鎌田 康寛 (KAMADA Yasuhiro)

写真a

所属

岩手大学  理工学部  物理・材料理工学科  マテリアルコース 

職名

教授

研究室電話

019-621-6431

研究室FAX

019-621-6431

ホームページ

http://www.ndesrc.eng.iwate-u.ac.jp/kamada/

メールアドレス

メールアドレス

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1992年03月

    名古屋大学   工学部   応用物理学科   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年03月

    名古屋大学  工学研究科  量子工学  修士課程  修了

  •  
    -
    1997年03月

    名古屋大学  工学研究科  量子工学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学 -  博士(工学)  1997年01月01日

    学位の分野 : 金属物性・材料

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    岩手大学   助教授   [本務]

  • 2007年04月
    -
    2012年02月

    岩手大学   工学部   准教授   [本務]

  • 2012年03月
    -
    2016年03月

    岩手大学   工学部   マテリアル工学科   教授   [本務]

  • 2016年04月
    -
    継続中

    岩手大学   理工学部   物理・材料理工学科   マテリアルコース   教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2001年03月

        大阪大学大学院工学研究科マテリアル科学専攻・助手

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 磁気工学の世界 -磁石から材料検査まで- [一般・高校生向け]

    講義の概要

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    固体物理学Ⅰ

  • 2004年度

    金属物理学特論Ⅱ

  • 2005年度

    固体物理学Ⅰ

  • 2005年度

    金属物理学特論Ⅱ

  • 2007年度

    基礎ゼミナール

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2006年度

    卒業研究指導(学部):2人

    学位論文審査(学部・副査):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):1人

  • 2007年度

    卒業研究指導(学部):2人

    学位論文審査(学部・副査):1人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):2人

  • 2008年度

    卒業研究指導(学部):2人

    副研究指導(学部):2人

    研究指導(修士・主任指導):2人

  • 2009年度

    卒業研究指導(学部):2人

    副研究指導(学部):1人

    研究指導(修士・主任指導):3人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):1人

  • 2010年度

    卒業研究指導(学部):2人

    研究指導(修士・主任指導):2人

    学位授与者数(修士・主任指導):2人

全件表示 >>

FD 研修・教育研究会における発表 【 表示 / 非表示

  • 自校教育授業の実践から理解する岩手大学生の想い

    教育研究会名 : 全学FD

    開催年月 : 2018年08月

  • 100分14回授業を行っている先行大学の事例紹介

    教育研究会名 : 全学FD

    開催年月 : 2018年08月

  • 「教育課程と学習成果に関する基準」に関するワークショップ

    教育研究会名 : 全学FD

    開催年月 : 2018年08月

  • 100分授業の実施で教育効果を上げるために

    教育研究会名 : 理工学部FD

    開催年月 : 2018年09月

  • InFolio(アイフォリオ)の使い方等に関する研修会

    教育研究会名 : 全学FD

    開催年月 : 2019年01月

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 構造材料の磁気・超音波・機械特性に関する研究

    研究期間:

    2001年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 磁性、超音波、機械特性、構造材料

    研究態様: 機関内共同研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    金属物性・材料 ,  構造・機能材料 ,  機械材料・材料力学

  • 磁性を用いた材料劣化の非破壊評価法

    研究期間:

    2001年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 非破壊評価、劣化、磁性

    研究態様: 機関内共同研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    金属物性・材料 ,  構造・機能材料 ,  機械材料・材料力学

  • 薄膜の磁気特性・機械特性に関する研究

    研究期間:

    1997年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 薄膜、磁気特性、機械特性

    研究態様: 機関内共同研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    金属物性・材料 ,  構造・機能材料 ,  機械材料・材料力学

