サブメニュー
更新日 : 2017年4月8日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名横山 英信 (YOKOYAMA Hidenobu)
所属専攻講座岩手大学 人文社会科学部 地域政策課程
職名教授
生年月日1962年9月
研究室電話番号
研究室FAX番号
連絡先住所020-8550 岩手県 盛岡市上田3丁目18-34 岩手大学人文社会科学部
研究室農業経済論研究室
メールアドレスyokoyama@iwate-u.ac.jp
出身大学
  1. 東北大学 経済学部 経済学科
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1986年3月31日
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 東北大学 農学研究科 農学専攻
    • 大学院課程 : 修士課程
    • 修了年月日 : 1988年3月31日
    • 修了区分 : 修了
  2. 東北大学 農学研究科 農学専攻
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 1991年3月31日
    • 修了区分 : 単位取得満期退学
取得学位
  1. 経済学士
    • 学位の分野 : 経済政策
    • 学位授与機関 : 東北大学
    • 取得年月日 : 1986年3月31日
  2. 農学修士
    • 学位の分野 : 農業経済学
    • 学位授与機関 : 東北大学
    • 取得年月日 : 1988年3月31日
  3. 博士(農学)
    • 学位の分野 : 農業経済学
    • 学位授与機関 : 東北大学
    • 取得年月日 : 1995年2月9日
学内職務経歴
  1. 岩手大学 人文社会科学部
    • [本務] 講師 (1995年4月1日~1996年9月30日)
  2. 岩手大学 人文社会科学部
    • [本務] 助教授 (1996年10月1日~2004年3月31日)
  3. 岩手大学 人文社会科学部 法学・経済課程 (廃止組織)
    • [本務] 教授 (2004年4月1日~継続中)
学外略歴
  1. 東北大学農学部
    • [助手] (1991年4月1日~1995年3月31日)
  2. 東北大学大学院国際文化研究科(兼任)
    • [助手] (1993年4月1日~1995年3月31日)
専門分野(科研費分類)
  1. 農業経済学
  2. 経済政策
研究分野を表すキーワード
  1. 農業経済論
  2. 農政学
  3. 食糧政策論
  4. 地域農業論
メッセージ
経済学は「経済効率をいかに高めるか」だけを目的とするものであってはならないと考えています。経済学には市民の基本的人権,とりわけ生存権をいかに守り,発展させるか,という視点が不可欠であると確信しています。
担当授業科目
  1. 2004年度
    • 現代社会と経済
    • 畜産経営学
    • 農業経済論
    • 農業経済論演習Ⅰ
    • 農業経済論演習Ⅱ
    • 現代経済論Ⅱ特論
    • 現代経済論Ⅱ演習
  2. 2005年度
    • 現代社会と経済
    • 畜産経営学
    • 時事経済論
    • 経済学特講
    • 農業経済論演習Ⅰ
    • 農業経済論演習Ⅱ
    • 現代経済論Ⅱ演習(農業経済論)
  3. 2006年度
    • 現代社会と経済
    • 畜産経営学
    • 総合科学論Ⅰ
    • 農業経済論
    • 農業経済論演習Ⅰ
    • 農業経済論演習Ⅱ
    • 現代経済論Ⅱ特論(農業経済論)
    • 農業経済論特論Ⅰ
    • 農業経済論特論Ⅱ
    • 現代経済論Ⅱ演習(農業経済論)
    • 農業経済論特別演習Ⅰ
    • 農業経済論特別演習Ⅱ
    • リサーチプロジェクト
  4. 2007年度
    • 現代社会と経済
    • 畜産経営学
    • 経済外書講読
    • 農業経済論演習Ⅰ
    • 現代経済論Ⅱ特論(農業経済論)
    • 農業経済論特論Ⅰ
    • 現代経済論Ⅱ演習(農業経済論)
    • 農業経済論特別演習Ⅰ
  5. 2008年度
    • 現代社会と経済
    • 農業経済論Ⅰ
    • 畜産経営学
    • 農業経済論演習Ⅰ
    • 現代社会をみる視角
    • 農業経済論Ⅱ
    • 農業経済論演習Ⅱ
    • 現代社会をみる視角
  6. 2009年度
    • 現代社会と経済
    • 協同組合論
    • 時事経済論
    • 農業経済論演習Ⅰ
    • 総合科学論Ⅰ
    • 日本経済史
    • 農業経済論演習Ⅱ
    • 科学技術と現代社会
    • 現代社会をみる視角
  7. 2010年度
    • 基礎ゼミナール
    • 現代社会と経済
    • 農業経済論Ⅰ
    • 農業経済論演習Ⅰ
    • 農業経済論特論Ⅰ
    • 農業経済論特別演習Ⅰ
    • 農業経済論Ⅱ
    • 農業経済論演習Ⅱ
    • 社会・環境総合演習
    • 農業経済論特論Ⅱ
    • 農業経済論特別演習Ⅱ
    • 科学技術と現代社会
  8. 2011年度
    • 現代社会と経済
    • 協同組合論
    • 農業経済論演習Ⅰ
    • 農業経済論特論Ⅰ
    • 農業経済論特別演習Ⅰ
    • 経済外書講読
    • 日本経済史
    • 農業経済論演習Ⅱ
    • 農業経済論特論Ⅱ
    • 農業経済論特別演習Ⅱ
    • 科学技術と現代社会
    • 岩手の研究
  9. 2012年度
    • 現代社会と経済
    • 総合科学論Ⅰ
    • 農業経済論Ⅰ
    • 農業経済論演習Ⅰ
    • 農業経済論特論Ⅰ
    • 農業経済論特別演習Ⅰ
    • 農業経済論Ⅱ
    • 農業経済論演習Ⅱ
    • 農業経済論特論Ⅱ
    • 農業経済論特別演習Ⅱ
    • 科学技術と現代社会
    • 現代社会をみる視角
    • 特別研究
  10. 2013年度
    • 農業経済論特論Ⅰ
    • 農業経済論特別演習Ⅰ
    • 基礎ゼミナール
    • 現代社会と経済
    • 時事経済論
    • 協同組合論
    • 農業経済論演習Ⅰ
    • 農業経済論特論Ⅱ
    • 農業経済論特別演習Ⅱ
    • 日本経済史
    • 農業経済論演習Ⅱ
    • 総合科学論Ⅰ
    • 科学技術と現代社会
  11. 2014年度
    • 農業経済論特論Ⅰ
    • 農業経済論特別演習Ⅰ
    • 現代社会と経済
    • 農業経済論Ⅰ
    • 時事経済論
    • 農業経済論演習Ⅰ
    • 科学・技術と現代社会
    • 総合科学論Ⅰ
    • 農業経済論特論Ⅱ
    • 農業経済論特別演習Ⅱ
    • 農業経済論Ⅱ
    • 農業経済論演習Ⅱ
  12. 2015年度
    • 現代社会と経済
    • 経済学基礎
    • 協同組合論
    • 農業経済論演習Ⅰ
    • 農業経済論特論Ⅰ
    • 農業経済論特別演習Ⅰ
    • 科学・技術と現代社会
    • 日本経済史
    • 農業経済論演習Ⅱ
    • 農業経済論特論Ⅱ
    • 農業経済論特別演習Ⅱ
    • 岩手の研究
授業評価
  1. 2010年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 前期「現代社会と経済」の最後の授業時間に授業アンケートを行った。この結果を踏まえて,翌年の授業を改善すべく授業の進め方に関する検討を行った。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 前期「農業経済論論Ⅰ」,後期「農業経済論Ⅱ」のそれぞれの最後の授業時間に授業アンケートを行った。そして,その結果を翌々年度の授業改善に活かすべく授業の進め方に関する検討を行った。
  2. 2011年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 前期「現代社会と経済」の最後の授業時間に授業アンケートを行った。そして,その結果を翌年度の授業改善に活かすべく授業の進め方に関する検討を行った。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 前期「協同組合論」,後期「日本経済史」のそれぞれの最後の授業時間に授業アンケートを行った。そして,その結果を翌々年度の授業改善に活かすべく授業の進め方に関する検討を行った。
  3. 2012年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 前期「現代社会と経済」の最後の授業時間に授業アンケートを行った。そして,その結果を翌年度の授業改善に活かすべく授業の進め方に関する検討を行った。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 前期「農業経済論Ⅰ」の最後の授業時間に授業アンケートを行った。そして,その結果を翌々年度の授業改善に活かすべく授業の進め方に関する検討を行った。
  4. 2013年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 前期「現代社会と経済」及び前期「基礎ゼミナール」の最後の授業時間に授業アンケートを行った。そして,その結果を翌年度の授業改善に活かすべく授業の進め方に関する検討を行った。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 前期「協同組合論」の最後の授業時間に授業アンケートを行った。そして,その結果を翌々年度の授業改善に活かすべく授業の進め方に関する検討を行った。
  5. 2014年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 前期「現代社会と経済」の最後の授業時間に授業アンケートを行った。そして,その結果を翌年度の授業改善に活かすべく授業の進め方に関する検討を行った。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 前期「農業経済論Ⅰ」,後期「農業経済論Ⅱ」の最後の授業時間に授業アンケートを行った。そして,その結果を翌年度の授業改善に活かすべく授業の進め方に関する検討を行った。
