サブメニュー
更新日 : 2018年11月23日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名小林 宏一郎 (KOBAYASHI Koichiro)
所属専攻講座岩手大学 理工学部 システム創成工学科 電気電子通信コース
職名教授
生年月日
研究室電話番号
研究室FAX番号
連絡先住所020-8551 岩手県 盛岡市上田4-3-5
研究室小林研究室
ホームページアドレスhttp://kobayashilab.eec.iwate-u.ac.jp/
出身大学
  1. 東京電機大学 理工学部 応用電子工学科
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1992年3月
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 東京電機大学 理工学研究科 応用電子工学専攻
    • 大学院課程 : 修士課程
    • 修了年月日 : 1994年3月
    • 修了区分 : 修了
取得学位
  1. 博士(工学)
    • 学位の分野 : 医用生体工学・生体材料学
    • 学位授与機関 : 東京電機大学
    • 取得年月日 : 1998年1月1日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 工学部 福祉システム工学科 福祉基盤工学 (廃止組織)
    • [本務] 講師 (2002年1月1日~2003年3月31日)
  2. 岩手大学 工学部 福祉システム工学科 福祉基盤工学 (廃止組織)
    • [本務] 助教授 (2003年4月1日~2007年3月31日)
  3. 岩手大学 工学部 (廃止組織)
    • [本務] 准教授 (2007年4月1日~2015年5月31日)
  4. 岩手大学 工学部 電気電子・情報システム工学科 (廃止組織)
    • [本務] 教授 (2015年6月1日~継続中)
専門分野(科研費分類)
  1. 医用生体工学・生体材料学
  2. 計測工学
研究分野を表すキーワード
  1. 生体磁気計測
  2. 磁気計測
  3. 電子計測工学
可能な出前講義
  1. 生体磁気計測 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      人間から発生する磁界の仕組みとSQUID磁束計の概要を紹介する。さらに、研究中の生体磁気計測について、紹介する。
メッセージ
生体の電気・磁気計測を用いた製品評価など共同研究を募集しています。
担当授業科目
  1. 2004年度
    • 数値計算法
    • 信号処理論
    • メディカルエレクトロニクス
    • 制御システム工学
    • 福祉電子デバイス特論
    • 福祉医療計測法特論
  2. 2005年度
    • 数値計算法
    • 信号処理論
    • 福祉電子デバイス特論
    • 福祉医療計測法特論
  3. 2006年度
    • メディカルエレクトロニクス
    • 福祉電子デバイス特論
    • 福祉医用機器工学特論
    • 生体磁気デバイス特論
  4. 2007年度
    • メディカルエレクトロニクス
    • 信号処理論
    • 電子回路
    • 福祉工学実験Ⅰ
    • 福祉工学実験Ⅱ
    • 福祉医療計測法特論
    • 福祉応用電子工学Ⅱ
  5. 2008年度
    • メディカルエレクトロニクス
    • 福祉医用機器工学特論
    • 福祉工学実験Ⅰ
    • 福祉工学実験Ⅱ
    • 英語研修
    • 信号処理論
  6. 2009年度
    • メディカルエレクトロニクス
    • 生体計測工学特論
    • 福祉工学実験Ⅰ
    • 福祉工学実験Ⅱ
    • 英語研修
    • 信号処理論
    • 電子回路
  7. 2016年度
    • 制御システム基礎論
    • 生体磁気デバイス工学特論
    • 電気電子計測学
    • 電子計算機処理システム
    • 生体計測工学特論
    • 卒業研究
    • 電気電子・情報システム工学特別研修
    • 電気電子・情報システム工学特別研究
    • 電気電子・情報システム工学特別演習
    • 電気電子・情報システム工学特別研修
    • 電気電子・情報システム工学特別講義
  8. 2017年度
    • 制御システム基礎論
    • 生体計測工学特論
    • 生体磁気デバイス工学特論
    • 計測システム工学特論
    • 電気電子計測学
    • 電子計算機処理システム
    • 電気電子計測学
    • 卒業研究
    • 電気電子・情報システム工学特別研修
    • 電気電子・情報システム工学特別研究
    • 電気電子・情報システム工学特別演習
    • 電気電子・情報システム工学特別研修
    • 電気電子・情報システム工学特別講義
    • 医用理工学特論
    • システム創成特論
授業評価
  1. 2007年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 理解の内容を確認しながら、講義内容を変更して行った。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 対話型の講義形式を行い、考える力を養うことに努力した。
  2. 2010年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 理解の内容を確認しながら、講義内容を変更して行った。
      レポートを与えて、家庭学習を促した。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 対話型の講義形式を行い、考える力を養うことに努力した。
      プレゼンテーションを行わせて、発表の訓練を行った。
  3. 2011年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 理解の内容を確認しながら、講義内容を変更して行った。
      レポートを与えて、家庭学習を促した。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 対話型の講義形式を行い、考える力を養うことに努力した。
      プレゼンテーションを行わせて、発表の訓練を行った。
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2005年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 4人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 3人
    • 学位論文審査(修士・主査) 5人
  2. 2006年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 4人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 3人
  3. 2007年度
    • 卒業研究指導(学部) 5人
    • 研究指導(修士・主任指導) 5人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 3人
    • 学位論文審査(修士・主査) 9人
  4. 2008年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 5人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(博士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 1人
  5. 2009年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 8人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 4人
    • 学位論文審査(修士・主査) 9人
  6. 2010年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 学部研究生 1人
    • 研究指導(修士・主任指導) 8人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 3人
    • 学位論文審査(修士・主査) 3人
    • 学位論文審査(修士・副査) 5人
  7. 2011年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 8人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 4人
    • 学位論文審査(修士・主査) 4人
    • 学位論文審査(修士・副査) 4人
    • 学位論文審査(博士・主査) 1人
  8. 2013年度
    • 卒業研究指導(学部) 5人
    • 学位論文審査(学部・主査) 5人
    • 研究指導(修士・主任指導) 5人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 4人
    • 学位論文審査(修士・主査) 4人
    • 学位論文審査(修士・副査) 6人
教育研究会における発表
  1. FD参加
    • 教育研究会名 :
      学生指導担当教職員研修会(岩手山青年交流の家)
    • 開催年月 : 2011年11月
  2. FD参加
    • 教育研究会名 :
      FD合宿研修会
    • 開催年月 : 2013年8月
  3. 学士課程教育における電気電子工学分野の参照基準案
    • 教育研究会名 :
      日本学術会議 電気電子工学委員会公開シンポジウム
    • 開催年月 : 2014年7月
教育活動のその他の事項
  1. 2010年度
    • その他
      モノづくりEFの新聞社取材(新聞に掲載される) 2010,11,11
研究経歴
  1. 生体磁気計測(1995年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : SQUID磁束計,
    • 専門分野(科研費分類) :
      医用生体工学・生体材料学計測工学
    • 研究様態 : 未設定
    • 研究制度 : 基礎科学研究
    • 研究活動内容 :
論文
  1. 三次元磁界計測用39ch SQUIDs磁束計を用いた生体磁気計測システムの開発 [電気学会論文誌E, 118(11), (1998年11月), pp.524-531] 小林宏一郎,内川義則,山崎慶太,山田康晴
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Estimation of multiple sources using a three-dimensional vector measurement of a magnetoencephalogram [American Institute of Physics, Journal of Applied Physics, 83(11), (1998年11月), pp.6462-6464] Koichiro Kobayashi, Yoshinori Uchikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. Development of a high spatial resolution SQUID magnetometer for biomagnetic measurement [IEEE Trans. Magnetics, 39(5), (2003年5月), pp.3378-3380] Koichiro Kobayashi, Yoshinori Uchikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. Visualization of the current density distribution for MCG with WPW syndrome patients using independent component analysis [IEEE Trans. Magnetics, 40(4), (2004年4月), pp.2970-2972] K. Kobayashi, Y. Uchikawa, K. Nakai, M. Yoshizawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. SQUID用ダブルカウンタ方式によるデジタルFLLシステムの開発 [日本応用磁気学会誌, 29(3), (2005年3月), pp.351-355] 小山大介,小林宏一郎,吉澤正人,清水隆行,中居賢司,内川義則
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. 休止時間を含んだ刺激方法における3-D SEFの刺激周波数-位相特性の検討 [日本応用磁気学会誌, 29(4), (2005年4月), pp.504-508] 大輪正弘,金鳳洙,小林宏一郎,宮永裕樹,綾部孝,内川義則
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. 三次元磁界計測を用いた健常者の運動負荷MCGの時空間データ解析 [日本応用磁気学会誌, 29(4), (2005年4月), pp.498-503] 大芦和広,金鳳洙,熊木邦知,内川義則,小林宏一郎
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. 独立成分分析を用いた三次元心磁図解析 [日本応用磁気学会誌, 29(5), (2005年5月), pp.598-602] 小越正史,金鳳洙,黒川晋平,熊木邦知,小林宏一郎,吉澤正人,中居賢司,内川義則
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Evaluation of Damage in DNA Molecules Caused by Very-Low-Frequency Magnetic Fields Using Bacterial Cells [IEICE Trans. On Communications, 88-B(8), (2005年8月), pp.3249-3256] A. Haga, Y. Kumagai, H. Matsuki, G. Endo, A. Igarashi, K. Kobayashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Long-range EEG phase synchronization during an arithmetic task indexes a coherent cortical network simultaneously measured by fMRI [NeuroImage, 27, (2005年9月), pp.553-563] H. Mizuhara, L. Wang, K. Kobayashi, Y. Yamaguchi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. The Rejection of Magnetic Noise from The Wire Using Independent Component Analysis for Magnetocardiogram [IEEE Trans. Magnetics, 41(10), (2005年10月), pp.4152-4154] K. Kobayashi, Y. Uchikawa, T. Simizu, K. Nakai, M. Yoshizawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. Incremental Permeability of Mu-Metal in Low Magnetic Fields for Design of Multi-Layer-Type Magnetically-Shielded Rooms [IEEE Trans. Magnetics, 41(10), (2005年10月), pp.4087-4089] K. Yamazaki, K. Kato, K. Muramatsu, A. Haga, K. Kobayashi, K. Kamata, K. Fujiwara, T. Yamaguchi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. Evaluation of Damage in DNA Molecules Resulting from Very-Low-Frequency Magnetic Fields by Using Bacterial Mutation Repairing Genetic System [IEEE Trans. Magnetics, 41(10), (2005年10月), pp.4368-4370] A. Igarashi, K. Kobayashi, H. Matsuki, G. Endo, A. Haga
