サブメニュー
更新日 : 2017年3月1日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名遠藤 教昭 (Noriaki Endo)
所属専攻講座岩手大学 人文社会科学部 人間文化課程
職名教授
生年月日
研究室電話番号
研究室FAX番号
ホームページアドレスhttp://www.hss.iwate-u.ac.jp/endo/index-j.html
出身大学
  1. 東北大学 歯学部
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1983年3月
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 東北大学 歯学研究科 歯学臨床系(歯科矯正学)
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 1987年3月
    • 修了区分 : 修了
取得学位
  1. 歯学博士
    • 学位の分野 : 矯正・小児系歯学
    • 学位授与機関 : 東北大学
    • 取得年月日 : 1987年3月
学内職務経歴
  1. 岩手大学 人文社会科学部 人間科学課程 (廃止組織)
    • [本務] 教授 (2004年4月1日~継続中)
  2. 岩手大学 人文社会科学部
    • [本務] 助教授 (1997年10月1日~2004年3月31日)
  3. 岩手大学 人文社会科学部
    • [本務] 講師 (1994年9月1日~1997年9月30日)
専門分野(科研費分類)
  1. 社会情報システム学、地理情報システム学
担当授業科目
  1. 2004年度
    • 情報基礎
    • 人間情報科学演習Ⅰ
    • 人間情報科学演習Ⅱ
    • 情報ネットワーク論Ⅰ
    • 情報ネットワーク論Ⅲ
    • 地理情報システム論
    • 情報論特講 -情報と職業-
    • 人間情報科学概論Ⅰ
    • 人間情報科学概論Ⅱ
  2. 2005年度
    • 情報基礎
    • 人間情報科学演習Ⅰ
    • 人間情報科学演習Ⅱ
    • 多変量解析入門
    • 情報ネットワーク論Ⅱ
    • 情報ネットワーク論Ⅲ
    • 人間情報科学Ⅵ特論B(情報システム論)
    • 人間情報科学Ⅵ演習B(情報システム論)
    • 人間情報科学概論Ⅰ
    • 人間情報科学概論Ⅱ
  3. 2006年度
    • 情報基礎
    • 人間情報科学演習Ⅰ
    • 人間情報科学演習Ⅱ
    • 情報ネットワーク論Ⅰ
    • 地理情報システム論
    • 人間情報科学概論Ⅰ
    • 人間情報科学基礎演習
    • 人間科学概論
  4. 2007年度
    • 情報基礎
    • 人間情報科学演習Ⅰ
    • 情報ネットワーク論Ⅱ
    • 情報論特講 -情報と職業-
    • 人間情報科学概論Ⅰ
    • 総合科学論Ⅰ
    • 情報ネットワーク論Ⅲ
    • 人間情報科学演習Ⅱ
    • 地理情報システム論
    • 人間情報科学基礎演習
    • 人間科学概論
    • 人間科学総合演習
  5. 2008年度
    • 人間情報科学演習Ⅰ
    • 多変量解析入門
    • 情報基礎
    • 情報基礎
    • 基礎ゼミナール
    • 人間情報科学概論
    • 人間情報科学演習Ⅱ
    • 情報ネットワーク論Ⅰ
    • 人間情報科学基礎演習
    • 人間科学概論
    • 人間科学総合演習
  6. 2009年度
    • 人間情報科学演習Ⅰ
    • 総合科学論Ⅰ
    • 情報ネットワーク論Ⅱ
    • 情報基礎
    • 人間情報科学概論
    • 人間情報科学演習Ⅱ
    • 情報ネットワーク論Ⅰ
    • 地理情報システム論
    • 人間情報科学基礎演習
    • 人間科学概論
    • 人間科学総合演習
  7. 2010年度
    • 人間情報科学演習Ⅰ
    • 総合科学論Ⅰ
    • 情報ネットワーク論Ⅱ
    • 情報基礎
    • 人間情報科学概論
    • 人間情報科学演習Ⅱ
    • 情報ネットワーク論Ⅰ
    • 地理情報システム論
    • 人間情報科学基礎演習
    • 人間科学概論
    • 人間科学総合演習Ⅰ
    • 人間科学総合演習Ⅱ
  8. 2011年度
    • 人間情報科学演習Ⅰ
    • 情報ネットワーク論Ⅱ
    • 情報基礎
    • 情報基礎
    • 基礎ゼミナール
    • 人間情報科学概論
    • 人間情報科学演習Ⅱ
    • 情報ネットワーク論Ⅰ
    • 地理情報システム論
    • 人間科学概論
    • 人間科学総合演習Ⅰ
    • 人間科学総合演習Ⅱ
    • 人間情報科学基礎演習
    • サスティナビリティ論(ウェルビーイング論)
  9. 2012年度
    • 情報基礎
    • 人間情報科学演習Ⅰ
    • 情報ネットワーク論Ⅱ
    • 総合科学論Ⅰ
    • 人間情報科学概論
    • 人間科学総合演習Ⅰ
    • 人間情報科学演習Ⅱ
    • 情報ネットワーク論Ⅰ
    • 地理情報システム論
    • サスティナビリティ論(ウェルビーイング論)
    • 人間科学総合演習Ⅱ
    • 人間科学概論
    • 人間情報科学基礎演習
    • 特別研究
    • 情報科学特講Ⅰ
  10. 2013年度
    • 情報基礎
    • 人間情報科学演習Ⅰ
    • 人間情報科学概論
    • 人間科学総合演習Ⅰ
    • 人間情報科学演習Ⅱ
    • 情報ネットワーク論Ⅰ
    • 地理情報システム論
    • 人間科学総合演習Ⅱ
    • 人間科学概論
    • 人間情報科学基礎演習
    • 特別研究
  11. 2014年度
    • 情報基礎
    • 人間情報科学演習Ⅰ
    • 情報ネットワーク論Ⅰ
    • 人間科学総合演習Ⅰ
    • 総合科学論Ⅰ
    • 人間情報科学概論
    • 情報基礎
    • 人間情報科学演習Ⅱ
    • 情報ネットワーク論Ⅱ
    • 地理情報システム論
    • 人間科学総合演習Ⅱ
    • 人間科学概論
    • 人間情報科学基礎演習
  12. 2015年度
    • 基礎ゼミナール
    • 情報基礎
    • 人間情報科学演習Ⅰ
    • 情報ネットワーク論Ⅰ
    • 人間科学総合演習Ⅰ
    • 人間情報科学概論
    • 人間情報科学演習Ⅱ
    • 情報ネットワーク論Ⅱ
    • 地理情報システム論
    • 人間科学総合演習Ⅱ
    • 人間情報科学基礎演習
    • 人間科学概論
    • サスティナビリティ論(ウェルビーイング論)
    • 特別研究
授業評価
  1. 2014年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 情報基礎
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 情報ネットワーク論
  2. 2015年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 情報基礎
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 地理情報システム論
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2004年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
  2. 2005年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
  3. 2006年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
  4. 2007年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
  5. 2009年度
    • 卒業研究指導(学部) 1人
  6. 2010年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
  7. 2011年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
  8. 2012年度
