サブメニュー
更新日 : 2017年4月27日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名山本 昭彦 (YAMAMOTO Akihiko)
所属専攻講座岩手大学 人文社会科学部 人間文化課程
職名
生年月日
研究室電話番号
研究室FAX番号
出身大学
  1. 国際基督教大学 教養学部 人文科学科(フランス文学)
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1981年3月
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. パリ第8大学博士課程(Universite Paris VIII, 3e cycle) フランス文学・比較文学科(litterature francaise et comparee) フランス文学・比較文学コース
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 1984年10月
    • 修了区分 : その他
  2. 国際基督教大学 比較文化研究科 比較文学(フランス文学)
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 1987年3月
    • 修了区分 : 単位取得満期退学
取得学位
  1. 文学修士
    • 学位の分野 : 各国文学・文学論
    • 学位授与機関 : 国際基督教大学
    • 取得年月日 : 1983年3月
学内職務経歴
  1. 岩手大学 人文社会科学部
    • [兼務] その他 (2004年4月1日~2006年3月31日)
  2. 岩手大学
    • [兼務] その他 (2007年4月1日~2009年3月31日)
  3. 岩手大学
    • [兼務] その他 (2009年4月1日~2011年3月31日)
  4. 岩手大学 教員養成機構 (廃止組織)
    • [兼務] 教授 (2011年4月1日~2012年3月31日)
  5. 岩手大学 大学教育総合センター (廃止組織)
    • [兼務] 教授 (2011年4月1日~2013年3月31日)
  6. 岩手大学 教育推進機構
    • [兼務] 教授 (2014年4月1日~2016年3月31日)
  7. 岩手大学 三陸復興・地域創生推進機構
    • [兼務] 教授 (2016年4月1日~2018年3月31日)
学外略歴
  1. 国際基督教大学教養学部
    • [助手] (1981年9月1日~1983年8月31日)
  2. 国際基督教大学教養学部
    • [助手] (1985年9月1日~1987年8月31日)
  3. 岩手医科大学教養部
    • [講師] (1989年4月1日~1990年3月31日)
  4. 筑波大学第二学群比較文化学類
    • [非常勤講師] (1993年6月1日~1994年3月31日)
  5. 富山大学人文学部
    • [講師] (1997年1月1日~1997年3月31日)
  6. 千葉大学文学部
    • [講師] (2008年10月1日~2009年3月31日)
  7. 千葉大学文学部
    • [講師] (2009年4月1日~2009年9月30日)
  8. 千葉大学文学部
    • [講師] (2009年10月1日~2010年3月31日)
  9. 千葉大学文学部
    • [講師] (2010年4月1日~2010年9月30日)
専門分野(科研費分類)
  1. 各国文学・文学論
  2. 各国文学・文学論
  3. 美学・美術史
研究分野を表すキーワード
  1. ボードレール
  2. ユートピア思想
可能な出前講義
  1. ボードレールの詩と批評 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      19世紀フランスの詩人ボードレールは韻文詩、散文詩の試みと同時に美術批評、音楽批評を行い、文学に批評意識をもたらし、詩の新しい地平を開いた。
  2. ユートピア文学とは? [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      ニホンにはユートピア文学が少ないように思えるが、ヨーロッパにはプラトンの昔から、またトマス・モア以降、さらには19世紀以降はSFなども含めて、無数のユートピア文学が書かれてきた。「ユートピア」とは何か。また、「ユートピア」を考える志向性は何をもたらしてくれるのか。比較文明論的に概観する。
担当授業科目
  1. 2004年度
    • 初級フランス語(入門)
    • 中級フランス語
    • 表象文化論Ⅲ
    • 表象文化論Ⅳ
    • 比較文学論Ⅰ
    • 表象文化論演習・実習Ⅰ
    • 表象文化論演習・実習Ⅱ
    • 文化システム論Ⅳ演習(表象文化論)
    • 文化論コロキウムⅦ
    • 文化論コロキウムⅧ
    • 総合科学論Ⅰ
    • 文化システム論
    • 文化研究方法論
    • 国際文化入門
  2. 2005年度
    • 初級フランス語(入門)
    • 中級フランス語
    • 国際文化入門
    • 表象文化論Ⅰ
    • 表象文化論Ⅱ
    • 比較文学論Ⅱ
    • 表象文化論演習・実習Ⅲ
    • 表象文化論演習・実習Ⅳ
    • 文化システム論Ⅳ特論(表象文化論)
    • 文化論コロキウムⅡ
    • 文化論コロキウムⅠ
    • 基礎ゼミ
    • 文化システム論
    • 文化研究方法論
  3. 2006年度
    • 総合科学論Ⅰ
  4. 2007年度
    • 表象文化論演習Ⅳ
  5. 2008年度
    • 文化システム論
    • 初級フランス語(発展)
    • 文化の伝統と現代
