サブメニュー
更新日 : 2016年7月8日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名松岡 洋子 (MATSUOKA Yoko)
所属専攻講座岩手大学 教育推進機構
職名教授
生年月日
研究室電話番号019-621-6867
研究室FAX番号019-621-6867
メールアドレスyokomat@iwate-u.ac.jp
出身大学院
  1. 筑波大学 地域研究研究科 日本語教育
    • 大学院課程 : 修士課程
    • 修了年月日 : 1992年3月
    • 修了区分 : 修了
取得学位
  1. 地域研究修士
    • 学位の分野 : 日本語教育
    • 学位授与機関 : 筑波大学
    • 取得年月日 : 1992年1月1日
学内職務経歴
  1. 岩手大学
    • [本務] 助教授 (2002年6月1日~2004年3月31日)
  2. 岩手大学 国際交流センター (廃止組織)
    • [本務] 助教授 (2004年4月1日~2007年3月31日)
  3. 岩手大学 国際交流センター (廃止組織)
    • [本務] 准教授 (2007年4月1日~2014年3月31日)
  4. 岩手大学 教育学部
    • [兼務] その他 (2003年4月1日~継続中)
  5. 岩手大学 教育学研究科
    • [兼務] その他 (2007年4月1日~2016年3月31日)
  6. 岩手大学 教育推進機構
    • [本務] 准教授 (2014年4月1日~2015年12月31日)
  7. 岩手大学 教育推進機構
    • [本務] 教授 (2016年1月1日~継続中)
学外略歴
  1. マレーシア国立トゥンクークルシアカレッジ
    • [日本語教師(国際協力事業団青年海外協力隊)] (1985年12月1日~1987年12月31日)
  2. インドネシア国立バンドン教育大学
    • [客員講師(国際交流基金海外長期派遣日本語教育専門家)] (1992年8月1日~1995年9月1日)
  3. 秋田大学教育学部(現:教育文化学部)
    • [非常勤講師] (1996年4月1日~2003年3月31日)
  4. 弘前学院大学文学部
    • [講師] (2001年4月1日~継続中)
  5. 放送大学
    • [非常勤講師] (2009年4月1日~2014年3月31日)
  6. 東北大学文学研究科
    • [非常勤講師] (2011年4月1日~2011年9月30日)
  7. 神奈川大学
    • [非常勤講師] (2012年4月1日~2012年9月30日)
専門分野(科研費分類)
  1. 日本語教育
  2. 社会学
  3. 外国語教育
研究分野を表すキーワード
  1. 日本語教育
  2. 移民言語政策
  3. 言語政策
  4. 多文化コミュニケーション
  5. 共通言語
  6. 多文化コミュニティ
可能な出前講義
  1. 外国語・第二言語としての日本語 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      外国人にとっての日本語使用と日本語学習について、体系的、実践的に考える
  2. 移住外国人との日本語コミュニケーション [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      移住者との日本語によるコミュニケーションに必要な知識と技能について、実践的に学ぶ
  3. 日本語学習支援ボランティア講座 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      地域に住む外国人のための日本語学習支援方法を学ぶ
  4. 多文化コミュニティにおけるコミュニケーション [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      移民的背景の住民と受入れ住民とのコミュニティ構築のためのコミュニケーションの手法、課題解決方法等
担当授業科目
  1. 2009年度
    • 上級日本語E
    • 多文化コミュニケーションA
    • 多文化コミュニケーションB
    • 日本語教授法
    • 日本語教材論
    • 国語学特別演習Ⅴ
    • 中級日本語Ⅰ総合
    • 中級日本語Ⅰ総合
    • 中級日本語Ⅱ総合
    • 中級日本語Ⅱ総合
    • 個別研究
    • 初級日本語Ⅰ会話
    • 初級日本語Ⅰ会話
    • 国際合宿研修
  2. 2014年度
    • 多文化コミュニケーションA
    • 上級日本語A
    • 日本語教授法
    • 初級日本語総合C
    • 中級日本語Ⅰ文法
    • 国語学特別演習Ⅴ
    • 多文化コミュニケーションB
    • 上級日本語E
    • 日本語教材論
    • 初級日本語総合C
    • 中級日本語Ⅰ文法
    • 個別研究
    • 国際研修-エネルギーと持続可能な社会-
    • 個別研究
    • 国際合宿研修
  3. 2015年度
    • 多文化コミュニケーションA
    • 上級日本語A
    • 日本語教授法
    • 初級日本語総合C
    • 中級日本語Ⅰ文法
    • 現代の諸問題
    • 多文化コミュニケーションB
    • 上級日本語E
    • 日本語教材論
    • 初級日本語総合C
    • 中級日本語Ⅰ文法
    • 国語学特別演習Ⅴ
    • 個別研究
    • 国際研修-エネルギーと持続可能な社会-
    • 個別研究
    • 国際合宿研修
授業評価
  1. 2005年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 学生参加型のためのテーマ、授業形態をとった(上級日本語A、優秀授業表彰受賞)
  2. 2006年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : ・日本事情Aはアンケートの結果、共同作業型の授業は高く評価され、学生の評価は8/10だった。
      ・上級日本語Aはアカデミックジャパニーズ、Dは普段の会話表現に焦点をあて、分析およびスキルアップを図った。上級日本語Aは優秀授業に選ばれた。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : ・日本語教授法は実践的に知識を整理することができるよう改善した。学生からは平均8/10の評価を得た。
      ・日本語教材論は知識の授与だけでなく、具体的な学習者を想定し、教材選択、利用の課題について実践的に学んだ。学生からの授業評価は平均8/10を得た。
  3. 2007年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 日本事情A、上級日本語Aは優秀授業に表彰された。学生の学生の要望、、能力にあわせて教材、、授業内容の改善を改善を常時行った。なお、平成19年度教育教育に関する学長裁量経費20万円が配分された。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 実践面と理論面の結びつきが明らかになるよう、教育教育現場の視点を視点を取り入れた授業を実施した。学生の評価は9/10だった。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 多文化社会における日本語の地位、役割についての視点を学生に与え、研究が社会に与える影響について考えさせ、学生の評価は9/10だった。
  4. 2010年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 上級日本語A、Eが優秀授業表彰を受けた
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 学生アンケートを実施し、8/10の評価を得た
  5. 2011年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 授業中に学生評価を記述により得た結果、内容に対して高い評価を得た。
  6. 2012年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 授業終了時に記述式の授業評価を実施し、授業内容についておおむね満足したという評価を得た。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 授業終了時に記述式の授業評価を実施し、授業内容についておおむね満足したという評価を得た。(5段階評価の4.5)
  7. 2013年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 上級日本語Eについては全学共通教育アンケートを実施し、高い評価を得た。また、多文化コミュニケーションA,Bおよび上級日本語Aについては授業終了時に記述式の評価を実施し、高い評価を得た。
  8. 2014年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 上級日本語A,E,多文化コミュニケーションA,Eについて記述式アンケートによる授業評価を実施し、満足度、理解度、参加度とも高い評価を得た。多文化コミュニケーションAは共通教育科目優秀授業表彰を受けた。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 日本語教授法、日本語教材論で、授業内に留学生を対象とした教育実習を組み込み、実践的な授業を行ったことに対して、学生からの評価を得た。
  9. 2015年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 上級日本語A,E、多文化コミュニケーションA、Bについて記述式のアンケートによる授業評価を実施し、授業内容、方法とも高い評価を得た。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 日本語教授法、および日本語教材論の授業で、アクティブラーニングの手法を用い、また、教育実習を授業に組み込み実践的な授業を行ったことに対し学生から評価を得た。
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2007年度
    • 研究指導(修士・主任指導) 1人
    • 大学院研究生(修士) 1人
教育研究会における発表
  1. オンライン学習の特性を活かした読解教材の開発
    • 教育研究会名 :
      2004年度第10回日本語教育学会研究集会
    • 開催年月 : 2004年12月
  2. 多文化クラスの受講経験と意識・言語行動に関する一考察
    • 教育研究会名 :
      日本語教育法研究会
    • 開催年月 : 2007年3月
  3. Web型日本語プレースメントテストの実施と評価
    • 教育研究会名 :
      日本語教育学会第9回研究集会
    • 開催年月 : 2008年11月
教材作成
  1. アルクネットアカデミー日本語版(3級読解)
    • 教材種類 : メディア教材
    • 教材年度 : 2004年度
  2. 日本語プレースメントテスト
    • 教材種類 : メディア教材
    • 教材年度 : 2007年度
  3. いわて5大学コンソーシアムWeb日本語教材
    • 教材種類 : メディア教材
    • 教材年度 : 2009年度
  4. 日本語Web教材改訂版
    • 教材種類 : メディア教材
    • 教材年度 : 2010年度
  5. 日本語Web教材改訂版
    • 教材種類 : メディア教材
    • 教材年度 : 2011年度
学生向け課外活動・セミナーの実施
  1. 2010年度
    • 留学生対象日本語能力試験対策講座
  2. 2011年度
    • 留学生対象日本語能力試験対策講座
教育活動のその他の事項
  1. 2005年度
    • その他
      ・交流協定大学(中国・石河子大学、曲阜師範大学、寧波大学)への日本語教師派遣に際し、日本語教育法派遣前トレーニングを行った。
      ・日本語・日本文化研修生に対し、修了口頭発表および修了レポート作成の個別指導を行った。
      ・韓国群山大学夏期短期留学プログラムにおいて日本語研修を担当した。
      ・中国石河子大学学生交流受け入れプログラムにおいて日本語レッスンを担当した。
      ・アーラム大学日本語研修プログラムを実施した。
  2. 2006年度
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      ◎日本事情:留学生、日本人学生との共修科目とし、討論、合宿、遠隔通信などを利用した多文化コミュニケーション教育を実施。
      ◎上級日本語A:日本語によるアカデミックな情報発信力養成のため、情報機器の活用法、情報整理、討論などの演習を行った。
      ◎日本語中級Ⅱ:オンライン教材の活用し、個々の能力に応じた自立的学習方法習得の機会を提供した。
      ◎日本語中級Ⅰ、初級Ⅰ:日本人学生をアシスタントして活用し、留学生の発話促進、および日本人学生の教授法への理解促進を図った。
    • 進路指導業務
      日本語教師志望者に対し、進路および学習方法情報の提供を行った。
      また、進学希望者に対し、学外の専門家の紹介を行った。
    • 学生生活指導活動
      ◎留学生の日常生活および日本語学習に対する相談に応じ、情報提供等の支援を行った。
      ◎学生の自主活動に対し、実施の助言、協力を行った。(大学祭自主企画「世界へ飛び出せ岩大生」)
    • その他
      ◎群山大学サマープログラム日本語教育担当。
      ◎アーラム大学SICEプログラム日本語教育担当。
      ◎日本語日本文化研修生に対し、修了レポートおよび修了発表の指導担当。
      ◎教育研究科院生に対し、日本語教育学関連の学術情報提供および論文執筆の助言。
  3. 2007年度
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      ◎日本事情A:留学生、日本人学生との共修科目とし、討論、合宿を通じて多文化コミュニケーション教育を実施。
      ◎上級日本語A:日本語によるアカデミックな情報発信力養成のため、 情報機器の活用法、情報整理、討論などの演習を行った。
      ◎日本語中級Ⅱ、日本語中級Ⅰ:日本人学生をアシスタントして活用し、留学生の発話促進、および日本人学生の教授法への理解促進を図った。
      ◎多文化コミュニケーションB:日本人学生、留学生の共同作業によりパンフレット作成を行い、作業に求められるコミュニケーションスキルを向上させた。
    • 進路指導業務
      日本語教師志望者に対し、進路および学習方法情報の提供を行った。
    • 学生生活指導活動
      ◎オフィスアワーを中心に、留学生の日常生活および日本語学習に対する相談に応じ、情報提供等の支援を行った。
      ◎学生の自主活動に対し、実施の助言、協力を行った。(例;意見発表会、れっつびぎんプロジェクト「れっつネパール」、大学祭自主企画「世界に飛び出せ岩大生」)
    • その他
      ・韓国群山大学サマープログラム日本語教育担当。
      ・アメリカアーラム大学SICEプログラム日本語教育担当。
      ・教育研究科院生に対し、論文執筆指導および資料提供。
      ・日本語能力試験準備講座の実施。
      ・単位取得に問題のある学生に対する個別指導。
  4. 2008年度
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      ・日本語能力試験およびビジネス日本語試験対策講座を実施した。
    • 進路指導業務
      ・日本語教師志望学生に対する進路指導及び資格取得指導を実施した。
      ・留学生を対象とした日本語能力証明試験の受験指導を行った。
    • 学生生活指導活動
      留学生に対する相談業務を実施した。
    • その他
      「上級日本語A」「上級日本語E」で学生評価による優秀授業に選ばれた。
  5. 2009年度
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      ・合宿等により他大学の学生との交流、接触の機会を多方面で企画実施した。
      ・日本語能力試験およびビジネス日本語試験対策講座を実施した。
    • 進路指導業務
      日本語教師志望学生に対する進路相談、資格取得指導を行った。
    • 学生生活指導活動
      留学生に対する相談業務を実施した。また、学生支援者の紹介等を実施した。
    • その他
      「上級日本語A」「多文化コミュニケーションA」で学生評価による優秀授業に選ばれた。
  6. 2010年度
    • 教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項
      ・多文化コミュニケーションAで、二戸市教育委員会と協力し、中学生との合同合宿を実施した。
      ・国際合宿研修を「エネルギーと持続可能な社会」をテーマに実施した。エネルギーについて体験するためシミュレーションゲームを作成し、使用した。
    • 進路指導業務
      外国の教育機関で日本語教師として赴任予定の学生に対し、教授法、教材等との情報提供を行った。
    • その他
      教育学部の学生で日本語教育に関する卒業論文作成者に対し、資料提供、助言等を行った。
  7. 2012年度
    • 進路指導業務
      日本語教育関連の大学院進学を希望する学生に情報提供を行い、研究なようについて相談業務を行った。
    • 国際教育活動
      アメリカアーラム大学SICEプログラムの学生に対する日本語教育授業のコーディネーターを担当した。
    • 国際教育活動
      大学院入学予備教育日本語研修コースの企画、運営および授業(週3コマ)を担当した。また、国費留学生(3名)の指導教員として学生指導を行った。
  8. 2013年度
    • 国際教育活動
      アメリカアーラム大学SICEプログラムの学生に対する日本語教育授業のコーディネーターを担当した。
    • 国際教育活動
      大学院入学予備教育日本語研修コースの企画、運営および授業(週3コマ)を担当した。また、国費留学生(4名)の指導教員として学生指導を行った。
    • 進路指導業務
      留学生の大学院進学について、研究、申請方法について相談を行った。
    • その他
      本学工学部高校生アカデミックインターンシップに協力し、仙台西高校の生徒に対し、大学で必要なコミュニケーション能力について講義を担当した。
  9. 2014年度
    • その他
      教育学部の日本語教育専攻希望学生に対し、卒論および進路について専門に関する助言を行った。
  10. 2015年度
    • その他
      教育研究科の日本語教育分野の学生に対し、研究上の専門的な助言を行った。
研究経歴
  1. 多文化クラスの大学間および地域相互交流プロジェクトの実施と評価に関する研究(1997年4月~2000年3月)
    • 研究課題キーワード : 多文化クラス 大学教育 地域交流
    • 専門分野(科研費分類) :
      教育学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 科学研究費補助金
    • 研究活動内容 :
      多様な文化背景を有する学生が異文化理解について学ぶ機会を提供するため方法、効果について相対的に考察する。さらに大学間、地域との交流を行うことで大学の枠を超えた多文化クラスのあり方についてその役割と可能性をさぐる。
  2. 研究留学生のための日本語教材開発(1999年4月~2005年4月)
    • 研究課題キーワード : 留学生 日本語 リテラシー 課題解決力
    • 専門分野(科研費分類) :
      日本語教育
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
      研究留学生を対象としたアカデミックリテラシー向上のための効率的な教材開発
  3. 地域で展開される外国人居住者支援のための総合的研究――日本語教育が提言する外国人居住者と日本人居住者の地域密着型の新しい関係(1999年11月~2001年10月)
    • 研究課題キーワード : 地域日本語教育 地域密着型
    • 専門分野(科研費分類) :
      日本語教育
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 民間学術研究振興費補助金
    • 研究活動内容 :
