サブメニュー
更新日 : 2017年1月16日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名磯貝 雅道 (ISOGAI Masamichi)
所属専攻講座岩手大学 農学部 植物生命科学科
学系応用生命科学系
職名
生年月日
研究室電話番号019-621-6176
研究室FAX番号019-621-6107
連絡先住所020-8550 岩手県 岩手県盛岡市上田3丁目18-8
研究室植物病理学研究室
ホームページアドレスhttp://news7a1.atm.iwate-u.ac.jp/~plvirus/
メールアドレスisogai@iwate-u.ac.jp
取得学位
  1. 修士(農学)
    • 学位の分野 : 植物病理学
    • 学位授与機関 : 北海道大学
    • 取得年月日 : 1994年3月
  2. 博士(農学)
    • 学位の分野 : 植物病理学
    • 学位授与機関 : 北海道大学
    • 取得年月日 : 1997年3月
学外略歴
  1. 農林水産省農業研究センター
    • [大学等非常勤研究員] (1997年1月6日~1997年3月31日)
  2. International rice research institute
    • [研究員] (1997年3月26日~1997年5月26日)
  3. 日本学術振興会
    • [日本学術振興会特別研究員] (1997年4月1日~1998年12月31日)
  4. University of California at Berkeley
    • [研究員] (2001年9月1日~2002年8月11日)
専門分野(科研費分類)
  1. 植物病理学
研究分野を表すキーワード
  1. 植物病理学
  2. 植物ウイルス
可能な出前講義
  1. 植物ウイルスの不思議 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      植物ウイルスの発見から最近のバイオテクノロジーについて講義する。
担当授業科目
  1. 2004年度
    • 植物ウイルス学
    • 植物病理学実験
    • 植物ウイルス病学
  2. 2005年度
    • 植物ウイルス学
    • 植物病理学実験
    • 植物ウイルス病学
  3. 2006年度
    • 植物病理学実験
    • 植物ウイルス学
    • 基礎生物学実験
    • 植物ウイルス病学
  4. 2007年度
    • 基礎ゼミナール
  5. 2008年度
    • 基礎生物学実験
    • 植物病理学実験
    • 植物ウイルス学
    • 基礎ゼミナール
    • 植物ウイルス病学特論
    • 生物機能科学演習
    • 卒業研究
    • 農業生命科学特別研究
  6. 2009年度
    • 基礎ゼミナール
    • 植物病理学実験
    • 植物ウイルス学
    • 植物ウイルス病学特論
    • 基礎生物学実験
    • 生命資源科学演習Ⅰ
    • 生物環境科学特別演習
    • 卒業研究
    • 農業生命科学特別研究
  7. 2010年度
    • 卒業研究
    • バイオフロンティア特別研究
  8. 2011年度
    • 基礎生物学実験
    • 卒業研究
    • バイオフロンティア特別研究
  9. 2012年度
    • 植物ウイルス学
    • 植物病理学実験
    • 基礎ゼミナール
    • 生命資源科学演習Ⅱ
    • 植物ウイルス病学特論
    • 基礎生物学実験
    • 生命資源科学演習Ⅰ
    • 卒業研究
    • バイオフロンティア特別研究
  10. 2013年度
    • 植物ウイルス学
    • 植物病理学実験
    • 生命資源科学演習Ⅱ
    • 植物ウイルス病学特論
    • 生命資源科学演習Ⅰ
    • 基礎生物学実験
    • 卒業研究
    • バイオフロンティア特別研究
    • インターンシップ
  11. 2015年度
    • 植物ウイルス学
    • 植物病理学実験
    • 生命資源科学演習Ⅱ
    • 植物ウイルス病学特論
    • 基礎生物学実験
    • 生命資源科学演習Ⅰ
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2004年度
    • 卒業研究指導(学部) 5人
    • 学位論文審査(修士・主査) 4人
    • 副研究指導(学部) 3人
  2. 2005年度
    • 卒業研究指導(学部) 6人
    • 学位論文審査(修士・主査) 3人
    • 副研究指導(学部) 3人
    • 大学院研究生(博士) 1人
    • 学位論文審査(学部・副査) 2人
  3. 2006年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 副研究指導(学部) 2人
    • 大学院研究生(博士) 1人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
  4. 2008年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 副研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
  5. 2009年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(修士・主査) 2人
    • 副研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(学部・副査) 2人
  6. 2010年度
    • 卒業研究指導(学部) 5人
    • 副研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 1人
    • 学位論文審査(学部・副査) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 4人
    • 学位論文審査(修士・副査) 3人
    • 学位論文審査(博士・副査) 1人
    • 複数指導の責任者(修士) 1人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 1人
  7. 2011年度
    • 卒業研究指導(学部) 5人
    • 副研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 1人
    • 学位論文審査(学部・副査) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 5人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 複数指導の責任者(修士) 2人
  8. 2013年度
    • 卒業研究指導(学部) 7人
    • 副研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 3人
    • 学位論文審査(学部・副査) 4人
    • 大学院研究生(修士) 6人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 2人
    • 学位論文審査(博士・副査) 1人
教育活動のその他の事項
  1. 2004年度
    • その他
      1. COEフォーラム 演題:「植物ウイルス細胞間移行タンパク質(MP)の機能とMP-derived resistance」第4回(2004/12/17)
  2. 2005年度
    • その他
      1.遺伝子組換え生物等実験講習会(2006/3/22)
      2.滝沢農場公開 園芸相談(2006/11/13)
      3.公開説明会 ミニ講義(2006/10/22)
      4.盛岡第4高校 ミニ講義&高校PR(2006/9/5)
      5.大船渡高校 高校PR(2006/8/17)
  3. 2006年度
    • その他
      第11回農業生命科学科の公開実験講座「植物ウイルスを遺伝子診断してみよう」
  4. 2008年度
    • その他
      ①農学生命合宿ゼミ講師 ②農学研究科 科学英語(中級)審査員
  5. 2009年度
    • 進路指導業務
      20091114 進路懇談会 個別の相談会
    • その他
      20091225 基礎ゼミの情報交流会 農学生命課程の基礎ゼミ内容についてスライドを使い紹介した。
      20090713 農学研究科 科学英語(中級)審査員
      20100309 平成22年度遺伝子組換え生物等実験対象者向け講習会 植物の遺伝子組み換えについて講習した。
研究経歴
  1. 植物ウイルスゲノムとそれにコードされるタンパク質に関する研究(1999年1月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 植物ウイルス、ゲノム、タンパク質,
    • 専門分野(科研費分類) :
      植物病理学分子生物学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
      寒冷果樹ウイルスを材料に、ウイルスのゲノムそしてタンパク質に関する研究を行っている。
論文
  1. The 50-kDa protein of Apple chlorotic leaf spot virus interferes with intracellular and intercellular targeting, and tubule-inducing activity of the 39-kDa protein of Grapevine berry inner necrosis virus [Mol. Plant-Microbe Interact., 16, (2003年4月), pp.188-195] Isogai, M., Saitou, Y., Takahashi, N., Itabashi, T., Terada, M., Satoh, H. and Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Molecular detection of five cherry viruses from sweet cherry trees in Japan. [Journal of General Plant Pathology, 70, (2004年4月1日), pp.288-291] Isogai, M., Aoyagi, J., Nakagawa, M., Kubodera, Y., Satoh, K., Katoh, T., Inamori, M., Yamashita, K. and Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. Mapping the RNA-binding domain on the Apple chlorotic leaf spot virus movement protein [Journal of General Virology, 86, (2005年4月1日), pp.225-229] Isogai, M. and Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. Protein-Protein and Protein-RNA binding properties of the movement protein and VP25 coat protein of Apple latent spherical virus. [Virology, 352, (2006年4月1日), pp.178-187] M, Isogai, K. Watanabe; Y. Uchidate; N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. First report of blueberry red ringspot disease caused by Blueberry red ringspot virus in Japan [Journal of General Plant Pathology, 75, (2009年4月1日), pp.140-143] Masamichi ISOGAI; Koji Ishii; Seisaku Umemoto; Manabu Watanabe; Nobuyuki
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. Taxonomical characteristics of fijiviruses based on nucleotide sequences of the oat sterile dwarf virus genomes [Journal of General Virology, 79, (1998年4月), pp.1479-1485] Isogai, M., Uyeda, I. and Lindsten, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. Detection and assignment of proteins encoded by rice black streaked dwarf fijivirus S7, S8, S9, and S10 [Journal of General Virology, 79, (1998年4月), pp.1487-1494] Isogai, M., Uyeda, I. and Lee, B. C.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. An efficient cloning strategy for viral double-stranded RNAs with unknown sequences [Ann. Phytopathol. Soc. Jpn., 64, (1998年4月), pp.244-248] Isogai, M., Uyeda, I. and Hataya, T.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Complete nucleotide sequence of the rice tungro spherical virus genome of the highly virulent strain Vt6 [Virus genes, 20(1), (2000年4月), pp.79-85] Isogai, M., Cabauatan, P. Q., Masuta, C., Uyeda, I. and Azzam, O.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Genomic Reletionships between Rice Black-streaked Dwarf and Maize Rough Dwarf Fijiviruses Detected by Nucleic Acid Hybridization [Ann. Phytopathol. Soc. Jpn., 61(6), (1995年4月), pp.513-518] Isogai, M., Azuhata, F., Uyeda, I., Shikata, E. and Kimura, I.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. The Genomic Diversity of Field Isolates of Rice Black-streaked Dwarf Fijivirus [Ann. Phytopathol. Soc. Jpn., 61, (1995年4月), pp.575-577] Isogai, M., Uyeda, I. and Kimura, I.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. Interference of long-distance movement of Grapevine berry inner necrosis virus in Transgenic plants expressing a defective movement protein of Apple chlorotic leaf spot virus. [Phytopathology, 96(4), (2006年4月1日), pp.378-385] N. Yoshikawa, Y. Saitou, A. Kitajima, T. Chida, N. Sasaki, and M. Isogai
