サブメニュー
更新日 : 2017年4月15日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名寺崎 正紀 (TERASAKI Masanori)
所属専攻講座岩手大学 人文社会科学部 地域政策課程
職名准教授
生年月日
研究室電話番号
研究室FAX番号
研究室環境化学研究室
ホームページアドレスhttp://envchem.hss.iwate-u.ac.jp/
出身大学
  1. 信州大学 工学部
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1997年3月
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 筑波大学 理工学研究科
    • 大学院課程 : 修士課程
    • 修了年月日 : 1999年3月
    • 修了区分 : 修了
  2. 筑波大学 化学研究科
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 2002年3月
    • 修了区分 : 修了
取得学位
  1. 博士(理学)
    • 学位の分野 : 地球宇宙化学
    • 学位授与機関 : 筑波大学
    • 取得年月日 : 2002年3月
学内職務経歴
  1. 岩手大学 人文社会科学部 環境科学課程 (廃止組織)
    • [本務] 准教授 (2014年4月~継続中)
学外略歴
  1. 静岡県立大学
    • [助教] (2007年4月~2014年3月)
  2. 静岡県立大学
    • [助手] (2003年7月~2007年3月)
  3. 国立環境研究所
    • [博士研究員] (2002年4月~2003年6月)
  4. その他
    • [国立環境研究所 客員研究員] (2004年8月~2014年3月)
  5. その他
    • [University of Cambridge, UK, Visiting researcher] (2005年12月~2006年3月)
専門分野(科研費分類)
  1. 環境関連化学
研究分野を表すキーワード
  1. 環境化学、化学物質影響科学
可能な出前講義
  1. 環境化学 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      水環境保全や化学物質のリスク管理に関する講義
担当授業科目
  1. 2016年度
    • 地域政策入門B
    • 環境科学演習
    • 環境科学実験
    • 総合科学論(環境)
    • 化学Ⅰ
    • 化学Ⅱ
    • 化学実験
    • 物質の世界
    • 地域の環境保全を考える
    • 環境マネジメントと岩手大学
    • 特別研究
    • 特別研究指導
  2. 2015年度
    • 環境基礎化学
    • 基礎ゼミナール
    • 環境科学入門Ⅰ
    • 環境科学演習
    • 環境科学実験
    • 自然と数理の世界
    • 化学Ⅰ
    • 化学Ⅱ
    • 環境化学特論
    • 物質の世界
  3. 2014年度
    • 環境基礎化学
    • 物質の世界
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2016年度
    • 卒業研究指導(学部) 5人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
学生課外活動の指導(サークル等の顧問等)の実施
  1. 2016年度
    • 少林寺拳法部顧問
論文
  1. In vitro transformation of chlorinated parabens by the liver S9 fraction: Kinetics, metabolite identification, and AhR agonist activity [Chemical and Pharmaceutical Bulletin 【日本薬学会英文誌】, (2016年3月)] M Terasaki, T Wada, Satoshi Nagashima, Masakazu Makino, Hiro Yasukawa
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Studies on size distribution and health risk of 37 species of polycyclic aromatic hydrocarbons associated with fine particulate matter collected in the atmosphere of a suburban area of Shanghai city, China [Environmental Pollution 【Elsevier 誌】, 214, (2016年4月16日), pp.149-160] Q Wang, K Kobayashi, S Lu, D Nakajima, W Wang, W Zhang, K Sekiguchi, M Terasaki
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. Chronic toxicity of parabens and their chlorinated by-products in Ceriodaphnia dubia [Environmental Toxicology 【Wiley-Blackwell 誌】, 30, (2015年5月), pp.664-673] M Terasaki, R Abe, M Makino, N Tatarazako
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. Aryl hydrocarbon receptor potency of chlorinated parabens in the aquatic environment [Environmental Science: Water Research & Technology 【英国王立化学会誌】, 1, (2015年3月), pp.375-382] M Terasaki, M Yasuda, M Makino, K Shimoi
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  5. Evaluation of sensitizers found in wastewater from paper recycling areas, and their activation of the aryl hydrocarbon receptor in vitro [Science of the Total Environment 【Elsevier 誌】, 493, (2014年9月), pp.156-161] M Terasaki, M Yasuda, K Shimoi, K Jozuka, M Makino, F Shiraishi, D Nakajima
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. Identification of inter-specific differences in phase II reactions: Determination of metabolites in the urine of 16 mammalian species exposed to environmental pyrene [Environmental Toxicology and Chemistry 【Wiley-Blackwell 誌】, 33, (2014年9月), pp.2062-2069] A Saengtienchai, Y Ikenaka, SM Nakayama, H Mizukawa, M Kakehi, N Bortey-Sam, WS Darwish, T Tsubota, M Terasaki, A Poapolathepm, M Ishizuka
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. Paraben chlorinated derivatives in river waters [Environmental Chemistry Letters 【Springer 誌】, 10, (2012年12月), pp.401-406] M Terasaki, Y Takemura, M Makino
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. Elution of bisphenol A and its chlorination by-products from lined pipes in water supply process [Water Science and Technology: Water Supply 【IWA 国際水協会誌】, 12, (2012年11月), pp.791-798] K Kosaka, T Hayashida, M Terasaki, M Asami, T Yamada, M Itoh, M Akiba
