サブメニュー
更新日 : 2016年8月1日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名鎌田 洋一 (Kamata Yoichi)
所属専攻講座岩手大学 農学部 共同獣医学科
職名教授
生年月日
研究室電話番号
研究室FAX番号
連絡先住所 岩手県 盛岡市上田3-18-8
研究室獣医公衆衛生学研究室
メールアドレスykamata@iwate-u.ac.jp
出身大学
  1. 大阪府立大学 農学部 獣医学科
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1976年3月31日
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 大阪府立大学 農学研究科 獣医学専攻
    • 大学院課程 : 修士課程
    • 修了年月日 : 1982年3月31日
    • 修了区分 : 修了
取得学位
  1. 農学博士
    • 学位の分野 : 応用獣医学
    • 学位授与機関 : 大阪府立大学
    • 取得年月日 : 1988年3月31日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 農学部 共同獣医学科
    • [本務] 教授 (2013年4月1日~継続中)
学外略歴
  1. 大阪府立大学農学部獣医学科
    • [准教授] (2000年4月1日~2008年12月31日)
  2. 国立医薬品食品衛生研究所
    • [室長] (2008年1月1日~2013年3月31日)
専門分野(科研費分類)
  1. 応用獣医学
  2. 細菌学(含真菌学)
  3. 分子生物学
研究分野を表すキーワード
  1. 食品衛生学
  2. 環境微生物学
  3. 微生物毒素学
  4. アレルギー学
可能な出前講義
  1. 食品の安全確保に関する情報提供 [専門家(企業・研究者等)向け]
    • 講義の概要
      食品中に含まれる危害物質に関する情報を提供する。細菌、毒素などの、毒性発現機構や、規格基準値設定、食中毒発生機構など。
  2. 食品の安全確保策 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      各種市販食品の安全性や食中毒について講義します。
  3. 食中毒とその制御 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      各種の食中毒を概説する。その制御法を講義する。
  4. 細菌性食中毒の発生機構 [専門家(企業・研究者等)向け]
    • 講義の概要
      各種食中毒細菌が、いかに食中毒を誘発するか講義する
  5. アレルギーとアレルゲン [専門家(企業・研究者等)向け]
    • 講義の概要
      各種のアレルギーを引き起こすアレルゲンの性状を解説する。アレルゲンの検出定量法を講義する。
  6. カビアレルギー・ペットアレルギー [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      室内アレルゲンのカビやペットについて、アレルゲンの実態や人の生活様式との関係などを講義する。
担当授業科目
  1. 2013年度
    • 獣医公衆衛生学Ⅰ
    • 獣医学基礎実験
    • 衛生微生物学
    • 衛生微生物学実習
    • 食品安全管理学
    • 食品安全管理学実習
    • 獣医学特別演習
  2. 2014年度
    • 公衆衛生学総論
    • 食品衛生学
    • 疫学
    • 獣医学基礎実験
    • 食品安全管理科学特論
    • 公衆衛生学総論
    • 人獣共通感染症学
    • 食品安全管理学
    • 食品安全管理学実習
    • 人獣共通感染症学
    • 人の暮らしと生物環境
    • 卒業研究
    • 公衆衛生実践実習
    • 公衆衛生実践実習
  3. 2015年度
    • 公衆衛生学総論
    • 食品衛生学実習
    • 公衆衛生実践実習
    • 食品安全管理科学特論
    • 食品安全管理学
    • 食品安全管理学実習
    • 人獣共通感染症学
    • 公衆衛生学実習
    • 食品安全管理科学実習
    • 卒業研究
    • 公衆衛生実践実習
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2013年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
    • 獣医5、6年次 2人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(博士・主査) 1人
    • 学位論文審査(博士・副査) 3人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第1副指導(博士) 1人
  2. 2014年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 獣医5、6年次 4人
    • 大学院研究生(博士) 1人
    • 学位論文審査(博士・主査) 1人
  3. 2015年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 2人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
    • 獣医5、6年次 4人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(博士・主査) 1人
    • 学位論文審査(博士・副査) 1人
論文
  1. シカ肉中のSarcosystisが原因として疑われた有症苦情 [日本食品微生物学会雑誌, 30(1), (2013年1月1日), pp.28-32] 青木佳代、石川和彦、林賢一、斉藤守弘、小西良子、渡辺麻衣子
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 未設定
