サブメニュー
更新日 : 2018年7月23日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名小山田 哲也 (OYAMADA Tetuya)
所属専攻講座岩手大学 理工学部 システム創成工学科 社会基盤・環境コース
職名准教授
生年月日
研究室電話番号019-621-6442
研究室FAX番号019-621-6442
連絡先住所020-8551 岩手県 岩手県盛岡市上田4-3-5
研究室建設材料学研究室
メールアドレスoyamada@iwate-u.ac.jp
学内職務経歴
  1. 岩手大学 工学部 建設環境工学科 建設工学 (廃止組織)
    • [本務] 助手 (2003年4月1日~2012年3月31日)
  2. 岩手大学 工学部 社会環境工学科 (廃止組織)
    • [本務] 准教授 (2012年4月1日~継続中)
専門分野(科研費分類)
  1. 土木材料・施工・建設マネジメント
研究分野を表すキーワード
  1. 積雪寒冷地域におけるコンクリートの性質
  2. 超高強度モルタルの力学特性
  3. 自然回帰型ポーラスコンクリートの性質
担当授業科目
  1. 2003年度
    • 建設環境工学実験Ⅰ
    • 建設環境工学実験Ⅱ
    • 建設設計製図
    • 測量学実習
    • 建設環境工学特別演習Ⅰ
    • 建設環境工学特別演習Ⅱ
    • 科学技術英語
  2. 2004年度
    • 建設環境工学実験Ⅰ
    • 建設環境工学実験Ⅱ
    • 建設設計製図
    • 測量学実習
    • 建設環境工学特別演習Ⅰ
    • 建設環境工学特別演習Ⅱ
    • 科学技術英語
  3. 2005年度
    • 建設環境工学実験Ⅰ
    • 建設環境工学実験Ⅱ
    • 建設設計製図
    • 測量学実習
    • 建設環境工学特別演習Ⅰ
    • 建設環境工学特別演習Ⅱ
    • 科学技術英語
  4. 2006年度
    • 建設環境工学実験Ⅰ
    • 建設環境工学実験Ⅱ
    • 建設設計製図
    • 測量学実習
    • 建設環境工学特別演習Ⅰ
    • 建設環境工学特別演習Ⅱ
    • 科学技術英語
  5. 2007年度
    • 建設環境工学実験Ⅰ
    • 建設環境工学実験Ⅱ
    • 建設設計製図
    • 測量学実習
    • 建設環境工学特別演習Ⅰ
    • 建設環境工学特別演習Ⅱ
    • 科学技術英語
    • 基礎ゼミナール
  6. 2008年度
    • 建設環境工学実験Ⅰ
    • 建設環境工学実験Ⅱ
    • 建設設計製図
    • 測量学実習
    • 建設環境工学特別演習Ⅰ
    • 建設環境工学特別演習Ⅱ
    • 科学技術英語
    • 基礎ゼミナール
  7. 2009年度
    • 建設環境工学実験Ⅰ
    • 建設環境工学実験Ⅱ
    • 建設設計製図
    • 測量学実習
    • 建設環境工学特別演習Ⅰ
    • 建設環境工学特別演習Ⅱ
    • 科学技術英語
    • 基礎ゼミナール
  8. 2010年度
    • 建設環境工学実験Ⅰ
    • 建設環境工学実験Ⅱ
    • 測量学実習Ⅰ
    • 建設環境工学特別演習Ⅱ
    • 科学技術英語
    • 基礎ゼミナール
    • 測量学実習Ⅱ
    • 建設設計製図
  9. 2011年度
    • 測量学実習Ⅰ
    • 基礎ゼミナール
    • 科学技術英語
    • 社会環境工学設計製図
    • 測量学実習Ⅱ
  10. 2012年度
    • 建設環境工学実験Ⅰ
    • 社会環境工学実験
    • コンクリート工学演習
    • 鉄筋コンクリート工学
    • コンクリート構造工学特論
    • 社会環境工学設計製図
    • 維持管理工学
  11. 2013年度
    • コンクリート構造工学特論
    • 鉄筋コンクリート工学
    • コンクリート工学演習
    • 社会環境工学設計製図
    • 維持管理工学
  12. 2014年度
    • コンクリート構造工学特論
    • 基礎ゼミナール
    • 建設環境工学実験Ⅰ
    • 社会環境工学実験
    • 鉄筋コンクリート工学
  13. 2015年度
    • 建設環境工学実験Ⅰ
    • 社会環境工学実験
    • コンクリート構造工学特論
    • 鉄筋コンクリート工学
    • 卒業研究
    • 国際研修
    • 国際研修
  14. 2016年度
    • 社会環境工学特論
    • コンクリート構造工学特論
    • 基礎ゼミナール
    • 基礎ゼミナール
    • 社会環境工学実験
    • 鉄筋コンクリート工学
    • 社会環境工学設計製図
    • 卒業研究
    • 社会環境工学特別研修
    • 社会環境工学特別研究
    • 社会環境工学特別研究
  15. 2017年度
    • 社会環境工学設計製図
    • 維持管理工学
    • 卒業研究
    • 社会環境工学特別研修
    • 機械・社会環境システム工学特別演習
    • 社会環境工学特別研究
授業評価
  1. 2003年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 学生の理解度を確認しながら、話す内容を変更しながら、教育した。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 経験談をしながら、より社会に出た場合を想定したヴィジョンを描けるように配慮した。
  2. 2004年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 話す内容を分かりやすくパワーポイント等にまとめた。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 話す内容を分かりやすくパワーポイント等にまとめた。
  3. 2005年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 理解度を深めるため、話す内容に一貫したストーリーを持たせるような展開を構築した。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 理解度を深めるため、話す内容に一貫したストーリーを持たせるような展開を構築した。
  4. 2006年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 理解度を深めるため、話す内容に一貫したストーリーを持たせるような展開を構築し、修正を加えた。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 理解度を深めるため、話す内容に一貫したストーリーを持たせるような展開を構築し、修正を加えた。
  5. 2007年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 理解度を深めるため、話す内容に一貫したストーリーを持たせるような展開を構築し、修正を加えた。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 理解度を深めるため、話す内容に一貫したストーリーを持たせるような展開を構築し、修正を加えた。
  6. 2010年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 話す内容を吟味し、重複等がないよう整理した。
  7. 2011年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 講義に抑揚をつけるよう配慮した。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 相手の理解度に合わせた講義形式とし、内容を厳選した。
  8. 2012年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 講義内容のロードマップを示し、それを何度も周知することで、何を学んでいるかを提示し、啓蒙した。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 相手の理解度に合わせながら注目度の高い話題を盛り込み、内容を厳選した。
  9. 2013年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : どのように講義内容が役立つかを例示しながら講義の必要性を述べた。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 座学の内容理解を深めるため、演習問題を出して時間中に取り組ませ、解説した。
