サブメニュー
更新日 : 2017年10月11日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名山田 美和 (YAMADA Miwa)
所属専攻講座岩手大学 農学部 応用生物化学科
職名准教授
生年月日
研究室電話番号019-621-6159
研究室FAX番号019-621-6159
連絡先住所020-8550 岩手県 盛岡市上田3-18-8
研究室応用微生物学研究室
メールアドレスmyamada@iwate-u.ac.jp
出身大学
  1. 明治大学 農学部 農芸化学科
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 2005年3月
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 北海道大学 工学研究科 生物機能高分子専攻
    • 大学院課程 : 修士課程
    • 修了年月日 : 2007年3月
    • 修了区分 : 修了
取得学位
  1. 博士(工)
    • 学位の分野 : 応用微生物学
    • 学位授与機関 : 北海道大学
    • 取得年月日 : 2010年3月
学内職務経歴
  1. 岩手大学 農学部 応用生物化学課程 (廃止組織)
    • [本務] 助教 (2011年10月1日~2015年9月30日)
  2. 岩手大学 農学部 応用生物化学課程 (廃止組織)
    • [本務] 准教授 (2015年10月1日~継続中)
学外略歴
  1. 北海道大学
    • [日本学術振興会特別研究員] (2008年4月~2010年3月)
  2. 独立行政法人理化学研究所
    • [研究員] (2010年4月~2011年9月)
専門分野(科研費分類)
  1. 生物機能・バイオプロセス
研究分野を表すキーワード
  1. 応用微生物学
  2. 酵素
  3. バイオプラスチック
  4. バイオマス
担当授業科目
  1. 2012年度
    • 環境マネジメント実践学
    • 微生物学実験
    • 基礎ゼミナール
    • 応用生物化学演習Ⅱ
    • 生命のしくみ
    • 基礎生物学実験
    • 応用生物化学演習Ⅰ
  2. 2013年度
    • 基礎ゼミナール
    • 微生物学実験
    • 応用生物化学演習Ⅱ
    • 環境マネジメント実践学
    • 生命のしくみ
    • 応用生物化学演習Ⅰ
    • 基礎生物学実験
  3. 2014年度
    • 微生物学実験
    • 基礎ゼミナール
    • 微生物学実験
    • 応用生物化学演習Ⅱ
    • 応用生物化学演習Ⅰ
    • 生命のしくみ
    • 応用生物化学特別研究
    • 卒業研究
  4. 2015年度
    • 微生物学実験
    • 基礎ゼミナール
    • 微生物学概論
    • 応用生物化学演習Ⅰ
    • 生命のしくみ
    • 卒業研究
    • 応用生物化学特別研究
    • インターンシップ
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2012年度
    • 補助研究指導(学部) 8人
    • 大学院研究生(修士) 2人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 1人
  2. 2013年度
    • 補助研究指導(学部) 6人
    • 大学院研究生(修士) 3人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 1人
  3. 2014年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 大学院研究生(修士) 2人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第1副指導(博士) 1人
  4. 2015年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 副研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 学位論文審査(学部・副査) 4人
    • 学部研究生 7人
    • 大学院研究生(修士) 2人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 2人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第1副指導(博士) 1人
研究経歴
  1. 乳酸ポリマーの微生物発酵生産(2008年4月~2010年3月)
    • 研究課題キーワード : バイオプラスチック、ポリ乳酸、ポリヒドロキシアルカン酸、微生物生産
    • 専門分野(科研費分類) :
      生物機能・バイオプロセス
    • 研究様態 : 未設定
    • 研究制度 : ジュニア・リサーチ・アソシエイト研究費
    • 研究活動内容 :
  2. 長主鎖モノマーユニットを有するポリヒドロキシアルカン酸の微生物生産(2010年4月~2011年9月)
    • 研究課題キーワード : バイオポリマー、ポリヒドロキシアルカン酸、微生物生産
    • 専門分野(科研費分類) :
      生物機能・バイオプロセス
    • 研究様態 : 未設定
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
論文
  1. Nonspecific hydrophobic interactions of a repressor protein, PhaR, with poly[(R)-3-hydroxybutyrate] film studied with a quartz crystal microbalance [Biomacromolecules, 7(8), (2006年8月), pp.2449-2454] Yamashita, K., Yamada, M., Numtata, K. and Taguchi, S.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Autoregulator protein PhaR for biosynthesis of polyhydroxybutyrate [P(3HB)] has possible two separate domains that binds to the target DNA and P(3HB): functional mapping of amino acid residues responsible for DNA binding [J. Bacteriol, 189(3), (2007年2月), pp.1118-1127] Yamada, M., Yamashita, K., Wakuda, A., Ichimura, K., Maehara, A., Maeda, M. and Taguchi, S.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. Morphological change in cellular granule formation of poly[(R)-3-hydroxyl- butyrate] caused by DNA-binding-related mutations of an autoregulated repressor PhaR [Biosci. Biotechnol. Biochem., 71(6), (2007年6月), pp.1572-1576] Yamada, M., Wakuda, A. and Taguchi, S.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  4. A microbial factory for lactate-based polyesters using a lactate-polymerizing enzyme [Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 105(45), (2008年11月), pp.17323-17327] Taguchi, S., Yamada, M., Matsumoto, K., Tajima, K., Satoh, Y., Munekata, M., Ohono, K., Koda, K., Shimamura, T., Kanbe, H. and Obata, S.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. Microbial production of lactate-enriched poly[(R)-lactate-co-(R)-3- hydroxybutyrate] with novel thermal properties. [Biomacromolecules, 10(4), (2009年4月), pp.677-681] Yamada, M., Matsumoto, K., Nakai, T. and Taguchi, S.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. Biosynthesis of novel terpolymers Poly(lactate-co-3-hydroxybutyrate-co-3- hydroxyvalerate) in lactate-overproducing mutant Escherichia coli JW0885 by feeding propionate as a precursor of 3-hydroxyvalerate. [Appl. Microbiol. Biotechnol., 85, (2010年1月), pp.949-954] Shozui, F., Matsumoto, K., Nakai, T., Yamada, M. and Taguchi, S.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. Adjustable mutations in lactate (LA)-polymerizing enzyme for the microbial production of LA-based polyesters with tailor-made monomer composition [Biomacromolecules, 11(3), (2010年3月), pp.815-819] Yamada, M., Matsumoto, K., Shimizu, K., Uramoto, S., Nakai,T. and Taguchi, S.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. Establishment of a metabolic pathway to introduce the 3-hydroxyhexanoate unit into LA-based polyesters via reverse reaction of β-oxidation in Escherichia coli LS5218 [Polymer Degradation and Stability, 95(8), (2010年8月), pp.1340-1344] Shozui, F., Matsumoto, K., Motohashi, R., Yamada, M. and Taguchi, S.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. A new beneficial mutation in Pseudomonas sp. 61-3 polyhydroxyalkanoate (PHA) synthase for enhanced cellular content of 3-hydroxybutyrate-based PHA explored using its enzyme homolog as a mutation template [Biosci. Biotechnol. Biochem., 74(8), (2010年8月), pp.1710-1712] Shozui, F., Sun, J., Song, Y., Yamada, M., Sakai, K., Matsumoto, K., Takase, K. and Taguchi, S.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Production of P(3-hydroxybutyrate-co-3-hydroxyhexanoate-co-3-hydroxyl- octanoate) terpolymers using a chimeric PHA synthase in recombinant Ralstonia eutropha and Pseudomonas putida [Biosci. Biotechnol. Biochem., 74(8), (2010年8月), pp.1716-1718] Sun, J., Fumi, S., Yamada, M., Matsumoto, K. and Taguchi, S.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. New pathway for poly(3-hydroxybutyrate) production in Escherichia coli and Corynebacterium glutamicum by functional expression of a new acetoacetyl-coenzyme A synthase [Biosci. Biotechnol. Biochem., 75(2), (2011年2月), pp.364-366] Matsumoto, K., Yamada, M., Leong, C. R., Jo, S.-J., Kuzuyama,T. and Taguchi, S.
