サブメニュー
更新日 : 2017年7月20日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名吉川 信幸 (YOSHIKAWA Nobuyuki)
所属専攻講座岩手大学 農学部 植物生命科学科
職名
生年月日1956年1月17日
研究室電話番号019-621-6150
研究室FAX番号019-621-6150
連絡先住所020-8550 岩手県 盛岡市上田3-18-8
研究室植物病理学研究室
メールアドレスyosikawa@iwate-u.ac.jp
出身大学
  1. 岩手大学 農学部 農学
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1979年3月
    • 卒業区分 : その他
出身大学院
  1. 岩手大学 農学研究科 農学
    • 大学院課程 : 修士課程
    • 修了年月日 : 1981年3月
    • 修了区分 : 修了
  2. 大阪府立大学 農学研究科 園芸農学
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 1986年3月
    • 修了区分 : その他
取得学位
  1. 農学博士
    • 学位の分野 : 不明
    • 学位授与機関 :
    • 取得年月日 : 9999年1月1日
専門分野(科研費分類)
  1. 植物ウイルス学
  2. 植物ウイルス学
可能な出前講義
  1. 「植物ウイルスとバイオテクノロジー」 [専門家(企業・研究者等)向け]
    • 講義の概要
      病気を起こさない植物ウイルスをうまく利用すると、作物のウイルス病を防いだり、人の病気のワクチンを植物で作らせたり、リンゴの花を早く咲かせたりすることができます。
担当授業科目
  1. 2004年度
    • 農業・生命と環境
    • 植物病理学Ⅱ
    • 植物病理学Ⅰ
    • 植物感染生理学
  2. 2005年度
    • 農業・生命と環境
    • 植物病理学Ⅰ
    • 植物病理学Ⅱ
    • 植物感染生理学
  3. 2006年度
    • 植物病理学Ⅰ
    • 植物病理学Ⅱ
    • 植物感染生理学
    • 農業・生命と環境
  4. 2007年度
    • 植物病理学Ⅱ
    • 植物感染生理学
    • 植物病理学Ⅰ
    • 農業・生命と環境
    • バイオテクノロジーとバイオ産業
  5. 2008年度
    • 植物栽培と環境テクノロジー
    • 植物病理学Ⅰ
    • 植物病理学Ⅱ
    • 生物制御学概論
    • バイオテクノロジーとバイオ産業
    • 植物感染生理学
    • 卒業研究
    • 農業生命科学特別研究
  6. 2009年度
    • 卒業研究
    • 農業生命科学特別研究
  7. 2010年度
    • 生物制御学概論
    • 植物病理学Ⅱ
    • 植物栽培と環境テクノロジー
    • 植物病理学Ⅰ
  8. 2011年度
    • 生物制御学概論
    • 植物病理学Ⅱ
    • 植物病理学Ⅰ
  9. 2014年度
    • 植物病理学特論
    • 生物制御学概論
    • 植物病理学Ⅱ
    • 植物病理学Ⅰ
    • バイオフロンティア特別研究
    • 卒業研究
  10. 2015年度
    • 生物制御学概論
    • 植物病理学Ⅱ
    • 植物病理学特論
    • 植物病理学Ⅰ
    • 卒業研究
    • バイオフロンティア特別研究
    • バイオフロンティア特別研究
  11. 2016年度
    • 生物制御学概論
    • 植物病理学Ⅱ
    • 植物病理学特論
    • 植物病理学Ⅰ
    • 卒業研究
    • バイオフロンティア特別研究
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2007年度
    • 卒業研究指導(学部) 6人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(博士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 副研究指導(学部) 2人
    • 学位論文審査(学部・主査) 1人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
  2. 2008年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
  3. 2010年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 副研究指導(学部) 1人
    • 学位論文審査(学部・主査) 3人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
  4. 2011年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 副研究指導(学部) 1人
    • 学位論文審査(学部・主査) 3人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
  5. 2012年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 副研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(学部・主査) 3人
    • 学位論文審査(学部・副査) 3人
    • 大学院研究生(修士) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
  6. 2013年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 副研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(学部・主査) 3人
    • 学位論文審査(学部・副査) 3人
    • 大学院研究生(修士) 5人
    • 研究指導(修士・主任指導) 5人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
    • 学位論文審査(修士・主査) 2人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
  7. 2014年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 副研究指導(学部) 2人
    • 学位論文審査(学部・主査) 3人
    • 学位論文審査(学部・副査) 2人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
  8. 2015年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 副研究指導(学部) 3人
    • 大学院研究生(修士) 2人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
  9. 2016年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(学部・主査) 1人
    • 大学院研究生(修士) 2人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
教材作成
  1. 岩手大学環境教育科目講義資料 植物栽培と環境テクノロジー
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2009年度
  2. 新植物病理学概論
    • 教材種類 : 教科書等の執筆
    • 教材年度 : 2012年度
教育活動のその他の事項
  1. 2014年度
    • その他
      いわてアグリフロンティアスクール講義科目「病害虫管理」担当
  2. 2015年度
    • その他
      夢ナビライブ2015(10月3日、夢メッセみやぎ)で講義担当(植物ウイルス研究と新植物育種技術)
    • その他
      いわてアグリフロンティアスクール講義科目「病害虫管理」担当
研究経歴
  1. リンゴ小球形潜在ウイルスベクターの開発と利用(2005年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : ウイルスベクター,
    • 専門分野(科研費分類) :
      植物病理学育種学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : ゲノム科学研究
    • 研究活動内容 :
  2. カピロウイルスのゲノム編成と遺伝子発現(9999年1月~9999年1月)
    • 研究課題キーワード : カピロウイルス、ゲノム編成、遺伝子発現
    • 専門分野(科研費分類) :
      植物病理学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
  3. キリてんぐ巣病に関する研究(9999年1月~9999年1月)
    • 研究課題キーワード : キリてんぐ巣病、マイコプラズマ様微生物
    • 専門分野(科研費分類) :
      植物病理学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
  4. 果樹のウイルス病に関する研究(9999年1月~9999年1月)
    • 研究課題キーワード : リンゴウイルス、ゲノム構造
    • 専門分野(科研費分類) :
      植物病理学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
論文
  1. Purification of Hop Stunt Viroid [Annals of th Phytopathological Society of Japan, 48(2), (1982年4月), pp.182-191] N.Yoshikawa and T.Takahashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Purificaation and characterization of hop stunt viroid [Virology, 118, (1982年4月), pp.54-63] Ohno,T., J.Akiya, M.Higuchi, Y.Okada, N.Yoshikawa, T.Takahashi and J.Hashimoto
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. Comparative indexings of hop plants for hop stunt viroid infection [J. Fac. Agric., Iwate Univ., 16, (1983年4月), pp.141-150] Takahashi,T., T.Takada and N.Yoshikawa
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  4. Luteovirus-like particles in phloem tissue of strawberry mild yellow edge virus infected plants [Annals of th Phytopathological Society of Japan, 50(5), (1984年12月), pp.659-663] Yoshikawa,N., S.T.Ohki, H.Kobatake, T.Osaki and T.Inouye
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. Two types of rhabdovirus in strawberry [Annals of th Phytopathological Society of Japan, 52(3), (1986年7月), pp.437-444] Yoshikawa,N., T.Inouye and R.H.Converse
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. Use of a dot immunobinding assay for rapid detection of strawberry pseudo mild yellow edge [Annals of th Phytopathological Society of Japan, 52(4), (1986年10月), pp.728-731] Yoshikawa,N., P.Poolpol and T.Inouye
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. Inhibition of hop stunt viroid replication by α-amanitin [Z. Pflkrank. Pflschutz, 93, (1986年10月), pp.62-71] Yoshikawa,N. and T.Takahashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. Purification, Characterization and Serology of Strawberry Pseudo Mild Yellow Edge Virus [Annals of th Phytopathological Society of Japan, 52(4), (1986年10月), pp.643-652] N.Yoshikawa and T. Inouye
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Strawberry Viruses Occurring in Japan [Acta Horticulturae, 236, (1988年1月), pp.59-67] Yoshikawa,N. and T.Inouye
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Properties of RNAs and Proteins of Apple Stem Grooving and Apple Chlorotic Leaf Spot Viruses [Journal of General Virology, 69, (1988年1月), pp.241-245] Yoshikawa,N. and T.Takahashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. In vitro Translation of Apple Chlorotic Leaf Spot Virus RNA [Journal of General Virology, 70, (1989年1月), pp.3051-3054] Yoshikawa,N. and T.Takahashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. Comparative electron microscopy of Chenopodium quinoa leaves infected with apple chlorotic [Annals of th Phytopathological Society of Japan, 55(2), (1989年4月), pp.245-249] Ohki,S.T., N.Yoshikawa, N.Inouye and T.Inouye
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. Strawberry Pallidosis Disease : Distinctive ds RNA Species Associated with Latent Intections in Indicators and in Diseased Strawberry Cultivars [Phytopathology, 80(6), (1990年1月), pp.543-548] Yoshikawa,N. and R.H.Converse
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. Purification and Some Properties of Strawberry Mottle Virus [Annals of Applied Biology, 118, (1991年1月), pp.565-576] Yoshikawa,N. and R.H.Converse
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  15. Detection of apple chlorotic leaf spot virus by dot-blot hybridization [Annals of th Phytopathological Society of Japan, 57(2), (1991年4月), pp.278-282] Kanno,Y., N.Yoshikawa and T.Takahashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. Evidence for Translation of Apple Stem Grooving Capillovirus Genomic RNA [Journal of General Virology, 73, (1992年1月), pp.1313-1315] Yoshikawa,N. and T.Takahashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. The Nucleotide Sequence of Apple Stem Grooving Capillovirus Genome [Virology, 191, (1992年1月), pp.98-105] Yoshikawa,N., E.Sasaki, M.Kato and T.Takahashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. Comparison of plant hormone requirements in leaf tissues from hop stunt viroid-infected and [Journal of Plant Disease and Protection, 99(1), (1992年1月), pp.62-70] Takahashi,T., S.Fujiwara, K.Chiba and N.Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. Growth characteristics in cultured cucumber tissues infected with hop stunt viroid [Journal of Phytopathology, 136, (1992年1月), pp.288-296] Takahashi,T., K.Chiba, R.Osaki, H.Sadakata, Y.Andoh and N.Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. Cytopathology of resin glands from hop plants infected with hop stunt viroid [Journal of Plant Disease and Protection, 100(5), (1993年1月), pp.508-515] Takahashi,T., S.Shimakoshi, M.Kawahara, M.Ohsawa, H.Kishi and N.Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. Complete nucleotide sequence of the genome of an apple isolate of apple chlorotic leaf spot virus [Journal of General Virology, 74, (1993年1月), pp.1927-1931] Sato,K., N.Yoshikawa and T.Takahashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  22. Developmental cytology of the resin glands of hop (Humulus lupulus L.) [Journal of Horticultural Science, 68(5), (1993年4月), pp.797-801] Takahashi,T., M.Ohsawa, S.Shimakoshi, H.Kishi, M.Kawahara and N.Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  23. Development and ultrastructure of the disk-shaped glands of hop plants following hop stunt viroid infection [Journal of Plant Disease and Protection, 100(6), (1993年4月), pp.573-578] T.Takahashi, H.Kishi, M.Kawahara, and N.Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  24. Some properties of hop latent and apple mosaic viruses isolated from hop plants and their distributions in Japan [Analls of the phytopathological Society of Japan, 59(6), (1993年12月), pp.651-658] Kanno,Y., N.Yoshikawa and T.Takahashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  25. Striking similarities between the nucleotide sequence and genome organization of citrus tatter [Journal of General Virology, 74, (1993年12月), pp.2743-2747] Yoshikawa,N., M.Imaizumi, T.Takahashi and N.Inouye
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  26. Some Properties of Hop Mosaic Virus Isolated in Japan [Annals of the Phytopathological Society of Japan, 60(6), (1994年1月20日), pp.675-680] Kanno,Y., H.Iida, N.Yoshikawa and T.Takahashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  27. Amplification and Nucleotide Sequences of Ribosomal Protein and 16S rRNA Genes of Mycoplasma-like Organism Associated with Paulownia Witches' Broom [Annals of the Phytopathological Society of Japan, 60(5), (1994年10月), pp.569-575] Yoshikawa, N., H.Nakamura, N.Sahashi, T.Kubono, K.Katsube, T.Shoji and T.Takahashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  28. Expression, subcellular location and modification of the 50k Da protein encoded by ORF2 of the apple chlorotic leaf spot trichovirus genome [Journal of Geneval Virology, 76, (1995年1月), pp.1503-1507] Sato,K., N.Yoshikawa, T.Takahashi and H.Taira
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  29. Distribution and Seasonal Variation in Detection of Phytoplasma in Bark Phloem Tissues of Single Paulownia Trees Infected with Witches'Broom [Annals of the Phytopathological Society of Japan, 61(5), (1995年10月), pp.481-484] Sahashi, N., H.Nakamura, N.Yoshikawa, T.Kubono, T.Shoji and T.Takahashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  30. Evaluation of Primer Pairs for the Reliable Diagnosis of Paulownia Witches'-Broom Disease Using a Polymerase Chain Reaction [Plant Disease, 80, (1996年1月), pp.302-305] Nakamura, H., N.Yoshikawa, T.Takahashi, N.Sahashi, T.Kubono and T.Shoji
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  31. Apple Stem Grooving and Citrus Tatter Leaf Capilloviruses Obtained from a Single Shoot of Japanese Pear (Pyrus(/)- serotina(/)-) [Annals of the Phytopathological Society of Japan, 62(2), (1996年4月), pp.119-124] Yoshikawa, N., K.Sasamoto, M.Sakurada, T.Takahashi and H.Yanase
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  32. Grapevine berry inner necrosis, a new trichovirus : comparative studies with several known trichoviruses [Archives of Virology, 142, (1997年1月), pp.1351-1363] Yoshikawa, N., H.Iida, S.Goto, H.Magome, T.Takahashi and Y.Terai