    • 表象文化論演習Ⅵ
    • 表象文化論Ⅳ
    • 文化論コロキウムⅧ
    • 比較文学論Ⅱ
    • 表象文化論特別演習Ⅱ
  6. 2009年度
    • 文化論コロキウムⅠ
    • 初級フランス語(発展)
    • 表象文化論特論Ⅱ
    • 表象文化論特論Ⅰ
    • 比較文学論Ⅲ
    • 文化論コロキウムⅡ
    • 初級フランス語(入門)
    • 表象文化論Ⅰ
    • 表象文化論Ⅱ
    • 表象文化論演習Ⅰ
    • 表象文化論演習Ⅱ
    • 表象文化論特講Ⅳ
    • 文化システム論
    • 文化研究方法論
    • 国際文化入門
    • イーハトーブ・ミニマム・プログラム
    • 総合科学論Ⅰ
  7. 2010年度
    • 文化研究方法論
    • 国際文化入門
    • 文化論コロキウムⅢ
    • 文化システム論
    • 文化論コロキウムⅣ
    • 宮沢賢治の思想と文学
  8. 2011年度
    • 文化論コロキウムⅤ
    • 文化研究方法論
    • 総合科学論Ⅰ
    • 国際文化入門
    • イーハトーブ・ミニマム・プログラム
    • 初級フランス語(発展)
    • 文化論コロキウムⅥ
    • 表象文化論Ⅱ
    • 表象文化論特講Ⅱ
    • 表象文化論演習Ⅵ
    • 表象文化論特論Ⅱ
    • 文化システム論
    • 宮沢賢治の思想と文学
    • 北上川流域学実習
  9. 2012年度
    • 初級フランス語(入門)
    • 初級フランス語(発展)
    • 表象文化論Ⅲ
    • 表象文化論演習Ⅰ
    • 表象文化論特別演習Ⅰ
    • 国際文化入門
    • 文化研究方法論
    • 文化論コロキウムⅦ
    • 宮沢賢治の思想と文学
    • 初級フランス語(発展)
    • 表象文化論Ⅳ
    • 表象文化論特講Ⅲ
    • 比較文学論Ⅰ
    • 表象文化論演習Ⅱ
    • 特別研究
  10. 2013年度
    • 初級フランス語(入門)
    • 初級フランス語(発展)
    • 表象文化論Ⅰ
    • 表象文化論演習Ⅲ
    • 国際文化入門
    • 文化論コロキウムⅠ
    • 総合科学論Ⅰ
    • 初級フランス語(発展)
    • 表象文化論Ⅱ
    • 表象文化論特講Ⅳ
    • 比較文学論Ⅱ
    • 表象文化論演習Ⅳ
    • 文化システム論
    • 文化論コロキウムⅡ
    • 国際文化研究
    • 特別研究
  11. 2014年度
    • 表象文化論特論Ⅰ
    • 基礎ゼミナール
    • 初級フランス語(入門)
    • 初級フランス語(発展)
    • 表象文化論Ⅲ
    • 表象文化論演習Ⅴ
    • 表象文化論特論Ⅱ
    • 宮沢賢治の思想と文学
    • 初級フランス語(発展)
    • 表象文化論Ⅳ
    • 表象文化論特講Ⅰ
    • 表象文化論演習Ⅵ
    • 特別研究指導
  12. 2015年度
    • 初級フランス語(入門)
    • 初級フランス語(発展)
    • 表象文化論Ⅰ
    • 表象文化論Ⅲ
    • 比較文学論Ⅲ
    • 表象文化論演習Ⅰ
    • 表象文化論特別演習Ⅰ
    • 初級フランス語(発展)
    • 文化システム論
    • 表象文化論Ⅱ
    • 表象文化論特講Ⅱ
    • 表象文化論演習Ⅱ
    • 表象文化論特別演習Ⅱ
    • 特別研究
授業評価
  1. 2014年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 学生による授業評価アンケートでは格別高い評価も低い評価もないように思うが、見ていると学生は瞬時のうちにアンケートに回答しており、本当にちゃんと答えてくれているのか不安にもなる。
      幸い近年は語学では少人数のクラスが実現しているので、常に学生の反応を見ながら対応している。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : おおむね好評と思う。
  2. 2015年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 学生による授業評価アンケートでは進度や説明は適当という評価が多かった。学生は配られたアンケートには瞬時のうちに回答しており、本当にちゃんと振り返り答えてくれているのかやや不安にもなる。
      幸い語学では少人数クラスなので、常に学生の反応を見ながら対応している。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : おおむね好評。授業準備の熱意も伝わっていると思う。
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2004年度
    • 卒業研究指導(学部) 1人
  2. 2005年度
    • 卒業研究指導(学部) 6人
  3. 2006年度
    • 卒業研究指導(学部) 8人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
  4. 2008年度
    • 卒業研究指導(学部) 9人
  5. 2009年度
    • 卒業研究指導(学部) 5人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 副研究指導(学部) 1人
  6. 2010年度
    • 卒業研究指導(学部) 5人
    • 副研究指導(学部) 12人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
  7. 2011年度
