サブメニュー
更新日 : 2017年4月5日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名小林 沙織 (KOBAYASHI Saori)
所属専攻講座岩手大学 農学部 共同獣医学科
職名
生年月日
研究室電話番号019-621-6133
研究室FAX番号
連絡先住所020-8550 岩手県 岩手県盛岡市上田3-18-8
研究室小動物内科学
メールアドレスsaoriki@iwate-u.ac.jp
出身大学
  1. 岩手大学 農学部 獣医学科
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 2002年3月
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 岐阜大学 連合獣医学研究科 臨床獣医学
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 2006年3月
    • 修了区分 : 修了
取得学位
  1. 博士(獣医学)
    • 学位の分野 : 臨床獣医学
    • 学位授与機関 : 岐阜大学
    • 取得年月日 : 2006年3月
専門分野(科研費分類)
  1. 臨床獣医学
研究分野を表すキーワード
  1. 免疫学
  2. 遺伝学
  3. 腎臓病学
担当授業科目
  1. 2011年度
    • 基礎生物学実験
    • 人の暮らしと生物環境
    • 小動物内科学実習
    • 総合臨床実習
  2. 2012年度
    • 基礎生物学実験
    • 人の暮らしと生物環境
    • 小動物内科学Ⅲ
    • 総合臨床実習
  3. 2013年度
    • 基礎ゼミナール
    • 人の暮らしと生物環境
    • 基礎生物学実験
    • 小動物内科学Ⅲ
    • 総合臨床実習
    • 臨床獣医学卒業研究
    • 獣医学概論
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2010年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 獣医5、6年次 4人
  2. 2011年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 獣医5、6年次 4人
  3. 2012年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 獣医5、6年次 4人
    • 補助教員(助教)(博士) 1人
  4. 2013年度
    • 獣医5、6年次 3人
    • 別科 1人
    • 大学院研究生(博士) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
教材作成
  1. 小動物内科学実習
    • 教材種類 : メディア教材
    • 教材年度 : 2012年度
  2. 環境教育科目「人の暮らしと生物環境」講義用教材
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2012年度
  3. 小動物内科学実習
    • 教材種類 : メディア教材
    • 教材年度 : 2013年度
学生向け課外活動・セミナーの実施
  1. 2012年度
    • 研究報告、論文抄読などのセミナーの実施
  2. 2013年度
    • 研究報告、論文抄読などのセミナーの実施
教育活動のその他の事項
  1. 2011年度
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      アイアシスタントの活用。情報提供の充実。
  2. 2012年度
    • その他
      指導学生が卒論研究で受賞(獣医師会・卒業研究優秀賞)
研究経歴
  1. ラクトフェリン投与が猫後天性免疫不全ウイルス感染ネコの免疫能に及ぼす影響(2009年6月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 後天性免疫疾患、免疫能の評価, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      臨床獣医学免疫学血液内科学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 官民連携共同研究
    • 研究活動内容 :
  2. 先天性好中球機能異常症の犬に対するウシラクトフェリン投与の影響.(2009年6月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 先天性好中球機能異常症、犬、 ラクトフェリン,
    • 専門分野(科研費分類) :
      臨床獣医学免疫学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
  3. ネコの多発性嚢胞腎に対する病態解明と治療法の開発(2009年6月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 猫多発性嚢胞腎,
    • 専門分野(科研費分類) :
      臨床獣医学泌尿器科学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      猫の多発性嚢胞腎に関する遺伝子診断と、嚢胞形成の病態解明・治療法に関する研究
  4. ベラプロストナトリウム投与のネコ慢性腎臓病に対する臨床効果(2009年6月~継続中)
    • 研究課題キーワード : ネコ慢性腎臓病、ベラプロストナトリウム投与,
    • 専門分野(科研費分類) :
      臨床獣医学泌尿器科学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
  5. 植物由来多糖類(MACH)のネコ免疫能に及ぼす研究(2009年6月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 植物由来多糖類、ネコ、免疫能,
    • 専門分野(科研費分類) :
      臨床獣医学血液内科学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
  6. 新たな犬好中球機能不全症の謎を解き明かす-治療法の確立を目指して-(2010年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 犬好中球機能不全症,インテグリン, 治療法,
    • 専門分野(科研費分類) :
      臨床獣医学免疫学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 科学研究費補助金
    • 研究活動内容 :
      先天的な好中球機能不全症の病態解明と治療法に関する研究、ラクトフェリンの臨床応用
