奥野 雅子 (Masako Okuno)

写真a

所属

岩手大学  人文社会科学部  人間文化課程 

職名

教授

研究室住所

〒0208550 岩手県 盛岡市上田3丁目18-34

ホームページ

http://okunolab.hss.iwate-u.ac.jp/index.html

研究分野・キーワード

心理学的介入、コミュニケーション

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2009年03月

    東北大学  教育学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(教育学)  2009年03月25日

    学位の分野 : 臨床心理学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2019年03月

    岩手大学   人文社会科学部   准教授   [本務]

  • 2019年04月
    -
    継続中

    岩手大学   人文社会科学部   人間文化課程   教授   [本務]

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2013年度

    臨床心理基礎実習Ⅰ

  • 2013年度

    障害児心理学特論

  • 2013年度

    人間科学総合演習Ⅰ

  • 2013年度

    臨床心理学

  • 2013年度

    行動科学概論Ⅱ

全件表示 >>

FD 研修・教育研究会における発表 【 表示 / 非表示

  • FD研修会の参加

    教育研究会名 : 岩手大学FD研修会

    開催年月 : 2013年08月

教材作成 【 表示 / 非表示

  • 小学校編 事例で学ぶ生徒指導・進路指導・教育相談

    教材種類:教科書等の執筆

    教材年度 : 2014年度

  • 中学校・高等学校編 事例で学ぶ生徒指導・進路指導・教育相談

    教材種類:教科書等の執筆

    教材年度 : 2014年度

  • 学校カウンセリング

    教材種類:メディア教材

    教材年度 : 2008年度

  • 中学校・高等学校編 事例で学ぶ生徒指導・進路指導・教育相談 第3版

    教材種類:教科書等の執筆

    教材年度 : 2019年度

  • 小学校編 事例で学ぶ生徒指導・進路指導・教育相談 改訂版

    教材種類:教科書等の執筆

    教材年度 : 2019年度

学生向けの課外活動・セミナーの実施 【 表示 / 非表示

  • 2013年度

    大学院生に対する被災地支援の指導

  • 2014年度

    大学院生に対する被災地支援の指導

  • 2015年度

    大学院生に対する被災地支援の指導

  • 2016年度

    大学院生に対する被災地支援の指導

  • 2017年度

    大学院生に対する被災地支援の指導

全件表示 >>

学生課外活動の指導(サークル等の顧問等)の実施 【 表示 / 非表示

  • 2013年度

    臨床心理学領域の大学院生に対し、本学のこころの相談センターにおける面接のサブカウンセラーとして従事してもらうことによるカウンセリングの行い方についての指導

  • 2014年度

    臨床心理学領域の大学院生に対し、本学のこころの相談センターにおける面接のサブカウンセラーとして従事してもらうことによるカウンセリングの行い方についての指導

  • 2015年度

    臨床心理学領域の大学院生に対し、本学のこころの相談センターにおける面接のサブカウンセラーとして従事してもらうことによるカウンセリングの行い方についての指導

  • 2016年度

    臨床心理学領域の大学院生に対し、本学のこころの相談センターにおける面接のサブカウンセラーとして従事してもらうことによるカウンセリングの行い方についての指導

  • 2017年度

    臨床心理学領域の大学院生に対し、本学のこころの相談センターにおける面接のサブカウンセラーとして従事してもらうことによるカウンセリングの行い方についての指導

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 発達障がい児の家族が経験する支援獲得プロセスー母親へのインタビュー調査の検討からー

    八重樫大周・奥野雅子

    家族心理学研究   33 ( 1 ) 1 - 12   2019年09月  [査読有り]

    学会誌  共著・分担

  • 相互作用プロセスにおける社会的コミュニケーションの検討ー会話の意味と意図のズレに着目してー

    伊藤永乃・奥野雅子

    現代行動科学会誌   ( 35 ) 22 - 33   2019年07月

    学会誌  共著・分担

  • 家族レジリエンスを高めるコミュニケーションに関する検討ー青年期の子の視点から―

    吉谷地康平・奥野雅子

    現代行動科学会誌   ( 35 ) 34 - 44   2019年07月

    学会誌  共著・分担

  • 怒り感情生起によるコミュニケーションが二者関係の認知に与える影響ー対人葛藤場面における検討ー

    飯淵廉・奥野雅子

    現代行動科学会誌   ( 35 ) 54 - 64   2019年07月

    学会誌  共著・分担

  • スピリチュアリティにどう向き合うか―家族療法の視点から―

    奥野雅子

    アルテス リベラレス(岩手大学人文社会科学部紀要)   ( 104 ) 13 - 24   2019年06月

    その他(含・紀要)  単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 小学校編 事例で学ぶ生徒指導・進路指導・教育相談 改訂版

