サブメニュー
更新日 : 2017年7月22日
言語の切替 : ENGLISH
ウィンドウを閉じる
教員略歴
氏名三浦 靖 (MIURA Makoto)
所属専攻講座岩手大学 農学部 応用生物化学科
職名教授
生年月日1958年4月17日
研究室電話番号019-621-6255
研究室FAX番号019-621-6255
連絡先住所020-8550 岩手県 盛岡市上田三丁目18番8号
研究室食品工学研究室
メールアドレスmako@iwate-u.ac.jp
出身大学
  1. 東北大学 農学部 食糧化学
    • 学校の種別 : 大学
    • 卒業年月日 : 1981年3月
    • 卒業区分 : 卒業
出身大学院
  1. 東北大学 農学研究科 食糧化学
    • 大学院課程 : 博士課程
    • 修了年月日 : 1986年3月
    • 修了区分 : 修了
取得学位
  1. 農学博士
    • 学位の分野 : 食品科学
    • 学位授与機関 : 東北大学
    • 取得年月日 : 1986年3月
学内職務経歴
  1. 岩手大学
    • [本務] 助教授 (1994年4月1日~2007年3月31日)
  2. 岩手大学 農学部
    • [本務] 准教授 (2007年4月1日~2011年9月31日)
  3. 岩手大学 農学部 応用生物化学課程 (廃止組織)
    • [本務] 教授 (2011年10月1日~継続中)
学外略歴
  1. 三菱化成株式会社総合研究所
    • [三菱化成株式会社(現 三菱化学株式会社)総合研究所 研究員] (1986年4月1日~1994年3月31日)
専門分野(科研費分類)
  1. 食品工学
  2. 食品化学工学
  3. レオロジー
研究分野を表すキーワード
  1. 食品化学工学
  2. 食品物理学
  3. レオロジー
  4. 食品科学
  5. 食品化学
  6. 伝熱工学
  7. 画像処理
  8. 摂食・嚥下リハビリテーション
  9. 食品加工学
  10. 食品保蔵学
可能な出前講義
  1. 食品の加工・保蔵・品質評価の技術 [専門家(企業・研究者等)向け]
    • 講義の概要
      食品素材(農林畜水産物)を加工・保蔵する技術,品質を評価する技術の基礎事項を解説する。なお,要望があれば実習にも対応する。
  2. 食品の加工・保蔵・品質評価の技術 [一般・高校生向け]
    • 講義の概要
      食品素材(農林畜水産物)を加工・保蔵する技術,品質を評価する技術の基礎事項を卓上実験を交えて平易に解説する。
メッセージ
「安全」で「おいしく」て「健康維持に役立つ」食品を如何に安価に安定した品質で,環境負荷を低減して創るかを命題にしています。
担当授業科目
  1. 2004年度
    • 食品工学
    • レオロジー
    • 食品生産システム学
    • 食品システム学特論
    • 食品機械学特論
    • 食品化学工学
    • 食品工学実験
    • 美味学
    • 卒業研究
    • 農業生命科学特別研究
  2. 2005年度
    • 食品工学
    • 食品工学実験
    • レオロジー
    • 食品加工学
    • 食品生産システム学
    • 食品化学工学
    • 美味学
    • 卒業研究
    • 農業生命科学特別研究
    • 食品健康科学演習
  3. 2006年度
    • 食品工学
    • レオロジー
    • 食品物理学
    • 食品工学実験
    • 食品健康科学演習
    • 食品生産システム学
    • 食品化学工学
    • 卒業研究
    • 農業生命科学特別研究
    • 美味学
  4. 2007年度
    • 食品工学
    • レオロジー
    • 食品工学実験
    • 食品物理学
    • 食品健康科学演習
    • 食品生産システム学
    • 食品化学工学
    • 卒業研究
    • 農業生命科学特別研究
    • 美味学
  5. 2008年度
    • 食品工学
    • 食品工学実験
    • 食品健康科学演習
    • 食品生産システム学
    • 食品化学工学
    • 美味学
    • 卒業研究
    • 農業生命科学特別研究
  6. 2009年度
    • 食品工学
    • 食品工学実験
    • 食品生産システム学
    • 食品化学工学
    • 美味学
    • 食品物理学
    • 卒業研究
    • 農業生命科学特別研究
    • 基礎ゼミナール
  7. 2010年度
    • 食品工学
    • 食品物理学
    • 食品工学実験
    • 美味学
    • 食品生産システム学
    • 食品化学工学特論
    • 応用生物化学特別研究
    • 卒業研究
    • マーケティング
  8. 2011年度
    • 食品工学
    • 食品物理学
    • 食品工学実験
    • 情報基礎
    • 美味学
    • 食品生産システム学
    • 食品化学工学特論
    • 応用生物化学特別研究
    • 卒業研究
    • マーケティング
    • インターンシップ
  9. 2012年度
    • 食品工学
    • 食品物理学
    • 応用生物化学演習Ⅱ
    • 食品工学実験
    • 情報基礎
    • 美味学
    • 食品生産システム学
    • 食品化学工学特論
    • 卒業研究
    • 応用生物化学特別研究
  10. 2013年度
    • 食品工学
    • 食品物理学
    • 応用生物化学演習Ⅱ
    • 食品工学実験
    • 情報基礎
    • 食品化学工学特論
    • 美味学
    • 食品生産システム学
    • 卒業研究
    • 応用生物化学特別研究
  11. 2014年度
    • 食品工学
    • 食品物理学
    • 食品工学実験
    • 情報基礎
    • 食品化学工学特論
    • 美味学
    • 食品生産システム学
    • 卒業研究
    • 応用生物化学特別研究
  12. 2015年度
    • 食品工学
    • 食品物理学
    • 食品工学実験
    • 美味学
    • 食品生産システム学
    • 食品化学工学特論
    • 卒業研究
    • 応用生物化学特別研究
    • 応用生物化学特別講義
  13. 2016年度
    • 食品工学
    • 食品物理学
    • 食品工学実験
    • 美味学
    • 食品生産システム学
    • 食品化学工学特論
    • 卒業研究
    • 応用生物化学特別研究
授業評価
  1. 2004年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 食品科学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 研究遂行において,問題の明確化(研究背景の調査),概念化(研究目的の設定),詳細化(研究計画の立案),分析(実験),分析(実験結果の検討),評価(研究目的に対する実験結果の対比)というシステムズアプローチの素養を育成した。
    • 博士課程
      改善に努力した内容 : 研究成果の具現化(論文作成,食品工業への適用)を育成した。
  2. 2005年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 食品科学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 研究遂行において,問題の明確化(研究背景の調査),概念化(研究目的の設定),詳細化(研究計画の立案),分析(実験),分析(実験結果の検討),評価(研究目的に対する実験結果の対比)というシステムズアプローチの素養を育成した。
    • 博士課程
      改善に努力した内容 : 研究成果の具現化(論文作成,食品工業への適用)を育成した。
  3. 2006年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 食品科学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
  4. 2007年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 食品科学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
  5. 2008年度
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 食品科学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
  6. 2009年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 応用生物化学に興味を持たせ,自学自習のの動機付けを行った。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 食品科学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
  7. 2010年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 応用生物化学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 食品科学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 研究遂行において,問題の明確化(研究背景の調査),概念化(研究目的の設定),詳細化(研究計画の立案),分析(実験),分析(実験結果の検討),評価(研究目的に対する実験結果の対比)というシステムズアプローチの素養を育成した。
  8. 2011年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 応用生物化学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 食品科学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 研究遂行において,問題の明確化(研究背景の調査),概念化(研究目的の設定),詳細化(研究計画の立案),分析(実験),分析(実験結果の検討),評価(研究目的に対する実験結果の対比)というシステムズアプローチの素養を育成した。
  9. 2012年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 応用生物化学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 食品科学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 研究遂行において,問題の明確化(研究背景の調査),概念化(研究目的の設定),詳細化(研究計画の立案),分析(実験),分析(実験結果の検討),評価(研究目的に対する実験結果の対比)というシステムズアプローチの素養を育成した。
  10. 2013年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 応用生物化学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 食品科学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 研究遂行において,問題の明確化(研究背景の調査),概念化(研究目的の設定),詳細化(研究計画の立案),分析(実験),分析(実験結果の検討),評価(研究目的に対する実験結果の対比)というシステムズアプローチの素養を育成した。
  11. 2014年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 応用生物化学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 食品科学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 研究遂行において,問題の明確化(研究背景の調査),概念化(研究目的の設定),詳細化(研究計画の立案),分析(実験),分析(実験結果の検討),評価(研究目的に対する実験結果の対比)というシステムズアプローチの素養を育成した。
  12. 2015年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 応用生物化学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 食品科学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 研究遂行において,問題の明確化(研究背景の調査),概念化(研究目的の設定),詳細化(研究計画の立案),分析(実験),分析(実験結果の検討),評価(研究目的に対する実験結果の対比)というシステムズアプローチの素養を育成した。
  13. 2016年度
    • 共通教育
      改善に努力した内容 : 応用生物化学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
    • 専門教育
      改善に努力した内容 : 食品科学に興味を持たせ,自学自習の動機付けを行った。
    • 修士課程
      改善に努力した内容 : 研究遂行において,問題の明確化(研究背景の調査),概念化(研究目的の設定),詳細化(研究計画の立案),分析(実験),分析(実験結果の検討),評価(研究目的に対する実験結果の対比)というシステムズアプローチの素養を育成した。
指導学生数及び学位授与者数
  1. 2004年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
    • 学位論文審査(修士・主査) 4人
    • 副研究指導(学部) 2人
    • 学位論文審査(学部・副査) 2人
  2. 2005年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 4人
    • 研究指導(博士・主任指導) 3人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 4人
    • 学位授与者数(博士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 5人
    • 副研究指導(学部) 1人
    • 学位論文審査(学部・主査) 1人
  3. 2006年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(博士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 2人
    • 大学院研究生(修士) 1人
    • 副研究指導(学部) 2人
    • 学位論文審査(学部・主査) 1人
  4. 2007年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
    • 学位論文審査(修士・主査) 2人
    • 副研究指導(学部) 3人
  5. 2008年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 副研究指導(学部) 2人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
  6. 2009年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
    • 学位論文審査(修士・主査) 2人
    • 副研究指導(学部) 1人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
  7. 2010年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 副研究指導(学部) 1人
    • 学位論文審査(学部・副査) 1人
  8. 2011年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 大学院研究生(修士) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 4人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 1人
    • 学位論文審査(修士・主査) 1人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
  9. 2012年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 大学院研究生(修士) 5人
    • 研究指導(修士・主任指導) 5人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
    • 学位論文審査(修士・主査) 2人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
  10. 2013年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 大学院研究生(修士) 5人
    • 研究指導(修士・主任指導) 5人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 3人
    • 学位論文審査(修士・主査) 3人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
    • 学位論文審査(博士・副査) 1人
    • 【連合農学研究科・連合獣医学研究科】第2副指導(博士) 1人
  11. 2014年度
    • 卒業研究指導(学部) 4人
    • 学位論文審査(学部・主査) 4人
    • 研究指導(修士・主任指導) 2人
    • 学位論文審査(修士・副査) 1人
  12. 2015年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(学部・主査) 3人
    • 大学院研究生(修士) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 3人
    • 研究指導(博士・主任指導) 1人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
    • 学位論文審査(修士・主査) 2人
    • 学位論文審査(博士・副査) 1人
  13. 2016年度
    • 卒業研究指導(学部) 3人
    • 学位論文審査(学部・主査) 3人
    • 研究指導(修士・主任指導) 4人
    • 研究指導(博士・主任指導) 2人
    • 学位授与者数(修士・主任指導) 2人
    • 学位論文審査(修士・主査) 2人
    • 学位論文審査(博士・副査) 1人
教育研究会における発表
  1. 世界の成長と持続可能性
    • 教育研究会名 :
      環境分科会FD
    • 開催年月 : 2014年7月
  2. 大学院連合農学研究科FD講演会
    • 教育研究会名 :
      大学院連合農学研究科FD講演会
    • 開催年月 : 2015年9月
  3. 大学院連合農学研究科FD講演会
    • 教育研究会名 :
      大学院連合農学研究科FD講演会
    • 開催年月 : 2017年2月
教材作成
  1. 2004年度食品工学実験書
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2004年度
  2. 2005年度食品工学実験書
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2005年度
  3. 2006年度食品工学実験書
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2006年度
  4. 2007年度食品工学実験書
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2007年度
  5. 2008年度食品工学実験書
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2008年度
  6. 2009年度食品工学実験書
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2009年度
  7. 2010年度食品工学実験書
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2010年度
  8. 2011年度食品工学実験書
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2011年度
  9. 2012年度食品工学実験書
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2012年度
  10. 2013年度食品工学実験書
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2013年度
  11. 2014年度食品工学実験書
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2014年度
  12. 2015年度食品工学実験書
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2015年度
  13. 2016年度食品工学実験書
    • 教材種類 : 教材
    • 教材年度 : 2016年度
教育活動のその他の事項
  1. 2006年度
    • その他
      主に農学部農業生命科学科食品健康科学講座2年次学生が会員である「食品研究会」を立ち上げ,顧問を担当している。
  2. 2007年度
    • その他
      主に農学部農業生命科学科食品健康科学講座3年次学生が会員である「食品研究会」を立ち上げ,顧問を担当している。
  3. 2008年度
    • その他
      主に農学部農業生命科学科食品健康科学講座3年次学生が会員である「食品研究会」を立ち上げ,顧問を担当している。
  4. 2009年度
    • その他
      平成20年度社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム委託業務において,マーケティングイノベーションコースのモデルプログラムを作成した。
  5. 2010年度
    • その他
      平成22年度社会の食ニーズ対応型社会人再教育プログラム事業において,マーケティングイノベーションコース責任者として講義・実習を行った。
  6. 2011年度
    • その他
      平成23年度社会の食ニーズ対応型社会人再教育プログラム事業において,マーケティングイノベーションコース責任者として講義を行った。
  7. 2012年度
    • その他
      平成24年度社会の食ニーズ対応型社会人再教育プログラム事業において,マーケティングイノベーションコース責任者として講義を行った。
  8. 2013年度
    • その他
      平成25年度いわてアグリフロンティアスクールにおいて,「農産加工品マーケティング」講義を行った。
  9. 2014年度
    • その他
      平成26年度いわてアグリフロンティアスクールにおいて,「農産加工品マーケティング」講義を行った。
  10. 2015年度
    • その他
      平成27年度いわてアグリフロンティアスクールにおいて,「農産物・加工品のマーケティング」講義を行った。
研究経歴
  1. 食品構造のディジタル画像解析(1994年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 食品、構造、画像解析, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      知能情報学食品科学計算機システム・ネットワーク
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
      多孔性食品の気孔構造を迅速に定量化ならびに判別する手法を開発することを目的にしている。パンやケーキ,ビスケットなどのベークド製品,スナック菓子などの膨化食品を対象にして,気孔の大きさ分布および配向性を迅速に定量化する手法として2次元離散フーリエ変換(2D-DFT)法ならびに多重二値化イメージング(MIB)法,画像を自動判別する手法としてニューラルネットワーク法を検討している。
  2. 凍結・解凍によるデンプン老化に対する食品用乳化剤およびポリオールの抑制効果(1994年4月~2009年3月)
    • 研究課題キーワード : デンプン、凍結、解凍、老化、抑制、乳化剤、ポリオール, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学熱工学反応工学・プロセスシステム
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      デンプン質食品(ベークド製品,麺,米飯,米粉製品,揚げ衣)を凍結・解凍した際に進行するデンプン老化を抑制することを目的にている。食品用乳化剤(ショ糖脂肪酸エステル,グリセリン脂肪酸エステル)およびポリオール(糖,糖アルコール)のデンプン老化効果を系統的に明らかにしている。
  3. 食品素材の非加熱殺菌法の開発(2002年4月~2007年3月)
    • 研究課題キーワード : 殺菌、非加熱、食品素材, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学応用生物化学反応工学・プロセスシステム
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      食品および食品素材を対象にした非加熱殺菌法を開発することを目的にしている。洗浄・殺菌水には光触媒処理水や電解次亜水,洗浄・殺菌装置には振動攪拌装置や超音波照射装置を用いて非加熱殺菌法を検討している。
  4. 地域農林水産物の高度加工(2002年4月~2007年3月)
    • 研究課題キーワード : 地域、資源、農産、林産、水産、高度加工, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学熱工学化工物性・移動操作・単位操作
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      地域農林水産資源(牛乳,果実,魚介)を高度加工することを目的にしている。畜産加工食品(ヨーグルト,アイスクリーム),農産加工食品(果汁,コンフィチュール,果汁配合加工食品),水産加工食品(練り製品,フライ)の品質改善および新銘柄の開発を進めている。
  5. 市販酵素による脂溶性機能性成分CDラップ製造および利用技術の開発(2002年4月~2006年3月)
    • 研究課題キーワード : 糖質、デンプン、サイクロデキストリン、色素、油脂、複合体, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作物理化学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 新規産業創造型提案公募制度
    • 研究活動内容 :
      色素の色調安定化ならびに食品用乳化剤を代替する食品素材の調製を目的にしている。天然色素ならびに加水分解油脂をゲスト物質にして,これを糊化デンプンにシクロデキストリングルカノトランスフェラーゼ(CGTase)をさせて生成するマルトオリゴ糖で被覆することを検討している。
  6. パンの生地物性と製品品質との関連性(2002年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : パン、生地、物性、品質, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作応用物理学一般
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
      パンの理化学的性状を生地調製の段階で制御することを目的にしている。パン生地の混捏や発酵の条件がパン生地物性と製パン特性(ローフ体積,比容積,焼減率,内相の硬さ,気孔構造)に及ぼす影響を明らかにし,パン生地物性と製パン特性との関連性について検討している。
  7. 油脂の結晶状態と物性との関連性(2004年4月~2008年3月)
    • 研究課題キーワード : 油脂、結晶、物性, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学反応工学・プロセスシステム熱工学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      液体油に固体脂が分散した構造を有するショートニングの流動性を任意に制御することを目的にしている。高融点食用植物油脂と低融点食用植物との混合油脂について,冷却速度や等温結晶化時間を変化させることにより油脂結晶状態を変化させて,油脂結晶状態(結晶の形,大きさ,多形)とバルクの物性(力学的,電磁気学的)との関連性を検討している。
  8. 焼成カキ貝殻とチーズホエーを用いたカルシウム強化乳酸発酵飲料の調製(2004年4月~2006年3月)
    • 研究課題キーワード : 焼成、カキ貝殻、チーズホエー、カルシウム、乳酸菌、発酵、飲料, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学反応工学・プロセスシステム生物機能・バイオプロセス
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      水産業における産業廃棄物であるカキ貝殻,ならびに畜産業における産業廃棄物であるチーズホエーを有効利用することを目的にしている。焼成カキ貝殻をカルシウム源,チーズホエーを乳酸菌,タンパク質および糖質源として利用して乳酸菌発酵させて飲料を調製している。