  7. ネコの新規ペットフードの開発に関する研究(2010年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : ネコ、ペットフード開発,
    • 専門分野(科研費分類) :
      臨床獣医学泌尿器科学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
論文
  1. ネコ免疫不全症ウイルス (FIV) 感染におけるウシラクトフェリンの抗炎症作用. [ミルクサイエンス, 53, (2004年12月), pp.296-298] 藤れえ子, 小林沙織, 稲波 修, 佐藤 淳, 山田裕一, 内藤善久, 佐々木重荘
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  2. Reduction of concanavalin A-induced expression of interferon-gamma by bovine lactoferrin in feline peripheral blood mononuclear cells. [Vet Immunol Immunopathol, 105(1-2), (2005年5月), pp.75-84] 2. Kobayashi, S., Sato, R., Inanami, O., Yamamori, T., Yamato, O., Maede, Y., Sato, J., Kuwabara, M. and Naito, Y.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. 猫の大腿骨X線写真を用いたMicrodensitometry法の臨床応用.、(共著) [日獣会誌, 58, (2005年7月), pp.475-479] 1. 佐藤 淳, 佐藤れえ子, 福田 俊, 夏堀雅宏, 山田裕一, 小林沙織, 安田 準, 内藤善久
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. Adenosine deaminase activity in cats infected with feline immunodeficiency virus. [J. Vet. Med. Sci., 69, (2007年9月), pp.881-885] 3. Hankanga, C., Kobayashi, S., Yamada, Y., Momota, Y., Tomizawa, N., Sato, R. and Yasuda, J.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. Radiation-induced apoptosis of tumor cells is facilitated by inhibition of the interaction between Survivin and Smac/DIABLO. [Cancer Lett., 259, (2008年1月), pp.71-81] 4. Ogura, A., Watanabe, Y., Iizuka, D., Yasui, H., Amitani, M., Kobayashi, S., Kuwabara, M. and Inanami, O.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. The antiproliferative effect of bovine lactoferrin on canine mammary gland tumor cells. [J. Vet. Med. Sci., 70, (2008年5月), pp.443-448] Yamada, Y., Sato, R., Kobayashi, S., Hankaga, C., Inanami, O., Kuwabara, M., Momota, Y., Tomizawa, N. and Yasuda, J.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. Effect of bovine lactoferrin on functions of activated feline peripheral blood mononuclear cells during chronic feline immunodeficiency virus infection. [J. Vet. Med. Sci., 70, (2008年5月), pp.429-435] Kobayashi, S., Sato, R., Aoki, T., Omoe, K., Inanami, O., Hankanga, C.,
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. Total glutathione and glutathione reductase in bovine erythrocytes and liver biopsy. [J. Vet. Med. Sci., 70, (2008年8月), pp.861-864] 7. Abd Ellah, M.R., Okada, K., Goryo, M., Kobayashi, S., Oishi, A. and Yasuda, J.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Redox regulation in radiation-induced cytochrome c release from mitochondria of human lung carcinoma A549 cells. [Cancer Lett., 277, (2009年5月), pp.64-71] 8. Ogura, A., Oowada, S., Kon, Y., Hirayama, A., Yasui, H., Meike, S., Kobayashi, S., Kuwabara, M. and Inanami, O.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Canine neutrophil dysfunction caused by downregulation of beta-2 integrin expression without mutation. [Vet. Immunol. Immunopathol., 130, (2009年8月), pp.187-196] Kobayashi, S., Sato, R., Abe, Y., Inanami, O., Yasui, H., Omoe, K., Yasuda, J., Hankanga, C., Oda, S. and Sasaki, J.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. 猫免疫不全症の猫に対する電界エクスポジャー療法が末梢血リンパ球機能に及ぼす影響. [動物臨床医学, 18, (2009年10月), pp.61-67] 岡村明佳, 佐藤れえ子, 小林沙織, 山田裕一, 安田 準, 大石明広