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. Genomic heterogeneity of rice dwarf Phytoreovirus field isolates and nucleotide sequences of variants of genome segment 12 [Journal of General Virology, 75, (1994年1月), pp.1843-1848-] 1. Murao, K., Suda, N., Uyeda, I., Isogai, M., Suga, H., Yamada, N., Kimura, I. and Shikata, E.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. Genome structure and variability of Fijivirus [Semminar in Virology, 6, (1995年4月), pp.103-108] Marzachi, C., Boccardo, G., Milne, R., Isogai, M. and Uyeda, I.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  15. Terminal Nucleotide sequemces in the Double-stranded RNA Genome segments of Infectious Pancreatic Necrosis Virus DRT Strain [Journal of Microbiology and Biotechnology, 6(5), (1996年4月), pp.361-363-] Chaung, H. K., Park, H. C., Uyeda, I., Isogai, M. and Lee, H. H.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. Phylogenetic relationships between rice phytoreovrus isolates from five countries [European Journal of Plant Pathology, 103, (1997年4月), pp.493-499] Lee, B. C., He, Y. K., Murao, K., Isogai, M., Dahal, G., and Uyeda, I.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. The loss of outer capsid protein P2 result in nontransmissibility by the insect vector of rice dwarf phytoreovirus(RDV) [Journal of Virology, 71, (1997年4月), pp.8019-8023] 7. Tomaru, M., Maruyama, W., Kikuchi, A., Yan, J., Zhu, Y., Suzuki, N., Isogai, M., Oguma, Y., Kimura, I. and Omura, T.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. Details of the arrangement of the outer capsid of rice dwarf phytoreovirus, as visualized by two-dimensional crystallography [Journal of Virology, 71, (1997年4月), pp.8899-8901] Zhu, Y., Hemmings, A. M., Iwasaki, K., Fujiyoshi, Y., Zhong, B., Yan, J., Isogai, M. and Omura, T.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. Intracellular distribution, cell-to-cell trafficking and tubule-inducing activity of the 50 KDa movement protein of Apple chlorotic leaf spot virus fused to green fluorescent protein [Journal of General Virology, 81(8), (2000年4月), pp.2085-2093] 13. Satoh, H., Matsuda, H., Kawamura, T., Isogai, M., Yoshikawa, N. and Takahashi, T.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. Genome heterogeneity of Apple stem pitting virus in apple trees [Acta Hort, 550, (2001年4月), pp.285-290] Yoshikawa, N., Matsuda, H., Oda, Y., Isogai, M., Takahashi, T., Ito, T. and Yoshida, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. Molecular diagnosis of Rice black-streaked dwarf virus in Japan and Korea [Plant Path. J., 17(3), (2001年4月), pp.164-168] Isogai, M., Uyeda, I. and Choi, J. K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  22. Stable expression of foreign proteins in herbaceous and apple plants using Apple latent spherical virus RNA2 vectors [Archives of Virology, 149, (2004年4月1日), pp.1541-1558] Li, C., Sasaki, N., Isogai, M. and Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  23. 3C-like protease encoded by Rice tungro spherical virus is autocatalytically processed. [Archives of Virology, 150(150), (2004年4月1日), pp.595-601] Sekiguchi, H., Isogai, M., Masuta, C. and Uyeda, I.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  24. A movement protein and three capsid proteins are all necessary for the cell-to-cell movement of apple latent spherical cheravirus. [Archives od Virology, 151, (2006年4月1日), pp.837-848] Yoshikawa, N., Okada, K., Asanuma, K., Watanabe, K., Igarashi, A., C. Li, and Isogai, M.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  25. Combinations of two amino acids (Ala40 and Phe75 or Ser40 and Tyr75) in the coat protein of apple chlorotic leaf spot virus are crucial for infectivity. [Journal of General Virology, 88, (2007年4月), pp.2611-2618] H. Yaegashi, Masamichi Isogai, H. Tajima, T. Sano, N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  26. Characterization of virus-induced gene silencing in tobacco plants infected with apple latent spherical virus. [Archives of Virology, (2007年4月)] H. Yaegashi, T. Yamatsuta, T. Takahashi, C. Li, M. Isogai, T. Kobori, S. Ohki, N. Yoshikawa.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  27. Analysis of the Spatial Distribution of Identical and Two Distinct Virus Populations Differently Labeled with Cyan and Yellow Fluorescent Proteins in Coinfected Plants. [Phytopathology, 97, (2007年4月), pp.1200-1206] Takahashi, T. Sugawara, T. Yamatsuta, M. Isogai, T. Natsuaki, and N. Yoshikawa.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  28. Apple chlorotic leaf spot virus 50kDa movement protein acts as a suppressor of systemic silencing without interferring with local silencing in Nicotiana benthamiana [Journal of General Virology, 88, (2007年4月1日), pp.316-324] Hajime Yaegashi, Tsubasa Takahashi, Masamichi Isogai, Takashi Kobori, Satoshi Ohki, Nobuyuki Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  29. Triple Gene Block Protein Interactions Involved in Movement of Barley. [Journal of Virology, 82(10), (2008年4月25日), pp.5007-5020] Lim HS, Bragg JN, Ganesan U, Lawrence DM, Yu J, Isogai M, Hommond J, Jackson AO
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  30. Inhibition of long-distance movement of RNA silencing signals in Nicotiana benthamiana by Apple chlorotic leaf spot virus 50 kDa movement protein [Virology, 382(1), (2008年12月10日), pp.199-206] Hajime Yaegashi, Akihiro Tamura, Masamichi Isogai, Nobuyuki Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  31. Apple latent spherical virus vectors for reliable and effective virus-induced gene silencing among a broad range of plants including tobacco, tomato, Arabidopsis thaliana, cucurbits, and legumes [Virology, 386, (2009年4月1日), pp.407-416] A. Igarashi, K. Yamagata, T. Sugai, Y. Takahashi, E. Sugawara, A. Tamura, H. Yaegashi, N. Yamagishi, T. Takahashi, M. Isogai, H. Takahashi, N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  32. Seed and pollen transmission of Apple latent spherical virus [Journal of General Plant Pathology, 77, (2011年3月31日), pp.48-53] Nakamura K., Yamagishi N., Isogai M., Komori S., Ito T., Yoshikawa N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  33. Histochemical detection of Blueberry latent virus in highbush blueberry plant [Journal of General Plant Pathology, 77, (2011年4月1日), pp.304-306] Isogai M., Nakamura T., Ishii K., Watanabe M., Yamagishi N., Yoshikawa N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  34. Identification and characterization of blueberry latent spherical virus, a new member of subgroup C in the genus Nepovirus [Archives of Virology, 157, (2012年2月2日), pp.297-303] Masamichi Isogai • Nakamura Tatuto • Chiaki Ujiie •Manabu Watanabe • Nobuyuki Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  35. First report of raspberry yellows disease caused by raspberry bushy dwarf virus in Japan [JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY, 78(5), (2012年9月1日), pp.360-363] Masamichi Isogai, Mari Yoshida, Hiroyuki Imanishi and Nobuyuki Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  36. Complete nucleotide sequence and latency of a novel blueberry-infecting closterovirus [Journal of General Plant Pathology, 79, (2013年4月1日), pp.123-127] Isogai, M., Muramatu, S., Watanabe, M., Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  37. Penetration of pollen tubes with accumulated Raspberry bushy dwarf virus into stigmas is involved in initial infection of maternal tissue and horizontal transmission [Virology, (2014年4月1日)] Masamichi Isogai, Tetu Yoshida, Chiaki Nakanowatari, Nobuyuki Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  38. Pollen tubes introduce Raspberry bushy dwarf virus into embryo sacs during fertilization processes [Virology, 484(10), (2015年9月1日), pp.341-345] Masamichi Isogai, Tetu Yoshida, Takuya Shimura, Nobuyuki Yoshikawa
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  39. Occurrence of blueberry mosaic associated virus involved in blueberry mosaic disease in Japan [Journal of General Plant Pathology, 82(3), (2016年4月1日), pp.177-179] Isagai M., Matsuhashi Y., Suzuki K., Yashima S., Watanabe M., Yoshikawa N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  40. Development of a Raspberry bushy dwarf virus-based plant virus vector for virus-induced gene silencing [PSJ Plant Virus Disease Workshop Report No.12 (Special edition), 12, (2016年6月1日), pp.54-60] T. Shimura, T. Yoshida, N. Yoshikawa, and M. Isogai
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  41. Blueberry mosaic associated virus detected in a highbush blueberry tree with mosaic symptoms in Japan [PSJ Plant Virus Disese Workshop Report No.12, 12, (2016年6月1日), pp.61-65] M. Isogai, K. Suzuki, S. Yashima, M. Watanabe, and N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  42. Horizontal pollen transmission of Gentian ovary ring-spot virus is initiated during penetration of the stigma and style by infected pollen tubes [Virology, 503, (2017年4月1日), pp.6-11] Masamichi Isogai, Yukie Kamata, Syunpei Ando, Misaki Kamata, Asuka Shirakawa, Ken-Taro Sekine, Nobuyuki Yoshikawa
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. Method in Morecular Biology. Volume81 : Plant Virology Protocoles : From Virus Isolation to Transgenic Resistance, Edited by : Foster G. D. and Taylor S. C [Humana Press Inc. , Totowa, NJ (1998年4月)] Uyeda, I., Lee, B. C., Ando, Y., Suga, H., He, Y. K. and Isogai, M.