    • 卒業研究指導(学部) 1人
  9. 2013年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
  10. 2015年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
教育研究会における発表
  1. 聴覚障害者が自身で行うプレゼンテーションの音声合成による支援
    • 教育研究会名 :
      情報処理学会・情報システムと社会環境研究会
    • 開催年月 : 2007年11月
教材作成
  1. 情報基礎 -課題解決のためのコンピュータ活用法-、東京、2006、学術図書出版社
    • 教材種類 : 教科書等の執筆
    • 教材年度 : 2006年度
  2. 情報基礎 第2版 -コンピュータの基本操作と情報活用術-、東京、2012、学術図書出版社
    • 教材種類 : 教科書等の執筆
    • 教材年度 : 2012年度
  3. 情報基礎 第3版 -コンピュータの基本操作と情報活用術-、東京、2015、学術図書出版社
    • 教材種類 : 教科書等の執筆
    • 教材年度 : 2015年度
教育活動のその他の事項
  1. 2005年度
    • その他
      教育実習への協力
      盛岡商業高校の訪問
  2. 2006年度
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      Eラーニングシステムの構築と全担当科目における活用
      http://yugaose.hss.iwate-u.ac.jp/moodle/
      2005年4月に本稼動し、継続使用
    • その他
      教育実習への協力:盛岡市・杜陵高校の訪問
  3. 2007年度
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      Eラーニングシステムの構築と全担当科目における活用
      http://yugaose.hss.iwate-u.ac.jp/moodle/
      2005年4月に本稼動し、継続使用
    • その他
      (1)教育改革関係報告書の作成:平成19年度人文社会科学部教育研究改善プロジェクト(学部長裁量経費)実施報告書「WebGIS による医療機関マッピングシステムの構築」

      (2)ミニ卒論(3年生1本)
  4. 2008年度
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      Eラーニングシステムの構築と全担当科目における活用
      http://yugaose.hss.iwate-u.ac.jp/moodle/
      2005年4月に本稼動し、継続使用
    • その他
      (1)教育改革関係報告書の作成:平成20年度人文社会科学部教育研究改善プロジェクト(学部長裁量経費)実施報告書
      【課題名】:聴覚障害者が自身で行うプレゼンテーションの音声合成による支援
      【代表者】:遠藤 教昭・人間科学課程・人間情報科学コース
  5. 2009年度
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      Eラーニングシステムの構築と全担当科目における活用
      http://yugaose.hss.iwate-u.ac.jp/moodle/
      2005年4月に本稼動し、継続使用
    • その他
      (1)教育改革関係報告書の作成:平成21年度人文社会科学部教育研究改善プロジェクト(学部長裁量経費)実施報告書
      課題名:地理情報システム(GIS)ソフトウェアの学部計算機室への導入
      代表者:遠藤教昭・人間科学課程・人間情報科学コース

      (2)平成21年度教育研究支援施設戦略経費事業実施報告書
      課題名:PCベースで動作するGISソフトウェアの全学的な導入
      代表者:情報メディアセンター・兼任 遠藤教昭
  6. 2014年度
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      Eラーニングシステムの構築と全担当科目における活用
      http://yugaose.hss.iwate-u.ac.jp/moodle/
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      初期情報科目「情報基礎」の早期認定システムの構築と運用(システム管理者)
      http://yugaose.hss.iwate-u.ac.jp/moodle/
  7. 2015年度
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      Eラーニングシステムの構築と全担当科目における活用
      http://yugaose.hss.iwate-u.ac.jp/moodle/
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      初期情報科目「情報基礎」の早期認定システムの構築と運用(システム管理者)
      http://yugaose.hss.iwate-u.ac.jp/moodle/
    • 進路指導業務
      4年生への進路指導を行った。
研究経歴
  1. テレマティクス・データが示す東日本大震災後の岩手県沿岸部における通行可能な道路距離の推移(2011年3月~継続中)
    • 研究課題キーワード : テレマティクス・データ、東日本大震災、岩手県沿岸部、通行可能な道路距離、ビッグデータ分析
    • 専門分野(科研費分類) :
      メディア情報学・データベース
    • 研究様態 : 機関内共同研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
  2. 東日本大震災後の災害仮設住宅の利便性に関する研究(2011年3月~継続中)
    • 研究課題キーワード : convenience, temporary housing complexes, Iwate Prefecture, The 2011 Tohoku Earthquake
    • 専門分野(科研費分類) :
      メディア情報学・データベース
    • 研究様態 : 機関内共同研究
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
  3. 東日本大震災のインターネット公開映像を用いた震災アーカイブの構築(2011年3月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 東日本大震災、震災アーカイブ
    • 専門分野(科研費分類) :
      メディア情報学・データベース
    • 研究様態 : 機関内共同研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
  4. 地理情報システムを用いた岩手県胆沢扇状地の生態に関する研究(2001年1月~2006年3月)
    • 研究課題キーワード : 地理情報システム、生物多様性、農村生態系
    • 専門分野(科研費分類) :
      環境動態解析
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
  5. World Wide Webを用いた矯正歯科診断指導システム(1994年9月~2000年3月)
    • 研究課題キーワード : WWW、矯正診断、データベース,
    • 専門分野(科研費分類) :
      メディア情報学・データベース矯正・小児系歯学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
  6. ニューラルネットワークを用いた頭蓋顔面複合体の成長予測(1983年4月~2000年3月)
    • 研究課題キーワード : ニューラルネットワーク、下顎骨、成長予測,
    • 専門分野(科研費分類) :
      矯正・小児系歯学知能情報学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
論文
  1. 骨格型下顎前突症における垂直的顔面骨格パターンの変異と形成に関する研究 -多変量解析による検討- [日本矯正歯科学会雑誌, 46(1), (1987年1月), pp.50-70]
