サブメニュー
更新日 : 2017年7月28日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名濱上 邦彦 (HAMAGAMI Kunihiko)
所属専攻講座岩手大学 農学部 食料生産環境学科
職名准教授
生年月日1982年1月13日
研究室電話番号019-621-6190
研究室FAX番号019-621-6190
連絡先住所020-8550 岩手県 盛岡市上田3-18-8
研究室水環境工学研究室
メールアドレスham@iwate-u.ac.jp
出身大学
  1. 九州大学 農学部 生物資源環境学科
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 2004年3月31日
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 九州大学 生物資源環境科学府 生産環境科学専攻
    • 大学院課程 : 修士課程
    • 修了年月日 : 2006年3月31日
    • 修了区分 : 修了
  2. 九州大学 生物資源環境科学府 生産環境課程専攻
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 2009年3月31日
    • 修了区分 : 修了
取得学位
  1. 博士(農学)
    • 学位の分野 : 農業環境工学
    • 学位授与機関 : 九州大学
    • 取得年月日 : 2009年3月24日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 農学部 共生環境課程 (廃止組織)
    • [本務] 准教授 (2010年10月1日~継続中)
学外略歴
  1. 九州大学
    • [日本学術振興会特別研究員] (2009年4月1日~2010年3月31日)
  2. 愛媛大学
    • [日本学術振興会特別研究員] (2010年4月1日~2011年9月30日)
専門分野(科研費分類)
  1. 農業環境工学
研究分野を表すキーワード
  1. 水利環境工学
担当授業科目
  1. 2012年度
    • 水理学実験演習
    • 環境マネジメント実践学
    • 情報基礎
    • 基礎数学入門
    • 共生環境入門
    • 農村環境デザイン学演習Ⅰ
    • 水と環境
    • 環境修復学
    • 農村環境デザイン学演習Ⅱ
    • 農村環境デザイン学セミナー
論文
  1. 低レイノルズ数型k-ε乱流モデルを用いた吹送流の三次元数値解析 [九州大学大学院農学研究院学芸誌, (2010年4月)] 吉岡秀和,濱上邦彦,森健,平井康丸
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  2. Effect of Horizontal Convection on the Natural Cooling Process at Water [Journal of the Faculty of Agriculture Kyushu University, (2010年4月)] Kunihiko Hamagami, Ken Mori, Yasumaru Hirai
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  3. Thermal Convection in a Closed Water Body with Compound Cross Section [Journal of the Faculty of Agriculture Kyushu University, (2010年4月)] Kunihiko Hamagami, Ken Mori, Yasumaru Hirai
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  4. 浅水域を有する閉鎖性水域の水面冷却過程における密度流 [農業農村工学会論文集, (2010年10月)] 濱上邦彦,森健,平井康丸
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  5. Response Characteristics of Internal Wave to Wind Stress in a Shallow Closed Water Body [Journal of the Faculty of Agriculture Kyushu University, (2011年4月)] Kunihiko Hamagami, Ken Mori, Shota Iguchi, Yasumaru Hirai
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  6. River suspended sediment transport analysis in agricultural watersheds [8th IWA International Symposium on Waste Problems in Agro-Industries, (2011年6月)] Edward Lapong, Masayuki Fujihara, Tomoki Izumi, Kunihiko Hamagami, Toshiko Kakihara, Noriyuki Kobayashi
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  7. Parameterization for Nutrients Absorption and Thermal Flux of Floating Culture System in Eutrophied Water [8th IWA International Symposium on Waste Problems in Agro-Industries, (2011年6月)] Kunihiko Hamagami, Masayuki Fujihara, Edward Lapong
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  8. Nutrient Removal Rate and Heat Flux through Floating Canna Culture System in Eutrophied Water [Journal of Water and Environment Technology, (2011年10月)] Kunihiko Hamagami, Masayuki Fujihara, Edward Lapong
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  9. 水上栽培におけるハナカンナの栄養塩吸収能および熱輸送遮蔽効果 [水利科学, (2011年10月)] 濱上邦彦,藤原正幸,Edward Lapong
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  10. 迂曲蛇行水路における砂礫堆形状と水流蛇行パターン [東北地域災害科学研究, 48, (2012年4月1日), pp.143-148] 三輪弌 濱上邦彦
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  11. Water Quality Characterization and Index Optimization-The Case of Agricultural Rivers in Southern Ehime, Japan- [Journal of Rainwater Catchment Systems, 18, (2012年9月1日), pp.1-8] E. Lapong, Masayuki Fujihara, Tomoki Izumi, Kunihiko Hamagami, Noriyuki Kobayashi, Toshiko Kakihara