    • 著書種別 : 学術著書
  2. Viruses and Virus Diseases of Poaceae: Fijivirus Genus [INRA, Paris (2004年4月)] M. Isogai
    • 著書種別 : 学術著書
  3. Characterization of Plant Virus-Encoded Gene Silencing Suppressors [Springer New York Dordrecht Heidelberg London (2012年6月1日)] Hajime Yaegashi, Masamichi Isogai, and Nobuyuki Yoshikawa
    • 著書種別 : 学術図書
  4. 写真で見る東北の病害 -診断ハンドブック- [日本植物病理学会東北部会 (2014年9月26日)] 磯貝雅道
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      ブルーベリー赤色輪点、ラズベリー黄化病
  5. ひと目でわかる果樹の病害虫-第三巻(改訂第二版)- [一般社団法人 日本植物防疫協会 (2015年6月28日)] 磯貝雅道
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      ブルーベリー: 赤色輪点病、 ラズベリー: 黄化病
  6. 植物ウイルス大辞典 [朝倉書店 (2015年11月1日)] 磯貝雅道
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      P303, 304, 305, 336, 338, 339, 439, 440, and 519
  7. 日本植物病害大辞典 病害最新情報2015 (CDROM版) [全国農村教育協会 (2015年12月31日)] 磯貝雅道
    • 著書種別 : 辞典・辞書
総説・解説記事
  1. The Multifunctional roles of Apple chlorotic leaf spot virus 50KP movement protein. [Global Science Books, Plant Viruses, 1(1), (2007年4月), pp.135-141] M. Isogai, H. Yaegashi, N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : その他
  2. 北海道におけるイネ黒条萎縮ウイルスの発生 [北日本病害虫研究会, 北日本病害虫研究会報, 46, (1995年4月), pp.38-41] 磯貝雅道, 上田一郎, 木村郁夫, 梶野洋一, 萩田孝志, 鳥山重光
    • 掲載種別 : その他
  3. Movement protein発現植物のウイルス特異的抵抗性とそのメカニズム [日本植物病理学会, 植物感染生理談話会論文集, 38, (2002年4月), pp.13-22] 吉川信幸, 磯貝雅道
    • 掲載種別 : その他
  4. ウイルスの細胞間移行タンパク質を発現する形質転換植物のウイルス抵抗性 [日本植物病理学会, 植物感染生理談話会論文集, 39, (2003年4月), pp.17-26] 磯貝雅道, 吉川伸幸
    • 掲載種別 : その他
  5. 細胞間移行タンパク質を使ってウイルスに強い植物を作る; 同属別種ウイルスにのみ特異的に抵抗性を引き起こすメカニズムの謎を解く [学会出版センター, 化学と生物, 41, (2003年4月), pp.430-433] 磯貝雅道, 吉川信幸
    • 掲載種別 : その他
  6. リンゴ小球形潜在ウイルスの感染・移行とRNAサイレンシングの誘導 [日本植物病理学会, 植物感染整理談話会論文集, 42, (2006年8月17日), pp.107-116] 吉川信幸・山蔦翼・佐々木伸浩・五十嵐亜紀・山形公輔・八重樫元・高橋翼・磯貝雅道
    • 掲載種別 : その他
  7. Blueberry red ringspot virusの日本における発生状況 [社団法人日本植物防疫協会, 植物防疫, 64(2), (2010年2月1日)] 磯貝雅道
    • 掲載種別 : その他
  8. ブルーベリーのウイルス病 [独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹研究所編, 平成22年度寒冷地果樹研究会資料, (2011年2月3日)] 磯貝雅道
    • 掲載種別 : 機関誌
  9. ブルーベリー赤色輪点病 [株式会社全国農村教育協会, インターネット版 日本植物病害大事典 病害新情報, (2012年4月1日)] 磯貝雅道
    • 掲載種別 : その他
  10. ラズベリー黄化ウイルス(Raspberry bushy dwarf virus)の日本における発生 [一般社団法人 日本植物防疫協会, 植物防疫, 67(4), (2013年4月1日), pp.46-48] 磯貝雅道
    • 掲載種別 : 機関誌
  11. 第23回果樹ウイルス病害の国際会議(ICVF2015 Morioka)の開催報告 [日本植物防疫協会, 植物防疫, 69(9), (2015年9月1日), pp.66-70] 吉川信幸・磯貝雅道
    • 掲載種別 : 学術誌
研究発表
  1. オウトウ芽ガレ病樹から検出されるウイルスについて
    • 会議名称 : 植物病理学会東北支部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2003年9月24日~2003年9月25日
    • 発表者 : 山蔦翼, 磯貝雅道, 中川恵, 佐藤健治, 吉川伸幸
    • 主催者 : 植物病理学会
    • 開催場所 : 仙台市福祉プラザ
  2. リンゴ小球形潜在ウイルスRNA2ベクターを用いた抗菌性ペプチドdiapausinの植物体での発現
    • 会議名称 : 植物病理学会東北支部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2003年9月24日~2003年9月25日
    • 発表者 : 佐々木伸浩, 李春江, 磯貝雅道, 吉川伸幸, 田中弘正, 鈴木幸一
    • 主催者 : 植物病理学会
    • 開催場所 : 仙台市福祉プラザ
  3. リンゴ小球形潜在ウイルスRNA2ベクターによる外来遺伝子の安定発現
    • 会議名称 : 植物病理学会東北支部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2003年9月24日~2003年9月25日
    • 発表者 : 李春江、佐々木伸浩、磯貝雅道、吉川信幸
    • 主催者 : 植物病理学会
    • 開催場所 : 仙台市福祉プラザ
  4. リンゴ奇形果罹病樹から分離されたリンゴクロロティックリーフスポットウイルス(ACLSV)分離株の性状
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年3月28日~2004年3月30日
    • 発表者 : 八重樫元,李春江,田山堅,磯貝雅道,吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 福岡国際会議場
  5. リンゴ小球形潜在ウイルスの感染細胞内での分布と細胞間移行形態について
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年3月28日~2004年3月30日
    • 発表者 : 浅沼香里,岡田恵治,李春江,磯貝雅道,吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 福岡国際会議場
  6. リンゴクロロティックリーフスポットウイルス(ACLSV)の欠失型50KP発現植物でのブドウえそ果ウイルスの組織内分布
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年3月28日~2004年3月30日
    • 発表者 : 千田智子,北島綾子,磯貝雅道,吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 福岡国際会議場
  7. リンゴクロロティックリーフスポットウイルス細胞間移行タンパク質の核酸結合特性
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年10月5日~2004年10月6日
    • 発表者 : 磯貝雅道,吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 福島市コラッセ福島
  8. リンゴクロロティックリーフスポットウイルス分離株間で保存された外被タンパク質アミノ酸配列の部位特異的突然変異解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年10月5日~2004年10月6日
    • 発表者 : 八重樫元,李春江,田山堅,磯貝雅道,佐野輝男,吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 福島市コラッセ福島
  9. GFPを発現するウイルスベクターを用いたリンゴ小球形潜在ウイルスの細胞間および長距離移行の解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年10月5日~2004年10月6日
    • 発表者 : 佐々木伸浩,李春江,磯貝雅道,吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 福島市コラッセ福島
  10. リンゴ小球形潜在ウイルス細胞間移行タンパク質によるGFP細胞間移行の促進
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年10月5日~2004年10月6日
    • 発表者 : 五十嵐亜紀,高橋信子,磯貝雅道,吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 福島市コラッセ福島
  11. リンゴ小球形潜在ウイルスによるタバコでのジーンサイレンシングの誘導
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年10月5日~2004年10月6日
    • 発表者 : 山蔦翼,佐々木伸浩,李春江,磯貝雅道,吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 福島市コラッセ福島
  12. リンゴ小球形潜在ウイルス細胞間移行タンパク質の感染植物からの検出とその一本鎖核酸結合能
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年10月5日~2004年10月6日
    • 発表者 : 渡邉健太郎,磯貝雅道,吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 福島市コラッセ福島
  13. 2種の蛍光タンパク質(YFPおよびCFP)でタグしたリンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)の混合接種植物における分布
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年3月29日~2005年3月31日
    • 発表者 : 菅原智彦、山蔦翼、李春江、磯貝雅道、吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 静岡グランシップ
  14. リンゴクロロティックリーフスポットウイルスとブドウえそ果ウイルスの細胞間移行タンパク質のインターラクションと細胞間移行
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年3月29日~2005年3月31日
    • 発表者 : 磯貝雅道、吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 静岡グランシップ
  15. GFPを発現するリンゴ小球形潜在ウイルスに感染したChenopodium quinoa葉におけるGFP蛍光の消長
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年3月29日~2005年3月31日
    • 発表者 : 佐々木伸浩、山蔦翼、李春江、磯貝雅道、吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 静岡グランシップ
  16. リンゴ小球形潜在ウイルスによるNicotiana属植物でのジーンサイレンシングの誘導
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年3月29日~2005年3月31日
    • 発表者 : 山蔦翼、五十嵐亜紀、佐々木伸浩、李春江、磯貝雅道、吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 静岡グランシップ
