. 衣類洗濯の意識調査としみ抜きの実験的研究 [岩手大学教育学部附属教育工学センター教育工学研究, (1988年1月), pp.10-] 池田揚子,天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  4. 消費者教育をめざす授業の試み-被服購入の条件を考えさせる- [家庭科の授業を創る, (1988年6月15日), pp.79-94] 池田揚子,天木桂子,平山貞,菅原正子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  5. 児童の生活技術に関する研究-洗濯の実態を通して- [岩手大学教育学部附属教育工学センター教育工学研究, (1989年1月), pp.11-] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  6. 家庭用電気洗濯機による衣類の洗浄について(第1報) [岩手大学教育学部研究年報, 49, (1989年1月), pp.1-] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  7. 家庭用電気洗濯機による衣類の洗浄について(第2報) [岩手大学教育学部研究年報, 50, (1990年1月), pp.2-] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  8. ポケット口の縫い方による強度差について [岩手大学教育学部附属教育実践研究指導センター研究紀要, (1991年1月), pp.1-] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  9. 廃食油を利用した手作り石けんの洗浄性能 [岩手大学教育学部研究年報, 51, (1991年1月), pp.1-] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  10. 食用油脂を利用した手作り石けんの洗浄性能(第1報) [岩手大学教育学部研究年報, 51, (1991年1月), pp.2-] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  11. 新技術に対応する家庭科教育「情報化社会に対応する家庭科の教材開発」 [岩手大学教育研究学内特別経費研究報告書, (1991年4月1日), pp.1-15] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  12. 家庭用電気濯機による衣類の洗浄について(第3報)-浴比の影響- [岩手大学教育学部研究年報, 52(1), (1992年1月), pp.107-112-] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  13. 制服に関する研究(第1報)-高校生の制服に対するイメージと自己概念との関連性- [岩手大学教育学部研究年報, 52(1), (1992年1月), pp.97-105-] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  14. 家庭における原毛の取り扱い(第1報)-手紡ぎ毛編み地の洗濯方法- [岩手大学教育学部附属教育実践研究指導センター研究紀要, (1992年1月), pp.2-] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  15. 洗浄機構に関る流体力の検討,第1報;壁面に付着した微小円柱に対する界面活性剤および希薄高分子水溶液の抗力 [日本レオロジー学会誌, 21(1), (1993年1月), pp.41-45-] 天木桂子
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  16. 児童の生活技術に関する研究(第2報)-子どもの洗濯技能と親の意識の関連- [岩手大学教育学部附属教育実践研究指導センター研究紀要, (3), (1993年1月), pp.245-255-] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  17. 家庭における原毛の取り扱い(第2報)-フリースの洗毛方法と原毛の成分分析- [岩手大学教育学部研究年報, 52(2), (1993年1月), pp.59-68-] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  18. 保温的な着衣についての研究(第1報)-大学生の着衣実態とシャツの種類による保温性- [岩手大学教育学部研究年報, 53(3), (1994年1月), pp.25-45-] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  19. 講義「生活科教育法」の構築 [岩手大学教育学部附属教育実践研究指導センター研究紀要, (4), (1994年1月), pp.75-90-] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  20. 教育現場における家庭科の現状と課題-岩手県の場合- [家庭科教育, 68(7), (1994年6月1日), pp.13-17] 池田揚子,天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  21. 中学校の被服教育におけるCAI導入-着装に関する教材の開発 [岩手大学教育学部附属教育実践研究指導センター研究紀要, (5), (1995年1月), pp.191-201-] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  22. 市販染色織物の洗浄による色彩変化 [岩手大学教育学部研究年報, 54(2), (1995年1月), pp.57-65-] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  23. 保温的な着衣についての研究 (第2報) ー 人体の局所保温法による皮膚温の変化 [岩手大学教育学部研究年報, 54(2), (1995年1月), pp.67-77-] 池田揚子,天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  24. 豊かな衣生活の時代に-ある「シミの付着・脱落挙動」調査・実験から [衣生活, 38(2), (1995年5月1日), pp.53-59] 池田揚子,天木桂子
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  25. 高等学校家庭科の男女必修についてー岩手県の実態ー [岩手大学教育学部附属教育実践研究指導センター研究紀要, (6), (1996年1月), pp.75-83-] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  26. 保温的な着衣についての研究(第3報)ーミニスカートについてー [岩手大学教育学部研究年報, 55(2), (1996年1月), pp.73-81-] 天木 桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  27. 家庭科室における家庭用電気機器の保有状況とそれに対する教師の意識 -岩手県の小・中・高等学校の場合- [日本家庭科教育学会誌, 40(3), (1997年1月), pp.63-69-] 天木 桂子
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  28. 新技術に対応する家庭科教育 [平成3年度教育研究学内特別経費研究報告書「情報化社会に対応する家庭科の教材開発」1, (2002年3月1日), pp.1-40] 池田揚子,天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  29. 被服教育における「個性を生かす着用」の指導に関する一考察 [東北家庭科教育研究, 1(1), (2002年5月1日), pp.25-33] 天木桂子
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  30. 「快適な着装」に関する一考察-大学生の着衣に関する考え方を参考にして- [岩手大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要, (2), (2003年3月1日), pp.141-149] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  31. 被服教育における「着装」の指導に関する一考察-保健衛生的な着方から個性を生かす着用へ- [家庭科教育, 77(5), (2003年5月1日), pp.10-17] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  32. 洗浄機構に関する流体力の検討-界面活性剤水溶液のレオロジー挙動の解明- [盛岡応用数学小研究会報告集, (2004年10月30日), pp.26-34] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  33. 検証,教科「情報」-岩手大学における状況調査と統計的解析- [CIEC会誌 コンピュータ&エデュケーション, 21, (2006年12月1日), pp.24-29] 吉田等明,天木桂子,中西貴裕,遠藤教昭,原道宏
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  34. Drag Reduction in the Flow of Aqueous Solutions of Detergent Through Mesh Screens. [日本レオロジー学会誌, 36(2), (2008年10月), pp.125-131] keiko AMAKI, Tomiichi HASEGAWA, Takatsune NARUMI
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  35. 界面活性剤水溶液の流動挙動の解明 [新潟大学大学院自然科学研究科材料生産開発科学専攻博士論文, (2009年3月), pp.1-205] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  36. 界面活性剤水溶液の流動挙動の解明 [第41回洗浄に関するシンポジウム要旨集, (2009年10月), pp.25-28] 天木桂子,長谷川富市
