サブメニュー
更新日 : 2017年8月25日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名伊藤 菊一 (ITO Kikukatsu)
所属専攻講座岩手大学 農学部 応用生物化学科
職名教授
生年月日
研究室電話番号019-621-6143
研究室FAX番号019-621-6143
連絡先住所020-8550 岩手県 岩手県盛岡市上田3-18-8
研究室岩手大学農学部附属寒冷バイオフロンティア研究センター 生体熱制御システム研究分野
ホームページアドレスhttps://www.researchgate.net/profile/Kikukatsu_Ito/contributions/?ev=prf_act
メールアドレスkikuito@iwate-u.ac.jp
出身大学
  1. 岩手大学 農学部 農芸化学
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1986年3月31日
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 岩手大学 農学研究科 農芸化学専攻
    • 大学院課程 : 修士課程
    • 修了年月日 : 1988年3月31日
    • 修了区分 : 修了
  2. 山形大学 医学研究科 第3研究群専攻
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 1991年3月31日
    • 修了区分 : 中退
取得学位
  1. 博士(医学)
    • 学位の分野 : 医化学一般
    • 学位授与機関 : 山形大学
    • 取得年月日 : 1994年9月30日
  2. 農学修士
    • 学位の分野 : 植物栄養学・土壌学
    • 学位授与機関 : 岩手大学
    • 取得年月日 : 1988年3月31日
学内職務経歴
  1. 岩手大学
    • [本務] 助手 (1994年6月1日~1998年6月30日)
  2. 岩手大学
    • [本務] 講師 (1998年7月1日~2000年6月30日)
  3. 岩手大学
    • [本務] 助教授 (2000年7月1日~2006年7月31日)
  4. 岩手大学
    • [本務] 教授 (2006年8月1日~継続中)
学外略歴
  1. 山形大学医学部
    • [助手] (1991年4月1日~1995年5月31日)
専門分野(科研費分類)
  1. 分子生物学
  2. 応用分子細胞生物学
  3. 生物生産化学・生物有機化学
研究分野を表すキーワード
  1. 発熱植物
  2. 脱共役蛋白質
  3. シアン耐性呼吸酵素
  4. カオス
  5. 温度センサー
  6. ザゼンソウ
  7. 呼吸調節
おすすめURL
  1. Lords & Ladies
    https://www.youtube.com/watch?v=avGhS3-LXhU
可能な出前講義
  1. ザゼンソウの発熱応答メカニズム [専門家(企業・研究者等)向け]
    • 講義の概要
      植物界では例外的な恒温性を有するザゼンソウの発熱応答機構についてシステム生物学的視点から解説します
  2. ザゼンソウの世界 -発熱し体温を制御する植物について- [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      早春に開花し、その体温を20℃内外に維持するザゼンソウの発熱現象について平易に解説します
担当授業科目
  1. 2004年度
    • 植物ストレス応答学
    • 分析化学実験B
    • 分析化学実験A
    • 遺伝子資源利用学特論
    • 遺伝子資源利用学
    • 基礎生物学実験
  2. 2005年度
    • 植物ストレス応答学
    • 遺伝子資源利用学
    • 基礎生物学実験
  3. 2006年度
    • 植物ストレス応答学
    • 遺伝子資源利用学
    • 分析化学実験B
    • 分析化学実験A
    • 基礎生物学実験
  4. 2007年度
    • 植物ストレス応答学
    • 遺伝子資源利用学
    • 分析化学実験B
    • 分析化学実験A
    • 基礎生物学実験
    • 植物ストレス応答学
  5. 2008年度
    • 基礎生物学実験
    • 遺伝子資源利用学
    • 植物ストレス応答学
  6. 2009年度
    • 植物ストレス応答学
    • 基礎生物学実験
    • 生体熱制御システム学特論
  7. 2010年度
    • 基礎生物学実験
  8. 2011年度
    • 基礎生物学実験
  9. 2012年度
    • 基礎生物学実験
  10. 2013年度
    • 基礎生物学実験
  11. 2014年度
    • 岩手大学ミュージアム学
    • 基礎生物学実験
  12. 2015年度
    • 基礎生物学実験
  13. 2016年度
    • 基礎生物学実験
    • 生物圏化学特論
授業評価
  1. 2004年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 難しい箇所をかみ砕いて平易に話すよう心がけた。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 基本的な知識を復習しながら授業を進めた。
  2. 2005年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 授業が難しいと感じる学生等に対する対応として授業内容を平易に解説したプリントを配布した。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 適宜、理解の程度を確認しつつ授業を進めた。
  3. 2006年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 学生が難しいと感じる部分については特に内容をかみ砕きながら平易に説明するよう努力した。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 生データを基にしたディスカッションをできうる限り行うよう努力した。
    • 博士課程
      改善に努力した内容 : 最新のデータに基づく講義を行うよう努力した。
  4. 2007年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 実験操作の意味についてより詳しく説明することを心がけた。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : それぞれの講義内容をより有機的に関連づけるよう、テーマの選択等に留意した。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 受講学生の研究内容を加味した講義を組み立てた。
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2004年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 副研究指導(学部) 2人
  2. 2005年度
    • 研究指導(博士・主任指導) 2人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 副研究指導(学部) 1人
    • 大学院研究生(博士) 2人
  3. 2006年度
    • 卒業研究指導(学部) 2人
    • 研究指導(博士・主任指導) 3人
    • 学位論文審査(修士・主査) 2人
    • 副研究指導(学部) 1人
  4. 2007年度
    • 卒業研究指導(学部) 1人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 研究指導(博士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(博士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 3人
    • 副研究指導(学部) 1人
    • 学位論文審査(学部・主査) 1人
    • 学位論文審査(学部・副査) 2人
  5. 2008年度
    • 卒業研究指導(学部) 1人
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(博士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 3人
    • 副研究指導(学部) 1人
    • 学位論文審査(学部・主査) 1人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
教育研究会における発表
  1. 寒冷環境におけるザゼンソウの発熱制御システム
    • 教育研究会名 :
      平成19年度都道府県指定都市教育センター所長協議会生物部会
    • 開催年月 : 2007年12月
教材作成
  1. Biology, Life on Earth with Physiology
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2007年度
  2. 発熱する植物たち ザゼンソウ編
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2016年度
研究経歴
  1. 発熱植物の熱制御システムに関する研究(2001年10月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 発熱植物、ザゼンソウ、温度応答, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      生物生産化学・生物有機化学応用生物化学応用分子細胞生物学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : 新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業
    • 研究活動内容 :
論文
  1. Metabolic interplay between cytosolic phosphoenolpyruvate carboxylase and mitochondrial alternative oxidase in thermogenic skunk cabbage, Symplocarpus renifolius [Plant Signaling & Behavior, 11(11), (2016年10月14日), pp.1-7] Md. Abu Sayed, Yui Umekawa, Kikukatsu Ito
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. The biochemical basis for thermoregulation in heat-producing flowers [Scientific Reports, 6, (2016年4月20日), pp.24830-24830] Y. Umekawa, R.S. Seymour & K. Ito
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. Transcriptome analysis of thermogenic Arum concinnatum reveals the molecular components of floral scent production [Scientific Reports, 5, (2015年3月4日)] Yoshihiko Onda, Keiichi Mochida, Takuhiro Yoshida, Tetsuya Sakurai, Roger Seymour, Yui Umekawa, Stergios Arg. Pirintsos, Kazuo Shinozaki, Kikukatsu Ito
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. The oxygen supply to thermogenic flowers [Plant, Cell & Environment, 38(4), (2014年11月4日), pp.827-837] Roger S. Seymour, Kikukatsu Ito, Yui Umekawa, Philip D.G. Matthews & Stergios Arg. Pirintsos
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. Metabolite profiling reveals tissue- and temperature-specific metabolomic responses in thermoregulatory male florets of Dracunculus vulgaris (Araceae) [Metabolomics, 9(4), (2013年7月21日), pp.919-930] Kikukatsu Ito, Hideyuki Takahashi, Yui Umekawa, Tomohiro Imamura, Shuji Kawasaki, Takafumi Ogata, Yusuke Kakizaki, Roger S. Seymour
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. Engineering plant alternative oxidase function in mammalian cells: Substitution of the motif-like sequence ENV for QDT diminishes catalytic activity of Arum concinnatum AOX1a expressed in HeLa cells [Applied Biochemistry and Biotechnology, 170(5), (2013年7月1日), pp.1229-1240] Kakizaki, Y., Ito, K.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. Genome of the long-living sacred lotus (Nelumbo nucifera Gaertn.). [Genome Biology, 14(5), (2013年5月1日), pp.R41-R41] Ming, R., VanBuren, R., Liu, Y., Yang, M., Han, Y., Li,L-T., Zhang, Q. Kim, M-J., Schatz, M.C., Campbel, M., Li, J., Bowers, J.E., Tang, H., Lyons, E., Ferguson, A.A., Narzisi, G., Nelson, D.R., Blaby-Haas, C.E., Gschwend, A.R., Jiao, Y., Der, J.P., Zeng, F., Han, J., Min, X., Hudson, K. A., Singh, R., Grennan, A.K., Karpowicz, S.J., Watling, J.R., Ito, K., Robinson, S.R., Hudson, M.E., Yu, Q., Mockler, T.C., Carroll, A., Zheng, Y., Sunkar, R., Jia, R., Chen, C., Arro, J., Wai, C.M., Spence, A., Han, Y., Xu, L., Zhang, J., Peery, R., Haus, M.J., Xiong, W., Walsh,J.A., Wu, J., Wang, M-L., Zhu, Y.J., Paull, R.E., Britt, A.B., Du, C., Downie, S.R., Schuler, M.A., Michael, T.P., Long, S.P., Ort, D.R., Schopf,J.W., Gang, D.R., Jiang, N., Yandel, M., dePamphilis, C.W., Merchant, S.S., Paterson, A.H., Buchanan, B.B., Li, S., Shen-Miller, J.