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. ネコの多発性嚢胞腎に対する病態解明と治療法の開発を目指して. [岩獣会報, 35, (2009年10月), pp.148-149] 小林沙織
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  13. Evaluation of the function of polymorphonuclear neutrophilic leukocytes in healthy dogs given a high dose methylprednisolone sodium succinate. [Am. J. Vet. Res., 71, (2010年5月), pp.541-546] 11. Shimamura, S., Kanayama, K.,Shimada, T., Maeda, K., Nakao, R., Kobayashi, S., Sato, R., and Okano, S.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. 血管肉腫により心タンポナーデを呈した犬の1例. [岩獣会報, 36, (2010年7月), pp.98-103] 4. 小林沙織,荻野朋子,神志那弘明, 御領政信, 安田 準,佐藤れえ子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  15. 免疫阻害法を用いた犬血清クレアチンキナーゼBBアイソザイム(CK-BB)測定法の検討. [動物臨床医学, 19, (2010年9月), pp.79-86] 13. 矢島愛子, 小向奈津美, 小林沙織, 神志那弘明, 大石明広, 佐藤れえ子, 安田 準
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. PKD1遺伝子変異が認められ長期間観察した多発性嚢胞腎猫の嚢胞液の変化. [日獣会誌, 63, (2010年10月), pp.791-796] 12. 佐藤れえ子, 小林沙織, 佐々木一益, 宇都若菜, 御領政信, 佐々木 淳, 神志那弘明,
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. Molecular identification of ‘Candidatus Mycoplasma haemovis’ in sheep with hemolytic anemia. [J. Vet. Med. Sci., (2011年5月)] Suzuki, J., Saoka, F., Fujihara, M., Watanabe, Y., Tasaki, T., Oda, S., Kobayashi, S., Sato, R., Nagai, K., and Harasawa, R.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. Oral administration of bovine lactoferrin upregulates neutrophil functions in a dog with familial β2-integrin-related neutrophil dysfunction [Veterinary Immunology and Immunopathology, 143, (2011年8月15日)] S. Kobayashi, Y. Abe, O. Inanami, S. Oda, K. Yamauchi, C. Hankanga, Jun Yasudaa, R. Sato
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. Clinical effects of bovine lactoferrin on two canine cases with familial neutrophil dysfunction. [J. Vet. Med. Sci., 74, (2012年10月1日), pp.1177-1183] 16. Sato, R., Kobayashi, S., Abe, Y., Kamishina, H., Oda, S., Yasuda, J., and Sasaki, J.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. Detection of Hemotropic Mycoplasmas in Free-living Brown Sewer Rats (Rattus norvegicus). [J. Vet. Med. Sci., (2013年7月)] Sashida, H., Sasaoka, F., Suzuki, J., Watanabe, Y., Fujiwara,M., Nagai, K., Kobayashi, S., Furuhama, K., and Harasawa, R.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. Serum Glial Fibrillary Acidic Protein as a Diagnostic Biomarker in Dogs with Progressive myelomalacia. [J. Vet. Med. Sci., 75, (2013年7月), pp.949-953] Sato, Y., Shimamura, S., Mashita, T., Kobayashi, S., Okamura, Y., Katayama, M., Kamishina, H., Sato, R., Uzuka, U., and Yasuda, J.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 症例からみる尿検査 第1回 イントロダクション [インターズー (2013年4月5日)] 小林沙織
    • 著書種別 : その他
  2. 第2回 尿試験紙による化学的性状検査 [インターズー (2013年6月5日)] 小林沙織
    • 著書種別 : その他
  3. 第3回 尿の微生物学的検査【前編】 [インターズー (2013年8月5日)] 小林沙織
    • 著書種別 : その他
  4. 症例からみる尿検査 第4回 尿の微生物学的検査【後編】 [インターズー (2013年10月5日)] 小林沙織
    • 著書種別 : その他
  5. 症例からみる尿検査 第5回 尿沈渣検査①【手順】 [インターズー (2013年12月5日)] 小林沙織
    • 著書種別 : その他
  6. 症例からみる尿検査 第6回 尿沈渣検査② 【尿結晶】 [インターズー (2014年2月5日)] 小林沙織
    • 著書種別 : その他
総説・解説記事
  1. 鉄結合性糖タンパク質ウシラクトフェリンの抗炎症作用とそのメカニズム. [岩手県獣医師会, 岩手県獣医師会会報, 33, (2007年4月), pp.4-10] 小林沙織