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  33. Molecular Variability of the Genome of Capilloviruses from Apple, Japanese Pear, European Pear, and Citrus Trees [Phytopathology, 87(4), (1997年4月), pp.389-396] Magome, H., N.Yoshikawa, T.,Takahashi, T. Ito and T.Miyakawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  34. Analysis of double-stranded RNA in fissues infected with apple stem grooving capillovirus [Annals of the Phytopathological Society of Japan, 63(6), (1997年12月), pp.450-454] Magome, H., N.Yoshikawa, H.Terauchi and T.Takahashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  35. Construction of an infections cDNA clone of the apple stem grooving capillovirus(isolate Li-23) genome containing a cauliflower mosaic virus 35 S RNA promoter [Annals of the Phytopathological Society of Japan., 63(6), (1997年12月), pp.432-436] Terauchi, H., H.Magome, N.Yoshikawa, T.Takahashi and N.Inouye
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  36. Seasonal variation of paulownia witches'-broom phytoplasma in paulownia trees and distribution of the disease in the Tohoku district of Japan [Journal of Forest Resarch, 3, (1998年1月), pp.39-42] Nakamura, H., S.Ohgake, N.Sahashi, N.Yoshikawa, T.Kubono and T.Takahashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  37. Construction and biolistic inoculation of an infections cDNA done of apple chloronic leaf spot trichovirus. [Annals of the Phytopathological society of Japan, 65(3), (1999年1月), pp.301-304] Satoh, H., N.Yoshikawa and T.Takahashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  38. Apple chlorotic leaf spot virus (/)- 50 kDa protein is targeted to plasmodesmata and accumulated in sieve elements in transgenic plant leaves [Archives of Virology, 144, (1999年1月), pp.2475-2483] Yoshikawa, N., S.Oogake, M.Terada, S.Miyabayashi, Y.Ikeda, T.Takahashi and K.Ogawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  39. Single-strand conformation polymorphism analysis of apple stem grooving capillovirus sequence [Phytopathology, 89, (1999年1月), pp.136-140] Magome, H., N.Yoshikawa and T.Takahashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  40. Transgenic Nicotiana occidentalis plants expressing the 50kDa protein of Apple chlorotic leaf spot virus (/)- display increased susceptibility to homologous virus, but strong resistance to Grapevine berry inner necrosis virus. (/)- [Phytopathology, 90, (2000年1月), pp.311-316] Yoshikawa, N., S.Gotoh, M.Umezawa, N.Satoh. H.Satoh, T.Takahashi, T.Ito, and Y.Yoshida
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  41. Intracellular distribution, cell-to-cell trafficking and tubule-inducing activity of the 50 kDa movement protein of Apple chlorotic leaf spot virus fused to green fluorescent protein [Journal of Geneval Virology, 81, (2000年1月), pp.2085-2093] Sato, H., Matsuda, H., Kawamura,T., Isogai, M., Yoshikawa, N., and Takahashi, T.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  42. Nucleotide sequence and genome organization of Apple latent spherical virus : a new virus classified into the family Comoviridae (/)- [Journal of General Virology, 81, (2000年1月), pp.541-547] Li, S., N.Yoshikawa ,T.Takahashi, T. Ito, K. Yoshida and H. Koganezawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  43. Genome heterogeneity of Apple stem pitting virus in apple trees [Acta Horticulturae, 550, (2001年1月), pp.285-290] Yoshikawa, N., Matsuda,H., Oda, Y., Isogai, M., Takahashi, T., Ito, T., and Yoshida, K
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  44. The family Closteroviridae revised [Archives of Virology, 147, (2002年1月), pp.2039-2044] Martelli,G.P., Agranovski,A.A., Bar-Joseph,A.A., Boscia,D., Candresse,T., Coutts,R.H.A., Dolja,V.V., Duffs,J.E., Falk,B.W., Gonsalves,D., Jelkmann,W., Karasev,A.V., Minafra,A., Murant,A., Namba,S., Niblett,C.L., Vetten,H.J., and Yoshikawa,N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  45. The 50-Kda protein of Apple chlorotic leaf spot virus interferes with intracellular and intercellular targeting, and tubule-inducing activity of the 39-kDa protein of Grapevine berry inner necrosis virus. [Molecular Plant-Microbe Interaction, 16, (2003年3月), pp.188-195] Isogai,M., Saitou,Y., Takahashi,N., Itabashi,T., Terada,M., Satoh,H. and Yoshikawa,N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  46. Stable expression of foreign proteins in herbaceous and apple plants using Apple latent spherical virus RNA2 vectors. [Archives of Virology, 149, (2004年5月), pp.1541-1558] Li,C., Sasaki,M., Isogai,M., and Yoshikawa,N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  47. Molecular detection of five cherry viruses from sweet cherry trees in Japan. [Journal of General Plant Pathology, 70, (2004年5月), pp.288-291] Isogai,M., Aoyagi,J., Nakagawa,M., Kubodera,Y., Satoh,K., Katoh,T., Inamori,M., Yamashita, K., Yoshikawa,N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  48. カンキツに発生するリンゴステムグルービングウイルスの大腸菌発現外被タンパク質に対する抗血清の作製と酵素結合抗体法による診断への利用. [日本植物病理学会報, 70(2), (2004年5月), pp.123-127] 井手洋一・黒木健児・田代暢哉・馬籠 洋・吉川信幸・大島一里
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  49. Mapping the RNA-binding domain on the Apple chlorotic leaf spot virus movement protein. [Journal of General Virology, 86, (2005年1月), pp.225-229] Isogai, M. and Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  50. Protein-protein- and protein-RNA-binding properties of the movement protein and VP25 coat protein of Apple latent spherical virus(共著) [Virology, 352, (2006年4月), pp.178-187] Isogai, M., Watanabe, K., Uchidate, Y., and Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  51. Interference of long-distance movement of Grapevine berry inner necrosis virus in transgenic plants expressing a defective movement protein of Apple chlorotic leaf spot virus [Phytopathology, 96, (2006年4月), pp.378-385] Yoshikawa, N., Saitou, Y., Kitajima, A., Chida, T., Sasaki, N., and Isogai, M.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  52. A movement protein and three capsid proteins are all necessary for the cell-to-cell movement of Apple latent spherical cheravirus [Archives of Virology, 151(5), (2006年5月), pp.837-848] Yoshikawa, N., Okada, K. Asamuma, K., Watanabe, K., Igarasi, A., Li, C., and Isogai, M.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  53. Apple chlorotic leaf spot virus 50 kDa protein acts as a suppressor of systemic silencing without interfering with local solencing in Nicotiana benthamiana [Journal of General Virology, 88, (2007年1月), pp.316-324] Yaegashi, H., Takahashi, T., Isogai, M., Kobori, T., Ohki, S., and Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  54. The LeATL6-associated ubiquitin/poteosome system may contribute to fungal elicitor-activated defense response via the Jasmonic acid-dependent signaling pathway in tomato(共著) [Molecular Plant-Microbe Interaction, 20(10), (2007年1月), pp.72-81] Hondo, D., Hase, S., Kanayama, Y., Yoshikawa, N., Takenaka, S., and Takahashi, H.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  55. Combinations of two amino acids (Ala40 and Phe75 or Ser40 and Tyr75) in the coat protein of apple chlorotic leaf spot virus are crucial for infectivity(共著) [Journal of General Virology, 88(9), (2007年7月), pp.00-00] H. Taegashi, M. Isogai, H. Tajima, T. Sano, N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  56. Cheravirus and sadwavirus: two unassigned genera of plant positive-sense single-stranded RNA viruses formerly considered atypical members of the genus nepovirus (family comovirudae)(共著) [Archives of Virology, DOI 10.1007(s00705-007), (2007年7月), pp.1-8] O.Le Gall, H. Sanfacon, M. Ikegami, T. Iwanami, T. Jones, A. Karasev, K. Lehto, J. Wellink, T. Wetzel, N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  57. Chracterization of virus-induced gene silencing in tobacco plants infected with apple latent spherical virus(共著) [Archives of Virology, DOI 10.1007(s00705-007), (2007年7月), pp.1-11] H. Yaegashi, T. Yamatsuta, T. Takahashi, C. Li, M. Isogai, T. Kobori, S. Ohki, N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  58. The multifunctional Roles of apple chlorotic leaf spot virus 50KP movement protein(共著) [Plant viruses, 1(1), (2007年7月), pp.135-141] M. Isogai, H. Yaegashi, N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  59. Analysis of the spatial distribution of identical and two distinvt virus populations differently labeled with cyan and yellow fluorescent proteins in coinfected plants [Phytopathology, 96, (2007年10月)] T. Takahashi, T. Sugawara, T. Yamatsuta, M. Isogai, T. Natsuaki, N.Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  60. Inhibition of long-distance movement of RNA silencing signals in Nicotiana benthamiana by apple chlorotic leaf spot virus 50 kDa movement protein [Virology, 382(2), (2008年9月24日), pp.199-206] Yaegashis, H., Tamura, A., Isogai, M., and Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  61. First report of blueberry red ringspot disease caused by Blueberry red ring spot virus in Japan [J.Gen. Plant Pathol., 575(1), (2009年2月14日), pp.140-143] Isogai, M., Ishii, K., Umemoto, S., Watanabe, N., and Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  62. Apple latent spherical virus vectors for reliable and effective virus-induced gene silencing among a broad range of plants including tobacco, tomato, Arabidopsis thaliana, cucurbits, and legume [Vorology, 386, (2009年2月25日), pp.407-416] Igarashi, A., Yamagata, K., Sugai, T., Takahashi, Y., Sugawara, E., Tamura, A., Yaegashi, H., Yamagishi, N., Takahashi, T., Isogai, M., Takahashi, H., and Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  63. Virus-induce gene silencing in soybean seeds and the emergence stage of soybean plants with Apple latent spherical virus vectors [Plant Molecular Biology, 71, (2009年6月4日), pp.15-24] N. Yamagishi and N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  64. Transient expression of the coat protein of Apple chlorotic leaf spot virus inhibits the viral RNA accumulation in Nicotiana occidentalis [Julius-Kuhn-Archiv, 427, (2010年8月), pp.220-225] H. Yaegashi and N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  65. Highly efficient inoculation method of apple viruses to apple seedlings [Julius-Kuhn-Archiv, 427, (2010年8月), pp.226-229] N. Yamagishi, S. Sasaki, and N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  66. Promotion of flowering and reduction of a generation time in apple seedlings by ectopical expression of the Arabidopsis thaliana FT gene using apple latent spherical virus vector [Plant Moleciular Biology, 75, (2011年1月), pp.193-204] N. Yamagishi, S. Sasaki, K. Yamagata, S. Komori, M. Nagase, M. Wada, Y. Yamamoto, and N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  67. Seed and pollen transmission of Apple latent spherical virus in apple [Journal of General Plant Pathology, 77, (2011年1月), pp.48-53] K. Nakamura, N. Yamagishi, M. Isogai, S. Komori, T. Ito, and N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  68. Expression of FLOWERING LOCUS T from Arabidopsis thaliana induces precocious flowering in soybean irrespective of maturity group and stem growth habit [Planta, 233, (2011年3月), pp.561-568] N. Yamagishi and N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  69. Efficient virus-induced gene silencing in apple, pear and Japanese pear using Apple latent spherical virus vectors [Plant Methods, 7, (2011年6月10日)] Shintarou Sasaki, Noriko Yamagishi, Nobuyuki Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  70. Histochemical detection of blueberry latent virus in highbush blueberry plant [Journal of General Plant Pathology, (2011年6月19日)] Masamichi Isogai, Tatuto Nakamura, Koji Ishii, Manabu Watanabe, Noriko Yamagishi, and Nobuyuki Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  71. Sensitive RCP-based detection of Apple chlorotic leaf spot virus heterogenous in apple trees [Japan Agricultural Rsearch Quarterly, (2011年10月)] K. Nakahara, K. Yoshida, K. Suzaki, N. Yoshikawa, and T. Ito
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  72. A new grapevine virus discovered by deep sequencing of virus- and viroid-derived small RNAs in Cv Pinot gris [Virus Research, (2011年10月20日)] A. Giampetruzzi, V. Roumi, R. Roberto, U. Malossini, N. Yoshikawa, P. La Notte, F. Terlizzi, R. Credi, P. Saldarelli
