サブメニュー
更新日 : 2017年6月27日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名堀口 大樹 (Daiki HORIGUCHI Даики Хоригути)
所属専攻講座岩手大学 人文社会科学部 人間文化課程
職名准教授
生年月日
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレスdhorig@iwate-u.ac.jp
出身大学
  1. 東京外国語大学 外国語学部 ロシア・東欧課程ロシア語科
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 2007年3月31日
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 東京外国語大学 地域研究科 言語・文化専攻
    • 大学院課程 : 修士課程
    • 修了年月日 : 2009年3月31日
    • 修了区分 : 修了
  2. ラトヴィア大学 人文学部(博士課程) 研究生
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 2012年2月
    • 修了区分 : その他
  3. 東京外国語大学 総合国際学研究科 言語・文化専攻
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 2013年3月31日
    • 修了区分 : 修了
取得学位
  1. 修士
    • 学位の分野 : 言語学
    • 学位授与機関 : 東京外国語大学
    • 取得年月日 : 2009年3月27日
  2. 博士(学術)
    • 学位の分野 : 言語学
    • 学位授与機関 : 東京外国語大学
    • 取得年月日 : 2013年3月27日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 人文社会科学部
    • [本務] 准教授 (2014年10月1日~継続中)
学外略歴
  1. 筑波大学
    • [日本学術振興会特別研究員] (2013年4月1日~2014年9月30日)
  2. 東京外国語大学
    • [非常勤講師] (2013年10月1日~2014年3月31日)
  3. 筑波大学
    • [非常勤講師] (2014年4月1日~2014年9月30日)
  4. 文京学院大学
    • [非常勤講師] (2014年5月13日~2014年6月3日)
  5. 東京大学
    • [非常勤講師] (2016年7月19日~2016年7月22日)
担当授業科目
  1. 2014年度
    • 中級ロシア語
    • ロシア語構造論演習Ⅰ
    • 欧米言語文化論
    • 特別研究
  2. 2015年度
    • 基礎ゼミナール
    • 初級ロシア語(入門)
    • 初級ロシア語(発展)
    • ロシア語構造論Ⅱ
    • ロシア語コミュニケーション基礎Ⅰ
    • 特別研究
    • 国際文化入門
    • 総合ロシア語Ⅱ
    • ロシア語コミュニケーション発展Ⅱ
    • ロシア語構造論演習Ⅰ
    • ロシア語構造論演習Ⅱ
    • ロシア語構造論演習Ⅲ
    • 欧米言語文化論
    • 国際文化研究
    • コミュニケーションの現在
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2014年度
    • 卒業研究指導(学部) 1人
    • 副研究指導(学部) 3人
  2. 2015年度
    • 卒業研究指導(学部) 1人
    • 副研究指導(学部) 2人
論文
  1. ラトヴィア語のアスペクト対立とその表現の選択性 [語学研究所論集, (15), (2010年3月), pp.131-150] 堀口大樹
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Kopības sajūta valodas klasē – piemērs no latviešu valodas apguvējiem japāņiem [語学教室における一体感―日本人ラトヴィア語学習者を例に] [Valodu apguve – problēmas un perspektīvas, (7), (2010年7月), pp.28-37] Daiki Horiguchi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. ラトヴィア語のアスペクトペアの形成 ― 外来語起源の動詞instalētを例に [『コーパスに基づく言語学教育研究報告』, (6), (2011年3月), pp.15-26] 堀口大樹
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. Perfektīvie citvalodu izcelsmes no-verbi plašsaziņas līdzekļos [マスメディアにおける外国語起源の完了のno-動詞] [Vārds un tā pētīšanas aspekti, 15(1), (2011年11月), pp.100-108] Daiki Horiguchi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. Priedēkļa aktualizācija saziņā [コミュニケーションにおける接頭辞の顕在化] [Via Scientiarum, (1), (2012年1月), pp.137-148] Daiki Horiguchi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. Prefixation of foreign-origin verbs in Latvian [Res Humanitariae, (10), (2012年6月), pp.216-233] Daiki Horiguchi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. Priedēkļverbi runā : labošanas un piebilšanas aspektos [話された言葉における接頭辞動詞:言い直しと言い加えの側面から] [Vārds un tā pētīšanas aspekti, 16(1), (2012年12月), pp.90-98] Daiki Horiguchi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. ラトヴィア語の動詞接頭辞付加―空間・時間・感情を表示する言語活動 [東京外国語大学 博士論文, (2013年3月)] 堀口大樹
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  9. Priedēkļi kā internacionālismu „nacionalizācijas” līdzekļi [国際的借用語の“民族化”の手段としての接頭辞] [Valoda: nozīme un forma. Teorija un metodoloģija latviešu valodniecībā., (3), (2013年4月), pp.45-56] Daiki Horiguchi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Деятельностный характер префиксации заимствованных глаголов: на материале русского и латышского языков [借用語動詞の接頭辞付加の活動的性格:ロシア語とラトビア語を例に] [Язык как система и деятельность. Материалы международной конференции, посвященной 95-летию со дня рождения Людмилы Алексеевны Введенской, (4), (2013年10月), pp.103-105] Даики Хоригути