    • 掲載種別 : その他
研究発表
  1. Oral therapy with bovine lactoferrin in dogs with congenital neutrophil dysfunction.
    • 会議名称 : 8th Int. Conf. on Lactoferrin
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2007年10月
    • 発表者 : Kobayashi, S., Sato, R., Abe, Y., Hankanga, C., Yamada, Y., Yasuda, J.,
    • 開催場所 : フランス
  2. 小動物臨床における好中球機能低下症
    • 会議名称 : 日本獣医師会獣医学術学会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2013年2月8日~2013年2月11日
    • 発表者 : 小林沙織
  3. Modulatory effects of oral administration of enteric-coated lactoferrin on neutrophil functions in feline immunodeficiency virus (FIV) infected cats.
    • 会議名称 : 7th Int. Conf. on Lactoferrin
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2005年10月
    • 発表者 : 1. Sato, R., Kobayashi, Y., Kobayashi, S., Sato, J., Yamada, Y., Naito, Y. and Sasaki, J.
    • 開催場所 : アメリカ
  4. Bovine lactoferrin reduces concanavalin A-induced interferon-gamma expression of peripheral blood mononuclear cells in FIV-negative and FIV-positive cats.
    • 会議名称 : 7th Int. Conf. on Lactoferrin
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2005年10月
    • 発表者 : 2. Kobayashi, S., Sato, R., Inanami, O., Yamamori, T., Kuwabara, M., Naito, Y. and Takase, M.
    • 開催場所 : アメリカ
  5. シンポジウム「動物疾患と遺伝:ゲノム情報を臨床に生かす時代」猫の多発性嚢胞腎の臨床と対策.
    • 会議名称 : 日本獣医師会獣医学術学会年次大会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2012年2月3日~2012年2月5日
    • 発表者 : 小林沙織
  6. ネコの遺伝性多発性嚢胞腎における嚢胞形成機序の解明.
    • 会議名称 : 平成22年度FAMS-IAFS合同研究成果発表会並びに動物医科学系講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月3日
    • 発表者 : 小林沙織
    • 主催者 : FAMS-IAFS
    • 開催場所 : 岩手県盛岡市
  7. 猫多発性嚢胞腎の腎嚢胞上皮細胞における遺伝学的検討.
    • 会議名称 : 第150回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月16日~2010年9月18日
    • 発表者 : 34. 藤川 護, 小林沙織, 屋比久文子, 御領 政信, 佐々木 淳, 神志那弘明, 安田 準, 佐藤れえ子
    • 開催場所 : 帯広畜産大学
  8. 猫多発性嚢胞腎の腎嚢胞細胞における形態学的検討ならびにCFTR発現の検索.
    • 会議名称 : 第153回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月27日~2012年3月29日
    • 発表者 : 佐藤れえ子, 屋比久文子, 小林沙織, 島村俊介, 安田 準
  9. ネコの多発性嚢胞腎の遺伝子検索.
    • 会議名称 : 第12回メープル小動物臨床検討会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年10月16日~2010年10月17日
    • 発表者 : 35. 屋比久文子, 小林沙織, 藤川 護, 御領 政信, 佐々木 淳, 安田 準, 佐藤れえ子
    • 開催場所 : 仙台
  10. 猫の多発性嚢胞腎の臨床と対策
    • 会議名称 : 平成23年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(北海道)
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2012年2月3日~2012年2月5日
    • 発表者 : 小林沙織
  11. JCVIM 教育講演 多発性嚢胞腎の知っていたこと、知らなかったこと.
    • 会議名称 : 日本獣医内科学アカデミー学術集会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2013年2月22日~2013年2月24日
    • 発表者 : 小林沙織
  12. ネコ末梢血単核球におけるコンカナバリンAによるインターフェロン誘導に及ぼすラクトフェリンの影響.