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  12. Production of poly(lactate-co-3-hydroxybutyrate)s with altered mechanical properties in recombinant Escherichia coli under controlled lactate production: comparison with chemical poly(lactic acid) [J. Biotecnol., 154, (2011年7月), pp.255-260] Yamada, M., Matsumoto, K., Uramoto, S., Motohashi, R., Abe, H. and Taguchi, S.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. Engineered Corynebacterium glutamicum as an endotoxin-free platform strain for lactate-based polyester production [Appl. Microbiol. Biotechnol., 93(5), (2011年11月), pp.1917-1925] Song, Y., Matsumoto, K., Yamada, M., Gohda, A., Brigham, C. J., Sinskey, A. J., and Taguchi, S.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. Characterization and application of a glycolate dehydrogenase from Trichoderma harzianum AIU 353 [Journal of Molecular Catalysis. B, Enzymatic, 83, (2012年7月11日), pp.94-99] Kimiyasu Isobe, Shinsuke Watabe, Miwa Yamada
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  15. Biosynthesis and characterization of polyhydroxyalkanoate containing 5-hydroxyvalerate units: effects of 5HV units on biodegradability, cytotoxicity, mechanical and thermal properties [Polymer Degradation and Stability, (2012年9月16日)] Jo-Ann Chuah, Miwa Yamada, Seiichi Taguchi, Kumar Sudesh, Yoshiharu Doi, Keiji Numata
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. Characterization and application of a l-specific amino acid oxidase from Rhodococcus sp. AIU LAB-3 [Journal of Bioscience and Bioengineering, (2013年1月1日)] Isobe K, Satou S, Matsumoto E, Yoshida S, Yamada M, Hibi M, Ogawa J.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. Monitoring and Kinetic Analysis of the Molecular Interactions by which a Repressor Protein, PhaR, Binds to Target DNAs and Poly[(R)-3-hydroxybutyrate] [AMB Express, 3(1), (2013年1月27日), pp.6-9] Miwa Yamada, Shuntaro Takahashi, Yoshio Okahata, Yoshiharu Doi, Keiji Numata
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. Characterization of Site-Specific Mutations in a Short-Chain-Length-Medium-Chain-Length Polyhydroxyalkanoate Synthase: in vivo and in vitro Studies on Enzymatic Activity and Substrate Specificity [Applied Enviromental microbiology, (2013年4月31日)] Jo-Ann Chuah, Satoshi Tomizawa, Miwa Yamada, Takeharu Tsuge, Yoshiharu Doi, Kumar Sudesh
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. Characterization of a new enzyme oxidizing ω-amino group of aminocarboxyric acid, aminoalcohols and amines from Phialemonium sp. AIU 274 [Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic, 96, (2013年6月22日), pp.89-95] Kimiyasu Isobe, Tomoko Sasaki, Yuusuke Aigami, Miwa Yamada, Shigenobu Kishino, Jun Ogawa
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. Characterization of a novel l-amino acid oxidase with protein oxidizing activity from Penicillium steckii AIU 027 [Journal of Bioscience and Bioengineering, (2013年12月13日)] Kimiyasu Isobe, Ryota Taira, Youko Hoshi, Sou Matsuda, Miwa Yamada, Makoto Hibi, Shigenobu Kishino, Jun Ogawa
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. Novel alcohol oxidase with glycolate oxidase activity from Ochrobactrum sp. AIU 033 [Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic, 105, (2014年4月3日), pp.41-48] Miwa Yamada, Takanori Higashiyama, Shigenobu Kishino, Michihiko Kataoka, Jun Ogawa, Sakayu Shimizu, and Kimiyasu Isobe
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  22. Characterization of a pyridoxal-5’-phosphate-dependent L-lysine decarboxylase/oxidase from Burkholderia sp. AIU 395 [Journal of Bioscience and Bioengineering, (2014年4月15日)] Asami Sugawara, Daisuke Matsui, Narumi Takahashi, Miwa Yamada, Yasuhisa Asano, Kimiyasu Isobe
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  23. New enzymatic methods for selective assay of L-lysine using an L-lysine specific decarboxylase/oxidase from Burkholderia sp. AIU 395 [Journal of Bioscience and Bioengineering, (2014年8月21日)] Asami Sugawara, Daisuke Matsui, Miwa Yamada, Yasuhisa Asano, and Kimiyasu Isobe
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  24. A new aldehyde oxidase catalyzing the conversion of glycolaldehyde to glycolate from Burkholderia sp. AIU 129 [Journal of Bioscience and Bioengineering, (2014年9月3日)] Miwa Yamada, Keika Adachi, Natsumi Ogawa, Shigenobu Kishino, Jun Ogawa, Michihiko Kataoka, Sakayu Shimizu, and Kimiyasu Isobe
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  25. Novel acidophilic β-galactosidase with high activity at extremely acidic pH region from Teratosphaeria acidotherma AIU BGA-1 [Journal of Bioscience and Bioengineering, (2015年1月15日)] Serina Chiba, Miwa Yamada, and Kimiyasu Isobe
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  26. 2011年東北地方太平洋沖地震により発生した津波による岩手県沿岸内湾域の底質変化 [日本水産学会誌, (2015年2月19日)] 内記 公明 ,山田 美和, 加賀 新之助 ,渡邊 志穂 ,神山 孝史 ,加戸 隆介, 緒方 武比古, 難波 信由,林崎 健一,山田 雄一郎,山下 哲郎
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  27. New alkalophilic β-galactosidase with high activity in alkaline pH region from Teratosphaeria acidotherma AIU BGA-1 [Journal of Bioscience and Bioengineering, (2016年7月4日)] Miwa Yamada, Serina Chiba, Yuta Endo, and Kimiyasu Isobe