  10. 2014年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 写真および模型を多用して土木構造物の力学について理解し易くした。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 写真および模型を多用して土木構造物の力学について理解し易くした。
  11. 2015年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 写真および模型を多用して土木構造物の力学について理解し易くした。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 写真および模型を多用して土木構造物の力学について理解し易くした。
  12. 2016年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 学科、学部の平均を上回る評価であった。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 学科、学部の平均を上回る評価であった。
  13. 2017年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 学科、学部の平均を上回る評価であった。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 研究科、専攻の平均を上回る評価であった。
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2008年度
    • 補助研究指導(学部) 6人
  2. 2009年度
    • 補助研究指導(学部) 6人
  3. 2010年度
    • 補助研究指導(学部) 8人
    • 補助教員(修士・助教) 2人
    • 補助教員(助教)(博士) 1人
  4. 2011年度
    • 補助研究指導(学部) 8人
    • 補助教員(助教)(博士) 2人
  5. 2013年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 副研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
  6. 2014年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 副研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(学部・主査) 3人
    • 学位論文審査(学部・副査) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 3人
  7. 2015年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 副研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(学部・主査) 3人
    • 学位論文審査(学部・副査) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(博士・副査) 1人
  8. 2016年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 副研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(学部・主査) 3人
    • 学位論文審査(学部・副査) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
  9. 2017年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 副研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(学部・主査) 3人
    • 学位論文審査(学部・副査) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
教育研究会における発表
  1. グループ研修報告
    • 教育研究会名 :
      全学FD合宿研修会
    • 開催年月 : 2011年7月
研究経歴
  1. 下水汚泥焼却灰の舗装材料としての適用性(2009年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 下水汚泥焼却灰の有効利用
    • 専門分野(科研費分類) :
      土木材料・施工・建設マネジメント
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
論文
  1. 高スランプコンクリート用分離低減材としての廃棄物汚泥の適用性 [セメント・コンクリート論文集, 58, (2005年2月20日), pp.166-167] 小山田哲也,藤原忠司,坂上純一,鈴木昭彦
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  2. プレキャスト部材目地用超高強度モルタルの調合に関する検討 [セメント・コンクリート論文集, 58, (2005年2月20日), pp.160-165] 小山田哲也,藤原忠司,菊地晃徳,穴沢雅明
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  3. 浸透性吸水防止材を塗布したコンクリートの塩分環境下における耐凍害性 [セメント・コンクリート論文集, 58, (2005年2月20日), pp.189-194] 藤原忠司、小山田哲也、小野憲生
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  4. 岩手・青森県境不法投棄物の焼却および溶融特性 [廃棄物学会論文集, 16(6), (2005年4月), pp.492-500] 佐々木秀幸他
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  5. 廃棄物汚泥を用いた高スランプコンクリートの材料分離抵抗性 [セメント・コンクリート論文集, 59, (2006年2月20日), pp.218-224] 小山田哲也,藤原忠司,下沢泰孝,宇夫方章裕
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  6. 不法投棄物を溶融したスラグのコンクリート用骨材への適用性 [セメント・コンクリート論文集, 59, (2006年2月20日), pp.569-576] 佐々木秀幸,藤原忠司,小山田哲也,小野寺繁
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  7. コンクリートのDEFによる硫酸塩膨張の生起条件の検討 [コンクリート工学年次論文集, 28(1), (2006年7月), pp.743-748] 羽原俊祐,福田峻也,小山田哲也,藤原忠司
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  8. 岩手・青森県境不法投棄物を溶融したスラグの骨材としての特性 [コンクリート工学年次論文集, 28(1), (2006年7月), pp.107-112] 佐々木秀幸,藤原忠司,小山田哲也,平野高広
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  9. コンクリートの耐凍害性に及ぼす砕砂中のカーボンの影響 [コンクリート工学年次論文集, 28(1), (2006年7月), pp.869-874] 袴田豊、藤原忠司、小山田哲也、川代すが子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  10. 硬化セメントペーストの水和収縮、自己収縮および乾燥収縮に及ぼす混和剤の影響 [セメント・コンクリート論文集, 60, (2007年3月), pp.93-107] 張英華,藤原忠司,小山田哲也
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  11. DEFによるコンクリートの硫酸塩膨張現象について-材料、蒸気養生及び保管条件の影響- [セメント・コンクリート論文集, 60, (2007年3月), pp.335-341] 羽原俊祐、福田峻也、小山田哲也、藤原忠司
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  12. 徐冷した不法投棄物溶融スラグのコンクリート用骨材への適用性 [セメント・コンクリート論文集, 60, (2007年3月), pp.526-533] 佐々木秀幸、藤原忠司、小山田哲也、水城亨
