サブメニュー
更新日 : 2017年7月25日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名佐藤 洋 (SATOH Hiroshi)
所属専攻講座岩手大学 農学部 共同獣医学科
職名教授
生年月日1965年11月17日
研究室電話番号019-621-6213
研究室FAX番号019-621-6213
連絡先住所020-8550 岩手県 盛岡市上田三丁目18-8
研究室比較薬理毒性学教室
出身大学
  1. 北里大学 獣医学部
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1990年3月13日
    • 卒業区分 : 卒業
取得学位
  1. 博士(獣医学)
    • 学位の分野 : 実験病理学
    • 学位授与機関 : 北里大学
    • 取得年月日 : 2000年9月20日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 農学部 共同獣医学科
    • [講義担当] その他 (2008年4月1日~2013年6月30日)
  2. 岩手大学 農学部 附属動物医学食品安全教育研究センター
    • [本務] その他 (2013年7月1日~2015年9月30日)
  3. 岩手大学 農学部 共同獣医学科
    • [本務] 教授 (2015年10月1日~継続中)
学外略歴
  1. 第一製薬株式会社
    • [主任研究員] (1990年4月7日~2007年2月27日)
  2. 米国環境健康科学研究所
    • [客員研究員] (2003年10月1日~2004年10月31日)
  3. 有限会社 信和技研
    • [取締役] (2007年3月1日~2011年6月1日)
  4. 株式会社 イナリサーチ
    • [部長(学部長含む)] (2009年4月1日~2011年5月24日)
  5. 富士フイルム株式会社
    • [主任研究員] (2011年6月1日~2013年6月30日)
専門分野(科研費分類)
  1. 毒性学
研究分野を表すキーワード
  1. 比較薬理毒性学
  2. 毒性病理学
  3. 抗がん剤
論文
  1. Oncogenicity studies of the cognition-enhancing agent nefiracetam in mice and rats [Arzneimittelforschung, 44, (1994年4月1日), pp.254-259] Kajimura, T., Satoh, H., Rajasekaran, D., Spicer, E. J., Nakashima, N. and Takayama, S.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Promoting effect of nalidixic acid on preputial/clitoral gland tumor development in a rat two-stage carcinogenesis model [J. Toxicol. Pathol., 9, (1996年4月1日), pp.175-183] Satoh, H., Kajimura, T. and Nomura, M.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  3. Contrast-enhanced MRI with gadodiamide injection in rat disease models [J. Vet. Med. Sci., 58, (1996年4月1日), pp.291-295] Yamada, K., Miyahara, K., Satoh, H., Nakayama, W., Sato, M., Hirose, T., Kato, H., Ikehira, H., Tateno, Y., Sugihara, H. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. Effect of hyperprolactinemia induced by neuroleptic agent, timiperone, on porphyrin content of mouse harderian gland [J. Toxicol. Sci., 22, (1997年4月1日), pp.219-229] Kajimura, T., Satoh, H. and Nomura, M.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  5. Involvement of 8-hydroxyguanine formation in the initiation of rat liver carcinogenesis by low dose levels of N-nitrosodiethylamine [Cancer Res., 57, (1997年4月1日), pp.1281-1287] Nakae, D., Kobayashi, Y., Akai, H., Andoh, N., Satoh, H., Ohashi, K., Tsutsumi, M. and Konishi, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. Invasive pituitary tumors in female F344 rats induced by estradiol dipropionate [Toxicol. Pathol., 25, (1997年4月1日), pp.462-469] Satoh, H., Kajimura, T., Chen, C. J., Yamada, K., Furuham,a K. and Nomura, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. Inhibition by green tea extract of diethylnitrosamine-initiated but not choline-deficient, L-amino acid-defined diet-associated development of putative preneoplastic, glutathione S-transferase placental form- positive lesions in rat liver [Jpn. J. Cancer Res., 88, (1997年4月1日), pp.356-362] Tamura, K., Nakae, D., Horiguchi, K., Akai, H., Kobayashi, Y., Satoh, H., Tsujiuchi, T., Denda, A., and Konishi, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. Inhibition by N-(4-hydroxyphenyl)retinamide and all-trans-retinoic acid of exogenous and endogenous development of putative preneoplastic, glutathione S-transferase placental form-positive lesions in the livers of rats [Carcinogenesis, 18, (1997年4月1日), pp.2133-2141] Tamura, K., Nakae, D., Horiguchi, K., Akai, H., Kobayashi, Y., Andoh, N., Satoh, H., Denda, A., Tsujiuchi, T., Yoshiji, H. and Konishi, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Magnetic resonance imaging of rat head with a high-strength (4.7 T) magnetic field [J. Vet. Med. Sci., 59, (1997年4月1日), pp.303-306] Yamada, K., Chen, C. J., Satoh, H., Hirota, T., Aoyagi, K., Enkawa, T., Ozaki, Y., Sekiguchi, F. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Characteristics of local invasion of spontaneous pituitary carcinoma in the F344 rat [J. Toxicol. Pathol., 12, (1999年4月1日), pp.13-19] Satoh, H., Kajimura, T., Yoshikawa, H., Oyamada, T., Nomura, M. and Yoshikawa, T.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  11. A case report of invasive pituitary tumors containing alpha-melanocyte-stimulating hormone arising from the pars distalis in F344 rats [Toxicol. Pathol., 28, (2000年4月1日), pp.755-759] Satoh, H., Kajimura, T. and Yoshikawa, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. Pituicytoma: primary astrocytic tumor of the pars nervosa in aging F344 rat [Toxicol. Pathol., 28, (2000年4月1日), pp.836-838] Satoh, H., Iwata, H., Furuhama, K. and Enomoto, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. Thyroid hypertrophic effect of semotiadil fumarate, a new calcium antagonist, in rats [J. Toxicol. Sci., 25, (2000年4月1日), pp.121-130] Tsuchiya, Y., Ohno, H., Satoh, H., Sugawara, T., Kajimura, T. and Nomura, M.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  14. Effect of hyperprolactinemia induced by pituitary grafts or castration on porphyrin content of the mouse harderian gland [J. Toxicol. Sci., 26, (2001年4月1日), pp.151-161] Kajimura, T., Satoh, H., Watanabe, G. and Taya, K.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  15. Differential response of mast cells separated from various organs and basophils of dogs to the fluoroquinolone antimicrobial levofloxacin [Arch. Toxicol., 75, (2001年4月1日), pp.227-233] Mori, K., Shibano, M., Satoh, H., Takasuna, K. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. “Have you seen this?” Epidermoid cyst with rosette-like structure of the cerebrum in a male BALB/c mouse [Toxicol. Pathol., 29, (2001年4月1日), pp.498-500] Satoh, H. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. Morphological and immunohistochemical characteristics of the heterogenous prostate-like glands (paraurethral gland) seen in female Brown-Norway rats [Toxicol. Pathol., 29, (2001年4月1日), pp.237-241] Satoh, H., Mori, K. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. Morphological classification of dental lesions induced by various antitumor drugs in mice [Toxicol. Pathol., 29, (2001年4月1日), pp.292-299] Satoh, H., Uesugi, Y., Kawabata, T., Mori, K., Fujii, F., Kashimoto, Y., Kajimura, T. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. Olfactory epithelium as a novel toxic target following an intravenous administration of vincristine to mice [Toxicol. Pathol., 30, (2002年4月1日), pp.306-311] Kai K., Satoh H., Kashimoto Y., Kajimura T., and Furuhama K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. Spontaneous ectopic sebaceous glands (Fordyce’s granules) in the oral mucosa of Sprague-Dawley Rats [J. Toxicol. Pathol., 16, (2003年4月1日), pp.253-257] Imaoka, M., Satoh, H., Kai, K., Kajimura, T., and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  21. Rapid induction of tumors in Harderian gland of mice receiving urethane after initiation with N-ethyl-N-nitrosourea [J. Toxicol. Pathol., 16, (2003年4月1日), pp.85-91] Kajimura, T., Kashimoto, Y., Satoh, H. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  22. Inhibitory effect of sulfobutyl ether β-cyclodextrin on DY-9760e-induced cellular damage: in vitro and in vivo studies [J. Pharm. Sci., 92, (2003年4月1日), pp.2466-2474] Nagase, Y., Arima, H., Wada, K., Sugawara, T., Satoh, H., Hirayama, F. and Uekama, K.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  23. Müllerian tumor with foamy cells arising from the fallopian tube in an adolescent cynomolgus monkey (Macaca fascicularis) [Toxicol. Pathol., 31, (2003年4月1日), pp.179-184] Satoh, H., Kai, K., Yabe, K., Fujii, F. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  24. Interlaboratory Comparison of Short-Term Carcinogenicity Studies Using CB6F1-rasH2 Transgenic Mice. [Toxicol. Pathol., 31, (2003年4月1日), pp.191-199] Takaoka, M., Sehata, S., Maejima, T., Imai, T., Torii, M., Satoh, H., Toyosawa, K., Tanakamaru, Z., Adachi, T., Hisada, S., Ueda, M., Ogasawara, H., Matsumoto, M., Kobayashi, K., Mutai, M. and Usui, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  25. Lack of carcinogenicity of reserpine in transgenic mice carrying a human prototype c-Ha-ras gene (rasH2 mice) [J. Toxicol. Pathol., 17, (2004年4月1日), pp.95-103] Imaoka, M., Satoh, H. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  26. Olfactory epithelial lesions induced by various cancer chemotherapeutic agents in mice [Toxicol. Pathol., 32, (2004年4月1日), pp.701-709] Kai, K., Satoh, H., Kajimura, T., Kato, M., Uchida, K., Yamaguchi, R., Tateyama, S. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  27. Early pathophysiological feature of arthropathy in juvenile dogs induced by Ofloxaxin, a quinolone antimicrobial agents [Vet. Pathol., 41, (2004年4月1日), pp.673-681] Yabe, K., Satoh, H., Ishii, Y., Jindo, T., Sugawara, T., Furuhama, K., Goryo, M. and Okada, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  28. Anticonvulsant and neuroprotective effects of the novel nootropic agent nefiracetam on kainic acid-induced seizures in rats [Brain Res., 1057, (2005年4月1日), pp.168-176] Kitano, Y., Komiyama, C., Makino, M., Takasuna, K., Satoh, H., Aoki, T., Kinoshita, M., Takazawa, A., Yamauchi, T. and Sakurada, C.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  29. Species and sex differences in susceptibility to olfactory lesions among the mouse, rat and monkey following an intravenous injection of vincristine sulphate [Toxicol. Pathol., 34, (2006年4月1日), pp.223-231] Kai, K., Satoh, H. (Sahto, H.), Yoshida, M., Suzuki, T., Shikanai, Y., Kajimura, T. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  30. Calculation of glomerular Filtration rate in conscious rats by the use of a bolus injection of iodixanol and a single blood sample [J. Pharmacol. Toxicol. Methods, 61, (2006年4月1日), pp.59-64] Katayama, R., Yamaguchi, N., Yamashita, T., Watanabe, S., Satoh, H., Yamagishi, N. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  31. Age- and sex-related differences in spontaneous hemorrhage and fibrosis of the pancreatic islet in Sprague-Dawley rats [Toxicol. Pathol., 35, (2007年4月1日), pp.838-845] Imaoka, M., Satoh, H. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  32. N-ethyl-N-nitrosourea (ENU)-induced meningiomatosis and meningioma in p16INK4a tumor suppressor gene deficient mice [Toxicol. Pathol., 35, (2007年4月1日), pp.838-845] Morrison, J., Satoh, H., Foley, J., Horton, J. L., Dunnick, J. K., Kissling, G. and Malarkey, D. E.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  33. Effects of Estradiol Treatment and/or Ovariectomy on Spontaneous Hemorrhagic Lesions in the Pancreatic Islets of Sprague-Dawley Rats [Toxicol. Pathol., 37, (2009年4月1日), pp.218-226] Imaoka, M., Kato, M., Tago, S., Gotoh, M., Satoh, H. and Manabe, S.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  34. Clinicopathological Aspect of Dysglycemia in Naive and Diabetic Rats induced by the Fluoroquinolone Antibacterial Gatifloxacin [J. Vet. Med. Sci., 72, (2010年4月1日), pp.567-573] Nagai, M., Nagata, S., Yamagishi, N., Satoh, H. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  35. Spontaneous vacuolar degeneration of the thyroid follicular epithelium in cynomolgus monkeys [J. Toxicol. Pathol., 24, (2011年4月1日), pp.229-232] Hatakeyama, H., Takei, Y., Cruz, Y., Miyoshi, S., Watanabe, J., Koizumi, H., Shimoi, A. and Satoh, H.