宮崎 雅雄 (MIYAZAKI Masao)

写真a

所属

岩手大学  農学部  応用生物化学科 

職名

教授

研究室住所

〒0208550 岩手県 岩手県盛岡市上田3-18-8

研究室

分子生体機能学研究室

研究室電話

019-621-6154

研究室FAX

019-621-6154

研究分野・キーワード

フェロモン, 嗅覚, タンパク質, 動物行動, 生化学, ネコ

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年03月

    岩手大学   農学部   獣医学科   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年03月

    岩手大学  連合農学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 岩手大学 -  博士(農学)  2004年03月24日

    学位の分野 : 応用生物化学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2012年06月

    岩手大学   農学部   特任准教授   [本務]

  • 2012年07月
    -
    2020年10月

    岩手大学   農学部   准教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

      独立行政法人 理化学研究所 フロンティア研究システム   基礎科学特別研究員

  • 2007年04月
    -
    2007年09月

      独立行政法人 理化学研究所 フロンティア研究システム   研究員

  • 2007年10月
    -
    2008年03月

      東海大学 糖鎖工学研究施設   研究員

  • 2008年04月
    -
    2011年03月

      東海大学 糖鎖科学研究所   日本学術振興会特別研究員

  • 2008年05月
    -
    2009年10月

      ルイジアナ州立大学   客員研究員

おすすめURL 【 表示 / 非表示

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • においの科学 [一般・高校生向け]

    講義の概要

    皆さんは、イヌやネコが電柱や壁におしっこをひっかける姿を見たことがありますか?これは尿のにおいをマーキングして縄張りを主張するための行動と考えられています。ではなぜにおいで縄張りが主張できるのでしょうか?そもそもにおいの正体ってなんでしょうか?本プログラムでは最先端の研究技術を使ってにおいを科学的に分析し、においを使ったネコの縄張り行動の仕組みについて考えてみたいと思います。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2012年度

    分子生体機能学

  • 2012年度

    生化学特論

  • 2012年度

    応用生物化学演習Ⅰ

  • 2012年度

    機器分析化学

  • 2012年度

    卒業研究

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2013年度

    卒業研究指導(学部):3人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):2人

  • 2014年度

    卒業研究指導(学部):3人

    大学院研究生(修士・専門職学位課程):1人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):1人

    【連合農学研究科・連合獣医学研究科】 第1副指導(博士):1人

  • 2015年度

    卒業研究指導(学部):2人

    大学院研究生(修士・専門職学位課程):3人

    研究指導(修士・主任指導):3人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):1人

    【連合農学研究科・連合獣医学研究科】 第1副指導(博士):1人

  • 2016年度

    卒業研究指導(学部):4人

    学位論文審査(学部・主査):2人

    大学院研究生(修士・専門職学位課程):4人

    研究指導(修士・主任指導):4人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):2人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):2人

  • 2017年度

    卒業研究指導(学部):2人

    研究指導(修士・主任指導):3人

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ネコ尿主要タンパク質の機能解析

    研究期間:

    2001年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : ネコ尿主要タンパク質

    研究態様: 個人研究

    研究制度: その他の研究制度  

    専門分野(科研費分類)

    動物生産科学 ,  獣医学 , 

  • ネコ腎臓病のバイオマーカー開発

    研究期間:

    2001年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : バイオマーカー

    研究態様: 個人研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    獣医学 , 

  • ネコのケミカルコミュニケーションの分子基盤解明

    研究期間:

    2006年10月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 嗅覚

    研究態様: 個人研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    動物生産科学 , 

  • 薄層クロマトグラフィー-レーザーイオン化四重極イオントラップ飛行時間型質量分析装置を用いてマウスの各臓器に含まれる中性糖脂質の簡便かつ微量構造解析

    研究期間:

    2007年10月
    -
    2011年03月

    研究課題キーワード : 質量分析

    研究態様: 機関内共同研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    分析化学 , 

  • シロアリのカースト形成機構における昆虫幼若ホルモンⅢの機能解析

    研究期間:

    2008年05月
    -
    2009年10月

    研究課題キーワード : 昆虫

    研究態様: 国際共同研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    応用生物化学 , 

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Clinical availability of urinary N-acetyl-beta-D-glucosaminidase index in dogs with urinary Diseases

    Sato, R., Soeta, S., Miyazaki, M., Syuto, B., Sato, J., Miyake, Y., Yasuda, J., Okada, K. and Naito, Y.