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  11. ロシア語とラトヴィア語における借用語の動詞の完了化―言語の規範と記述 [スラヴィアーナ, (5), (2014年3月), pp.7-17] 堀口大樹
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読無し
  12. Newspapers as linguistic material for the study of Latvian verbal prefixation [Kultur im Spiegel der Wissenschaften, (2014年3月), pp.207-217] Daiki Horiguchi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  13. Vārda darināšanas brīvība un internacionālo verbu prefiksācija [“語形成の自由”と国際的借用語動詞の接頭辞付加] [Valodas prakse: vērojumi un ieteikumi, (9), (2014年5月), pp.110-122] Daiki Horiguchi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. Latviešu valodas aspektuālo nozīmju priedēkļverbu apguve: salīdzinājumā ar krievu valodu [ラトヴィア語のアスペクト的意味を持つ接頭辞動詞の習得:ロシア語との比較] [Tagad, (8), (2014年6月), pp.10-13] Daiki Horiguchi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  15. Some remarks on Latvian aspect [Valoda: nozīme un forma. Kategoriju robežas gramatikā, (4), (2014年7月), pp.22-32] Daiki Horiguchi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. Латышская приставка ра- (и выражаемая ею субъективная оценка) в сопоставлении с русской приставкой по- [ラトビア語の接頭辞pa-とそれが示す主観的評価:ロシア語の接頭辞по-との対照] [Journal of Comparative Studies, 4(33), (2014年9月), pp.90-103] Даики Хоригути
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. Latvian attenuative pa-verbs in comparison with diminutives [Contemporary Approaches to Baltic Linguistics, (2015年8月), pp.235-261] Daiki Horiguchi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. Dubultā prefiksācija latviešu valodā. [ラトビア語における二重接頭辞付加] [Valoda: nozīme un forma. Valodas sistēma un lietojums, 6, (2015年10月), pp.138-146] Daiki Horiguchi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. Priedēkļa un adverba atbilsme konstrukcijā „bezpriedēkļa verbs + adverbs” latviešu valodā [ラトビア語の「無接頭辞動詞+副詞」構文における接頭辞と副詞の対応] [Valoda: nozīme un forma 7. Gramatika un saziņa, (2016年10月), pp.31-40] Daiki Horiguchi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. Лучше пере-, чем недо-, или семантическая автономность русских префиксов пере- и недо- [”недо-よりпере-がいい”あるいはロシア語の接頭辞пере-とнедо-の意味的独立性について] [Актуальные проблемы русского словообразования: Материалы традиционного Республиканского семинара в рамках Узбекистанской научной школы русского словообразования, (2017年1月), pp.27-32] Даики Хоригути
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. Метаязыковая рефлексия в зеркале префиксации заимствованных глаголов в русском языке [ロシア語における借用語動詞の接頭辞付加に映るメタ言語的内省] [Стылістыка: мова, маўленне і тэкст, (2017年2月), pp.306-312] Даики Хоригути
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. ニューエクスプレス ラトヴィア語 [白水社 (2013年4月)] 堀口大樹
    • 著書種別 : 教科書
  2. 『世界の文字事典』「ラトビア語」 [丸善出版 (2015年1月)] 堀口大樹(庄司博史編著)
    • 著書種別 : 辞典・辞書
    • 担当部分 :
      92-95
  3. 『世界の名前』「マイケルス・ジャクソンス?」 [岩波新書 (2016年3月)] 堀口大樹(岩波書店辞典編集部編)
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      35-37
総説・解説記事
  1. ラトヴィアにおける言語状況と言語政策・言語教育政策 [東京外国語大学, 平成18年度―20年度科学研究費補助金『拡大EU諸国における外国語教育政策とその実効性に関する総合的研究』研究成果報告書, (2009年3月), pp.27-50] 堀口大樹(研究代表者:富盛伸夫)
    • 掲載種別 : 学術誌
  2. バルト三国縦断~エストニア・ラトヴィア・リトアニア~ 歌う人々の誇り・クロージングコンサート [日本婦人団体連合会, 婦人通信, (678), (2015年6月1日), pp.18-19] 堀口大樹
    • 掲載種別 : 機関誌
研究発表
  1. Kopības sajūta valodas klasē – piemērs no latviešu valodas apguvējiem japāņiem [言語教室における一体感―日本人ラトヴィア語学習者の例]
    • 会議名称 : Valodu apguve – problēmas un perspektīvas. 7.
