サブメニュー
更新日 : 2017年7月21日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名高橋 正弘 (TAKAHASHI Masahiro)
所属専攻講座岩手大学 農学部 共同獣医学科
職名准教授
生年月日1970年8月5日
研究室電話番号
研究室FAX番号
連絡先住所020-8550 岩手県 盛岡市上田3丁目18-8
研究室産業動物臨床学研究室
出身大学
  1. 岩手大学 農学部 獣医学科
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1996年3月31日
    • 卒業区分 : 卒業
取得学位
  1. 博士(獣医学)
    • 学位の分野 : 臨床獣医学
    • 学位授与機関 : 岐阜大学
    • 取得年月日 : 2008年3月13日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 農学部 共同獣医学科
    • [本務] 准教授 (2014年2月1日~継続中)
学外略歴
  1. 小岩井農牧株式会社 技術研究センター
    • [主任研究員] (1996年4月1日~2007年3月31日)
  2. NOSAI岩手北部 二戸家畜診療所
    • [職員(技術系)] (2007年4月1日~2010年3月31日)
  3. 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科
    • [助教] (2010年4月1日~2014年1月31日)
専門分野(科研費分類)
  1. 臨床獣医学
研究分野を表すキーワード
  1. 牛,臨床繁殖・産科,胚移植,脂肪酸分析,産業動物臨床
可能な出前講義
  1. 牛の繁殖の不思議 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      胚移植などのバイオテクノロジーでバター不足は解消できるか。
担当授業科目
  1. 2015年度
    • 基礎ゼミナール
    • 麻酔学・手術学
    • 獣医学演習
    • 大動物外科学実習
    • 産業動物外科学
    • 外科学総論
    • 卒業研究
    • 総合臨床実習
    • 獣医学概論
    • 獣医倫理
  2. 2016年度
    • 基礎ゼミナール
    • 麻酔学・手術学
    • 大動物臨床実習・基礎編
    • 大動物臨床実習・応用編
    • 総合参加型臨床実習Ⅰ
    • 総合参加型臨床実習Ⅱ
    • 産業動物外科学
    • 獣医学演習
    • 外科学総論
    • 動物衛生学実習
    • 小動物内科学実習・応用編
    • 卒業研究
    • 獣医学概論
    • 総合参加型臨床実習Ⅴ
    • 総合参加型臨床実習VI
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2015年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 副研究指導(学部) 1人
    • 獣医5、6年次 5人
  2. 2016年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 獣医5、6年次 5人
    • 学部研究生 1人
教育研究会における発表
  1. 大阪府立大学における産業動物臨床学の教育ならびに研究について
    • 教育研究会名 :
      平成25年度家畜診療等技術者研修会県南ブロック
    • 開催年月 : 2014年3月
  2. 牛胚移植技術の最近の話題
    • 教育研究会名 :
      蔵王町繁殖組合研修会
    • 開催年月 : 2016年8月
  3. 過剰排卵処置により採取したウシ胚の輝度と血中脂肪酸濃度の関係
    • 教育研究会名 :
      動物医学食品安全教育研究センター(FAMS)
    • 開催年月 : 2017年3月
研究経歴
  1. ウシの血中脂肪酸濃度と卵子品質・胚発生の関連性と繁殖性に及ぼす影響について(2015年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : ウシ,脂肪酸濃度,卵子品質,胚
    • 専門分野(科研費分類) :
      臨床獣医学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 科学研究費補助金
    • 研究活動内容 :
論文
  1. Generation of functional platelets from canine induced pluripotent stem cells. [Stem Cells Dev, (2013年7月15日), pp.2026-2035] Nishimura T, Hatoya S, Kanegi R, Sugiura K, Wijewardana V, Kuwamura M, Tanaka M, Yamate J, Izawa T, Takahashi M, Kawate N, Tamada H, Imai H and Inaba T
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Improvement of superovulatory response and pregnancy rate after transfer of embryos recovered from Japanese Black cows fed rumen bypass polyunsaturated fatty acids. [J Vet Med Sci, (2013年11月22日), pp.1485-1490] Takahashi M, Sawada K, Kawate N, Inaba T and Tamada H
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. Clinical study report on milk production in the offspring of a somatic cell cloned Holstein cow. [J Reprod Dev, (2013年12月17日), pp.595-598] Takahashi M, Tsuchiya H, Hamano S, Inaba T, Kawate N and Tamada H.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. Outpatient Treatment for Humeral Fractures in Five Calves [J Vet Med Sci, 76(11), (2014年7月24日), pp.1519-1522] Yamagishi N, Devkota B, Takahashi M.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. 乳牛における周産期のエストラジオール-17βと骨吸収マーカーの血漿変動 [日本獣医学会誌, 77(7), (2015年3月9日), pp.875-878] Devkota, B., 高橋聖大,佐藤早央梨,佐々木恒弥,植木淳史,大澤健司,高橋正弘,山岸則夫
