長谷川 弓子 (HASEGAWA Yumiko)

写真a

所属

岩手大学  人文社会科学部  人間文化課程 

職名

准教授

生年

1976年

研究室

スポーツ心理学

ホームページ

https://www.lpga.or.jp/members/info/1003924

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 運動制御

  • 運動学習

  • メンタルトレーニング

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年03月

    甲南女子大学   文学部   人間関係学科 社会学専攻   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2013年03月

    中京大学  体育学研究科  スポーツ認知・行動科学系  博士課程  単位取得満期退学

  •  
    -
    2009年03月

    中京大学  体育学研究科  スポーツ認知・行動科学系  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 中京大学 -  博士(体育学)  2014年03月

  • 中京大学 -  修士(体育学)  2009年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    岩手大学   人文社会科学部   准教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2016年03月

      名古屋大学 総合保健体育科学センター   大学等非常勤研究員

  • 2013年04月
    -
    2016年03月

      中京大学   非常勤講師

  • 2013年04月
    -
    2016年03月

      名城大学   非常勤講師

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

      椙山女学園大学   非常勤講師

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

      南山大学   非常勤講師

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / スポーツ科学

おすすめURL 【 表示 / 非表示

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 本番で実力発揮するための心理的準備・心構え [一般・高校生向け]

    講義の概要

    本番前の心理的準備、試合での実力発揮のためのメンタルトレーニング(競技力向上のために必要な心理的スキルの獲得)に関する話題を提供します

  • ジュニアスポーツの心理学~やる気を高める環境づくり~ [一般・高校生向け]

    講義の概要

    スポーツに参加する子供たちの指導の際に留意すること,子供たちのスポーツ経験を楽しいもの・悲しいものにするのは何か,さまざまな状況においてどのような言葉がけが適切か,などに関する話題を提供します

  • スポーツを科学的に考える [一般・高校生向け]

    講義の概要

    さまざまなスポーツ種目や演奏(楽器)における熟達者の巧みな動きや認知的特徴,上達するための練習方法などについて,スポーツ心理学の観点から話題を提供します

メッセージ 【 表示 / 非表示

  • スポーツ心理学研究室では,アスリートだけでなく,スポーツに携わるあらゆる立場の人が,より楽しく,より豊かに取り組めるように,スポーツにおけるさまざま心理学的問題について研究しています。私は,ヒトの感じかた,みえかたや動き(パフォーマンス)について興味があり,いろんな実験に挑戦しながらヒトの知覚-運動制御について研究しています。スポーツに限りません。また,アスリートのメンタルトレーニングにも携わっています。スポーツ心理学研究室にいる学生たちは,運動の制御や学習,動機づけ,社会心理,臨床心理の観点から,それぞれの問題にアプローチしています。ヒトの心理について興味のある人,ぜひ一緒に研究しましょう。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    スポーツ心理学A特論

  • 2016年度

    人間科学総合演習Ⅰ

  • 2016年度

    スポーツ心理学A特別演習

  • 2016年度

    人間科学総合演習Ⅱ

  • 2016年度

    健康・スポーツA

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    卒業研究指導(学部):3人

    副研究指導(学部):8人

    学位論文審査(学部・主査):3人

  • 2020年度

    卒業研究指導(学部):3人

    副研究指導(学部):8人

    学位論文審査(学部・主査):3人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):1人

  • 2019年度

    卒業研究指導(学部):2人

    副研究指導(学部):5人

    学位論文審査(学部・主査):2人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):1人

 

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 急勾配のパッティングにみられるゴルファーの知覚と方略:アマチュアの試行はなぜ標的手前下側に偏るのか?

    ポスター(一般)  長谷川弓子

    日本体育・スポーツ・健康学会第72回大会  (順天堂大学さくらキャンパス) 

    2022年08月
    -
    2022年09月

    日本体育・スポーツ・健康学会

  • A sense of distance and characteristics of golfers tested without visual feedback of outcomes: Is a trial that feels subjectively good also physically good?

    ポスター(一般)  Yumiko Hasegawa and Keisuke Fujii

    Asian South-Pacific Association of Sport Psychology International Congress   (Kuching, Sarawak, Malaysia) 

    2022年08月
     
     

    Asian South-Pacific Association of Sport Psychology

  • プレショット局面でのconfusing な素振りが実打に及ぼす影響

    口頭(一般)  長谷川弓子・三浦哲都

    日本スポーツ心理学会第46回大会  (筑波大学(茨城県)) 

    2019年11月
     
     

    日本スポーツ心理学会

  • 高い正確性を有するゴルファーの素振りにみられる適応的方略

    ポスター(一般)  長谷川弓子・三浦哲都・横山慶子・山本裕二

    日本スポーツ心理学会第44回大会  (大阪商業大学(大阪府)) 

    2017年11月
     
     

    日本スポーツ心理学会

  • クラッチ・パッティング:プレッシャー下のゴルフパッティングパフォーマンスと心拍変動

    ポスター(一般)  長谷川弓子・三浦哲都・鷲見勝博

    日本体育学会第68回大会  (静岡大学(静岡県)) 

    2017年09月
     
     

    日本体育学会

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ研究助成受賞

    2013年03月

    受賞者:  長谷川弓子

    「ゴルフに心理的距離は存在するか?」

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 閉鎖型運動技能学習への開放型要素の導入:他者の存在が道具の身体化を促進するか?

