サブメニュー
更新日 : 2018年7月18日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名大野 眞男 (OONO Makio)
所属専攻講座岩手大学 教育学部 国語教育
職名教授
生年月日1954年4月17日
研究室電話番号019-621-6513
研究室FAX番号019-621-6513
出身大学
  1. 國學院大學 文学部
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1978年3月
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 國學院大學 文学研究科
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 1983年3月
    • 修了区分 : 単位取得満期退学
取得学位
  1. 文学修士
    • 学位の分野 : 日本語学
    • 学位授与機関 : 國學院大學
    • 取得年月日 : 1980年3月
学内職務経歴
  1. 岩手大学 教育学部 国語教育
    • [本務] 助手 (1983年4月1日~1985年9月30日)
  2. 岩手大学 教育学部 国語教育
    • [本務] 講師 (1985年10月1日~1990年9月30日)
  3. 岩手大学 教育学部 国語教育
    • [本務] 助教授 (1991年10月1日~1994年9月30日)
  4. 岩手大学 教育学部 国語教育
    • [本務] 教授 (1994年10月1日~2004年6月4日)
  5. 岩手大学
    • [本務] その他 (2005年6月5日~2008年6月4日)
  6. 岩手大学 教育学部 国語教育
    • [本務] 教授 (2008年6月5日~継続中)
  7. 岩手大学
    • [兼務] 副学長 (2008年6月5日~2010年6月3日)
学外略歴
  1. その他
    • [中国清華大学訪問学者] (2001年4月1日~2002年3月31日)
専門分野(科研費分類)
  1. 日本語学
  2. 音声学
  3. 社会言語学
研究分野を表すキーワード
  1. 日本語琉球方言
  2. 日本語言語政策
担当授業科目
  1. 2004年度
    • 言葉の世界
    • 上級日本語F
    • 日本語学概論Ⅰ
    • 日本語学講義Ⅰ
    • 日本語学特別演習Ⅰ
    • 日本語教材論
    • 国語学特論Ⅰ
    • 国語学特別演習Ⅰ
    • 国語学特別演習Ⅱ
  2. 2005年度
    • 日本語学概論Ⅰ
    • 日本語学講義Ⅰ
    • 国語学特論Ⅰ
    • 国語学特別演習Ⅰ
    • 国語学特別演習Ⅱ
  3. 2006年度
    • 国語学特別演習Ⅰ
    • 国語学特別演習Ⅱ
  4. 2007年度
    • 国語学特別演習Ⅰ
    • 国語学特別演習Ⅱ
  5. 2008年度
    • 国語学特論Ⅰ
    • 国語学特別演習Ⅰ
    • 国語学特別演習Ⅱ
    • 地域の民俗誌
  6. 2009年度
    • 国語学特論Ⅰ
    • 国語学特別演習Ⅰ
    • 国語学特別演習Ⅱ
  7. 2010年度
    • 国語学特論Ⅰ
    • 国語科教育内容特論
    • 国語A
    • 上級日本語H
    • 日本語学講義Ⅰ
    • 社会生活と日本語
    • 日本語学講義
    • 日本語と社会
    • 国語学特別演習Ⅰ
    • 国語A
    • 言語教育系共通課題研究
    • 言葉のしくみ
    • 日本語の文法
  8. 2011年度
    • 基礎ゼミナール
    • 日本語学概論Ⅰ
    • 地域言語論
    • 日本語学概論
    • 地域言語論
    • 国語学特論Ⅰ
    • 国語A
    • 国語科教育内容特論
    • 上級日本語H
    • 日本語学講義Ⅰ
    • 社会生活と日本語
    • 日本語学講義
    • 日本語と社会
    • 国語学特別演習Ⅰ
    • 国語A
    • 言葉のしくみ
    • 日本語の文法
  9. 2012年度
    • 日本語学概論
    • 地域言語論
    • 国語学特論Ⅰ
    • 日本語学概論Ⅰ
    • 小学校国語A
    • 上級日本語H
    • 日本語学講義
    • 日本語と社会
    • 国語学特別演習Ⅰ
    • 小学校国語A
    • 卒業研究
    • 日本語の文法
    • 言葉のしくみ
    • 岩手学A
    • 日本語と外国語
    • 岩手学B
  10. 2013年度
    • 国語学特論Ⅰ
    • 日本語学概論
    • 地域言語論
    • 小学校国語A
    • 国語学特別演習Ⅰ
    • 上級日本語H
    • 日本語学講義
    • 日本語と社会
    • 小学校国語A
    • 卒業研究
    • 日本語の文法
    • 岩手学A
    • 日本語と外国語
    • 岩手学B
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2008年度
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学部研究生 2人
    • 学位論文審査(学部・副査) 2人
  2. 2009年度
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 学位論文審査(学部・主査) 1人
