サブメニュー
更新日 : 2016年5月26日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名庄野 浩資 (SHONO Hiroshi)
所属専攻講座岩手大学 農学部 食料生産環境学科
職名
生年月日
研究室電話番号
研究室FAX番号
研究室環境制御工学研究室
ホームページアドレスhttp://starmandell.agr.iwate-u.ac.jp/~kankyo
出身大学
  1. 東京大学 農学部 農業工学科
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1982年3月
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 東京大学 農学系研究科 農業工学専門課程
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 1987年3月
    • 修了区分 : 単位取得満期退学
取得学位
  1. 農学修士
    • 学位の分野 : 農業環境工学
    • 学位授与機関 : 東京大学
    • 取得年月日 : 1984年3月31日
  2. 博士(農学)
    • 学位の分野 : 農業工学
    • 学位授与機関 : 東京大学
    • 取得年月日 : 1997年3月
専門分野(科研費分類)
  1. 環境農学
  2. 農業情報
担当授業科目
  1. 2004年度
    • 応用情報処理演習
    • 生産システム知能化論
    • 環境情報学
    • リサイクル生物生産工学実験
    • 生産環境物理学特論Ⅱ
    • 農業画像計測工学特論
    • 生物計測制御工学
  2. 2005年度
    • 基礎物理学演習
    • 応用情報処理演習
    • 生産システム知能化論
    • 環境情報学
    • リサイクル生物生産工学実験
    • 農業画像計測工学特論
    • 生物計測制御工学
  3. 2006年度
    • 環境情報学
    • リサイクル生物生産工学実験
    • 農業画像計測工学特論
    • 応用情報処理演習
    • リサイクル生物生産工学実験Ⅰ
    • 生物計測制御工学
  4. 2007年度
    • 基礎ゼミナール
    • 環境情報学
    • リサイクル生物生産工学実験Ⅰ
    • 応用情報処理演習
    • 農業画像計測工学特論
    • リサイクル工学
    • 生物計測制御工学
  5. 2008年度
    • 農業気象・環境学
    • 情報処理演習Ⅰ
    • 情報処理演習Ⅱ
    • 基礎物理学演習
    • 環境情報学
    • 植物栽培と環境テクノロジー
    • リサイクル生物生産工学実験Ⅰ
    • 卒業研究
    • 農林環境科学特別研究
    • 植物栽培と環境テクノロジー
  6. 2009年度
    • 農業気象・環境学
    • 情報処理演習Ⅰ
    • 情報処理演習Ⅱ
    • 環境情報学
    • 植物栽培と環境テクノロジー
    • 農業画像計測工学特論
    • 生物産業科学実験Ⅰ
    • 卒業研究
    • 農林環境科学特別研究
    • 植物栽培と環境テクノロジー
  7. 2010年度
    • 情報処理演習Ⅰ
    • 植物栽培と環境テクノロジー
    • 卒業研究
  8. 2011年度
    • 情報処理演習Ⅰ
    • 植物栽培と環境テクノロジー
    • 農学生命特別研究
  9. 2012年度
    • 情報処理演習Ⅰ
    • 植物栽培と環境テクノロジー
    • 卒業研究
  10. 2013年度
    • 植物栽培と環境テクノロジー
授業評価
  1. 2004年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 講義内容を可能な限り学生実験とリンクさせることにより、体験的に理解できるように配慮した。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 講義内容を可能な限り学生実験とリンクさせることにより、体験的に理解できるように配慮した。
  2. 2005年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 講義に先立ち、可能な限り復習小テストを課すことで講義内容の理解・定着を促した。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 講義内容を可能な限り学生実験とリンクさせることにより、体験的に理解できるように配慮した。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 講義内容を可能な限り学生実験とリンクさせることにより、体験的に理解できるように配慮した。
  3. 2006年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 高校生程度の知識でも理解できるように平易な文章で説明するようにつとめた。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 実験と講義をなるべく並行して実施し、学生が知識として理解するだけでなく、経験として理解できるようにつとめた。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 情報処理演習室による演習と講義をなるべく並行して実施し、学生が知識として理解するだけでなく、経験として理解できるようにつとめた。
  4. 2007年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : できるかぎり専門用語など難解な用語を使わずに平易な表現で説明し,可能な限り,研究現場への見学など実地での経験を積めるように配慮した.
