中山 敦子 (ATSUKO NAKAYAMA)

写真a

所属

岩手大学  理工学部  物理・材料理工学科  数理・物理コース 

職名

教授

研究分野・キーワード

高圧科学, 物性物理学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年03月

    東京工業大学  理工学研究科  化学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 日本大学 -  理学士  1987年03月31日

    学位の分野 : 物理化学

  • 静岡大学 -  理学修士  1990年03月31日

    学位の分野 : 物理化学

  • 東京工業大学 -  博士(理学)  1996年03月31日

    学位の分野 : 物理化学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    岩手大学   理工学部   物理・材料理工学科   数理・物理コース   教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1996年07月

      (株)国際基盤材料研究所   研究員

  • 1996年08月
    -
    2001年03月

      工業技術院 物質工学工業技術研究所   重点研究支援協力員

  • 2001年04月
    -
    2004年03月

      (独)産業技術総合研究所   第1号職員

  • 2004年04月
    -
    2006年05月

      (独)物質・材料研究機構   特別研究員

  • 2006年06月
    -
    2007年03月

      名城大学   COE研究員

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 高圧科学

  • 機能物性化学

  • ナノ構造化学

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 高圧力の世界 [一般・高校生向け]

    講義の概要

    室温で氷をつくる、圧力誘起超伝導、炭素ナノ材料の高圧物性など、ギガパスカル級の圧力下でおこる現象とそのメカニズムを解説する。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    ナノ材料工学特論

  • 2016年度

    高圧科学特論

  • 2016年度

    熱力学

  • 2016年度

    マテリアル工学実験Ⅱ

  • 2016年度

    熱力学

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    卒業研究指導(学部):2人

    学位論文審査(学部・主査):2人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):3人

  • 2017年度

    卒業研究指導(学部):2人

    学位論文審査(学部・主査):2人

    研究指導(修士・主任指導):1人

  • 2018年度

    卒業研究指導(学部):2人

    学位論文審査(学部・主査):2人

    研究指導(修士・主任指導):3人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):1人

  • 2019年度

    卒業研究指導(学部):2人

    学位論文審査(学部・主査):2人

    大学院研究生(修士・専門職学位課程):3人

    研究指導(修士・主任指導):3人

    学位授与者数(修士・主任指導):2人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):2人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):5人

  • 2020年度

    卒業研究指導(学部):3人

    学位論文審査(学部・主査):3人

    大学院研究生(修士・専門職学位課程):2人

    研究指導(修士・主任指導):2人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):4人

教材作成 【 表示 / 非表示

  • 熱力学

    教材種類:教材

    教材年度 : 2016年度

  • 分光実験 ー単スリットを利用した光の回折・干渉の観察ー マテリアル工学実験II

    教材種類:教科書等の執筆

    教材年度 : 2016年度

  • ナノ材料工学特論

    教材種類:教材

    教材年度 : 2016年度

  • 光学実験I, II ー単スリットによる光の回折・干渉ー 物理・材料理工学実験

    教材種類:教科書等の執筆

    教材年度 : 2017年度

  • 熱力学

    教材種類:教材

    教材年度 : 2017年度

全件表示 >>

学生向けの課外活動・セミナーの実施 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    数理・物理コース3年生と教員の懇談会の企画運営
    2019年12月23日(月)17:30-19:30
    研究室配属、就職・進学等についての相談を受ける。
    OB, OG, 現役博士課程学生を招いて、セミナーを実施する。

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    その他

    文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム 学生研修プログラム」
    工学部マテリアル工学科4年夏谷由美子 採択

  • 2017年度

    その他

    文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム 学生研修プログラム」
    工学部マテリアル工学科4年村上真俊 採択

  • 2018年度

    その他

    2018年度 岩手大学優秀女性大学院生学長表彰 奨励賞 夏谷由美子

  • 2018年度

    その他

    文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム 学生研修プログラム」
    工学部マテリアル工学科4年季博文 採択