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年3月25日
    • 発表者 : Daiki Horiguči
    • 主催者 : Liepājas Universitāte
    • 開催場所 : Liepājas Universitāte
  2. Citvalodu izcelsmes no-verbu lietojums plašsaziņas līdzekļos [マスメディアにおける外国語起源のno-動詞の使用]
    • 会議名称 : Vārds un tā pētīšanas aspekti. 15.
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年12月2日~2010年12月3日
    • 発表者 : Daiki Horiguči
    • 主催者 : Liepājas Universitāte
  3. Priedēkļverbu vārddarināšanas attieksmes aktualizācija saziņā [コミュニケーションにおける接頭辞動詞の語形成関係の顕在化]
    • 会議名称 : Jauno doktorantu konference "Via Scientiarum". 1.
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月25日~2011年3月26日
    • 発表者 : Daiki Horiguči
    • 主催者 : Ventspils Augstskola un Liepājas Universitāte
    • 開催場所 : Ventspils Augstskola
  4. Citvalodu izcelsmes verbu prefiksācija latviešu valodā [ラトヴィア語における外国語起源の動詞の接頭辞付加]
    • 会議名称 : Kalbos vienetų semantika ir struktūra. 4.
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年6月17日
    • 発表者 : Daiki Horiguči
    • 主催者 : Klaipėdos universitetas
  5. Priedēkļi kā internacionālismu «nacionalizācijas» līdzekļi [国際的借用語の“民族化”の手段としての接頭辞]
    • 会議名称 : Apvienotā pasaules latviešu zinātnieku III kongresa un Letonikas IV sekcija “Teorija un metodoloģija latviešu valodniecībā. ”
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年10月24日~2011年10月26日
    • 発表者 : Daiki Horiguči
    • 主催者 : Latvijas Zinātņu Akadēmija 他
    • 開催場所 : Latvijas Universitāte
  6. Priedēkļverbi runā: labošanas un piebilšanas aspektos [話された言葉における接頭辞動詞:言い直しと言い加えの側面から]
    • 会議名称 : Vārds un tā pētīšanas aspekti. 16.
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年12月1日~2011年12月2日
    • 発表者 : Daiki Horiguči
    • 主催者 : Liepājas Universitāte
    • 開催場所 : Liepājas Universitāte
  7. Newspapers as linguistic materials for the study of prefixation in Latvian
    • 会議名称 : Kultur im Spiegel der Wissehschaften.
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月22日~2012年11月24日
    • 発表者 : Daiki Horiguchi
    • 主催者 : Universität Hildesheim. Tokyo University of Foreign Studies
    • 開催場所 : Universität Hildesheim
  8. Latviešu valodas darbības vārda aspekts – gramatika vai leksika? [ラトヴィア語の動詞アスペクト―文法か語彙か?]
    • 会議名称 : Latvijas Universitātes 71. konferences sekcija “Kategoriju robežas gramatikā”.