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. Suspended sediment estimation and analysis in river basins with rice paddy fields [Journal of Water Science and Technology, 66(5), (2012年9月1日), pp.918-926] E. Lapong, Masayuki Fujihara, Tomoki Izumi, Kunihiko Hamagami, Toshiko Kakihara, Noriyuki Kobayashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. 可動堰敷上堆砂のゲートフラッシュに関する水理実験 [東北地域災害科学研究, 49, (2013年4月1日), pp.169-174] 濱上邦彦 三輪弌
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  14. 可動堰敷上の堆砂フラッシュに関する水理模型実験 [農業農村工学会論文集, (2014年4月1日)] 濱上邦彦,三輪弌
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  15. 篠ヶ川原頭首工(北上川水系葛根田川)の取水口閉塞 [農業農村工学会論文集, (2015年4月1日)] 濱上邦彦,三輪弌
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. Effect of soil moisture condition and irrigation regime on bioelectric potential of crops at different growth stages [Food, Agriculture and Environment, (2015年5月1日)] Kozue Yuge, Kunihiko Hamagami, Mitsumasa Anan and Kosuke Hamada
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. 三陸河川の流出量と物質負荷量の関係-気仙川および盛川における定期観測に基づく検討- [Journal of Rainwater Catchment Systems, (2016年1月1日)] 濱上邦彦,小澤亮介,菅原 立
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. Evaluation of the effect of soil moisture condition on crop bioelectrical potential [Acta Horticulturae, (2016年3月1日)] Kozue Yuge, Mitsumasa Anan, Kunihiko Hamagami and Kosuke Hamada
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
研究発表
  1. 水生植物による水面被覆が閉鎖性水域の吹送流場に及ぼす影響
    • 会議名称 : 農業農村工学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月6日~2011年9月8日
    • 発表者 : 濱上邦彦,藤原正幸,中武聖,森 健
  2. Suspended load estimation in small river using regression analysis with data stratification and discharge clustering
    • 会議名称 : 農業農村工学会中国四国支部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年10月20日
    • 発表者 : Edward Lapong,藤原正幸,泉智揮,濱上邦彦,小林範之,垣原登志子
  3. Wind-Induced Flow in a Closed Water Body with Floating Culture System
    • 会議名称 : Proceedings of International Conference of Agricultural Engineering CIGR-AgEng2012
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年7月8日~2012年7月12日
    • 発表者 : Hamagami, K., Fujihara, M., Mori, K. and Yoshioka, H.
  4. 水面被覆を伴う閉鎖性水域における 風波シミュレーション
    • 会議名称 : 農業農村工学会全国大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月18日~2012年9月20日
    • 発表者 : 濱上邦彦,藤原正幸
  5. Water Quality Index and Statistical Analysis Methods for River Water Quality Characterization
    • 会議名称 : Water Quality 2012
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月19日~2012年9月21日
    • 発表者 : E. Lapong, M. Fujihara, T. Izumi, N. Kobayashi, T. Kakihara, and K. Hamagami
  6. ハナカンナを用いた水上栽培における 栄養塩吸収能および熱輸送の抑制効果
    • 会議名称 : 農業農村工学会東北支部研究発表会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年10月25日
    • 発表者 : 濱上邦彦
  7. 取水堰ゲート操作による堆砂フラッシュに関する水理実験
    • 会議名称 : 農業農村工学会応用水理研究部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年12月8日~2012年12月9日
    • 発表者 : 濱上邦彦,三輪 弌
  8. 取水堰ゲート操作による堆砂フラッシュ事例の分析
    • 会議名称 : 農業農村工学会応用水理研究部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年12月8日~2012年12月9日
    • 発表者 : 高井和彦,三輪 弌,濱上邦彦,永吉武志
  9. 水理実験による可動堰堆砂の ゲートフラッシュ現象の分析
    • 会議名称 : 東北地域災害科学研究集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年12月26日~2012年12月27日
    • 発表者 : 濱上邦彦,三輪 弌
  10. 巨石河床の砂礫堆形成と堆砂による取水口閉塞~篠ヶ川原頭首工(葛根田川・岩手県雫石町)の被災~
    • 会議名称 : 農業農村工学会応用水理研究部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年12月7日~2013年12月8日
    • 発表者 : 濱上邦彦,永吉武志,三輪 弌