      農村にすむ外国人配偶者が多い秋田県、山形県、新潟県の各地域における外国人居住者と、受け入れ側である日本人居住者の関係を、日本語教育の側面から分析し、受け入れ地域の特色と多文化共生地域社会のネットワーク構築についての基礎研究を行う。
  4. 大学におけるコミュニケーション教育の総合的研究(2000年4月~2004年3月)
    • 研究課題キーワード : 多文化状況 コミュニケーションスキル
    • 専門分野(科研費分類) :
      教科教育学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 科学研究費補助金
    • 研究活動内容 :
      日本人学生、留学生を対象にコミュニケーション教育について、言語技能、多文化共生教育など複合的な側面から方法論を研究する。
  5. 移住外国人のコミュニケーションのための言語政策に基づく共通言語教育(2003年4月~2004年3月)
    • 研究課題キーワード : 言語政策 移住者 共通言語
    • 専門分野(科研費分類) :
      外国語教育
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 科学研究費補助金
    • 研究活動内容 :
      外国人移住者とその家族が移住先社会において社会統合するために必要な共通言語習得の方法について、施策面から分析を行う。
  6. 在住外国人子女の教育権(2003年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 外国人、子ども、教育権、親権,
    • 専門分野(科研費分類) :
      教育学社会法学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
      在住外国人子弟の教育権について、法的解釈の検討を行い、外国人の教育権確立の可能性を探る。
  7. 移住者と受入住民の多文化的統合を視座とした共通言語教育(2004年4月~2008年3月)
    • 研究課題キーワード : 移住者、多文化的統合、共通言語
    • 専門分野(科研費分類) :
      外国語教育
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 科学研究費補助金
    • 研究活動内容 :
      外国からの移住者と受け入れ社会の住民との多文化的社会統合に資する共通言語の枠組みとそれを促進する行政施策について、従来単文化・言語主義的施策をとってきたドイツ、フランス、韓国、日本を対象に調査研究を行う。
  8. 多言語・多文化状況における実践的コミュニケーション教育・評価方法の開発(2006年1月~2008年3月)
    • 研究課題キーワード : 多文化交渉 課題解決能力開発 教育方法・評価尺度開発,
    • 専門分野(科研費分類) :
      教科教育学教育心理学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 補助金
    • 研究活動内容 :
      北東北3大学共同研究プロジェクト。多文化状況における行動能力向上を目的とした教育方法および評価尺度の開発を行う。知識授与のみならず日本人学生、留学生、海外の大学の学生との共同作業、討論等を通じ、実践的な能力開発をめざした教育方法研究。
  9. コミュニケーションのための教育文法に基づく日本語教材作成のための基礎的研究(2006年4月~2009年3月)
    • 研究課題キーワード : 日本語教育文法 シラバス 四技能 教材開発
    • 専門分野(科研費分類) :
      日本語教育
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 科学研究費補助金
    • 研究活動内容 :
      日本語学に基づくのではなく、日本語教育のための新たな文法理論を構築し、それに基づく技能別教材開発を行う。各技能別に研究協力者にょるグループが構成され、それぞれがレベルに沿ったニーズ調査および教材開発を継続している。
      (基盤研究B課題番号17320075;研究分担者)
  10. 戦前・戦中の青島におけるドイツおよび日本の言語政策に関する基礎研究(2006年4月~2007年3月)
    • 研究課題キーワード : 言語政策 租借地 複言語教育
    • 専門分野(科研費分類) :
      外国語教育
    • 研究様態 : 国際共同研究
    • 研究制度 : 科学研究費補助金
    • 研究活動内容 :
      中国青島市の旧租借地における、20世紀初頭~戦中の約30年間のドイツおよび日本の言語・教育・文化政策について調査し、その特徴を明らかにする。
  11. 移住者の第二言語習得支援-その内容と人材育成-(2007年1月~2012年3月)
    • 研究課題キーワード : 移住者、第二言語習得、素材、人材、研修,
    • 専門分野(科研費分類) :
      教育社会学日本語教育
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
      移住者のための第二言語習得支援の方法、内容、それにかかわる人材育成に関する研究を行い、教材開発を目指す。
  12. 多言語コミュニケーション活動素材開発(2007年4月~2011年3月)
    • 研究課題キーワード : 多言語活動、コミュニケーションスキル習得、多文化社会, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      外国語教育日本語教育教育社会学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
      多文化コミュニティの市民に対するコミュニケーションスキルの育成のため、日、英、韓、中4言語によるコミュニケーション練習のための素材集を開発。
  13. アジア・ヨーロッパにおける移住者と受け入れ住民の共通言語教育研究の構築(2008年4月~2012年3月)
    • 研究課題キーワード : 移住外国人 共通言語研究 国際ネットワーク,
    • 専門分野(科研費分類) :
      外国語教育教育社会学
    • 研究様態 : 国際共同研究
    • 研究制度 : 科学研究費補助金
    • 研究活動内容 :
      外国からの移住者の社会統合に求められる言語能力とその習得の共通枠組みを構築するため、ドイツ、フランス、台湾、韓国、日本の教育現場、行政、研究者間のネットワークを構築し、共同研究を展開する。
  14. 「生活のための日本語」に関する基盤的研究:段階的発達の支援をめざして(2008年4月~2012年3月)
    • 研究課題キーワード : 生活者 日本語 習得支援
    • 専門分野(科研費分類) :
      日本語教育
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 科学研究費補助金
    • 研究活動内容 :
      国立国語研究所が中心となり、日本各地に在住する外国出身者の生活日本語の接触実態とニーズ調査を実施し、生活日本語について具体的なリストを作成する。研究協力者として、岩手県の調査を中心に研究を行っている。
  15. 外国人散在地域における外国人児童生徒の教育・支援に関する研究 ―山形・岩手地域の教育・支援についての課題の整理・明確化および教育・支援にあたる人材育成を中心に(2008年11月~2010年10月)
    • 研究課題キーワード : 子ども 散在地域 学習支援
    • 専門分野(科研費分類) :
      教育学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 民間学術研究振興費補助金
    • 研究活動内容 :
      散在地域に居住する外国人児童生徒教育の課題を整理・明確化し、教育や支援にあたる人材をそだて、その活動が全地域にわたって展開していく、ということを課題とし、調査研究を行い、同時に研修会を実施する。
  16. コミュニケーションのための日本語ウェブ教材の作成と試用(2009年4月~2011年5月)
    • 研究課題キーワード : 教材開発 4技能 ウェブ
    • 専門分野(科研費分類) :
      日本語教育
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 科学研究費補助金
    • 研究活動内容 :
      2009年度は連携研究者として、4技能のうち「読む」グループでの教材開発に関わった。
  17. 生活日本語の指導力の評価に関する調査研究(2010年8月~2011年3月)
    • 研究課題キーワード : 生活日本語 指導者 評価
    • 専門分野(科研費分類) :
      日本語教育
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 受託研究
    • 研究活動内容 :
      文化庁が(社)日本語教育学会に委託し、日本在住の外国人を対象とする生活日本語教育の指導者の評価に関する研究を行い、その研究メンバーとして海外(ドイツ、韓国)の移住者対象言語教育の教師評価に関する調査研究に参画した。
  18. 外国人散在地域の子どもの教育における保護者・学校・支援者の連携・協働モデルの構築(2011年4月~2015年3月)
    • 研究課題キーワード : 外国人 子ども 教育,
    • 専門分野(科研費分類) :
      日本語教育教育学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 科学研究費補助金
    • 研究活動内容 :
      外国につながりのある子どもの教育環境のキーパーソンの連携の有効性について事例研究を行い、モデルの構築をめざす。研究分担者として研究に参画し、岩手地域の事例研究を担当する。
  19. 移住者と受入れ住民のコミュニティ形成に資する複言語コミュニケーションと人材育成(2012年4月~2016年3月)
    • 研究課題キーワード : 多文化社会、言語政策、コミュニティ形成、複言語、社会教育
    • 専門分野(科研費分類) :
      外国語教育
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 科学研究費補助金
    • 研究活動内容 :
      多言語多文化社会において、コミュニティを形成するために必要な共通言語の構築と、多様なコミュニケーション手段を駆使するコミュニティリーダーの育成をめざし、ドイツ、韓国、シンガポール、カナダにおいて先進事例を調査し、必要なプログラム、政策等について提言する。
  20. 生活者むけ日本語学習支援における教授者育成のための基礎的研究(2012年4月~2015年3月)
    • 研究課題キーワード : 生活者、日本語学習支援、教授者育成
    • 専門分野(科研費分類) :
      日本語教育
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 科学研究費補助金
    • 研究活動内容 :
      日本に増加する外国人定住者に対する日本語学習支援を行う教授者に必要な教室での行動、態度、知識などの項目を整理し、教授者養成の改革に資する資料を提供する。
  21. コミュニティの公共人材を対象とした多文化対応力開発プログラムの国際比較(2016年4月~2020年3月)
    • 研究課題キーワード : 多文化対応力 能力開発 国際比較
    • 専門分野(科研費分類) :
      教育社会学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 科学研究費補助金
    • 研究活動内容 :
      多様な言語・文化背景をもつ住民で形成されるコミュニティにおいて、コミュニティ維持のための職務を行う公共人材の多文化対応力が求められている。本研究では、韓国、ドイツ、日本の当該能力開発の教育プログラムを比較し、その効果、今後の展開の可能性について明らかにする。
  22. 教師研修プログラムの開発とその評価-入門クラスの授業実践力向上をめざして-(2016年4月~2019年3月)
    • 研究課題キーワード : 外国語教師 研修 入門
    • 専門分野(科研費分類) :
      外国語教育
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 科学研究費補助金
    • 研究活動内容 :
      入門期の教師に必要な資質についてドイツと日本の教師の授業行動および研修方法の比較から明らかにする。
論文
  1. 秋田県内の日本語教室をめぐるソーシャルサポートネットワークの実態 [文化とこころ, 5, (2001年8月31日), pp.93-94] 松岡洋子/宮本律子
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  2. 地域の日本語教室のための人材育成 [秋田大学教育文化学部教育実践研究紀要, (24), (2002年3月29日), pp.115-122] 松岡洋子・宮本律子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  3. 文化・習慣の要素を取り入れた生活日本語の授業 [総合的日本語教育を求めて, (2002年5月15日), pp.361-373] 松岡洋子・足立祐子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  4. 映像素材を活用したシラバスの柔軟化について [新潟大学留学生センター紀要, (2003年3月31日), pp.31-38-] 足立祐子/松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  5. 大学教育に求められるコミュニケーション教育 [ヨーロッパ日本語教育, (8), (2004年3月30日), pp.177-182] 足立祐子・池田英喜・宮本律子・松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  6. 岩手県内の在住外国人支援のための日本語ボランティア養成 [岩手大学生涯学習教育研究センター年報, (3), (2004年3月31日), pp.1-8]
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  7. ドイツの多文化共生プログラムの実際(共著) [異文化教育学会第25回大会発表抄録, (2004年5月28日), pp.67-68] 松岡洋子,足立祐子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  8. 状況中心の日本語学習内容について(共著) [2004年日本語教育国際研究大会 予稿集 発表2, (2004年8月6日), pp.225-230] 足立祐子・松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  9. ドイツの多文化共生事業と新移民法(共著) [日本言語政策学会第5回大会資料, (2004年11月20日), pp.18-19] 松岡洋子,足立祐子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  10. 地域日本語活動における提案-地域日本語活動に求められるもの-(共著) [新潟大学国際センター紀要, (1), (2005年3月31日), pp.13-22] 足立裕子,松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  11. ドイツにおける共生および言語政策の現状報告 (共著) [平成17年度学術振興会科学研究補助金中間報告書「移住者と受入住民の多文化的統合を視座とした共通言語教育」, (2005年4月30日)] 足立祐子,松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  12. 日本語教育オンライン教材の可能性 [岩手大学国際交流センター報告, (1), (2005年4月30日), pp.16-22]
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  13. 外国人移住者統合プログラムの特徴(共著) [異文化間教育学会第26回大会抄録, (2005年5月27日), pp.98-99] 松岡洋子,足立祐子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  14. 地域における共通言語学習支援プログラム(共著) [2005年度日本語教育学会秋季大会予稿集, (2005年10月8日), pp.73-78] 足立祐子,松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  15. 韓国の移住外国人に対する韓国語施策および支援事情 [日本言語政策学会第7回大会資料, (2005年11月19日), pp.6-7] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  16. 最近のドイツにおける多文化共生プログラムの動向(共著) [平成17年度学術振興会科学研究補助金中間報告書「移住者と受入住民の多文化的統合を視座とした共通言語教育」, (2005年12月21日)] 松岡洋子,足立祐子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  17. 実践型日本語学習支援者養成の試み-岩手における実践分析と提言- [岩手大学生涯学習論集, (2), (2006年3月31日), pp.15-22] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  18. 共通言語学習支援プログラムの方法と実践 [異文化間教育学会第27回発表抄録, (2006年6月2日), pp.68-69] 足立祐子,松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  19. 移住外国人に対する第二言語学習の内容比較 [異文化間教育学会第27回大会発表抄録, (2006年6月2日), pp.142-143] 松岡洋子,足立祐子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  20. 地域在住外国人移住者の言語課題 [岩手大学国際交流センター報告, (2), (2006年7月31日), pp.3-9] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  21. 移住外国人の第二言語施策-日本・ドイツ・フランスの事例-(原文:韓国語) [2006年国内移住民対象韓国語教育政策樹立のためのシンポジウム抄録(原文は韓国語), (2006年9月8日), pp.52-54] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  22. 地域の日本語ボランティアに関するフレームワーク(共著) [2006年度日本語教育学会秋季大会予稿集, (2006年10月7日), pp.165-170] 足立祐子,松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  23. 多文化クラスの受講経験と、意識・言語行動に関する一考察(共著) [日本語教育方法研究会誌, 14(1), (2007年3月17日), pp.86-87] 小山宣子,尾中夏美,松岡洋子,宮本律子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  24. 多文化コミュニケーショントレーニングの可能性 [岩手大学国際交流センター報告, (3), (2007年6月1日), pp.28-35] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  25. 移住女性に対する言語習得支援の内容 [異文化間教育学会第28回大会抄録, (2007年6月2日), pp.130-131] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  26. 移民の社会統合と人材育成-ドイツの事例研究- [日本言語政策学会第9回大会予稿集, (2007年6月17日), pp.22-25] 松岡洋子,足立祐子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  27. 多文化社会とコミュニケーション教育 [言語と文化・文学の諸相-岡田仁教授・笹尾道子教授退官記念論文集-, (2008年3月31日), pp.317-327] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  28. 異文化間教育学における日本語教育とその教師の資質 [2008年度異文化間教育学会第29回大会発表抄録, (2008年5月30日), pp.76-77] 足立祐子,松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  29. 移民的背景を持つ児童生徒の学習権に関する一考察 [岩手大学国際交流センター報告第4号, (4), (2008年7月1日), pp.1-8] 松岡洋子