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. SQUID用デジタルFLLシステムの設計法に関する検討 [電気学会論文誌A, 126(5), (2006年5月1日), pp.300-305] 小山大介,小林宏一郎,清水隆行,吉澤正人,内川義則
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  15. 三次元補償コイルとICAを用いた生体磁気計測における雑音低減の検討 [日本応用磁気学会誌, 30(4), (2006年7月), pp.476-480] 黒川晋平,金鳳洙, 小林宏一郎,藤田健一,内川義則
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. Magnetic Characteristics of Architectural Materials for Non-magnetic Buildings [日本応用磁気学会誌, 30(5), (2006年9月), pp.488-491] K. Kato, K. Yamazaki, K. Kobayashi, A. Chiba
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. 心磁図に混入する手術用ワイヤから生ずる磁気ノイズの独立成分分析を用いたノイズ除去 [電気学会論文誌A, 126(9), (2006年9月), pp.925-930] 小林宏一郎,吉澤正人,中居賢司,内川義則
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. Magnetic Disturbance Due to the Hemispherical Holein the Ground for a Building at the Magnetic Test Site [IEEE Trans. Magnetics, 42(10), (2006年10月), pp.3530-3532] K. Yamazaki, Y. Hyakusoku, K. Muramatsu, H. Kitamura, K. Fujiwara, K. Kobayashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. Estimation of Multiple Sources Using Time Frequency Analysis of 3-D SEF to Finger Stimulation [IEEE Trans. Magnetics, 42(10), (2006年10月), pp.3587-3589] B. S. Kim, K. Kobayashi, Y. Uchikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. Development of Digital FLL System for SQUID Using Double Counter Method [IEEE Trans. Magnetics, 42(10), (2006年10月), pp.3539-3541] D. Oyama, K. Kobayashi, M. Yoshizawa, Y. Uchikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. 繰り返し周波数の異なる指刺激による体性感覚誘発磁界応答の検討 [日本応用磁気学会誌, 31(3), (2007年5月), pp.297-301] 宮崎倫理,金鳳洙,川瀬啓,内川義則,小林宏一郎
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  22. Open-Type Magnetically Shielded Room Using Only Canceling Coil Without a Ferromagnetic Wall for Magnetic Resonance Imaging [IEEE Trans. Magnetics, 43(6), (2007年6月), pp.2480-2482] K. Yamazaki, S. Hirosato, K. Muramatu, M. Hirayama, K. Kamata, T. Onoki, K. Kobayashi, A. Haga, K. Katada, Y. Kinomura, Y. Kuwayama
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  23. 三次元補償コイルと適応フィルタによる生体磁気の雑音処理法の検討 [日本応用磁気学会誌, 31(4), (2007年7月), pp.380-384] 藤田健一,金鳳洙,内川義則,小林宏一郎
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  24. 運動負荷3-D MCGのST分節の検討 [日本磁気学会, 32(1), (2008年1月), pp.36-41] 小山大輔,金鳳洙,寒河江健,内川義則,小林宏一郎
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  25. アナログフィードバックを併用したデジタルFLL回路の開発 [日本磁気学会誌, 32(2), (2008年3月), pp.92-96] 1. 小山大介,小林宏一郎,吉澤正人,内川義則,S. Hattersley,Q. Pankhurst
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  26. Assessment of fetal autonomic nervous system activity by fetal magnetocardiography [Clinical Medicine: Cardiology, (2), (2008年3月), pp.33-39] A. Fukushima, K. Nakai, M. Itho, H. Horigome, A. Suwabe, K. Tohyama, K. Kobayashi, M. Yoshizawa, T. Sugiyama
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  27. 視覚情報の差異に伴う心的活動変化の自発脳波律動に基づく評価の試み [日本人間工学会, 44(2), (2008年4月1日), pp.67-75] 加藤和夫,志子田有光,望月菜穂子,石川敦雄,小林宏一郎,小林哲生
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  28. EB装置用アクティブ磁気シールドの遮蔽効果の評価 [日本磁気学会誌, 32(3), (2008年5月1日), pp.386-391] 山崎慶太,小野木和了,小林宏一郎,村松和弘,芳賀昭
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  29. As-grown MgB2 薄膜を用いたDC-SQUIDの作成 [低温工学, 43(8), (2008年8月), pp.355-359] 原田善之,小山大介,藤根陽介,後藤俊介,池田健,中嶋俊明,目黒和幸,小林宏一郎,吉澤正人
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  30. 周波数の異なる薬指刺激による三次元SEFの応答特性の検討 [日本磁気学会誌, 32(5), (2008年9月1日), pp.528-533] 川瀬啓,金鳳洙,石原慎一,内川義則,小林宏一郎
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  31. Open-Type Magnetically Shielded Room Combined With Square Cylinders Made of Magnetic and Conductive Materials for MRIs [IEEE Trans. Magnetics, 44(11), (2008年11月1日), pp.4183-4186] Keita Yamazaki, Shigetaka Hirosato, Kiyotaka Kamata, Kazuhiro Muramatsu, Koichiro Kobayashi, and Akira Haga
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  32. A newly designed and constructed 20 kHz magnetic field exposure facility for in vivo study [Bioelectromagnetics, (Wiley-Liss), 30, (2009年1月), pp.36-44] Tsukasa Shigemitsu, Tadashi Negishi, Keita Yamazaki, Yoshinobu Kawahara, Akira Haga, Koichiro Kobayashi, Kazuhiro Muramatsu
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  33. 安静および運動負荷における三次元心磁図と体表面電位図の特異値分解を用いた解析 [日本磁気学会誌, 33(3), (2009年5月1日), pp.347-352] 星野 裕介, 田中 慶太, 粟野 真太郎, 飯島 健太, 藤村 和也, 内川 義則, 小林 宏一郎
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  34. 時間-周波数解析を用いた脳磁界計測の複数信号成分の弁別 [日本磁気学会誌, 33(3), (2009年5月1日), pp.341-346] 佐野 充, 田中 慶太, 内川 義則, 桜井 瞬, 渡辺 理, 金 鳳洙, 小林 宏一郎
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  35. Mobile High-Tc SQUID System for MCG Measurement [IEEE Trans. Applied Superconductivity, 19(3), (2009年6月1日), pp.871-873] D. Oyama, K. Kobayashi, M. Yoshizawa, Y. Uchikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  36. Design and Construction Method of an Open-Type Magnetically Shielded Room for MRI Composed of Magnetic Square Cylinders [IEEE Trans. Magnetics, 45(10), (2009年10月1日), pp.4636-4639] S. Hirosato, K. Yamazaki, Y. Haraguchi, K. Muramatsu, A. Haga, K. Kamata, K. Kobayashi, A. Matsuura, H. Sasaki
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  37. Magnetic Noise Due to Sound of Footsteps on Wooden Free-Access Floor Outside a Magnetically Shielded Room for Biomagnetic and Nondestructive Measurements [IEEE Trans. Magnetics, 45(10), (2009年10月1日), pp.4644-4647] K. Yamazaki, T. Abe, Y. Terazono, N. Fujimaki, T. Murata, D. Oyama, K. Kobayashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  38. 体性誘発脳磁界の電気回路モデルによる検討 [電気学会論文誌C, 130(2), (2010年2月1日), pp.242-248] 石原慎一,田中慶太,内川義則,小林宏一郎
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  39. Influences of Air Fluctuation and Mechanical Vibration on Magnetic Noise in a Magnetically-Shielded Room [Journal of the Magnetics Society of Japan, 34(2), (2010年3月1日), pp.107-114] T. Abe, K. Yamazaki, Y. Terazono, N. Fujimaki, T. Murata, D. Oyama, and K. Kobayashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  40. 心磁図における独立成分分析を用いた環境磁気ノイズ除去―成分選択と縮約次元数決定の自動化― [日本磁気学会誌, 34(2), (2010年3月1日), pp.156-160] 小林宏一郎,小山田健太,吉澤正人,内川義則
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  41. 心磁図のICA を用いた環境磁気ノイズ除去におけるパラメータ決定の検討 [日本磁気学会誌, 34(2), (2010年3月1日), pp.146-150] 小山田健太,小林宏一郎,吉澤正人,内川義則
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  42. 体性誘発脳磁界の電気回路モデルによる検討 [日本磁気学会誌, 34(2), (2010年3月1日), pp.151-155] 粟野真太郎,田中慶太,藤村和也,岩崎秀明,内川義則,小林宏一郎
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  43. 電子回路モデルを用いた体性感覚誘発脳磁界応答の一考察 [Journal of the Magnetics Society of Japan, 34(3), (2010年5月1日), pp.431-435] 渡辺理,田中慶太,大貫和仁,宮村昂宏,内川義則,小林宏一郎
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  44. 高帯域フィードバック回路を用いたSQUID磁束計における高周波ノイズ影響の緩和 [Journal of the Magnetics Society of Japan, 34(3), (2010年5月1日), pp.444-448] 小山大介,宮本政和,樋口正法,上原弦,賀戸久,小林宏一郎
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  45. 複素コヒーレンシー解析を用いたMCG解析の有用性の検討 [Journal of the Magnetics Society of Japan, 34(3), (2010年5月1日), pp.463-468] 藤村和也,田中慶太,粟野真太郎,岩崎秀明,内川義則,小林宏一郎
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  46. Impedance Measurement Using a Resonance Circuit for Detecting Steel Bars and Cables inside Pliable Plastic Conduit Tubes Buried in Concrete Walls and Slabs [IEEE Trans. Magnetics, 46(6), (2010年6月1日), pp.1963-1966] K. Yamazaki, K. Ishikawa, A. Haga, K. Muramatsu, K. Kobayashi, H. Sasaki