    • 会議名称 : 第137回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年10月
    • 発表者 : 1. 小林沙織, 佐藤れえ子, 稲波 修, 山盛 徹, 桑原幹典, 大和 修, 稲葉 睦, 前出吉光, 重茂克彦, 佐藤 淳, 内藤善久
  13. Local injection of bovine lactoferrin induces G1 arrest through the down-regulation of cyclin D1 in transplanted tumor.
    • 会議名称 : 8th Int. Conf. on Lactoferrin
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2007年10月
    • 発表者 : 4. Yamada, Y., Sato, R., Kobayashi, S., Yasui, H., Inanami, O., Yasuda, J. and Takase, M.
    • 開催場所 : フランス
  14. ウシラクトフェリンの長期投与が猫後天性免疫不全ウイルス感染症における好中球機能に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本ラクトフェリン学会第4回学術集会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年11月13日
    • 発表者 : 小林沙織, 坂口 豪, 山田 遊, 安田 準, 佐藤れえ子
    • 主催者 : 長浜バイオ大学
    • 開催場所 : 滋賀県長浜市
  15. イヌの腫瘍性疾患に対するウシラクトフェリンの効果.
    • 会議名称 : 日本ラクトフェリン学会第4回学術集会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年11月13日
    • 発表者 : 佐藤れえ子,山田裕貴, 小林沙織, 安田 準
    • 主催者 : 長浜バイオ大学
    • 開催場所 : 滋賀県長浜市
  16. エキゾチックペット診療でのラクトフェリンの利用.
    • 会議名称 : 動物臨床医学年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月16日~2012年11月18日
    • 発表者 : 荻野朋子、小林沙織、佐藤れえ子
  17. 明日から役に立つ尿検査
    • 会議名称 : 日本獣医内科学アカデミー/日本獣医臨床病理学会/日本獣医皮膚科学会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2011年3月11日~2011年3月13日
    • 発表者 : 小林沙織
    • 開催場所 : 神奈川県横浜市
  18. 猫の嚢胞腎の遺伝解析.
    • 会議名称 : 日本獣医内科学アカデミー/日本獣医臨床病理学会/日本獣医皮膚科学会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2011年3月11日~2011年3月13日
    • 発表者 : 小林沙織
    • 開催場所 : 神奈川県横浜市
  19. ネコ多発性嚢胞腎の発生機序に関する遺伝学的検討.
    • 会議名称 : 第4回日本獣医腎泌尿器学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年7月10日
    • 発表者 : 41. 小林沙織, 屋比久文子, 藤川 護,佐々木 淳, 御領政信, 安田 準, 佐藤れえ子
  20. JCVIM教育講演「明日から実践!尿検査」
    • 会議名称 : 日本獣医内科学アカデミー/日本獣医臨床病理学会/日本獣医皮膚科学会2011年大会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2012年2月17日~2012年2月19日
    • 発表者 : 小林沙織
  21. JCVIM教育講演「尿検査のすすめ~耳を傾けてみませんか。おしっこからのメッセージ」
    • 会議名称 : 日本獣医内科学アカデミー/日本獣医臨床病理学会/日本獣医皮膚科学会2012年大会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2012年2月17日~2012年2月19日
    • 発表者 : 小林沙織
  22. 小動物の腎疾患における尿中バイオマーカーの臨床応用.
    • 会議名称 : 日本獣医腎泌尿器学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年8月18日
    • 発表者 : 48. 森岡皓輔、小林沙織、島村俊介、安田 準、佐藤れえ子
  23. 東日本大震災における岩手大学動物病院の取り組み
    • 会議名称 : FAMS-IAFS成果発表会並びに動物医科学系講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年3月2日
    • 発表者 : 小林沙織
  24. 犬の進行性脊髄軟化症の判定因子としての血液中Glial Fibrillary Acidic Protein(GFAP)の有用性.