  9. 凍結耐性ソフトクリームミックスの開発(2005年4月~2007年3月)
    • 研究課題キーワード : 凍結耐性,乳化破壊,相分離,ソフトクリーム,ミックス,界面,乳化剤,オリゴ糖, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学熱工学化工物性・移動操作・単位操作
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      地域農林畜産資源(果実,牛乳)を高度加工することを目的にしている。畜産加工食品(ソフトクリーム,アイスクリーム)の品質を改善し,新銘柄(凍結耐性ソフトクリームミックス,安定化天然色素配合アイスクリーム)を開発した。
  10. 微生物変換法による雑穀からの高機能食品素材の開発(2006年10月~2010年3月)
    • 研究課題キーワード : 微生物変換,雑穀,高機能,食品素材, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学応用微生物学化工物性・移動操作・単位操作
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      雑穀の新規かつ高度な用途開発の一環として,コウジ菌が産生する酵素(リパーゼ,プロテアーゼ,アミラーゼ)を利用した複合酵素素材,および各種酵素により生成するアシルグリセロール,ペプチド・アミノ酸,マルトオリゴ糖,有機酸を有意に含有する品質改良素材を調製する。
  11. イサダ(ツノナシオキアミ)由来のタンパク質分解酵素の酵素製剤化(2007年4月~2011年3月)
    • 研究課題キーワード : イサダ,ツノナシオキアミ,タンパク質分解,酵素,プロテアーゼ, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学水産化学化工物性・移動操作・単位操作
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      三陸沿岸漁獲のイサダ(ツノナシオキアミ)の筋肉および内臓からタンパク質分解酵素を効率よく抽出し,酵素活性を高く維持した酵素製剤を調製する。
  12. 玄米の未利用部位の物理化学的改質とその高度利用(2007年10月~2010年3月)
    • 研究課題キーワード : 玄米,未利用部位,糠,食品,改質,高度利用, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作高分子化学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      玄米の搗精により生じる米糠を高度利用することを目的にしている。デンプンの性質を物理化学的手法により改質している。
  13. 界面特性を制御したユニバーサルデザインフードの創製(2008年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 界面特性,ユニバーサルデザインフード,創製, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学物理化学薄膜・表面界面物性
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      現在の日本社会が抱えている問題の1つに少子・高齢化があり,食品業界では誤嚥が深刻な問題となっている。パンやカステラ,クッキーなどの固体膨化食品は,比較的水分含量が少なく,柔らかく,多孔質構造を持つものであるが,これらを口中に取り込んだときに唾液を吸われる,口腔や食道粘膜に貼り付くなどの感覚があることから,唾液分泌量が低下してきた高齢者にとって食べにくい食品とされている。誤嚥の危険性が低い固体膨化食品を製造するためには,これまで多くの研究で測定されてきた項目以外の物理量の測定が必要と考えられる。そこで,第2章~第4章では,固体膨化食品が摂食しにくい原因として挙げられている唾液吸収性や口腔・食道粘膜への付着性や摩擦に着目し,嚥下困難者が喫食可能な固体膨化食品を理論的に製造するために必要な嚥下評価技術の確立と,その目標値を明らかにすることを最終目標とした。本研究で考案した人工唾液吸収性の測定法や人工食塊の調製法,人工食塊の理化学的特性の測定法によって得られた特性値は,固体膨化食品の口腔・咽頭・食道部における流動挙動と何らかの関連性があると考えられる。今後は,界面活性素材(乳化油脂など)やテクスチャーモディファイヤー(米粉などの穀類,増粘剤など)による食品テクスチャーの改善や,上記の手法に加えて,食塊の動的粘弾性値や誤嚥と関連性があるとされる咽頭部での流速測定や,高齢者や軽度の嚥下困難者による官能評価などにより,膨化食品に具備させるべき特性を明確にしていく。
  14. 小枝柿の脱渋と渋戻りの制御および甲子柿の加工食品への応用(2008年4月~2011年3月)
    • 研究課題キーワード : 小枝柿,甲子柿,脱渋,渋戻り,加工食品, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学園芸学・造園学化工物性・移動操作・単位操作
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      甲子柿(小枝柿を燻蒸脱渋した柿)の優位性を高め,生産歩留まりを向上させる最適な燻蒸脱渋方法を確定し,生産者に広く活用を促す。さらに,賞味期間を延長させる保蔵方法や渋戻りしない加工技術を検討し,販売および加工領域のビジネスチャンスを創出する。
  15. 果実の色素安定性を高めた加熱加工法の開発(2008年4月~2009年3月)
    • 研究課題キーワード : 果実,ヤマブドウ,メイポール,ピューレー,加熱加工,減圧濃縮,色素,安定性,アントシアン,, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学園芸学・造園学化工物性・移動操作・単位操作
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      アントシアンを多く含む果実について加工特性を評価し,果実特有の鮮やかな色調と風味を維持した加工条件を明らかにすることを目的とした。試料としてヤマブドウピューレーとリンゴ‘メイポール’を用いた。まず,果実の水分含量,糖・有機酸組成および破断特性(リンゴのみ)を測定した。次に,減圧加熱法(400hPa)と常圧加熱法を用いて果実ピューレーを調製し,色特性とアントシアン含量とから加熱による退色について検討を行った。最後に,色特性変化の速度論的解析により,退色の活性化エネルギーを求めた。
  16. O/W型エマルションの凍結・解凍による乳化破壊の機構とその制御(2009年4月~2017年3月)
    • 研究課題キーワード : O/W型エマルション,乳化破壊,相分離,界面,乳化剤,オリゴ糖, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学熱工学化工物性・移動操作・単位操作
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
      O/W型エマルションであるソフトクリームの歩留り向上のために,凍結耐性の付与(凍結・解凍後に起きる油相/水相の相分離の抑制)が望まれている。O/W型エマルションに凍結耐性を付与するために,分散相の油滴での油脂結晶の成長および連続相での氷結晶の成長を食品用乳化剤およびマルトオリゴ糖により抑制することが本研究の目的である。これまでの研究での試料は,ソフトクリームミックスであったが,これは,油脂,タンパク質,糖質などを含む多成分系のO/W型エマルションである。そのため,分散相の油滴での油脂結晶の成長および連続相での氷結晶の成長に対する食品用乳化剤およびマルトオリゴ糖の影響を直接には検討していなかった。そこで,本研究では試料をO/W型モデルエマルション(食用油脂-水)にして,分散相の油滴での油脂結晶の成長および連続相での氷結晶の成長に対する食品用乳化剤およびマルトオリゴ糖の影響を明らかにする。
  17. 抗酸化能を有する新規な糖質系食品素材(ANOX糖)の理化学的特性(2009年4月~2012年3月)
    • 研究課題キーワード : 糖質,食品素材,デンプン,穀粉,有機酸,抗酸化能,ANOX糖, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学機能物質化学化工物性・移動操作・単位操作
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 民間学術研究振興費補助金
    • 研究活動内容 :
      デンプンや穀粉と有機酸を低水分環境で混合し,これを焙焼して抗酸化能をもつデンプン素材を調製し,抗酸化活性をDPPH法およびORAC法で測定して,ANOX糖(有機酸焙焼糖)と命名した。このANOX糖の理化学的特性を評価している。
  18. 揚げ加工における吸油挙動の解析および低吸油揚げ加工法の開発(2009年4月~2015年3月)
    • 研究課題キーワード : 揚げ加工,吸油,ドーナツ, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学熱工学化工物性・移動操作・単位操作
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
      揚げ加工は,主要な調理法の一つであり,温度上昇に伴なう水分の蒸発・乾燥が急激に進行する操作であり,デンプン糊化やタンパク質の加熱変性が相互に影響を及ぼしあいながら進む非常に複雑な過程である。しかし,揚げ加工により食材の水分が急激に減少し,代りに油脂が水分が存在していた空隙に吸収されるため,高油脂含量となってしまうことが問題視されている。現在の日本では,肥満者が増加傾向にあり,脂質の過剰摂取が肥満につながると考えられてきた。しかし,脂質は生体の重要な構成成分であり,生体調節因子でもあり,安易な摂取量の削減や抑制を行うと健康に重大な影響を及ぼすと言われている。このような現状のもとで,最近では揚げ加工を代替する調理法が登場したが,揚げ加工は独特な調理法であり,他の調理法で代替することが難しく,低吸油揚げ加工法の開発が切望されている。また,低吸油揚げ加工法の開発を行う上で,揚げ油の界面化学的性質やドーナッツ生地に対する濡れ性を制御することが必要である。そこで,本研究では,揚げ加工に伴なう揚げ油の化学的劣化を評価し,揚げ油の交換基準を明確にすることと,揚げ加工におけるモデル食品の成分および理化学的特性の変化を明らかにすることを目的にしている。本研究より,揚げ加工モデル食品の理化学的特性は,タンパク質の分子量の変化やデンプンの糊化など様々な要因により制御されていることが明らかとなった。また,理化学的特性は特に吸油量に多大な影響を与えると考えられる。したがって,今後は揚げ加工モデル食品の理化学的特性を制御することと揚げ加工方法の工夫により,吸油を抑制することを検討する。
  19. 凍結ホウレンソウの食品テクスチャーの改善(2010年4月~2011年3月)
    • 研究課題キーワード : 凍結貯蔵,ホウレンソウ,食品テクスチャー, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学熱工学化工物性・移動操作・単位操作
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
      高齢者や咀嚼・嚥下困難者にも対応できる品質を保持した凍結貯蔵ホウレンソウの調製を目的とし,前処理としてのセルラーゼ製剤を用いたマセレーション処理方法の検討を行った。市販凍結貯蔵ホウレンソウの理化学的性質を把握するため,常圧加熱乾燥法による水分含量の測定,水分活性恒温測定装置を用いた水分活性の測定,ヒドラジン法による L-アスコルビン酸量の測定を行った。また,分光測色計を用いた色特性の測定および単軸圧縮・引張型レオメータを用いた圧縮破断特性の測定を行った。市販凍結貯蔵ホウレンソウは,水分含量および水分活性がほぼ同等であった。一方,L-アスコルビン酸含量,色特性および圧縮破断特性は,凍結貯蔵ホウレンソウの銘柄により異なった。これらは,原料のホウレンソウの品種や産地,製造条件(ブランチングの温度と時間,凍結条件(冷却の温度勾配,到達温度,貯蔵条件(温度,期間)))による影響が大きいことが考えられた。
  20. 米粉の原料米品種,加熱処理および理化学的特性の違いが製パン適性に及ぼす影響(2010年4月~2013年3月)
    • 研究課題キーワード : 米粉,品種,加熱処理,理化学的特性,製パン, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作高分子化学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      近年の日本における食生活の変化による米の消費量と生産量の減少,需給状況が世界情勢や天候等に左右されやすい穀物(小麦粉)の輸入量の減少や価格高騰が懸念されることを背景に,小麦粉の代替素材の開発に向けて米粉の高度利用が切望されている。しかし,米粉をパンに配合した場合,小麦粉から調製したパンと比較してもちもちとした食感が印象的であるという長所を持っているが,焼成時の膨化が低いこと,内相が硬化しやすいこと,および米粉の価格が小麦粉に比べて高いことが短所となっている。そこで,米粉をパンへ利用した際の問題点を探索・改善することを目標に,本研究では米粉のどのような理化学的特性が製パン性に影響を及ぼしているのかを明確化することを目的とした。内相の軟らかな食パンを調製するためにはアミロース含量の低い品種の米粉を用いること,ローフ比容積の大きな食パンを調製するためには米粉の粒子径分布が広く,粒子径38~75μmの画分の構成割合が過剰でないこと(10~20%程度)が重要であると明らかになった。
  21. 従来の乳化剤に代わる米粉由来素材の低コスト大量生産技術の開発(2010年4月~2015年3月)
    • 研究課題キーワード : 食品用乳化剤、界面活性、米粉、クエン酸、油脂, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作物理化学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 研究開発事業委託費
    • 研究活動内容 :
      食品業界では、従来の乳化剤や乳化安定剤に代わって、安心して食品に利用でき、利用範囲も広い、乳化能を持つ食品素材を求めているが、現在のところ国内、国外ともにデンプンに有機酸や脂肪酸を化学的に結合させて乳化能を付与する技術しかなく、商品化されたものは食品添加物として取り扱われている。そこで、本研究グループは、精製したトウモロコシデンプン、植物油、クエン酸の混合体に過熱水蒸気処理を行うだけでデンプン粉末に乳化能を付与できることを確認した。精製デンプンが乳化能を有するメカニズムの仮説として、過熱水蒸気処理によりデンプンと脂質を有機酸で架橋した複合体を形成するためデンプンに乳化能が付与できると考えている。本研究では、我々が保有している技術シーズを基礎に、米粉に油脂や有機酸を加えて過熱水蒸気処理して乳化能を付与し、指定添加物である乳化剤を代替する食品素材に変換する技術の開発を目的とする。さらに、乳化能付与のメカニズムを明らかにすることで、適用範囲の拡大を図る。
      具体的には、(1)米粉に乳化能を付与できる過熱水蒸気処理の条件を確立するとともに、そのメカニズムを解明する。(2)開発した食品素材の加工適性や利用方法を検討し、それを用いたパン類、水産加工製品などの実需レベルでの実用性評価を行う。一方、米が米飯として消費される量は、食の多様化などの影響で年々減少傾向にある。そのため、政府や全国農業協同組合連合会などは、米粉が、成分および加工用途から小麦粉に近いことに着目して、米の需要拡大を目的に、パンや麺などのさまざまな加工食品への米粉利用を推進している。また、農林水産省では、米粉の増産を推進するため、平成22年度より実施する戸別所得保障制度・水田利活用自給力向上事業で、米粉用米生産農家に対して主食用米並みの所得を確保できるように助成することを決めている。これにより、米粉の販売価格も、小麦粉と競い合うことが可能となる。このような施策に対応して、増産される米粉を、より付加価値の高い分野での消費を拡大させるためには、米粉に新たな特性を付与することで、今までに無い用途を開拓する必要がある。本研究では、(1)乳化能を持つ米粉由来素材の開発,(2)乳化能を持つ米粉由来素材の特性解明、(3)乳化能を持つ米粉由来素材の実需レベルでの実証
  22. 食品用乳化剤を代替する食品素材としての加水分解極度硬化パーム油粉体の調製と応用(2010年4月~2012年3月)
    • 研究課題キーワード : 食品用乳化剤,リパーゼ,極度硬化パーム油,加水分解,粉体,マイクロカプセル化, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作物理化学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
      食品添加物である食品用乳化剤と代替可能な食品素材である加水分解極度硬化パーム油-糖質複合体の調製とその応用を最終目的にしている。加水分解した極度硬化パーム油のO/W型エマルションの調製条件および回転可能中心複合計画法に従って加水分解極度硬化パーム油-デキストリン複合体の調製のための噴霧乾燥条件を検討した。
  23. 牛乳の起泡機構の解明およびその制御(2010年11月~2014年8月)
    • 研究課題キーワード : milk, foam, aeration, sontrol, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作物理化学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      牛乳の起泡性とランシッドおよび乳タンパク質変性との関連性を検討し,
      起泡不良の発生機構を解明する。
  24. 低温除湿乾燥法による魚介乾製品の製造法の最適化(2011年10月~2015年3月)
    • 研究課題キーワード : 魚介,ホッケ,イカ,低温除湿乾燥法,脂質酸化,水分活性,ローズマリー抽出物,グルコン酸塩, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作物理化学
    • 研究様態 : 機関内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      東日本大震災水産業復興推進のために,被災した水産加工企業が低経費で収入を得ることが期待できる加工食品として,三陸沿岸漁獲の魚介を原料にした魚介乾製品を選択した。従来からの天日乾燥,定温・定湿度送風乾燥に替わる高効率かつ高品質な製品を製造するための低温除湿乾燥法を確立する。
  25. 低酸素気流を利用した粉体殺菌の研究および連続式殺菌装置の開発(2012年10月~2017年3月)
    • 研究課題キーワード : そば粉、米粉、小麦粉、粉体、殺菌、低酸素気流、連続式殺菌装置, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作物理化学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      そば粉や米粉,小麦粉などの粉体食品素材を対象にして,その風味や特性を損なうことなく,高効率で殺菌できる「低酸素気流を利用した粉体用連続式殺菌装置」を実用化する。団粒構造になりやすい粉体食品素材を,風味や特性を損なうことなく高効率で殺菌するためには,団粒を単粒へと解砕しながら,粒子表面を均一かつ短時間で加熱処理する必要がある。そこで,低酸素気流と粉体食品素材粒子との間での対流伝熱挙動を伝熱工学により解析し,処理容器内での低酸素気流の流動を計算流体力学により解析して粉体用連続式殺菌装置の仕様を策定する。そして,試験機からプロトタイプ機へと仕様改善により機能を高め,最終的には実用機を製作する。
  26. 単軸圧縮破断特性とアコースティック・エミッションによる多孔性食品の食品テクスチャー評価(2012年10月~2017年3月)
    • 研究課題キーワード : 破断特性、アコースティック・エミッション、多孔性食品、食品テクスチャー, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作物理化学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
      多孔性食品の食品テクスチャーを客観的に評価する手法として,多孔性食品を単軸等速圧縮して破断する過程での力-変形曲線の波形ならびにAE波形を,FFTによる周波数解析および離散ウェーブレット変換(DWT,Discrete Wevelet Transform)によるスケール-時間解析する手法を検討する。そして,官能検査による主観的評価との関連づけにより,多孔性食品の品質の重要因子であるクリスプネスを迅速に評価する手法を開発する。
  27. 三陸沿岸域の特性やニーズを基盤とした海藻産業イノベーション(2012年10月~2017年3月)
    • 研究課題キーワード : 三陸沿岸、褐藻、生体調節機能、加工特性、フコキサンチン、フコイダン、多糖, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作物理化学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      海藻は、効率的な二酸化炭素ガス吸収能力を有すること、陸上植物とは異なり真水ではなく海水で生育することなどから、バイオエネルギーや肥料などの農業用資源としての活用が各国で検討されている。一方、海藻中の機能性成分を活かした素材開発などにも注目が集まっており、特に、研究代表者グループが大型海藻(褐藻)に抗肥満や抗糖尿病作用を持つ脂溶性成分(フコキサンチン)を見いだしたことから、褐藻は価値の高い機能性素材原料としてもみなされるようになった。こうした背景のもと、本事業では、三陸沿岸の地理的特徴、すなわち、背後にある豊かな森林と各湾に流れ込む清澄な河川が、恵まれた海藻資源を育んできたことに改めて着目した。幸い、フィージビリティースタディ(FS)により、三陸地域の褐藻資源には津波などにより大きな被害がなかったことも確認できたので、本事業では、三陸沿岸の豊穣な海藻資源を活用した新たな産業創出を図る。
      なお、原料の輸送範囲、三陸沿岸域の集落の人口(労働力)、製造された素材の輸送コストなどから、原料を集中させて大規模に加工する方法では、経済性に優れた競争力のある海藻産業は形成できないと申請者らは考えている。すなわち、三陸地域の特性と水分含量が高いという原料(海藻)の特質を考慮し、本事業では、一定範囲の沿岸域を単位とした産業クラスター形成を目指す。具体的にはFSの結果を踏まえ、新産業のモデル地域として山田町・大槌町とその近隣地域を想定している。これまでに、安全性、経済性、食品への汎用性に優れたフコキサンチン高含有の液状素材と脂質濃縮粉体素材の製造法を開発し、これらを三陸沿岸産アカモクに応用できることを見出している。本事業では、国内大手企業の協力のもと、フコキサンチン含量の多い三陸沿岸産アカモクなどからの素材製造を地域企業が行うと共に、こうした素材中の機能性成分の特徴や生理作用の分析を行い、製品の価値を確かなものとする。また、脂質濃縮素材の製造過程で、多糖類に富んだ粉体も分離できるので、褐藻多糖類粉体の機能性素材への活用についても検討する。さらに、本事業では、これまでほとんど実施例のないフコキサンチンの生理作用に関するヒト介入試験を行い、液状素材と脂質濃縮粉体素材の市場での優位性を確保する。
  28. 風味豊かな岩手県産乾燥食品の製造方法、製造装置及び競争力のある新商品の開発(2013年1月~継続中)
    • 研究課題キーワード : ブランチング、殺菌、真空乾燥、サケ、トマト, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作物理化学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      岩手県産の鮭やトマトの乾燥品は品質面での市場競争力が低く、良質の原料を使いながらも、その特性を十分活かし切っていない。県産農水産物の風味や特性を活かした競争力のある乾燥食品を製造するため、新方式による「固体食品用ブランチング・殺菌・真空乾燥装置」を開発する。この装置を用いて、海産物として先ず最初に鮭の風味を生かして色も一段階上質の「柔らかいソフト燻製」の商品化、農産物として本来の風味と色を生かし、「旨味の強い乾燥トマト」の商品化を行なう。装置開発においては、其々の対象商品の開発を狙いとして、乾燥条件を検討するとともに試作機を改造しながら完成度を上げていくという段取りで行なう。
  29. 米粉の粒子径分布の違いが製パン適性に及ぼす影響(2013年10月~2015年3月)
    • 研究課題キーワード : 米粉,粒子径,分布,製パン, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作高分子化学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      最近注目されている米粉は,粒子径が小さい上新粉(上用粉)に相当するものであり,これをパンやケーキ,麺における小麦粉の代替素材として用いる試みがなされている。しかし,米粉のタンパク質含量は,小麦粉(6.5~13.0%)より低く(玄米で平均7.4% 精白米で平均6.8%),水とともに混捏しても塑粘弾性に富む塊を形成しない。したがって,優れた食品素材である米粉を小麦粉(特に強力小麦粉)の代替素材として用いるのではなく,米粉の特性が活かせる用途に使用するのが妥当であると思われる。たとえば,スコーンやイングリッシュマフィン,ラスクなどの膨化食品における口溶け性の向上,モチモチとした食感の付与をするための素材としての使用法が挙げられる。しかし,米粉を用いたベークド製品では,硬化(デンプン老化に起因)が速いため,この抑制が強く望まれている。この米粉の加工適性に関しては,原料米の品種や粉砕方法,粒子径などとの関連性が検討されており,粒子径については,多分散かつ団粒構造を有する米粉の粒子径分布を単に平均粒子径として把握しているのに留まっている。
      一方,各種食品加工工程において、従来から水の沸点低下,脱気,ある種の微生物増殖の抑制などの目的で減圧(真空)冷却が行われている。生産システムの中で食品の安全性に重大な影響を与える冷却工程において,減圧下での水の蒸発潜熱を利用するのが減圧冷却である。これは,単に加熱処理後の食品を効率よく冷却するばかりでなく,食品表層が乾燥するために表層の力学的強度が増加する。そのため,従来は保形性が悪く製品化できなかった食品の製造が可能になったり,新しい食品テクスチャーをもつ食品の製造が期待される。特に米粉を用いたパン類では,生地に多量の水を配合するために焼成後のパン表層の力学的強度が低下し,経時的にケービング(収縮による側面のくびれ)を起こしやすいが,減圧冷却を行うことによって保形性を向上させる可能性が考えられる。米粉の粒子径分布(異なる粒子径範囲にある画分の質量分率),粒子の凝集構造(単粒,団粒)および粒子集合体の空間率と製パン特性との関連性を明らかにすること,および米粉-強力粉麦粉-グルテンパンの保形性に及ぼす減圧冷却の影響を明らかにすることを目的にした。
  30. ベーカリー製品の製造と品質評価に関する研究(2013年11月~2014年3月)
    • 研究課題キーワード : ベーカリー製品,製造,品質評価, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作物理化学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      製パン工程における加工条件と製品品質との関連性を明らかにして,
      特徴のあるパン製品の開発に向けての基礎知見を得ることを目的にする。米粉の粒子径分布が製パン性に及ぼす影響、パン類の最適な減圧冷却法などを検討する。
  31. 改質小麦粉の調製と応用(2014年4月~2015年3月)
    • 研究課題キーワード : 小麦粉,改質,糖質,バッター, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作物理化学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      小麦粉と増粘多糖類を混合・加熱処理して新規な改質小麦粉を開発する。
  32. 食品の減塩化に向けた食品の構造・物性と呈味性との関連性の解明(2014年10月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 減塩化,食品,構造,物性,呈味性, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作物理化学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      これまでの減塩食品は,単なる食塩配合量の削減,食塩代替素材の配合,他成分による塩味の増強などで対応してきた。本研究では,種々の固体食品に適用可能な新製造法を開発することを目標にしている。固体膨化モデル食品の微細構造-咀嚼時の破断挙動-呈味性の関連性を明らかにして,減塩しても適度な塩味を有する加工食品を創製することが本研究の目的である。
  33. 食パンの「しっとり感」の明確化と評価法の確立(2015年4月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 食パン,多孔性食品,泡沫構造,しっとり感,食品テクスチャー, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作物理化学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      パンやケーキなどのベークド製品をはじめとする多孔性食品では,咀嚼段階で感じられる「しっとり感」が,その製品の品質属性において重要な位置を占めている場合が多い。しかし,この「しっとり感」は,多孔性食品の水分含量や柔らかさのみでは表現できないことが指摘されている。そこで,製菓・製パン業界では「しっとり感」の学術的な定義,ならびにその客観的評価法が切望されている。