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  28. Sucrose supplementation suppressed the growth inhibition in polyhydroxyalkanoate-producing plants [Plant Biotechnology, (2016年11月21日)] Takeshi Yoshizumi, Miwa Yamada, Mieko Higuchi-Takeuchi, Ken’ichiro Matsumoto, Seiichi Taguchi, Minami Matsui, Keiji Numata
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  29. An enzymatic method for the production of 6-oxohexanoic acid from 6-aminohexanoic acid by an enzyme oxidizing ω-amino compounds from Phialemonium sp. AIU 274 [Bioscience Biotechnology and Biochemistry, (2017年9月19日)] Miwa YAMADA, Mitsuaki OOE, Tomoko SASAKI, Masao MIYAZAKI, and Kimiyasu ISOBE
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
総説・解説記事
  1. バイオを駆使した環境調和型プラスチックの創製―微生物生産から植物生産へ- [日本油化学会, 日本油化学会誌, 5, (2005年5月), pp.523-532] 山田 美和,松本 謙一郎,田口 精一
    • 掲載種別 : 学術誌
  2. バイオプラスチックの“輪廻転生”―合成・調節・分解 [化学同人, 化学, 62, (2007年11月), pp.66-67] 山田 美和, 田口 精一
    • 掲載種別 : その他
  3. バイオプラスチック生産のための微生物工場 [繊維学会, 繊維学会会誌, 64, (2008年11月), pp.365-370] 山田 美和, 松本 謙一郎, 田口 精一
    • 掲載種別 : 機関誌
  4. 乳酸ポリマー生産用微生物工場を駆動するエンジニア酵素 [シーエムシー出版, BIOINDUSTRY, 26, (2009年6月), pp.54-62] 山田 美和, 田口 精一
    • 掲載種別 : その他
  5. 微生物がつくる有用酵素ー微生物に眠るダイヤの原石たちー [日本生物工学会, 日本生物工学会誌, 93, (2015年2月1日), pp.2-2] 山田 美和
    • 掲載種別 : 学術誌
  6. A novel microbial aldehyde oxidase applicable to production of useful raw materials, glycolic acid and glyoxylic acid, from ethylene glycol [OMICS International, Fermentation Technology, 4(1), (2015年8月6日), pp.1-2] Miwa Yamada and Kimiyasu Isobe
    • 掲載種別 : 学術誌
研究発表
  1. PHBバイオポリエステル生合成調節タンパク質PhaRの機能解析
    • 会議名称 : 平成18年度日本農芸化学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年3月
    • 発表者 : 山田 美和, 和久田 晶子, 山下 宏一, 前原 晃, 前田 理久, 田口 精一
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 札幌
  2. Functions of protein PhaR. 1. Nonspecific hydrophobic interactions with poly[(R)-3-hydroxybutyrate] film studied with a quartz crystal microbalance
    • 会議名称 : International symposium on biological polyesters 2006
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年11月
    • 発表者 : Yamashita, K., Yamada, M., Numata, K. and Taguchi, S.
    • 開催場所 : Minneapolis, USA
  3. Functions of protein PhaR. 2. Interaction with target DNA by physicochemical analyses
    • 会議名称 : International symposium on biological polyesters 2006
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年11月
    • 発表者 : Yamada, M., Yamashita, K., Satoh, Y., Tajima, K., Munekata, M. and Taguchi, S.
    • 開催場所 : Minneapolis, USA
  4. バイオポリエステルPHB調節タンパク質PhaRのPHB顆粒形態に与える変異効果
    • 会議名称 : 平成19年度日本農芸化学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年3月
    • 発表者 : 山田 美和, 和久田 晶子, 前原 晃, 前田 理久, 田口 精一
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 京都
  5. PHA synthase engineering toward biocatalysts for tailor-made biopolymers
    • 会議名称 : The 10th Seoul national university & Hokkaido university joint symposium on nano technology, bio technology and catalysis
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)
    • 開催期間 : 2008年3月
    • 発表者 : Yamada, M., Matsumoto, K., Shozui, F., Orikasa, Y. and Taguchi, S.
    • 開催場所 : Seoul, Korea
  6. 環境調和型バイオプラスチックの生合成調節研究
    • 会議名称 : 第6回日本農芸化学会北海道支部奨励賞・学生会員奨励賞受賞者講演
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2008年8月
    • 発表者 : 山田 美和
    • 主催者 : 日本農芸化学会北海道支部
    • 開催場所 : 札幌
  7. Alteration in the composition of PHA copolymer by the multiple combinations of beneficial amino acid substitution in PHA synthase from Pseudomonas sp.61-3
    • 会議名称 : International symposium on biological polyesters
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2008年8月
    • 発表者 : Yamada, M., Matsumoto, K., Tajima, K., Satho, Y., Munekata, M. and Taguchi, S.
    • 開催場所 : Auckland, Newzealand
  8. 酵素の進化工学を応用した新規バイオポリマー生産系の開発
    • 会議名称 : 平成20年度高分子学会北海道支部研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年2月
    • 発表者 : 松本 謙一郎, 山田 美和, 中井 孝憲, 清水 康多郎, 浦本 周, 田口 精一
    • 主催者 : 高分子学会北海道支部
    • 開催場所 : 札幌
  9. 組換え微生物を用いた乳酸ベースポリマーの発酵生産
    • 会議名称 : 平成20年度高分子学会北海道支部研究発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2009年2月
    • 発表者 : 山田 美和,中井 孝憲, 清水 康多郎, 浦本 周, 松本 謙一郎, 田口 精一
    • 主催者 : 高分子学会北海道支部
    • 開催場所 : 札幌
  10. Microbial production of lactate(LA)-based polyesters using a LA-polymerizing enzyme
    • 会議名称 : 2009 Taiwan-Japan bilateral polymer symposium
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2009年2月
    • 発表者 : Yamada, M., Matsumoto, K., Nakai, T., Shimizu, K. Uramoto, S. and Taguchi, S.
    • 開催場所 : Taipei, Tiwan
  11. 乳酸ベースポリエステルの微生物発酵生産
    • 会議名称 : 平成20年度日本農芸化学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月
    • 発表者 : 山田 美和, 松本 謙一郎, 佐藤 康治, 棟方 正信, 幸田 勝典, 島村 隆, 神戸 浩美, 小畑 充生, 田口 精一
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 福岡
  12. 嫌気条件下における乳酸ベースポリエステルの微生物発酵生産
    • 会議名称 : 平成20年度日本農芸化学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月
    • 発表者 : 中井 孝憲, 山田 美和, 松本 謙一郎, 田口 精一
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 福岡
  13. 乳酸ベースポリエステルの生合成における培養条件の検討
    • 会議名称 : 平成20年度日本農芸化学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月
    • 発表者 : 清水 康多郎, 浦本 周, 山田 美和, 松本 謙一郎, 田口 精一
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 福岡
  14. Expansion of bological polyesters by engineering of microbial polyester synthase
    • 会議名称 : 2009 Taiwan-Japan bilateral polymer symposium
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月
    • 発表者 : Matsumoto, K., Yamada, M., Nakai, T. and Taguchi, S.