    • 学位論文審査(学部・副査) 2人
  3. 2010年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 学位論文審査(学部・主査) 2人
    • 学部研究生 1人
    • 大学院研究生(修士) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
    • 学位論文審査(修士・主査) 2人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
  4. 2011年度
    • 学部研究生 1人
    • 大学院研究生(修士) 1人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 3人
  5. 2012年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 学部研究生 3人
    • 大学院研究生(修士) 2人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
    • 学位論文審査(修士・主査) 2人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
論文
  1. 関東方言における強意の接頭辞-埼玉県北葛飾郡幸手町における場合- [国学院大学大学院文学研究科論集, (7), (1979年2月), pp.1-13] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  2. 埼玉県東北部における特殊アクセントの諸相-その曖昧化の過程- [『現代方言学の課題2』(明治書院), (1984年1月), pp.261-280] 大野眞男
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  3. 「やまなし」の読み-その第一次的読みの一試行- [実践国語研究, (1987年5月)] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  4. 昔話を対象とした談話分析のための枠組み [岩手大学教育学部附属教育工学研究, (10), (1988年3月), pp.63-72] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  5. 西表租内方言における音対応と音変化 [琉球の方言(法政大学沖縄文化研究所), (13), (1988年11月), pp.91-105] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  6. 琉球波照間方言の音対応と音変化 [岩手大学教育学部研究年報, 48(2), (1989年2月), pp.1-18] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  7. 岩手における昔話の伝承構造の変容-昔話の伝承アンケート集計結果より- [昭和62~63年度文部省科研費報告書「現代におけるイメージ形成・伝承に関する研究」, (1989年3月), pp.57-72] 大野眞男,大河原清
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  8. 語彙の比較研究におけるプロトタイプ論の可能性-琉球諸方言の語彙研究から- [岩手大学教育学部附属教育工学センター教育工学研究, (11), (1989年3月), pp.63-72] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  9. 昔話「笠地蔵」の語りの分析 [昭和62~63年度文部省科研費報告書「現代におけるイメージ形成・伝承に関する研究」, (1989年3月), pp.27-42] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  10. 西洋人の見た日本語の漢字・漢語 [昭和63年度岩手大学教育研究学内特別経費研究報告書「漢字・漢語教育の歴史と展開」, (1989年3月), pp.31-44] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  11. 現代小学生の漢字・漢語観-岩大附属小学校でのアンケート結果より- [昭和63年度岩手大学教育研究学内特別経費研究報告書「漢字・漢語教育の歴史と展開, (1989年3月), pp.31-44] 遠藤哲夫,大野眞男,菊地悟
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  12. 南琉球における親族名称の記述と比較 [岩手大学教育学部研究年報, 49(2), (1990年2月), pp.17-34] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  13. テクスト理解に関わる日本語文法の枠組み-談話分析の観点から- [岩手大学教育学部附属教育工学センター教育工学研究, (12), (1990年3月), pp.52-66] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  14. 竹富島方言の音対応と音変化 [『琉球竹富島の方言』(国学院大学日本文化研究所), (1990年3月), pp.49-76] 大野眞男