      そこで,多孔性食品の食品テクスチャーのうち,「しっとり感」を物理・化学的に定義するとともに,それの客観的評価法を確立することを目的にしている。
  34. 澱粉-界面活性物質複合体形成の分子論的解明(2015年10月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 澱粉,アミロース,界面活性剤,乳化剤,複合体,熱測定, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作物理化学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : (選択しない)
    • 研究活動内容 :
      アミロース試薬と各種乳化剤(グリセリン脂肪酸モノエステル,ショ糖脂肪酸エステル,ポリグリセリン脂肪酸エステル)との複合体形成について,等温滴定熱量測定 (ITC)法により化学量論比(n),結合定数(Ka),結合エンタルピー変化(ΔH)などを測定し,アミロース-界面活性剤複合体の新規構造モデルを提唱する。
  35. 米飯塊の構造-力学的特性相間の解明および凍結・解凍耐性の付与(2015年10月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 米飯塊,粒子構造,破断特性,凍結,解凍,澱粉老化, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作物理化学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      冷凍米飯の品質や食味に関する研究は, 精白米に関する研究と比較して数少なく, 例えば米の品種・炊飯法・凍結法・貯蔵温度・解凍法などが米飯の物理的特性に及ぼす影響に関する報告がなされているが, 冷凍米飯の加工・保存条件が物理的特性や「おいしさ」に与える影響については系統的に検討されていない現状である。また, 冷凍米飯の自然解凍に関する研究では, 澱粉の凍結による食感の低下, すなわち老化のメカニズムの基礎研究を通して解決することが課題となっている。しかし, 自然解凍により生じる品質劣化の抑制に関する研究例は少なく, 自然解凍の米飯はいまだ商品化されていない。凍結米飯用改良剤が開発・販売されているが, 米飯粒の白濁, 表面光沢の消失, 硬化を制する効果が十分ではない。そのため, 十分な効果が発揮される凍結米飯用改良剤の開発が求められている。米塊の理化学的特性に及ぼす凍結・解凍処理の影響を明らかにし, 自然解凍での米飯粒の白濁, 表面光沢の消失, 硬化を抑制する凍結米飯用改良剤の処方を組むことを試みる。多くのスーパーマーケットや回転寿司店で米飯加工機器が用いられているが,より美味しい米飯塊の調製のためには,しっかりとしているが口どけは良好である米飯塊(米飯粒同士の接合領域の数や面積,強度などが所定の範囲にあることが想定)の離散要素法(DEM)によるモデル化が不可欠である。米飯の食味には,硬さや粘りなどの物理的要因,甘味,旨味,香りなどの化学的要因が複雑に関与することが知られているが,このうち物理的要因に着目した研究は,米の品種や炊飯方法の違いが米飯のテクスチャーに及ぼす影響に関する研究がほとんどであり,米飯塊自体の理化学的特性についての研究は少ない。米飯自体の研究であっても,米飯のテクスチャーにおいて重要と考えられている米飯粒間の空隙を無視した場合や,米飯粒同士の粘着性を考慮しないものが多い。したがって,本研究では米飯粒同士が小さい接合面積で連結した,すなわち,しっかりと握られているが口どけの良い米飯塊を調製し,その構造をモデル化する。
  36. 水溶性色素の粒子複合化による安定化(2016年10月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 水溶性色素,安定化,W/O/W型エマルション,噴霧乾燥, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作物理化学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      食用色素は、食品の加工工程や貯蔵段階で様々な化学変化により変色、退色するため、食品工業では合成着色料を利用する場合が多い。しかし、昨今の消費者からの安全性確保に対するニーズから天然色素の利用が求められている。ところが、天然色素は色調の安定性が低いことが多く、加工食品の原料としての適性が低い。特に、加工食品に利用しやすい水溶性天然色素は、加熱や光照射、食品自体の液性(酸性、塩基性)などにより変色、退色する。このようなことから、水溶性天然色素の色調安定化技術の開発は、食品業界が抱える重要な課題の一つである。我々は、脂溶性色素およびその色素を含む紛体を油脂と糖質で被覆することで脂溶性色素の加熱および光照射に対する色調安定性を強化した食品素材の製造方法を開発して特許化している(特許第5082074号)。本研究では、この特許技術を応用して、水溶性天然色素を油脂で被覆したW/O型エマルションを調製した後、さらにそれを糖質を含む水溶液で被覆したW/O/W型エマルションを調製し粉末にすることで、水溶性天然色素の粒子複合化を行い、水溶性天然色素の色調安定性を強化した食品素材の開発を行うことを目的とする。
  37. 加工澱粉が流動性ヨーグルト(飲むヨーグルト)のレオロジー的性質と官能に関する研究(2016年10月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 多糖,加工澱粉,ヨーグルト,流動特性,動的粘弾性,コロイド特性, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作物理化学
    • 研究様態 : 個人研究
    • 研究制度 : その他の研究
    • 研究活動内容 :
      加工米澱粉が流動性ヨーグルトのレオロジー的特性および官能的特性に及ぼす影響を明確にするために,(1)添加する4種類の加工米澱粉の理化学的特性を評価し,(2)加工米澱粉の種類と添加量が流動ヨーグルトの物理化学的およびレオロジー的な特性に及ぼす影響,および(3)選択した加工米デンプンが流動性ヨーグルトの官能的特性に及ぼす影響を検討することが研究目的である。
  38. 低分子-多糖系高分子相互作用の解明とその制御(2016年10月~継続中)
    • 研究課題キーワード : 医薬,多糖,相互作用,とろみ剤, ,
    • 専門分野(科研費分類) :
      食品科学化工物性・移動操作・単位操作物理化学
    • 研究様態 : 国内共同研究
    • 研究制度 : 共同研究
    • 研究活動内容 :
      現在,液体や食物にとろみをつけることで食事の際の誤嚥を防ぐとろみ調整食品が嚥下障害を持つ患者に使用されている。また,とろみ剤は食事の際に使用されるだけでなく,薬剤を経口投与する際にも嚥下補助剤として使用されている。最近,とろみ剤に浸漬させた酸化マグネシウム錠を服用した患者の便中に未崩壊の錠剤が観察され,とろみ剤が薬剤の崩壊に影響を及ぼすことが明らかになった。さらに,とろみ剤が酸化マグネシウム錠に及ぼす影響を検討したこれまでの研究では,とろみ剤に浸漬させた酸化マグネシウム錠の崩壊時間は水に浸漬させた場合よりも長くなることや,酸化マグネシウム錠をとろみ剤に浸漬させると酸化マグネシウムの溶出度が下がることなどが明らかになっている。とろみ剤が酸化マグネシウム錠に影響を与える可能性として考えられるのは,とろみ剤が崩壊前の酸化マグネシウム錠を被覆して崩壊を妨害している可能性,あるいはとろみ剤が錠剤崩壊後の酸化マグネシウムの胃酸との反応やそれ以降の反応を妨害している可能性が考えられる。そこで,本研究ではとろみ剤が酸化マグネシウム錠の崩壊に及ぼす影響ならびに錠剤崩壊後の酸化マグネシウムの反応性に及ぼす影響について検討する。
論文
  1. Isolation and Characterization of Proteolipid in Defatted Soybean Meals [Agricultural and Biologycal Chemistry, 46(6), (1982年6月), pp.1631-1637] Makoto Miura, Fumio Yamauchi, Yasushi Ogawa, Kazuo Shibasaki
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  2. Effects of Lipids on the Rheological Properties of Aqueous Soybean Protein Dispersions [Agricultural Biological Chemistry, 47(10), (1983年10月), pp.2217-2222] Makoto Miura,Fumio Yamauchi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  3. パーソナルコンピューター接続レオメトリーシステムによるテクスチャープロファイル分析 [日本食品工業学会誌, 31(2), (1984年2月), pp.126-130] 三浦 靖,谷井 聡,木村通秀,山内文男
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  4. Rheological Behavior of Soybean Protein-Lipid-Water Gel, from a Small Distortion to Rupture [Agricultural and Biological Chemistry, 48(10), (1984年10月), pp.2449-2455] Makoto Miura,Fumio Yamauchi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  5. 大豆タンパク質の加熱ゲル化に及ぼす大豆レシチン共存の影響 [日本食品工業学会, 31(10), (1984年10月), pp.636-641] 三浦 靖,山内文男
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  6. 協同流動理論による食品ゲルの応力緩和解析 [日本食品工業学会誌, 31(12), (1984年12月), pp.783-789] 三浦 靖,山内文男
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  7. マサバ筋原線維の加熱変性に対する直鎖オリゴ糖および還元直鎖オリゴ糖の抑制作用 [日本水産学会誌, 57(10), (1991年10月), pp.1957-1963] 三浦 靖,西村彰夫,高柳敏紀
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  8. Kinetic Treatment for Rheological Properties and Effects of Saccharides on Retrogradation of Rice Starch Gels [Food Hydrocolloids, 6(2), (1992年2月), pp.187-198] Keiko Katsuta,Makoto Miura,Akio Nishimura
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  9. Effects of saccharides on Stabilities of Rice Starch Gels. 1. Mono- and disaccharides [Food Hydrocolloids, 6(4), (1992年4月), pp.387-398] Keiko Katsuta,Akio Nishimura,Makoto Miura
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  10. Effects of saccharides on Stabilities of Rice Starch Gels. 2. Oligosaccharides [Food Hydrocolloids, 6(4), (1992年4月), pp.399-408] Keiko Katsuta,Akio Nishimura,Makoto Miura
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  11. スケトウダラすり身タンパク質の凍結変性に対する還元直鎖オリゴ糖の抑制効果 [日本水産学会誌, 58(6), (1992年6月), pp.1163-1169] 三浦 靖,高柳敏紀,西村彰夫
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  12. Influence of Addition of Polyols and Food Emulsifiers on the Retrogradation Rate of Starch [Food Structure, 11, (1992年10月), pp.225-236] Makoto Miura,Akio Nishimura,Keiko Katsuta
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  13. Three-Phase Behavior in a Mixed Sucrose Alkanoate and Polyethylene glycol Alkyl Ether System [Journal of Colloid and Interface Science, 159(1), (1993年4月), pp.37-44] Hironobu Kunieda,Noriaki Ushio,Akihiro Nakano,Makoto Miura
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  14. 団子の老化過程の速度論的検討(第1報)団子のクリープ挙動に及ぼす粳および糯各米粉粒度の影響 [日本家政学会誌, 44(4), (1993年4月), pp.255-261] 勝田啓子,西村彰夫,三浦 靖
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  15. 団子の老化過程の速度論的検討(第3報)低温貯蔵時の団子のクリープ挙動に及ぼす粳および糯各米粉粒度の影響 [日本家政学会誌, 44(11), (1993年11月), pp.935-940] 勝田啓子,三浦 靖
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  16. 澱粉ゲルの老化初期におけるクリープ挙動 [応用糖質科学, 42(4), (1995年4月), pp.355-363] 天野武雄,林 明史,三浦 靖,石田欽一,大島克己
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  17. 大豆の吸水速度の解析 [日本食品科学工学会誌, 43(3), (1996年3月), pp.288-298] 李 金花,三浦 靖,種谷真一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  18. 小麦澱粉ゲルの硬化に対する糖の抑制作用 [日本食品科学工学会誌, 44(2), (1997年2月), pp.93-101] 天野武雄,高田 悟,三浦 靖,石田欽一,大島克己
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  19. 冷麺の食味特性に及ぼすでんぷん原料の影響 [日本調理科学会誌, 30(3), (1997年3月), pp.213-225] 遠山 良,三浦 靖,種谷真一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  20. 小麦澱粉ゲルの硬化に対する糖アルコールの抑制作用 [日本食品科学工学会誌, 44(7), (1997年7月), pp.485-493] 天野武雄,三浦 靖,林 信一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  21. 回転円筒型自動膜ろ過システムによる牛乳カゼインの連続加水分解 [日本食品科学工学会誌, 44(9), (1997年9月), pp.653-658] 金 哲,宿野部幸孝,三浦 靖,種谷真一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  22. Effect of Food Emulsifiers on Stability of O/W Emulsion During Freeze-Thaw Treatment [Hydrocolloids Part 2, Fundamentals and Applications in Food, Biology, and Medicine, Elsevier, (2000年6月)] Makoto Miura, Yoichi Ishikawa, Hiroshi Kuzui,Sadao Kokubo
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  23. 冷凍米飯の品質に及ぼす凍結,貯蔵および解凍条件の影響 [日本食品科学工学会誌, 48(10), (2001年10月), pp.777-786] 矢内和博,三浦 靖,中村良司,西ノ宮 武,原田 努,小林昭一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  24. Anti-firming Efficiency of Food emulsifiers on Rice Starch Gel [Journal of Applied Gycoscience, 49(2), (2002年4月), pp.145-152] Keiko Katsuta,Kazumi Tsutsui,Etsuko Maruyama,Makoto Miura
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  25. 乾熱処理および湿熱処理がキビ粉の物理特性に及ぼす影響 改質キビ粉の加工特性(第1報) [日本食品科学工学会誌, 49(7), (2002年7月), pp.491-499] 篠田和雄,高橋 徹,金 哲,三浦 靖,小林昭一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  26. 加熱処理が米粉の物理化学的特性に及ぼす影響 加熱処理米粉の調理・加工への利用(第1報) [日本食品科学工学会誌, 49(12), (2002年12月), pp.757-764] 高橋 徹,篠田和雄,三浦 靖,金 哲,小林昭一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  27. 加熱処理米粉糊液およびゲルの物理化学的特性 加熱処理米粉の調理・加工への利用(第2報) [日本食品科学工学会誌, 50(5), (2003年5月), pp.230-236] 高橋 徹,三浦 靖,小林昭一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  28. Effect of Static Magnetic Field on Crystallization of Triacylglycerols [IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 14(2), (2004年6月), pp.1588-1591] Makoto Miura,Ayako Kusanagi,Shigeru Tokairin,Shoichi Kobayashi
    • 掲載種別 : その他(含・紀要)
    • 査読 : 査読有り
  29. Modification of Gelatinization Properties of Rice Flour by Heat-Treatment [日本レオロジー学会誌, 33(2), (2005年2月), pp.81-85] Toru Takahashi,Makoto Miura,Naganori Ohisa,Shoichi Kobayashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  30. Heat Treatments on Milled Rice and Properties of the Flours [Cereal Chemistry, 82(2), (2005年2月), pp.228-232] Toru Takahashi,Makoto Miura,Naganori Ohisa,Katsumi Mori,Shoichi Kobayashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  31. Effect of Static Magnetic Field Processing on Crystallization Behavior of Triacylglycerols [Journal of Oleo Science, 54(4), (2005年4月), pp.193-202] Makoto Miura,Ayako Kusanagi,Shoichi Kobayashi,Shigeru Tokairin,Koichi Tsurumi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  32. 脂肪酸およびアスタキサンチンの分離・定量法 [日本食品新素材研究会誌, 8(1), (2005年6月), pp.25-31] 小林昭一,岡田知子,三浦 靖,田中健治
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  33. Interaction of Cyclodextrins with Aliphatic Acetate Esters and Aroma Components of La France Pear [Journal of Agricultural and Food Chemistry, 53(13), (2005年6月), pp.5402-5406] Koki Tobitsuka,Makoto Miura,Syoichi Kobayashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  34. サイクロデキストリンが酸塩基指示薬の呈色変化に及ぼす影響 [Journal of Applied Glycoscience, 52(4), (2005年10月), pp.373-379] 小林昭一,大竹郁子,是枝 舞,三浦 靖,山本和貴,北村義明
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  35. Retention of a European Pear Aroma Model Mixture Using Different Types of Saccharides [Journal of Agricultural Food Chemistry, 54(14), (2006年6月13日), pp.5069-5076] Koki Tobitsuka, Makoto Miura and Shoichi Kobayashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  36. 2次発酵条件を変化させたパン生地の物性と製パン特性との関連性 [日本レオロジー学会誌, 34(3), (2006年6月15日), pp.147-156] 岩瀬祥一,三浦 靖,小林昭一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  37. Activity of Gaseous Phase Steam Distilled Propolis Extracts on Peroxidation and Hydrolysis of Rice Lipids [Journal of Food Engineering, 80(3), (2006年8月30日), pp.850-858] Griffiths Atungulu, Makoto Miura, Elizabeth Atungulu, Yoshinori Sato, and Koichi Suzuki
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  38. 市販食パンのすだちに関する2次元離散フーリエ変換法によるディジタル画像解析 [日本官能評価学会誌, 12(1), (2008年4月15日), pp.17-25] 岩瀬祥一,三浦 靖,小林昭一
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  39. Spectral Analyses of Interaction between Congo Red and Cyclodextrins or Maltooligosaccharides [J. Appl. Glycosci., 55(2), (2008年4月20日), pp.75-79] Shoichi Kobayashi, Shoji Miwa, Fumiko Ohtake, Makoto Miura, Hiroki Muraoka and Satoshi Ogawa
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  40. Spectral Analyses of Interaction Between Congo Red and Cycldextrins at Various pH [J. Appl. Glycosci., 55(3), (2008年7月20日), pp.173-177] Shoichi Kobayashi, Shoji Miwa, Ichiro Tanaka, Katsuhiko Mikuni, Makoto Miura, Satoshi Ogawa and Keiko Takahashi
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  41. Production of Starch with Anitioxidative Activity by Baking Starch with Organic Acids [Biosci. Biotechnol. Biochem., 75(9), (2010年9月30日), pp.1649-1653] S.Miwa, M. Nakamura, M. Okuno, H. Miyazaki, J. Watanabe, Y. Ishikawa-Takano, M. Miura, N. Takase, S. Hayamawa, and S. Kobayashi
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  42. 多重2値化イメージング法のパン内相模擬板による検証および市販食パンのすだちに関するデジタル画像解析への適用 [日本食品科学工学会誌, 57(12), (2010年12月), pp.517-524] 金野 亮、三浦 靖
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  43. Production of starch with anitioxidative activity by baking starch with organic acid [Biosci. Biotechnol. Biochem., 75(9), (2011年9月1日), pp.1649-1653] Shoji Miwa, Megumi Nakamura, Michiko Okuno, Hisao Miyazaki, Jun Watanabe, Yuko Ishikawa-Takano, Makoto Miura, Nao Takase, Sachio Hayamawa, and Shoichi Kobayashi
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  44. Development of a novel staining procedure for visualizing the gluten–starch matrix in bread dough and cereal products [Cereal Chemistry, 90(3), (2013年5月30日), pp.175-180] 前田竜郎,粉川美踏,三浦 靖,荒木徹也,山田昌治,竹谷光司,相良泰行
    • 掲載種別 : 国際的学術誌
    • 査読 : 査読有り
  45. サイクロデキストリン合成酵素を利用した穀類中ビタミンEの複合体形成 [日本食品保蔵科学会誌, 40(4), (2014年4月1日), pp.195-200] 三輪章志,三国克彦,三浦 靖,小林昭一,高橋幸資
    • 掲載種別 : 学会誌
    • 査読 : 査読有り
  46. Development of a Quantification Method of the Gluten Matrix [Food and Bioprocess Technology, (2015年3月14日)] Tatsuro Maeda, Mito Kokawa, Nobuhito Nango, Makoto Miura, Tetsuya Araki, Masaharu Yamada, Kōji Takeya and Yasuyuki Sagara
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
  47. Effect of decompression drying treatment on physical properties of solid foods [Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 81(4), (2017年2月1日), pp.831-838] Morikawa, T., Takada, N., Miura, M.