  2. マウスマクロファージにおけるリポポリサッカライドで誘導した一酸化窒素産生に及ぼすシトリニンの抑制作用 [Mycotoxin Researeh, (2013年4月1日)] Sugiyama,K., Kinoshita,M., Minai,Y., Tani,F., Sugita-Konishi,Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. ヒラメに寄生している粘液胞子虫の電子顕微鏡による研究 [日本感染症学雑誌, (2013年4月1日)] Ohnishi, T., Furusawa, H., Yoshinari, T., Yamazaki, A., Horikawa, K., Sugita-Konishi, Y.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. アスペルギルス フラバスにおけるブラストシジンSの転換における新しい代謝経路とブラストシジンS代謝物のアフラトキシン産生に及ぼす抑制効果 [J. Agric. Food Chem., (2013年4月1日)] Yoshinari, T., Sakuda, S., Watanabe, M., Kamata, Y., Ohnishi, T., Sugita-Konishi, Y.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. 馬肉中に含まれる住肉胞子虫の危害消失条件の検討による生食用馬肉を共通食とする食中毒事例の発生防止対策に関する研究 [食品衛生学雑誌, (2013年4月1日)] Harada, S., Furukawa, M., Tokuoka, E., Matsumoto, K., Yahiro, S., Miyasaka, J., Saito, M., Kamata, Y., Watanabe, M., Irikura, D., Matsumoto, H., Sugita-Konishi, Y.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  6. デオキシニバレノール、3-アセチルデオキシニバレノ-ル、15-アセチルデオキシニバレノールのヒトcaco-2細胞における腸管内移動とIL-8産生の比較研究 [Toxicol. In Vitro., (2013年4月1日)] Kadota, T., Furusawa, H., Hirano, S., Tajima, O., Kamata, Y., Sugita-Konishi, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. トリコテセン産生性フザリウム真菌のマイコトキシン産生性を予測するための分子系統樹関連性の利用 [Food Addit. Contam. Part A Chem. Anal. Control Expo. Risk Assess., (2013年4月1日)] Watanabe, M., Yonezawa, T., Sugita-Konishi, Y., Kamata, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. ナナホシクドア粘液胞子虫はマウスRAW264マクロファージ様細胞上に産生されたtoll-like 受容体によって認識される [Food Addit. Contam. Part A Chem. Anal. Control Expo. Risk Assess., (2013年4月1日)] Ohnishi, T., Oyama, R., Furusawa, H., Ohba, N., Kamata, Y., Sugita-Konishi, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. 大阪市における下痢患者・健常人、ウシ、ブタの糞便及び市販食品から分離された腸管病原性大腸菌の特異性状 [Appl, Environ. Microbiol., (2013年4月1日)] Wang, L., Wakushima, M., Aota, T., Yoshida, Y., Kita, T., Maehara, T., Ogasawara, J., Choi, C., Kamata, Y., Hara-Kudo, Y., Nishikawa, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. ナナホシクドアの侵入はヒト腸管粘膜上皮細胞の物質透過性を促進させる [Foodborne Pathogens and Disease, 10(2), (2013年4月30日), pp.137-142] Takahiro Ohnishi, Yutaka Kikuchi, Hiroko Furusawa, Yoichi Kamata, Yoshiko Sugita-Konishi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. New metabolci pathway for converting blastcidin S in Aspergillus fumigatus and inhibitory activity fof aflatoxin production by blastcidin S metabolites [J Agr Food Chem, 61, (2013年6月30日), pp.7925-7931] Yohinari T et al
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. クドア食中毒およびKudoa seeptempunctataの季節による特徴 [日本食品微生物学会雑誌, (2013年7月4日)] 大西貴弘、古沢博子、佐古浩、乙竹充、福田穣、吉成知也、山崎朗子、小西良子
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  13. 犬を終宿主とするSarcocystisシスト抽出物の腸管毒性 [日本獣医師会雑誌, (2013年10月1日)] 斉藤守弘、新井陽子、小西良子、橋本勝弘
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  14. 水田除草剤シメトリン、メエフェナセット、チオベンカーブの慢性毒性を評価するための両生類の変態測定法の応用 [Ecotoxicol. Environ. Saf., (2014年4月1日)] Saka, M., Tada, N., Kamata, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 未設定