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  13. 高強度プレキャスト部材目地用モルタルの開発 [コンクリート工学論文集, 18(2), (2007年5月), pp.59-70] 小山田哲也,菊地晃徳,藤原忠司,藤井和俊
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  14. 低品質骨材を用いたコンクリートの耐凍害性に及ぼす配合の影響 [コンクリート工学年次論文集, 29(1), (2007年7月), pp.1143-1148] 袴田 豊、藤原 忠司、小山田 哲也、藤原 裕介
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  15. コンクリートの耐凍害性に及ぼす混和剤の影響 [セメント・コンクリート論文集, 61, (2008年3月), pp.364-371] 張友海、藤原忠司、小山田哲也、張英華
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. DEF膨張に及ぼすセメント、骨材、耐硫酸塩の影響 [セメント・コンクリート論文集, 61(1), (2008年3月), pp.358-363] 福田峻也、羽原俊祐、小山田哲也、藤原忠司
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. Development of a magnetic corrosion probe for nondestructive evaluation of concrete against corrosion of reinforcing bar [Corrosion Science, 50, (2008年4月)] Hitoshi Yashiro Yusuke Kawamata Teruaki Kageyama Shigeyuki Ishikawa Yuya Tsujimura Tetsuya Oyamada Tadashi Fujiwara
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. 高炉スラグ細骨材及び微粉末がアルカリ骨材反応の膨張抑制効果について [コンクリート工学年次論文集, 30(1), (2008年6月), pp.975-980] 羽原俊祐,二戸信和,小山田哲也,鈴木隆文
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. 廃コンクリートの溶融スラグ化の検討 [コンクリート工学年次論文集, 30(2), (2008年6月), pp.445-450] 廣瀬裕之,羽原俊祐,小山田哲也,藤原一成
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. Delayed Ettringite Formation and alkali aggregate reaction [Proceedings of the eighth international conference on creep, shrinkage and durability of concrete and concrete structures, (2008年9月), pp.1051-1056] S. Hanehara, T. Oyamada, S. Fukuda, T. Fujiwara
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  21. Development of Joint Mortar for High-Strength Pre-Cast Concrete Members [8th International Symposium on Utilization of High-Strength and High-Performance Concrete, (2008年10月), pp.1083-1090] Tetsuya OYAMADA, Akinori KIKUCHI, Tadashi FUJIWARA, Kazutoshi FUJII
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  22. 収縮低減剤を塗布したコンクリートの耐凍害性 [セメント・コンクリート論文集, 62, (2009年3月), pp.397-403] 張友海,藤原忠司,小山田哲也,張英華
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  23. 選択溶解組み合わせ法によるセメント及びペースト中の高炉スラグの定量と反応の検討 [コンクリート工学年次論文集, 31(1), (2009年6月), pp.49-54] 二戸信和,羽原俊祐,伊藤匡,小山田哲也
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  24. 収縮低減剤を用いたコンクリートの耐凍害性を確保するAE 剤の検討 [コンクリート工学年次論文集, 31(1), (2009年6月), pp.1111-1116] 張友海,藤原忠司,小山田哲也,張英華
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  25. 廃コンクリートを主原料とした溶融スラグの製造と骨材評価 [コンクリート工学年次論文集, 31(1), (2009年6月), pp.1819-1824] 羽原俊祐,廣瀬裕之,小山田哲也,藤原一成
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  26. 岩手・青森県境不法投棄物を溶融したスラグのコンクリート用骨材への適用性 [土木学会論文集 E, 65(4), (2009年12月), pp.530-547] 佐々木秀幸, 小山田哲也, 藤原忠司
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  27. 低品質骨材を用いたコンクリートの耐凍害性に関わる応力解析 [骨材資源, 41(163), (2009年12月), pp.105-116] 袴田豊,藤原忠司,小山田哲也,小田島悠弥,越谷信
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  28. コンクリートのスケーリング劣化に及ぼす凍結防止剤の種類とセメントの種類の影響 [セメント・コンクリート論文集, 63, (2010年3月), pp.450-457] 小山田哲也,高橋拓真,羽原俊祐,藤原忠司
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  29. 処理施設の異なる不法投棄物溶融スラグを用いたコンクリートの物性 [セメント・コンクリート論文集, 63, (2010年3月), pp.562-569] 小山田哲也,藤原忠司,高橋佑介,菅原龍江
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  30. 磁性腐食プローブを用いるコンクリート内腐食環境非破壊評価 [材料と環境, 59, (2010年3月), pp.75-79] 八代仁,明承澤,鈴木映一,小山田哲也,藤原忠司
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  31. コンクリートの耐凍害性に及ぼす収縮低減剤の影響 [セメント・コンクリート論文集, 63, (2010年3月), pp.458-465] 張友海,藤原忠司,小山田哲也
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  32. 石灰質骨材を用いたコンクリートの乾燥収縮特性 [骨材資源, 41(164), (2010年3月), pp.177-183] 小田島悠弥,藤原忠司,小山田哲也,袴田豊,越谷信
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  33. コンクリートの乾燥収縮に対する石灰石骨材の有効性 [コンクリート工学年次論文集, 32(1), (2010年7月31日), pp.359-364] 小山田哲也,小田島悠弥,越谷信,藤原忠司
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  34. DEFおよびアルカリ骨材反応による劣化組織の観察 [コンクリート工学年次論文集, 32(1), (2010年7月31日), pp.887-892] 羽原俊祐,小山田哲也,福田峻也,本田葉子
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  35. 高炉セメント及び水和高炉セメントペースト中の未反応高炉スラグの定量 [セメント・コンクリート論文集, 64, (2011年3月31日), pp.575-581] 羽原俊祐,二戸信和,鯉渕清,小山田哲也