    • 掲載種別 : 学術誌
    • 査読 : 査読有り
著書
  1. 大豆タンパク質のテクスチャーとレオロジー(共著) [食品資材研究会 食品タンパク質の科学-テクスチャーとレオロジー編- (1986年9月9日)] 山内文男,三浦 靖
    • 著書種別 : 学術著書
  2. 乳化剤(共著) [光琳 製パンの科学II 製パン材料の科学 (1992年9月30日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術著書
  3. Effects of Saccharides on Stabilities of Rice Starch Gels - Correlation between Structure of Saccharides and Stabilizing Effects on Gel Structure [Plenum Press Food Hydrocolloids - Structure, Properties, and Functions (1993年6月)] Keiko Katsuta,Akio Nishimura,Makoto Miura
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      データのまとめ
  4. 小麦粉製品の力学特性-ドウコンディショナーとしての乳化剤- [食品資材研究会 食品の物性-第18集- (1994年7月1日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術著書
  5. 多孔性食品の内相評価法(食パンの舌ざわりの評価)(共著) [テクノシステムズ -ネオマシンビジョンアプリケーション- 目視検査の自動化技術 (1995年1月6日)] 工藤重樹,三浦 靖
    • 著書種別 : 学術著書
  6. 小麦粉製品への乳化剤の利用(共著) [工業技術会 食品乳化剤と乳化技術 (1995年7月20日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術著書
  7. サイコレオロジー(共著) [建帛社 21世紀の調理学3 美味学 (1997年5月10日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術著書
  8. 食品加工に関するバイオテクノロジー,加工による有害物生成 [産業調査会,食品製造・流通データ集,生物化学,代謝 (1998年7月1日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 辞典・辞書
  9. 食品 [テクノシステム,ぬれ技術ハンドブック-基礎・測定評価・データ-,ぬれと応用技術 (2001年10月25日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術著書
  10. 加熱 [農山漁村文化協会,地域資源活用 食品加工総覧,共通編第3巻 (2002年6月)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術著書
  11. 食品のテクスチャー評価 化学的評価 [光琳,光琳選書4 食品とテクスチャー (2003年7月30日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術著書
  12. 畜産物および水産物の高度加工 [岩手大学農学部附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センター (2004年3月)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 調査報告書
  13. 乳化破壊機構の解明 [技術情報協会,エマルションの新しい高安定化手法 (2004年5月28日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術著書
  14. 水の機能化 その本質を探る [工業調査会 (2004年9月1日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術著書
  15. 畜産物および水産物の高度加工 [岩手大学農学部附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センター (2005年3月)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 調査報告書
  16. 地場産品を活用した加工食品等開発 [花泉町,岩手大学 (2005年3月)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 調査報告書
  17. 冷麺の食感創造 [サイエンスフォーラム (2005年4月28日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術著書
  18. 新版総合調理科学事典 [光生館 (2006年9月15日)] 相川りゑ子,三浦 靖他
    • 著書種別 : 辞典・辞書
    • 担当部分 :
      電位差計
  19. 小麦タンパク質 [シーエムシー出版 (2007年5月21日)] 前田竜郎,三浦 靖,鈴木良雄
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      小麦タンパク質の理化学的性状
  20. 泡コントロールと消泡・脱泡事例集 [技術情報協会 (2007年11月30日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      食品製造工程
  21. 〈特性評価/分散凝集/取扱い/処理〉スラリーの安定化技術と調製事例 [情報機構 (2008年8月28日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術著書
    • 担当部分 :
      食品
  22. 各種乳化技術ノウハウ・事例集 [情報機構 (2009年2月26日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      分散系のレオロジー特性を支配する因子とは?,粘弾性が変化する物性は何か?
  23. ミルクの事典(共著) [朝倉書店 (2009年11月20日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      5.2 エマルションの安定性,pp.318-322
  24. 食品の界面制御技術と応用-開発現場と研究最前線を繋ぐ-(共著) [シーエムシー出版 (2011年7月29日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      第3章 気泡分散系食品,pp.48-69
  25. ゲル化剤・増粘剤の特性と利用技術【便覧】 [技術情報協会 (2011年9月30日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      第4章第3節,pp.364-371
  26. 動的粘弾性の測定とデータ解釈 事例集 [技術情報協会 (2012年6月29日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      第6章第1節,pp.317-340
  27. ゲル化性タンパク質,ゲル化・増粘安定剤の技術と市場 [シーエムシー出版 (2012年10月19日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      第7章,pp.70-86
  28. 乳化食品の咀嚼・嚥下しやすさ評価 [技術情報協会 (2014年10月31日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      第6章第4節,pp.357-371
  29. 糖質素材による揚げ加工食品の吸油量の低減 [シーエムシー出版 (2015年1月30日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      第Ⅴ編第4章,pp.268-271
  30. 揚げ加工における吸油挙動 [エヌ・ティー・エス (2016年8月8日)] 三浦 靖
    • 著書種別 : 学術図書
    • 担当部分 :
      第Ⅲ編 調理・加工とおいしさ,第2章 調理と油脂,第4節 揚げ加工における吸油挙動,pp.200-206
総説・解説記事
  1. 地域の素材を生かした食品産業の活性化 [東北農政局, 東北農政だより 土と水と,人間と, (255), (2004年1月15日), pp.2-3] 三浦 靖
    • 掲載種別 : その他
  2. トレーサビリティ講演会「安全,安心な水産加工食品の開発-トレーサビリティの活用-」 [(財)さんりく基金, 三陸総合研究, (24), (2004年1月30日), pp.45-59] 三浦 靖
    • 掲載種別 : その他
  3. 人間の英知を総動員して食品づくり [岩手大学, 岩手大学広報誌 Hi!こちら岩手大学, (5), (2004年2月), pp.5-6] 三浦 靖
    • 掲載種別 : その他
  4. 食品製造分野における製造技術および設備・装置の動向 [工業調査会, 化学装置, 46(1), (2004年6月1日), pp.57-70] 三浦 靖
    • 掲載種別 : その他
  5. 超音波を利用した食品安全性のための製造技術 [日本音響学会, 日本音響学会誌, 61(3), (2005年3月1日), pp.166-171] 三浦 靖
    • 掲載種別 : その他
  6. スルメイカ乾燥品の品質改良 [フードジャーナル, 大豆と技術, 25(477), (2005年10月25日), pp.62-67] 三浦 靖
    • 掲載種別 : その他
  7. 岩手大学農学部食品工学研究室=サイエンスに基づいた食品創り= [日本工業出版, 超音波テクノ, 19(1), (2006年1月20日), pp.103-014] 三浦 靖
    • 掲載種別 : その他
  8. 食感・機能創造を支える食品レオロジー [包装食品技術協会, 食品の包装, 39(1), (2007年10月1日), pp.53-66] 三浦 靖
    • 掲載種別 : その他
  9. 食品の食感と機能性の制御-新しい機能性食品の創製- [表面談話会,コロイド談話会, 表面, 47(1), (2009年1月1日), pp.25-37] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 機関誌
  10. 三陸沿岸漁獲のイサダ(ツノナシオキアミ)を利用した機能性素材の開発 [財団法人さんりく基金, 三陸総合研究, 33, (2009年2月1日), pp.13-17] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 報告
  11. 分散質が高濃度であっても低粘度なエマルションや可溶化液を調製する技術 [㈱技術情報協会, コスメティックステージ, 3(3), (2009年2月25日), pp.36-42] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 機関誌
  12. 分散質が低濃度であっても高粘度なエマルションや可溶化液を調製する技術 [㈱技術情報協会, コスメティックステージ, 3(3), (2009年2月25日), pp.43-48] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 機関誌
  13. 電解水および超音波を利用した食品素材の非加熱式洗浄・殺菌 [㈱食品資材研究会, New Food Industry, 51(8), (2009年8月1日), pp.52-62] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 機関誌
  14. 「抗酸化能をもつ新しい食品素材の開発とその評価」ANOX糖の理化学的特性の評価 [財団法人すかいらーくフードサイエンス研究所, 平成20年度食に関する助成研究調査報告書, 22, (2009年10月30日), pp.127-136] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 報告
  15. 三陸沿岸漁獲のイサダ(ツノナシオキアミ)を利用した機能性素材の開発 [財団法人さんりく基金, 三陸総合研究, 34, (2010年2月1日), pp.112-122] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 報告
  16. 甲子柿の最適な燻蒸脱渋方法および渋戻り抑制方法の開発 [財団法人さんりく基金, 三陸総合研究, 34, (2010年2月1日), pp.89-93] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 報告
  17. 三陸沿岸漁獲のイサダ(ツノナシオキアミ)を利用した機能性素材の開発 [財団法人さんりく基金, 三陸総合研究, 35, (2010年11月1日), pp.89-102] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 報告
  18. 甲子柿の最適な燻蒸脱渋方法および渋戻り抑制方法の開発 [財団法人さんりく基金, 三陸総合研究, 35, (2010年11月1日), pp.59-67] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 報告
  19. 嚥下困難者対応パンの開発に向けた食塊のレオロジー的,界面化学的およびトライボロジー的特性の制御 [公益財団法人エリザベス・アーノルド富士財団, 平成22年度報告書, (2011年10月1日), pp.178-190] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 報告
  20. 干物製造法開発で三陸水産支援―酸化抑制にハーブ抽出物― [独立行政法人 科学技術振興機構, 産学官連携ジャーナル, 8(9), (2012年9月15日), pp.36-37] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 機関誌
  21. シリーズ-研究小集会(第8回)水部会 解説 凍結・解凍処理によるデンプン老化とO/W型エマルション乳化破壊の機構とその制御 [社団法人日本食品科学工学会, 日本食品科学工学会誌, 59(9), (2012年9月15日), pp.483-488] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 学術誌
  22. 嚥下困難者対応パンの開発に向けた食塊のレオロジー的,界面化学的およびトライボロジー的特性の制御 [公益財団法人エリザベス・アーノルド富士財団, 平成23年度報告書, (2012年11月1日), pp.175-184] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 報告
  23. 東日本大震災からの農林水産業復興を支援する食品加工技術 [日本食品機械研究会, 日本食品機械研究会誌, 33(2), (2013年3月31日), pp.64-101] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 学術誌
  24. 解説 デジタル画像解析 [社団法人日本食品科学工学会, 日本食品科学工学会誌, 60(5), (2013年5月15日), pp.242-256] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 学術誌
  25. 講座 食品レオロジーの面白さ 第1回 食品の物性とテクスチャー [一般社団法人日本レオロジー学会, 日本レオロジー学会誌, 42(2), (2014年4月15日), pp.157-159] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 機関誌
  26. 講座 食品レオロジーの面白さ 第2回 食品レオロジーの概要 [一般社団法人日本レオロジー学会, 日本レオロジー学会誌, 42(3), (2014年6月15日), pp.215-217] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 機関誌
  27. 講座 食品レオロジーの面白さ 第3回 食品の流動 [一般社団法人日本レオロジー学会, 日本レオロジー学会誌, 42(4), (2014年9月15日), pp.265-266] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 機関誌
  28. 講座 食品レオロジーの面白さ 第4回 食品の粘弾性 [一般社団法人日本レオロジー学会, 日本レオロジー学会誌, 43(2), (2015年4月15日), pp.47-50] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 機関誌
  29. 甲子柿(かっしがき)燻蒸により脱渋するという全国でも珍しい柿 [公益財団法人日本化学会, 科学と工業, 68(12), (2015年12月1日), pp.1097-1099] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 機関誌
  30. 講座 食品レオロジーの面白さ 第5回 食品の破断 [一般社団法人日本レオロジー学会, 日本レオロジー学会誌, 43(5), (2015年12月15日), pp.181-183] 三浦 靖
    • 掲載種別 : 機関誌
研究発表
  1. スルメイカ乾燥品の力学特性に及ぼす有機酸塩水溶液浸漬の影響
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2004年度(平成16年度)大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年3月28日~2004年3月31日
    • 発表者 : 丹代賀人,三浦 靖,小林昭一,島香 尚
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 広島大学東広島キャンパス
  2. 加熱処理米粉の配合が膨化食品の食品テクスチャーに与える影響
    • 会議名称 : 日本食品工学会第5回(2004年度)年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年8月3日~2004年8月4日
    • 発表者 : 高橋 徹,三浦 靖,大久長範,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品工学会
    • 開催場所 : 東京大学農学部
  3. 加熱処理米粉の配合がライスプディングの食品テクスチャーに与える影響
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第51回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年9月2日~2004年9月4日
    • 発表者 : 高橋 徹,大久長範,三浦 靖,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 岩手大学学生センター棟,人文社会学部5号館
  4. パーム油の結晶化に及ぼす静磁場の影響
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第51回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年9月2日~2004年9月4日
    • 発表者 : 加登博文,東海林茂,三浦 靖
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 岩手大学学生センター棟,人文社会学部5号館
  5. ツェイン加水分解ペプチドがケーキ生地の起泡性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第51回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年9月2日~2004年9月4日
    • 発表者 : 清宮千鶴子,三浦 靖,小林昭一,小澤喜久夫
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 岩手大学学生センター棟,人文社会学部5号館
  6. 手延べうどんの組織構造の特徴抽出によるテクスチャ評価
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第51回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年9月2日~2004年9月4日
    • 発表者 : 前田竜郎,山田昌治,本井博文,三浦 靖
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 岩手大学学生センター棟,人文社会学部5号館
  7. Physicochemical Properties of Heat-Treated Rice Flour and Its Utilization for Processed Food
    • 会議名称 : 89th Annual Meeting of the American Association of Cereal Chemists and the 15th Annual Convention & Trade Exposition of the Tortilla Industry Association
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2004年9月19日~2004年9月22日
    • 発表者 : Toru Takahashi, Makoto Miura, Naganori Ohisa, Katsumi Mori,Shoichi Kobayashi
    • 主催者 : American Association of Cereal Chemists and the Tortilla Industry Association
    • 開催場所 : San Diego Convention Center
  8. Physicochemical Properties of Modified Rice Flour and its Utilization for Processed Food
    • 会議名称 : World Rice research Conference (WRRC2004)
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2004年11月5日~2004年11月7日
    • 発表者 : Toru Takahashi,Makoto Miura,Naganori Ohisa, Katsumi Mori,Shoichi Kobayashi
    • 主催者 : 農林水産省
    • 開催場所 : エポカルつくば国際会議場
  9. 有機酸塩浸漬によるスルメイカ肉-浸漬液間での各種イオンの移動
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2005年度(平成17年度)大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2005年3月28日~2005年3月30日
    • 発表者 : 丹代賀人,三浦 靖,小林昭一,島香 尚,中村徹也,野田文雄
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター
  10. 凍結・解凍によるデンプン老化に対する食品用乳化剤およびマルトオリゴ糖の抑制効果
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2005年度(平成17年度)大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2005年3月28日~2005年3月30日
    • 発表者 : 工藤千明,三浦 靖,小林昭一,松田孝二
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター
  11. シクロデキストリンと脂肪族酢酸エステルおよびラ・フランス香気成分との相互作用
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2005年度(平成17年度)大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2005年3月28日~2005年3月30日
    • 発表者 : 飛塚幸喜,三浦 靖,鈴木幸一,小林昭一
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター
  12. トリアシルグリセロールの結晶化に及ぼす超高圧の影響
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第52回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年8月29日~2005年8月31日
    • 発表者 : 草薙綾子,三浦 靖,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟
  13. 2次発酵条件におけるパン生地の物性と製パン特性との関連性
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第52回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2005年8月29日~2005年8月31日
    • 発表者 : 岩瀬祥一,三浦 靖,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟
  14. 洋ナシモデルフレーバーのマイクロカプセル化-賦形剤および乾燥方法の違いによるフレーバー保持量および断面形状の比較-
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2006年度(平成18年度)大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年3月26日~2006年3月28日
    • 発表者 : 飛塚幸喜,三浦 靖,小林昭一
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 京都女子大学
  15. Physicochemical Properties of Extrudates form Modified Rice Flour
    • 会議名称 : Polymer Processing Society 22nd Annual Meeting
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年7月6日
    • 発表者 : Toru Takahashi, Makoto Miura, Yoshinobu Akiyama, Naganori Ohisa, Shoichi Kobayashi
    • 主催者 : Polymer Processing Society
    • 開催場所 : ホテルメトロポリタン山形
  16. 応答曲面法を用いたパーム油の化学的加水分解
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第53回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年8月28日~2006年8月30日
    • 発表者 : 池田理斗,今野直美,三浦 靖,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 日本大学生物資源科学部
  17. 凍結・解凍によるデンプン老化に対するマルトオリゴ糖の抑制効果
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第53回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年8月28日~2006年8月30日
    • 発表者 : 三浦 靖,工藤千明,平田雅之,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 日本大学生物資源科学部
  18. 異なる冷却方式で調製したパーム油-大豆混合油の結晶状態と力学物性
    • 会議名称 : 第26回表面科学講演大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2006年11月6日~2006年11月9日
    • 発表者 : 谷地畝郁枝,三浦 靖,小林昭一
    • 主催者 : 日本表面科学会
    • 開催場所 : 大阪大学コンベンションセンター
  19. シクロデキストリンによる西洋ナシ(ラ・フランス)香気成分の保持
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2007年度(平成19年度)大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年3月24日~2007年3月27日
    • 発表者 : 飛塚幸喜,三浦 靖,小林昭一
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 東京農業大学世田谷キャンパス
  20. 氷結晶と油脂結晶の成長を制御した凍結耐性ソフトクリームミックスの調製
    • 会議名称 : 日本食品工学会第8回(2007年度)年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年8月2日~2007年8月3日
    • 発表者 : 三浦 靖,二部朋美,山口沙織,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品工学会
    • 開催場所 : 関西大学
  21. リパーゼを用いたモノアシルグリセロール含量が高い加水分解パーム油の調製
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第54回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年9月6日~2007年9月8日
    • 発表者 : 今野直美,三浦 靖,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 中村学園大学
  22. 凍結・解凍によるデンプン老化に対する糖類の抑制効果
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第54回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2007年9月6日~2007年9月8日
    • 発表者 : 大森妙子,三浦 靖,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 中村学園大学
  23. 固体脂-液体油分散系の結晶状態と物性
    • 会議名称 : 日本工学会第9回(2008年度)年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年8月5日~2008年8月6日
    • 発表者 : 三浦 靖,谷地畝郁枝,高橋 徹,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品工学会
    • 開催場所 : 東京海洋大学(品川キャンパス)
  24. 凍結耐性ソフトクリームミックスおよびソフトクリームの理化学的特性に及ぼすマルトオリゴ糖の影響
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第55回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月5日~2008年9月7日
    • 発表者 : 山口沙織,二部朋美,三浦 靖,畠山恵太
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 京都大学
  25. クッキー生地における油脂の存在状態とクッキーの理化学特性との関連性
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第55回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月5日~2008年9月7日
    • 発表者 : 金野 亮,三浦 靖,藤本敏弘
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 京都大学
  26. 複合酵素素材および品質改良素材としてのヒエ麹の調製
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第55回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2008年9月5日~2008年9月7日
    • 発表者 : 友部真里,三浦 靖,志賀善武
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 京都大学
  27. 咀嚼・嚥下困難者対応の固体膨化食品の製造に向けた人工食塊の理化学的特性評価法の検討
    • 会議名称 : 日本食品工学会第10回(2009年度)年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年8月1日~2009年8月2日
    • 発表者 : 金野 亮,三浦 靖
    • 主催者 : 日本食品工学会
    • 開催場所 : 石川県立大学
  28. 抹茶の退色防止および分散性向上技術の開発
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第56回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月10日~2009年9月12日
    • 発表者 : 三輪章志,越野勝彦,三國克彦,三浦 靖,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 名城大学
  29. 低塩電解酸性水および高周波超音波を利用した食品素材の非加熱洗浄・殺菌
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第56回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月10日~2009年9月12日
    • 発表者 : 三浦 靖,水木佐綾子,小林昭一,勇崎義紀
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 名城大学
  30. 凍結・解凍によるデンプン老化に対する糖類および糖アルコール類の抑制効果
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第56回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月10日~2009年9月12日
    • 発表者 : 大森妙子,工藤千明,金野 亮,三浦 靖,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 名城大学
  31. 複合酵素素材および品質改良素材としてのヒエ麹の加工食品への応用
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第56回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月10日~2009年9月12日
    • 発表者 : 友部真里,三浦 靖
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 名城大学
  32. カキ'小枝'の脱渋と追熟に及ぼす貯蔵温度ならびに雰囲気ガス組成の影響
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第56回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月10日~2009年9月12日
    • 発表者 : 梅田 歩,齊藤康子,三浦 靖,壽松木 章,川崎 栄
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 名城大学
  33. 色素安定性を高めた抹茶糖質ラップの製パン適性
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第56回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月10日~2009年9月12日
    • 発表者 : 三輪章志,欒 方,三國克彦,三浦 靖,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 名城大学
  34. 抗酸化能を有するデンプン素材調製条件の検討
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第56回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月10日~2009年9月12日
    • 発表者 : 三輪章志,中村恵美,渡辺 純,三浦 靖,石川(高野)祐子,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 名城大学
  35. 抗酸化能を有するデンプン素材の創出
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第56回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2009年9月10日~2009年9月12日
    • 発表者 : 渡辺 純,三輪章志,中村恵美,三浦 靖,石川(高野)祐子,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 名城大学
  36. 小枝柿の燻蒸脱渋法の脱渋機構解明(第1報)エチレン処理が水溶性タンニン含量および果実品質に及ぼす影響
    • 会議名称 : 園芸学会平成22年度春季大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年3月21日~2010年3月22日
    • 発表者 : 壽松木 章,曽根晴佳,松岡さおり,三浦 靖・小森貞男
    • 主催者 : 園芸学会
    • 開催場所 : 日本大学生物資源科学部
  37. 果実ピューレーの減圧加熱処理における理化学的特性の速度論的解析
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2010年度(平成22年度)大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年3月28日~2010年3月30日
    • 発表者 : 三浦 靖,菊池美沙,壽松木 章
    • 主催者 : 日本農芸化学会
    • 開催場所 : 東京大学
  38. 過熱水蒸気処理によるデンプン素材の改質(第1報):改質デンプン素材の抗酸化能とレオロジー特性
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第57回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月1日~2010年9月3日
    • 発表者 : 髙瀬奈央,三浦 靖,三輪章志,三國克彦,奥野美智子,渡辺 純,石川(高野)祐子,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 東京農業大学
  39. 揚げ加工におけるモデル食品の温度,成分および理化学的特性の変化