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Development of solid-phase extraction method for the determination of aromatic sensitizers in paper mill effluent [International Journal of Environmental Analytical Chemistry 【Taylor & Francis 誌】, 92, (2012年6月), pp.844-855] K Jozuka, M Terasaki, M Makino
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Identification and accumulation of aromatic sensitizers in fish from paper recycling in Japan [Environmental Toxicology and Chemistry 【Wiley-Blackwell 誌】, 31, (2012年4月), pp.1202-1208] M Terasaki, K Jozuka, M Makino
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 「HPLC, GCの測定条件設定テクニックと解析 事例集」第10章6節「食品・医薬化粧品中の有機系殺菌防腐剤の抽出技術」 [技術情報協会 (2016年8月31日)] 寺崎 正紀
    • 著書種別 : 学術著書
  2. 「食品・化粧品・医薬品への保存料・防腐剤の最適な配合法」 第3章3節「殺菌防腐剤の一斉分析法」 [技術情報協会 (2014年9月)] 寺崎正紀
    • 著書種別 : 学術著書
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2017年4月~2020年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2017年度・10,400,000円・3,120,000円
      2018年度・2,100,000円・630,000円
      2019年度・1,700,000円・510,000円
  2. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2014年4月~2017年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2014年度・1,800,000円・540,000円
      2015年度・1,200,000円・360,000円
      2016年度・900,000円・270,000円
  3. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2012年4月~2014年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2012年度・2,800,000円・840,000円
      2013年度・800,000円・240,000円
  4. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2010年4月~2012年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2010年度・2,600,000円・780,000円
      2011年度・600,000円・180,000円
奨学寄附金等
  1. 影響指向分析を用いた越境化学物質による水質汚染調査
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 住友財団 2015年度 環境研究助成
    • 寄附金額 : 1,300,000円
所属学会・委員会
  1. 日本化学会 (1999年3月~継続中)
  2. 日本環境化学会 (2002年6月~継続中)
  3. 日本内分泌撹乱化学物質学会 (2002年6月~継続中)
  4. Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) (2004年6月~継続中)
  5. 日本水環境学会 (2007年10月~継続中)
  6. 環境科学会 (2012年9月~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 日本水環境学会 Journal of Water and Environment Technology / Associate Editor(2014年8月~2018年7月)
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. Journal of Water and Environment Technology (日本水環境学会英文誌) [査読 (2016年12月)]
  2. Environmental Science and Pollution Research (Springer誌) [査読 (2016年11月)]
  3. RSC Advances (英国王立化学会誌) [査読 (2015年12月)]
  4. Environmental Science and Pollution Research (Springer誌) [査読 (2015年7月)]
  5. RSC Advances (英国王立化学会誌) [査読 (2015年6月)]
  6. Journal of Hazardous Materials (Elsevier誌) [査読 (2015年3月)]
  7. Water Research (Elsevier誌) [査読 (2014年10月)]
  8. Journal of Hazardous Materials (Elsevier誌) [査読 (2014年9月)]
  9. BMC Complementary and Alternative Medicine (Springer誌) [査読 (2014年5月)]
  10. Journal of Water and Environment Technology (日本水環境学会英文誌) [査読 (2014年5月)]
  11. Journal of Water and Environment Technology (日本水環境学会英文誌) [査読 (2013年10月)]
  12. Journal of Agricultural and Food Chemistry (米国化学会誌) [査読 (2013年9月)]
  13. Environmental Science & Technology (米国化学会誌) [査読 (2013年6月)]
  14. Science of the Total Environment (Elsevier誌) [査読 (2013年6月)]
  15. Journal of Water and Environment Technology (日本水環境学会英文誌) [査読 (2013年5月)]
  16. International Journal of Environmental Analytical Chemistry (Taylor & Francis 誌) [査読 (2013年2月)]
  17. Environmental Science & Technology (米国化学会誌) [査読 (2012年8月)]
  18. Journal of Water and Environment Technology (日本水環境学会英文誌) [査読 (2012年5月)]
  19. Ecotoxicology and Environmental Safety (Elsevier誌) [査読 (2012年4月)]
  20. Journal of Agricultural and Food Chemistry (米国化学会誌) [査読 (2012年1月)]
生涯学習支援実績
  1. 環境中の内分泌かく乱化学物質を探索するための新たなアプローチ
    • 種類 : 市民公開シンポジウム
    • 担当部門(講演題目) : 内分泌かく乱作用を示す未知化学物質の検索
    • 開催期間 : 2016年9月
  2. 岩手県立千厩高校
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 環境共生社会形成に向けた地域政策
    • 開催期間 : 2016年9月
  3. 岩手県立水沢高等学校
    • 種類 : SSH事業・講師
    • 担当部門(講演題目) : 旧松尾鉱山廃水による北上川の汚染と再生
    • 開催期間 : 2015年11月
他大学等の非常勤講師
  1. 沼津工業高等専門学校
    • 機器分析II (2011年4月~2013年10月)
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2016年度
    • 化学への招待-岩手大学1日体験化学教室
活動履歴
  1. 2016年度
    • 毒物等管理委員会
    • 環境マネジメント推進室会議
    • アドミッション・オフィス入試専門委員会
  2. 2015年度
    • 毒物等管理委員会
    • 広報委員会
    • 紀要・図書委員会
    • 水圏環境部門会議
    • [その他] 高校での学部紹介
  3. 2014年度
    • 毒物等管理委員会
    • 紀要・図書委員会
    • 総合的ファカルティ・ディベロップメント委員会
    • 水圏環境部門会議