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. Lepidium meyenii(maca)水アルコールエキス粉の給与は、血清テストステロン濃度を増加させて、雄ラットでライディヒ細胞のステロイド産生の能力を亢進する [Andrologia, 48(3), (2015年7月14日), pp.347-354] 太田祥弘,吉田圭佑,神谷聡,川手憲俊,高橋正弘,稲葉俊夫,鳩谷晋吾,森井浩子,高橋勝美,井藤美咲,玉田尋通.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. 過剰排卵処置による採胚性が低い牛における経腟採卵の有効性 [哺乳動物卵子学会誌, 32(4), (2015年10月1日), pp.173-176] 高橋正弘,平田統一,山岸則夫.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. インシュリン様ペプチド3、RXFP2、LH受容体と正常および潜在精巣イヌの精巣の3β-ヒドロキシステロイドデヒドロゲナーゼの発現分析 [Theriogenology, 84(7), (2015年10月15日), pp.1176-1184] Hannan, MA,川手憲俊,久保吉明,Pathirana, IN., Büllesbach, EE., 鳩谷晋吾,稲葉俊夫、高橋正弘、玉田尋通
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. イヌ精巣の上皮増殖因子、トランスフォーミング成長因子-αと上皮成長因子受容体の発現と局在化 [日本繁殖生物学会誌, 62(1), (2016年2月20日), pp.59-64] 玉田尋通,武本康平,富永正人,川手憲俊,高橋正弘,鳩谷晋吾,松山聡, 稲葉俊夫,澤田 勉.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. 新生子牛における最初の2日間の骨標識の血漿レベルの変化 [日本獣医学会誌, 78(2), (2016年3月1日), pp.337-340] 羽立薫,新屋和彦,佐藤麻子,佐々木修一,Bhuminand Devkota,高橋正弘,平田統一,山岸則夫
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. 大腸菌による生物活性を有するネコ白血病抑制因子の産生 [Theriogenology, 86(2), (2016年7月15日), pp.604-611] 金城綾二、鳩谷晋吾、辻本恭典、竹中重雄、西村俊哉、Wijewardana V,杉浦喜久弥、高橋正弘、 川手憲俊、玉田尋通、、稲葉俊夫
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. Lepidium meyenii(maca)水アルコール・エキス粉の長期供給による老齢雄ラットで低下するライディッヒ細胞のステロイド産生能の亢進 [アンドロジア, (2017年3月10日)] 吉田圭佑, 太田祥弘, 川手憲俊,高橋正弘,稲葉俊夫,鳩谷晋吾, 森井浩子, 高橋勝美, 井藤美咲, 玉田尋通
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 牛病学〈第三版〉 [近代出版 (2013年10月1日)] 高橋正弘(明石博臣、 江口正志、神尾次彦、加茂前秀夫、酒井豊、芳賀猛、眞鍋昇編)
    • 著書種別 : 学術著書
  2. 子牛の医学-胎子期から出生・育成期まで [緑書房 (2014年3月1日)] 高橋正弘(家畜感染症学会編)
    • 著書種別 : 学術著書
総説・解説記事
  1. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 62(3), (2015年3月1日), pp.185-187] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  2. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 62(4), (2015年4月1日), pp.247-252] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  3. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 62(5), (2015年5月1日), pp.317-319] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  4. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 62(6), (2015年6月1日), pp.387-390] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  5. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 62(7), (2015年7月1日), pp.447-449] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  6. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 62(8), (2015年8月1日), pp.516-518] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  7. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 62(9), (2015年9月1日), pp.575-577] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  8. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 62(10), (2015年10月1日), pp.635-637] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  9. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 62(11), (2015年11月1日), pp.702-704] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  10. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 62(12), (2015年12月1日), pp.763-765] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  11. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 63(1), (2016年1月1日), pp.60-61] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  12. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 63(2), (2016年2月1日), pp.123-125] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  13. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 63(3), (2016年3月1日), pp.191-193] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  14. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 63(4), (2016年4月1日), pp.255-257] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  15. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 63(5), (2016年5月1日), pp.317-319] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  16. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 63(6), (2016年6月1日), pp.369-371] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  17. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 63(7), (2016年7月1日), pp.435-437] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  18. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 63(8), (2016年8月1日), pp.503-505] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  19. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 63(9), (2016年9月1日), pp.564-565] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  20. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 63(10), (2016年10月1日), pp.629-630] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  21. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 63(11), (2016年11月1日), pp.693-695] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  22. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 63(12), (2016年12月1日), pp.755-758] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  23. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 64(1), (2017年1月1日), pp.51-53] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  24. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 64(2), (2017年2月1日), pp.118-120] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
  25. 国内文献 [全国農業共済協会, 家畜診療, 64(3), (2017年3月1日), pp.181-183] 高橋正弘
    • 掲載種別 : 機関誌
研究発表
  1. Generation of functional platelets from canine induced pluripotent stem cells.
    • 会議名称 : International Society for Stem Cell Research
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年6月12日~2013年6月15日
    • 発表者 : Nishimura T, Hatoya S, Kanegi R, Sugiura K, Wijewardana V, Kuwamura M, Tanaka M, Takahashi M, Kawate N, Tamada H, Imai H and Inaba T
  2. Generation of induced pluripotent stem-like cell and production of leukemia inhibitory factor (LIF) in domestic cats.
    • 会議名称 : The International Society for Stem Cell Research (ISSCR) 11th Annual Meeting
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年6月12日~2013年6月15日
    • 発表者 : Kanegi R, Hatoya S, Takenaka S, Nishimura T, Wijewardana V, Sugiura K, Takahashi M, Kawate N, Tamada H and Inaba T