    長谷川啓三・花田里欧子・佐藤宏平・奥野雅子他34名

    遠見書房   2019年10月

    学術図書

  • 中学校・高等学校編 事例で学ぶ生徒指導・進路指導・教育相談 第3版

    長谷川啓三・佐藤宏平・花田里欧子・奥野雅子他37名

    遠見書房  2019年10月

    学術図書

  • 家族心理学ー理論・研究・実践ー

    若島孔文・野口修司・奥野雅子他10名

    遠見書房  2019年09月

    学術著書

  • 発達障害のライフデザイン支援 事例編

    三谷聖也・布柴靖枝・奥野雅子・他10名

    愛知教育大学  2016年03月

    学術図書

  • 小学校編 事例で学ぶ生徒指導・進路指導・教育相談

    長谷川啓三・花田里欧子・佐藤宏平・奥野雅子他34名

    遠見書房  2014年04月

    学術図書

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 一柳貴博論文へのコメント―プレイセラピーの意義を関係論的立場から考察する―

    奥野雅子

    教育臨床学研究(愛知教育大学教育臨床総合センター心理教育相談室) ( 愛知教育大学 )  19   11 - 13   2018年07月

    大学紀要  

  • 心理臨床家になり自分自身も幸せになる!

    奥野雅子

    心理臨床の広場 ( 日本心理臨床学会 )  10 ( 2 ) 16 - 17   2018年03月

    機関誌  

  • 災害を子どもがどのように経験するか

    奥野雅子

    心理臨床の広場 ( 日本心理臨床学会 )  7 ( 2 ) 18 - 19   2015年03月

    機関誌  

  • 古橋直幸氏へのコメント―システム論的立場からの遊戯療法の有効性―

    奥野雅子

    愛知教育大学教育臨床総合センター紀要 ( 愛知教育大学 )  14   33 - 34   2013年03月

    学術誌  

  • 常に変化する状況のなかに良い変化を生み出す行動がある!

    長谷川啓三・奥野雅子

    ふれあいケア ( 全国社会福祉協議会 )  18 ( 1 ) 56 - 57   2012年01月

    その他  

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 難治性うつを抱えるシングルマザーへの支援

    口頭(一般)  田代仁美・奥野雅子

    日本ブリーフセラピー協会第11回学術会議  (東北大学) 

    2019年11月
     
     

  • 子どもの引きこもりに悩むシングルマザーへの支援ー「任せる」という逃避から「向き合う」という対峙へ―

    口頭(一般)  山本麻友美・奥野雅子

    日本ブリーフセラピー協会第11回学術会議  (東北大学) 

    2019年11月
     
     

  • 家族の関わりが祖父母の老いの認知に与える影響ー孫の視点からー

    口頭(一般)  野中響子・奥野雅子

    日本ブリーフセラピー協会第11回学術会議  (東北大学) 

    2019年11月
     
     

  • 中学生の発達障がい児の自立における家族関係の検討ー母親の視点からー

    口頭(一般)  山田陽花・奥野雅子

    日本ブリーフセラピー協会第11回学術会議  (東北大学) 

    2019年11月
     
     

  • 大学生におけるキャラを介したコミュニケーションのプロセスについての検討

    口頭(一般)  藤本陽之・奥野雅子

    日本ブリーフセラピー協会第11回学術会議  (東北大学) 

    2019年11月
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本家族心理学会研究奨励賞

    2018年09月16日

    受賞者:  池田航・奥野雅子

    「家族療法の面接場面におけるサブセラピストの機能に関する一考察」家族心理学研究,31(2),132-144

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 専門家が用いるジェンダーセンシティブコミュニケーションに関する臨床心理学的研究

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2010年04月
    -
    2013年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2010年度・ 1,560,000円・ 360,000円