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. Unraveling the heater: New insights into the structure of the alternative oxidase [Annual Review of Plant Biology, 64, (2013年6月), pp.637-663] Anthony L. Moore, Tomoo Shiba, Luke Young, Shigeharu Harada, Kiyoshi Kita, Kikukatsu Ito
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Different molecular bases underlie the mitochondrial respiratory activity in the homoeothermic spadices of Symplocarpus renifolius and transiently-thermogenic appendices of Arum maculatum. [Biochemical Journal, 445, (2012年7月2日), pp.237-246] 柿崎祐介、アンソニー ムーア、伊藤菊一
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Identification of a gene for pyruvate-insensitive mitochondrial alternative oxidase expressed in the thermogenic appendices in Arum maculatum [Plant Physiology, 158, (2011年12月), pp.1721-1732] Kikukatsu Ito, Takafumi Ogata, Yusuke Kakizaki, Catherine Elliott, Mary S. Albury and Anthony L. Moore
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. Gentian extract induces caspase-independent and mitochondria-modulated cell death. [Adv. Biol. Chem., 2, (2011年12月), pp.49-57] Ogata, M., Matsukawa, K., Kogusuri, K., Yamashita, T., Hikage, T., Ito, K., Saitoh, Y. and Tsutsumi, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. Thermal clamping of temperature-regulating flowers reveals the precision and limits of the biochemical regulatory mechanism [Planta, 231(6), (2010年5月), pp.1291-1300] Roger S. Seymour, Gemma Lindshau, Kikukatsu Ito
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. A palmitoyl conjugate of insect pentapeptide Yamamarin arrests cell proliferation and respiration [Peptides, 31(5), (2010年6月), pp.827-833] Yosinori Sato, Ping Yang, Ying An, Kazushige Matsukawa, Kikukatsu Ito, Shigeo Imanishi, Hirokazu Matsuda, Yusuke Uchiyama, Kunio Imai, Shigeki Ito, Yoji Ishida, Koichi Suzuki
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. A novel functional element in the N-terminal region of Arum concinnatum alternative oxidase is indispensable for catalytic activity of the enzyme in HeLa cells [Biochimica et Biophysica Acta - Bioenergetics, 1797, (2010年1月), pp.20-28] Y. Kakizaki, R.S. Seymour and K. Ito
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  15. Two Cys or not two Cys? That is the question; alternative oxidase in the thermogenic plant sacred lotus. [Plant Physiology, 150, (2009年6月4日), pp.987-995] Nicole Grant, Yoshihiko Onda, Yusuke Kakizaki, Kikukatsu Ito, Jennifer Watling, and Sharon Robinson
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. Effects of floral thermogenesis on pollen function in Asian skunk cabbage Symplocarpus renifolius [Biology Letters, 5(4), (2009年7月13日), pp.568-570] Seymour, R.S., Ito, Y., Onda, Y. and Ito, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. In vivo redox state of the ubiquinone pool in the spadices of the thermogenic skunk cabbage, Symplocarpus renifolius [Journal of Plant Research, 122, (2009年11月), pp.645-649] Kamata, T., Matsukawa, K., Kakizaki, Y., Ito, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. Modeling of thermoregulation in the skunk cabbage in relation to meteorological factors [Agricultural and Forest Meteorology, 149, (2009年6月15日), pp.1032-1036] Ken Takahashia, Takanori Ito, Shigeki Chiba, Kikukatsu Ito, and Hiroshi Osada
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. Functional expression of plant alternative oxidase decreases antimycin A-induced reactive oxygen species production in human cells. [FEBS Lett., 583, (2009年1月), pp.148-152] Matsukawa, K., Kamata, T. and Ito, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. Algorism for temperature control in the skunk cabbage: Symplocarpus foetidus. [Biotechnol. Biotechnol. Equipm, 22, (2008年12月), pp.959-963] Takahashi, K., Ito, T., Endo, T., Chiba, S., Ito, K. and Osada, H.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. Functional coexpression of the mitochondrial alternative oxidase and uncoupling protein underlies thermoregulation in the thermogenic florets of skunk cabbage. [Plant Physiology, 146, (2008年2月5日), pp.636-645] Onda, Y., Kato, Y., Abe, Y., Ito, T., Morohashi, M. Ito, Y., Ichikawa, M., Matsukawa, K., Kakizaki, Y., Koiwa, H. and Ito, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  22. Pyruvate-sensitive AOX exists as a non-covalently associated dimer in the homeothermic spadix of the skunk cabbage, Symplocarpus renifolius. [FEBS Letters, 581, (2007年12月22日), pp.5852-5858] Onda, Y., Kato, Y., Abe, Y., Ito, T., Ito-Inaba, Y., Morohashi, M., Ito, Y., Ichikawa, M., Matsukawa, K., Otsuka, M., Koiwa, H. and Ito, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  23. Modeling of the thermoregulation system in the skunk cabbage, Symplocarpus foetidus. [Phys. Rev. E, 76, (2007年8月18日), pp.031918-] Takahashi, K.., Ito, T., Onda, Y., Endo, T., Chiba, S., Ito, K. and Osada, H.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  24. Functional analysis of skunk cabbage SfUCPB, a unique uncoupling protein lacking the fifth transmembrane domain, in yest cells. [Biochemical and Biophysical Research Communications, 349, (2006年8月), pp.383-390] Kikukatsu Ito, Kazushige Matsukawa, Yoshiaki Kato
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  25. Expression of uncoupling protein and alternative oxidase depends on lipid or carbohydrate substrates in thermogenic plants. [Biol. Lett., 1, (2005年12月22日), pp.427-430] Ito, K. and Seymour, R. S.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  26. Nonlinear dynamics of homeothermic temperature control in skunk cabbage, Symplocarpus foetidus. [Phys. Rev. E., 72, (2005年11月), pp.051909-1-051909-6] Ito, T. and Ito, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  27. Changes in the composition of xylem sap during development of the spadix of skunk cabbage (Symplocarpus foetidus). [Biosci. Biotechnol. Biochem., 69, (2005年6月), pp.1156-1161] Onda, Y. and Ito, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  28. Temperature-triggered periodical thermogenic oscillations in skunk cabbage (Symplocarpus foetidus). [Plant Cell Physiol., 45, (2004年4月), pp.257-264] Ito, K., Ito, T., Onda, Y. and Uemura, M.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  29. Thermogenesis and respiration of inflorescences of the dead horse lily Helicodiceros muscivorus, a pseudo-thermoregulatory aroid associated with fly pollination. [Fun. Ecol., 17, (2003年12月), pp.886-894] Seymour, R. S., Gibernau, M. and Ito, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  30. Structural requirements for the perception of ambient temperature signals in homeothermic heat production of skunk cabbage (Symplocarpus foetidus). [Plant Cell Environ., 26, (2003年6月), pp.783-788] Ito, K., Onda, Y., Sato, T., Abe, Y. and Uemura, M.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  31. Ubiquitous expression of a gene encoding for uncoupling protein isolated from the thermogenic inflorescence of the dead horse arum Helicodiceros muscivorus. [J. Exp. Bot., 54, (2003年3月), pp.1113-1114] Ito, K., Abe, Y., Johnston, S. and Seymour, R. S.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  32. Genetic characterization of a novel soybean Kunitz trypsin inhibitor. [Breed. Sci., 51, (2001年7月), pp.185-190] Wang, K., Takahata, Y., Ito, K., Zhao, Y., Tsutsumi, K., and Kaizuma, N.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  33. Mitochondrial DNA polymorphism of a triploid form of Fasciola in Japan. [J. Helminthol., 75, (2001年5月), pp.193-196] Itagaki, T., Honnami, M., Ito, D., Ito, K., Tsutsumi, K., Terasaki, K., Shibahara, T. and Noda, Y.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  34. Differential regulation of liver-specific and ubiquitously-expressed genes in primary rat hepatocytes by the extracellular matrix. [Cell. Physiol. Biochem., 11, (2001年1月), pp.33-40] Otsu, K., Ito, K., Kuzumaki, T. and Iuchi, Y.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  35. ハト糞便からのCryptcoccus neoformansの分離. [日本獣医師会雑誌, 52, (1999年8月20日), pp.521-524] 佐々木幸治, 松坂尚典, 佐藤至, 津田修治, 堤賢一, 伊藤菊一, 長谷川篤彦, Mahendra P.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  36. A cold-inducible bZIP protein gene in radish root regulated by calcium- and cycloheximide-mediated signals. [Plant Sci., 142, (1999年3月2日), pp.57-65] Ito, K., Kusano, T. and Tsutsumi, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  37. Taxonomic status of the Japanese triploid forms of Fasciola : Comparison of mitochondrial ND1 and COI sequences with F. hepatica and F. gigantica. [J. Parasitol., 84, (1998年8月), pp.445-448] Itagaki, T., Tsutsumi, K., Ito, K. and Tsutsumi, Y.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  38. Cell adhesion to substratum and activation of tyrosine kinases are essentially required for G1/S phase transition in BALB/c 3T3 fibroblasts. [Biochim. Biophys. Acta., 1310, (1996年10月), pp.185-192] Kuzumaki, T., Matsuda, A., Ito, K. and Ishikawa, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  39. Developmental alteration of the chromatin state at promoter/replication origin region of the aldolase B locus precedes transcriptional activation in the liver. [Dev. Genet., 17, (1995年2月6日), pp.312-318] Ito, K., Tsutsumi, R., Ishikawa, K. and Tsutsumi, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  40. Dietary and hormonal regulation of aldolase B gene transcription in rat liver. [Arch. Biochem. Biophys., 314, (1994年11月), pp.307-314] Gomez, P. F., Ito, K., Huang, Y., Otsu, K., Kuzumaki, T. and Ishikawa, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  41. A novel growth-inducible gene that encodes a protein with a conserved cold-shock domain. [Nucl. Acids Res., 22, (1994年6月), pp.2036-2041] Ito, K., Tsutsumi, K., Kuzumaki, T., Gomez, P. F., Otsu, K. and Ishikawa, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  42. Incorporation of 15N and 14C of methionine into the mugineic acid family of phytosiderophores in iron-deficient barley roots. [Physiol. Plant., 88, (1993年8月), pp.668-674] Kawai, S., Itoh, K. and Takagi, S.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  43. Tissue-specific nuclear factors which regulate aldolase B gene transcription in rat liver. [Yamagata Med. J., 11, (1993年7月20日), pp.1-13] Ishikawa, K., Ito, K. and Tsutsumi, K.