  15. ペニシリウム・ジギタタムによる致死性肺炎:症例報告 [BMC Pulm. Med., (2014年4月1日)] Oshikata, C., Tsurikisawa, N., Saito, A., Watanabe, M., Kamata, Y., Tanaka, M., Tsuburai, T., Mitomi, H., Takatori, K., Yasueda, H., Akiyama, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. デオキシニバレノールをするのに捕捉効果的なペクチンゲルの形成とその吸収作用の抑制 [Carbohydr. Polym., (2014年4月1日)] . Tamura. C., Nakauma, M., Furusawa, H., Kadota, T., Kamata, Y., Nishijima, M., Itoh, S., Sugita-Konishi,Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. マグロに寄生するクドアネオ・チュニ-とサケに寄生するクドア・スコムベリのリボゾーマルRNA遺伝子の特徴解析 [Foodborne Pathog. Dis., (2014年4月1日)] Li, YC., Sato, H., Tanaka, S., Ohnishi, T., Kamata, Y., Sugita-Konishi, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. 日本の食品検査システムにおける市販食品中の主要食中毒病原体の分布調査 [Food Addit. Contam. Part A Chem. Anal. Control Expo. Risk Assess., (2014年4月1日)] Hara-Kudo, Y., Konuma, H., Kamata, Y., Miyahara, M., Takatori, K., Onoue, Y., Sugita-Konishi, Y., Ohnishi, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. 日本におけるオクラトキシンAとフモニシンの曝露とリスク評価 [Food Addit. Contam. Part A Chem. Anal. Control Expo. Risk Assess., (2014年4月1日)] Hara-Kudo, Y., Konuma, H., Kamata, Y., Miyahara, M., Takatori, K., Onoue, Y., Sugita-Konishi, Y., Ohnishi, T.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. T84腸管粘膜上皮細胞のバリアー機能に及ぼす大腸菌耐熱性毒素とグアニリンの影響 [Vet. Immun. Immunopath., (2014年4月1日)] Nakashima, R., Kamata, Y., Nishikawa, Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. ナナホシクドア粘液胞子虫の侵入はヒト腸管上皮単層細胞の物質透過性を亢進させる [Foodborne Pathog. Dis., (2014年4月14日)] Ohnishi,T., Kikuchi,Y., Furusawa,H., Kamata,Y., Sugita-Konishi,Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  22. A toxin isolated from Sarcocystis fayeri in raw horsemeat may be responsible for food poisoning. [J Food Prot, 77(5), (2014年5月1日), pp.814-819] Saito M Irikura D Yahata Y Ohnishi T Bessho T Inui T Watanabe M Sugita-Konishi Y
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  23. Inactivation of Kudoa septempunctata in olive flounder meat by liquid freezing. [Biocontrol Sci., 19(3), (2014年6月1日), pp.135-138] Ohnishi T, Akuzawa S, Furusawa H, Yoshinari T, Kamata Y, Sugita-Konishi Y
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  24. Molecular epidemiological characterization of Staphylococcus aureus isolates originating from food poisoning outbrakes taht occurred in tokyo, Japan [Microbiol Immunol, 58, (2014年6月30日), pp.570-580] Suzuki Y et al
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  25. 東京で発生したブドウ球菌食中毒由来株の分子疫学解析 [J Vet Med Sci, 58(10), (2014年10月1日), pp.570-580] Suzuki Y, Omoe K, Hu DL, Sato'o Y, Ono HK, Monma C, Arai T, Konishi N, Kato R, Hirai A, Nakama A, Kai A, Kamata Y