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  73. Identification and characterization of blueberry latent spherical virus, a new member of subgroup C in the genus Nepovirus [Archives of Virology, 157, (2012年2月), pp.297-303] M. Isogai, N. Tatuto, C. Ujiie, M. Watanabe, N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  74. First report of raspberry yellows disease caused by raspberry bushy dwarf virus in Japan [Journal of General Plant Pathology, 78, (2012年6月21日), pp.360-363] 磯貝雅道・吉田真里・今西弘幸・吉川信幸
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  75. A MYB transcription factor controls flower color in soybean [Journal of Heredity, 104, (2012年10月9日), pp.149-153] Takahashi, R., Yamagishi, N., and Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  76. Effects of the microspore development stage and cold pre-treatment of flower buds on embryo induction in apple (Malus x domestic Borkh.) anther culture [Journal of the Japanese Society for Horticaltural Science, 82(2), (2013年1月5日), pp.114-124] Zhang, C., Tsukuni, T., Ikeda, M., Sato, M., Okada, H., Ohashi, Y., Matsuno, H., Yamamoto, T., Wada, M., Yoshikawa, N., Matsumoto, S., Li, J., Mimida, N., Watanabe, M., Suzuki, A., and Komori, S.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  77. Complete nucleotide sequence and latency of a novel blueberry-infecting closterovirus [Journal of General Plant Pathology, 79, (2013年1月30日), pp.123-127] Isogai, M. Muramatsu, S., Watanabe, M. and Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  78. Suppression of mRNAs for lipoxygenase (LOX), allene oxide synthase (AOS), allene oxide cyclase (AOC) and 12-oxo-phytodienoic acid reductase (OPR) in pea reduces sensitivity to the phtotoxin coronatine and disease development by Mycosphaerella pin odes [Journal of General Plant Pathology, 79, (2013年4月1日), pp.321-334] Toyoda, K., Kawasaki, Y., Kawamura, Y., Kurihara, C., Yomagishi, N., Tamura, A., Yoshikawa, N., Inagaki, Y., Ichinose, Y., and Shiraishi, T.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  79. Development of apple latent spherical virus-based vaccines against three tospoviruses [Virus Research, 176, (2013年7月10日), pp.251-258] Taki, A., Yamagishi, N., and Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  80. Reduced generation time of apple seedlings to within a year by means of a plant virus vector: a new plant-breeding technique with no transmission of genetic modification to the next generation [Plant Biotechnology Journal, 12, (2013年7月11日), pp.60-68] Yamagishi, N., Kishigami, R., and Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  81. A mycoreovirus suppresses RNA silencing in the white root rot fungus, Rosellinia nectrix [Virology, 444, (2013年7月27日), pp.409-416] Yaegashi, H., Yoshikawa, N., Ito, T., and Kanematsu, S.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  82. Preventive and curative effects of apple latent spherical virus vectors harboring part of the target virus genome against potyvirus and cucumovirus infections [Virology, 446, (2013年8月16日), pp.314-324] Tamura, A., Kato, T., Taki, A., Sone, M., Satoh, N., Yamagishi, N., Takahashi, T., Ryo, B.-S., Natsuaki, T. and Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  83. Virus-induced gene silencing in apricot (Prunus armeniaca L.) and Japanese apricot (P. mume Siebold & Zucc.) with the Apple latent spherical virus vector system [Journal of the Japanese Society for Horticaltural Science, 83, (2013年12月7日), pp.23-31] Kawai, T., Gonoi, A., Nitta, M., Kaido, M., Yamagishi, N., Yoshikawa, N., and Tao, R.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  84. Penetration of pollen tubes with accumulated Raspberry bushy dwarf virus into stigma is involved in initial infection of maternal tissue and horizontal transmission [Virology, 452-453, (2014年2月14日), pp.247-253] Isogai, M., Yoshida, T., Nakanowatari, C., and Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  85. Presentation of epitope sequences from foreign viruses on the surface of of Apple latent spherical virus particles. [Virus Research, 190, (2014年9月1日), pp.118-126] C. Li, N. Yamagishi, M. Kaido, and N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  86. Detection of apple latent spherical virus in seeds and seedlings from infected apple by reverse transcription quantitative PCR and deep sequencing: evidence for lack of transmission of the virus to most progeny seedlings. [Journal of General Plant Pathology, 80, (2014年9月1日), pp.490-498] R. Kishigami, N. Yamagishi, T. Ito, and N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  87. Induction and maintenance of DNA methylation in plant promoter sequences by apple latent spherical virus-induced transcriptional gene silencing. [Frontiers in Microbiology, 5(595), (2014年9月1日)] T. Kon and N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  88. Apple latent spherical virus vector as vaccine for the prevention and treatment of mosaic diseases in pea, broad bean, and eustoma plants by bean yellow mosaic virus. [Viruses, 6, (2014年9月1日), pp.4242-4257] ) N. Satoh, T. Kon, N. Yamagishi, T. Takahashi, T. Natsuaki, and N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  89. Pollen tubes introduce Raspberry bushy dwarf virus into embryo sacs during fertilization processes [Virology, 484, (2015年6月28日), pp.341-345] M. Isogai, T. Yoshida, T. Shimura, N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  90. The soybean-specific maturity gene E1 family of floral repressors controls night-break responses through down-regulation of FLOWERING LOCUS T orthologs [Plant Physiology, 168, (2015年8月1日), pp.1735-1746] M. Xu, N. Yamagishi, C. Zhao, R. Takeshima, M. Kasai, S. Watanabe, A. Kanazawa, N. Yoshikawa, B. Liu, T. Yamada, and J. Abe
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  91. Allelic variants of the esterase gene W14/15 differentially regulate overwinter survival in perennial gentian (Gentiana L.) [Mol. Genet. Genomics, 291, (2015年12月23日), pp.989-997] T. Hikage, N. Yamagishi, Y. Takahashi, Y. Saitoh, N. Yoshikawa, and K. Tsutsumi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  92. Virus-induced gene silencing in various Prunus species with the Apple latent spherical virus vector [Scientia Horticulturae, 199, (2015年12月31日), pp.103-113] T. Kawai, A. Gonoi, M. Nitta, N. Yoshikawa, and R. Tao
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  93. Identification and functional analysis of SVP ortholog in herbaceous perennial plant Gentiana troflora: implication for its multifunctional roles. [Plant Science, 248, (2016年1月14日), pp.1-7] N. Yamagishi, K. Kume, T. Hikage, Y. Takahashi, H. Bidadi, K. Wakameda, Y. Saitoh, N. Yoshikawa, and K. Tsutsumi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  94. Promotion of flowering by apple latent spherical virus vector and virus elimination at high temperature allow accelerated breeding of apple and pear [Frontiers in Plant Science, 7(Article171), (2016年2月26日), pp.1-10] N. Yamagishi, C. Li, and N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  95. Apple latent spherical virus vector -induced flowering for shortening the juvenile phase in Japanses gentian and lisianthus plants [Planta, (2016年3月25日)] R. Fekih, N. Yamagishi, N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  96. Identification and functional analysis of SVP ortholog in herbaceous perennial plant Gentiana troflora: implication for its multifunctional roles. [Plant Science, 248, (2016年4月11日), pp.1-7] N. Yamagishi, K. Kume, T. Hikage, Y. Takahashi, H. Bidadi, K. Wakameda, Y. Saitoh, N. Yoshikawa, and K. Tsutsumi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  97. Elucidating Cultivar Differences in Plant Regeneration Ability in an Apple Anther Culture. [Hort. J., 86, (2016年4月26日), pp.1-10] C. Zhan, S. Sato, T. Tsukuni, M. Sato, H. Okada, T. Yamamoto, M. Wada, S. Matsumoto, N. Yoshikawa, N. Mimida, K. Takagishi, M. Watanabe, Q. Cao, and S. Komori
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  98. Horizontal pollen transmission of Gentian ovary ring-spot virus is initiated during penetration of the stigma and style by infected pollen tubes. [Virology, 503, (2017年1月4日), pp.6-11] M. Isogai, Y. Kamata, S. Ando, M. Kamata, A. Shirasawa, K. Sekine, and N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  99. H. Noda, N. Yamagishi, H. Yaegashi. F. Xing, J. Xie, S. Li, T. Zhou, T. Ito, and N. Yoshikawa [J. Gen. Plant Pathol., 83, (2017年2月8日), pp.83-90] H. Noda, N. Yamagishi, H. Yaegashi. F. Xing, J. Xie, S. Li, T. Zhou, T. Ito, and N. Yoshikawa
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 東北地方における作物病害研究の歩みと展望 [日本植物病理学会東北部会 (1984年4月)] 高橋 壯・吉川信幸
    • 著書種別 : 学術著書
  2. cDNAを利用したウイルス・ウイロイド検出法.植物病理学実験マニュアル. 獅山慈孝監修. [養賢堂 (1989年1月)] 高橋 壯・吉川信幸
    • 著書種別 : 学術著書
  3. 作物ウイルス病事典「共著」 [全国農村教育協会 (1993年1月)] 吉川信幸
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
  4. 植物ウイルスの分子生物学ー分子分類の世界ー(共著) [学会出版センター (1996年1月)] 古澤 巌他
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
  5. 日本植物病害大事典. 岸 國平編 [全国農村教育協会 (1999年4月)] 吉川信幸
    • 著書種別 : 学術著書
  6. Virus Taxonomy. Seventh Report of the International Committee on Taxonomy of Viruses [Academic Press, San Diego, CA. (2000年4月)] Martelli, G.P., A.A. Agranovski, M. Bar-Joseph, D. Boscia, T. Candresse, R.H.A. Coutts, V.V.
    • 著書種別 : 学術著書
  7. 東北地方における植物病理学のフロントライン [日本植物病理学会東北部会 (2000年4月)] 吉川信幸
    • 著書種別 : 学術著書
  8. The Springer Index of Viruses [Springer-Verlag (2002年4月)] Yoshikawa, N.
    • 著書種別 : 学術著書
  9. Family Flexiviridae. In Virus Taxonomy 8th Report of ICTV [Elsevier Academic Press (2005年4月)] Adams, M.J., Acotto, G.P., Agranovsky, A.A., Bar-Joseph, M., Boscia, D., Brunt, A.A., Candresse, T., Coutts, R.H.A., Dolja, V.V., Falk, B.W., Foster, G.D., Jalkmann, W., Karasev, A.W., Martelli, G.P., Mawassi, M., Milne, R.G., Minafra, A., Namba, S., Rowhani, A., Vetten, H.J., Vishnichenko,Wisler,G.C., Yoshikawa, N. and Zaviev, S.K.
    • 著書種別 : 学術著書
  10. Molecular Diagnosis of Plant Viruses [Studium Press, Taxas, USA (2005年4月)] Kundo, J.K. and Yoshikawa
    • 著書種別 : 学術著書
  11. Family Sequeviridae, Genus Sadwavirus, Genus Cheravirus, and Family Comoviridae. In Virus Taxonomy 8th Report of ICTV [Elsevier Academic Press (2005年4月)] Le Gall, O., Iwanami, T., Karasev, A.V., Jones, T., Letho, K., Sanfacon, H., Wellink, J., Wetzel, T. and Yoshikawa, N.
    • 著書種別 : 学術著書
  12. Family Closterovirus. In Virus Taxonomy 8th Report of ICTV [Elsevier Academic Press (2005年4月)] Martelli, G.P., Agranovsky, A.A., Bar-Joseph, M., Boscia, D., Candresse, T., Coutts, R.H.A., Dolja, V.V., Falk, B.W., Gonsalves, D., Hu, J.S., Jalkmann, W., Karasev, A.W., Minafra, A.V., Namba, S., Vetten, H.J., Wisler, C.G. and Yoshikawa, N.
    • 著書種別 : 学術著書
  13. 植物病原アトラス [ソフトサイエンス社 (2006年3月25日)] 吉川信幸
    • 著書種別 : 学術著書
  14. Analysis of cell-to-cell and long-distance movement of Apple latent spherical virus in infected plants using green, cyan, and yellow fluorescent proteins. In Plant Virology Protocols (series Methods in Molecular Biology, vol.451) (Forester, G., Johansen, E., Hong, Y., Nagy, P. (Eds.)), [Springer-Verlag (2008年3月1日)] Takahashi, T. and Yoshikawa, N.
    • 著書種別 : 学術著書
  15. Capillovirus, Foveavirus, Trichovirus, and Vitivirus. In Encyclopedia of Virology, 3rd Edition. [Elsevier Academic Press (2008年3月1日)] Yoshikawa, N.
    • 著書種別 : 学術著書
  16. Virus-induced gene silencing of endogenous genes and promotion of flowering in soybean by apple latent spherical virus-based vectors. In Soybean-Molecular aspects of breeding. A. Sudaric ed. [Intech (2011年4月)] N. Yamagishi and N. Yoshikawa
    • 著書種別 : 学術図書
  17. Apple chlorotic leaf spot virus in pome fruits. In Virus and Virus-like diseases of pome and stone fruits. Hadidi et a. eds. [APS Press (2011年4月)] H. Yaegshi, N. Yoshikawa, and T. Candresse
    • 著書種別 : 学術図書
  18. FT遺伝子を発現するウイルスベクターによる開花促進.植物の分子育種学.鈴木正彦編 [講談社 (2011年12月)] 山岸紀子・吉川信幸
    • 著書種別 : 学術図書
  19. 新植物病理学概論 [養賢堂 (2012年3月30日)] 白石友紀・秋光和也・一瀬勇規・寺岡 徹・吉川信幸
    • 著書種別 : 学術著書
  20. Characterization of plant virus-encoded gene silencing suppressors. In Antivirus resistance in plants. Methods and Protocols 894 [Humana Press, New York, USA (2012年12月31日)] 2 Yaegashi, H., Isogai, M., and Yoshikawa, N.
    • 著書種別 : 学術著書
  21. Highly efficient virus-induced gene silencing in apple and soybean by Apple latent spherical virus vector and biolistic inoculation. In Methods in Molecular Biology 975 (Virus-induced gene silencing) [Humana Press, New York, USA. (2013年12月31日)] 1 Yamagishi, N. and Yoshikawa, N.