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  37. 交番流におけるナノバブル/界面活性剤混合液の洗浄効果の検討 [日本機会学会論文集(B編), 77(777), (2011年5月1日), pp.1219-1228] 牛田晃臣,長谷川富市,天木桂子,中島敏之,高橋尚幸,鳴海敬倫
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  38. 洗浄機構に関わる流体力の検討-洗浄力に及ぼす界面活性剤水溶液の流れ挙動の解明- [2008-2010年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書, (2011年6月1日), pp.1-6] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  39. 管内流れにおけるマイクロバブル水および複雑流体の摩擦損失低減効果 [日本レオロジー学会誌, 40(4), (2012年12月), pp.179-184] 牛田晃臣,長谷川富市,鳴海敬倫,天木桂子,萱場龍一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  40. Effect of Microbabble Mixtures on the Washing Rate of Surfactant Solutions in a Swirling Flow and an Alternating Flow [Tenside Surfactants Detergents, 50(5), (2013年9月), pp.332-338] Akiomi USHIDA, Tomiichi HASEGAWA, Keiko AMAKI and Takatsune NARUMI
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  41. 洗浄における洗剤使用量低減化の試みーナノバブル水の流動特性と洗浄性能の解明ー [2012-2014年度JSPS科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書, (2015年6月1日), pp.1-6] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  42. Anomaly of Pressure Drops of Rod-Like Micelle Surfactant Solutions Passing through Small Orifices. [Experimental Thermal and Fluid Science., 70, (2016年1月), pp.69-76] Akiomi USIDA, Shotaro MURAO, Tomiichi HASEGAWA, Takatsune NARUMI, Keiko AMAKI
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  43. Anomalous flow properties of spherikal micelle surfactant solutions passing through small-sized slits. [International Journal of Heat and Fluid Flow., 61, (2016年7月1日), pp.562-574] Akiomi USHIDA, Shotaro MURAO, Tomiichi HASEGAWA, Takatsune NARUMI,Keiko AMAKI
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  44. ファインバブル会う位の流動特性と染色への応用 [日本油化学会誌「オレオサイエンス」, 17(9), (2017年9月1日), pp.433-441] 天木 桂子
    • 掲載種別 : 全国誌
    • 査読 : 査読無し
著書
  1. 家政学用語辞典 [朝倉書店 (1993年11月1日)] 天木桂子
    • 著書種別 : 辞典・辞書
  2. 基礎情報学 [学術図書出版社 (2002年4月10日)] 天木桂子(編集代表)他著者17名
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      3.3.6章,編集代表
  3. 洗浄機構に関する流体力の検討-界面活性剤水溶液の粘弾性挙動の解明と汚れ除去機構の関連- [2000-2001文部省科学研究費補助金(基盤C)研究成果報告書 (2003年6月1日)] 天木桂子
    • 著書種別 : その他
  4. 新版家政学事典 [朝倉書店 (2004年7月1日)] 天木桂子
    • 著書種別 : 辞典・辞書
  5. 情報基礎-課題解決のためのコンピュータ活用法- [学術図書出版社 (2006年4月10日)] 天木桂子(編集代表)他著者16名
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      1.7章,編集代表
  6. 情報基礎-コンピュータの基本操作と情報活用術- [学術図書出版社 (2012年3月20日)] 天木桂子(編集代表)他著者14名
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      1.4章,編集代表
  7. 東日本大震災と家庭科 [株式会社ドメス出版 (2014年6月25日)] 日本家庭科教育学会東北地区会
    • 著書種別 : 学術著書
  8. 情報基礎ーコンピュータの基本操作と情報活用術ー(第3版:改訂版) [学術図書出版社 (2015年3月20日)] 天木桂子,ほか14名
    • 著書種別 : 学術図書
  9. 被服学事典 [朝倉書店 (2016年10月1日)] 牛腸ヒロミ他
    • 著書種別 : 辞典・辞書
  10. 情報基礎ーコンピュータの基本操作と情報活用術ー(新装:改訂版) [学術図書出版社 (2017年3月20日)] 天木桂子,ほか13名
    • 著書種別 : 学術図書
総説・解説記事
  1. 洗浄機構に関する流体力の検討-界面活性剤水溶液のレオロジー挙動の解明- [盛岡応用数学研究会, 盛岡応用数学小研究集会報告集, (2004年10月30日), pp.26-34] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他
  2. 汚れ除去を中心とする洗浄 [公益財団法人日本油化学会洗浄・洗剤部会, 日本油化学会洗浄に関するシンポジウム50回記念論文集, (2018年8月15日), pp.23-27] 天木桂子
    • 掲載種別 : その他
芸術・技術・体育系業績
  1. その他
    • 大会・展覧会 : 通商産業省新JIS規格制定のためのフィールド調査
    • 作品・種目 : 衣服寸法設定のための身体計測
    • 全発表者 : 天木 桂子
    • 発表年月 : 1993年1月
研究発表
  1. 被服整理の指導における実験および実習の学習効果について
    • 会議名称 : 日本家庭科教育学会第29回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1986年6月1日~1986年6月2日
    • 発表者 : 天木桂子,生野晴美,岩崎芳枝
    • 主催者 : 日本家庭科教育学会
    • 開催場所 : 東京
  2. 固体粒子除去に必要な機械エネルギーの評価
    • 会議名称 : 日本油化学会第18回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1986年10月1日~1986年10月2日
    • 発表者 : 日影弥生,天木桂子,岩崎芳枝,矢部章彦
    • 主催者 : 日本油化学会洗浄洗剤部会
    • 開催場所 : 東京
  3. 衣類洗濯の意識調査としみ抜きの実験的研究
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第32回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1987年9月1日
    • 発表者 : 池田揚子,天木桂子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 秋田市
  4. ポケット口の縫い方による強度差について
    • 会議名称 : 日本家庭科教育学会第31回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1988年6月1日~1988年6月2日
    • 発表者 : 天木桂子,池田揚子
    • 主催者 : 日本家庭科教育学会
    • 開催場所 : 東京
  5. 油性しみの繊維への付着と洗浄性
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第33回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1988年9月1日
    • 発表者 : 天木桂子,池田揚子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 札幌市
  6. 超高速遠心力による球状粒子汚れの除去(第3報)-除去力の方向性-
    • 会議名称 : 日本油化学会第20回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1988年11月1日~1988年11月2日
    • 発表者 : 李相姫,天木桂子,岩崎芳枝,矢部章彦
    • 主催者 : 日本油化学会洗浄洗剤部会
    • 開催場所 : 奈良市
  7. 界面活性剤水溶液の非ニュートン流体的性質
    • 会議名称 : 日本油化学会第21回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1989年10月1日~1989年10月2日
    • 発表者 : 長谷川富市,天木桂子,近野正昭