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  44. AlF-B, a novel CCAAT-binding transcription activator that interacts with the aldolase B promoter. [FEBS Lett., 321, (1993年4月19日), pp.51-54] Tsutsumi, K., Ito, K., Yabuki, T. and Ishikawa, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  45. Two different HNF1-like transcription activators in the liver bind to the same region of the rat aldolase B promoter. [Biochem. Biophys. Res. Commun., 173, (1990年12月31日), pp.1338-1343] Ito, K., Tanaka, T., Tsutsumi, R., Ishikawa, K. and Tsutsumi, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  46. Developmental appearance of transcription factors that regulate liver-specific expression of the aldolase B gene. [Mol. Cell. Biol., 9, (1989年11月), pp.4923-4931] Tsutsumi, K., Ito, K. and Ishikawa, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  47. Studies on phytosiderophores : biosynthesis of mugineic acid and 2'-deoxymugineic acid in Hordeum vulgare L.var.Minorimugi. [Tetrahedron Lett., 29, (1988年3月), pp.1053-1056] Kawai, S., Itoh, K., Takagi, S., Iwashita, T. and Nomoto, K.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. ザゼンソウの発熱システム [東海大学出版会 (2009年8月5日)] 松川和重、恩田義彦、伊藤菊一
    • 著書種別 : 教科書
  2. 花はなぜ咲くの? [化学同人 (2008年3月20日)] 西村尚子
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
    • 担当部分 :
      コラム 「発熱して虫に暖を与える植物」
  3. 地域のための環境再生読本-県境廃棄物投棄サイト [地域環境再生研究会 (2006年6月1日)] 伊藤菊一(橋本良二,中澤 廣編著)
    • 著書種別 : 単行本(一般書)
    • 担当部分 :
      環境負荷のないバイオの力で土壌浄化する
  4. 遺伝子発現研究法 [学会出版センター (2000年3月)] 伊藤菊一
    • 著書種別 : 学術著書
  5. 理工学辞典 [日刊工業新聞社 (1996年3月)] 伊藤菊一(宇都宮敏男, 上村光, 鈴木平, 田丸謙二, 宮本博監修, 東京理科 大学理工学辞典編集委員会編)
    • 著書種別 : 辞典・辞書
総説・解説記事
  1. ザゼンソウの恒温性を支配する負の活性化エネルギー [(社)日本農芸化学会, 化学と生物, 55(8), (2017年7月20日), pp.520-522] 梅川 結、伊藤 菊一
    • 掲載種別 : 学術誌
  2. ザゼンソウの発熱現象と呼吸制御 [日本生化学会, 生化学, 84(10), (2012年10月1日), pp.853-857] 伊藤 菊一
    • 掲載種別 : 学術誌
  3. ミトコンドリアにおけるシアン耐性呼吸酵素(AOX)の構造と機能 [日本光合成学会, 光合成研究, 24(1), (2014年5月8日), pp.10-17] 伊藤菊一
    • 掲載種別 : 学術誌
  4. 発熱する植物たち -サーモカメラが捉えた発熱現象- [バイオサイエンス協会, バイオサイエンスとインダストリー, 65(11), (2007年11月1日), pp.542-543] 恩田義彦、伊藤菊一
    • 掲載種別 : その他
  5. 発熱植物ザゼンソウに見出された非線形体温制御システム [独立行政法人 生物系特定産業技術研究支援センター, ブレインテクノニュース, 119, (2007年1月15日), pp.1-8] 伊藤孝徳、伊藤菊一
    • 掲載種別 : その他
  6. ザゼンソウの発熱制御システム. [日本農芸化学会, 化学と生物, 44(4), (2006年4月1日), pp.225-232] 伊藤 孝徳、伊東 靖子、伊藤 菊一
    • 掲載種別 : その他
  7. Temperature regulation by thermogenic flowers. [Lincoln Taiz and Eduardo Zeiger, Plant Physiology, Fourth edition, (2006年10月)] Roger S. Seymour, Kikukatsu Ito
    • 掲載種別 : その他
  8. 発熱遺伝子を持つ植物・ザゼンソウ. [財団法人 世界経済情報サービス, テクノカレント, 404, (2005年10月15日), pp.2-13] 伊藤 菊一
    • 掲載種別 : その他
  9. ザゼンソウの発熱制御システム. [日本光合成研究会, 日本光合成研究会会報, 36, (2003年6月30日), pp.11-13] 伊藤 菊一
    • 掲載種別 : その他
  10. 植物の発熱現象と植物ホルモン. [植物化学調節学会, 植物の生長調節, 39(2), (2004年12月20日), pp.167-173] 伊藤 菊一
    • 掲載種別 : その他
  11. 発熱植物のuncoupling protein をコードする遺伝子の構造と低温による発現の誘導. [低温生物工学会, 低温生物工学会誌, 45, (1999年12月20日), pp.128-131] 伊藤 菊一
    • 掲載種別 : その他
  12. Y-box 結合タンパクファミリーに属する新しいDNA結合因子、RYB-a の構造と増殖刺激による発現の誘導. [旭硝子財団, 旭硝子財団研究成果報告, (1994年3月31日), pp.209-215] 伊藤 菊一
    • 掲載種別 : その他
  13. 転写調節因子. [日本アイソトープ協会, Radioisotopes, 3, (1990年10月10日), pp.63-63] 伊藤 菊一
    • 掲載種別 : その他
研究発表
  1. ザゼンソウの発熱制御システム
    • 会議名称 : 日本植物生理学会第43回シンポジウム.
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2003年3月27日~2003年3月29日
    • 発表者 : 伊藤菊一
    • 主催者 : 日本植物生理学会
    • 開催場所 : 東大阪市
  2. ザゼンソウの発熱応答システム
    • 会議名称 : 日本農芸化学会東北支部第137回シンポジウム
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2003年7月12日
    • 発表者 : 伊藤菊一
    • 主催者 : 日本農芸化学会東北支部会
    • 開催場所 : 鶴岡
  3. Are body temperatures of plants chaotic? Nonlinear analyses of temperatures in the spadix of skunk cabbage, Symplocarpus foetidus.
    • 会議名称 : Twenty-Third Annual International Conference
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年1月2日~2004年1月5日
    • 発表者 : Ito, T. and Ito, K.
    • 主催者 : Dynamic Days 2004
    • 開催場所 : NC, USA
  4. ザゼンソウの発熱応答システム
    • 会議名称 : 新しいモデル生物が拓く生物科学フロンティア 基礎生物学研究所研究会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)
    • 開催期間 : 2004年3月1日~2004年3月2日
    • 発表者 : 伊藤菊一
    • 主催者 : 基礎生物学研究所研究会
    • 開催場所 : 岡崎
  5. Structural requirements for the perception of ambient temperature signals in homeothermic heat production of skunk cabbage (Symplocarpus foetidus).
    • 会議名称 : 日本生化学会東北支部奨励賞受賞講演
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2004年5月28日~2004年5月29日
    • 発表者 : 伊藤菊一
    • 主催者 : 日本生化学会東北支部
    • 開催場所 : 田沢湖
  6. ザゼンソウの恒温維持システム
    • 会議名称 : 東京大学弥生植物科学研究会講演会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2004年5月31日
    • 発表者 : 伊藤菊一
    • 主催者 : 東京大学弥生植物科学研究会
    • 開催場所 : 東京
  7. Dynamics of the thermal oscillation in the spadix of skunk cabbage, Symplocarpus foetidus.
    • 会議名称 : 7th International Plant Cold Hardiness Seminar
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年7月10日~2004年7月15日
    • 発表者 : Ito, T. and Ito, K.
    • 開催場所 : Sapporo, Japan
  8. ザゼンソウの恒温維持機構
    • 会議名称 : 東京大学理学部特別セミナー
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2004年9月6日
    • 発表者 : 伊藤菊一
    • 主催者 : 東京大学大学院理学研究科生物科学専攻細胞生理化学研究室
    • 開催場所 : 東京
  9. 低温下におけるザゼンソウの発熱制御システム.
    • 会議名称 : 第30回作物研究所セミナー
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2004年11月11日
    • 発表者 : 伊藤菊一
    • 主催者 : 作物研究所
    • 開催場所 : つくば
  10. ザゼンソウの発熱制御メカニズム
    • 会議名称 : 岩手大学21世紀COEプログラム シンポジウム
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2004年11月14日
    • 発表者 : 伊藤菊一
    • 主催者 : 岩手大学21世紀COEプログラム
    • 開催場所 : 盛岡
  11. Cloning and expression analysis of genes for alternative oxidase (AOX) and uncoupling protein (UCP) from thermogenic arum lily Philodendron selloum.
    • 会議名称 : IXth International Aroid Symposium
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2004年11月21日~2004年11月26日
    • 発表者 : Ito, K., Seymour, R. S.
    • 開催場所 : Kuching, Malaysia
  12. Developmental changes in the composition in xylem sap are related to the stigma-specific and cold-inducible heat production in skunk cabbage (Symplocarpus foetidus).
    • 会議名称 : Gordon Research Conference
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年1月30日~2006年2月4日
    • 発表者 : Onda, Y. and Ito, K.
  13. Thermoregulation in the spadix of skunk cabbage (Symplocarpus foetidus).
    • 会議名称 : 日本植物生理学会第45回シンポジウム
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2005年3月24日~2005年3月26日
    • 発表者 : Kikukatsu Ito
    • 主催者 : 日本植物生理学会
    • 開催場所 : 新潟
  14. Thermoscopic identification of thermogenic cells that co-express both SfAOX and SfUCPb genes in the spadix of skunk cabbage, Symplocarpus foetidus.
    • 会議名称 : International Congress on Plant Mitochondrial Biology
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2005年5月28日~2005年6月2日
    • 発表者 : Onda, Y. and Ito, K.
    • 開催場所 : Obernai, France
  15. Pyruvate-specific activation of alternative oxidase in the mitochondria of thermogenic spadix of skunk cabbage, Symplocarpus foetidus.
    • 会議名称 : International Congress on Plant Mitochondrial Biology
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2005年5月28日~2005年6月2日
    • 発表者 : Otsuka, M., Kato, Y., Onda, Y., Matsukawa, K., Ito, Y. and Ito, K.
    • 開催場所 : Obernai, France
  16. Nonlinear dynamics of homeothermic temperature control in skunk cabbage, Symplocarpus foetidus.
    • 会議名称 : International Congress on Plant Mitochondrial Biology
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2005年5月28日~2005年6月2日
    • 発表者 : Ito, T. and Ito, K.
    • 開催場所 : Obernai, France
  17. Heat production and temperature regulation in skunk cabbage, Symplocarpus foetidus.
    • 会議名称 : 岩手大学-東北大学国際シンポジウム
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2005年8月9日~2005年8月10日
    • 発表者 : 伊藤菊一
    • 主催者 : 岩手大学21世紀COE
    • 開催場所 : 仙台
  18. 発熱植物メカニズムを解析し温度を制御する技術を産業に応用する研究
    • 会議名称 : 平成17年度東北農業試験研究推進会議生物工学推進部会 生物工学研究会シンポジウム
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2005年9月22日
    • 発表者 : 伊藤菊一
    • 主催者 : 東北農業試験研究推進会議生物工学推進部会
    • 開催場所 : 盛岡
  19. ザゼンソウ型温度制御アルゴリズムに基づく体温振動リズムの解析
    • 会議名称 : 第28回日本分子生物学会年会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)
    • 開催期間 : 2005年12月7日~2005年12月10日
    • 発表者 : 伊藤孝徳、伊東靖子、伊藤菊一
    • 主催者 : 第28会日本分子生物学会年会 組織委員会
    • 開催場所 : 福岡
  20. ザゼンソウの温度制御システムとその応用.