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  26. Molecular Epidemiological Analysis of Kudoa septempunctata by Random Amplified Polymorphic DNA Analysis. [Jpn J Infect Dis., 68(3), (2014年12月24日), pp.235-238] Ohnishi T, Furusawa H, Oyama R, Koike S, Yoshinari T, Kamata Y, Sugita-Konishi Y.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  27. Detection of the staphylococcal enterotoxin D-like gene from staphylococcal food poisoning isolates over the last two decades in Tokyo. [J Vet Med Sci, (2015年3月20日)] Suzuki Y, Kobayashi M, Matsushita S, Uehara S, Kato R, Sato'o Y, Ono HK, Sadamasu K, Kai A, Kamata Y
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  28. In vitro cytotoxicity induced by Clostridium perfringens isolate carrying a chromosomal cpe gene is exclusively dependent on sporulation and enterotoxin production [Microbial pathogenesis, (2015年4月23日)] Yasugi M, Sugahara Y, Hoshi H, Kondo K, Talukdar PK, Sarker MR, Yamamoto S, Kamata Y, Miyake M
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  29. Identification and characterization of novel Staphylococcus aureus pathogenicity islands encoding staphylococcal enterotoxins originating from staphylococcal food poisoning isolates. [J Appl Microbiol, 118(6), (2015年6月1日), pp.1507-1520] Suzuki Y, Kubota H, Sato'o Y, Ono HK, Kato R, Sadamasu K, Kai A, Kamata Y.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  30. Identification and characerization of a new enterotoxin produced by Clostridium perfringens isolated from food poisoning outbreaks [PLOS one, (2015年11月19日)] Irikura D et al
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  31. NF-κB activation via MyD88-ddependent Toll-like receptor signaling is inhibited by trichothecene mycotoxin deoxynivalenol [J Toxicol Sci, 41(2), (2016年4月30日), pp.273-279] Sugiyama K et al
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
総説・解説記事
  1. わが国における寄生虫性食中毒の発生状況ー厚生労働省食中毒統計からの解析ー [日本食品衛生協会, 食品衛生研究, (2015年4月16日)] 鎌田洋一
    • 掲載種別 : 機関誌
  2. カビアレルゲンの実態と制御 [日本空気清浄協会, 空気清浄, (2016年1月31日)] 鎌田洋一
    • 掲載種別 : 機関誌
研究発表
  1. エンテロトキシン非産生性ウエルシュ菌食中毒事例株における新規下痢毒素の同定
    • 会議名称 : 第105回日本食品衛生学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年5月17日
    • 発表者 : 門間千枝、入倉大佑、渡辺麻衣子、仲間晶子、甲斐明美、川上 浩、小西良子
  2. メチルオトリアジン系除草剤によるカエル後期発生への毒性影響について
    • 会議名称 : 第19回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月7日~2013年9月8日
    • 発表者 : 坂 雅弘、多田哲子
  3. NASBA-核酸クロマト法によるセレウリド産生菌の簡易検出法の確立―各種試料への適応
    • 会議名称 : 第34回日本食品微生物学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月3日~2013年10月4日
    • 発表者 : 小松原英介、宇治家武史、林 司、淺野桃子、西川禎一
  4. 人ふん便における新型エンテロトキシン産生ウエルシュ菌の保有状況
    • 会議名称 : 第34回日本食品微生物学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月3日~2013年10月4日
    • 発表者 : 門間千枝、赤瀬 悟、石塚理恵、齋木 大、小西典子、横山敬子、仲間晶子、甲斐明美
  5. Bacillus cereus産生毒素セレウリドの簡易検出法の検討
    • 会議名称 : 第34回日本食品微生物学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月3日~2013年10月4日
    • 発表者 : 淺野桃子、池田高紀、切畑光統、古澤直人、西川禎一
  6. マイクロプレートを用いたDNA-DNAハイブリダイゼーションによるFusarium属菌近縁種間における全ゲノム塩基配列比較手法の検討
    • 会議名称 : 第34回日本食品微生物学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月3日~2013年10月4日