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  36. Sequential measurements of glomerular filtration rate in conscious rats by a bolus injection of iodixanol and a single blood sample [J. Appl. Toxicol., 31, (2011年4月1日), pp.360-365] Katayama, R., Watanabe, K., Yamagishi, N., Abe, S., Satoh, H. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  37. Using a Single Blood Sample and Inulin to Estimate Glomerular Filtration Rate in Rabbits [Journal of the American Association for Laboratory Animal Science, 50, (2011年4月1日), pp.1-6] Michigoshi, Y., Yamagishi, N., Satoh, H., Kato, M. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  38. Genotoxicity studies of 2,6-dinitrotoluene (2,6-DNT) [J. Toxico.l Sci., 36, (2011年4月1日), pp.499-505] Suzuki, H., Imamura, T., Koeda, A., Morimoto, K., Wakasa, Y., Takei, Y., Amemiya, R., Hatakeyama, H., Satoh, H. and Sato, S.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  39. Optimum conditions for serum clearance of iodixanol, applicable to the estimation of glomerular filtration rate in horses [Vet. Res. Commun., 35, (2011年4月1日), pp.463-468] Satoh, H., Abe, S., Kato, M., Saito, J. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  40. Estimation of glomerular filtration rate in rabbits by a single-sample method using iodixanol [Lab. Anim., 46, (2012年4月1日), pp.341-344] Michigoshi, Y., Katayama, R., Yamagishi, N., Kato, M., Saito, J., Satoh, H. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  41. Unchanged Distribution Density of Anionic Sites on the Glomerular Wall in Rats with Streptozotocin-Induced Diabetic Nephropathy [Toxicol. Pathol., 40, (2012年4月1日), pp.789-796] Shimoi, A., Hatakeyama, H., Koizumi, H., Satoh, H. and Watanabe, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  42. Proceedings of the 2013 Joint JSTP/NTP Satellite Symposium [J. Toxicol. Pathol., 26, (2013年4月1日), pp.231-257] Elmore, S. A., Hoenerhoff, M., Katsuta, O., Kokoshima, H., Maronpot, R., Nagai, H., Satoh, H., Tanaka, Y., Tochitani, T, Tsuchiya, S. and Yoshizawa, K.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  43. Application of the single blood sample method to estimate feline glomerular filtration rate in a clinically relevant situation [J. Feline. Med. Surg., 12, (2013年4月1日), pp.1119-1122] Katayama, M., Sasaki, A., Takayasu, M., Shimamura, S., Uzuka, Y., Murayama, I., Satoh, H. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  44. Technical note: Use of a simplified equation for estimating glomerular filtration rate in beef cattle [J. Anim. Sci., 91, (2013年4月1日), pp.5240-5246] Murayama, I., Miyano, A., Sasaki, Y., Hirata, T., Ichijo, T., Satoh, H., Sato, S. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  45. Bloody milk of the dairy cow: occurrence and somatic cell profiles in Miyagi Prefecture [Jpn. J. Large Anim. Clin., 4(4), (2014年1月24日), pp.154-159] Kikuchi, K., Ichijo, T., Yoshida, Y., Kohono, M., Murayama, I., Takahashi, C., Kimura, Y. and Satoh, H.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  46. An automated new technique for scoring the in vivo micronucleus assay with image analysis [Mutagenesis, 29, (2014年4月1日), pp.63-71] Shibai-Ogata, Y., Tahara, H, Tamamoto, Y., Fujita, M., Satoh, H., Yuasa, A., Hioki ,T and Kasahara, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  47. Characteristics of fluid composition of left displaced abomasum in beef cattle fed high-starch diets [J. Vet. Med. Sci., 76, (2014年4月1日), pp.1165-1167] Ichijo, T., Satoh, H., Yoshida, Y., Murayama, I., Kikuchi, T. and Sato, S.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  48. Prognostic judgment at post-surgery by biochemical parameters in beef cattle with left displaced abomasum [J. Vet. Med. Sci., 76, (2014年4月1日), pp.1419-1421] Ichijo, T., Satoh, H., Yoshida, Y., Murayama, I., Taguchi, K., and Sato, S.