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第57回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月1日~2010年9月3日
    • 発表者 : 坂本奈穂,飯野真里子,三浦 靖
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 東京農業大学
  40. 固体膨化食品を嚥下困難者対応にするために必要な理化学的性質
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第57回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月1日~2010年9月3日
    • 発表者 : 三浦 靖,金野 亮
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 東京農業大学
  41. O/W型エマルションの理化学的特性に及ぼす凍結・解凍処理の影響
    • 会議名称 : 日本油化学会第49回年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月15日~2010年9月17日
    • 発表者 : 三浦 靖,佐藤有紗
    • 主催者 : 日本油化学会
    • 開催場所 : 北海道大学函館キャンパス
  42. 過熱水蒸気処理によるデンプン素材の改質(第2報):改質デンプン素材の粉体特性と酵素消化性
    • 会議名称 : 日本応用糖質科学会平成22年度大会(第59回)
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2010年9月15日~2010年9月17日
    • 発表者 : 高瀬奈央,三浦 靖,三輪章志,三國克彦,奥野美智子,渡辺 純,石川(高野)祐子,小林昭一
    • 主催者 : 日本応用糖質科学会
    • 開催場所 : グランシップ(静岡県コンベンションアーツセンター)
  43. 岩手県釜石産「小枝柿」を燻蒸脱渋した「甲子柿」の渋戻り挙動とその制御
    • 会議名称 : 日本食品保蔵科学会第60回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年6月18日~2011年6月19日
    • 発表者 : 齋藤里美,三浦 靖,壽松木 章
    • 主催者 : 日本食品保蔵科学会
    • 開催場所 : 東京農業大学生物生産学部
  44. 米粉の粒子径分布が米粉-強力小麦粉-グルテンパンの理化学的特性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第58回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月9日~2011年9月11日
    • 発表者 : 清水優子,奥山なな,三浦 靖
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 東北大学/仙台国際センター
  45. 過熱水蒸気処理によるデンプン素材の改質(第3報):改質デンプン素材の結晶性と化学構造
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第58回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月9日~2011年9月11日
    • 発表者 : 高瀬奈央,三浦 靖,三輪章志,三國克彦,奥野智子,渡辺 純,石川(高野)祐子,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 東北大学/仙台国際センター
  46. 米粉-油脂-有機酸混合物を過熱水蒸気処理して乳化能を付与した糖質素材の理化学的特性
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第58回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月9日~2011年9月11日
    • 発表者 : 佐藤真友子,三浦 靖,三國克彦,三輪章志,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 東北大学/仙台国際センター
  47. 揚げ油を化学的,界面科学的に管理した揚げ加工におけるモデル食品の成分および理化学的特性の変化
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第58回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月9日~2011年9月11日
    • 発表者 : 坂本奈穗,三浦 靖
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 東北大学/仙台国際センター
  48. 食品用乳化剤の代替食品素材としての加水分解油脂粉体の調製
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第58回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2011年9月9日~2011年9月11日
    • 発表者 : 肴倉 梓,三浦 靖
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 東北大学/仙台国際センター
  49. 凍結・解凍処理によるデンプン老化とO/W型エマルション乳化破壊の機構とその制御
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第58回大会
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2011年9月9日~2011年9月11日
    • 発表者 : 三浦 靖
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 東北大学/仙台国際センター
  50. デンプン-酒石酸-水混合物の過熱水蒸気処理物を配合した固体膨化食品のレオロジー的性質
    • 会議名称 : 日本レオロジー学会第39年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年5月10日~2012年5月11日
    • 発表者 : 髙瀬奈央,三浦 靖
    • 主催者 : 日本レオロジー学会
    • 開催場所 : 東京大学生産技術研究所
  51. 粒子径分布が異なる米粉の製パン性
    • 会議名称 : 日本食品工学会第13回(2012年度)年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年8月9日~2012年8月10日
    • 発表者 : 鈴木あすみ,三浦 靖
    • 主催者 : 日本食品工学会
    • 開催場所 : 北海道大学
  52. 米粉-油脂-有機酸混合物を過熱水蒸気処理して調製した糖質素材の理化学的特性および乳化能成分の推定
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第59回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年8月29日~2012年8月31日
    • 発表者 : 佐藤真友子,三浦 靖,三國克彦,三輪章志,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 藤女子大学
  53. 糖質素材による揚げ加工におけるモデル食品の吸油量の低減
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第59回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年8月29日~2012年8月31日
    • 発表者 : 坂本奈穗,三浦 靖
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 藤女子大学
  54. 日本ワサビひげ根成分の抗菌活性と日本そばへの応用
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第59回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年8月29日~2012年8月31日
    • 発表者 : 宇部紗織,三浦 靖,伊藤芳明
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 藤女子大学
  55. 乳脂肪の加水分解が牛乳の高温水蒸気起泡に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第59回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年8月29日~2012年8月31日
    • 発表者 : 桔梗由衣,三浦 靖,立山 敦
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 藤女子大学
  56. 嚥下困難者対応に向けた固体膨化食品およびその人工食塊のレオロジー的性質に及ぼす食品用乳化剤の影響
    • 会議名称 : 第60回レオロジー討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月26日~2012年9月28日
    • 発表者 : 小笠原友美,高瀬奈央,三浦 靖
    • 主催者 : 日本レオロジー学会
    • 開催場所 : 名古屋大学
  57. Stabilization of 6-(methylsulfinyl)hexyl isothiocyanate in wasabi fibrous root by microencapsulation with medium-chain triglyceride and dextrin
    • 会議名称 : World Congress on Oleo Science & 29th ISF Congress
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2012年9月30日~2012年10月4日
    • 発表者 : Saori Ube, Makoto Miura and Yoshiaki Ito
    • 主催者 : JOCS/AOCS/KOCS/ISF
    • 開催場所 : Arkas Sasebo, Nagasaki
  58. 揚げ加工モデル食品の吸油量に及ぼすセルロース誘導体の影響
    • 会議名称 : 日本食品工学会第14回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年8月9日~2013年8月10日
    • 発表者 : 鎌田知優,坂本奈穂,三浦 靖
    • 主催者 : 日本食品工学会
    • 開催場所 : 京都テルサ
  59. 固体膨化食品の理化学的特性と嚥下性に及ぼすショ糖ステアリン酸エステルの影響
    • 会議名称 : 第61回レオロジー討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月25日~2013年9月27日
    • 発表者 : 大浪美早紀,小笠原友美,三浦 靖
    • 主催者 : 一般社団法人日本レオロジー学会
    • 開催場所 : 山形大学工学部
  60. 粒子径分布を再構成した米粉の製パン性
    • 会議名称 : 第61回レオロジー討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年9月25日~2013年9月27日
    • 発表者 : 鈴木あすみ,三浦 靖
    • 主催者 : 一般社団法人日本レオロジー学会
    • 開催場所 : 山形大学工学部
  61. 東日本大震災からの水産業復興における岩手大学水産研究センターの使命
    • 会議名称 : システム農学会2013年度秋季シンポジウム
    • 発表形態 : 口頭(招待講演)
    • 開催期間 : 2013年11月1日~2013年11月2日
    • 発表者 : 三浦 靖
    • 主催者 : システム農学会
    • 開催場所 : 岩手大学農学部
  62. 乳化能を有する糖質素材の調製過程におけるデンプンの結晶性の変化
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会平成25年度東北支部大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年11月2日
    • 発表者 : 佐藤真友子,三浦 靖,三國克彦,三輪章志,小林昭一
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 仙台市民会館
  63. 乳脂肪加水分解牛乳の理化学的特性が起泡性に及ぼす影響
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会平成25年度東北支部大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2013年11月2日
    • 発表者 : 桔梗由衣,三浦 靖,立山 敦
    • 主催者 : 日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 仙台市民会館
  64. 高温気流によるそば粉の加熱殺菌処理
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2014年度(平成26年度)大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年3月27日~2014年3月30日
    • 発表者 : 森川卓哉,盛内成貴,伊藤綾香,三浦 靖,廣瀬宏一,船崎健一,齋藤和良,川端 實
    • 主催者 : 公益社団法人日本農芸化学会
    • 開催場所 : 明治大学生田キャンパス
  65. 界面活性を有する米粉由来糖質素材の開発と加工食品への利用効果
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2014年度(平成26年度)大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年3月27日~2014年3月30日
    • 発表者 : 三輪 章志,石崎佳奈,深山敏明,三國克彦,三浦 靖,鈴木大介,野田 實,小林 昭一
    • 主催者 : 公益社団法人日本農芸化学会
    • 開催場所 : 明治大学生田キャンパス
  66. 界面活性を有する米粉由来糖質素材の乳化能と抑泡能
    • 会議名称 : 日本食品工学会第15回(2014年度)年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月7日~2014年8月9日
    • 発表者 : 佐藤真友子,三浦 靖,三國克彦,三輪章志,小林昭一
    • 主催者 : 一般社団法人日本食品工学会
    • 開催場所 : つくば国際会議場
  67. 牛乳の高温水蒸気起泡に対する乳脂肪加水分解の影響
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第61回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月28日~2014年8月30日
    • 発表者 : 桔梗由衣,三浦 靖,立山 敦
    • 主催者 : 公益社団法人日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 中村学園大学
  68. 揚げ加工モデル食品の吸油量に及ぼす食品用乳化剤および糖質素材の影響
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第61回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月28日~2014年8月30日
    • 発表者 : 鎌田知優,三浦 靖,山下英一郎
    • 主催者 : 公益社団法人日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 中村学園大学
  69. 単軸圧縮破断試験とアコースティック・エミッション測定による多孔性食品の食品テクスチャー評価
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第61回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月28日~2014年8月30日
    • 発表者 : 伊藤菜摘,三浦 靖
    • 主催者 : 公益社団法人日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 中村学園大学
  70. 用途に適した界面活性を有する米粉由来糖質素材の開発と加工食品への利用効果
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第61回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年8月28日~2014年8月30日
    • 発表者 : 三輪章志,石﨑佳奈,三國克彦,三浦 靖,鈴木大介,野田 實,石田弘栄,小林昭一
    • 主催者 : 公益社団法人日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 中村学園大学
  71. 凍結・解凍により起きるO/W型エマルションの乳化破壊に対する乳化剤の影響
    • 会議名称 : 日本油化学会第53回年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年9月9日~2014年9月11日
    • 発表者 : 宇部紗織,小野 萌,小杉達也,武藤高明,三浦 靖
    • 主催者 : 公益社団法人日本油化学会
    • 開催場所 : ロイトン札幌
  72. 固体膨化食品および食塊の理化学的特性と嚥下特性に及ぼす乳化剤の影響
    • 会議名称 : 第62回レオロジー討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2014年10月15日~2014年10月17日
    • 発表者 : 大浪美早紀,三浦 靖
    • 主催者 : 一般社団法人日本レロジー学会
    • 開催場所 : 福井市地域交流プラザ
  73. 固体食品用ブランチング・殺菌・減圧乾燥装置の開発(第1報)トマトおよびサケの乾燥
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2015年度(平成27年度)大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年3月26日~2015年3月29日
    • 発表者 : 森川卓哉,三浦 靖,立澤文見,加藤一幾,橋本正成,仲田英郎,嵯峨政嘉
    • 主催者 : 公益社団法人日本農芸化学会
    • 開催場所 : 岡山大学津島キャンパス
  74. 製パンに好適な米粉の粒子径分布
    • 会議名称 : 日本食品工学会第16回(2015年度)年次大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年8月10日~2015年8月11日
    • 発表者 : 小林大和,三浦 靖
    • 主催者 : 一般社団法人日本食品工学会
    • 開催場所 : 広島市立大学
  75. 三陸沿岸産褐藻アカモクからの機能性素材の調製およびその加工食品への適用
    • 会議名称 : 日本食品科学工学会第62回大会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年8月27日~2015年8月29日
    • 発表者 : 伊藤綾香,三浦 靖,田村直司,宮下和夫,嵯峨直恆,宮下和士,小海康夫,佐藤 準,三上奈々
    • 主催者 : 公益社団法人日本食品科学工学会
    • 開催場所 : 京都大学
  76. 凍結・解凍により起きるO/W型エマルションの乳化破壊に対する親水性乳化剤の影響
    • 会議名称 : 日本油化学会第54回年会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月8日~2015年9月10日
    • 発表者 : 小野 萌,宇部沙織,佐藤里菜,小杉達也,武藤高明,三浦 靖
    • 主催者 : 公益社団法人日本油化学会
    • 開催場所 : 名城大学天白キャンパス
  77. 固体膨化食品および食塊の理化学的特性に及ぼす多糖類の影響
    • 会議名称 : 第63回レオロジー討論会
    • 発表形態 : 口頭(一般)
    • 開催期間 : 2015年9月23日~2015年9月25日
    • 発表者 : 大浪美早紀,三浦 靖
    • 主催者 : 一般社団法人日本レロジー学会
    • 開催場所 : 神戸大学工学部
  78. Texture evaluation of porous foods by acoustic emission measurement and compression fracture test
    • 会議名称 : 2015 AACC International Centennial Meeting
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2015年10月18日~2015年10月21日
    • 発表者 : Natsumi Ito, Kazuyuki Sato, Tasuku Miyoshi, and Makoto Miura
    • 主催者 : AACC (The American Association of Cereal Chemists) International
    • 開催場所 : The Minnepolis Convention Center
  79. 高温低酸素気流によるソバ粉の加熱殺菌処理
    • 会議名称 : 日本農芸化学会2016年度(平成28年度)大会
    • 発表形態 : ポスター(一般)
    • 開催期間 : 2016年3月27日~2016年3月30日
    • 発表者 : 森川卓哉,伊藤綾香,三浦 靖,廣瀬宏一,船﨑健一,齋藤和良,川端 實
    • 主催者 : 公益社団法人日本農芸化学会
    • 開催場所 : 札幌コンベンションセンター
学術関係受賞
  1. 日本食品工学会第10回(2009年度)年次大会優秀発表賞
    • 受賞年月日 : 2009年9月
    • 受賞者・受賞グループ名 : 三輪章志,越野勝彦,三國克彦,三浦 靖,小林昭一
    • 内容 :
      2009年8月1日~2日に石川県立大学を会場として開催された日本食品工学会第10回(2009年度)年次大会において,秀発表賞を受賞した。
      本発表は,生物系特定産業技術研究支援センター「基礎研究推進事業・異分野融合研究支援事業」(2002~2006年)で実施した研究課題「農水産物の脂溶性機能性成分CDラップを用いた新規食品の開発」(実施体制:石川県農業総合研究センター(技術コーディネーター),岩手大学,塩水港精糖株式会社,株式会社スギヨ,株式会社柴舟小出)の成果の一部として行われたもので,発表演題は「抹茶の退色防止および分散性向上技術の開発」である。
  2. 日本食品工学会第15回(2014年度)年次大会優秀口頭発表賞
    • 受賞年月日 : 2014年9月1日
    • 受賞者・受賞グループ名 : 佐藤真友子,三浦 靖,三國克彦,三輪章志,小林昭一
    • 内容 :
      2014年8月7日~9日につくば国際会議場(茨城県つくば市)で開催された日本食品工学会第15回(2014年度)年次大会おいて,優秀口頭発表賞を受賞した。本研究は,既存添加物である乳化剤を代替し,米粉の高度利用による米消費拡大に繋がる食品素材を開発することが目的である。岩手大学,塩水港精糖株式会社,石川県農林総合研究センターおよび一般社団法人菓子・食品新素材技術センターが連携して,JST研究成果展開事業・研究成果最適展開支援プログラム:課題番号AS2511250N「過熱水蒸気加熱とリパーゼ処理を組み合わせた実用レベルの乳化能を持つ食品素材の開発」の予算で研究開発を進めた。
工業所有権
  1. 油脂食品の製造方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2003年4月15日
    • 出願番号 : 2003-142705
    • 公開日 : 2004年11月11日
    • 公開番号 : 2004-313143
  2. 乳酸菌の処理方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2003年7月14日
    • 出願番号 : 2003-274090
    • 公開日 : 2005年2月10日
    • 公開番号 : 2005-34040
  3. デンプン含有食品の製造方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2003年9月5日
    • 出願番号 : 2003-314548
    • 公開日 : 2005年3月31日
    • 公開番号 : 2005-80537
  4. 乾燥魚介類の製造方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2004年3月25日
    • 出願番号 : 2004-88966
    • 公開日 : 2005年10月6日
    • 公開番号 : 2005-270002
  5. ケーキ用起泡性素材及びそれを用いたケーキ
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2004年7月30日
    • 出願番号 : 2004-224542
    • 公開日 : 2006年2月16日
    • 公開番号 : 2006-42618
  6. 画像処理装置および方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 1997年3月26日
    • 出願番号 : 平09-92976
    • 公開日 : 1998年10月9日
    • 公開番号 : 平10-269352
  7. 成型米飯の崩れ測定方法及びその利用
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 1997年3月26日
    • 出願番号 : 平10-205967
    • 公開日 : 2000年2月8日
    • 公開番号 : 2000-39430
  8. 凍結・解凍耐性の高いクリーム類及びその製造方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 1999年6月1日
    • 出願番号 : 平11-189450
    • 公開日 : 2000年12月12日
    • 公開番号 : 2000-342212
  9. 食感の評価方法及びシステム
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2000年3月6日
    • 出願番号 : 2000-60764
    • 公開日 : 2001年5月18日
    • 公開番号 : 2001-133374
  10. ゲル状食品及びゲル状食品の製造方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2000年8月3日
    • 出願番号 : 2000-235294
    • 公開日 : 2002年2月12日
    • 公開番号 : 2002-045126
  11. 豆製品の製造方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2001年7月10日
    • 出願番号 : 2001-209020
    • 公開日 : 2003年1月28日
    • 公開番号 : 2003-23991
  12. パン類の製造方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2001年9月10日
    • 出願番号 : 2001-273596
    • 公開日 : 2003年3月18日
    • 公開番号 : 2003-79306
  13. 乳化能をもつ食品素材を製造する方法及びその食品素材
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2013年10月25日
    • 出願番号 : 2013-222823
  14. 粉粒体の殺菌方法及び粉粒体の殺菌システム
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2014年3月4日
    • 出願番号 : 2014-42074
  15. 乳脂肪クリームおよびその製造方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2014年9月2日
    • 出願番号 : 2014-178305
  16. 多孔質食品のしっとり感を評価する方法、及び多孔質食品のしっとり感に影響を及ぼす物質のスクリーニング方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2016年2月24日
    • 出願番号 : 2016-33547
  17. 乳脂肪クリームおよびその製造方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2016年8月30日
    • 出願番号 : 2016-167853
  18. 咀嚼・嚥下容易な固体食品
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2016年10月20日
    • 出願番号 : 2016-205714
  19. 真空乾燥装置及び方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2017年2月9日
    • 出願番号 : 2017-021984
  20. 粉末青果物の製造方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 1998年9月7日
    • 出願番号 : 平10-252076
    • 公開日 : 2000年3月28日
    • 公開番号 : 2000-083580
    • 登録日 : 1999年10月8日
    • 登録番号 : 第2987702号
  21. 油脂組成物,離型油及び離型油評価方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2002年2月14日
    • 出願番号 : 2002-036922
    • 登録日 : 2003年8月27日
    • 登録番号 : 2003-238984
  22. 水産物の凍結貯蔵法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2002年10月24日
    • 出願番号 : 2002-309379
    • 公開日 : 2004年5月20日
    • 公開番号 : 2004-141057
    • 登録日 : 2005年10月28日
    • 登録番号 : 3734467
  23. 玄米粉の製造方法,玄米粉を用いたパン類,キビ粉の製造方法及びキビ粉を用いたパン類
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2000年8月3日
    • 出願番号 : 2000-235853
    • 公開日 : 2002年2月12日
    • 公開番号 : 2002-45130
    • 登録日 : 2006年3月10日
    • 登録番号 : 3780154
  24. 脂溶性ビタミンないし脂溶性ビタミン様物質の油脂-糖質粉末素材及びその製造方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2008年8月20日
    • 出願番号 : 2008-212251
    • 公開日 : 2010年3月4日
    • 公開番号 : 2010-046002
    • 登録日 : 2012年3月2日
    • 登録番号 : 4934840
  25. 油脂-糖質粉末素材及びその製造方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2007年1月9日
    • 出願番号 : 2007-1868
    • 公開日 : 2008年8月21日
    • 公開番号 : 2008-188010
    • 登録日 : 2012年9月14日
    • 登録番号 : 5082074
  26. 油脂-糖質粉末素材及びその製造方法
    • 工業所有権区分 : 特許
    • 出願日 : 2007年1月9日
    • 出願番号 : 2008-2650
    • 公開日 : 2008年8月21日
    • 公開番号 : 2008-188010
    • 登録日 : 2012年9月14日
    • 登録番号 : 5082074
科研費(文科省・学振)獲得実績
  1. 萌芽研究
    • 支払支給期間 : 2003年4月~2005年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2003年度・2,900,000円・0円
      2004年度・900,000円・0円
  2. 萌芽研究
    • 支払支給期間 : 2012年4月~2014年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2012年度・1,800,000円・540,000円
      2013年度・1,200,000円・360,000円
  3. 萌芽研究
    • 支払支給期間 : 2015年4月~2017年3月
    • 獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円):
      2015年度・1,400,000円・420,000円
      2016年度・1,400,000円・420,000円
奨学寄附金等
  1. 三菱化学フーズ株式会社奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 三菱化学フーズ株式会社
    • 寄附金額 : 300,000円
    • 寄附年月 : 2005年8月31日
  2. 株式会社小松製菓奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 株式会社小松製菓
    • 寄附金額 : 100,000円
    • 寄附年月 : 2005年10月14日
  3. 株式会社カネカ奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 株式会社カネカ
    • 寄附金額 : 500,000円
    • 寄附年月 : 2006年3月31日
  4. 株式会社小松製菓奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 株式会社小松製菓
    • 寄附金額 : 200,000円
    • 寄附年月 : 2006年6月28日
  5. 二戸市ふるさと振興株式会社奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 二戸市ふるさと振興株式会社
    • 寄附金額 : 200,000円
    • 寄附年月 : 2006年7月24日
  6. 三菱化学フーズ株式会社奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 三菱化学フーズ株式会社
    • 寄附金額 : 100,000円
    • 寄附年月 : 2006年8月31日
  7. 三菱化学フーズ株式会社奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 三菱化学フーズ株式会社
    • 寄附金額 : 200,000円
    • 寄附年月 : 2007年3月2日
  8. 株式会社パールライス宮城奨学金
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 株式会社パールライス宮城
    • 寄附金額 : 500,000円
    • 寄附年月 : 2007年11月13日
  9. 平成20年度研究助成
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 財団法人エリザベス・アーノルド富士財団
    • 寄附金額 : 700,000円
    • 寄附年月 : 2008年7月8日
  10. 平成20年度調査研究課題(共同研究)
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 財団法人すかいらーくフードサイエンス研究所
    • 寄附金額 : 1,500,000円
    • 寄附年月 : 2008年9月2日
  11. 平成22年度研究助成
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 財団法人エリザベス・アーノルド富士財団
    • 寄附金額 : 800,000円
    • 寄附年月 : 2010年7月8日
  12. 平成23年度研究助成
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : 財団法人エリザベス・アーノルド富士財団
    • 寄附金額 : 500,000円
    • 寄附年月 : 2011年7月6日
  13. 平成27年度学術研究助成
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : (公財)飯島藤十郎記念食品科学振興財団
    • 寄附金額 : 500,000円
    • 寄附年月 : 2016年3月31日
  14. 平成27年度研究者の海外派遣援助
    • 寄附金区分 : 奨学寄附金
    • 寄附者名称 : (公財)飯島藤十郎記念食品科学振興財団
    • 寄附金額 : 300,000円
    • 寄附年月 : 2016年3月31日
共同研究希望テーマ
  1. 小麦粉生地における油脂の分散状態と生地物性との関連性
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
  2. 微生物変換を利用した食品機能素材の創製
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
  3. 界面特性に着目した高齢者用食品(ユニバーサルデザインフード)の創製
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
  4. O/W型エマルションの凍結・解凍による乳化破壊の機構とその制御
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
  5. 揚げ加工における吸油挙動の解析および低吸油揚げ加工法の開発
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
  6. 水産資源の高度利用
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
  7. レオロジー,音響工学および生理人類学的手法による多孔性食品のクリスプネス評価
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
  8. 嚥下困難者対応の低水分固体食品の創製
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
  9. 食品の適塩化・低糖質化に向けた食品の構造・物性と呈味性との関連性の解明
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
  10. 澱粉-界面活性物質複合体形成の分子論的解明