    • 著書種別 : 学術著書
  22. Virus-induced gene silencing of N gene in tobacco by Apple latent spherical virus vectors. In Methods in Molecular Biology 1236 (Plant Virology Protocols) [Humana Press, New York, USA. (2015年1月1日)] C. Li and N. Yoshikawa
    • 著書種別 : 学術著書
  23. An Effective and convenient method for the delivery of Apple latent spherical virus (ALSV)-based vectors into plant cells by agroinoculation. In Methods in Molecular Biology 1287 (Plant Gen Silencing) [Humana Press, New York, USA. (2015年1月1日)] T. Kon and N. Yoshikawa
    • 著書種別 : 学術図書
  24. 植物ウイルス大事典 [朝倉書店 (2015年10月1日)] 日比忠明・大木 理監修
    • 著書種別 : 学術図書
  25. 日本植物病理学100年史/第5章 - 5.果樹. [日本植物病理学会 (2015年12月2日)] 山口 昭・工藤 晟・吉川信幸
    • 著書種別 : 学術図書
  26. A new plant breeding technique using ALSV vectors to shorten the breeding periods of fruit trees. In Genetic engineering - an insight into the strategies and applications [InTech (2016年12月1日)] N. Yamagishi and N. Yoshikawa
    • 著書種別 : 学術著書
総説・解説記事
  1. イチゴウイルス病の発生調査 [日本植物防疫協会, 植物防疫, 39, (1985年1月), pp.49-52] 吉川信幸・井上忠男
    • 掲載種別 : その他
  2. Laboratory detection of viruses and mycoplasmalike organisms in strawberry [APS, Plant Disease, 72, (1988年1月), pp.744-749] Converse,R.H., A.N.Adams, D.J.Barbara, M.F.Clark, R.Casper, R.F.Hepp, R.R.Martin,
    • 掲載種別 : その他
  3. イチゴのウイルスに関する最近の研究. [化学工業日報社, イチゴ、1992 最近の研究・技術と世界の動き. , 1992, (1992年1月), pp.71-75] 吉川信幸
    • 掲載種別 : その他
  4. トリコウイルスおよびカピロウイルスのゲノム構造と分子分類. [日本植物防疫協会, 植物防疫, 52, (1998年1月), pp.448-451] 吉川信幸
    • 掲載種別 : その他
  5. 植物ウイルスのquasispecies -果樹類に対する病原性や宿主域などに違いの生ずる機構の一つ [生物と化学, 生物と化学, 26(10), (1998年1月), pp.642-625] 吉川信幸・真籠 洋
    • 掲載種別 : その他
  6. 遺伝子診断を利用した東北地方におけるキリてんぐ巣病の発生調査 [森林防疫, 森林防疫, 48, (1999年1月), pp.68-73] 吉川信幸・中村 仁・佐橋憲生
    • 掲載種別 : その他
  7. カピロウイルスゲノムの構造と分子変異 [日本ウイルス学会, ウイルス, 49(2), (1999年12月), pp.147-153] 吉川信幸
    • 掲載種別 : その他
  8. Apple stem grooving virus [Associations of Applied Biologists Descriptions of Plant Viruses, Associations of Applied Biologists Descriptions of Plant Viruses on CD-ROM, 376, (2000年1月)] Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : その他
  9. Apple chlorotic leaf spot virus [Associations of Applied Biologists Descriptions of Plant Viruses, Associations of Applied Biologists Descriptions of Plant Viruses on CD-ROM, 386, (2001年1月)] Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : その他
  10. ブドウえそ果ウイルスのゲノム構造と分類学的所属 [日本植物防疫協会, 植物防疫, 56, (2002年1月), pp.64-67] 吉川信幸
    • 掲載種別 : その他
  11. Movement protein 発現植物のウイルス特異的抵抗性とそのメカニズム [日本植物病理学会, 植物感染生理談話会論文集, 386, (2002年1月), pp.13-22] 吉川信幸・磯貝雅道
    • 掲載種別 : その他
  12. ウイルス細胞間移行タンパク質を発現する形質転換植物のウイルス抵抗性 [日本植物病理学会, 植物感染生理談話会論文集, 39, (2003年3月), pp.17-26] 磯貝雅道・吉川信幸
    • 掲載種別 : その他
  13. 細胞間移行タンパク質を使ってウイルスに強い植物を作る [化学と生物, 化学と生物, 41, (2003年3月), pp.430-433] 磯貝雅道・吉川信幸
    • 掲載種別 : その他
  14. 異なる蛍光色素でタグしたウイルス利用による混合感染と干渉作用の解析 [日本植物病理学会, 植物ウイルス病研究会レポート, 8, (2006年5月), pp.29-38] 高橋 翼・吉川信幸・夏秋知英
    • 掲載種別 : その他
  15. リンゴ小球形潜在ウイルスの感染・移行とRNAサイレンシングの誘導 [日本植物病理学会, 植物感染生理談話会論文集, 42, (2006年8月), pp.107-116] 吉川信幸・山蔦 翼・佐々木伸浩・五十嵐亜紀・山形広輔・八重樫元・高橋 翼・磯貝雅道
    • 掲載種別 : その他
  16. フレキシウイルス科 (Flexiviridae) [日本植物防疫協会, 植物防疫, 61(9), (2007年9月)] 吉川信幸
    • 掲載種別 : その他
  17. キャンパスだより(26)岩手大学農学部植物病理学研究室 [植物防疫協会, 植物防疫, 62(10), (2008年9月25日), pp.53-55] 吉川信幸
    • 掲載種別 : その他
  18. 植物ウイルスベクターを用いた遺伝子機能解析ツールとしてのウイルス誘導ジーンサイレンシング [日本ウイルス学会, ウイルス, 60(2), (2010年12月), pp.155-162] 山岸紀子・吉川信幸
    • 掲載種別 : その他
  19. リンゴ小球形潜在ウイルスとFT遺伝子を利用したリンゴの早期開花 [日本農芸化学会, 化学と生物, (2012年3月)] 吉川信幸・山岸紀子
    • 掲載種別 : 機関誌
  20. 植物潜在性ウイルスベクターを利用した植物の開花促進 [植物化学調節学会, 植物の生長調節, 47, (2012年3月31日), pp.45-51] 2 吉川信幸・山岸紀子
    • 掲載種別 : 学術誌
  21. 落葉果樹ウイルスのゲノム構造と機能に関する研究 [日本植物病理学会, 日本植物病理学会報, 78, (2012年8月31日), pp.152-155] 吉川信幸
    • 掲載種別 : 学術誌
  22. Studies on genome structure and function of fruit tree viruses [Phytopathological Society of Japan, Journal of General Plant Pathology, 78, (2012年10月7日), pp.417-420] Yoshikawa, N.
    • 掲載種別 : 学術誌
  23. 潜在性ウイルスを利用した難防除ウイルス病制御のためのワクチンウイルス開発 [日本植物病理学会, 植物ウイルス病研究会レポ―ト, 11, (2013年3月30日), pp.70-79] 1 吉川信幸・滝 文希・加藤貴央・田村顕裕・山岸紀子・Li Chunjiang・夏秋知英
    • 掲載種別 : 学術誌
  24. 非病原性植物RNAウイルスを利用したA Plant Breeding Technique(NBT)の開発と応用 [日本植物病理学会, 植物感染生理談話会論文集, 48, (2013年7月31日), pp.135-143] 吉川信幸・山岸紀子
    • 掲載種別 : 学術誌
  25. 日本に発生する植物ウイルス・ウイロイドのリスト2013 [日本植物防疫協会, 植物防疫, 67(9), (2013年9月1日), pp.504-514] 吉川信幸
    • 掲載種別 : 機関誌
  26. 植物ウイルスベクターを利用したリンゴの世代促進 [農林水産・食品産業技術振興協会, JATAFFジャーナル, 1(12), (2013年12月1日), pp.29-33] 吉川信幸・山岸紀子
    • 掲載種別 : 機関誌
  27. 非病原性植物RNAウイルスを用いた新育種技術(NBT)の開発 [バイオインダストリー協会, バイオサイエンスとバイオインダストリー, 71, (2013年12月7日), pp.360-364] 吉川信幸
    • 掲載種別 : 機関誌
  28. リンゴの1世代を1年に短縮する技術 [誠文堂新光社, 農耕と園藝, (2), (2014年1月23日), pp.50-54] 吉川信幸
    • 掲載種別 : その他
  29. 1年で実のなるリンゴを開発 [国立科学博物館, 自然と科学の情報誌「ミルシル」, 7(1), (2014年1月31日), pp.33-33] 吉川信幸
    • 掲載種別 : その他
  30. RNAウイルスを用いた果樹の開花促進と育種年限の短縮 [財団法人遺伝学普及会, 生物の科学 遺伝, 68, (2014年3月1日), pp.112-116] 吉川信幸・山岸紀子
    • 掲載種別 : 機関誌
  31. アグロインフィルトレーション法による遺伝子発現と遺伝子機能解析 [社団法人遺伝学普及会, 生物の科学 遺伝, 68, (2014年3月1日), pp.125-129] 今 辰哉・吉川信幸
    • 掲載種別 : 機関誌
  32. 植物RNAウイルスベクタ―を利用した植物の新育種技術 [(公)農林水産・食品産業技術振興協会, JATAFFジャーナル, 2(8), (2014年8月1日), pp.31-35] 吉川信幸・山岸紀子・今 辰哉
    • 掲載種別 : 機関誌
  33. 第23回果樹ウイルス性病害の国際会議(ICVF2015 Morioka)の開催報告 [日本植物防疫協会, 植物防疫, 69(9), (2015年9月1日), pp.610-614] 吉川信幸・磯貝雅道
    • 掲載種別 : 機関誌
  34. 岩手大学で生まれた世界初の新技術 [公益社団法人盛岡邦人会, もりおか通信, (2016年7月4日)] 吉川信幸
    • 掲載種別 : その他
  35. ウイルスベクタ―を利用した果樹の開花促進に関する研究 [岩手大学, 岩手大学広報誌ーHi 岩手大学, (2016年8月1日)] 吉川信幸
    • 掲載種別 : その他
研究発表
  1. Analysis of interaction between Apple latent spherical virus and Bean yellow mosaic virus in mixed infected plants by using fluorescent proteins.
    • 会議名称 : 2006 Joint Meeting of APS・CPS・MSA
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年7月29日~2006年8月2日
    • 発表者 : Takahashi, T., Yamatsuta, T., Sasaki, N., Sugawara, T., Isogai, M., Natsuaki, T., and Yoshikawa, N.
    • 主催者 : 米国植物病理学会
    • 開催場所 : カナダケベック市
  2. The 50kDa protein of Apple chlorotic leaf spot virus suppresses systemic silencing without interfering with local silencing in Nicotiana benthamiana.
    • 会議名称 : 2006 Joint Meeting of APS・CPS・MSA
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年7月29日~2006年8月2日
    • 発表者 : Yaegashi, H., Takahashi, T., Isogai, M., Kobori, T., Ohki, S., and N.Yoshikawa
    • 主催者 : 米国植物病理学会
    • 開催場所 : カナダケベック市
  3. リンゴ小球形潜在ウイルスの感染・移行とRNAサイレンシングの誘導
    • 会議名称 : 植物感染生理談話会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2006年8月17日~2006年8月19日
    • 発表者 : 吉川信幸他
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 島根県松江テルサ
  4. タバコN遺伝子発現による過敏感反応に伴う発熱反応
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年9月20日~2007年9月21日
    • 発表者 : 高橋 翼・磯貝雅道・吉川信幸
  5. リンゴクロロティックリーフスポットウイルス外被タンパク質(CP)の2箇所のアミノ酸の組み合わせ(Ala40 と Phe75 または Ser40 と Tyr75)はNicotiana occidentalisでのCPの安定性に重要である
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年9月20日~2007年9月21日
    • 発表者 : 八重樫元・磯貝雅道・佐野輝男・吉川信幸
  6. パーティクルガンを用いたリンゴ小球形潜在ウイルス接種法の検討
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年9月20日~2007年9月21日
    • 発表者 : 山岸紀子・磯貝雅道・吉川信幸
  7. ブルーベリーから分離された小球形ウイルスの同定
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年9月20日~2007年9月21日
    • 発表者 : 磯貝雅道・菅原裕一・吉川信幸
  8. 「リンゴ小球形潜在ウイルスベクターの基礎および応用研究への利用」
    • 会議名称 : 岡山病理セミナー
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2007年12月8日
    • 発表者 : 吉川信幸
  9. ダイズにおけるリンゴ小球形潜在ウイルスベクターを利用したウイルス誘導ジーンサイレンシング(VIGS)
    • 会議名称 : 平成20年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年4月26日~2008年4月28日
    • 発表者 : 山岸紀子、高橋由佳里、磯貝雅道,吉川信幸
  10. リンゴクロロティックリーフスポットウイルスの細胞間移行タンパク質(P50)はサイレンシングシグナルの長距離移行を阻害する
    • 会議名称 : 平成20年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年4月26日~2008年4月28日
    • 発表者 : 八重樫元、田村顕裕、磯貝雅道、吉川信幸
  11. リンゴ小球形潜在ウイルスベクターを利用したシロイヌナズナのウイルス抵抗性遺伝子(RCY1)のウイルス誘導ジーンサイレンシング(VIGS)
    • 会議名称 : 平成20年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年4月26日~2008年4月28日
    • 発表者 : 田村顕裕、須貝友和、磯貝雅道、高橋英樹、吉川信幸
  12. N因子タバコにおける過敏感反応と発熱
    • 会議名称 : 平成20年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年4月26日~2008年4月28日
    • 発表者 : 高橋翼、磯貝雅道、吉川信幸
  13. Blueberry red ringspot virusによるブルーベリー赤色輪点病(新称)の発生
    • 会議名称 : 平成20年度日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月25日~2008年9月26日
    • 発表者 : 磯貝雅道、梅本清作、石井厚次、渡邊学、吉川信幸
    • 開催場所 : 岩手大学
  14. リンゴクロロティックリーフスポットウイルス9分離株の細胞間移行タンパク質(P50)のサイレンシングサプレッサー活性の解析
    • 会議名称 : 平成20年度日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月25日~2008年9月26日
    • 発表者 : 八重樫元、磯貝雅道、吉川信幸
    • 開催場所 : 岩手大学
  15. N遺伝子タバコの過敏感反応に伴う発熱における遺伝子発現
    • 会議名称 : 平成20年度日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月25日~2008年9月26日
    • 発表者 : 高橋翼、磯貝雅道、吉川信幸
    • 開催場所 : 岩手大学
  16. ダイズにおけるリンゴ小球形潜在ウイルスベクターの種子伝染機構
    • 会議名称 : 平成20年度日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月25日~2008年9月26日
    • 発表者 : 山岸紀子、磯貝雅道、吉川信幸
    • 開催場所 : 岩手大学
  17. リンゴ小球形潜在ウイルスベクター技術によるリンゴ実生苗の開花促進
    • 会議名称 : 園芸学会平成21年度春季大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月19日~2009年3月20日
    • 発表者 : ○山岸紀子・佐々木慎太郎・山形広輔・磯貝雅道・小森貞男・和田雅人・吉川信幸
  18. リンゴ小球形潜在ウイルスベクター技術によるリンゴ実生苗の開花促進
    • 会議名称 : 園芸学会平成21年度春季大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月19日~2009年3月20日
    • 発表者 : ○山岸紀子・佐々木慎太郎・山形広輔・磯貝雅道・小森貞男・和田雅人・吉川信幸
    • 開催場所 : 明治大学
  19. リンゴクロロティックリーフスポットウイルス(ACLSV)細胞間移行タンパク質(P50)の安定性とRNAサイレンシングサプレッサー活性の解析