  • 2018年度

    その他

    文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム 学生研修プログラム」
    工学部マテリアル工学科4年村田哲平 採択

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 炭素π電子系のナノ空間を利用した水素の高密度化

    研究期間:

    2020年09月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 水素、グラフェン、高圧、ラマン分光、相転移、フォノン

    研究態様: 国内共同研究

    研究制度: 共同研究  

    専門分野(科研費分類)

    機能物性化学 ,  物性Ⅰ ,  ナノ材料化学

    研究活動内容

    本研究では、固体水素と多層グラフェンが共存する場合に、本来の水素フォノンに加えて、新たな振動状態が出現することを発見した。
    また、流体水素において観測された回転振動の異常が相転移を示す可能性があることから、今後、流体水素の相転移の多角的検証をすすめるため、高圧下超音波測定法の開発を進めている。

  • カーボンファイバーの物性研究

    研究期間:

    1995年04月
    -
    1996年03月

    研究課題キーワード : 活性炭素繊維、輸送現象、磁性

    研究態様: 機関内共同研究

    研究制度: その他の研究制度  

    専門分野(科研費分類)

    機能物性化学 , 

  • 単一有機分子の圧力誘起金属化と超伝導

    研究期間:

    1999年04月
    -
    2000年03月

    研究課題キーワード : 単一有機分子、圧力誘起金属化、超伝導

    研究態様: 国内共同研究

    研究制度: 科学研究費補助金  

    専門分野(科研費分類)

    物性Ⅱ , 

  • 炭素系高機能材料の研究開発、「原子間結合制御及び異種元素置換技術」

    研究期間:

    2001年04月
    -
    2002年03月

    研究課題キーワード : 炭素ナノ構造体、グラファイトボール

    研究態様: 機関内共同研究

    研究制度: 産業科学技術研究開発制度  

    専門分野(科研費分類)

    ナノ構造化学 , 

  • 新規水素貯蔵材料low-Z三元系水素化合物の超臨界水素による合成

    研究期間:

    2005年04月
    -
    2007年03月

    研究課題キーワード : 三元系水素化合物

    研究態様: 国内共同研究

    研究制度: 科学研究費補助金  

    専門分野(科研費分類)

    無機化学 , 

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Pressure-induced superconductivity in non-stoichiometric bismuth telluride Bi35Te65

    M. Einaga, A. Ohmura, F. Ishikawa, A. Nakayama, Yuh Yamada, S. Nakano, A. Matsushita, K. Shimizu

    Journal of Physics: Conference Series   500   192003-1 - 192003-5   2014年05月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

    非化学量論組成Bi35Te65の高圧下での粉末X線回折、電気抵抗測定をおこない、8 GPaでの構造相転移とこれにともない6 GPa付近から超伝導転移を示した。最高到達圧力13 GPaで最大Tc = 5 Kを得た。

  • Collapse of CuO Double Chains and Suppression of Superconductivity in High-Pressure Phase of YBa2Cu4O8

    Atsuko Nakayama, Yusuke Onda, Shuhei Yamada, Hiroshi Fujihisa, Masafumi Sakata, Yuki Nakamoto, Katsuya Shimizu, Satoshi Nakano, Ayako Ohmura, Fumihiro Ishikawa, and Yuh Yamada

    Journal of the Physical Society of Japan   83   093601-1 - 093601-4   2014年08月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

    銅酸化物超伝導体YBa2Cu4O8の高圧下粉末X線回折、電気抵抗測定により、10 GPaでCuO ダブルチェーン構造が崩壊してImmm構造に転移すること、超伝導転移温度の圧力依存性も相転移の前後で不連続に変化することを明らかにした。

  • Counting graphene layers based on the light-shielding effect of Raman scattering from a substrate

    Atsuko Nakayama, Suguru Hoshino, Yuh Yamada, Ayako Ohmura, and Fumihiro Ishikawa

    APPLIED PHYSICS LETTERS   107   231604-1 - 231604-4   2015年12月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