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  15. 琉球波照間方言の助数詞-その形態と意味構造- [『琉球の方言』(法政大学沖縄文化研究所), (14), (1990年3月), pp.107-117] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  16. 教材分析と日本語文法-「言語事項」を尊重した読みの構造化の試み- [国語教育研究 岩手, (1), (1990年3月), pp.27-39] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  17. 九州方言の四つ仮名-大分県竹田市と鹿児島県枕崎市の調査から- [平成2年度文部省科学研究費重点領域研究「日本語音声における韻律的特徴の実態とその教育に関する総合的研究研究成果中間報告書1990, (1990年3月)] 大野眞男
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  18. 「やまなし」の読みを方向づける [現代教育科学, (405), (1990年5月), pp.57-59] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  19. 成分分析による親族名称の記述と比較-奄美沖永良部島・徳之島方言の場合- [『日本語論考』(桜楓社), pp.364-375) 1991, (1991年1月), pp.364-375] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  20. 日本語諸方言における四つ仮名体系から二つ仮名体系への変化過程に関する研究 [平成2年度文部省科学研究費重点領域研究「日本語音声における韻律的特徴の実態とその教育に関する総合的研究研究成果報告書1990, (1991年3月), pp.91-96] 久野マリ子,久野眞,大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  21. 四つ仮名からみた京都・出雲方言-二つ仮名弁と一つ仮名弁- [日本語音声における韻律的特徴の実態とその教育に関する総合的研究成果中間報告書1991, (1991年3月), pp.45-50] 久野眞,大野眞男,杉村孝夫
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  22. 「やまなし」の教材化に関するアンケートの趣旨-アンケート調査表の呈示- [国語教育研究 岩手, (2), (1991年6月), pp.141-150] 大野眞男
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  23. 新城下地島方言の音対応 [『南琉球新城島の方言』(国学院大学日本文化研究所), (1992年3月), pp.67-92] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  24. 二つ仮名・一つ仮名方言の音響分析-四つ仮名方言との対比から- [日本語音声における韻律的特徴の実態とその教育に関する総合的研究研究成果報告書1991, (1992年3月), pp.177-182] 久野マリ子,大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  25. 新城下地島の民俗に関する語彙 [『南琉球新城島の方言』(国学院大学日本文化研究所), (1992年3月), pp.67-92] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  26. 「やまなし」教材化における多様性の分析-数量化理論第」類による試み- [国語教育研究 岩手, (4), (1992年6月), pp.148-154] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  27. 四つ仮名対立の消失過程-高知県中村市・安芸市の場合- [国語学, (180), (1995年3月), pp.84-96] 久野マリ子,久野眞,大野眞男,杉村孝夫
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  28. 中間方言としてのウチナーヤマトグチの位相 [月刊言語, 24(12), (1995年11月), pp.178-191] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  29. 朗読におけるポーズと発話速度-「相対ポーズ値」の提唱 [岩手大学教育学部教育実践研究指導センター研究紀要, (6), (1996年3月), pp.45-58] 大野眞男・三輪譲二
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  30. 中舌母音の変化から見た南琉球諸方言の諸相 [『日本語研究諸領域の視点 (下)』(明治書院), (1996年10月), pp.1287-1305] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  31. 日本語音韻史における琉球宮古方言-高母音化と連母音融合をめぐる問題を中心に- [日本語学, 18(5), (1999年5月), pp.47-54] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  32. 沖縄県平良市における活躍層の言語意識-那覇市と対比して- [岩手大学教育学部研究年報, 59(1), (1999年7月), pp.53-66] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  33. 南琉球大神島方言の音対応と音変化 [岩手大学教育学部研究年報, 59(2), (1999年12月), pp.39-53] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  34. 南琉球方言の中舌母音の音声実質 [音声研究, 4(1), (2000年4月), pp.28-35] 大野眞男,久野眞,杉村孝夫,久野マリ子
