塚越 英晴 (Hideharu Tsukagoshi)

写真a

所属

岩手大学  農学部  食料生産環境学科 

職名

助教

研究分野・キーワード

ゲノム, 水族遺伝, 水産資源, 水産増殖, 分子生態

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(水産科学)  2011年09月26日

    学位の分野 : 水圏生産科学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    岩手大学   三陸水産研究センター   助教   [本務]

  • 2016年04月
    -
    継続中

    岩手大学   農学部   食料生産環境学科   助教   [本務]

  • 2016年04月
    -
    継続中

    岩手大学   三陸水産研究センター   助教   [兼務]

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    情報基礎

  • 2016年度

    岩手の研究

  • 2016年度

    水産科学入門

  • 2017年度

    水圏生命科学特論

  • 2017年度

    水圏生命科学演習

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Genetic variation and population structure of marbled sole Pleuronectes yokohamae and cresthead flounder P. schrenki in Japan inferred from mitochondrial DNA analysis

    Hideharu Tsukagoshi, Keishi Takeda, Tomoko Kariya, Takuma Ozaki, Tetsuya Takatsu, Syuiti Abe

    Biochemical Systematics and Ecology   58   274 - 280   2015年02月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • Characterization of sixteen polymorphic microsatellite DNA loci in the chum salmon (Oncorhynchus keta) isolation by next-generation sequencing

    Hideharu Tsukagoshi, Sayuri Terui, Syuiti Abe

    Conservation genetics resources   7   173 - 175   2015年03月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • 稗貫川遡上天然アユと同河川放流人工種苗の遺伝特性

    照井沙友里,奥村大志,塚越英晴,梶原昌五,阿部周一

    岩手大学教育学部研究年報   74   149 - 156   2015年03月  [査読有り]

    その他(含・紀要)  共著・分担

  • Isolation and characterization of eighteen polymorphic microsatellite DNA loci from Masu salmon (Oncorhynchus masou) using next-generation sequencing and cross-species amplification

    Hideharu Tsukagoshi, Sayuri Terui, Syuiti Abe

    Conservation genetics resources   7 ( 2 ) 441 - 443   2015年06月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • 遺伝子からみた三陸岩手のサケ類

    塚越英晴

    水産育種   44 ( 1•2 ) 51 - 54   2015年07月

    学会誌  単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 第7章:回帰サケ類の遺伝学的分析(三陸のサケ, 復興のシンボル, 上田宏編著)

    塚越英晴,阿部周一

    北海道大学出版会  2015年02月

    学術著書

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 三陸岩手サケの遺伝構造と個体群特性

    塚越英晴,後藤友明

    海洋と生物 ( 生物研究社 )  40 ( 5 ) 435 - 440   2018年10月

    その他  

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Genetic variation of pink salmon in Sanriku-region

    ポスター(一般)  S. Terui, H. Tsukagoshi, S. Sato, S. Abe

    North Pacific Anadromous Fish Commosion Symposium: Pacific salmon and steelhead production in a changing climate: past, present, and future  

    2015年05月
     
     

    north Pacific Anadromous Fish Commosion

  • Genetic population structure of chum salmon in Sanriku-region, Japan

    ポスター(一般)  Hideharu Tsukagoshi, Sayuri Terui, Gen Ogawa, Shunpei Sato, Syuiti Abe

    North Pacific Anadromous Fish Commosion Symposium: Pacific salmon and steelhead production in a changing climate: past, present, and future  

    2015年05月
     
     

    North Pacific Anadromous Fish Commosion

  • ミトコンドリアDNA塩基配列データに基づくシマウキゴリの遺伝的集団構造と対馬暖流の関係

    ポスター(一般)  白川北斗,塚越英晴

    2015年度日本魚類学会年会 

    2015年09月
     
     

    日本魚類学会

  • Next-generation sequencing (NGS)- based development of polymorphic micro satellite DNA markers of pink salmon in the Sanriku-region, Japan, for their genetic characterization

    ポスター(一般)  S. Terui, H. Tsukagoshi, S. Sato, S. Abe

    Morioka Salmon Workshop 

    2016年02月
     
     

  • Genetic differentiation of chum salmon in the Sanriku-region, Japan, inferred from micro satellite DNA analysis

    ポスター(一般)  H. Tsukagoshi, S. Terui, G. Ogawa, S. Sato, S. Abe

    Morioka Salmon Workshop 

    2016年02月
     
     

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • MIG-seq法を用いた三陸岩手サケの河川遡上集団と沿岸海域集団の遺伝特性分析

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2020年度・ 1,950,000円・ 450,000円

    2021年度・ 1,560,000円・ 360,000円

    2022年度・ 780,000円・ 180,000円

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 三陸岩手サクラマスの分子生態学的研究

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2018年08月
    -
    2019年03月

    研究内容 :

  • サクラマス種苗生産技術見直しへ向けた春遡上・秋遡上群の遺伝特性分析

    平成30年度公益財団法人さんりく基金調査研究事業

    資金支給期間 :

    2019年06月
    -
    2020年03月

    研究内容 :

    三陸岩手の河川に回帰したサクラマスの春遡上群と秋遡上群間の遺伝特性分析

  • サクラマス種苗生産技術見直しへ向けた遺伝特性分析 -春遡上・秋遡上群の遺伝的差異と自然産卵床の遺伝特性-

    公益財団法人さんりく基金令和2年度調査研究事業

    資金支給期間 :

    2020年06月
    -
    2021年03月

    研究内容 :