  6. 2015年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 前期「現代社会と経済」の最後の授業時間に授業アンケートを行った。そして,その結果を翌年度の授業改善に活かすべく授業の進め方に関する検討を行った。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 前期「協同組合論」,後期「日本経済史」の最後の授業時間に授業アンケートを行った。そして,その結果を翌年度の授業改善に活かすべく授業の進め方に関する検討を行った。
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2010年度
    • 卒業研究指導(学部) 1人
    • 学位論文審査(学部・主査) 1人
  2. 2011年度
    • 学位論文審査(学部・副査) 2人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
  3. 2012年度
    • 卒業研究指導(学部) 1人
    • 学位論文審査(学部・主査) 1人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
  4. 2014年度
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
  5. 2015年度
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
学生課外活動の指導(サークル等の顧問等)の実施
  1. 2010年度
    • 「農牧舎」の顧問を引き受け,課外活動の相談に対応した。
  2. 2011年度
    • 「農牧舎」の顧問を引き受け,課外活動の相談に対応した。
  3. 2012年度
    • 「農牧舎」の顧問を引き受け,課外活動の相談に対応した。
  4. 2013年度
    • 「農牧舎」の顧問を引き受け,課外活動の相談に対応した。
  5. 2014年度
    • 「農牧舎」の顧問を引き受け,課外活動の相談に対応した。
  6. 2015年度
    • 「農牧舎」の顧問を引き受け,課外活動の相談に対応した。
教育活動のその他の事項
  1. 2011年度
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      全学共通教育・専門科目とも補助教材としてプリントの作成・配布を行った。また,毎回講義の終了後,履修生に講義への質問をレスポンスカードに記入してもらい,次の講義の最初にその質問への回答を履修生全員を対象に行った。
  2. 2012年度
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      全学共通教育・専門科目とも補助教材としてプリントの作成・配布を行った。また,毎回講義の終了後,履修生に講義への質問をレスポンスカードに記入してもらい,次の講義の最初にその質問への回答を履修生全員を対象に行った。
  3. 2013年度
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      全学共通教育・専門科目とも補助教材としてプリントの作成・配布を行った。また,毎回講義の終了後,履修生に講義への質問をレスポンスカードに記入してもらい,次の講義の最初にその質問への回答を履修生全員を対象に行った。
  4. 2014年度
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      全学共通教育・専門科目とも補助教材としてプリントの作成・配布を行った。また,毎回講義の終了後,履修生に講義への質問をレスポンスカードに記入してもらい,次の講義の最初にその質問への回答を履修生全員を対象に行った。
  5. 2015年度
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      全学共通教育・専門科目とも補助教材としてプリントの作成・配布を行った。また,毎回講義の終了後,履修生に講義への質問をレスポンスカードに記入してもらい,次の講義の最初にその質問への回答を履修生全員を対象に行った。
    • その他
      2015年度の岩手大学「地域課題解決プログラム」の「遠野市における農産物直売所の情報発信力向上に関する研究」に応募・採択された。ゼミの4年生2名,3年生1名とともに遠野市の直売所の実態調査・利用者アンケート調査を行い,その分析結果を取りまとめて,2016年3月17日に行われた「地域課題解決プログラム成果発表会」にて発表した。
研究経歴
  1. 日本食糧政策の展開動向に関する研究(1986年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 食糧、政策、展開動向,
    • 専門分野(科研費分類) :
      経済政策農業経済学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
  2. アメリカの農産物輸出政策の動向(1986年4月~1989年9月)
    • 研究課題キーワード : 農産物輸出,
    • 専門分野(科研費分類) :
      農業経済学経済政策
    • 研究様態 : 未設定
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
  3. 地域農業の経済分析(1989年10月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 地域、農業、経済分析
    • 専門分野(科研費分類) :
      農業経済学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
論文
  1. 第2次世界大戦後におけるアメリカ米輸出政策の展開構造 [農業経済研究誌(東北大学農学研究所), (9), (1988年3月), pp.1-25] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  2. 1980年代におけるアメリカ米輸出政策の展開 [農産物市場研究(農産物市場研究会), (29), (1989年10月), pp.58-68] 横山英信
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  3. 戦前期日本における麦需給政策の展開過程 [農産物市場研究(農産物市場研究会), (32), (1991年4月), pp.46-57] 横山英信
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  4. 戦時期日本における麦需給政策の展開 [農業経済研究報告, (25), (1992年4月), pp.151-170] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  5. 戦後直接統制期における日本麦需給政策の展開 [農業経済研究報告(東北大学農学部), (26), (1993年4月), pp.45-65] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  6. 麦国家管理の間接統制移行とその戦後的性格 [東北農業経済研究(東北農業経済学会), 12(2), (1993年9月), pp.17-33] 横山英信
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  7. 協同組合間協同における『特別栽培』米の生産・流通・消費-宮城県における事例分析- [協同組合奨励研究報告・第19輯, (1993年12月), pp.321-361] 横山英信,伊藤勝巳,田口裕
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  8. 日本食糧政策史研究に関する一考察-麦政策史研究の位置づけ・分析方法の検討を中心に- [農業経済研究報告(東北大学農学部), (27), (1994年4月), pp.87-103]
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  9. 戦後飼料用麦国家管理の基本的性格-食糧用麦国家管理との動向比較を中心に- [東北農業経済研究(東北農業経済学会), 13(2), (1994年9月), pp.21-37] 横山英信
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  10. 食管法下最終期における麦国家管理の展開 [農業経済研究報告, (28), (1995年4月), pp.23-38] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  11. 戦後食管制度の展開と転換 [研究年報経済学, 57(4), (1995年12月), pp.135-145] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  12. 日本麦需給政策の史的性格 [アルテス・リベラレス(岩手大学人文社会科学部紀要), (57), (1995年12月), pp.113-134] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  13. 新食糧制度始動下における米産地の諸相-産地間競争・生産調整をめぐる岩手県下の動向を中心に- [アルテス・リベラレス(岩手大学人文社会科学部紀要), (60), (1997年6月), pp.125-147] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  14. 新食糧法下の岩手県の米をめぐる動向 [農業・農協問題研究(農協・農業問題研究所), (19), (1998年1月), pp.41-47] 横山英信
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  15. 東北地方の米をめぐる最近の概況 [農業・農協問題研究(農業・農協問題研究所), (19), (1998年1月), pp.4-18] 横山英信