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  49. Estimation of Glomerular Filtration Rate in Cynomolgus Monkeys (Macaca fascicularis) [J. Vet. Med. Sci., 76, (2014年4月1日), pp.1423-1426] Iwama, R., Sato, T., Sakuraiu, K., Takasuna, K., Ichijo T., Furuhama, K., and Satoh, H.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  50. Comparison of Renal Biomarkers with Glomerular Filtration Rate in Susceptibility to the Detection of Gentamicin-Induced Acute Kidney Injury in Dogs. [J. Comp. Pathol., 151, (2014年4月1日), pp.264-270] Sasaki, A., Sasaki, Y., Iwama, R., Shimamura, S., Yabe, K., Takasuna, T., Ichijo, T., Furuhama, K. and Satoh, H.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  51. 繁殖検診における超音波検査の利用—NOSAIでの活用事例— [JVM, 67(4), (2014年4月1日), pp.269-273] 一條 俊浩,川奈 晶子,河野 允彦,高橋 孝幸,佐藤 洋
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  52. 畜産物の放射能汚染を防御するための飼養方法の開発 ベントナイトのセシウム内部汚染抑制効果についてニワトリを用いた検討 [北獣会誌, 58(2), (2014年8月1日), pp.37-39] 山田 一孝,山口 敏朗,澤野 海太,陳 忠正,岸本 海織,川辺 睦,佐藤 洋,古濱和久.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  53. Estimation of glomerular filtration rate in conscious mice using a simplified equation [Physiol Rep, 28, (2014年8月24日)] Sasaki, Y., Iwama, R., Sato, T., Heishima, K., Shimamura, S., Ichijo, T., Satoh, H., Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  54. Technical note: Glomerular filtration rate in cow estimated by a prediction formula. [Anim. Sci. J., 85, (2014年9月3日), pp.1001-1004] Murayama, I., Miyano, A., Sato, T., Iwama, R., Satoh, H., Ichijo, T., Sato, S. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  55. Haemotropic mycoplasma infection revealed by real-time PCR in specific pathogen-free rats [Bull. Ve.t Inst. Pulawy., 58, (2014年10月1日), pp.375-378] Sashida, H., Harasawa, R., Ichijo, T., Satoh, H. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  56. Distribution of radioactive cesium and stable cesium in cattle kept on highly contaminated area of Fukushima nuclear accident [Anim. Sci. J., 86(7), (2015年7月1日), pp.716-720] Sato, I., Okada, K., Sasaki, J., Chida, H., Satoh, H., Miura, K., Kikuchi, K., Otani, K. and Sato, S.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  57. Relationship of Glomerular Filtration Rate Based on Serum Iodixanol Clearance to IRIS Staging in Cats with Chronic Kidney Disease [J. Vet. Med. Sci., 77(8), (2015年8月1日), pp.1033-1035] Iwama, R., Sato, T., Katayama, M., Shimamura, S., Satoh, H., Ichijo, T., and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  58. Estimation of glomerular filtration rate in dogs by a single-blood sample method involving iodixanol [Am. J. Vet. Res., 76(828), (2015年9月1日), pp.835-] Sasaki, Y., Iwama, R., Shimamura, S., Katayama, M., Uzuka, Y., Yabe, K., Takasuna, K., Satoh, H., and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  59. Vertical transmission of Mycoplasma wenyonii in cattle, supported by analysis of the ribonuclease P RNA gene. Acta Veterinaria Hungarica [Acta Veterinaria Hungarica, 63(3), (2015年9月1日), pp.271-274] Sasaoka, F., Suzuki, J., Hirata, T., Ichijo, T., Furuhama. K. Harasawa, R. and Satoh, H.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  60. Localization of connexin 32 in spontaneous liver lesions of mice. [J. Vet. Med. Sci ., 78(1), (2016年1月1日), pp.113-116] Igarashi, I., Makino, T., Kai, K., Teranishi, M., Takasaki, W., Satoh, H. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  61. A method for estimating the glomerular filtration rate in conscious monkeys. [J. Appl. Toxicol., 36(2), (2016年2月1日), pp.266-270] Satoh, H., Nomiy, N., Imai, D., Sato, S., Sakurai, K., Takasuna, K. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  62. Recommendations from the INHAND Apoptosis/Necrosis Working Group [Toxicol Pathol, 44(2), (2016年2月1日), pp.173-188] Susan A. Elmore, Darlene Dixon, James R. Hailey,Takanori Harada, Ronald A. Herbert, Robert R. Maronpot, Thomas Nolte, Jerold E. Rehg, Susanne Rittinghausen, Thomas J. Rosol, Hiroshi Satoh, Justin D. Vidal, Cynthia L. Willard-Mack, and Dianne M. Creasy
