尾﨑 拓 (Taku Ozaki)

写真a

所属

岩手大学  理工学部  化学・生命理工学科  生命コース 

職名

准教授

研究室住所

〒020-8551 岩手県 盛岡市上田4-3-5

研究室

細胞生化学研究室

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

細胞生化学, 創薬科学, 動物生理学

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年03月

    弘前大学   農学生命科学部   応用生命工学科   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2006年03月

    弘前大学  農学生命科学研究科  応用生命工学専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    2009年03月

    岩手大学  連合農学研究科  生物資源科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 岩手大学 -  博士(学術)  2009年03月31日

    学位の分野 : 機能生物化学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年02月
    -
    2016年03月

    岩手大学   工学部   応用化学・生命工学科   准教授   [本務]

  • 2016年04月
    -
    継続中

    岩手大学   理工学部   化学・生命理工学科   生命コース   准教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2012年03月

      弘前大学 農学生命科学部   研究員

  • 2012年04月
    -
    2016年01月

      弘前大学大学院 医学研究科   助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機能生物化学

  • 細胞生物学

  • 病態医化学

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 生命の基本単位: 細胞 [一般・高校生向け]

    講義の概要

    生命の基本単位である細胞について概説する。

  • 神経変性疾患と創薬研究 [一般・高校生向け]

    講義の概要

    緑内障などの網膜疾患やアルツハイマー病などの脳疾患の発症機構ならびに治療薬の開発研究について概説する。

  • ミトコンドリアの不思議に迫る [一般・高校生向け]

    講義の概要

    細胞の生と死を司るミトコンドリアについて概説する。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    応用化学・生命工学概論

  • 2016年度

    応用化学・生命工学情報

  • 2016年度

    応用化学・生命工学研修

  • 2016年度

    分子細胞生物学Ⅰ

  • 2016年度

    基礎ゼミナール

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    卒業研究指導(学部):2人

    学位論文審査(学部・主査):2人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):2人

  • 2017年度

    卒業研究指導(学部):3人

    学位論文審査(学部・主査):3人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):3人

  • 2018年度

    卒業研究指導(学部):3人

    学位論文審査(学部・主査):3人

    研究指導(修士・主任指導):4人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):2人

  • 2019年度

    卒業研究指導(学部):4人

    学位論文審査(学部・主査):4人

    研究指導(修士・主任指導):6人

    研究指導(博士・主任指導):1人

    学位授与者数(修士・主任指導):3人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):3人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):3人

FD 研修・教育研究会における発表 【 表示 / 非表示

  • 小児自閉症スペクトラム障害のコピー数多型解析

    教育研究会名 : 農学研究科 大学院セミナー

    開催年月 : 2016年09月

学生向けの課外活動・セミナーの実施 【 表示 / 非表示

  • 2012年度

    2013年2月27日
    弘前大学農学生命科学部「キャリア開発セミナー」にて講師を務めた。
    大学院生に対して、自身の研究内容とキャリアアップについて講演した。

  • 2016年度

    2016年4月16日
    基礎ゼミナール合宿にて「悔いのない大学生活を送るには」というタイトルで発表した。

  • 2016年度

    毎週月曜日 9:00-10:30
    研究室内での研究成果や国際科学雑誌に掲載された他の研究者の研究成果について発表および議論した。

  • 2017年度

    毎週月曜日 9:30-11:00
    研究室内での研究成果や国際科学雑誌に掲載された他の研究グループの研究成果について発表と議論を行った。

  • 2018年度

    毎週月曜日 9:30-12:00
    研究室内での研究成果や国際科学雑誌に掲載された他の研究グループの研究成果について議論した。

全件表示 >>

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2017年度

    その他

    2017年9月12日
    学生実験の安全訓練において司会を担当

  • 2018年度

    その他

    平成30年度 岩手大学学生表彰 奨励賞 
    指導学生:岩本 健

  • 2018年度

    その他

    研究室インターンシップ
    先端理工特別プログラムの学生1名を受け入れた

  • 2019年度

    その他

    研究室インターンシップ
    先端理工特別プログラムの学生1名を受け入れた

  • 2019年度

    その他

    令和元年度 理工学専攻学生表彰
    指導学生:岩本 健

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ミトコンドリアカルパインの生理的機能の解明

    研究期間:

    2002年10月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 細胞、ミトコンドリア、カルパイン

    研究態様: 国内共同研究

    研究制度: 科学研究費補助金  

    専門分野(科研費分類)

    機能生物化学 , 

  • 加齢に伴う神経変性疾患に対するペプチド医薬の創製

    研究期間:

    2009年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 神経変性、網膜、脳、ペプチド医薬(中分子医薬)、点眼薬、点鼻薬

    研究態様: 国内共同研究

    研究制度: 科学研究費補助金  

    専門分野(科研費分類)

    創薬化学 , 

  • ミトコンドリアES1の生理的機能の解明

    研究期間:

    2018年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 巨大ミトコンドリア、哺乳類、網膜、脳、心臓

    研究態様: 国内共同研究

    研究制度: ライフサイエンス基礎科学研究  

    専門分野(科研費分類)

    機能生物化学 , 

論文 【 表示 / 非表示

  • Characteristics of mitochondrial calpains.

