サブメニュー
更新日 : 2017年7月7日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名山﨑 真大 (Yamasaki Masahiro)
所属専攻講座岩手大学 農学部 共同獣医学科
職名教授
生年月日
研究室電話番号019-621-6235
研究室FAX番号019-621-6235
連絡先住所020-8550 岩手県 盛岡市上田3丁目18-8
研究室獣医小動物内科学研究室
出身大学
  1. 北海道大学 獣医学部 獣医学科
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1997年3月25日
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 北海道大学 獣医学研究科 診断治療学講座
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 2000年5月31日
    • 修了区分 : 中退
取得学位
  1. 博士(獣医学)
    • 学位の分野 : 臨床獣医学
    • 学位授与機関 : 北海道大学
    • 取得年月日 : 2003年12月25日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 農学部 共同獣医学科
    • [本務] 教授 (2014年4月1日~継続中)
学外略歴
  1. 北海道大学大学院獣医学研究科
    • [助手] (2000年6月1日~2007年5月31日)
  2. 北海道大学大学院獣医学研究科
    • [准教授] (2007年6月1日~2014年3月31日)
専門分野(科研費分類)
  1. 臨床獣医学
  2. 応用獣医学
研究分野を表すキーワード
  1. 獣医寄生虫学
  2. 獣医血液学
  3. 獣医皮膚科学
可能な出前講義
  1. 犬と猫の栄養学 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      犬、猫の一般向け栄養学、飼育管理法を講義
担当授業科目
  1. 2014年度
    • 小動物内科学Ⅲ
    • 小動物内科学実習
    • 総合臨床実習
    • 卒業研究
  2. 2015年度
    • 小動物内科学実習・基礎編
    • 消化器病学
    • 小動物内科学実習・応用編
    • 卒業研究
    • 総合臨床実習
    • インターンシップ
    • インターンシップ
  3. 2016年度
    • 小動物内科学実習・基礎編
    • 画像診断実習
    • 代謝病・中毒学
    • 臨床栄養学
    • 小動物内科学実習・応用編
    • 血液免疫病学
    • 消化器病学
    • 臨床病理学
    • 卒業研究
    • 獣医学概論
授業評価
  1. 2015年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 消化器病学の講義終了時にアンケートを実施。
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2014年度
    • 獣医5、6年次 4人
  2. 2015年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 学位論文審査(学部・主査) 2人
    • 獣医5、6年次 4人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 1人
  3. 2016年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 学位論文審査(学部・主査) 2人
    • 獣医5、6年次 3人
    • 学位論文審査(博士・副査) 2人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 1人
教育研究会における発表
  1. 全ての研究者にグローバル・スタンダードを
    • 教育研究会名 :
      全ての研究者にグローバル・スタンダードを
    • 開催年月 : 2015年3月
教育活動のその他の事項
  1. 2015年度
    • その他
      指導学生、堤弘夏さんが平成27年度獣医学術東北地区学会において小動物地区学会長賞を受賞。
  2. 2016年度
    • その他
      平成28年度獣医学術東北地区学会において、指導する篠春香さんか小動物学会長賞を受賞。
研究経歴
  1. 犬バベシア原虫の培養法の確立(1997年4月~2000年4月)
    • 研究課題キーワード : バベシア原虫 培養
    • 専門分野(科研費分類) :
      臨床獣医学
    • 研究様態 : 未設定
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
      犬バベシア原虫のin vitroでの連続培養法の確立
  2. 犬バベシア原虫の熱ショック蛋白質70に関する研究(2000年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : バベシア原虫 熱ショック蛋白質70
    • 専門分野(科研費分類) :
      臨床獣医学
    • 研究様態 : 未設定
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
      バベシア原虫の熱ショック蛋白質70の遺伝子クローニングとそれを用いた系統樹作成。さらに組み替え蛋白質の作成と抗体の作成を行い、それらを用いたバベシア原虫の熱ショック蛋白質の機能解析を実施。
  3. イオノフォア抗生物質の犬バベシア原虫に対する効果(2003年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : イオノフォア 犬バベシア原虫
    • 専門分野(科研費分類) :
      臨床獣医学
    • 研究様態 : 未設定
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
      バベシア原虫の増殖を抑制する抗原虫薬としてのイオノフォア抗生物質(サリノマイシン、バリノマイシン、ナイスタチン、およびアムホテリシンB)の抗原虫効果の判定と、その作用メカニズムの解析。特にアムホテリシンBの抗原虫薬としての可能性の検討。
  4. 犬バベシア原虫の熱ショック蛋白質90に関する研究(2009年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 熱ショック蛋白質90 バベシア原虫
    • 専門分野(科研費分類) :
      臨床獣医学
    • 研究様態 : 未設定
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
      バベシア原虫の熱ショック蛋白質90の遺伝子クローニングとそれを用いた系統樹解析。さらには組み替え蛋白質の作成と抗体の作成。
  5. 犬のリポタンパク質の解析と測定(2010年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : リポタンパク質 犬
    • 専門分野(科研費分類) :
      臨床獣医学
    • 研究様態 : 未設定
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
      犬のリポタンパク質の生化学的分析と、測定方法の確立。
  6. 犬バベシア原虫の薬剤耐性機序解明(2013年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : バベシア原虫, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      臨床獣医学寄生虫学(含医用動物学)血液内科学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
      ジミナゼン製剤に耐性をもつ犬バベシア原虫を作成し、その薬剤耐性機序を解明する。
  7. ポメラニアンの先天性メトヘモグロビン血症の解析(2015年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : メトヘモグロビン血症,
    • 専門分野(科研費分類) :
      臨床獣医学血液内科学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
      ポメラニアンで発見された先天性メトヘモグロビン血症に関する生化学的解析、遺伝子解析を行う。
論文
  1. Induction of onion-induced haemolytic anaemia in dogs with sodium n-propylthiosulphate [Vet. Rec., 142, (1998年4月1日), pp.216-219] Yamato, O., Hayashi, M., Yamasaki, M. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Reduced glutathione accelerates oxidative damage produced by sodium n-propylthiosulfate, one of the causative agents in onion-induced hemolytic anemia in dogs. [Biochim. Biophys. Acta, 1472, (1999年4月1日), pp.175-182] Yamato, O., Hayashi, M., Kasai, E., Tajima, M., Yamasaki, M. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. The cause of the predilection of Babesia gibsoni for reticulocytes. [J. Vet. Med. Sci., 62, (2000年4月1日), pp.737-741] Yamasaki, M., Otsuka, Y., Yamato, O., Tajima, M. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. Use of canine red blood cell with high concentrations of potassium, reduced glutathione, and free amino acid as host cells for in vitro cultivation of Babesia gibsoni. [Am. J. Vet. Res., 61, (2000年4月1日), pp.1520-1524] Yamasaki, M., Asano, H., Otsuka, Y., Yamato, O., Tajima, M. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. Increased generation of superoxide in erythrocytes infected with Babesia gibsoni. [J. Vet. Med. Sci., 63, (2001年4月1日), pp.1077-1081] Otsuka, Y., Yamasaki, M., Yamato, O. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. Isolation and identification of organosulfur compounds oxidizing canine erythrocytes from garlic (Allium sativum). [J. Agri. Food Chem., 50, (2002年4月1日), pp.1059-1062] Hu, Q., Yang, Q., Yamato, O., Yamasaki, M., Maede, Y. and Yoshihara, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. The effect of macrophages on the erythrocyte oxidative damage and the pathogenesis of anemia in Babesia gibsoni-infected dogs with low parasitemia. [J. Vet. Med. Sci., 64, (2002年4月1日), pp.221-226] Otsuka, Y., Yamasaki, M., Yamato, O. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. Sandhoff disease in a golden retriever dog. [J. Inherit. Metab. Dis., 25, (2002年4月1日), pp.319-320] Yamato, O., Matsuki, N., Satoh, H., Inaba, M., Ono, K., Yamasaki, M. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. A novel mutation in the gene of canine acid -galactosidase that causes GM1-gangliosidosis in Shiba dogs. [J. Inherit. Metab. Dis., 25, (2002年4月1日), pp.525-526] Yamato, O., Endoh, D., Kobayashi, A., Masuoka, Y., Hatakeyama, A., Yonemura, M., Satoh, H., Tajima, M., Yamasaki, M. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Babesia gibsoni: molecular cloning and characterization of Rab6 and Rab11 homologues. [Exp. Parasitol., 101, (2002年4月1日), pp.210-214] Zhou, J., Mulenga, A., Yamasaki, M., Ohashi, K., Maede, Y. and Onuma, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. Molecular cloning and phylogenetic analysis of Babesia gibsoni heat shock protein 70. [Vet. Parasitol., 110, (2002年4月1日), pp.123-129] Yamasaki, M., Tajima, M., Lee, K. W., Joeng, J. R., Yamato, O. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. Babesia gibsoni: preferantial multiplication in reticulocytes is related to the presence of mitochondria and a high concentration of adenosine 5'-triphosphate in the cells. [Exp. Parasitol., 102, (2002年4月1日), pp.164-169] Yamasaki, M., Yamato, O., Hossain, M. A., Jeong, J. R., Chang, H. S., Satoh, H. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. Relation between reticulocyte count and characteristics of erythrocyte 5'-nucleotidase activity in dogs, cats, cattle and humans. [J. Vet. Med. Sci., 65, (2003年4月1日), pp.193-197] Hossain, M. A., Yamato, O., Yamasaki, M., Otsuka, Y. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. Clinical and clinico-pathologic characteristics of Shiba dogs with a deficiency of lysosomal acid β-galactosidase: A canine model of human GM1 gangliosidosis. [J. Vet. Med. Sci., 65, (2003年4月1日), pp.213-217] Yamato, O., Masuoka, Y., Yonemura, M., Hatakeyama, A., Kobayashi, A., Satoh, H., Nakayama, M., Asano, T., Shoda, T., Yamasaki, M., Ochiai, K., Umemura, T. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  15. Babesia gibsoni-specific isoenzymes related to energy metabolism of the parasite in infected erythrocytes. [J. Parasitol., 89, (2003年4月1日), pp.1142-1146] Yamasaki, M., Hossain, M. A., Jeong, J. R., Chang, H. S., Satoh, H., Yamato, O. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. cDNA cloning of a Rab5 homologue in Babesia gibsoni. [J. Vet. Med. Sci., 65, (2003年4月1日), pp.519-520] Zhou, J., Ohashi, K., Yamasaki, M. and Onuma, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. Serum from Dogs Infected with Babesia gibsoni inhibits Maturation of Reticulocytes and Erythrocyte 5’-Nucleotidase Activity in vitro. [J. Vet. Med. Sci., 65, (2003年4月1日), pp.1281-1286] Hossain, M. A., Yamato, O., Yamasaki, M., Jeong, J. R., Chang, H. S. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. Laboratory diagnosis of canine GM2-gangliosidosis using blood and cerebrospinal fluid. [J. Vet. Diagn. Invest., 16, (2004年4月1日), pp.39-44] Yamato, O., Satoh, H., Matsuki, N., Ono, K., Yamasaki, M. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. Acceleration of superoxide generation in polymorphonuclear leukocytes and inhibition of platelet aggregation by alk(en)yl thiosulfates derived from onion and garlic in dogs and humans. [Prostaglandins Leukot. Essent. Fatty Acids, 70, (2004年4月1日), pp.77-83] Chang, H. S., Yamato, O., Sakai, Y., Yamasaki, M. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. Increased concentration of GM1-ganglioside in cerebrospinal fluid in dogs with GM1- and GM2-gangliosidoses and its clinical application for diagnosis. [J. Vet. Diagn. Invest., 16, (2004年4月1日), pp.223-226] Satoh, H., Yamato, O., Asano, T., Yamasaki, M. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. Comparison of polymerase chain reaction-restriction fragment length polymorphism assay and enzyme assay for diagnosis of GM1-gangliosidosis in Shiba dogs. [J. Vet. Diagn. Invest., 16, (2004年4月1日), pp.299-304] Yamato, O., Kobayashi, A., Satoh, H., Endoh, D., Shoda, T., Masuoka, Y., Hatakeyama, A., Jo, E. O., Asano, T., Yonemura, M., Yamasaki, M. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  22. GM2-gangliosidosis variant 0 (Sandhoff-like disease) in a family of Japanese domestic cats. [Vet. Rec., 155, (2004年4月1日), pp.739-744] Yamato, O., Matsunaga, S., Takata, K., Uetsuka, K., Satoh, K., Shoda, T., Baba, Y., Yasoshima, A., Kato, K., Takahashi, K., Yamasaki, M., Nakayama, H., Doi, K., Maede, Y. and Ogawa, H.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  23. Inhibitory Effect of Pyrimidine and Purine Nucleotides on the Multiplication of Babesia gibsoni: Possible Cause of Low Parasitemia and Simultaneous Reticulocytosis in Canine Babesiosis. [J. Vet. Med. Sci., 66, (2004年4月1日), pp.389-395] Hossain, M. A., Yamato, O., Yamasaki, M. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  24. Effects of Central Kalimantan plant extracts on intererythrocytic Babesia gibsoni in culture. [J. Vet. Med. Sci., 66, (2004年4月1日), pp.871-874] Subeki, Matsuura, H., Yamasaki, M., Yamato, O., Maede, Y., Katakura, K., Suzuki, M., Trimurningsih, Chairul and Yoshihara, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  25. Rapid and simple mutation screening of GM1 gangliosidosis in Shiba dogs by direct amplification of deoxyribonucleic acid from various forms of canine whole-blood specimens. [J. Vet. Diagn. Invest., 16, (2004年4月1日), pp.469-472] Yamato, O., Jo, E. O., Shoda, T., Yamasaki, M. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  26. 糖質コルチコイド治療で長期寛解が得られた肉芽腫性髄膜脳炎罹患チワワの1例. [日獣会雑誌, 57, (2004年4月1日), pp.446-450] 紺谷有子, 大和 修, 落合謙爾, 山崎真大, 前出吉光
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  27. Growth inhibitory effect of alk(en)yl thiosulfates derived from onion and garlic in human immortalized and tumor cell lines. [Cancer Lett., 223, (2005年4月1日), pp.47-55] Chang, H. S., Yamato, O., Yamasaki, M., Ko, M. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  28. Antibabesial activity of protoberberine alkaloids and 20-hydroxyecdysone from Arcangelisia flava against Babesia gibsoni in culture. [J. Vet. Med. Sci., 67, (2005年4月1日), pp.223-227] Subeki, Matsuura, H., Takahashi, K., Yamasaki, M., Yamato, O., Maede, Y., Katakura, K., Suzuki, M., Trimurningsih, Chairul and Yoshihara, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  29. Modulatory influence of sodium 2-propenyl thiosulfate from garlic on cyclooxygenase activity in canine pletelets: Possible mechanism for the anti-aggregatory effect. [Prostaglandins Leukot. Essent. Fatty Acids, 72, (2005年4月1日), pp.351-355] Chang, H. S., Yamato, O., Yamasaki, M. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  30. Anti-babesial activity of some central Kalimantan plant extracts and active oligostilbenoids from Shorea balangeran. [Planta Med., 71, (2005年4月1日), pp.420-423] Subeki, Nomura, S., Matsuura, H., Yamasaki, M., Yamato, O., Maede, Y., Katakura, K., Suzuki, M., Trimurningsih, Chairul and Yoshihara, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  31. Evaluation of the inhibitory activities of the extracts of Indonesian traditional medical plants against Plasmodium falciparum and Babesia gibsoni. [J. Vet. Med. Sci., 67, (2005年4月1日), pp.829-831] Murnigsih, T., Subeki, Matsuura, H., Takahashi, K., Yamasaki, M., Yamato, O., Maede, Y., Katakura, K., Suzuki, M., Kobayashi, S., Chairul and Yoshihara, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  32. Anti-babesial compounds from Curcuma zedoaria. [Planta Med., 71, (2005年4月1日), pp.482-484] Kasahara, K., Nomura, S., Subeki, Matsuura, H., Yamasaki, M., Yamato, O., Maede, Y., Katakura, K., Suzuki, M., Trimurningsih, Chairul and Yoshihara, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  33. Inhibition of Na,K-ATPase activity reduces Babesia gibsoni infection of canine erythrocytes with inherited high K, low Na concentrations. [J. Parasitol., 91, (2005年4月1日), pp.1287-1292] Yamasaki, M., Takada, A., Yamato, O. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  34. Identification of heat shock protein 70 in canine reticulocytes and mature erythrocytes. [Jpn. J. Vet. Res., 53, (2005年4月1日), pp.37-46] Jeong, J. R., Yamasaki, M., Komatsu, T., Inaba, M., Yamato, O. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  35. Anti-babesial and anti-plasmodial compounds from Phyllanthus niruri. [J. Nat. Prod., 68, (2005年4月4日), pp.537-539] Subeki, S., Matsuura, H., Takahashi, K., Yamasaki, M., Yamato, O., Maede, Y., Katakura, K., Kobayashi, S., Trimurningsih, Chairul and Yoshihara, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  36. Clinical and molecular analysis of GM2 gangliosidosis in two apparent littermate kittens of the Japanese domestic cat. [J. Feline Med. Surg., 9, (2007年4月1日), pp.232-237] Hasegawa, D., Yamato, O., Kobayashi, M., Fujita, M., Nakamura, S., Takahashi, K., Satoh, H., Shoda, T., Hayashi, D., Yamasaki, M., Maede, Y., Arai, T. and Orima, H.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  37. Cerebrospinal fluid biomarkers showing neurodegeneration in dogs with GM1 gangliosidosis: Possible use for assessment of a therapeutic regimen. [Brain Res., 1133, (2007年4月1日), pp.200-208] Satoh, H., Yamato, O., Asano, T., Yonemura, M., Yamauchi, T., Hasegawa, D., Orima, H., Arai, T., Yamasaki, M. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  38. Comparison and phylogenetic analysis of the heat shock protein 70 gene of Babesia parasites from dogs. [Vet. Parasitol., 145, (2007年4月1日), pp.217-227] Yamasaki, M., Inokuma, H., Sugimoto, C., Shaw, S. E., Aktas, M., Yabsley, M. J., Yamato, O. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  39. Suppressive effect of culture supernatant of erythrocytes and serum from dogs infected with Babesia gibsoni on the morphological maturation of canine reticulocytes in vitro. [J. Vet. Sci., 8, (2007年4月1日), pp.169-174] Hossain, M. A., Yamato, O., Kim, G. H., Yamasaki, M. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  40. Anti-Babesial Compounds from Berberis Vulgaris. [Nat. Prod. Communi., 2, (2007年4月1日), pp.173-175] Elkhateeb, A., Yamada, K., Takahashi, K., Matsuura, H., Yamasaki, M., Maede, Y., Katakura, K. and Nabeta, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  41. Anti-Babesial compounds from Rosa damascena Mill. [Nat. Prod. Communi., 2, (2007年4月1日), pp.765-769] Elkhateeb, A., Matsuura, H., Yamasaki, M., Maede, Y., Katakura, K. and Nabeta, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  42. Screening of indonesian medicinal plant extracts for antibabesial activity and isolation of new quassinoids from Brucea javanica. [J. Nat. Prod., 70, (2007年4月1日), pp.1654-1657] Subeki, Matsuura, H., Takahashi, K., Nabeta, K., Yamasaki, Y., Maede, Y. and Katakura, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  43. Clinico-pathological findings in peripartum dairy cows fed anion salts lowering the dietary cation-anion difference: Involvement of serum inorganic phosphorus, chloride and plasma estrogen concentrations in milk fever. [Jpn. J. Vet. Res., 55, (2007年4月1日), pp.3-12] Kurosaki, N., Yamato, O., Sasamoto, Y., Mori, F., Imoto, S., Kojima, T., Yamasaki, M. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  44. Molecular screening of canine GM1 gangliosidosis using blood smear specimens after prolonged storage: Detection of carriers among Shiba dogs in northern Japan. [J. Vet. Diagn. Invest., 20, (2008年4月1日), pp.68-71] Yamato, O., Jo, E., Chang, H. S., Satoh, H., Shoda, T., Sato, R., Uechi, M., Kawasaki, N., Naito, Y., Yamasaki, M., Maede, Y. and Arai, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  45. Heat shock response of Babesia gibsoni heat shock protein 70. [J. Parasitol., 94, (2008年4月1日), pp.119-124] Yamasaki, M., Tajima, M., Yamato, O., Hwang, S. J., Ohta, H. and Maede, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  46. In vitro evaluation of the growth inhibitory activities of 15 drugs against Babesia gibsoni (Aomori strain). [Vet. Parasitol., 157, (2008年4月1日), pp.1-8] Matsuu, A., Yamasaki, M., Xuan, X., Ikadai, H. and Hikasa, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  47. Retrospective diagnosis of feline GM2 gangliosidosis variant 0 (Sandhoff-like disease) in Japan: Possible spread of the mutant allele in the Japanese domestic cat population. [J. Vet. Med. Sci., 70, (2008年4月1日), pp.813-818] Yamato, O., Hayashi, D., Satoh, H., Shoda, T., Uchida, K., Nakayama, H., Sasaki, H., Masegi, T., Murai, A., Iida, T., Hisada, H., Hisada, A., Yamasaki, M., Maede, Y. and Arai, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  48. Flow cytometry to evaluate the level of Babesia gibsoni parasitemia in vivo and in vitro by using the fluorescent nucleic acid stain SYTO16. [Jpn. J. Vet. Res., 55, (2008年4月1日), pp.129-136] Yamasaki, M., Hwang, S. J., Ohta, H., Yamato, O., Maede, Y. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  49. Primary splenic torsion in a Boston terrier. [J. Vet. Med. Sci., 71, (2009年4月1日), pp.1533-1535] Ohta, H., Yamasaki, M. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  50. Evaluation of efficacy of Bruceine A, a natural quassinoid compound extracted from a medicinal plant, Brucea javanica, for canine babesiosis. [J. Vet. Med. Sci., 71, (2009年4月1日), pp.33-41] Nakao, R., Mizukami, C., Kawamura, Y., Subeki, Bawm, S., Yamasaki, M., Maede, Y., Matsuura, H., Nabeta, K., Oku, Y. and Katakura, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  51. Isolation of antibabesial compounds from Brucea javanica, Curcuma xanthorrhiza, and Excoecaria cohinchinensis. [Biosci. Biotechnol. Biochem., 73, (2009年4月1日), pp.776-780] Yamada, K., Subeki, Nabeta, K., Yamasaki, M., Katakura, K. and Matsuura H.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  52. Quantitative contrast-enhanced ultrasonography of canine spleen. [Vet. Radiol. Ultrasound., 50, (2009年4月1日), pp.104-108] Nakamura, K., Sasaki, N., Yoshikawa, M., Ohta, H., Hwang, S. J., Mimura, T., Yamasaki, M. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  53. Effects and mechanisms of action of ionophorous antibiotics valinomycin and salinomycin-Na on Babesia gibsoni in vitro. [J. Parasitol., 95, (2009年4月1日), pp.1532-1538] Yamasaki, M., Nakamura, K., Tamura, N., Hwang, S. J., Yoshikawa, M., Sasaki, N., Ohta, H., Yamato, O., Maede, Y. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  54. Mutation screening of canine GM1 gangliosidosis for preventive measures: absence of the mutant allele in breeding shiba dogs in the Czech Republic. [Jap. J. Prophyalc. Vet. Med., 1, (2009年4月1日), pp.63-68] Yamato, O., Funk, H., Kawahara, N., Funkova, M., Entlerova, Z., Petrusova, H., Hayashi, D., Satoh, H., Yamasaki, M., Maede, Y., Yabuki, A. and Arai, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  55. Contrast-enhanced ultrasonography for characterization of focal splenic lesions in dogs. [J. Vet. Intern. Med., 24, (2010年4月1日), pp.1290-1297] Nakamura, K., Sasaki, N., Murakami, M., Bandurla, Kumara, W. R., Ohta, H., Yamasaki, M., Takagi., S., Osaki, T. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  56. Development and characterization of a strain of Babesia gibsoni resistant to diminazene aceturate in vitro. [J. Vet. Med. Sci., 72, (2010年4月1日), pp.765-771] Hwang, S-J., Yamasaki, M., Nakamura, K., Sasaki, N., Murakami, M., Wickramasekara Rajapakshage, B. K., Ohta, H., Maede, Y. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  57. Contrast-enhanced ultrasonography for characterization of canine focal liver lesions. [Vet. Radiol. Ultrasound., 51, (2010年4月1日), pp.79-85] Nakamura, K., Takagi, S., Sasaki, N., Kumara, W. R. B., Murakami, M., Ohta, H., Yamasaki, M. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  58. Reduced transcript levels of the heat shock protein 70 gene in diminazene aceturate-resistant Babesia gibsoni variants under low concentrations of diminazene aceturate. [Jpn. J. Vet. Res., 58, (2010年4月1日), pp.155-164] Hwang, S-J., Yamasaki, M., Nakamura, K., Sasaki, N., Murakami, M., Wickramasekara Rajapakshage, B. K., Ohta, H., Maede, Y. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  59. Babesia gibsoni: Detection in blood smears and formalin-fixed, paraffin-embedded tissues using deoxyribonucleic acid in situ hybridization analysis. [Exp. Parasitol., 127, (2011年4月1日), pp.119-126] Yamasaki, M., Kobayashi, Y., Nakamura, K., Sasaki, N., Murakami, M., Wickramasekara Rajapakshage, B. K., Ohta, H., Yamato, O., Maede, Y. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  60. Detection of anti-Babesia gibsoni heat shock protein 70 antibody and anti-canine heat shock protein 70 antibody in sera from Babesia gibsoni-infected dogs. [Vet. Parasitol., 180, (2011年4月1日), pp.215-225] Yamasaki, M., Ishida, M., Nakamura, K., Sasaki, N., Murakami, M., Wickramasekara Rajapakshage, B. K., Tamura, Y., Lim, S. Y., Ohta, H. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  61. Effects and mechanisms of action of polyene macrolide antibiotic nystatin on Babesia gibsoni in vitro. [J. Parasitol., 97, (2011年4月1日), pp.1190-1192] Yamasaki, M., Tamura, M., Nakamura, K., Sasaki, N., Murakami, M., Wickramasekara Rajapakshage, B. K., Tamura, Y., Lim, S. Y., Ohta, H. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  62. Activation of microbubbles by short-pulsed ultrasound enhances the cytotoxic effect of cis-diamminedichloroplatinum (II) in a canine thyroid adenocarcinoma cell line in vitro. [Ultrasound Med. Biol., 38, (2011年4月1日), pp.109-118] Sasaki, N., Kudo, N., Nakamura, K., Lim, S. Y., Murakami, M., Bandula Kumara, W. R., Tamura, Y., Ohta, H., Yamasaki, M. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  63. Expression and subcellular localization of apical junction proteins in canine duodenal and colonic mucosa. [Am. J. Vet. Res., 72, (2011年4月1日), pp.1046-1051] Ohta, H., Yamaguchi, T., Wickramasekara Rajapakshage, B. K., Murakami, M., Sasaki, N., Nakamura, K., Hwang, S-J., Yamasaki, M. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  64. Effects of sildenafil citrate on five dogs with Eisenmenger’s syndrome. [J. Small Anim. Pract., 52, (2011年4月1日), pp.595-598] Nakamura, K., Yamasaki, M., Ohta, H., Sasaki, N., Murakami, M., Bandura Kumara, W. R. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  65. 病理組織検査にて角層下および真皮への多数の好酸球の浸潤が認められた犬の2症例 [獣医臨床皮膚科, 17, (2011年4月1日), pp.177-182] 千葉依里,山﨑真大,大田寛,中村健介,佐々木東,村上正紘,田村悠,Lim Sue Yee,Wickramasekara Rajapakshage Bandula Kumara,本田英隆,那須野豊彦,落合謙爾,滝口満喜
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  66. Involvement of mitochondrial genes of Babesia gibsoni in resistance to diminazene aceturate. [J. Vet. Med. Sci., 74, (2012年4月1日), pp.1139-1148] Wickramasekara Rajapakshage, B. K., Yamasaki, M., Hwang, S-J., Sasaki, N., Murakami, M., Tamura, Y., Lim, S. Y., Nakamura, K., Ohta, H. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  67. Bilateral segmental aplasia with unilateral uterine horn torsion in a Pomeranian bitch. [J. Am. Anim. Hosp. Assoc., 48, (2012年4月1日), pp.327-330] Nakamura, K., Yamasaki, M., Osaki, T., Sasaki, N., Aoshima, K., Kimura, T. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  68. Analysis of energy generation and glycolysis pathway in diminazene aceturate-resistant Babesia gibsoni isolate in vitro. [Jpn. J. Vet. Res., 60, (2012年4月1日), pp.51-61] Wickramasekara Rajapakshage, B. K., Yamasaki, M., Murakami, M., Tamura, Y., Lim, S. Y., Osuga, T., Sasaki, N., Nakamura, K., Ohta, H. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  69. Qualitative and quantitative contrast enhanced ultrasonography of the pancreas using bolus injection and continuous infusion methods in normal dogs. [J. Vet. Med. Sci., 75, (2013年8月13日), pp.1601-1607] Lim, S. Y., Nakamura, K., Morishita, K., Sasaki, N., Murakami, M., Osuga, T., Ohta, H., Yamasaki, M. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  70. LC-MS/MS analysis of canine lipoproteins fractionated using the ultracentrifugation-precipitation method. [J. Vet. Med. Sci., 75(11), (2013年11月1日), pp.1471-1477] Suto, A., Yamasaki, M., Takasaki, Y., Fujita, Y., Abe, R., Shimizu, H., Ohta, H. and Takicughi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  71. CD4+ T cell cytokine gene and protein expression in duodenal mucosa of dogs with inflammatory bowel disease. [J. Vet. Med. Sci., 76(3), (2013年11月22日), pp.409-414] Ohta, H., Takada, K., Sunden, Y., Tamura, Y., Osuga, T., Lim, S. Y., Murakami, M., Sasaki, N., Wickramasekara Rajapakshage, B. K., Nakamura, K., Yamasaki, M. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  72. Contrast-enhanced ultrasonographic findings in three dogs with pancreatic insulinoma. [Vet. Radiol. Ultrasound, 56(1), (2014年5月6日), pp.55-62] Nakamura, K., Lim, S. Y., Ochiai, K., Yamasaki, M., Ohta, H., Morishita, K., Takagi, S. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  73. Evaluation of selected cytokine gene expression in colonic mucosa from dogs with idiopathic lymphocytic-plasmacytic colitis. J. Vet. Med. Sci. [J. Vet. Med. Sci., 76(10), (2014年6月30日), pp.1407-1410] Tamura, Y., Ohta, H., Yokoyama, N., Lim, S. Y., Osuga, T., Morishita, K., Nakamura, K., Yamasaki, M. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  74. Prognostic value of left atrial function in dogs with chronic mitral valvular heart disease. [J. Vet. Int. Med., 28, (2014年7月23日), pp.1746-1752] Nakamura, K., Osuga, T., Morishita, K., Suzuki, S., Morita, T., Yokoyama, N., Ohta, H., Yamasaki, M. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  75. Case report: Protein-losing enteropathy caused by Mesocestoides vogae (syn. M. Corti) in a dog. [Vet. Parasitol., 205, (2014年7月23日), pp.412-415] Tamura, Y., Ohta, H., Kashiide, T., Matsumoto, J., Sakurai, T., Yokoyama, N., Morishita, K., Nakamura, K., Yamasaki, M. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  76. In vitro and in vivo safety and efficacy studies of amphotericin B on Babesia gibsoni. [Vet. Parasitol., 205(3-4), (2014年9月7日), pp.424-433] Yamasaki, M., Harada, E., Tamura, Y., Lim, S. Y., Ohsuga, T., Yokoyama, N., Morishita, K., Nakamura, K., Ohta, H. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  77. Quantitative contrast-enhanced ultrasonographic assessment of naturally occurring pancreatitis in dogs. [J. Vet. Int. Med., 29(1), (2015年1月1日), pp.71-78] Lim, S. Y., Nakamura, K., Morishita, K., Sasaki, N., Murakami, M., Osuga, T., Yokoyama, N. Ohta, H., Yamasaki, M. and Takiguchi, M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  78. Babesia gibsoni熱ショック蛋白質90の分子クローニング、系統樹解析および熱ショック反応 [日本獣医学会誌, 78(8), (2016年8月1日), pp.1355-1360] 山﨑真大、坪井嘉啓、谷山裕介、内田直宏、佐藤れえ子、中村健介、大田寛、滝口満喜
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  79. Cpmtrast-enhanced ultrasonography of the hepatic vein in normal dogs. [Journal of Veterinary Medical Science, 78(12), (2016年12月1日), pp.1753-1758] Keitaro Morishita, Hiramoto Akira, Osuga Tatsuyuki, Sue Yee Lim, Khoirun Nisa, Noboru Sasaki, Kensuke Nakamura, Hiroshi Ohta, Masahiro Yamasaki, Mitsuyoshi Takiguchi
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  80. The modulating effects of propofol and its lipid carrier on canine neutrophil functions. [Journal of Veterinary Medical Science, 78(12), (2016年12月1日), pp.1825-1829] Reeko Sato, Saori Kobayashi, Naohiro Uchida, Shunsuke Simamura, Masahiro Yamasaki
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 新版 主要症状を基礎にした猫の臨床 [DAIRYMAN社 (2003年4月1日)] 前出吉光監修、山﨑真大、他
    • 著書種別 : 教科書
  2. The Veterinary Clinics of North America. 33:獣医臨床シリーズ 臨床血液学 [学窓社 (2005年4月1日)] 前出吉光監修、山﨑真大、他
    • 著書種別 : 翻訳書
  3. 新版 主要症状を基礎にした犬の臨床 [DAIRYMAN社 (2007年4月1日)] 前出吉光監修、山﨑真大、他
    • 著書種別 : 教科書
  4. 動物の感染症(第三版) [近代出版 (2011年4月1日)] 明石博臣ら編、山﨑真大、他
    • 著書種別 : 教科書
総説・解説記事
  1. バベシア原虫における薬剤耐性獲得 [MPアグロ, MPアグロジャーナル, (2011年1月1日)] 山﨑真大
    • 掲載種別 : 機関誌
  2. 犬バベシア症 [日本獣医師会, 日本獣医師会雑誌, 68(4), (2015年4月1日), pp.245-252] 山﨑 真大
    • 掲載種別 : 学術誌
  3. 心臓病の治療により皮膚症状が好転した表在性膿皮症の犬の一例 [MPアグロ株式会社, MPアグロジャーナル, 24, (2016年1月1日), pp.3-6] 山﨑 真大
    • 掲載種別 : 機関誌
  4. 非炎症性/非掻痒性脱毛の原因とメカニズム [株式会社インターズー, CLINIC NOTE, 130, (2016年5月1日), pp.16-20] 山﨑真大
    • 掲載種別 : 機関誌
  5. バベシア症の診断と治療 [株式会社インターズー, J-VET, (2016年5月1日)] 山﨑真大
    • 掲載種別 : 機関誌
  6. 犬の急性膀胱炎 [interzoo, SA Medicine, 19(1), (2017年2月1日), pp.6-7] 山﨑真大
    • 掲載種別 : 機関誌
  7. 犬の慢性膀胱炎 [interzoo, SA Medicine, 19(1), (2017年2月1日), pp.8-9] 山﨑真大
    • 掲載種別 : 機関誌
研究発表
  1. Localization of Babesia gibsoni heat shock protein 70 in the parasites and erythrocytes in vitro.
    • 会議名称 : Asian Meeting of Animal Medicine Specialities (AMAMS)
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2009年12月10日
    • 発表者 : Yamasaki, M., Hwang, S. J., Ohta, H. and Takiguchi, M.
    • 開催場所 : Taipei, Taiwan