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  47. 三次元生体磁界に対する周波数及び位相解析を用いた複数信号源の弁別 [Journal of the Magnetics Society of Japan, 35(3), (2011年5月1日), pp.312-318] 岩崎秀明, 田中慶太, 片山翔太, 内川義則, 小林宏一郎
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  48. 胎児心磁図における独立成分分析とWiener filterを用いたノイズ除去 [Journal of the Magnetics Society of Japan, 35(3), (2011年5月1日), pp.308-311] 佐藤嘉輝,小林宏一郎,中居賢司,福島明宗,吉澤正人,内川義則
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  49. Design Method for Realization of Open-Type Magnetically Shielded Room Composed of Magnetic Square Cylinders for MRI [IEEE Trans. Magnetics, 47(5), (2011年5月1日), pp.954-957] S. Hirosato, K. Yamazaki, Y. Haraguchi, Y. Gao, K. Muramatsu, A. Haga, K. Kamata, H. Sasaki, K. Kobayashi
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  50. Electric Current Imaging by Ultrasonography and SQUID Magnetometry [IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 21(3), (2011年6月1日), pp.440-443] D. Oyama, M. Higuchi, Y. Adachi, J. Kawai, G. Uehara, H. Kado, K. Kobayashi
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  51. コンクリート内の鉄筋及び配線の非破壊検査法 -コンクリート試験体を用いた実験結果- [Journal of the Magnetics Society of Japan, 35(4), (2011年7月1日), pp.390-393] 佐々木 仁望, 小林 宏一郎, 畠山 真紀, 柴田 和喜, 芳賀 昭, 山崎 慶太
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  52. 磁束制御による磁性体角筒を用いた開口型磁気シールドルームの開放性向上のための基礎的検討 [Journal of the Magnetics Society of Japan, 35(5), (2011年9月1日), pp.420-424] 広里成隆, 山崎慶太, 鶴田壮広, 原口優, 小坂光義, 高炎輝, 村松和弘, 小林宏一郎
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  53. インピーダンス計測によるコンクリートの含水率・含有塩化物量の非侵襲測定に関する基礎的研究 [日本建築学会構造系論文集, 76(668), (2011年10月1日), pp.1773-1779] 山崎慶太,三井健郎,小林宏一郎,芳賀昭,村松 和弘
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  54. Wide dynamic range analog FLL system using high-Tc SQUID for biomagnetic measurements [IEEE Trans. Magnetics, 47(10), (2011年10月1日), pp.2871-2873] K. Kobayashi, M. Yoshizawa, Y. Uchikawa
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  55. 心磁図の空間フィルタ法を用いた推定解の広がりに関する研究 [Journal of the Magnetics Society of Japan, 36(3), (2012年5月1日), pp.272-276] 照澤 良祐, 小林 宏一郎, 吉澤 正人, 内川 義則
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  56. 体性感覚誘発応答の電子回路モデルによる検討 [Journal of the Magnetics Society of Japan, 36(5), (2012年9月1日), pp.318-322] 小林一喜,田中慶太,内川義則,小林宏一郎
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  57. 脳磁図用リアルタイム頭部位置観測装置の開発 [Journal of the Magnetics Society of Japan, 36(6), (2012年11月1日), pp.345-351] 小山 大介,足立 善昭,樋口 正法,河合 淳,宮本 政和,小林 宏一郎,上原 弦
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  58. Active Magnetic Shielding using Symmetric Magnetic Field Sensor Method [IEEE Trans. Magnetics, 48(11), (2012年11月1日), pp.4554-4557] K. Kobayashi, A. Kon, M. Yoshizawa, Y. Uchikawa
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  59. Real-time coil position monitoring system for biomagnetic measurements [Physics Procedia, 36, (2012年12月1日), pp.280-285] D. Oyama, Y. Adachi, M. Higuchi, J. Kawai, K. Kobayashi, G. Uehara
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読無し
  60. Rejection of Wire-induced Magnetic Noise Using Wavelet Transformation and Independent Component Analysis for Magnetocardiogram [Journal of the Magnetics Society of Japan, 37(3-2), (2013年5月1日), pp.299-302] K. Kobayashi, M. Yoshizawa, D. Oyama, Y. Uchikawa
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  61. Wide dynamic range analog flux-locked loop system using Low-Tc SQUID for MCG measurements without MSR [IEEE Trans. Magnetics, 50(11), (2014年11月1日), pp.5001003-5001003] K. Kobayashi, M. Yoshizawa, D. Oyama, Y. Uchikawa
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  62. コンクリートの電気的特性を応用したコンクリート中の塩化物濃度の評価法 [コンクリート工学論文集, 27, (2016年5月1日), pp.25-31] 小林宏一郎、高橋 秀、山崎慶太、小山田哲也
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  63. Automatic component selection for noise reduction in magnetocardiograph based on independent component analysis [Journal of the Magnetics Society of Japan, 41(2), (2017年3月1日), pp.41-45] M. Iwai, K. Kobayashi, M. Yoshizawa, Y. Uchikawa, F. M. Bui
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  64. Development of SQUID Magnetometer With Direct-Feedback Noise Cancellation for Magnetocardiogram Without Magnetically Shielded Room [IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 27(4), (2017年6月1日), pp.1601504-1601504] K. Kobayashi, M. Yoshizawa, D. Oyama
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  65. Simulation of Extended Source Localization using sLORETA Method for Magnetocardiography [Journal of the Magnetics Society of Japan, 41(4), (2017年7月1日), pp.75-80] W. Sun and K. Kobayashi
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  66. Dimensional contraction by principal component analysis as preprocessing for independent component analysis at MCG [Biomedical Engineering Letters, 7(3), (2017年8月1日), pp.221-227] M. Iwai, K. Kobayashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  67. Estimation of Magnetocardiography Current Sources using Reconstructed Magnetic Field Data [IEEE Trans. Magnetics, 53(11), (2017年11月1日), pp.5001003-] W. Sun and K. Kobayashi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  68. ファン付き作業服が建設作業員の生理・心理反応に及ぼす影響と他の要因に関する研究 [日本建築学会環境系論文集, 83(747), (2018年5月30日), pp.453-463] 山﨑 慶太, 菅 重夫, 高橋 直, 桒原 浩平, 小林 宏一郎
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  69. 人工気候室での模擬作業がファン付き作業服を着用した建設作業員の生理・心理反応に及ぼす影響 [日本建築学会環境系論文集, 83(748), (2018年6月30日), pp.543-553] 山﨑 慶太, 菅 重夫, 高橋 直, 桒原 浩平, 小林 宏一郎
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 入門磁気活用技術 [工業調査会 (2005年6月1日)] 能登宏七ほか
    • 著書種別 : 学術著書
  2. SUPERCONDUCTORS –PROPERTIES,TECHNOLOGY, AND APPLICATIONS [InTech (2012年4月20日)] Yoshitomo Harada, Koichiro Kobayashi, Masahito Yoshizawa
    • 著書種別 : 学術著書
総説・解説記事
  1. 微弱磁界計測のための低周波環境磁界計測と解析 [日本応用磁気学会, 日本応用磁気学会誌, 25(10), (2001年10月), pp.1524-1528] 小林宏一郎,山崎慶太
    • 掲載種別 : その他
  2. Three-Dimensional MEG Measurement [日本応用磁気学会, Trans. of the Magnetics Society of Japan, 4(3), (2004年3月), pp.74-77] Y. Uchikawa and K. Kobayashi
    • 掲載種別 : その他
  3. 脳磁図における三次元磁気計測 [電気学会, 電気学会論文誌E, 124(6), (2004年6月), pp.199-202] 小林 宏一郎, 内川 義則
    • 掲載種別 : その他
  4. 「環境磁気ノイズと磁気シールド技術I」,電車に起因する磁界変動 [日本応用磁気学会, 日本応用磁気学会誌, 29(4), (2005年4月), pp.405-415] 山崎慶太,小林宏一郎
    • 掲載種別 : その他
  5. 「環境磁気ノイズと磁気シールド技術II」,生体磁気計測用磁気シールドルームの性能と設計指針No.1 [日本応用磁気学会, 日本応用磁気学会誌, 29(6), (2005年6月), pp.632-639] 山崎慶太,小林宏一郎
    • 掲載種別 : その他
  6. 「環境磁気ノイズと磁気シールド技術III」,生体磁気計測用磁気シールドルームの性能と設計指針No.2 [日本応用磁気学会, 日本応用磁気学会誌, 29(8), (2005年8月), pp.794-803] 山崎慶太,小林宏一郎
    • 掲載種別 : その他
  7. 「環境磁気ノイズと磁気シールド技術IV」,生体磁気計測用磁気シールドルームの性能と設計指針No.3 [日本応用磁気学会, 日本応用磁気学会誌, 29(10), (2005年10月), pp.926-934] 山崎慶太,小林宏一郎
    • 掲載種別 : その他
  8. 「環境磁気ノイズと磁気シールド技術V」,アクティブ磁気シールドの種類と性能 [日本応用磁気学会, 日本応用磁気学会誌, 29(12), (2005年12月), pp.1047-1056] 山崎慶太,小林宏一郎
    • 掲載種別 : その他
  9. 「環境磁気ノイズと磁気シールド技術VI」,宇宙研究施設における零磁場空間 [日本応用磁気学会, 日本応用磁気学会会報(まぐね), 1(2), (2006年2月), pp.77-89] 山崎慶太,小林宏一郎,百束泰俊
    • 掲載種別 : その他
  10. 生体磁気の計測と解析に関する研究 [日本金属学会, 日本金属学会会報(まてりあ), 46(3), (2007年3月1日), pp.207-210] 小林宏一郎
    • 掲載種別 : その他
  11. 心磁図計測における磁気ノイズとその対策 [ミマツコーポレーション, 電磁環境工学情報EMC, 20(4), (2007年8月5日), pp.77-87] 小林宏一郎,内川義則,山崎慶太
    • 掲載種別 : その他
  12. 生体センシング実験室 第6回お風呂で非接触心拍解析 [CQ出版社, Interface, 42(5), (2016年5月1日), pp.111-114] 上田智章、小林宏一郎、大川井宏明
    • 掲載種別 : その他
研究発表
  1. Parameters decision of noise rejection using independent component analysis for low SNR magnetocardiogram