  3. Effect of insulin-like peptide 3 on testosterone secretion and cAMP release in mouse Leydig cells.
    • 会議名称 : Conference on Sri Lanka – Japan Collaborative Research
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年8月5日
    • 発表者 : Pathirana IN, Takahashi M, Hatoya S, Inaba T, Tamada H and Kawate N
  4. ネコの体外受精法の改善に向けた酸素濃度および顕微授精についての検討
    • 会議名称 : 日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月20日~2013年9月22日
    • 発表者 : 藤木花奈、鳩谷晋吾、杉浦喜久弥、高橋正弘、川手憲俊、玉田尋通、稲葉俊夫
  5. ウシ血中脂肪酸組成ならびに経腟採卵による卵子の体外発生能に及ぼすバイパス不飽和脂肪酸給与の影響
    • 会議名称 : 日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月20日~2013年9月22日
    • 発表者 : 伊藤太一、山本公平、岸昌生、上田省吾、鳩谷晋吾、稲葉俊夫、川手憲俊、玉田尋通、高橋正弘
  6. イヌiPS細胞から神経系細胞への分化誘導培養系に及ぼす骨髄間質細胞の影響
    • 会議名称 : 日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月20日~2013年9月22日
    • 発表者 : 因野由衣子、西村俊哉、西田英高、鳩谷晋吾、杉浦喜久弥、川手憲俊、高橋正弘、玉田尋通、稲葉俊夫
  7. Expression analyses of insulin-like peptide 3 and its receptor, RXFP2, in testis of normal and cryptorchid dogs
    • 会議名称 : Association for applied animal andrology
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月10日~2014年8月14日
    • 発表者 : MA Hannan, Yoshiaki Kubo , Indunil N Pathirana, , Erika E Büllesbach, Masahiro Takahashi, Hiromichi Tamada, Shingo Hatoya, Toshio Inaba, Noritoshi Kawate
  8. ラット精巣のテストステロン産生に及ぼすLepidium meyenii(マカ)の影響
    • 会議名称 : 第157回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月9日~2014年9月12日
    • 発表者 : 太田祥弘、吉田圭佑、神谷聡、川手憲俊、高橋正弘、稲葉俊夫、鳩谷晋吾、森井浩子、高橋勝美、井藤美咲、小川 博、玉田尋通
  9. 成犬体細胞からのiPS細胞樹立の試み
    • 会議名称 : 第157回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月9日~2014年9月12日
    • 発表者 : 三埜晃佑、西村俊哉、鳩谷晋吾、杉浦喜久弥、今井 裕、高橋正弘、川手憲俊、玉田尋通、稲葉俊夫
  10. 市販キットを用いたアガロースゲル電気泳動法による牛の血清蛋白分画像の検証
    • 会議名称 : 第157回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月9日~2014年9月12日
    • 発表者 : 緒勝由希,高橋正弘,山岸則夫
  11. ホルスタイン種乳牛における分娩前後の血中骨代謝マーカーの推移
    • 会議名称 : 第157回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月9日~2014年9月12日
    • 発表者 : 佐藤早央梨,Bhuminand Devkota,高橋聖大,植木淳史,大澤健司,高橋正弘,山岸則夫
  12. 体外培養時における機械的振動がウシ胚の発生に及ぼす影響
    • 会議名称 : 第157回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月9日~2014年9月12日
    • 発表者 : 本田龍駿、高橋正弘、鳩谷晋吾、稲葉俊夫、川手憲俊、玉田尋通
  13. センダイウイルスベクター(SeVdp)を用いたネコおよびイヌiPS細胞の作製
    • 会議名称 : 第157回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月9日~2014年9月12日
    • 発表者 : 淀江京平、鳩谷晋吾、金城凌二、杉浦喜久弥、大高真奈美、西村健、中西真人、高橋正弘、川手憲俊、玉田尋通、稲葉俊夫
  14. 成熟培養時の機械的振動によるウシ胚発生率の向上
    • 会議名称 : 第22回日本胚移植研究会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年8月27日~2015年8月28日
    • 発表者 : 1. 高橋正弘,本田龍駿,鳩谷晋吾,稲葉俊夫,川手憲俊,玉田尋通
    • 開催場所 : 高知大学農学部
  15. Lepidium meyenii(マカ)エキス末の性成熟期および成熟雄ラットへの長期給与が精巣のテストステロン産生に及ぼす影響
    • 会議名称 : 第158回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月7日~2015年9月9日
    • 発表者 : 吉田圭佑,太田祥弘,川手憲俊,高橋正弘,稲葉俊夫,鳩谷晋吾,森井浩子,高橋勝美,井藤美咲,玉田尋通
    • 開催場所 : 十和田
  16. 黒毛和種新生子牛における血中骨代謝マーカーの変動
    • 会議名称 : 第158回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月7日~2015年9月9日
    • 発表者 : 羽立薫,新屋和彦,佐藤麻子,佐々木修一,Bhuminand Devkota,高橋正弘,平田統一,山岸則夫
    • 開催場所 : 十和田
  17. ウシ胚の輝度と血液生化学値ならびに採胚成績との関係
    • 会議名称 : 第159回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月6日~2016年9月8日
    • 発表者 : 中鉢友紀乃,千葉祐一,大津信一,坂下憲悦,丸田博,木村健,佐藤早央梨,宮崎珠子,岡田啓司,高橋正弘.