  2. Antibabesial effect of polyene macrolide antibiotics amphotericin B on Babesia gibsoni in vivo.
    • 会議名称 : Asian Meeting of Animal Medicine Specialities (AMAMS)
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年12月10日
    • 発表者 : 2. Yamasaki, M., Wickramasekara Rajapakshage, B. K., Hwang, S. J., Taniyama, Y., Tsuboi, Y., Ohta, H. and Takiguchi, M.
  3. Analysis of the mitochondrial genomes of diminazene aceturate resistance Babesia gibsoni strain.
    • 会議名称 : Asian Meeting of Animal Medicine Specialities (AMAMS)
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年12月10日
    • 発表者 : Wickramasekara Rajapakshage, B. K., Yamasaki, M., Hwang, S. J., Nakamura, K., Sakaki, N., Murakami, M., Tamura, Y., Lim S. Y., Ohta, H. and Takiguchi, M.
    • 開催場所 : Bangkok, Thailand
  4. 犬バベシア症治療における熱ショック蛋白質90の薬剤標的としての可能性
    • 会議名称 : 第157回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月9日~2014年9月12日
    • 発表者 : 阿部 萌子、山﨑 真大、大田 寛、滝口 満喜
    • 主催者 : 日本獣医学会
    • 開催場所 : 北海道大学(札幌市)
  5. 乳び胸を特徴とした血管肉腫の猫の1例
    • 会議名称 : 第16回メープル小動物臨床検討会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年10月25日~2014年10月26日
    • 発表者 : 山田 修造、山﨑 真大、岡村 泰彦、内田 直宏、佐藤 れえ子、安田 準
    • 主催者 : 東京農工大学
    • 開催場所 : 佐勘(仙台市)
  6. 盛岡市周辺部におけるネコ白血病ウイルス(FeLV)の感染状況および分子疫学解析
    • 会議名称 : 第35回動物臨床医学会年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年11月14日~2014年11月16日
    • 発表者 : 北村 優、島村 俊介、大志田 淳一、山手 寛嗣、藤森 康至、西部 美奈子、宍戸 智、岩根 英明、横井 亮二、川村 祐介、小林 沙織、山﨑 真大、村上 賢二、佐藤 れえ子、安田 準
    • 主催者 : 動物臨床医学会
    • 開催場所 : 大阪国際会議場(大阪市)
  7. 犬の膿皮症のガイドライン作成にあたって
    • 会議名称 : 第18回日本獣医皮膚科学会学術大会・総会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2015年3月15日
    • 発表者 : 山﨑 真大
    • 主催者 : 日本獣医皮膚科学会
    • 開催場所 : 大宮ソニックシティ(さいたま市)
  8. Babesia gibsoniに対するHeat Shock Protein 90阻害剤の効果
    • 会議名称 : 第158回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月7日~2015年9月9日
    • 発表者 : 堤弘夏、登米美雪、内田直宏、佐藤れえ子、山﨑真大
    • 主催者 : 日本獣医学会
    • 開催場所 : 北里大学獣医学部
  9. LK型イヌ赤血球を宿主として用いたジミナゼン耐性Babesia gibsoniの作成
    • 会議名称 : 第158回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月7日~2015年9月9日
    • 発表者 : 登米美雪、堤弘夏、内田直宏、佐藤れえ子、山﨑真大
    • 主催者 : 日本獣医学会
    • 開催場所 : 北里大学獣医学部
  10. 岩手県で発生した播種性ヒストプラズマ症が疑われたネコの1例
    • 会議名称 : 平成27年度獣医学術東北地区学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月8日~2015年10月9日
    • 発表者 : 内田直宏、及川嗣章、山﨑真大、佐藤れえ子
    • 主催者 : 岩手県獣医師会
    • 開催場所 : ホテル東日本(盛岡市)
  11. プレドニゾロンの投与により回復した全身型重症筋無力症と診断された犬の一例
    • 会議名称 : 平成27年度獣医学術東北地区学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月8日~2015年10月9日
    • 発表者 : 登米美雪、久保田英治、宇塚雄次、佐藤れえ子、内田直宏、山﨑真大
    • 主催者 : 岩手県獣医師会
    • 開催場所 : ホテル東日本
  12. 副腎皮質機能亢進症を併発した犬の褐色細胞腫の一例
    • 会議名称 : 平成27年度獣医学術東北地区学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月8日~2015年10月9日
    • 発表者 : 堤弘夏、岡村泰彦、小山峻弘、高村広樹、内田直宏、佐藤れえ子、牛尾祥彦、中尾淳、山﨑真大
    • 主催者 : 岩手県獣医師会
    • 開催場所 : ホテル東日本
  13. 末梢血中と脾臓にも著しい核異型および細胞質内顆粒を持つリンパ球がみられた犬の上皮向性リンパ腫の一例
    • 会議名称 : 平成27年度獣医学術東北地区学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月8日~2015年10月9日
    • 発表者 : 小山峻弘、内田直宏、岩根英明、三井一鬼、山﨑真大、佐藤れえ子
    • 主催者 : 岩手県獣医師会
    • 開催場所 : ホテル東日本
  14. 猫の腎疾患における腎容積に関する検討—健康猫と腎疾患猫の比較—
    • 会議名称 : 第12回日本獣医内科学アカデミー学術大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年2月19日~2016年2月21日
    • 発表者 : 岩間優子、川名悠加、山田修造、加藤安美、小山峻弘、内田直宏、小林沙織、山﨑真大、佐藤れえ子
    • 主催者 : 日本獣医内科学アカデミー
    • 開催場所 : パシフィコ横浜
  15. マクログロブリン血症を伴うリンパ形質細胞性リンパ腫と診断された犬の一例
    • 会議名称 : 第12回日本獣医内科学アカデミー学術大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年2月19日~2016年2月21日
    • 発表者 : 小山峻弘、宮崎あゆみ、三井一鬼、武井好三、岡村泰彦、内田直宏、小林沙織、佐藤れえ子、山﨑真大
    • 主催者 : 日本獣医内科学アカデミー
    • 開催場所 : パシフィコ横浜
  16. 岩手県内でBabesia odocoilei様原虫の自然感染によりバベシア症を発症した犬の一例
    • 会議名称 : 第12回日本獣医内科学アカデミー学術大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年2月19日~2016年2月21日
    • 発表者 : 額田優花、猪熊壽、内田直宏、小林沙織、佐藤れえ子、安田準、山﨑真大
    • 主催者 : 日本獣医内科学アカデミー
    • 開催場所 : パシフィコ横浜
  17. メトヘモグロビン血症を疑うポメラニアンの赤血球の生化学的解析
    • 会議名称 : 第12回日本獣医内科学アカデミー学術大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年2月19日~2016年2月21日
    • 発表者 : 篠春香、山﨑弥生、佐藤龍也、小林沙織、内田直宏、佐藤れえ子、山﨑真大
    • 主催者 : 日本獣医内科学アカデミー
    • 開催場所 : パシフィコ横浜
  18. 副腎皮質機能亢進症を併発した犬の褐色細胞腫の一例
    • 会議名称 : 平成27年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年2月26日~2016年2月28日
    • 発表者 : 堤弘夏、岡村泰彦、内田直宏、佐藤れえ子、中尾淳、山﨑真大
    • 主催者 : 日本獣医師会
    • 開催場所 : 秋田キャッスルホテル
  19. 犬の膿皮症治療ガイドライン作成の進行状況と課題
    • 会議名称 : 日本獣医皮膚科学会第19回学術大会・総会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2016年3月13日
    • 発表者 : 山﨑真大
    • 主催者 : 日本獣医皮膚科学会
    • 開催場所 : 大宮ソニックシティ
  20. 摘脾犬に自然発生したBabesia odocoilei様原虫による犬バベシア症の1例
    • 会議名称 : 第85回日本寄生虫学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月19日~2016年3月20日
    • 発表者 : 山﨑真大、額田優花、内田直宏、小林沙織、佐藤れえ子、安田準
    • 主催者 : 日本寄生虫学会
    • 開催場所 : 宮崎市民プラザ
  21. 完全寛解の得られた3カ月齢の全身性リンパ腫の犬の1例
    • 会議名称 : 平成28年度獣医学術東北地区学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年10月5日
    • 発表者 : 加藤安美、川村祐介、内田直宏、井口愛子、小林紗織、山﨑真大、佐藤れえ子
    • 主催者 : 宮城県獣医師会
    • 開催場所 : 宮城県仙台市
  22. 家族性メトヘモグロビン血症のポメラニアンの遺伝的解析
    • 会議名称 : 平成28年度獣医学術東北地区学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年10月5日
    • 発表者 : 篠春香、山﨑弥生、佐藤龍也、大井一夫、小林紗織、井口愛子、内田直宏、佐藤れえ子、山﨑真大
    • 主催者 : 宮城県獣医師会
    • 開催場所 : 宮城県仙台市
  23. ジミナゼン耐性Babesia gibsoni株の細胞内ジミナゼン濃度の測定
    • 会議名称 : 第62階日本寄生虫学会・日本衛生動物学会北日本支部合同大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年10月15日