    • 開催場所 : Taipei, Tiwan
  15. Microbial production of lactate-based polyesters
    • 会議名称 : 58th SPSJ annual meeting
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年6月
    • 発表者 : Matsumoto, K., Yamada, M., Nakai, T., Shimizu, K. and Taguchi, S.
    • 開催場所 : Kobe, Japan
  16. 嫌気的条件下における乳酸ベースポリマーの微生物発酵生産
    • 会議名称 : 平成21年度農芸化学会北海道支部学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年8月
    • 発表者 : 浦本 周, 中井 孝憲, 山田 美和, 松本 謙一郎, 田口 精一
    • 主催者 : 日本農芸化学会北海道支部
    • 開催場所 : 札幌
  17. 組換え大腸菌を用いた新規乳酸ベース3元共重合体の生産
    • 会議名称 : 平成21年度日本生物工学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年8月
    • 発表者 : 正瑞 文, 中井 孝憲, 山田 美和, 松本 謙一郎, 田口 精一
    • 主催者 : 日本生物工学会
    • 開催場所 : 仙台
  18. Biosynthesis of novel terpolymers poly(lactate-co-3-hydroxybutyrate-co-3- hydroxyvalerate)s in lactate-overproducing mutant Escherichia coli JW0885 by feeding propionate as a precursor of 3-hydroxyvalerate
    • 会議名称 : International conference on bio-based polymers 2009
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2009年11月
    • 発表者 : Shozui, F., Matsumoto, K., Nakai, T., Yamada, M. and Taguchi, S.
    • 開催場所 : Penang, Malaysia
  19. 立体選択的乳酸ベースポリマーのバイオ合成と構造解析
    • 会議名称 : 平成21年度高分子学会北海道支部研究発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年2月
    • 発表者 : 山田 美和, 中井 孝憲, 清水 康多郎, 浦本 周, 松本 謙一郎, 大井 俊彦, 田口 精一
    • 主催者 : 高分子学会北海道支部
  20. 3-ヒドロキシ吉草酸ユニットを含む新規乳酸ベース3元共重合体の微生物合成
    • 会議名称 : 平成21年度高分子学会北海道支部研究発表会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年2月
    • 発表者 : 正瑞 文, 中井 孝憲, 山田 美和, 松本 謙一郎, 田口 精一
    • 主催者 : 高分子学会北海道支部
    • 開催場所 : 札幌
  21. 乳酸重合酵素への新規変異導入による乳酸コポリマーの分率制御
    • 会議名称 : 平成21年度日本農芸化学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年3月
    • 発表者 : 山田 美和, 清水 康多郎, 浦本 周, 中井 孝憲, 松本 謙一郎, 田口 精一
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 東京
  22. ジャーファーメンターを用いた乳酸ベースポリマーの微生物発酵生産
    • 会議名称 : 平成21年度日本農芸化学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年3月
    • 発表者 : 浦本 周, 山田 美和, 松本 謙一郎, 阿部 英喜, 大井 俊彦, 田口 精一
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 東京
  23. PCB分解菌によるビフェニルからのポリヒドロキシアルカン酸生産
    • 会議名称 : 平成21年度日本農芸化学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年3月
    • 発表者 : 笹原 良介、鄭 世龍、日和佐 剛光、山田 美和、田口 精一、前田 理久
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 東京
  24. PHA生合成の現状と課題
    • 会議名称 : 第一回理研バイオマス工学研究プログラム若手勉強会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年6月
    • 発表者 : 山田 美和
  25. New mutations in lactate (LA)-polymerizing enzyme for the microbial production of LA-based polyesters with tailor-made monomer composition
    • 会議名称 : International symposium on biopolymers
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年8月
    • 発表者 : Yamada, M., Nakai, T., Shimizu, K., Uramoto, S., Shozui, F., Matsumoto, K. and Taguchi, S.
    • 開催場所 : Stuttgart, Germany
  26. Construction of a metabolic pathway to introduce the 3-hydroxyhexanoate unit into LA-based polyesters via a reverse reaction of β-oxidation in Escherichia coli LS5218
    • 会議名称 : International symposium on biopolymers
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年8月
    • 発表者 : Shozui, F., Matsumoto, K., Motohasi, R., Yamada, M. and Taguchi, S.
    • 開催場所 : Stuttgart, Germany
  27. 新規組成を持つバイオプラスチックポリヒドロキシアルカン酸の微生物合成
    • 会議名称 : 若手研究会「新規材料創製を目指した合成生物学」
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)
    • 開催期間 : 2010年11月
    • 発表者 : 山田 美和, 沼田 圭司, 土肥 義治
    • 主催者 : 理化学研究所バイオマス工学研究プログラム
    • 開催場所 : 和光
  28. バイオプラスチック生産のための微生物工場開発
    • 会議名称 : 第3回男性研究者・女性研究者 合同研究発表会 【生命理工分野】-研究者としてのキャリアを考える-
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2010年11月
    • 発表者 : 山田 美和
    • 主催者 : 東京工業大学
    • 開催場所 : すずかけ台
  29. 長主鎖モノマーユニットを有するバイオプラスチックポリヒドロキシアルカン酸の微生物合成
    • 会議名称 : 平成22年度日本農芸化学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月
    • 発表者 : 山田 美和, 沼田 圭司, 土肥 義治
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 京都
  30. 長主鎖モノマーユニットを有するポリヒドロキシアルカン酸の微生物合成
    • 会議名称 : 第60回高分子討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月
    • 発表者 : 山田 美和, 沼田 圭司, 土肥 義治
    • 主催者 : 日本高分子学会
    • 開催場所 : 岡山
  31. バイオプラスチック生産を目指した微生物工場の開発
    • 会議名称 : 日本生物工学会 北日本シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2011年12月
    • 発表者 : 山田 美和
    • 主催者 : 日本生物工学会北日本支部
    • 開催場所 : 盛岡
  32. Engineered Corynebacterium glutamicum as an endotoxin-free platform for lactate-based polyester production
    • 会議名称 : the 12th Japan-China-Korea Joint Symposium on Enzyme Engineering
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年5月28日~2012年5月31日
    • 発表者 : Yuyang Song, Ken’ichiro Matsumoto, Miwa Yamada, Seiichi Taguchi
    • 開催場所 : kanazawa, Japan
  33. 新規酵素探索による未利用資源を利用した生分解性プラスチックの微生物生合成系の構築
    • 会議名称 : 第13回酵素応用シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2012年6月8日
    • 発表者 : 山田 美和
    • 主催者 : 天野エンザイム株式会社
    • 開催場所 : 名古屋
  34. MICROBIAL PLASTIC FACTORY: NEW LACTATE-BASED AND RELATED BIOPOLYMERS
    • 会議名称 : International Conference on Biochemistry and Biotechnology
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年6月11日~2012年6月12日
    • 発表者 : Seiichi Taguchi,* Ken’ichiro Matsumoto, Miwa Yamada, Yuyang Song and John Nduko
    • 開催場所 : Copenhagen, Denmark
  35. Rhodococcus sp AIU LAB-3 が産生するL-アミノ酸オキシダーゼを用いたL-アミノアシラーゼ活性測定法の開発
    • 会議名称 : 食品酵素化学研究会第12回学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年8月25日