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年2月27日
    • 発表者 : Daiki Horiguči
    • 主催者 : Latvijas Universitāte
  9. Latviešu valodas apguve Japānā [日本におけるラトヴィア語学習]
    • 会議名称 : Diasporas nedēļas nogales skolu skolotāju kursi
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年7月9日~2013年7月11日
    • 発表者 : Daiki Horiguči
    • 主催者 : Latviešu valodas aģentūra
  10. ロシア語とラトヴィア語における借用語の動詞の完了化―言語の規範と記述―
    • 会議名称 : 第5回日本スラヴ人文学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年7月20日
    • 発表者 : 堀口大樹
    • 主催者 : 日本スラヴ人文学会
    • 開催場所 : 東京外国語大学
  11. Деятельностный характер префиксации заимствованных глаголов: на материале русского и латышского языков [借用語動詞の接頭辞付加の活動的性格:ロシア語とラトヴィア語を例に]
    • 会議名称 : Язык как система и деятельность. 4.
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月3日~2013年10月6日
    • 発表者 : Дайки Хоригути
    • 主催者 : Южный Федеральный университет
    • 開催場所 : Южный Федеральный университет
  12. No way for grammaticalization?: Latvian aspect in comparison with Russian
    • 会議名称 : The Grammaticalization of Tense, Aspect, Mood and Modality form a functional perspective
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月17日~2013年10月18日
    • 発表者 : Daiki Horiguchi
    • 主催者 : Universiteit van Amsterdam
    • 開催場所 : Universiteit van Amsterdam
  13. Priedēkļi pa-/no- un subjektīvais vērtējums latviešu un krievu valodā [ラトヴィア語とロシア語における接頭辞pa-/по-と主観的評価]
    • 会議名称 : I. Starprtautiskais komparatīvistikas kongress “Cilvēks valodā, literatūrā, kultūrā”
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年11月14日~2013年11月16日
    • 発表者 : Daiki Horiguči
    • 主催者 : Daugavpils Universitāte
    • 開催場所 : Daugavpils Univeristāte
  14. Dubultā prefiksācija latviešu valodā [ラトヴィア語における二重接頭辞付加]
    • 会議名称 : 50. prof. Artura Ozola dienas starptautiskā zinātniskā konference ""Vispārīgā valodniecība: valodas sistēma un lietojums"
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年3月20日~2014年3月21日
    • 発表者 : Daiki Horiguči
    • 主催者 : Latvijas Universitāte
    • 開催場所 : Latvijas Universitāte
  15. Russian prefix pro- and Latvian prefix no- as productive perfectivizers of borrowed verbs
    • 会議名称 : 47th Annual Meeting of the Societas Linguistica Europaea
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月11日~2014年9月14日
    • 発表者 : Daiki Horiguchi
    • 主催者 : Societas Linguistica Europaea
    • 開催場所 : Uniwersytet im. Adama Mickiewicza
  16. Глагольный вид в латышском языке: сопоставительный анализ с русским [ラトヴィア語の動詞アスペクト:ロシア語との対照研究]
    • 会議名称 : Международная конференция "Научное наследие и развитие идей Юрия Сергеевича Маслова"
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年11月20日~2014年11月22日
    • 発表者 : Дайки Хоригути
    • 主催者 : Санкт-Петербургский государственный университет, Объединенный научный совет по общественным и гуманитарным наукам санкт-петербургского научного центра РАН
    • 開催場所 : Научный Центр РАН
  17. "Prefixal clip" as actualization of prefixes in text
    • 会議名称 : ICCEES IX World Congress
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年8月3日~2015年8月8日
    • 発表者 : 堀口大樹
    • 主催者 : International Council for Central and East European Studies
    • 開催場所 : 神田外語大学
  18. Актуализация русского префикса вы- в сочетании с заимствованными глаголами [借用語動詞に付加されるロシア語の接頭辞vy-の顕在化]
    • 会議名称 : Slavic Linguistics Society Annual Meeting
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月4日~2015年9月6日
    • 発表者 : Даики Хоригути
    • 主催者 : The Slavic Linguistics Society
    • 開催場所 : Universität Heidelberg
  19. Priedēkļa un adverba atbilsme konstrukcijā "verbs + adverbs" latviešu valodā [ラトビア語の「動詞+副詞」構文における接頭辞と副詞の対応]
    • 会議名称 : 12th International Congress of Balticists
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月28日~2015年10月31日
    • 発表者 : Daiki Horiguchi
    • 開催場所 : Vilnius University
  20. Laika akuzatīva un lokatīva opozīcija un verba aspekts latviešu valodā [ラトビア語における時間対格・位格の対立と動詞のアスペクト]
    • 会議名称 : 52. Artura Ozola konference
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月17日~2016年3月18日
    • 発表者 : Daiki Horiguchi
    • 開催場所 : Latvijas Universitāte
  21. Imperfective suffix -yva- for the borrowed verbs in Russian
    • 会議名称 : Time and Language
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年8月25日~2016年8月26日
    • 発表者 : Daiki Horiguchi
    • 主催者 : Linguistic Association of Finland
    • 開催場所 : University of Turku
  22. "Никаких пере- и недо-" или семантическая автономность русских префиксов пере- и недо-
    • 会議名称 : Slavic Linguistics Society Annual Meeting
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月23日~2016年9月25日
    • 発表者 : Даики Хоригути
    • 主催者 : The Slavic Linguistics Society
    • 開催場所 : Univeristy of Toronto
  23. Метаязыковая рефлеския в зеркале префиксации заимствованных глаголов в русском языке [ロシア語における借用語動詞の接頭辞付加に映るメタ言語的内省]
    • 会議名称 : Стылістыка: мова, маўленне і тэкст. Да 95-годдзя заслужанага работніка адукацыі Рэспублікі Беларусь, доктара філалагічных навук, прафесара Міхася Яўгенавіча Цікоскага.