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
  11. 低分子-多糖系高分子相互作用の解明とその制御
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
  12. 米飯塊の構造-力学的特性相関の解明および凍結・解凍耐性の付与
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
  13. 多糖によるヨーグルトの力学的物性の制御
    • 共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する
    • 産学連携協力可能形態 : 共同研究
所属学会・委員会
  1. 日本農芸化学会 (1980年1月~継続中)
  2. 日本食品科学工学会 (1980年1月~継続中)
  3. 日本レオロジー学会 (1981年1月~継続中)
  4. 日本商品学会 (1983年1月~1997年3月)
  5. 日本家政学会 (1983年1月~1986年12月)
  6. 高分子学会 (1986年1月~継続中)
  7. 日本水産学会 (1990年1月~1992年12月)
  8. 食品の物性に関するシンポジウム (1994年1月~継続中)
  9. 米国穀物化学会 (1995年1月~継続中)
  10. 日本食品保蔵科学会 (1997年1月~継続中)
  11. 日本官能評価学会 (1997年1月~継続中)
  12. 食品ハイドロコロイド研究会 (1999年11月1日~継続中)
  13. 日本食品工学会 (2000年1月~継続中)
  14. 日本音響学会 (2001年1月~継続中)
  15. 日本人間工学会 (2001年1月~継続中)
  16. 日本冷凍空調学会 (2001年1月~継続中)
  17. 日本応用糖質科学会 (2001年1月~継続中)
  18. 日本油化学会 (2002年1月~継続中)
  19. 日本食品機械研究会 (2002年1月~継続中)
  20. 日本水産学会 (2014年1月~継続中)
学会・委員会等活動
  1. 食品の物性に関するシンポジウム 運営委員(1994年1月~継続中)
  2. 日本食品機械研究会 理事(2002年1月~継続中)
  3. 日本応用糖質科学会 J. Appl. Glycosci.編集委員(2006年4月~2010年3月31日)
  4. 日本食品工学会 評議員(2007年8月2日~2015年3月31日)
  5. 日本応用糖質科学会 東北支部理事(2010年7月1日~継続中)
  6. 日本レオロジー学会 理事,会誌編集委員(2011年5月19日~継続中)
  7. 日本油化学会 JOS編集委員会委員(2013年1月~継続中)
  8. 日本農芸化学会 東北支部参与(2013年4月1日~継続中)
  9. 日本食品科学工学会 Food Science and Technology Research編集委員(2013年4月1日~継続中)
  10. 日本食品工学会 学術活動委員(2013年10月20日~継続中)
  11. 日本油化学会 関東支部幹事(2014年4月1日~継続中)
学会活動1(学会・シンポジウムの主宰)
  1. 第23回食品の物性に関するシンポジウム (1996年10月)
    • 参加者数 : 70人
  2. 日本農芸化学会東北支部大会 (2009年10月)
    • 参加者数 : 80人
  3. 日本農芸化学会東北支部シンポジウム (2010年6月)
    • 参加者数 : 50人
  4. 日本応用糖質科学会東北支部 岩手地区講演会 (2010年7月)
    • 参加者数 : 67人
  5. 日本食品科学工学会第58回大会 (2011年9月)
    • 参加者数 : 900人
  6. 日本食品科学工学会東北支部大会 (2012年10月)
    • 参加者数 : 50人
  7. 日本農芸化学会東北支部シンポジウム (2015年7月)
    • 参加者数 : 50人
  8. 日本食品工学会フォーラム2016 (2016年6月)
    • 参加者数 : 150人
  9. 平成28年度第8回日本応用糖質科学会東北支部会 (2016年7月)
    • 参加者数 : 50人
学会活動3(学会誌の編集・査読)
  1. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry [査読 (2005年5月)]
  2. 日本食品科学工学会誌 [査読 (2005年5月)]
  3. Food Science and Technology Research [査読 (2005年7月)]
  4. Food Science and Technology Research [査読 (2005年10月)]
  5. 日本調理科学会誌 [査読 (2005年10月)]
  6. 日本調理科学会誌 [査読 (2006年3月)]
  7. Food Science and Technology Research [査読 (2006年6月)]
  8. Journal of Applied Glycoscience [査読 (2006年10月)]
  9. Fisheries Science [査読 (2006年12月)]
  10. 日本食品科学工学会誌 [査読 (2007年2月)]
  11. 日本食品科学工学会誌 [査読 (2007年4月)]
  12. 日本食品科学工学会誌 [査読 (2007年4月)]
  13. 日本調理科学会誌 [査読 (2007年8月)]
  14. 日本調理科学会誌 [査読 (2007年10月)]
  15. Food Science and Technology Research [査読 (2007年11月)]
  16. Food Science and Technology Research [査読 (2007年12月)]
  17. Journal of Applied Glycoscience [査読 (2008年3月)]
  18. Food Science and Technology Research [査読 (2008年3月)]
  19. 日本調理科学会誌 [査読 (2008年8月)]
  20. Journal of Applied Glycoscience [査読 (2008年10月)]
  21. Food Science and Technology Research [査読 (2008年11月)]
  22. Food Science and Technology Research [査読 (2009年3月)]
  23. 日本調理科学会誌 [査読 (2009年4月)]
  24. 日本食品科学工学会誌 [査読 (2009年10月)]
  25. Journal of Applied Glycoscience [査読 (2009年10月)]
  26. 日本調理科学会誌 [査読 (2009年11月)]
  27. Food Science and Technology Research [査読 (2009年11月)]
  28. Food Science and Technology Research [査読 (2009年11月)]
  29. Cereal Chemistry [査読 (2010年2月)]
  30. 日本食品工学会誌 [査読 (2010年2月)]
  31. Food Science and Technology Research [査読 (2010年10月)]
  32. Journal of Applied Glycoscience [査読 (2010年11月)]
  33. Journal of Oleo Science [査読 (2011年1月)]
  34. 日本調理科学会誌 [査読 (2011年1月)]
  35. Food Science and Technology Research [査読 (2011年5月)]
  36. Journal of Oleo Science [査読 (2011年6月)]
  37. Journal of Applied Glycoscience [査読 (2011年9月)]
  38. Food Science and Technology Research [査読 (2011年10月)]
  39. 日本食品科学工学会誌 [査読 (2011年11月)]
  40. Journal of Oleo Science [査読 (2011年11月)]
  41. Journal of Oleo Science [査読 (2012年4月)]
  42. Journal of Applied Glycoscience [査読 (2012年4月)]
  43. Journal of Applied Glycoscience [査読 (2012年5月)]
  44. Food Science and Technology Research [査読 (2012年5月)]
  45. 日本食品科学工学会誌 [査読 (2012年6月)]
  46. 日本調理科学会誌 [査読 (2012年8月)]
  47. Food Science and Technology Research [査読 (2012年8月)]
  48. Food Science and Technology Research [査読 (2012年8月)]
  49. Journal of Agricultural and Food Chemistry [査読 (2012年10月)]
  50. Food Science and Technology Research [査読 (2012年11月)]
  51. 日本食品工学会誌 [査読 (2012年12月)]
  52. 日本調理科学会誌 [査読 (2012年12月)]
  53. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry [査読 (2013年1月)]
  54. Food Science and Technology Research [査読 (2013年4月)]
  55. 日本調理科学会誌 [査読 (2013年8月)]
  56. Journal of Oleo Science [査読 (2013年8月)]
  57. Journal of the American Oil Chemists' Society [査読 (2013年8月)]
  58. Food Science and Technology Research [査読 (2013年9月)]
  59. 日本食品科学工学会誌 [査読 (2013年10月)]
  60. Food Science and Technology Research [査読 (2013年11月)]
  61. Journal of Oleo Science [査読 (2013年12月)]
  62. 日本食品科学工学会誌 [査読 (2014年4月)]
  63. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry [査読 (2014年4月)]
  64. 日本食品工学会誌 [査読 (2014年6月)]
  65. 日本食品工学会誌 [査読 (2014年6月)]
  66. 日本食品科学工学会誌 [査読 (2014年7月)]
  67. Food Hydrocolloids [査読 (2014年8月)]
  68. 日本レオロジー学会誌 [査読 (2014年12月)]
  69. Cereal Chemistry [査読 (2014年12月)]
  70. Food Science Technology Research [編集 (2014年12月)]
  71. Food Science Technology Research [編集 (2015年1月)]
  72. Food Science Technology Research [編集 (2015年1月)]
  73. Food Science Technology Research [査読 (2015年2月)]
  74. Food Science Technology Research [査読 (2015年2月)]
  75. Food Science Technology Research [編集 (2015年2月)]
  76. Food Science Technology Research [査読 (2015年3月)]
  77. 日本調理科学会誌 [査読 (2015年3月)]
  78. 成形加工 [査読 (2015年3月)]
  79. 日本食品科学工学会誌 [査読 (2015年4月)]
  80. Food Science Technology Research [編集 (2015年4月)]
  81. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry [査読 (2015年5月)]
  82. Food Science Technology Research [編集 (2015年5月)]
  83. 日本食品科学工学会誌 [査読 (2015年5月)]
  84. Food Science Technology Research [編集 (2015年6月)]
  85. 日本食品科学工学会誌 [査読 (2015年7月)]
  86. 日本レオロジー学会誌 [査読 (2015年8月)]
  87. Food Hydrocolloids [査読 (2015年8月)]
  88. 日本調理科学会誌 [査読 (2015年9月)]
  89. Food Science Technology Research [査読 (2015年9月)]
  90. Food Science Technology Research [査読 (2015年10月)]
  91. Food Science Technology Research [編集 (2015年11月)]
  92. Journal of Oleo Science [査読 (2015年12月)]
  93. Food Science Technology Research [査読 (2016年1月)]
  94. Food Science Technology Research [査読 (2016年3月)]
  95. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry [査読 (2016年3月)]
  96. Food Science Technology Research [編集 (2016年3月)]
  97. Food Science Technology Research [編集 (2016年5月)]
  98. Journal of Applied Glycoscience [査読 (2016年7月)]
  99. Food Science Technology Research [査読 (2016年8月)]
  100. Food Science Technology Research [編集 (2016年8月)]
  101. Food Science Technology Research [査読 (2016年10月)]
  102. Journal of Applied Glycoscience [査読 (2016年10月)]
  103. Food Science Technology Research [編集 (2016年10月)]
  104. Food Science Technology Research [編集 (2016年10月)]
  105. 日本レオロジー学会誌 [査読 (2016年10月)]
  106. Food Science Technology Research [査読 (2016年12月)]
  107. Food Science Technology Research [査読 (2016年12月)]
  108. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry [査読 (2016年12月)]
  109. Food Science Technology Research [査読 (2017年1月)]
  110. Food Science Technology Research [査読 (2017年5月)]
  111. Food Science Technology Research [編集 (2017年5月)]
  112. Food Science Technology Research [編集 (2017年5月)]
  113. Food Science Technology Research [査読 (2017年6月)]
  114. Journal of Cookery Science of Japan [査読 (2017年6月)]
提供可能な資源
  1. 加工食品用改質玄米粉
    • 内容 :
      玄米由来のビタミン類,ミネラル,食物繊維などの栄養成分を損なうことなく,種々の加工食品の原料として使用できるように改質した玄米粉です。岩手県パン工業組合と岩手大学農学部との共同で開発した化学物質を一切使用しない特殊技術(特許登録)により改質していますので,安心です。

      *お米を『粒食』ばかりでなく『粉食』も
      お米は日本人のアイデンティティです。世界では主要穀物を粉にして色々な食品に加工して食べています。米飯としての『粒食』ばかりでなく,加工食品として『粉食』も加われば,米の高度利用,米の消費拡大になります。

      *玄米は栄養素の宝庫
      玄米は精白米に比べて脂質,総脂肪酸,食物繊維,マグネシウム,リン,ビタミンB1,ビタミンB6,ナイアシンが豊富です。
      玄米は強力小麦粉に比べて総脂肪酸,マグネシウム,リン,ナイアシンが豊富です。イムナーフラワーの栄養素は玄米と同等です。小麦粉の一部を当該加工食品用玄米粉に置き換えれば,栄養成分が理想的になります。
  2. 食塩代替塩味素材
    • 内容 :
      地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)事業「矢巾町健康食品開発販路拡大地方創生事業」として進めている『いわて塩彩プロジェクト』において,開発した『ナト・カリ塩』(商標登録済み)である。これは,食品加工や調理の際に,食塩配合量の一部を,味覚に大きな影響を及ぼさない範囲でカリウム塩(有機酸カリウム塩,塩化カリウム塩,乳清ミネラル塩など)に置換することで,減塩効果とカリウム増加による相乗効果を目指す塩味素材である。
研究員(受入れ)
  1. オリエンタル酵母工業株式会社・食品事業本部・研究開発部・食品研究所・研究員を受け入れた。食品からの脂質の抽出,脂質組成分析を研修した。 (1人 2014年4月~2014年4月)
  2. オリエンタル酵母工業株式会社・食品事業本部・研究開発部・食品研究所・研究員を受け入れた。食品からの脂質の抽出,脂質組成分析を研修した。 (1人 2014年9月~2014年9月)
  3. オリエンタル酵母工業株式会社・食品事業本部・研究開発部・食品研究所・研究員を受け入れた。食品からの脂質の抽出,脂質組成分析を研修した。 (1人 2014年10月~2014年10月)
  4. 地方独立行政法人北海道立総合研究機構・食品加工研究センター・食品開発部食品開発グループ・研究職員を受け入れた。食品テクスチャーは,外観や味・香りと並んでおいしさに関わる重要な要素である。食品テクスチャー評価技術は,複雑な食感を客観的に数値化する手段であり,商品開発や,品質管理の技術向上に活用可能な技術である。研修者はこれまでに単軸圧縮・引張型レオメータ(RE2-3305B,(株)山電)を用いた単軸等速圧縮破断試験で得られる破断特性値から,冷凍コロッケのサク味(サクサク感)を評価する方法を検討し,官能評価と対応する指標を見出した。今後,多様化する食品のおいしさに関わる加工技術および品質評価技術を高めるためには,新たな食感評価のアプローチが必要となる。そこで,本研修ではアコースティック・エミッション(AE)計測を食品の構造破壊現象の計測に用い,調湿した揚げ加工パン(パン粉のモデル食品)の単軸等速圧縮破断試験におけるAE計測を行い,水分の収着による揚げ加工パンにおける破断特性変化の評価条件を検討した。 (1人 2014年11月~2014年12月)
  5. オリエンタル酵母工業株式会社・食品事業本部・研究開発部・食品研究所・研究員を受け入れた。食品からの脂質の抽出,脂質組成分析を研修した。 (1人 2015年4月~2015年4月)
マスメディアによる報道
  1. 2010年度
    • 産業振興へ行動を 三浦准教授(岩手大)ら講演 宮古でフォーラム
      (岩手日報,2010年5月18日)
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • 米粉で乳化機能素材 岩手大などの研究グループ 開発に高まる期待
      (盛岡タイムス,2010年9月4日)
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • 米粉の用途可能性探る 岩手大の三浦靖准教授 乳化剤への活用研究 小麦粉代替,方法を比較
      (岩手日報,2010年12月25日)
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
  2. 2011年度
    • 「ハーブ干物」味な一品 岩手大・三浦教授が製造技術考案 今月にも試験販売 水産加工業の光に
      (岩手日報,2012年3月13日)
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • ハーブの干物を商品化
      (盛岡タイムス,2012年3月29日)
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
  3. 2012年度
    • 冷凍生ワカメ,海鮮しょうゆ 岩手大 共同開発へ 水産復興プロジェクト
      (盛岡タイムス,2012年7月4日)
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
  4. 2013年度
    • NHKラジオ「ここはふるさと旅するラジオ」
      2013年9月9日(月) 岩手県盛岡市 岩手大学中央食堂前
      午後0:30~0:55
      産業復興を支援・新しい干物 製品化
      • 報道区分 : ラジオ
      • メディア区分 : 全国報道
  5. 2014年度
    • 復興の味 一夜干し開発 久慈・北三陸天然市場
      (岩手日報,2014年6月27日)
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • 「潮騒の一夜干し」食卓に 岩手大・久慈市 北三陸天然市場が開発
      (盛岡タイムス,2014年6月27日)
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
    • 大学 知の明日を築く 岩手大学三陸水産研究センター 地元水産業の復興担う
      (日本経済新聞,2014年11月6日)
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
  6. 2015年度
    • 減塩食品開発へ知恵絞る
      (岩手日報,2016年1月31日)
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
  7. 2016年度
    • 減塩醤油で健康岩手 食塩の25%をカリウムに
      (盛岡タイムス,2016年11月30日)
      • 報道区分 : 新聞
      • メディア区分 : 国内報道(全国報道を除く)
その他研究成果の特記すべき事項
  1. 2006年度
    • 共同研究「紫波町産素材を原料とした食品加工物の試作」において,2006年8~9月に紫波町内公民会で「もちもちスコーン」講習会を3回実施(毎回20名定員)し,その後に商品化に至った。
国・地方自治体等の委員歴
  1. 岩手県宮古地方振興局
    • 委員会等名 : 宮古・下閉伊モノづくりネットワーク
    • 役職名 : 水産部会アドバイザー
    • 就任期間 : 2001年11月~継続中
  2. 農林水産省東北農政局岩手農政事務所
    • 委員会等名 : いわて米粉ネットワーク
    • 役職名 : 理事
    • 就任期間 : 2003年7月~継続中
  3. 中小企業金融公庫
    • 委員会等名 : 株式会社ビッグ・サンに係る成長新事業育成審査会
    • 役職名 : 新規性の審査員
    • 就任期間 : 2004年3月~2004年3月
  4. 社団法人食品需給研究センター
    • 委員会等名 : 地域食料産業等再生のための研究開発等支援事業のうち「食品産業と生産者の連携強化」
    • 役職名 : 推進委員
    • 就任期間 : 2005年7月~2007年3月
  5. 岩手労働局
    • 委員会等名 : 紫波町地域雇用創造促進会議
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2005年12月~2006年3月
  6. いわて食料産業クラスター協議会
    • 委員会等名 : 地域ブランド食品開発部会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2006年4月~2007年3月
  7. 宮城県
    • 委員会等名 : 宮城大学食産業学部
    • 役職名 : 非常勤講師
    • 就任期間 : 2007年4月~2011年9月
  8. 岩手県宮古市
    • 委員会等名 : 宮古市産業支援センター
    • 役職名 : 宮古市産業創造アドバイザー
    • 就任期間 : 2007年8月~継続中
  9. いわて食料産業クラスター協議会
    • 委員会等名 : 平成19年度食料産業クラスター展開事業の企画運営会議
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2008年1月~2008年3月
  10. いわて食料産業クラスター協議会
    • 委員会等名 : 平成20年度食料産業クラスター展開事業の企画運営会議
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2009年2月~2009年3月
  11. 岩手県花巻市
    • 委員会等名 : 花巻市産業支援センター
    • 役職名 : 花巻市産業支援アドバイザー
    • 就任期間 : 2009年5月~継続中
  12. いわて食料産業クラスター協議会
    • 委員会等名 : 平成21年度食料産業クラスター展開事業の企画運営会議
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2010年1月~2010年3月
  13. 財団法人北海道東北地域経済総合研究所
    • 委員会等名 : ナチュラル・イノベーション検討会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2011年7月~2012年3月
  14. 岩手県中小企業団体中央会
    • 委員会等名 : 平成23年度農商工連携人材育成研修・実行委員会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2011年8月~2012年1月
  15. 農林水産省農林水産技術会議
    • 委員会等名 : 「食料生産地域再生のための先端技術展開事業」(漁業・漁村実証研究)
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2011年11月~2016年3月
  16. 岐阜県
    • 委員会等名 : 岐阜県総合企画部研究開発課
    • 役職名 : 岐阜県重点研究課題評価委員
    • 就任期間 : 2012年2月~2012年3月
  17. 独立行政法人水産総合研究センター
    • 委員会等名 : 地域資源を活用した省エネルギー・省コスト・高付加価値型の水産業・水産加工業の実用化実証研究委託事業
    • 役職名 : 外部委員
    • 就任期間 : 2013年6月~継続中
  18. 一般社団法人食品需給センター
    • 委員会等名 : 外部公募研究課題運営委員会
    • 役職名 : 外部審査員
    • 就任期間 : 2013年6月~2013年6月
  19. 岩手県
    • 委員会等名 : 平成25年度岩手県三陸海域研究論文知表彰事業
    • 役職名 : 選考委員
    • 就任期間 : 2013年9月~2014年3月
  20. 岐阜県
    • 委員会等名 : 岐阜県総合企画部研究開発課
    • 役職名 : 岐阜県重点研究課題外部評価委員
    • 就任期間 : 2013年10月~2013年11月
  21. 公益財団法人タカノ農芸化学研究助成財団
    • 委員会等名 : 選考委員会
    • 役職名 : 委員
    • 就任期間 : 2014年5月~継続中
企業・団体等への指導等
  1. 2004年度 株式会社小松製菓
    • 指導等の内容 :
      現行製品の製造工程の改善,新製品の開発
  2. 2004年度 株式会社スギヨ
    • 指導等の内容 :
      食品の凍結技術
  3. 2004年度 太子食品工業株式会社
    • 指導等の内容 :
      大豆素材の機能評価
  4. 2004年度 株式会社ビッグ・サン
    • 指導等の内容 :
      新規食品の開発
  5. 2004年度 株式会社オリオンベーカリー
    • 指導等の内容 :
      新製品の開発
  6. 2004年度 有限会社丸徳
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発
  7. 2005年度 株式会社小松製菓
    • 指導等の内容 :
      現行製品の製造工程の改善,新製品の開発
  8. 2005年度 えさし車座研究会
    • 指導等の内容 :
      食品製造工程の改善,現行製品の品質向上,新製品の開発
  9. 2005年度 株式会社ビッグ・サン
    • 指導等の内容 :
      新規食品の開発
  10. 2005年度 株式会社オリオンベーカリー
    • 指導等の内容 :
      新製品の開発
  11. 2005年度 有限会社丸徳
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発
  12. 2006年度 有限会社北三陸天然市場
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発
  13. 2006年度 株式会社佐幸本店
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発
  14. 2006年度 株式会社長根商店
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発
  15. 2006年度 株式会社川秀
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発
  16. 2006年度 株式会社岩手エッグデリカ
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発
  17. 2006年度 有限会社総合農舎山形村
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発
  18. 2006年度 有限会社日高食品工業所
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発
  19. 2006年度 株式会社北岩手特産品販売
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発
  20. 2006年度 岩手ふるさと農業協同組合
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発
  21. 2006年度 小野食品株式会社
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発
  22. 2006年度 株式会社川喜
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発
  23. 2006年度 株式会社グランバー
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発
  24. 2006年度 北陸製菓株式会社
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発
  25. 2006年度 株式会社チャンピオン
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発
  26. 2006年度 敷島製パン株式会社
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発
  27. 2007年度 株式会社カネカ
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,4/3
  28. 2007年度 奥中山高原農協乳業株式会社
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,4/20
  29. 2007年度 財団法人釜石・大槌地域産業育成センター
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,4/27
  30. 2007年度 株式会社佐幸本店
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,5/10
  31. 2007年度 株式会社カネカ
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,5/15
  32. 2007年度 岩手県二戸市産業振興部企業・雇用推進室
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,5/15
  33. 2007年度 株式会社カネカ
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,6/14
  34. 2007年度 渋谷工業株式会社
    • 指導等の内容 :
      食品用過熱水蒸気処理装置の仕様,6/18
  35. 2007年度 財団法人釜石・大槌地域産業育成センター
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,7/3
  36. 2007年度 石村工業株式会社
    • 指導等の内容 :
      食品用浸漬装置の仕様,7/10
  37. 2007年度 岩手県二戸市産業振興部企業・雇用推進室
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,7/12
  38. 2007年度 株式会社カネカ
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,7/30
  39. 2007年度 EN大塚製薬株式会社
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,8/7
  40. 2007年度 山形県工業技術センター
    • 指導等の内容 :
      高齢者用食品の開発,9/10
  41. 2007年度 株式会社パールライス宮城
    • 指導等の内容 :
      玄米未利用部位粉の改質,10/2
  42. 2007年度 社団法人田野畑村産業開発公社
    • 指導等の内容 :
      アイスクリーム新銘柄の開発,10/9
  43. 2007年度 株式会社グランバー
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,10/15
  44. 2007年度 日本放送協会盛岡放送局
    • 指導等の内容 :
      食品開発に関する報道解説,10/19
  45. 2007年度 学校給食パン宮城協業組合名取工場
    • 指導等の内容 :
      学校給食用米粉パンの製造,10/23
  46. 2007年度 株式会社カネカ
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,11/1
  47. 2007年度 財団法人釜石・大槌地域産業育成センター
    • 指導等の内容 :
      甲子柿の加工,11/2
  48. 2007年度 岩手県二戸地方振興局農政部
    • 指導等の内容 :
      地域特産品の加工,11/5
  49. 2007年度 株式会社佐幸本店
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,11/12
  50. 2007年度 日東ベスト株式会社
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,11/19
  51. 2007年度 東日本沢内総合開発株式会社
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,品質評価,11/19
  52. 2007年度 財団法人釜石・大槌地域産業育成センター
    • 指導等の内容 :
      甲子柿の加工,12/3
  53. 2007年度 株式会社カネカ
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,12/4
  54. 2007年度 株式会社パールライス宮城
    • 指導等の内容 :
      玄米未利用部位粉の改質,製パンの科学,12/10
  55. 2007年度 株式会社ジャスター釜石スモーク工房
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,12/12
  56. 2007年度 有限会社北三陸天然市場
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,12/18
  57. 2007年度 東日本沢内総合開発株式会社
    • 指導等の内容 :
      品質評価,賞味期限の設定,12/26
  58. 2007年度 岩手県二戸市産業振興部企業・雇用推進室
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,12/28
  59. 2007年度 北陸製菓株式会社
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,1/7-8
  60. 2007年度 株式会社パールライス宮城
    • 指導等の内容 :
      玄米未利用部位粉の改質,1/11
  61. 2007年度 株式会社カネカ
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,1/16
  62. 2007年度 盛岡農業改良普及センター
    • 指導等の内容 :
      地域特産品の加工,1/28
  63. 2007年度 岩手県二戸市産業振興部企業・雇用推進室
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,1/28
  64. 2007年度 株式会社カネカ
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,2/7
  65. 2007年度 株式会社パールライス宮城
    • 指導等の内容 :
      玄米未利用部位粉の改質,2/8
  66. 2007年度 かねご製餡株式会社
    • 指導等の内容 :
      新規食品の開発,2/20
  67. 2007年度 株式会社カネカ
    • 指導等の内容 :
      食品加工工程の改善,新規食品の開発,3/28
  68. 2011年度 株式会社日清製粉グループ本社 R&D・品質保証本部基礎研究所
    • 指導等の内容 :
      2011年11月14日 製品開発について
      2012年3月5日 製品の品質改良について
生涯学習支援実績
  1. 第9回農業生命科学科公開講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : ケーキはなぜ膨らむのか?-ベークド製品の「さいえんす」-
    • 開催期間 : 2004年7月
  2. 平成16年度いわて農業者トップスクール