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 未設定
  30. 相互コミュニケーション活動を目的とした学習素材作成 [第7回日本語教育国際研究大会予稿集3, 3, (2008年7月11日), pp.237-240] 足立祐子・松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  31. ドイツ・韓国・日本の移住外国人に対する社会統合施策-言語施策を中心として- [移民政策学会Webページ, (2009年3月21日)] 松岡洋子,足立祐子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  32. 多文化社会の「共通言語」構築を目指す―母語社会と共通言語社会の共存のために― [外国語教育の文脈化:「ヨーロッパ言語共通参照枠」+複言語主義・複文化主義+ICTとポートフォリオを用いた自律学習」大会予稿集, (2009年4月3日), pp.85-88] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  33. 多文化コミュニティを支える多言語活動 [2009年度異文化間教育学会第30回大会発表抄録, (2009年5月29日), pp.66-67] 松岡洋子・足立祐子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  34. 外国人散在地域における多文化背景をもつ子どもへの教育・支援の課題 [2009年度異文化間教育学会第30回大会発表抄録, (2009年5月29日), pp.126-127] 齊藤ひろみ,松岡洋子他
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  35. 多言語状況による問題解決型研修の試み―「国際合宿」研修のフレームワークの有効性に関する一考察― [岩手大学国際交流センター報告5号, (5), (2009年7月1日), pp.1-6] 松岡洋子,尾中夏美
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  36. 国際結婚による移住女性の言語教育支援 [日本国際教育学会創設20周年記念大会発表要旨集録, (2009年9月12日), pp.91-92] 松岡洋子,土屋千尋
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  37. 外国人散在地域における多文化背景をもつ子どもへの教育・支援の展開 [2010年度異文化間教育学会第31回大会発表抄録, (2010年6月11日), pp.140-141] 土屋千尋,松岡洋子他
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  38. 移住者に求められるプロフィシェンシー考‐ドイツ・韓国・台湾の調査から見えたこと‐ [日本語プロフィシェンシー研究会国際シンポジウム, (2010年7月17日), pp.37-42] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  39. 移住女性の第二言語教育に関する日本語教育からの提言 [2010世界日語教育大会論文集(CD版), (157), (2010年7月30日)] 松岡洋子・土屋千尋
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  40. 多様化する学習者に対応できる日本語教師について [2010世界日語教育大会論文集(CD版), (179), (2010年7月30日)] 足立祐子・松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  41. 外国人の子どもの教育権をめぐる一考察 [日本国際教育学会第21回大会抄録, (2010年9月11日)] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  42. ドイツ連邦共和国の移民社会統合コースと教師の資質 [平成22年度文化庁日本語教育研究委託 「生活日本語の指導力の評価に関する調査研究」報告書, (2011年3月31日), pp.111-115] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  43. 韓国:大韓民国における韓国語教育と教師 [平成22年度文化庁日本語教育研究委託 「生活日本語の指導力の評価に関する調査研究」報告書, (2011年3月31日), pp.120-123] 松岡洋子・イムイヒョン
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  44. 「異言語間教育」を目的とする活動素材集の開発 [異文化間教育学会第23回大会抄録, (2011年6月11日), pp.184-185] 足立祐子・松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  45. 言語技術教育を取り入れた初級レベルの教室活動について [2011年世界日本語教育大会予稿集, 下, (2011年8月19日), pp.168-169] 足立祐子・松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  46. 地域コミュニティにおける複言語コミュニケーション -日本語教育ができること再考- [2011年度日本語教育学会秋季大会予稿集, (2011年10月8日), pp.267-268] 松岡洋子・足立祐子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  47. 移住者に対する第二言語教育と教師養成-ドイツ調査から見えたこと- [日本言語政策学会第13回大会予稿集, (2011年12月4日), pp.6-8] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  48. 日常生活で言語を複数もつ意義-コミュニティのつながりを求めて- [国際シンポジウム多言語政策と日本語教育論文集, (2012年3月24日), pp.20-27] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  49. 人口移動に伴う東アジアの言語課題―結婚移住者の言語教育施策の日韓比較― [日本語言文研究第二集(中国延辺大学), 2, (2012年5月), pp.150-157] 松岡洋子・足立祐子
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  50. 多文化化するコミュニティと災害時のコミュニケーション [東アジア文化交渉学会基調報告予稿集, 災害と東アジア(1), (2012年5月11日), pp.5-9] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  51. 移住者と受け入れ社会の共通言語と日本語教育 [2012年度日本語教育学会春季大会予稿集, (2012年5月26日), pp.53-64] 松岡洋子,西山教行,土屋千尋,足立祐子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  52. 地域社会のための「グローバル人材」育成-ポスト3.11に向けて問い直す- [異文化間教育学会 第33回大会抄録, (2012年6月9日), pp.124-125] 尾中夏美・松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  53. 共生に対する考えの変容-日本語ボランティア教室の活動を通して- [異文化間教育学会第33回大会抄録, (2012年6月9日), pp.156-157] 足立祐子・松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  54. 教師に求められる「授業運営上の技能」について [日本語教育国際研究大会名古屋2012第2分冊, (2012年8月19日), pp.325-325] 足立祐子、松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  55. 東日本大震災における日本在住外国人の対応 [日本国際教育学会第23回大会発表要旨集, (2012年9月29日), pp.12-13] 大迫章史、松岡洋子、木田竜太郎
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  56. 支援者のネットワーク形成とその活用実態―外国人散在地域における子どもの教育の場合― [日本国際教育学会第23回発表要旨集録, (2012年9月29日), pp.75-76] 土屋千尋、内海由美子、関祐子、高畑幸、中川祐治、馬場良二、松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  57. 災害時のコミュニケーション‐多文化コミュニティとポスト3.11のコミュニケーションへの提言 [第4回災害看護学会国際大会, (2012年11月22日), pp.11-23] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  58. 「動機づけ」機能に着目した教師の指導技術の体系化の試み [2013年度日本語養育学会春季大会予稿集, (2013年5月25日), pp.215-220] 足立祐子、松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  59. 多言語コミュニティにおける共通言語と言語権‐シンガポール、ドイツの事例から‐ [日本言語政策学会第15回記念大会予稿集, (2013年6月1日), pp.36-38] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  60. 大学における「グローカル人材」育成のための教育実践 [2013年度異文化間教育学会第34回大会発表抄録, (2013年6月8日), pp.146-147] 松岡洋子、尾中夏美
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  61. 第二言語教育における当該文化に対する態度‐地域の日本語教育のかかえる問題‐ [2013年度異文化間教育学会第34回大会発表抄録, (2013年6月8日), pp.186-187] 足立祐子、松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  62. 災害時のコミュニケーション課題と複言語コミュニケーション教育 [日本国際教育学会紀要 国際教育, (19), (2013年9月1日), pp.145-147] 松岡洋子
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 未設定
  63. 外国につながる子どもの教育・支援に大学がどうかかわるか [日本国際教育学会第24回研究大会発表要旨集録, (2013年9月28日), pp.15-24] 土屋千尋、松岡洋子、内海由美子、中川祐治、高畑幸
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  64. 移民の社会統合施策と 社会 的 合意形成 - ドイツ、韓国 、シンガポール の比較から- [移民政策学会Webページ, (2013年12月14日)] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  65. 多文化社会におけるコミュニティ構築に向けた仕組みと人材 [2014年度異文化間教育学会第35回大会発表抄録, (2014年6月6日), pp.222-223] 松岡洋子、足立祐子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  66. 外国人散在地域における「特別の教育課程」の編成・実施に向けて [2014年度異文化間教育学会第35回大会抄録, (2014年6月6日), pp.218-219] 土屋千尋、内海由美子、中川祐治、松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  67. 大学がかかわる外国につながる子どもの学習支援―岩手の事例― [国際教育, (20), (2014年9月13日), pp.103-105] 松岡洋子
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読無し
  68. 日本語教育の視点を活用した人材育成―複言語・複文化コミュニティを目指して [Japanese Education in Europe, (19), (2014年9月15日), pp.269-270] 松岡洋子・足立祐子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  69. 「生活者としての外国人」に対する第二言語教育における教師の教授行動と学習意欲―ドイツの移民に対する言語教育現場から日本語教育への提言― [2014年度日本語教育学会秋季大会予稿集, (2014年10月11日), pp.231-232] 足立祐子、松岡洋子、今村和宏
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  70. 外国人散在地域における「特別の教育課程」による日本語指導 [福島大学地域創造, 26(2), (2015年2月27日), pp.49-61] 中川祐治・足立祐子・内海由美子・土屋千尋・松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  71. 多文化コミュニティ構築に資する施策と人材―ドイツ、韓国、シンガポール調査から― [移民政策学会2015年度年次大会発表抄録, (2015年5月30日)] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読無し
  72. 多元的地域コミュニティを支えるキーパーソンのコミュニケーション能力 [2015年度異文化間教育学会 第36回大会発表抄録, (2015年6月5日), pp.178-179] 松岡洋子、足立祐子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  73. 外国人散在地域において「特別の教育課程」による指導はどのように編成・実施されようとしているか [2015年度異文化間教育学会 第36回大会発表抄録, (2015年6月5日), pp.166-167] 土屋千尋・内海由美子・中川祐治・松岡洋子・足立祐子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
  74. 多文化コミュニティのキーパーソンに対するコミュニケーション能力養成における教育担当者の役割 [2015 CAJLEカナダ日本語教育振興会 Annual Conference, (2015年9月30日), pp.165-173] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  75. 「やさしい日本語」会話について―公開されているガイドブックをもとに― [2015年度日本語教育学会秋季大会予稿集, (2015年10月9日), pp.323-324] 足立祐子・松岡洋子
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 未設定
著書
  1. 大学・大学院留学生の日本語1読解編 [アルク (2001年10月10日)] アカデミック・ジャパニーズ研究会(松岡洋子含む)
    • 著書種別 : 教科書
  2. 大学・大学院留学生の日本語 2作文編 [アルク (2001年11月10日)] アカデミック・ジャパニーズ研究会編(松岡洋子含む)
    • 著書種別 : 教科書
  3. 大学・大学院留学生の日本語 3 論文読解編 [アルク (2002年3月20日)] アカデミック・ジャパニーズ研究会(松岡洋子含む)
    • 著書種別 : 教科書
  4. 大学・大学院留学生の日本語 4 論文作成編 [アルク (2002年3月20日)] アカデミック・ジャパニーズ研究会(松岡洋子含む)
    • 著書種別 : 教科書
  5. 総合的日本語教育を求めて [国書刊行会 (2002年5月15日)] 松岡洋子、足立祐子
    • 著書種別 : 学術図書
  6. 移住者と受け入れ住民の多文化的統合を視座とした共通言語教育-平成16-19年度科学研究補助金基盤研究B1研究成果報告書- [岩手大学国際交流センター 松岡洋子 (2008年3月31日)] 足立祐子,西山教行,土屋千尋
    • 著書種別 : 調査報告書
  7. 移動労働者とその家族のための言語政策 [ひつじ書房 (2009年12月1日)] 春原憲一郎他
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      3 移住外国人の言語習得と施策
  8. 多言語やりとり素材集コミュニティでコミュニケーション [凡人社 (2011年12月24日)] 足立祐子・松岡洋子・郭俊海・金世朗・奥島佳代子
    • 著書種別 : その他
  9. 移民・ディアスポラ研究2 東日本大震災と外国人移住者たち [明石書店 (2012年2月21日)] 駒井洋監修・鈴木江理子編著・松岡洋子ほか
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      7章地域の日本語教育と被災地の外国人
  10. 日本語口語表現辞典 [研究社 (2013年11月1日)] 山根智恵、佐藤友子、松岡洋子、奥村圭子ほか
    • 著書種別 : 辞典・辞書
    • 担当部分 :
      編集、分担執筆
  11. 神奈川大学言語学研究叢書4 グローバリズムに伴う社会変容と言語政策 [ひつじ書房 (2014年3月31日)] 富谷玲子、堤正典、松岡洋子ほか
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      「単言語社会における移民との共通言語構築の方向性―ドイツ、韓国を事例として」(pp.143-164)
総説・解説記事
  1. 日本語学習支援ネットワーク会議08報告書解説 [アカデミア出版会, 異文化間教育31, (31), (2010年3月10日), pp.102-102] 松岡洋子
    • 掲載種別 : その他
  2. 図書紹介『移民・ディアスポラ研究2‐東日本大震災と外国人移住者たち』 [異文化間教育学会, 異文化間教育, (37), (2013年3月31日), pp.143-143] 松岡洋子
    • 掲載種別 : 学術誌
  3. 東北地区研究会報告 [日本言語政策学会, 言語政策, (9), (2013年3月31日), pp.205-205] 松岡洋子
    • 掲載種別 : 学術誌
研究発表
  1. 異文化コミュニケーション能力測定の尺度作成に向けて-複数大学合同多文化合宿に参加した学生のアンケート調査から-
    • 会議名称 : 香港理工大学主催第4回国際日本語教育・日本研究シンポジウム 79-84
    • 発表形態 : その他
    • 開催期間 : 1999年1月
    • 発表者 : 宮本律子/松岡洋子
  2. コミュニケーション教育としての日本事情教育
    • 会議名称 : 平成11年度日本語教育学会春季大会予稿集 221-222
    • 発表形態 : その他
    • 開催期間 : 1999年1月
    • 発表者 : 宮本律子,松岡洋子,脇田里子,小山宣子,徳井厚子,土屋千尋,宇佐美洋,足立祐子,押谷祐子
  3. 地域の日本語教室における異文化に関わる問題点-教授者は外国人居住者にどんな日本語を教えたいか-
    • 会議名称 : 異文化間教育学会第21回大会発表抄録 160-161
    • 発表形態 : その他
    • 開催期間 : 2000年1月
    • 発表者 : 足立祐子/松岡洋子
  4. 地域の日本語学習支援-多文化間交流の視点からの提案-
    • 会議名称 : 異文化間教育学会第22回大会発表抄録 26-27
    • 発表形態 : その他
    • 開催期間 : 2001年1月
    • 発表者 : 足立祐子/松岡洋子