    • 会議名称 : 日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月14日~2012年9月16日
    • 発表者 : 47. 真下 忠久、佐藤 泰紀、島村 俊介、小澤 剛、中本 裕也、植村 隆司、神志那 宏明、
  25. 多血症を伴う犬の腎臓腫瘍の一例
    • 会議名称 : 東北地区獣医師大会・三学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年10月10日~2012年10月11日
    • 発表者 : 川村理沙、小林沙織、佐藤れえ子
  26. 回腸に類皮嚢胞(デルモイドシスト)を疑う嚢胞を認めた犬の1例
    • 会議名称 : 動物臨床医学年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月16日~2012年11月18日
    • 発表者 : 木村健、島村俊介、小林沙織、佐藤れえ子、安田 準
  27. Molecular Identification of ‘Candidatus Mycoplasma haemovis’ in Sheep with Hemolytic Anemia.
    • 会議名称 : International Union of Microbiological Societies 2011 Congress
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月
    • 発表者 : 6. Suzuki, J., Sasaoka, F., Fujiwara, M., Watanabe, Y., Tasaki, T., Oda, S., Kobayashi, S., Sato, R., Nagai, K. and Harasawa, R.
    • 開催場所 : 日本
  28. ヒツジおよびヤギにおける重度貧血と原虫感染
    • 会議名称 : 日本畜産学会第114回大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年8月26日~2011年8月27日
    • 発表者 : 小田伸一、赤川彰崇、田崎智子、小林沙織、原澤亮、鈴木尋
    • 主催者 : 北里大学
    • 開催場所 : 青森県十和田市
  29. Circadian variation in plasma total antioxidative capacity and levels of ascorbic acid in sheep.
    • 会議名称 : The XIth ISRP
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月
    • 発表者 : Kobayashi, S., Kumagai, M., Kikuchi, Y., Hagino, A. and Oda, S.
    • 開催場所 : フランス
  30. 猫多発性嚢胞腎が疑われPKD1遺伝子検査を実施した猫52例.
    • 会議名称 : 第6回日本獣医腎泌尿器学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年8月25日
    • 発表者 : 小林沙織、岩成輝明、島村俊介、安田 準、佐藤れえ子
  31. 猫常染色体優性多発性嚢胞腎組織におけるPolycystin-1蛋白の発現.
    • 会議名称 : 第156回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月22日
    • 発表者 : 岩成輝明、小林沙織、佐々木 淳、御領政信、島村俊介、安田 準、佐藤れえ子
  32. ネコ多発性嚢胞腎の嚢胞形成における体細胞遺伝子変異の関与
    • 会議名称 : 第156回日本獣医学会学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月22日
    • 発表者 : 小林沙織、川村理沙、佐々木 淳、御領政信、島村俊介、安田 準、佐藤れえ子
  33. 犬の各種腎疾患における尿中バイオマーカーの変動‐NGAL測定の臨床応用のための基礎的研究
    • 会議名称 : 平成25年度東北地区獣医師大会・三学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月
    • 発表者 : 佐藤恵里、小林沙織、島村俊介、安田 準、佐藤れえ子
  34. 僧帽弁閉鎖不全症に伴い僧帽弁狭窄が疑診されたチワワの一例
    • 会議名称 : 第10回日本獣医内科学アカデミー学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年2月7日
    • 発表者 : 北村 優、島村俊介、小林沙織、佐藤れえ子、安田 準
  35. 非異物性化膿性肉芽腫性胃炎を認めた犬の一例
    • 会議名称 : 第10回日本獣医内科学アカデミー学術集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年2月7日
    • 発表者 : 朝倉さき奈、島村俊介、吉野瑞季、吉野園子、岡村泰彦、小林沙織、佐藤れえ子、安田 準
学術関係受賞
  1. Trainee Award
    • 受賞年月日 : 2005年10月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 小林沙織
    • 内容 :
      Bovine lactoferrin reduces concanavalin A-induced interferon-gamma expression of peripheral blood mononuclear cells in FIV-negative and FIV-positive cats.
