サブメニュー
更新日 : 2017年8月25日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名東 淳樹 (AZUMA Atsuki)
所属専攻講座岩手大学 農学部 森林科学科
職名講師
生年月日
研究室電話番号019-621-6281
研究室FAX番号
連絡先住所020-8550 岩手県 盛岡市上田3-18-8
研究室保全生物学研究室
ホームページアドレスhttps://www.facebook.com/lab.cons.biol.iware.univ
メールアドレスazuma@iwate-u.ac.jp
出身大学院
  1. 東京大学 農学生命科学研究科 生産・環境生物学
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 2000年3月
    • 修了区分 : 単位取得満期退学
取得学位
  1. 博士(農学)
    • 学位の分野 : 園芸学・造園学
    • 学位授与機関 : 東京大学
    • 取得年月日 : 2003年1月1日
学内職務経歴
  1. 岩手大学
    • [兼務] その他 (2000年4月1日~2007年3月31日)
  2. 岩手大学 農学部
    • [本務] 講師 (2007年4月1日~継続中)
専門分野(科研費分類)
  1. 保全生物学
  2. 緑地生態学
研究分野を表すキーワード
  1. 保全生物学 動物生態学
可能な出前講義
  1. 田んぼからメダカを絶滅させないために [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      全国の田んぼからメダカが消えていっています。それは生産効率を重視したこれまでの水田の整備がメダカの生息場所を奪ってきたからなのです。農業とメダカが共生できる水田整備の岩手大学の取り組みについてお話します。
  2. 里山で繁殖するタカ-サシバ-の生態と保全 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      サシバは南国で越冬し,春に日本の里山に渡ってきて繁殖します。岩手県と秋田県が繁殖の北限域となっています。なぜ,わざわざ北国まで渡ってくるのか?なぜ,里山で繁殖するのか?などについて,その生態と保全についてお話しします。
担当授業科目
  1. 2005年度
    • 地域生態系保全論
  2. 2004年度
    • ランドスケープエコロジー
    • 地域生態系保全論
    • 保全生物学特論
    • 野生動物管理学
    • 地域環境デザイン学入門
    • 地域環境工学技術者入門Ⅰ
  3. 2005年度
    • 基礎数学演習
    • 応用統計学特論
    • 野生動物管理学
    • 地域環境デザイン学入門
    • 地域環境工学技術者入門Ⅱ
    • 環境計測実験実習
  4. 2006年度
    • 農業・生命と環境
    • 基礎数学演習
    • 地域生態系保全論
    • 地域環境工学技術者入門Ⅱ
    • 応用統計学特論
    • 野生動物管理学
  5. 2007年度
    • 基礎数学演習
    • 農業・生命と環境
    • 地域生態系保全論
    • 測量学実習Ⅱ
    • 保全生物学特論
    • 野生動物管理学
  6. 2008年度
    • 基礎数学演習
    • 動物と環境
    • 地域生態系保全論
    • 測量学実習Ⅱ
    • 保全生物学特論
    • 野生動物管理学
    • 卒業研究
    • 農林環境科学特別研究
  7. 2009年度
    • 地域生態系保全論
    • 基礎数学演習
    • 動物と環境
    • 測量学フィールド実習
    • 野生動物管理学
    • 都市の自然再生プランニング
    • 農山村調査実習
    • 保全生物フィールド科学実習
    • 保全生物学特論
    • 基礎キャリア形成ゼミ
    • 実践キャリア形成ゼミ
    • 卒業研究
    • 農林環境科学特別研究
    • 農林生物共生論
  8. 2010年度
    • 基礎ゼミナール
    • 基礎数学演習
    • 保全生物フィールド科学実習
    • 実践キャリア形成ゼミ
    • 基礎キャリア形成ゼミ
    • 地域生態系保全論
    • 保全生物学特論
    • 野生動物管理学
    • 卒業研究
    • 共生環境特別研究
  9. 2011年度
    • 基礎数学演習
    • 農林生物共生論
    • 保全生物フィールド科学実習
    • 実践キャリア形成ゼミ
    • 基礎ゼミナール
    • 地域生態系保全論
    • 保全生物学特論
    • 動物と環境
    • 基礎キャリア形成ゼミ
    • 卒業研究
    • 共生環境特別研究
  10. 2012年度
    • 基礎数学演習
    • 実践キャリア形成ゼミ
    • 農林生物共生論
    • 保全生物フィールド科学実習
    • 地域生態系保全論
    • 保全生物学特論
    • 卒業研究
    • 共生環境特別研究
    • 共生環境学実習
  11. 2013年度
    • 基礎数学演習
    • 共生環境学セミナー
    • 保全生物フィールド科学実習
    • 保全生物学特論
    • 地域生態系保全論
  12. 2014年度
    • 基礎数学演習
    • 保全生物フィールド科学実習
    • 保全生物学特論
    • 地域生態系保全論
    • 共生環境特別研究
    • 卒業研究
  13. 2015年度
    • 基礎数学演習
    • 農林生物共生論
    • 保全生物フィールド科学実習
    • 動物と環境
    • 地域生態系保全論
    • 保全生物学特論
    • 共生環境特別研究
授業評価
  1. 2008年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 講義資料をできるだけ毎回配布した
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 講義資料をできるだけ毎回配布した
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 講義資料をできるだけ毎回配布した
  2. 2009年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 講義資料をできるだけ毎回配布した
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 講義資料をできるだけ毎回配布した
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 講義資料をできるだけ毎回配布した
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2004年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 大学院研究生(修士) 1人
  2. 2005年度
    • 卒業研究指導(学部) 5人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
    • 学位論文審査(修士・主査) 3人
  3. 2006年度
    • 卒業研究指導(学部) 6人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 学位論文審査(学部・副査) 2人
  4. 2007年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
  5. 2009年度
    • 卒業研究指導(学部) 5人
    • 研究指導(修士・主任指導) 7人
    • 学部研究生 5人
    • 学位論文審査(修士・主査) 2人
    • 副研究指導(学部) 1人
  6. 2010年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 副研究指導(学部) 1人
    • 学部研究生 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 7人
    • 学位論文審査(修士・主査) 4人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 1人
  7. 2011年度
    • 卒業研究指導(学部) 1人
    • 大学院研究生(修士) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 3人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 1人
  8. 2013年度
    • 卒業研究指導(学部) 1人
    • 学位論文審査(学部・主査) 1人
    • 学位論文審査(学部・副査) 2人
    • 大学院研究生(修士) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 5人
  9. 2014年度
    • 卒業研究指導(学部) 1人
    • 副研究指導(学部) 1人
    • 学位論文審査(学部・主査) 1人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
    • 学位論文審査(博士・副査) 1人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 5人
  10. 2015年度
    • 副研究指導(学部) 2人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 2人
    • 学位論文審査(修士・副査) 2人
    • 学位論文審査(博士・副査) 1人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 4人
教育研究会における発表
  1. 野鳥と地域の生態系の保全
    • 教育研究会名 :
      岩手連大合宿ゼミナール
    • 開催年月 : 2004年8月
  2. 冬期湛水田はほんとうに生物多様性が高いのか?-1年目の検証について-
    • 教育研究会名 :
      NPO法人シナイモツゴ郷の会
    • 開催年月 : 2006年11月
  3. 水田の生物の危機と保全への課題
    • 教育研究会名 :
      岩手県高等学校教育研究会理科部会
    • 開催年月 : 2006年11月
  4. メダカの生息できる水田生態系をめざして
    • 教育研究会名 :
      イーハトーブ里山水棲生物保存会
    • 開催年月 : 2007年1月
  5. 田んぼのメダカを守るために
    • 教育研究会名 :
      いちのへ町民セミナー
    • 開催年月 : 2007年10月
  6. 里山に育まれるタカ-サシバ-
    • 教育研究会名 :
      「里山に育まれるタカ―サシバ―」講演会 主 催 財団法人佐倉緑の銀行
    • 開催年月 : 2009年6月
  7. 森林・環境フォーラムinいわて・一関
    • 教育研究会名 :
      森林・環境フォーラムinいわて・一関
    • 開催年月 : 2009年9月
  8. 水田生物にとってのふゆみずたんぼ
    • 教育研究会名 :
      環境創造型農業勉強会
    • 開催年月 : 2009年12月
  9. 農林業に育まれる生き物たち
    • 教育研究会名 :
      水と緑をはぐくむフォーラムin奥州市
    • 開催年月 : 2010年3月
  10. 盛岡市におけるカラスによる被害とその対策
    • 教育研究会名 :
      平成24年度第1回いわて野生動物被害対策研究会
    • 開催年月 : 2012年2月
教材作成
  1. 測量学実習Ⅱ
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2006年度