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : マーケティング論
    • 開催期間 : 2004年9月
  3. 田野畑村産業実践大学公開講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 畜産物および水産物の高度加工
    • 開催期間 : 2004年11月
  4. 田野畑村産業実践大学出前講義
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 地域農林畜水産物の高度加工~過去,現在,未来~
    • 開催期間 : 2005年2月
  5. 平成17年度いわて農業者トップスクール
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : マーケティング論
    • 開催期間 : 2005年9月
  6. 岩手県大船渡高等学校「一日総合大学」
    • 種類 : 出前講義
    • 担当部門(講演題目) : 「安全」で「おいしく」て「健康維持に役立つ」食品をいかに安価に安定した品質で創るか
    • 開催期間 : 2005年10月
  7. 岩手県大東高等学校
    • 種類 : 出前講義
    • 担当部門(講演題目) : 『安全』で『おいしく』て『健康維持』に役立つ食品をいかに安価に安定した品質で創るか
    • 開催期間 : 2006年8月
  8. 平成18年度農業者ビジネスカレッジ
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 農畜産物の加工,商品開発
    • 開催期間 : 2006年10月
  9. 北海道旭川北高等学校
    • 種類 : 出前講義
    • 担当部門(講演題目) : 食品のサイエンス-理論に基づいたモノ創り-
    • 開催期間 : 2007年8月
  10. 岩手県立水沢高等学校SSH第1学年研修
    • 種類 : 実習
    • 担当部門(講演題目) : テーマ13:果汁の「おいしさ」を知る-有機酸の種類・量と味
    • 開催期間 : 2007年9月
  11. 盛岡市立高等学校上級学校見学学習
    • 種類 : 見学学習
    • 担当部門(講演題目) : クッキーのサイエンス
    • 開催期間 : 2007年9月
  12. 平成19年度いわてアグリフロンティアスクール
    • 種類 : 平成19年度「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」
    • 担当部門(講演題目) : マーケティングイノベーション・コース
    • 開催期間 : 2007年10月~2008年3月
  13. 平成20年度いわてアグリフロンティアスクール
    • 種類 : 平成20年度「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」
    • 担当部門(講演題目) : マーケティングイノベーション・コース
    • 開催期間 : 2008年4月~2009年3月
  14. 平成20年度盛岡市農業振興連絡協議会生活部会「地産地消応用講座」
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 地産地消に向けた地域食材の高度加工
    • 開催期間 : 2008年7月
  15. 岩手県立水沢高等学校SSH第1学年研修
    • 種類 : 実習
    • 担当部門(講演題目) : テーマ8:たべもの作りのサイエンス-フルーツジャムとパン
    • 開催期間 : 2008年9月
  16. 花巻市・岩手大学連携講座
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 玄米,米粉で食品創り
    • 開催期間 : 2008年10月
  17. 岩手県立水沢高等学校平成20年度SSH特別講義②
    • 種類 : 出前講義
    • 担当部門(講演題目) : 食の安全と安心―科学的根拠に基づいて―
    • 開催期間 : 2008年11月
  18. 花巻市・岩手大学連携講座:米粉加工食品勉強会(第6回婦人学級)
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 食料自給率の向上,食品の期限表示,米粉の科学,米粉マフィンの科学
    • 開催期間 : 2008年12月
  19. 平成20年度第2回盛岡地方農村起業講座
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 加工の基礎知識
    • 開催期間 : 2009年1月
  20. 平成21年度いわてアグリフロンティアスクール
    • 種類 : 平成21年度「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」
    • 担当部門(講演題目) : マーケティングイノベーション・コース
    • 開催期間 : 2009年4月~2010年3月
  21. 日本農芸化学会東北支部「サイエンスカフェin盛岡」
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 麺製造技術の発展と盛岡冷麺
    • 開催期間 : 2009年6月
  22. 平成22年度いわてアグリフロンティアスクール
    • 種類 : 平成22年度「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」
    • 担当部門(講演題目) : マーケティングイノベーション・コース
    • 開催期間 : 2010年4月~2011年3月
  23. 2010年度岩手大学シニアカレッジ
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 講義2:北東北は食材の宝庫~宝石の原石を磨き上げることの大切さ~
    • 開催期間 : 2010年9月
  24. 平成23年度いわてアグリフロンティアスクール
    • 種類 : 平成23年度「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」
    • 担当部門(講演題目) : マーケティングイノベーション・コース
    • 開催期間 : 2011年4月~2012年3月
  25. 学部説明・模擬講義・生徒との質疑応答
    • 種類 : 出前講義
    • 担当部門(講演題目) : 食のサイエンス~本質を理解するために~
      2011年8月23日
    • 開催期間 : 2011年8月
  26. 平成24年度いわてアグリフロンティアスクール
    • 種類 : 平成24年度「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」
    • 担当部門(講演題目) : マーケティングイノベーション・コース
    • 開催期間 : 2012年4月~2013年3月
  27. 平成24年度岩手大学公開講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 応用生物化学課程:三色ゼリーを作ってみよう~熱すると融ける/固まる多糖類の不思議
    • 開催期間 : 2012年7月
  28. 岩手大学三陸復興推進機構『甲子柿セミナー』
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 特異的な燻蒸脱渋柿である『甲子柿』で地域活性化~エビデンス(科学的根拠)とコンプライアンス(法令遵守)の重要性~
    • 開催期間 : 2012年9月
  29. 日本食品科学工学会平成24年度東北支部大会「市民フォーラム」
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 東日本大震災復興に向けて~日本食品科学工学会の役割
    • 開催期間 : 2012年10月
  30. 第46回日本栄養・食糧学会東北支部公開シンポジウム「米の利用技術の発展と健康への期待」
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 米粉を使いこなすためのポイント~第2世代・第3世代米粉~
    • 開催期間 : 2012年11月
  31. 市民公開講座「海の恵みと健康」
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 文部科学省東北マリンサイエンス拠点形成事業「三陸沿岸域の特性やニーズを基盤とした海藻産業イノベーション」における留萌市実施のヒト介在試験の意義と三陸沿岸被災地復興との関連
      2013年3月9日
    • 開催期間 : 2013年3月
  32. 岩手県立花巻北高等学校第1回進路講演会
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 模擬講義「東日本大震災からの農林畜水産業復興に向けての学術研究の意義と事例紹介」
      2013年6月4日
    • 開催期間 : 2013年6月
  33. 平成25年度いわてアグリフロンティアスクール
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 農産加工品のマーケティング
      2013年7月11日
    • 開催期間 : 2013年7月
  34. 秋田県立花輪高等学校・東日本大震災被災地(釜石市)訪問研修
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 模擬講義・実習「食品凍結・解凍の「さいえんす」」
      2013年7月30日
    • 開催期間 : 2013年7月
  35. 日本油化学会第52回大会・市民公開講座
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 市民公開講座「油脂のおいしさと上手な使方」
      青山敏明氏(日清オイリグループ株式会社)
      2013年9月5日
    • 開催期間 : 2013年9月
  36. 岩手県立盛岡第三高等学校 緑丘プレ大学講座
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 模擬講義「食品加工のサイエンス-~調理vs加工~」
      2013年10月9日
    • 開催期間 : 2013年10月
  37. 釜石湾漁協女性部・食品加工研修会
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 2013年10月18日:食品の加熱・冷却
      2013年11月18日:食品の凍結・解凍
      2013年12月6日:食品の乾燥
      岩手大学釜石サテライト
    • 開催期間 : 2013年10月~2013年12月
  38. 岩手県教育委員会 平成26年度授業力向上研修
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 2014年7月30日
      高等学校授業力向上研修「教科」水産(2日 12時間)
      「水産学・海洋科学の最新事情」Ⅱ
      (岩手県水産技術センター)
    • 開催期間 : 2014年7月
  39. 平成26年度いわてアグリフロンティアスクール
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 農産物・加工品のマーケティング
      2014年10月28日
    • 開催期間 : 2014年10月
  40. 釜石湾漁協女性部・食品加工研修会
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 2014年11月17日:「新たな新巻鮭創り-前処理と低温除湿乾燥-」(1)
      2014年12月8日:「新たな新巻鮭創り-前処理と低温除湿乾燥-」(2)
      2015年1月13日:「新たな新巻鮭創り-前処理と低温除湿乾燥-」(3)
      岩手大学釜石サテライト
    • 開催期間 : 2014年11月~2015年1月
  41. 岩手県立釜石高等学校平成26年度第6回先端技術講演会
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 「これからの水産学の在り方~水産業を発展させるために~」
      2015年1月26日
    • 開催期間 : 2015年1月
  42. 釜石湾漁協女性部・食品加工研修会
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 2015年10月27日:「新たなサケ燻製品創り-前処理,低温除湿乾燥,燻煙処理-」(1)
      2015年12月1日:「新たなサケ燻製品創り-前処理,低温除湿乾燥,燻煙処理-」(2)
      2016年1月13日:「新たなサケ燻製品創り-前処理,低温除湿乾燥,燻煙処理-」(3)
      岩手大学釜石サテライト
    • 開催期間 : 2015年10月~2016年1月
  43. 放送大学2015年度第2学期 面接授業
    • 種類 : 公開講座
    • 担当部門(講演題目) : 「食生活と食産業を支える食品科学」
      2015年10月31日~11月1日
    • 開催期間 : 2015年10月~2015年11月
  44. 平成27年度いわてアグリフロンティアスクール
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 農産物・加工品のマーケティング
      2015年11月9日
    • 開催期間 : 2015年11月
  45. 栃木県立足利高等学校平成27年度大学出前講義
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 「食品工学とは-岩手大学農学部食品工学研究室での研究・開発事例-」
      2015年11月19日
    • 開催期間 : 2015年11月
  46. 土橋自治公民館・土橋里の味グループ食品加工研修会
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 「リンゴ・コンフィチュール製造の理論と実習」
      2016年1月29日
    • 開催期間 : 2016年1月
  47. 釜石市「甲子柿ブランド化セミナー」
    • 種類 : 講演会
    • 担当部門(講演題目) : 「燻蒸脱渋するという全国でも珍しい柿~甲子柿の脱渋機構と機能性食品素材としての展開~」
      2016年3月8日
    • 開催期間 : 2016年3月
  48. 青森県立五所川原高等学校 平成28年度「キャッチ・ザ・大学」
    • 種類 : 出前講義(高校・一般向け)
    • 担当部門(講演題目) : 「食品の"成分・構造"と"物性"を制御して「おいしさ」を創り出す」
      2016年9月30日
    • 開催期間 : 2016年9月
  49. 平成28年度いわてアグリフロンティアスクール
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 農産物・加工品のマーケティング
      2016年11月18日
    • 開催期間 : 2016年11月
  50. 釜石湾漁協女性部・食品加工研修会
    • 種類 : 講習会
    • 担当部門(講演題目) : 2016年12月13日:「魚麺-魚食拡大に向けて-」(2)
      岩手大学釜石サテライト
    • 開催期間 : 2016年12月
産学官民連携活動
  1. 第1回食品磁場活用研究会
    • 実績年度 : 2004年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  2. 第3回食品磁気科学応用研究会
    • 実績年度 : 2004年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  3. 技術情報協会セミナー「乳化操作における乳化剤の選択・評価とエマルションの安定化」
    • 実績年度 : 2004年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  4. アグリビジネス産学官連携フォーラム
    • 実績年度 : 2004年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  5. INS産学官連携フォーラムin大船渡
    • 実績年度 : 2004年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  6. 技術情報協会セミナー「エマルションの調製と安定化機構」
    • 実績年度 : 2004年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  7. 平成16年度第5回えさし車座研究会
    • 実績年度 : 2004年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  8. 岩手農林協議会(AFR)
    • 実績年度 : 2004年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  9. 第2回食品磁場活用研究会
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  10. 宮城県食品工業協議会・財団法人みやぎ産業振興機構:産業支援施設などの視察会
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  11. 岩手大学マッチングフェア
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 2
  12. 江刺市議会市政調査会研修会
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  13. いわて農業者トップスクール同窓会
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  14. 花泉町と岩手大学との共同研究報告会
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  15. いわて奥中山農業協同組合酪農生産部会講演会
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  16. INS研究交流会in東京
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  17. 平成17年度第2回えさし車座研究会
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  18. 技術情報協会セミナー「エマルション油脂の結晶化の機構とその制御技術」
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  19. いわて農業者トップスクール花巻支部研修会
    • 実績年度 : 2005年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  20. 第19回べにばなコンファランスin仙台
    • 実績年度 : 2006年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  21. 第24回コロイド・界面技術シンポジウム
    • 実績年度 : 2006年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  22. 工業技術会セミナー「エマルション油脂の結晶化の機構とその制御技術」
    • 実績年度 : 2006年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  23. 岩手大学マッチングフェア
    • 実績年度 : 2006年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 2
  24. 久慈市・岩手大学地域連携フォーラム
    • 実績年度 : 2006年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  25. 平成18年度第5回久慈・車座研究会
    • 実績年度 : 2006年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  26. 平成18年度第1回奥州車座研究会
    • 実績年度 : 2006年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  27. 釜石・大槌企業ネットワーク-第1回モノづくり塾
    • 実績年度 : 2006年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  28. 釜石・大槌企業ネットワーク-モノづくり塾-食品加工処理技術勉強会
    • 実績年度 : 2006年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  29. 平成18年度地域提案型雇用創造促進事業(パッケージ事業)-新商品開発セミナー
    • 実績年度 : 2006年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  30. 技術情報協会入門講座「『乳化』の基礎および乳化剤の選定と乳化安定化技術」
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  31. 山形県食品加工研究会第1回技術セミナー
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  32. 東北地域農林水産・食品ハイテク研究会 食品部会セミナー
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  33. 釜石・大槌企業ネットワーク-モノづくり塾-第2回食品加工処理技術勉強会
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  34. 平成19年度担い手育成確保・集落ビジョン推進大会~「地域資源を活用した集落営農の展開方向」
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  35. 平成19年度みやこ農業経営者トップスクール
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  36. 工業技術会セミナー「エマルション油脂の結晶化の機構とその制御技術」
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  37. 東北地域担い手育成・確保推進シンポジウム
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  38. 水沢区認定農業者連絡協議会全体研修会「あぐりフォーラム2008」
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  39. 平成20年岩手県農業農村指導士協会及びアグリサミット盛岡研修会
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  40. 平成19年度食料産業クラスター展開事業「地域食品開発セミナー」
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  41. 宮古市「新産業創出セミナー」
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  42. 平成19年度釜石・大槌企業ネットワーク事業第2回「企業交流プラザ」
    • 実績年度 : 2007年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  43. 第24回現代コロイド・界面化学基礎講座
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  44. 第102回食用加工油脂技術研究会
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  45. 財団法人さんりく基金 平成20年度調査研究事業成果報告会
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  46. 第7回食品レオロジー講習会-初心者のための実習と基礎-
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  47. 奥州市産学官地域連携セミナー2008「地域資源を活用した農商工連携の取り組みと今後の展望について」
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  48. 技術情報協会セミナー「物性・処方設計からみる[粘度][濃度]別 乳化・可溶化技術」
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  49. 宮古市農林水商工連携フォーラム「岩手における農林水商工連携」
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  50. 東北地域担い手育成・確保推進シンポジウム「経営の多角化に向けた農産物の高度加工-商品化のポイント-」
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  51. 平成21年農事講演会「JA岩手ふるさと産ひとめぼれの新たな展開により食を拓く-米の高度加工-」
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  52. 平成20年度釜石・大槌企業ネットワーク事業「甲子柿の高度利用研究」研究成果報告会
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  53. 白河市担い手育成講演会「経営の多様化に向けた農産物の高度加工-ブランド化のポイント-」
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  54. 株式会社パールライス宮城
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 6
  55. 久慈市役所産業振興部
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  56. 有限会社北三陸天然市場
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  57. 株式会社カネカ
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  58. 小野食品株式会社
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  59. ミヨシ油脂株式会社
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 2
  60. 久慈市役所産業振興部
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  61. 日清エンジニアリング株式会社
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  62. 株式会社興人
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  63. 橋本BYOラボ
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  64. 財団法人釜石・大槌地域産業育成センター
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 2
  65. 岩手県二戸市産業振興部企業・雇用推進室
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  66. 山形県農業総合研究センター 農業環境研究部 農産加工開発課
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  67. EM大塚製薬株式会社 開発研究部
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  68. 大塚製薬株式会社 生産本部製品技術第一研究所
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  69. 有限会社ホソタ薬局、株式会社プランタンいずみ
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  70. 高砂工業株式会社 開発部研究開発課
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  71. 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構(東北農研センター)
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  72. 敷島製パン株式会社 開発本部
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  73. 紫波町商工会
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  74. オフィス朝比奈 加幸屋のぼる
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  75. 株式会社岩手エッグデリカ
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  76. 味の素株式会社 研究開発企画部
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  77. 有限会社すがた
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  78. やまだいいち有限会社
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  79. 有限会社中松屋
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  80. 柳沢商会
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  81. マルニ食品株式会社
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  82. 株式会社日清製粉グループ本社
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  83. 株式会社黒川食品
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  84. 三菱化学フーズ株式会社
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  85. 花巻市起業化支援センター
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  86. 山形県農業総合研究センター農業循環研究部 農産加工開発部
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  87. IAFS受講生 軽米町農業者
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  88. 株式会社パールライス宮城
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  89. 株式会社パールライス宮城
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  90. 株式会社パールライス宮城
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  91. 株式会社パールライス宮城
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  92. 株式会社パールライス宮城
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  93. 株式会社パールライス宮城
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  94. 日清エンジニアリング株式会社
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  95. ミヨシ油脂株式会社
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  96. 財団法人釜石・大槌地域産業育成センター
    • 実績年度 : 2008年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  97. 第25回現代コロイド・界面化学基礎講座
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  98. 第7回農商工連携等推進人材育成研修-講義研修-
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  99. 日本レオロジー学会 第8回食品レオロジー講習会
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  100. 第36回食品の物性に関するシンポジウム
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  101. 財団法人すかいらーくフードサイエンス研究所 第21回学術助成金による研究成果発表会
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  102. 日本油化学会 第9回基準油脂分析試験法セミナー
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  103. 技術情報協会セミナー「物性・処方設計からみる粘度・濃度別 乳化・可溶化技術」
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  104. 岩手県中央農業改良普及センター
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  105. 株式会社パールライス宮城
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  106. 花巻市技術振興協会
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  107. 東北農政局生産経営流通部
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  108. 株式会社舞台ファーム
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 3
  109. 岩手県立水沢高等学校
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  110. サントリービジネスエキスパート株式会社
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  111. 有限会社雫石創作農園
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 2
  112. オルガノ東北株式会社
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  113. 北陸製菓株式会社
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  114. 根上農業協同組合
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  115. (財)釜石・大槌地域産業育成センター
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 3
  116. 株式会社アジテック・ファインフーズ
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  117. 大塚製薬株式会社
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  118. 磐田化学工業株式会社
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  119. 加幸屋のぼる
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  120. 川村工業株式会社
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  121. (財)いわて産業振興センター
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 3
  122. IAFS受講生 軽米町農業者
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  123. DIMPLE FOODS株式会社
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  124. 田野畑村雇用創造推進協議会
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  125. 有限会社丸賀
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  126. IAFS受講生 二戸市農業者
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  127. キリン協和フーズ株式会社
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  128. ティー・エイ・インスツルメント・・ジャパン株式会社
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  129. 協和界面科学株式会社
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  130. 日本ミルクコミュニティ株式会社
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  131. 株式会社サタケ
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  132. 敷島製パン株式会社
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  133. 味の素株式会社・ライフサイエンス研究所
    • 実績年度 : 2009年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  134. 平成23年 農業問題研究会
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  135. 日本レオロジー学会 第9回食品レオロジー講習会
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 主催および参加
  136. 雪印メグミルク株式会社
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 3