    • 開催場所 : 神奈川県藤沢市
  18. 新生子牛の初乳摂取前後における血清メタボローム解析
    • 会議名称 : 第159回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月6日~2016年9月8日
    • 発表者 : 宮崎珠子,宮崎雅雄,山下哲郎,高橋正弘,佐藤繁,岡田啓司.
    • 開催場所 : 神奈川県藤沢市
  19. ウシ卵子の体外成熟培養時におけるMAPKK阻害剤 (U0126) 添加の胚発生に及ぼす影響.
    • 会議名称 : 第159回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月6日~2016年9月8日
    • 発表者 : 篠原健志,太田祥弘,川手憲俊,高橋正弘,坂上信忠,稲葉俊夫,玉田尋通.
    • 開催場所 : 神奈川県藤沢市
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2015年4月~継続中
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2015年度・1,700,000円・510,000円
共同研究希望テーマ
  1. 牛の胚移植に関する研究
    • 共同研究実施形態 : 未設定
    • 産学連携協力可能形態 : 未設定
所属学会・委員会
  1. 日本産業動物獣医学会 (1996年4月1日~継続中)
  2. 日本獣医学会 (2010年4月1日~継続中)
  3. 日本繁殖生物学会 (2010年4月1日~継続中)
  4. 日本胚移植研究会 (2010年4月1日~継続中)
  5. 日本卵子学会 (2010年4月1日~継続中)
  6. 日本家畜臨床学会 (2010年4月1日~継続中)
  7. 日本脂質生化学会 (2014年4月1日~継続中)
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. 岩手県獣医師会会報 [査読 (2014年4月)]
  2. The Journal of Reproduction and Development [査読 (2014年10月)]
  3. The Journal of Reproduction and Development [査読 (2015年2月)]
  4. The Journal of Reproduction and Development [査読 (2015年4月)]
  5. The Journal of Veterinary Medical Science [査読 (2016年9月)]
  6. The Journal of Veterinary Medical Science [査読 (2016年11月)]
  7. The Journal of Veterinary Medical Science [査読 (2017年1月)]
研究員(参加)
  1. 大阪府立大学客員研究員 (2013年2月~2016年1月)
企業・団体等への指導等
  1. 2015年度 NOSAI東北家畜臨床研修センター・日本獣医師会
    • 指導等の内容 :
      平成27年度新入職員並びに若手職員研修会において,「大動物外科手術の基礎と応用」の講義と研修,ならびに「総合討論」を行った。
  2. 2015年度 NOSAI東北家畜臨床研修センター・獣医療提供体制整備推進協議会
    • 指導等の内容 :
      産業動物臨床獣医師として地域畜産振興のために従事している中堅技術者を対象として、地域の動物産業におけるリーダーとしての自覚を付与するとともに、獣医学的知識と技術に基づく社会的貢献度の高い技術体系を習得するための研修である。「牛の受精卵移植・体外受精法(OPU-IVP)(講習)」ならびに「生産性向上の繁殖管理討論」の診療技術セミナーを実施した。
  3. 2015年度 日本獣医師会
    • 指導等の内容 :
      H27年度獣医療提供体制整備推進総合対策事業における「管理獣医師等育成支援事業・獣医師就業支援対策事業において,「繁殖技術の理論と実践一臨床技術における牛の採卵技術を再考する-」とのタイトルで高度獣医療実習を行った。
  4. 2015年度 岩手県農業共済組合