  2. Student Award
    • 受賞年月日 : 2007年10月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 小林沙織
    • 内容 :
      Oral therapy with bovine lactoferrin in dogs with congenital neutrophil dysfunction.
  3. 文永堂出版JCVIM賞
    • 受賞年月日 : 2007年8月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 小林沙織
    • 内容 :
      先天性好中球異常症が疑われた症例犬に対するウシラクトフェリン療法.
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2010年4月~2012年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2010年度・1,300,000円・390,000円
      2011年度・1,700,000円・510,000円
  2. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2012年4月~2014年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2012年度・900,000円・270,000円
      2013年度・1,700,000円・510,000円
その他競争的資金獲得実績
  1. 平成22年度教育研究支援経費萌芽的研究
    • 資金支給期間 : 2010年9月~2011年3月
    • 研究内容 :
      ネコの遺伝性多発性嚢胞腎における嚢胞形成機序の解明
  2. H22年度地域イノベーションクラスタープログラム(重点支援枠)
    • 資金支給期間 : 2010年9月~継続中
    • 研究内容 :
      耐摩耗性に優れ、Niの実質無害化、磁化率を低減した「いわて発」高付加価値コバルト合金を創製し、医療機器用及び一般産業用実用化基盤を構築したこれまでの取組みの成果を活用して、本事業では、製品化や材料の規格化へ向けた研究開発、生体用材料としてニーズの高い欧米市場展開へ向けた研究開発及び販路拡大の取組を推進し、既に当地域で企業化した合金材製造事業を核とした国際競争力のあるイノベーションクラスターの形成を図る。
      核となる研究機関は、東北大学金属材料研究所、岩手大学、岩手医科大学、岩手県立大学、東京医科歯科大学、北海道大学、九州大学、地方独立行政法人岩手県工業技術センターである。
  3. 平成23年度「農学部戦略的研究費」
    • 資金支給期間 : 2011年10月~2012年3月
    • 研究内容 :
      ネコの遺伝性多発性嚢胞腎における嚢胞形成機序の解明
共同研究希望テーマ
  1. 多発性嚢胞腎に関する研究
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
所属学会・委員会
  1. 日本獣医学会 (2002年4月~継続中)
  2. 獣医腎泌尿器学会 (2009年6月~継続中)
  3. 日本ウイルス学会 (2002年4月~継続中)
学会・委員会等活動
  1. メープル小動物臨床検討会 幹事(2009年6月~継続中)
  2. 獣医腎泌尿器学会 理事(2013年2月~継続中)
産学官民連携活動
  1. 日本獣医内科学アカデミー/日本獣医臨床病理学会/日本獣医皮膚科学会2011年大会
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  2. 岩手小動物臨床研究会(IVC)
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  3. 日本獣医内科学アカデミー/日本獣医臨床病理学会/日本獣医皮膚科学会2011年大会
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  4. 岩手小動物臨床研究会(IVC)
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  5. 被災動物支援隊いわてSAI
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  6. 岩手小動物臨床研究会(IVC)
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  7. 日本獣医内科学アカデミー/日本獣医臨床病理学会/日本獣医皮膚科学会2012年大会
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  8. 被災動物支援隊いわてSAI
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  9. 岩手小動物臨床研究会(IVC)
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  10. 被災動物支援隊いわてSAI
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  11. 盛岡市保健所主催「動物取扱責任者研修会」
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  12. 麻布大学獣医循環器科セミナー