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Long-term effects of chin cap therapy on skeletal profile in mandibular prognathism [American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics, 98, (1990年1月), pp.127-133-]
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. 低年齢反対咬合者の被蓋改善に伴う顔面正面形態の変化 -顎口腔機能異常を有する者を対象として- [日本矯正歯科学会雑誌, 49(3), (1990年1月), pp.199-206-]
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. 良い咬合(acceptable Occlusion)を有する者の顔面骨格パターンの変異について -外科的矯正の治療ゴールの考察- [日本矯正歯科学会雑誌, 54(3), (1995年1月), pp.170-176-]
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. WWWと全文検索システムWAISによるシラバス検索システム [情報処理学会シンポジウム論文集(利用者指向の情報システム), 96(11), (1996年1月), pp.107-114-]
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  6. 汎用的なsybperlを用いた図書館データベースとWWWの連携-ユーザー指向の図書検索システムが備えるべき要件とは- [情報処理学会研究報告(情報システム研究会), 97(59), (1997年1月), pp.17-23-]
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  7. 教育用コンピュータシステムの運用管理に関する研究-学部内PCクライアントマシンの運用管理- [情報処理学会研究報告, 98(69), (1998年1月), pp.1-8-]
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  8. 骨格型下顎前突症における垂直的顔面骨格パターンと脳頭蓋形態との関連性について [日本矯正歯科学会雑誌, 58(2), (1999年1月), pp.105-115-]
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. インターネットのWWWを用いた矯正歯科診断指導システム [情報処理学会論文誌, 40(3), (1999年1月), pp.1324-1334-]
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. WWWと全文検索データベースWAISによる学術大会支援システム [東北矯正歯科学会雑誌, 7(1), (1999年1月), pp.51-57-]
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. ニューラルネットワークによる下顎骨の成長予測 [日本矯正歯科学会雑誌, 58(2), (1999年1月), pp.116-124-]
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. TeXによる医学・歯学系学会論文誌への投稿について [医療情報学, 19(2), (1999年1月), pp.133-139-]
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. 教育用コンピュータシステムの運用管理に関する研究-学部内サーバおよびPCクライアントのウィルス対策- [情報処理学会研究報告(情報システムと社会環境研究会), 99(79), (1999年1月), pp.43-49-]
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  14. アレン国際短期大学におけるインターネット接続とネットワーク教育 [情報処理学会シンポジウム論文集, 2000(2), (2000年1月), pp.43-48-]
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  15. 多変量解析を用いた反対咬合者の顔面骨格タイプ分類 -外科治療群と非外科治療群の形態的特徴- [東北矯正歯科学会雑誌, 8(1), (2000年1月), pp.13-23] 大沼清美、菅原準二、遠藤教昭、三谷英夫
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. 岩手大学人文社会科学部のシラバスデータベースシステム [情報処理学会研究報告(情報システムと社会環境研究会), 2001(30), (2001年1月), pp.19-24] 遠藤教昭、岡田仁、高橋勝彦、進藤浩一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  17. WWWをフロントエンドに用いたシラバスデータベースシステム [コンピュータ & エデュケーション, 11(1), (2001年1月), pp.115-122] 遠藤教昭、岡田仁、高橋勝彦、進藤浩一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. オープンソースを用いたXMLによる論文目次情報データベース [コンピュータ & エデュケーション, 12(1), (2002年1月), pp.62-65] 林琳、遠藤教昭
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. GISを用いた岩手県胆沢扇状地における屋敷林の形態解析 [地理情報システム学会講演論文集, 11(1), (2002年10月), pp.361-364] 菊地真梨、遠藤教昭、阿部恵子、竹原明秀、三浦修
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  20. オープンソースによるシラバスデータベースのPDF 化とその活用について [コンピュータ & エデュケーション, 14(1), (2003年1月), pp.69-73] 遠藤教昭、楚世斌
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. WebGISによる岩手県胆沢扇状地における屋敷林の植生分布の可視化 [情報処理学会研究報告(情報システムと社会環境研究会), 2004(9), (2004年1月), pp.59-66] 遠藤教昭、人見奈緒子、深田秀実、竹原明秀
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  22. オープンソースを用いたXMLによるシラバスデータベースの試作 [情報処理学会研究報告(情報システムと社会環境研究会), 2004(88), (2004年1月), pp.47-53] 多田 裕人、遠藤 教昭
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  23. GISによる岩手県胆沢扇状地における屋敷林面積の長期的な変化に関する研究 [地理情報システム学会講演論文集, 13(1), (2004年1月), pp.375-378] 趙 迪、遠藤教昭、竹原明秀
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  24. Long-term GIS Analysis: Yashiki-rin Areal Changes in the Isawa Fan of Iwate, Japan [Proceedings of 4th International Symposium of Digital Earth, 4(1), (2005年3月28日)] Noriaki Endo, Di Zhao, Akihide Takehara, Mamoru Miura
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  25. オープンソースのMapServer, MapLab, p.mapper によるWebGIS教育の試み [地理情報システム学会講演論文集, 14(1), (2005年10月13日), pp.423-426] 遠藤教昭、渡辺明日美、竹原明秀、吉田勝一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  26. オープンソースの e-learning システムによる教育支援について [東北大学歯学雑誌, 24(2), (2005年12月), pp.43-51] 遠藤教昭