  2. 測量学実習Ⅱ
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2007年度
  3. 測量学実習Ⅱ
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2008年度
  4. 測量学フィールド実習
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2009年度
  5. 動物と環境
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2009年度
  6. 測量学フィールド実習
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2010年度
  7. 動物と環境
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2010年度
学生課外活動の指導(サークル等の顧問等)の実施
  1. 2010年度
    • 岩手大学山岳部
    • 岩手大学野鳥の会
    • Nature circle けらけら
  2. 2011年度
    • 岩手大学山岳部
    • 岩手大学野鳥の会
    • Nature circle けらけら
  3. 2012年度
    • 岩手大学山岳部
    • 岩手大学野鳥の会
    • Nature circle けらけら
  4. 2013年度
    • Nature circle けらけら
    • 岩手大学野鳥の会
    • 岩手大学山岳部
  5. 2014年度
    • Nature circle けらけら
    • 岩手大学山岳部
    • 岩手大学野鳥の会
  6. 2015年度
    • Nature circle けらけら顧問
    • 岩手大学山岳部顧問
    • 岩手大学野鳥の会顧問
    • 岩手大学カワウリサーチ顧問
  7. 2016年度
    • 岩手大学ツキノワグマ研究会副顧問
    • 岩手大学野鳥の会顧問
    • 岩手大学山岳部顧問
    • 岩手大学カワウリサーチ顧問
    • Nature circle けらけら顧問
教育活動のその他の事項
  1. 2006年度
    • 進路指導業務
      進路懇談会(三者面談)
  2. 2007年度
    • 進路指導業務
      進路懇談会(三者面談)
  3. 2008年度
    • 進路指導業務
      進路懇談会(三者面談)
研究経歴
  1. 里地里山における野生動物の保全と管理(9999年1月~9999年1月)
    • 研究課題キーワード : 里地里山、野生生物
    • 専門分野(科研費分類) :
      環境技術・環境材料
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
論文
  1. 谷津環境におけるサシバの行動と生息条件. [環境情報科学論文集, 12, (1998年1月), pp.239-244] 東 淳樹,武内和彦,恒川篤史
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Diapause response to photoperiod and temperature in Lepisma saccharina Linnaeus (Thysanura: Lepismatidae). [Entomological. Science, 1, (1998年4月), pp.7-14] Nishizuka, M., Azuma , A. and Masaki, S.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. Wildfowl damage to agriculture in Japan. [Agricultural Ecosystem and Environment, (70), (1998年4月), pp.69-77] Lane, S. J., Azuma, A. and Higuchi, H.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. 谷津環境におけるカエル類の個体数密度と環境要因の関係. [ランドスケープ研究, 63(5), (1999年1月), pp.573-576-]
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  5. 千葉県手賀沼流域におけるサシバの生息地の土地環境条件. [農村計画論文集, 18(1), (1999年1月), pp.253-258-]
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  6. 数値地理情報を用いた谷津の景観構造の把握によるサシバ生息適地の広域的推定. [ランドスケープ研究, 65(5), (2002年1月), pp.543-546-] 松浦俊也・横張 真・東 淳樹
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  7. 数値地理情報を用いた谷津の景観構造の把握によるサシバ生息適地の広域的推定 [ランドスケープ研究, 65(5), (2002年5月), pp.543-546] 松浦俊也,横張 真,東 淳樹
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. 東北地方の湛水直播栽培農家へのアンケート調査によるカルガモ被害の実態解析 [農村計画論文集, 5, (2003年12月), pp.13-18] 佐藤太郎,東 淳樹
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. 扇状地水田におけるカエル類の生息量と畦畔環境との対応関係 [ランドスケープ研究, 66(5), (2004年5月), pp.519-522] 佐藤太郎,東 淳樹
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. 幹線排水路における魚類の出現パターンに影響する要因-岩手県胆沢町の「原川排水路」土水路区間を事例として- [農村計画論文集, 6, (2004年12月), pp.7-12] 佐藤太郎,東 淳樹
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. 農業用小河川における生態系に配慮した排水路改修が魚類相と生息環境に及ぼす影響 [野生生物保護, 9(1), (2004年12月), pp.63-76] 佐藤太郎,東 淳樹
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. Identification of potential habitats of gray-faced buzzard in yatsu landscapes by digital elevation models and digitized vegetation data. [Landscape Urban Planning, (70), (2005年1月), pp.231-243] Matsuura, T., Yokohari, M. and Azuma, A.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. 水路の構造からみた水田地帯におけるメダカの生息環境要因 [農村計画論文集, 7, (2005年12月), pp.19-24] 石川恭子,東 淳樹
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. 里山での活動を支援するセンサネットワーク環境構築の提案 [信学技報(電子情報通信学会技術報告), 109, (2009年7月17日), pp.141-146] 瀬川典久,澤本 潤,松原和衛,出口善隆,大石明広,山本信次,東 淳樹,青井俊樹
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  15. ため池周辺に形成された湿地の成因について [水土の知, 77(9), (2009年9月), pp.719-722] 向井田善朗・倉島栄一・東 淳樹・渡邉富雄・佐藤泰英
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. メダカの生息に配慮した圃場整備における順応的管理の実際--岩手県一関市門崎地区の事例 [水土の知, 78(2), (2010年2月), pp.129-134] 広田 純一・東 淳樹・南雲 穣・佐藤貴法・金田一彩乃
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. 寒河江ダム月山湖の水位変動帯湿性草原における小型哺乳類の餌 [寒河江川流域自然史研究, 5, (2011年3月1日)] 中島 拓,東 淳樹,一柳 英隆,武浪 秀子,小城 伸晃,中村 夢,江崎 保男
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  18. アンケート調査によるサシバの生息状況(2005–2007) [Strix, 28, (2012年6月1日), pp.25-36] 野中純・植田睦之・東 淳樹・大畑孝二
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. 北海道におけるミユビゲラPicoides tridactylusの観察記録 [日本鳥学会誌, 62(2), (2013年3月14日), pp.184-188] 稗田 一俊, 長谷 智恵子, 望月 達也, 東 淳樹, 荒 哲平
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  20. 盛岡市におけるハシブトガラス・ハシボソガラスの生息分布と土地利用に対する選好性 [農業農村工学会論文集, 81(5), (2013年10月), pp.403-410] 藤田紀之・東 淳樹・服部俊宏
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  21. ハシブトガラスの行動圏特性の把握と個体数調整対策のための計画圏域の検討 [農村計画学会誌, 34(2), (2015年9月1日), pp.160-166] 藤田 紀之・ 服部 俊宏・ 東 淳樹
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  22. 異なる気候帯の上位捕食者の出現における景観の文脈依存効果 [プロスワン, (2016年4月28日)] 藤田剛・東淳樹・野中純外6名
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. カモ類,特にカルガモによる水稲直播の被害 [植物防疫 (1996年1月)] 中村和雄編
    • 著書種別 : 学術著書
  2. 里山と谷津田を利用する猛禽類.-印旛沼手賀沼のサシバを例に. [里山の環境学 (2001年1月)] 武内和彦・鷲谷いづみ・恒川篤史編
    • 著書種別 : 学術著書
  3. Birds of Prey Living in Yatsuda and Satoyama. [Satoyama: The Traditional Rural Landscape of Japan. (2003年1月)] Takeuchi, K., Brown, R.D., Washitani, I., Tsunekawa, A. and Yokohari, M.
    • 著書種別 : 学術著書
  4. 「生態学からみた里山の自然と保護」 [講談社 (2005年6月)] 東 淳樹
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      サシバの生息地利用からみた谷津田のある里山の重要性
  5. 自然の見方が変わる本 [山と渓谷社 (2007年12月30日)] 東 淳樹
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
    • 担当部分 :
      渡り来るタカ,サシバのなぜ?