    グラフェンを支持する基盤からのラマン散乱光がグラフェンによって遮断されることを発見し、これを用いることで単層から30層までのグラフェンの積層数を簡便かつ正確に決定する方法を明らかにした。

  • Pressure-induced topological phase transition in the polar semiconductor BiTeBr

    Ayako Ohmura, Yuichiro Higuchi, Takayuki Ochiai, Manabu Kanou, Fumihiro Ishikawa, Satoshi Nakano, Atsuko Nakayama, Yuh Yamada and Takao Sasagawa

    PHYSICAL REVIEW B   95   125203-1 - 125203-7   2017年03月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

    BiTeBrの5GPaの圧力までのX線回折と電気抵抗測定をおこない、圧力誘起トポロジカル相転移について調べた。格子軸比a/cは、2.5〜3GPaで最小を示し、計算から、バンドギャップエネルギーが2.9GPaで一旦閉じて、高圧下で再び開くことがわかった。0GPaでは普通の絶縁体であるが、5GPaではトポロジカル絶縁体であることが明らかとなった。

  • Transport and structural properties of Cu x Se1− x )3 (x = 0.01) under high pressure

    Ayako Ohmura1, Masako Matsuzawa, Fumihiro Ishikawa, Yusuke Suzuki, Masashi Komatsu, Shumpei Osuga, Satoshi Nakano, Atsuko Nakayama, Yuh Yamada, Takanari Kashiwagi, and Kazuo Kadowaki

    Japanese Journal od Applied Physics   56   05FB04-1 - 05FB04-4   2017年04月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

    Cu0.25Bi2(TexSe1-x)3 において、x=0.01の化合物を合成し、高圧下で電気抵抗測定、X線回折実験をおこなった。常圧下では、反磁性とTc=3.2Kの超伝導を示すが、1GPa以上では、Tcが見えなくなる。10GPa以上の加圧では、再び超伝導的な振る舞いを示し、Tc=4.3〜5.4Kを示す。また、構造相転移が10.9GPaで生じ、R-3mからC2/m構造に変化することがわかった。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 超高圧を利用した炭素ナノ構造体の機能探索

    中山敦子

    日本高圧力学会  2006年01月

    学術著書

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 新著紹介 篠原久典 ナノカーボンの科学;セレンディピティーから始まった大発見の物語

    中山敦子

    日本物理学会誌 ( 日本物理学会 )  63   575 - 575   2008年10月

    機関誌  

  • 最近の研究から—第28回PFシンポジウムポスター奨励賞受賞発表②放射光X線回折実験によるテルル化ビスマスのbcc構造への圧力誘起相転移

    榮永茉莉,大村彩子,中山敦子,石川文洋,山田裕,中野智志

    PF NEWS ( 高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 放射光科学研究施設 )  29 ( 4 ) 15 - 19   2012年11月

    学術誌  

  • Pressure-induced phase-transition of YBa2Cu4O8

    A. Nakayama, Y. Onda, S. Yamada, H. Fujihisa, S. Nakano, A. Ohmura, F. Ishikawa, Y. Yamada,

    Photon Factory Activity Report 2013 ( 高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 放射光科学研究施設 )  B   31-1 - 31-3   2014年03月

    機関誌  

  • 基板由来のラマンスペクトルを用いてグラフェンの積層数を数える方法

    中山敦子、星野豪

    NEW DIAMOND ( 一般社団法人 ニューダイヤモンドフォーラム )  128 ( 1 ) 26 - 28   2018年01月

    機関誌  

  • コラム「地球の中に、潜っていくと・・・」

    中山敦子

    NEW DIAMOND 136 号 ( (社)ニューダイヤモンドフォーラム/オーム社 )  36 ( 1 ) 8 - 8   2020年01月

    その他  

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 銅酸化物超伝導体Pr2Ba4Cu7O15-δ単結晶の育成条件の探索