    • 会議名称 : 平成21年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月26日~2009年3月28日
    • 発表者 : 八重樫元、磯貝雅道、吉川信幸
    • 開催場所 : 山形大学
  20. N遺伝子タバコの抵抗性を打破するTMV-Obへリカーゼ領域の発現による発熱誘導
    • 会議名称 : 平成20年度日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月26日~2009年3月28日
    • 発表者 : 高橋翼、磯貝雅道、吉川信幸
  21. ブルーベリー赤色輪点ウイルス(仮称)の検定法の開発
    • 会議名称 : 平成21年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月26日~2009年3月28日
    • 発表者 : 磯貝雅道、石井厚次、吉川信幸
    • 開催場所 : 山形大学
  22. リンゴ小球形潜在ウイルスベクターを利用した各種草本植物でのウイルス誘導ジーンサイレンシング(VIGS)
    • 会議名称 : 平成21年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月26日~2009年3月28日
    • 発表者 : 山岸紀子、石原亜耶、高橋由佳里、田村顕裕、須貝友和、五十嵐亜紀、山形広輔、磯貝雅道、吉川信幸
  23. リンゴ実生苗でのウイルス誘導ジーンサイレンシング(VIGS)
    • 会議名称 : 平成21年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月26日~2009年3月28日
    • 発表者 : 佐々木慎太郎、山岸紀子、山形広輔、小森貞男、磯貝雅道、吉川信幸
  24. Transient expression of the coat protein of Apple chlorotic leaf spot virus inhibits the viral RNA accumulation in Nicotiana occidentalis
    • 会議名称 : 21st International Conference on virus and other graft transmissible diseases of fruit crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2009年7月5日~2009年7月10日
    • 発表者 : Y. Hajime, M. Isogai, and N. Yoshikawa
  25. Highly efficient method of inoculation of apple viruses to apple seedlings
    • 会議名称 : 21st International Conference on virus and other graft transmissible diseases of fruit crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2009年7月5日~2009年7月10日
    • 発表者 : N. Yamagishi, S. Shintarou, and N. Yoshikawa
  26. 日本でのBlueberry fruit drop associated virusの検出
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年10月29日~2009年10月30日
    • 発表者 : 磯貝雅道、石井厚次、渡邊学、吉川信幸
  27. リンゴ小球形潜在ウイルスのリンゴにおける花粉および種子伝染
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年10月29日~2009年10月30日
    • 発表者 : 中村和也、山岸紀子、磯貝雅道、小森貞男、伊藤 伝、吉川信幸
  28. リンゴ小球形潜在ウイルスベクターのダイズへの接種部位と全身感染率
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年10月29日~2009年10月30日
    • 発表者 : 山岸紀子、吉川信幸
  29. ニホンナン実生苗でのウイルス誘導ジーンサイレンシング(VIGS)
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年10月29日~2009年10月30日
    • 発表者 : 佐々木慎太郎、山岸紀子、小森貞男、磯貝雅道、吉川信幸
  30. リンゴ小球形潜在ウイルスベクタ-の基礎および応用研究への利用
    • 会議名称 : 日本神経ウイルス研究会第13回学術集会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2010年1月27日~2010年1月29日
    • 発表者 : 吉川信幸
    • 主催者 : 日本神経ウイルス研究会
  31. リンゴ小球形潜在ウイルスベクターを用いたリンゴ世代促進
    • 会議名称 : 園芸学会平成22年度春季大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年3月21日~2010年3月22日
    • 発表者 : 山岸紀子・佐々木慎太郎・長瀬桃代・小森貞男・和田雅人・山本俊哉・吉川信幸
  32. 交配から開花までを2年で経過させるためのリンゴ育苗方法の検討
    • 会議名称 : 園芸学会平成22年度春季大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年3月21日~2010年3月22日
    • 発表者 : 小森貞男・山本翔太・高岸香里・原田温子・安達義輝・渡邉 学・副島淳一・吉川信幸・壽松木章
  33. ウリ科植物病原ウイルス遺伝子の一部を挿入したリンゴ小球形潜在ウイルスベクターの干渉効果
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年4月18日~2010年4月20日
    • 発表者 : 吉川信幸他
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 国立京都国際会館
  34. In situ hybridizationによるリンゴ小球形潜在ウイルスの茎頂組織での分布の解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年4月18日~2010年4月20日
    • 発表者 : 「山岸紀子」「佐々木慎太郎」「中村和也」「吉川信幸」
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 国立京都国際会館
  35. 日本のブルーベリーから検出されたトチウイルス様2本鎖RNAの解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年4月18日~2010年4月20日
    • 発表者 : 磯貝雅道・吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 国立京都国際会館
  36. 黄化症状を呈したブルーベリーから検出されたクロステロウイルス様RNA
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年10月4日~2010年10月5日
    • 発表者 : 磯貝雅道、石井厚次、村松佐紀、渡邊学、吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会東北部会
    • 開催場所 : コラッセふくしま
  37. 異なるサイズのズッキー二黄斑モザイクウイルス(ZYMV)ゲノム配列を挿入したリンゴ小球形潜在ウイルスベクター(ALSV)のZYMVに対する干渉効果
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年10月4日~2010年10月5日
    • 発表者 : 吉川信幸他
    • 主催者 : 日本植物病理学会東北部会
    • 開催場所 : コラッセふくしま
  38. ダイズモザイクウイルス(SMV)遺伝子の一部を挿入したリンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクターのSMVに対する干渉効果
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年10月4日~2010年10月5日
    • 発表者 : 山岸紀子、吉川信幸
    • 主催者 : 日本植物病理学会東北部会
    • 開催場所 : コラッセふくしま
  39. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)を用いたジャガイモ植物におけるジーンサイレンシング法の確立
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月27日~2011年3月29日
    • 発表者 : 「河合裕美」「加藤大明」「山岸紀子」「吉川信幸」「竹本大吾」「川北一人」
    • 主催者 : 日本植物病理学会
    • 開催場所 : 東京農工大
  40. Blueberry latent virusの日本のハイブッシュブルーベリーからの検出
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月27日~2011年3月29日
    • 発表者 : 磯貝雅道、中村達人、渡邊学、山岸紀子、吉川信幸
  41. バラ科果樹での効率的なウイルス誘導ジーンサイレンシング(VIGS)
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月27日~2011年3月29日
    • 発表者 : 山岸紀子・佐々木慎太郎・吉川信幸
  42. ズッキー二黄斑モザイクウイルス(ZYMV)とキュウリモザイクウイルス(CMV)の両ゲノム配列を同時に挿入したリンゴ小球形潜在ウイルスベクター(ALSV)のZYMVとCMVに対する干渉効果
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月27日~2011年3月29日
    • 発表者 : 「加藤貴央」「田村顕裕」「中村裕子」「磯貝雅道」「夏秋知英」「吉川信幸」
  43. ズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)ゲノムの異なる領域の配列を挿入したリンゴ小球形潜在ウイルスベクター(ALSV)のZYMVに対する干渉効果
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月27日~2011年3月29日
    • 発表者 : 「滝 文希」「田村顕裕」「中村裕子」「磯貝雅道」「夏秋知英」「吉川信幸」
  44. Blueberry viruses detected in blueberry trees in Japan
    • 会議名称 : XV International Congress of Virology
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月11日~2011年9月16日
    • 発表者 : M. Isogai, S. Muramatu, T. Nakamura, M. Watanabe, and N. Yoshikawa
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター
  45. Use of Apple latent spherical virus vector expressing the Arabidopsis thaliana FT gene for promotion of flowering in various plant species
    • 会議名称 : XV International Congress of Virology
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月11日~2011年9月16日
    • 発表者 : > Yamagishi, S. Sasaki, K. Yamagata, S. Komori, M. Nagase, M. Wada, T. Yamamoto, N. Yoshikawa
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター
  46. Use of Apple latent spherical vectors as plant virus vaccines for the control of plant virus diseases
    • 会議名称 : XV International Congress of Virology
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月11日~2011年9月16日
    • 発表者 : N. Yoshikawa, A. Tamura, T. Kato, A. Taki, N. Yamagishi, M. Iosgai, BS. Ryo, M. Fujinaga, Y. Kosaka, T. Natsuaki, and K. Harada
  47. 我が国のブルーベリーから検出された新規クロステロウイルスの全ゲノム塩基配列
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年10月31日~2011年11月1日
    • 発表者 : 村松佐紀・渡邉 学・吉川信幸・磯貝雅道
  48. ネポウイルス属サブグループCに所属する新種ウイルスの特性
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年10月31日~2011年11月1日
    • 発表者 : 磯貝雅道・中村達都・渡邉 学・吉川信幸
  49. 2種のポティウイルスに対するリンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)の干渉効果
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年10月31日~2011年11月1日
    • 発表者 : 加藤貴央・磯貝雅道・夏秋知英・吉川信幸
  50. インゲンマメ黄斑モザイクウイルス(BYMV)のゲノム配列を挿入したリンゴ小球形潜在ウイルスベクター(ALSV)のBYMVに対する干渉効果
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年10月31日~2011年11月1日
    • 発表者 : 曽根美佳子・高橋 翼・磯貝雅道・夏秋知英・吉川信幸
  51. 2種の蛍光タンパク質(YFPとCFP)で標識したリンゴ小球形潜在ウイルス(YFP-ALSVとCFP-ALSV)を同時混合接種した植物組織での両ALSV株の分布
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年10月31日~2011年11月1日
    • 発表者 : 佐藤希望・磯貝雅道・吉川信幸
  52. 黄化症状を呈したレッドラズベリー樹からのRaspberry bushy dwarf virusの検出
    • 会議名称 : 平成24年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月28日
    • 発表者 : 磯貝雅道・吉田真莉・今西弘幸・吉川信幸
  53. トスポウイルスゲノム配列を挿入したリンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクターの3種トスポウイルスに対する干渉効果
    • 会議名称 : 平成24年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月28日~2012年3月30日
    • 発表者 : 滝 文希1・磯貝雅道1・藤 晋一・梁 宝成・藤永真史・小坂能尚・夏秋知英・花田 薫・吉川信幸
  54. 病原ウイルスゲノム配列を挿入したリンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ワクチン株によるウイルス感染植物の治療効果
    • 会議名称 : 平成24年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月28日~2012年3月30日
    • 発表者 : 加藤貴央・曽根美佳子・山岸紀子・磯貝雅道・夏秋知英・吉川信幸
  55. 外来ペプチド提示型リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクターの構築
    • 会議名称 : 平成24年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月28日~2012年3月30日
    • 発表者 : 李 春江・山岸紀子・磯貝雅道・海道真典・吉川信幸
  56. リンゴ小球形潜在ウイルスベクタ-を用いたサクラ属果樹の遺伝子機能評価系の開発
    • 会議名称 : 園芸学会平成24年度春期大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月28日~2012年3月29日
    • 発表者 : 河井崇、長山枝里香、赤木剛士、山根久代、山岸紀子、吉川信幸、田尾龍太郎
  57. FT発現リンゴ小球形潜在ウイルスベクター感染によるリンドウ科植物の開花促進
    • 会議名称 : 園芸学会平成24年度春期大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月28日~2012年3月29日
    • 発表者 : 沢村源太、山岸紀子、藤原一道、吉川信幸
  58. リンゴ小球形潜在ウイルスベクターを利用した各種植物FTタンパク質の開花促進効果
    • 会議名称 : 日本育種学会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月29日~2012年3月30日
    • 発表者 : 山岸紀子、八木皓平、中村裕子,吉川信幸
  59. Deep sequence analysis of viral small RNAs from a green crinkle-diseased apple tree. 22nd International Conference on Virus and other Graft Transmissible Diseases of Fruit Crops
    • 会議名称 : 22nd International Conference on Virus and other Graft Transmissible Diseases of Fruit Crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年6月2日~2012年6月8日
    • 発表者 : Yoshikawa, N., Yamagishi, N., Yaegashi ,H and Ito, T.
  60. Apple latent spherical virus vectors for cross protection against Zucchini yellow mosaic virus. 22nd International Conference on Virus and other Graft Transmissible Diseases of Fruit Crops
    • 会議名称 : 22nd International Conference on Virus and other Graft Transmissible Diseases of Fruit Crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年6月2日~2012年6月8日
    • 発表者 : Kato, T., Tamura, A., Natsuaki, T., and Yoshikawa, N.