論文 【 表示 / 非表示

  • Structure and Magnetic Properties of Metastable Ni/bcc-Fe multilayers

    Yasuhiro KAMADA, Masaaki MATSUI, and Toshio ASADA

    Journal of the Physical Society of Japan   66 ( 2 ) 466-471   1997年01月

    学術誌  共著・分担

  • Crystal Growth in Epitaxial TM/Au and TM/Ag(TM=Co,Cu) Superlattices Studied by Continuous RHEED Observation

    Yasuhiro KAMADA, Toshiki KINGETSU, Hitoshi KASAI, and Masahiko YAMAMOTO

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials   198-199   707-709   1999年01月

    学術誌  共著・分担

  • In Situ Observation of Epitaxial Growth of [Au/Co/Cu] and [Cu/Co/Au] Superlattices and Their Magnetic Interface Anisotropies

    Yasuhiro KAMADA, Yoshitaka HITOMI, Toshiki KINGETSU, and Masahiko YAMAMOTO

    Journal of Applied Physics   90 ( 10 ) 5104-5110   2001年01月

    学術誌  共著・分担

  • Effects of Hydrogenation on the Structure, Transport, and Magnetic Properties of Multilayers Composed of Transition Metals and Rare-Earth Metals

    Yasuhiro KAMADA, Akihiro ITOH, Daisuke TAKAMA, and Masahiko YAMAMOTO

    Transactions of The Magnetics Society of Japan   2 ( 2 ) 1X-7X   2002年01月

    学術誌  共著・分担

  • ステンレス鋼粒界での照射誘起偏析を模擬した合金のマルテンサイト変態と磁性

    鎌田康寛,張楽福,荒克之,菊池弘昭,徳武洋介,高橋正氣,塚田隆

    日本金属学会誌   68 ( 2 ) 122 - 125   2004年01月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 経年劣化問題に対する磁気的非破壊評価の試み

    鎌田康寛、菊池弘昭、荒克之、高橋正氣

    検査技術 ( 日刊工業 )  8 ( 3 ) 15 - 20   2003年08月

    その他  

  • 磁気的非破壊評価を目的とした測定装置開発

    菊池弘昭、荒克之、鎌田康寛、高橋正氣

    検査技術 ( 日刊工業 )  9 ( 11 ) 1 - 7   2004年09月

    その他  

  • 圧力容器鋼の照射脆化と超音波特性

    鎌田康寛

    検査技術 ( 日本工業出版 )  13 ( 7 ) 50 - 54   2008年07月

    その他  

  • 中性子照射した純鉄および圧力容器鋼の磁気特性と照射欠陥の関係

    鎌田康寛, 菊池弘昭, 小林悟, 荒克之, 高橋正氣, 渡辺英雄, 吉田直亮, 海老根典也, 鈴木雅秀

    九州大学応用力学研究所所報 ( 九州大学応用力学研究所 )  137   151 - 155   2009年04月

    その他  

  • 電磁超音波共鳴法による熱時効Fe-Cu合金のCu析出挙動評価

    鎌田康寛, 菊池弘昭, 小林悟, 大谷俊博

    超音波テクノ ( 日本工業出版 )  21 ( 6 ) 87 - 90   2009年06月

    その他  

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • NDE for magnetic material by minor loop method using magnetic yoke probe

    ポスター(一般)  H. Kikuchi, A. Takahashi, L. Zhang, K. Ara, Y. Kamada, and K. Ara

    The 10th International Workshop on Electromagnetic Nondestructive Evaluation  (Michigan, USA) 

    2004年06月
     
     

  • Nondestructive Evaluation Method by Minor Hysteresis Loops

    口頭(一般)  S. Takahashi, L. Zhang, Y. Kamada, H. Kikuchi, K. Muntaz and K. Ara

    The 10th International Workshop on Electromagnetic Nondestructive Evaluation  (Michigan, USA) 

    2004年06月
     
     

  • A New Analysis of Minor Hysteresis Loops and QNDE

    口頭(一般)  S. Takahashi, L. Zhang, Y. Kamada, H. Kikuchi, and K. Ara

    A New Analysis of Minor Hysteresis Loops and QNDE  (Colorado, USA) 