    • 主催者 : 日本油化学会洗浄洗剤部会
    • 開催場所 : 東京
  8. 壁面に付着した微小円柱に界面活性剤水溶液および希薄高分子水溶液が当たる場合の抗力の算定
    • 会議名称 : 日本レオロジー学会第17年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1990年5月1日~1990年5月2日
    • 発表者 : 天木桂子,長谷川富市,近野正昭
    • 主催者 : 日本レオロジー学会
    • 開催場所 : 千葉市
  9. 廃油を利用した手づくり石けんの洗浄性能
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第35回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1990年10月1日
    • 発表者 : 天木桂子,池田揚子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 盛岡市
  10. 低気温に対応する保温的な着衣について
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第35回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1990年10月1日
    • 発表者 : 池田揚子,天木桂子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 盛岡市
  11. 洗浄機構に関わる流体力の検討-二次元流れ中の微小円柱に対する抗力の算定-
    • 会議名称 : 日本油化学会第22回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1990年11月1日~1990年11月2日
    • 発表者 : 天木桂子,長谷川富市,近野正昭
    • 主催者 : 日本油化学会洗浄洗剤部会
    • 開催場所 : 東京
  12. 袖ぐりのゆとり量についての検討
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第36回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1991年10月1日
    • 発表者 : 池田揚子,天木桂子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 仙台市
  13. 家庭における原毛の取り扱い-洗毛および手紡ぎ毛糸編み地の洗濯-
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第36回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1991年10月1日
    • 発表者 : 中屋洋子,池田揚子,天木桂子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 仙台市
  14. 食用油脂を利用した手づくり石けんの洗浄性能
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第36回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1991年10月1日
    • 発表者 : 天木桂子,池田揚子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 仙台市
  15. 洗浄機構に関わる流体力の検討(第2報)-壁面上の微小円柱に対する各種溶液の抗力-
    • 会議名称 : 日本油化学会第23回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1991年11月1日~1991年11月2日
    • 発表者 : 天木桂子,長谷川富市,近野正昭,玉野健
    • 主催者 : 日本油化学会洗浄洗剤部会
    • 開催場所 : 西宮市
  16. 食用油脂を利用した手づくり石けんの洗浄性能
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第37回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1992年9月1日
    • 発表者 : 天木桂子,池田揚子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 郡山市
  17. パッチポケット口の縫製についての検討
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第37回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1992年9月1日
    • 発表者 : 池田揚子,天木桂子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 郡山市
  18. 洗浄機構に関わる流体力の検討(第3報)-壁面上の微小円柱に対する界面活性剤水溶液の抗力-
    • 会議名称 : 日本油化学会第24回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1992年11月1日~1992年11月2日
    • 発表者 : 天木桂子,長谷川富市,近野正昭
    • 主催者 : 日本油化学会洗浄洗剤部会
    • 開催場所 : 東京
  19. 学校現場における家庭用電気機器の保有状況と指導の実態-岩手県の小・中・高等学校の場合-
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第38回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1993年9月1日
    • 発表者 : 天木桂子,池田揚子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 弘前市
  20. 新しい電気機器の利用に関する小・中・高校教師の対応と意識
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第38回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1993年9月1日
    • 発表者 : 池田揚子,天木桂子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 弘前市
  21. 画像解析法を用いた織物の形態変化に関する研究(第1報)-通気性,保温性に関する解析-
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第38回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1993年9月1日
    • 発表者 : 佐々木陽,天木桂子,池田揚子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 弘前市
  22. 洗浄機構に関わる流体力の検討(第4報)-各種溶液および分散液が抗力に与える影響と揚力から見た洗浄力に対する界面活性剤の有効性-
    • 会議名称 : 日本油化学会第25回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1993年10月1日~1993年10月2日
    • 発表者 : 天木桂子,長谷川富市
    • 主催者 : 日本油化学会洗浄洗剤部会
    • 開催場所 : 東京
  23. 画像解析法を用いた織物の形態変化に関する研究(第2報)-カバーファクターに関する解析-
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第39回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1994年10月1日
    • 発表者 : 佐々木陽,池田揚子,天木桂子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 秋田市
  24. 織物に対する洗濯・漂白処理の影響-画像解析法による織り糸変化の解析-
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第39回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1994年10月1日
    • 発表者 : 天木桂子,佐々木陽,池田揚子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 秋田市
  25. 標本抽出による岩手県内小学校児童の着衣状況とその検討について
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第39回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1994年10月1日
    • 発表者 : 池田揚子,天木桂子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 秋田市
  26. 洗浄機構に関わる流体力の検討(第5報)-織物間隙を通過する際に生じる各種界面活性剤水溶液の抗力-
    • 会議名称 : 日本油化学会第26回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1994年11月1日~1994年11月2日
    • 発表者 : 天木桂子,長谷川富市
    • 主催者 : 日本油化学会洗浄洗剤部会
    • 開催場所 : 豊中市
  27. 小・中・高被服領域対応の実態-製作を中心として-
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第40回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1995年9月1日
    • 発表者 : 池田揚子,天木桂子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 福島市
