真坂 一彦 (MASAKA, Kazuhiko)

写真a

所属

岩手大学  農学部  森林科学科 

職名

教授

研究室住所

〒020-8550 岩手県 盛岡市上田三丁目18-8 岩手大学農学部2号館

研究室

造林学研究室

研究室電話

019-621-6139

メールアドレス

メールアドレス

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 造林学,森林生態学

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1993年03月

    北海道大学   農学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年03月

    北海道大学  農学研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(農学)  2006年03月24日

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年03月
    -
    継続中

    岩手大学   農学部   森林科学科   教授   [本務]

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 森林科学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度

    森林造成学

  • 2018年度

    森林科学入門

  • 2018年度

    科学英語

  • 2018年度

    森林と環境

  • 2018年度

    森林保護学

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2022年度

    卒業研究指導(学部):4人

    学位論文審査(学部・主査):4人

    学部研究生:1人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    研究指導(修士・第2副指導):1人

    研究指導(博士・主任指導):2人

    学位授与者数(博士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):1人

    学位論文審査(博士・主査):1人

    学位論文審査(博士・副査):1人

  • 2021年度

    卒業研究指導(学部):2人

    学位論文審査(学部・主査):2人

    研究指導(修士・第1副指導):1人

    研究指導(博士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):1人

    学位論文審査(博士・副査):4人

  • 2020年度

    卒業研究指導(学部):4人

    学位論文審査(学部・主査):4人

  • 2019年度

    卒業研究指導(学部):4人

    学位論文審査(学部・主査):4人

教材作成 【 表示 / 非表示

  • 木本植物の被食防衛(分担執筆)

    教材種類:教科書等の執筆

    教材年度 : 2022年度

  • 木本植物の生理生態(分担執筆)

    教材種類:教科書等の執筆

    教材年度 : 2020年度

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Roles of pathogens and mycorrhizae in conspecific negative distance dependency and replacement of tree species in a temperate forest.

    Wataru Koga, Takanori Sasaki, Kimiyo Matsukura, Kazuhiko Masaka, Kenji Seiwa

    Forest Ecology and Management   544   121177 - 121177   2023年09月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

    DOI

  • Transition model for the hermaphroditism-dioecy continuum in higher plants.

    Kazuhiko Masaka, Takenori Takada

    Ecological Modelling ( Elsevier )  475 ( 1 ) 110135 - 110135   2023年01月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

    DOI

  • Port construction alters dune topography and coastal forest growth: A study on forest decline due to coastal erosion.

    Kenta Iwasaki, Kazuki Nanko, Yasutaka Nakata, Kazuhiko Masaka, Yoshinori Shinohara, Kyohei Nitta, Hiromi Mizunaga

    Ecological Engineering   180   106640 - 106640   2022年07月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

    DOI

  • Relationship between the vertical distribution of fine roots and residual soil nitrogen along a gradient of hardwood mixture in a conifer plantation.

    Yumena Morikawa, Seiji Hayashi, Yuki Negishi, Chie Masuda, Mirai Watanabe, Keiji Watanabe, Kazuhiko Masaka, Ayumu Matsuo, Masanori Suzuki, Chika Tada, Kenji Seiwa

    New Phytologist     2022年06月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

    DOI

  • 若齢グイマツ海岸林に対する初回列状間伐の効果の検証

    真坂一彦, 齋藤健人, 鳥田宏行, 岩崎健太, 脇田陽一

    日本森林学会誌   104 ( 3 ) 154 - 161   2022年06月

    学術誌  共著・分担

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 木本植物の被食防衛

    小池孝良,塩尻かおり,中村誠宏,鎌田直人

    共立出版  2023年03月 ISBN: 978-4-320-05840-8

    学術著書

  • 森林学の百科事典

    真坂一彦

    日本森林学会  2021年01月

    事典・辞書

  • 木本植物の生理生態

    小池孝良, 北尾光俊, 市栄智明, 渡辺 誠 編

    共立出版  2020年11月 ISBN: 978-4-320-05812-5

    教科書

  • 北海道の森林

    北方森林学会 編著

    北海道新聞社  2011年11月 ISBN: 978-4-89453-622-7

    単行本(一般書)

  • ニセアカシアの生態学 外来樹の歴史・利用・生態とその管理

    崎尾 均 編

    文一総合出版  2009年04月 ISBN: 978-4-8299-1073-3

    学術著書

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 恵庭岳滑降コース跡地の植生復元.

    熊谷雄介, 矢島 崇, 菊池俊一, 内海洋太, 真坂一彦

    日本林学会北海道支部論文集 ( 日本林学会北海道支部 )  42   102 - 104   1994年02月

    学会支部会誌  

  • アカエゾマツの開芽フェノロジーとマルナギナタハバチの食害の関係.

    眞坂一彦, 原 秀穂

    日本林学会北海道支部論文集 ( 日本林学会北海道支部 )  44   218 - 220   1996年02月

    学会支部会誌  

  • 海岸林におけるカシワの樹形.