    • 発表者 : 渡辺麻衣子、後藤慶一、小西良子、工藤由紀子
  7. ウエルシュ菌新型下痢毒素(1)ゲノム解析およびタンパク質網羅的スクリーニング法を応用した新型下痢毒素の検出と同定
    • 会議名称 : American Society of Microbiology
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月23日~2013年10月25日
    • 発表者 : 入倉大祐、門間千枝、仲真晶子、甲斐明美、小西良子
  8. ウエルシュ菌新型下痢毒素(2)新 型下痢毒素の生化学的性状解析
    • 会議名称 : American Society of Microbiology
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月23日~2013年10月25日
    • 発表者 : 門間千枝、鈴木康規、入倉大祐、小西良子、仲真晶子、福井 理、堀口安彦、甲斐明美
  9. In vitro感染モデルにおけるウエルシュ菌の芽胞形成に及ぼす胆汁酸の影響
    • 会議名称 : American Society of Microbiology
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月23日~2013年10月25日
    • 発表者 : 安木麻世、星 英之、山本茂貴、三宅眞実
  10. カビアレルゲンデータベースの構築とその活用
    • 会議名称 : 日本防菌防黴学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年5月27日~2014年5月28日
    • 発表者 : 大波純一、渡辺麻衣子、山田 修、水谷 治、高橋 徹、川上裕司、橋本一浩、清水公徳、髙橋治男、横山耕治、鎌田洋一
  11. 共存状態でのカビ生育特性に及ぼす競争原理の影響に関する検討
    • 会議名称 : 日本防菌防黴学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年5月27日~2015年5月28日
    • 発表者 : 柳 宇,鍵 直樹,鎌田洋一
  12. 東日本大震災被災地の応急仮設住宅に居住するアレルギー性気管支肺アスペルギルス症患者宅の真菌叢の推移
    • 会議名称 : 日本防菌防黴学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年5月27日~2014年5月28日
    • 発表者 : 渡辺麻衣子、押方智也子、斎藤明美、小沼ルミ、山﨑朗子、石田雅嗣、小林誠一、矢内 勝、鎌田洋一、寺嶋 淳、高鳥浩介、釣木澤尚実、秋山一男、長 純一
  13. 東日本大震災被災地における住宅タイプでみた空中浮遊真菌の比較検討
    • 会議名称 : 第40回日本防菌防黴学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月10日~2014年9月11日
    • 発表者 : 渡辺麻衣子、山﨑朗子、小沼ルミ、横瀬英理子、園田 愛、瓦田研介、林健太郎、武藤真祐
  14. 次世代シークエンサーを利用してのウエルシュ菌新型毒素遺伝子の同定とゲ
    • 会議名称 : 日本獣医学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月10日~2014年9月14日
    • 発表者 : 長井和哉、入倉大祐、門間千枝、鈴木康規、甲斐明美、片山幸枝、大松 勉、水谷哲也、加藤彰朗、鎌田洋一
  15. ブドウ球菌エンテロトキシンを保有する新たなStaphylococcus aureus pathogenicity islandsの同定およびその特性解析
    • 会議名称 : 日本獣医学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月10日~2014年9月12日
    • 発表者 : 鈴木康規・重茂克彦・佐藤祐介・小野久弥・門間千枝・小西典子・尾畑浩魅・小林真紀子・上原さとみ・松下 秀・加藤 玲・貞升健志・甲斐明美・鎌田洋一
  16. 食品を中心とした新型エンテロトキシン(CPILE)産生ウェルシュ菌の分布と分離株の性状
    • 会議名称 : 日本食品微生物学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月18日~2014年9月19日
    • 発表者 : 門間千枝,畠山薫,高橋正樹,下島優香子,山本浩平,清水美穂,神門幸大,齊木大,赤瀬悟,小西典子,横山敬子,貞升健志,鎌田洋一,甲斐明美
  17. Sarcocystis fayeriの馬体内寄生分布調査
    • 会議名称 : 日本食品微生物学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月18日~2014年9月19日
    • 発表者 : 古川真斗,福司山郁恵,徳岡英亮,八幡裕一郎,峯岸恭孝
  18. 馬肉食中毒原因物質の作用機序解析と遺伝子検査法の検討
    • 会議名称 : 獣医師大会 東北地区三学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年10月8日
    • 発表者 : 佐藤 弘隆、鎌田 洋一
  19. と畜場に搬入された牛の住肉胞子虫寄生実態調査
    • 会議名称 : 獣医師大会 東北地区三学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年10月8日
    • 発表者 : 藤森亜紀子、世良田研、高橋知子、光井太平、鎌田洋一
  20. ウェルシュ菌新型下痢毒素の細胞障害性の解析
    • 会議名称 : 獣医師大会 東北地区三学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年10月8日
    • 発表者 : 加藤彰朗、鎌田洋一
  21. ウエルシュ菌研究のための新規in vitro実験モデル
    • 会議名称 : American Society of Microbiology
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年10月23日~2014年10月25日
    • 発表者 : 三宅眞実、星 英之、安木麻世、山本茂貴
  22. 各種検体から分離された新型エンテロトキシン産生性ウェルシュ菌の性状