    • 指導等の内容 :
      第76回家畜診療等技術者研修会・研究体験発表会において,「バター不足を解消するための臨床繁殖技術」のタイトルで技術講習を行い,研究体験発表会の審査を実施した。
  5. 2016年度 中央畜産会
    • 指導等の内容 :
      獣医療提供体制整備推進総合対策事業の臨床実習等支援事業として,全国の獣医学生に対して講義・実習を行った。
  6. 2016年度 NOSAI東北家畜臨床研修センター・獣医療提供体制整備推進協議会
    • 指導等の内容 :
      産業動物臨床獣医師として地域畜産振興のために従事している中堅技術者を対象として、地域の動物産業におけるリーダーとしての自覚を付与するとともに、獣医学的知識と技術に基づく社会的貢献度の高い技術体系を習得するための研修である。「牛の受精卵移植・体外受精法(OPU-IVP)(講習)」ならびに「生産性向上の繁殖管理討論」の診療技術セミナーを実施した。
  7. 2016年度 岩手県農業共済組合
    • 指導等の内容 :
      NOSAI団体の獣医師確保対策,東北地区NOSAIの獣医師確保対策ならびに東北地区獣医学系大学の就職状況等について協議した。
  8. 2016年度 蔵王町繁殖組合
    • 指導等の内容 :
      繁殖牛の栄養管理,牛受精卵移植の最近の話題について情報提供,指導を行った。
生涯学習支援実績
  1. 平成27年度岩手大学公開講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 平成27年度岩手大学公開講座
      「しっかり知ろう:加熱は完璧な食品安全確保法ではありません」
    • 開催期間 : 2015年6月
  2. 平成28年度岩手大学公開講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 平成28年度岩手大学公開講座「親から子へ動物にもある遺伝する病気」
    • 開催期間 : 2016年6月
他大学等の非常勤講師
  1. 大阪府立大学
    • 大動物臨床A(集中実習):コアカリ実習においては、保定と牛の扱い方、稟告の取り方、動物の観察、直腸検査を含む触診の方法、聴診・打診・TPRの取り方、消毒法、牛の採尿、牛の採血(尾静動脈、頚静脈)、胃液採取(ルーメン内原虫の観察)、投薬法(経口投与、経鼻カテーテル投与、皮内注射、皮下注射、筋肉内注射、静脈内注射、動脈内注射)、削蹄、外科手術(牛の去勢手術、長骨骨折の外固定法とギプス除去、牛の断角術、第四胃変位整復手術、緊急蘇生法)を行う。
      また、参加型臨床実習として、牛群の個体診療を行い、多項目の血液検査を実施して代謝プロファイルテストを実施する。
      (2014年4月~継続中)
  2. 大阪府立大学
    • 大動物診断治療学A(集中講義):産業動物臨床の基本事項と特性、産業動物における各種疾患の病態、原因、診断法および治療法を理解し、疾病予防と生産性の向上に必要な予防法について学ぶことを目標とする。具体的には以下の能力を身につけることを達成目標とする。
      1.循環器疾患および呼吸器疾患の原因、病態、診断、治療法および予防法
      2.消化器疾患および肝臓・胆道・膵外分泌疾患
      3.泌尿器疾患および内分泌疾患
      4.内分泌疾患
      5.栄養・代謝性障害および運動器・神経系疾患
      6.血液・造血器系疾患およびウシの乳房炎・乳頭の疾患
      7.皮膚病、中毒および遺伝性疾患
      8.生産獣医療システム
      (2016年1月~継続中)
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2015年度
    • 動物病院における診療16件
  2. 2016年度
    • 動物病院において農家飼養牛の過剰排卵処置・採卵ならびに診療7件
活動履歴
  1. 2015年度
    • 動物病院運営業務
    • 附属動物医学食品安全教育研究センター運営委員会
    • クラス担任
  2. 2016年度
    • 動物病院運営業務
    • 附属動物医学食品安全教育研究センター運営委員会
    • クラス担任