  6. 野鳥のすめる街づくり.橋本良二・比屋根哲編「都市の自然再生プランニング」, [地域環境再生研究会 (2008年3月1日)] 橋本良二,比屋根哲
    • 著書種別 : 教科書
  7. 環境辞典 [旬報社 (2008年11月5日)] 東 淳樹
    • 著書種別 : 辞典・辞書
    • 担当部分 :
      バイオテレメトリー
  8. 環境辞典 [旬報社 (2008年11月5日)] 東 淳樹
    • 著書種別 : 辞典・辞書
    • 担当部分 :
      リモートセンシング
  9. 地域固有の二次的自然の消滅 [学芸出版社学芸出版会 (2010年8月30日)] 東 淳樹
    • 著書種別 : 学術図書
  10. 生態系の概念 [農業農村工学会 (2010年8月30日)] 東 淳樹
    • 著書種別 : 辞典・辞書
  11. 撤退の農村計画-過疎地域からはじまる戦略的再編 [学芸出版社学芸出版会 (2010年8月30日)] 東 淳樹
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      地域固有の二次的自然の消滅
  12. 「生きものを育む 田園自然の再生 ‐農地・水・環境保全向上のための30のアドバイス‐」 [農山漁村文化協会 (2012年3月25日)] 東 淳樹
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
  13. アジアの猛禽類フィールドガイド Vol.1 [アジア猛禽類ネットワーク (2012年6月1日)] 東 淳樹
    • 著書種別 : 辞典・辞書
  14. バーダー 26(12) [文一総合出版 (2012年12月1日)] 東 淳樹
    • 著書種別 : 一般雑誌・新聞への寄稿
  15. JEAS News 139 [日本環境アセスメント協会 (2013年7月1日)] 東 淳樹
    • 著書種別 : 一般雑誌・新聞への寄稿
    • 担当部分 :
      サシバの保護の必要性とその方向性
  16. 日本のタカ学-生態と保全 [東京大学出版会 (2013年12月5日)] 東 淳樹
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      里山環境におけるサシバの生息地管理
  17. ダムと環境の科学Ⅲ エコトーンと環境創出 [京都大学学術出版会 (2014年11月30日)] 東 淳樹
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      山間地のダム湖および渓流の鳥類
総説・解説記事
  1. サシバとその生息地の保全に関する地域生態学的研究 [我孫子市鳥の博物館, 我孫子市鳥の博物館調査研究報告, (12), (2004年1月), pp.1-119] 東 淳樹
    • 掲載種別 : その他
  2. 直播栽培における鳥害回避策(共著) [財団法人 農業技術協会, 農業技術, 61(12), (2006年11月1日), pp.534-538] 矢治幸夫,関矢博幸,鈴木祥悟,東 淳樹,渡邊寛明
    • 掲載種別 : その他
  3. 集落限界点評価手法と持続可能な流域圏の構築 [(財)国土計画協会, 人と国土21, 35(1), (2009年5月15日), pp.44-] 東 淳樹
    • 掲載種別 : その他
  4. 生きものたちにとって、「ふゆみずたんぼ」ってどうですか? [農村環境整備センター, こんな時どうする?田園自然再生活動-ステップアップのためのポイント集, (2010年3月), pp.24-25] 東 淳樹
    • 掲載種別 : その他
  5. 北日本におけるサシバの繁殖地利用 [アジア猛禽類ネットワーク, 第6回国際アジア猛禽類会議, (2010年6月23日), pp.72-73] 東 淳樹・河端有里子・糸川拓真・金子絵理
    • 掲載種別 : 論文に準じたプロシーディング
  6. ミトコンドリアDNAに基づく日本におけるサシバの遺伝的多様性と個体群構造 [アジア猛禽類ネットワーク, 第6回国際アジア猛禽類会議, (2010年6月23日), pp.73-74] 長井和哉・東 淳樹・伊関文隆
    • 掲載種別 : 論文に準じたプロシーディング
  7. 北日本におけるサシバの給餌動物:ビデオ録画システムによる映像解析 [アジア猛禽類ネットワーク, 第6回国際アジア猛禽類会議, (2010年6月23日), pp.75-76] 河端有里子・糸川拓真・東 淳樹
    • 掲載種別 : 論文に準じたプロシーディング
  8. 生物が多様な里山に育まれる・サシバ [財団法人 日本野鳥の会, 野鳥, 76(3), (2011年4月1日), pp.4-6] 東 淳樹
    • 掲載種別 : 機関誌
  9. サシバを守るためにできること [財団法人 日本野鳥の会, 野鳥, 76(3), (2011年4月1日), pp.10-11] 東 淳樹
    • 掲載種別 : 機関誌
  10. サシバ(Butastur indicus)の狩場環境の創出にむけた草刈りや杭の設置の保全的効果の検証 [財団法人 自然保護助成基金, プロ・ナトゥーラ・ファンド第20期 助成成果報告書, (2011年11月1日), pp.81-89] 東淳樹,河村詞朗,河端有里子,金子絵里,糸川拓真,堀江佑輝,村上寛尚
    • 掲載種別 : 報告
  11. 地域連携による生態学教育プログラム「人と自然と生態学」2 [財団法人 自然保護助成基金, プロ・ナトゥーラ・ファンド第20期 助成成果報告書, (2011年11月1日), pp.141-145] 松政 正俊・三上修・牧陽之助・松木佐和子・東淳樹・竹原明秀・島田 卓哉・柴田銃江・中村克典・杉田久志・吉田信代・本城正憲・鈴木 まほろ・小山田智彰・山内貴義・前田琢・煙山彰・由井 正敏・平塚明・島田直明・金子与止男・占部城太朗
    • 掲載種別 : 報告
  12. サシバの保護の必要性とその方向性 [日本環境アセスメント協会, 日本環境アセスメント協会誌, (2013年7月1日)] 東 淳樹
    • 掲載種別 : 機関誌
  13. 絶滅危惧種の保全措置で思うこと [日本環境アセスメント協会, 日本環境アセスメント協会誌, (2015年4月1日)] 東 淳樹
    • 掲載種別 : 機関誌
  14. 絶滅危惧種・サシバはどんな鳥? [日本自然保護協会, 自然保護, (2016年5月1日)] 東 淳樹
    • 掲載種別 : 機関誌
  15. 日本のサシバの生息状況と生息地の環境条件 [関西自然保護機構, 地域自然史と保全, 38(2), (2016年12月31日), pp.83-88] 東 淳樹
    • 掲載種別 : 機関誌
研究発表
  1. 東北地方の水田地帯におけるカルガモの生息状況とそれに及ぼす要因
    • 会議名称 : 日本鳥学会2004年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年9月17日~2004年9月20日
    • 発表者 : 東 淳樹・辻 華織・奥山智子・佐藤太郎
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 奈良女子大学
  2. Farm land consolidation of paddy field and conservation of aquatic animal in Japan.
    • 会議名称 : International collaboration research seminar between Japan and China
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年8月31日
    • 発表者 : AZUMA, A.
    • 主催者 : China Agricultural University, Beijing
    • 開催場所 : China Agricultural University, Beijing
  3. 水田地帯における繁殖期のカルガモの昼夜別の生息数と行動の違い
    • 会議名称 : 日本鳥学会2005年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年9月16日~2005年9月19日
    • 発表者 : 東 淳樹・熊谷 徹
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 信州大学
  4. 個体識別法によるメダカの成長と移動分散につい
    • 会議名称 : 平成18年度 農業土木学会大会講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年8月8日~2006年8月10日
    • 発表者 : 渡部憲吾・東 淳樹
    • 主催者 : 農業土木学会
    • 開催場所 : 宇都宮大学
  5. トウキョウダルマガエルの季節的消長と水田環境との関係
    • 会議名称 : 平成18年度 農業土木学会大会講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年8月8日~2006年8月10日
    • 発表者 : 佐藤太郎・佐藤次郎・東淳樹
    • 主催者 : 農業土木学会
    • 開催場所 : 宇都宮大学
  6. 本州におけるクマゲラの繁殖地の環境特性
    • 会議名称 : 日本鳥学会2006年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月15日~2006年9月19日
    • 発表者 : 東 淳樹,辻 華織
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 岩手大学
  7. 繁殖期のカルガモの水田における生息密度とその周辺環境との関係 ―ハザードマップ作成による食害回避について-
    • 会議名称 : 日本鳥学会2006年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月15日~2006年9月19日
    • 発表者 : 熊谷 徹,東 淳樹
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 岩手大学
  8. 盛岡市におけるハシブトガラスとハシボソガラスの生息分布について
    • 会議名称 : 日本鳥学会2006年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月15日~2006年9月19日
    • 発表者 : 藤田紀之,東 淳樹
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 岩手大学
  9. 繁殖北限域におけるサシバの分布とその要因について -予備調査から見えてきたこと-
    • 会議名称 : 日本鳥学会2006年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月15日~2006年9月19日
    • 発表者 : 熊谷 徹,田原一平,東 淳樹
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 岩手大学
  10. 生息環境の違いがメダカの成長に与える影響
    • 会議名称 : 平成19年度農業農村工学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年8月28日~2007年8月30日
    • 発表者 : 渡部憲吾、東 淳樹
    • 主催者 : 農業農村工学会
    • 開催場所 : 島根大学
  11. 耕作1年目の冬期湛水水田の生物学的評価
    • 会議名称 : 平成19年度農業農村工学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年8月28日~2007年8月30日
    • 発表者 : 京谷美智子、東 淳樹
    • 主催者 : 農業農村工学会
    • 開催場所 : 島根大学
  12. 耕作1年目の冬期湛水水田における水田魚類の成長と増殖
    • 会議名称 : 平成19年度農業農村工学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年8月28日~2007年8月30日
    • 発表者 : 鈴木研介、東 淳樹
    • 主催者 : 農業農村工学会
    • 開催場所 : 島根大学
  13. 圃場整備年度の異なる水田におけるトウキョウダルマガエルの生息密度とその要因
    • 会議名称 : 平成19年度農業農村工学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年8月28日~2007年8月30日
    • 発表者 : 佐藤麻季子、鈴木さとみ、東 淳樹
    • 主催者 : 農業農村工学会
    • 開催場所 : 島根大学
  14. 繁殖北限域におけるサシバの生息地の環境特性
    • 会議名称 : 日本鳥学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年9月21日~2007年9月24日
    • 発表者 : 東 淳樹、田原一平、熊谷 徹
    • 開催場所 : 熊本大学
  15. 生息環境の違いがメダカの成長・食性に与える影響