    • 会議名称 : 日本生体医工学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年6月25日~2010年6月27日
    • 発表者 : 小林宏一郎,小山田健太,吉澤正人,内川義則
  2. アナログ型高ダイナミックレンジFLL回路の開発
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年7月29日~2010年7月30日
    • 発表者 : 小林宏一郎,中嶋俊明,小山大介,吉澤正人,内川義則
  3. 超音波画像装置をSQUID磁束計による電流の同時観測
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年7月29日~2010年7月30日
    • 発表者 : 小山大介,樋口正法,足立善昭,河合淳,上原弦,賀戸久,小林宏一郎
  4. 64チャンネ心磁図による胎児不整脈の診断とその治療
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年7月29日~2010年7月30日
    • 発表者 : 福島明宗,寺田幸,金杉知宣,中居賢司,伊藤学,小林宏一郎,吉澤正人
  5. SQUID磁束計と超音波画像装置の同時計測による電流源描画
    • 会議名称 : 日本磁気学会学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月4日~2010年9月7日
    • 発表者 : 小山大介,樋口正法,足立善昭,河合淳,上原弦,賀戸久,小林宏一郎
  6. 胎児心磁図における独立成分分析を用いたノイズ除去
    • 会議名称 : 日本磁気学会学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月4日~2010年9月7日
    • 発表者 : 佐藤嘉輝,小林宏一郎,中居賢司,福島明宗,吉澤正人,内川義則
  7. 移動する磁性体が作り出す変動磁界の遮蔽方法に関する検討Ⅱ
    • 会議名称 : 日本磁気学会学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月4日~2010年9月7日
    • 発表者 : 山崎慶太,林周,平田恵啓,小林宏一郎
  8. コンクリート内の鉄筋及び配線の非破壊検査法 その1.コイルのQ値向上の検討
    • 会議名称 : 日本磁気学会学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月4日~2010年9月7日
    • 発表者 : 柴田和喜,芳賀昭,佐々木仁望,小林宏一郎,山崎慶太
  9. コンクリート内の鉄筋及び配線の非破壊検査法 その2.コンクリート試験体を用いた実験結果
    • 会議名称 : 日本磁気学会学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月4日~2010年9月7日
    • 発表者 : 佐々木仁望,小林宏一郎,柴田和喜,芳賀昭,山崎慶太
  10. SQUID磁束計用デジタルFLL回路の高速化
    • 会議名称 : 日本生体医工学会東北支部大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年11月20日
    • 発表者 : 高坂あすみ,小林宏一郎,吉澤正人,内川義則
  11. インピーダンス計測によるコンクリート含有塩化物濃度の非侵襲測定-その1.含水率の影響評価-
    • 会議名称 : 電気学会全国大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月16日~2011年3月18日
    • 発表者 : 山崎慶太,三井健郎,辻大二郎,佐々木仁望,小林宏一郎,芳賀昭,嶺岸茂樹
  12. インピーダンス計測によるコンクリート含有塩化物濃度の非侵襲測定-その2.等価回路の推定と塩化物濃度の評価-
    • 会議名称 : 電気学会全国大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月16日~2011年3月18日
    • 発表者 : 佐々木仁望,小林宏一郎,山崎慶太,三井健郎,芳賀昭,嶺岸茂樹,村松和弘
  13. 磁性体角筒を用いた開口型磁気シールドルームの開放性向上に関する実験的検討
    • 会議名称 : 電気学会全国大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月16日~2011年3月18日
    • 発表者 : 鶴田 壮広,広里 成隆,山崎 慶太,原口優,小坂光義,高炎輝,村松和弘,小林宏一郎
  14. シールドルームにおける超低周波磁気ノイズの低減対策
    • 会議名称 : 電気学会全国大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月16日~2011年3月18日
    • 発表者 : 阿部隆之,山崎慶太,野界武史,藤巻則夫,村田勉,小林宏一郎
  15. 鉄筋コンクリート床・壁内のCD管内電線の検出実験
    • 会議名称 : 電気学会全国大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月16日~2011年3月18日
    • 発表者 : 柴田和喜,芳賀昭,佐々木仁望,小林宏一郎,山崎慶太
  16. Wide dynamic range analog FLL system using high-Tc SQUID for biomagnetic measurements
    • 会議名称 : International Magnetics Conference
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年4月25日~2011年4月29日
    • 発表者 : K. Kobayashi, M. Yoshizawa, Y. Uchikawa
  17. Active magnetic shielding using symmetric control sensor method
    • 会議名称 : International Magnetics Conference
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年5月7日~2011年5月11日
    • 発表者 : K. Kobayashi, A. Kon, M. Yoshizawa, Y. Uchikawa
  18. CPLDを用いたSQUID磁束計用デジタルFLL回路の並列演算方式の検討
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年6月3日~2011年6月4日
    • 発表者 : 小林宏一郎,高坂あすみ,吉澤正人,小山大介,内川義則
  19. 空間フィルタ法を用いた心磁図の信号源推定に関する研究
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年6月3日~2011年6月4日
    • 発表者 : 照澤良祐,小林宏一郎,吉澤正人,内川義則,中居賢司,福島明宗
  20. The parallel arithmetic method of digital FLL circuit for SQUID magnetometer using CPLD
    • 会議名称 : SCC2011(Superconductivity Centennial Conference)
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月18日~2011年9月23日
    • 発表者 : K. Kobayashi, M. Yoshizawa, D. Oyama, Y. Uchikawa
  21. Real-time coil position monitoring system for biomagnetic measurements
    • 会議名称 : SCC2011(Superconductivity Centennial Conference)
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月18日~2011年9月23日
    • 発表者 : D. Oyama, Y. Adachi, M. Higuchi, J. Kawai, K. Kobayashi, G. Uehara
  22. 磁性体角筒を用いた開口型磁気シールドルームの磁束制御による開放性向上のための実験的検討
    • 会議名称 : 日本磁気学会学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月27日~2011年9月30日
    • 発表者 : 広里成隆,山崎慶太,鶴田壮広,原口優,小坂光義,高炎輝,村松和弘,小林宏一郎
  23. 移動する磁性体が作り出す変動磁界の遮蔽方法に関する検討Ⅲ
    • 会議名称 : 日本磁気学会学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月27日~2011年9月30日
    • 発表者 : 山崎慶太,三浦一幸,林周,平田恵啓,竹内文也,小林宏一郎
  24. 生体磁気計測用マーカコイルのリアルタイム位置観測装置の開発
    • 会議名称 : 日本磁気学会学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月27日~2011年9月30日
    • 発表者 : 小山大介、足立善昭、樋口正法、河合淳、小林宏一郎、上原弦
  25. 電磁誘導法による三角関数演算を用いた鉄筋の位置推定-その2 解析による検討-
    • 会議名称 : 日本磁気学会学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月27日~2011年9月30日
    • 発表者 : 畠山真紀,小林宏一郎,荒克之,山崎慶太,芳賀昭,村松和弘,内川義則
  26. 電磁誘導法による三角関数演算を用いた鉄筋の位置推定-その1 実験的検討-
    • 会議名称 : 日本磁気学会学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月27日~2011年9月30日
    • 発表者 : 小林宏一郎,畠山真紀,荒克之,山崎慶太,芳賀昭,村松和弘,内川義則
  27. インピーダンス計測によるコンクリート含有塩化物濃度の非侵襲測定-その3.位相角θにおける含水率・塩化物量の影響評価-
    • 会議名称 : 電気学会全国大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月21日~2012年3月23日
    • 発表者 : 山崎慶太,三井健郎,橋本芳雄,小林宏一郎,芳賀昭
  28. Active magnetic shielding using symmetric control sensor method
    • 会議名称 : InterMAG
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年5月7日~2012年5月12日
    • 発表者 : K. Kobayashi, A. Kon, M. Yoshizawa, Y. Uchikawa
    • 主催者 : IEEE
  29. SQUID磁束計用アナログ型FQCを用いたFLLの高ダイナミックレンジ化
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年5月31日~2012年6月1日
    • 発表者 : 三田勝彦,小林宏一郎,小山大介,吉澤正人,内川義則
  30. 64 チャネル心磁計と187ch ベクトル合成心電計の開発ー臨床での意義と課題
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2012年5月31日~2012年6月1日
    • 発表者 : 中居賢司,伊藤学,小林宏一郎,吉澤正人
  31. Development of wide dynamic range SQUID magnetometer using analog FLL with flux-quanta counting
    • 会議名称 : BIOMAG2012
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年8月26日~2012年8月30日
    • 発表者 : K. Kobayashi , K. Mita, M. Yoshizawa, D. Oyama, Y. Uchikawa
    • 開催場所 : paris
  32. Development of wide dynamic range analog flux-locked loop using flux-quanta counting for SQUID magnetometer
    • 会議名称 : Applied Superconductivity Conference ASC2012
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年10月7日~2012年10月12日
    • 発表者 : K. Kobayashi , K. Mita, M. Yoshizawa, D. Oyama, Y. Uchikawa
    • 開催場所 : paris
  33. Rejection of magnetic noise from wire using wavelet transformation and independent component analysis for magnetocardiogram
    • 会議名称 : ICAUMS2012
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月2日~2012年11月5日
    • 発表者 : K. Kobayashi, M. Yoshizawa, Y. Uchikawa
    • 開催場所 : nara
  34. 心磁図の計測・解析技術の進歩
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2013年6月7日~2013年6月8日
    • 発表者 : 小林宏一郎,吉澤正人,中居賢司,福島明宗,内川義則
  35. 心磁図におけるNonparametoric ICAを用いたノイズ除去法の検討
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年6月7日~2013年6月8日
    • 発表者 : 岩井守生,小林宏一郎,吉澤正人,内川義則
  36. 一次傾斜磁場遮蔽可能なマルチセンサ方式アクティブ磁気シールドの検討
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年6月7日~2013年6月8日
    • 発表者 : 千葉裕記,小林宏一郎,吉澤正人,内川義則
    • 主催者 : 日本生体磁気学会
  37. ノイズキャンセル機能を持つ高ダイナミックレンジSQUID磁束計の開発
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年6月7日~2013年6月8日
    • 発表者 : 佐々木智文,小林宏一郎,小山大介,吉澤正人,内川義則
    • 主催者 : 日本生体磁気学会
  38. 交流インピーダンス法を応用したコンクリート内塩化物濃度の非破壊検査における評価法の検討
    • 会議名称 : 電気学会 基礎・材料・共通部門
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月12日~2013年9月13日
    • 発表者 : 橋本芳雄,小林宏一郎,山崎慶太
    • 開催場所 : yokohama
  39. Wide dynamic range analog flux-locked loop system using Low-Tc SQUID for magnetocardiogram
    • 会議名称 : European Conference on Applied Superconductivity EUCAS2013
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月15日~2013年9月19日
    • 発表者 : Kobayashi K., Katsuhiko M., Yoshizawa M., Oyama D., Uchikawa Y.