    • 会議名称 : 日本植物学会東北支部第18回岩手大会 公開シンポジウム
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2005年12月17日
    • 発表者 : ザゼンソウの温度制御システムとその応用
    • 開催場所 : 盛岡
  21. ザゼンソウの熱産生に関与する脱共役蛋白質UCPの生化学的解析
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2006年度(平成18年度)大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年3月25日~2006年3月28日
    • 発表者 : 伊東靖子、加藤喜明、大塚 稔、恩田義彦、松川和重、伊藤菊一
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 京都
  22. SfUCPB, a novel uncoupling protein localized in the inner mitochondrial membrane confers uncoupling properties to thermogenic spadix of skunk cabbage.
    • 会議名称 : 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology & 11th FAOBMB Congress
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年6月18日~2006年6月23日
    • 発表者 : Yasuko Ito, Yoshiaki Kato, Kikukatsu Ito
    • 開催場所 : Kyoto, Japan
  23. Alternative oxidase from thermogenic skunk cabbage (Symplocarpus foetidus) alleviates antimycin A-impaired mitochondrial membrane potential and ROS production in human cells.
    • 会議名称 : 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology & 11th FAOBMB Congress
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年6月18日~2006年6月23日
    • 発表者 : Kazushige Matsukawa, Kikukatsu Ito
    • 開催場所 : Kyoto, Japan
  24. Nonlinear dynamics for thermoregulation system in the spadix of skunk cabbage, Symplocarpus foetidus.
    • 会議名称 : 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年6月18日~2006年6月23日
    • 発表者 : Takanori Ito, Hiroshi Osada, Kikukatsu Ito
    • 開催場所 : Kyoto, Japan
  25. SfUCPB, a novel mitochondrial inner membrane protein with high expression in thermogenic spadix of skunk cabbage, Symplocarpus foetidus.
    • 会議名称 : 8th International Congress of Plant Molecular Biology
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年8月20日~2006年8月25日
    • 発表者 : Yasuko Ito, Yoshiaki Kato, Kikukatsu Ito
    • 主催者 : ISPMB2006
    • 開催場所 : Adelaide, Australia
  26. Alternative oxidase alleviates antimycin A-induced effects on mitochondrial membrane potential and ROS production in human cells
    • 会議名称 : 8th International Congress of Plant Molecular Biology
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年8月20日~2006年8月25日
    • 発表者 : Kazushige Matsukawa, Kikukatsu Ito
    • 主催者 : ISPMB2006
    • 開催場所 : Adelaide, Australia
  27. Ambient temperature-independent expression of AOX and UCPb genes in the homeothermic spadix of skunk cabbage, Symplocarpus foetidus
    • 会議名称 : 8th International Congress of Plant Molecular Biology
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年8月20日~2006年8月25日
    • 発表者 : Yoshihiko Onda, Yoshiaki Kato, Kikukatsu Ito
    • 主催者 : ISPMB2006
    • 開催場所 : Adelaide, Australia
  28. Modeling of thermoregulation in the spadix of skunk cabbage, Symplocarpus foetidus
    • 会議名称 : 8th International Congress of Plant Molecular Biology
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年8月20日~2006年8月25日
    • 発表者 : Takanori Ito, Hiroshi Osada, Kikukatsu ito
    • 主催者 : ISPMB2006
    • 開催場所 : Adelaide, Australia
  29. ザゼンソウの温度制御機構に関する研究
    • 会議名称 : 第67回応用物理学会学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年8月29日~2006年9月1日
    • 発表者 : 高橋 賢,遠藤雄大,太田康史,伊藤正樹,千葉茂樹,伊藤孝徳,伊藤菊一,長田洋
    • 主催者 : 日本応用物理学会
    • 開催場所 : 立命館大学
  30. ザゼンソウ型アルゴリズムによる温度制御装置に関する研究
    • 会議名称 : 平成18年度電気関係学会東北支部連合大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年8月31日~2006年9月1日
    • 発表者 : 遠藤雄大,高橋 賢,伊藤正樹,太田康史,千葉茂樹,伊藤孝徳,伊藤菊一,長田洋
    • 主催者 : 電気学会 ,電子情報通信学会,照明学会 , 日本音響学会
    • 開催場所 : 秋田大学
  31. Chaotic thermoregulation in the spadix of skunk cabbage, Symplocarpus foetidus
    • 会議名称 : The 7th International Conference on Systems Biology
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年10月8日~2006年10月13日
    • 発表者 : Takanori Ito, Hiroshi Osada, Kikukatsu Ito
    • 主催者 : ICSB-2006
    • 開催場所 : Yokohama, Japan
  32. Functional and structural analyses of uncoupling protein (UCP) involved in the thermogenesis of skunk cabbage (Symplocarpus foetidus)
    • 会議名称 : Iwate Plant Science Symposium 2006
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)
    • 開催期間 : 2006年10月18日~2006年10月19日
    • 発表者 : Yasuko Ito, Kikukatsu Ito
    • 主催者 : Iwate University the 21st Centry Center of Excellence Program & Iwate BIotechnology Research Center
    • 開催場所 : Morioka, Iwate
  33. The temperature-control system in skunk cabbage, Symplocarpus foetidus
    • 会議名称 : Iwate Plant Science Symposium 2006
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年10月18日~2006年10月19日
    • 発表者 : Takanori Ito, Ken Takahashi, Takehiro Endo, SHigeki Chiba, Kikukatsu Ito, Hiroshi Osada
    • 主催者 : Iwate University the 21st Centry Center of Excellence Program & Iwate Biotechnology Research Center
    • 開催場所 : Morioka, Iwate
  34. Functional and structural analyses of uncoupling protein (UCP) involved in the thermogenesis of skunk cabbage (Symplocarpus foetidus)
    • 会議名称 : Iwate Plant Science Symposium 2006
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年10月18日~2006年10月19日
    • 発表者 : Yasuko Ito, Kikukatsu Ito
    • 主催者 : Iwate University the 21st Centry Center of Excellence Program & Iwate Biotechnology Research Center
    • 開催場所 : Morioka, Iwate
  35. Temperature monitoring by skunk cabbage: mitochondria isolated from thermogenic florets act as a thermal sensor that responds to the cooling rate, but not to the absolute temperature.
    • 会議名称 : Iwate Plant Science Symposium 2006
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年10月18日~2006年10月19日
    • 発表者 : Kazushige Matsukawa, Takanori Ito, Yasuko Ito, Miyuki Morohashi, Megumi Ichikawa, Yuka Ito, Yoshihiko Onda, Kikukatsu Ito
    • 主催者 : Iwate University the 21st Centry Center of Excellence Program & Iwate Biotechnology Research Center
    • 開催場所 : Morioka, Iwate
  36. Pyruvate is an effect activator of mitochondrial respiration in skunk cabbage, Symplocarpus foetidus
    • 会議名称 : Iwate Plant Science Symposium 2006
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年10月18日~2006年10月19日
    • 発表者 : Yoshihiko Onda, Yoshiaki Kato, Yasuko Ito, Miyuki Morohashi, Yuka Ito, Megumi Ichikawa, Kazushige Matsukawa, Kikukatsu Ito
    • 主催者 : Iwate University the 21st Centry Center of Excellence Program & Iwate Biotechnology Research Center
    • 開催場所 : Morioka, Iwate
  37. 寒冷環境におけるザゼンソウの発熱応答機構
    • 会議名称 : 平成18年度日本農業気象学会東北支部大会シンポジウム
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2006年11月10日
    • 発表者 : 伊藤菊一
    • 主催者 : 日本農業気象学会東北支部
    • 開催場所 : 岩手大学
  38. ザゼンソウ由来の肥満・糖尿病治療用医薬品の開発
    • 会議名称 : 第2回 事業化可能性試験(FS)成果報告会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2006年11月21日
    • 発表者 : 伊藤菊一
    • 主催者 : JST
    • 開催場所 : 仙台市青年文化センター 3F エッグホール
  39. ザゼンソウの熱産生に関与する脱共役タンパク質(SfUCPb)の生化学的解析
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2007年度(平成19年度)大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年3月24日~2007年3月27日
    • 発表者 : 伊東靖子
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 東京
  40. The co-expression of the mitochondrial SfAOX1 and SfUCPb genes underlies the mechanism of homeothermic regulation in thermogenic florets of the skunk cabbage, Symplocarpus foetidus.
    • 会議名称 : International Congress on Plant Mitochondrial Biology
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年6月25日~2007年6月29日
    • 発表者 : Onda, Y., Kato, Y., Abe, Y., Ito, T., Ito-Inaba, Y, Morohashi, M., Ito, Y., Ichikawa, M., Matsukawa, K., Koiwa, H. and Ito, K.
    • 開催場所 : Nara, Japan
  41. Characterization of the plant uncoupling protein, SfUCPA, highly expressed in spadix mitochodnria of the thermogenic skunk cabbage.
    • 会議名称 : International Congress on Plant Mitochondrial Biology
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2007年6月25日~2007年6月29日
    • 発表者 : to-Inaba, Y., Ichikawa, M. and Ito, K.
    • 開催場所 : Nara, Japan
  42. Modeling of the thermoregulation system in the skunk cabbage, Symplocarpus foetidus.
    • 会議名称 : The 27th Dynamics Days Europe
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2007年7月9日~2007年7月13日
    • 発表者 : Takahashi, K., Ito, T., Endo, T., Chiba, S., Ito, K. and Osada, H.
    • 開催場所 : Loughborough, UK
  43. 寒冷環境におけるザゼンソウの発熱制御システム
    • 会議名称 : 平成19年度日本生物工学会北日本支部仙台シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2007年8月22日
    • 発表者 : 伊藤菊一
    • 主催者 : 日本生物工学会北日本支部
    • 開催場所 : 仙台
  44. Alternative oxidase from thermogenic skunk cabbage (Symplocarpus foetidus) confers cyanide-resistant respiration to human cells.
    • 会議名称 : 3rd Cell Stress Society International Congress on Stress Responses in Biology and Medicine and 2nd World Conference on Stress
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2007年8月23日~2007年8月26日
    • 発表者 : Matsukawa, K. and Ito, K.
    • 開催場所 : Budapest, Hungary
  45. ザゼンソウ型アルゴリズムの評価に関する研究
    • 会議名称 : 平成19年度 電気関係学会東北支部連合大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年8月23日~2007年8月24日
    • 発表者 : 伊藤正樹, 太田康史, 高橋 賢, 藤澤嘉規, 千葉茂樹, 伊藤孝徳, 伊藤菊一, 長田 洋
    • 開催場所 : 弘前
  46. ザゼンソウの体温振動の解析に関する研究
    • 会議名称 : 平成19年度電気関係学会東北支部連合大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年8月23日~2007年8月24日
    • 発表者 : 太田康史,高橋 賢,伊藤正樹,藤澤嘉規,千葉茂樹,伊藤孝徳,伊藤菊一,長田 洋
    • 開催場所 : 弘前
  47. 寒冷環境におけるザゼンソウの発熱制御システム
    • 会議名称 : 新潟大学理学部セミナー
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2007年9月26日
    • 発表者 : 伊藤菊一
    • 開催場所 : 新潟
  48. Alternative oxidase from skunk cabbage (Symplocarpus renifolius) confers cyanide-resistant respiration to human cell mitochondria.