    • 卒業研究指導(学部) 8人
    • 副研究指導(学部) 13人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
  8. 2014年度
    • 卒業研究指導(学部) 7人
    • 副研究指導(学部) 5人
    • 補助研究指導(学部) 8人
    • 学位論文審査(学部・主査) 7人
    • 学位論文審査(学部・副査) 5人
  9. 2015年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 副研究指導(学部) 10人
    • 補助研究指導(学部) 8人
    • 学位論文審査(学部・主査) 2人
    • 学位論文審査(学部・副査) 10人
    • 学位論文審査(修士・副査) 2人
教材作成
  1. 古典文学アンソロジー
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2014年度
  2. 19世紀のフランス詩アンソロジー
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2015年度
学生向け課外活動・セミナーの実施
  1. 2013年度
    • 文化システムコース・学外セミナー(巡検)
      (秋田県増田町・内蔵、まんが美術館等見学)
学生課外活動の指導(サークル等の顧問等)の実施
  1. 2000年度
    • 写真部顧問。
  2. 2001年度
    • 写真部顧問。
  3. 2002年度
    • 写真部顧問。
  4. 2003年度
    • 写真部顧問。
  5. 2004年度
    • 写真部顧問。
      Pre美術部顧問。
  6. 2005年度
    • 写真部顧問。
      PRE美術部顧問。
  7. 2006年度
    • 写真部顧問。
      PRE美術部顧問。
      映画研究会顧問。
  8. 2007年度
    • 写真部顧問。
      PRE美術部顧問。
      映画研究会顧問。
  9. 2008年度
    • 写真部顧問。
      PRE美術部顧問。
      映画研究会顧問。
  10. 2009年度
    • 写真部顧問。
      PRE美術部顧問。
      映画研究会顧問。
  11. 2010年度
    • 写真部顧問。
      PRE美術部顧問。
      映画研究会顧問。
  12. 2011年度
    • 写真部顧問。
      PRE美術部顧問。
  13. 2012年度
    • 写真部顧問。
      PRE美術部顧問。
  14. 2013年度
    • 写真部顧問。
      Pre美術部顧問。
      JACKASS(フットサル部)顧問。
  15. 2014年度
    • 写真部顧問。
      Pre美術部顧問。
      JACKASS(フットサル部)顧問。
  16. 2015年度
    • 写真部顧問。
      Pre美術部顧問。
      JACKASS(フットサル部)顧問。
研究経歴
  1. ボードレールと19世紀の芸術批評(1983年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : ボードレール、批評、詩,
    • 専門分野(科研費分類) :
      各国文学・文学論美学・美術史
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
      文献による研究。各地に所蔵の19世紀絵画の実地検証。
  2. 永井荷風(1987年4月~1995年3月)
    • 研究課題キーワード : 荷風、批評、詩
    • 専門分野(科研費分類) :
      各国文学・文学論
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
      荷風の訳詩、また滞仏後の作品の比較文学的研究。
  3. 宮沢賢治(1994年1月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 詩、近代、翻訳
    • 専門分野(科研費分類) :
      各国文学・文学論
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
論文
  1. Le développement du "Train de nuit dans la Voie lactée" et la question du modernisme chez Miyazawa kenji [アルテス・リベラレス(岩手大学人文社会科学部紀要), (58), (1996年6月), pp.1-11] Akihiko YAMAMOTO
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  2. 風の又三郎は本当に学校を去ったのか? [人間・文化・社会, (1997年1月), pp.203-226-]
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  3. ボードレール「腐肉」とセザンヌ、マティス [アルテス・リベラレス, (72), (2003年6月), pp.23-32]
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  4. あの青いところのはて-サハリン旅行を終えて- [『新たな賢治学の構築を目指して-「宮沢賢治の文理融合的総合研究」報告書-』, (2005年3月31日), pp.10-15] 山本昭彦
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  5. 教室の風景-賢治と学校 [アルテス・リベラレス, (78), (2006年6月20日), pp.61-72]