    • 発表者 : 礒部公安、佐藤紫依那、松本絵梨香 、吉田沙智子 、山田美和、日比 慎、小川 順
    • 開催場所 : 岩手大学図書館
  36. Biosynthesis of lactate-based polyester using engineered Corynebacterium glutamicum as a whole cell catalyst
    • 会議名称 : International Symposium of Biopolymers
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年10月7日~2012年10月10日
    • 発表者 : Yuyang Song, Ken’ichiro Matsumoto, Miwa Yamada, Aoi Gohda, Seiichi Taguchi
    • 開催場所 : Queensland, Australia
  37. 微生物由来グリコール酸酸化酵素の取得および諸性質解析
    • 会議名称 : 第3回新規材料創製を目指した合成生物学
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月16日
    • 発表者 : 山田 美和, 東山 貴紀, 佐々木 みのり, 礒部 公安
    • 主催者 : 独立行政法人 理化学研究所
    • 開催場所 : 和光
  38. Biosynthesis and characterization of polyhydroxyalkanoate containing 5-hydroxyvalerate units
    • 会議名称 : 第3回新規材料創製を目指した合成生物学
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月16日
    • 発表者 : Jo-Ann Chuah, Miwa Yamada, Kumar Sudesh, Yoshiharu Doi, Keiji Numata
    • 主催者 : 独立行政法人理化学研究所
    • 開催場所 : 和光
  39. Trichoderma harzianum AIU 353が産生するグリコール酸脱水素酵素の性質
    • 会議名称 : 第16回生体触媒化学シンポジウム
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月29日~2012年11月30日
    • 発表者 : 礒部 公安, 渡部 慎介, 山田 美和
    • 開催場所 : 富山
  40. Ochrobactrum sp. AIU 240が産生するグリコール酸酸化酵素
    • 会議名称 : 日本農芸化学会大会2013年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月24日~2013年3月28日
    • 発表者 : 山田美和、東山貴紀、佐々木みのり、礒部公安
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 仙台
  41. Burkholderia sp. AIU 129が産生するグリコールアルデヒドに作用するアルデヒド酸化酵素
    • 会議名称 : 日本農芸化学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月24日~2013年3月28日
    • 発表者 : 小川なつみ、三坂裕一、高橋瑞希、山田美和、小川 順、片岡道彦、清水 昌、礒部公安
    • 主催者 : 日本農芸化学会2013年度大会
    • 開催場所 : 仙台
  42. Penicillium sp. AIU 27が産生するタンパク質酸化能を持つL-アミノ酸酸化酵素の精製と性質
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2013年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月24日~2013年3月28日
    • 発表者 : 平良竜大、星 葉子、松田 聡、山田美和、日比 慎、小川 順、礒部 公安
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 仙台
  43. Phialemonium sp. AIU 274が産生する中鎖アミン酸化酵素の精製と性質
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2013年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月24日~2013年3月28日
    • 発表者 : 佐々木 朋子、相上 雄亮、山田 美和、岸野 重信、小川 順、礒部 公安
    • 主催者 : 日本農芸化学会
  44. A new enzyme exhibiting oxidase activity for a wide variety of ω-amino compounds from Phialemonium sp. AIU 274
    • 会議名称 : BIOTRANS2013
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年7月21日~2013年7月25日
    • 発表者 : Kimiyasu Isobe, Tomoko Sasaki, Yuusuke Aigami, Miwa Yamada, Shigenobu Kishino, Jun Ogawa
    • 開催場所 : Manchester, UK
  45. 微生物酵素の利用したものづくり~生体触媒の利点を生かした物質生産を目指して~
    • 会議名称 : 第9回震災復興支援チャリティーセミナー
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2013年11月1日
    • 発表者 : 山田 美和
    • 主催者 : INS 海洋と社会研究会、有志の会「復興支援グループ」
    • 開催場所 : MIU(盛岡市産学官連携研究センター)
  46. グリコール酸酸化活性を有するOchrobactrum sp. AIU 033由来アルコール酸化酵素の諸性質解明
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2014年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年3月27日~2014年3月30日
    • 発表者 : 山田美和、東山貴紀、岸野重信、片岡道彦、小川順、清水昌、礒部公安
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 明治大学生田キャンパス
  47. Burkholderia sp. AIU 395由来デカルボキシラーゼ活性とオキシダーゼ活性を有する酵素の性質
    • 会議名称 : 日本農芸化学会の2014年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年3月27日~2014年3月30日
    • 発表者 : 菅原麻美、 松井大亮、山田美和、浅野泰久、礒部公安
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 明治大学生田キャンパス
  48. グリコール酸酸化活性を有するOchrobactrum sp. AIU 033由来アルコール酸化酵素
    • 会議名称 : 第11回21世紀大腸菌研究会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年6月5日~2014年6月6日
    • 発表者 : 山田 美和,東山 貴紀,岸野 重信,片岡 道彦,小川 順,清水 昌,礒部 公安
    • 主催者 : 大腸菌研究会
    • 開催場所 : 盛岡
  49. Phialemonium sp. AIU 274由来ω-アミノ化合物酸化酵素の応用
    • 会議名称 : 第11回21世紀大腸菌研究会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年6月5日~2014年6月6日
    • 発表者 : 大江 光章,佐々木 朋子,相上 雄介,山田 美和,礒部 公安
    • 主催者 : 大腸菌研究会
    • 開催場所 : 盛岡
  50. A new aldehyde oxidase catalyzing conversion of glycolaldehyde to glycolate from Burkholderia sp. AIU 129
    • 会議名称 : Active Enzyme Molecule 2014
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年12月17日~2014年12月19日
    • 発表者 : Miwa Yamada, Keika Adachi, Natsumi Ogawa, Shigenobu Kishino, Jun Ogawa, Michihiko Kataoka, Sakayu Shimizu, and Kimiyasu Isobe
    • 開催場所 : Toyama
  51. Characterization of a novel acidophilic β-D-galactosidase from Teratosphaeria acidotherma AIU BGA-1
    • 会議名称 : Active Enzyme Molecule 2014
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年12月17日~2014年12月19日
    • 発表者 : Serina Chiba, Miwa Yamada, and Kimiyasu Isobe
    • 開催場所 : Toyama
  52. Ochrobactrum sp. AIU 033由来アルコール酸化酵素のクローニングと組換え発現系の構築
    • 会議名称 : 農芸化学会2015年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月26日~2015年3月29日
    • 発表者 : 武藤 瞳、山田美和、礒部公安
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 岡山
  53. Phialemonium sp. AIU 274由来ω-アミノ基酸化酵素を利用したジカルボン酸合成
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2015年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月26日~2015年3月29日
    • 発表者 : 大江光章、山田美和、北條 渉、山下哲郎、礒部公安
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 岡山
  54. Teratosphaeria acidotherma AIU BGA-1が産生するアルカリ性β-ガラクトシダーゼの性質
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2015年大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月26日~2015年3月29日