    • 会議名称 : The 7th Annual Conference of the Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2007年12月20日~2007年12月22日
    • 発表者 : Matsukawa, K. and Ito, K.
    • 主催者 : 日本ミトコンドリア学会
    • 開催場所 : Kagoshima, Japan
  49. Two Cys, or not two Cys: That is the question: AOX in the sacred lotus.
    • 会議名称 : Plant Biology 2008
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2008年6月26日~2008年7月1日
    • 発表者 : Grant Nicole, Yoshihiko Onda, Jenny Watling, Kikukatsu Ito, Sharon Robinson.
    • 開催場所 : Mérida, Mexico
  50. The co-expression of the mitochondrial SfAOX and SfUCPb genes underlies the mechanism of homeothermic regulation in thermogenic florets of the skunk cabbage, Symplocarpus foetidus.
    • 会議名称 : 8th International Plant Cold Hardiness Seminar (8IPCHS)
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年8月3日~2008年8月9日
    • 発表者 : Onda, Y. and Ito, K.
    • 開催場所 : Saskatoon, Canada
  51. 気象データを考慮したザゼンソウの発熱制御モデルに関する研究.
    • 会議名称 : 平成20年度電気関係学会東北支部連合大会.
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年8月21日~2008年8月22日
    • 発表者 : 高橋 賢,伊藤孝徳,中村悟史,藤澤嘉則,千葉茂樹,伊藤菊一,長田 洋
    • 開催場所 : 郡山
  52. 気象要素を考慮したザゼンソウの発熱制御モデルに関する研究.
    • 会議名称 : 日本生物環境工学会2008年松山大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月7日~2008年9月11日
    • 発表者 : 高橋 賢,伊藤孝徳,中村悟史,藤澤嘉則,千葉茂樹,伊藤菊一,長田 洋
    • 開催場所 : 松山
  53. Mitochondrial cyanide-resistant respiratory pathway alleviates generation of reactive oxygen species by complex III inhibitor, antimycin A, in human cells.
    • 会議名称 : First International AOX Symposium 2008
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年10月22日~2008年10月27日
    • 発表者 : Matsukawa, K., Kamata, T. and Ito, K.
    • 開催場所 : Évora, Portugal
  54. ガラクトース培地で培養した哺乳動物細胞におけるアンチマイシンAによって生じる活性酸素は、シアン耐性呼吸酵素の機能的発現によって軽減できる.
    • 会議名称 : 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(BMB2008)
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2008年12月9日~2008年12月12日
    • 発表者 : 松川和重,伊藤菊一
    • 開催場所 : 神戸
  55. Arum concinnatumの発熱器官における2種類のAOX遺伝子の共発現と熱生産における分子特性.
    • 会議名称 : 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(BMB2008)
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2008年12月9日~2008年12月12日
    • 発表者 : 柿崎裕介,Roger S. Seymour, 伊藤菊一
    • 開催場所 : 神戸
  56. ザゼンソウ肉穂花序における発熱の生物学的意義に関する研究
    • 会議名称 : 日本植物学会東北支部第21回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年12月13日~2008年12月14日
    • 発表者 : 伊藤裕香,Roger S. Seymour, 伊藤菊一
    • 開催場所 : 福島
  57. A novel functional element in the N-terminal region of Arum concinnatum alternative oxidase is indispensable for catalytic activity of the enzyme.
    • 会議名称 : JBS Biofrontier Symposium on Biochemistry of pH Homeostasis and Proton Circuit
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2009年7月22日~2009年7月25日
    • 発表者 : Yusuke Kakizaki, Roger Seymour, Kikukatsu Ito
    • 開催場所 : 盛岡
  58. 発熱する植物に学ぶ温度制御システム
    • 会議名称 : 計測自動制御学会東北支部45周年記念学術講演会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2009年9月7日~2009年9月8日
    • 発表者 : 伊藤菊一
    • 開催場所 : 盛岡
  59. 発熱植物ザゼンソウの驚異!
    • 会議名称 : 第7回積水化学自然に学ぶものづくりフォーラム
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2009年10月21日
    • 発表者 : 伊藤菊一
    • 開催場所 : 京都
  60. 植物に由来するシアン耐性呼吸酵素におけるN末端近傍の未知領域は酵素特性を決定する
    • 会議名称 : 第82回日本生化学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年10月21日~2009年10月24日
    • 発表者 : 柿崎裕介、Roger S. Seymour、伊藤菊一
    • 主催者 : 日本生化学会
    • 開催場所 : 神戸
  61. 植物の発熱現象とその温度制御アルゴリズム
    • 会議名称 : 第2回 先端医療薬学研究センター講演会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2010年2月19日
    • 発表者 : 伊藤 菊一
    • 主催者 : 岩手医科大学 先端医療薬学研究センター・薬学部
    • 開催場所 : 矢巾
  62. ザゼンソウの発熱現象
    • 会議名称 : 第3回ザゼンソウシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2010年2月28日
    • 発表者 : 伊藤菊一
    • 開催場所 : 今津
  63. Novel structure-function relationships of plant alternative oxidase.
    • 会議名称 : 6th European Bioenergetics Conference
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年7月17日~2010年7月22日
    • 発表者 : Kakizaki, Y、 Ito, K.
    • 開催場所 : Warsaw, Poland
  64. ザゼンソウ型制御アルゴリズムの制御特性に関する研究
    • 会議名称 : 平成22年度電気関係学会東北支部連合大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年8月26日
    • 発表者 : 佐藤大輔,照井翻太,千葉茂樹,伊藤孝徳,佐藤宏明,恒川佳隆,伊藤菊一,石橋政三,高 橋 賢,長田 洋
  65. 植物が持つ温 度制御機構の実用化と適用
    • 会議名称 : 第27回センシングフォーラム計測部門大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月28日
    • 発表者 : 仲摩 崇,伊藤菊一,長田洋,伊藤孝徳,清水孝雄,石橋政三,今村藍介
  66. 新規分子内相互作用モデルに基づくシアン耐性呼吸酵素の構造機能相関に関する解析
    • 会議名称 : 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年12月7日~2010年12月10日
    • 発表者 : 柿﨑裕介、伊藤菊一
    • 開催場所 : 神戸
  67. 発熱植物Arum maculatumにおけるシアン耐性呼吸酵素(AOX)および脱共役タンパク質(UCP)転写産物の同定と発現に関する研究
    • 会議名称 : 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2010年12月7日~2010年12月10日
    • 発表者 : 尾形孝文、Anthony L. Moore、伊藤菊一
    • 開催場所 : 神戸
  68. ザゼンソウが持つ温度制御機構の実用化と適用
    • 会議名称 : 2011年電気学会 計測、光応用・視覚合同研究会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年1月22日
    • 発表者 : 石橋政三,伊藤菊一,長田 洋,伊藤孝徳,清水孝雄,仲摩 崇,今村藍介
  69. ザゼンソウが持つ温度制御機構の実用化と適用
    • 会議名称 : 電気学会計測,光応用・視覚合同研究会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年2月25日
    • 発表者 : 石橋政三,伊藤菊一,長田 洋,伊藤孝徳,清水孝雄,仲摩 崇,今村藍介
  70. 恒温植物ザゼンソウの体温制御に由来する温度制御アルゴリズムに関する研究
    • 会議名称 : 第58回応用物理学関係連合講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年3月26日
    • 発表者 : 伊藤孝徳,佐藤大輔,照井翻太,飯田悠人,千葉茂樹,石橋政三,仲摩 崇,伊藤菊一,長 田 洋
  71. Molecular and systems elucidation of thermoregulation in plants.
    • 会議名称 : 18th International Botanical Congress
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2011年7月28日
    • 発表者 : Kikukatsu Ito
  72. 恒温性発熱植物Symplocarpus renifoliusと一過性発熱植物Arum maculatumにおけるミトコンドリア呼吸鎖因子の発現様式に関する比較解析
    • 会議名称 : 第84回日本生化学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月22日
    • 発表者 : 柿﨑裕介,Moore AL,伊藤菊一
  73. Dracunculus vulgarisの発熱現象における代謝変動
    • 会議名称 : 第34回日本分子生物学会年会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年12月14日
    • 発表者 : 梅川 結,高橋秀行,今村智宏,Seymour RS,伊藤菊一
  74. 発熱植物Arum maculatumにおけるシアン耐性呼吸酵素(AOX)の発現と分裂酵母を用いた機能解析
    • 会議名称 : 第34回日本分子生物学会年会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年12月15日
    • 発表者 : 尾形孝文,Moore AL,伊藤菊一
  75. 植物が持つ温度制御機構の非線形制御系への適用
    • 会議名称 : SICE第29回センシングフォーラム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月27日
    • 発表者 : 今村藍介,伊藤菊一,長田洋,伊藤孝徳,清水孝雄,石橋政三,仲摩崇
  76. 発熱植物ザゼンソウの呼吸代謝における熱産生機構の解析
    • 会議名称 : 第3回新規材料創製を目指した合成生物学
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年11月16日
    • 発表者 : 恩田義彦,伊藤菊一
  77. 恒温性発熱植物Symplocarpus renifoliusと一過性発熱植物Arum maculatumの発熱器官における呼吸鎖因子の発現様式とネイティブ構造に関する解析
    • 会議名称 : 第85回日本生化学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年12月15日
    • 発表者 : 柿﨑裕介,Anthony L. Moore, 伊藤菊一
  78. Symplocarpus renifoliusにおける発熱調節と代謝変動に関する網羅的解析
    • 会議名称 : 第85回日本生化学会大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年12月15日
    • 発表者 : 梅川 結,高橋秀行,今村智宏,伊藤菊一
  79. ミトコンドリアにおけるシアン耐性呼吸酵素(AOX)の構造と機能
    • 会議名称 : 日本植物学会第77回大会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2013年9月13日
    • 発表者 : 伊藤 菊一
  80. Thermoregulation of the alternative oxidase: possible involvement of developmental stage-specific and temperature dependent mitochondrial protease activities in the appendices of Arum maculatum.