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  6. 小林秀雄と『我が毒』 [言語と文化・文学の諸相, (2008年3月21日), pp.341-347]
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  7. ヌイイの白い家とボードレールの二つの詩 [女性・ヒロイン・社会 -国際シンポジウム成果報告論文集-, (2011年2月28日), pp.149-158] 山本昭彦
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  8. Un moi électrique -Le Printemps et Ashura de Kenji MIYAZAWA [Modernités, (36), (2014年5月26日), pp.247-256] Akihiko YAMAMOTO
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 〈文化〉を考える (共著) [お茶の水書房 (2008年3月31日)] 杉浦直、菊地良夫ほか4名
    • 著書種別 : 教科書
    • 担当部分 :
      第3章「ユートピアと美術館-表象文化論の立場から-」(77-105頁)
  2. 小林秀雄全集・補巻Ⅰ(註解 追補 上) [新潮社 (2010年4月11日)] 小林秀雄,小林秀雄全集編集室,堀内督久,長野俊一,山崎冬太,山本昭彦ほか
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
    • 担当部分 :
      フランス文学・日本文学・比較文学・絵画・音楽関係の注(1330項目) の執筆と監修
  3. 小林秀雄全集・補巻Ⅱ(註解 追補 中) [新潮社 (2010年6月11日)] 小林秀雄,小林秀雄全集編集室,堀内督久,長野俊一,山崎冬太,山本昭彦ほか
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
    • 担当部分 :
      フランス文学・日本文学・比較文学・絵画・音楽関係の注(1330項目) の執筆と監修
  4. 小林秀雄全集・補巻Ⅲ(註解 追補 下) [新潮社 (2010年8月10日)] 小林秀雄,小林秀雄全集編集室,堀内督久,長野俊一,山崎冬太,山本昭彦ほか
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
    • 担当部分 :
      フランス文学・日本文学・比較文学・絵画・音楽関係の注(1330項目) の執筆と監修
  5. 宮澤賢治イーハトヴ学事典 [弘文堂 (2010年12月15日)] 天沢退二郎,金子務,鈴木貞美
    • 著書種別 : 辞典・辞書
    • 担当部分 :
      「盛岡高等農林学校」p.500-502, 「盛岡高等農林学校蔵書目録」p.502-503
  6. 賢治とイーハトーブの「豊穣学」(共著) [大河書房 (2013年3月27日)] 砂山稔、池田成一ほか12名
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      宮沢賢治「発電所」と「詩への愛憎」(56-72頁)
  7. 賢治学 第1輯 [東海大学出版部 (2014年6月1日)] 岩手大学宮沢賢治センター編
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
    • 担当部分 :
      編集全般(大野眞男編集長と共に)、査読。また、「賢治学発刊にあたって」p.v-vii
  8. 賢治学 第2輯 [東海大学出版部 (2015年6月10日)] 岩手大学宮沢賢治センター編
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
    • 担当部分 :
      編集全般(大野眞男編集長と共に)、査読。また、「第2輯に寄せて」 p.iii-iv
  9. 賢治学 第3輯 [東海大学出版部 (2016年6月20日)] 岩手大学宮沢賢治センター編
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
    • 担当部分 :
      編集全般(大野眞男編集長と共に)、査読。また巻頭の「第3輯に寄せて」 p.iii-iv
総説・解説記事
  1. 『小林秀雄全作品』全26集、フランス文学・日本文学・比較文学・絵画・音楽関係の注の執筆と監修 [新潮社, 『小林秀雄全作品』全26集, (2005年5月)] 小林秀雄全集編集室、山本昭彦、山崎冬太
    • 掲載種別 : その他
  2. 宮沢賢治ビブリオグラフィー2006 [宮沢賢治学会イーハトーブセンター, 宮沢賢治研究Annual, 17, (2007年3月31日), pp.1-93] 秋枝美保、天沢退二郎ほか20名
    • 掲載種別 : その他
  3. 小林秀雄『作家の顔』、フランス文学・日本文学・比較文学・絵画・音楽関係の注の執筆と監修 [新潮社, 小林秀雄『作家の顔』(新潮文庫), (2007年8月25日), pp.343-431] 小林秀雄全集編集室、山本昭彦ほか
    • 掲載種別 : その他
  4. 宮沢賢治ビブリオグラフィー2007 [宮沢賢治学会イーハトーブセンター, 宮沢賢治研究Annual, 18, (2008年3月31日), pp.1-111] 秋枝美保、天沢退二郎ほか19名
    • 掲載種別 : その他
  5. 宮沢賢治ビブリオグラフィー2008 [宮沢賢治学会イーハトーブセンター, 宮沢賢治研究Annual, 19, (2009年3月31日), pp.1-105] 秋枝美保、天沢退二郎ほか20名