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  35. 奄美諸方言における中舌母音の歴史的重層性 [国語学研究」40, pp1-10)2002, (40), (2002年3月), pp.1-10] 大野眞男
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  36. 北奄美周辺方言の音韻の特徴-喜界島方言・瀬戸内町方言- [岩手大学教育学部研究年報, (63), (2004年2月), pp.51-70] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  37. 一つ仮名弁ではない奄美北部方言の歴史的性格 [音声研究, 8(1), (2004年4月), pp.109-120] 大野眞男
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  38. 純化論の観点から見た近代国語観の変遷-柳田国男に焦点を当てて- [國學院雑誌, 112(12), (2011年12月15日), pp.15-25] 大野眞男
    • 掲載種別 : 全国誌
    • 査読 : 未設定
  39. 東日本方言における中舌母音の起源に関する一つの仮説-琉球方言の音変化に照らして- [音声研究, 15(3), (2011年12月30日), pp.27-36] 大野眞男
    • 掲載種別 : 全国誌
    • 査読 : 査読有り
  40. 岩手県被災地方言の現状についてー危機言語尺度の観点からー [平成24年度文化庁委託事業報告書「東日本大震災において危機的状況が危惧される方言に関する調査研究(岩手県)」, (2013年3月11日)] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  41. 被災地で言語研究者のできることー研究の対象から共に生きる関係へー [フェリス学院女子大学多文化・共生コミュニケーション論叢, (9), (2014年6月), pp.5-11] 大野眞男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  42. 宮澤賢治による方言表記の工夫と地域に根差した国語観 [賢治学, 4, (2017年7月20日), pp.44-60] 大野眞男・竹田晃子
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 北奥方言基礎語彙の総合的研究 [桜楓社 (1982年2月)] 平山輝男他
    • 著書種別 : 学術著書
  2. 琉球宮古諸島方言基礎語彙の総合的研究 [桜楓社 (1983年5月)] 平山輝男他
    • 著書種別 : 学術著書
  3. 奄美諸島方言基礎語彙の総合的研究 [角川書店 (1986年2月)] 平山輝男他
    • 著書種別 : 学術著書
  4. 南琉球の方言基礎語彙 [桜楓社 (1988年2月)] 平山輝男他
    • 著書種別 : 学術著書
  5. 四つ仮名の音声-高知県中村市・安芸市、鹿児島県枕崎市- [平成2年度文部省科学研究費重点領域研究「日本語音声における韻律的特徴の実態とその教育に関する総合的研究」E-3班 (1991年3月)] 久野マリ子,久野眞,大野眞男,杉村孝夫
    • 著書種別 : 調査報告書
  6. 二つ仮名・一つ仮名の音声-京都市、島根県仁多郡横田町- [平成3年度文部省科学研究費重点領域研究「日本語音声における韻律的特徴の実態とその教育に関する総合的研究」E-3班 (1992年2月)] 久野マリ子,久野眞,大野眞男,杉村孝夫
    • 著書種別 : 調査報告書
  7. 現代日本語方言大辞典1巻~9巻 [明治書院 (1992年2月)] 平山輝男他
    • 著書種別 : 辞典・辞書
  8. 目でみる四つ仮名 [平成4年度文部省科学研究費重点領域研究「日本語音声における韻律的特徴の実態とその教育に関する総合的研究」E-3班 (1993年2月)] 久野マリ子,久野眞,大野眞男,杉村孝夫
    • 著書種別 : 学術著書
  9. ザンを上納した人達-南琉球新城島方言の音声とジラパ- [国学院大学日本文化研究所 (1995年7月)] 久野マリ子,久野眞,大野眞男,杉村孝夫
    • 著書種別 : 調査報告書
  10. 日本のことばシリーズ1~47 [明治書院 (1997年2月)] 平山輝男他
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
  11. 宮古大神方言の音声-単語と文法-(付.狩俣方言) [平成8・9年度科学研究費補助金一般研究C研究成果刊行書 (1998年2月)] 大野眞男,久野眞,久野マリ子,杉村孝夫
    • 著書種別 : 調査報告書
  12. どうなる日本のことば [大修館書店 (1999年2月)] 佐藤和之他
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
  13. 方言探求法 [朝倉書店 (2001年11月)] 森下喜一,大野眞男