    • 会議名称 : 第35回日本分子生物学会年会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年12月4日
    • 発表者 : Ito K, Umekawa Y, Ogata T, Kakizaki Y, Moore AL
    • 開催場所 : 神戸
  81. Rotenone-insensitive internal alternative NADPH dehydrogenase-dependent respiration in the mitochondria from skunk cabbage: temperature responses of COX- and AOX-mediated respiration pathways.
    • 会議名称 : EBEC2014
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年7月12日~2014年7月17日
    • 発表者 : Yui Umekawa, Takanari Seito, Md Abu Sayed , and Kikukatsu Ito
    • 開催場所 : Lisbon
  82. ザゼンソウ発熱組織から調製したミトコンドリアにおけるNADH呼吸の温度応答性に関する解析
    • 会議名称 : 第87回日本生化学会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年10月15日~2014年10月18日
    • 発表者 : 梅川 結、Sayed Md Abu, 清藤駿成、 伊藤菊一
    • 開催場所 : 京都
  83. Characterization of AOX genes from Brachypodium distachyon.
    • 会議名称 : 第87回日本生化学会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年10月15日~2014年10月18日
    • 発表者 : Nahid Rukshana, Kikukatsu Ito, Karen Sanguinet
  84. 土壌微生物の基質誘導呼吸を利用した黒ボク土中の可給性リン画分の定量の試み
    • 会議名称 : 環境微生物系学会合同大会 2014
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年10月21日~2014年10月24日
    • 発表者 : 葛西 清貴、 間野 奈々恵、 颯田 尚哉、 前田 武己、 伊藤 菊一、立石 貴浩
  85. Z制御の応用事例 — 長むだ時間系の対策
    • 会議名称 : 第57回 自動制御連合講演会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年11月10日~2014年11月12日
    • 発表者 : 仲摩崇,石橋政三,今村藍介,尾島大樹,桜井智広,伊藤菊一,長田洋
  86. 麴菌Aspergillus oryzaeのザゼンソウ発熱関連遺伝子と相同性を示す遺伝子の発現比較
    • 会議名称 : 第14回 糸状菌分子生物学コンファレンス
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年11月15日~2014年11月16日
    • 発表者 : 小笠原 博信,渡辺 隆幸,伊藤 菊一,五味 勝也
    • 開催場所 : 仙台
  87. De novo transcriptome analysis reveals the molecular components of floral scent production in thermogenic Arum concinnatum.
    • 会議名称 : International Plant & Animal Genome XXIII
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年1月10日~2015年1月14日
    • 発表者 : Onda, Y., Mochida, K., Sakurai, T., Seymour, R., Umekawa, Y.,Pirintsos, S.A., Shinozaki, K. and Ito, K.
    • 開催場所 : San Diego, CA, USA
  88. Characterisation of E-64-sensitive protease(s) in Arum maculatum
    • 会議名称 : University of Sussex Research Seminar
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年4月23日
    • 発表者 : 伊藤 菊一
  89. 植物ザゼンソウの恒温性メカニズムにおける負の活性化エネルギー
    • 会議名称 : 平成27年度 日本農芸化学会 東北支部 第150回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月3日
    • 発表者 : 梅川 結、伊藤 菊一
    • 開催場所 : 仙台
  90. 発熱植物ザゼンソウにおける温度変化と逆相関を示す呼吸調節メカニズム
    • 会議名称 : 第38回分子生物学会年会・第88回生化学会大会合同大会 BMB2015
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月1日~2015年12月4日
    • 発表者 : 梅川 結、伊藤 菊一
  91. Metabolism of phosphoenolpyruvate in thermogenic spadix of skunk cabbage, Symplocarpus renifolius
    • 会議名称 : 第38回分子生物学会年会・第88回生化学会大会合同大会 BMB2015
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年12月1日~2015年12月4日
    • 発表者 : Md. Abu S、梅川 結、伊藤 菊一
    • 開催場所 : 神戸
  92. 植物の恒温性メカニズムを支配する負の活性化エネルギーに関する研究
    • 会議名称 : 第89回日本生化学会大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年9月25日~2016年9月27日
    • 発表者 : 梅川 結、ロジャー セイモア、伊藤 菊一
    • 開催場所 : 仙台
  93. The homeothermic control based on pre-equilibrium reaction in thermogenic skunk cabbage.
    • 会議名称 : Biochemistry 2016
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2016年10月10日~2016年10月12日
    • 発表者 : Yui Umekawa, Kikukatsu Ito
    • 開催場所 : クアラルンプール(マレーシア)
  94. Isolation and expression analysis of a cDNA encoding for phosphoenolpyruvate carboxylase in thermogenic skunk cabbage, Symplocarpus renifolius.
    • 会議名称 : Biochemistry 2016
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年10月10日~2016年10月12日
    • 発表者 : Md Abu Sayed, Yui Umekawa, Kikukatsu Ito
    • 開催場所 : クアラルンプール(マレーシア)
  95. ザゼンソウの恒温性メカニズムにおけるAOXの酸化還元制御に関する研究
    • 会議名称 : 第39回日本分子生物学会年会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年11月30日~2016年12月2日
    • 発表者 : 梅川 結、伊藤 菊一
    • 開催場所 : パシフィコ横浜
  96. 植物の恒温性メカニズムを解き明かす
    • 会議名称 : 第24回山形分子生物学セミナー
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2016年12月3日
    • 発表者 : 伊藤 菊一
  97. Modified Arrhenius model reveals the biochemical basis for thermoregulation of skunk cabbage
    • 会議名称 : The Start of New Genomics
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2017年1月10日
    • 発表者 : 梅川 結、伊藤 菊一
    • 開催場所 : 東京大学
  98. 発熱植物ザゼンソウの不思議:植物の体温調節のしくみに学ぶ
    • 会議名称 : 平成28年度 岩手大学生産技術研究センター シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(基調)
    • 開催期間 : 2017年3月10日
    • 発表者 : 伊藤 菊一
    • 開催場所 : 花巻
学術関係受賞
  1. ゴードン会議 若手研究者奨励賞
    • 受賞年月日 : 1999年1月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 伊藤 菊一
    • 内容 :
      哺乳動物における非ふるえ熱産生と呼ばれる現象は、褐色脂肪細胞における脱共役蛋白質が重要な働きをしていることが明らかとなっている。一方、植物における発熱はシアン耐性呼吸酵素によるものであるとされていた。本論文は、発熱機能を有するザゼンソウの肉穂花序において、2種類の動物型脱共役蛋白質をコードする遺伝子が発現していることを世界に先駆けて明らかにしたものである。
  2. 日本生化学会東北支部奨励賞
    • 受賞年月日 : 2004年5月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 伊藤 菊一
    • 内容 :
      ザゼンソウは、氷点下を含む外気温の変動にも関わらずその体温を20℃内外に維持する“恒温性”を有している。本植物において仏炎苞、葉、花序柄および、根の温度センシング機能を検討した結果、いずれの器官も温度変化を受容できる能力を有さないことが判明し、発熱器官である肉穂花序に温度センシング機能が内在することが推定された。
  3. 平成24年度科研費第1段審査委員表彰者
    • 受賞年月日 : 2012年11月28日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 伊藤菊一
工業所有権
  1. 物理量抑制装置、物理量制御方法および物理量制御プログラム
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 登録日 : 2014年1月31日
    • 登録番号 : 特許第 5464326 号
  2. 疑似乱数生成装置、疑似乱数生成方法及びそのプログラム
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2000年12月28日
    • 出願番号 : 特願2010-293811
    • 登録日 : 2015年2月27日
    • 登録番号 : 特許第5700369
  3. 温度制御方法、及び、温度調節装置
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2012年4月3日
    • 出願番号 : EP20040822565
    • 公開日 : 2012年4月3日
    • 公開番号 : EP1852765A4
    • 登録日 : 2012年4月3日
    • 登録番号 : US8150558 B2
  4. 生体時系列信号解析装置及び生体時系列解析方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2002年11月28日
    • 出願番号 : 特願2002-345307
    • 登録日 : 2005年3月25日
    • 登録番号 : 特許第3658623号
  5. パルス変換装置、制御システム、及び制御方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2011年3月31日
    • 出願番号 : 特願2011-078277
    • 登録日 : 2015年5月29日
    • 登録番号 : 5750800
  6. 疑似乱数生成装置、疑似乱数生成方法及びそのプログラム
    • 工業所有権区分 : 発明
    • 出願日 : 2010年12月28日
    • 公開日 : 2012年7月26日
    • 公開番号 : 特開2012-141774
    • 登録日 : 2015年2月27日
    • 登録番号 : 特許第5700369号
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 奨励研究(A) 代表
    • 支払支給期間 : 1998年4月~2000年3月
  2. 奨励研究(A)代表
    • 支払支給期間 : 2000年4月~2002年3月
  3. 萌芽研究
    • 支払支給期間 : 2003年4月~2005年3月
  4. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2005年4月~2009年3月
  5. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2005年4月~2009年3月
  6. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2005年4月~2009年3月
  7. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2012年4月~2017年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2012年度・5,500,000円・1,650,000円
      2013年度・2,100,000円・630,000円
      2014年度・2,100,000円・630,000円
      2015年度・2,100,000円・630,000円
      2016年度・2,100,000円・630,000円
  8. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2015年10月~2018年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2015年度・1,700,000円・510,000円
奨学寄附金等
  1. 積水化学 自然に学ぶものづくり
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 積水化学インテグレッテッド
    • 寄附金額 : 1,000,000円
    • 寄附年月 : 2008年10月1日
その他競争的資金獲得実績
  1. 21世紀COEプログラム
    • 資金支給期間 : 2004年10月~2009年3月
  2. JST研究成果プラザ宮城 平成17年度「事業化可能性試験」
    • 資金支給期間 : 2005年8月~2006年3月
  3. JSTサテライト岩手平成18年度実用化のための可能性試験(FS)
    • 資金支給期間 : 2006年7月~2007年1月
    • 研究内容 :
      ザゼンソウ由来の発熱関連遺伝子群を利用した動物細胞におけるエネルギー変換技術の開発を行う。
共同研究希望テーマ
  1. ザゼンソウの発熱制御アルゴリズムの産業応用
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
所属学会・委員会
  1. Journal of Stress Physiology & Biochemistry編集委員 (2005年4月1日~継続中)
  2. 日本農芸化学会 (9999年1月1日~継続中)
  3. 日本分子生物学会 (1998年1月1日~継続中)
  4. アメリカ植物生理学会(American Society of Plant Physiologists) (2000年1月1日~継続中)
  5. 日本バイオインフォマティクス学会 (2003年1月1日~継続中)
  6. 北海道大学低温科学研究所共同利用委員会委員 (2004年4月1日~2006年3月31日)
  7. 日本生化学会 (9999年1月1日~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 日本生化学会 東北支部会幹事(2004年4月1日~2007年3月31日)
  2. 日本農芸化学会 参与(2007年4月1日~継続中)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 第1回 ザゼンソウ シンポジウム (2007年2月)
    • 参加者数 : 150人