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  63. Local variation of soil contamination withradioactive cesium at a farm in Fukushima [Japanese Journal of Veterinary Research, 64(1), (2016年2月1日), pp.95-99] Sato, I., Natsuhori, M., Sasaki, J., Satoh, H., Murata, K., Nakamura, T., Otani, K. and Okada, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  64. Distribution of radioactive cesium and its seasonal variations in cattle living in the "difficult-to-return zone" of Fukushima nuclear accident [Anim. Sci. J., 87(4), (2016年4月1日), pp.607-611] Sato, I., Okada, K., Sasaki, J., Chida, H., Satoh, H., Miura, K., Kikuchi, K., Otani, K. and Sato, S.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  65. 岩手県における野生鳥獣の環境汚染物質及び背景病変解析の試み(セシウム濃度分析及び病理検査を中心に) [岩獣会報, 42(1), (2016年4月1日), pp.12-17] 佐藤 洋,一條 俊浩,関 まどか,山崎 朗子,村上 賢二,板垣 匡,原澤 亮,古濱 和久,猪鼻 聡,市川 心一,鎌田 洋一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  66. Molecular detection of Mycoplasma haemomuris subspecies using dnaK-targeted real-time PCR with SYBR Green I and melting curve analysis [Mol Cell Probes, 30(5), (2016年10月1日), pp.291-293] Satoh, H., Imai, D., Sato, S., Furuhama, K. and Harasawa, R.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  67. First detection of Allobilharzia visceralis (Schistosomatidae, Trematoda) from Cygnus cygnus in Japan [Parasitol Int., 66(1), (2016年10月1日), pp.925-929] Hayashi, K., Ichikawa-Seki, M., Ohari, Y., Mohanta, U.K., Aita, J., Satoh, H., Ehara, S., Tokashiki, M., Shiroma, T., Azuta, A., Oka, N., Watanabe, T., Harasawa, R., Inohana, S., Ichijo, T. and Furuhama, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  68. Radioactive cesium and potassium in cattle living in the “zone in preparation for the lifting of the evacuation order” of the Fukushima nuclear accident. [Anim. Sci. J., (2016年11月23日)] Sato, I., Sasaki, J., Satoh, H., Murata, T., Otani, K. and Okada, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 新毒性病理組織学 [西村書店 (2017年3月19日)] 日本毒性病理学会編
    • 著書種別 : 学術図書
研究発表
  1. A spontaneous thyroid lesion in a cynomolgus monkey
    • 会議名称 : J.S.T.P/N.T.P. Joint Satellite Symposium
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2013年1月29日
    • 発表者 : 佐藤 洋
  2. 下垂体,膵島及び松果体の非増殖性病変と増殖性病変
    • 会議名称 : 第25回スライドカンファランス「内分泌系および生殖器系」
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2013年1月30日
    • 発表者 : 佐藤 洋
  3. ポリミキシンBの投与経路の違いによる腎毒性発現の差
    • 会議名称 : 第29回日本毒性病理学会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年1月31日~2013年2月1日
    • 発表者 : 湯浅 敦子,丸山 裕子,梅屋 直久,日置 孝徳,佐藤 洋
  4. 実験動物における歯の自然発生および薬物誘発性変化
    • 会議名称 : 第2回比較動物病理生涯教育セミナー
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2013年3月28日~2013年3月30日
    • 発表者 : 佐藤 洋
    • 主催者 : 日本獣医学会分科会卒後教育セミナー
  5. 口腔毒性:歯,舌,歯肉.
    • 会議名称 : 第14回日本毒性学会生涯教育講習会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2013年6月16日
    • 発表者 : 佐藤 洋
  6. 福島県飯舘村の計画的避難区域でみつかったハクビシン(Paguma Larvata)の137Csシンチグラム
    • 会議名称 : 第19回日本野生動物医学会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年8月29日~2013年9月1日
    • 発表者 : 山口 俊朗,陳 忠正,岸本 海織,古濱 和久,佐藤 洋,山田 一孝
  7. 福島第一原子力発電所事故後に計画的避難区域で回収されたハクビシンの137Csのシンチグラム
    • 会議名称 : 第156回日本獣医学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月20日~2013年9月22日
    • 発表者 : 山口 敏朗,陳 忠正,岸本 海織,古濱 和久,佐藤 洋,山田 一孝
  8. 岩手大学農学部付属動物医学食品安全教育センターの活動について
    • 会議名称 : 第20回岐山毒性病理研究会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2013年11月9日
    • 発表者 : 佐藤 洋
  9. Proposal for establishment of two subspecies in Mycoplasma haemomuris.
    • 会議名称 : 20th Congress of the International Organization for Mycoplasmology (IOM 2014)
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年6月1日~2014年6月6日
    • 発表者 : Sashida, H., Ichijo, T., Satoh, H., Furuhama, K. and Harasawa, R.