  61. ラズベリー黄化ウイルスの花粉による水平伝染の解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月13日~2012年9月14日
    • 発表者 : 1. 中野渡千光・今西弘之・吉川信幸・磯貝雅道
  62. ラズベリ-黄化ウイルスの日本分離株の全ゲノム解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月13日~2012年9月14日
    • 発表者 : 2. 磯貝雅道・吉川信幸
  63. リアルタイムPCRによるリンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)の検出と定量
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月13日~2012年9月14日
    • 発表者 : 3. 岸上隆介・山岸紀子・磯貝雅道・吉川信幸
  64. トマト黄化えそウイルス(TSWV)ゲノム配列を挿入したリンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ワクチン株を前接種したトルコギキョウのTSWVに対する干渉効果
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月13日~2012年9月14日
    • 発表者 : 滝 文希・磯貝雅道・小坂能尚・夏秋知英・吉川信幸
  65. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)粒子表面への外来ペプチドの提示
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月13日~2012年9月14日
    • 発表者 : 李 春江・磯貝雅道・海道真典・吉川信幸
  66. ラズベリー黄化ウイルスの花粉による垂直伝染の解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月27日~2013年3月29日
    • 発表者 : 6. 磯貝雅道・中野渡千光・吉川信幸
  67. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクターのカンキツ類への感染
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月27日~2013年3月29日
    • 発表者 : 7. 八木皓平・山岸紀子・李 春江・吉川信幸
  68. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクターの効率的アグロ接種法
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月27日~2013年3月29日
    • 発表者 : 佐藤希望・今 辰哉・山岸紀子・李 春江・吉川信幸
  69. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクターによるウイルス誘導性転写型遺伝子サイレンシング(VITGS)
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月27日~2013年3月29日
    • 発表者 : 今 辰哉・吉川 信幸
  70. リンゴ奇形果病罹病樹の次世代シークエンスによるバイローム解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月27日~2013年3月29日
    • 発表者 : 10. 吉川信幸・斉藤邦亮・山岸紀子・八重樫元・伊藤 伝
  71. オウトウ芽枯病罹病樹の次世代シークエンスによるバイローム解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月27日~2013年3月29日
    • 発表者 : 斉藤邦亮・山岸紀子・後藤新一・八重樫元・伊藤 伝・磯貝雅道・吉川信幸
  72. リアルタイムPCRによるリンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)のリンゴ種子胚および実生苗からの検出
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月27日~2013年3月29日
    • 発表者 : 岸上隆介・山岸紀子・伊藤 伝・吉川信幸
  73. リンゴの1世代を1年に短縮する世代促進技術
    • 会議名称 : 園芸学会平成25年度春季大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月27日~2013年3月28日
    • 発表者 : 山岸紀子・吉川信幸
  74. ウイルスRNAのIn Vitro転写系を利用したリンゴ奇形果病と輪状さび果病からのウイルスの分離
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年6月2日~2014年6月4日
    • 発表者 : 岸上隆介他
  75. ラズベリー黄化ウイルスの花粉による水平伝染の初期感染部位の解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年6月2日~2014年6月4日
    • 発表者 : 吉田 哲他
  76. バイローム解析で明らかになった芽枯病罹病オウトウ樹の多重ウイルス感染
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年6月2日~2014年6月4日
    • 発表者 : 吉川信幸他
  77. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクターによる植物内在性遺伝子のウイルス誘導性転写型遺伝子サイレンシング(VITGS)
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年6月2日~2014年6月4日
    • 発表者 : 今 辰哉他
  78. 植物ウイルスのRNAサイレンシングサプレッサーを発現するリンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクターのベンサミアナタバコでの病原性
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年6月2日~2014年6月4日
    • 発表者 : 李 春江他
  79. リンゴ小球形潜在ウイルスの全身感染に及ぼすカボチャ実生の成育ステージの影響
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年6月2日~2014年6月4日
    • 発表者 : 山岸紀子他
  80. 潜在性ウイルスを利用した植物の開花制御等による今後の育種展望
    • 会議名称 : 岩手県園芸育種研究会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2014年6月19日
    • 発表者 : 吉川信幸
  81. RNAウイルスベクタ―を利用した植物の機能解析と機能改変
    • 会議名称 : 日本植物学会第78回大会シンポジウム「植物バイオマスの理解と活用による二酸化炭素の資源化を目指して 」
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2014年9月13日
    • 発表者 : 吉川信幸
    • 開催場所 : 東京
  82. モザイク症状を示すリンゴから分離された新規イラルウイルス[リンゴえそモザイクウイルス、Apple necrotic mosaic virus(NMV)](仮称)について
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月25日~2014年9月26日
    • 発表者 : 野田浩気他
  83. 感染リンゴ樹試料からRT-PCRとIn Vitro転写で合成したリンゴウイルスRNAのリンゴ実生への感染
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月25日~2014年9月26日
    • 発表者 : 岸上隆介他
  84. 日本でのBlueberry mosaic associated virusの検出
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月25日~2014年9月26日
    • 発表者 : 磯貝雅道他
  85. ラズベリー黄化ウイルスのORF1bにコードされる12kDaタンパク質の機能解析
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月25日~2014年9月26日
    • 発表者 : 志村拓哉他
  86. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)のオウトウ、モモおよびブドウ実生への感染とVIGSの誘導
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月25日~2014年9月26日
    • 発表者 : 前田清明他
  87. 果樹類の世代促進技術
    • 会議名称 : 第14回RIBSバイオサイエンスシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2014年11月14日
    • 発表者 : 吉川信幸
    • 開催場所 : 岡山
  88. 植物ウイルスの機能を活用した果樹類の早期開花技術
    • 会議名称 : 第9回東北育種研究集会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2014年11月15日
    • 発表者 : 吉川信幸
  89. 植物ウイルスの機能を活用した果樹類の早期開花と世代促進
    • 会議名称 : 植物科学シンポジウム2014 「科学技術イノベーションを目指した植物科学の進展」
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2014年12月3日
    • 発表者 : 吉川信幸
    • 開催場所 : 東京
  90. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)感染リンゴ個体からのALSVを含まない組織の獲得
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月28日~2015年3月31日
    • 発表者 : 山岸紀子他
  91. リンゴモザイク病に見出された新規イラルウイルス[リンゴえそモザイクウイルス,Apple necrotic mosaic virusu(ApNMV)](仮称)について
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月28日~2015年3月31日
    • 発表者 : 野田浩気他
  92. ラズベリー黄化ウイルスのORF1bの欠失変異株の異種ウイルスのRNAサイレンシングサプレッサーによる相補
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月28日~2015年3月31日
    • 発表者 : 志村拓哉他
  93. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクタ―によるオウトウおよびブドウでの外来遺伝子の発現
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月28日~2015年3月31日
    • 発表者 : 前田清明他
  94. 改良型リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクタ―のVIGS誘導能、複数遺伝子の同時発現/抑制および安定性
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月28日~2015年3月31日
    • 発表者 : 李 春江他
  95. Apple latent spherical virus vectors: a tool for new plant breeding techniques.
    • 会議名称 : 23rd International Conference on virus and other graft transmissible diseases of fruit crops
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2015年6月8日~2015年6月12日
    • 発表者 : N. Yoshikawa
  96. Promotion of flowering in apple and pear seedlings by Apple latent virus (ALSV) vectors and elimination of ALSV from infected seedlings by heat treatment.
    • 会議名称 : 23rd International Conference on virus and other graft transmissible diseases of fruit crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月8日~2015年6月12日
    • 発表者 : N. Yamagishi and N. Yoshikawa
  97. Expression of a foreign gene and suppression of an endogenous gene in sweet cherry and grapevine by Apple latent spherical virus.
    • 会議名称 : 23rd International Conference on virus and other graft transmissible diseases of fruit crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月8日~2015年6月12日
    • 発表者 : K. Maeda, K. Yagi, T. Momma, M. Kawasaki, N. Yamagishi, C. Li, and N. Yoshikawa
  98. Virus induced gene silencing of endogenous genes and expression of Flowering locus T gene in citrus plants by Apple latent spherical virus vector.
    • 会議名称 : 23rd International Conference on virus and other graft transmissible diseases of fruit crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月8日~2015年6月12日
    • 発表者 : K. Yagi, M. Itoh, N. Yamagishi, C. Li, and N. Yoshikawa
  99. Promotion of flowering in Japanese gentian by the infection of Apple latent spherical virus (ALSV) vectors expressing Flowering locus T genes.
    • 会議名称 : 23rd International Conference on virus and other graft transmissible diseases of fruit crops
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月8日~2015年6月12日
    • 発表者 : R. Fekih, N. Yamagishi and N. Yoshikawa
  100. Apple latent spherical virus vector as vaccines for the prevention and treatment of plant virus diseases.
    • 会議名称 : 23rd International Conference on virus and other graft transmissible diseases of fruit crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月8日~2015年6月12日
    • 発表者 : N. Yoshikawa, M. Kimura, N. Satoh, A. Taki, A. Tamura, N. Yamagishi, and C. Li
  101. Presentation of epitope sequences from foreign viruses on the surface of Apple latent spherical virus vectors.
    • 会議名称 : 23rd International Conference on virus and other graft transmissible diseases of fruit crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月8日~2015年6月12日
    • 発表者 : C. Li, and N. Yoshikawa
  102. Expression of heterologous viral RNA silencing suppressors by Apple latent spherical virus (ALSV) vectors altered the pathogenesis and accumulation amount of ALSV in Nicotiana benthamiana.
    • 会議名称 : 23rd International Conference on virus and other graft transmissible diseases of fruit crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月8日~2015年6月12日
    • 発表者 : C. Li and N. Yoshikawa
  103. Isolation of Apple chlorotic leaf spot virus variants from a russet ring-diseased apple trees by in vitro transcription system and evaluation of their pathogenesis on fruits of apple.
    • 会議名称 : 23rd International Conference on virus and other graft transmissible diseases of fruit crops
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月8日~2015年6月12日
    • 発表者 : R. Kishigami, H. Yaegashi, N. Yamagishi, T. Ito and N. Yoshikawa
  104. Apple necrotic mosaic virus (ApNMV), a new virus classified into genus Ilarvirus, found in apple trees affected by a mosaic disease.
    • 会議名称 : 23rd International Conference on virus and other graft transmissible diseases of fruit crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月8日~2015年6月12日
    • 発表者 : H. Noda, N. Yamagishi, H. Yaegashi, M. Isogai, T. Ito and N. Yoshikawa
  105. Multiple virus infection in cherry trees affected by a bud blight disease.
    • 会議名称 : 23rd International Conference on virus and other graft transmissible diseases of fruit crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月8日~2015年6月12日
    • 発表者 : N. Yoshikawa, S. Oyamada, H. Yaegashi, S. Goto, N. Yamagishi, M. Isogai and T. Ito
  106. Cherry virus B, a new virus classified into genus Foveavirus found in a sweet cherry tree.
    • 会議名称 : 23rd International Conference on virus and other graft transmissible diseases of fruit crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月8日~2015年6月12日
    • 発表者 : S. Oyamada, H. Yaegashi, S. Goto, N. Yamagishi, M. Isogai, T. Ito, and N. Yoshikawa
  107. Blueberry mosaic associated virus detected in a highbush blueberry tree with mosaic symptoms in Japan.
    • 会議名称 : 23rd International Conference on virus and other graft transmissible diseases of fruit crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月8日~2015年6月12日
    • 発表者 : M. Isogai, K. Suzuki, S. Yashima, M. Watanabe, and N. Yoshikawa
  108. Development of a Raspberry bushy dwarf virus-based plant virus vector for virus-induced gene silencing.
    • 会議名称 : 23rd International Conference on virus and other graft transmissible diseases of fruit crops
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月8日~2015年6月12日
    • 発表者 : T. Shimura, T. Yoshida, N. Yoshikawa, and M. Isogai
  109. 花粉管によるラズベリー黄化ウイルスの胚のうへの導入.
    • 会議名称 : 平成27年度日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月28日~2015年9月29日
    • 発表者 : 磯貝雅道・吉田 哲・志村拓哉・吉川信幸
  110. リンゴモザイク病罹病樹での葉のモザイク症状とリンゴえそモザイクウイルス(ApNMV)分布の相関.
    • 会議名称 : 平成27年度日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月28日~2015年9月29日
    • 発表者 : 野田浩気・山岸紀子・八重樫 元・磯貝雅道・伊藤 伝・吉川信幸
  111. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクタ―技術を利用したブドウの開花促進.
    • 会議名称 : 平成27年度日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月28日~2015年9月29日
    • 発表者 : 前田清明・川崎未央子・佐藤誉子・門馬孝之・李 春江・磯貝雅道・中島育子・山下裕之・吉川信幸
  112. AtFT発現とTFL1-1の発現抑制を同時に誘導するALSVベクタ―(ALSV-AtFT/PcTFL1)のセイヨウナシに対する早期開花誘導.
    • 会議名称 : 平成27年度日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月28日~2015年9月29日
    • 発表者 : 山岸紀子・李 春江・吉川信幸
  113. 花粉管の柱頭への侵入はリンドウ子房輪紋ウイルスの花粉による水平伝染に関与している
    • 会議名称 : 平成28年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月21日~2016年3月23日
    • 発表者 : 磯貝雅道・鎌田由希恵・安藤俊平・白川明日佳・関根健太郎・吉川信幸
  114. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)のリンゴ、セイヨウナシ、およびニホンナシでの全身感染の様相
    • 会議名称 : 平成28年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月21日~2016年3月23日
    • 発表者 : 山岸紀子・吉川信幸
  115. 3種類の遺伝子を同時に発現/抑制するリンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクタ―のリンゴ実生への感染
    • 会議名称 : 平成28年度日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月21日~2016年3月23日
    • 発表者 : 李 春江・山岸紀子・吉川信幸
  116. DNAマーカーを利用したリンゴ品種の病害抵抗性および果実形質の評価.
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月29日~2016年9月30日
    • 発表者 : 菊池哲平・笠島一郎・山岸紀子・磯貝雅道・吉川信幸
  117. メガヌクレアーゼI-Sce Iを発現する植物ウイルスベクタ―を用いた標的遺伝子への変異導入.
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月29日~2016年9月30日
    • 発表者 : 野田浩気・笠島一郎・磯貝雅道・遠藤真咲・土岐精一・夏秋知英・吉川信幸
  118. 高温処理による感染ブドウ樹でのリンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)の増殖と全身移行の阻害.
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月29日~2016年9月30日
    • 発表者 : 前田清明・磯貝雅道・山下裕之・吉川信幸
  119. リンドウでのリンゴ小球形潜在ウイルスの種子伝染の調査.
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月29日~2016年9月30日
    • 発表者 : 鎌田和樹・山岸紀子・磯貝雅道・吉川信幸
  120. リンドウ子房輪紋ウイルスの花粉による垂直伝染の解析.
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月29日~2016年9月30日
    • 発表者 : 磯貝雅道・鎌田由希恵・安藤俊平・関根健太郎・吉川信幸
  121. ラズベリー黄化ウイルス(RBDV)のゲノムにコードされる1b遺伝子の機能解析.
    • 会議名称 : 日本植物病理学会東北部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月29日~2016年9月30日
    • 発表者 : 松平昴士・志村拓哉・吉川信幸・磯貝雅道
  122. 花器官の葉化誘導因子ファイロジェンは異なる複数の科の植物に葉化を誘導する.
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年4月26日~2017年4月28日
    • 発表者 : 岩渕 望・北沢優悟・鯉沼宏章・二條貴通・吉田哲也・吉川信幸・前島健作・大島研郎・難波成任
  123. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクタ―で世代促進したリンドウ由来の後代実生からはALSVは検出されない.
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年4月26日~2017年4月28日
    • 発表者 : 鎌田和樹・山岸紀子・磯貝雅道・吉川信幸
  124. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクタ―のリンドウ育種への利用.
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年4月26日~2017年4月28日
    • 発表者 : 山岸紀子・鎌田和樹・日影孝志・吉川信幸
  125. ハバネロのアミノトランスフェラーゼ(pAMT)のウイルス誘導ジーンサイレンシング(VIGS)がカプサイシンとカプシエイト合成に及ぼす影響.