  2. 第2回 ザゼンソウ シンポジウム (2008年2月)
    • 参加者数 : 150人
  3. JBS Biofrontier Symposium on Biochemistry of pH Homeostasis and Proton Circuit (2009年7月)
    • 参加者数 : 80人
学会活動2(国際会議などの座長)
  1. Structure and molecular mechanisms of H+-pathways [JSB Biofrontier Symposium on Biochemistry of pH Homeostasis and Proton Circuit (2009年7月)]
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. New Phytologist [査読 (2016年9月)]
  2. Communicative & Integrative Biology [査読 (2014年10月)]
  3. Nature Communications [査読 (2014年11月)]
  4. Nature Communications [査読 (2014年2月)]
  5. BBA-Bioenergetics [査読 (2014年8月)]
  6. Journal of Virological Methods [査読 (2014年3月)]
  7. PLOS ONE [査読 (2013年3月)]
  8. Gene [査読 (2012年11月)]
  9. Journal of Biochemistry [査読 (2012年10月)]
  10. Plant Cell Reports [査読 (2012年4月)]
  11. Planta [査読 (2012年10月)]
  12. Journal of Plant Research [査読 (2011年12月)]
  13. Plant & Cell Physiology [査読 (2011年4月)]
  14. Plant Cell Report [査読 (2011年3月)]
  15. Plant & Cell Physiology [査読 (2010年2月)]
  16. Plant & Cell Physiology [査読 (2009年7月)]
  17. Physiologoa Plantarum [査読 (2009年5月)]
  18. Physiologia Plantarum [査読 (2009年5月)]
  19. Annals of Botany [査読 (2009年5月)]
  20. Journal of Integrative Plant Biology [査読 (2009年11月)]
  21. Plant Physiology [査読 (2009年10月)]
  22. Acta Crystallographica Section F: Structural Biology and Crystallization Communications [査読 (2009年9月)]
  23. Journal of Experimental Botany [査読 (2007年2月)]
  24. Journal of Plant Research [査読 (2007年7月)]
  25. Journal of Experimental Botny [査読 (2007年11月)]
  26. Journal of Plant Research [査読 (2006年7月)]
  27. Plant Physiology [査読 (2005年8月)]
  28. Plant, Cell & Physiology [査読 (2004年8月)]
  29. BMC Plant Biology [査読 (2002年7月)]
  30. Plant, Cell & Physiology [査読 (2002年5月)]
  31. PMC Plant Biology [査読 (2001年12月)]
  32. Botanical Journal of the Linnean Society [査読 (2001年11月)]
研究員(参加)
  1. 豪州首相日本支援教育プログラム (2011年11月~2011年11月)
研究員(受入れ)
  1. Endeavor Award (1人 2010年10月~2010年12月)
  2. Endeavor Award (1人 2011年2月~2011年3月)
  3. 外国人招へい研究者 (1人 2012年3月~2012年4月)
  4. 日本学術振興会 外国人短期招聘事業 (1人 2013年7月~2013年8月)
  5. JSPS外国人特別研究員 (1人 2014年8月~2014年8月)
  6. JSPS外国人研究者短期招聘事業 (1人 2015年3月~2015年4月)
  7. JSPS短期招聘事業 (1人 2015年7月~2015年7月)
  8. JSPS外国人研究者短期招聘事業 (1人 2016年7月~2016年8月)
  9. 「日豪若手研究者交流促進事業」の一環としてNicolas Taylor博士(西オーストラリア大学)を受け入れた。 (1人 2016年11月~2016年11月)
  10. アデレード大学教授 Roger Seymour博士 (客員研究員) (1人 2017年3月~2017年4月)
マスメディアによる報道
  1. 2014年度
    • 5月19日付 日刊工業新聞 5面 コアテクノロジー
      ザゼンソウに学ぶ温度制御法
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 全国報道
  2. 2015年度
    • TBSラジオ 自然に学ぶものつくり 5回シリーズ
      • 報道区分 : ラジオ
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • 読売新聞夕刊 ぽかぽか技術 2015年12月3日
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • 京都新聞 ザゼンソウ じっくり観察 今津でまつり 発熱の仕組みを学ぶ 2016年3月7日 掲載
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • 下野新聞
      ザゼンソウ、初のシンポ 体温調節など生態学ぶ
      2016年2月14日 掲載
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
その他研究成果の特記すべき事項
  1. 2004年度
    • 1. 植物の生長調節誌(Vol. 39, 2004)の表紙にザゼンソウ写真が掲載された。

      2. Plant, Cell & Physiology誌に掲載された論文(Ito et al., 2004)が月間HTMLアクセス第一位にランキングされた。
      関連資料:
      Dear Dr. Ito:
      Thank you for your contribution to Plant and Cell Physiology. PCP is now an online journal whose total online access was over 232,000 "hits" in 2003. I would like to inform you that your paper was one of the top ten most frequently accessed articles in April 2004 as you can see from the attached list.
      Thank you for submitting such fine work to Plant and Cell Physiology. We look forward to your next submission to the Journal.
      With very best regards,
      --
      Editor-in-Chief
      PLANT AND CELL PHYSIOLOGY
      The Japanese Society of Plant Physiologists
  2. 2005年度
    • 1. ザゼンソウの体温時系列データを対象に決定論的非線形予測手法をはじめとする一連の数理的解析を行い、本植物の発熱制御が “Zazen attractor”と名付けた非線形ダイナミクスにより支配されていることを突き止めた(Ito & Ito, Phys. Rev. E, 2005)。本論文は、植物におけるカオスの存在を世界で初めて明らかにした成果として、Science Online News、Science誌、米国物理協会Physics News UpdateおよびPhysics News Graphicsで紹介されると共に、英誌NewScientist、仏誌Pour la Scienceに関連記事が掲載された。また、本論文は、Virtual Journal of Biological Physics Research(Statistics and Nonlinear Physics のセクション(Vol. 10, 2005))にも取り上げられ、世界的に注目された。

      2. 生研センター最終成果発表集の表紙にザゼンソウ研究成果が採択された。
  3. 2007年度
    • Plant Physiologyに発表した論文(Onda et al., Plant Physiology 146: 636-645 (2008))が当該号におけるトピックスとしてOn the Inside(Minorsky, Plant Physiology 146: 323-324 (2008))で紹介された。
  4. 2006年度
    • 1.科学雑誌「化学と生物」の2006年4月号の表紙にザゼンソウの写真が掲載された(当該号に「ザゼンソウの発熱制御システム」と題した総説が掲載)。

      2.技術雑誌「ブレインテクノニュース」の2007年1月号の表紙にザゼンソウの赤外線解析画像が掲載された(当該号に「発熱植物ザゼンソウに見出された非線形体温制御システム」と題した総説が掲載)。

      3.21世紀COEプログラムの中間評価結果が公表され(2006年9月28日)、「研究面では、発熱性植物ザゼンソウの発熱アルゴリズムの解明など注目に値する成果が挙がっている」とのコメントがあった(http://www.jsps.go.jp/j-21coe/05_chukan/index.html)。
  5. 2015年度
    • Plant Cell & Environment誌の4月号の表紙にザゼンソウ写真が掲載された。
企業・団体等への指導等
  1. 2005年度 有限会社 ザゼンソウ技術開発研究所
    • 指導等の内容 :
      カオス解析技術指導
  2. 2006年度 有限会社 ザゼンソウ技術開発研究所
    • 指導等の内容 :
      カオス解析技術指導
  3. 2007年度 有限会社 ザゼンソウ技術開発研究所
    • 指導等の内容 :
      カオス解析技術指導
  4. 2008年度 有限会社 ザゼンソウ技術開発研究所
    • 指導等の内容 :
      カオス解析技術指導
  5. 2009年度 有限会社 ザゼンソウ技術開発研究所
    • 指導等の内容 :
      カオス解析技術指導
  6. 2010年度 有限会社 ザゼンソウ技術開発研究所
    • 指導等の内容 :
      カオス解析技術指導
生涯学習支援実績
  1. ざぜん草祭り講演会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 自然保護とざぜん草について
    • 開催期間 : 2004年3月
  2. ざぜん草祭り講演会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 自然保護とざぜん草について
    • 開催期間 : 2005年3月
  3. 成人教育:環境講座「歩いて大自然にふれ、環境を見つめ直そう」
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 植物の不思議 -ザゼンソウの体温調節のしくみ-
    • 開催期間 : 2005年4月
  4. 出前講義
    • 種類 : 大学模擬講義(秋田県立横手高等学校)
    • 担当部門(講演題目) : ザゼンソウの発熱現象について
    • 開催期間 : 2005年9月
  5. 平成17年度 いちのへ町民セミナー
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : ザゼンソウの世界
    • 開催期間 : 2005年9月
  6. 平成15年度奥中山地区地域活性化事業 雪国文化に関する講演会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 雪国とザゼンソウ
    • 開催期間 : 2005年11月
  7. 岩手大学 ウインターセッション
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 発熱植物ザゼンソウの不思議 -耳を澄まして聞いてみよう。野生植物からのメッセージを!-
    • 開催期間 : 2005年12月
  8. 出前講義
    • 種類 : 大学出前講義(岩手県立一関第一高等学校)
    • 担当部門(講演題目) : ザゼンソウの世界 -発熱する植物の不思議-
    • 開催期間 : 2006年2月
  9. ざぜん草祭り講演会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 自然保護とざぜん草について
    • 開催期間 : 2006年3月
  10. 岩手大学ミュージアム解説ボランティア講習会
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : ザゼンソウの発熱現象
    • 開催期間 : 2007年2月
  11. ざぜん草祭り里開き講演会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 発熱植物ザゼンソウの不思議
    • 開催期間 : 2007年3月
  12. ざぜん草祭り講演会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 発熱植物ザゼンソウの特性
    • 開催期間 : 2007年4月
  13. 岩手大学シニアサマーカレッジ
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 発熱植物「ザゼンソウ」の不思議
    • 開催期間 : 2007年8月
  14. 第1回ザゼンソウシンポジウム
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 発熱植物ザゼンソウの不思議
    • 開催期間 : 2008年2月
  15. ザゼンソウ祭り 特別講演会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 遺伝子資源としての発熱植物ザゼンソウ
    • 開催期間 : 2008年3月
  16. 岩手大学シニアサマーカレッジ
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 発熱植物ザゼンソウからのメッセージ
    • 開催期間 : 2008年9月
  17. 水沢高校SSH講演会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 海外学会の様子について
    • 開催期間 : 2008年9月
  18. 左草地区 生涯学習講演会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 発熱する植物ザゼンソウ
    • 開催期間 : 2008年11月
  19. (社)低温工学協会 東北・北海道支部 市民講演会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 寒冷環境におけるザゼンソウの発熱現象とその応用
    • 開催期間 : 2008年11月
  20. (株)チノー 技術交流会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : ザゼンソウからのメッセージ
    • 開催期間 : 2008年12月
  21. 第2回ザゼンソウシンポジウム
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 発熱植物ザゼンソウに関する講演
    • 開催期間 : 2009年2月
  22. ザゼンソウ祭り 特別講演会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 発熱植物ザゼンソウに関する講演会
    • 開催期間 : 2009年3月
  23. (株)ミクニ 情報交流会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : ザゼンソウの発熱現象
    • 開催期間 : 2009年8月
  24. 岩手大学シニアサマーカレッジ
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 発熱植物の魅力に迫る
    • 開催期間 : 2009年9月
  25. 第7回積水化学 自然に学ぶものづくりフォーラム
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 発熱植物ザゼンソウの驚異!