    • 発表者 : 山﨑真大、渡辺夏央、井高菜月、大田寛、滝口満喜
    • 主催者 : 日本寄生虫学会北日本支部
    • 開催場所 : 青森県十和田市
  24. 家族性メトヘモグロビン血症のポメラニアンの遺伝的解析
    • 会議名称 : 平成28年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年2月24日~2017年2月26日
    • 発表者 : 篠春香、山﨑弥生、佐藤龍也、大井一夫、佐藤れえ子、山﨑真大
    • 主催者 : 日本獣医師会
    • 開催場所 : 石川県金沢市
学術関係受賞
  1. 日本小動物獣医学会・獣医学術東北地区学会長賞
    • 受賞年月日 : 2015年12月2日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 副腎皮質機能亢進症を併発した犬の褐色細胞腫の一例
  2. 日本小動物獣医学会・獣医学術東北地区学会奨励賞
    • 受賞年月日 : 2015年12月2日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 小山峻弘、内田直宏、岩根英明、三井一鬼、山﨑真大、佐藤れえ子
  3. 日本小動物獣医学会・獣医学術東北地区学会長賞
    • 受賞年月日 : 2016年10月5日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 家族性メトヘモグロビン血症のポメラニアンの遺伝的解析
    • 内容 :
      平成28年度獣医学術東北地区学会において受賞
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 萌芽研究
    • 支払支給期間 : 2002年4月~2003年3月
  2. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2003年4月~2004年3月
  3. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2006年4月~2007年3月
  4. 若手研究(A)
    • 支払支給期間 : 2008年4月~2010年3月
  5. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2012年4月~2015年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2014年度・800,000円・240,000円
  6. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2015年4月~2018年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2015年度・1,700,000円・510,000円
奨学寄附金等
  1. 栗林育英基金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 財団法人栗林育英財団
    • 寄附金額 : 200,000円
    • 寄附年月 : 2001年4月1日
  2. 秋山記念生命科学振興財団奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 秋山記念生命科学振興財団
    • 寄附金額 : 500,000円
    • 寄附年月 : 2004年4月1日
  3. ノーステック財団奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : ノーステック財団
    • 寄附金額 : 364,500円
    • 寄附年月 : 2006年4月1日
所属学会・委員会
  1. 日本獣医師会 (1997年4月1日~継続中)
  2. 北海道獣医師会 (1997年4月1日~2014年3月31日)
  3. 日本獣医学会 (2000年4月1日~継続中)
  4. 日本寄生虫学会 (2003年4月1日~継続中)
  5. 日本獣医皮膚科学会 (2010年4月1日~継続中)
  6. 動物臨床医学研究所 (2010年4月1日~継続中)
  7. 岩手県獣医師会 (2014年4月1日~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 日本獣医学会 評議員(2014年4月1日~継続中)
  2. 日本獣医皮膚科学会 犬の膿皮症ガイドライン作成小委員会委員長(2014年4月1日~継続中)
  3. 日本獣医皮膚科学会 オーガナイザー(2015年4月1日~2017年3月31日)
  4. 日本獣医皮膚科学会 理事(2017年4月1日~継続中)
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. Gene [査読 (2008年8月)]
  2. J. Vet. Med. Sci. [査読 (2009年2月)]
  3. J. Vet. Med. Sci. [編集 (2009年9月)]
  4. Jap. J. Vet. Res. [査読 (2009年12月)]
  5. J. Vet. Med. Sci. [査読 (2010年5月)]
  6. J. Vet. Med. Sci. [査読 (2010年6月)]
  7. J. Vet. Med. Sci. [査読 (2010年12月)]
  8. Parasitol. Intern. [査読 (2011年2月)]
  9. J. Vet. Med. Sci. [編集 (2011年3月)]
  10. Vet. Parasitol. [査読 (2011年3月)]
  11. J. Vet. Med. Sci. [査読 (2011年4月)]
  12. J. Vet. Med. Sci. [査読 (2011年6月)]
  13. Vet. Parasitol. [査読 (2011年7月)]
  14. Parasitol. Inten. [査読 (2011年10月)]
  15. J. Vet. Med. Sci. [査読 (2013年1月)]
  16. J. Vet. Med. Sci. [査読 (2013年5月)]
  17. J. Vet. Med. Sci. [査読 (2013年12月)]
  18. Vet. Parasitol. [査読 (2014年1月)]
  19. J. Vet. Med. Sci. [査読 (2014年1月)]
  20. J. Vet. Med. Sci. [査読 (2014年3月)]
  21. Japanese Journal of Veterinary Research [査読 (2014年9月)]
  22. Journal of Veterinary Medical Science [査読 (2014年10月)]
  23. Journal of Veterinary Medical Science [査読 (2014年12月)]
  24. Experimental Parasitology [査読 (2015年2月)]
  25. 獣医臨床皮膚科 [査読 (2015年4月)]
  26. The Journal of Veterinary Medical Science [査読 (2015年5月)]
  27. Veterinary Parasitology [査読 (2015年9月)]
  28. The Journal of Veterinary Medical Science [査読 (2015年11月)]
  29. The Journal of Veterinary Medical Science [査読 (2015年11月)]
  30. 岩手県獣医師会雑誌 [査読 (2016年4月)]
  31. Japanese Journal of Veterinary Research [査読 (2016年5月)]
  32. 岩手県獣医師会雑誌 [査読 (2016年8月)]
  33. Jorunal of Veterinary Medical Science [査読 (2016年11月)]
  34. American Journal of Veterinary Reaearch [査読 (2016年11月)]
  35. 日本獣医師会雑誌 [査読 (2016年12月)]
  36. 岩手県獣医師会雑誌 [査読 (2017年1月)]
  37. Journal of Veterinary Medical Sciience [査読 (2017年3月)]
  38. Japanese Journal of Veterinary Dermatology [査読 (2017年3月)]
  39. Japanese Journal of Veterinary Research [査読 (2017年5月)]
  40. Journal of Veterinary Medical Science [査読 (2017年5月)]
生涯学習支援実績
  1. 青森県・八戸北高校・第2学年出張講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 伴侶動物の感染症
    • 開催期間 : 2015年10月
  2. 平成28年度岩手大学公開講座「親から子へ、動物にもある遺伝する病気」
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 平成28年度岩手大学農学部共同獣医学科・公開講座を主催
      講師としても「イヌのメトヘモグロビン血症」について講演を行う。
    • 開催期間 : 2016年6月
  3. 北海道旭川北高等学校
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 伴侶動物の感染症
    • 開催期間 : 2016年8月
産学官民連携活動
  1. 平成27年度動物取扱責任者研修会
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
他大学等の非常勤講師
  1. 北海道大学
    • 獣医内科学実習を担当。実習内容を引き継ぎ。 (2014年4月)
ボランティア・寄与など
  1. 2014年度
    • ボランティア
      • ワンにゃん号による釜石への出張ボランティア診療
  2. 2016年度
    • ボランティア
      • 釜石市における小動物獣医師を対象とした超音波画像診断セミナー
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2015年度
    • 動物病院における診療活動。
      約200日
  2. 2016年度
    • 動物病院における診療活動。
      約200日
活動履歴
  1. 2014年度
    • クラス担任
  2. 2015年度
    • クラス担任
    • 教務委員会
    • 共同獣医学科代議員会・教育企画専門委員会
    • 動物病院運営業務
    • 教員候補者選考委員会(委員長のみ)
  3. 2016年度
    • クラス担任
    • クラス担任
    • 教務委員会
    • 共同獣医学科代議員会・教育企画専門委員会
    • 動物病院運営業務
    • 共同獣医学科・共用試験対策委員会
    • 共同獣医学専攻設置準備WG
    • 総合参加型臨床実習担当