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  36. スケーリング劣化を考慮した新しい凍結融解試験法の検討 [コンクリート工学年次論文集, 33(1), (2011年7月31日), pp.935-940] 小山田哲也,羽原俊祐,高橋拓真,高橋俊介
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  37. 長期暴露試験による表面含浸材を塗布したコンクリートの塩化物イオン浸透性状 [土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造), 67(3), (2011年7月31日), pp.451-461] 緑川猛彦,武田三弘,小山田哲也,阿波稔
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  38. DETERMINATION OF SLAG CEMENT IN BLAST-FURNACE SLAG BLENDED CEMENT AND ITS HYDRATED PASTE [INTERNATIONAL Journal of 3R’s, 2(1), (2011年8月31日), pp.207-212] Shunsuke Hanehara, Nabukazu Nito, Tetsuya Oyamada and Kiyoshi Koibuchi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  39. コンクリートのスケーリング劣化に及ぼす凍結防止剤の影響 [セメント・コンクリート論文集, 65, (2012年3月31日), pp.354-359] 羽原俊祐、高橋拓真、早坂洋平
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  40. 薄型モルタル供試体を用いた硫酸塩抵抗性試験方法の検討 [コンクリート工学年次論文集, 34(1), (2012年7月1日), pp.610-615] 窪山篤、羽原俊祐、小山田哲也、山崎裕孝
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  41. 岩手県の下水汚泥焼却灰の基本性状およびアスファルト混合物用フィラーとしての適用性 [journal of MMIJ, 128(8-9), (2012年8月15日), pp.519-525] 佐藤佳之、小山田哲也、羽原俊祐、佐々木昭仁
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  42. 下水汚泥焼却灰及び戻りコンクリートを利用した路盤材の開発 [セメント・コンクリート論文集, 66, (2013年3月31日), pp.637-644] 佐藤佳之、小山田哲也、羽原俊祐、今雄希
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  43. 双曲線の推定式と重回帰分析を組み合わせたコンクリートの乾燥収縮率の早期推定法に関する検討 [コンクリート工学年次論文集, 35(1), (2013年7月15日), pp.559-564] 袴田豊、小山田哲也、中澤岩男、山内茂樹
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  44. コンクリートのスケーリング劣化に及ぼす凍結防止剤の影響 [セメント・コンクリート論文集, 67, (2014年3月15日), pp.95-101] 羽原俊祐、小山田哲也、菅野華果、中村
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  45. 小片浸漬試験方法による硫酸塩劣化の評価 [セメント・コンクリート論文集, 67, (2014年3月15日), pp.363-369] 羽原俊祐、小山田哲也、畠山維斗、中村大樹
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  46. コンクリートのスケーリング抵抗性における連行空気の影響に関する研究 [コンクリート工学年次論文集, 36(1), (2014年7月15日), pp.1048-1053] 小山田哲也,羽原俊祐, 斉藤和秀,早坂洋平
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  47. Characteristics of Tsunami Damage to the Tide Walls in Iwate Prefecture from the Great East Japan Earthquake [Journal of Civil Engineering and Architecture, 8(7), (2014年9月1日), pp.807-814] Tetsuya Oyamada, Shunsuke Hanehara, Hideaki Deto, Shoji Iwasaki
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  48. 目地接合部を有する超高強度コンクリート構造体の圧縮特性とその補強方法 [第23回プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集, (2014年9月1日), pp.313-318] 小山田哲也,羽原俊祐,坂本龍
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  49. コンクリートのスケーリング抵抗性に及ぼす気泡径分布の検討 [第4回コンクリート技術大会(長岡)技術講演会発表論文集, (2014年10月30日), pp.145-150] 樊小義,小山田哲也,羽原俊祐,齊藤和秀
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  50. 既存スケーリング試験方法に対する小片凍結融解試験方法の整合性 [セメント・コンクリート論文集, 68, (2015年3月15日), pp.419-425] 菅野華果,羽原俊祐,小山田哲也,越後貴司
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  51. フライアッシュ、石灰石微粉末、石こう及び浸漬温度が 硫酸塩劣化に及ぼす影響 [セメント・コンクリート論文集, 68, (2015年3月15日), pp.389-395] 畠山維斗, 羽原俊祐, 小山田哲也, 中村大樹
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  52. コンクリートのソルトスケーリング抵抗性に及ぼす連行空気及び小径空気泡混和材の導入効果 [「コンクリート中の気泡の役割・制御に関する研究委員会」シンポジウム, 86, (2015年6月2日), pp.65-70] 小山田哲也、樊 小義、羽原俊祐、齊藤和秀
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  53. コンクリートのスケーリング抵抗性と連行空気の関係 [コンクリート中の気泡の役割・制御に関する研究委員会, 86, (2015年6月2日), pp.43-48] 小山田哲也、樊 小義、羽原俊祐、齊藤和秀
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  54. 二次回帰式および四次回帰式を用いたコンクリートの乾燥収縮率の推定法 [コンクリート工学年次論文集, 37(1), (2015年7月15日), pp.379-384] 袴田豊,小山田哲也,藤原裕介,川代すが子
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  55. トンネル覆工コンクリートのスケーリング抵抗性確保に関する研究 [コンクリート工学年次論文集, 37(1), (2015年7月15日), pp.847-852] 小山田哲也,太田和彦,林大介,佐久間啓吾
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  56. スケーリング抵抗性を考慮したトンネル覆工コンクリートに関する研究 [第5回コンクリート技術大会(盛岡)基調講演・技術発表論文集, (2015年10月30日), pp.209-214] 高橋慧,小山田哲也,羽原 俊祐,中村大樹
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  57. 岩手県のコンクリート構造物の品質および維持管理について考える会の取組み [第5回コンクリート技術大会(盛岡)基調講演・技術発表論文集, (2015年10月30日), pp.345-350] 小山田哲也,羽原 俊祐