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  27. LDAPサーバのデータツリー構造とパフォーマンスに関する考察 - 大規模運用のためのパフォーマンスチューニング - [学術情報処理研究, 10(1), (2006年9月), pp.47-54] 中西貴裕,加治卓磨,福岡 誠,吉田等明,遠藤教昭,原 道宏
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  28. シラバスデータベースと図書館情報データベースの連携に関する研究 [学術情報処理研究, 10(1), (2006年9月), pp.21-28] 遠藤教昭,高橋里奈,竹谷隆則,吉田等明,中西貴裕,原 道宏
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  29. オープンソースのMapServer およびp.mapper を用いたWebGIS クリニックマッピングシステム [地理情報システム学会講演論文集, 15(1), (2006年10月), pp.167-172] 渡辺明日美、遠藤教昭
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  30. 検証,教科「情報」 岩手大学における状況調査と統計的解析 [コンピュータ & エデュケーション, 21(2), (2006年12月), pp.24-29] 吉田等明,天木桂子,中西貴裕,遠藤教昭,原 道宏
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  31. オークション形式による学内不要品再利用システムの提案 [PC Conference 講演論文集, (2007年8月)] 遠藤教昭
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  32. コミュニティ形成型地域貢献 [学術情報処理研究, 11, (2007年9月), pp.33-41] 吉田 等明,佐藤由久,遠藤教昭,原 道宏
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  33. 聴覚障害者が自身で行うプレゼンテーションの音声合成による支援 [情報処理学会研究報告(情報システムと社会環境研究会), 2007(108), (2007年11月), pp.29-36] 遠藤 教昭、横尾 佳奈、 北村 一親
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  34. オープンソースのe-learningシステムMoodleを用いた情報基礎科目の早期認定試験について [学術情報処理研究, 12, (2008年9月), pp.20-30] 遠藤教昭,中西貴裕,吉田等明, 白倉孝行
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  35. 音声合成と無線LANによる聴覚障害者のプレゼンテーション支援 [学術情報処理研究, 13, (2009年9月), pp.32-39] 遠藤教昭,中西貴裕,吉田等明, 北村 一親
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  36. 岩手大学における情報基礎科目の早期認定試験問題に関する評価 [学術情報処理研究, 14, (2010年9月), pp.97-104] 遠藤教昭,中西貴裕,吉田等明, 白倉孝行
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  37. 情報倫理教育と情報セキュリティ教育 [学術情報処理研究, 14, (2010年9月), pp.171-175] 吉田等明,劉忠達,中西貴裕,遠藤教昭
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  38. 高解像度衛星画像を用いた東日本大震災による八戸地区の津波被災状況の評価 [地理情報システム学会講演論文集(CD-ROM), 20, (2011年10月15日)] 遠藤教昭、竹原明秀
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  39. 東日本大震災のインターネット公開映像を用いた震災アーカイブの構築 [日本災害情報学会大会予稿集, 14, (2012年10月27日), pp.118-121] 遠藤教昭、竹原明秀
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  40. Tsunami Disaster Archive of the Great East Japan Earthquake using Internet Uploaded Images [Recent Advances in Applied Computer Science and Digital Services; Recent Advances in Computer Engineering Series, 12, (2013年4月23日), pp.167-170] N Endo and A Takehara
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  41. Creating a Tsunami Disaster Archive of the Great Northeastern Japan Earthquake Using Images Uploaded to the Internet [Proceedings of the 8th International Symposium on Digital Earth (ISDE 8), 8, (2013年8月26日)] Noriaki Endo and Akihide Takehara
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  42. テレマティクス・データが示す東日本大震災後の岩手県沿岸部における通 行可能な道路距離の推移 [日本災害情報学会大会予稿集, 15, (2013年10月26日)] 小森勇人,遠藤教昭
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読無し
  43. Road distance traveled by vehicles following the 2011 Tohoku Earthquake, calculated by G-BOOK telematics data [Proceedings of the 9th International Conference on SIGNAL IMAGE TECHNOLOGY & INTERNET BASED SYSTEMS, 9, (2013年12月2日)] Hayato KOMORI and Noriaki ENDO
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  44. The convenience of temporary housing complexes in Iwate Prefecture constructed after the 2011 Tohoku Earthquake [Proceedings of the 7th IGRSM International Conference on Remote Sensing & GIS, 7, (2014年4月21日)] Risa Shibutani and Noriaki Endo
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  45. Changes in the Level of Convenience of the Iwate Prefecture Temporary Housing Complexes Constructed after the 2011 Tohoku Earthquake [Proceedings of the 2nd International Conference on Innovations in Engineering and Technology (ICCET’2014), 2, (2014年9月19日), pp.89-93] Shin-ichi Konno, Risa Shibutani, and Noriaki Endo
