清水 一行 (SHIMIZU Kazuyuki)

写真a

所属

岩手大学  理工学部  物理・材料理工学科  マテリアルコース 

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

放射光X線イメージング、中性子イメージング、アルミニウム合金、水素脆化

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2009年03月

    豊橋技術科学大学  工学研究科  修士課程  修了

  •  
    -
    2011年03月

    豊橋技術科学大学  工学研究科  博士課程  中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 豊橋技術科学大学 -  博士(工学)  2014年09月10日

    学位の分野 : 構造・機能材料

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    岩手大学   理工学部   物理・材料理工学科   マテリアルコース   助教   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年06月
    -
    2013年03月

      豊橋技術科学大学大学院工学研究科   研究員

  • 2013年05月
    -
    2014年12月

      東北大学金属材料研究所   助手

  • 2015年01月
    -
    2020年03月

      九州大学大学院工学研究院 機械工学部門   特任助教

  • 2017年09月
    -
    2020年03月

      大分工業高等専門学校   客員研究員

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 構造・機能材料

  • 機械材料・材料力学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    マテリアル工学実験Ⅰ

  • 2020年度

    専門英語セミナー

  • 2020年度

    物理・材料理工学実験Ⅰ

  • 2020年度

    物理学実験

  • 2020年度

    物理学実験

全件表示 >>

教材作成 【 表示 / 非表示

  • 物理・材料理工学実験Ⅰテキスト

    教材種類:教材

    教材年度 : 2020年度

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    その他

    卒業研究指導業務(講義1回あたりの時間100分、担当週数28週)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • IMC粒子に起因するAl-Zn-Mg合金の水素脆性・延性破壊の競合理解

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2023年03月

    研究課題キーワード : 放射光X線CT、アルミニウム合金、IMC粒子、水素脆化、延性破壊

    研究態様: 個人研究

    研究制度: 科学研究費補助金  

論文 【 表示 / 非表示

  • Hydrogen-accelerated spontaneous microcracking in high-strength aluminium alloys

    Tomohito Tsuru, Kazuyuki Shimizu, Masatake Yamaguchi, Mitsuhiro Itakura, Kenichi Ebihara, Artenis Bendo, Kenji Matsuda, Hiroyuki Toda

    Scientific Reports   10   1998   2020年04月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

    DOI

  • Influence of nanovoids in the hydrogen embrittlement fracture of Al–Zn–Mg–Cu alloys

    Kazuyuki Shimizu, Hiroyuki Toda, Chihiro Kadogawa, Hiro Fujihara, AkihisaTakeuchi

    Materialia   11   100667   2020年05月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

    DOI

  • 中性子ラジオグラフィー・トモグラフィーによる純パラジウム中の水素濃度解析

    清水 一行,  戸田 裕之,  平山 恭介,  藤原 比呂,  松本 佳久,  伊藤 大介,  齊藤 泰司,  鎌田 康寛

    日本金属学会誌   84   270   2020年08月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Hydrogen Trapping in Mg2Si and Al7FeCu2 Intermetallic Compounds in Aluminum Alloy: First-Principles Calculations

    M. Yamaguchi, T. Tsuru, K. Ebihara, M. Itakura, K. Matsuda, K. Shimizu, H.Toda

    Materials Transactions   61   1907   2020年08月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • The possible transition mechanism for the meta-stable phase in the 7xxx aluminium

    A. Bendo , K. Matsuda , K. Nishimura , N. Nunomura , T. Tsuchiya , S. Lee , C. D. Marioara , T. Tsuru , M. Yamaguchi , K. Shimizu, H. Toda

    Materials Science and Technology   36   1621   2020年09月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • アルミニウムの自発的な界面剥離現象の謎に迫る

    戸田裕之, 都留智仁, 山口正剛, 松田健二, 清水一行, 平山恭介

    化学   75   48 - 53   2020年10月

    その他  

  • 磁気ヒステリシス計測によるダイクエンチ製品の非破壊硬さ検査法

    鎌田康寛, 清水一行, 妹尾武, 岩瀬義孝, 張鐘植

    検査技術   12   62 - 67   2020年12月

    その他  

  • ナノ~マクロを繋ぐトモグラフィー:界面の半自発的剥離

    戸田 裕之, 山口 正剛, 都留 智仁, 清水 一行, 松田 健二, 平山 恭介

    まてりあ   60   13 - 18   2021年01月

    学術誌  

研究発表 【 表示 / 非表示

  • in-situ SP試験による純Nb水素透過膜の強度特性評価

    口頭(一般)  清水一行, 佐藤翔平, 南部智憲, 湯川宏, 松本佳久

    日本金属学会・日本鉄鋼協会九州支部合同学術講演大会 

    2006年06月
     
     