    • 開催場所 : Italy
  40. 心磁図におけるNonparametoric法を応用したICAアルゴリズムの検討
    • 会議名称 : 日本生体医工学会東北支部大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年11月2日
    • 発表者 : 岩井守生,小林宏一郎,吉澤正人,内川義則
    • 開催場所 : yamagata
  41. Wide dynamic range analog flux-locked loop system using Low-Tc SQUID for MCG measurement without MSR
    • 会議名称 : InterMAG2014
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年5月4日~2014年5月8日
    • 発表者 : Koichiro Kobayashi, Masahito Yoshizawa, Daisuke Oyama, Yoshinori Uchikawa
    • 主催者 : IEEE
    • 開催場所 : ドレスデン ドイツ
  42. 心磁図における独立成分分析を用いたノイズ除去の成分選択法
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年5月29日~2014年5月30日
    • 発表者 : 岩井守生,小林宏一郎,吉澤正人,内川義則
    • 主催者 : 日本生体磁気学会
    • 開催場所 : 大阪大学 大阪
  43. 冷凍機冷却によるMgB2 SQUID磁束計の開発
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2014年5月29日~2014年5月30日
    • 発表者 : 小林宏一郎,吉澤正人,小山大介,内川義則
    • 主催者 : 日本生体磁気学会
    • 開催場所 : 大阪大学 大阪
  44. Multi-sensor type active magnetic shielding for uniform and linear gradient magnetic field compensation
    • 会議名称 : BioMAG2014
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月24日~2014年8月28日
    • 発表者 : Koichiro Kobayashi, Hiroki Chiba, Masahito Yoshizawa and Yoshinori Uchikawa
    • 主催者 : 国際生体磁気学会
    • 開催場所 : Halifax Canada
  45. Component select method in noise rejection method Using Independent Component Analysis for MCGs
    • 会議名称 : BioMAG2014
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月24日~2014年8月28日
    • 発表者 : Morio Iwai, Koichiro Kobayashi, Masahito Yoshizawa, Yoshinori Uchikawa, Francis M. Bui
    • 主催者 : 国際生体磁気学会
    • 開催場所 : Halifax Canada
  46. 採血時に生じる血管迷走神経反射の圧脈波を用いた予知装置の開発
    • 会議名称 : 日本生体医工学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年5月7日~2015年5月9日
    • 発表者 : 高橋秀宜、岩井守生、小林宏一郎、井上洋西
    • 主催者 : 日本生体医工学会
    • 開催場所 : 名古屋国際会議場 名古屋
  47. kinectを用いた呼吸・心拍計測システムの基礎的研究
    • 会議名称 : 日本生体医工学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年5月7日~2015年5月9日
    • 発表者 : 熊谷毅紀、小林宏一郎、上田智章
    • 主催者 : 日本生体医工学会
    • 開催場所 : 名古屋国際会議場 名古屋
  48. Wide dynamic range SQUID magnetometer with noise cancellation for magnetocardiogram without magnetically shielded room
    • 会議名称 : InterMAG2014
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年5月11日~2015年5月15日
    • 発表者 : Koichiro Kobayashi, Tomohiko Murakami, Daisuke Oyama
    • 主催者 : IEEE
    • 開催場所 : 北京 中国
  49. 心磁図におけるICAを用いたノイズ除去 -アトラクタ解析と重決定係数による定量的成分選択法-
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月5日~2015年6月6日
    • 発表者 : 小岩宏史,小林宏一郎,吉澤正人,内川義則
    • 主催者 : 日本生体磁気学会
    • 開催場所 : 旭川医科大学 北海道
  50. 電子差分法を用いた磁気シールドルームレスSQUID磁束計の開発
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月5日~2015年6月6日
    • 発表者 : 村上智彦,小林宏一郎,小山大介,内川義則
    • 主催者 : 日本生体磁気学会
    • 開催場所 : 旭川医科大学 北海道
  51. 都市部の実験室における環境ノイズの測定と補償コイルの効果に関する検討
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月5日~2015年6月6日
    • 発表者 : 長瀬 まさえ,小林 宏一郎,禹 泰城 ,瀧山 善弘, 関野 正樹 ,山崎 慶太
    • 主催者 : 日本生体磁気学会
    • 開催場所 : 旭川医科大学 北海道
  52. 交流インピーダンス法によるコンクリート内塩化物濃度の評価の研究
    • 会議名称 : 電気関連学会東北支部大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年8月27日~2015年8月28日
    • 発表者 : 高橋 秀,小林 宏一郎,山崎 慶太,小山田 哲也
    • 主催者 : 電気関連学会
    • 開催場所 : 岩手県立大学
  53. 心磁図の空間フィルタを用いた信号源推定における推定パラメータの検討
    • 会議名称 : 日本磁気学会学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月8日~2015年9月11日
    • 発表者 : 向口昂寿,小林宏一郎,吉澤正人,内川義則
    • 主催者 : 日本磁気学会
    • 開催場所 : 名古屋大学 名古屋
  54. Component selection method of noise rejection based on Independent Component Analysis for MCGs
    • 会議名称 : 日本磁気学会学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月8日~2015年9月11日
    • 発表者 : Morio Iwai, Koichiro Kobayashi, Masahito Yosizawa, Yoshinori Uchikawa, Francis M.Bui
    • 主催者 : 日本磁気学会
    • 開催場所 : 名古屋大学 名古屋
  55. MR検査室での漏洩磁界の測定およびMR検査動作の一般化の試み
    • 会議名称 : 電気学会マグネティックス研究会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月7日~2016年3月8日
    • 発表者 : 山口さち子,山﨑慶太,小林宏一郎,中井敏晴,藤原耕二
    • 主催者 : 電気学会
    • 開催場所 : 東北大学 宮城県
  56. 生体磁気計測における画像化技術 - 心磁図の可視化 -
    • 会議名称 : 岩崎コンファレンス
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2016年5月16日~2016年5月17日
    • 発表者 : 小林 宏一郎
    • 主催者 : 日本磁気学会
    • 開催場所 : 中央大学 東京
  57. SQUID磁束計の高ダイナミックレンジ化と心磁図計測
    • 会議名称 : 磁気センサの高機能化と応用調査専門委員会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2016年5月26日
    • 発表者 : 小林宏一郎
    • 主催者 : 電気学会
    • 開催場所 : 東京
  58. Normalization in Current Source Density Estimated by Using sLORETA Method for Magnetocardiograms
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年6月9日~2016年6月10日
    • 発表者 : Wenxu Sun, Koichiro Kobayashi, Yoshinori Uchikawa
    • 主催者 : 日本生体磁気学会
    • 開催場所 : 金沢市文化ホール 石川県金沢市
  59. MIセンサを使用した通常環境下での心磁図計
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年6月9日~2016年6月10日
    • 発表者 : 田中武,畑善之,緒方祐史,柿沼文一,上田智章,小林宏一郎
    • 主催者 : 日本生体磁気学会
    • 開催場所 : 金沢市文化ホール 石川県金沢市
  60. 心磁図における独立成分分析を用いたノイズ除去における自動化のための次元縮約法
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年6月9日~2016年6月10日
    • 発表者 : 岩井守生,小林宏一郎,吉澤正人,内川義則
    • 主催者 : 日本生体磁気学会
    • 開催場所 : 金沢市文化ホール 石川県金沢市
  61. Time Shift PCAを前処理として用いた心磁図における独立成分分析を用いたノイズ除去法
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年6月9日~2016年6月10日
    • 発表者 : 藤村省吾,小林宏一郎,吉澤正人,内川義則
    • 主催者 : 日本生体磁気学会
    • 開催場所 : 金沢市文化ホール 石川県金沢市
  62. Development of SQUID Magnetometer with Direct-Feedback Noise Cancellation for Magnetocardiogram without Magnetically Shielded Room
    • 会議名称 : Applied Superconductivity Conference
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月4日~2016年9月9日
    • 発表者 : K. Kobayashi, M. Yoshizawa, D. Oyama
    • 主催者 : IEEE
    • 開催場所 : Denver, USA
  63. MIセンサを使用した通常環境下での心磁図計測
    • 会議名称 : 日本磁気学会学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月5日~2016年9月8日
    • 発表者 : 田中武,畑善之,緒方祐史,柿沼文一,上田智章,小林宏一郎
    • 主催者 : 日本磁気学会
    • 開催場所 : 金沢大学 石川県金沢
  64. Consideration of dimensional contraction at noise rejection method based on independent component analysis for automation
    • 会議名称 : BioMAG2016
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年10月2日~2016年10月6日
    • 発表者 : Morio Iwai, Koichiro Kobayashi
    • 主催者 : 国際生体磁気学会
    • 開催場所 : Seoul, Korea
  65. Magnetocardiogram measurement using 25 channels MI sensor system
    • 会議名称 : BioMAG2016
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年10月2日~2016年10月6日
    • 発表者 : K. Kobayashi, T. Tanaka, Y. Hata, Y. Ogata, B. Kakinuma, T. Ueda
    • 主催者 : 国際生体磁気学会
    • 開催場所 : Seoul, Korea
  66. 非破壊検査における静電容量特性に基づいたコンクリート中の塩化物濃度の推定
    • 会議名称 : 日本非破壊検査協会秋季講演大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年10月6日~2016年10月7日
    • 発表者 : 大矢優平、小林宏一郎、山崎慶太
    • 主催者 : 日本非破壊検査協会
    • 開催場所 : ハーネル仙台 宮城県
  67. SQUID磁束計の開発と心磁図計測
    • 会議名称 : 日本磁気学会超高感度マイクロ磁気センサ専門研究会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2016年11月24日
    • 発表者 : 小林 宏一郎
    • 主催者 : 日本磁気学会
    • 開催場所 : 名古屋ビジネス・インキュベータ nabi/白金
  68. Estimation of Magnetocardiography Current Sources using Reconstructed Magnetic Field Data
    • 会議名称 : InterMAG2017
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年4月24日~2017年4月28日
    • 発表者 : W. Sun, K. Kobayashi