    • 発表者 : 千葉 瀬里奈、山田 美和、礒部 公安
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 岡山
  55. Rhodococcus属放線菌由来低基質特異性L-アミノ酸酸化酵素の遺伝子クローニングと発現系の構築
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2015年大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月26日~2015年3月29日
    • 発表者 : 村上佳穂,田港 静,橋本義輝, 小林達彦, 山田美和,礒部公安, 田村隆, 稲垣賢二
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 岡山
  56. Aspergillus carbonarius AIU 205株が産生する3種の4-アミノブチルアミド酸化能を持つ酵素の性質の比較
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2015年大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月27日~2015年3月29日
    • 発表者 : 礒部 公安, 菅原 麻美, 松井 大亮, 山田 美和, 浅野 泰久
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 岡山
  57. Rhodococcus sp. AIU Z-35-1由来L-アミノ酸酸化酵素-組換え酵素の精製及び性質
    • 会議名称 : 第 67 回日本生物工学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月26日~2015年10月28日
    • 発表者 : 村上 佳穂, 橋本 義輝, 小林 達彦, 山田 美和, 礒部 公安, 根本 理子, 田村 隆, 稲垣 賢二
    • 主催者 : 日本生物工学会
    • 開催場所 : 鹿児島
  58. Phialemonium sp. AIU 274由来ω-アミノ基酸化酵素を利用したジカルボン酸合成
    • 会議名称 : 第14回微生物研究会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月31日
    • 発表者 : 大江光章、礒部公安、山田美和
    • 主催者 : 公益社団法人 日本農芸化学会関東支部
    • 開催場所 : 明治大学生田キャンパス
  59. 糸状菌Z26-4-⑧株が産生するタンパク質酸化酵素の諸性質解明
    • 会議名称 : 第14回微生物研究会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月31日
    • 発表者 : 土屋高伸、平良竜大、礒部公安、山田美和
    • 主催者 : 公益社団法人 日本農芸化学会関東支部
    • 開催場所 : 明治大学生田キャンパス
  60. 海産バイオマス成分を利用したポリヒドロキシアルカン酸合成微生物の探索
    • 会議名称 : 第14回微生物研究会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月31日
    • 発表者 : 幸田有以、花角優太、山田美和
    • 主催者 : 公益社団法人 日本農芸化学会関東支部
    • 開催場所 : 明治大学 生田キャンパス
  61. Ochrobactrum sp. AIU 033由来アルコール酸化酵素高活性変異体の取得
    • 会議名称 : 第14回微生物研究会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月31日
    • 発表者 : 高橋迪子、礒部公安、山田美和
    • 主催者 : 公益社団法人 日本農芸化学会関東支部
    • 開催場所 : 明治大学 生田キャンパス
  62. Expression of a cloned alcohol oxidase gene from Ochrobactrum sp. AIU 033: Glyoxylate production from glycolate using resting cells of recombinant Escherichia coli
    • 会議名称 : 2015 環太平洋国際化学会議 (PACIFICHEM 2015)
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月15日~2015年12月18日
    • 発表者 : Miwa Yamada, Hitomi Muto, and Kimiyasu Isobe
    • 主催者 : American Chemical Society
    • 開催場所 : Honolulu, USA
  63. Enzymatic production of dicarboxylic acids by combining an enzyme from Phialemonium sp. AIU 274 oxidizing the ω-amino group in ω-amino compounds and an aldehyde oxidase from Pseudomonas sp. AIU 362
    • 会議名称 : 環太平洋国際化学会議 (PACIFICHEM 2015)
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月15日~2015年12月18日
    • 発表者 : Mitsuaki Ooe, Miwa Yamada, Wataru Hojo, Tetsuro Yamashita, Kimiyasu Isobe
    • 主催者 : American Chemical Society
    • 開催場所 : Honolulu, USA
  64. 物質生産を目指した新規オキシダーゼの活用~微生物スクリーニングから人工進化まで~
    • 会議名称 : 2015年度日本生物工学会北日本支部札幌シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2016年3月26日
    • 発表者 : 山田 美和
    • 主催者 : 日本生物工学会
    • 開催場所 : 北海道大学フロンティア応用科学研究棟
  65. Phialemonium sp. AIU 274由来ω-アミノ基酸化酵素とPseudomonas sp. AIU 362由来アルデヒド酸化酵素によるジカルボン酸の合成
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2016年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月27日~2016年3月30日
    • 発表者 : 大江 光章、山田 美和、北條 渉、山下 哲郎、礒部 公安
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター、札幌
  66. 進化工学によるOchrobactrum sp. AIU 033由来アルコール酸化酵素のグリコール酸酸化活性の向上
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2016年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月27日~2016年3月30日
    • 発表者 : 高橋 迪子、山田 美和、礒部 公安
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター、札幌
  67. 糸状菌Z26-4-8株が産生するタンパク質酸化能を持つアミノ酸オキシダーゼの諸性質
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2016年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月27日~2016年3月30日
    • 発表者 : 土屋 高伸、平良 竜大、山田 美和、礒部 公安
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター、札幌
  68. 炭素繊維強化プラスチック分解菌の探索
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2016年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月27日~2016年3月30日
    • 発表者 : 渡邊 みちる、河合 盛進、山田 美和、下飯 仁
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター、札幌
  69. 海産バイオマス成分を利用可能なポリヒドロキシアルカン酸合成微生物の探索
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2016年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月27日~2016年3月30日
    • 発表者 : 幸田 有以、花角 優太、山田 美和、下飯 仁
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター、札幌
  70. 清酒酵母の接合型ホモ株の作成とそれを利用した交配育種
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2016年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月27日~2016年3月30日
    • 発表者 : 長谷川悠太、山田美和、赤尾 健、下飯仁
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター、札幌
  71. 次世代DNAシーケンサーを利用した清酒酵母のエタノール発酵力のQTL解析
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2016年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月27日~2016年3月30日
    • 発表者 : 渡部保容、山田美和、赤尾 健、下飯仁
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター、札幌
  72. Purification and characterization of recombinant L-amino acis oxidase with broad substrate specificity from Rhodococcus sp. AIU Z-35-1
    • 会議名称 : The Fifth International Conference on Cofactors and Active Enzyme Molecule 2016
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月4日~2016年9月8日
    • 発表者 : Kaho Murakami, Michiko Nemoto, Miwa Yamada, Kimiyasu Isobe, Nanako Ito,Tatsuya Kawaguchi, Katsumi Imada, Takashi Tamura, and Kenji Inagaki
