大柳 洸一 (Koichi OYANAGI)

写真a

所属

岩手大学  理工学部  物理・材料理工学科  マテリアルコース 

職名

助教

生年

1989年

研究室住所

〒0208551 岩手県 盛岡市上田4-3-5 理工学部7号館 401

研究室

小林・大柳研究室

ホームページ

https://koichioyanagi.com/

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

スピントロニクス, 磁性

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2014年03月

    東北大学   理学部   物理学専攻   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2017年03月

    東北大学  理学研究科  物理学専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    2020年03月

    東北大学  理学研究科  物理学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(理学)  2020年03月25日

    学位の分野 : 物性Ⅱ

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    岩手大学   理工学部   物理・材料理工学科   マテリアルコース   助教   [本務]

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物性Ⅱ

  • 応用物性

 

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • The Beginning of Paramagnetic Spintronics

    Koichi Oyanagi and Eiji Saitoh

    KINKEN Research Highlights ( 東北大学金属材料研究所 )    2020年07月

    機関誌  

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Paramagnetic spintronics

    口頭(招待・特別)  K. Oyanagi, T. Kikkawa, and E. Saitoh

    17th RIEC International Workshop on Spintronics and 10th JSPS Core-to-Core Workshop on “New-Concept Spintronics Devices”  (東北大学) 

    2019年12月
     
     

  • Paramagnetic spintronics

    ポスター(一般)  K. Oyanagi, T. Kikkawa, and E. Saitoh

    New Perspective in Spin Conversion Science (NPSCS2020)  (柏の葉) 

    2020年02月
     
     

  • Long-range spin transport in paramagnetic insulators

    口頭(一般)  K. Oyanagi, S. Takahashi, L. J. Cornelissen, J. Shan, S. Daimon, T. Kikkawa, G. E. W. Bauer, B. J. van Wees, E. Saitoh

    Spin Peru  (Ollantaytambo, Peru) 

    2019年10月
     
     

  • 常磁性絶縁体/金属接合におけるスピンホール磁気抵抗効果の観測

    口頭(一般)  大柳洸一, Juan M. Gomez-Perez, Xiang P. Zhang, Edurne Sagasta, Vitaly N. Golovach, F. Sebastian Bergeret, Felix Casanova, 齊藤英治

    日本物理学会2019年春季大会  (岐阜大学) 

    2019年09月
     
     

  • 磁性絶縁体/金属界面を有する金属ナノ細線構造におけるスピン輸送特性の評価

    ポスター(一般)  大柳洸一, 井口亮, 新関智彦, 塩見雄毅, 吉川貴史, 内田健一, 齊藤英治

    日本物理学会第71回年次大会  (東北学院大学) 

    2016年03月
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第37回井上研究奨励賞

    2021年02月04日

    受賞者:  大柳洸一

  • New Perspective in Spin Conversion Science (NPSCS2020) Best Poster Award

    2020年02月03日

    受賞者:  Koichi Oyanagi, Takashi Kikkawa, and Eiji Saitoh

  • 東北大学大学院理学研究家物理学専攻 物理学専攻賞

    2020年03月25日

    受賞者:  Koichi Oyanagi

  • 第134回金属材料研究所所内講演会 最優秀ポスター賞

    2017年11月29日

    受賞者:  K. Oyanagi, L. J. Cornelissen, T. Kikkawa, Z. Qiu, T. Kuschel, G. E. W. Bauer, B. J. van Wees, and E. Saitoh

  • 第11回物性科学領域横断研究会 優秀ポスター賞

    2017年11月17日

    受賞者:  K. Oyanagi, L. J. Cornelissen, T. Kikkawa, Z. Qiu, T. Kuschel, G. E. W. Bauer, B. J. van Wees, and E. Saitoh

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 常磁性体/金属接合における界面スピン注入の研究

    研究活動スタート支援

    支払支給期間:

    2020年09月
    -
    2022年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2020年度・ 1,430,000円・ 330,000円

    2021年度・ 1,430,000円・ 330,000円

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • マグノン・フォノン結合輸送物性の研究

    CSRN共同研究プロジェクト

    資金支給期間 :

    2020年06月
    -
    継続中

    研究内容 :

    磁性絶縁体中のフォノンがマグノンと結合することで生じるスピン輸送現象を実験的に開拓する。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2016年03月
    -
    継続中
     

    日本物理学科

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • Physical Review B [査読 (2020年03月)]

  • Physical Review Materials [査読 (2020年05月)]

  • Physical Review B [査読 (2020年05月)]

  • Physical Review B [査読 (2020年05月)]

  • Physical Review Letters [査読 (2020年06月)]

全件表示 >>

マスメディアによる報道 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    Optonics online 「東北大ら,常磁性絶縁体でスピン流を観測」

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: インターネット

  • 2019年度

    fabcross for エンジニア 「スピン流を長距離かつ高効率に輸送できる新たな材料を発見 東北大ら」

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: インターネット

  • 2019年度

    B to B プラットフォーム業界Ch 「スピン流を高効率で輸送できる新たな材料を発見~スピントロニクスの常識を覆す~」

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: インターネット

  • 2019年度

    東大新聞「スピン流を高効率で運ぶ材料発見 スピントロニクス材料の開発の加速へ」

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

  • 2019年度

    日本経済新聞 プレスリリース 「東大・東北大・JST、スピン流を高効率で輸送できる新たな材料を発見」

    報道区分: 全国報道

    メディア区分: インターネット