    基盤研究(C)

    代表者:  長谷川 弓子  

    支払支給期間:

    2022年04月
    -
    2025年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2022年度・ 2,470,000円・ 570,000円

    2023年度・ 1,300,000円・ 300,000円

    2024年度・ 390,000円・ 90,000円

  • ゴルフパッティングの距離感に関する研究-パフォーマンスを制約する要因の解明ー

    若手研究における独立基盤形成支援

    支払支給期間:

    2018年08月
    -
    2022年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2018年度・ 1,500,000円・ 450,000円

  • ゴルフパッティングの距離感に関する研究ーパフォーマンスを制約する要因の解明ー

    若手研究(B)

    支払支給期間:

    2018年04月
    -
    2022年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2018年度・ 1,100,000円・ 330,000円

    2019年度・ 2,150,000円・ 480,000円

    2020年度・ 400,000円・ 120,000円

    2021年度・ 100,000円・ 30,000円

  • ゴルファーにみられる心理的距離生成のダイナミクス

    若手研究(B)

    支払支給期間:

    2014年04月
    -
    2018年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2014年度・ 1,100,000円・ 330,000円

    2015年度・ 700,000円・ 210,000円

    2016年度・ 700,000円・ 210,000円

    2017年度・ 500,000円・ 150,000円

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ゴルフに心理的距離は存在するか

    財団等からの助成金

    資金支給期間 :

    2013年04月
    -
    2014年03月

    研究内容 :

    ゴルフに心理的距離は存在するか
    本研究の目的は、従来、連続あるいは周期運動を中心に援用されてきた力学系理論を離散運動に拡張することによって、環境を認識する段階においても自己組織化現象が生じることを示すことである。ゴルフのパッティング動作に着目し、物理的距離と心理的距離の非等価性を実験的に明らかにする。これは自然現象とヒト特有の動きの自己組織化の普遍性・特異性を明確にすることになる。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2022年11月
    -
    継続中
     

    日本スポーツパフォーマンス学会

  • 2010年06月
    -
    継続中
     

    日本体育学会

  • 2010年06月
    -
    2016年04月
     

    日本ゴルフ学会

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    日本スポーツ心理学会

マスメディアによる報道 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    岩手日報:「心身の理解を深めよう」

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

  • 2019年度

    じゃじゃじゃTV内 純情アスリート(田代優仁さん)

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: テレビ

  • 2019年度

    ガンダイニング

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: テレビ

  • 2016年度

    讀賣新聞:いまこの人「スポーツ心理学で人材育成」

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

 

国・地方自治体等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 一般社団法人日本アスリート会議

    委員会等名 : パワーアップジャパン実行委員会

    役職名 : 委員

    2019年04月
    -
    2020年03月
  • 一般社団法人日本アスリート会議

    委員会等名 : パワーアップジャパン実行委員会

    役職名 : 委員

    2018年04月
    -
    2019年03月
  • 一般社団法人日本アスリート会議

    委員会等名 : パワーアップジャパン実行委員会

    役職名 : 委員

    2020年04月
    -
    2021年03月

企業・団体等への指導等 【 表示 / 非表示

  • 2017年度 岩手県ボウリング連盟

    指導等の内容 :

    【スポーツ医・科学サポート事業】
    メンタルトレーニング研修会「最高のパフォーマンスを発揮するために」

  • 2016年度 岩手県教育委員会

    指導等の内容 :

    【スポーツ医・科学相談】
    メンタルサポート「試合に向けたメンタルコンディショニング」

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 岩手経済同友会10月例会

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 「狙う」心理の解明に向けて

    2022年10月
     
     
  • 岩手県立盛岡第三高等学校

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 本番で実力発揮するための心理的準備

    2020年11月
     
     
  • 東京2020公認プログラム パワーアップジャパン form Tokyo 被災地支援事業

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : PUJ いわて大運動会 in 釜石

    2020年11月
     
     
  • 岩手大学シニアカレッジ2019

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : スポーツにおける実力発揮の問題について

    2019年09月
     
     
  • 岩手県立金ケ崎高等学校

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 本番に向けた心理的準備ーメンタルトレーニングの実際ー

    2019年09月
     
     

全件表示 >>

他大学等の非常勤講師 【 表示 / 非表示

  • 中京大学

    スポーツ科学研究科スポーツ科学専攻
    実験スポーツ心理学研究 ( 2022年10月 ~ 継続中 )

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    環境マネジメントシステム内部監査委員会

  • 2019年度

    ポートフォリオ担当教員

  • 2019年度

    小論文作題委員会

  • 2018年度

    学生委員会

  • 2018年度

    環境管理システム委員会

全件表示 >>