    The Journal of Veterinary Medical Science   64   361 - 365   2002年01月  [査読有り]

    学会誌  共著・分担

  • In vitro inhibition of adrenal catecholamine secretion by steroidal metabolites of ginseng saponins

    3) Tachikawa, E., Kudo, K., Hasegawa, H., Kashimoto,T., Sasaki, K., Miyazaki, M., Taira, H., and Lindstrom, J. M.

    Biochemical Pharmacology   66   2213 - 2221   2003年01月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Molecular cloning and characterization of a novel carboxylesterase-like protein that is physiologically present at high concentrations in the urine of domestic cats (Felis catus)

    Miyazaki, M., Kamiie, K., Soeta, S., Taira, H. and Yamashita, T.

    Biochemical Journal   370   101 - 110   2003年01月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • DES2 protein is responsible for phytoceramide biosynthesis in the mouse small intestine

    4) Omae, F., Miyazaki, M., Enomoto, A., Suzuki, M., Suzuki, Y., Suzuki, A.

    Biochemical Journal   379   687 - 695   2004年01月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Identification of an essential sequence for dihydroceramide C-4 hydroxylase activity of mouse DES2

    Omae, F., Miyazaki, M., Enomoto, A., Suzuki, A.

    FEBS Letters   576   63 - 67   2004年01月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Chemical Signals in Vertebrates 11

    Miyazaki, M., Yamashita, T., Taira, H., Suzuki, A. ( 担当範囲: The biological function of cauxin, a major urinary protein of the domestic cat (Felis catus) )

    Springer  2007年01月 ISBN: 978-0-38

    学術著書

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ネコ特有な尿臭の生産機構に関与する尿中タンパク質Cauxinの発見

    宮崎雅雄

    Aroma Research ( フレグランスジャーナル社 )  29   56 - 61   2007年01月

    機関誌  

  • ネコ特有な尿臭の原因となる化合物を生産するメカニズム

    宮崎雅雄

    バイオサイエンスとインダストリー ( バイオインダストリー協会 )  65   516 - 517   2007年01月

    機関誌  

  • 超音波画像診断法による第四胃内カード形成状態の評価法

    宮崎珠子, 宮崎雅雄, 安田準, 岡田啓司

    産業動物臨床医誌 ( 産業動物臨床医誌 )  1   54 - 61   2010年01月

    学術誌  

  • 哺乳動物の嗅覚コミュニケーション

    宮崎雅雄

    におい・かおり環境学会誌 ( 公益社団法人におい・かおり環境協会 )  47 ( 1 ) 25 - 33   2016年01月

    機関誌  

  • ネコの嗅覚システムを解明する

    宮崎雅雄

    Aroma research ( Fragrance journal )  72   50 - 51   2017年11月

    機関誌  

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The tissue distribution of a putative pheromone precursor, felinine and its precursor, 3-methylbutanol-glutathione, in the domestic cat

    ポスター(一般)  Hojo, W., Miyazaki, M., Nishimura, T., Nakamuta, N., Yamashita, T.

    The XVI International Symposium on Olfaction and Taste  (Stockhorm, Sweden) 

    2012年06月
     
     

  • The chemosensory system for flehmen response in the domestic cat

    ポスター(一般)  6. Miyazaki, M., Hojo, W., Nishimura, T., Miyazaki, T., Laine, A. R., Suzuki, A., Yamashita, T.

    The International Symposium on Olfaction and Taste  (Stockholm, Sweden ) 

    2012年06月
    -
    2014年06月

  • 非自己の嗅覚情報で誘発されるネコフレーメン行動

    口頭(一般)  宮崎雅雄

    第16回鋤鼻研究会 

    2012年07月
     
     

  • Investigation on the biosynthetic pathway of felinine, a precursor of cat specific odorant, in the domestic cat

    ポスター(一般)  Hojo, W., Miyazaki, M., Tsutchiya K., Yamashita, T.