  17. Binding between movement proteins of Apple chlorotic leaf spot virus and Grapevine berry inner necrosis virus in vitro
    • 会議名称 : 13th international congress of virology
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2005年7月23日~2005年7月28日
    • 発表者 : M. Isogai, and N. Yoshikawa
    • 主催者 : International Union of Microbiological Societies
    • 開催場所 : San Francisco
  18. Subcellular localization and protein-protein interactions of the Barley stripe mosaic virus triple gene block proteins
    • 会議名称 : 13th international congress of virology
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2005年7月23日~2005年7月28日
    • 発表者 : J. N. Bragg, H-S. Lim, D. Lawrence, M. Isogai, J. Harrington, S. Rao, A. Jackson
    • 主催者 : International Union of Microbiological Societies
    • 開催場所 : San Francisco
  19. 寒冷地果樹ウイルスとポティウイルス間の相互作用の解析
    • 会議名称 : 岩手大学-東北大学国際シンポジウム
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2005年8月9日~2005年8月10日
    • 発表者 : 高橋 翼、菅原 智彦、山蔦 翼、佐々木 伸浩、李 春江、磯貝 雅道、夏秋 知英、吉川 信幸
    • 主催者 : 21世紀COEプログラム
    • 開催場所 : 仙台市
  20. リンゴ小球形潜在ウイルスのRNAサイレンシングベクターとしての利用
    • 会議名称 : 岩手大学-東北大学国際シンポジウム
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2005年8月9日~2005年8月10日
    • 発表者 : 山蔦 翼、五十嵐 亜紀、山形 広輔、佐々木 伸浩、八重樫 元、高橋 翼、磯貝 雅道、吉川 信幸
    • 主催者 : 21世紀COEプログラム
    • 開催場所 : 仙台市
  21. GFP発現リンゴ小球形潜在ウイルスに感染したGFP発現タバコからのGFP-mRNA由来のsiRNAの検出
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年9月26日~2005年9月27日
    • 発表者 : 山蔦翼、佐々木伸浩、高橋翼、李春江、磯貝雅道、吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 弘前大学
  22. リンゴ小球形潜在ウイルスによる4種Nicotiana属植物での内在性遺伝子のRNAサイレンシングの誘導
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年9月26日~2005年9月27日
    • 発表者 : 五十嵐亜紀、山形広輔、山蔦翼、佐々木伸浩、高橋翼、李春江、磯貝雅道、吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 弘前大学
  23. リンゴクロロティックリーフスポットウイルス感染性cDNAクローンのアグロイノキュレーションによるNicotiana occidentalisへの効率的感染
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年9月26日~2005年9月27日
    • 発表者 : 八重樫元、磯貝雅道、佐野輝男、吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 弘前大学
  24. リンゴ小球形潜在ウイルスの細胞間移行タンパク質とウイルス粒子のインターラクション
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年9月26日~2005年9月27日
    • 発表者 : 磯貝雅道、渡邉健太郎、内舘祐輔、吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 弘前大学
  25. 蛍光標識したリンゴ小球形潜在ウイルスとポティウイルスの混合感染植物における分布の解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北支部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年9月26日~2005年9月27日
    • 発表者 : 高橋翼、菅原智彦、山蔦翼、佐々木伸浩、李春江、磯貝雅道、夏秋知英、吉川信幸
  26. リンゴ小球形潜在ウイルスの細胞間移行タンパク質と外被タンパク質VP25の結合およびそのRNA結合解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年6月3日~2006年6月5日
    • 発表者 : 磯貝雅道、渡邉健太郎、内舘祐輔、吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター
  27. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)の結晶化とその結晶学的研究
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年6月3日~2006年6月5日
    • 発表者 : 内藤久志、小室晃一、神谷信夫、磯貝雅道、吉川信幸、横山茂之
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター
  28. リンゴ小球形潜在ウイルスとインゲン豆黄斑モザイクウイルスの混合感染植物における相互作用の解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年6月3日~2006年6月5日
    • 発表者 : 高橋翼、山蔦翼、菅原智彦、磯貝雅道、夏秋知英、吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター
  29. リンゴ小球形潜在ウイルス感染によるシロイヌナズナ内在性遺伝子のウイルス誘導ジーンサイレンシング
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年6月3日~2006年6月5日
    • 発表者 : 五十嵐亜紀、磯貝雅道、吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター
  30. シロイヌナズナFT遺伝子を発現するリンゴ小球形潜在ウイルス感染による数種植物の開花促進
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年6月3日~2006年6月5日
    • 発表者 : 山形広輔、磯貝雅道、小森貞男、和田雅人、吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター
  31. リンゴクロロティックリーフスポットウイルスのRNAサイレンシングサプレッサーの解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年6月3日~2006年6月5日
    • 発表者 : 八重樫元、高橋翼、磯貝雅道、小堀崇、大木理、吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター
  32. The 50kDa protein of Apple chlorotic leaf spot virus suppresses systemic silencing without interfering with local silencing in Nicotiana benthamiana
    • 会議名称 : The American Phytopathological Society
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年7月29日~2006年8月2日
    • 発表者 : H. Yaegashi, T. Takahashi, M. Isogai, T. Kobori, S. Ohki, N. Yoshikawa
  33. Analysis of interactions between Apple latent spherical virus and Bean yellow mosaic virus in mixed infected plants using fluorescent protein
    • 会議名称 : The Amirican Phytopathological Society
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年7月29日~2006年8月2日
    • 発表者 : T. Takahashi, T. Yamatsuta, N. Sasaki, T. Sugawara, M. Isogai, T. Natsuaki, N. Yoshikawa
  34. リンゴクロロティックリーフスポットウイルスを基にしたウイルスベクターの構築
    • 会議名称 : 植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月28日~2006年9月29日
    • 発表者 : 磯貝雅道、八重樫元、吉川信幸
  35. リンゴ小球形潜在ウイルスのゲノムRNA2にコードされるRNAサイレンシングサプレッサーの同定
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月28日~2006年9月29日
    • 発表者 : 八重樫元、高橋翼、磯貝雅道、吉川信幸
  36. PDS遺伝子を導入したリンゴ小球形潜在ウイルスによるタバコPDS遺伝子のサイレンシング
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北支部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月28日~2006年9月29日
    • 発表者 : 五十嵐亜紀、磯貝雅道、吉川信幸
  37. リンゴ小球形潜在ウイルスベクター感染を利用したタバコN遺伝子のサイレンシング
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年3月28日~2007年3月30日
    • 発表者 : 山形公輔・高橋翼・磯貝雅道・吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 宇都宮大学
  38. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)のX線回折強度データを用いた初期構造作成の試み
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年3月28日~2007年3月30日
    • 発表者 : 内藤久志・磯貝雅道・吉川信幸・横山茂之
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 宇都宮大学
  39. リンゴクロロティックリーフスポットウイルス外被タンパク質の40番と75番のアミノ酸の組み合わせがウイルスゲノムRNAの蓄積に必須である
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年3月28日~2007年3月30日
    • 発表者 : 八重樫元・磯貝雅道・佐野輝男・吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 宇都宮大学
  40. タバコN遺伝子による過敏感反応に伴う発熱反応
    • 会議名称 : 平成19年度日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年9月20日~2007年9月21日
    • 発表者 : 高橋翼、磯貝雅道、吉川信幸
    • 開催場所 : 秋田県立大学
  41. リンゴクロロティックリーフスポットウイルス外被タンパク質の2箇所のアミノ酸の組み合わせ(Ala40とPhe75またはSer40とTyr75)はNicotiana occidentalisでのCPの安定性に重要である