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  58. ソルトスケーリングにおよぼす冷却最低温度と凍結防止剤濃度及びモルタル配合の影響 [セメント・コンクリート論文集, 69, (2016年3月15日), pp.433-439] 羽原俊祐、小山田哲也、我満俊文、中村大樹
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  59. ソルトスケーリング抵抗性に及ぼす小径空気泡混和材の導入効果 [セメント・コンクリート論文集, 69, (2016年3月15日), pp.484-489] 羽原俊祐、田中舘悠登、小山田哲也、五十嵐数馬
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  60. 四次回帰式および双曲線回帰式を併用した200年までのコンクリートの推定乾燥収縮率 [日本コンクリート工学会年次論文集, 38(1), (2016年7月15日), pp.501-506] 袴田豊、小山田哲也、山内茂樹、佐久間晋吾
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  61. トンネル覆工コンクリートのスケーリング抵抗性における連行空気の影響に関する研究 [日本コンクリート工学会年次論文集, 38(1), (2016年7月15日), pp.1005-1010] 小山田哲也、赤石広秋、林大介、佐久間啓吾
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  62. 外部からの圧力がコンクリート中の空気量に及ぼす影響 [日本コンクリート工学会年次論文集, 38(1), (2016年7月15日), pp.1389-1394] 田中館悠登、羽原俊祐、小山田哲也、林大介
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  63. スケーリング抵抗性を考慮したトンネル覆工コンクリートの配合に関する研究 [セメントコンクリート論文集, 70(1), (2017年3月30日), pp.378-383] 髙橋 慧、小山田 哲也、 羽原 俊祐、樊 小義
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  64. 凍結防止剤によるスケーリング現象に及ぼす冷却最低温度の影響とスケーリング温度 [セメントコンクリート論文集, 70(1), (2017年3月30日), pp.371-377] 田中舘 悠登, 羽原 俊祐, 小山田 哲也, 我満 俊文
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  65. フレッシュ時に外部からの圧力が硬化コンクリートの気泡組織およびスケーリング抵抗性に及ぼす影響 [日本コンクリート工学会年次論文集, 39(1), (2017年7月15日), pp.793-798] 田中館悠登、羽原俊祐、小山田哲也、林大介
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  66. スケーリング劣化に及ぼすコンクリート表面に発生する応力の影響 [日本コンクリート工学会年次論文集, 39(1), (2017年7月15日), pp.799-804] 樊小義、小山田哲也、羽原俊祐
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  67. 凍結融解抵抗性,硫酸塩抵抗性および 硫酸抵抗性に及ぼす高炉スラグ細骨材の影響 [Journal of MMIJ, 133(7), (2017年7月15日), pp.151-156] 中村大樹,山本英和,田中舘悠登,羽原俊祐,小山田哲也
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 混合セメントを適用したプレキャストコンクリート製品高炉セメントおよび再生骨材のプレキャスト製品への利用に関する調査研究会報告書 [日本コンクリート工学協会東北支部 (2005年3月)] 遠藤孝夫,小山田哲也,北辻政文,平司
    • 著書種別 : 調査報告書
  2. 廃棄物の使い道 地域のための環境再生読本-県境廃棄物投棄サイト- [岩手大学地域環境再生研究会 (2006年3月1日)] 橋本良二,中沢廣他
    • 著書種別 : 学術著書
総説・解説記事
  1. C3クリップボード 耐凍害性に及ぼす連行空気の効果 [社団法人 セメント協会, セメント・コンクリート, (731), (2008年1月), pp.56-57] 小山田哲也
    • 掲載種別 : その他
  2. 生コンスラッジのコンクリート用分離低減材としての適用性 [セメント新聞社, コンクリートテクノ, 27(4), (2008年4月), pp.1-6] 鈴木昭彦、宇夫方章裕、武蔵芳行、小山田哲也、藤原忠司
    • 掲載種別 : その他
  3. カリフォルニア大学バークレー校に滞在して [日本コンクリート工学会, コンクリート工学, 51(12), (2012年12月15日), pp.1003-1004] 小山田哲也
    • 掲載種別 : 機関誌
  4. エトリンガイトの遅延生成(日本における事例) [硫酸協会, 硫酸と工業, 64(6), (2013年6月15日), pp.1-9] 羽原俊祐、小山田哲也、谷村充
    • 掲載種別 : 機関誌
  5. 東日本大震災による津波を受けた岩手県沿岸部の防潮堤の被災状況と特徴 [コンクリート新聞社, コンクリートテクノ, 31(10), (2013年10月15日), pp.9-13] 小山田哲也、羽原俊祐
    • 掲載種別 : 機関誌
  6. 第14回セメント化学国際会議の参加報告 [日本コンクリート工学会, コンクリート工学, 51(12), (2016年4月1日), pp.1003-1004] 依田侑也・齋藤尚・辛軍青・小山田哲也
    • 掲載種別 : 機関誌
  7. 第14回セメント化学国際会議と現地視察および技術交流に参加して [セメント協会, セメントコンクリート, 830, (2016年4月1日), pp.16-22] 白濱暢彦、久我龍一郎、中曽和弘、森裕克、樋口隆行、小山田哲也
    • 掲載種別 : 機関誌
研究発表
  1. コンクリートの凍結融解抵抗性に及ぼす融雪剤の影響
    • 会議名称 : 無機マテリアル学会第115回学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年10月25日
    • 発表者 : 小山田哲也、羽原俊祐、浅野慎吾
    • 主催者 : 無機マテリアル学会
    • 開催場所 : 岩手大学
  2. コンクリートの凍結融解抵抗性に及ぼす空気泡の質に関する研究
    • 会議名称 : 平成19年度土木学会東北支部技術研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年3月8日
    • 発表者 : 細田将吾、小山田哲也、羽原俊祐、藤原忠司
    • 主催者 : 土木学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  3. 河川護岸での崩壊を目的とした自然回帰型ポーラスコンクリートに関する検討
    • 会議名称 : 平成19年度土木学会東北支部技術研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年3月8日
    • 発表者 : 外久保徹、小山田哲也、藤原忠司
    • 主催者 : 土木学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  4. SQUIDによるコンクリート構造物中の鉄筋腐食の検知に関する基礎的研究
    • 会議名称 : 平成19年度土木学会東北支部技術研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年3月8日
    • 発表者 : 新井健太、小山田哲也、藤原忠司、八代 仁
    • 主催者 : 土木学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  5. アルカリ反応性骨材の粒度が膨張に及ぼす影響
    • 会議名称 : 平成19年度土木学会東北支部技術研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年3月8日
    • 発表者 : 鈴木隆文,羽原俊祐,小山田哲也
    • 主催者 : 土木学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  6. DEF膨張の予測に関する評価方法の検討