    • 会議名称 : 日本細菌学会 総会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月26日~2015年3月28日
    • 発表者 : Chie Monma, Dai Saiki, Satoru Akase, Noriko Konishi、Kenji Sadamasu, Yoichi Kamata and Akemi Kai
  23. Characterization of new enterotoxin (CPILE)-producing Clostridium perfringens isolates
    • 会議名称 : Clostpath 2015
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月7日~2015年9月11日
    • 発表者 : Monma C et al
  24. Cytotoxicity induced by Clostridium perfringens isolates that cause food poisoning or non-food-borne gastrointestinal diseases
    • 会議名称 : Clostpath 2015
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月7日~2015年9月11日
    • 発表者 : Yasugi M et al
  25. Identification of a substance in mouse feces that suppresses sporulation of Clostridium perfringens
    • 会議名称 : Clostpath 2015
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月7日~2015年9月11日
    • 発表者 : Miyake M et al
  26. エゾシカ肉におけるサルコシスチス住肉胞子虫調査
    • 会議名称 : 158回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月7日~2015年9月9日
    • 発表者 : 山﨑朗子ら
  27. 次世代シークエンサーによるAspergillus restrictusの新規アレルゲンの同定と解析
    • 会議名称 : 158回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月7日~2015年9月11日
    • 発表者 : 大内勇樹ら
  28. ウエルシュ菌新型下痢毒素産生動態の解析
    • 会議名称 : 158回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月7日~2015年9月11日
    • 発表者 : 塚田滉巳ら
  29. 効率的なカビアレルゲン単離のためのデータベース構築
    • 会議名称 : 158回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月7日~2015年9月11日
    • 発表者 : 鎌田洋一ら
  30. ウエルシュ菌新型下痢毒素産生動態解析研究
    • 会議名称 : 平成27年度獣医学術東北地区学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月9日
    • 発表者 : 塚田滉巳ら
  31. 牛肉における住肉胞子虫保有状況の定量解析
    • 会議名称 : 平成27年度獣医学術東北地区学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月9日
    • 発表者 : 藤森亜紀子ら
  32. ブドウ球菌エンテロトキシン関連プラスミドの食中毒事例への関与と変異型sed遺伝子の同定
    • 会議名称 : 36回日本食品微生物学会学術総会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年11月12日~2015年11月13日
    • 発表者 : 鈴木康規ら
  33. ウェルシュ菌新型エンテロトキシン(CPILE)の芽胞形成時における産生
    • 会議名称 : 36回日本食品微生物学会学術総会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年11月12日~2015年11月13日
    • 発表者 : 鎌田洋一ら
  34. 新型エンテロトキシン(CPILE)産生ウェルシュ菌の分布と分離菌株の性状
    • 会議名称 : 36回日本食品微生物学会学術総会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年11月12日~2015年11月13日
    • 発表者 : 門間千枝ら
  35. Application for mycotoxin measurement i food using Q-body and quartz crystal microbalance
    • 会議名称 : Pacificem 2015
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月15日~2015年12月20日
    • 発表者 : Sugita-Konishi Y et al
  36. データベースから選出されたカビアレルゲン候補遺伝子のAspergillus属における配列比較とアレルゲン性の検討
    • 会議名称 : 10回日本ゲノム微生物学会年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月4日~2016年3月5日
    • 発表者 : 大波純一ら
学術関係受賞
  1. 平成26年度日本獣医公衆衛生学会(東北)地区学会賞
    • 受賞年月日 : 2014年10月1日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 加藤彰朗、鎌田洋一
  2. 平成27年度日本獣医公衆衛生学会(東北)研究奨励賞
    • 受賞年月日 : 2015年10月1日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 塚田滉巳、鎌田洋一