    ポスター(一般)  因幡教信, 石川文洋A, 芳志戸諭, 佐藤知可子, 岩田直樹A, 住柔A, 中山敦子B, 大村彩子B, 山田裕A

    日本物理学会 第71回年次大会  (東北学院大学) 

    2016年03月
     
     

    日本物理学会

  • 122系鉄砒素化合物K(Fe1-xCox)2As2の伝導特性の圧力依存性

    ポスター(一般)  山岸達矢, 石川文洋A, 岡地諒太, 石井敦也A, 中山敦子B, 大村彩子B, 山田裕A

    日本物理学会 第71回年次大会  (東北学院大学) 

    2016年03月
     
     

    日本物理学会

  • 室温高圧下におけるポストグラファイト相の探索

    口頭(一般)  佐藤貴明, 中山敦子A, 谷口尚B, 山田裕C, 石川文洋C, 大村彩子A

    日本物理学会第71回年次大会  (東北学院大学) 

    2016年03月
     
     

    日本物理学会

  • 数層グラフェンの高圧ラマン分光

    口頭(一般)  星野豪, ○中山敦子A, 大村彩子A, 石川文洋B, 山田裕B, 中野智志

    日本物理学会 第71回年次大会  (東北学院大学) 

    2016年03月
     
     

    日本物理学会

  • Cu0.25Bi2(TexSe1-x)3における圧力誘起構造相転移と組成

    口頭(一般)  大村彩子, 椿拓真A, 吉原魁B, 松澤理子A, 鈴木悠介C, 松尾壮一郎D, 大須賀駿平D, 中野智志E, 石川文洋B, 中山敦子, 山田裕B, 柏木隆成C, 門脇和男

    日本物理学会 第71回年次大会  (東北学院大学) 

    2016年03月
     
     

    日本物理学会

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 新規な炭素物質への変換方法,及びそれにより得られる炭素物質

    特許

    特願 特願2002-260363  特許 特許第4000367号

    出願日: 2002年09月05日

    登録日: 2007年08月02日

  • 希土類等の付活剤を添加した蛍光発光特性を有する窒化ホウ素結晶とその製造方法および窒化ホウ素蛍光体

    特許

    特願 特願2005-135693  特許 特許第4788878号

    出願日: 2005年05月09日

    登録日: 2011年06月02日

  • 絶縁材料のラマン散乱スペクトルを用いた2次元薄膜原子構造の積層数決定装置及び積層数決定方法

    特許

    特願 特願2014-189349  特許 特許第6457766号

    出願日: 2014年09月17日

    登録日: 2018年12月28日

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 単一有機分子の圧力誘起金属化と超伝導化

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    1900年
    -
    継続中

  • 新規水素貯蔵材料low-Z三元系水素化物の超臨界水素による合成

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    1900年
    -
    継続中

  • 圧力を用いた炭素π電子系配列ナノ空間の水素吸蔵についての研究

    特定領域研究

    支払支給期間:

    1900年
    -
    継続中

  • フラストレート系CuOジグザグチェーンにおける超伝導の研究

    特定領域研究

    支払支給期間:

    1900年
    -
    継続中

  • 高品位六方晶窒化ホウ素単結晶の創製と新たな機能発現

    基盤研究(A)

    支払支給期間:

    1900年
    -
    継続中

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 高圧力を用いた酸化物半導体の電子構造制御および局所構造に関する研究

    文部科学省ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)

    資金支給期間 :

    1900年
    -
    継続中

    研究内容 :

    ウルツ鉱型結晶構造をもつ酸化亜鉛(ZnO) は,3.3eV程のバンドギャップをもつ半導体で ある.不純物の添加や酸素欠損により電気が流 れやすくなり,n型半導体になることが知られ ている.添加物や格子欠陥の役割を正確に把握 し,組成やドーピング条件等の最適化をおこな うことがZnOの材料設計において重要である.
    酸素欠損によって生じる局所構造がバルクな 物性に与える影響を調べるため,本研究では, 結合状態を変化させるギガパスカル級の高圧力 を研究手法に取り入れる.バルク構造および, 添加物や欠陥を含む局所構造の振動の圧力応答 を明らかにする