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  16. 中山間地域農業振興と地域価格政策-岩手県九戸村「野菜価格安定補償制度」の事例分析- [アルテス・リベラレス(岩手大学人文社会科学部紀要), (62), (1998年6月), pp.59-77] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  17. 専増産ふすま制度の戦後展開とその基本論理 [アルテス・リベラレス(岩手大学人文社会科学部紀要), (63), (1998年12月), pp.85-105] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  18. 農業基本法転換期における農地利用集積と集落営農-岩手県前沢町Q地区営農組合の事例分析- [アルテス・リベラレス(岩手大学人文社会科学部紀要), (65), (1999年12月), pp.159-176] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  19. 「新たな麦政策」と国内麦需給 [農業市場研究(日本農業市場学会), 8(2), (2000年4月), pp.3-13] 横山英信
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  20. 広域合併農協の組織・事業運営の改善 [農業と農協, (50), (2000年11月), pp.41-74] 横山英信,小林宏至,平田啓,板橋衛,豊田八宏
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  21. ミニマム・アクセス米は本当に国産米の需給に影響を与えていないか-「生産調整に関する研究会」の影響評価の検討- [農業・農協問題研究(農業・農協問題研究所), (28), (2003年2月), pp.37-48] 横山英信
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  22. 水田農業転換期における米生産調整・転作をめぐる政策的諸問題 [アルテス・ リベラレス(岩手大学人文社会科学部紀要), (73), (2003年12月), pp.59-79]
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  23. 需要に即した麦・大豆生産の課題 [日本農業年報, 50, (2004年1月), pp.171-183] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  24. 新基本法・「戦後農政の全面的再編」下における麦政策と麦生産 [アルテス・リベラレス(岩手大学人文社会科学部紀要), (75), (2004年12月), pp.49-71] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  25. 戦後小麦政策と小麦の需給・生産 [農業経済研究(日本農業経済学会), 77(3), (2005年12月), pp.113-128] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  26. 食糧法・新基本法下における農政展開と「経営所得安定対策等大綱」―米政策を中心に― [アルテス・リベラレス(岩手大学人文社会科学部紀要), (79), (2006年12月), pp.43-65] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  27. 民間流通移行後の麦をめぐる諸問題と麦政策・制度の再編-2007年度再編の経緯と内容- [アルテス・リベラレス(岩手大学人文社会科学部紀要), (81), (2007年12月), pp.95-120] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  28. 「農業構造改革」をめぐる基本問題―農地利用集積の経済的条件の原理的検討― [アルテス・リベラレス(岩手大学人文社会科学部紀要), (83), (2008年12月), pp.65-89] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  29. 構造改革農政・再編麦政策始動下における国産麦の需給・生産 [アルテス・リベラレス(岩手大学人文社会科学部紀要), (85), (2009年12月), pp.111-136] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  30. 日本の小麦をめぐる政策動向と小麦生産振興の課題 [日本の科学者, 45(9), (2010年9月), pp.10-15] 横山英信
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  31. 米過剰問題・米生産調整政策の性格の理論的・歴史具体的検討―戸別所得補償モデル対策に関連して― [アルテス・リベラレス(岩手大学人文社会科学部紀要), (87), (2010年12月), pp.75-104] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  32. 2007年1月交渉再開後のWTOドーハ・ラウンドの動向―農業・NAMA「議長テキスト」の改訂内容の分析を中心に― [アルテス・リベラレス(岩手大学人文社会科学部紀要), (88), (2011年6月), pp.85-106] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  33. 戸別所得補償制度の制度設計と評価 [農村経済研究(東北農業経済学会), 30(1), (2012年3月), pp.14-25] 横山英信
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 未設定
  34. 岩手県三陸沿岸部の農水産業再建の現状と課題 [農業と経済, 78(4), (2012年4月), pp.57-64] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  35. 福島原発事故による岩手県産農林水産物の放射能汚染をめぐる動向と課題―2012年3月上旬までの経緯を踏まえて― [アルテス・リベラレス(岩手大学人文社会科学部紀要), (90), (2012年6月), pp.43-60] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  36. 農地利用集積考察の基本的視点―経済学的・法学的側面から― [東北農業研究センター農業経営研究, (32), (2015年3月), pp.47-55] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  37. 政権再交代後における日本農政の再編とその基本的性格―近年の農政展開を踏まえて― [アルテス・リベラレス(岩手大学人文社会科学部紀要), (96), (2015年6月), pp.93-113] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  38. 地域社会と地域農漁業再生のための基本的視点 [北日本漁業(北日本漁業経済学会), (43), (2015年8月), pp.2-7] 横山英信
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 未設定
  39. WTO・新基本法下の麦需給・生産をめぐる動向とTPP協定・国内対策 [アルテス・リベラレス(岩手大学人文社会科学部紀要), (98), (2016年6月), pp.57-79] 横山英信
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
著書
  1. 日本麦需給政策史論 [八朔社 (2002年11月)] 横山英信
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      全ⅹⅱ+431頁
  2. 米市場再編と食管制度 [農林統計協会 (1994年6月)] 河相一成,横山英信,他
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      第4章 米市場再編と小売業者 pp.101-132
  3. 鹿角圏域におけるカントリーエレベーター建設計画に関する調査報告書 [秋田県鹿角市農業農村支援機構 (1996年2月)] 横山英信,大泉一貫,近藤巧
    • 著書種別 : 調査報告書
    • 担当部分 :
      全27頁
  4. 解体する食糧自給政策 [日本経済評論社 (1996年10月)] 河相一成,横山英信,他
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      第3章第1節 戦後初期の食糧政策 pp.119-131, 第4章第1節 食糧管理制度の戦後的変遷 pp.219-241
  5. 平成10年度地域農業経営改善調査利用権設定等は握調査報告書 [農林水産省東北農政局農政部農政課 (1999年3月)] 横山英信
    • 著書種別 : 調査報告書
    • 担当部分 :
      全16頁
  6. 市と糶 [中央印刷出版部 (1999年8月)] 中村勝,横山英信,他
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      農業『国際化』進行下の麦政策と麦作 pp.247-268
  7. ファーム・ファミリー・ビジネス [筑波書房 (2000年3月)] ビクター・カーペンター,神田健策,玉真之介,横山英信他
    • 著書種別 : 翻訳書
    • 担当部分 :
      第1章 ファーム・ファミリー・ビジネスを定義する pp.15-37
  8. 新ふくしま農協の組織・事業の改革の課題と見通しをもった組合員本意の農協としての再生へのみち―福島県・新ふくしま農協事業調査報告書― [農業・農協問題研究所 (2000年3月20日)] 横山英信・小林宏至・平田啓
    • 著書種別 : 調査報告書
    • 担当部分 :
      全29頁
  9. 農政転換と価格・所得政策 [筑波書房 (2000年9月)] 村田武,三島徳三,横山英信,他
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      第8章 麦・大豆における価格・所得政策 pp.203-228
  10. 平成12年度国営土地改良事業調査計画地区和賀中部地区調査報告書 [財団法人・日本土壌協会 (2001年3月)] 横山英信
    • 著書種別 : 調査報告書
    • 担当部分 :
      全153頁(含 参考資料)