    • 主催者 : IEEE
    • 開催場所 : Dublin, Ireland
  69. 心磁計測の実際-SQUIDからMIへ-
    • 会議名称 : Biomagnetic Sendai 2017サテライトシンポジウム
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2017年5月22日~2017年5月24日
    • 発表者 : 小林宏一郎
    • 主催者 : 日本生体磁気学会
    • 開催場所 : 仙台国際センター 宮城県
  70. 心磁図における独立成分分析を用いたノイズ除去の前処理を利用した成分選択法
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年5月22日~2017年5月24日
    • 発表者 : 佐藤永智,岩井守生、小林宏一郎
    • 主催者 : 日本生体磁気学会
    • 開催場所 : 仙台国際センター 宮城県
  71. 心磁図の空間フィルタを用いた信号源推定における解空間最適化の検討
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年5月22日~2017年5月24日
    • 発表者 : 村木涼,岩井守生、小林宏一郎
    • 主催者 : 日本生体磁気学会
    • 開催場所 : 仙台国際センター 宮城県
  72. 建設作業員の快適感・暑さ感に及ぼす空調服の影響に関する実測調査に基づく基礎的検討
    • 会議名称 : 空気調和・衛生工学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月13日~2017年9月15日
    • 発表者 : 山崎慶太,高橋直,桑原浩平,菅重夫,小林宏一郎
    • 主催者 : 空気調和・衛生工学会
    • 開催場所 : 高知県 高知工科大学
  73. Kinect v2 を用いた呼吸・心拍計測システムにおける計測方法
    • 会議名称 : 電子情報通信学会信号処理シンポジウム
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年11月8日~2017年11月9日
    • 発表者 : 女ヶ澤豪, 小林宏一郎, 上田智章
    • 主催者 : 電子情報通信学会
    • 開催場所 : 岩手県盛岡市
  74. ファンつき作業服が建築作業員の生理・心理反応に及ぼす影響に関する研究 第1報 被験者実験による生理反応の実測
    • 会議名称 : 人間‐生活環境系シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年12月9日~2017年12月10日
    • 発表者 : 中野良亮,山崎慶太,菅重夫,濱田靖弘,桒原浩平,小林宏一郎,金内遥一朗,大前裕紀
    • 主催者 : 人間‐生活環境系学会
    • 開催場所 : 長野県上田市
  75. ファンつき作業服が建築作業員の生理・心理反応に及ぼす影響に関する研究 第2報 心拍数や心理反応等への影響
    • 会議名称 : 人間‐生活環境系シンポジウム
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年12月9日~2017年12月10日
    • 発表者 : 朱楚奇,山崎慶太,菅重夫,濱田靖弘,小林宏一郎,小林明生,桒原浩平,中野良亮,金内遥一朗,大前裕紀
    • 主催者 : 人間‐生活環境系学会
    • 開催場所 : 長野県上田市
  76. ファンつき作業服が建築作業員の生理・心理反応に及ぼす影響に関する研究 第3報 統計解析による評価
    • 会議名称 : 人間‐生活環境系シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年12月9日~2017年12月10日
    • 発表者 : 山崎慶太,菅重夫,濱田靖弘,桒原浩平,朱楚奇,中野良亮,金内遥一朗,大前裕紀,小林宏一郎,小林明生
    • 主催者 : 人間‐生活環境系学会
    • 開催場所 : 長野県上田市
  77. ファンつき作業服が建築作業員の生理・心理反応に及ぼす影響に関する研究 第4報 建設現場おける温熱環境の実測
    • 会議名称 : 人間‐生活環境系シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年12月9日~2017年12月10日
    • 発表者 : 金内遥一朗,大前裕紀,山崎慶太,菅重夫,濱田靖弘,桒原浩平,小林明生,小林宏一郎
    • 主催者 : 人間‐生活環境系学会
    • 開催場所 : 長野県上田市
  78. ファンつき作業服が建築作業員の生理・心理反応に及ぼす影響に関する研究 第5報 建設現場おける生理・心理反応の実測その1
    • 会議名称 : 人間‐生活環境系シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年12月9日~2017年12月10日
    • 発表者 : 大前裕紀,金内遥一朗,山崎慶太,菅重夫,濱田靖弘,桒原浩平,小林明生,小林宏一郎
    • 主催者 : 人間‐生活環境系学会
    • 開催場所 : 長野県上田市
  79. ファンつき作業服が建築作業員の生理・心理反応に及ぼす影響に関する研究 第6報 建設現場おける生理・心理反応の実測その2
    • 会議名称 : 人間‐生活環境系シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年12月9日~2017年12月10日
    • 発表者 : 小林明生,山崎慶太,菅重夫,濱田靖弘,桒原浩平,小林宏一郎,中野良亮,朱楚奇,金内遥一朗,大前裕紀
    • 主催者 : 人間‐生活環境系学会
    • 開催場所 : 長野県上田市
  80. マイクロ波応答と血圧計による圧脈波の相関性の評価
    • 会議名称 : 電子情報通信学会総合大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2018年3月20日~2018年3月23日
    • 発表者 : 佐藤 潤,岸本一真,本間尚樹,小林宏一郎,岩井守生
    • 主催者 : 電子情報通信学会
    • 開催場所 : 東京都北千住 東京電機大学
  81. Quantitative component selection method using attractor analysis for noise reduction by ICA of magnetocardiogram
    • 会議名称 : InterMAG
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2018年4月23日~2018年4月27日
    • 発表者 : Koichiro Kobayashi, Morio Iwai
    • 主催者 : IEEE
    • 開催場所 : シンガポール
  82. Noise Reduction in Magnetocardiograph Based on Time-Shift Principal Component Analysis Using Measurement Data
    • 会議名称 : InterMAG
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2018年4月23日~2018年4月27日
    • 発表者 : Morio Iwai, Koichiro Kobayashi
    • 主催者 : IEEE
    • 開催場所 : シンガポール
  83. 空間フィルタ法を用いた心磁図の信号源推定における解空間の検討
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2018年6月15日~2018年6月16日
    • 発表者 : 駒ヶ峯崇嗣,岩井守生、小林宏一郎
    • 主催者 : 日本生体磁気学会
    • 開催場所 : 広島医師会館
  84. リファレンスセンサを用いないTime-shift PCAによるノイズ除去法の検討
    • 会議名称 : 日本生体磁気学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2018年6月15日~2018年6月16日
    • 発表者 : 岩井守生、小林宏一郎
    • 主催者 : 日本生体磁気学会
    • 開催場所 : 広島医師会館
学術関係受賞
  1. 電気学術振興賞 論文賞
    • 受賞年月日 : 2001年5月18日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 小林宏一郎,内川義則,山崎慶太,山田康晴
  2. バリアフリー財団賞
    • 受賞年月日 : 2001年8月25日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 小林宏一郎
  3. 優秀論文発表賞(アンダー35)
    • 受賞年月日 : 2002年5月26日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 小林宏一郎
  4. 優秀講演賞
    • 受賞年月日 : 2002年11月6日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 小林宏一郎
  5. 東北支部優秀論文賞
    • 受賞年月日 : 2004年4月27日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 小林宏一郎
  6. 学術奨励賞(内山賞)
    • 受賞年月日 : 2004年9月20日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 小林宏一郎
  7. 優秀研究賞
    • 受賞年月日 : 2005年9月20日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 小林宏一郎
  8. エンジニアリング功労者賞:グループ表彰・特別テーマ(中小規模のプロジェクトを対象とした特別枠)
    • 受賞年月日 : 2006年7月19日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 山崎慶太、阿部隆之、芳賀昭、村松和弘、小林宏一郎、鎌田清孝、藤原耕二
  9. 論文賞
    • 受賞年月日 : 2008年9月14日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 小林宏一郎
  10. 超伝導エレクトロニクス第146委員会賞
    • 受賞年月日 : 2012年4月19日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 小林 宏一郎
  11. 学生講演賞(桜井講演賞)
    • 受賞年月日 : 2016年9月6日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 向口 昂寿
    • 内容 :
      指導学生の受賞
工業所有権
  1. 心臓磁界診断装置およびその作動方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2004年6月1日
    • 出願番号 : 2004-162980
    • 公開日 : 2005年12月15日
    • 公開番号 : 2005-342081
  2. SQUID用ダブルカウンタ方式によるヒステリシス特性型ディジタルFLL装置
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2004年6月1日
    • 出願番号 : 2004-162980
    • 公開日 : 2005年12月15日
    • 公開番号 : 2005-342081
  3. 金属埋設深さ測定システム及び測定方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2008年9月10日
    • 出願番号 : 特願 2008-232421
  4. コンクリート体の塩化物濃度測定システム及びコンクリート体の塩化物濃度測定方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2013年12月24日
    • 出願番号 : 特願 2013-265560
  5. コンクリート体の空洞部検知システム及びコンクリート体の空洞部検知方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2013年12月24日
    • 出願番号 : 特願 2013-265562
  6. 血管迷走神経反射(VVR)発生予知システム
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2015年4月28日
    • 出願番号 : 特願2015-091937
    • 公開日 : 2016年12月8日
    • 公開番号 : 2016-202837
  7. Magnetic flux measuring apparatus by hysteresis characteristic type digital FLL using counter system for SQUID
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2007年7月24日
    • 出願番号 : US 7,248,044 B2
    • 登録日 : 2007年7月24日
    • 登録番号 : US 7,248,044 B2
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 1997年4月~1999年3月
  2. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 1999年4月~2001年3月
  3. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2003年4月~2006年3月
  4. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2006年4月~2008年3月
  5. 萌芽研究
    • 支払支給期間 : 2008年4月~2010年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2008年度・1,400,000円・0円
      2009年度・800,000円・0円
  6. 萌芽研究
    • 支払支給期間 : 2008年4月~2011年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2008年度・1,400,000円・0円
      2009年度・550,000円・0円
      2010年度・640,000円・0円
  7. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2009年4月~2012年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2009年度・35,000円・10,500円