  28. 生徒の学習意欲を喚起する高等学校家庭科の授業研究(5)-家族学習におけるドラマ作りの授業実践-
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第40回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1995年9月1日
    • 発表者 : 武田京子,天木桂子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 福島市
  29. Rheo-Oputical Investigation of Surfactant Solutions and Oil-in-Water Type Emultions
    • 会議名称 : 日本油化学会第29回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1997年11月1日~1997年11月2日
    • 発表者 : Keiko AMAKI, Erizabeth K Weeler and Gerald G Fuller
    • 主催者 : 日本油化学会洗浄洗剤部会
    • 開催場所 : 奈良市
  30. 洗浄機構に関わる流体力の検討(第6報)-メッシュ間隙通過に生じる界面活性剤水溶液の抗力-
    • 会議名称 : 日本油化学会第30回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1998年11月1日~1998年11月2日
    • 発表者 : 天木桂子,長谷川富市
    • 主催者 : 日本油化学会洗浄洗剤部会
    • 開催場所 : 東京
  31. 光学的手法を用いた界面活性剤水溶液およびO/W型エマルションのレオロジー挙動の解析
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第44回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1999年10月1日
    • 発表者 : 天木桂子,長谷川富市
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 仙台市
  32. 家庭用洗剤の生分解性(陰イオン性,非イオン性解析について)
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第44回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1999年10月1日
    • 発表者 : 平佐興彦,天木桂子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 仙台市
  33. 洗浄機構に関わる流体力の検討(第7報)-布間隙を通過する際に生じる各種流体のの抗力に及ぼす織物構造の影響-
    • 会議名称 : 日本油化学会第31回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 1999年11月1日~1999年11月2日
    • 発表者 : 天木桂子,長谷川富市
    • 主催者 : 日本油化学会洗浄洗剤部会
    • 開催場所 : 東京
  34. 界面活性剤水溶液(洗剤溶液)の流動上の性質
    • 会議名称 : 第4回北東北熱流体研究会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2000年7月1日
    • 発表者 : 天木桂子
    • 開催場所 : 盛岡市
  35. 男性のファッション観について-男性のおしゃれにかんする男女の意識-
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第45回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2000年9月1日
    • 発表者 : 天木桂子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 仙台市
  36. 洗浄機構に関わる流体力の検討(第8報)-布間隙を通過する際に生じる流体の抗力に及ぼす糸密度およびオープニングエリアの影響-
    • 会議名称 : 日本油化学会第32回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2000年11月1日~2000年11月2日
    • 発表者 : 天木桂子,長谷川富市
    • 主催者 : 日本油化学会洗浄洗剤部会
    • 開催場所 : 大阪市
  37. 衣類洗浄におけるすすぎ効果-布の組成および形状がすすぎ効率に与える影響-
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第46回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2001年9月1日
    • 発表者 : 天木桂子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 秋田市
  38. 洗浄機構に関わる流体力の検討(第9報)-コンピュータにおける各種流れ挙動の解析とモデル化-
    • 会議名称 : 日本油化学会第33回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2001年11月1日~2001年11月2日
    • 発表者 : 天木桂子,長谷川富市
    • 主催者 : 日本油化学会洗浄洗剤部会
    • 開催場所 : 東京
  39. 電解アルカリイオン水の洗浄への応用とその効果
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第47回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2002年9月1日
    • 発表者 : 天木桂子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 札幌市
  40. 電解アルカリイオン水の洗浄への応用とその効果
    • 会議名称 : 日本油化学会第34回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2002年11月1日~2002年11月2日
    • 発表者 : 天木桂子
    • 主催者 : 日本油化学会洗浄洗剤部会
    • 開催場所 : 東京
  41. 電解アルカリイオン水の洗浄への応用とその効果(第2報)-硬質界面に対する洗浄性と評価方法の検討-
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第48回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2003年9月1日
    • 発表者 : 天木桂子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 盛岡市
  42. 洗浄機構に関する流体力の検討-メッシュ間隙を通過する際に生じる界面活性剤水溶液の抗力-
    • 会議名称 : 第52回レオロジー討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年9月22日~2004年9月24日
    • 発表者 : 天木桂子,鳴海敬倫,長谷川富市
    • 主催者 : 日本レオロジー学会
    • 開催場所 : 弘前大学理工学部(弘前市)
  43. 洗浄機構に関する流体力の検討-界面活性剤水溶液のレオロジー挙動の解明-
    • 会議名称 : 盛岡応用数学小研究集会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2004年10月30日
    • 発表者 : 天木桂子
    • 主催者 : 盛岡応用数学研究会
    • 開催場所 : 岩手大学人文社会科学部(盛岡市)
  44. 界面活性剤水溶液の静止時と流動時の挙動特性
    • 会議名称 : 第36回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年11月24日~2004年11月25日
    • 発表者 : 天木桂子,長谷川富市
    • 主催者 : 日本油化学会
    • 開催場所 : 江戸川区総合区民ホール(東京)
  45. 岩手県浄法寺町産漆の染色性
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第50回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年9月9日
    • 発表者 : 天木桂子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 郡山女子大学(郡山市)
  46. ひも状ミセルを形成する界面活性剤水溶液の流動特性
    • 会議名称 : 第37回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年10月20日~2005年10月21日
    • 発表者 : 天木桂子,長谷川富市
    • 主催者 : 日本油化学会
    • 開催場所 : 江戸川区総合区民ホール(東京)
  47. 洗濯用洗剤による抵抗減少効果
    • 会議名称 : 日本機械学会流体工学部門講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年10月29日~2005年10月30日
    • 発表者 : 天木桂子,長谷川富市,鳴海敬倫,唐澤政弘
    • 主催者 : 日本機械学会
    • 開催場所 : 金沢大学(金沢市)
  48. 界面活性剤水溶液の流れがメッシュ間隙を通過する際に生じる抗力に与える要因の解析
    • 会議名称 : 第38回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年10月19日~2006年10月20日
    • 発表者 : 天木桂子,長谷川富市
    • 主催者 : 日本油化学会
    • 開催場所 : 京都テルサ(京都)