    2004年07月
     
     

  • Magnetic Study of Martensitic Transformation in Austenitic Stainless Steels by Low Field Hysteresis Loops Analysis

    口頭(一般)  L. Zhang, S. Takahashi, Y. Kamada, H. Kikuchi, K. Mumtaz, K. Ara, and M. Sato

    A New Analysis of Minor Hysteresis Loops and QNDE  (Colorado, USA) 

    2004年07月
     
     

  • Magnetic Evaluation of the Embrittlement on Cold-rolled Steels

    ポスター(一般)  Y. Kamada, T. Nakano, S. Takahashi, K. Ara, H. Kikuchi, J. Echigoya and K. Yaegashi

    16th World Conference on Nondestructive Testing  (Montreál, Canada) 

    2004年08月
    -
    2004年09月

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • The best referred paper

    2004年08月06日

    受賞者:  S. Takahashi, H. Satou, Y. Kamada, K. Ara, and H. Kikuchi

  • MAGDA優秀講演論文賞

    2006年11月01日

    受賞者:  鎌田康寛、大谷俊博、菊池弘昭、高橋正氣

    磁気ヨーク型プローブ及びEMATを用いたFeCu合金の時効析出過程の非破壊評価に関する優秀講演論文賞

  • Best Paper Award

    2008年12月

    受賞者:  J. Manjanna, Y. Kamada, S. Kobayashi and H. Kikuchi

    Best Paper Award received at the conference of
    Operational and Environmental Issues concerning use of Water as a Coolant in Power Plants and Industries.
    Title is "Strain-induced austenitic to martensitic transformation in stainless steels."

  • Excellent Poster Award

    2009年11月13日

    受賞者:  Yasuhiro Kamada, Hiroaki Kikuchi, Katsuo Joubouji, Kiminori Sato, Toshihiro Ohtani, Satoru Kobayashi, Ken Kurosaki, and Shinsuke Yamanaka

    Excellent Poster Award receved at the 13th Asia-Pacific Conference on Non-destructive Testing.
    Title is "Comparison of Round-robin NDE Results on Impact Test Pieces of Model Specimens Simulating Irradiation Embrittlement"

  • 日本AEM学会功労賞

    2014年12月04日

    受賞者:  鎌田康寛

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • X線分光素子

    特許

    特許 364227

    登録日: 2005年01月07日

  • 焼入れ加工後の鋼板の硬さ測定方法および測定装置

    特許

    特願 特願2015-133954 

    出願日: 2015年07月02日

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 中性子照射した原子炉圧力容器鋼の非接触電磁超音波共鳴測定

    若手研究(A)

    支払支給期間:

    2007年04月
    -
    2010年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2007年度・ 14,430,000円・ 3,330,000円

    2008年度・ 4,700,000円・ 1,410,000円

    2009年度・ 2,500,000円・ 750,000円

  • 磁場制御環境下での内部摩擦の歪み振幅依存性計測による圧力容器鋼の材質劣化診断

    萌芽研究

    支払支給期間:

    2009年04月
    -
    2011年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2008年度・ 1,700,000円・ 0円

    2009年度・ 1,100,000円・ 0円

    2010年度・ 700,000円・ 0円

  • 中性子線照射による原子炉構造材料の経年劣化と磁化過程の相関に関する研究

    基盤研究(S)

    支払支給期間:

    2002年04月
    -
    2007年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2002年度・ 53,690,000円・ 12,390,000円

    2004年度・ 25,870,000円・ 5,970,000円

    2005年度・ 14,560,000円・ 3,360,000円

    2006年度・ 8,580,000円・ 1,980,000円

    2007年度・ 7,670,000円・ 1,770,000円

  • 照射ナノ損傷組織と磁壁とのダイナミックス研究

    基盤研究(B)