  5. 地域の日本語学習支援者用自律型研修ソフトの開発
    • 会議名称 : 2001年日本語教育学会秋季大会予稿集 207-208
    • 発表形態 : その他
    • 開催期間 : 2001年1月
    • 発表者 : 松岡洋子,足立祐子,植木正裕,福永由佳
  6. 大学におけるコミュニケーション教育
    • 会議名称 : 東亜日語教育国際研究大会論文集 688-695
    • 発表形態 : その他
    • 開催期間 : 2002年1月
    • 発表者 : 松岡洋子/足立祐子/宮本律子/池田英喜
  7. 日本語学習支援者のための自己研修ソフト
    • 会議名称 : 第3回日本語教育とコンピュータ国際会議 CASTEL/J 2002 PROCEEDINGS-the third international conference on computre assisted systems for teaching & learning/japanese 233-236
    • 発表形態 : その他
    • 開催期間 : 2002年1月
    • 発表者 : 松岡洋子/足立祐子/植木正裕/福永由佳
  8. 地域日本語活動における具体的な内容について
    • 会議名称 : 2002年度日本語教育学会秋季大会予稿集 75-79
    • 発表形態 : その他
    • 開催期間 : 2002年1月
    • 発表者 : 足立祐子,松岡洋子
  9. 定住外国人に対する言語支援について
    • 会議名称 : 異文化間教育学会第24回大会発表抄録 20-23
    • 発表形態 : その他
    • 開催期間 : 2003年1月
    • 発表者 : 松岡洋子/足立祐子
  10. 状況中心の活動ができる教授者養成
    • 会議名称 : 2003年度日本語教育学会秋季大会
    • 発表形態 : その他
    • 開催期間 : 2003年1月
    • 発表者 : 足立祐子,松岡洋子
  11. 大学におけるコミュニケーション教育の試み
    • 会議名称 : 異文化間教育学会第23回大会発表抄録 128-129
    • 発表形態 : その他
    • 開催期間 : 2003年1月
    • 発表者 : 足立祐子,松岡洋子
  12. 大学教育に求められるコミュニケーション教育
    • 会議名称 : 第8回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2003年9月12日~2003年9月14日
    • 発表者 : 足立祐子,宮本律子,松岡洋子,池田英喜
    • 主催者 : ヨーロッパ日本語教師会・スイス日本語教師の会
    • 開催場所 : スイス・ベルン大学
  13. ドイツにおける多文化共生プログラムの実際
    • 会議名称 : 異文化間教育学会第25回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年5月28日~2004年5月30日
    • 発表者 : 松岡洋子,足立祐子
    • 主催者 : 異文化間教育学会
  14. 状況中心の日本語学習内容について
    • 会議名称 : 2004年日本語教育国際研究大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年8月6日~2004年8月7日
    • 発表者 : 足立祐子,松岡洋子
    • 主催者 : 日本語教育学会,国立国語研究所,国際交流基金
    • 開催場所 : 昭和女子大学
  15. 外国人移住者統合プログラムの特徴-ドイツの事例を中心に-
    • 会議名称 : 異文化間教育学会第26回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年5月28日~2005年5月29日
    • 発表者 : 松岡洋子,足立祐子
    • 主催者 : 異文化間教育学会
    • 開催場所 : 明治学院大学
  16. アカデミックジャパニーズとは-『大学・大学院留学生の日本語』シリーズで学ぶ-
    • 会議名称 : 2005年度第1回日本語教育学会研究集会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2005年6月4日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 日本語教育学会
    • 開催場所 : 九州大学
  17. 地域における共通言語学習支援プログラム
    • 会議名称 : 2005年度日本語教育学会秋季大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年10月8日~2005年10月9日
    • 発表者 : 足立祐子,松岡洋子
    • 主催者 : 日本語教育学会
    • 開催場所 : 金沢大学
  18. 韓国の移住外国人に対する韓国語施策および支援事情
    • 会議名称 : 日本言語政策学会第7回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年11月19日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 日本言語政策学会
    • 開催場所 : 京都大学
  19. 岩手大学国際交流センターにおける教員業務‐大学の国際化に向けた働き-
    • 会議名称 : 第20回国立大学日本語教育研究協議会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2006年5月19日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 国立大学日本語教育研究協議会
    • 開催場所 : お茶の水女子大学
  20. 共通言語学習支援プログラムの方法と実践
    • 会議名称 : 異文化間教育学会第27回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年6月2日~2006年6月4日
    • 発表者 : 足立祐子・松岡洋子
    • 主催者 : 異文化間教育学会
    • 開催場所 : 関西大学
  21. 移住外国人に対する第二言語学習の内容比較
    • 会議名称 : 異文化間教育学会第27回大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2006年6月2日~2006年6月4日
    • 発表者 : 松岡洋子・足立祐子
    • 主催者 : 異文化間教育学会
    • 開催場所 : 関西大学
  22. 韓国における移住外国人の言語施策
    • 会議名称 : 国立国語研究所コミュニケーション研究会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2006年6月16日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 国立国語研究所日本語教育部門
    • 開催場所 : 国立国語研究所
  23. 日本,ドイツ,フランスの移住民言語政策の実際
    • 会議名称 : 国内移住民対象韓国語教育政策樹立のためのシンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2006年9月8日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 韓国語世界化財団
    • 開催場所 : 韓国ソウル特別区高麗大学
  24. 地域の日本語ボランティアに関するフレームワーク
    • 会議名称 : 2006年度日本語教育学会秋季大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年10月7日~2006年10月8日
    • 発表者 : 足立祐子,松岡洋子
    • 主催者 : 日本語教育学会
    • 開催場所 : 熊本県立大学
  25. 多文化クラスの受講経験と、意識・言語行動に関する一考察
    • 会議名称 : 日本語教育方法研究会14回大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2007年3月17日
    • 発表者 : 小山宣子,尾中夏美,松岡洋子,宮本律子
    • 主催者 : 日本語教育方法研究会
    • 開催場所 : 早稲田大学
  26. 韓国の移住外国人と言語習得
    • 会議名称 : 日本語教育学会公開シンポジウム「移住労働者とその家族のための言語政策と日本語教育」
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2007年3月25日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 日本語教育学会
    • 開催場所 : 東京女子大学
  27. 移住女性に対する言語習得支援の内容-韓国・ドイツにおけるケーススタディ-
    • 会議名称 : 異文化間教育学会第28回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年6月2日~2007年6月3日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 異文化間教育学会
    • 開催場所 : 目白大学
  28. 移民の社会統合と人材育成-ドイツの事例研究-
    • 会議名称 : 日本言語政策学会第9回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年6月16日~2007年6月17日
    • 発表者 : 松岡洋子,足立祐子
    • 主催者 : 日本言語政策学会
    • 開催場所 : 麗澤大学
  29. 外国人散在地域における多文化地域づくりと大学の役割
    • 会議名称 : 岩手県立大学盛岡短期大学部特色GPフォーラム「多文化共生社会において大学が果たす役割」
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2007年12月8日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 岩手県立大学盛岡短期大学
    • 開催場所 : 岩手県立大学
  30. 多文化社会の「共通言語」構築を目指す―母語社会と共通言語社会の共存のために―
    • 会議名称 : 外国語教育の文脈化:ヨーロッパ言語共通参照枠+複言語主義・複文化主義+ICTとポートフォリオを用いた自律学習
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2008年4月2日~2008年4月4日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 京都大学人間・環境学研究科
    • 開催場所 : 京都大学
  31. 異文化間教育学における日本語教育とその教師の資質
    • 会議名称 : 異文化間教育学会第29回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年5月30日~2008年6月1日
    • 発表者 : 足立祐子,松岡洋子
    • 主催者 : 異文化間教育学会
    • 開催場所 : 京都外国語大学
  32. 移住者と受け入れ社会の共通言語とは?-韓国・ドイツの事例から学ぶ-
    • 会議名称 : 名古屋外国語大学日本語学科・講演会シリーズ第3回
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2008年6月20日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 名古屋外国語大学日本語学科
    • 開催場所 : 名古屋外国語大学
  33. 相互コミュニケーション活動を目的とした学習素材作成
    • 会議名称 : 第7回日本語教育国際研究大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年7月11日~2008年7月13日
    • 発表者 : 松岡洋子,足立祐子
    • 主催者 : 釜山外国語大学・韓国日本語教育学会
    • 開催場所 : 釜山外国語大学
  34. ドイツ・韓国・日本の移住外国人に対する社会統合施策-言語施策を中心として-
    • 会議名称 : 2008年度移民政策学会春季研究大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年3月21日
    • 発表者 : 松岡洋子,足立祐子
    • 主催者 : 移民政策学会
    • 開催場所 : 早稲田大学早稲田キャンパス
  35. 外国人散在地域における多文化的背景をもつ子どもへの教育・支援の課題
    • 会議名称 : 2009年度異文化間教育学会第30回大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2009年5月28日~2009年5月30日
    • 発表者 : 齋藤ひろみ他
    • 主催者 : 異文化間教育学会
    • 開催場所 : 東京学芸大学
  36. 多文化コミュニティを支える多言語活動
    • 会議名称 : 2009年度異文化間教育学会第30回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年5月29日~2009年5月31日
    • 発表者 : 松岡洋子,足立祐子
    • 主催者 : 異文化間教育学会
    • 開催場所 : 東京学芸大学
  37. 国際結婚による移住女性の言語教育支援
    • 会議名称 : 日本国際教育学会創設20周年記念大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月11日~2009年9月12日
    • 発表者 : 松岡洋子,土屋千尋
    • 主催者 : 日本国際教育学会
    • 開催場所 : 東京外国語大学
  38. 移住者の社会統合とコミュニケーション能力
    • 会議名称 : 日韓共同セミナー「韓国と日本における移住外国人の社会統合」
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2010年3月5日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 淑明女子大学多文化総合研究所
    • 開催場所 : 淑明女子大学多文化総合研究所
  39. 外国人散在地域における多文化背景をもつ子どもへの教育・支援の展開―岩手・山形地域のとりくみからみえてきたこと―
    • 会議名称 : 2010年度異文化間教育学会第31回大会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)
    • 開催期間 : 2010年6月11日~2010年6月13日
    • 発表者 : 土屋千尋,松岡洋子他
    • 主催者 : 異文化間教育学会
    • 開催場所 : 奈良教育大学
  40. 移住者に求められるプロフィシェンシー考‐ドイツ・韓国・台湾の調査から見えたこと‐
    • 会議名称 : 日本語プロフィシェンシー研究会国際シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2010年7月17日~2010年7月18日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 日本語プロフィシェンシー研究会・(財)北海道国際交流センター
    • 開催場所 : 函館国際ホテル
  41. 移住女性の第二言語教育に関する 日本語教育からの提言
    • 会議名称 : 2010世界日語教育大会論文集
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年7月30日~2010年8月1日
    • 発表者 : 松岡洋子・土屋千尋
    • 主催者 : 台湾日本語教育学会/2010年世界日語教育大会実行委員会
    • 開催場所 : 台湾政治大学
  42. 多様化する学習者に対応できる日本語教師について
    • 会議名称 : 2010世界日本語教育大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年7月30日~2010年8月1日
    • 発表者 : 足立祐子・松岡洋子
    • 主催者 : 台湾日本語教育学会/2010世界日本語教育大会実行委員会
    • 開催場所 : 台湾政治大学
  43. 東アジアの移民受入施策-韓国・台湾と日本の類似性をみる-
    • 会議名称 : 日本語教育学会 テーマ研究会「多文化共生社会における 日本語教育研究会」2010年度夏季研究会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2010年8月28日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 日本語教育学会
    • 開催場所 : 海外技術者研修協会東京研修センター
  44. 移住者を対象とする教室から見えたこと ー移民の言語習得の多様性ー
    • 会議名称 : 公開研究会「ドイツにおける移民の受入と言語政策」
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2011年3月2日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 神奈川大学学内共同研究 「グローバリズムに伴う社会変容と言語政策に関する包括的研究」
    • 開催場所 : 神奈川大学
  45. 移住者の社会統合に資するコミュニケーション能力養成と教師の課題
    • 会議名称 : 日独研究交流会「移民対象の言語教育とその教師教育について」
    • 発表形態 : その他
    • 開催期間 : 2011年3月10日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 開催場所 : マインツ大学(ドイツ)
  46. 「異言語間教育」を目的とする活動素材集の開発
    • 会議名称 : 異文化間教育学会第32回大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年6月11日~2011年6月12日
    • 発表者 : 足立祐子・松岡洋子
    • 主催者 : 異文化間教育学会
    • 開催場所 : お茶の水大学
  47. 言語技術教育を取り入れた初級レベルの教室活動について
    • 会議名称 : 2011年世界日本語教育大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年8月19日~2011年8月22日
    • 発表者 : 足立祐子・松岡洋子
    • 主催者 : 中国日本語教育学会・2011年世界日本語教育大会実行委員会
    • 開催場所 : 天津外国語大学(中国)
  48. 持続可能なコミュニティ構築のための複言語コミュニケーションと日本語
    • 会議名称 : 2011年世界日本語教育大会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2011年8月19日~2011年8月21日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 中国日本語教育学会・2011年世界日本語教育大会
    • 開催場所 : 天津外国語大学(中国)
  49. 人口移動に伴う東アジアの言語課題―結婚移住者の言語教育施策の日韓比較―
    • 会議名称 : 第二回中日韓朝言語文化比較研究国際シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年8月22日~2011年8月24日
    • 発表者 : 松岡洋子・足立祐子
    • 主催者 : 延辺大学(中国)
    • 開催場所 : 延辺大学(中国)
  50. 外国人の子どもの教育権をめぐる一考察
    • 会議名称 : 日本国際教育学会第21回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月11日~2011年9月12日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 日本国際教育学会
    • 開催場所 : 白百合女子大学
  51. 地域コミュニティにおける複言語コミュニケーション -日本語教育ができること再考-