  49. 黄はだおよびベルベリンの繊維に対する染色性とその特徴
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第52回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年9月7日
    • 発表者 : 天木 桂子
    • 主催者 : (社)日本家政学会
    • 開催場所 : 宮城県仙台市(東北生活文化大学)
  50. 乾燥ハーブローズマリーの各種繊維に対する染色性とその特徴
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第53回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月7日
    • 発表者 : 天木 桂子
    • 主催者 : (社)日本家政学会
    • 開催場所 : 青森県弘前市(弘前大学)
  51. 洗浄における機械力の寄与
    • 会議名称 : 第40回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2008年10月30日~2008年10月31日
    • 発表者 : 天木桂子
    • 主催者 : 日本油化学会
    • 開催場所 : 東京
  52. 界面活性剤水溶液の流動挙動の解明-矩形チャネル内に垂直におかれたメッシュ間隙を流体が通過する際に生じる抵抗におよぼす流れ挙動の解釈-
    • 会議名称 : 第41回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年10月15日~2009年10月16日
    • 発表者 : 天木桂子,長谷川富市
    • 主催者 : 日本油化学会
    • 開催場所 : 京都工芸繊維大学
  53. 植物由来染料(草木染め)の各種繊維に対する染着特性
    • 会議名称 : 平成21年度日本科学教育学会研究会・東北支部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年11月7日
    • 発表者 : 小川原 紗希,星川 幸子,天木 桂子
    • 主催者 : 日本科学教育学会東北支部会
    • 開催場所 : 岩手県盛岡市(岩手大学)
  54. 界面活性剤水溶液の流動挙動の解明
    • 会議名称 : 日本油化学会第18回洗浄・洗剤部会メンバーズセミナー
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2010年1月14日
    • 発表者 : 天木桂子
    • 主催者 : 日本油化学会 洗浄・洗剤部会
    • 開催場所 : 東京
  55. 乾燥ハーブ丁子のの各種繊維に対する染着性とその特徴
    • 会議名称 : 平成22年度日本家庭科教育学会東北・北海道支部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月30日
    • 発表者 : 天木 桂子
    • 主催者 : 日本家庭科教育学会東北・北海道支部会
    • 開催場所 : 岩手県盛岡市(岩手大学)
  56. 洗濯洗浄におけるナノバブル混合液の洗浄効果
    • 会議名称 : 日本混相流学会混相流シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年8月9日~2013年8月11日
    • 発表者 : 牛田晃臣,高橋尚幸,天木桂子,中島俊之,長谷川富市,鳴海敬倫
    • 主催者 : 日本混相流学会
    • 開催場所 : 信州大学
  57. マイクロバブル水およびナノバブル水の各種人工汚染布に対する洗浄効果
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部 第58回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月14日
    • 発表者 : 天木桂子
    • 主催者 : (社)日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 尚絅学院大学(宮城県名取市)
  58. 洗浄機構に関わる流体力の検討-メッシュ間隙を通過するマイクロバブル水およびナノバブル水の流動特性
    • 会議名称 : 日本油化学会第45回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年11月11日~2013年11月12日
    • 発表者 : 天木桂子,牛田晃臣,長谷川富市
    • 主催者 : (社)日本油化学会洗浄・洗剤部会
    • 開催場所 : タワーホール船堀(東京)
  59. 乾燥ハーブの染色に対するナノバブル水の利用効果
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第59回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月5日
    • 発表者 : 天木桂子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 弘前市
  60. マイクロバブル水およびナノバブル水の流動時における抵抗減少効果
    • 会議名称 : 日本油化学会第47回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月22日
    • 発表者 : 天木桂子,牛田晃臣,長谷川富市
    • 主催者 : 日本油化学会洗剤・洗浄部会
    • 開催場所 : 大阪市
  61. 岩手県宮古産うに殻抽出液を用いた各種繊維に対する染色性および洗濯堅牢性
    • 会議名称 : 日本家政学会第68回大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年5月25日~2016年5月27日
    • 発表者 : 天木 桂子
    • 開催場所 : 金城学院大学
  62. 岩手県浄法寺町産漆の各種繊維に対する染色性
    • 会議名称 : 日本繊維製品消費科学会2016年次大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年6月21日~2016年6月22日
    • 発表者 : 天木 桂子
    • 開催場所 : 東京都
  63. 画像解析を用いた洗浄による毛織物の縮充,劣化の評価
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第60回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年10月30日
    • 発表者 : 天木 桂子
    • 開催場所 : 秋田市
  64. ファインバブル水を利用した染料抽出および各種繊維に対する染色性能の解明
    • 会議名称 : 日本油化学会第48回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年11月10日~2016年11月11日
    • 発表者 : 天木桂子
    • 主催者 : 日本油化学会洗剤・洗浄部会
    • 開催場所 : 東京都
  65. 機能水としてのファインバブルについて-繊維への染色性を例にして-
    • 会議名称 : 平成28年度第1回繊維染色研究会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2017年2月20日
    • 発表者 : 天木 桂子
    • 主催者 : 鹿児島県工業技術センター
    • 開催場所 : 鹿児島大学
  66. マイクロバブルおよびナノバブルの流動時における抵抗減少効果
    • 会議名称 : 北日本女性研究者研究交流フェア2016研究紹介ポスター展
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月2日
    • 発表者 : 天木 桂子
    • 主催者 : 岩手大学,北東北ダイバーシティ研究環境実現推進会議
    • 開催場所 : 盛岡市
  67. 岩手県浄法寺町産漆の各種繊維に対する染色性
    • 会議名称 : 北日本女性研究者研究交流フェア2016研究紹介ポスター展
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月2日
    • 発表者 : 天木 桂子
    • 主催者 : 岩手大学,北東北ダイバーシティ研究環境実現推進会議
    • 開催場所 : 盛岡市
  68. 岩手県宮古市産うに殻抽出液を用いた各種繊維に対する染色性および洗濯堅牢性
    • 会議名称 : 北日本女性研究者研究交流フェア2016研究紹介ポスター展
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月2日
    • 発表者 : 天木 桂子
    • 主催者 : 岩手大学,北東北ダイバーシティ研究環境実現推進会議
    • 開催場所 : 盛岡市
  69. 黄はだおよびベルベリンの各種繊維に対する染色性と洗濯堅牢性
    • 会議名称 : 日本家政学会第69回大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年5月26日~2017年5月28日
    • 発表者 : 天木 桂子
    • 開催場所 : 奈良女子大学
  70. 天然植物染料の染色におよぼす糖の添加効果
    • 会議名称 : 日本繊維製品消費科学会2017年次大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年6月22日~2017年6月23日
    • 発表者 : 天木 桂子,平佐 興彦
    • 開催場所 : 京都女子大学
  71. 洗浄作用に溶液の流体力を活用する試み-界面活性剤水溶液の流動挙動の特徴-
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部被服科学研究会2017年度研究会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2017年9月8日
    • 発表者 : 天木 桂子
    • 主催者 : 日本家政学会東北・北海道支部被服科学研究会