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 実験と講義をできる限り並行して実施することで,学生が知識だけでなく経験として理解できるように配慮した.
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 情報処理演習室をフルに利用し,黒板による授業ではなく,実際に,演習課題を自分で解く機会を可能な限り増やすことで,応用の利く技術として理解できるように配慮した.
  5. 2010年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : できるかぎり専門用語など難解な用語を使わずに平易な表現で説明し,可能な限り,研究現場への見学など実地での経験を積めるように配慮した.
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 実験と講義をできる限り並行して実施することで,学生が知識だけでなく経験として理解できるように配慮した.
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 情報処理演習室をフルに利用し,黒板による授業ではなく,実際に,演習課題を自分で解く機会を可能な限り増やすことで,応用の利く技術として理解できるように配慮した.
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2004年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 副研究指導(学部) 1人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
  2. 2005年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
  3. 2006年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 3人
  4. 2007年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(修士・主査) 3人
    • 副研究指導(学部) 3人
  5. 2008年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
    • 学位論文審査(修士・主査) 3人
    • 副研究指導(学部) 1人
  6. 2009年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 2人
    • 副研究指導(学部) 1人
  7. 2010年度
    • 卒業研究指導(学部) 1人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
  8. 2012年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 副研究指導(学部) 1人
    • 学位論文審査(学部・主査) 2人
    • 学位論文審査(学部・副査) 8人
    • 大学院研究生(修士) 1人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 3人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 1人
教育研究会における発表
  1. 切り花リンドウ老花早期検出における分光反射特性の有効性とその画像計測への応用
    • 教育研究会名 :
      第12回 りんどう研究会
    • 開催年月 : 2007年6月
研究経歴
  1. 多次元農作物情報センシングシステムの開発(1991年7月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 画像計測、高精度農法、リモートセンシング,
    • 専門分野(科研費分類) :
      環境農学農業環境工学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
      農作物の多次元に渡る生体情報を可能な限り、リアルタイムかつ非破壊で計測する手法の開発に関する研究
論文
  1. 知識工学的手法による栽培管理のシステム化(1)促成トマトの栽培管理システム [農業気象, 39, (1983年4月1日), pp.113-116] 高倉直,庄野浩資,本條毅
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  2. テクスチャ特徴量に基づく葉傾斜角の画像計測手法の提案とその有効性の検討 [生物環境調節, 33, (1995年1月), pp.197-207] 庄野浩資
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. トマト作物体を対象とした葉傾斜角と概略的形状の3次元画像計測 [生物環境調節, 34, (1996年1月), pp.75-85] 庄野浩資,佐瀬勘紀
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. 画像処理と三次元デジタイザによる葉面傾斜角の測定 [農業気象, 57, (2001年1月), pp.101-106] 本條 毅,庄野浩資
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. 植物形態画像による自動遠隔生育診断システムの開発(1)葉形状画像生育診断アプリケーション [農業情報研究, 12, (2003年9月), pp.201-212] 庄野浩資
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. 切り花リンドウの採花ステージ評価における画像情報の有効性に関する研究 [農業情報研究, 13, (2004年12月), pp.317-330] 庄野浩資,西川朝也