      2010年度・50,000円・15,000円
      2011年度・50,000円・15,000円
  8. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2009年4月~2013年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2009年度・3,350,000円・1,005,000円
      2010年度・2,250,000円・675,000円
      2011年度・2,100,000円・630,000円
      2012年度・1,300,000円・390,000円
  9. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2013年4月~2016年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2013年度・50,000円・15,000円
      2014年度・50,000円・15,000円
      2015年度・50,000円・15,000円
  10. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2014年4月~2017年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2014年度・1,400,000円・420,000円
      2015年度・1,200,000円・360,000円
      2016年度・1,200,000円・360,000円
奨学寄附金等
  1. NEXCO東日本 技術研究助成
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : NEXCO東日本
    • 寄附金額 : 2,880,000円
その他競争的資金獲得実績
  1. 岩手県夢県土いわて戦略的研究推進事業
    • 資金支給期間 : 2005年4月~2008年3月
  2. 財団法人実吉奨学会、研究助成事業
    • 資金支給期間 : 2005年9月~2006年9月
  3. 科学技術振興機構サテライト岩手、実用化のための可能性試験
    • 資金支給期間 : 2006年1月~2006年3月
  4. 科学技術振興機構、実用化のための育成研究
    • 資金支給期間 : 2006年4月~2009年3月
  5. 学長裁量経費
    • 資金支給期間 : 2008年4月~2009年3月
  6. 学内研究支援資金
    • 資金支給期間 : 2009年1月~2009年2月
  7. インテリジェント・コスモス奨励賞
    • 資金支給期間 : 2009年7月~2010年4月
  8. 学系プロジェクト経費
    • 資金支給期間 : 2010年8月~2012年3月
    • 研究内容 :
      このプロジェクトのねらいは、太陽光発電の出力変動を安定化させる機能を持つ、安価で長寿命な蓄電システムの開発に必要な指針を得ることです。
  9. 学長裁量経費
    • 資金支給期間 : 2010年9月~2011年3月
    • 研究内容 :
      組み込みデバイスを利用した高機能生体情報計測装置の開発
  10. インテリジェント・コスモス助成金
    • 資金支給期間 : 2010年12月~2011年4月
    • 研究内容 :
      高感度超ワイドレンジ型SQUID磁束計の開発
  11. 全学経費(学長裁量経費を除く)
    • 資金支給期間 : 2010年12月~2013年3月
    • 研究内容 :
      岩手大学 研究拠点形成・重点研究プロジェクト
      脳神経系の健康維持のための多層的な生命工学研究拠点形成
  12. A-Step FS
    • 資金支給期間 : 2011年12月~2012年7月
    • 研究内容 :
      真鍮性電極をコンクリート表面に設置する新たな交流電気試験法により、実験的に塩化物量を評価可能とした。
      今回、塩化物量0.6kg/m3の分解能で、非破壊・高速(5分/回)に評価できる検査法の実用化を目指す。そこで、多種類の塩化物量の供試体のインピーダンスと位相角の周波数特性を計測し、提案した等価回路による逆問題で精度良く推定する方法を実現する。
  13. 21世紀COEプログラム
    • 資金支給期間 : 2014年7月~2015年3月
    • 研究内容 :
      VVR(血管迷走神経反射)とは、広義の血管性ショックである。本研究は、採血の副作用として起こるVVR発症を予知可能とするシステムの開発を目的とする。具体的には、安価で簡易に計測可能なパルスオキシメータを用いて脈波をコンピュータに取り込み、脈波と脈拍の時間変化より、自律神経系の活動を推定することによって、VVR発症を予知する。
  14. 財団等からの助成金
    • 資金支給期間 : 2014年12月~2015年11月
    • 研究内容 :
      鉄道・道路の高架橋や建築物の塩害調査において、コンクリート中の塩分濃度の評価は、構造物の耐久性の診断や維持管理を行う手法として極めて重要である。現在の評価法は、構造物から採取した試験片を持ち帰り検査するため、破壊的かつ多大な時間と費用を要している。
      申請者は、真鍮性電極をコンクリート表面に設置する交流インピーダンス法より得られた計測パラメータを用いた評価式を提案し、実験的に塩分濃度を推定可能とした。
      今回、深さ方向への塩分濃度を2cmの分解能で、非破壊・高速(5分/回)に評価できる検査装置の開発と新たな評価式の提案を行い、実用化を目指す。
共同研究希望テーマ
  1. SQUID磁束計の開発
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
  2. 磁気を用いた非破壊検査装置の開発
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
  3. ワンチップマイクロコントローラを用いた組み込みシステムの開発
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
所属学会・委員会
  1. 日本生体医工学会 (1995年5月~継続中)
  2. 日本生体磁気学会 (1995年6月~継続中)
  3. 日本磁気学会 (1995年9月~継続中)
  4. 電気学会 (1997年4月~継続中)
  5. 日本学術振興会146超伝導エレクトロニクス委員会 (2001年5月1日~継続中)
  6. 電気電子学会IEEE (2009年1月1日~継続中)
  7. 日本建築学会 (2017年4月1日~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 日本学術振興会146超伝導エレクトロニクス委員会 委員(2001年5月1日~継続中)
  2. 電気学会 調査専門委員会(2002年1月~継続中)
  3. 日本生体磁気学会 評議員(2003年6月~2018年6月)
  4. 日本磁気学会 編集委員会・分野主査(2003年6月~2015年5月31日)
  5. 日本生体磁気学会 大会実行副委員長(2006年6月1日~2006年6月2日)
  6. 日本生体磁気学会 大会実行副委員長(2008年6月12日~2008年6月13日)
  7. 日本生体医工学会 大会プログラム委員(2009年4月25日~2009年4月26日)
  8. 日本生体医工学会 支部役員(2012年4月1日~継続中)
  9. 電気学会 E部門論文編集委員会(2012年9月1日~継続中)
  10. 電気学会 東北支部岩手支所長(2014年4月1日~2016年3月31日)
  11. 日本磁気学会 理事(編集担当)(2015年6月1日~継続中)
  12. 日本生体磁気学会 理事(2018年6月~継続中)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 第27回日本生体磁気学会 (2012年5月)
    • 参加者数 : 200人
  2. 日本生体磁気学会 (2014年5月)
    • 参加者数 : 200人
  3. 日本生体磁気学会 (2015年6月)
    • 参加者数 : 200人
  4. 日本生体磁気学会 岩崎コンファレンス (2016年5月)
    • 参加者数 : 60人
  5. 日本生体磁気学会 (2016年6月)
    • 参加者数 : 200人
  6. 日本生体医工学会 (2017年5月)
    • 参加者数 : 200人
  7. 日本生体磁気学会 岩崎コンファレンス (2017年11月)
    • 参加者数 : 80人
  8. 電子情報通信学会信号処理シンポジウム (2017年11月)
    • 参加者数 : 100人
学会活動2(国際会議などの座長)
  1. 座長 [日本生体磁気学会 (2014年5月)]
  2. 座長 [日本生体磁気学会 (2015年6月)]
  3. 座長 [電気関連学会東北支部大会 (2015年8月)]
  4. 座長 [日本生体磁気学会 (2016年6月)]
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. 日本磁気学会誌 [編集 (2008年3月)]
  2. 日本磁気学会 [査読 (2008年11月)]
  3. 日本磁気学会 [査読 (2008年12月)]
  4. 日本磁気学会 [査読 (2008年12月)]
  5. 日本生体磁気学会 [査読 (2009年3月)]
  6. 日本磁気学会誌 [編集 (2009年4月)]
  7. 電気学会 [査読 (2009年8月)]
  8. 日本医工学会 [査読 (2009年8月)]
  9. IEEE Magnetics [査読 (2009年11月)]
  10. 日本磁気学会誌 [編集 (2010年1月)]
  11. 日本磁気学会誌 [編集 (2010年12月)]
  12. 日本磁気学会誌 [編集 (2012年4月)]
  13. 日本磁気学会誌 [編集 (2013年4月)]
  14. 日本磁気学会 [査読 (2015年6月)]
  15. 日本磁気学会 [査読 (2016年6月)]
  16. 日本磁気学会 [編集 (2017年6月)]
  17. 日本磁気学会 [編集 (2018年6月)]
研究員(受入れ)
  1. 学術研究員の受け入れ (1人 2016年4月~2017年3月)
  2. 学術研究員の受け入れ (1人 2017年4月~2018年3月)
国・地方自治体等の委員歴
  1. 独立行政法人 理化学研究所
    • 委員会等名 : 脳科学総合研究センター創発知能ダイナミクス研究チーム
    • 役職名 : 客員研究員
    • 就任期間 : 2010年4月~2011年3月
  2. 岩手県 商工労働観光部
    • 委員会等名 : いわて組込みシステムコンソーシアム
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2013年4月~2016年2月
  3. 岩手県 商工労働観光部
    • 委員会等名 : いわて組込みシステムコンソーシアム
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2018年5月~継続中
生涯学習支援実績
  1. 岩手大学・一関工業高等専門学校・八戸工業高等専門学校 学術交流会
    • 種類 : 岩手大学・一関工業高等専門学校・八戸工業高等専門学校 学術交流会
    • 担当部門(講演題目) : 生体磁気計測の研究
    • 開催期間 : 2009年6月
  2. 高大連携「ウインター・セッション」
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 生体の電気・磁気計測
      -人間の体には電気が流れているの?-
    • 開催期間 : 2009年12月
  3. 持続可能な地域社会の実現と「住まい」のあり方について- 「エコ住宅・福祉住宅」の可能性に関する学際的研究 -
    • 種類 : 部局戦略経費事業報告会
    • 担当部門(講演題目) : 太陽光発電モニタシステム
    • 開催期間 : 2010年7月
  4. 工学部の概要と研究紹介
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 佐沼高校(高校PR訪問の時に講演会を開催)
    • 開催期間 : 2010年9月
  5. 工学部の紹介と研究紹介
    • 種類 : 研究室訪問(久慈高校)
    • 担当部門(講演題目) : 生体磁気計測と工学部紹介
    • 開催期間 : 2010年9月
  6. 脳神経系の健康維持のための多層的な生命工学研究拠点形成
    • 種類 : 岩手大学 研究拠点形成・重点研究プロジェクト報告会
    • 担当部門(講演題目) : 脳や心臓の生体情報の高精度計測機器の開発
    • 開催期間 : 2011年9月
  7. 脳神経系の健康維持のための多層的な生命工学研究拠点形成
    • 種類 : 岩手大学 研究拠点形成・重点研究プロジェクト報告会
    • 担当部門(講演題目) : 脳や心臓の生体情報の高精度計測機器の開発
    • 開催期間 : 2012年1月
  8. 工学部の紹介と研究紹介
    • 種類 : 研究室訪問(種市高等学校)
    • 担当部門(講演題目) : 生体磁気計測と工学部紹介
    • 開催期間 : 2012年2月
  9. 持続可能な地域社会を実現するエコ住宅における次世代蓄電システムの研究開発
    • 種類 : 学系プロジェクト経費研究成果報告会
    • 担当部門(講演題目) : 太陽光発電モニタシステムと発電状況
    • 開催期間 : 2012年3月
  10. サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 神経系が支配する昆虫の行動~手作りアンプで測る神経活動~
    • 開催期間 : 2012年6月~2012年7月
  11. 横手城南高校 大学見学受け入れ
    • 種類 : その他
    • 担当部門(講演題目) : 電子計測技術と生体磁気計測
    • 開催期間 : 2013年8月
  12. Webソフトエンジニア養成講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : Webアプリケーションの基本言語であるPHPを利用して、データベースも含めたアプリケーションソフト等の設計・製造技術について学ぶ。
    • 開催期間 : 2013年9月~2013年10月
  13. 出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 生体の電気・磁気計測 人間の体には電気が流れているの?
    • 開催期間 : 2013年12月
  14. ネットワークエンジニア養成講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 組込みLinuxを利用して周辺機器を動作させるネットワークアプリケーションの理解と習得
    • 開催期間 : 2014年1月~2014年3月
  15. Webアプリケーションとデータベースの基礎を習得
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : プログラムの基本/HTMLとは?