    • 掲載種別 : その他
  6. 宮沢賢治ビブリオグラフィー2009 [宮沢賢治学会イーハトーブセンター, 宮沢賢治研究Annual, 20, (2010年3月31日), pp.1-105] 秋枝美保、天沢退二郎ほか20名
    • 掲載種別 : その他
  7. 宮沢賢治ビブリオグラフィー2010 [宮沢賢治学会イーハトーブセンター, 宮沢賢治研究Annual, 21, (2011年3月31日), pp.1-107] 秋枝美保、天沢退二郎ほか18名
    • 掲載種別 : その他
  8. 宮沢賢治ビブリオグラフィー2011 [宮沢賢治学会イーハトーブセンター, 宮沢賢治研究Annual, 22, (2012年3月31日), pp.1-99] 秋枝美保、天沢退二郎ほか20名
    • 掲載種別 : 機関誌
  9. 宮沢賢治ビブリオグラフィー2012 [宮沢賢治学会イーハトーブセンター, 宮沢賢治研究Annual, 23, (2013年3月31日), pp.1-117] 秋枝美保、天沢退二郎ほか20名
    • 掲載種別 : 機関誌
  10. 『春と修羅』と賢治にとっての本 [慶應義大学出版会, 松田隆美編『書物の来歴、読者の役割』, (2013年10月15日), pp.163-180] 山本昭彦
    • 掲載種別 : 論文に準じたプロシーディング
  11. 宮沢賢治ビブリオグラフィー2013 [宮沢賢治学会イーハトーブセンター, 宮沢賢治研究 Annual, (24), (2014年3月31日), pp.1-92] 秋枝美保、天沢退二郎ほか22名
    • 掲載種別 : 学術誌
  12. 関教授からの篤い信頼 [平凡社, 別冊太陽 宮澤賢治, (2014年5月21日), pp.20-21] 山本昭彦、杉浦静、栗原敦ほか
    • 掲載種別 : その他
  13. 宮沢賢治ビブリオグラフィー2014 [宮沢賢治学会イーハトーブセンター, 宮沢賢治研究 Annual, (25), (2015年3月31日), pp.1-101] 秋枝美保、天沢退二郎、富山英俊ほか20名
    • 掲載種別 : 学術誌
  14. 宮沢賢治ビブリオグラフィー2015 [宮沢賢治学会イーハトーブセンター, 宮沢賢治研究 Annual, 26, (2016年3月31日), pp.1-95] 秋枝美保、天沢退二郎、富山英俊ほか20名
    • 掲載種別 : 学術誌
研究発表
  1. Le développement du "Train de nuit dans la voie lactée" et la question du modernisme chez Miyazawa Kenji
    • 会議名称 : Le Dépassement de la modernité, hier et aujourd'hui
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 1995年3月6日~1995年3月11日
    • 発表者 : Akihiko YAMAMOTO, Augustin Berque
    • 主催者 : Centre de Recherches sur le Japon contemporain
    • 開催場所 : Ecole des Hautes Etudes en Sciences Sociales, Paris
  2. 小林秀雄と外国の文学・芸術
    • 会議名称 : 日本比較文学会東北・北海道大会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2005年9月10日
    • 発表者 : 山本昭彦,池田雅延,長野俊一,山崎冬太
    • 主催者 : 日本比較文学会東北・北海道支部
    • 開催場所 : 岩手大学人文社会科学部
  3. 比較文学研究の射程
    • 会議名称 : 日本比較文学会東北支部 第5回比較文学研究会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2007年7月28日
    • 発表者 : 山本昭彦,井上健,江島宏隆,森岡卓司,佐藤伸宏
    • 主催者 : 日本比較文学会東北支部
    • 開催場所 : 仙台市青年文化センター(仙台市青葉区)
  4. 賢治的建築学
    • 会議名称 : 宮沢賢治学会イーハトーブセンター 冬季セミナー
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2007年12月8日
    • 発表者 : 山本昭彦,天沢退二郎,宮澤助五郎,山根知子,
    • 主催者 : 宮沢賢治学会イーハトーブセンター
    • 開催場所 : 花巻市宮沢賢治学会イーハトーブセンター
  5. ユートピア文学はどこにあるのか
    • 会議名称 : 日本比較文学会2010年度東北大会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2010年12月4日
    • 発表者 : 山本昭彦,加藤隆,中村唯史,諸坂成利
    • 主催者 : 日本比較文学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学学生センター棟G2大教室
  6. Sur la poésie de Kenji MIYAZAWA
    • 会議名称 : Séminaire sur l'expérience poétique
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2012年3月27日
    • 発表者 : Akihiko YAMAMOTO
    • 主催者 : l'Universite de Bordeaux III, prof.Eric Benoit