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. 切り花リンドウの採花ステージ評価における画像情報の有効性に関する研究-輪郭情報と色情報に基づく未熟蕾検出の有効性- [農業情報研究, 15, (2006年4月30日), pp.61-76] 庄野浩資,峠愛美
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. 切り花リンドウ花弁の分光放射輝度の簡易測定による老花早期検出の可能性に関する検討 [農業情報研究, (2007年12月)] 庄野浩資,関朝美,松嶋卯月,小出章二,武田純一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Disinfection efficacy of slightly acidic electrolyzed water on fresh cut cabbage [Food Control, 20, (2008年1月), pp.294-297] KOIDE, S., TAKEDA, J., Shi. J., SHONO, H., and G. G. ATUNGULU
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Changes in Antioxidative Enzyme Activities and Physicochemical Properties of Tomato Fruits during Post-harvest Ripening [Eiviron. Control Biol., 46, (2008年9月), pp.147-153] KOIDE, S., SHONO, H., SHI, J., UEMURA, M. and M. HARA
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. 切り花リンドウの生育ステージ判定における紫外線画像の有効性に関する検討 [農業情報研究, 18, (2009年4月), pp.122-129] 庄野浩資,関朝美,山口香子,松嶋卯月,小出章二,武田純一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. Visualization of water usage and photosynthetic activity of street trees exposed to 2ppm of SO2 — a combined evaluation by cold neutron and chlorophyll fluorescence imaging [Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, (2009年4月)] U. Matsushima, N. Kardjilov, A. Hilger, I. Manke, H. Shono, W.B. Herppich
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. 切り花リンドウの遠赤画像情報に基づく低コスト生育レベル判定手法の実現可能性 [農業情報研究, 21, (2012年12月1日), pp.85-94] 庄野浩資,芹沢和洋,関朝美,松嶋卯月,小出章二,立澤文見,武田純一
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  14. ダブル偏光フィルタ法による切り花リンドウ花冠の“光沢”の定量化と生育レベルとの関係 [農業情報研究, 21, (2012年12月1日), pp.95-105] 庄野浩資,芹沢和洋,山口香子,牛草貴行,松嶋卯月,小出章二,立澤文見,武田純一
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  15. Leschenaultia biloba,L. formosa およびそれらの種間雑種の 花色とアントシアニン組成について [園芸学研究, 12, (2013年4月1日), pp.23-28] 立澤文見,加藤一幾,永松義博,庄野浩資,土岐健次郎,斎藤規夫
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. ダイコン類(Raphanus sativus L.)における根色とアントシアニン [園芸学研究, (2013年4月1日)] 加藤一幾,佐藤和成,金澤俊成,庄野浩資,小林伸雄,立澤文見
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 人工知能と農業 [農林統計協会 (1986年4月1日)] 庄野浩資(分担)
    • 著書種別 : 学術著書
  2. 新しい農業気象・環境の科学 [養賢堂 (1994年2月28日)] 日本農業気象学会編
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      第4章
  3. 新版生物環境調節ハンドブック [養賢堂 (1995年4月)] 杉二郎・矢吹萬壽監修
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      405-408
  4. 知っておきたい農業電化の先端技術用語 [農業電化協会 (2001年4月)] 渡辺一郎・岡野利明編
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      40-41
総説・解説記事
  1. 植物形態画像による自動遠隔生育診断への挑戦 [農業電化, 54, (2001年1月), pp.10-16-] 庄野浩資
    • 掲載種別 : その他
  2. 農産物生育診断への画像形態認識技術の応用例 [光学, 31, (2002年1月), pp.806-811-] 庄野浩資
    • 掲載種別 : その他
研究発表
  1. トマト個体内水ポテンシャル変動と小葉形状変化との関係に関する研究
    • 会議名称 : 農業環境工学関連4学会2004年合同大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2004年9月6日~2004年9月8日
    • 発表者 : 大久保恵寿,庄野浩資
    • 開催場所 : 福岡市博多区福岡国際会議場