  11. 地域を拓く学びと協同-新たな結いをめざして- [エイデル研究所 (2001年8月)] 横山英信,新妻二男,他
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      Ⅱ部1章 農業・食糧問題と社会教育 pp.66-78
  12. 農に聞け!21世紀-地肌に息吹く自立の精神- [家の光協会 (2001年12月)] 石川武男,横山英信,他
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
    • 担当部分 :
      第7章第2節 WTO・新農業基本法をめぐる諸問題 pp.198-219
  13. 再編麦政策下における新たな小麦生産・流通システム構築に関する研究(平成17年度~平成19年度科学研究費補助金(基盤研究(c))研究成果報告書) [横山英信 (2008年3月)] 横山英信
    • 著書種別 : その他
    • 担当部分 :
      全ⅱ+65頁
  14. グローバル資本主義と農業 [筑波書房 (2008年11月)] 横山英信
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      第2章 WTO農業交渉の動向と『農政改革』の基本的性格 pp.39-79
  15. グローバル下の北東北地域 [弘前大学出版会 (2010年3月)] 横山英信
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      第3章 WTO体制・新自由主義農政下の北東北農業 pp.55-78
  16. キーワードで読みとく現代農業と食料・環境 [昭和堂 (2011年5月)] 横山英信
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      Ⅴ第1節2「麦・大豆の生産・需給動向」pp.170-171,Ⅵ第1節2「麦・大豆の輸入と流通制度」pp.210-211
  17. 復興の大義―被災者の尊厳を踏みにじる新自由主義的復興論批判― [農山漁村文化協会 (2011年10月)] 横山英信
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
    • 担当部分 :
      一人一人の生存権・主体性を等閑視した復興論は「新自由主義的全体主義」である―農水産業の「創造的復興」論批判― pp.49-55
  18. 日本農業年報58 農業・漁業をどう立て直すか―大震災・原発事故からの復旧の実態,復興の課題― [農林統計協会 (2012年1月)] 横山英信
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      Ⅱ-Ⅱ 岩手県沿岸部―地域の復旧・復興に向けた取り組みと課題 pp.43-57
  19. 復興の息吹き―人間の復興・農林漁業の再生― [農山漁村文化協会 (2012年9月)] 横山英信・田代洋一・岡田知弘・冬木勝仁・小山良太・濱田武士・池島祥文
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      岩手県の復旧・復興をめぐる現状と課題―津波被害に対する三陸沿岸部の取組みと県産農林水産物の放射能汚染への対応― pp.61-115
  20. 岩手県沿岸部における『いのち・くらし復興塾』講義集 [NPO法人岩手地域総合研究所「いのち・くらし復興塾」運営委員会 (2013年8月)] 横山英信,佐藤嘉夫,桒田但馬,高橋典成,和川省三,佐々木良博,若菜千穂
    • 著書種別 : その他
    • 担当部分 :
      「被災地の生活と生業に対するTPPの影響―TPPの本質・日本政府の対応から考える―」pp.115-137,pp.150-161
  21. 規制改革会議の「農業改革」20氏の意見 [農山漁村文化協会 (2014年8月)] 横山英信,内山節,関曠野,村田武,田代洋一,他
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      「個人主義」と「協同」に基づく地域社会と地域農業の再生 pp.60-65
  22. 今日の地域課題と展望~農政・林業・地域交通・社会保障~(シリーズ「岩手の再生」第1集) [NPO法人岩手地域総合研究所 (2015年9月)] 横山英信・宇佐美誠史・伊藤幸男・菅野道生
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      安倍政権の農業政策と日本農業の未来 pp.65-102
  23. 新版 キーワードで読みとく現代農業と食料・環境 [昭和堂 (2017年3月)] 横山英信
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      Ⅴ第1節2「麦・大豆の生産・需給動向」pp.170-171,Ⅵ第1節2「麦・大豆の輸入と流通制度」pp.210-211
総説・解説記事
  1. 書評:宮村光重著『食糧問題と国民生活』 [東北大学農学部農業経済系研究室, 農業経済研究報告, (23), (1990年5月), pp.97-102] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  2. 宮城ササニシキをめぐる動向とその特徴 [宮城県農業協同組合中央会, 市場形成が宮城米の生産と流通に及ぼす影響について(中間報告), (1990年10月), pp.31-49] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  3. 米流通の現在と米小売段階の動向-小売間競争に注目して- [宮城県農業協同組合中央会, 市場形成が宮城米の生産と流通に及ぼす影響について(報告書), (1991年12月), pp.194-270] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  4. 紹介:宮城県農業協同組合中央会編『市場形成が宮城米の生産と流通に及ぼす影響について〔報告書〕』 [市場史研究会, 市場史研究, (10), (1992年2月), pp.118-119] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  5. 書評:北出俊昭著『米政策の展開と食管法』 [市場史研究会, 市場史研究, (11), (1992年10月), pp.122-126] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  6. 第Ⅱ部第4章 米 [みやぎ生活協同組合, みやぎ生協の産直に関する調査報告書, (1994年9月), pp.198-214] 横山英信,本田強
    • 掲載種別 : その他
  7. 紹介:福島県松川町農協合併30周年記念史編集委員会編『松川町農業協同組合30年史』 [市場史研究会, 市場史研究, (14), (1995年3月), pp.159-160] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  8. 第31回東北農業経済学会青森大会シンポジウム「円高・自由化局面における青果物産地の進路」コメント [東北農業経済学会, 東北農業経済研究, 15(1), (1996年1月), pp.60-63] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  9. 新食糧法下における東北各県の農協・生協,米をめぐる動向 [農業・農協問題研究所, 農業と農協, (40), (1996年5月), pp.43-53] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  10. 新食糧法と日本の食糧需給 [日本科学者会議東北地方区, 日本科学者会議東北地方区第15回シンポジウム報告集, (1996年6月), pp.24-26] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  11. 食糧・農業をめぐる現状の中で産直をどう位置づけるか [全農協労連, 『労農のなかま』1997年1月号, (1997年1月), pp.67-70] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  12. 農協の事業展開の変遷と外務活動の位置づけ [全農協労連, 『労農のなかま』1997年8月号, (1997年8月), pp.65-70] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  13. 第33回東北農業経済学会秋田大会シンポジウム「水田地帯における複合経営の展開と担い手」コメント [東北農業経済学会, 東北農業経済研究, 17(1), (1998年1月), pp.69-70] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  14. 日本食糧政策の現段階と新・農業基本法 [日本科学者会議, 日本科学者会議第12回総合学術研究集会予稿集, (1998年10月), pp.214-214] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  15. 1997年度春季大会討論要旨(座長まとめ) [農業問題研究会, 農業問題研究, (46), (1998年12月), pp.46-55] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  16. 「新たな麦政策大綱」と日本の麦需給 [科研費研究班, 平成10年度科学研究費補助金 「価格政策再編下の農産物需給調整の方策に関する主要品目別研究」研究成果報告書, (1999年3月), pp.24-31] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  17. 「新・農業基本法案」の本質を見抜き,国民本位の内容に改めさせる運動を [いわてコメネット, いわてコメネット, (1), (1999年6月), pp.8-8] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  18. 価格政策再編下の麦需給調整をめぐる諸問題と政策的課題 [科研費研究班, 平成9~11年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(1))「価格政策再編下の農産物需給調整の方策に関する主要品目別研究」報告書, (2000年3月), pp.41-53] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  19. 