    • 会議名称 : 平成20年度農業農村工学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年8月26日~2008年8月29日
    • 発表者 : 渡部憲吾,東 淳樹,溝田智俊
    • 主催者 : 農業農村工学会
    • 開催場所 : 秋田大学
  16. 耕作2年目の冬期湛水水田の生物学的評価
    • 会議名称 : 平成20年度農業農村工学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年8月26日~2008年8月29日
    • 発表者 : 吉田昌秀,東 淳樹
    • 主催者 : 農業農村工学会
    • 開催場所 : 秋田大学
  17. 耕作2年目の冬期湛水水田における水田魚類の成長と増殖
    • 会議名称 : 平成20年度農業農村工学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年8月26日~2008年8月29日
    • 発表者 : 本間将人,東 淳樹
    • 主催者 : 農業農村工学会
    • 開催場所 : 秋田大学
  18. 岩手県におけるサシバの給餌動物と食物資源量
    • 会議名称 : 日本鳥学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月12日~2008年9月15日
    • 発表者 : 河端有里子,東 淳樹
    • 開催場所 : 立教大学
  19. 岩手県におけるサシバButastur indicus育雛期の行動圏と採食環境
    • 会議名称 : 日本鳥学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月12日~2008年9月15日
    • 発表者 : 金子絵理,東 淳樹
    • 開催場所 : 立教大学
  20. 繁殖北限域である岩手県中部におけるサシバの繁殖分布
    • 会議名称 : 日本鳥学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月12日~2008年9月15日
    • 発表者 : 東 淳樹,河端有里子,大島和峰,金子 絵理,糸川拓真,河村詞朗,津田健伍
    • 開催場所 : 立教大学
  21. サシバの全国繁殖状況調査結果
    • 会議名称 : 日本鳥学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月12日~2008年9月15日
    • 発表者 : 大畑孝二, 植田睦之, 東 淳樹 野中 純
    • 開催場所 : 立教大学
  22. 衛星追跡にもとづくサシバの渡り経路と移動様式
    • 会議名称 : 日本鳥学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月12日~2008年9月15日
    • 発表者 : 土方直哉、時田賢一、内田聖、東淳樹、山口典之・平岡恵美子・樋口広芳
    • 開催場所 : 立教大学
  23. 衛星追跡にもとづく陸ガモ類3種の渡り経路と移動パターン
    • 会議名称 : 日本鳥学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月12日~2008年9月15日
    • 発表者 : 平岡恵美子,山口典之,土方直哉,植田睦之,高木憲太郎,時田賢一,Jerry Hupp,John Pearce,Paul Flint,嶋田哲朗,東淳樹
    • 開催場所 : 立教大学
  24. 岩手県花巻市におけるサシバの繁殖生態-N-CCDカメラによる給餌動物種と食物資源量-
    • 会議名称 : 日本生態学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月17日~2009年3月21日
    • 発表者 : 河端有里子・糸川拓真・東 淳樹
    • 開催場所 : 岩手県立大学
  25. ミトコンドリアDNAコントロール領域の解析から見えてきたサシバの遺伝的構造(予報)
    • 会議名称 : 日本生態学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月17日~2009年3月21日
    • 発表者 : 長井和哉・東 淳樹・伊関文隆・樋口広芳
    • 開催場所 : 岩手県立大学
  26. 西三河地方におけるサシバの生息適地モデルの構築造
    • 会議名称 : 日本生態学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月17日~2009年3月21日
    • 発表者 : 橋本啓史・仲摩恵里・山本葉子・高橋妹花・新妻靖章・松浦俊也・大畑孝二・横山則一・高橋伸夫・石川 均・東 淳樹
    • 開催場所 : 岩手県立大学
  27. 鳥類からみた群集構造「サシバの採食と水田地帯の景観利用」
    • 会議名称 : 日本生態学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月17日~2009年3月21日
    • 発表者 : 東 淳樹
    • 開催場所 : 岩手県立大学
  28. 生態系に配慮した圃場整備におけるメダカ配慮施設の評価
    • 会議名称 : 平成21年度農業農村工学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年8月4日~2009年8月6日
    • 発表者 : 広田純一,金田一彩乃,東淳樹,南雲穣,佐藤貴法
    • 主催者 : 社団法人 農業農村工学会
    • 開催場所 : 筑波大学筑波キャンパス
  29. 生態系に配慮した圃場整備水田におけるメダカの繁殖
    • 会議名称 : 平成21年度農業農村工学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年8月4日~2009年8月6日
    • 発表者 : 佐藤貴法,南雲穣,東淳樹,広田純一,金田一彩乃
    • 主催者 : 社団法人 農業農村工学会
    • 開催場所 : 筑波大学筑波キャンパス
  30. 生態系に配慮した圃場整備水田におけるメダカの移動・分散
    • 会議名称 : 平成21年度農業農村工学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年8月4日~2009年8月6日
    • 発表者 : 南雲穣,佐藤貴法,東淳樹,広田純一,金田一彩乃
    • 主催者 : 社団法人 農業農村工学会
    • 開催場所 : 筑波大学筑波キャンパス
  31. 耕作継続した冬期湛水水田におけるカエル目の季節的消長
    • 会議名称 : 平成21年度農業農村工学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年8月4日~2009年8月6日
    • 発表者 : 東淳樹,大野達矢,玉井祐輔,京谷美智子,鈴木研介,吉田昌秀,本間将人,工藤学
    • 主催者 : 社団法人 農業農村工学会
    • 開催場所 : 筑波大学筑波キャンパス
  32. 耕作3年目の冬期湛水水田における水田魚類の成長と増殖
    • 会議名称 : 平成21年度農業農村工学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年8月4日~2009年8月6日
    • 発表者 : 玉井祐輔,大野達矢,工藤学,東淳樹
    • 主催者 : 社団法人 農業農村工学会
    • 開催場所 : 筑波大学筑波キャンパス
  33. 耕作3年目の冬期湛水水田における水田生物相とその多様性
    • 会議名称 : 平成21年度農業農村工学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年8月4日~2009年8月6日
    • 発表者 : 大野達矢,玉井祐輔,東淳樹,工藤学
    • 主催者 : 社団法人 農業農村工学会
    • 開催場所 : 筑波大学筑波キャンパス
  34. 岩手県におけるサシバButastur indicus のパーチとしての電柱の選択要因
    • 会議名称 : 平成21年度農業農村工学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2009年8月4日~2009年8月6日
    • 発表者 : 河村詞朗,東淳樹
    • 主催者 : 社団法人 農業農村工学会
    • 開催場所 : 筑波大学筑波キャンパス
  35. サシバの渡り衛星追跡 ~年によって異なる渡り経路~
    • 会議名称 : 日本鳥学会2009年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月19日~2009年9月22日
    • 発表者 : 土方直哉,時田賢一,内田聖,東淳樹,山口典之,平岡恵美子,樋口広芳
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 北海道大学水産学部
  36. 岩手県におけるサシバのパーチ選択に影響する景観要素
    • 会議名称 : 日本鳥学会2009年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月19日~2009年9月22日
    • 発表者 : 河村詞朗,東 淳樹,糸川拓真,大島和峰,金子絵理,河端有里子,津田健伍
    • 開催場所 : 北海道大学水産学部
  37. 岩手県における育雛期サシバ (Butastur indicus) の給餌栄養量の推定
    • 会議名称 : 日本鳥学会2009年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月19日~2009年9月22日
    • 発表者 : 糸川拓真,河端有里子,東 淳樹,出口善隆
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 北海道大学水産学部
  38. 岩手県における育雛期サシバの食物動物とその季節的消長との関係性
    • 会議名称 : 日本鳥学会2009年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月19日~2009年9月22日
    • 発表者 : 河端有里子,大島和峰,東 淳樹
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 北海道大学水産学部
  39. 岩手県におけるサシバの採食環境と採食成功率との関係
    • 会議名称 : 日本鳥学会2009年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月19日~2009年9月22日
    • 発表者 : 東 淳樹,津田健伍,河村詞朗,糸川拓真,河端有里子,金子絵理,大島和峰
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 北海道大学水産学部
  40. サシバ(Butastur indicus)の生息地における止まり木の重要性
    • 会議名称 : 日本生態学会第57回全国大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年3月15日~2010年3月20日
    • 発表者 : 河村詞朗,東淳樹,糸川拓真,金子絵里,河端有里子,大島和峰,津田健伍
    • 主催者 : 日本生態学会
    • 開催場所 : 東京大学
  41. サシバの育雛期間における給餌エネルギー量の推定
    • 会議名称 : 日本生態学会第57回全国大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年3月15日~2010年3月20日
    • 発表者 : 糸川拓真,東淳樹,出口善隆,河端有里子
    • 主催者 : 日本生態学会
    • 開催場所 : 東京大学
  42. BirdGPSの野鳥への運用について-岩手県遠野市におけるカラスでの実験-
    • 会議名称 : 日本鳥学会2010年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月18日~2010年9月20日
    • 発表者 : 東淳樹・関井貴夫・高橋広和・青井俊樹・原科幸爾・松原和衛・玉置晴朗・矢澤正人・時田賢一・瀬川典久・澤本潤
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 東邦大学
  43. 水田環境におけるトウキョウダルマガエル(Rana porosa porosa)の食性と食物選択性
    • 会議名称 : 爬虫両棲類学
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年10月9日~2010年10月10日
    • 発表者 : 村上寛尚・東淳樹
    • 開催場所 : 慶應大学
  44. サシバの繁殖期の生態
    • 会議名称 : 第14回 日本オオタカネットワークシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(基調)
    • 開催期間 : 2011年3月5日
    • 発表者 : 東 淳樹
    • 開催場所 : 立教大学