    • 開催場所 : 札幌市
  72. 画像解析を用いた仕上げ加工による毛織物の形態変化の評価
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第61回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月9日
    • 発表者 : 天木 桂子
    • 開催場所 : 札幌市
  73. 種々の繊維-染料系での鮮色化,濃色化の試み-
    • 会議名称 : 日本家政学会東北・北海道支部第61回研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月9日
    • 発表者 : 安川 あけみ,天木 桂子
    • 開催場所 : 札幌市
  74. 黄はだおよびベルベリンの各種繊維に対する染色性および洗濯堅牢性
    • 会議名称 : 北日本女性研究者研究交流フェア2017研究紹介ポスター展
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月15日
    • 発表者 : 天木 桂子
    • 主催者 : 弘前大学,北東北ダイバーシティ研究環境実現推進会議
    • 開催場所 : 弘前市
  75. 天然植物染料の染色におよぼす糖の添加効果
    • 会議名称 : 北日本女性研究者研究交流フェア2017研究紹介ポスター展
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月15日
    • 発表者 : 天木 桂子
    • 主催者 : 弘前大学,北東北ダイバーシティ研究環境実現推進会議
    • 開催場所 : 弘前市
  76. マイクロバブル水およびナノバブル水の流動時における抵抗減少効果
    • 会議名称 : 北日本女性研究者研究交流フェア2017研究紹介ポスター展
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月15日
    • 発表者 : 天木 桂子
    • 主催者 : 弘前大学,北東北ダイバーシティ研究環境実現推進会議
    • 開催場所 : 弘前市
  77. 洗浄機構に関わる流体力の検討-メッシュ間隙を通過する流れに及ぼす流路形状の影響-
    • 会議名称 : 日本油化学会第49回洗浄に関するシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年10月26日~2017年10月27日
    • 発表者 : 天木桂子,牛田晃臣,長谷川富市
    • 主催者 : 日本油化学会洗剤・洗浄部会
    • 開催場所 : 東京都
  78. ファインバブル水を活用した次世代型繊維製品処理システムの開発
    • 会議名称 : 日本家政学会第71回大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2018年5月24日~2018年5月26日
    • 発表者 : 山口庸子,天木桂子,後藤景子,田川由美子,大矢勝,森田みゆき,木村美智子,下村久美子,安川あけみ,増子富美,榎本一郎
    • 主催者 : (一社)日本家政学会
    • 開催場所 : 四国大学
  79. 天然植物染料の抗菌効果
    • 会議名称 : 日本繊維製品消費科学会2018年次大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2018年6月23日~2018年6月24日
    • 発表者 : 天木 桂子,平佐 興彦
    • 開催場所 : 金城学院大学
  80. 草木染め染色物の抗菌性
    • 会議名称 : 北東北女性研究者研究・交流フェア2018
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2018年9月19日
    • 発表者 : 天木桂子,平佐興彦
    • 主催者 : 北東北ダイバーシティ研究環境実現推進会議
    • 開催場所 : 岩手県民情報交流センター
  81. 洗浄液の流れやすさを解明する
    • 会議名称 : 北東北女性研究者研究・交流フェア2018
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2018年9月19日
    • 発表者 : 天木桂子
    • 主催者 : 北東北ダイバーシティ研究環境実現推進会議
    • 開催場所 : 岩手県民情報交流センター
  82. ファインバブル水を活用した次世代型繊維製品処理システムの開発
    • 会議名称 : 日本家政学会第70回大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2019年5月25日~2019年5月27日
    • 発表者 : 山口庸子,天木桂子,後藤景子,田川由美子,大矢勝,森田みゆき,木村美智子,下村久美子,安川あけみ,増子富美,榎本一郎
    • 主催者 : (一社)日本家政学会
    • 開催場所 : 日本女子大学
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 奨励研究(A)
    • 支払支給期間 : 1992年6月~1993年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      1992年度・900,000円・900,000円
  2. 奨励研究(A)萌芽的研究
    • 支払支給期間 : 1993年6月~1994年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      1993年度・800,000円・800,000円
  3. 奨励研究(A)萌芽的研究
    • 支払支給期間 : 1994年6月~1995年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      1994年度・900,000円・900,000円
  4. 奨励研究(A)
    • 支払支給期間 : 1996年6月~1997年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      1996年度・1,100,000円・1,100,000円
  5. 奨励研究(A)
    • 支払支給期間 : 1998年6月~2000年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      1998年度・1,900,000円・1,900,000円
      1999年度・200,000円・200,000円
  6. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2001年6月~2003年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2001年度・3,100,000円・0円
      2002年度・600,000円・0円
  7. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2008年6月~2011年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2008年度・3,770,000円・870,000円
      2009年度・650,000円・150,000円
      2010年度・650,000円・150,000円
  8. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2012年5月~2015年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2012年度・3,770,000円・870,000円
      2013年度・650,000円・150,000円
      2014年度・650,000円・150,000円
  9. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2016年5月~2019年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2016年度・1,900,000円・570,000円
      2017年度・1,400,000円・420,000円
      2018年度・400,000円・120,000円
  10. 基盤研究(A)
    • 支払支給期間 : 2017年4月~2020年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2017年度・1,300,000円・390,000円
      2018年度・440,000円・132,000円
      2019年度・180,000円・84,000円
奨学寄附金等
  1. 皮脂の洗浄に関する研究
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 株式会社ミクニ盛岡事業所
    • 寄附金額 : 50,000円
    • 寄附年月 : 2005年9月9日
  2. 皮脂の洗浄に関する研究
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 株式会社ミクニ盛岡事業所
    • 寄附金額 : 50,000円
    • 寄附年月 : 2006年4月19日
  3. 皮脂の洗浄に関する研究
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 株式会社ミクニ盛岡事業所
    • 寄附金額 : 50,000円
    • 寄附年月 : 2006年9月20日
その他競争的資金獲得実績
  1. 岩手大学地域課題解決プログラム
    • 資金支給期間 : 2007年4月~2008年3月
    • 研究内容 :
      うに殻からの効果的な色素抽出方法,各種繊維に対する有効な染色方法,染色布の洗濯に対する堅牢性を明らかにした.
  2. 平成28年度岩手大学研究力強化支援経費
    • 資金支給期間 : 2016年8月~2017年3月
    • 研究内容 :
      界面活性剤水溶液の流動特性を,水と比べることにより,洗浄に界面活性剤水溶液を用いることの有効性を,流体力学的に解明する.