    • 開催場所 : l'Universite de Bordeaux III, Bordeaux, France
  7. 宮沢賢治と「修羅」の意識
    • 会議名称 : 第10回比較文学研究会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年7月28日
    • 発表者 : 山本昭彦
    • 主催者 : 日本比較文学会東北支部
    • 開催場所 : 仙台市青年文化センター
  8. Le Printemps et Ashura de Kenji MIYAZAWA et la quatrième dimension
    • 会議名称 : Colloque international "Soi disant - poésie et empêchements"
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2012年9月12日~2012年9月13日
    • 発表者 : Akihiko YAMAMOTO
    • 主催者 : l'Université de Bordeaux III, prof. Eric Benoit
    • 開催場所 : l'Université de Bordeaux III, Bordeaux, France
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 萌芽研究
    • 支払支給期間 : 2004年4月~2006年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2004年度・1,700,000円・0円
      2005年度・1,600,000円・0円
所属学会・委員会
  1. 日本フランス語フランス文学会 (1986年10月1日~継続中)
  2. 日本比較文学会 (1988年10月~2013年5月31日)
  3. Association Internationale de Littérature Comparée (1989年1月1日~2013年5月31日)
  4. 宮沢賢治学会イーハトーブセンター (2005年9月1日~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 日本比較文学会 東北支部役員(2000年6月~2013年5月31日)
  2. 宮沢賢治学会イーハトーブセンター 編集委員(2006年10月1日~2010年9月30日)
  3. 宮沢賢治学会イーハトーブセンター ビブリオグラフィー委員(2006年10月1日~継続中)
  4. 日本フランス語フランス文学会 東北支部代表幹事(2009年6月1日~2011年7月15日)
  5. 日本比較文学会 東北支部事務局長(2010年9月1日~2013年3月31日)
  6. 日本フランス語フランス文学会 東北支部支部長(2014年5月26日~2016年5月25日)
  7. 宮沢賢治学会イーハトーブセンター 理事、編集委員(2014年9月23日~継続中)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 2005年度「日本比較文学会東北・北海道大会」シンポジウム〈小林秀雄と外国の文学・芸術〉 (2005年9月)
    • 参加者数 : 40人
  2. 日本フランス語フランス文学会 2008年度秋季大会(実行委員長) (2008年11月)
    • 参加者数 : 300人
  3. 日本比較文学会2010年度東北大会,シンポジウム〈ユートピア文学はどこにあるのか〉 (2010年12月)
    • 参加者数 : 30人
  4. 2012年度日本フランス語フランス文学会東北支部大会 (2012年11月)
    • 参加者数 : 65人
学会活動2(国際会議などの座長)
  1. シンポジウム第2日座長 [女性・ヒロイン・社会 -国際シンポジウム (2010年9月)]
  2. president de l session "Poetiques de la mesure" [Colloque international "Soi disant. Poesie et empechement" (2012年9月)]
  3. シンポジウム「イーハトーブは今どこにあるのか」 [宮沢賢治学会第4回国際研究大会 (2016年8月)]
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. 比較文学(日本比較文学会) [査読 (2003年3月)]
  2. 宮沢賢治研究Annual vol.17 [編集 (2007年3月)]
  3. 宮沢賢治研究Annual vol.18 [編集 (2008年3月)]
  4. 宮沢賢治研究Annual vol.19 [編集 (2009年3月)]
  5. 宮沢賢治研究Annual vol.20 [編集 (2010年3月)]
  6. Nord-Est 3・4号 [査読 (2010年10月)]
  7. Nord-Est 5・6号 [査読 (2013年5月)]
  8. 宮沢賢治研究Annual vol.25 [編集 (2015年3月)]
  9. Nord-Est 7・8号 [査読 (2015年8月)]
  10. 宮沢賢治研究Annual vol.26 [査読 (2016年3月)]
マスメディアによる報道
  1. 2014年度
    • 「賢治を愛する人に」との見出しのもと、岩手大学宮澤賢治センター編『賢治学 第一輯』(2014.6.1.東海大学出版部刊)の紹介。宮澤賢治センター代表として取材を受け、新たな成果の発信を伝える。毎日新聞、2014.6.21.付け、「岩手」面(21面)、3段、写真入りで掲載。
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • 山本が代表を務め編集委員でもある岩手大学宮沢賢治センター編集、東海大学出版部発行の『賢治学 第1輯』の書評、紹介記事。