    • 開催期間 : 2009年10月
  26. ザゼンソウ学びの集い
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : ザゼンソウに学ぶ
    • 開催期間 : 2010年2月
  27. ザゼンソウの里シンポジウム
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 生物多様性とザゼンソウの発熱現象
    • 開催期間 : 2010年3月
  28. 第54回東北地区実験実習講習会 「植物バイオテクノロジー」
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : ミトコンドリア呼吸の基礎と実習
    • 開催期間 : 2010年7月
  29. 平成22年度黒陵実験講座
    • 種類 : 実験講座
    • 担当部門(講演題目) : 発熱する植物に学ぶ
    • 開催期間 : 2010年10月
  30. ザゼンソウ学びの集い
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : ザゼンソウに学ぶ
    • 開催期間 : 2012年2月
  31. ザゼンソウ祭り講演会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 発熱植物ザゼンソウに学ぶ
    • 開催期間 : 2012年3月
  32. 平成25年度 ざぜん草まつり(住民ふれあいまつり)
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 発熱植物ザゼンソウからのメッセージ
    • 開催期間 : 2014年3月
  33. 今津ざぜん草まつり
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : ザゼンソウの発熱現象に学ぶ
    • 開催期間 : 2014年3月
  34. 岩手県立一関第二高等学校出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 発熱する植物の不思議 -発熱植物ザゼンソウに学ぶ-
    • 開催期間 : 2014年9月
  35. 今津ざぜん草祭り 学びの集い
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 発熱植物ザゼンソウに学ぶ
    • 開催期間 : 2015年3月
  36. ざぜん草まつり(住民ふれあいまつり)
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 発熱植物ザゼンソウからのメッセージ
    • 開催期間 : 2015年3月
  37. 草津 ザゼンソウ群生地保護活動
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : ザゼンソウの保護・整備について
    • 開催期間 : 2015年5月
  38. 秋田県立本荘高校
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : ユニークな生命現象に学ぶ: 発熱植物ザゼンソウの不思議
    • 開催期間 : 2015年10月
  39. 宇都宮大学 シンポジウム
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : ザゼンソウの不思議シンポジウム 基調講演
    • 開催期間 : 2016年2月
  40. 今津ざぜん草祭り 学びの集い
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 発熱植物ザゼンソウに学ぶ
    • 開催期間 : 2016年3月
  41. ざぜん草まつり(住民ふれあいまつり)
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 発熱植物ザゼンソウからのメッセージ
    • 開催期間 : 2016年3月
  42. 今津ざぜん草祭り 学びの集い
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 発熱植物ザゼンソウに学ぶ
    • 開催期間 : 2017年3月
  43. ざぜん草まつり(住民ふれあいまつり)
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 発熱植物ザゼンソウからのメッセージ
    • 開催期間 : 2017年3月
  44. 第22階農学部5学科の実験講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : ミトコンドリアの呼吸を調べてみよう
    • 開催期間 : 2017年7月
産学官民連携活動
  1. 株式会社豊田中央研究所
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  2. 花巻企業化支援センター 「「カオスて何? ノイズと思っているデータを捨ててません か」と題する講演を行う。
    • 実績年度 : 2006年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  3. 花巻企業化支援センター 産学官連携技術セミナー 「カオス解析とその応用」と題する講演を行う。
    • 実績年度 : 2006年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  4. 独立法人農業・生物系特定産業技術研究機構作物研究所においてザゼンソウの発熱に関する講演会を行う(2004.11.11)。
    • 実績年度 : 2004年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  5. 平成17年度東北農業試験研究推進会議 生物工学推進部会・生物工学研究会 研究紹介として講演を行う
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  6. JSTイノベーションジャパン(2005.9.27)において「恒温植物が有する発熱制御特性に基づく先端的産業応用」というタイトルで講演を行い、6社から技術内容に関する打診を受けた。
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  7. JST岩手大学新技術説明会(2005.11.11)において「ザゼンソウの発熱制御アルゴリズムの先端的産業応用」というタイトルで講演を行った。
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  8. JST岩手大学新技術説明会(2006.2.3)において「ザゼンソウの発熱制御アルゴリズムの先端的産業応用」というタイトルで講演を行った。
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  9. 北上市基盤技術推進センターセミナーにおいてザゼンソウ発熱制御システムの応用に関するセミナーを行う(2006.1.23)。
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  10. 第5回イーハートーブ研究会において「ザゼンソウ発熱現象に基づく先端的産業応用」というタイトルで県庁関係者に対し講演を行った(060131)。
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 主催・参加 : 参加
国際交流活動
  1. 2004年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        生研センター 基礎研究推進事業
        オーストラリア アデレード大学教授
        Roger Seymour博士を招聘(3週間)
  2. 2005年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        岩手大学21世紀COEプログラムの推進のため
        オーストラリア University of Wollongong
        大学院生1名を受け入れ(3週間)
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        吉林農業大学・岩手大学農学部学術交流
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        2005年10月4日に岩手大学で開催された「学術交流会」において21世紀COEプログラムに関する説明を行った。
  3. 2011年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        オーストラリア政府
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        共同研究の遂行
  4. 2012年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        JSPS 外国人招へい研究者事業(短期)
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        目的:学術の振興・国際交流のため
        研究課題:ザゼンソウの発熱制御メカニズムに関する研究
        招へい研究者:Roger S. Seymour (University of Adelaide, Professor, Australia)
  5. 2013年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        日本学術振興会 外国人短期招聘事業
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        受け入れ担当者
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        国費留学生
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        我が国の支援による留学生の受け入れ
  6. 2014年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        国費留学生
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        我が国の支援による留学生の受け入れ
    • 学術交流
      • 交流機関・事業等名 :
        JSPS外国人特別研究員(欧米短期)
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        英国博士課程学生と盛岡にて研究情報交換を行う
  7. 2016年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        JSPS外国人研究者短期招聘事業
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        我が国と外国との学術交流の向上のため
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        日豪若手研究者交流促進事業
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        「日豪若手研究者交流促進事業」の一環としてNicolas Taylor博士(西オーストラリア大学)を受け入れた。
他大学等の非常勤講師
  1. 鶴岡工業高等専門学校
    • 物質工学特別講義 (2010年6月)
  2. 鶴岡工業高等専門学校
    • 物質工学特別講義 (2011年6月)
  3. 鶴岡工業高等専門学校
    • 物質工学特別講義 (2012年6月)
  4. 放送大学
    • 2日間対面講義を行った。 (2013年2月)
  5. 放送大学
    • 対面授業を行う(2日間) (2013年6月)
  6. 鶴岡工業高等専門学校
    • 集中講義を行う (2013年6月)
  7. 鶴岡工業高等専門学校
    • 集中講義を行う (2014年6月)
  8. 鶴岡工業高等専門学校
    • 集中講義を行う (2015年6月)
  9. 鶴岡工業高等専門学校
    • 集中講義を行う (2016年6月)
ボランティア・寄与など
  1. 2010年度
    • 文化の伝承、発展及び創造活動への寄与
      • 第12回白馬ざぜん草祭り、および、今津ザゼンソウ祭りに参加し、ザゼンソウの発熱現象に関する説明を行い、地域資源の利活用の促進に向けた活動を行った。
    • 文化の伝承、発展及び創造活動への寄与
      • 第12回白馬ざぜん草祭り、および、今津ザゼンソウ祭りに参加し、ザゼンソウの発熱現象に関する説明を行い、地域資源の利活用の促進に向けた活動を行った。
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2001年度
    • 白馬ざぜん草祭り 学術協力(2001年から継続中)
  2. 2003年度
    • 平成15年度スーパーサイエンスハイスクール(生物コース) 講師
  3. 2007年度
    • 岩手県西和賀町においてヒメザゼンソウの移植作業に協力する。
活動履歴
  1. 2004年度
    • 将来構想委員会
  2. 2007年度
    • 教育研究支援施設等業務
  3. 2008年度
    • 教育研究支援施設等業務
    • 学科・課程等での業務分担
    • 生物環境制御室運営委員会
    • 農学部戦略企画評価
    • 寒冷バイオフロンティア研究センター 准教授選考委員会
  4. 2009年度
    • 教育研究支援施設等業務
    • 学科・課程等での業務分担
    • 学科・課程等での業務分担
    • 寒冷バイオフロンティア研究センター 教授選考委員会
  5. 2010年度
    • 教育研究支援施設等業務
    • 学科・課程等での業務分担
    • 学科・課程等での業務分担
  6. 2011年度
    • 寒冷バイオフロンティア研究センター 運営委員会
    • 生物環境制御室運営委員会
    • 岩手連大・岐阜連大代議員
  7. 2012年度
    • 生物環境制御室運営委員会
    • 寒冷バイオフロンティア研究センター 運営委員会
    • 生物環境制御室運営委員会
    • 運営委員会
    • 点検評価委員会
  8. 2013年度
    • 寒冷バイオフロンティア研究センター 運営委員会
    • 生物環境制御室運営委員会
    • 研究戦略部会
    • 運営委員会
    • 点検評価委員会
    • 環境管理委員会
  9. 2014年度
    • 附属寒冷バイオフロンティア研究センター運営委員会
    • 点検評価委員会
    • 附属生物環境制御装置室運営委員会
    • 環境管理委員会
  10. 2015年度
    • 研究科運営委員会
    • 運営会議
    • 環境管理委員会
    • 附属寒冷バイオフロンティア研究センター運営委員会
    • 附属自然エネルギー利用温室運営委員会
  11. 2016年度
    • 附属寒冷バイオフロンティア研究センター運営委員会
    • 研究科運営委員会
    • 運営会議
    • 教員候補者選考委員会(委員長のみ)
    • 農学部附属寒冷バイオフロンティア研究センター長
    • 研究科専攻長
    • 企画室特命班