所属学会・委員会
  1. 日本家政学会 (1984年4月1日~継続中)
  2. 日本家庭科教育学会 (1984年4月1日~継続中)
  3. 日本油化学会 (1986年10月1日~継続中)
  4. 繊維製品消費科学会 (1986年10月1日~継続中)
  5. 日本洗濯科学協会 (1986年10月1日~継続中)
  6. 日本レオロジー学会 (1990年4月1日~継続中)
  7. 日本教科教育学会 (1995年4月1日~1997年3月31日)
学会・委員会等活動
  1. 日本油化学会 洗浄・洗剤部会幹事(2002年4月1日~継続中)
  2. 日本家政学会 第67回全国大会(盛岡)開催実行委員会委員(2013年5月1日~2015年5月26日)
  3. 日本家政学会 東北・北海道支部庶務幹事(2014年6月1日~2016年5月31日)
  4. 日本家庭科教育学会 東北地区会研究推進委員(2015年4月1日~継続中)
  5. 日本家政学会 東北・北海道支部副会長(2016年6月1日~継続中)
  6. 日本油化学会 洗浄・洗剤部会副部会長(2018年4月1日~継続中)
  7. 日本家庭科教育学会 東北地区会副会長(2018年4月1日~継続中)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 日本家政学会第67回研究発表会 (2015年5月)
    • 参加者数 : 600人
  2. 日本家政学会東北・北海道支部平成27年度総会 (2015年12月)
    • 参加者数 : 20人
国・地方自治体等の委員歴
  1. 岩手県
    • 委員会等名 : 岩手県産業教育審議会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2004年8月~2016年3月
企業・団体等への指導等
  1. 2004年度 岩手県クリーニング生活衛生同業組合
    • 指導等の内容 :
      2004年度岩手県クリーニング師試験事前講習会
  2. 2005年度 株式会社ミクニ
    • 指導等の内容 :
      同社が開発販売しているイオンミスト噴霧器(フェイシャル美容機器)に対し,主としてアスコルビン酸,各種アミノ酸水溶液の微粒子ミストが皮膚に対して及ぼす影響を解明するための指導,実験協力を行った.
  3. 2005年度 岩手県クリーニング生活衛生同業組合
    • 指導等の内容 :
      2005年度岩手県クリーニング師試験事前講習会
  4. 2006年度 株式会社ミクニ
    • 指導等の内容 :
      同社が開発販売しているイオンミスト噴霧器(フェイシャル美容機器)に対し,主としてアスコルビン酸,各種アミノ酸水溶液の微粒子ミストが皮膚に対して及ぼす影響を解明するための指導,実験協力を行った.
  5. 2006年度 岩手県クリーニング生活衛生同業組合
    • 指導等の内容 :
      2006年度岩手県クリーニング師試験事前講習会
  6. 2007年度 岩手県立水沢高等学校
    • 指導等の内容 :
      文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けた水沢高校の1,2年次生徒に対し,化学コースの体験学習講師として実験実習を指導した.
  7. 2007年度 岩手県クリーニング生活衛生同業組合
    • 指導等の内容 :
      2007年度岩手県クリーニング師試験事前講習会
  8. 2008年度 岩手県クリーニング生活衛生同業組合
    • 指導等の内容 :
      2008年度岩手県クリーニング師試験事前講習会
  9. 2009年度 岩手県クリーニング生活衛生同業組合
    • 指導等の内容 :
      2009年度岩手県クリーニング師試験事前講習会
  10. 2010年度 岩手県クリーニング生活衛生同業組合
    • 指導等の内容 :
      2010年度岩手県クリーニング師試験事前講習会
  11. 2011年度 岩手県生活衛生営業指導センター
    • 指導等の内容 :
      2011年度岩手県クリーニング師講習および業務従事者講習
  12. 2012年度 岩手県生活衛生営業指導センター
    • 指導等の内容 :
      2012年度岩手県クリーニング師講習および業務従事者講習
  13. 2016年度 株式会社テックコーポレーション
    • 指導等の内容 :
      同社が開発販売しているファインバブル水製造装置および酸性アルカリ電解水製造装置に対し,製造された各種水の科学的効果を検証するための指導,および実験協力を行った.
  14. 2017年度 岩手県立水沢高等学校理数科
    • 指導等の内容 :
      県立水沢高等学校理数科2年次生徒に対し,SSH指定に伴う研究の指導助言者を依頼され,実験方法,解析方法を指導した.テーマ:「油脂を利用した石けんと洗浄効果の検討」
  15. 2017年度 岩手県立盛岡第一高等学校理数科
    • 指導等の内容 :
      盛岡第一高校理数科2年次生徒に対し,H29年度課題研究のアドバイザーを依頼され,研究指導,実験方法指南,データ整理などの助言指導を行った.テーマ:「一番快適な帽子に適した素材に関する研究」
生涯学習支援実績
  1. 平成18年度成人大学講座(大船渡市)
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 着装の心理学
    • 開催期間 : 2006年8月
  2. セカンドライフを豊かに過ごそう!講座(花巻市)
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 豊かな衣生活を送るために
    • 開催期間 : 2006年11月
  3. ひろの町民大学講座(洋野町)
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 洗浄と洗剤の科学-汚れが落ちるということ-
    • 開催期間 : 2007年11月
  4. ひろの町民大学講座(洋野町)
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 健康と衣生活-快適な着衣とは-
    • 開催期間 : 2008年12月
  5. 釜石市生涯学習講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 服装と心理学-着衣の心理-
    • 開催期間 : 2009年11月
  6. 花巻市出前講座「発想のしなやかな転換のススメ」
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 洗浄と洗剤の科学ー日本の家庭洗濯の特殊性からみた消費者意識の変化-
    • 開催期間 : 2011年12月
  7. 平成23年度花巻市民講座東和女性セミナー
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 洗浄と洗剤の科学ー日本の家庭洗濯の特殊性からみた消費者意識の変化-
    • 開催期間 : 2012年1月
  8. 花巻市出前講座:学び発見塾ー暮らしワクワク講座ー
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 着装の心理学ー快適な衣生活を送るためにー
    • 開催期間 : 2015年12月
  9. 花巻市出前講座:気軽に学べる!明日から役立つ!大人の学び講座