      岩手日報、2014.7.22.付け、「読書」面(9面)、「郷土の本棚」欄に6段、表紙写真入りで掲載。
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • 「国立大「ご当地名物」研究」という6段記事の中で「大学の主な「ミッション」の例」として、「宮沢賢治を中心とする「岩手の文化的豊穣性」を解明」が取り上げられている。これは、共同研究「岩手豊穣学」(代表:砂山稔)、とその成果の刊行(砂山・池田・山本編『賢治とイーハトーブの「豊穣学」』、大河書房、2013)を背景としている。
      朝日新聞、2014.8.18.付。
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 全国報道
国・地方自治体等の委員歴
    • 委員会等名 : 大学入試センター
    • 役職名 : 教科科目第一委員
    • 就任期間 : 2003年4月~2005年3月
  1. 岩手県
    • 委員会等名 : 岩手県文化芸術振興審議会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2014年5月~2016年5月
生涯学習支援実績
  1. 高校生のための欧米の文学
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : フランス文学とスタンダールの『赤と黒』
    • 開催期間 : 2004年10月
  2. 放送大学面接授業
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : これから始めるフランス語
    • 開催期間 : 2005年11月
  3. 宮沢賢治センター(岩手大学内)定例研究会
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 司会(年に2回程度)
    • 開催期間 : 2006年7月~継続中
  4. 放送大学面接授業
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : (フランス語初級)
    • 開催期間 : 2006年11月
  5. 実用フランス語技能検定試験
    • 種類 : 語学検定試験
    • 担当部門(講演題目) : 実用フランス語技能検定試験(主催:財団法人フランス語教育振興協会、後援:文部科学省、略称:仏検)岩手会場の統括責任者。年2回(全級、各一次試験、二次試験)実施。
    • 開催期間 : 2007年6月~継続中
  6. 放送大学面接授業
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : (フランス語初級)
    • 開催期間 : 2009年5月
  7. 宮沢賢治センター(岩手大学内)
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 代表
    • 開催期間 : 2013年6月~2014年6月
  8. はなまき賢治セミナー
    • 種類 : 市民講座
    • 担当部門(講演題目) : 第4回 賢治さんの青春期~盛岡に学ぶ
    • 開催期間 : 2013年8月
  9. 宮沢賢治センター(岩手大学内)定例研究会
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 風の又三郎と赤いうちわ
    • 開催期間 : 2013年9月
  10. シニアカレッジ
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 賢治
    • 開催期間 : 2014年9月
  11. ミュージアムボランティア・スキルアップ講座
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 賢治と盛岡高等農林学校
    • 開催期間 : 2015年2月
  12. リバイバル賢治
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 対談「盛岡高等農林学校時代の賢治」(宮沢和樹氏と)
    • 開催期間 : 2016年9月
産学官民連携活動
  1. 板橋区・岩手大学連携講座「盛岡高等農林学校と宮澤賢治」
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
国際交流活動
  1. 2016年度
    • 外国人受入れ(私費留学生)
      • 交流機関・事業等名 :
        岩手大学人文社会科学部研究生
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        研究生の受け入れ
他大学等の非常勤講師
  1. 慶應義塾大学
    • 極東証券寄付講座「文献学の世界 -書物の来歴・と読者の役割」の一環として、「宮沢賢治『春と修羅』(1924)から『新・校本全集』(1995-2009)へ」を担当。 (2012年10月)
  2. 慶應義塾大学
    • 極東証券寄付講座「文献学の世界:旅する書物 / 旅の書物」の一環として、図書館の稀覯本も使いつつ「ボードレールと旅、詩、詩集」の講義を担当。 (2014年10月)
ボランティア・寄与など
  1. 2002年度
    • 文化の伝承、発展及び創造活動への寄与
      • 日仏コンサート:声とギターの出会い。
        賢治の曲に現代フランスの作曲家が曲をつけ、日仏の演奏者が演奏。全国ツアーの一環。農業教育資料館(旧・高等農林学校本館)で、重要文化財指定と改装後初めての市民も交えてのコンサート。企画・実施。2002.12.7.