  • 水素透過その場スモールパンチ試験装置の開発と純ニオブ水素透過膜の水素脆性の定量評価

    口頭(一般)  清水一行, 佐藤翔平, 松本佳久, 南部智憲, 戒戒, 渡邉直, 湯川宏, 森永正彦

    日本金属学会2006年秋期大会 

    2006年09月
     
     

  • Nb 系水素透過膜合金の固溶水素量と耐水素脆性に及ぼす Pd の添加効果

    口頭(一般)  渡邉直, 戎戎, 清水一行, 佐藤翔平, 森迫和宣, 南部智憲, 松本佳久, 湯川宏, 森永正彦

    日本金属学会2007年春季大会 

    2007年03月
     
     

  • “高い水素透過能と耐水素脆性を兼ね備えたニオブ系水素透過膜合金の設計方法

    口頭(一般)  南部智憲, 清水一行, 佐藤翔平, 森迫和宣, 松本佳久, 渡邉直, 戎戎, 湯川宏, 森永正彦

    日本金属学会2007年春季大会 

    2007年03月
     
     

  • アルミニウム合金中のZnおよびCuの濃度分布3Dマッピング

    口頭(一般)  清水一行, 戸田裕之, 小林正和, 小林俊郎, 鈴木芳生, 上杉健太朗

    軽金属学会第113回秋期大会 

    2007年11月
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本金属学会 金属組織写真賞 優秀賞

    2009年03月

    受賞者:  清水一行,戸田裕之,上杉健太朗, 鈴木芳生

  • 軽金属学会論文新人賞

    2013年11月

    受賞者:  清水一行

  • 軽金属学会論文賞

    2013年11月

    受賞者:  清水一行, 坂口祐二, 酒井一憲, 戸田裕之, 上杉健太朗, 竹内晃久, 小林正和

  • The International Journal of Cast Metals Research best paper prize

    2015年02月

    受賞者:  H. Toda, P. C. Qu, S. Ito, K. Shimizu, K. Uesugi, A. Takeuchi, Y. Suzuki & M. Kobayashi

  • 日本鋳造工学会論文賞

    2015年05月

    受賞者:  清水一行, 戸田 裕之, Jean-Yves Buffiere, Joel Lachambre, 上杉健太朗, 小林正和

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 過酷照射した3d遷移金属合金の磁化及び磁気・構造変態挙動のコンビナトリアル研究

    基盤研究(B)

    支払支給期間:

    2018年04月
    -
    2022年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2018年度・ 9,880,000円・ 2,280,000円

    2019年度・ 2,600,000円・ 600,000円

    2020年度・ 2,600,000円・ 600,000円

  • IMC粒子に起因するAl-Zn-Mg合金の水素脆性・延性破壊の競合理解

    若手研究

    支払支給期間:

    2021年04月
    -
    2023年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2021年度・ 2,600,000円・ 600,000円

    2022年度・ 1,820,000円・ 420,000円

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 軽金属奨学会 研究補助金

    寄附金区分:奨学寄附金

    2020年04月

    寄附金額:300,000円

  • 軽金属奨学会 研究補助金

    寄附金区分:奨学寄附金

    2021年04月

    寄附金額:150,000円

  • 日本アルミニウム協会 アルミニウム研究助成

    寄附金区分:奨学寄附金

    2021年04月

    寄附金額:500,000円

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • X線CTによる材料の3D可視化・定量評価

    共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態 : 共同研究

  • アルミニウム合金の水素脆性に関する研究

    共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態 : 共同研究

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本金属学会

  •  
     
     
     

    日本鉄鋼協会

  •  
     
     
     

    軽金属学会

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2019年03月

    軽金属学会   水素と力学特性研究部会・委員

  • 2019年04月
    -
    継続中

    軽金属学会   アルミニウム中の水素と材料物性研究部会・委員

  • 2021年01月
    -
    継続中

    日本鉄鋼協会   塑性誘起損傷と破壊に関する力学と組織学フォーラム・委員

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • corrosion science [査読 (2020年02月)]

  • 軽金属 [査読 (2020年06月)]

  • Metals [査読 (2020年09月)]

  • Scripta Materialia [編集 (2021年03月)]

  • 軽金属 [査読 (2021年05月)]

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    コース運営上、コース長が任命する役職(コース学務業務担当) (副担任)

  • 2020年度

    センター試験監督・警備