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  46. Analysis of Vehicle Tracking Maps in Iwate Prefecture Following the 2011 Tohoku Earthquake [Proceedings of the 2015 IAENG International Conference on Computer Science, (2015年3月18日), pp.124-128] Noriaki Endo and Hayato Komori
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  47. Regional Difference on Road Recovery in Iwate Prefecture Following the 2011 Tohoku Earthquake [Proceedings of the World Congress on Engineering and Computer Science 2015, (2015年10月21日)] Noriaki Endo and Hayato Komori
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  48. Regional Differences in Miyagi Prefecture Road Recovery Following the 2011 Tohoku Earthquake [Proceedings of the 2016 IAENG International Conference on Computer Science, (2016年3月16日)] Noriaki Endo
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  49. Municipal Difference on Road Recovery in Iwate Prefecture Following the 2011 Tohoku Earthquake [IAENG Transactions on Engineering Sciences - Special Issue for the International Association of Engineers Conferences 2015 (World Scientific), (2016年10月), pp.226-235] Noriaki Endo and Hayato Komori
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  50. The convenience of post-disaster recovery housing complexes in Iwate Prefecture constructed after the 2011 Tohoku Earthquake [Proceedings of the World Congress on Engineering and Computer Science 2016, (2016年10月19日), pp.230-236] Shin-ichi Konno and Noriaki Endo
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  51. Regional Differences in Iwate Prefecture Road Usage Recovery Following the 2011 Tohoku Earthquake [Transactions on Engineering Technologies -World Congress on Engineering and Computer Science 2015 (Springer), (2017年1月)] Noriaki Endo and Hayato Komori
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  52. Convenience Rating of Post-disaster Recovery Housing Complexes Constructed in Miyagi Prefecture following the 2011 Tohoku Earthquake [Proceedings of the 10th International Symposium on Digital Earth and Locate17 (in press), (2017年4月3日)] Noriaki Endo and Wu Jieling
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 基礎情報学 [学術図書出版社 (2002年4月)] Iwate University, Textbook Committee of Basic Informatics
    • 著書種別 : 教科書
    • 担当部分 :
      Approach (Section of Database)
  2. 情報基礎 [学術図書出版社 (2006年4月)] Iwate University, Textbook Committee of Basic Informatics
    • 著書種別 : 教科書
    • 担当部分 :
      StarSuite Base (Section of Database)
  3. 情報基礎 第2版 コンピュータの基本操作と情報活用術 [学術図書出版社 (2012年3月)] Iwate University, Textbook Committee of Basic Informatics
    • 著書種別 : 教科書
    • 担当部分 :
      データベース(OpenOffice.org Base)
  4. 情報基礎 第3版 コンピュータの基本操作と情報活用術 [学術図書出版社 (2015年3月)] Iwate University, Textbook Committee of Basic Informatics
    • 著書種別 : 教科書
    • 担当部分 :
      データベース(OpenOffice Base)
研究発表
  1. WebGISによる岩手県胆沢扇状地における屋敷林の植生分布の可視化
    • 会議名称 : 情報処理学会・情報システムと社会環境研究会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年5月21日
    • 発表者 : 遠藤教昭、人見奈緒子、深田秀実、竹原明秀
    • 主催者 : 情報処理学会
    • 開催場所 : 名桜大学(沖縄県名護市)
  2. オープンソースを用いたXMLによるシラバスデータベースの試作
    • 会議名称 : 情報処理学会・情報システムと社会環境研究会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年8月26日
    • 発表者 : 多田 裕人、遠藤 教昭
    • 主催者 : 情報処理学会
    • 開催場所 : 東京都千代田区(情報処理学会)
  3. GISによる岩手県胆沢扇状地における屋敷林面積の長期的な変化に関する研究
    • 会議名称 : 地理情報システム学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年10月5日~2004年10月7日
    • 発表者 : 趙 迪、遠藤教昭、竹原明秀
    • 主催者 : 地理情報システム学会
    • 開催場所 : 工学院大学(東京都新宿区)
  4. Long-term GIS Analysis: Yashiki-rin Areal Changes in the Isawa Fan of Iwate, Japan
    • 会議名称 : International Symposium of Digital Earth
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)
    • 開催期間 : 2005年3月28日~2005年3月30日
    • 発表者 : Noriaki Endo, Di Zhao, Akihide Takehara, Mamoru Miura