    • 会議名称 : 平成19年度土木学会東北支部技術研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年3月8日
    • 発表者 : 下田瞬,福田峻也,羽原俊祐,小山田哲也
    • 主催者 : 土木学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  7. 融雪剤の種類がコンクリートの凍結融解抵抗性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 平成19年度土木学会東北支部技術研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年3月8日
    • 発表者 : 浅野慎吾,小山田哲也,羽原俊祐
    • 主催者 : 土木学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  8. 溶融・冷却方法の異なる青森・岩手県境不法投棄物溶融スラグを細骨材として使用したコンクリートの物性
    • 会議名称 : 第62回セメント技術大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年5月
    • 発表者 : 高橋佑介,小山田哲也,菅原 龍江,八重樫 貴宗
    • 主催者 : 社団法人セメント協会
    • 開催場所 : ホテルメトロポリタン池袋
  9. 超高強度プレキャスト用目地モルタルを使用した超高強度ハイブリッド構造体の圧縮特性に関する研究
    • 会議名称 : 第62回セメント技術大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年5月
    • 発表者 : 太田代陽子,小山田哲也,藤原忠司
    • 主催者 : 社団法人セメント協会
    • 開催場所 : ホテルメトロポリタン池袋
  10. コンクリートのスケーリング劣化に及ぼす融雪剤の種類とセメントの種類の影響
    • 会議名称 : 第63回セメント技術大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年5月
    • 発表者 : 中居拓真,小山田哲也,羽原俊祐,藤原忠司
    • 主催者 : 社団法人セメント協会
    • 開催場所 : ホテルメトロポリタン池袋
  11. コンクリートの耐久性(凍結融解抵抗性)を考慮した融雪剤の検討
    • 会議名称 : 第21回平成20年度助成研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年7月
    • 発表者 : 小山田哲也,羽原俊祐
    • 主催者 : 財団法人ソルト・サイエンス研究財団
    • 開催場所 : 都市センターホテル
  12. フライアッシュのポゾラン反応性の評価方法へのASR化学法の適用
    • 会議名称 : 第119回学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年11月
    • 発表者 : 浅野慎吾,羽原俊祐,小山田哲也
    • 主催者 : 無機マテリアル学会
    • 開催場所 : 岐阜大学
  13. 石灰質骨材を用いたコンクリートの乾燥収縮
    • 会議名称 : 第119回学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年11月
    • 発表者 : 小田島悠弥,藤原忠司,小山田哲也,袴田豊
    • 主催者 : 無機マテリアル学会
    • 開催場所 : 岐阜大学
学術関係受賞
  1. 論文賞
    • 受賞年月日 : 2008年5月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 羽原俊祐,小山田哲也,福田峻也,藤原忠司
    • 内容 :
      エトリンガイトの遅延生成(DEF)の生起条件に関する研究を行い、その内容が評価された
  2. 論文賞
    • 受賞年月日 : 2012年5月15日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 小山田哲也、羽原俊祐、高橋拓真、高橋俊介
  3. 技術賞
    • 受賞年月日 : 2013年5月14日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 袴田豊、小山田哲也、高橋潤吉、藤原祐介
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2009年4月~2011年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2009年度・600,000円・180,000円
      2010年度・100,000円・30,000円
      2011年度・50,000円・15,000円
奨学寄附金等
  1. 電気化学工業奨学寄附金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 電気化学工業
    • 寄附金額 : 1,140,000円
  2. ピーエス三菱奨学寄附金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : ピーエス三菱
    • 寄附金額 : 0円
  3. ピーエス三菱奨学寄附金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : ピーエス三菱
    • 寄附金額 : 0円
  4. DIC奨学寄附金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : DIC
    • 寄附金額 : 0円
  5. デンカ(株)奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : デンカ(株)
    • 寄附金額 : 380,000円
  6. (株)ピーエス三菱奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 株式会社 ピーエス三菱
    • 寄附金額 : 500,000円
    • 寄附年月 : 2005年8月10日
  7. (株)ピーエス三菱奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 株式会社 ピーエス三菱
    • 寄附金額 : 500,000円
    • 寄附年月 : 2006年8月10日
  8. 奨学寄付金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 社団法人ソルトサイエンス研究財団
    • 寄附金額 : 1,800,000円
    • 寄附年月 : 2007年6月25日
  9. (株)ピーエス三菱奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 株式会社 ピーエス三菱
    • 寄附金額 : 500,000円
    • 寄附年月 : 2007年8月10日
  10. 株式会社土木技研奨学金(小山田)
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 株式会社土木技研
    • 寄附金額 : 95,000円
    • 寄附年月 : 2008年8月5日
  11. 竹本油脂株式会社奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 竹本油脂株式会社
    • 寄附金額 : 300,000円
    • 寄附年月 : 2009年4月23日
  12. ㈱東北鉄鋼社奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : ㈱東北鉄鋼社
    • 寄附金額 : 95,000円
    • 寄附年月 : 2009年9月1日
  13. DIC奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : DIC
    • 寄附金額 : 4,750,000円
    • 寄附年月 : 2015年10月1日
  14. ピーエス三菱東北支店奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : ピーエス三菱東北支店
    • 寄附金額 : 285,000円
    • 寄附年月 : 2016年2月22日
  15. デンカ奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : デンカ