  2. 2004年度
    • 文化の伝承、発展及び創造活動への寄与
      • 天沢退二郎氏講演会「宮沢賢治の文学世界-岩手県とイーハトヴ-」(2004年11月13日)企画・実施。当日の司会。
        人文社会科学部宮沢賢治研究会主催。
  3. 2005年度
    • 文化の伝承、発展及び創造活動への寄与
      • 高橋世織講演会-賢治生誕110年-21世紀への贈り物-(2006年2月28日)企画・実施。当日の司会。
        人文社会科学部宮沢賢治研究会主催、学部の学術講演会を兼ねる。
  4. 2006年度
    • 文化の伝承、発展及び創造活動への寄与
      • ますむらひろし講演会-宮沢賢治に見えた風景・「不思議な停車場」(2007年3月6日)企画・実施。当日の司会。
        ESD推進委員会による「学びの銀河」プロジェクトの一環として、宮澤賢治センター(岩手大学内)と人文社会科学部宮沢賢治研究会との共催で行われた。講演の記録は小冊子として近刊の予定。
  5. 2008年度
    • 文化の伝承、発展及び創造活動への寄与
      • 岡村民夫講演会-宮沢賢治 温泉遠足の系譜学(2009年2月19日)企画・実施。当日の司会。
        人文科学系講演会として。なお、講演会の後、学系教員有志による研究会も実施。
  6. 2010年度
    • 文化の伝承、発展及び創造活動への寄与
      • 加藤隆講演会-歴史の中の新約聖書(2010年12月3日)企画・実施。当日の司会。
        人文科学系講演会として。なお、講演会の後、学系教員有志による研究会も実施。
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2003年度
    • 模擬授業・久慈高校
      2003年 9月17日 (水)
  2. 2006年度
    • 模擬授業・仙台第三高校
      2006年5月19日 (金)
  3. 2010年度
    • 模擬授業・黒沢尻北高等学校
      2010年10月27日(水)
  4. 2011年度
    • 模擬授業・黒沢尻北高等学校
      2011年10月27日(木)
  5. 2015年度
    • 夢ナビライブ〔大学見本市、仙台・夢メッセみやぎで2015.10.3.に実施〕にて、模擬講義(人文社会科学部より1名)、およびブースにて進路相談対応。
活動履歴
  1. 2003年度
    • 外国語担当者会議
    • 岩手大学ミュージアム準備委員会
    • 岩手大学ミュージアム運営委員会
  2. 2004年度
    • 人文社会科学部広報委員会
  3. 2005年度
    • 学科・課程等での業務分担
    • 学科・課程等での業務分担
    • 人文社会科学部広報委員会
    • 研究科専門委員会
    • 情報メディアセンター兼務教員(ミュージアム)
  4. 2006年度
    • 人文社会科学部広報委員会
  5. 2009年度
    • 人文社会科学部広報委員会
    • 人事委員会
  6. 2010年度
    • 研究科入学者選抜委員会
    • 人事委員会
    • 学系長
  7. 2011年度
    • 大学教育総合センター運営委員会
    • 教務委員会
    • 人事委員会
    • 教員養成機構会議
    • 教員選考委員会
    • 教育後援会理事
    • 点検評価委員会
    • 研究科入学者選抜委員会
  8. 2012年度
    • 運営委員会
    • 人事委員会
    • 教務委員会
    • 教育後援会理事
    • 点検評価委員会
    • 教員選考委員会
    • 教員選考委員会
    • 人社・ 教育学芸員小委員会
  9. 2013年度
    • 就職委員会
    • 課程代表、講座代表、コース代表
    • 学部改革推進会議
    • 課程改革WG委員
  10. 2014年度
    • 教育後援会理事
    • 就職委員会
    • 学生委員会
    • 教員選考委員会
    • 学生支援部門会議
    • 人事委員会
  11. 2015年度
    • 学生支援部門会議
    • 学生委員会
    • 教員選考委員会
    • 教育後援会理事
    • 人事委員会
その他の大学運営活動
  1. 2013年度
    • 宮澤賢治センター 代表
  2. 2014年度
    • 宮澤賢治センター 代表
  3. 2015年度
    • 宮澤賢治センター 代表