流通新段階における岩手県の米生産・販売をめぐる動向 [科研費研究班, 平成9~11年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(1))「流通新段階における米生産・販売と地域農業に関する研究」報告書, (2000年3月), pp.59-68] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  20. 地域づくりと「特色ある原料乳」供給の接点 [中央酪農会議, 特色ある原料乳供給に関する調査研究報告書, (2001年3月), pp.37-46] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  21. 兼業農家の農外就業動向と地域農業 [科研費研究班, 平成11~12年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(1))「大不況下における地域経済と農村進出企業の類型論的研究」報告書, (2001年3月), pp.23-32] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  22. 論評:滝澤・甲斐・細川・早川編『食料・農産物の流通と市場』 [農林統計協会, 農林水産図書資料月報, (2003年9月), (2003年9月), pp.2-3] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  23. 書評:田代洋一著『農政「改革」の構図』 [農業・農協問題研究所, 農業・農協問題研究, (30), (2004年2月), pp.75-78] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  24. いま進められようとしている新・米政策で私たちの主食「お米」はどうなるの? [岩手県生活協同組合連合会, 岩手の生協, (2004年2月), (2004年2月), pp.2-5] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  25. 二戸市の葉たばこ生産をめぐる近年の動向 [二戸市・岩手大学, 二戸市の集落の再編を基本とした地域活性化方策に関する研究」中間報告書, (2004年3月), pp.38-40] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  26. 価格政策・米生産調整政策変動下における小麦転作組織育成に関する研究 [岩手大学, 平成15年度大学活性化経費研究成果報告書, (2004年3月), pp.17-20] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  27. 「新しい農村文化運動」は「政策」とどう向き合うべきか [東北農村文化協会, 東北農文協が提案する「新しい農村文化運動」, (2004年6月), pp.10-14] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  28. 書評:大塚茂・松原豊彦編『現代の食とアグリビジネス』 [新日本出版社, 経済, (111), (2004年12月), pp.112-113] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  29. 宮澤賢治の農学思想形成の社会・経済的背景 [岩手大学人文社会科学部宮沢賢治研究会, 「宮沢賢治の文理融合的総合研究」報告書-新たな賢治学の構築を目指して-, (2005年3月), pp.84-85] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  30. 戦後小麦政策と小麦の需給・生産 [日本農業経済学会, 2005年度日本農業経済学会大会報告要旨, (2005年7月), pp.31-53] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  31. こんにちの食糧問題を考える [新日本出版社, 経済, (120), (2005年9月), pp.130-161] 横山英信,松原豊彦,久野秀二,河相一成
    • 掲載種別 : その他
  32. 二戸市農業の現状と今後の課題・展望 [二戸市・岩手大学, 「平成15年度~平成17年度『二戸市の集落機能に焦点をあてた地域活性化方策』に関する研究」報告書, (2006年3月), pp.25-36] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  33. シンポジウム基調講演(品目横断的経営安定対策・米政策改革推進対策と地域農業・農協の課題) [秋田県農業協同組合労働組合, 第42回JA全国大会に向けて-転機に立つ農業・農協を考えるシンポジウム(2006年9月2日)記録集, (2006年9月), pp.1-16] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  34. 生存権の視点から日本の農業問題を考える [日本科学者会議, 日本の科学者, 41(10), (2006年10月), pp.42-43] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  35. 書評:田代洋一著『集落営農と農業生産法人』 [しんぶん「赤旗」, 2006年10月29日付, (2006年10月29日)] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  36. 地域振興と「品目横断的経営安定対策」について①~⑧ [岩手県農業協同組合労働組合, いわて農協労組(岩手県農業協同組合労働組合機関紙), (2007年4月)] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  37. 書評:白樫久・今井健・山崎仁朗編著『中山間地域は再生するか-郡上和良からの報告と提言』 [農業・農協問題研究所, 農業・農協問題研究, (39), (2008年8月), pp.60-64] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  38. 座長解題:品目横断的経営安定対策始動下における東北の集落営農―その現状と存立条件― [東北農業経済学会, 東北農業経済研究, 26(1), (2008年9月), pp.2-3] 横山英信・宇野忠義
    • 掲載種別 : その他
  39. 農地転用規制を正当化できる経済的条件 [農業・農協問題研究所, 農業・農協問題研究, (40), (2009年1月), pp.70-71] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  40. 書評:河相一成著『現代日本の食糧経済』 [日本農業新聞, 2009年2月16日付, (2009年2月16日)] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  41. 家族経営と憲法25条 [宮城ナショナルミニマム研究会, 宮城ナショナルミニマム研究会報告集, (2009年4月), pp.10-10] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  42. 農政の変化で展望は開けるか-これからの農政に求められること- [岩手農民大学, 岩手農民大学創学30周年のしおり, (2009年12月), pp.36-36] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  43. 近年の岩手県農業の動向と政権交代下での農政課題 [NPO法人岩手地域総合研究所, 通信「いわて地域総研」, (2), (2010年2月10日), pp.6-7] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  44. 産直運動の推進に向けて―米をめぐる日本農業のゆくえ― [食糧の生産と消費を結ぶ研究会, 生消研・第36回「食糧と消費を考える」シンポジウム(どうなる米の生産と流通~現場からのレポート~)報告書, (2010年7月), pp.15-25] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  45. 民主党農政の動向と岩手県農業の課題 [NPO法人岩手地域総合研究所, 通信「いわて地域総研」, (5), (2010年10月15日), pp.3-6] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  46. 民主党農政は日本農業を再生させるか-農業者戸別所得補償制度の政治経済学的検討- [日本科学者会議, 日本科学者会議第18回総合学術研究集会予稿集, (2010年11月), pp.306-307] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  47. TPP参加は国民の利益になるのか [日本科学者会議東京支部, 日本科学者会議東京支部つうしん, (518), (2010年12月10日), pp.1-1] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  48. 戸別所得補償制度の制度設計と評価 [第47回東北農業経済学会秋田大会実行委員会, 第47回東北農業経済学会秋田大会報告要旨, (2011年9月), pp.25-40] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  49. 岩手県の復旧・復興をめぐる現状と課題―三陸沿岸部の取り組みと農林水産物の放射能汚染への対応― [農業・農協問題研究所, 受託研究報告書『農業を中心とした東日本大震災の復旧・復興について―被災農家など住民本意の復興のあり方を探る―』, (2012年4月), pp.21-43] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  50. 農業者戸別所得補償制度をめぐる諸問題 [弘前大学経済学会, 弘前大学経済研究, (35), (2012年12月), pp.81-83] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  51. 〈安倍新政権に見る〉TPP加盟交渉参加問題の現局面と参加阻止運動の課題 [NPO法人岩手地域総合研究所, 通信「いわて地域総研」, (17), (2013年1月), pp.3-4] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  52. 岩手県農林水産業の放射能汚染をめぐる現況 私たちが問われていること [昭和堂, 農業と経済, 79(1), (2013年2月), pp.134-135] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  53. 書評:石井啓雄著『日本農業の再生と家族経営・農地制度』 [新日本出版社, 経済, (217), (2013年10月), pp.100-101] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  54. 書評:長谷美貴広著『戦後日本の麦政策と系統共販―“もう一つの道”はありえたか―』 [政治経済学・経済史学会, 歴史と経済, (221), (2013年10月), pp.70-72] 横山英信