  45. サシバってどんな鳥
    • 会議名称 : サシバシンポジウム~サシバを救おう~
    • 発表形態 : 口頭(基調)
    • 開催期間 : 2011年6月4日
    • 発表者 : 東 淳樹
  46. 里山での活動を支援するユビキタスセンサネットワーク環境構築の研究開発
    • 会議名称 : 総務省平成22年度戦略的情報通信研究開発推進制度第7回成果発表プログラム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年10月4日
    • 発表者 : 澤本潤、瀬川典久、松原和衛、出口善隆、大石明広、山本信次、東淳樹
  47. 鳥類に装着するGPS-TXの測位精度評価
    • 会議名称 : 日本鳥学会2012年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月14日~2012年9月17日
    • 発表者 : 矢澤正人,時田賢一,高橋広和,東淳樹,前嶋美紀,瀬川典久,玉置晴朗
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 東京大学
  48. GPS-TXを用いたハシブトガラスの行動追跡
    • 会議名称 : 日本鳥学会2012年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月14日~2012年9月17日
    • 発表者 : 東淳樹,瀬川典久,高橋広和,西千秋,時田賢一,矢澤正人,玉置晴朗
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 東京大学
  49. 岩手県および福岡県における育雛期サシバの食物動物とその地域差
    • 会議名称 : 日本鳥学会2012年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月14日~2012年9月17日
    • 発表者 : 神水彩花,東淳樹,板谷浩男,鈴木篤博,金子健太郎,伊関文隆
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 東京大学
  50. ミトコンドリアDNAを用いたサシバの遺伝的多様性及び遺伝的構造の解析
    • 会議名称 : 日本鳥学会2012年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月14日~2012年9月17日
    • 発表者 : 長井和哉,東淳樹
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 東京大学
  51. 北海道におけるミユビゲラの観察記録
    • 会議名称 : 日本鳥学会2012年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月14日~2012年9月17日
    • 発表者 : 長谷智恵子,稗田一俊,望月達也,荒哲平,東淳樹
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 東京大学
  52. 電波を利用した鳥類の位置を知る観察装置の開発と実用化のその後
    • 会議名称 : 日本鳥学会2012年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月14日~2012年9月17日
    • 発表者 : 時田賢一,高橋広和,矢澤正人,東淳樹,前嶋美紀,瀬川典久,樋口広芳,玉置晴朗
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 東京大学
  53. GPS-TX―国産GPS 送信機,構想から実用化までの軌跡―
    • 会議名称 : 日本哺乳類学会2012年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月20日~2012年9月23日
    • 発表者 : 矢澤正人,青井俊樹,安江悠真,高橋広和,坂庭浩之,東淳樹,瀬川典久,時田賢一
    • 主催者 : 日本哺乳類学会
    • 開催場所 : 麻布大学
  54. 繁殖北限域におけるサシバの給餌動物としての昆虫の意義 - 昆虫の発生消長とサシバの育雛期間のミスマッチ-
    • 会議名称 : 日本生態学会第60回全国大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月5日~2013年3月9日
    • 発表者 : 稲村弘一,東淳樹
    • 主催者 : 日本生態学会
    • 開催場所 : 静岡県コンベンションアーツセンター
  55. 岩手県と福岡県における育雛期サシバの給餌動物種およびその重量の地域差
    • 会議名称 : 日本生態学会第60回全国大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年3月5日~2013年3月9日
    • 発表者 : 神水彩花,東淳樹,板谷浩男,鈴木篤博,金子健太郎,伊関文隆
    • 主催者 : 日本生態学会
    • 開催場所 : 静岡県コンベンションアーツセンター
  56. サシバの巣立ち雛数に影響を与える要因
    • 会議名称 : 日本鳥学会2013年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月13日~2013年9月6日
    • 発表者 : 東 淳樹・堀江佑輝・大島和峰・河端有里子・金子絵里・河村詞朗・糸川拓真・神水彩花・津田健伍・稲村弘一
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 名城大学
  57. ミトコンドリアDNAを用いたサシバ属の系統関係と進化
    • 会議名称 : 日本鳥学会2013年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月13日~2013年9月16日
    • 発表者 : 長井和哉・東 淳樹・尾上 舞
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 名城大学
  58. ハシブトガラスの一日 -カラスの行動とその経時変化‐
    • 会議名称 : 日本鳥学会2013年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月13日~2013年9月16日
    • 発表者 : 尾上 舞・藤田紀之・東 淳樹・瀬川典久・矢澤正人・後閑政昭・前嶋美紀・時田賢一・高橋広和
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 名城大学
  59. あたらしい野生動物行動調査への取り組み
    • 会議名称 : 日本鳥学会2013年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月13日~2013年9月16日
    • 発表者 : 矢澤正人・藤田紀之・高橋広和・東 淳樹・前嶋美紀・瀬川典久・時田賢一
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 名城大学
  60. GPS-TXにおけるデータ取得までのインフラテーションの構築と運用
    • 会議名称 : 日本鳥学会2013年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月13日~2013年9月16日
    • 発表者 : 高橋広和・矢澤正人・東 淳樹・前嶋美紀・瀬川典久・時田賢一
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 名城大学
  61. 日本鳥学会における男女共同参画
    • 会議名称 : 日本鳥学会2013年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月13日~2013年9月16日
    • 発表者 : 酒井秀嗣・藤原宏子・吉田保志子・早矢仕有子・東 淳樹・三上 修・水田 拓・嶋田哲郎・牛山克己・植田睦之・川上和人
    • 主催者 : 日本鳥学会
    • 開催場所 : 名城大学
  62. サシバの巣立ち雛数に与える影響
    • 会議名称 : Scientiffic Abstracts of International Raptor Conference, 8th ARRCN
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年2月6日~2014年2月9日
    • 発表者 : 東 淳樹
    • 主催者 : ARRCN
    • 開催場所 : India. Pune
  63. 北海道十勝におけるアライグマの分布拡大が家畜病原体の伝播に与える影響の検討
    • 会議名称 : 日本生態学会第61 回全国大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年3月4日~2014年3月18日
    • 発表者 : 山口英美・藤井 啓・小林恒平・今井邦俊・高田まゆら・東 淳樹・門平睦代
    • 主催者 : 日本生態学会
    • 開催場所 : 広島国際会議場
  64. 景観構造からみたサシバの生息適地の地理的差異と共通性
    • 会議名称 : 日本生態学会第61 回全国大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年3月14日~2014年3月18日
    • 発表者 : 藤田 剛・東・淳樹 ・野中・純・堺 義昭・堺 初美・ 伊関文隆・ 深澤圭太・宮下直
    • 主催者 : 日本生態学会大会
    • 開催場所 : 広島国際会議場
  65. 小ため池における溶存有機物質
    • 会議名称 : 8th International Symposium on Ecosystem Behavior., Germany
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年6月13日~2014年6月17日
    • 発表者 : 眞家永光ほか6名
  66. 北日本におけるサシバの繁殖地の環境選好性と草刈が狩りの成功性に与える影響
    • 会議名称 : 26th International Ornithological Congress
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月18日~2014年8月24日
    • 発表者 : 東 淳樹・河端有里子・河村詞朗・糸川拓真・金子絵里
  67. リアルタイム・テレメトリーシステムGPS-TXの紹介
    • 会議名称 : 26th International Ornithological Congress
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月18日~2014年8月24日
    • 発表者 : 矢澤正人ほか
  68. ハトとカラスを対象としたGPS-TXによるリアルタイム追跡実験
    • 会議名称 : 26th International Ornithological Congress
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月18日~2014年8月24日
    • 発表者 : 時田賢一ほか
  69. 北日本のサシバの繁殖地選好性と採食成功における草刈りの影響
    • 会議名称 : 26th International Ornithological Congress 2014
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月18日~2014年8月24日
    • 発表者 : 東 淳樹・河端有里子・河村詞朗・糸川拓真・金子絵里
  70. リアルタイム追跡システムGPS-Xの紹介
    • 会議名称 : 26th International Ornithological Congress 2014
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月18日~2014年8月24日
    • 発表者 : 矢澤正人ほか9名
  71. ハトとカラスにおけるリアルタイム追跡システムGPS-Xでの追跡実験
    • 会議名称 : 26th International Ornithological Congress 2014
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月18日~2014年8月24日
    • 発表者 : 時田賢一ほか9名
  72. リアルタイム追跡システムGPS-Xを用いたハシブトガラスの行動モニタリング
    • 会議名称 : 26th International Ornithological Congress 2014
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月18日~2014年8月24日
    • 発表者 : 尾上舞ほか9名
  73. リアルタイム追跡システムGPS-Xを用いたハシブトガラスの環境利用
    • 会議名称 : 26th International Ornithological Congress 2014