    • 会議名称 : 2011年度日本語教育学会秋季大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2011年10月8日~2011年10月9日
    • 発表者 : 松岡洋子・足立祐子
    • 主催者 : 日本語教育学会
    • 開催場所 : とっとりコンベンション ビューロー(鳥取)
  52. 移住者に対する第二言語教育と教師養成-ドイツ調査から見えたこと-
    • 会議名称 : 日本言語政策学会2011年研究大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年12月4日~2011年12月5日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 日本言語政策学会
    • 開催場所 : 京都光華女子大学
  53. 日常生活で言語を複数もつ意義-コミュニティのつながりを求めて-
    • 会議名称 : 国際シンポジウム多言語政策と日本語教育
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2011年12月23日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 開催場所 : 九州大学留学生センター
  54. 日本の移住者に対する言語教育の現状
    • 会議名称 : 第3回「成人移民への言語教育」公開国際研究会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2012年3月12日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : アジア・ヨーロッパにおける移住者と受け入れ住民の共通言語教育研究会
    • 開催場所 : 京都大学人間・環境学研究棟ホール
  55. 「差異」を認める社会を支える言語教育の可能性
    • 会議名称 : 東北ヘルプ公開シンポジウム東日本大震災から1年ー外国人被災者の「現住所」
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2012年4月21日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 東北ヘルプ/外国人被災者支援プロジェクト運営委員会
    • 開催場所 : 東北学院大学押川記念ホール
  56. 多文化化するコミュニティと災害時のコミュニケーション
    • 会議名称 : 東アジア文化交渉学会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2012年5月11日~2012年5月12日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 東アジア文化交渉学会
    • 開催場所 : 韓国・高麗大学百周年記念館
  57. 移住者と受け入れ社会の共通言語と日本語教育
    • 会議名称 : 2012年度日本語教育学会春季大会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)
    • 開催期間 : 2012年5月26日~2012年5月27日
    • 発表者 : 松岡洋子,西山教行,土屋千尋,足立祐子
    • 主催者 : 社団法人日本語教育学会
    • 開催場所 : 拓殖大学
  58. 地域社会のための「グローバル人材」育成-ポスト3.11に向けて問い直す-
    • 会議名称 : 第33回異文化間教育学会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年6月9日~2012年6月10日
    • 発表者 : 松岡洋子・尾中夏美
    • 主催者 : 異文化間教育学会
    • 開催場所 : 立命館アジア太平洋大学
  59. 共生に対する考えの変容-日本語ボランティア教室の活動を通して-
    • 会議名称 : 第33回異文化間教育学会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2012年6月9日~2012年6月10日
    • 発表者 : 足立祐子・松岡洋子
    • 主催者 : 異文化間教育学会
    • 開催場所 : 立命館アジア太平洋大学
  60. 教師に求められる「授業運営上の技能」について
    • 会議名称 : 2012年日本語教育国際研究大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年8月18日~2012年8月19日
    • 発表者 : 足立祐子、松岡洋子
    • 主催者 : 日本語教育学会
    • 開催場所 : 名古屋大学
  61. 人の移動する社会における共通言語 ー日独韓台湾の調査をもとにー
    • 会議名称 : 日本言語政策学会東北地区研究集会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2012年9月23日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 日本言語政策学会
    • 開催場所 : 岩手大学
  62. 災害時のコミュニケーションと複言語コミュニケーション教育
    • 会議名称 : 日本国際教育学会第23回大会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2012年9月29日~2012年9月30日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 日本国際教育学会
    • 開催場所 : 国際教養大学
  63. 支援者のネットワーク形成とその活用実態-外国人散在地域における子どもの教育の場合
    • 会議名称 : 日本国際教育学会第3回大会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)
    • 開催期間 : 2012年9月29日~2012年9月30日
    • 発表者 : 土屋千尋、松岡洋子、内海由美子、中川祐治、馬場良二、関裕子、高畑幸
    • 主催者 : 日本国際教育学会
    • 開催場所 : 国際教養大学
  64. 災害時のコミュニケーション‐多文化コミュニティとポスト3.11のコミュニケーションへの提言
    • 会議名称 : The 4th International Conference on Disaster Nursing
    • 発表形態 : 口頭(基調)
    • 開催期間 : 2012年11月22日~2012年11月23日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : Armed Forces Nurcing Academy Korea
  65. グローバル人材」の多面性-地方大学におけるグローバル人材教育の意味-
    • 会議名称 : 国際研究集会2013 真のグローバル人材池性を目指して‐その理念と実践
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2013年4月13日~2013年4月14日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 科学研究費補助金事業(課題番号23242039,24401025,23521117)
    • 開催場所 : 京都大学人間・環境学研究科
  66. 「動機づけ」機能に着目した教師の指導技術の体系化の試み
    • 会議名称 : 2013年度日本語教育学会春季大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年5月25日~2013年5月26日
    • 発表者 : 足立祐子、松岡洋子
    • 主催者 : 日本語教育学会
    • 開催場所 : 立教大学
  67. 多文化コミュニティにおける共通言語と言語権-シンガポール、ドイツの事例から-
    • 会議名称 : 日本言語政策学会第15回記念大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年6月2日~2013年6月3日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 日本言語政策学会
    • 開催場所 : 桜美林大学
  68. 第二言語教育における当該文化に対する態度‐地域の日本語教育のかかえる問題‐
    • 会議名称 : 異文化間教育学会第34回大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年6月8日~2013年6月9日
    • 発表者 : 足立祐子、松岡洋子
    • 主催者 : 異文化間教育学会
    • 開催場所 : 日本大学文理学部
  69. 大学における「グローカル人材」育成のための教育実践
    • 会議名称 : 異文化間教育学会第34回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年6月8日~2013年6月9日
    • 発表者 : 松岡洋子、尾中夏美
    • 主催者 : 異文化間教育学会
    • 開催場所 : 日本大学文理学部
  70. 移民のいる社会におけるコミュニケーションを支えるしくみ
    • 会議名称 : 公開研究会「移民を対象とした言語政策」
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2013年7月7日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 科学研究費補助金事業(課題番号23520649,24401025)
    • 開催場所 : 神奈川大学1号館
  71. 入門レベル期における教師の授業コミュニケーション力とその評価について
    • 会議名称 : カナダ日本語教育振興会2013年度年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年8月22日~2013年8月24日
    • 発表者 : 足立祐子、松岡洋子
    • 主催者 : カナダ日本語教育振興会
    • 開催場所 : トロント大学
  72. グローバル人材育成と外国語教育の統合―ICTプラットフォームを活用して―
    • 会議名称 : The JACET 52th(2013)International Convention
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2013年8月30日~2013年9月1日
    • 発表者 : 尾中夏美、松岡洋子、マーク・ディボア
    • 主催者 : The Japan Association of College English Teachers
    • 開催場所 : 京都大学吉田南総合館
  73. 外国につながる子どもの教育・支援に大学がどうかかわるか
    • 会議名称 : 日本国際教育学会第24回研究大会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2013年9月27日~2013年9月28日
    • 発表者 : 土屋千尋、松岡洋子、内海由美子、中川祐治、高畑幸
    • 主催者 : 日本国際教育学会
    • 開催場所 : 日本大学文理学部
  74. 移民の社会統合施策と社会的合意形成 -ドイツ、韓国、シンガポールの比較から-
    • 会議名称 : 移民政策学会2013年度冬季大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年12月14日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 移民政策学会
    • 開催場所 : 静岡文化芸術大学
  75. 多文化社会の中の見える異文化・見えない異文化を探る
    • 会議名称 : 国際研究集会2014 異文化間教育をめぐって‐言語と文化の教育学と教授法
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2014年4月5日~2014年4月6日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 科学研究費補助金事業(課題番号23242030,25285103 )
    • 開催場所 : 京都大学人間・環境学研究科
  76. 多文化社会の中の見える異文化・見えない異文化を探る-日本語教育 の現場から
    • 会議名称 : 国際研究集会2014「異 文化間教育をめぐって -言語と文化の教育学 と教授法」
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)
    • 開催期間 : 2014年4月5日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 開催場所 : 京都大学人間・環境研究科棟
  77. 外国人散在地域における「特別の教育課程」の編成・実施に向けて
    • 会議名称 : 2014年度異文化間教育学会第35回大会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)
    • 開催期間 : 2014年6月7日~2014年6月8日
    • 発表者 : 土屋千尋、内海由美子、中川祐治、松岡洋子、足立祐子
    • 主催者 : 異文化間教育学会
    • 開催場所 : 同志社女子大学純正館
  78. 多文化コミュニティ構築に向けた仕組みと人材
    • 会議名称 : 2014年度異文化間教育学会第35回大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年6月7日~2014年6月8日
    • 発表者 : 松岡洋子、足立祐子
    • 主催者 : 異文化間教育学会
    • 開催場所 : 同志社女子大学純正館
  79. Nurturing global competence in a multi-cultural salad bowl with Japanese seasoning
    • 会議名称 : AILA World Congress 2014
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月11日~2014年8月15日
    • 発表者 : 尾中夏美、松岡洋子
    • 主催者 : AILA
    • 開催場所 : Bridban Convention & Exhibition Center,Australia
  80. 日本語教育の視点を活用した人材育成―複言語・複文化コミュニティを目指して―
    • 会議名称 : THE 14TH INTERNATIONAL CONFERENCE OF EAJS
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月27日~2014年8月30日
    • 発表者 : 松岡洋子、足立祐子
    • 主催者 : European association for japanese studies
    • 開催場所 : THE UNIVERSITY OF LJUBLJANA,SULOVENIA
  81. 日本語教育の視点を活用した人材育成―複言語・複文化コミュニティを目指して
    • 会議名称 : The 14th International Conference of EAJS
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月27日~2014年8月30日
    • 発表者 : 松岡洋子・足立裕子
    • 主催者 : EAJS
    • 開催場所 : University of Ljubljana,Slovenya
  82. 「生活者としての外国人」に対する第二言語教育における教師の教授行動と学習意欲―ドイツの移民に対する言語教育現場から日本語教育への提言―
    • 会議名称 : 2014年度日本語教育学会秋季大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2014年10月11日~2014年10月12日
    • 発表者 : 足立祐子、松岡洋子、今村和宏
    • 主催者 : 日本語教育学会
    • 開催場所 : 富山国際会議場
  83. 地方大学発「グローバル人材育成」への日本語教育的貢献
    • 会議名称 : 第30回国立大学日本語教育研究協議会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2015年5月29日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 国立大学日本語教育研究協議会
    • 開催場所 : 一橋大学佐野書院
  84. 多文化コミュニティ構築に資する施策と人材―ドイツ、韓国、シンガポール調査から―
    • 会議名称 : 移民政策学会2015年度年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年5月31日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 移民政策学会
    • 開催場所 : 大東文化大学
  85. 多元的地域コミュニティを支えるキーパーソンのコミュニケーション能力
    • 会議名称 : 2015年度異文化間教育学会第36回大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年6月6日~2015年6月7日
    • 発表者 : 松岡洋子・足立祐子
    • 主催者 : 異文化間教育学会
    • 開催場所 : 千葉大学
  86. 外国人散在地域において「特別の教育課程」による指導はどのように編成・実施されようとしているか
    • 会議名称 : 2015年度異文化間教育学会 第36回大会
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)
    • 開催期間 : 2015年6月6日~2015年6月7日
    • 発表者 : 内海由美子・中川祐治・松岡洋子・足立祐子
    • 主催者 : 異文化間教育学会
    • 開催場所 : 千葉大学
  87. 「やさしい日本語」会話について―公開されているガイドブックをもとに―
    • 会議名称 : 2015年度日本語教育学会秋季大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月10日~2015年10月11日
    • 発表者 : 足立祐子・松岡洋子
    • 主催者 : 日本語教育学会
    • 開催場所 : 沖縄国際大学
  88. 外国人散在地域の子どもの教育支援におけるおとなの連携・協働
    • 会議名称 : 第8回多文化社会実践 研究・全国フォーラム
    • 発表形態 : シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)
    • 開催期間 : 2015年12月12日
    • 発表者 : 馬場良二・内海由美子・松岡洋子・中川祐治・高畑幸・土屋千尋
    • 主催者 : 東京外国語大学多言語・多文化教育研究センター
    • 開催場所 : 東京外国語大学
  89. 多文化コミュニティ―キーパーソンに対する人材育成研修-日本での実践―
    • 会議名称 : 国際研究集会「移民と受け入れ社会のコミュニティ創生-ひと・しくみ・ことば」
    • 発表形態 : その他
    • 開催期間 : 2016年3月5日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : (科研主催研究会)
    • 開催場所 : 東京工業大学キャンパスイノベーションセンター
  90. 外国人散在地域での「時間と場」の共有のしかけ-合宿研修を事例として-
    • 会議名称 : 子どもの日本語教育研究会第1回大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月26日
    • 発表者 : 松岡洋子
    • 主催者 : 子どもの日本語教育研究会
    • 開催場所 : 東京女子大学
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2003年4月~2004年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2003年度・1,500,000円・0円