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
ボランティア・寄与など
  1. 2011年度
    • ボランティア
      • 2011年4月1日
        岩手県東北大地震被災地(大船渡市)における被災動物への診療活動(わんにゃんレスキュー号)を行った。犬:22頭、猫:5頭、ハムスター:1頭、相談とペットフード希望者:犬2頭、猫2頭、合計32頭の診療を実施。
    • ボランティア
      • 2011年4月7日
        岩手県東北大地震被災地(大船渡市)における被災動物への診療活動(わんにゃんレスキュー号)を行った。犬 : 8頭、フード受け取り: 犬 2頭、 相談:犬 2頭、猫 1頭、合計:13頭の診療を実施。
    • ボランティア
      • 2011年4月14日
        岩手県東北大地震被災地(陸前高田市)における被災動物への診療活動(わんにゃんレスキュー号)を行った。犬 : 40頭、猫 : 11頭、相談とフード希望者: 犬1頭、猫1頭、合計53頭の診療を実施。
    • ボランティア
      • 2011年4月21日
        岩手県東北大地震被災地(陸前高田市)における被災動物への診療活動(わんにゃんレスキュー号)を行った。犬 : 10頭、猫 1頭、相談とフード希望者: 犬4頭、猫3頭、合計:18頭の診療を実施。
  2. 2012年度
    • ボランティア
      • 三陸復興部門被災動物支援活動
        被災地へのわんニャン号出動による被災動物支援
  3. 2013年度
    • ボランティア
      • 三陸復興部門被災動物支援活動
        被災地へのわんニャン号出動による被災動物支援
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2011年度
    • 「マスメディアによるわんにゃんレスキュー号紹介」
      三陸復興支援でのわんにゃんレスキュー号の活動が新聞、TV,雑誌、インタネット上といったマスメディアにとりあげられた。
  2. 2011年度
    • 「三陸復興部門被災動物支援活動情報発信」
      三陸復興部門被災動物支援活動について岩手大学動物病院のホームページ上にサイトを作成し、リアルタイムの情報発信を行った。
  3. 2011年度
    • 「被災動物の一時預かりボランティアの募集」
      被災動物支援として、被災動物の一時預かりボランティアの募集を企画し、動物病院ホームページにサイトを新設。その結果、350名を超えるボランティアが集まった。岩手県、宮城県、福島県獣医師会へ情報提供し、数多くの被災動物のために活用されている。
  4. 2011年度
    • 動物病院における診療(週3回、1年間)
  5. 2012年度
    • 動物病院における診療
      (週3回、1年間)
  6. 2013年度
    • 動物病院における診療
      (週3回、1年間)
活動履歴
  1. 2009年度
    • 学科・課程等での業務分担
  2. 2010年度
    • 学科・課程等での業務分担
    • 学科・課程等での業務分担
    • 植物園運営委員会
    • 動物病院運営業務
  3. 2011年度
    • 学科・課程等での業務分担
    • 情報メディアセンター図書館部門会議
    • 広報委員会
    • 安全衛生委員会
    • [その他] 高校での学部紹介
    • 広報委員会
    • 情報メディアセンター図書館部門会議
    • 学内運営活動における特記すべき事項
    • 全学委員会等のWG
    • [その他] 高校での学部紹介
    • 広報委員会
    • 広報委員会
    • 動物病院運営業務
  4. 2012年度
    • 広報委員会
    • (全学)その他 高校生の大学訪問対応
    • 動物病院運営業務
    • 生活支援部門会議
  5. 2013年度
    • 動物病院運営業務
    • 環境管理委員会
    • クラス担任
    • 生活支援部門会議
その他の大学運営活動
  1. 2010年度
    • 秋のオープンキャンパスにあわせた女性研究者紹介パネル展示に参加し、男女共同参画の推進に協力した。
  2. 2011年度
    • 男女共同参画の推進
      本学の女性研究者の皆様のご活躍をより広く地域に発信する目的とした「岩手大学で活躍する女性研究者ロールモデル集」に投稿し、男女共同参画の推進に協力した。
      また、2月の岩手大学で活躍する女性研究者」パネル展に参加し、男女共同参画の推進に協力した。
  3. 2012年度
    • 農学部附属動物病院ホームページの管理
    • 男女共同参画の推進
      本学の女性研究者の皆様のご活躍をより広く地域に発信する目的とした「岩手大学で活躍する女性研究者ロールモデル集2012年度版」に投稿し、男女共同参画の推進に協力した。
      また、秋のオープンキャンパスでの「『女性研究者』というシゴト」パネル展にパネルを出展、参加し、男女共同参画の推進に協力した。
    • 共同獣医学科小動物内科学研究室のホームページ管理・運営担当
  4. 2013年度
    • 農学部附属動物病院ホームページの管理
    • 共同獣医学科小動物内科学研究室のホームページ管理・運営担当