    • 会議名称 : 平成19年度日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年9月20日~2007年9月21日
    • 発表者 : 八重樫元、磯貝雅道、佐野輝男、吉川信幸
  42. パーティクルガンを用いたリンゴ小球形潜在ウイルス接種法の検討
    • 会議名称 : 平成19年度日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年9月20日~2007年9月21日
    • 発表者 : 山岸紀子、磯貝雅道、吉川信幸
  43. ブルーベリーから分離された小球形ウイルスの同定
    • 会議名称 : 平成19年度日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年9月20日~2007年9月21日
    • 発表者 : 磯貝雅道、菅原裕一、吉川信幸
  44. 2種類の蛍光タンパク質でタグをした植物ウイルス利用による混合感染の解析
    • 会議名称 : 第55回日本ウイルス学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年10月21日~2007年10月23日
    • 発表者 : 高橋翼・磯貝雅道・夏秋知英・吉川信幸
    • 主催者 : 日本ウイルス学会
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター
  45. ブルーベリー赤色輪転ウイルス(仮称)の検定法の開発
    • 会議名称 : 平成21年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年3月26日~2008年3月28日
    • 発表者 : 磯貝雅道・石井厚次・吉川信幸
  46. リンゴ小球形潜在ウイルスベクターを利用した各種草本植物でのウイルス誘導ジーンサイレンシング(VIGS)
    • 会議名称 : 平成21年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年3月26日~2008年3月28日
    • 発表者 : 山岸紀子・石原亜耶・高橋由佳里・田村顕裕・須貝友和・五十嵐亜紀・山形広輔・磯貝雅道・吉川信幸
  47. リンゴ実生苗でのウイルスジーンサイレンシング
    • 会議名称 : 平成21年度日本植物病理学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年3月26日~2008年3月28日
    • 発表者 : 佐々木慎太郎・山岸紀子・山形広輔・小森貞男・磯貝雅道・吉川信幸
  48. N遺伝子タバコの抵抗性を打破するTMV-Obヘリカーゼ領域の発現による発熱誘導
    • 会議名称 : 平成21年度日本植物病理学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年3月26日~2008年3月28日
    • 発表者 : 高橋翼・磯貝雅道・吉川信幸
  49. ダイズにおけるリンゴ小球形潜在ウイルスベクターを利用したウイルス誘導ジーンサイレンシング
    • 会議名称 : 平成20年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年4月26日~2008年4月28日
    • 発表者 : 山岸紀子.高橋由佳里.磯貝雅道.吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : くにびきメッセ(島根県立産業交流会館)
  50. リンゴクロロティックリーフスポットウイルスの細胞間移行タンパク質(P50)はサイレンシングシグナルの長距離移行を阻害する
    • 会議名称 : 平成20年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年4月26日~2008年4月28日
    • 発表者 : 八重樫元・田村顕裕・磯貝雅道・吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : くにびきメッセ
  51. リンゴ小球形潜在ウイルスベクターを利用したシロイヌナズナのウイルス抵抗性遺伝子(RCY1)のウイルス誘導ジーンサイレンシング(VIGS)
    • 会議名称 : 平成20年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年4月26日~2008年4月28日
    • 発表者 : 須貝友和・田村顕裕・磯貝雅道・高橋英樹・吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : くにびきメッセ
  52. N因子タバコにおける過敏感反応と発熱
    • 会議名称 : 平成20年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年4月26日~2008年4月28日
    • 発表者 : 高橋翼・磯貝雅道・吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : くにびきメッセ
  53. Blueberry red ringspot virusによるブルーベリー赤色輪点病(新称)の発生
    • 会議名称 : 平成20年度日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月25日~2008年9月26日
    • 発表者 : 磯貝雅道・梅本清作*・石井厚次・渡邉学・吉川信幸
  54. リンゴクロロティックリーフスポットウイルス9分離株の細胞間移行タンパク質(P50)のサイレンシングサプレッサー活性の解析
    • 会議名称 : 平成20年度日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月25日~2008年9月26日
    • 発表者 : 八重樫元・磯貝雅道・吉川信幸
  55. N遺伝子タバコの過敏感反応に伴う発熱における遺伝子発現
    • 会議名称 : 平成20年度日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月25日~2008年9月26日
    • 発表者 : 高橋 翼・磯貝雅道・吉川信幸
  56. ダイズにおけるリンゴ小球形潜在ウイルスベクターの種子伝染機構
    • 会議名称 : 平成20年度日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月25日~2008年9月26日
    • 発表者 : 山岸紀子・磯貝雅道・吉川信幸
  57. ブルーベリー赤色輪転ウイルス(仮称)の検定方法の開発
    • 会議名称 : 平成21年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月26日~2009年3月28日
    • 発表者 : 磯貝雅道・石井厚次・吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 山形大学
  58. リンゴ小球形潜在ウイルスベクターを利用した各種草本植物でのウイルス誘導ジーンサイレンシング
    • 会議名称 : 平成21年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月26日~2009年3月28日
    • 発表者 : 山岸紀子・石原亜耶・高橋由佳里・田村顕裕・須貝友和・五十嵐亜紀・山形広輔・磯貝雅道・吉川信幸
  59. リンゴ実生苗でのウイルス誘導ジーンサイレンシング
    • 会議名称 : 平成21年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月26日~2009年3月28日
    • 発表者 : 佐々木慎太郎・山岸紀子・山形広輔・小森貞男・磯貝雅道・吉川信幸
  60. N遺伝子タバコの抵抗性を打破するTMV-Obヘリカーゼ領域の発現による発熱誘導
    • 会議名称 : 平成21年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月26日~2009年3月28日
    • 発表者 : 高橋翼・磯貝雅道・吉川信幸
  61. Transient expression of the coat protein of Apple chlorotic leaf spot virus inhibits the viral RNA accumulation in Nicotiana occidentalis
    • 会議名称 : International Conference on Virus and other Graft Transmissible Diseases of Fruit Crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2009年7月5日~2009年7月10日
    • 発表者 : Yaegashi Hajime, Isogai Masamichi, Yoshikawa Nobuyuki
  62. 日本でのBlueberry fruit drop associated virusの検出
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月29日~2009年9月30日
    • 発表者 : 磯貝雅道・石井厚次・渡邉学・吉川信幸
  63. リンゴ小球形潜在ウイルスのリンゴにおける花粉および種子伝染について
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月29日~2009年9月30日
    • 発表者 : 中村和也・山岸紀子・磯貝雅道・小森貞男・伊藤 伝*・吉川信幸
  64. ニホンナシ実生苗でのウイルス誘導ジーンサイレンシング (VIGS)
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月29日~2009年9月30日
    • 発表者 : 佐々木慎太郎・山岸紀子・小森貞男・磯貝雅道・吉川信幸
  65. Blueberry red ringspot virusおよびBlueberry fruit drop associated virusに感染したブルーベリー樹の生育
    • 会議名称 : 園芸学会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年3月21日~2010年3月22日
    • 発表者 : 渡邉 学・磯貝雅道・村上政伸・佐川 了
  66. 日本のブルーベリーから検出されたトチウイルス様2本鎖RNAの解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年4月18日~2010年4月20日
    • 発表者 : 磯貝雅道・吉川信幸
  67. 黄化症状を呈したブルーベリーから検出されたクロステロウイルス様RNA
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年10月4日~2010年10月5日
    • 発表者 : 磯貝雅道・石井厚次・村松佐紀・渡邉学・吉川信幸
  68. 異なるサイズのズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)ゲノム配列を挿入したリンゴ小球形潜在ウイルスベクター(ALSV)のZYMVに対する干渉効果
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年10月4日~2010年10月5日
    • 発表者 : 田村顕裕・中村裕子・磯貝雅道・夏秋知英・吉川信幸
    • 開催場所 : コラッセ福島
  69. ブルーベリーのウイルス病
    • 会議名称 : 平成22年度寒冷地果樹研究会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2011年2月3日~2011年2月4日
    • 発表者 : 磯貝雅道
    • 主催者 : 果樹研究所
    • 開催場所 : サンセール盛岡
  70. Blueberry latent virusの日本のハイブッシュブルーベリーからの検出
    • 会議名称 : 日本植物病理学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月27日~2011年3月29日
    • 発表者 : 磯貝雅道・中村達都・渡邉学・山岸紀子・吉川信幸
  71. ズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)ゲノムの異なる領域の配列を挿入したリンゴ小球形潜在ウイルスベクター(ALSV)のZYMV に対する干渉効果
    • 会議名称 : 日本植物病理学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月27日~2011年3月29日
    • 発表者 : 滝文希・田村顕裕・中村裕子・磯貝雅道・夏秋知英・吉川信幸