    真坂一彦

    日本林学会北海道支部論文集 ( 日本林学会北海道支部 )  45   1 - 3   1997年02月

    学会支部会誌  

  • カシワ海岸林の林分構造と幹の成長.

    真坂一彦

    日本林学会北海道支部論文集 ( 日本林学会北海道支部 )  46   33 - 35   1998年02月

    学会支部会誌  

  • 北海道北部の天然生カシワ海岸林の現存量および純生産量.

    浅井達弘, 真坂一彦

    北海道林業試験場研究報告 ( 北海道立林業試験場 )  35   11 - 19   1998年02月

    試験場報告  

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • マルナギナタハバチによるアカエゾマツの食害発生機構.

    口頭(一般)  真坂一彦・原 秀穂

    第108回日本林学会大会  (九州大学) 

    1997年03月
     
     

    日本林学会

  • 海岸林におけるカシワの開花・結実の年次変動.

    口頭(一般)  真坂一彦・佐藤 創

    日本生態学会第45回大会  (京都大学) 

    1998年03月
     
     

    日本生態学会

  • 北海道渡島半島におけるヒノキアスナロ林の種構成と林分構造.

    口頭(一般)  真坂一彦・内海洋太

    第109回日本林学会大会  (宇都宮大学) 

    1998年03月
     
     

    日本林学会

  • 砂丘地形と風衝樹形を考慮した海岸林におけるカシワの直径成長パターン.

    口頭(一般)  真坂一彦

    日本生態学会第46回大会 

    1999年03月
     
     

    日本生態学会

  • アカエゾマツにおけるマルナギナタハバチからのフェノロジカル・エスケープ.

    口頭(一般)  真坂一彦・原 秀穂

    第108回日本林学会大会  (愛媛大学) 

    1999年03月
     
     

    日本林学会

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本森林学会奨励賞

    2010年04月02日

    受賞者:  真坂一彦

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ウルシ林の造成・保育技術の高度化のための実証研究

    第29回京都市・山本文二郎漆科学研究助成

    資金支給期間 :

    2022年08月
    -
    2023年03月

    研究内容 :

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2018年03月
    -
    継続中
     

    東北森林科学会

  • 2017年04月
    -
    継続中
     

    日本雪氷学会

  • 2009年04月
    -
    継続中
     

    日本海岸林学会

  • 1992年04月
    -
    継続中
     

    日本森林学会

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    継続中

    日本海岸林学会   評議員

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • Trees: Structure and Function [編集 (2019年04月)]

 

企業・団体等への指導等 【 表示 / 非表示

  • 2022年度 日本養蜂協会

    指導等の内容 :

    みつ源探索の指導

  • 2021年度 日本養蜂協会

    指導等の内容 :

    みつ源探索の指導

  • 2021年度 武甲鉱業株式会社 武甲鉱業所

    指導等の内容 :

    石灰岩鉱山における緑化技術の指導

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • スモール・フォレスト・カレッジ

    種類 : 講習会

    担当部門(講演題目) : 森-ミツバチー食のつながり:森林はモリやハヤシではない

    2022年12月
     
     
  • 岩手大学公開講座

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : 講師「樹木の成長・繁殖様式から森林の成り立ちを知る」

    2022年10月
     
     
  • 第一回いわて漆サミット

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : ミツバチを利用したウルシ種子の増産

    2022年03月
     
     
  • スモール・フォレスト・カレッジ

    種類 : 講習会

    担当部門(講演題目) : 森-ミツバチー食のつながり:森林はモリやハヤシではない

    2021年12月
     
     
  • 岩手大学公開講座

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : 講師「樹木の成長・繁殖様式から森林の成り立ちを知る」

    2021年10月
     
     

全件表示 >>

産学官民連携活動 【 表示 / 非表示

  • 平庭高原白樺林再生事業報告会

    実績年度 : 2022年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

  • 平庭高原白樺林再生事業報告会

    実績年度 : 2021年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • 2022年度

    外国人受入れ(私費留学生を除く)

    交流機関・事業等名 :ロッテンブルグ大学

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :ロッテンブルグ大学4年生のバスティアン・レイネルトを研究室に受け入れ,岩手大学御明神演習林のスギ将来木施業試験地にて調査研究を共同で実施した。

  • 2019年度

    外国人受入れ(私費留学生を除く)

    交流機関・事業等名 :ロッテンブルグ大学

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :ロッテンブルグ大学4年生のレオニー・ミュンツァを研究室に受け入れ,青森県のヒバ施業実験林にて調査研究を共同で実施した。

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年度

    農学部附属植物園長

  • 2022年度

    学科長・課程長

  • 2022年度

    国際交流委員会

  • 2022年度

    岩手連大・岐阜連大代議員

  • 2021年度

    ユニバーシティパーク委員会

全件表示 >>