  2. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2004年4月~2008年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2004年度・4,500,000円・0円
      2005年度・4,000,000円・0円
      2006年度・4,000,000円・0円
      2007年度・1,500,000円・450,000円
  3. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2006年4月~2007年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2006年度・200,000円・0円
  4. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2008年4月~2012年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2008年度・3,500,000円・1,050,000円
      2009年度・3,800,000円・1,140,000円
      2010年度・1,700,000円・510,000円
      2011年度・1,830,000円・549,000円
  5. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2011年4月~2015年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2011年度・240,000円・72,000円
      2012年度・200,000円・60,000円
      2013年度・100,000円・30,000円
      2014年度・300,000円・60,000円
  6. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2012年4月~2016年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2012年度・4,200,000円・1,260,000円
      2013年度・4,000,000円・1,200,000円
      2014年度・3,000,000円・900,000円
      2015年度・1,800,000円・540円
  7. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2012年4月~2015年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2012年度・600,000円・180,000円
      2013年度・400,000円・120,000円
      2014年度・150,000円・45,000円
  8. 基盤研究(B)
    • 支払支給期間 : 2016年4月~2020年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2016年度・1,150,000円・345,000円
  9. 基盤研究(C)
    • 支払支給期間 : 2016年4月~2019年3月
その他競争的資金獲得実績
  1. 平成17年度北東北国立3大学連携推進研究プロジェクト
    • 資金支給期間 : 2006年1月~継続中
    • 研究内容 :
      多言語・多文化状況での学術的、実践的コミュニケーション教育の方法と評価法の開発および実践研究
  2. 学長裁量経費
    • 資金支給期間 : 2007年6月~2008年3月
    • 研究内容 :
      留学生対象の日本語授業参加のためのレベルチェックを行うため、WEB型テストを開発、試行し、その評価を行う。(代表:工学部三輪准教授)
  3. 学長裁量経費
    • 資金支給期間 : 2008年8月~2009年3月
    • 研究内容 :
      留学生対象の日本語授業で終了時の到達度を測定するため、WEB型テストを開発、試行し、その評価を行った。(代表:工学部三輪准教授)
所属学会・委員会
  1. 日本語教育学会 (1989年6月1日~継続中)
  2. 異文化間教育学会 (1997年5月1日~継続中)
  3. 専門日本語教育学会 (1998年6月1日~継続中)
  4. 多文化間精神医学会 (1999年1月20日~継続中)
  5. 日本言語政策学会 (2002年11月19日~継続中)
  6. 国立大学日本語教育研究協議会 (2003年4月1日~継続中)
  7. 日本語教育方法研究会 (2007年1月10日~継続中)
  8. 移民政策学会 (2008年12月1日~継続中)
  9. 日本国際教育学会 (2009年9月1日~継続中)
  10. カナダ日本語教育振興会 (2014年4月1日~継続中)
  11. 大学英語教育学会 (2014年4月18日~2016年3月31日)
学会・委員会等活動
  1. 日本語教育学会 東北地区研究集会委員(2005年5月1日~2009年12月1日)
  2. 日本語教育学会 大会委員(2007年6月1日~2008年5月31日)
  3. 日本語教育学会 大会委員会副委員長(2008年6月1日~2011年5月31日)
  4. 異文化間教育学会 紀要編集委員(2009年5月28日~2012年3月31日)
  5. 国立大学日本語教育研究協議会 理事(2011年5月1日~2016年5月31日)
  6. 日本語教育学会 代議員(2013年4月1日~2015年5月30日)
  7. 日本言語政策学会 運営委員(2013年6月1日~継続中)
  8. 日本語教育学会 学会誌編集委員副委員長(2013年7月1日~2017年6月30日)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 日本語教育学会研究集会東北地区大会 (2005年11月)
    • 参加者数 : 58人
  2. 日本語教育学会研究集会東北地区大会 (2006年11月)
    • 参加者数 : 50人
  3. 日本語教育学会研究集会東北地区大会 (2007年11月)
    • 参加者数 : 40人
  4. 日本語教育学会東北地区研究集会 (2008年11月)
    • 参加者数 : 40人
  5. 国際公開研究集会「「移民の言語教育と教師の役割 —フランス語,日本語教育の現場からの発信—」 (2009年6月)
    • 参加者数 : 60人
  6. 第2回国際公開研究会「移民の社会統合と読み書き能力を考える」 (2010年3月)
    • 参加者数 : 40人
  7. 日独研究交流会「移民対象の言語教育とその教師教育について」 (2011年3月)
    • 参加者数 : 10人
  8. 第3回公開国際研究会「成人移民への言語教育」 (2012年3月)
    • 参加者数 : 80人
  9. 日本言語政策学会東北地区研究大会 (2012年9月)
    • 参加者数 : 20人
学会活動2(国際会議などの座長)
  1. 主催・座長 [国際研究集会「移民と受け入れ社会のコミュニティ創生-ひと・しくみ・ことば」 (2016年3月)]
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. 異文化間教育学会31号 [査読 (2010年3月)]
  2. 異文化間教育32号 [査読 (2010年7月)]
  3. 異文化間教育33号 [査読 (2011年12月)]
  4. 移民政策第4号 [査読 (2012年5月)]
  5. 日本語教育学会157号 [編集 (2014年4月)]
  6. 日本語教育158号 [編集 (2014年8月)]
  7. 日本語教育158号 [編集 (2014年8月)]
  8. 日本語教育159号 [編集 (2014年12月)]
  9. 日本語教育160号 [編集 (2015年4月)]
  10. 日本語教育161号 [編集 (2015年8月)]
  11. 日本語教育162号 [編集 (2015年12月)]
  12. 日本語教育163号 [編集 (2016年4月)]
その他研究成果の特記すべき事項
  1. 2005年度
    • 2005年度第1回日本語教育学会会員研修会講師
      研修会タイトル「大学におけるアカデミックジャパニーズ教育」
  2. 2006年度
    • 国立国語研究所コミュニケーション研究会第1回研究会発題者
      「韓国の移住者に対する韓国語教育施策の現状」(20060624)
  3. 2009年度
    • ・国立国語研究所コミュニケーション研究会09 において
      「外国人散在地域の日本語接触とニーズとは?」というタイトルで初大を行った。
  4. 2007年度
    • 平成19年度岩手大学地域連携推進事業経費により、地域日本語学習支援推進事業を実施し、岩手県内の関係団体との連絡協議会を設置し、学習支援ハンドブック作成、教材整備と情報発信(HP作成)を行った。また、中島国際交流財団の助成金を獲得し、留学生、日本人学生を活用した外国出身の子どもの合宿研修を実施した。更に、教育支援施設戦略経費により、日本語学習支援ネットワーク会議(山形)の運営補佐および次年度開催に向けた意見交換を行った。
  5. 2008年度
    • ・平成20年度岩手大学地域連携推進事業経費により、地域日本語学習支援推進事業を実施し、岩手県内の関係団体との連絡協議会を実施し、学習支援ハンドブック作成、教材整備と情報発信(HP作成)を行った。
      ・中島国際交流財団の助成金を獲得し、外国人児童生徒の学習支援活動を継続させた。
      ・海外協定大学およびいわて5大学の学生が参加する「国際合宿」の企画、運営を行った。
      ・教育支援施設戦略経費による教育の国際化に関するプロジェクトの企画を行った。
  6. 2010年度
    • 平成22年度文化庁日本語教育研究委託「生活日本語の指導力の評価に関する調査研究」委員(日本語教育学会調査班2(海外)サブリーダー)として参加し、調査研究を実施し報告書を作成した。
  7. 2011年度
    • 文部科学省博士課程リーディングプログラム書面レビュアー担当
  8. 2010年度
    • 日本学術振興会科学研究費補助事業第1段審査(書面審査)委員(日本語教育)を担当した。
  9. 2009年度
    • 日本学術振興会科学研究費補助事業第1段審査(書面審査)委員(日本語教育)を担当した。
国・地方自治体等の委員歴
  1. (財)岩手県国際交流協会
    • 委員会等名 : 企画推進委員会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2005年11月~2009年10月
  2. (財)岩手県国際交流協会
    • 委員会等名 : 活動団体助成金事業審査委員
    • 役職名 : 座長
    • 就任期間 : 2010年6月~2010年12月
  3. (公財)岩手県国際交流協会
    • 委員会等名 : 理事会
    • 役職名 : 理事
    • 就任期間 : 2011年5月~継続中
  4. 文化庁
    • 委員会等名 : 文化審議会国語分科会
    • 役職名 : 臨時委員
    • 就任期間 : 2014年3月~2016年2月
  5. 文化庁
    • 委員会等名 : 文化審議会国語分科会
    • 役職名 : 臨時委員
    • 就任期間 : 2016年4月~2017年2月
企業・団体等への指導等
  1. 2004年度 (財)岩手県国際交流協会
    • 指導等の内容 :
      在住外国人日本語学習支援事業企画
      岩手県在住外国人生活支援連絡協議会出席
  2. 2005年度 (財)岩手県国際交流協会
    • 指導等の内容 :
      在住外国人日本語学習支援事業企画
      「外国人児童生徒の日本語学習支援に対する意見交換会」出席
  3. 2006年度 (財)岩手県国際交流協会
    • 指導等の内容 :
      在住外国人日本語学習支援事業企画および研修会講師担当
      外国人児童生徒学習支援事業企画および研修会講師担当
  4. 2007年度 (財)岩手県国際交流協会
    • 指導等の内容 :
      在住外国人日本語学習支援事業企画および研修会講師担当
      外国出身児童生徒の学習支援事業企画および実施担当
      助成事業選考委員長
  5. 2008年度 (財)岩手県国際交流協会
    • 指導等の内容 :
      民間団体助成金選考委員会座長
      日本語サポーター支援事業企画
      多文化アクションプロジェクト企画
      就学支援ハンドブック企画
  6. 2009年度 (財)岩手県国際交流協会
    • 指導等の内容 :
      日本語サポーター養成事業企画
      多文化アクションプロジェクト企画
      民間団体助成金事業選考委員会座長
  7. 2010年度 (財)岩手県国際交流協会
    • 指導等の内容 :
      日本語サポーター養成事業企画
      民間団体助成金事業選考委員会座長
  8. 2011年度 日本語教室「わ」
    • 指導等の内容 :
      アドバイザーとして総会に出席し、文化庁助成事業地域日本語教育事業の運営について助言を行った。
  9. 2012年度 日本語教室「わ」
    • 指導等の内容 :
      アドバイザー、講師として、文化庁助成事業地域日本語教育事業の実施(教室運営、教材作成、人材育成)に協力した。
  10. 2012年度 (財)自治体国際化協会
    • 指導等の内容 :
      地域国際化推進アドバイザー登録
  11. 2013年度 (公財)岩手県国際交流協会
    • 指導等の内容 :
      平成25年度中級日本語教室講師選考委員
  12. 2013年度 (公財)岩手県国際交流協会
    • 指導等の内容 :
      平成25年度中級日本語開設に係る検討委員として、教室の内容、人員等について検討会に参画した。
  13. 2013年度 (財)自治体国際化協会
    • 指導等の内容 :
      地域国際化推進アドバイザー登録(年度内派遣実績1)
  14. 2014年度 (財)自治体国際化協会
    • 指導等の内容 :
      地域国際化推進アドバイザー登録(派遣実績2回)
  15. 2015年度 (財)自治体国際化協会
    • 指導等の内容 :
      地域国際化アドバイザー(派遣実績2回)
生涯学習支援実績
  1. 平成15年度在住外国人生活支援事業日本語ボランティア入門研修
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 日本語学習支援ボランティア啓発セミナーin 北上
    • 開催期間 : 2003年8月
  2. 平成15年度在住外国人生活支援事業日本語ボランティア中級研修
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 日本語学習支援ボランティア中級研修会 in 花巻
    • 開催期間 : 2003年9月
  3. 平成15年度在住外国人生活支援事業日本語ボランティア中級研修
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 日本語学習支援ボランティア中級研修会 in 水沢
    • 開催期間 : 2003年10月
  4. 文化庁委託地域日本語支援コーディネーター研修
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 岩手県における外国人児童生徒への支援の現状と課題
    • 開催期間 : 2003年12月
  5. 岩手県国際交流協会主催 平成16年度日本語サポーター研修会地域研修
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 地域における日本語学習支援 in 遠野
    • 開催期間 : 2004年8月~2004年10月
  6. 岩手県国際交流協会主催 平成16年度日本語サポーター研修学習項目別研修会
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 地域で日本語学習支援研修会(中級編) in 盛岡
    • 開催期間 : 2004年8月~2004年9月
  7. 岩手県国際交流協会主催 平成17年度日本語サポーター研修会地域研修
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 地域における日本語学習支援 in 花巻
    • 開催期間 : 2005年6月~2005年9月
  8. 外国人児童生徒の学習支援
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 企画および進行
    • 開催期間 : 2005年7月
  9. 岩手県国際交流協会主催 平成17年度日本語サポーター研修会「外国人児童生徒の日本語学習支援研修会」
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 同上
    • 開催期間 : 2005年8月~2005年10月
  10. 岩手県国際交流協会主催 平成17年度日本語サポーター研修学習項目別研修会
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 地域で日本語学習支援をする-個別支援の方法-
    • 開催期間 : 2005年10月~2005年11月
  11. 新潟県国際交流協会・新潟大学主催 日本語ボランティアリーダー研修
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 企画および講師担当
      言語学習と異文化理解のワークショップ①言語学習ワークショップ
      ②複言語学習ワークショップ
    • 開催期間 : 2006年1月
  12. 岩手県国際交流協会主催 平成18年度日本語サポーター研修会外国人への日本語学習支援研修会
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 日本語サポーター研修会 in 岩手町
    • 開催期間 : 2006年6月~2006年9月
  13. 岩手県国際交流協会主催 平成18年度日本語サポーター研修学習項目別研修会
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 日本語学習の落とし穴からの脱出法 -その3 類似表現-
    • 開催期間 : 2006年7月
  14. 岩手県国際交流協会主催 平成18年度日本語サポーター研修会外国人への日本語学習支援研修会
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 日本語サポーター研修会 in 一関
    • 開催期間 : 2006年8月~2006年11月
  15. 青少年活動交流センター主催 青少年ボランティア実践講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 第5回国際交流「日本語でコミュニケーション」
    • 開催期間 : 2006年9月
  16. 岩手県国際交流協会主催 平成19年度日本語サポーター研修会外国人への日本語学習支援研修会
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 日本語サポーター研修会 in Ninohe
    • 開催期間 : 2007年6月~2007年9月
  17. 日本語学習支援ネットワーク会議公開講座「定住外国人にとって必要な日本語文法とは」
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 司会
    • 開催期間 : 2007年7月
  18. 一戸町市民セミナー
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 多文化社会がやってきた
    • 開催期間 : 2007年7月
  19. AYCL学習会-個人レッスンで既存の教材を活用する-
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 同上
    • 開催期間 : 2008年1月
  20. AYCL学習会-おしゃべりを学習につなげるコツ-
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 同上
    • 開催期間 : 2008年4月
  21. 岩手県国際交流協会主催 平成20年度日本語サポーター研修会外国人への日本語学習支援研修会
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 日本語サポーター研修会 in 雫石
    • 開催期間 : 2008年6月~2008年9月