    支払支給期間:

    2008年04月
    -
    2011年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2008年度・ 7,000,000円・ 2,100,000円

    2009年度・ 4,300,000円・ 1,290,000円

    2010年度・ 1,500,000円・ 450,000円

  • 動的照射環境下で形成されたマトリクス欠陥の組織評価

    基盤研究(B)

    支払支給期間:

    2008年04月
    -
    2012年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2008年度・ 6,600,000円・ 1,980,000円

    2009年度・ 4,900,000円・ 1,470,000円

    2010年度・ 1,400,000円・ 420,000円

全件表示 >>

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 鉄鋼研究振興助成

    寄附金区分:奨学寄附金

    寄附者名称:日本鉄鋼協会  1900年01月

    寄附金額:0円

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Advanced electromagnetic diagnostic techniques for aging degradation in RPV materials

    二国間交流事業(日韓)

    資金支給期間 :

    2009年07月
    -
    2011年06月

    研究内容 :

    原子炉機器構造物の非破壊評価技術開発に関する、韓国原子力エネルギー研究所との研究交流事業

  • 組織制御型高強度・高機能鋳鉄自動車用部材の製造技術開発

    経済産業省サポイン事業

    資金支給期間 :

    2009年10月
    -
    2012年03月

    研究内容 :

    自動車用鋳鉄材料および品質検査法の開発を目的とした事業で、超音波を用いた非破壊材質評価法の可能性について、日下レアメタル研究所と共同で検討する。

  • 革新的高精度精密鋳造技術の研究開発

    学長裁量経費

    資金支給期間 :

    2010年12月
    -
    2012年03月

    研究内容 :

    高精度鋳造品の非破壊評価技術に関する研究開発の検討を行う。

  • 安全・安心な社会を実現するための先進非破壊診断技術の研究拠点形成

    学長裁量経費

    資金支給期間 :

    2013年04月
    -
    2016年03月

    研究内容 :

    材料劣化評価や品質評価のための先進非破壊診断技術の研究拠点形成を目指した研究事業。

  • 自動車の軽量・高強度化を実現するダイクエンチ製品の非破壊材料品質診断法の開発

    マッチングプランナープログラム企業ニーズ解決試験

    資金支給期間 :

    2016年06月
    -
    2017年03月

    研究内容 :

    ダイクエンチ工法により製造される自動車車体部品の硬さを電磁気計測により非破壊評価する手法を提案する。特に3次元電磁界解析と模擬材試験を組み合わせて技術検討を進め、部品形状によらない非破壊品質診断法の開発を行う。

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 磁性を用いた材料劣化の非破壊検査

    共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態 : 共同研究

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1993年01月
    -
    2009年01月
     

    日本物理学会

  • 1993年01月
    -
    継続中
     

    磁気学会

  • 1993年01月
    -
    継続中
     

    日本金属学会

  • 1997年01月
    -
    継続中
     

    応用物理学会

  • 2000年01月
    -
    継続中
     

    日本非破壊検査協会

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2003年06月
    -
    2005年05月

    日本鉄鋼協会   構造材料の新しい劣化診断・自主フォーラム活動代表

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    日本保全学会   保全学編集委員

  • 2005年06月
    -
    2008年05月

    日本鉄鋼協会   電磁計測技術を用いた劣化診断フォーラム活動代表

  • 2006年04月
    -
    2006年07月

    日本保全学会   第3回学術講演会プログラム小委員会委員

  • 2006年04月
    -
    2009年05月

    日本非破壊検査協会   非線形現象非破壊検査材料評価研究会委員

全件表示 >>

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • 鉄鋼協会・自主フォーラム第2回シンポジウム・組織変化に着目した経年劣化材料の非破壊評価 (2005年03月)

    参加者数 : 50人

  • 鉄鋼協会・フォーラム第1回シンポジウム・組織変化に着目した経年劣化材料の非破壊評価 (2006年03月)