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月18日~2014年8月24日
    • 発表者 : 藤田紀之ほか9名
  74. 農耕地におけるチュウヒの狩場選好性-八郎潟干拓地におけるケーススタディ
    • 会議名称 : 26th International Ornithological Congress 2014
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月18日~2014年8月24日
    • 発表者 : 高橋佑亮・東 淳樹
  75. ミトコンドリアDNAにもとづくサシバの系統
    • 会議名称 : 26th International Ornithological Congress 2014
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月18日~2014年8月24日
    • 発表者 : 長井和哉・東 淳樹ほか3名
  76. GPS-TXを用いたハシブトガラスのリアルタイム追跡
    • 会議名称 : 26th International Ornithological Congress
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月19日~2014年8月24日
    • 発表者 : 尾上舞jほか
  77. GPS-TXを用いた追跡によるハシブトガラスの環境選好性
    • 会議名称 : 26th International Ornithological Congress
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月19日~2014年8月24日
    • 発表者 : 藤田紀之ほか
  78. 農耕地帯におけるチュウヒの狩場の環境選好性
    • 会議名称 : 26th International Ornithological Congress
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月19日~2014年8月24日
    • 発表者 : 高橋佑亮・東 淳樹
  79. ミトコンドリアDNAに基づくサシバの遺伝的現状
    • 会議名称 : 26th International Ornithological Congress
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月19日~2014年8月24日
    • 発表者 : 長井和哉ほか
  80. 十勝地方におけるアライグマが保有する病原菌の家畜伝播とランドスケープとの関連性
    • 会議名称 : 11th European Wildlife Disease Association (EWDA) Conference
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月25日~2014年8月29日
    • 発表者 : 山口英美
  81. 道東十勝地域におけるアライグによる家畜伝染病の伝播と景観との関係
    • 会議名称 : 11th European Wildlife Disease Association (EWDA) Conference
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月25日~2014年8月29日
    • 発表者 : 山口英美ほか7名
  82. 繁殖成功からみた高次捕食者サシバの生息適地モデルにおける転用可能性
    • 会議名称 : 日本生態学会第62回全国大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年10月10日~2014年10月12日
    • 発表者 : 藤田剛・東淳樹・野中純・堺義昭・堺初美・伊関文隆・深澤圭太・宮下直
  83. 景観構造の地域差がもたらす高次捕食者サシバの繁殖適地の違い
    • 会議名称 : 第30回個体群生態学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年10月10日~2014年10月12日
    • 発表者 : 藤田剛・東淳樹・野中純・堺義昭・堺初美・伊関文隆・深澤圭太・宮下直
  84. 盛岡市広域圏におけるカラスによる被害とその対策 ‐ あなたは被害者?それとも加カラスの共生道を探る‐
    • 会議名称 : 第2回カラスシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年11月1日
    • 発表者 : 東 淳樹
    • 開催場所 : 宇都宮大学
  85. 農耕地帯で繁殖するチュウヒの狩り場環境選択‐秋 田県八郎潟干拓地の事例‐
    • 会議名称 : 日本生態学会東北地区会第59回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年12月14日
    • 発表者 : 高橋佑亮・東 淳樹
    • 主催者 : 日本生態学会
    • 開催場所 : 岩手大学
  86. トウホクノウサギの生息地選択-非積雪期の北上高地において-
    • 会議名称 : 日本生態学会東北地区会第59回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年12月14日
    • 発表者 : 工藤寛・東 淳樹
    • 主催者 : 日本生態学会
    • 開催場所 : 岩手大学
  87. 南の猛禽サシバの分布北限での生息地評価モデルと 北の猛禽ノスリとの関係
    • 会議名称 : 日本生態学会第63回全国大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月20日~2015年3月24日
    • 発表者 : 藤田 剛, 東 淳樹, 野中 純, 堺 義昭, 堺 初美, 伊関文隆, 宮下 直
  88. 草刈りがハタネズミの行動に与える影響
    • 会議名称 : The Vth International Wildlife Management Congress (IWMC)
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年7月26日~2015年7月30日
    • 発表者 : 高橋佑亮・東 淳樹
  89. サシバ分布北限でのサシバとノスリの繁殖分布の関係
    • 会議名称 : 日本鳥学会2015年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月18日~2015年9月21日
    • 発表者 : 藤田剛・東淳樹
  90. GPS-TXによるノスリの行動の3次元データの取得
    • 会議名称 : 日本鳥学会2015年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月18日~2015年9月21日
    • 発表者 : 時田賢一・矢澤正人・高橋広和・内田聖・山田律雄・紀國聡・野口将之・東淳樹
  91. 岩手県内におけるトノサマガエル属2 種の種判別および分布状況
    • 会議名称 : 日本生態学会東北地区会第60回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月5日
    • 発表者 : 上野拓人・長井和哉・東 淳樹
    • 主催者 : 日本生態学会
    • 開催場所 : 秋田県立大学
  92. 繁殖北限域におけるサシバの繁殖地選択に関する食物資源との関係の影響
    • 会議名称 : 日本鳥学会2016年度大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月16日~2016年9月19日
    • 発表者 : 東 淳樹・杉山大和
  93. 都市部におけるカルガモの行動とビオトープの役割
    • 会議名称 : 日本鳥学会2016年度大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月16日~2016年9月19日
    • 発表者 : 林豊・矢澤正人・時田賢一・内田聖・横田樹広・東淳樹
  94. 繁殖北限域におけるサシバの繁殖地選択に関する食物資源との関係の影響
    • 会議名称 : 日本生態学会東北地区会第61回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年10月29日
    • 発表者 : 杉山大和・東 淳樹
  95. 里山の鷹‐サシバを誘致する
    • 会議名称 : 日本生態学会第64回全国大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月14日~2017年3月18日
    • 発表者 : 東 淳樹
  96. ⾥⼭に⽣息する猛禽サシバの餌動物量の緯度勾配:分布北限周辺のカエル、ネズミ、バッタ類を中⼼に.
    • 会議名称 : 日本生態学会第64回全国大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年3月14日~2017年3月18日
    • 発表者 : 藤⽥ 剛,須和 健太,杉⼭ ⼤和,清川 紘樹,⿊江 美紗⼦,東 淳樹,東 信⾏,宮下 直
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2001年7月~2002年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2001年度・1,800,000円・0円
      2002年度・500,000円・0円
  2. 若手研究(B)
    • 支払支給期間 : 2004年6月~2007年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2004年度・3,000,000円・0円
      2005年度・600,000円・0円
      2006年度・300,000円・0円
  3. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2006年6月~2007年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2006年度・250,000円・0円
  4. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2007年6月~2008年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2007年度・3,510,000円・810,000円
  5. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2008年6月~2009年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2008年度・650,000円・150,000円
  6. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2008年6月~2009年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2008年度・715,000円・165,000円
  7. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2009年6月~2010年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2009年度・650,000円・150,000円
  8. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2009年6月~2010年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2009年度・300,000円・0円
  9. 基盤研究(A)
    • 支払支給期間 : 2011年10月~2015年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2011年度・1,850,000円・555,000円
      2012年度・800,000円・240,000円
      2013年度・800,000円・240,000円
      2014年度・800,000円・240,000円
  10. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2013年4月~2017年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2013年度・2,300,000円・690,000円
  11. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2015年4月~2018年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2015年度・200,000円・60,000円
      2016年度・200,000円・60,000円
      2017年度・200,000円・60,000円
奨学寄附金等