    • 著書種別 : 学術著書
  14. 新版・日本語教育事典 [大修館書店 (2005年10月)] 日本語教育学会
    • 著書種別 : 辞典・辞書
    • 担当部分 :
      「標準語と共通語」項目執筆
  15. シリーズ方言学 第3巻 方言の機能 [岩波書店 (2007年10月)] 真田信治,陣内正敬,井上史雄,日高貢一郎,大野眞男
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      第5章 方言と学校教育
  16. 昔話を語る女性たち [三弥井書店 (2008年6月)] 石井正己他
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
    • 担当部分 :
      「辷石谷江と昔話のことば」pp153-161を執筆
  17. 遠野物語と21世紀/東北日本の古層へ [三弥井書店 (2010年4月28日)] 石井正己・遠野物語研究所編
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      「『遠野物語』と国語の近代化」pp.88-97を執筆
  18. 宮澤賢治イーハトヴ学事典 [弘文堂 (2010年12月15日)] 天沢退二郎他編
    • 著書種別 : 辞典・辞書
    • 担当部分 :
      方言表記の工夫(pp429-431)
  19. 昔話を愛する人々へ [三弥生書店 (2011年1月21日)] 石井正己編
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
    • 担当部分 :
      昔話を語る言葉(pp102-128)
  20. 震災と民話―未来へ語り継ぐために― [三弥井書店 (2013年12月25日)] 石井正己編
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
    • 担当部分 :
      「言葉と絆―地域の言語生活と方言で語ること―」(pp.74-81)執筆)
  21. 日本語学大辞典 [朝倉書店 (2014年11月6日)] 佐藤武義 ・前田富祺 他編
    • 著書種別 : 辞典・辞書
    • 担当部分 :
      近代の方言、方言矯正論、方言と政策、方言の音韻、方言札、遠藤熊吉
  22. 方言を伝える 3.11東日本大震災被災地における取り組み [ひつじ書房 (2015年5月20日)] 大野眞男・小林隆
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      第1章「方言の継承における研究者の役割」(pp.3-23)と第8章「地域の言葉で昔話を語り継ぐ活動」(pp.201-232)
  23. はじめて学ぶ方言学ーことばの多様性をとらえる28章ー [ミネルヴァ書房 (2016年2月28日)] 井上史雄・木部暢子編著
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      第12章 方言の音声・音韻
  24. 岩手県田野畑村大芦方言の非ズーズー弁の音声 [岩手大学日本語学研究室 (2016年3月)] 大野眞男・大橋純一・小島聡子・竹田晃子・牧原登
    • 著書種別 : 調査報告書
  25. 日本のことばシリーズ 山口県のことば [明治書院 (2017年5月10日)] 有本光彦・平山輝男・大島一郎・大野眞男ほか3名
    • 著書種別 : 学術図書
総説・解説記事
  1. 書評:多和田眞一郎著『沖縄語音韻の歴史的研究』 [日本語学会, 日本語の研究, 8(1), (2012年1月1日), pp.116-121] 大野眞男
    • 掲載種別 : 学術誌
  2. 釜石漁火の会・おらほ弁で語っぺし 須知ナヨ昔話集 [岩手大学教育学部日本語学研究室, 文化庁支援事業成果刊行物, (2016年3月)] 大野眞男・小島聡子・竹田晃子・釜石漁火の会
    • 掲載種別 : その他
  3. 留畑眞さんが語り継ぐ 唐丹十一話 [岩手大学教育学部日本語学研究室, 文化庁支援事業成果刊行物, (2016年3月)] 大野眞男・小島聡子・竹田晃子・釜石漁火の会
    • 掲載種別 : その他
研究発表
  1. 岩手県被災地方言の現状についてー危機言語尺度の観点からー
    • 会議名称 : 岩手大学語文学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年7月13日
    • 発表者 : 大野眞男
  2. 言葉と絆ー地域の言語生活と方言で語ることー
    • 会議名称 : 東京学芸大学フォーラム「震災を語り継ぐために」
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年7月20日
    • 発表者 : 大野眞男
  3. 被災地で言語研究者のできることー研究の対象から共に生きる関係へー
    • 会議名称 : フェリス女学院大学多文化共生コミュニケーション学会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2013年12月11日
    • 発表者 : 大野眞男
  4. 「郷土教育資料」に描かれた岩手の言葉ー沿岸被災地を中心にー
    • 会議名称 : 文化庁委託事業「三陸の声を次世代に残そう」プロジェクト・岩手県立図書館共催
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年12月28日~2014年3月24日