  11. 広見川流域における代かき・田植えに起因するSS負荷量の一推定
    • 会議名称 : 農業農村工学会応用水理研究部会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年12月7日~2013年12月8日
    • 発表者 : 泉智揮,小林範之,垣原登志子,森貞陽介,藤原正幸,Edward Lapong,濱上邦彦
  12. Effect of Aquatic Plants on Water Qualities in Small Closed Waters
    • 会議名称 : E-proceedings of the 36th IAHR World Congress
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月28日~2015年7月3日
    • 発表者 : Kunihiko Hamagami, Chihayu Murakami
  13. Evaluation of the effect of groundwater condition on water and salinity stresses at crop field in Isahaya Central Polder, Japan
    • 会議名称 : E-proceedings of the 36th IAHR World Congress
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月28日~2015年7月3日
    • 発表者 : Kozue Yuge, Kosuke Hamada, Kunihiko Hamagami and Mitsumasa Anan
  14. 成層化したため池における短期水質変動と藍藻の挙動の検討
    • 会議名称 : 農業農村工学会全国大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月1日~2015年9月3日
    • 発表者 : 濱上邦彦・安藤優樹・村上千映
  15. アオコの発生するため池における栄養塩類の増加要因に関する検討
    • 会議名称 : 農業農村工学会全国大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月1日~2015年9月3日
    • 発表者 : 村上千映・三浦早織・濵上邦彦
  16. 干拓農地における水分および塩分ストレスが作物生育に及ぼす影響評価
    • 会議名称 : 農業農村工学会全国大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月1日~2015年9月3日
    • 発表者 : 弓削こずえ・濱上邦彦・阿南光政・濵田耕佑
学術関係受賞
  1. 農業農村工学会賞 優秀論文賞
    • 受賞年月日 : 2009年8月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 濱上邦彦,森健,平井康丸
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 特別研究員推奨費
    • 支払支給期間 : 2008年4月~2010年3月
  2. 特別研究員推奨費
    • 支払支給期間 : 2010年4月~2011年9月
  3. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2014年4月~2016年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2014年度・1,400,000円・420,000円
      2015年度・1,600,000円・480,000円
  4. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2017年4月~2020年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2017年度・2,200,000円・660,000円
      2018年度・600,000円・180,000円
      2019年度・500,000円・150,000円
その他競争的資金獲得実績
  1. 教育研究支援経費
    • 資金支給期間 : 2012年7月
    • 研究内容 :
      国際農業工学会国際シンポジウム2012に参加する.農業用貯水池の持続可能な水質管理技術の構築に資する研究として,Soil and Water Engineeringセッションにおいて『WIND-INDUCED FLOW IN A CLOSED WATER BODY WITH FLOATING CULTURE SYSTEM』というテーマで発表を行う.
  2. 研究科長裁量経費
    • 資金支給期間 : 2012年8月
    • 研究内容 :
      本研究では,山-里-海に連なる被災都市のレジリエンス要因としての河川の洪水特性,利水能力,さらに水質を白神基準と比較の上で明らかにし,海域にまで影響を及ぼす新たな潜在能力の発掘を念頭に置き,流域の地覆状況の改善を含めた河川の価値の再評価と深化の方途を見出すことを目的とするものである.
  3. 農業農村工学会東北支部東日本大震災復興助成
    • 資金支給期間 : 2012年9月~2013年3月
    • 研究内容 :
      多くの津波被災都市では都市の中心部を河川が貫流しており,復興計画とともに,河川防災や利水に関する新たな水循環秩序の構築が急務である.治水とともに,土地利用の大規模な再編にともない,農業用水をはじめ,新たな利水需給システムの構築が求められることは確実である.本研究では,山-里-海に連なる被災都市のレジリエンス要因としての河川の洪水特性,利水能力,さらに水質を明らかにし,海域にまで影響を及ぼす新たな潜在能力の発掘を念頭に置き,流域の地覆状況の改善を含めた河川の価値の再評価と深化の方途を見出すことを目的とするものである.
  4. 農学部戦略的研究費
    • 資金支給期間 : 2012年10月~2013年3月
    • 研究内容 :
      集水域より流入した化学物質が,三陸沿岸部へ流れる河川においてどのように輸送されるのかを検討するため,水質と流量を測定し,沿岸域へ流出する種々の化学物質の負荷量とその変動特性を明らかにする.
  5. 農業農村工学会東北支部東日本大震災復興助成
    • 資金支給期間 : 2013年6月~2014年3月
    • 研究内容 :
      東日本大震災以降,地盤沈下を被った農地では高い塩分濃度にあり,復旧の障害となっている.このような農地の塩害対策を講じるため,現状の土壌の状態を把握し,陸水を供給する降雨や地下水涵養等の水循環の実態を把握し,その挙動を考慮した対策を講じる.
所属学会・委員会
  1. 農業農村工学会 (2004年4月1日~継続中)
  2. 土木学会 (2011年9月1日~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 農業農村工学会 農業農村工学会誌編集委員(2012年7月1日~継続中)
  2. 農業農村工学会 東北支部賞審査委員(2013年10月24日~2014年3月31日)
  3. 農業農村工学会 東北支部代表幹事(2015年4月1日~継続中)
国・地方自治体等の委員歴
  1. 東北農政局
    • 委員会等名 : 皆瀬頭首工調査委員会
    • 役職名 : 学識経験者・専門家
    • 就任期間 : 2013年5月~2014年3月
活動履歴
  1. 2012年度
    • クラス担任
    • 環境マネジメントシステム内部監査委員会
    • 教務委員会
  2. 2013年度
    • 教務委員会
    • 情報セキュリティ委員会