  72. ズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)とキュウリモザイクウイルス(CMV)の両ゲノム配列を同時に挿入したリンゴ小球形潜在ウイルスベクター(ALSV)のZYMVとCMVに対する干渉効果
    • 会議名称 : 日本植物病理学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月27日~2011年3月29日
    • 発表者 : 加藤貴央・田村顕裕・中村裕子・磯貝雅道・夏秋知英・吉川信幸
  73. Blueberry viruses detected in blueberry trees in Japan
    • 会議名称 : International Congress of Virology
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月11日~2011年9月16日
    • 発表者 : Masamichi Isogai, Saki Muramatu, Tatuto Nakamura, Manabu Watanabe, Nobuyuki Yoshikawa
  74. Use of Apple latent spherical virus vectors as plant virus vaccines for the control of plant virus diseases
    • 会議名称 : International Congress of Virology
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月11日~2011年9月16日
    • 発表者 : Nobuyuki Yoshikawa, Akihiro Tamura, Takao Kato, Ayano Taki, Noriko Yamagishi, Masamichi Isogai, Bo-Song Ryo, Masashi Fijunaga, Yoshitaka Kosaka, Tomohide Natsuaki, Kaoru Hanada
  75. わが国のブルーベリーから検出された新規クロステロウイルスの全ゲノム塩基配列
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年10月30日~2011年10月31日
    • 発表者 : 村松佐紀・渡邉学・吉川信幸・磯貝雅道
  76. ネポウイルス属サブグループCに所属する新種ウイルスの特性
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年10月31日
    • 発表者 : 磯貝雅道・中村達都・渡邉学・吉川信幸
  77. 2種のポティウイルスに対するリンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)の干渉効果
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年11月1日
    • 発表者 : 加藤貴央・磯貝雅道・夏秋知英・吉川信幸
  78. インゲンマメ黄斑モザイクウイルス(BYMV)のゲノム配列を挿入したリンゴ小球形潜在ウイルスベクター(ALSV)のBYMVに対する干渉効果
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年11月1日
    • 発表者 : 曽根美佳子・高橋翼・磯貝雅道・夏秋知英・吉川信幸
  79. 2種の蛍光タンパク質(YFPとCFP)で標識したリンゴ小球形潜在ウイルス(YFP-ALSVとCFP-ALSV)を同時混合接種した植物組織での両ALSV株の分布
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年11月1日
    • 発表者 : 佐藤希望・磯貝雅道・吉川信幸
  80. 黄化症状を呈したレッドラズベリー樹か ら の Raspberry bushy dwarf virus の検出
    • 会議名称 : 日本植物病理学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月28日
    • 発表者 : 磯貝雅道・吉田真莉・今西弘幸・吉川信幸
  81. トスポウイルスゲノム配列を挿入したリ ン ゴ 小 球 形 潜 在 ウ イ ル ス(ALSV)ベクターの 3 種トスポウイルスに対する干渉効果
    • 会議名称 : 日本植物病理学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月29日
    • 発表者 : 滝文希・磯貝雅道・藤晋一・梁宝成・藤永真史・小坂能尚・夏秋知英・花田 薫・吉川信幸
  82. 外来ペプチド提示型リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクターの構築
    • 会議名称 : 日本植物病理学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月30日
    • 発表者 : 李春江・山岸紀子・磯貝雅道・海道真典・吉川信幸
  83. 病原ウイルスゲノム配列を挿入したリンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ワクチン株によるウイルス感染植物の治療効果
    • 会議名称 : 日本植物病理学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月30日
    • 発表者 : 加藤貴央・曽根美佳子・山岸紀子・磯貝雅道・夏秋知英・吉川信幸
  84. ラズベリー黄化ウイルスの花粉による水平伝染の解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月13日~2012年9月14日
    • 発表者 : 中野渡千晃・今西弘幸・吉川信幸・磯貝雅道
  85. ラズベリー黄化ウイルスの日本分離株の全ゲノム解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月13日~2012年9月14日
    • 発表者 : 磯貝雅道・吉川信幸
  86. リアルタイムPCRによるリンゴ小球形潜在ウイルスの検出と定量
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月13日~2012年9月14日
    • 発表者 : 岸上隆介・山岸紀子・磯貝雅道・吉川信幸
  87. トマト黄化えそウイルス(TSWV)ゲノム配列を挿入したリンゴ小球形潜在ウイ ルス(ALSV)ワクチン株を前接種したトルコギキョウのTSWV に対する干渉効果
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月13日~2012年9月14日
    • 発表者 : 滝 文希・磯貝雅道・小坂能尚・夏秋知英・吉川信幸
  88. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)粒子表面への外来ペプチドの提示
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月13日~2012年9月14日
    • 発表者 : 李 春江・磯貝雅道・海道真典・吉川信幸
  89. ラズベリー黄化ウイルスの花粉による垂直伝染の解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月27日~2012年3月29日
    • 発表者 : 磯貝雅道・中野渡千晃・吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 岐阜大学
  90. オウトウ芽枯れ病罹病樹の次世代シークエンスによるバイローム解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月27日~2013年3月29日
    • 発表者 : 齋藤邦亮・山岸紀子・後藤新一・八重樫元・伊藤伝・磯貝雅道・吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 岐阜大学
  91. リンゴ小球形潜在ウイルスのトマト品種における感染性の差異
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月28日~2013年10月29日
    • 発表者 : 加賀友紀子・山岸紀子・磯貝雅道・吉川信幸
  92. インゲンマメ黄斑モザイクウイルス(BYMV)に対するリンゴ小球形潜在ウイルス (ALSV)ワクチン株のトルコギキョウとエンドウでの干渉効果
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月28日~2013年10月29日
    • 発表者 : 佐藤希望・今辰哉・山岸紀子・李春江・磯貝雅道・夏秋知英・吉川信幸
  93. ラズベリー黄化ウイルスの感染性cDNAクローンおよび感染性バイナリープラスミドDNAの作製
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月28日~2013年10月29日
    • 発表者 : 吉田哲・吉川信幸・磯貝雅道
  94. ラズベリー黄化ウイルス(RBDV)に感染したラズベリー花粉の人工授粉によるトレニアへのRBDVの水平伝染の解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月28日~2013年10月29日
    • 発表者 : 吉田哲・吉川信幸・磯貝雅道
  95. 芽枯病罹病オウトウ樹に見出された新規Foveavirus属ウイルス[オウトウBウイルス(仮称)]について
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月28日~2013年10月29日
    • 発表者 : 小山田早希・齋藤邦亮・山岸紀子・後藤新一・八重樫元・伊藤伝・磯貝雅道・吉川信幸
  96. ラズベリー黄化ウイルスの花粉による水平伝染の初期感染部位の解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年6月2日~2014年6月4日
    • 発表者 : 吉田哲・吉川信幸・磯貝雅道
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター
  97. ラズベリー黄化ウイルスを基にしたVIGS誘導能を持つウイルスベクターの作製
    • 会議名称 : 日本植物病理学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年6月2日~2014年6月4日
    • 発表者 : 志村拓哉・藤原早希・山岸紀子・吉川信幸・磯貝雅道
  98. バイローム解析で明らかとなった芽枯病罹病オウトウ樹の多重ウイルス感染
    • 会議名称 : 日本書k物病理学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年6月2日~2014年6月4日
    • 発表者 : 吉川信幸・小山田早希・八重樫元・山岸紀子・後藤新一・磯貝雅道・伊藤伝
  99. Penetration of pollen tubes with accumulated RBDV into stigma is essential in causing the first viral infection in the stigma to lead to systemic infection
    • 会議名称 : International Union of Microbiological Societies Congresses
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年7月27日~2014年8月1日
    • 発表者 : Masamichi Isogai, Tetu Yoshida, Nobuyuki Yoshikawa, Chiaki Nakanowatari
  100. 日本でのBlueberry mosaic associated virusの検出
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月25日~2014年9月26日
    • 発表者 : 磯貝雅道・鈴木乾修・八島理・渡邉学・吉川信幸
  101. ラズベリー黄化ウイルスのORF1bにコードされる12kDaタンパク質の機能解析
    • 会議名称 : 第50回日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月25日~2014年9月26日
    • 発表者 : 志村拓哉・吉田哲・山岸紀子・吉川信幸・磯貝雅道
  102. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)のオウトウ、モモおよびブドウ実生への感染とVIGSの誘導
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月25日~2014年9月26日
    • 発表者 : 前田清明・八木皓平・山岸紀子・李春江・磯貝雅道・五十鈴川寛司・山下裕之・田尾龍太郎・吉川信幸