    • 発表者 : 大野眞男・小島聡子・竹田晃子
  5. 眠りから覚めた郷土教育資料と、被災した岩手の言葉の現在
    • 会議名称 : 文化庁委託事業「三陸の声を次世代に残そう」プロジェクト研究報告会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年3月1日
    • 発表者 : 大野眞男・竹田晃子・小島聡子・本堂寛・坂口忠
  6. 災害時に言語研究者ができる支援―方言の力強さに学ぶ―
    • 会議名称 : 第2回災害文化研究会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2018年3月2日
    • 発表者 : 大野眞男
  7. 日本諸方言の中舌母音の新古を問う
    • 会議名称 : 第27回日本音声学会音声学セミナー
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2018年3月10日
    • 発表者 : 大野眞男
    • 開催場所 : 國學院大學
所属学会・委員会
  1. 日本語学会 (1980年4月~継続中)
  2. 日本音声学会 (1983年4月~継続中)
  3. 日本語教育学会 (1998年4月~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 日本音声学会 評議員(2004年6月~2016年3月31日)
  2. 日本語学会 常任査読委員(2007年5月~2010年5月)
  3. 日本音声学会 編集委員(2010年4月1日~2013年3月31日)
研究員(受入れ)
  1. "Speaking with an Accent in Northern Japan"を研究テーマとする米国人研究者 (1人 2015年9月~2016年9月)
国・地方自治体等の委員歴
  1. 人間文化研究機構国立国語研究所
    • 委員会等名 : 共同研究プロジェクト
    • 役職名 : 共同研究員
    • 就任期間 : 2016年4月~2017年3月
  2. 人間文化研究機構国立国語研究所
    • 委員会等名 : 共同研究プロジェクト
    • 役職名 : 共同研究院
    • 就任期間 : 2017年4月~2018年3月
生涯学習支援実績
  1. 一関市立中里公民館公開講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : ことばの地元学
    • 開催期間 : 2008年7月~2008年8月
  2. 岩手大学シニアカレッジ講義
    • 種類 : 岩手大学シニアカレッジ
    • 担当部門(講演題目) : 方言と地域の言語生活-岩手の言葉の歴史と現在-
    • 開催期間 : 2008年9月
  3. 盛岡市西部公民館講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 岩手の方言の特質
    • 開催期間 : 2009年4月
  4. 教員免許状更新講習(高校国語)
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 日本語をめぐる現代的状況
    • 開催期間 : 2009年8月
  5. 岩手大学シニアカレッジ講義
    • 種類 : 岩手大学シニアカレッジ
    • 担当部門(講演題目) : 啄木の憂いと国語の近代化
    • 開催期間 : 2009年9月
  6. 遠野昔話ゼミナール
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 昔話を語る言葉
    • 開催期間 : 2009年11月
  7. 東京都板橋区生きがい講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 岩手の言葉と遠野物語
    • 開催期間 : 2010年2月
  8. いわて5大学コンソーシアム
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : いわて学Ⅰ-ことばと生活文化ー
    • 開催期間 : 2010年5月
  9. 岩手大学シニアカレッジ講義
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 地域語と地域の文化
    • 開催期間 : 2010年9月
  10. 岩手県立黒沢尻北高校出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 日本語の過去・現在・未来
    • 開催期間 : 2010年10月
  11. 岩手県立宮古高校出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 日本語の過去・現在・未来
    • 開催期間 : 2010年11月
  12. 宮澤賢治学会イーハトーブセンター春季・夏季合同セミナー
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 方言歌について
    • 開催期間 : 2011年6月
  13. 秋田県立横手城南高校出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 日本語の過去・現在・未来
    • 開催期間 : 2011年7月
  14. 宮城県立気仙沼高校出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 日本語の過去・現在・未来
    • 開催期間 : 2011年10月