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 産業利用に向けた数層グラフェン、グラファイトの基礎物性探索

    共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態 : 受託研究

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1987年01月
    -
    2019年12月
     

    日本化学会

  • 1993年01月
    -
    継続中
     

    日本物理学会

  • 1997年09月
    -
    継続中
     

    日本高圧力学会

  • 2006年07月
    -
    継続中
     

    フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会

  • 2010年04月
    -
    継続中
     

    高エネルギー加速器研究機構放射光科学研究施設PF懇談会(現PF-UA)

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2007年09月
    -
    2009年08月

    日本高圧力学会   会計幹事

  • 2009年09月
    -
    2011年08月

    日本高圧力学会   学会賞選考委員

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

    高エネルギー加速器研究機構放射光科学研究施設PF懇談会(現PF-UA)   PF-UA運営委員

  • 2012年06月
    -
    継続中

    ニューダイヤモンドフォーラム   広報出版委員会委員

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    日本物理学会   男女共同参画推進委員会委員

全件表示 >>

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会秋季大会 (2017年09月)

    参加者数 : 3,700人

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • NEW DIAMOND [編集 (2016年01月)]

  • NEW DIAMOND [編集 (2016年04月)]

  • NEW DIAMOND [編集 (2016年07月)]

  • NEW DIAMOND [編集 (2016年10月)]

  • NEW DIAMOND [編集 (2017年01月)]

全件表示 >>

マスメディアによる報道 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    日刊工業新聞「理系女性の挑戦」に寄稿する。

    報道区分: 全国報道

    メディア区分: 新聞

 

国・地方自治体等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 独)国立女性教育会館

    委員会等名 : JST女子中高生の理系進路選択支援プログラム 女子中高生夏の学校2016〜科学・技術・人との出会い〜

    役職名 : 企画委員

    2016年04月
    -
    2018年03月

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 盛岡第三高等学校

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 物理学 高圧力の世界

    2016年09月
     
     
  • 岩手県立高校物理部会

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 「高圧力の世界」

    2016年12月
     
     
  • 盛岡中央高校

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 物理学「高圧力の世界」

    2017年07月
     
     
  • 平成30年度高大連携「ウィンター・セッション」

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 室温で氷をつくる

    2018年12月
     
     
  • 青森県立三沢高等学校

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : ダイヤモンドの科学

    2019年06月
     
     

全件表示 >>

産学官民連携活動 【 表示 / 非表示

  • (株)ミクニ連絡協議会

    実績年度 : 2018年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年度

    外国人受入れ(私費留学生)

    交流機関・事業等名 :研究室配属

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :私費外国人が4年生になり、研究室に受け入れて、研究指導活動をおこなっている。

  • 2019年度

    外国人受入れ(私費留学生)

    交流機関・事業等名 :研究室配属

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :大学院生の私費留学生を受け入れている。研究室で、研究指導をおこなっている。

  • 2020年度

    外国人受入れ(私費留学生)

    交流機関・事業等名 :研究室配属

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :大学院生の私費留学生を受け入れている。研究室で、研究指導をおこなっている。

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2014年度

    日本物理学会男女共同参画推進委員会第70期メンバー
    夏学担当

  • 2015年度

    日本物理学会男女共同参画推進委員会第71期メンバー
    夏学担当

  • 2016年度

    日本物理学会男女共同参画推進委員会第72期メンバー
    夏学担当

  • 2017年度

    日本物理学会研究費配分に関する教育研究環境検討委員会第73期

  • 2018年度

    日本物理学会研究費配分に関する教育研究環境検討委員会第74期

全件表示 >>

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    広報委員会

  • 2016年度

    就職担当

  • 2016年度

    センター試験監督・警備

  • 2017年度

    クラス担任・コース長(但し学科長を除く)

  • 2017年度

    広報委員会

全件表示 >>