  2. 画像指標による安代産リンドウの切り前適期評価に関する研究
    • 会議名称 : 農業環境工学関連4学会2004年合同大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2004年9月6日~2004年9月8日
    • 発表者 : 庄野浩資,西川朝也
    • 開催場所 : 福岡市博多区福岡国際会議場
  3. イネ高温障害発生機作解明のための穂チャンバーの開発
    • 会議名称 : 農業環境工学関連7学会2005年合同大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2005年9月12日~2005年9月15日
    • 発表者 : 岡田益己,高倉経之,庄野浩資
    • 開催場所 : 金沢市金沢大学
  4. 一般ハフ変換を用いたリンドウ蕾の自動検出に関する研究
    • 会議名称 : 農業環境工学関連7学会2005年合同大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2005年9月12日~2005年9月15日
    • 発表者 : 庄野浩資,峠愛美
    • 開催場所 : 金沢市金沢大学
  5. 形状および光学的特性に基づくリンドウ老花検出に関する研究
    • 会議名称 : 農業環境工学関連7学会2006年合同大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月11日~2006年9月14日
    • 発表者 : 関朝美,庄野浩資
  6. 水稲の穂分化における地上部感温性の発現時期
    • 会議名称 : 農業環境工学関連7学会2006年合同大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月11日~2006年9月14日
    • 発表者 : 岡田益己,溝口沙奈恵,庄野浩資
  7. 切り花リンドウ老花早期検出における分光反射特性の有効性とその画像計測への応用
    • 会議名称 : 農業環境工学関連学会2007年合同大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年9月11日~2007年9月14日
    • 発表者 : 庄野浩資,関朝実
    • 開催場所 : 東京農工大学
  8. トマト葉群および果実の形状ならびに光学的特性に与える根域冷却処理の影響について
    • 会議名称 : 日本農業気象学会北海道・東北支部合同大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年11月25日~2008年11月26日
    • 発表者 : 吉田知夏, 庄野浩資, 藤村恵人, 松嶋卯月, 岡田益己
    • 主催者 : 日本農業気象学会北海道・東北支部
  9. 切り花リンドウの成熟度判定における分光および偏光画像情報の有効性の検討
    • 会議名称 : 農業環境工学関連学会2009年合同大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月15日~2009年9月18日
    • 発表者 : 庄野浩資、芹沢和洋、山口香子、関朝美
    • 開催場所 : 東京大学駒場キャンパス
  10. 切り花リンドウ花冠の紫外線輝度値と体内水分との関連性について
    • 会議名称 : 日本農業気象学会東北支部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年8月19日~2010年8月20日
    • 発表者 : 牛草貴行,庄野浩資,松嶋卯月,岡田益己
    • 開催場所 : 北里大学(十和田市)
  11. 根域冷却処理がトマト葉の光合成色素含量ならびに光合成活性に与える影響
    • 会議名称 : 日本農業気象学会東北支部2011年大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年11月7日
    • 発表者 : 庄野浩資・吉田伊織・松嶋卯月・岡田益己
    • 主催者 : 日本農業気象学会東北支部
    • 開催場所 : 山形テルサ
  12. 根域冷却開始時期の違いがトマトの収量・品質に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本農業気象学会東北支部2011年大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年11月7日
    • 発表者 : 岡田益己・白井克幸・松嶋卯月・庄野浩資
  13. 日長時間の増減がイネ穂分化に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本農業気象学会東北支部2011年大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年11月7日
    • 発表者 : 岡田益己・加藤史之・有賀秀陽・横井修司・松嶋卯月・庄野浩資
  14. リンドウ花冠の成熟過程における分光反射特性の変動ならびにその部位・品種間差
    • 会議名称 : 農業環境工学関連学会2012年合同大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月11日~2012年9月14日
    • 発表者 : 庄野浩資
  15. キュウリホモプシス根腐病が葉の生育状態に及ぼす影響
    • 会議名称 : 2012年度日本農業気象学会東北支部大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月1日~2012年11月2日
    • 発表者 : 安藤康一郎
  16. インゲンマメの微量濃度塩ストレス応答に関する研究
    • 会議名称 : 2012年度日本農業気象学会東北支部大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月1日~2012年11月2日
    • 発表者 : 武氣壮平
  17. もみ殻培地を利用した夏どりイチゴの栽培システム