  15. 青森県立八戸北高校出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 日本語の過去・現在・未来
    • 開催期間 : 2011年11月
  16. 岩手大学宮澤賢治センター研究例会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 宮澤賢治と柳田国男
    • 開催期間 : 2011年11月
  17. 一関地域教育振興運動推進研修会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 地域の言葉の役割ー日本語方言物語―
    • 開催期間 : 2012年1月
  18. 盛岡市都南公民館青春講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 遠野物語入門
    • 開催期間 : 2012年5月
  19. 教職経験者10年研修
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 日本語の現状と未来
    • 開催期間 : 2012年8月
  20. 岩手県国際交流協会「岩手グローバルカレッジ」
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : グローバル化の中の日本語
    • 開催期間 : 2012年11月
  21. 二戸市教育委員会
    • 種類 : 大学見学
    • 担当部門(講演題目) : 岩手大学と宮澤賢治
    • 開催期間 : 2013年1月
  22. 一戸町民セミナー
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 地域の言葉の役割
    • 開催期間 : 2013年1月
  23. 花巻市出前講座
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 賢治と啄木
    • 開催期間 : 2013年1月
  24. 教職経験者10年研修
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 日本語の現状と未来
    • 開催期間 : 2013年8月
  25. 岩手県立大船渡高等学校
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 日本語の未来
    • 開催期間 : 2013年9月
  26. 宮城県気仙沼高等学校
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 日本語の未来
    • 開催期間 : 2013年10月
  27. 岩手県立盛岡第四高等学校
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 日本語の未来
    • 開催期間 : 2013年10月
  28. 岩手大学教育学部付属中学校「学びの森」
    • 種類 : 特別講座講師
    • 担当部門(講演題目) : 岩手方言の不思議
    • 開催期間 : 2013年11月
  29. 盛岡市立向中野小学校
    • 種類 : 大学見学対応
    • 担当部門(講演題目) : 岩手大学の国際交流
    • 開催期間 : 2013年11月
  30. 岩手県立大船渡高等学校
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 岩手大学教育学部の教員養成について
    • 開催期間 : 2013年12月
  31. 盛岡市都南公民館講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 宮澤賢治と佐々木喜善
    • 開催期間 : 2014年6月
  32. 青森県立八戸北高等学校
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 日本語の未来
    • 開催期間 : 2015年8月
  33. 板橋区・岩手大学連携講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 岩手の言語文化の世界
    • 開催期間 : 2015年9月
  34. 花巻市生涯学習出前講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : ことばの地元学―岩手方言の不・思・議―
    • 開催期間 : 2016年12月
  35. おらほ弁で語っぺしin釜石
    • 種類 : 昔話を方言で語り聞かせる会
    • 担当部門(講演題目) : 総括責任者
    • 開催期間 : 2017年1月
  36. 釜石市立図書館講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 釜石方言物語
    • 開催期間 : 2017年9月
  37. おらほ弁で昔話を語っぺし「南部弁サミットin釜石」
    • 種類 : 方言で昔話を語り聞かせる会
    • 担当部門(講演題目) : 総括責任者
    • 開催期間 : 2018年1月
  38. 秋田県立大館鳳鳴高校模擬講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : グローバル化の中の日本語
    • 開催期間 : 2018年2月
国際交流活動