  103. モザイク症状を示すリンゴから分離された新規イラルウイルス(リンゴえそモザイクウイルス、Apple necrotic mosaic virus (ANMV))(仮称)について
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月25日~2014年9月26日
    • 発表者 : 野田浩気・山岸紀子・八重樫元・磯貝雅道・伊藤伝・吉川信幸
  104. Horizontal transmission of Raspberry bushy dwarf virus by pollen
    • 会議名称 : 23th Annual Meeting & International Symposium on Plant Virus Diseases
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2014年10月22日
    • 発表者 : Masamichi Isogai
  105. ブルーベリー随伴ウイルスの日本分離株の全塩基配列
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月28日~2015年3月31日
    • 発表者 : 八島理・渡邉学・吉川信幸
  106. リンゴモザイク病に見いだされた新規イラルウイルス[リンゴえそモザイクウイルス, Apple necrotic mosaic virus (ApNMV)](仮称)について
    • 会議名称 : 日本書k物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月28日~2015年3月31日
    • 発表者 : 野田浩気・山岸紀子・八重樫元・磯貝雅道・伊藤伝・吉川信幸
  107. ラズベリー黄化ウイルスのORF1bの欠失変異株の異種ウイルスのRNAサイレンシングサプレッサーによる相補試験
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月28日~2015年3月31日
    • 発表者 : 志村拓哉・吉川信幸・磯貝雅道
  108. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクターによるオウトウおよびブドウでの外来遺伝子の発現
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月28日~2015年3月31日
    • 発表者 : 前田清明・山岸紀子・李春江・磯貝雅道・五十鈴川寛司・山下裕之・田尾龍太郎・吉川信幸
  109. Blueberry latent spherical virusおよびblueberry virus Aに感染したブルーベリー樹の生育
    • 会議名称 : 園芸学会平成27年度春季大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月28日~2015年3月29日
    • 発表者 : 渡邉 学・磯貝雅道・村上政伸・佐川 了
  110. Blueberry mosaic associated virus detected in a highbush blueberry tree with mosaic symptoms in Japan
    • 会議名称 : 23rd International Conference on Viruses and Other Graft Transmissible Diseases of Fruit Crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月8日~2015年6月12日
    • 発表者 : M. Isogai, K. Suzuki, S. Yashima, M. Watanabe, N. Yoshikawa
    • 主催者 : International Conference on Viruses and Other Graft Transmissible Diseases of Fruit Crops
    • 開催場所 : Morioka, Japan
  111. Development of a Raspberry bushy dwarf virus-based plant virus vector for virus-induced gene silencing
    • 会議名称 : 23rd International Conference on Viruses and Other Graft Transmissible Diseases of Fruit Crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月8日~2015年6月12日
    • 発表者 : T. Shimura, T. Yoshida, N. Yoshikawa, M. Isogai
    • 主催者 : International Conference on Viruses and Other Graft Transmissible Diseases of Fruit Crops
    • 開催場所 : Morioka, Japan
  112. Multiple virus infection in cherry trees affected by a bud blight disease
    • 会議名称 : 23rd International Conference on Viruses and Other Graft Transmissible Diseases of Fruit Crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月8日~2015年6月12日
    • 発表者 : N. Yoshikawa, S. Oyamada, H. Yaegashi, S. Goto, N. Yamagishi, M. Isogai, T. Ito
    • 主催者 : International Conference on Viruses and Other Graft Transmissible Diseases of Fruit Crops
  113. Cherry virus B, a new virus classified into genus Foveavirus found in a sweet cherry tree
    • 会議名称 : 23rd International Conference on Viruses and Other Graft Transmissible Diseases of Fruit Crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月8日~2015年6月12日
    • 発表者 : S. Oyamada, H. Yaegashi, S. Goto, N. Yamagishi, M. Isogai, T. Ito, N. Yoshikawa
    • 主催者 : International Conference on Viruses and Other Graft Transmissible Diseases of Fruit Crops
  114. 花粉管によるラズベリー黄化ウイルスの胚のうへの導入
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月28日~2015年9月29日
    • 発表者 : 磯貝雅道・吉田哲・志村拓哉・吉川信幸
  115. リンゴモザイク病罹病樹での葉のモザイク症状とリンゴえそモザイクウイルス(ApNMV)分布の相関
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月28日~2015年9月29日
    • 発表者 : 野田浩気・山岸紀子・八重樫元・磯貝雅道・伊藤伝・吉川信幸
  116. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクター技術を利用したブドウの開花促進
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月28日~2015年9月29日
    • 発表者 : 前田清明・川崎未央子・佐藤誉子・門馬孝之・李春江・磯貝雅道・中島育子・山下裕之・吉川信幸
  117. 花粉管の柱頭への侵入はリンドウ子房輪紋ウイルスの花粉による水平伝染に関与している
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月21日~2016年3月23日
    • 発表者 : 磯貝雅道・鎌田由希恵・安藤俊平・白川明日佳・関根健太郎・吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 岡山県岡山市
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2003年4月~2006年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2003年度・1,900,000円・0円
      2004年度・900,000円・0円
      2005年度・1,000,000円・0円
  2. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2003年4月~2007年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2003年度・7,920,000円・0円
      2004年度・3,500,000円・0円
      2005年度・4,000,000円・0円
      2006年度・4,200,000円・0円
  3. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2009年4月~2013年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2009年度・1,200,000円・360,000円
      2010年度・800,000円・240,000円
      2011年度・800,000円・240,000円
      2012年度・800,000円・240,000円
  4. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2014年4月~2017年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2014年度・1,900,000円・570,000円
      2015年度・1,100,000円・330,000円
      2016年度・900,000円・270,000円
その他競争的資金獲得実績
  1. 平成18年度学長裁量経費
    • 資金支給期間 : 2006年8月~2007年3月
  2. JSTシーズ発掘試験
    • 資金支給期間 : 2007年8月~2008年2月
  3. 農学部重点研究プロジェクト
    • 資金支給期間 : 2007年9月~2009年2月
  4. 農学部戦略的研究費
    • 資金支給期間 : 2010年10月~2011年3月
    • 研究内容 :
      黄化症状を呈したブルーベリーから検出された世界未報告ウイルスの病原性解析およびその検定
  5. 平成22年度岩手大学研究推進・成果公表支援
    • 資金支給期間 : 2010年12月~2011年3月
    • 研究内容 :
      Blueberry latent virusのブルーベリー細胞内での局在と伝搬方法の解析・ブルーベリーの黄化症状を呈したブルーベリーから分離された新規ウイルスの解析
  6. 全学経費(学長裁量経費を除く)
    • 資金支給期間 : 2013年6月~2014年3月
    • 研究内容 :
      ラスべり黄化ウイルスの花粉による水平伝染の解析
  7. JST A-STEP
    • 資金支給期間 : 2013年8月~2014年3月
    • 研究内容 :
      世界のブドウによる経済生産高は数百億ドルに達している。2007年には、ブドウのゲノム塩基配列が解読され、世界的に問題となっているウドンコ病の抵抗性品種育成などへの応用が期待されている。しかし、ゲノム塩基配列情報から導かれる各遺伝子の機能は推測であるため、ゲノム塩基配列情報の効率的応用には各遺伝子の機能解析が必要である。その遺伝子解析は、標的遺伝子を発現抑制した遺伝子組換え体などを用いて行うが、ブドウの遺伝子組換えは多大な時間と労力が必要である。そこで注目されるのが、植物体に感染させることで標的遺伝子のみを抑制できるウイルスベクターである。本課題は、ブドウで標的遺伝子を特異的に発現抑制するウイルスベクターを開発する。
  8. 地域課題研究支援経費(支援型)
    • 資金支給期間 : 2014年4月~2016年3月
    • 研究内容 :
      これまでにないウイルスフリーのブルーベリー原母樹を確立する。今後、本研究で確立した原母樹を基にウイルスフリー苗木の生産を行い、安定的な果実生産および地域の競争力確保に繋げる。