    Taku Ozaki, Hiroshi Tomita, Makoto Tamai, Sei-ichi Ishiguro

    The Journal of Biochemistry   142 ( 3 ) 365 - 376   2007年07月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • ERp57-associated mitochondrial µ-calpain truncates apoptosis-inducing factor.

    Taku Ozaki, Tetsuro Yamashita, Sei-ichi Ishiguro

    Biochimica et Biophysica Acta   1783 ( 10 ) 1955 - 1963   2008年05月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • Mitochondrial m-calpain plays a role in the release of truncated apoptosis-inducing factor from the mitochondria.

    Taku Ozaki, Tetsuro Yamashita, Sei-ichi Ishiguro.

    Biochimica et Biophysica Acta   1793 ( 12 ) 1848 - 1859   2009年10月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • Activation of mitochondrial calpain and release of apoptosis-inducing factor from mitochondria in RCS rat retinal degeneration.

    Sayuri Mizukoshi, Mitsuru Nakazawa, Kota Sato, Taku Ozaki, Tomomi Metoki, Sei-ichi Ishiguro

    Experimental Eye Research   91 ( 3 ) 353 - 361   2010年06月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • Ca2+-induced release of mitochondrial m-calpain from outer membrane with binding of calpain small subunit and Grp75.

    Taku Ozaki, Tetsuro Yamashita, Sei-ichi Ishiguro

    Archives of Biochemistry and Biophysics   507 ( 2 ) 254 - 261   2011年03月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 低酸素下におけるラット網膜のµ-, m-カルパインおよびカルパスタチンの変化

    口頭(一般)  尾﨑 拓, 木原 博文, 冨田 浩史, 玉井 信, 石黒 誠一

    第9回 視覚科学フォーラム  (おのえ荘(青森県平川市)) 

    2005年08月
     
     

  • Presence of µ-calpain-like protease in the mitochondrial intermembrane space.

    ポスター(一般)  Taku Ozaki, Hiroshi Tomita, Makoto Tamai, Sei-ichi Ishiguro

    第78回 日本生化学会大会  (神戸コンベンションセンター) 

    2005年10月
     
     

  • Presence of µ-calpain-like protease in the mitochondrial intermembrane space.

    ポスター(一般)  Taku Ozaki, Hiroshi Tomita, Makoto Tamai, Sei-ichi Ishiguro

    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology  (Kyoto International Conference Center) 

    2006年06月
     
     

  • The change of calpain activity in the retinas of the RCS rats treated with Ca2+ antagonists, Nilvadipine.

    ポスター(一般)  Sayuri Mizukoshi, Taku Ozaki, Sei-ichi Ishiguro, Mitsuru Nakazawa, Hiroshi Ohguro

    The 4th Asian Conference o Vision  (Shimane Prefectural Convention Center) 

    2006年07月
    -
    2006年08月

  • Characteristics of endogenous mitochondrial calpains.

    口頭(一般)  尾﨑 拓, 山下 哲郎, 石黒 誠一

    日本動物学会 第78回大会  (弘前大学文京町キャンパス) 

    2007年09月
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 岩手大学大学院連合農学研究科 優秀学術賞

    2009年03月31日

    受賞者:  尾﨑 拓

  • 弘前大学 若手優秀論文賞

    2011年11月11日

    受賞者:  尾﨑 拓

  • 石澤研究奨励賞

    2018年10月22日

    受賞者:  尾﨑 拓

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 新規ペプチドおよびその医薬用途

    特許

    特願 特願2012ー191205  特開 特開2014−47164  特許 特許第6183879号

    出願日: 2012年08月31日

    公開日: 2014年03月17日

    登録日: 2017年08月04日

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 網膜色素変性症モデルにおけるカルパイン阻害ペプチドの普遍的な薬効評価とさらなる薬効性の向上

    科学技術振興機構 研究成果展開事業 A-STEP

    支払支給期間:

    2012年11月
    -
    2013年10月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2012年度・ 407,693円・ 122,307円

    2013年度・ 900,000円・ 270,000円

  • 緑内障性神経節細胞死に対する新たな分子標的療法の研究

    若手研究(B)

    支払支給期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2013年度・ 900,000円・ 270,000円

    2014年度・ 1,100,000円・ 330,000円

    2015年度・ 1,100,000円・ 330,000円

  • 新規機能ペプチドによる網膜神経節細胞保護療法の開発

    若手研究(B)

    支払支給期間:

    2016年04月
    -
    2020年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2019年度・ 1,040,000円・ 240,000円

    2016年度・ 910,000円・ 210,000円

    2017年度・ 910,000円・ 210,000円

    2018年度・ 1,040,000円・ 240,000円

  • 網膜疾患治療薬の探索

    日本医療研究開発機構 創薬支援推進事業

    支払支給期間:

    2016年11月
    -
    継続中

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2016年度・ 9,759,816円・ 887,256円