    • 掲載種別 : 学術誌
  55. 座長解題 [第50回東北農業経済学会岩手大会実行委員会, 第50回東北農業経済学会岩手大会プレシンポジウム「震災復興の道標(みちしるべ)をどこに求めるか―岩手県三陸沿岸部の地域経済・農業・水産業・生活の現状と課題―」報告要旨, (2013年11月), pp.3-4] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  56. TPP交渉をめぐる現況 [NPO法人岩手地域総合研究所, 通信「いわて地域総研」, (21), (2013年12月), pp.3-4] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  57. 農村と都市との連携における「協同」の今日的意義と課題 [一般社団法人協同総合研究所, 協同の發見, (254), (2013年12月), pp.2-4] 横山英信
    • 掲載種別 : 機関誌
  58. 座長解題:2013年度大会シンポジウム「被災地農水産業の復旧・復興における市場対応問題―流通・マーケティングの視点から―」 [日本農業市場学会, 農業市場研究, 22(3), (2013年12月), pp.1-4] 山本政博・横山英信
    • 掲載種別 : 学術誌
  59. 討論と座長総括:2013年度大会シンポジウム「被災地農水産業の復旧・復興における市場対応問題―流通・マーケティングの視点から―」 [日本農業市場学会, 農業市場研究, 22(3), (2013年12月), pp.43-46] 山尾政博・横山英信
    • 掲載種別 : 学術誌
  60. 新政策=「4つの改革」下における地域農業の政策的課題 [第50回東北農業経済学会岩手大会実行委員会, 第50回東北農業経済学会岩手大会報告要旨, (2014年8月), pp.88-97] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  61. 地域社会と地域農漁業再生のための基本的視点 [北日本漁業経済学会, 北日本漁業経済学会第43回大会報告要旨集, (2014年11月), pp.14-15] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  62. TPPハワイ閣僚会議「大筋合意見送り」から見えてくるもの―日本政府の交渉姿勢とTPP加盟交渉脱退の必要性― [NPO法人岩手地域総合研究所, 通信「いわて地域総研」, (32), (2015年9月), pp.6-9] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  63. 書評:田代洋一著『戦後レジームからの脱却農政』 [政治経済学・経済史学会, 歴史と経済, (230), (2016年1月), pp.74-75] 横山英信
    • 掲載種別 : 学術誌
  64. TPP「大筋合意」が国産麦に及ぼす影響 [全農林労働組合 農村と都市をむすぶ編集部, 農村と都市をむすぶ, (772), (2016年2月), pp.20-26] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  65. TPP協定の概要・問題点と批准阻止に向けた課題 [NPO法人岩手地域総合研究所, 通信「いわて地域総研」, (34), (2016年5月), pp.9-10] 横山英信
    • 掲載種別 : その他
  66. 農業政策における「中心―周辺」 [農業・農協問題研究所, 農業・農協問題研究, (61), (2016年11月), pp.1-1] 横山英信
    • 掲載種別 : 学術誌
研究発表
  1. 戦後小麦政策と小麦の需給・生産
    • 会議名称 : 2005年度日本農業経済学会大会シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2005年7月17日
    • 発表者 : 横山英信
    • 主催者 : 日本農業経済学会
    • 開催場所 : 北海道大学
  2. 農地利用集積・農地転用規制の経済的条件の検討
    • 会議名称 : 政治経済学・経済史学会東北部会例会2008年度例会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年3月14日
    • 発表者 : 横山英信
    • 主催者 : 政治経済学・経済史学会東北部会例会
    • 開催場所 : 東北大学
  3. 岩手県三陸沿岸部の被害状況と地域経済の復興に向けた課題-陸前高田市を中心に-
    • 会議名称 : 日本農業経済学会2011年度大会特別セッション1「3・11大震災による食料・農業・農村への影響と今後の課題-復旧段階での現地報告-」
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2011年6月11日
    • 発表者 : 横山英信
    • 主催者 : 日本農業経済学会
    • 開催場所 : 早稲田大学
  4. 戸別所得補償制度の制度設計と評価
    • 会議名称 : 第47回東北農業経済学会秋田大会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2011年9月2日~2011年9月3日
    • 発表者 : 横山英信
  5. 農地利用集積考察の基本的視点―経済学・法学的側面から―
    • 会議名称 : 平成25年度東北農業試験研究推進会議農業生産基盤推進部会農業経営研究会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2013年9月3日
    • 発表者 : 横山英信
    • 主催者 : 東北農業研究センター
    • 開催場所 : 東北農業研究センター
  6. 新政策=「4つの改革」下における地域農業の政策的課題
    • 会議名称 : 第50回東北農業経済学会岩手大会地域シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2014年8月23日
    • 発表者 : 横山英信
    • 主催者 : 第50回東北農業経済学会岩手大会実行委員会
    • 開催場所 : 岩手大学
学術関係受賞
  1. 日本農業市場学会賞
    • 受賞年月日 : 2003年7月6日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 横山英信
    • 内容 :
      横山英信『日本麦需給政策史論』(八朔社,2002年)に対して
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 奨励研究(A)
    • 支払支給期間 : 2000年4月~2002年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2000年度・600,000円・0円
      2001年度・600,000円・0円
  2. 研究成果公開促進費・学術図書
    • 支払支給期間 : 2002年4月~2003年3月
  3. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2005年4月~2008年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2005年度・600,000円・0円
      2006年度・500,000円・0円
      2007年度・700,000円・210,000円
  4. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2014年4月~2018年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2014年度・600,000円・180,000円
      2015年度・500,000円・150,000円
      2016年度・400,000円・120,000円
      2017年度・400,000円・120,000円
所属学会・委員会
  1. 日本農業市場学会 (9999年1月1日~9999年1月1日)
  2. 日本農業経済学会 (9999年1月1日~9999年1月1日)
  3. 農業問題研究学会 (9999年1月1日~9999年1月1日)
  4. 政治経済学・経済史学会 (9999年1月1日~9999年1月1日)
  5. 日本協同組合学会 (9999年1月1日~9999年1月1日)
  6. 東北農業経済学会 (9999年1月1日~9999年1月1日)
  7. 東北経済学会 (9999年1月1日~9999年1月1日)
  8. 市場史研究会 (9999年1月1日~9999年1月1日)
学会・委員会等活動
  1. 東北農業経済学会 学会誌編集担当常務理事(2010年9月~2014年8月)
  2. 農業問題研究学会 幹事(2014年3月~継続中)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 第50回東北農業経済学会岩手大会プレシンポジウム (2013年11月)
    • 参加者数 : 70人
  2. 第50回東北農業経済学会岩手大会 (2014年8月)
    • 参加者数 : 200人
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. 『2007年度 日本農業経済学会論文集』 [査読 (2007年12月)]