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 講演テーマ:健康と衣生活の関係性を探る!自分にとって快適な服装とは
    • 開催期間 : 2018年1月
他大学等の非常勤講師
  1. 北日本医療福祉専門学校
    • 家政概論(被服) (2005年4月~2011年3月)
  2. 北日本医療福祉専門学校介護福祉科
    • 授業名「生活支援技術3」の非常勤講師 (2006年4月~継続中)
  3. 放送大学岩手学習センター
    • 生活の中の洗浄科学(面接授業) (2008年7月)
  4. 放送大学岩手学習センター
    • 豊かな衣生活を送るために(面接授業) (2010年7月)
  5. 放送大学岩手学習センター
    • 被服材料の科学(面接授業) (2011年11月)
  6. 放送大学岩手学習センター
    • 生活の中の洗浄科学(面接授業) (2013年6月)
  7. 放送大学岩手学習センター
    • 豊かな衣生活を送るために(面接授業) (2014年10月)
  8. 放送大学岩手学習センター
    • 「衣服材料の科学」(面接授業) (2016年10月)
  9. 放送大学岩手学習センター
    • 「生活の中の洗浄科学」(面接授業) (2017年6月)
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2004年度
    • 岩手県教職員10年研修
  2. 2005年度
    • 岩手県教職員10年研修
  3. 2006年度
    • 岩手県教職員10年研修
  4. 2007年度
    • 岩手県教職員10年研修
  5. 2008年度
    • 岩手県教職員10年研修
  6. 2009年度
    • 岩手県教職員10年研修
  7. 2010年度
    • 岩手県教職員10年研修
  8. 2011年度
    • 岩手県教職員10年研修
  9. 2012年度
    • 岩手県教職員10年研修
  10. 2012年度
    • 盛岡市子ども科学館でのサイエンスショーおよび体験コーナー実施(11/4/2012)
      岩手大学男女共同参画推進室主催「女性研究者による小学生向け科学セミナー:石けんで汚れをおとす日曜日」
      サイエンスショー(2回)および体験コーナー
  11. 2013年度
    • 岩手県教職員10年研修
  12. 2013年度
    • 盛岡市子ども科学館でのサイエンスショーおよび体験コーナー実施(11/10/2013)
      「JST主催 サイエンスな日曜日:石けんで汚れをおとす日曜日」
      サイエンスショー(2回)および体験コーナー
  13. 2014年度
    • 盛岡市子ども科学館でのサイエンスショーおよび体験コーナー実施(11/10/2014)
      「JST主催 サイエンスな日曜日:石けんで汚れをおとす日曜日」
      サイエンスショー(2回)および体験コーナー
  14. 2014年度
    • 岩手県立黒沢尻北高等学校 2014黒陵出前講座にて講義「洗浄(汚れを落とすこと)について考える」
  15. 2014年度
    • 岩手県教職員10年研修
  16. 2014年度
    • 岩手大学教育学部附属中学校PTA主催「附中学びの森」にて講義
      「タイトル:洗剤と洗浄の科学」
  17. 2015年度
    • 盛岡市子ども科学館でのサイエンスショーおよび体験コーナー実施(11/29/2015)
      「JST主催 サイエンスな日曜日:石けんで汚れをおとす日曜日」
      サイエンスショー(2回)および体験コーナー
  18. 2015年度
    • 岩手大学教育学部附属中学校PTA主催「附中学びの森」にて講義
      「タイトル:洗剤と洗浄の科学」(前年度と同内容)
  19. 2015年度
    • 岩手県立一関第二高等学校出前講義「被服を科学する」
  20. 2015年度
    • 岩手県教職員10年研修
  21. 2015年度
    • 盛岡市立上田中学校学校公開研究会における助言者(技術・家庭)
  22. 2016年度
    • 岩手県教育委員会平成28年度高等学校教諭授業力向上研修講座「家庭」講義演習
      (県教委主催の免許状更新講習の一環として,高校家庭科担当教諭に対して被服分野に関わる講義および簡単な実験を行った)
  23. 2016年度
    • 岩手大学教育学部附属中学校PTA主催「附中学びの森」にて講義(11/03/2016)
      「タイトル:鎖状高分子の科学」
  24. 2016年度
    • 岩手県教職員10年研修「他教科との関わりから見た楽しい被服学」
  25. 2016年度
    • 盛岡市子ども科学館でのサイエンスショーおよび体験コーナー実施(12/04/2016)
      「JST主催 サイエンスな日曜日:石けんで汚れをおとす日曜日」
      サイエンスショー(2回)および体験コーナー
  26. 2017年度
    • 盛岡市子ども科学館でのサイエンスショーおよび体験コーナー実施(12/03/2017)
      「JST主催 サイエンスな日曜日:石けんで汚れをおとす日曜日」
      サイエンスショー(2回)および体験コーナー
  27. 2017年度
    • 岩手県教職員10年研修「他教科との関連から学ぶ楽しい被服科学」
  28. 2017年度
    • 岩手県教育委員会平成29年度高等学校教諭授業力向上研修講座「家庭」講義演習
      (県教委主催の免許状更新講習の一環として,高校家庭科担当教諭に対して被服分野に関わる講義および簡単な実験を行った)
  29. 2017年度
    • 岩手県教育委員会平成29年度中学校教諭授業力向上研修講座「技術・家庭」の「家庭分野」講義演習
      (県教委主催の免許状更新講習の一環として,中学校家庭科担当教諭に対して被服分野に関わる講義および簡単な実験を行った)
  30. 2018年度
    • 岩手県教職員10年研修「他教科との関連から学ぶ楽しい被服科学」
  31. 2018年度
    • 盛岡市子ども科学館でのサイエンスショーおよび体験コーナー実施(12/02/2018)
      「JST主催 サイエンスな日曜日:石けんで汚れをおとす日曜日」
      サイエンスショー(2回)および体験コーナー
  32. 2018年度
    • 岩手県教育委員会平成30年度高等学校教諭授業力向上研修講座「家庭」講義演習
      (県教委主催の免許状更新講習の一環として,高校家庭科担当教諭に対して被服分野に関わる講義および簡単な実験を行った)
  33. 2018年度
    • 岩手県教育委員会平成29年度中学校教諭授業力向上研修講座「技術・家庭」の「家庭分野」講義演習
      (県教委主催の免許状更新講習の一環として,中学校家庭科担当教諭に対して被服分野に関わる講義および簡単な実験を行った)
  34. 2018年度
    • 岩手大学教育学部附属中学校学校公開研究会における助言者(技術・家庭)
活動履歴
  1. 2005年度
    • 岩手大学コンピュータシステム導入委員会
  2. 2009年度
    • 岩手大学ハラスメント防止委員会
  3. 2010年度
    • 全学共通教育運営委員会情報科目分科会
  4. 2011年度
    • 全学共通教育運営委員会情報科目分科会
  5. 2012年度
    • 全学共通教育運営委員会情報科目分科会