    • 発表形態 : 口頭(基調)
    • 開催期間 : 2017年2月22日~2017年2月23日
    • 発表者 : Даики Хоригути
    • 主催者 : Беларускі дзяржаўны ўніверсітэт
    • 開催場所 : Беларускі дзяржаўны ўніверсітэт
  24. Реализация синтаксических конструкций у заимствованных префиксальных глаголов [借用語の接頭辞動詞における統語的構文の実現]
    • 会議名称 : Язык и метод. Русский язык в лингвистических исследованиях XXI века
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年5月17日~2017年5月19日
    • 発表者 : Даики Хоригути
    • 主催者 : Uniwersytet Jagielloński
    • 開催場所 : Uniwersytet Jagielloński
  25. Префикс за- в сочетании с заимствованными глаголами [借用語動詞に付加される接頭辞за-]
    • 会議名称 : Русская грамматика: описание, преподавание, тестирование
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年6月7日~2017年6月9日
    • 発表者 : Даики Хоригути
    • 主催者 : University of Helsinki
    • 開催場所 : University of Helsinki
  26. リトアニアの多言語性―ラトヴィアとの比較―
    • 会議名称 : シンポジウム「バルト諸語とその隣人たち―民族と言語をめぐる諸相―」
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2017年6月17日
    • 発表者 : 櫻井映子、堀口大樹
    • 主催者 : 日本スラヴ学研究会
    • 開催場所 : 上智大学
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 若手研究(B)
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2016年度・600,000円・180,000円
所属学会・委員会
  1. ロシア語研究会『木二会』 (2007年4月~継続中)
  2. 日本言語学会 (2009年7月~継続中)
  3. 日本ロシア文学会 (2009年10月~継続中)
  4. Societas Linguistica Europaea [ヨーロッパ言語学会] (2014年6月~継続中)
  5. Slavic Linguistics Society [スラヴ語学会] (2015年9月1日~継続中)
学会活動2(国際会議などの座長)
  1. セクション司会 [50. Artura Ozola konference (2014年3月)]
  2. セクション司会 [『無名な書き手のエクリチュール』 (2014年12月)]
  3. セクション司会 [Baltistu Kongress. "Verba morfosintakse baltu valodās" (2015年10月)]
  4. セクション司会 [52. Artura Ozola konference (2016年3月)]
  5. セクション司会 [Cтылістыка: мова, маўленне і тэкст (2017年2月)]
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. 『ロシア語研究』24 [査読 (2014年10月)]
  2. Scriptus Manet 1 [査読 (2015年5月)]
  3. Valoda: nozīme un forma 6 [査読 (2015年8月)]
  4. 『ロシア語研究』25 [査読 (2015年10月)]
  5. Scriptus Manet 2 [査読 (2015年11月)]
その他研究成果の特記すべき事項
  1. 2014年度
    • ラトビア大学Līga Ciematniece氏の博士論文Teikuma semantiskās un sintaktiskās struktūras attieksmes mūsdienu latviešu valodā[現代ラトビア語における文の意味的・統語的構造の関係]講評
  2. 2014年度
    • ラトビア大学Liene Kalviša氏の博士論文Evidencialitātes izteikšanas līdzekļi latviešu valodā[ラトビア語におけるエヴィデンシャリティーの表現手段]の講評
生涯学習支援実績
  1. 講演「日本・ラトヴィア関係」
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 在オーストラリア人のラトヴィア人コミュニティーの子弟のための夏季学校Annas Ziedares vasaras skolaにて、ラトヴィア語の授業と講演(Japānas un Latvijas sakari[日本・ラトヴィア関係])(2015年1月2日-1月5日)
    • 開催期間 : 2015年1月