  2. 『東北農業経済研究』第26巻第2号 [査読 (2008年9月)]
  3. 『農村経済研究』第29巻第1号 [編集 (2011年8月)]
  4. 『農村経済研究』第29巻第2号 [編集 (2011年12月)]
  5. 『農村経済研究』第30巻第1号 [編集 (2012年3月)]
  6. 『農村経済研究』第30巻第1号 [査読 (2012年3月)]
  7. 『農村経済研究』第30巻第2号 [編集 (2012年8月)]
  8. 『農村経済研究』第30巻第2号 [査読 (2012年8月)]
  9. 『農村経済研究』第31巻第1号 [編集 (2013年6月)]
  10. 『農村経済研究』第31巻第1号 [査読 (2013年6月)]
  11. 『農村経済研究』第31巻第2号 [編集 (2013年9月)]
  12. 『農村経済研究』第32巻第1号 [編集 (2014年3月)]
国・地方自治体等の委員歴
  1. 岩手県滝沢村
    • 委員会等名 : 農業委員会
    • 役職名 : 農業委員
    • 就任期間 : 2005年7月~2008年7月
  2. (財)岩手県漁業担い手育成基金
    • 委員会等名 : (財)岩手県漁業担い手育成基金
    • 役職名 : 理事
    • 就任期間 : 2008年3月~継続中
  3. 岩手県滝沢村
    • 委員会等名 : 農業委員会
    • 役職名 : 農業委員
    • 就任期間 : 2008年7月~2014年7月
  4. 盛岡市
    • 委員会等名 : 盛岡市中央卸売市場運営協議会
    • 役職名 : 会長
    • 就任期間 : 2009年12月~継続中
  5. 雫石町
    • 委員会等名 : 雫石町農林業政策審議会
    • 役職名 : 会長
    • 就任期間 : 2014年2月~継続中
企業・団体等への指導等
  1. 2008年度 盛岡地方農業委員会連絡会
    • 指導等の内容 :
      講演:「農業構造改革」の基本問題-農地利用集積,所有と利用の分離をめぐって-,平成20年度盛岡地方農業委員会連絡会農地事務担当者研修会,2008年11月4日,盛岡市。
生涯学習支援実績
  1. 放送大学岩手学習センター・2004年度第1学期面接授業
    • 種類 : 放送大学
    • 担当部門(講演題目) : 政治経済学と現代社会
    • 開催期間 : 2004年5月
  2. いわてシルバーカレッジ県北キャンパス・第7回
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 岩手県農業の現況と将来展望
    • 開催期間 : 2005年1月
  3. 2005年度岩手大学公開講座「高校生のための経済学入門」
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 農業経済学へのいざない
    • 開催期間 : 2005年10月
  4. 岩手県立不来方高校での出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 高校生のための経済学入門
    • 開催期間 : 2010年6月
  5. 主催:宮城県農業協同組合中央会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2010年8月11日に仙台市のJAビル宮城にて宮城県農業協同組合中央会が行った,「日本の食料安全保障と平和を考える」学習会にて,「日本の食料安全保障と平和を考える~『農』の再生と『食』の安定確保を図るため,食料安全保障を国家戦略に~」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2010年8月
  6. 主催:NPO法人「岩手地域総合研究所」
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2010年9月25日に盛岡市上田公民会で開催されたNPO法人「岩手地域総合研究所」主催の「岩手の再生」連続講座催第2回にて「民主党農政の動向と岩手県農業の展望」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2010年9月
  7. 岩手県立黒沢尻北高校での出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 高校生のための経済学入門
    • 開催期間 : 2010年10月
  8. 青森県立八戸北高校での出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 高校生のための経済学入門
    • 開催期間 : 2010年11月
  9. 主催:日本科学者会議
    • 種類 : 公開研究会
    • 担当部門(講演題目) : 2010年11月21日に仙台市のKKRホテル仙台にて開催された日本科学者会議第18回総合学術研究集会にて「民主党農政は日本農業を再生させるか-農業者戸別所得補償制度の政治経済学的検討-」というテーマで報告を行った。
    • 開催期間 : 2010年11月
  10. 主催:第15回産直運動推進大会
    • 種類 : 公開研究会
    • 担当部門(講演題目) : 2010年12月2日に盛岡市の産業会館で開催された第15回産直運動推進大会第1分科会にて「戸別所得補償なのに米価下落?いったいどうなるこれからの農業」というテーマで基調報告を行った。
    • 開催期間 : 2010年12月
  11. 主催:滝沢村農業委員会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2011年1月20日に盛岡市繋温泉・ホテル愛真館にて滝沢村農業委員会が開催した「平成22年度滝沢村農業委員会委員研修会」にて「TPP参加問題と日本農業・地域経済」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2011年1月
  12. 主催:西和賀農民大学
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2011年2月5日に西和賀町・西和賀農業団地センターで開催された西和賀農民大学第59開講座「変化する日本農政と西和賀農業を考える」にて「TPP参加問題と日本農業・地域経済」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2011年2月
  13. 主催:NPO法人「岩手地域総合研究所」
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2011年2月12日に一戸町の一戸町民文化センターにてNPO法人「岩手地域総合研究所」主催で開催された「農業の再生をめざす一戸町のつどい」にて「戸別所得補償制度・TPP参加問題と地域農業の展望」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2011年2月
  14. 主催:岩手県農業会議
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2011年3月2日に盛岡市繋御施員のホテル紫苑で行われた岩手県農業会議主催の「平成22年度市町村農業委員会会長職務代理者・部会長等研修会」にて「日本農業をめぐる今日の情勢と農業委員会の役割」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2011年3月
  15. 主催:TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える岩手県民会議
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2011年8月5日に盛岡市のアイーナで開催された「TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える岩手県民会議」の集会にて「TPPでどうなる日本・岩手?」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2011年8月
  16. 主催:農業・農協問題研究所
    • 種類 : 公開研究会
    • 担当部門(講演題目) : 2011年10月8日に東京都新宿区の新宿農協会館にて開催された農業・農協問題研究所第71回研究例会「東日本大震災―その衝撃と復旧・復興の取り組み」にて「岩手県三陸沿岸南部の被害状況と地域経の復旧・復興の取り組み」というテーマで報告を行った。
    • 開催期間 : 2011年10月
  17. 主催:日本科学者会議東北地区
    • 種類 : 公開研究会
    • 担当部門(講演題目) : 2011年10月22日に青森市の青森市民ホールで開催された日本科学者会議第22回東北地区シンポジウム「第1セッション・東日本大震災後の現地報告」にて「岩手県三陸沿岸南部の被害状況と地域経済の復旧・復興の取り組み」というテーマで報告を行った。
    • 開催期間 : 2011年10月
  18. 主催:滝沢村農業女性連絡協議会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2011年12月19日に滝沢村役場で開催された「滝沢村農業女性連絡協議会・設立総会記念研修会」にて「TPPの本質と参加阻止運動の展望」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2011年12月
  19. 主催:盛岡市農業委員会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2012年1月24日に盛岡市役所都南分庁舎で開催された「平成23年度第3回盛岡市農業委員会研修会」にて「TPPの本質と参加阻止運動の展望」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2012年1月
  20. 主催:NPO法人いわてアグリサポートネット
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2012年1月26日に盛岡市・繋温泉のホテル紫苑でNPO法人いわてアグリサポートネット主催で開催された「いわて農業経営強化研修会」にて「TPPの本質と参加阻止運動の展望」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2012年1月