所属学会・委員会
  1. 日本植物病理学会 (1992年4月1日~継続中)
  2. 日本ウイルス学会 (1995年4月1日~継続中)
  3. American Society for Microbiology (1999年4月1日~継続中)
  4. 北日本病害虫研究会 (1999年4月1日~継続中)
  5. 植物ウイルス病研究会 (2010年4月1日~継続中)
  6. 果樹のウイルスおよび接ぎ木伝染性病害に関する国際会議 (2014年4月1日~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 日本植物病理学会 東北部会幹事(2007年9月21日~継続中)
  2. 日本植物病理学会 平成21年度日本植物病理学会大会運営委員(2008年4月1日~2009年3月31日)
  3. 日本植物病理学会 平成20年度日本植物病理学会東北部会実行委員長(2008年9月26日~2008年9月27日)
  4. 植物ウイルス病研究会 会計(2012年3月1日~継続中)
  5. 果樹のウイルスおよび接ぎ木伝染性病害に関する国際会議 盛岡準備委員会(2013年4月1日~2016年3月31日)
  6. 北日本病害虫研究会 編集委員(2013年10月18日~継続中)
  7. 日本植物病理学会 原著編集委員会(2015年1月1日~継続中)
  8. 日本植物病理学会 平成29年度日本植物病理学会大会幹事長(2016年1月1日~継続中)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 平成20年度日本植物病理学会東北部会 (2008年9月)
    • 参加者数 : 80人
  2. 平成21年度日本植物病理学会大会 (2009年3月)
    • 参加者数 : 800人
  3. International Conference on Virus and other Graft Transmissible Diseases of Fruit Crops (2015年6月)
    • 参加者数 : 100人
  4. 平成29年度日本植物病理学会大会 (2017年4月)
    • 参加者数 : 800人
学会活動2(国際会議などの座長)
  1. 2004年度日本植物病理学会東北部会 [日本植物病理学会 (2004年10月)]
  2. 2005日本植物病理学会大会 [日本植物病理学会 (2005年3月)]
  3. 2005日本植物病理学会東北支部 [日本植物病理学会 (2005年9月)]
  4. 2006日本植物病理学会大会 [日本植物病理学会 (2006年6月)]
  5. 2006日本植物病理学会東北支部 [日本植物病理学会 (2006年9月)]
  6. 2007日本植物病理学会大会 [日本植物病理学会 (2007年3月)]
  7. 東北部会 [日本植物病理学会 (2007年9月)]
  8. 平成22年度日本植物病理学会 [日本植物病理学会 (2010年4月)]
  9. 日本植物病理学会東北部会 [日本植物病理学会東北部会 (2010年10月)]
  10. 日本植物病理学会 [日本植物病理学会 (2011年3月)]
  11. 青森市民ホール [日本植物病理学会東北部会 (2011年11月)]
  12. 福岡国際会議場 [日本植物病理学会 (2012年3月)]
  13. 山形大学農学部 [日本植物病理学会東北部会 (2012年9月)]
  14. 岐阜大学 [日本植物病理学会 (2013年3月)]
  15. 秋田市にぎわい交流館 [日本植物病理学会東北部会 (2013年10月)]
  16. 磯貝雅道 [日本植物病理学会 (2014年6月)]
  17. 磯貝雅道 [日本植物病理学会東北部会 (2014年9月)]
  18. 磯貝雅道 [日本植物病理学会東北部会 (2015年9月)]
  19. 磯貝雅道 [平成28年度日本植物病理学会大会 (2016年3月)]
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. Journal of general plant pathology [査読 (2009年8月)]
  2. Journal of general plant pathology [査読 (2009年10月)]
  3. Virus Research [査読 (2011年9月)]
  4. Journal of General Plant Pathology [査読 (2012年5月)]
  5. Journal of General Plant Pathology [査読 (2012年5月)]
  6. Journal of General Plant Pathology [査読 (2012年9月)]
  7. Journal of General Plant Pathology [査読 (2012年10月)]
  8. Journal of General Plant Pathology [査読 (2012年11月)]
  9. Journal of General Plant Pathology [査読 (2013年3月)]
  10. 北日本病害虫研究会報第 64号 [編集 (2014年12月)]
  11. 北日本病害虫研究会報65号 [編集 (2015年12月)]
  12. Journal of General Plant Pathology [編集 (2016年1月)]
  13. 日本植物病理学会報 [編集 (2016年2月)]
その他研究成果の特記すべき事項
  1. 2008年度
    • COE協力教員

      COE協力教員
  2. 2004年度
    • COE協力教員
  3. 2005年度
    • COE協力教員
  4. 2006年度
    • COE協力教員
  5. 2007年度
    • COE協力教員
企業・団体等への指導等
  1. 2014年度 サカタのタネ・クミアイ化学・雪印種苗・理研グリーン
    • 指導等の内容 :
      ウイルス病の診断(日本植物病理学会第10回植物病害診断教育プログラム:場所 弘前大学)
生涯学習支援実績
  1. 科学研究のフロンティア 高大連携ウィンターセッション
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 植物ウイルスの世界~植物ウイルス研究とその応用~
    • 開催期間 : 2007年12月
  2. 岩手大学説明会(青森会場)
    • 種類 : 説明会
    • 担当部門(講演題目) : 農学部の説明
    • 開催期間 : 2008年6月
  3. 植物病理学の解説
    • 種類 : オープンキャンパス
    • 担当部門(講演題目) : 岩手大学植物病理学について
    • 開催期間 : 2008年8月
  4. 植物病理学の解説
    • 種類 : オープンキャンパス
    • 担当部門(講演題目) : 岩手大学植物病理学研究室について
    • 開催期間 : 2008年10月
  5. 研究室公開
    • 種類 : オープンキャンパス
    • 担当部門(講演題目) : 植物病理学について
    • 開催期間 : 2009年8月
  6. 研究室公開
    • 種類 : オープンキャンパス
    • 担当部門(講演題目) : 植物病理学について
    • 開催期間 : 2009年10月
  7. 模擬講義
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 植物ウイルスの不思議
    • 開催期間 : 2009年11月
  8. 植物ウイルスの不思議
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 文化の伝承、発展及び創造活動への寄与(学校名 福島県立郡山高等学校日 時 7月8日(木) 14:30~15:50 (講義時間70分)対象者 普通科3学年 30名内 容 模擬講義及び学部・課程等の説明。)
    • 開催期間 : 2010年7月
  9. 植物バイオテクノロジー
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 文化の伝承、発展及び創造活動への寄与(東北地区農業実験実習講習会「植物バイオテクノロジー」 7/22-7/30)
    • 開催期間 : 2010年7月
  10. 植物病理学
    • 種類 : オープンキャンパス
    • 担当部門(講演題目) : 植物病理研究室紹介平成22年8月6日(金)開催
    • 開催期間 : 2010年8月
  11. 植物病理学
    • 種類 : オープンキャンパス
    • 担当部門(講演題目) : 第2回オープンキャンパス【平成22年10月23日(土)開催】
    • 開催期間 : 2010年10月
  12. 岩手県立一関第一高等学校
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 植物ウイルスの不思議
    • 開催期間 : 2012年10月
産学官民連携活動
  1. 果樹病害関係者情報交換
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 主催・参加 : 参加
  2. ベリー類のウイルスの検出マニュアル作製
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  3. 本邦におけるBlueberry red ringspot virus の発生確認について
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 5
  4. ブルーベリーのウイルス診断法について
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  5. 果樹病害研究
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  6. 植物病害診断研究会
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  7. 寒冷地果樹研究会
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  8. 五城目町キイチゴ研究会
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  9. 国産ラズベリーの市場創出および定着のための生産・流通技術の開発
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  10. USDA-ARS Horticulture Crops Research
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  11. 植物ウイルス病研究会
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2005年度
    • 1.滝沢農場公開 園芸相談(2006/11/13)
      2.公開説明会 ミニ講義(2006/10/22)
      3.盛岡第4高校 ミニ講義(2006/9/5)
  2. 2006年度
    • 第11回農業生命科学の公開実験講座「植物ウイルスを遺伝子診断してみよう」
  3. 2007年度
    • 平成19年8月6日 オープンキャンパス 農学生命課程紹介
      平成19年10月27日 オープンキャンパス 農学生命課程紹介
      平成19年11月13日 滝沢農場 園芸相談 講師
活動履歴
  1. 2004年度
    • 農学部入試委員会
    • 入試資料作成専門委員会
  2. 2006年度
    • 研究科運営委員
    • 遺伝子組換え生物等安全委員会
    • 寒冷バイオシステム研究センター運営委員
  3. 2007年度
    • 農学部入試委員会
  4. 2009年度
    • 連大広報
    • 遺伝子組換え生物等安全委員会
  5. 2010年度
    • 戦略企画・評価室
    • クラス担任
  6. 2011年度
    • 点検評価委員会
    • 附属寒冷バイオフロンティア研究センター運営委員会
    • クラス担任
  7. 2012年度
    • 附属寒冷バイオフロンティア研究センター運営委員会
    • クラス担任
    • [その他] 高校での学部紹介
  8. 2013年度
    • 教務委員会
    • 附属寒冷バイオフロンティア研究センター運営委員会
    • 運営委員会
  9. 2014年度
    • 教務委員会
    • 運営委員会
  10. 2015年度
    • 地域連携推進室
その他の大学運営活動
  1. 2004年度
    • 岩手大学生協理事
  2. 2005年度
    • 岩手大学生協理事
  3. 2006年度
    • 大学生協理事
  4. 2008年度
    • GCOE申請ミーティング参加

      G-COEワーキンググループ(農学部非公式)
  5. 2010年度
    • 構造解析システム仕様策定委員会

      構造解析システム仕様策定委員会