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 基盤研究(B)
    所属学会・委員会
    1. 日本獣医学会 (1981年4月1日~継続中)
    2. 日本細菌学会 (1982年4月1日~継続中)
    3. 日本獣医師会 (1982年4月1日~継続中)
    4. 日本食品微生物学会 (1993年4月1日~継続中)
    5. 日本アレルギー学会 (1995年4月1日~継続中)
    6. 日本マイコトキシン学会 (2008年4月1日~継続中)
    7. 日本食品衛生学会 (2008年4月1日~継続中)
    8. 日本防菌防黴学会 (2009年4月1日~継続中)
    学会・委員会等活動
    1. 日本獣医学会 公衆衛生分科会 理事(2011年4月1日~継続中)
    2. 日本食品微生物学会 評議員(2013年4月1日~継続中)
    3. 日本獣医学会 シンポジウム委員会 委員長(2014年4月1日~継続中)
    4. 日本防菌防黴学会 評議員(2016年4月1日~継続中)
    学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
    1. 日本獣医学会 公衆衛生分科会 (2015年9月)
      • 参加者数 : 150人
    学会活動3(学会誌の編集・査読)
    1. 日本食品微生物学会 [査読 (2014年3月)]
    2. 岩手県獣医師会報 [編集 (2015年4月)]
    3. 日本防菌防黴学会 [査読 (2015年12月)]
    研究員(受入れ)
    1. 家畜肉中の住肉胞子虫検査法開発 (1人 2013年10月~2013年12月)
    2. カビ毒の細胞毒性に関する研究
      カビアレルゲンに関する研究
      セレウス菌嘔吐毒素の検査法に関する研究
      (1人 2014年5月~2013年4月)
    3. 食肉処理場に搬入された家畜における住肉胞子虫寄生実態調査 (1人 2014年8月~2014年12月)
    国・地方自治体等の委員歴
    1. 厚生労働省
      • 委員会等名 : 薬事・食品衛生審議会 食品衛生分科会添加物部会
      • 役職名 : 委員
      • 就任期間 : 2013年5月~継続中
    2. 岩手県
      • 委員会等名 : 食の安全安心委員会
      • 役職名 : 委員
      • 就任期間 : 2013年11月~継続中
    3. 岩手県
      • 委員会等名 : 岩手県感染症検査ネットワーク会議
      • 役職名 : 委員
      • 就任期間 : 2014年4月~継続中
    4. 厚生労働省
      • 委員会等名 : 薬事・食品衛生審議会 食品衛生分科会添加物部会
      • 役職名 : 部会員
      • 就任期間 : 2015年1月~継続中
    5. 岩手県
      • 委員会等名 : 食の安心安全委員会
      • 役職名 : 委員 副委員長
      • 就任期間 : 2015年1月~継続中
    6. 岩手県獣医師会
      • 委員会等名 : 岩手県獣医師会食鳥検査センター運営委員会
      • 役職名 : 委員
      • 就任期間 : 2015年4月~継続中
    7. 内閣府
      • 委員会等名 : 食品安全委員会
      • 役職名 : 参考人
      • 就任期間 : 2015年9月~2015年9月
    企業・団体等への指導等
    1. 2014年度 岩手県獣医師会公衆衛生部会研修会
      • 指導等の内容 :
        食品安全に関する講義
    2. 2014年度 岩手県食品衛生協会
      • 指導等の内容 :
        岩手版「HACCP」レベルアップ並びにHACCP責任者養成講習会
        高度食品衛生管理に関する講習
    3. 2015年度 岩手県獣医師会公衆衛生部会研修会
      • 指導等の内容 :
        食品安全に関する講義
    4. 2015年度 岩手版「HACCP」レベルアップ並びにHACCP責任者養成講習会
      • 指導等の内容 :
        高度食品衛生管理に関する講演
    5. 2015年度 岩手県農済
      • 指導等の内容 :
        家畜診療等技術地区別発表会及び研修会
        食品安全に関する講演
    6. 2015年度 岩手県保健協会
      • 指導等の内容 :
        ペットアレルギーに関する講義
    7. 2015年度 岩手県獣医師会 食鳥検査センター
      • 指導等の内容 :
        平成27年度 岩手県獣医師会食鳥検査センター 新人研修
    8. 2015年度 岩手県獣医師会食鳥検査センター
      • 指導等の内容 :
        平成27年度食鳥肉安全研修
    9. 2015年度 日本給食協会
      • 指導等の内容 :
        給食の安全性に関する講演
    活動履歴
    1. 2013年度
      • バイオセーフティ委員会
      • 病原体等取扱主任
      • 附属動物医学食品安全教育研究センター運営委員会
    2. 2014年度
      • 共同獣医学科代議員会・WG
      • 共同獣医学科代議員会・WG
      • 動物実験委員会
      • 遺伝子組み換え生物等安全委員会
      • バイオセーフティ委員会
      • 動物実験委員会
      • 附属動物医学食品安全教育研究センター運営委員会
      • 共同獣医学科代議員会・WG
      • 広報委員会
    3. 2015年度
      • 農学部附属動物医学食品安全教育研究センター長
      • 附属動物医学食品安全教育研究センター運営委員会
      • 遺伝子組み換え生物等安全委員会
      • 動物実験委員会
      • バイオセーフティ委員会
      • 研究推進機構研究基盤管理・機器分析部門会議
      • 附属動物医学食品安全教育研究センター企画調整部門
      • 運営会議
      • [その他] 高校での学部紹介
      • 広報委員会
      • 共同獣医学科代議員会・教育企画専門委員会
      • 病原体取扱い主任