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年4月26日~2017年4月28日
    • 発表者 : 李 春江・及川夏綺・平野博人・吉川信幸
  126. リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクタ―を用いたヒロハマンテ遺伝子機能解析系の確立
    • 会議名称 : 日本植物病理学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年4月26日~2017年4月28日
    • 発表者 : 藤田尚子・山岸紀子・佐々木舞衣・有江 力・吉川信幸・小松 健
学術関係受賞
  1. 日本植物病理学会学術奨励賞
    • 受賞年月日 : 1988年1月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 吉川 信幸
  2. 日本植物病理学会学会賞
    • 受賞年月日 : 2012年3月28日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 吉川信幸
  3. 平成28年度科学技術分野の文部科学大臣表彰ー科学技術賞(研究部門)
    • 受賞年月日 : 2016年4月20日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 吉川信幸・山岸紀子
    • 内容 :
      ウイルスベクタ―を利用した果樹の開花促進に関する研究
工業所有権
  1. ウイルスフリー植物個体の作出方法
    • 工業所有権区分 : 特許
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2003年4月~2006年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2003年度・6,500,000円・0円
      2004年度・2,700,000円・0円
      2005年度・3,100,000円・0円
      2006年度・3,200,000円・0円
  2. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2006年4月~2009年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2006年度・0円・0円
      2007年度・0円・0円
      2008年度・0円・0円
  3. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2007年4月~2010年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2007年度・1,000,000円・0円
      2008年度・300,000円・0円
      2009年度・200,000円・0円
  4. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2008年4月~2011年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2008年度・7,700,000円・2,310,000円
      2009年度・3,100,000円・930,000円
      2010年度・2,800,000円・840,000円
  5. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2012年4月~2015年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2012年度・8,000,000円・2,400,000円
      2013年度・2,500,000円・750,000円
      2014年度・2,700,000円・810,000円
      2015年度・1,600,000円・480,000円
その他競争的資金獲得実績
  1. 21世紀COEプログラム
    • 資金支給期間 : 2004年4月~2009年3月
    • 研究内容 :
      熱-生命システム相関学創成:生物の寒冷応答機構の解明
  2. 平成22年度岩手大学研究拠点形成・重点研究支援経費
    • 資金支給期間 : 2010年12月~2013年3月
    • 研究内容 :
      ALSVベクターを利用した果樹早期開花技術、遺伝子機能解析技術等
  3. 戦略的イノベーション創造プログラム(次世代農林水産業創造技術)
    • 資金支給期間 : 2016年4月~2018年3月
    • 研究内容 :
      本プロジェクトでは、ALSVベクターによる早期開花技術を利用して、果樹・花卉の品種育成期間を大幅に短縮する次の3研究課題に取り組む。
      (1)ALSVベクタ―技術による花開くエゾリンドウ品種の育種
      担当:八幡平市花卉研究開発センター・岩手大学
      (2)ALSVベクタ―技術による四季なり性ブドウ母本の育成
      担当:山梨大学・岩手大学
      (3)「ALSVベクタ―技術によるカンキツかいよう病抵抗性品種の素材育成」
      担当:農研機構果樹研究所・岩手大学
      (1)〜(3)の研究項目において、岩手大学は開花促進用ALSVベクターの調製、各対象植物への接種と感染確認、感染個体の育成と開花促進を担当し、各研究機関と連携し、目標を達成する。
  4. 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
    • 資金支給期間 : 2016年4月~2018年3月
    • 研究内容 :
      わが国農業の成長産業化や農産物の輸出拡大、農業活性化による地域創成には、従来の農業技術では達成できなかった革新的な新技術の創出が必要である。例えば、国産農産物の「強み」を生み出す画期的な新品種の開発を加速化する技術開発は重要課題の一つであろう。代表機関の岩手大学農学部は、シーズ創出ステージにおいて、植物に無害な潜在性ウイルス(リンゴ小球形潜在ウイルス、ALSV)を遺伝子の発現および抑制用のツール(ALSVベクター)に改変し、植物の開花促進遺伝子(FT)の発現と開花抑制遺伝子(TFL)の発現抑制を同時に誘導することで、従来5〜12年を要していた果樹(リンゴ・セイヨウナシ)の開花時期を発芽後1~2ヶ月に短縮し、さらに1世代を1年以内に完了できる世界的に例のないリンゴ・ナシの世代促進技術を開発した(Yamagishi et al., Plant Biotech. J. 12: 60-68, 2014)。またALSVベクタ―の特徴である転写後型(VIGS)および転写型(VITGS、DNAメチル化)のRNAサイレンシング誘導能を利用することで、果樹、野菜、花卉類の遺伝子機能解析ならびに遺伝子機能改変(エピゲノム変異誘導)を可能とするRNAi技術を開発した(Kon and Yoshikawa, Frontiers in Microbiol. 5: 595, 2014: Sasaki et al. Plant Methods 7: 15-25, 2011: Yamagishi and Yoshikawa, Methods in Mol. Biol. 975: 167-181, 2013)。ALSVベクタ―を用いた植物の早期開花技術は、果樹以外にリンドウ・トルコギキョウなどの花卉類やダイズなどにも応用できる技術であり、さらに、この早期開花技術で得られた後代(次世代)の個体にはALSVベクター(組換えウイルス)は存在せず、植物ゲノム自体の改変も起こっていないので遺伝子組換え植物には相当しないことなど、新植物育種技術(NBT)としての利用が大いに期待される。
      こうした研究実績を踏まえ、発展融合ステージでは、味の素株式会社イノベーション研究所フロンティア研究所、農研機構・野菜花き研究部門、社団法人岩手生物工学研究センターと共同研究体制を組み、ALSVベクタ―の早期開花技術とRNAi技
所属学会・委員会
  1. ICVF (1988年4月1日~継続中)
  2. 国際園芸学会 (2000年4月~継続中)
  3. 園芸学会 (2009年2月1日~継続中)
  4. 日本植物細胞分子生物学会 (2014年4月1日~継続中)
  5. 日本植物病理学会 (9999年1月1日~継続中)
  6. 北日本病害虫研究会 (9999年1月1日~継続中)
  7. 日本ウイルス学会 (9999年1月1日~継続中)
  8. The American Phytopathological Society (9999年1月1日~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 日本植物病理学会 植物ウイルス分類委員会委員(2000年4月~継続中)
  2. 北日本病害虫研究会 評議員(2000年4月1日~2013年3月31日)
  3. 日本植物病理学会 評議員(2004年4月~継続中)
  4. 日本植物病理学会 東北部会長(2007年4月~2009年3月31日)
  5. 日本植物病理学会 原著編集委員(2008年4月1日~2014年3月31日)
  6. ICVF Sceintific committeeメンバー(2008年4月1日~継続中)
  7. 日本植物病理学会 植物ウイルス病研究会代表(2010年4月~継続中)
  8. 日本植物病理学会 植物ウイルス分類委員会委員長(2010年4月1日~継続中)
  9. ICVF ICVF代表(2012年4月1日~継続中)
  10. 日本植物病理学会 100周年記念事業実行委員会(2013年4月1日~2015年3月31日)
  11. 日本植物病理学会 賞選考委員(2013年4月1日~継続中)
  12. 日本植物病理学会 国際化対応委員会(2014年4月1日~継続中)
  13. 日本植物病理学会 国際微生物連合(IUMS)ウイルス分類委員(2014年4月1日~継続中)
  14. 日本植物病理学会 植物ウイルス分類委員会委員長(2015年4月~2016年3月)
  15. 日本植物病理学会 植物ウイルス病研究会代表(2015年4月~継続中)
  16. ICVF 代表(2016年4月~2017年3月)
  17. 日本植物病理学会 評議員(2016年4月1日~継続中)
  18. 日本植物病理学会 植物ウイルス病研究会代表(2016年4月1日~継続中)
  19. 日本植物病理学会 植物ウイルス分類委員会委員長(2016年4月1日~2017年3月31日)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 日本植物病理学会第4回教育プログラム (2007年8月)
    • 参加者数 : 20人
  2. 平成21年度日本植物病理学会大会プログラム委員長 (2009年3月)
    • 参加者数 : 900人
  3. 23rd International Conference on virus and other graft transmissible diseases of fruit crops (2015年6月)
    • 参加者数 : 90人
  4. 平成29年度日本植物病理学会大会 (2017年4月)
    • 参加者数 : 800人
学会活動2(国際会議などの座長)
  1. T. candresse and N. Yoshikawa [XV International Congress of Virology (2011年9月)]
  2. N. Yoshikawa [23rd International Conference on virus and other graft transmissible diseases of fruit crops (2015年6月)]
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. 日本植物病理学会 [査読 (2004年12月)]
  2. 日本植物病理学会 [編集 (2005年12月)]
  3. Journal of General Plant Pathology [査読 (2006年11月)]
  4. Plant Disease [査読 (2007年12月)]
  5. Journal of General Plant Pathology [編集 (2008年4月)]
  6. Journal of General Plant Pathology [査読 (2008年6月)]
  7. Journal of General Plant Pathology [編集 (2008年7月)]
  8. Plant Disease [査読 (2008年8月)]
  9. European Journal of Plant Pathology [査読 (2008年11月)]
  10. Virus Research [査読 (2008年11月)]
  11. Journal of General Plant Pathology [編集 (2009年1月)]
  12. Journal of General Plant Pathology [編集 (2009年3月)]
  13. Journal of General Plant Pathology [編集 (2009年4月)]
  14. Plant Disease [査読 (2009年5月)]
  15. Journal of General Plant Pathology [査読 (2009年5月)]
  16. Journal of General Plant Pathology [編集 (2009年8月)]
  17. Journal of General Plant Pathology [査読 (2009年9月)]
  18. Journal of General Plant Pathology [編集 (2009年10月)]
  19. Archives of Virology [査読 (2010年2月)]
  20. European Journal of Plant Pathology [査読 (2010年3月)]
  21. Journal of Plant Pathology [査読 (2010年3月)]
  22. Planta [査読 (2010年3月)]
  23. Journal of General Plant Pathology [編集 (2010年3月)]
  24. JGPP [編集 (2010年4月)]
  25. Journal of General Plant Pathology [査読 (2010年6月)]
  26. Virus Research [査読 (2010年10月)]
  27. Archives of Virology [査読 (2010年12月)]
  28. Plant Disease [査読 (2010年12月)]
  29. Journal of General Virorogy [査読 (2011年1月)]
  30. Plant Methods [査読 (2011年4月)]
  31. Archives of Virology [査読 (2011年5月)]
  32. Virus Research [査読 (2011年9月)]
  33. Plant Biotechnology Journal [査読 (2011年12月)]
  34. Virus Research [査読 (2012年2月)]
  35. Virus Research [査読 (2012年3月)]
  36. Journal of General Plant Pathology [編集 (2012年3月)]
  37. Archives of Virology [査読 (2012年8月)]
  38. Archives of Virology [査読 (2012年12月)]
  39. European Jpurnal of Plant pathology [査読 (2012年12月)]
  40. Jourbal of Virological Methods [査読 (2012年12月)]
  41. Plant Biotechnology Journal [査読 (2013年2月)]
  42. Plant Boptechnology Journal [査読 (2013年6月)]
  43. Archives of Virology [査読 (2013年7月)]
  44. Plant Molecular Biology Reports [査読 (2013年11月)]
  45. Archives of Virology [査読 (2013年11月)]
  46. European Jpurnal of Plant pathology [査読 (2013年12月)]
  47. Virus Research [査読 (2013年12月)]
  48. Journal of Integrative Agriculture [査読 (2014年3月)]
  49. JGPP [査読 (2014年4月)]
  50. Virus Research [査読 (2014年5月)]
  51. European Jpurnal of Plant pathology [査読 (2014年6月)]
  52. Virus Research [査読 (2014年6月)]
  53. Journal of Integrative Agriculture [査読 (2014年6月)]
  54. JGPP [査読 (2014年7月)]
  55. Virus Research [査読 (2014年10月)]
  56. Archives of Virology [査読 (2014年12月)]
マスメディアによる報道
  1. 2012年度
    • 朝日新聞 2012年8月22日
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 全国報道
    • 日本経済新聞 2012年8月28日
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 全国報道
  2. 2013年度
    • 日本農業新聞 2013年6月20日
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 全国報道
    • 日本経済新聞 2013年10月4日
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • YAHOOニュース 2013年10月8日
      • 報道区分 : インターネット
      • メディア区分 : 全国報道
    • 読売新聞 2013年10月3日
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • 読売新聞 2013年10月2日 夕刊
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 全国報道
    • 盛岡タイムズ 2013年10月5日(1面)
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
  3. 2017年度
    • 岩手日報 2017.1.6 朝刊26面
      リンドウ 海外で花開け
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • 日本経済新聞 2017.1.6 朝刊 34面
      リンドウ花開け
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 全国報道
    • 毎日新聞 2017.1.11 朝刊 岩手版 22
      花開けエゾリンドウ
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • デーリー東北 2017. 1. 9
      リンドウ異国で花開け
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • 東奥日報 2017.1.6
      つぼみリンドウ 咲く花に改良
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
その他研究成果の特記すべき事項
  1. 2009年度
    • 岩手大学農学部植物病理研究室で開発したリンゴ小球形潜在ウイルスベクターに関する論文を発表(2009年3月)すると同時に、海外の約25の研究機関(大学、研究所)、国内7機関(大学、農水)からウイルスベクターの分譲依頼があり、地域連携推進センターの協力でMTAの取り交わし後に、ベクターを無償配布している。
  2. 2010年度
    • (1)岩手大学農学部植物病理研究室で開発したリンゴ小球形潜在ウイルスベクターは、国内外を含め約60の研究機関(大学、研究所)から分譲依頼があり、地域連携推進センターの協力でMTAの取り交わし後に、ベクターを無償配布している。

      (2)ST「サイエンスニュース」にて、農学部吉川教授の研究成果動画配信
      「リンゴ小球形潜在ウイルスベクターを用いた果樹・野菜の開花促進技術」が、日本科学技術振興機構(JST)が制作しているサイエンスニュース「最先端の科学技術情報」において、インタビューの様子や研究室の現状等が動画配信された。この研究成果は、リンゴ小球形潜在ウイルスシロイヌナズナの開花制御遺伝子であるFlowering locus T(FT)を繋ぎ、リンゴの発芽直後の種子(子葉)に感染させることで、なんと従来6~12年かかっていた実生苗の開花年限を大幅(1.5ヶ月)に短縮できる世界的にも前例のない技術である。
      JSTサイエンスニュースのページ