    • 会議名称 : 2012年度日本農業気象学会東北支部大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月1日~2012年11月2日
    • 発表者 : 岡田益己
  18. リンドウこぶ症が地上部の生育状態に及ぼす影響
    • 会議名称 : 2013年度日本農業気象学会東北支部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年8月31日~2013年9月1日
    • 発表者 : 安藤康一郎・庄野浩資・高 橋幸子・松嶋卯月・岡田益己
  19. 気温が短日下のイネ穂分化に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本農業気象学会 全国大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年3月17日~2014年3月21日
    • 発表者 : 武氣壮平・岡田益己・横井修司・庄野浩資・松嶋卯月
  20. イネの不時出穂に及ぼす日長と温度の作用
    • 会議名称 : 日本農業気象学会 全国大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年3月17日~2014年3月21日
    • 発表者 : 岡田益己・菊地慎二・小田島芽里・庄野浩資・松嶋卯月・横井修司
  21. 四季成り性イチゴ品種の花成に及ぼす電照の作用-遠赤光が効くのか?-
    • 会議名称 : 日本農業気象学会 全国大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年3月17日~2014年3月21日
    • 発表者 : 岡田益己・伊藤篤史・松井優紀・庭田英子・岩瀬利己・松嶋卯月・庄野浩資
  22. 岩手県における農作業死亡事故の分析
    • 会議名称 : 平成26年度農業機械学会東北支部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年4月1日
    • 発表者 : 武田純一,相場優志,立身政信,庄野浩資,小出章二,折笠貴寬
  23. 畝を有する圃場における農用車両の自立走行
    • 会議名称 : 農業食料工学会第73回年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年5月16日~2014年5月19日
    • 発表者 : 武田純一,伊藤浩明,小出章二,折笠貴寛,庄野浩資
    • 主催者 : 農業食料工学会
  24. 急傾斜地用農業機械の開発について
    • 会議名称 : 農業食料工学会第73回年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年5月16日~2014年5月19日
    • 発表者 : 高橋敏明,武田純一,折笠貴寛,小出章二,庄野浩資
    • 主催者 : 農業食料工学会
  25. 塩水を用いたコマツナの湛水栽培 -栽培可能な塩濃度および培地の条件-
    • 会議名称 : 農業環境工学関連5学会2015年合同大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月14日
    • 発表者 : 松嶋 卯月,庄野 浩資,高橋 美誉,岡田 益己
  26. 農作業事故対面調査による事故分析
    • 会議名称 : 農業環境工学関連5学会2015年合同大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月14日
    • 発表者 : 武田 純一 ,立身 政信,島津 貴悠,扇 次郎,小出 章二,折笠 貴寛,庄野 浩資
  27. 塩水を用いた湛水栽培におけるコマツナ根系の役割
    • 会議名称 : 農業環境工学関連5学会2015年合同大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月14日
    • 発表者 : 松嶋 卯月,庄野 浩資,小川 明子,岡田 益己
学術関係受賞
  1. 日本生物環境調節学会奨励賞
    • 受賞年月日 : 1997年1月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 庄野 浩資
  2. 農業情報学会学術奨励賞
    • 受賞年月日 : 2007年9月11日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 庄野浩資
    • 内容 :
      「高品質栽培のための植物生育状態の近接光画像計測に関する研究」近接距離から撮影した画像情報や分光情報を駆使して、収穫前の植物の生育状態や、収穫後の鮮度の低下状況を推定する技術に関する研究
  3. 農業情報学会論文賞
    • 受賞年月日 : 2013年5月15日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 庄野 浩資
工業所有権
  1. 水ポテンシャル測定方法及び水ポテンシャル測定装置
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2011年4月19日
    • 出願番号 : 特願2011-92874
  2. 受粉蕾の検出方法及び装置
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 登録日 : 2011年10月14日
    • 登録番号 : 特許第4839441
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2006年4月~2007年3月
  2. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2007年4月~2008年3月
  3. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2008年4月~2009年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2008年度・2,300,000円・390,000円