  2. 講演「遠くて近いラトヴィアと日本」
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : ポーランド・バルト文化交流ワークショップPracownia Polsko-Bałtyckich kontaktów Kulturowychの「遠くて近いバルト人」リレー講義cykl wykładów "Bałtowie Dalecy i Bliscy"にて「遠くて近いラトヴィアと日本」Latvija un Japāna - tik tālu un tik tuvu/Łotwa i Japonia - tak daleko i tak bliskoをテーマに講演(2015年3月25日)
    • 開催期間 : 2015年3月
  3. 講演「日本とロシア」
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : Nowy Sącz国立専門学校 Państwowa Wyższa Szkołą Zawodowa w Nowym Sączuの外国語研究所Instytut Językow Obcychにて、「日本とロシア」をテーマにポーランド語で講演(2015年3月30日)
    • 開催期間 : 2015年3月
  4. 筑波大学 公開講演会「ユーラシア世界と日本」(第5回)
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 「バルト3国の最前線──ラトヴィアの文化と社会を中心に──」
    • 開催期間 : 2013年6月
  5. Dinner Speakers Series at Latvian Canadian Cultural Centre
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : From Japan with love to Latvia (via Canada)(2016年9月26日)
    • 開催期間 : 2016年9月
  6. ラトビア大使館カルチャーサロン
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 「ラトビアの外のラトビア―世界の在外ラトビア人を訪ねて」
    • 開催期間 : 2017年1月
  7. シンポジウム「ラトビア、生活と文化」
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 「ラトビアに根付く歌う文化」を担当
    • 開催期間 : 2017年6月
国際交流活動
  1. 2014年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        サンクト・ペテルブルグ国立文化芸術大学
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        留学生の受け入れ
  2. 2015年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        サンクト・ペテルブルグ国立文化大学
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        留学生の受け入れ
  3. 2016年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        サンクトペテルブルグ国立文化大学
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        留学生の受け入れ
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2011年度
    • 第1回日本ラトビア語弁論コンクール 運営と審査員
  2. 2012年度
    • 日本ラトビア音楽協会理事(継続)
  3. 2012年度
    • 第2回日本ラトビア語弁論コンクール 運営と審査員
  4. 2013年度
    • 第3回日本ラトビア語弁論コンクール 運営と審査員
  5. 2014年度
    • ロシア武術システマ創始者ミハイル&ダニイル・リャブコ東京セミナー2014(2014年11月1日~3日)通訳
  6. 2015年度
    • 駐日ラトビア大使による山形県表敬訪問及び講演(2015年1月28日)通訳
  7. 2015年度
    • 日本ラトビア音楽協会による「第4回ラトビア音楽祭」のラトビア人招聘指揮者アイラ・ビルジニャの通訳(2015年5月19日~5月24日)
      同上指揮者による早稲田大学での講演「ラトビアと世界におけるラトビア音楽・歌の祭典の伝統」(2015年5月20日)通訳
  8. 2016年度
    • ロシア武術システマ創始者ミハイル&ダニイル・リャブコ東京セミナー2016(2015年4月15日~17日)通訳
  9. 2016年度
    • Tokyo Cantat2016シグヴァルド・クリャヴァ氏セミナー「北ヨーロッパの文化におけるバルト地域の合唱について」(2016年4月30日)通訳
  10. 2016年度
    • 第4回日本ラトビア語弁論コンクール 運営と審査員
  11. 2016年度
    • 日本とラトビアの関係強化と、日本におけるラトビア語学習の普及に対して、駐日ラトビア大使館より感謝状を授与された。
活動履歴
  1. 2015年度
    • 点検評価委員会
    • 財務委員会
  2. 2016年度
    • 教務委員会
  3. 2017年度
    • 広報委員会