    • 主催者 : Internationl Society for Digital Earth
    • 開催場所 : Roppongi Academy Hills 40 (Tokyo)
  5. 岩手県胆沢扇状地における屋敷林の分布と植生構造
    • 会議名称 : 日本景観生態学会 第15回東京大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年6月18日
    • 発表者 : 竹原明秀, 遠藤教昭, 平吹喜彦, 三浦修
    • 主催者 : 日本景観生態学会
    • 開催場所 : 東京農業大学 世田谷キャンパス(東京都世田谷区)
  6. オープンソースのMapServer, MapLab, p.mapper によるWebGIS教育の試み
    • 会議名称 : 地理情報システム学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年10月13日~2005年10月14日
    • 発表者 : 遠藤教昭、渡辺明日美、竹原明秀、吉田勝一
    • 主催者 : 地理情報システム学会
    • 開催場所 : 大阪工業大学(大阪府大阪市 )
  7. シラバスデータベースと図書館情報データベースの連携に関する研究
    • 会議名称 : 第10回学術情報処理研究集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月22日
    • 発表者 : 遠藤教昭, 高橋里奈, 竹谷隆則, 吉田等明, 中西貴裕, 原 道宏
    • 開催場所 : 岩手大学・工学部・一祐会館(岩手県盛岡市)
  8. LDAPサーバのデータツリー構造とパフォーマンスに関する考察 - 大規模運用のためのパフォーマンスチューニング -
    • 会議名称 : 第10回学術情報処理研究集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年9月22日
    • 発表者 : 中西貴裕,加治卓磨,福岡 誠,吉田等明,遠藤教昭,原 道宏
    • 開催場所 : 岩手大学・工学部・一祐会館(岩手県盛岡市)
  9. オープンソースのMapServer およびp.mapper を用いたWebGIS クリニックマッピングシステム
    • 会議名称 : 地理情報システム学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年10月17日~2006年10月18日
    • 発表者 : 渡辺明日美、遠藤教昭
    • 主催者 : 地理情報システム学会
    • 開催場所 : 日本大学文理学部(世田谷キャンパス) 百周年記念館(東京都世田谷区)
  10. オークション形式による学内不要品再利用システムの提案
    • 会議名称 : 2007 PC Conference
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年8月2日~2007年8月4日
    • 発表者 : 遠藤教昭
    • 主催者 : CIEC
    • 開催場所 : 北海道大学(札幌市北区)
  11. コミュニティ形成型地域貢献
    • 会議名称 : 第11回学術情報処理研究集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年9月14日
    • 発表者 : 吉田 等明,佐藤由久,遠藤教昭,原 道宏
    • 開催場所 : 島根大学総合理工学部3号館2階多目的ホール(島根県松江市)
  12. 聴覚障害者が自身で行うプレゼンテーションの音声合成による支援
    • 会議名称 : 情報処理学会・情報システムと社会環境研究会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年11月5日~2007年11月6日
    • 発表者 : 遠藤 教昭、横尾 佳奈、 北村 一親
    • 主催者 : 情報処理学会・情報システムと社会環境研究会
    • 開催場所 : いわて県民情報交流センター(盛岡駅裏)
  13. オープンソースのe-learningシステムMoodleを用いた情報基礎科目の早期認定試験について
    • 会議名称 : 第12回学術情報処理研究集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月12日
    • 発表者 : 遠藤教昭,中西貴裕,吉田等明, 白倉孝行, 五味壮平
    • 開催場所 : 高知大学・メディアの森・6階メディアホール(高知県高知市)
  14. 音声合成と無線LANによる聴覚障害者のプレゼンテーション支援
    • 会議名称 : 第13回学術情報処理研究集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月18日
    • 発表者 : 遠藤教昭,中西貴裕,吉田等明, 北村 一親
    • 開催場所 : 秋田大学・秋田大学 60周年記念ホール(秋田県秋田市)
  15. 情報倫理教育と情報セキュリティ教育
    • 会議名称 : 第14回学術情報処理研究集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月10日
    • 発表者 : 吉田等明,劉忠達,中西貴裕,遠藤教昭
    • 開催場所 : 県民交流プラザ 和歌山ビッグ愛 1階大ホール(和歌山県和歌山市)
  16. 岩手大学における情報基礎科目の早期認定試験問題に関する評価
    • 会議名称 : 14回学術情報処理研究集会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月10日
    • 発表者 : 遠藤教昭,中西貴裕,吉田等明,白倉孝行,五味壮平
    • 開催場所 : 県民交流プラザ 和歌山ビッグ愛 1階大ホール(和歌山県和歌山市)
  17. 音声合成による聴覚障害者のプレゼンテーション支援
    • 会議名称 : 第6回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)
    • 開催期間 : 2010年11月14日
    • 発表者 : 遠藤 教昭,小笠原 朋美
    • 開催場所 : アエル ネット!U(仙台市)
  18. 高解像度衛星画像を用いた東日本大震災による八戸地区の津波被災状況の評価
    • 会議名称 : 地理情報システム学会・第20回研究発表大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年10月15日~2011年10月16日
    • 発表者 : 遠藤教昭、竹原明秀
    • 主催者 : 地理情報システム学会
    • 開催場所 : 鹿児島大学(鹿児島県鹿児島市)
  19. 東日本大震災のインターネット公開映像を用いた震災アーカイブの構築
    • 会議名称 : 日本災害情報学会・第14回学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年10月27日~2012年10月28日
    • 発表者 : 遠藤教昭、竹原明秀
    • 主催者 : 日本災害情報学会
    • 開催場所 : 東京大学(東京都文京区)
  20. Tsunami Disaster Archive of the Great East Japan Earthquake using Internet Uploaded Images
    • 会議名称 : 2nd International Conference on Digital Services, Internet and Applications (DSIA '13)
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年4月23日~2013年4月25日
    • 発表者 : Noriaki Endo and Akihide Takehara
    • 開催場所 : Aiina (Morioka-city, Iwate, Tohoku, JAPAN)
  21. Creating a Tsunami Disaster Archive of the Great Northeastern Japan Earthquake Using Images Uploaded to the Internet
    • 会議名称 : The 8th International Symposium on Digital Earth (ISDE 8)