      【最先端の科学技術情報】『リンゴ小球形潜在ウイルスベクター』(http://sc-smn.jst.go.jp/sciencenews/frontier.html)(2010.11.17配信)
  3. 2013年度
    • 2013年度Vol.4 科研費News「最近の研究成果トピック」に掲載
  4. 2014年度
    • 岩手大学/研究重点教員
国・地方自治体等の委員歴
  1. 青森県商工労働部
    • 委員会等名 : 青森県立試験研究機関の研究開発に係る「専門的・技術的評価」
    • 役職名 : 外部評価委員
    • 就任期間 : 2005年9月~2005年9月
  2. (独)農業・食品産業技術総合研究機構
    • 委員会等名 : 平成18年度東北農業試験研究推進会議試験研究推進部
    • 役職名 : 外部評価委員
    • 就任期間 : 2007年2月~2007年2月
  3. 独立行政法人 日本学術振興会
    • 委員会等名 : 特別研究員等審査会
    • 役職名 : 専門委員
    • 就任期間 : 2007年8月~2009年7月
  4. 独立行政法人 日本学術振興会
    • 委員会等名 : 科学研究費委員会
    • 役職名 : 専門委員
    • 就任期間 : 2009年12月~2010年11月
  5. (社)農林水産情報技術会議
    • 委員会等名 : 平成22年度新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
    • 役職名 : 書面審査専門評価委員
    • 就任期間 : 2010年2月~2010年3月
  6. 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター
    • 委員会等名 : 「イノベーション創出のための基礎研究推進事業」平成22年度競争的資金事業
    • 役職名 : 専門委員
    • 就任期間 : 2010年9月~2011年3月
  7. 独立行政法人 日本学術振興会
    • 委員会等名 : 科研費審査員
    • 役職名 : 専門委員
    • 就任期間 : 2010年12月~2011年11月
  8. 農林水産情報技術会議
    • 委員会等名 : 平成23年度新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
    • 役職名 : 書面審査専門評価委員
    • 就任期間 : 2011年2月~2011年3月
  9. 農研機構・生物系特定産業技術研究支援センター
    • 委員会等名 : イノベーション創出基礎的研究推進事業
    • 役職名 : 書類専門審査員
    • 就任期間 : 2012年3月~2012年3月
  10. 日本学術振興会
    • 委員会等名 : 特別研究員等審査会および国際事業委員会
    • 役職名 : 専門委員および書面審査員
    • 就任期間 : 2013年8月~2014年7月
  11. 農林水産省委託事業
    • 委員会等名 : 「欧米における新たな育種技術の開発・規制政策や開発動向に関する調査業務」検討会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2013年8月~2014年3月
  12. 公立大学法人 宮城大学
    • 委員会等名 : 人事委員会
    • 役職名 : 外部専門委員
    • 就任期間 : 2014年2月~2014年2月
  13. 日本学術振興会
    • 委員会等名 : 特別研究員等審査会および国際事業委員会書面審査員・書面評価委員
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2014年8月~2015年7月
  14. 農林水産省
    • 委員会等名 : 農林水産省・食品産業科学技術研究推進事業評価分科会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2014年11月~継続中
  15. 岩手県
    • 委員会等名 : 公益財団法人岩手生物工学研究センター
    • 役職名 : 理事
    • 就任期間 : 2015年6月~継続中
  16. 農水省
    • 委員会等名 : 農林水産省・食品産業科学技術研究推進事業評価分科会
    • 役職名 : 評価委員
    • 就任期間 : 2016年4月~継続中
  17. 岩手県
    • 委員会等名 : 岩手生物工学研究センター
    • 役職名 : 理事
    • 就任期間 : 2016年4月~継続中
  18. 日本学術振興会
    • 委員会等名 : 科学研究費委員会
    • 役職名 : 専門委員および書面審査員
    • 就任期間 : 2016年12月~2017年11月
企業・団体等への指導等
  1. 2007年度 岐阜県研究開発財団
    • 指導等の内容 :
      プロジェクト創出研究会〜遺伝情報に基づく花卉育種〜講演会講師
      「潜在感染性ウイルスを利用した植物の機能改変」
  2. 2014年度 ダウ・ケミカル日本株式会社
    • 指導等の内容 :
      陶農会東北支部総会 講師
  3. 2015年度 花王株式会社
    • 指導等の内容 :
      ウイルスベクタ―を利用した遺伝子機能解析技術指導のセミナー
生涯学習支援実績
  1. 安全な農産物の生産と植物病理学
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 平成21年度日本植物病理学会 山形大会においてプログラム委員長として市民シンポジウムの立案・企画を担当した。
    • 開催期間 : 2009年3月
  2. 中学生の研究室訪問/体験
    • 種類 : 中学生の研究室訪問/体験
    • 担当部門(講演題目) : 米内中学校2年生の研究室訪問/体験の受け入れ
    • 開催期間 : 2016年8月
  3. 盛岡三高 緑丘カレッジ
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 1. 植物病理学とは
      2. 宮沢賢治と植物病院
      3. 私の研究―「植物ウイルスベクタ―を利用した果樹の早期開花技術」—
    • 開催期間 : 2016年10月
  4. 科学カフェ京都 第137回定例会での講演
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 「ウイルスベクタ―を活用した果樹・花卉類の開花促進技術」
    • 開催期間 : 2017年2月
産学官民連携活動
  1. 文部省科学研究費新学術研究領域「複合適応形質進化の遺伝子基盤解明」
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  2. 帯広畜産大学、北東・地域大学コンソーシアム新技術説明会
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  3. 種子生理生化学研究会
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  4. 日本学術会議公開シンポジウム
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  5. 第30回日本植物細胞分子生物学会シンポジウム
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  6. 第52回ガンマーフィールドシンポジウム
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  7. NPO法人国際生命科学研究機構他主催「植物の新育種技術に関するワークショップ:規制面からの考察および検討」
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  8. 平成25年度植物感染生理談話会
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  9. 平成25年度植物ウイルス病研究会
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  10. 第31回日本植物細胞分子生物学会シンポジウム
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  11. 公益社団法人 農林水産・食品産業技術振興協会主催の「新たな育種技術シンポジウム」
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  12. 「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会セミナー
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  13. 平成28年度INS総会・講演会
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  14. 公益社団法人 農林水産・食品産業技術研究推進事業
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  15. 二戸市研修会
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  16. 知の集積と活用の場産学官連携協議会
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
国際交流活動
  1. 2008年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        エジプトからの留学生(修士課程)を1名受け入れ
    • 学術交流
      • 交流機関・事業等名 :
        International Conference of Virus and other Graft transmissible Diseases of Fruit Crops(ICVF)
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        2008〜2012年までInternational Conference of Virus and other Graft transmissible Diseases of Fruit Crops(ICVF) のScientific Committeeのメンバーとして国際会議の企画に参加
  2. 2009年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        エジプト
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        留学生(エジプト)の受け入れ・指導
    • 学術交流
      • 交流機関・事業等名 :
        ICVF
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        第21回国際果樹ウイルス会議(ICVF)のScientific committeeのメンバーとして参加
  3. 2010年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        エジプト
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        修士課程学生1名(エジプト)
  4. 2011年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        生研センター・学術研究員
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        中国人学術研究員の雇用
  5. 2012年度
    • 外国人受入れ(私費留学生)
      • 交流機関・事業等名 :
        生研センター
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        生研センター事業で中国人研究員を雇用
  6. 2013年度
    • 外国人受入れ(私費留学生)
      • 交流機関・事業等名 :
        生研センター
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        生研センター事業で中国人研究員を雇用
  7. 2014年度
    • 外国人受入れ(私費留学生)
      • 交流機関・事業等名 :
        農水省・農食事業
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        農水省・農食事業で外国人研究員(チュニジア1と中国1)の受け入れ
  8. 2015年度
    • 学術交流
      • 交流機関・事業等名 :
        23rd ICVFを主催
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        第23回ICVFを盛岡市で主催した。
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        農食事業
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        農食事業(農水省)予算で外国人研究員(チュニジア1名と中国人1名)を雇用
  9. 2016年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        外国人研究員の雇用
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        研究プロジェクトによる外国人研究員の雇用
    • 学術交流
      • 交流機関・事業等名 :
        外国人研究員の雇用
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        研究プロジェクトによる外国人研究員の雇用
他大学等の非常勤講師
  1. 名古屋大学
    • 名古屋大学大学院生命農学研究科非常勤講師(集中講義15時間) (2007年11月)
  2. 東京大学
    • 東京大学大学院農学生命科学研究科非常勤講師(2009年12月) (2009年12月)
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2006年度
    • (植物病理盛岡ゼミ主宰)
  2. 2007年度
    • 北水会近畿支部連合会でのミニ講義講師
  3. 2013年度
    • ガンダイニング(12月24日)「先端研究」(世界初「リンゴの1世代を1年以内に短縮する新育種技術」リンゴから見つかった無害な植物ウイルスを用いて、リンゴ
      の1世代を1年以内に短縮できる技術を開発。)で紹介
  4. 2014年度
    • 公益社団法人 農林水産・食品産業技術振興協会主催の「新たな育種技術シンポジウム」での招待講演
  5. 2014年度
    • 独立行政法人農業生物資源研究所主催による2014「植物科学シンポジウム」での招待講演
  6. 2014年度
    • 岩手県園芸育種研究会の講演会における講師
  7. 2014年度
    • 第9回東北育種研究集会での講演依頼
  8. 2014年度
    • 第14回RIBSバイオサイエンスシンポジウムの講演依頼
  9. 2014年度
    • 日本植物学会第78回大会シンポジウムでの招待講演
活動履歴
  1. 2005年度
    • 環境教育分科会
    • 全学共通教育企画・実施部門委員会
    • 地域連携推進センター機器活用部門委員会
    • 地域連携推進センター電子顕微鏡室
  2. 2006年度
    • 連合農学研究科 代議員
  3. 2007年度
    • 入試業務
    • 入試業務
    • 動物病院予算改善特別斑
    • 施設委員会
  4. 2008年度
    • 戦略企画評価室
    • バイオセーフティ委員会委員
    • 戦略企画・評価室
    • 全学委員会のWG
    • 附属植物園運営委員会
  5. 2009年度
    • 入試業務
    • 教務委員会
    • 岩手大学ECOキャンパスプロジェクト
    • 間接経費による非常勤職員等配置検討ワーキング
    • 研究資金戦略室会議
    • 部局戦略経費「農学部附属植物園ガラス温室の活用」プロジェクト
    • 大学教育総合センター運営委員会
    • 岩手大学設備整備マスタープラン検討委員会
    • 大学教育総合センター運営委員会委員
    • 教務委員会
  6. 2010年度
    • 学術推進本部 研究戦略部会
    • 大学教育総合センター全学共通教育企画・実施部門会議
    • 教務委員会
    • 附属植物園運営委員会
    • バイオセーフティ委員会
  7. 2011年度
    • 学術推進本部 研究戦略部会
    • バイオセーフティ委員会
    • 教員候補者選考委員会(委員長のみ)
  8. 2012年度
    • バイオセーフティ委員会
    • 学術推進本部会議
    • 学生委員会
    • バイオセーフティ委員会
  9. 2013年度
    • 学生委員会
    • 農学部附属植物園長
    • 教員人事委員会
    • 施設委員会
    • コース代表
    • バイオセーフティ委員会
    • 学生支援部門会議
    • ミュージアム部門会議
  10. 2014年度
    • 農学部附属寒冷バイオフロンティア研究センター長
    • 運営会議
    • 研究科運営委員会
    • 教員人事委員会
    • 農学部附属植物園長
    • バイオセーフティ委員会
  11. 2015年度
    • 副学長
    • 農学部附属植物園長
    • 教員人事委員会
    • 研究推進機構長
    • 学系長
    • 教育研究評議会
    • 組織検討委員会
    • 部局長会議
    • 発明評価委員会
    • 点検評価委員会
    • 北東北3大学課題別専門委員会
    • 人事制度・評価委員会
    • 研究推進機構会議
    • 北東北3大学連携協議会
    • ものづくり技術センター設立準備委員会
    • 国際戦略推進委員会
    • 学系長会議
    • 教育研究施設長等会議
    • 財務委員会
  12. 2016年度
    • 副学長
    • 研究推進機構長
    • 教育研究評議会
    • 組織検討委員会
    • 部局長会議
    • 環境マネジメント推進室会議
    • 発明評価委員会
    • 点検評価委員会
    • 国際戦略推進委員会
    • 人事制度・評価委員会
    • 研究推進機構プロジェクト推進部門会議
    • 男女共同参画推進委員会
    • ものづくり技術センター設立準備委員会
    • 学系長会議
    • 財務委員会
    • 北東北3大学連携協議会
    • COC推進委員会
    • 教育研究施設長等会議
    • 技術部運営専門委員会
    • 運営委員会
    • 運営委員会
    • 運営委員会
    • 農学部附属植物園長
    • 教員人事委員会
その他の大学運営活動
  1. 2008年度
    • 部局戦略経費「岩手大学Ecoキャンパスプロジェクト」リーダー部局戦略経費「農学部附属植物園ないガラス温室の活用プロジェクト」リーダー
  2. 2009年度
    • 学長裁量経費「研究教育支援経費」審査委員

      研究資金戦略室会議(委員長は工学部岩渕教授)は研究資金関連課題検討WG(委員長は高塚理事)を含めて年間10回以上開催されている全学委員会であるが、委員会一覧に載っておらず、職員課に問い合わせたところ、係数は15としてよいと判断された。 部局戦略経費「岩手大学Ecoキャンパスプロジェクト」リーダー部局戦略経費「農学部附属植物園ないガラス温室の活用プロジェクト」リーダー(昨年度係数を20と評価されている)
  3. 2010年度
    • 学長裁量経費「研究教育支援経費」審査委員

      (1)岩手大学学術推進本部 研究戦略部会(本リスストには掲載されていない)は平成22年度には32回開催されている。平成22年度部会長の大塚理事からは係数については十分に配慮する旨を伺っていた。
    • 岩手大学キャンパス–ハンギングバスケット設置、管理の責任者
  4. 2011年度
    • 地域課題研究支援経費審査員
    • 岩手大学キャンパスーハンギングバスケットの設置、管理の責任者
    • 農学生命課程教授選考委員会委員長
    • 科学研究費助成事業申請に関する説明会
      【科研費獲得に向けての方策(科研費書面審査経験者)】報告者
  5. 2012年度
    • 平成25年度岩手大学研究拠点・地域課題の各支援経費の審査員
    • 岩手大学キャンパスーハンギングバスケットの設置、管理の責任者
  6. 2013年度
    • 岩手大学キャンパスーハンギングバスケット
    • いわてアグリフロンティアスクール講義科目「病害虫管理」担当
    • H25科学研究費助成事業申請に関する説明会(2013. 9. 26)
      科研費獲得に向けての方策―審査員の立場からー