  22. 第2回東北3県合同研修会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 研修講演会-地域社会での日本語教室の役割(多文化コミュニティ作りに向けて)
    • 開催期間 : 2008年7月
  23. 岩手県国際交流協会主催 平成20年度多文化共生アクションプロジェクト
    • 種類 : 市民プロジェクト
    • 担当部門(講演題目) : 標題のアクションプロジェクトにおいて、協会ホームページおよび広報誌の改良プロジェクト作業のコーディネーションおよび進行を担当。
    • 開催期間 : 2008年7月~2009年3月
  24. 秋田にほんごの会公開学習会
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 移住社会と言語教育、言語施策-韓国・ドイツの事例から地域の日本語を考える-
    • 開催期間 : 2008年9月
  25. AYCL学習会-多様な学習者への対応を考える-
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 同上
    • 開催期間 : 2009年1月
  26. 岩手県国際交流協会主催 平成21年度日本語サポーター研修会外国人への日本語学習支援研修会
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 日本語サポーター研修会 in 八幡平
    • 開催期間 : 2009年5月~2009年9月
  27. 八戸日本語教室研修会
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 日本語教室の役割
    • 開催期間 : 2009年7月
  28. 平成21年度東北・北海道ブロック国際交流協議会
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 講演:韓国の移住女性の社会統合と言語
    • 開催期間 : 2009年10月
  29. 岩手県国際交流協会主催 平成21年度多文化共生アクションプロジェクト
    • 種類 : 市民プロジェクト
    • 担当部門(講演題目) : 標題のアクションプロジェクトにおいて、外国人との共生社会を築くために必要な活動について意見交換を行い、(財)岩手県国際交流協会に事業の提言を行った。
    • 開催期間 : 2009年12月~2010年2月
  30. 平成22年度日本語学習サポーター研修会
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 岩手県国際交流協会主催の標記研修会の企画立案および紫波町における事前、中間、事後研修の講師を担当した。
    • 開催期間 : 2010年5月~2010年9月
  31. 福島県国際交流協会主催多文化共生韓国スタディーツアー事前研修
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 韓国の多文化政策について
    • 開催期間 : 2010年7月
  32. 多文化共生セミナー「外国人から見た岩手の暮らし」(宮古)
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 岩手県国際交流協会主催の同セミナーの基調講演「多文化な住民が暮らす地域コミュニティと防災」を行い、留学生による寸劇「外国人から見た岩手の生活」を演出した。
    • 開催期間 : 2010年10月
  33. 五泉市日本語教室研修会(新潟)
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 講座「おしゃべりと日本語学習」を担当するとともに、日本語学習者に公開授業を実施した。
    • 開催期間 : 2010年10月
  34. いわてグローカルカレッジ第8回多文化共生の町づくり1留学生から見た日本人
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 岩手県国際交流協会主催の同事業において基調講演「留学生から見た日本人」を担当し、留学生の寸劇を演出した。
    • 開催期間 : 2010年11月
  35. 多文化共生シンポジウムin 利府(宮城県)
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 宮城県国際交流協会主催の同シンポジウムで、基調講演「多文化社会と新たな地域づくり -日本語教室から広がる新たなつながり-」をおこない、パネルディスカッションにパネラーとして参加した。
    • 開催期間 : 2010年11月
  36. いわてグローカルカレッジ「多文化共生のまちづくりフォーラム」二戸市
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 岩手県国際交流協会主催の同事業において基調講演「地域は「多文化」の集まり -新たな地域づくりに向けて-」を行い、その後、パネルディスカッションの司会を担当した。
    • 開催期間 : 2011年1月
  37. 一関地域多文化共生研修会(千厩)
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 岩手県国際交流協会及び千厩国際交流協会主催の同研修会において、講演「多文化共生のまちづくり 外国人から見た日本人」を行い、留学生と寸劇を実施した。
    • 開催期間 : 2011年2月
  38. 岩手県国際交流協会日本語サポーター実践者研修3
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 岩手県国際交流協会主催の同研修会において、ワークショップ「多言語素材集を使った学習体験」を新潟大学足立祐子氏と共同で実施した。
    • 開催期間 : 2011年2月
  39. 2011年度日本語教室「わの会」学習会
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 文化庁地域の日本語教育助成事業として日本語教室を運営する同会の日本語指導者に対し、指導法、学習者背景、教室異議などについて研修を実施した。
    • 開催期間 : 2011年11月
  40. 東海日本語ネットワーク日本語ボランティアシンポジウム
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 東海日本語ネットワーク主催の同シンポジウムにおいて、基調講演「「海外における移民の言語政策―共通言語構築をめざして―」」を担当した。
    • 開催期間 : 2011年12月
  41. 秋田にほんごの会2011年度第7回学習会
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 地域の日本語学習団体である秋田にほんごの会の定例学習会において講演「移民の言語学習現場から見えたコミュニケーション課題」を行った。
    • 開催期間 : 2012年1月
  42. 平成24年度日本語教室開催研修
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 日本語サポーター研修会12 in 陸前高田(事前研修、中間研修、事後研修)
    • 開催期間 : 2012年6月~2012年8月
  43. 2012年度秋田にほんごの会学習会
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 民間の日本語教育団体である秋田にほんごの会の学習会講師として、「複言語・複文化とは ―日独韓の調査からの報告-」というテーマで講演を行った。
    • 開催期間 : 2012年11月
  44. 外国につながる子どもの学習支援に関する研修
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 青森県国際交流協会主催の標記研修会において、演題「外国につながる子どもたちが 日本の学校で学ぶために」として基調講演を行った。
    • 開催期間 : 2013年2月
  45. 平成25年度日本語教室開設研修
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 標記研修会の企画で助言を行い、事前、中間、事後研修の講師を担当し、釜石市の日本語教室開設を推進した。
    • 開催期間 : 2013年6月~2013年9月
  46. 「伝える・伝わる日本語」ワークショップ
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 山形日本語ネットワーク20周年記念シンポジウムにおいて、ワークショップを担当し、外国人と日本人のコミュニケーションの進め方について研修を行った。
    • 開催期間 : 2013年9月
  47. 多文化共生社会推進フォーラム
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 秋田県国際交流協会と秋田にほんごの会共催の表題フォーラムのパネルディスカッションにおいて、コーディネーターを担当した。
    • 開催期間 : 2013年12月
  48. 平成25年度国際理解講座グローバルセミナー
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 八戸国際交流協会主催の標記講座において、演題「学校から考える多文化社会―外国から来た子どもも日本の子どももともに学ぶために―」で、講演を行った。
    • 開催期間 : 2014年2月
  49. 平成26年度日本語教室開設研修
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 標記研修会の企画段階から参加し、事前、中間、事後研修の講師を担当し、滝沢市の日本語教室開設を推進した。
    • 開催期間 : 2014年6月~2014年8月
  50. 平成26年度横手市多文化共生事業
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 災害時のコミュニケーションを考える講演会~もしものとき、わたしは、わたしたちは、わたしのまちは・・・
    • 開催期間 : 2014年11月
  51. 平成26年度八戸国際交流協会国際理解講座 グローバルセミナー
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 「おもてなし」の心を外国の方に伝えるために
    • 開催期間 : 2014年11月
  52. 2014年度大田区多文化共生推進センター主催防災ボランティア養成土曜講座災害時における多言語支援の実際を学ぶ第2回講演
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 東日本大震災とコミュニティにおける支援の実際
    • 開催期間 : 2015年3月
  53. 平成27年度秋田にほんごの会閉会記念講演
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 地域が発信する多文化社会の未来
    • 開催期間 : 2015年6月
  54. 平成27年度(公財)岩手県国際交流協会多文化コミュニティ基盤整備事業「外国人とのコミュニケーション課題対応講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 外国につながる子どもの教育とその課題
    • 開催期間 : 2015年11月
  55. 平成27年度(公財)岩手県国際交流協会多文化コミュニティ基盤整備事業「外国人とのコミュニケーション課題対応講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 伝え合う異言語異文化間コミュニケーション
    • 開催期間 : 2015年12月
  56. 平成27年度(公財)岩手県国際交流協会多文化コミュニティ基盤整備事業「外国人とのコミュニケーション課題対応講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 災害だ!外国人観光客にどう伝えますか?
    • 開催期間 : 2016年2月
産学官民連携活動
  1. 日本語学習支援ネットワーク会議 in IWATE主催(岩手大学国際交流センター社会貢献事業)
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  2. 日本語学習支援ネットワーク会議 in 一関主催(岩手大学国際交流センター社会貢献事業))
    • 実績年度 : 2006年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  3. 日本語学習支援ネットワーク会議 in SENDAI実行委員および主催(岩手大学国際交流センター社会貢献事業))
    • 実績年度 : 2006年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  4. 岩手県外国出身児童生徒の学習支援懇談会
    • 実績年度 : 2006年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  5. いわて多文化子どもの学習支援連絡協議会
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  6. 日本語学習支援ネットワーク会議07in YAMAGATA
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  7. いわて多文化子どもの学習支援ハンドブック作成
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 主催・参加 : 主催および参加
  8. 多文化子ども合宿研修
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 主催・参加 : 主催および参加
  9. 日本語学習支援ネットワーク会議意見交換会
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  10. 外国人児童生徒のための就学ハンドブック作成
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 主催・参加 : 参加
  11. 多文化子ども合宿研修
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 主催・参加 : 主催および参加
  12. 日本語学習支援ネットワーク会議08in AKITA
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  13. 多文化子ども合宿研修
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 主催・参加 : 主催および参加
  14. 日本語学習支援ネットワーク会議09in FUKUSHIMA
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  15. 多文化子どもの学習支援者研修会
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  16. いわて多文化子どもの学習支援連絡協議会総会
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  17. いわて多文化子どもの学習支援連絡協議会総会
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  18. いわて多文化子どもの学習支援連絡協議会
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  19. 日本語教室開設研修会
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  20. いわて多文化子どもの学習支援連絡協議会総会
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  21. 日本語教室開設研修会
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  22. いわて多文化子どもの学習支援連絡協議会総会
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  23. いわて多文化子どもの学習支援連絡協議会総会
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  24. いわて多文化子どもの学習支援連絡協議会総会
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  25. 外国人との対応事例集作成
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
国際交流活動
  1. 2004年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        外務省青年招聘研修事業による来日研修生(アルメニア)に対し、受け入れを行い、日本語および日本文化、日本語教育について研修を実施した。
  2. 2005年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        外務省青年招聘研修事業による来日研修生(キルギス)に対し、受け入れを行い、日本語および日本文化、日本語教育について研修を実施した。
  3. 2010年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        JICAボランティア募集説明会
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        JICAボランティア募集説明会(岩手大学会場)の広報および運営の補助を行った。(春、秋2回)
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        国費留学生受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        日本語研修コース履修生としてマダガスカル教員研修留学生1名を受け入れた
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        二戸市中学校異文化交流事業
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        二戸市内の中学校の異文化交流事業の一環として、多文化コミュニケーション合宿に中学生25名を受け入れ、合同合宿を実施した。
  4. 2011年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        JICAボランティア募集説明会
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        JICAボランティア募集説明会(岩手大学会場)の広報および運営の補助を行った。(春、秋2回)
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        国費留学生受け入れ
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        日本語研修コース履修生としてネパール人研究留学生(前期)およびソロモン教員研修留学生(後期)を受け入れた
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        二戸市中学生異文化交流事業
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        二戸市内の中学校の異文化交流事業の一環として、多文化コミュニケーション合宿に中学生27名を受け入れ、合同合宿を実施した。
  5. 2012年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        日本語研修留学生、教員研修生
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        日本語研修コースにおいて受け入れい教員として国費研究留学生の日本語教育を担当した。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        二戸市中学校異文化交流事業