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年8月26日~2013年8月29日
    • 発表者 : Noriaki Endo and Akihide Takehara
    • 主催者 : International Society for Digital Earth
    • 開催場所 : Borneo Convention Center, Kuching, Malaysia
  22. テレマティクス・データが示す東日本大震災後の岩手県沿岸部における通行可能な道路距離の推移
    • 会議名称 : 日本災害情報学会・第15回学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年10月26日~2013年10月27日
    • 発表者 : 小森勇人,遠藤教昭
  23. Road distance traveled by vehicles following the 2011 Tohoku Earthquake, calculated by G-BOOK telematics data
    • 会議名称 : The 9th International Conference on SIGNAL IMAGE TECHNOLOGY & INTERNET BASED SYSTEMS
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年12月2日~2013年12月5日
    • 発表者 : Hayato KOMORI and Noriaki ENDO
    • 主催者 : SITIS
    • 開催場所 : Kyoto Terrsa Conference Center, Kyoto-city, Japan.
  24. The convenience of temporary housing complexes in Iwate Prefecture constructed after the 2011 Tohoku Earthquake
    • 会議名称 : 7th IGRSM International Conference on Remote Sensing & GIS
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年4月21日~2014年4月22日
    • 発表者 : Risa Shibutani and Noriaki Endo
    • 主催者 : IGRSM Institution of Geospatial and Remote Sensing Malaysia
    • 開催場所 : Kuala Lumpur, Malaysia
  25. Changes in the Level of Convenience of the Iwate Prefecture Temporary Housing Complexes Constructed after the 2011 Tohoku Earthquake
    • 会議名称 : 2nd International Conference on Innovations in Engineering and Technology (ICCET’2014)
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月19日~2014年9月20日
    • 発表者 : Shin-ichi Konno, Risa Shibutani, and Noriaki Endo
    • 開催場所 : Penang, Malaysia
  26. Beyond the 2011 Tohoku Earthquake: Utilizing Various Data Available on the Internet for Disaster Analysis and Education
    • 会議名称 : 2nd International Conference on Innovations in Engineering and Technology (ICCET’2014)
    • 発表形態 : 口頭(基調)
    • 開催期間 : 2014年9月19日~2014年9月20日
    • 発表者 : Noriaki Endo
    • 開催場所 : Penang, Malaysia
  27. Analysis of Vehicle Tracking Maps in Iwate Prefecture Following the 2011 Tohoku Earthquake
    • 会議名称 : The 2015 IAENG International Conference on Computer Science
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月18日~2015年3月20日
    • 発表者 : Noriaki Endo and Hayato Komori
    • 主催者 : International Association of Engineers
    • 開催場所 : Hong Kong
  28. Regional Difference on Road Recovery in Iwate Prefecture Following the 2011 Tohoku Earthquake
    • 会議名称 : World Congress on Engineering and Computer Science 2015
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月21日~2015年10月23日
    • 発表者 : Noriaki Endo and Hayato Komori
    • 主催者 : International Association of Engineers
    • 開催場所 : University of California, Berkeley, USA
  29. Regional Differences in Miyagi Prefecture Road Recovery Following the 2011 Tohoku Earthquake
    • 会議名称 : The 2016 IAENG International Conference on Computer Science
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月16日~2016年3月18日
    • 発表者 : Noriaki Endo
    • 主催者 : International Association of Engineers
    • 開催場所 : Hong Kong
  30. The convenience of post-disaster recovery housing complexes in Iwate Prefecture constructed after the 2011 Tohoku Earthquake
    • 会議名称 : World Congress on Engineering and Computer Science 2016
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年10月19日~2016年10月21日
    • 発表者 : Shin-ichi Konno and Noriaki Endo
    • 主催者 : International Association of Engineers
    • 開催場所 : University of California, Berkeley, USA
  31. Convenience Rating of Post-disaster Recovery Housing Complexes Constructed in Miyagi Prefecture following the 2011 Tohoku Earthquake
    • 会議名称 : International Symposium on Digital Earth and Locate17
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2017年4月3日~2017年4月6日
    • 発表者 : Noriaki Endo and Wu Jieling
    • 主催者 : International Society for Digital Earth and Locate17