      PHPの基本的なしくみを学ぼう
      関数利用で拡がるPHPの世界
      システム開発の基本/データベースとは?
      データベースとWebアプリケーション
    • 開催期間 : 2014年9月~2014年10月
  16. 釜石高校SSH
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 生体の電気・磁気計測
      人間の体には電気が流れているの?
    • 開催期間 : 2014年9月
  17. 仙台高等専門学校 大学見学受け入れ
    • 種類 : その他
    • 担当部門(講演題目) : 電子計測技術と生体磁気計測
    • 開催期間 : 2014年9月
  18. 工学部の紹介と研究紹介
    • 種類 : 室蘭栄高校
    • 担当部門(講演題目) : 生体磁気計測と工学部紹介
    • 開催期間 : 2015年9月
  19. 入試広報特別対策室による高校PR訪問
    • 種類 : 高校PR訪問
    • 担当部門(講演題目) : 北海道の12の高校へPR訪問を行った。
      なお、この中1つの高校は、出前講義を行った。これとは別に申請している。
    • 開催期間 : 2015年9月
  20. 入試広報特別対策室による高校PR訪問
    • 種類 : 高校PR訪問
    • 担当部門(講演題目) : 北海道の5の高校へPR訪問を行った。
      なお、この中1つの高校は、講演を行った。これとは別に申請している。
    • 開催期間 : 2016年9月
  21. 理工学部の紹介と研究紹介
    • 種類 : 函館北陵高等
    • 担当部門(講演題目) : 理工学部紹介と研究紹介
    • 開催期間 : 2016年9月
  22. Webソフトエンジニア養成講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : プログラムの基本/HTMLとは?
      PHPの基本的なしくみを学ぼう
      関数利用で拡がるPHPの世界
      システム開発の基本/データベースとは?
      データベースとWebアプリケーション
    • 開催期間 : 2016年10月
  23. ネットワーク組込みアプリケーション養成講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 組込みLinuxを利用して周辺機器を動作させるネットワークアプリケーションの理解と習得
    • 開催期間 : 2016年12月
  24. 入試広報特別対策室による高校PR訪問
    • 種類 : 高校PR訪問
    • 担当部門(講演題目) : 北海道の5の高校へPR訪問を行った。
    • 開催期間 : 2017年10月
産学官民連携活動
  1. 日本学術振興会超電導エレクトロニクス 研究会
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  2. 日本学術振興会超電導エレクトロニクス 研究会
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  3. ニッカ電測株式会社
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  4. 日本学術振興会超電導エレクトロニクス 研究会
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  5. 日本学術振興会超電導エレクトロニクス 研究会
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  6. 低温工学会の東北・北海道支部超伝導・低温若手セミナー
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  7. 低温工学会の東北・北海道支部超伝導・低温若手セミナー
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  8. 日本学術振興会超電導エレクトロニクス 研究会
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  9. 盛岡市産学官連携研究センターの勉強会
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  10. JST新技術発表会
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
国際交流活動
  1. 2009年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        研究生の受け入れ
  2. 2010年度
    • 外国人受入れ(私費留学生)
      • 交流機関・事業等名 :
        私費留学生の研究としての受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        研究生の受け入れ
  3. 2012年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        留学生受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        マレーシアの国費留学生の受け入れ
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        交換留学生の受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        キルギスからの交換留学生の受け入れ
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        キルギス ロシア スラブ大学・岩手大学合同セミナー
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        本学で行われた上記セミナーで研究発表を行った。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        大連理工大学 国際交流会議
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        大連理工大学にて、国際交流会議参加と研究発表
  4. 2013年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        大連理工大学・研究グローバル対策室訪問
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        大連理工大学への訪問を行い、工学部の紹介と研究者間交流、学生への岩手大学留学紹介を行った。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        リンネ大学・研究グローバル対策室訪問
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        リンネ大学への訪問を行い、工学部の紹介と研究者間交流を行った。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        サスカチュワン大学・研究グローバル対策室訪問
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        サスカチュワン大学への訪問を行い、部局間協定に関する打ち合わせを行った。さらに研究者交流、本学学生のインターンシップの引率を行った。
  5. 2014年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        さくらサイエンス事業
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        留学生の短期受け入れ事業、全体コーディネーター(実施責任者)、申請書の作成、
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        銀河レクチャー主催
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        大連理工大学のProf.Cong先生を招聘して、銀河レクチャーを主催した。
        また、研グロ会議にて、Cong先生を紹介した。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        サスカチュワン大学・研究グローバル対策室訪問
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        サスカチュワン大学への訪問を行い、部局間協定に関する打ち合わせを行った。さらに研究者交流、本学学生のインターンシップの引率を行った。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        UURRおよび研グロによる大連理工大学との国際交流
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        UURRのプロジェクトの一環として、また、研グロの国際交流として、大連理工大学を訪問した。
        本学大学院生1名と私で、シンポジウムの講演を行った。
  6. 2015年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        さくらサイエンス事業
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        留学生の短期受け入れ事業、全体コーディネーター(実施責任者)、申請書の作成、
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        ハンバット大学国際交流
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        ハンバット大学から学生を受け入れ講演会などを行った、
        その時、講演を行った。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        モンゴルへの研グロによる国際交流訪問
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        モンゴル国立大学、モンゴル科学技術大学、モンゴル人文大学を訪問し、協定への打合せおよび研究発表を行った。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        ジャパン留学フェアー、タイ、バンコクに参加
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        バンコクで開催されたへ国際課の職員とともに参加した。本学への留学に関する説明を行った。また、サイアム大学を訪問して、国際交流に関する打合せを行った。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        サスカチュワン大学・研究グローバル対策室訪問
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        サスカチュワン大学への訪問を行い、研究者交流、本学学生のインターンシップの引率を行った。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        大連理工大学・研究グローバル対策室訪問
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        大連理工大学への訪問を行い、部局間協定に関する打ち合わせを行った。さらに共同研究に向けた打合せ、学生向けの留学生受け入れの説明、大連理工大学への講師の派遣に関する打合せを行った。
  7. 2016年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        さくらサイエンス事業
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        留学生の短期受け入れ事業、全体コーディネーター(実施責任者)、申請書の作成、学生の受け入れ、引率
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        ハンバット大学国際交流
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        本学で実施したハンバット大学との交流に参加した。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        モンゴルの複数の大学からの研究者の見学対応
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        モンゴル国立大学、モンゴル科学技術大学からの教員の本学訪問中の研究室紹介を行った。付添いの方も合わせて5人程度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        モンゴルへの研グロによる国際交流訪問
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        モンゴル国立大学、モンゴル科学技術大学、モンゴル人文大学を訪問し、協定への打合せおよび研究発表を行った。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        サスカチュワン大学・研究グローバル対策室訪問
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        サスカチュワン大学への訪問を行い、研究者交流、本学学生のインターンシップの引率を行った。3名の学生を派遣した。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        特別研究員としての受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        モンゴル国立大学の准教授1名を特別研究員として、受け入れた。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        サスカチュワン大学からの研究者の見学対応
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        サスカチュワン大学からの教員1名の本学訪問中の研究室紹介と講演会参加を行った。
  8. 2017年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        さくらサイエンス事業
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        留学生の短期受け入れ事業、全体コーディネーター(実施責任者)、申請書の作成、学生の受け入れ、引率
    • 外国人受入れ(私費留学生)
      • 交流機関・事業等名 :
        私費留学生の研究としての受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        研究生の受け入れ
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        ハンバット大学国際交流
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        ハンバット大学へ学生の引率とともに訪問し、講演会での発表、交流を行った。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        サスカチュワン大学・研究グローバル対策室訪問
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        サスカチュワン大学への訪問を行い、研究者交流、本学学生のインターンシップの引率を行った。4名の学生を派遣した。
活動履歴
  1. 2010年度
    • 学生委員会
    • 国際交流委員会
    • 国際交流センター運営委員会
    • 国際交流センター国際交流会館運営委員会
    • クラス担任・コース長(但し学科長を除く)
    • センター試験監督・警備
  2. 2011年度
    • 学生委員会
    • センター試験監督・警備
  3. 2012年度
    • 学生委員会
    • 研究グローバル化特別対策室
    • 全学委員会等のWG(地域防災研究センター会議)
  4. 2013年度
    • 全学委員会等のWG(地域防災研究センター会議)
    • 入学者選抜委員会
    • ものづくりEF運営委員会
    • 入試部門会議
    • 研究グローバル化特別対策室
  5. 2014年度
    • ものづくりEF運営委員会
    • 研究高度化・グローバル化特別対策室
    • 改革特別対策室
  6. 2015年度
    • 入試委員会
    • 研究高度化・グローバル化特別対策室
    • ものづくりEF運営委員会
  7. 2016年度
    • 研究高度化・グローバル化特別対策室
    • 点検評価委員会
    • キャリア支援(就職)委員会
    • [各部局(機構・施設)等の兼務教員](地域防災研究センター)
    • [各部局(機構・施設)等の兼務教員]
  8. 2017年度
    • [各部局(機構・施設)等の兼務教員](地域防災研究センター)
    • [各部局(機構・施設)等の兼務教員]
    • 研究高度化・グローバル化特別対策室
その他の大学運営活動
  1. 2010年度
    • 工学部入試・広報特別対策室の高校訪問メンバーとして、
      14の高校を訪問した。
    • 工学部のソフトパス工学研究センター設置準備委員
  2. 2011年度
    • 工学部入試・広報特別対策室の高校訪問メンバーとして、
      5の高校を訪問した。
    • 工学部のソフトパス工学研究センターに2部門に参加
    • 「大学における学びのはじめ」の「専門教育からの招待」の執筆
  3. 2012年度
    • 「大学における学びのはじめ」の「専門教育からの招待」の執筆
    • 工学部入試・広報特別対策室の高校訪問メンバーとして、
      4の高校を訪問した。
    • 発達障がい学生への修学支援に関する学習会 参加
  4. 2013年度
    • 工学部入試・広報特別対策室の高校訪問メンバーとして、
      9の高校を訪問した。
  5. 2015年度
    • 入試センター運営委員会の兼務教員
    • 点検評価委員会の自己評価書作成のWG
  6. 2016年度
    • 「大学における学びのはじめ」の「専門教育からの招待」の執筆
  7. 2017年度
    • 「大学における学びのはじめ」の「専門教育からの招待」の執筆