      2009年度・700,000円・210,000円
      2010年度・700,000円・210,000円
  4. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2009年4月~2010年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2008年度・2,300,000円・390,000円
      2009年度・700,000円・210,000円
      2010年度・700,000円・210,000円
  5. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2010年4月~2011年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2008年度・2,300,000円・390,000円
      2009年度・700,000円・210,000円
      2010年度・700,000円・210,000円
奨学寄附金等
  1. 財団法人 新技術開発財団 植物研究助成金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 財団法人 新技術開発財団
    • 寄附金額 : 1,500,000円
    • 寄附年月 : 2012年6月1日
所属学会・委員会
  1. 農業情報学会 (2000年1月1日~継続中)
  2. 日本生物環境調節学会 (1991年1月1日~2008年1月1日)
  3. 日本農業気象学会 (1991年1月1日~継続中)
  4. 日本生物環境工学会 (2008年1月1日~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 日本生物環境調節学会 農業環境工学関連5学会2003年合同大会事務局長(2003年9月8日~2003年9月11日)
  2. 日本農業気象学会 編集委員(2001年6月28日~2005年9月14日)
  3. 農業情報学会 評議員(2004年4月~継続中)
  4. 農業情報学会 編集委員(2007年1月~継続中)
  5. 日本生物環境工学会 評議員(2009年1月~継続中)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 農業環境工学関連5学会2003年合同大会 (2003年9月)
    • 参加者数 : 1000人
  2. 屋外環境下における作物生産のモニタリングと制御-新しい技術パラダイムを目指して- (2003年9月)
    • 参加者数 : 300人
  3. 平成18年度日本農業気象学会東北支部会 (2006年11月)
    • 参加者数 : 100人
  4. シンポジウム 生物の温度・ストレス反応-最近の話題から- (2006年11月)
    • 参加者数 : 100人
  5. 盛岡高等農林学校 関豊太郎教授記念シンポジウム (2007年9月)
    • 参加者数 : 100人
  6. 農業環境工学関連5学会2015年合同大会 (2015年9月)
    • 参加者数 : 600人
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. 農業機械学会 [査読 (2006年12月)]
  2. 農業情報研究 [査読 (2013年1月)]
その他研究成果の特記すべき事項
  1. 2008年度
    • イノベーション・ジャパン 2008‐大学見本市に自分の研究成果を岩手大学の代表として出展した.詳細は,以下の採択結果の連絡メールを参照されたい.
      ーーーー
      庄野先生、江本先生
      (cc:地域連携推進センター各位)

      地域連携推進センターの対馬です。いつもお世話になっております。
      9月16日-18日に東京で開催されるイノベーションジャパンでの展示ブースへの
      採択結果が届きましたので転送いたします。
      江本先生におかれましては残念でしたが、別な機会にPRをしていきたいと思います。
      庄野先生におかれましては、開催が近づきましたらパネル等の展示物の打ち合わせを
      させていただきたく、その節はよろしくお願い申し上げます。



      採 択:農学部 庄野先生「受粉蕾検出技術による花卉選別装置」
活動履歴
  1. 2004年度
    • 教務委員会
  2. 2005年度
    • 情報システム委員会
    • 生物環境制御室運営委員会
  3. 2006年度
    • 情報処理部門会議
    • 戦略企画・評価室
    • 情報システム委員会
  4. 2007年度
    • 学科・課程等での業務分担
  5. 2008年度
    • 学科・課程等での業務分担
    • 生物環境制御室運営委員会
    • 自然エネルギー利用温室運営委員会
  6. 2009年度
    • 学科・課程等での業務分担
    • 広報委員会
  7. 2010年度
    • 広報委員会
    • 情報処理センター コンピュータシステム仕様策定委員
  8. 2011年度
    • 入学者選抜委員会
    • 大学教育総合センター入試部門会議
  9. 2012年度
    • 入学者選抜委員会
    • 入試部門会議
  10. 2013年度
    • 就職委員会
その他の大学運営活動
  1. 2007年度
    • 農学生命課程公式ホームページ作成に関するとりまとめ役
  2. 2010年度
    • コンピュータシステム仕様策定委員
  3. 2011年度
    • コンピュータシステム仕様策定委員
  4. 2012年度
    • 三陸復興支援事業
      農地復興班(土壌調査班)
  5. 2013年度
    • 三陸復興支援事業
      農地復興班(土壌調査班)
    • 就職委員として県内5社の企業を訪問し,人事担当者と面談した。

      その際,岩手大学の学生の優秀さをアピールし,積極的な採用をお願いした。

      また,各企業の業界の景気状況や,採用状況について情報を収集した。