    • 開催場所 : International Conference Centre, Sydney, Australia
所属学会・委員会
  1. International Association of Engineers (継続中~継続中)
  2. International Society for Digital Earth (継続中~継続中)
  3. 地理情報システム学会 (9999年1月1日~継続中)
  4. 日本災害情報学会 (継続中~継続中)
  5. コンピュータ利用教育学会 (2001年1月1日~継続中)
  6. 日本矯正歯科学会 (9999年1月1日~継続中)
  7. 日本頭蓋顎顔面外科学会 (継続中~継続中)
  8. 東北矯正歯科学会 (9999年1月1日~継続中)
  9. 日本リモートセンシング学会 (9999年1月1日~継続中)
  10. 日本写真測量学会 (9999年1月1日~継続中)
  11. 岩手ネットワークシステム・地域と情報システム研究会 (9999年1月1日~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 岩手ネットワークシステム・地域と情報システム研究会 幹事(2000年1月1日~継続中)
学会活動2(国際会議などの座長)
  1. The IAENG International Conference on Computer Science (ICCS'15) [The International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2015 (2015年3月)]
  2. The IAENG International Conference on Computer Science (ICCS'16) [The International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2016 (2016年3月)]
生涯学習支援実績
  1. 東日本大震災のインターネット公開映像を用いた震災アーカイブの構築
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 「東日本大震災のインターネット公開映像を用いた震災アーカイブの構築」、受講者数38名、岩手県立大船渡高等学校
    • 開催期間 : 2013年9月
  2. 東日本大震災と震災情報学
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 「東日本大震災と震災情報学」、受講者数20名、宮城県多賀城高等学校
    • 開催期間 : 2015年7月
  3. 東日本大震災と震災情報学
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 「東日本大震災と震災情報学」、受講者数20名、岩手県立宮古高等学校
    • 開催期間 : 2015年9月
産学官民連携活動
  1. 産官学交流組織 INS(岩手ネットワークシステム)「地域と情報システム研究会」
    • 実績年度 : 2004年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  2. 産官学交流組織 INS(岩手ネットワークシステム)「地域と情報システム研究会」
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  3. 協働型GISワークショップ(2008/1/26)
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  4. 産官学交流組織 INS(岩手ネットワークシステム)「地域と情報システム研究会」
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  5. 産官学交流組織 INS(岩手ネットワークシステム)「地域と情報システム研究会」
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  6. MIUカフェ、2011年6月23日(木)18:30~20:30、コラボMIU(盛岡市産学官連携研究センター)
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  7. 地理情報システム学会(GISA)東北セミナー2011~災害復旧・復興期におけるGIS~、:2011年8月25日(木)14:00~17:00 、いわて県民情報交流センター(アイーナ)7階
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  8. MIUカフェ、2012年8月23日(木)18:30~20:30、コラボMIU(盛岡市産学官連携研究センター)
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  9. 産官学交流組織 INS(岩手ネットワークシステム)「地域と情報システム研究会」
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  10. 東日本大震災2周年シンポジウム -復興の支援と日本の再生—災害科学国際研究所の役割と貢献-
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  11. 東北大学災害復興新生研究機構シンポジウム~「東北復興・日本新生の先導」を目指して~
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  12. 産官学交流組織 INS(岩手ネットワークシステム)「地域と情報システム研究会」2016年1月5日(火)、6日(水)
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2005年度
    • 学術講演会「地理情報システムの応用」
      東北大学歯学部
  2. 2015年度
    • 「生体機能の理解にもとづく災害ストレス支援の推進事業」の最終報告会へ参加し、被災地への地域貢献のありかたに関して考察した。
  3. 2015年度
    • 「放射性物質の環境中における挙動と食物への移行」の講演会に参加し、地域の環境の問題に関して考察した
活動履歴
  1. 2006年度
    • 学科・課程等での業務分担
    • 学科・課程等での業務分担
    • 学科・課程等での業務分担
  2. 2004年度
    • 教育研究支援施設等業務
  3. 2005年度
    • 教育研究支援施設等業務
    • コンピュータシステム導入委員会
    • コンピュータシステム策定委員会
  4. 2006年度
    • 教育研究支援施設等業務
    • 課程・専攻合同委員会
    • 学部教育後援会
    • 図書館情報システム仕様策定委員会
  5. 2007年度
    • 教育研究支援施設等業務
  6. 2008年度
    • 教育研究支援施設等業務
    • バイオセーフティー委員会
    • 環境管理システム委員会
  7. 2009年度
    • 教育研究支援施設等業務
  8. 2010年度
    • 情報処理センター コンピュータシステム仕様策定委員会
    • 情報メディアセンター情報処理部門会議
    • 教務委員会
    • 就職委員会
  9. 2011年度
    • 就職委員会
    • 教務委員会
    • 教員選考委員会
    • 情報メディアセンター情報処理部門会議
    • 図書館情報システム仕様策定委員会
    • コンピュータシステム策定委員会
    • 情報メディアセンター部門長調査研究部会会議
    • 情報処理センター コンピュータシステム導入委員会
  10. 2010年度
    • 情報メディアセンター部門長調査研究部会会議
  11. 2012年度
    • 情報処理部門会議
    • 教務委員会
    • 教員選考委員会
    • 就職委員会
  12. 2013年度
    • 情報処理部門会議
    • 教務委員会
    • 国際交流委員会
    • 教員選考委員会
  13. 2014年度
    • 教務委員会
    • 入試委員会
    • 情報化推進委員会
  14. 2015年度
    • 入試委員会
    • 広報委員会
    • 情報基盤センター・コンピュータシステム仕様策定委員会
    • 教員選考委員会