    2011年度・ 1,040,000円・ 240,000円

    2012年度・ 1,040,000円・ 240,000円

  • 専門家が用いる合意形成を目的としたコミュニケーションに関する臨床心理学的研究

    研究成果公開促進費・学術図書

    支払支給期間:

    2012年04月
    -
    2013年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2012年度・ 1,100,000円・ 0円

  • 家族療法の面接場面におけるジェンダーの配慮と活用に関する臨床心理学的研究

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2016年04月
    -
    2020年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2016年度・ 1,300,000円・ 300,000円

    2017年度・ 1,040,000円・ 240,000円

    2018年度・ 1,040,000円・ 240,000円

    2019年度・ 910,000円・ 210,000円

  • スピリチュアルケアにおける心理臨床家と仏教者の役割の重なりと差異に関する研究

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2020年04月
    -
    2024年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2020年度・ 1,430,000円・ 330,000円

    2021年度・ 1,040,000円・ 240,000円

    2022年度・ 1,040,000円・ 240,000円

    2023年度・ 780,000円・ 180,000円

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 複数の立場からの見立ての力を熟達化させる包括的方法の提案

    平成22年度日本臨床心理士養成大学院協議会研究助成

    資金支給期間 :

    2010年10月
    -
    2011年09月

    研究内容 :

    複数の立場からの見立ての力を熟達化させる包括的方法の提案する

  • 研究用光脳機能イメージング装置

    平成22年度私立大学等研究設備費等補助金(特別設備 135)

    資金支給期間 :

    2010年10月
     
     

    研究内容 :

    光トポグラフィーによる実験的研究

  • 心理臨床家の性差やジェンダーへの態度とコミュニケーションに関する研究

    学長裁量経費

    資金支給期間 :

    2013年04月
    -
    2014年03月

    研究内容 :

    臨床心理士100名に対象に質問紙調査を行い、クライアントと面接する際、性差やジェンダーに対する態度やコミュニケーション行動を検討する。

  • チーム支援における異分野の専門家間コミュニケーションに関する研究

    学長裁量経費

    資金支給期間 :

    2014年04月
    -
    2015年03月

    研究内容 :

    チーム支援における異分野の専門家間コミュニケーションに関して臨床心理士にインタビュー調査を行い質的検討を行う。

  • 多職種連携に関する問題解決のプロセス―専門家間のコミュニケーションに着目して―

    学長裁量経費

    資金支給期間 :

    2015年04月
    -
    2016年03月

    研究内容 :

    多職種連携に関する問題解決のプロセスについて病院臨床に務める臨床心理士にインタビュー調査を行い、質的検討を行う。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2002年03月
    -
    継続中
     

    日本家族心理学会

  • 2002年04月
    -
    2010年03月
     

    日本薬学会

  • 2002年05月
    -
    2017年03月
     

    日本精神衛生学会

  • 2003年02月
    -
    2007年03月
     

    日本ファーマシューティカル・コミュニケーション研究会

  • 2004年01月
    -
    2017年03月
     

    日本産業カウンセリング学会

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2013年03月

    安田女子大学心理学会   理事

  • 2014年11月
    -
    継続中

    現代行動科学会   理事

  • 2015年04月
    -
    継続中

    日本ブリーフセラピー協会   盛岡支部長

  • 2015年11月
    -
    継続中

    現代行動科学会   学会誌編集委員長

  • 2019年05月
    -
    継続中

    日本家族心理学会   理事

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • 日本家族心理学会第36回大会 (2019年09月)

    参加者数 : 280人

学会活動 2(国際会議などの座長) 【 表示 / 非表示

  • 事例研究発表座長 [日本心理臨床学会第29回大会 (2010年09月)]

  • 個別発表の座長 [現代行動科学会第30回大会 (2013年11月)]

  • 個人研究発表座長 [日本家族心理学会第32回大会 (2015年07月)]

  • 個人研究発表座長 [日本ブリーフセラピー協会第7回学術会議 (2015年09月)]

  • 個人研究発表座長 [日本家族心理学会第33回大会 (2016年10月)]

全件表示 >>

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • ヒューマン・ケア研究 [査読 (2014年07月)]

  • 現代行動科学会誌 [編集 (2014年09月)]

  • ヒューマン・ケア研究 [査読 (2015年08月)]

  • 現代行動科学会誌 [編集 (2015年09月)]