  1. 2010年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        留学生受入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        教員研修留学生
    • 外国人受入れ(私費留学生)
      • 交流機関・事業等名 :
        留学生受入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        学部交換留学生及び大学院修士課程正規学生
  2. 2011年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        留学生受入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        大学院修士課程国費留学生
    • 外国人受入れ(私費留学生)
      • 交流機関・事業等名 :
        留学生受入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        学部交換留学生、大学院研究生及び大学院正規学生
  3. 2012年度
    • 外国人受入れ(私費留学生)
      • 交流機関・事業等名 :
        留学生受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        研究生・大学院修士課程正規学生
  4. 2013年度
    • 外国人受入れ(私費留学生)
      • 交流機関・事業等名 :
        留学生受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        研究生・大学院修士課程正規学生
  5. 2014年度
    • 外国人受入れ(私費留学生)
      • 交流機関・事業等名 :
        留学生受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        大学院修士課程正規学生
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        留学生受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        研究生
  6. 2015年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        留学生受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        研究生
    • 外国人受入れ(私費留学生)
      • 交流機関・事業等名 :
        留学生受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        大学院修士課程正規学生
  7. 2016年度
    • 外国人受入れ(私費留学生)
      • 交流機関・事業等名 :
        留学生受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        修士課程正規学生
  8. 2017年度
    • 外国人受入れ(私費留学生)
      • 交流機関・事業等名 :
        留学生受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        修士課程世紀学生
他大学等の非常勤講師
  1. 北海道教育大学
    • 国語の近代化の歴史と現在の状況 (2012年12月)
  2. フェリス女学院大学
    • 言語コミュニケーション研究1A (2017年8月)
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2010年度
    • 教職経験者10年研修
  2. 2011年度
    • 教職経験者10年研修
  3. 2012年度
    • 教職経験者10年研修
  4. 2013年度
    • 教職経験者10年研修
  5. 2014年度
    • 教職経験者10年研修
  6. 2015年度
    • 教職経験者10年研修
  7. 2016年度
    • 教職経験者10年研修
  8. 2016年度
    • 方言絵本『つまぶちのかっぱ―絵本で語る栗林の昔話―』作成と配布
  9. 2016年度
    • 宮古市田老第一中学校生徒会劇「関口松太郎物語」の脚本方言訳支援
  10. 2016年度
    • 南部弁を語る事業「南部弁サミットin八戸2016」開催(南部弁の日実行委員会・八戸市等と共催)
  11. 2016年度
    • 被災地の子ども達に方言昔話を語り聞かせる事業「おらほ弁で語っぺし・小学校編」(釜石市内4小学校)
  12. 2017年度
    • 教職経験者10年研修
  13. 2017年度
    • 宮古市田老第一中学校生徒会劇「続・関口松太郎物語」の脚本方言訳支援
  14. 2017年度
    • 被災地の子ども達に方言昔話を語り聞かせる事業「おらほ弁で語っぺし・小学校編」(釜石市内2小学校)
  15. 2017年度
    • 南部弁を語る事業「南部弁サミットin八戸2017」開催(南部弁の日実行委員会・八戸市等と共催)
  16. 2017年度
    • 仮設住宅への方言昔話の出前(釜石市内の2仮設住宅)
活動履歴
  1. 2017年度
    • 教育学部附属附属幼稚園長