  1. PRO NATURA FUND
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 財団法人日本自然保護協会
    • 寄附金額 : 980,000円
    • 寄附年月 : 2006年10月1日
その他競争的資金獲得実績
  1. 成24年度教育研究支援経費(萌芽的研究・一般)
    • 資金支給期間 : 2012年4月~2013年3月
    • 研究内容 :
      GPS送信機を装着したカラスの行動追跡による被害実態の解明と被害対策の検討
所属学会・委員会
  1. 応用生態工学会 (2003年4月1日~継続中)
  2. 農業農村工学会 (2003年4月1日~継続中)
  3. 日本鳥学会 (9999年1月1日~継続中)
  4. 日本生態学会 (9999年1月1日~継続中)
  5. 造園学会 (9999年1月1日~継続中)
  6. 野生生物保護学会 (9999年1月1日~継続中)
  7. 農村計画学会 (9999年1月1日~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 農村計画学会 学術交流委員(2005年9月~継続中)
  2. 農業農村工学会 東北支部賞審査委員会委員(2005年11月8日~2005年11月8日)
  3. 農業農村工学会 農業土木学会東北支部幹事(2006年4月1日~継続中)
  4. 農村計画学会 評議委員(2008年4月~2012年3月31日)
  5. 農業農村工学会 農業農村工学会東北支部幹事(2008年4月1日~継続中)
  6. 農業農村工学会 農業土木学会東北支部編集委員(2009年4月1日~継続中)
  7. 日本鳥学会 和文誌編集委員会委員(2009年9月15日~継続中)
  8. 日本鳥学会 企画委員会委員(2009年9月15日~継続中)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 農村計画学会 (2005年12月)
    • 参加者数 : 200人
  2. 日本鳥学会2006年度大会 (2006年9月)
    • 参加者数 : 600人
  3. 2013年度造園学会東北支部会 (2013年10月)
    • 参加者数 : 150人
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. 農村計画論文集 [査読 (2004年12月)]
  2. 日本造園学会研究発表論文集 [査読 (2005年5月)]
  3. 日本造園学会研究発表論文集 [査読 (2005年5月)]
  4. 日本生態学会 保全生態学研究 [査読 (2005年8月)]
  5. 日本鳥学会誌 [査読 (2005年12月)]
  6. 日本造園学会研究発表論文集 [査読 (2006年1月)]
  7. Bird Research [査読 (2006年4月)]
  8. 農村計画学会誌 [査読 (2006年5月)]
  9. 日本造園学会研究発表論文集 [査読 (2006年5月)]
  10. 日本造園学会研究発表論文集 [査読 (2006年5月)]
  11. 応用生態工学会 [査読 (2006年5月)]
  12. 農村計画学会 [査読 (2006年6月)]
  13. Strix [査読 (2006年8月)]
  14. 応用生態工学会 [査読 (2006年9月)]
  15. 山階鳥類学雑誌 [査読 (2006年10月)]
  16. 日本造園学会研究発表論文集 [査読 (2006年10月)]
  17. 日本造園学会研究発表論文集 [査読 (2006年10月)]
  18. 農業土木学会論文集 [査読 (2006年11月)]
  19. 日本造園学会研究発表論文集 [査読 (2006年12月)]
  20. 日本緑化工学会大会特集号 [査読 (2007年3月)]
  21. 農村計画学会 [査読 (2007年6月)]
  22. 農村計画学会 [査読 (2007年6月)]
  23. 日本造園学会研究発表論文集 [査読 (2007年12月)]
  24. 野生生物保護学会誌 [査読 (2007年12月)]
  25. 環境情報科学論文集21 [査読 (2008年3月)]
  26. 農村計画学会 [査読 (2008年6月)]
  27. 農業農村工学会 [査読 (2008年7月)]
  28. 農村計画学会 [査読 (2008年10月)]
  29. 農業農村工学会論文集 [査読 (2009年5月)]
  30. 応用生態工学 [査読 (2009年12月)]
  31. 農業農村工学会論文集 [査読 (2010年4月)]
  32. 農業農村工学会東北支部会 [編集 (2010年4月)]
  33. 日本鳥学会誌 [編集 (2010年4月)]
  34. ランドスケープ研究(日本造園学会研究発表論文集) [査読 (2010年5月)]
  35. 農業農村工学会論文集 [査読 (2010年8月)]
  36. Ornithological Science [査読 (2010年10月)]
  37. 日本鳥学会誌 [査読 (2010年11月)]
  38. 伊豆沼・内沼研究報告 [査読 (2011年1月)]
  39. 農業農村工学会東北支部会 [編集 (2011年4月)]
  40. 日本鳥学会誌 [編集 (2011年4月)]
  41. 伊豆沼・内沼研究報告 [編集 (2012年1月)]
  42. 伊豆沼・内沼研究報告 [査読 (2012年4月)]
  43. 農業農村工学会論文集 [査読 (2012年6月)]
  44. ランドスケープ研究 [査読 (2012年10月)]
  45. 野生復帰 [査読 (2013年2月)]
  46. 農業農村工学会論文集 [査読 (2013年3月)]
  47. 日本鳥学会誌 [査読 (2013年3月)]
  48. 農業農村工学会論文集 [査読 (2013年3月)]
  49. Strix [査読 (2013年5月)]
  50. 農業農村工学会論文集 [査読 (2013年8月)]
  51. 日本鳥学会誌 [査読 (2013年9月)]
  52. ランドスケープ研究 [査読 (2013年10月)]
  53. 岩手大学農学部演習林報告 [査読 (2014年6月)]
  54. Bird Research [査読 (2014年12月)]
  55. 総合政策 第16巻第2号 [査読 (2015年3月)]
  56. ランドスケープ研究 [査読 (2015年5月)]
  57. Strix [査読 (2015年5月)]
  58. 日本森林学会誌 [査読 (2015年6月)]
  59. Strix [査読 (2016年5月)]
  60. 日本鳥学会誌 [査読 (2016年10月)]
  61. 日本鳥学会誌 [査読 (2016年10月)]
  62. 土木学会 [査読 (2017年4月)]
  63. ランドスケープ研究 [査読 (2017年5月)]
  64. Strix [査読 (2017年5月)]
  65. 農村計画学会 [査読 (2018年3月)]
マスメディアによる報道
  1. 2011年度
    • サシバ保護に止まり木作戦
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 全国報道
    • カラスの位置刻々把握 読売新聞
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • GPSでカラス生態調査岩手大が7羽放鳥
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • ゴイサギ被害困った 岩手日報
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
  2. 2012年度
    • カラスの被害防ぐ生態調査 毎日新聞
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • GPSでカラス追跡 行動調べて被害対策に 岩手日報
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
  3. 2013年度
    • トノサマガエルどこ行った?
      盛岡気象台20年以上観測なし
      岩手日報 2013.6.4
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • トノサマガエル 盛岡にいた!?
      岩手日報 2013.9.4
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • 雪国のカラスはしたたか
      放置リンゴや畜舎の餌失敬
      岩手大学が追跡調査
      日本農業新聞 2013.12.26
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 全国報道
    • カラス被害に新対策

      岩手日報 2014.1.4
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
国・地方自治体等の委員歴
  1. 岩手県
    • 委員会等名 : 鷹生ダム(自然との共生)検討会議委員(2000年度~)
    • 就任期間 : 2000年4月~2007年3月
  2. 東北農政局いさわ南部農地整備事業所
    • 委員会等名 : いさわ南部地区生態系保全調査検討委員会
    • 役職名 : いさわ南部地区生態系保全調査検討委員
    • 就任期間 : 2000年4月~2011年3月
  3. 岩手県
    • 委員会等名 : 岩手県農業農村整備事業環境情報協議会委員
    • 就任期間 : 2002年4月~2006年3月
  4. 岩手県
    • 委員会等名 : 岩手県内水面漁業管理委員会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2004年12月~2014年3月
  5. 日本オオタカネットワーク
    • 委員会等名 : 環境省オオタカ保護指針策定調査検討委員会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2005年2月~2009年3月
  6. 福島県
    • 委員会等名 : 福島県環境影響評価審査会
    • 役職名 : 専門委員
    • 就任期間 : 2005年3月~2008年3月
  7. 宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団
    • 委員会等名 : 伊豆沼研究年報編集委員会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2006年2月~継続中
  8. 国土交通省東北地方整備局河川部河川環境課
    • 委員会等名 : 河川水辺の国勢調査アドバイザー
    • 役職名 : 専門委員
    • 就任期間 : 2007年4月~継続中
  9. 財団法人自然環境研究センター
    • 委員会等名 : 鳥獣害対策専門家育成検討会
    • 役職名 : 鳥獣害対策専門家育成検討委員
    • 就任期間 : 2007年4月~2008年3月
  10. 国土交通省東北整備局長
    • 委員会等名 : 北上川水系河川整備学識者懇願会
    • 役職名 : 北上川水系河川整備学識者懇願会委員
    • 就任期間 : 2007年5月~継続中
  11. 太平洋セメント株式会社
    • 委員会等名 : 袰下地区生態系保全対策検討会委員会
    • 役職名 : 袰下地区生態系保全対策検討会委員
    • 就任期間 : 2008年5月~継続中
  12. 財団法人リバーフロント整備センター 及び財団法人ダム水源地環境整備セ ンター
    • 委員会等名 : 河川水辺の国勢調査河川版・ダム湖 版スクリーニング委員会委員会
    • 役職名 : 河川水辺の国勢調査河川版・ダム湖 版スクリーニング委員会委員
    • 就任期間 : 2010年4月~継続中
  13. 東北農政局
    • 委員会等名 : 東北農政局環境情報協議会委員会
    • 役職名 : 東北農政局環境情報協議会委員
    • 就任期間 : 2010年8月~2014年3月
  14. 環境省自然環境局野生生物課
    • 委員会等名 : サシバ保護方策検討会
    • 役職名 : サシバ保護方策検討会委員
    • 就任期間 : 2012年5月~2013年3月
  15. 国土交通省国土技術政策総合研究
    • 委員会等名 : 道路事業における効果的・効率的な 猛禽類への配慮に関する意見照会 委員会
    • 役職名 : 道路事業における効果的・効率的な 猛禽類への配慮に関する意見照会 委員
    • 就任期間 : 2012年8月~2013年3月
  16. 国土交通省東北地方整備局
    • 委員会等名 : 河川水辺の国勢調査アドバイザー
    • 役職名 : 河川水辺の国勢調査アドバイザー
    • 就任期間 : 2013年4月~継続中
  17. 一般財団法人自然環境研究センター
    • 委員会等名 : 発電所環境審査調査(陸域調査(風力))検討委員会
    • 役職名 : 発電所環境審査調査(陸域調査(風力))検討委員
    • 就任期間 : 2013年7月~2014年3月
  18. 岩手県環境生活部
    • 委員会等名 : 公共関与型産業廃棄物最終処分場 整備候補地選定委員会