    • 開催場所 : Blumenau, Brazil
  10. 予測式から求めた腎糸球体濾過量の臨床的応用 乳牛の産前産後における腎機能と血清CaおよびビタミンD3値の関連性
    • 会議名称 : 第157日本獣医学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月9日~2014年9月11日
    • 発表者 : 佐藤 翼,村山 勇雄,平田 統一,佐藤 洋,一條 俊浩,古濱和久
  11. イヌ急性腎障害時における腎機能に重要な尿中exosomeタンパク質のバイオマーカーとしての有用性に関する検討
    • 会議名称 : 第157日本獣医学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月9日~2014年9月11日
    • 発表者 : 岩間 亮祐, 島村 俊介,矢部 光一,高砂 浄,佐藤 洋,古濱和久
  12. 134Cs scintigram with detected masked palm civet (Paguma Larvata) in the planned evacuation zone at Iitate village in Fukushima
    • 会議名称 : The 27th Notheast US Chapter Symposium
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年11月14日~2014年11月15日
    • 発表者 : Yamaguchi, T., Chen, C., Kishimoto, M., Furuhama, K., Satoh, H., Yamada, K.
  13. Gentamicin 誘発イヌ急性腎障害における各種biomarkerの比較
    • 会議名称 : 第32日本毒性病理学会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年1月29日~2015年1月30日
    • 発表者 : 佐藤 洋,矢部光一,岩間亮祐,高砂浄,一條 俊浩,古濱和久
  14. 岩手大学と鳥獣保護センターとの連携による調査の現状
    • 会議名称 : 第9回 岩手の野生動物を考える集い
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2015年4月19日
    • 発表者 : 佐藤 洋
    • 主催者 : いわて野生動物保護ネット(IWC-net)
    • 開催場所 : ネイチャーセンター(岩手県滝沢市砂込)
  15. Prognostic judgement of left displaced abomasum in beef cattle by biochemical parameters
    • 会議名称 : 1st World Conference on Innovative Animal Nutrition and Feeding (WIAFN 2015)
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月15日~2015年10月27日
    • 発表者 : Ichijo, T., Satoh, H., and Sato, S.
  16. 原発事故から5年, 今を生きる牛たちが教えてくれるもの 「生きものの記録」福島の再生と未来に向けて
    • 会議名称 : 特定非営利活動法人 動物愛護社会化推進協会特別シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年2月11日
    • 発表者 : 佐藤洋,佐藤至,佐々木淳 ,夏堀雅宏,岡田啓司
  17. エストロジェン誘発ラット下垂体腫瘍の系統差に関する研究
    • 会議名称 : 第159回日本獣医学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月6日~2016年9月8日
    • 発表者 : 3. 今井 大貴,野宮 奈菜,河本 晴香,宮田 眞衣,佐藤 洋
  18. エストロジェン投与ラットにおけるメラトニンの毒性修飾作用 —血栓塞栓症の1例について—
    • 会議名称 : 第33回日本毒性病理学会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年1月26日~2017年1月27日
    • 発表者 : 野宮 奈菜,今井 大貴,河本 晴香,宮田 眞衣,佐藤 洋
学術関係受賞
  1. 第10回日本毒性病理学会 年会長賞
    • 受賞年月日 : 1994年1月29日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 佐藤 洋
  2. 田邊賞
    • 受賞年月日 : 1998年6月18日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 梶村 哲世,佐藤 洋,野村 護
所属学会・委員会
  1. 日本獣医学会 (1992年4月1日~継続中)
  2. 日本毒性病理学会 (1993年4月1日~継続中)
  3. 日本獣医病理学会 (1993年4月1日~継続中)
  4. 日本獣医病理学専門家協会 (1996年4月1日~継続中)
  5. 日本毒性学会 (1997年1月1日~継続中)
  6. 米国毒性病理学会 (1998年10月1日~継続中)
  7. 日本獣医師会 (2013年7月1日~継続中)
  8. 一般財団法人原発事故被災動物と環境研究会 (2013年10月1日~継続中)
  9. 特定非営利活動法人 いわて野生生物疾病研究センター (2013年10月1日~継続中)
  10. 東北農場HACCP研究会 (2015年1月1日~継続中)
  11. 日本家畜臨床学会 (2015年10月1日~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 日本毒性病理学会 評議員(2005年1月1日~継続中)