    • 開催場所 : Kurobe, Toyama, Japan
  73. Glyoxylic acid production from glycolic acid by resting cells of recombinant Escherichia coli harboring a novel alcohol oxidase gene from Ochrobactrum sp. AIU 033
    • 会議名称 : 1st UGAS, Iwate University International Symposium, 2016
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年12月17日~2016年12月18日
    • 発表者 : Miwa Yamada, Hitomi Muto, Kimiyasu Isobe, and Hitoshi Shimoi
    • 主催者 : 岩手大学大学院連合農学研究科
    • 開催場所 : 岩手大学、盛岡
  74. 糸状菌Z26-4-8株が産生するタンパク質酸化能を有するアミノ酸オキシダーゼの諸性質解明
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2017年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月17日~2017年3月20日
    • 発表者 : 土屋 高伸、山田 美和、下飯 仁、礒部 公安
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 京都女子大、京都
  75. Ochrobactrum sp. AIU 033由来アルコール酸化酵素の高機能化
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2017年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月17日~2017年3月20日
    • 発表者 : 松村 健児、山田 美和、西山 賢一、下飯 仁、礒部 公安
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 京都女子大学、京都
  76. 組換え大腸菌におけるエチレングリコールを原料としたグリオキシル酸合成経路の構築
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2017年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月17日~2017年3月20日
    • 発表者 : 山下 岳士、山田 美和、下飯 仁、礒部 公安
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 京都女子大学、京都
  77. Burkholderia属細菌によるポリヒドロキシブタン酸の合成
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2017年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月17日~2017年3月20日
    • 発表者 : 山端 勇貴、幸田 有以、花角 優太、山田 美和、下飯 仁
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 京都女子大学、京都
  78. 清酒酵母きょうかい7号から得られた一倍体では染色体組換えが生じていない
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2017年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月17日~2017年3月20日
    • 発表者 : 花角 優太、清水 頌平、鈴木 太郎、赤尾 健、山田 美和、下飯 仁
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 京都女子大学、京都
  79. 実験室酵母変異株を用いたストレス感受性と清酒発酵力との関係の解析
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2017年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月17日~2017年3月20日
    • 発表者 : 前田 岳彦、山田 美和、下飯 仁
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 京都女子大学、京都
  80. 微生物による生分解性プラスチック合成 および微生物由来有用酵素に関する研究
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2017年度大会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2017年3月17日~2017年3月20日
    • 発表者 : 山田 美和
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 京都女子大学、 京都
  81. Screening of microorganisms which are relevant to production of useful materialsand biodegradation of carbon fiber reinforced plastic
    • 会議名称 : 2nd International Symposium on Innovations in Food and Bioproduct Sciences (IPFS 2017)
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2017年9月8日~2017年9月9日
    • 発表者 : Miwa Yamada
    • 開催場所 : University of Saskatchewan, Canada
  82. Enhancement of glycolic acid oxidase activity by in vitro evolution of an alcohol oxidase gene from Ochrobactrum sp. AIU 033
    • 会議名称 : 2nd International Symposium on Innovations in Food and Bioproduct Sciences (IPFS 2017)
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月8日~2017年9月9日
    • 発表者 : Kenji Matsumura, Hitoshi Shimoi, and Miwa Yamada
    • 開催場所 : University of Saskatchewan, Canada
  83. Screening of microorganisms for biodegradation of carbon fiber reinforced plastic
    • 会議名称 : 2nd International Symposium on Innovations in Food and Bioproduct Sciences (IPFS 2017)
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月8日~2017年9月9日
    • 発表者 : Miharu Kadowaki, Michiru Watanabe, Sung-Jin Kawai, Hitoshi Shimoi, and Miwa Yamada
    • 開催場所 : University of Saskatchewan, Canada
  84. 三陸産海藻廃棄部位を利用可能なバイオプラスチック合成菌の探索
    • 会議名称 : 北東北女性研究者 研究・交流フェア2017
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月15日
    • 発表者 : 山田 美和, 森谷 大樹, 笹部 美知子, 下飯 仁
    • 開催場所 : 弘前(ヒロロスクエア)
  85. 新規エーテル型リン脂質の微生物酵素による合成と生理機能の解明
    • 会議名称 : 北東北女性研究者 研究・交流フェア2017
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年9月15日
    • 発表者 : 西向 めぐみ、柏木 明子、金濱 晶、山田 美和
    • 開催場所 : 弘前(ヒロロスクエア)
学術関係受賞
  1. 北海道大学大塚博先生記念賞
    • 受賞年月日 : 2007年3月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 山田 美和
  2. 第6 回日本農芸化学会北海道支部学生会員奨励賞
    • 受賞年月日 : 2008年8月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 山田 美和
  3. Taiwan-Japan Bilateral Polymer Symposium 2009ベストポスター賞
    • 受賞年月日 : 2009年4月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 山田 美和
  4. 北海道大学大塚賞
    • 受賞年月日 : 2010年3月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 山田 美和
  5. 第27回井上研究奨励賞
    • 受賞年月日 : 2011年3月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 山田 美和
  6. 第13回酵素応用シンポジウム研究奨励賞
    • 受賞年月日 : 2012年6月8日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 山田 美和
  7. 第1回農芸化学若手女性研究者賞
    • 受賞年月日 : 2017年3月17日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 山田 美和
    • 内容 :
      微生物による生分解性プラスチック合成および微生物由来有用酵素に関する研究
工業所有権
  1. 組み換え微生物を用いた共重合ポリエステルの製造方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願番号 : WO2009/ 131186
  2. 長主鎖構造を有するポリヒドロキシアルカン酸の製造方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願番号 : WO2013/ 035372
  3. 繊維強化プラスチックの分解方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2016年7月21日
    • 出願番号 : 特願2016-143722
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2011年9月~2012年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2011年度・1,500,000円・450,000円