  21. 主催:JA新いわて
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2012年2月9日に八幡平市・新安比温泉のホテル清流閣で開催された「平成23年度JA新いわて北部地域野菜中核農家研修会」にて「TPPの本質と参加阻止運動の展望」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2012年2月
  22. 主催:東和管内6地域コミュニティ会議・花巻農協東和地域農家組合協議会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2012年2月23日に花巻市東和町のパレスまほろばにて東和管内6地域コミュニティ会議・花巻農協東和地域農家組合協議会の主催で開催された「東和地域コミュニティ会議合同研修会」にて「TPP(環太平洋連携協定)の本質について」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2012年2月
  23. 主催:TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える岩手県民会議
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2012年3月26日に岩手県花巻市のJAいわて花巻拠点センターで「TPP等と食料・農林水産業・地域経済を考える岩手県民会議」主催で開催された「
      花巻地区TPP学習会」にて「TPPの本質と参加阻止運動の展望」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2012年3月
  24. 主催:ISN海洋と社会研究会,有志の会「復興支援グループ」
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2014年4月18日に盛岡市産学官連携研究センターで開催された「第11回震災復興チャリティセミナー」にて「『攻めの農林水産業』農政改革と岩手県農業の課題」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2014年4月
  25. 岩手食文化研究会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2014年9月27日に盛岡市勤労福祉会館で開催された岩手食文化研究会<食農塾)にて「グローバリゼーション下の日本農業・食料をめぐる基本問題」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2014年9月
  26. 主催:NPO法人岩手地域総合研究所
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2014年10月4日にアイーナで開催された岩手地域総合研究所連続講座「岩手の再生」第3回講座にて「安倍政権の農業政策と日本農業の未来」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2014年10月
  27. 主催:盛岡工業クラブ
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2014年11月12日にホテルエース盛岡で開催された第81回盛岡工業クラブ会員懇談会にて「安倍政権下の農政改革のポイント」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2014年11月
  28. 主催:新岩手農業協同組合
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2015年1月21日に新岩手農業協同組合八幡平営農経済センターで開催された平成26年度JA新いわて営農指導員研究発表会にて「安倍政権の農政・農協改革と農協系統の対応」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2015年1月
  29. 主催:科学談話会
    • 種類 : 科学談話会
    • 担当部門(講演題目) : 2015年5月22日に盛岡市立図書館で開催された科学談話会例会にて「グローバリゼーション下の日本の農業・食料」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2015年5月
  30. 主催:産直運動推進大会実行委員会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2015年12月3日に産業会館で開催された「第20回産直運動推進大会―食・いのち・農林漁業を考える―」にて「産直運動20年 重ねた歩みを新たな一歩に」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2015年12月
国際交流活動
  1. 2009年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        岩手大学国際交流センター ヤングリーダーズ国際研修2009 in IWATE
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        研修のメインテーマである「農産物の適正価格と持続可能な社会」に関する講演を行った。
他大学等の非常勤講師
  1. 会津大学短期大学部
    • 「食料経済」非常勤講師 (2010年8月)
  2. 会津大学短期大学部
    • 「食料経済」非常勤講師 (2011年9月)
  3. 会津大学短期大学部
    • 「食料経済」非常勤講師 (2012年8月)
  4. 会津大学短期大学部
    • 「食料経済」非常勤講師 (2013年8月)
  5. 秋田県立大学
    • 「フードシステム論」非常勤講師 (2013年9月)
  6. 会津大学
    • 「食料経済」集中講義 (2014年8月)
  7. 秋田県立大学
    • 「経済学A」集中講義 (2014年9月)
  8. 会津大学
    • 「食料経済」非常勤講師 (2015年8月)
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2012年度
    • 講演:農業委員に期待すること―現下の日本農業・農政をめぐる状況を踏まえて―,平成24年度市町村農業委員会会長職務代理者・部会長等研修会(主催:岩手県農業会議),2013年2月19日,盛岡市。
  2. 2012年度
    • 講演:TPPは私たちの生活にどのような影響を与えるか,平成24年度「花巻市女性のつどい」(主催:花巻市女性ネットワークの会),2012年11月11日,花巻市.。
  3. 2013年度
    • 講演:日本農政の大転換と地域農業の課題,平成25年度JA新いわて営農指導員研究発表会,2014年1月21日,八幡平市。
  4. 2013年度
    • 講演:被災地の生活と生業に対するTPPの影響,宮古地域「いのち・くらし復興塾」(主催:同運営委員会,岩手地域総合研究所),2013年5月25日,宮古市。
  5. 2013年度
    • 報告:被災地の生活と生業に対するTPPの影響,種市駅前「いのち・くらし復興塾」第1回(主催:同運営委員会,岩手地域総合研究所),2013年6月22日,洋野町.
  6. 2013年度
    • 講演:協同組合の現代的意義,ワーカーズ・コープくらしいきいき応援隊全体研修会,2013年11月22日,盛岡市.
活動履歴
  1. 2004年度
    • 学科・課程等での業務分担
    • 入学者選抜委員会
    • 地域連携推進センター運営委員会
    • 課程・専攻合同委員会
    • 財務委員会
    • 点検評価委員会
  2. 2005年度
    • 研究科専門委員会
    • 財務委員会
    • 地域連携推進センター運営委員会
    • 教務委員会
    • 入学者選抜委員会
    • 研究科入学者選抜委員会
  3. 2006年度
    • 学科・課程等での業務分担
  4. 2010年度
    • 教務委員会
    • 人事委員会
    • 学術推進本部 研究戦略部会
    • 大学教育総合センター全学共通教育企画・実施部門会議
    • [その他] 高校での学部紹介
  5. 2011年度
    • 学術推進本部 研究戦略部会
    • 代議員
    • 安全衛生委員会
    • 大学教育総合センター全学共通教育企画・実施部門会議
    • 教務委員会
    • 総合的ファカルティ・ディベロップメント委員会
    • 人事委員会
  6. 2012年度
    • 入学者選抜全学委員会
    • 運営委員会
    • 全学共通教育部門会議
    • 教育改善部門会議
    • いわて高等教育コンソーシアム関係委員会
    • 入試部門会議
    • 入学者選抜委員会
  7. 2013年度
    • 入学者選抜全学委員会
    • 運営委員会
    • 全学共通教育部門会議
    • 入試部門会議
    • 教育改善部門会議
  8. 2014年度
    • 副学長
    • 教育研究評議会
    • 組織検討委員会
    • 部局長会議
    • 人事制度・評価委員会
    • 点検評価委員会
    • 情報化推進委員会
    • 図書館長
    • 男女共同参画推進委員会
    • 運営委員会
    • 評価室
    • 全学委員会等のWG
    • 全学委員会等のWG
    • 技術部運営専門委員会
    • アドミッション・オフィス入試専門委員会
    • 新研究科設置準備委員会
    • 地域創生専攻設置準備委員会
    • 総合科目企画・実施委員会
    • 図書館運営会議
    • 財務委員会
  9. 2015年度
    • 学部長
    • 男女共同参画推進委員会
    • 運営会議
    • 研究科専門委員会
    • 点検評価委員会
    • 部局長会議
    • 入試委員会
    • 人事制度・評価委員会
    • 教育研究評議会
    • 組織検討委員会
    • 国際戦略推進委員会
    • 運営委員会
    • 同窓会連合理事会
    • 地域創生専攻設置準備委員会
    • 人事委員会
    • 懲戒審査委員会
    • 財務委員会
    • 大学院委員会
    • 環境マネジメント推進委員会
    • 点検評価委員会
    • COC推進委員会