    • 寄附金額 : 380,000円
    • 寄附年月 : 2016年5月24日
  16. ピーエス三菱奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : ピーエス三菱奨
    • 寄附金額 : 4,750,000円
    • 寄附年月 : 2017年5月25日
  17. 中央コーポレーション奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 中央コーポレーション
    • 寄附金額 : 2,850,000円
    • 寄附年月 : 2017年6月15日
その他競争的資金獲得実績
  1. 地域イノベーション創出総合支援事業 平成19年度シーズ発掘試験
    • 資金支給期間 : 2007年8月~2008年3月
    • 研究内容 :
      河川護岸において、コンクリートに植物を根付かせ、植生が繁茂した時点でコンクリートが強度を失い、植物で護岸することを発想し、これに適用するコンクリートの開発を行う。
  2. 研究成果最適展開支援プログラムA-STEP
    • 資金支給期間 : 2014年9月~2015年3月
    • 研究内容 :
      既存の透気係数の測定装置を用い、積雪寒冷地域に特有の凍害や塩害の進行程度を評価するシステムの構築を目指す。劣化が認められた構造物の透気係数は増大が見込まれ、構造物の健全度を評価する上での客観的な判断材料となると考えられ、本研究ではシステムの構築を目指す。
  3. SIP
    • 資金支給期間 : 2016年10月~2019年3月
    • 研究内容 :
      構造物の長寿命化に資する技術および人材育成
共同研究希望テーマ
  1. コンクリートの耐凍害性に関する研究
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
所属学会・委員会
  1. 土木学会 (1999年4月1日~継続中)
  2. 日本コンクリート工学協会 (1999年4月1日~継続中)
  3. 社団法人 日本コンクリート工学協会東北支部 高炉セメントおよび再生骨材のプレキャスト製品への利用に関する調査研究委員会 (2004年4月1日~2005年3月31日)
  4. 社団法人 日本コンクリート工学協会 コンクリートの凍結融解抵抗性の評価方法に関する研究委員会 (2006年4月~2008年3月31日)
  5. 社団法人 日本コンクリート工学協会東北支部 骨材の品質調査委員会 (2006年4月1日~2008年3月31日)
  6. 社団法人 日本コンクリート工学協会東北支部 コンクリートのひび割れに関する調査研究委員会 (2006年4月1日~2008年3月31日)
  7. 日本コンクリート工学会 (2012年4月1日~継続中)
  8. 東日本大震災に関する東北支部学術合同調査委員会 (2012年4月1日~2014年3月31日)
  9. プレストレストコンクリート工学会 (2014年4月1日~継続中)
  10. 材料工学会 (2014年4月1日~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 社団法人 日本コンクリート工学協会東北支部 高炉セメントおよび再生骨材のプレキャスト製品への利用に関する調査研究委員会 委員(2004年4月1日~2005年3月31日)
  2. 社団法人 日本コンクリート工学協会東北支部 骨材の品質調査委員会 委員(2005年4月1日~2007年3月31日)
  3. 社団法人 日本コンクリート工学協会 コンクリートの凍結融解抵抗性の評価方法に関する研究委員会 委員(2006年4月1日~2008年3月31日)
  4. 日本コンクリート工学協会 LCC評価研究委員会委員(2009年4月~2011年3月)
  5. 日本コンクリート工学協会 耐凍害性評価研究委員会委員(2009年4月~2011年3月)
  6. 日本コンクリート工学協会 理事(2012年4月1日~2013年3月31日)
  7. 日本コンクリート工学会 コンクリート工学編集委員(2012年4月1日~2014年3月31日)
  8. 日本コンクリート工学会 東北支部 LCC委員会(2012年4月1日~2014年3月31日)
  9. 日本コンクリート工学会 東北支部 表面品質委員会(2012年4月1日~2014年3月31日)
  10. 東日本大震災に関する東北支部学術合同調査委員会 第1部門委員(2012年4月1日~2014年3月31日)
  11. 東日本大震災に関する東北支部学術合同調査委員会 第5部門委員(2012年4月1日~2014年3月31日)
  12. 日本コンクリート工学会 幹事長(2016年4月1日~2018年3月31日)
  13. 日本コンクリート工学会 幹事(2016年4月1日~2018年3月31日)
  14. 土木学会 編集委員(2016年4月1日~2017年3月31日)
  15. 日本コンクリート工学会 委員(2016年4月1日~2018年3月31日)
  16. 土木学会 副主査(2016年4月1日~2019年3月31日)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 東北コンクリート研究会 (2012年6月)
    • 参加者数 : 25人
  2. セメント・コンクリート研究会 (2012年10月)
    • 参加者数 : 70人
  3. 岩手県のコンクリート構造物を考える会 (2015年3月)
    • 参加者数 : 240人
  4. 第5回コンクリート技術大会 (2015年10月)
    • 参加者数 : 500人
  5. 第2回岩手県のコンクリートを考える会 (2016年3月)
    • 参加者数 : 240人
  6. 土木学会東北支部年次講演会 (2016年3月)
    • 参加者数 : 800人
  7. 第3回岩手県のコンクリートを考える会 (2017年3月)
    • 参加者数 : 240人
  8. 第1回岩手県のコンクリートを考える会 (2017年7月)
    • 参加者数 : 50人
  9. 第2回岩手県のコンクリートを考える会 (2017年10月)
    • 参加者数 : 50人
  10. 第3回岩手県のコンクリートを考える会 (2018年2月)
    • 参加者数 : 240人
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. セメントコンクリート論文集 [査読 (2009年3月)]
  2. コンクリート工学年次論文集 [査読 (2009年7月)]
  3. セメントコンクリート論文集 [査読 (2010年3月)]
  4. コンクリート工学 [編集 (2012年1月)]
  5. セメントコンクリート論文集 [査読 (2012年3月)]
  6. コンクリート工学 [編集 (2012年5月)]
  7. コンクリート工学年次論文集 [査読 (2012年7月)]
  8. セメントコンクリート論文集 [査読 (2013年3月)]
  9. コンクリート工学 [編集 (2013年4月)]
  10. コンクリート工学年次論文集 [査読 (2013年7月)]
  11. セメントコンクリート論文集 [査読 (2014年5月)]
  12. 補修補強アップグレードシンポジウム論文集 [査読 (2014年5月)]
  13. 土木学会誌 [編集 (2014年9月)]
  14. 土木学会誌 [編集 (2014年10月)]
  15. 土木学会誌 [編集 (2014年11月)]
  16. 土木学会誌 [編集 (2014年12月)]
  17. 土木学会誌 [編集 (2015年1月)]
  18. 土木学会誌 [編集 (2015年2月)]
  19. コンクリート工学年次論文集 [査読 (2015年2月)]
  20. 土木学会誌 [編集 (2015年3月)]
  21. 土木学会誌 [編集 (2015年4月)]
  22. 土木学会誌 [編集 (2015年5月)]
  23. セメントコンクリート論文集 [査読 (2015年5月)]
  24. 補修補強アップグレードシンポジウム論文集 [査読 (2015年5月)]
  25. 土木学会誌 [編集 (2015年6月)]
  26. 土木学会誌 [編集 (2015年7月)]
  27. 土木学会誌 [編集 (2015年8月)]
  28. 土木学会誌 [編集 (2015年9月)]
  29. 土木学会誌 [編集 (2015年10月)]
  30. 土木学会誌 [編集 (2015年11月)]
  31. 土木学会誌 [編集 (2015年12月)]
  32. 土木学会誌 [編集 (2016年1月)]
  33. コンクリート工学年次論文集 [査読 (2016年2月)]
  34. 土木学会誌 [編集 (2016年3月)]
  35. 土木学会誌 [編集 (2016年4月)]
  36. コンクリート工学年次論文集 [査読 (2017年2月)]