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        二戸市内の中学生20名と本学「多文化コミュニケーションA」履修者との合同合宿研修を行った。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        平成24年度インスパイア・ジャパン岩手実行委員会
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        日本ボーイスカウト連盟が主催するインスパイア・ジャパン事業によるボーイスカウト国際交流事業の実施委員会に参画し、事業内容の検討等を行う。
  6. 2013年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        二戸市中学校異文化交流事業
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        二戸市内の中学生と本学「多文化コミュニケーションA」受講者との合同合宿研修を行った。
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        日本語日本文化研修コース、教員研修生
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        文部科学省日本語日本文化研修コース(大使館推薦)、教員研修生の指導教員として、日本語教育等を行った。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        平成25年度留学生研修旅行
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        留学生と日本人学生の交流を目的として、8月8日~9日に岩手、宮城の沿岸被災地を中心に研修旅行を実施し引率した。
  7. 2014年度
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        二戸市中学生異文化交流事業
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        二戸市内の中学生と本学「多文化コミュニケーションA」受講者との合同合宿研修を行った。
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        日本語日本文化研修留学生
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        日本語日本文化研修留学生を受け入れ、日本語および研究指導を行った。
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        大学院入学前予備教育日本語研修コース
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        大学院入学前予備教育日本語研修コースにおいて、国費研究生を受け入れ、日本語初期指導クラスを統括し、指導を行った。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        二戸市中学生異文化交流事業
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        二戸市内の中学生と本学「多文化コミュニケーションA」受講者との合同合宿研修を行った。
  8. 2015年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        日本語日本文化研修留学生
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        日本語日本文化研修留学生を受け入れ、日本語および研究指導を行った。
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        大学院入学前予備教育日本語研修コース
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        大学院入学前予備教育日本語研修コースにおいて、国費研究生を受け入れ、日本語初期指導クラスを統括し、指導を行った。
    • 国際交流事業
      • 交流機関・事業等名 :
        二戸市中学生異文化交流事業
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        二戸市内の中学生と本学「多文化コミュニケーションA」受講者との合同合宿研修を行った。
他大学等の非常勤講師
  1. 弘前学院大学
    • 文学部非常勤講師(日本語教育法1、〃Ⅱ) (2000年4月~2013年12月)
  2. 秋田大学
    • 非常勤講師として日本語教育関連授業を担当した (2002年6月~2003年3月)
  3. 放送大学
    • 放送大学岩手学習センター面接授業非常勤講師 (2010年4月~2013年11月)
  4. 東北大学
    • 文学研究科および文学部専門科目集中講義「日本語教育特別講義」を担当した。 (2011年8月)
  5. 神奈川大学
    • 非常勤講師(集中講義:言語政策論) (2012年8月)
  6. 弘前学院大学
    • 文学部非常勤講師として、日本語教育法ⅠA,Bを集中講義でそれぞれ担当した。 (2014年8月~2014年12月)
  7. 弘前学院大学
    • 文学部において日本語教育法ⅠA,Bを集中講義で担当した。 (2015年8月~2015年12月)
ボランティア・寄与など
  1. 2014年度
    • ボランティア
      • 県内の外国人児童生徒の日本語指導および進路相談に関して、各種関係者に情報提供、助言などを随時行った。
  2. 2015年度
    • ボランティア
      • 県内の外国人児童生徒の日本語指導および進路相談に関して、各種関係者に情報提供、助言などを随時行った。
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2006年度
    • 平成18年度岩手大学地域連携推進事業経費により(655,997円)、地域日本語学習支援推進事業を実施し、在住外国人の児童生徒の日本語および教科教育支援の情報交換を一関市、仙台市で行った。また、岩手県内の関係団体との連絡協議会設置に向け懇談会を実施した。
  2. 2006年度
    • 日本語学習支援ネットワーク会議を主催し、地域の日本語教育について官民が協力して情報共有する場を提供した。
  3. 2007年度
    • 中島記念国際交流財団助成事業「いわて多文化子どもの合宿研修」
      企画運営
  4. 2007年度
    • (財)岩手県国際交流協会共催事業「いわて多文化子どもの学習支援ハンドブック」作成および意見交換会の企画、作成、取りまとめ
  5. 2007年度
    • 日本語学習支援ネットワーク会議in YAMAGATAを共催し、山形を中心とした東北地地域の日本語教育の情報交換の場の提供に協力した。
  6. 2008年度
    • 中島記念国際交流財団助成事業「いわて多文化子どもの支援事業」
      企画運営
  7. 2008年度
    • 日本語学習支援ネットワーク会議in AKITAを共催し、実行委員として秋田を中心とする東北地域の日本語教育関係者の情報共有の場を提供した。
  8. 2009年度
    • トヨタ財団助成事業「散在地区の外国人児童生徒支援事業」企画運営
  9. 2009年度
    • 日本語学習支援ネットワーク会議in FUKUSHIMAを共催し、実行委員として福島を中心とする東北地域の日本語教育関係者の情報共有の場の提供に協力した。
  10. 2010年度
    • 平成22年度岩手県教育委員会主催外国人児童生徒指導者研修会講師
  11. 2010年度
    • 日本語学習支援ネットワーク会議in MORIOKAを主催し、岩手をはじめとする地域の日本語教育関係者の情報共有の場を提供した。
  12. 2011年度
    • 平成23年度岩手県教育委員会主催外国人児童生徒指導者研修会講師
  13. 2011年度
    • 平成23年度社会教育主事講習の講師として「社会教育特講4国際化と社会教育」1コマを担当した。
  14. 2011年度
    • 岩手県国際交流協会主催「東日本大震災を語る会」において、被災外国人の震災体験を聞き、助言を行った。(8月3日)
  15. 2011年度
    • 日本語学習支援ネットワーク会議in MORIOKAを主催し、東日本大震災の被災地の日本語教育の現状と課題等について、情報共有の場を提供した。また、九州、東北地区のネットワーク構築の場を提供した。
  16. 2012年度
    • 多文化キッズキャンプin岩手山2013主催
      ・岩手、宮城、青森、福島の外国につながる子どもたちと岩手大学 の学生、保護者、NPOが参加し、子どもの個別学習支援、交流活動
      を実施した。(2013年1月12~13日 岩手山青少年交流の家)
  17. 2012年度
    • 平成24年度岩手県教育委員会主催外国人児童生徒指導者研修会コーディネーターおよび講師招聘(愛知淑徳大学 松本一子氏)
      (2012年9日 岩手県教育委員会会議室)
  18. 2012年度
    • 日本語学習支援ネットワーク会議in SENDAIを共催し、実行委員として宮城県内の東日本大震災被災地の日本語教室の現状と課題について情報共有を行う機会を提供した。
  19. 2012年度
    • 平成24年度社会教育指導主事講習として、社会教育特講10「国際化と社会教育」を担当した。
  20. 2012年度
    • 平成24年度岩手県教育委員会教職者10年研修として、「外国につながるのある子どもの受け入れの課題と対応」というタイトルで研修授業を担当した。
  21. 2012年度
    • 文化庁文化審議会国語分科会日本語教育委小委員会課題整理に関するワーキンググループにおいて、外国人散財地域における課題についてて情報提供を行った。(9月24日:文化庁特別会議室)
  22. 2012年度
    • いわて多文化子どもの学習支援連絡協議会総会を主催し、外国につながる児童生徒の学習支援について、教育委員会、国際交流団体等と異情報交換を行った。
  23. 2013年度
    • 多文化キッズキャンプin岩手山2014
      ・岩手、宮城、福島、青森に住む外国につながる子どもと、岩手大 学の学生、保護者、NPOが参加し、子どもの個別学習支援、交流活
      動などを実施した。(2014年1月11日~12日 岩手山青少年交流の
      家)
  24. 2013年度
    • 平成25年度岩手県教育委員会主催外国人児童生徒指導者研修会コーディネーターおよび講師招聘(文部科学省初中等教育局国際課課長)
      (2013年11月8日岩手県教育委員会会議室)
  25. 2013年度
    • 日本語学習支援ネットワーク会議in YAMAGATAを共催し、山形を中心とした地域の日本語学習支援、および多文化共生社会実現のための情報共有の場の提供に協力した。
  26. 2013年度
    • 民間団体「秋田にほんごの会」の会報(秋田にほんごの会通信)に「多文化社会での言葉の意味と学び」という寄稿(依頼原稿)を行った。
  27. 2013年度
    • いわて多文化子どもの学習支援連絡協議会総会を主催し、外国につながる児童生徒の学習支援について、教育委員会、国際交流団体等と異情報交換を行った。
  28. 2014年度
    • 日本語学習支援ネットワーク会議 14 in 青森の企画、運営を担当し、青森中央学院大学を会場に共催した。
  29. 2014年度
    • 岩手県教育委員会・いわて多文化子どもの学習支援連絡協議会主催外国人児童生徒指導者等研修会を企画し、午後の研修プログラムの講師・進行を担当した。
  30. 2014年度
    • 岩手県県南教育事務所主任者研修会研修講演「『特別の教育課程』による日本語指導」を行った。(一関市)
  31. 2014年度
    • 中島国際交流財団の助成を受け「多文化キッズキャンプin岩手山2015」を主催し、岩手、宮城、福島、青森に住む外国につながる子どもと、岩手大学の学生、保護者、NPOが参加し、子どもの個別学習支援、交流活
      動などを実施した。(2015年1月9日~10日 岩手山青少年交流の家)
  32. 2015年度
    • 岩手県教育委員会・いわて多文化子どもの学習支援連絡協議会主催の外国人児童生徒指導者等研修会の企画・運営を行い、午後のワークショップ(DLAを活用した子どもの学習支援)の講師、進行を担当した。
  33. 2015年度
    • 岩手県県北教育事務所主任者研修会研修講演「『特別の教育課程』による日本語指導」を行った。(久慈市)
  34. 2015年度
    • 平成27年度(公財)岩手県国際交流協会かけはしクラブキックオフイベントワークショップ・ファシリテーター(盛岡市)
  35. 2015年度
    • 越谷市市民活動支援課主催「外国人児童生徒学習支援研修」の講師を担当し、小中学校教員および日本語支援員を対象に、DLAを活用した学習支援計画の方法について研修会を行った。
  36. 2015年度
    • 中島国際交流財団の助成を受け「多文化キッズキャンプin岩手山2016」を主催し、岩手、宮城、福島、青森に住む外国につながる子どもと、岩手大学、東北大学の学生、保護者、NPOが参加し、子どもの個別学習支援、交流活動などを実施した。(2016年1月9日~10日 岩手山青少年交流の家)
  37. 2016年度
    • 平成28年度岩手県市町村消防防災主管課長会議に参加し、報告「外国人の防災・減災」を行った。(盛岡市)
活動履歴
  1. 2004年度
    • 教育研究支援施設等業務
    • 短期留学プログラム実施専門委員会
  2. 2005年度
    • 教育研究支援施設等業務
    • 情報メディアセンター運営委員会
    • 情報メディアセンター図書館部門運営委員会
  3. 2006年度
    • 教育研究支援施設等業務
  4. 2007年度
    • 教育研究支援施設等業務
    • 教育学系専門委員
    • ESD推進委員会
  5. 2008年度
    • 教育研究支援施設等業務
    • 学科・課程等での業務分担
  6. 2009年度
    • 教育研究支援施設等業務
    • 学科・課程等での業務分担
  7. 2010年度
    • いわて高等教育コンソーシアム関係委員会
    • 情報メディアセンター図書館部門会議
    • 国際交流センター運営委員会
    • 国際交流センター国際交流科目実施専門委員会
  8. 2011年度
    • 情報メディアセンター図書館部門会議
    • 国際交流センター運営委員会
    • 情報倫理・セキュリティ教育ワーキンググループ
    • 国際交流センター国際交流科目実施専門委員会
  9. 2012年度
    • 運営委員会
    • 国際交流科目実施専門委員会
    • いわて5大学コンソーシアム国際の国際化プロジェクト
    • 情報倫理・セキュリティ教育ワーキンググループ
    • 国際教育推進専門委員会
    • 図書館部門会議
  10. 2013年度
    • 図書館部門会議
    • 運営委員会
    • 国際交流センター国際教育推進小委員会
    • 国際教育推進専門委員会
    • 留学交流支援専門委員会
  11. 2014年度
    • 学生支援部門会議
    • いわて高等教育コンソーシアム関係委員会
    • COC推進委員会
    • 教育推進機構会議
    • 国際教育部門会議
    • グローバル教育センター留学交流推進検討会議
    • グローバル教育センター会議
    • グローバル教育センター国際教育推進検討会議
    • 図書館運営会議
    • 国際連携室ミーティング
    • グローバル教育センター副センター長
  12. 2015年度
    • いわて高等教育コンソーシアム関係委員会
    • 新研究科設置準備委員会
    • 国際教育部門会議
    • 教育推進連携部門会議
    • グローバル教育センター留学交流推進検討会議
    • グローバル教育センター会議
    • グローバル教育センター国際教育推進検討会議
    • 図書館運営会議
    • 国際連携室ミーティング
    • グローバル教育センター副センター長
その他の大学運営活動
  1. 2006年度
    • ◎全学共通教育外国語部門日本語代表
  2. 2007年度
    • ・支援施設戦略経費事業「日本語学習支援ネットワーク会議」担当
      ・地域連携推進事業経費「移民的背景を有する児童生徒の学習支援事業」担当
  3. 2008年度
    • ・支援施設戦略経費事業企画運営担当
      ・地域連携推進事業経費事業企画運営担当
      ・国際交流センター備品管理及び調達担当
  4. 2009年度
    • ・支援施設戦略経費事業企画運営担当
      ・地域連携推進事業経費事業企画運営担当
      ・国際交流センター備品管理及び調達担当
  5. 2010年度
    • 学内研究助成事業審査担当
    • 北東北3大学留学生協議会定例会議(年2回)参加
    • 文部科学省特別支援経費「英語ICTコンテンツを活用した教育プラットフォーム開発-国際的視野を持った地域人材育成のために-」運営
    • 共通教育外国語部門日本語科目代表担当
    • 日本語研修コースコーディネーター担当
    • 国際交流科目コーディネーター担当
  6. 2011年度
    • 学内研究助成事業中間評価委員担当
    • 北東北3大学留学生協議会定例会議(年2回)参加
    • 外国人留学生のための進学説明会(東京会場)ブース運営
    • 文部科学省特別支援経費「英語ICTコンテンツを活用した教育プラットフォーム開発-国際的視野を持った地域人材育成のために-」運営
    • 日本学生支援機構ショートステイプログラム申請および運営担当
    • 共通教育外国語部門日本語科目代表担当
    • 日本語研修コースコーディネーター担当
    • 国際交流科目コーディネーター担当
  7. 2012年度
    • 北東北3大学国際交流実務者情報交流会参加(年2回)
    • 韓国留学フェアに参加し、留学生受け入れ拡大のための広報活動を行った。また、協定大学の明知大学を訪問し、留学説明会を実施した。
    • 日本学生支援機構短期留学交流奨学金申請
  8. 2013年度
    • 北東北3大学国際交流実務者情報交換会参加(年2回)
    • 日本学生支援機構短期留学交流奨学金申請
  9. 2014年度
    • 日本学生支援機構短期留学奨学金申請書作成
    • 北東北国際交流担当者実務者会議参加(年2回)
    • 共通教育科目外国語分科会日本語教育代表
    • 韓国日本留学フェア、および協定大学において、留学生獲得のため本学の説明を行った。
    • 外国人留学説明会において、本学の説明を行い、留学生獲得に努めた(東京)
    • スーパーグローバル大学申請書作成分担
    • 日本語教育コーディネーターを担当し、全学の留学生対象の日本語教育プログラムを統括した。
    • 国際交流科目企画・運営担当
    • 平成27年度概算要求申請書類作成分担(国際教育関連)
  10. 2015年度
    • 平成27年度いわて高等教育コンソーシアムシンポジウム「高等教育機関に期待されるグローバル化への対応と地域再生への役割について」(平成28年2月6日一関)岩手大学報告者・パネリスト
    • 日本学生支援機構短期留学奨学金申請書作成
    • 北東北国際交流担当者実務者会議参加(年2回)
    • 共通教育科目外国語分科会日本語教育代表
    • 韓国日本留学フェア、および協定大学において、留学生獲得のため本学の説明を行った。
    • 外国人留学説明会参加(東京)留学生獲得のため本学の説明を行った。
    • 岩手留学生交流推進協議会主催「グローバル語り場」のキックオフミーティングの企画、進行を担当した。(1月)
    • 日本語教育コーディネーターを担当し、全学の留学生対象の日本語教育プログラムを統括した。
    • 第3期中期目標・計画策定(国際教育関係企画担当)
      (IHATOVOグローバルコース、グローバルマイレージ企画)
    • 国際交流科目企画・運営担当および国際教育科目改編作業担当
    • 新大学院設置準備委員会に英語教育科目に関する助言を行うため、参加した。(計4回)
    • 平成28年度概算要求申請書類作成分担(国際教育関連)