  2. 復興促進プログラム(A-STEP)探索タイプ
    • 支払支給期間 : 2012年10月~2013年9月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2012年度・730,000円・160,000円
      2013年度・910,000円・210,000円
  3. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2013年4月~2017年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2013年度・1,200,000円・450,000円
      2014年度・700,000円・210,000円
      2015年度・600,000円・180,000円
      2016年度・600,000円・180,000円
  4. JST 平成27年度第1回マッチングプランナープログラム
    • 支払支給期間 : 2015年10月~2016年9月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2015年度・650,000円・195,000円
      2016年度・658,000円・197,000円
奨学寄附金等
  1. 第13回酵素応用シンポジウム研究奨励賞
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 天野エンザイム株式会社
    • 寄附金額 : 500,000円
    • 寄附年月 : 2012年6月8日
  2. 平成27年度 公益財団法人日本化学研究会 化学研究連絡助成金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 公益財団法人日本化学研究会
    • 寄附金額 : 600,000円
    • 寄附年月 : 2015年8月1日
その他競争的資金獲得実績
  1. 平成24年度教育研究支援経費(萌芽)
    • 資金支給期間 : 2012年6月~2012年3月
    • 研究内容 :
      本研究では、石油由来のエチレンイミンを原料とするポリエチレンイミン(PEI)と近い化学構造を有する新規α-ポリリジン (α-PL)を、バイオマスを原料に合成することを目指している。
  2. 平成28年度地域イノベーション創出研究開発支援事業
    • 資金支給期間 : 2016年4月~2017年3月
    • 研究内容 :
      三陸産海藻廃棄部分を利用した環境に優しい高付加価値物質合成法の確立を目指して、本研究では、海藻類の主成分であるアルギン酸を原料とした生分解性バイオプラスチックの微生物合成を試みる。
  3. 文部科学省 ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型) 2016年度 岩手大学共同研究支援
    • 資金支給期間 : 2017年4月~2018年3月
    • 研究内容 :
      ある種の微生物は、窒素源枯渇条件になると、ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)を細胞内に蓄積することが知られている。PHAは、溶融成形加工が可能であり、かつ環境中の微生物によって水と二酸化炭素にまで完全分解される性質を有している。石油由来プラスチックの大量廃棄問題が深刻となっている現在、PHAは、石油由来プラスチックの代替材料としての利用が望まれている。また、PHA合成微生物は、糖や植物油を炭素源としPHAを合成することができるため、微生物によるPHA合成は、枯渇が懸念されている石油を原料としない利点もある。本研究では、このように次世代型バイオプラスチックとして注目を集めているPHAの微生物合成の原料として、海藻成分を利用可能な微生物を自然界から新規に探索する。
所属学会・委員会
  1. 日本農芸化学会 (2006年4月~継続中)
  2. 日本高分子学会 (2010年4月~継続中)
  3. 日本生物工学会 (2010年10月~継続中)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 食品酵素化学研究会第12回学術講演会 (2012年8月)
    • 参加者数 : 30人
  2. 日本農芸化学会東北支部第14回若手の会 (2013年10月)
    • 参加者数 : 72人
学会活動2(国際会議などの座長)
  1. 山田 美和 [第3回・新規材料創製を目指した合成生物学 (2012年11月)]
  2. 山田 美和 [日本農芸化学会2014年度大会 (2014年3月)]
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. Journal of Bioscience and Bioengineering [査読 (2012年10月)]
  2. Applied Microbiology and Biotechnology [査読 (2012年10月)]
  3. The Journal of General and Applied Microbiology [査読 (2012年10月)]
  4. Journal of Bioscience and Bioengineering [査読 (2012年11月)]
  5. ACS Books: Green Polymer 2 [査読 (2012年12月)]
  6. Journal of Bioscience and Bioengineering [査読 (2013年2月)]
  7. Journal of biotechnology [査読 (2013年3月)]
  8. Journal of Bioscience and Bioengineering [査読 (2013年7月)]
  9. Journal of Bioscience and Bioengineering [査読 (2013年8月)]
  10. Journal of Bioscience and Bioengineering [査読 (2014年3月)]
  11. Journal of Bioscience and Bioengineering [査読 (2015年1月)]
  12. Journal of Bioscience and Bioengineering [査読 (2015年10月)]
  13. Journal of Bioscience and Bioengineering [査読 (2016年10月)]
  14. Journal of Bioscience and Bioengineering [査読 (2017年2月)]
  15. Journal of Bioscience and Bioengineering [査読 (2017年7月)]
  16. Journal of Bioscience and Bioengineering [査読 (2017年9月)]
マスメディアによる報道
  1. 2017年度
    • 岩手日日新聞(4月14日)に掲載
      「山田准教授(岩手大)に若手女性研究者賞 日本農芸化学会」
      http://www.iwanichi.co.jp/ken/23512.html
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • 5月13日岩手日報に「第1回日本農外化学会若手女性研究者賞受賞」掲載
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • 5月31日岩手日報「ひと」に掲載
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
生涯学習支援実績
  1. 平成25年度岩手大学公開講座第18回農学部4課程実験講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : コース③ 「発酵ってなんだろう~酵母菌を使ったアルコール発酵体験~」
    • 開催期間 : 2013年7月
  2. 秋田県立横手高校・出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 微生物工場を利用したものづくりの楽しみ
    • 開催期間 : 2014年9月
  3. 青森県立青森東高等学校 出前講義・里帰り訪問
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 「微生物のちから」を借りて、「環境に優しい新技術」をつくる
    • 開催期間 : 2016年7月
  4. 平成28年度第2回農学部オープンキャンパス アグリフォーラム(研究講演会)
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 微生物のちからを利用し環境にやさしい技術をめざす
    • 開催期間 : 2016年10月
  5. 青森県立八戸東高等学校・出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 色々な有用微生物を 顕微鏡で見てみよう
    • 開催期間 : 2016年10月
  6. 青森県立弘前中央高等学校 出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 微生物のちからを利用し環境に優しい技術構築をめざす
    • 開催期間 : 2016年10月
  7. 岩手県立花巻北高等学校 出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 微生物の力をかりた環境に優しい技術づくり
    • 開催期間 : 2017年6月
  8. 岩手県立一関第一高等学校 出前講義・里帰り訪問
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 微生物のちからを利用し環境にやさしい技術構築をめざす
    • 開催期間 : 2017年8月
他大学等の非常勤講師
  1. 明治大学
    • 微生物によるバイオプラスチック生産.
      明治大学大学院微生物遺伝学特論特別講義
      (2011年9月)
  2. 東京理科大学
    • バイオを駆使したモノづくりの楽しみ : バイオプラスチックの微生物合成.
      東京理科大学現代科学セミナー講演
      (2011年11月)
  3. 東京理科大学
    • 現代科学セミナー
      生体システムを活用したものづくり:微生物工場によるバイオプラスチック生産
      (2012年10月)
活動履歴
  1. 2012年度
    • 就職委員会
    • 情報セキュリティ委員会
    • 環境マネジメントシステム内部監査委員会
  2. 2013年度
    • 環境マネジメントシステム内部監査委員会
    • 就職委員会
    • 情報セキュリティ委員会
    • 教務委員会
    • クラス担任
    • 全学委員会等のWG
    • 教育改善部門会議
  3. 2014年度
    • 教務委員会
    • クラス担任
    • 全学FD WG
    • 岩手連合大学 広報委員会
    • [その他] 高校での学部紹介
  4. 2015年度
    • クラス担任
    • 点検評価委員会
    • 附属植物園運営委員会
    • 岩手連合大学 広報委員会
  5. 2016年度
    • 広報委員会
    • 図書館運営会議
    • ホームページ専門委員会
    • クラス担任