  137. 株式会社尾坪商店
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 2
  138. JA全農いわて
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  139. 宮古市産業支援フォーラム2010
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  140. 食品ニューテクノロジー研究会
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  141. いわて農商工連携ビジネス・スクール-実践講座-
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  142. ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン(株):レオロジーセミナー
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  143. 株式会社銀河農園
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  144. 三菱化学フーズ株式会社
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  145. IAFS修了生 奥州市農業者
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  146. タカナシ乳業株式会社
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  147. 三菱化学フーズ(株):乳化剤セミナー
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 主催・参加 : 参加
  148. 岩手県沿岸広域振興局
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  149. 大塚製薬株式会社
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  150. 岩手県南広域振興局
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  151. 八幡平市役所総合政策課
    • 実績年度 : 2010年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 1
  152. 盛岡工業クラブ第61回定例懇談会講話
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  153. 平成23年度研究成果技術移転セミナー「大学の研究成果と企業における事業化への展望」
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  154. 日本レオロジー学会 第10回食品レオロジー講習会
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  155. 三陸水産業の復興に向けた3大学連携推進シンポジウム
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  156. 久慈市・岩手大学地域連携フォーラム
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  157. 平成23年度岩手大学学長裁量経費 地域課題解決プログラム成果発表会
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  158. 農事組合法人岩崎農産
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  159. IAFS修了生 雫石町技術相談員
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  160. 川嶋印刷㈱
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  161. (有)沢菊
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  162. かねご製餡㈱
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  163. ㈱ホクコー
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  164. タカナシ乳業㈱
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  165. キリン協和フーズ㈱
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  166. 三菱化学フーズ㈱
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  167. ㈱アイカムス・ラボ
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  168. (有)西部産業
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  169. ㈱ベスト
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  170. ㈱丸勘
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  171. ㈱ミナミ食品/プルデンシャル生命保険㈱
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  172. IAFS修了生/HG会
    • 実績年度 : 2011年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  173. ㈱技術機構・乳化技術入門セミナー
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  174. ㈱テックデザイン食品技術講習会
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  175. 日本レオロジー学会 第11回食品レオロジー講習会
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  176. 第17回食品技術研究者ネットワーク全体会
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  177. 2013地域食品開発交流セミナー
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  178. 岩手県中小企業等復旧・復興支援補助事業
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  179. 株式会社ブルースター
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  180. 株式会社かわむら
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  181. ㈱ミナミ食品/プルデンシャル生命保険㈱
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  182. 有限会社北三陸天然市場
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  183. 株式会社川喜
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  184. 株式会社ベスト
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  185. 株式会社北陸製菓、石川農業総合研究センター
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  186. 鎌田水産株式会社
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  187. タカナシ乳業㈱
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  188. 炉何煎
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  189. 株式会社佐藤運輸
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  190. 山形県工業技術センター
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  191. 兵庫県立農林水産技術総合センター
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  192. 株式会社マルサ嵯峨商店
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  193. 大塚製薬株式会社
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  194. 株式会社太陽化学
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  195. 三陸復興推進機構・水産業復興推進部門・水産加工に関する車座研究会in釜石
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
  196. 株式会社ファーマラボ
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  197. 三陸復興推進機構・水産業復興推進部門・水産加工に関する車座研究会in宮古
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
  198. キリン協和フーズ株式会社
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  199. 株式会社日清製粉グループ本社
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  200. 丸友しまか有限会社
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  201. いわて食料産業クラスター協議会 2013地域食品開発交流セミナー
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  202. 岩手県中小企業団体中央会 岩泉地域水産物加工業福幸会
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  203. 食品技術研究者ネットワーク第17回全体会
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  204. 山形県工業技術センター・生活技術部
    • 実績年度 : 2012年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  205. オリエンタル酵母工業株式会社・学術講演会
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  206. 株式会社R&D支援センター・セミナー
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  207. ティ・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社6月セミナー レオロジー・熱分析スクール
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  208. 株式会社テックデザイン・セミナー
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  209. 株式会社かわむら
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  210. 有限会社北三陸天然市場
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  211. 炉何煎
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  212. 雪印メグミルク株式会社
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  213. 株式会社雪国アグリ
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  214. 株式会社日清製粉グループ本社
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  215. 株式会社グリーンデリカ
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  216. NPO法人いわて脳外傷友の会イーハトーブ
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  217. キリン協和フーズ株式会社
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  218. 創作農家こすもす
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  219. 千葉製粉株式会社・研究室 素材開発課
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  220. オリエンタル酵母工業株式会社
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  221. 東北農政局・盛岡地域センター
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  222. 有限会社マルエイ
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  223. 堀合漁業株式会社
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  224. 敷島製パン株式会社
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  225. 株式会社ミナミ食品
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  226. 日本レオロジー学会 第12回食品レオロジー講習会
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  227. 第3回全国水産系研究者フォーラム
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  228. 株式会社技術情報協会セミナー
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  229. SANRIKU(三陸)水産研究教育拠点形成事業成果報告会
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  230. 水産加工研究講演会 in 久慈
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  231. 平成25年度第2回日本水産学会水産利用懇話会講演会
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  232. 平成25年度岩手大学三陸復興推進機構シンポジウム
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  233. 平成25年度実験・実習技術研究会inイーハトーブいわて
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  234. 平成25年度SANRIKU(三陸)教育研究拠点形成事業成果報告会
    • 実績年度 : 2013年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  235. 平成25年度「魚のまち」釜石モデルアクションプラン策定業務報告会
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  236. 水産加工業車座研究会 in 大船渡
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  237. 株式会社R&D支援センターセミナー
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  238. 日本油化学会第53回年会 特別講演
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  239. 日本海水学会若手会「海水・生活・化学連携シンポジウム」
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  240. 株式会社テックデザインセミナー
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  241. 日本レオロジー学会 第13回食品レオロジー講習会
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  242. 岩手塩彩プロジェクト実施プロトコール検討ワークショップ
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  243. 第4回全国水産系研究者フォーラム・パネルディスカッション
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  244. 株式会社情報機構セミナー
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  245. 第11回とうぎんアグリセミナー~6次産業化・地方創生へのアプローチ~
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  246. 平成26年度岩手大学三陸復興推進機構シンポジウム
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  247. 平成26年度第3回食品製造・品質管理者向けセミナー「加工技術から岩手の食品製造の明日を考える」
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  248. 第2回岩手大学三陸水産研究センターと岩手県水産技術センターとの情報交換会
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  249. 平成 26 年度地域課題解決プログラム成果発表会
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  250. 平成26年度SANRIKU(三陸)教育研究拠点形成事業成果報告会
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  251. 日本農芸化学会2015年度(平成27年度)大会 シンポジウム:地域資源で東北を元気にするグローカルな農芸化学~食品から機能性研究へ~
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  252. オリエンタル酵母工業株式会社
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  253. 雪印メグミルク株式会社
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  254. MCフードスペシャリティーズ株式会社
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  255. 有限会社中村家
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  256. 三菱化学フーズ株式会社
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  257. 平成26年度いわて特産品コンクール
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  258. 千葉製粉株式会社・研究室 素材開発課
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  259. 釜石ヒカリフーズ株式会社
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  260. 株式会社シュゼット
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  261. 大塚製薬株式会社
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  262. 釜石市パン工房開店予定者
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  263. 有限会社産直グループ
    • 実績年度 : 2014年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  264. 宮古市「減塩加工食品開発セミナー」
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  265. 株式会社テックデザインセミナー
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  266. 日本レオロジー学会 第14回食品レオロジー講習会
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  267. 油脂物性研究会
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  268. 地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)事業「矢巾町健康食品開発販路拡大地方創生事業」開発・販路拡大ワークショップ
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  269. 日本水産学会平成28年度春季大会シンポジウム
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  270. オリエンタル酵母工業株式会社
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  271. 田老町漁業協同組合
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  272. 雪印メグミルク株式会社
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  273. 株式会社カネカ
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  274. 有限会社小が理商店
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  275. 丸友しまか有限会社
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  276. 北緯四十度のまち株式会社
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  277. 株式会社オリオンベーカリー
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  278. 有限会社カネシメ水産
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  279. 盛岡正食普及会
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  280. 藤勇醸造株式会社
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  281. 釜石ヒカリフーズ株式会社
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  282. 株式会社澤田屋
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  283. 土橋味の里
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  284. 株式会社浅沼醤油店
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  285. 大塚製薬株式会社
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  286. アルバック東北株式会社
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  287. 株式会社みちのくジャパン
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  288. サニー・ヘルス株式会社
    • 実績年度 : 2015年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  289. 三陸地域の水産関係者向け事業報告会:岩手大学,東京海洋大学及び北里大学における水産業の復興に向けた研究成果報告会
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  290. 第56回澱粉研究懇談会
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  291. 日本食品工学会第17回(2016年度)年次大会 シンポジウムB「食品工学を通じた震災復興支援事業の取り組み」
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  292. 日本レオロジー学会 第15回食品レオロジー講習会
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  293. 株式会社テックデザインセミナー
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  294. 農林水産省アグリビジネス創出フェア2016
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  295. 農林水産省アグリビジネス創出フェア2016
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  296. 株式会社みちのくジャパン
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  297. セイナン缶詰加工株式会社
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  298. オリエンタル酵母工業株式会社
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  299. 株式会社日清製粉グループ本社
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  300. 三陸地域の水産関係者向け事業報告会:岩手大学,東京海洋大学及び北里大学における水産業の復興に向けた研究成果報告会
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  301. 岩手県立花巻農業高等学校
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  302. タカノフーズ株式会社
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  303. 「知」の集積と活用の場
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 参加
  304. 秋田県総合食品センター
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  305. 富士食品工業株式会社
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  306. 山形県立上山明新館
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  307. 東京すしアカデミー
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  308. 奥州瀬谷子梅の会
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  309. 低糖質和菓子研究会
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 相談件数 : 0
  310. 小野食品㈱
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  311. ミネックス㈱
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  312. ㈱ハートブリッジ
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  313. 新おおつち漁業協同組合
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  314. 有限会社孫兵衛堂,株式会社道奥
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  315. 矢巾町健康食品開発販路拡大地方創生事業
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 主催および参加
  316. 釜石ヒカリフーズ㈱
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 相談件数 : 0
  317. いわて米粉ネットワーク総会
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
    • 主催・参加 : 講師
  318. 有限会社北三陸天然市場
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  319. 三菱化学フーズ株式会社
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  320. 低塩醤油「いわて健民」商品発表会
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 相談件数 : 0
  321. オネットプラン
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  322. 太陽化学株式会社
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  323. 有限会社丸友しまか
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  324. 株式会社浅沼醤油店
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  325. 株式会社林原
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  326. 株式会社岩手エッグデリカ
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  327. 有限会社マルカネ
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  328. 復興シーフードショー IWATE 2017
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 研究会・セミナー等
    • 相談件数 : 0
  329. 「ゆるドライ」研究会
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 相談件数 : 0
  330. 日本デルモンテ株式会社
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  331. 株式会社キタカミデリカ
    • 実績年度 : 2016年度
    • 活動区分 : 技術支援及び技術相談
    • 相談件数 : 0
  332. 低糖質和菓子研究会
    • 実績年度 : 2017年度
    • 活動区分 : プロジェクト
    • 相談件数 : 0
国際交流活動
  1. 2004年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        学部研究生
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        朴春紅(先方講師)を11月~2月に受け入れ
  2. 2016年度
    • 外国人受入れ(私費留学生を除く)
      • 交流機関・事業等名 :
        大学院研究生(ケニヤ大使館推薦の国賓留学)
      • 交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :
        Anne Wacuka Mutahi(岩手大学大学院連合農学研究科への入学希望者)を4月~9月に受け入れ
他大学等の非常勤講師
  1. 宮城大学
    • 食産業学部で「地域食材開発論」と「食品開発論」を講義 (2007年4月~2011年9月)
  2. 宮城大学
    • 食産業学部で「食品工学」を講義(全8回) (2014年9月~2015年2月)
  3. 宮城大学
    • 食産業学部で「食品物理化学」を講義(全8回:1回に2コマ) (2015年4月~2015年8月)
社会貢献活動における特筆すべき事項
  1. 2005年度
    • 米の消費量増加に向けて,岩手県パン工業組合が出願人となって2000年8月3日に出願した特許「玄米粉の製造方法,玄米粉を用いたパン類,キビ粉の製造方法およびキビ粉を用いたパン類」が,拒絶査定となったが不服審判の結果,2006年1月24日に登録審決が下され,2006年3月10日に登録になった。
  2. 2013年度
    • 岩手県立盛岡第三高等学校が実施している平成25年度スーパーサイエンスハイスクール事業において,物理班「新しい動力伝達~ダイラタント流体を用いて~」の実験に協力(指導,装置使用)し,第13回岩手県高等学校理数科課題研究発表会に参加し、物理班が最優秀賞を受賞した。
活動履歴
  1. 2004年度
    • 入試業務
    • 入試業務
    • 入試業務
    • 入試業務
    • 将来構想委員会
  2. 2005年度
    • 学科・課程等での業務分担
    • 入試業務
    • 入試業務
    • 入試業務
    • 入試業務
  3. 2006年度
    • 学科・課程等での業務分担
    • 学科・課程等での業務分担
    • 広報図書委員会
  4. 2007年度
    • 学科・課程等での業務分担
    • 学科・課程等での業務分担
    • 情報メディアセンター図書館部門会議
  5. 2008年度
    • 学科・課程等での業務分担
    • 学科・課程等での業務分担
    • 知的財産教育実行委員会
  6. 2009年度
    • 学科・課程等での業務分担
    • 学科・課程等での業務分担
  7. 2010年度
    • クラス担任
    • [その他] 高校での学部紹介
    • 入学者選抜委員会
    • 地域連携推進センター機器活用専門委員会
    • 附属動物医学食品安全教育研究センター運営委員会
    • 地域連携推進室
    • いわてアグリフロンティアスクールコース主担当
  8. 2011年度
    • 地域連携推進センター機器活用部門 生物・食品解析室
    • 地域連携推進センター機器活用部門委員会
    • 地域連携推進室
    • いわてアグリフロンティアスクールコース主担当
    • 教務委員会
    • 大学教育総合センター全学共通教育企画・実施部門会議
    • 附属動物医学食品安全教育研究センター運営委員会
  9. 2012年度
    • 地域連携推進室
    • いわてアグリフロンティアスクールコース主担当
    • 教務委員会
    • 全学共通教育部門会議
    • クラス担任
    • 機器活用専門委員会
    • 機器活用専門委員会
    • [その他] 転学部、転学科等の試験
    • 附属動物医学食品安全教育研究センター運営委員会
  10. 2013年度
    • 地域連携推進室
    • 機器活用専門委員会
    • 機器活用専門委員会
    • [その他] 転学部、転学科等の試験
    • 新素材・加工技術部門会議
    • 運営委員会
    • 運営委員会
    • 水産業復興推進部門会議
    • 三陸水産研究センター長
  11. 2014年度
    • 三陸水産研究センター長
    • 新素材・加工技術部門会議
    • 運営委員会
    • 水産業復興推進部門会議
    • 研究推進機構研究基盤管理・機器分析部門会議
    • 地域連携推進室
    • 就職委員会
  12. 2015年度
    • 就職委員会
    • 新素材・加工技術部門会議
    • 研究推進機構研究基盤管理・機器分析部門会議
  13. 2016年度
    • 研究推進機構研究基盤管理・機器分析部門会議
    • 入試委員会
    • 入試委員会
    • 新素材・加工技術部門会議
その他の大学運営活動
  1. 2006年度
    • 岩手大学地域連携推進センター
      兼務
  2. 2009年度
    • 「ヘリウム液化装置 一式」の全般に係る技術審査

      仕様策定委員(ヘリウム液化装置)
  3. 2010年度
    • ・平成22年度岩手大学説明会(5/22,八戸市ユートリー)
      ・高校PR訪問(8/20,宮城県立第一高等学校,宮城県立二華高等学校,宮城県立仙台南高等学校)
      ・高校PR訪問(9/10,秋田県立大館鳳鳴高等学校,秋田県立能代高等学校)
      ・大型設備調達に関わる技術審査委員・連合農学研究科教員審査委員会専門委員
  4. 2012年度
    • 岩手大学大学院連合農学研究科教員審査委員会専門委員(2件)
    • 仕様策定委員:水産資源物性評価システム(粘弾性測定装置,示差走査熱量計,等温滴定熱量計)
    • 仕様策定委員:パルスNMR装置
  5. 2013年度
    • 仕様策定委員:高分解能マイクロフォーカスX線CT装置
    • 仕様策定委員:アミノ酸分析システム
    • 仕様策定委員:圧縮・引張型レオメータシステム
  6. 2014年度
    • 仕様策定委員:ゼータ電位・粒子径測定システム