    • 役職名 : 公共関与型産業廃棄物最終処分場 整備候補地選定委員会委員
    • 就任期間 : 2014年4月~2017年3月
  19. 一般財団法人水源地環境センター
    • 委員会等名 : 河川水辺の国勢調査スクリーニング委員会
    • 役職名 : 河川水辺の国勢調査スクリーニング委員会委員
    • 就任期間 : 2014年10月~継続中
  20. 国土交通省東北地方整備局
    • 委員会等名 : 河川水辺の国勢調査アドバイザー
    • 役職名 : 河川水辺の国勢調査アドバイザー
    • 就任期間 : 2015年3月~2016年3月
  21. 宮城県
    • 委員会等名 : 宮城県猛禽類保護・保全対策検討会
    • 役職名 : 構成員 副委員長
    • 就任期間 : 2015年5月~2018年3月
  22. 岩手県
    • 委員会等名 : 岩手県環境審議会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2016年4月~2018年3月
  23. 環境省
    • 委員会等名 : チュウヒ保護方策検討会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2016年10月~2017年3月
  24. 盛岡市
    • 委員会等名 : 盛岡市環境審議会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2017年3月~2019年2月
企業・団体等への指導等
  1. 2004年度 東北電力株式会社
    • 指導等の内容 :
      イヌワシ調査アドバイザー
  2. 2005年度 東北電力株式会社
    • 指導等の内容 :
      イヌワシ調査アドバイザー
  3. 2006年度 東北電力株式会社
    • 指導等の内容 :
      イヌワシ調査アドバイザー
  4. 2007年度 東北電力株式会社
    • 指導等の内容 :
      イヌワシ調査アドバイザー
  5. 2008年度 東北電力株式会社
    • 指導等の内容 :
      イヌワシ調査アドバイザー
  6. 2009年度 東北電力株式会社
    • 指導等の内容 :
      イヌワシ調査アドバイザー
  7. 2009年度 一関市川崎支所建設課農村整備係
    • 指導等の内容 :
      基盤整備工事に伴うメダカ等希少生物保護に係る捕獲指導
  8. 2010年度 東北電力株式会社
    • 指導等の内容 :
      イヌワシ調査アドバイザー
  9. 2010年度 一関市川崎支所建設課農村整備係
    • 指導等の内容 :
      基盤整備工事に伴うメダカ等希少生物保護に係る捕獲指導
  10. 2010年度 東北電力株式会社
    • 指導等の内容 :
      盛岡市のカラス被害対策
  11. 2015年度 国土交通省 東北地方整備局
    • 指導等の内容 :
      建設環境セミナーの講師
  12. 2015年度 岩手県沿岸広域振興局土木部 宮古土木センター
    • 指導等の内容 :
      道路建設にともなうトウホクサンショウウオの生息地創設についての現地指導
  13. 2016年度 花巻農協大迫支店営農課
    • 指導等の内容 :
      平成27年ぶどう防除暦説明会における鳥獣害に関する研修会の講師
生涯学習支援実績
  1. ユースフォーラムinテンパーク
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 水田地帯における小動物の生態と保全
    • 開催期間 : 2004年11月
  2. SPERng研究会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 田んぼの生きもの-その保全と課題-
    • 開催期間 : 2004年12月
  3. 第10回岩手大学農学部技術職員等研修
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 水田の生きものの生態と保全への課題
    • 開催期間 : 2005年2月
  4. シナイモツゴとヒシの集い
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 岩手県における外来魚駆除の現状と岩手大学での取り組み
    • 開催期間 : 2005年12月
  5. 外来魚と環境を考えるフォーラムin御所湖
    • 種類 : フォーラム
    • 担当部門(講演題目) : 座談会講師
    • 開催期間 : 2006年2月
  6. 平成20年度第2回コンテンツ活用講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : サシバと里山~自然と人との共存~
    • 開催期間 : 2008年9月
  7. 住田町環境学習講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : サシバの生態と保全~里山の重要性~
    • 開催期間 : 2008年11月
  8. 住田町環境学習講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 田んぼの生きものを守るために
    • 開催期間 : 2008年11月
  9. 第1回生態学会市民講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 田んぼで守る北限のメダカ
    • 開催期間 : 2009年1月
  10. 寒河江高校 出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 田んぼで守る北限のメダカ
    • 開催期間 : 2009年9月
  11. 仙台南高校 出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 田んぼで守る北限のメダカ
    • 開催期間 : 2009年11月
  12. 平成22年度成島振興センター生涯学習事業
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 小通地域における「サシバ」の生態について
    • 開催期間 : 2010年1月
  13. 高校PR
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 高校PR
      宮城県仙台市 8月10日
      宮城第一
      仙台第二
      仙台向山
    • 開催期間 : 2010年8月
  14. 高校PR
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 岩手県沿岸 9月10日
      遠野高校
      釜石高校
      宮古高校
    • 開催期間 : 2010年9月
  15. 第7回タカの渡り全国集会in関東
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : サシバの狩場環境の創出にむけた草刈りや杭の設置の保全的効果の検証
    • 開催期間 : 2010年12月
  16. いわて高等コンソーシアム
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 野生動物を保全する研究って?
    • 開催期間 : 2011年1月
  17. 岩手発・市民講座「人と自然と生態学」第6回 まちの鳥、野山の鳥
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 里山に育まれる猛禽類-サシバ
    • 開催期間 : 2011年7月
  18. 大学を体験しよう
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 絶滅危惧種を保全する!~メダカとサシバを例にして~
    • 開催期間 : 2011年10月
  19. 旭川北高校「出張講義2012」
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 田んぼからメダカを絶滅させないために
    • 開催期間 : 2012年8月
  20. 緑丘プレ大学講座(盛岡三校)
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 北限のメダカを守る
    • 開催期間 : 2012年10月
  21. 岩手発・市民講座「人と自然と生態学」第8回野生動物をとことん追跡!
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : リアルタイムにカラスとクマを追跡する
    • 開催期間 : 2012年11月
  22. 宮城県古川高等学校
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 田んぼでメダカを守るということ
    • 開催期間 : 2014年11月
  23. 大学出前講座
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 大学出前講座
      宮城県古川高等学校
      2014年11月7日

      講義タイトル
      田んぼでメダカを守るということ

      簡単な内容
      メダカは水田を代表する日本で最小の淡水魚で、唱歌にも歌われるように日本人 にはなじみの深い魚です。しかし、1999年に、絶滅の恐れがある種として、絶滅 危惧Ⅱ類に指定されました。なぜ、メダカは少なくなっていったのか、水田とど のような関係があるのか、水田とメダカが共生するにはどうすればいいのかにつ いて、メダカの生態から探っていきます。
    • 開催期間 : 2014年11月
  24. 里山生活学校 森のプロジェクト
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 里山の猛禽類サシバ-なぜ里山生活学校で子育てするのか?
    • 開催期間 : 2015年6月
  25. 高校PR訪問報告
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 高校PR訪問報告

      1. 訪問学校名: 山形県立山形西高等学校
      2. 訪問日時: 平成 28年10月30日 10:30-12:00
      3. 訪問教員名: 東 淳樹・山内瑞貴(修士1年)
    • 開催期間 : 2016年10月
産学官民連携活動
  1. 岩手大学農学部気仙地域生態系研究報告会
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  2. 岩手大学農学部気仙地域生態系研究報告会
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  3. 岩手大学農学部気仙地域生態系研究報告会
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
ボランティア・寄与など
  1. 2006年度
    • ボランティア
      • 平成18年度門崎地区「メダカの学校」講師
    • ボランティア
      • 平成18年度門崎地区「メダカの引越し」講師
    • ボランティア
      • 門崎地区ほ場整備事業に係る地区説明会 講師
    • ボランティア
      • ゼニタナゴ生息池環境整備事業実施に伴う生物移動 講師
  2. 2007年度
    • ボランティア
      • 一関市川崎町門崎地区におけるメダカの引越しイベント
  3. 2009年度
    • ボランティア
      • 一関市川崎町門崎地区におけるメダカの引越しイベント
  4. 2010年度
    • ボランティア
      • 一関市川崎町門崎地区におけるメダカの引越しイベント
  5. 2011年度
    • ボランティア
      • 一関市川崎町門崎地区におけるメダカの引越しイベント
活動履歴
  1. 2005年度
    • 学生委員会
  2. 2006年度
    • 大学教育総合センター学生生活支援部門会議
  3. 2008年度
    • 教務委員
  4. 2009年度
    • ミュージアム部門会議
  5. 2010年度
    • 広報委員会
    • クラス担任
  6. 2011年度
    • 附属植物園運営委員会
    • 就職委員会
    • 附属自然エネルギー利用温室運営委員会
    • 附属植物園運営委員会
    • 就職委員会
    • クラス担任
  7. 2012年度
    • 附属自然エネルギー利用温室運営委員会
    • 就職委員会
    • 附属植物園運営委員会
  8. 2013年度
    • 研究科学務委員会
  9. 2014年度
    • 研究科学務委員会
  10. 2015年度
    • 附属農業教育資料館運営委員会
    • 教務委員会
  11. 2016年度
    • 教務委員
    • 平成29年度大学入試センター試験 試験監
    • 就職委員会
    • 附属動物病院運営協議会
    • 附属自然エネルギー利用温室運営委員会
    • 環境管理委員会