国・地方自治体等の委員歴
  1. 社団法人岩手県土木技術振興協会
    • 委員会等名 : 再生アスファルト舗装研究会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2004年11月~2006年3月
  2. 国土交通省東北技術事務所東北技術事務所
    • 委員会等名 : 自然回帰型コンクリートの技術検討委員会
    • 役職名 : 委員長
    • 就任期間 : 2005年4月~2012年3月
  3. 日本コンクリート工学協会東北支部
    • 委員会等名 : LCC委員会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2007年1月~2010年3月
  4. 国土交通省東北技術事務所
    • 委員会等名 : 東北コンクリート耐久性向上委員会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2007年4月~2008年4月
  5. 日本コンクリート工学協会東北支部
    • 委員会等名 : 日本コンクリート工学協会東北支部
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2007年10月~2011年3月
  6. 日本コンクリート工学会
    • 委員会等名 : コンクリート工学編集委員会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2011年2月~2013年3月
  7. 土木学会
    • 委員会等名 : 東日本大震災に関する東北支部学術合同調査委員会
    • 役職名 : 第1部門委員
    • 就任期間 : 2011年10月~2013年3月
  8. 土木学会
    • 委員会等名 : 東日本大震災に関する東北支部学術合同調査委員会
    • 役職名 : 第5部門委員
    • 就任期間 : 2011年10月~2013年3月
  9. 日本コンクリート工学会
    • 委員会等名 : 日本コンクリート工学会
    • 役職名 : 理事
    • 就任期間 : 2012年4月~2014年3月
  10. 土木学会
    • 委員会等名 : 350委員会
    • 役職名 : 主査
    • 就任期間 : 2014年4月~継続中
  11. 日本コンクリート工学会
    • 委員会等名 : コンクリートの気泡に関する研究委員会
    • 役職名 : 主査
    • 就任期間 : 2014年4月~2017年3月
  12. 日本コンクリート工学会
    • 委員会等名 : 寒中コンクリート研究委員会
    • 役職名 : 幹事長
    • 就任期間 : 2014年4月~継続中
  13. 日本コンクリート工学会
    • 委員会等名 : コンクリートの塩害予測研究委員会
    • 役職名 : 幹事
    • 就任期間 : 2014年4月~2017年3月
  14. ネクスコ東日本
    • 委員会等名 : 技術検討委員会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2014年4月~継続中
  15. 土木学会
    • 委員会等名 : 土木学会誌編集委員
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2014年9月~2017年3月
  16. 岩手県県土整備部
    • 委員会等名 : 道路長寿命化委員会
    • 役職名 : 副委員長
    • 就任期間 : 2016年4月~2017年3月
企業・団体等への指導等
  1. 2012年度 岩手県生コンクリート工業組合
    • 指導等の内容 :
      技術開発委員会の座長としての技術開発に関する指導
  2. 2013年度 岩手県生コンクリート工業組合
    • 指導等の内容 :
      技術開発委員会の座長としての技術開発に関する指導
  3. 2014年度 岩手県生コンクリート工業組合
    • 指導等の内容 :
      技術開発委員会の座長としての技術開発に関する指導
  4. 2014年度 国土交通省東北地方整備局
    • 指導等の内容 :
      復興道路の耐久性に関する研究指導
  5. 2015年度 岩手県生コンクリート工業組合
    • 指導等の内容 :
      技術開発委員会の座長としての技術開発に関する指導
  6. 2015年度 国土交通省東北地方整備局
    • 指導等の内容 :
      復興道路の耐久性に関する研究指導
  7. 2015年度 住友大阪セメント
    • 指導等の内容 :
      コンクリートの耐凍害性に関する研究
  8. 2016年度 岩手県生コンクリート工業組合
    • 指導等の内容 :
      技術開発委員会の座長としての技術開発に関する指導
  9. 2016年度 国土交通省東北地方整備局
    • 指導等の内容 :
      復興道路の耐久性に関する研究指導
  10. 2016年度 国土交通省東北地方整備局
    • 指導等の内容 :
      コンクリートのスケーリング劣化に関わる講演
  11. 2017年度 国土交通省東北地方整備局
    • 指導等の内容 :
      コンクリートのスケーリング劣化に関わる講演
  12. 2017年度 岩手県生コンクリート工業組合
    • 指導等の内容 :
      技術開発委員会の座長としての技術開発に関する指導
  13. 2018年度 国土交通省東北地方整備局
    • 指導等の内容 :
      コンクリートのスケーリング劣化に関わる講演
  14. 2018年度 岩手県生コンクリート工業組合
    • 指導等の内容 :
      技術開発委員会の座長としての技術開発に関する指導
産学官民連携活動
  1. 岩手県のコンクリートを考える会
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  2. 岩手県のコンクリートを考える会
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  3. 岩手県のコンクリートを考える会
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  4. 岩手県のコンクリートを考える会
    • 実績年度 : 2017年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  5. 岩手県のコンクリートを考える会
    • 実績年度 : 2018年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
国際交流活動
  1. 2016年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        ハンバット大学学生交流
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        本学学生と凍害大学学生のPBL交流の実施に関わる指導
  2. 2017年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        ハンバット大学学生交流
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        本学学生と凍害大学学生のPBL交流の実施に関わる指導
  3. 2018年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        ハンバット大学学生交流
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        本学学生と凍害大学学生のPBL交流の実施に関わる指導
活動履歴
  1. 2008年度
    • 工学部工作センター委員
  2. 2009年度
    • 工学部広報委員
    • 工学部国際交流研修実施委員
  3. 2016年度
    • [各部局(機構・施設)等の兼務教員](地域防災研究センター)
    • [その他] 高校での学部紹介
    • 理工学部 インターンシップ実施委員
    • 教務委員会
    • 地域創生部門会議
    • 研究高度化・グローバル化特別対策室
  4. 2017年度
    • 教務委員会
    • 研究高度化・グローバル化特別対策室
    • 学科運営上、学科長が任命する役職(学科学務業務担当)(JABEE)
    • 技術室(部)運営委員会
    • 地域創生部門会議
    • [その他] 高校での学部紹介
    • [各部局(機構・施設)等の兼務教員]