  • ヒューマン・ケア研究 [査読 (2016年09月)]

全件表示 >>

マスメディアによる報道 【 表示 / 非表示

  • 2014年度

    岩手大学のホームページにおいて人文社会科学部の研究室探訪にインタビューが掲載された

    報道区分: 全国報道

    メディア区分: インターネット

  • 2015年度

    日本家族心理学会のスタッフが運営する家族心理Comにおいて、家族療法家へのインタビューとして掲載された。

    報道区分: 全国報道

    メディア区分: インターネット

  • 2017年度

    日本テレビ「うちのガヤがすみません」(2107年12月19日放送)の心理学監修

    報道区分: 全国報道

    メディア区分: テレビ

  • 2018年度

    復興と宗教性について

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

 

国・地方自治体等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 海上保安庁

    委員会等名 : 第二管区海上保安部

    役職名 : 心の健康対策アドバイザー

    2014年11月
    -
    継続中
  • 岩手医科大学

    委員会等名 : 治験薬審議委員会

    役職名 : 治験薬審議委員

    2016年04月
    -
    継続中
  • 岩手医科大学

    委員会等名 : 臨床研究審査委員会

    役職名 : 審議委員

    2019年01月
    -
    継続中

企業・団体等への指導等 【 表示 / 非表示

  • 2014年度 社会福祉法人盛岡いのちの電話

    指導等の内容 :

    ボランティアスタッフの技量維持向上のための研修担当

  • 2014年度 内閣官房 内閣人事局

    指導等の内容 :

    平成26年度カウンセラー研修会の研修講師

  • 2014年度 盛岡地方裁判所 裁判官対象

    指導等の内容 :

    「親子の分離が子の心身に与える影響ー家族という物語」という題目で講演

  • 2015年度 社会福祉法人盛岡いのちの電話

    指導等の内容 :

    ボランティアスタッフの技量維持向上のための研修担当

  • 2015年度 内閣官房 内閣人事局

    指導等の内容 :

    平成27年度カウンセラー研修会の研修講師

全件表示 >>

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 仙台市市民セミナー「思春期の子ども理解」

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 思春期の子どもに対するコミュニケーション~成長していく子どもへの対応~

    2019年07月
     
     
  • 日本技術士会・会員対象の研修講師

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 幸せな家族であり続けるために~家族の葛藤と進化の物語~

    2015年07月
     
     
  • 岩手県高等学校PTA連合会

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 子どもの成長を家族支援から考える

    2014年10月
     
     
  • 盛岡市民対象公開講座 科学講和会

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : 家族の物語ーコミュニケーションに着目して―

    2014年12月
     
     
  • 宮城県立仙台南高校における高校生対象の講義

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : コミュニケーションの魔術~幸せになるための戦略~

    2014年07月
     
     

全件表示 >>

他大学等の非常勤講師 【 表示 / 非表示

  • 新潟青陵大学

    スクールカウンセリングの視点と臨床 (

    2013年10月
     
     

    )

  • 東北学院大学

    震災を体験した子どもが見た心の景色 (

    2015年02月
     
     

    )

  • 放送大学

    家族心理学 (

    2016年05月
     
     

    )

  • 東北大学

    東北大学復興アクションシンポジウム「サイコロジカル・エイド 震災から5年を経過して」における講演および討議者 (

    2017年01月
     
     

    )

  • 放送大学

    家族心理学 (

    2018年04月
     
     

    )

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2013年度

    岩手大学こころの相談センターにおいて地域住民に対するカウンセリングを実施

  • 2013年度

    アフリカの女児1名に対するフォスターペアレント契約による毎月の経済的支援

  • 2014年度

    岩手大学こころの相談センターにおいて地域住民に対するカウンセリングを実施

  • 2014年度

    アフリカの女児1名に対するフォスターペアレント契約による毎月の経済的支援

  • 2015年度

    岩手大学こころの相談センターにおいて地域住民に対するカウンセリングを実施

全件表示 >>

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年度

    こころの相談センター運営委員会

  • 2013年度

    環境管理システム委員会

  • 2013年度

    環境マネジメントシステム内部監査委員会

  • 2013年度

  • 2013年度

    生活支援部門会議

全件表示 >>

その他大学運営活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年度

    公認心理師指定大学院にするために、公認心理師資格(国家資格)の取得