    参加者数 : 50人

  • 鉄鋼協会・フォーラム第2回シンポジウム・組織変化に着目した経年劣化材料の非破壊評価 (2007年03月)

    参加者数 : 50人

  • 鉄鋼協会・フォーラム第3回シンポジウム・組織変化に着目した経年劣化材料の非破壊評価 (2008年03月)

    参加者数 : 50人

  • 鉄鋼協会・フォーラム第4回シンポジウム・組織変化に着目した経年劣化材料の非破壊評価 (2009年03月)

    参加者数 : 50人

全件表示 >>

学会活動 2(国際会議などの座長) 【 表示 / 非表示

  • Y. Kamada [National Seminar on Non-Destructive Evaluation NDE-2010 (2010年12月)]

研究員(受入れ) 【 表示 / 非表示

  • ポスドク受入 (

    1人 
    2010年12月
    -
    2012年07月

    )

その他研究活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2005年度

    二国間交流協定で韓国原子力研究所との共同研究を開始することができた。また、工学部と韓国原子力研究所との学術協定を締結することができた。

  • 2006年度

    ENDE国際ワークショップ(安比)およびCUP日韓拠点大学交流研究会(盛岡)を開催し、国際交流につとめた。米国・UCSB(カリフォルニア大学)にのべ3週間滞在し、共同実験を行った。

  • 2007年度

    鉄鋼協会フォーラム活動研究会(08年3月、盛岡)を主催し、研究ネットワークの拡大に努めた。科研費・若手Aの採択を基盤として、韓国原子力研究所との新しい共同研究の申請を行った。

 

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 出前講義 福岡高校

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 磁気工学が開く世界

    2011年10月
     
     
  • 岩手県理数科課題研究発表会

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 岩手県理数科課題研究発表会に出席した。

    2014年02月
     
     
  • 一関一高との高大接続事業

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 出前講義を行った。

    2014年08月
     
     
  • 釜石高校SSH大学体験

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 釜石高校での講義と岩手大学での実験を実施した。

    2015年09月
     
     
  • 多賀城高校(アカデミックインターンシップ)

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : アカデミックインターンシップとして、幾つかの金属材料の組織観察と硬さ測定を行った。

    2016年07月
     
     

全件表示 >>

国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • 2008年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :韓国原子力エネルギー研究所

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :韓国原子力エネルギー研究所と原子炉機器構造物の非破壊検査手法について研究交流を行う。
    国際会議の場で情報交換を行う。

  • 2008年度

    外国人受入れ(私費留学生を除く)

    交流機関・事業等名 :

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :インド人研究員を受け入れる

  • 2009年度

    外国人受入れ(私費留学生を除く)

    交流機関・事業等名 :

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :インド人研究員を受け入れる

  • 2009年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :韓国原子力エネルギー研究所

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :韓国原子力エネルギー研究所と原子炉機器構造物の非破壊検査手法について研究交流を行う。
    日韓の双方でワークショップを開き、最新の研究成果について情報交換を行う。JSPS二国間交流事業の枠組みで共同研究を行う。

  • 2010年度

    外国人受入れ(私費留学生を除く)

    交流機関・事業等名 :学振外国人特別研究員

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :インド人ポスドクを客員研究員として受入れ、研究を行った。

全件表示 >>

他大学等の非常勤講師 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学

    マテリアル生産科学専攻の特別講義(社会連携学)を実施 (

    2014年01月
     
     

    )

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年度

    広報委員会

  • 2010年度

    センター試験監督・警備

  • 2010年度

    附属金属材料保全工学研究センター運営委員会

  • 2010年度

    将来計画委員会

  • 2011年度

    [その他] 高校での学部紹介

全件表示 >>

その他大学運営活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    所属研究センターの設立3周年記念行事を10月に実施し、成果報告会を実施した。

  • 2011年度

    ソフトパス工学総合研究センター運営委員会