  2. 日本獣医病理学会 評議員(2005年4月1日~継続中)
  3. 日本毒性病理学会 広報委員(2007年4月1日~2016年1月30日)
  4. 日本毒性病理学会 INHAND 内分泌,アポトーシス委員(2009年1月30日~継続中)
  5. 日本毒性病理学会 編集委員(2009年1月30日~継続中)
  6. 日本毒性学会 卒後教育委員会講師(2010年8月9日~2015年8月8日)
  7. 日本獣医学会 評議員(2013年4月1日~継続中)
  8. 特定非営利活動法人 いわて野生生物疾病研究センター 副理事(2016年4月1日~継続中)
  9. 日本家畜臨床学会 評議員(2016年11月17日~継続中)
国・地方自治体等の委員歴
  1. 環境省
    • 委員会等名 : 環境リスク評価委員会
    • 役職名 : 健康リスク評価分科会および発がんリスク評価ワーキンググループ
    • 就任期間 : 2013年6月~継続中
  2. 内閣府
    • 委員会等名 : 食品安全委員会
    • 役職名 : 専門医院
    • 就任期間 : 2014年4月~継続中
  3. 環境省
    • 委員会等名 : 中央環境審議会
    • 役職名 : 健康リスク評価分科会および発がんリスク評価ワーキンググループ
    • 就任期間 : 2015年8月~継続中
生涯学習支援実績
  1. 臓器毒性・毒性試験(5)呼吸器毒性,皮膚・粘膜毒性
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 14回日本トキシコロジー学会基礎教育講習会
    • 開催期間 : 2011年8月
  2. 動物における下垂体の特徴と毒性変化
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 第12回日本毒性病理学会 教育セミナー
    • 開催期間 : 2011年11月
  3. 臓器毒性・毒性試験(4)消化器毒性,呼吸器毒性,皮膚・粘膜毒性
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 第15回日本毒性学会基礎教育講習会
    • 開催期間 : 2012年8月
  4. 下垂体,膵島及び松果体の非増殖性病変と増殖性病変
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 第25回日本毒性病理学会 スライドカンファランス
    • 開催期間 : 2013年1月
  5. 口腔内毒性:歯,舌,歯肉
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 第14回日本毒性学会生涯教育講習会
    • 開催期間 : 2013年6月
  6. 臓器毒性・毒性試験(2)消化器毒性,呼吸器毒性,皮膚・粘膜毒性
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 第16回日本毒性学会基礎教育講習会
    • 開催期間 : 2013年8月
  7. 畜産物の食の安全に向けての取り組み
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 平成26年度 家畜共済研修会 NOSAI山形
    • 開催期間 : 2014年6月
  8. 環境化学物質が畜産物に与える影響
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 第74回家畜診療等技術者研修会
    • 開催期間 : 2014年7月
  9. 臓器毒性・毒性試験(2)消化器毒性,呼吸器毒性,皮膚・粘膜毒性
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 第17回日本毒性学会基礎教育講習会
    • 開催期間 : 2014年8月
  10. 放射線物理学・放射線測定
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 第1回環境放射線衛生部門研修会
      岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター(FAMS)
    • 開催期間 : 2014年8月
  11. 臨床における病理の実践と症例演習
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : NOSAI高度獣医療実習
    • 開催期間 : 2014年10月
  12. 産業動物における病理の基礎と実践
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 岩手県獣医師会主催 公衆衛生講習会
    • 開催期間 : 2015年7月
  13. オートラジオグラフィーの原理と応用
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 第2回環境放射線衛生部門研修会「放射線の可視化技術」
    • 開催期間 : 2015年7月
  14. 第4回 浜松毒性フォーラム
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : ・毒性試験に有用な動物種とその有用性・将来展望
      ・いよいよ直前待ったなしFDA SEND
    • 開催期間 : 2016年10月
  15. 第4回 日本毒性病理学専門家協会 学術集会 卒後教育セミナー
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 第6回 比較動物病理生涯教育セミナー
      ・農薬の毒性評価に関するメカニズム試験の調査
      ・NOGマウスを用いたPDXモデルの特徴とモデル樹立課程の留意点
    • 開催期間 : 2017年3月
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2015年度
    • HACCP審査員