    2017年度・ 14,945,228円・ 1,358,657円

    2018年度・ 16,084,112円・ 1,462,192円

    2019年度・ 12,871,272円・ 1,170,115円

  • 加齢に伴う神経変性疾患に対する新たな治療薬の開発

    地域イノベーション創出研究開発支援事業

    支払支給期間:

    2018年06月
    -
    2019年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2018年度・ 1,000,000円・ 120,000円

全件表示 >>

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 山崎眼科奨学金

    寄附金区分:奨学寄附金

    寄附者名称:山崎 仁志  2020年06月

    寄附金額:200,000円

  • 上原記念生命科学財団 研究助成金

    寄附金区分:奨学寄附金

    寄附者名称:上原 明  2020年12月

    寄附金額:5,000,000円

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新規カルパイン阻害ペプチドを用いた網膜視細胞変性の抑制

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2011年08月
    -
    2012年03月

    研究内容 :

    新規カルパイン阻害ペプチドを用いた網膜視細胞変性の抑制

  • 網膜色素変性モデルにおけるカルパイン阻害ペプチドの網膜送達技術の開発と薬効の評価

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2012年08月
    -
    2013年03月

    研究内容 :

    網膜色素変性モデルにおけるカルパイン阻害ペプチドの網膜送達技術の開発と薬効の評価

  • 網膜色素変性モデルウサギへのカルパイン阻害ペプチド点眼による網膜送達と視細胞保護

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2013年08月
    -
    2014年03月

    研究内容 :

    点眼によるカルパイン阻害ペプチドのウサギ網膜への送達

  • 新規機能ペプチドによる脳神経細胞死の保護法開発

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2014年08月
    -
    2015年03月

    研究内容 :

    新規機能ペプチドによる脳神経細胞死の保護法開発

  • ミトコンドリアを標的としたペプチド医薬の開発

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2015年08月
    -
    2016年01月

    研究内容 :

    脳疾患を対象としたミトコンドリア標的ペプチド医薬の開発

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 岩手県産食材の機能性に関する研究

    共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態 : 共同研究

  • ペプチド医薬品の開発

    共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態 : 共同研究

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    日本生化学会

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    日本動物学会

マスメディアによる報道 【 表示 / 非表示

  • 2012年度

    東奥日報 2012年8月15日
    視細胞の死 抑制成功/弘大など研究チーム 新たな治療可能性

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

  • 2012年度

    陸奥新報 2012年8月20日
    目の難病 新たな点眼治療開発期待/弘大など研究成果

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

その他研究活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2013年度

    2013年発刊の国際的学術誌 Cell Structure and Function 38巻において、論文に掲載した図(ラット網膜の免疫組織染色写真)が表紙に採用された。

  • 2017年度

    2017年9月15日
    SPERC感覚器工学グループ講演会を主催
    演題: IPASを介した神経細胞死の制御
    講師: 葛西 秋宅 先生 (弘前大学大学院 医学研究科)

 

産学官民連携活動 【 表示 / 非表示

  • 岩木健康増進プロジェクト

    実績年度 : 2014年度

    活動区分 : プロジェクト

  • 岩木健康増進プロジェクト

    実績年度 : 2015年度

    活動区分 : プロジェクト

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    2016年8月23日
    アカデミック・インターンシップにて多賀城高校の2年生に研究内容を紹介

  • 2016年度

    2016年10月18日
    大学見学にて遠野高校普通科1年生に研究内容を紹介

  • 2016年度

    2016年11月16日
    大学見学にて花巻南高校普通科1年生に研究内容を紹介

  • 2016年度

    雇用面での地域貢献: 技術補佐員3名を雇用

  • 2017年度

    2017年8月7日
    平成29年度 岩手大学理工学部 アカデミック・インターンシップ ミニ講義
    一関一高、福岡高校、多賀城高校、仙台向山高校の生徒計60名に対して、「網膜疾患と創薬研究」というタイトルでミニ講義の講師を務めた。

全件表示 >>

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    学科運営上、学科長が任命する役職(その他) (北杜会幹事)

  • 2016年度

    学科運営上、学科長が任命する役職(その他) (仕様策定委員会 委員)

  • 2016年度

    学科運営上、学科長が任命する役職(その他) (若手教員WG)

  • 2016年度

    入試委員会

  • 2016年度

    学科運営上、学科長が任命する役職(その他) (教育研究基盤センター 高大連携・接続部門 委員)

全件表示 >>

その他大学運営活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    2016年10月15日
    平成28年度 第2回オープンキャンパスにて来場者へ研究内容を紹介

  • 2016年度

    2016年8月10日
    平成28年度 第1回オープンキャンパスにて来場者へ研究内容を紹介

  • 2017年度

    2017年8月9日
    平成29年度 第1回オープンキャンパスにて来場者へ研究内容を紹介

  • 2017年度

    2017年10月21日
    平成29年度 第2回オープンキャンパスにて来場者へ研究内容を紹介

  • 2017年度

    2017年8月9日
    平成29年度 第1回オープンキャンパス ミニ講義
    高校生や保護者、高校教員を対象に「生命の基本単位:細胞」というタイトルで講義した。

全件表示 >>