    International Chemical Ecology Conference 2013 

    2013年06月
     
     

  • Identification of scent signals contributing to speceis, sex, age and individual recognition from anal sac secretions and feces in the domestic cat

    口頭(一般)  Miyazaki, M., Hojo, W., Nishimura, T., Yamashita, T.

    International Chemical Ecology Conference 2013  (Melbourne, Australia) 

    2013年08月
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第143回日本獣医学会学術集会大会長賞

    2007年04月03日

    受賞者:  宮崎雅雄

    ネコ特有な尿臭の生産機構に関与する尿中タンパク質Cauxinの発見

  • 獣医学奨励賞

    2007年04月04日

    受賞者:  宮崎雅雄

    ネコ特有な尿臭の生産機構に関与する尿中タンパク質Cauxinの発見

  • ひらめきときめきサイエンス推進賞

    2018年07月01日

    受賞者:  宮崎雅雄

  • 日本農芸化学会 日本農芸化学会英文誌 BBB論文賞

    2019年03月01日

    受賞者:  Miyazaki, T., Nakata, K., Nishimura, T., Abe, S., Yamashita, T., and Miyazaki, M.

  • 日本味と匂学会 研究奨励賞

    2019年09月15日

    受賞者:  宮崎雅雄

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • におい評価装置

    特許

    特願 特願2016-169554  特許 第6683318号

    登録日: 2020年03月05日

  • におい評価方法及びにおい評価装置

    特許

    特許 6807587

    登録日: 2020年12月

  • 害虫に対する忌避・殺虫剤およびこの製造方法

    特許

    特願 特願2020-140755 

    出願日: 2020年05月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • においの科学~なぜ犬や猫はにおいをマーキングするか考えてみよう~

    ひらめきときめきサイエンス

    支払支給期間:

    1900年
    -
    継続中

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2014年度・ 403,000円・ 40,300円

  • ネコの本能行動の発動を制御する嗅覚システムの解明

    研究活動スタート支援

    支払支給期間:

    2011年08月
    -
    2013年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2011年度・ 1,300,000円・ 390,000円

    2012年度・ 1,200,000円・ 360,000円

  • 移植腎傷害早期診断バイオマーカーとしての尿中L-FABPの前臨床研究

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2013年度・ 200,000円・ 0円

    2014年度・ 200,000円・ 0円

  • ネコのにおいを介した嗅覚コミュニケーションの仕組み解明と糞尿被害防止策の開発

    若手研究(B)

    支払支給期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2013年度・ 1,100,000円・ 330,000円

    2014年度・ 1,200,000円・ 360,000円

    2015年度・ 1,000,000円・ 300,000円

  • 尿主要タンパク質コーキシンの遺伝子欠損ネコ作製と機能解明

    基盤研究(B)

    支払支給期間:

    2012年04月
    -
    2016年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2013年度・ 2,200,000円・ 0円

    2014年度・ 1,500,000円・ 0円

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • コレステロール生合成を抑制する新規フェリニン経路の亢進機構の解明と創薬への応用

    平成28年度研究力強化支援経費

    資金支給期間 :

    2016年08月
    -
    2017年03月

    研究内容 :

    フェリニン経路の機能解析

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • ネコの糞尿被害防止策の開発

    共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態 : 共同研究

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2014年06月
    -
    継続中
     

    日本生化学会

  • 2016年03月
    -
    継続中
     

    日本味と匂学会

  • 2019年09月
    -
    継続中
     

    日本動物行動学会

  • 2019年10月
    -
    継続中
     

    日本農芸学会

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    継続中

    日本味と匂学会   学会誌編集委員

  • 2020年05月
    -
    継続中

    日本味と匂学会   評議員

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会 東北支部 第14回若手の会 (2013年10月)

    参加者数 : 71人

  • Chemosensory and Behavior Workshop 2016 (2017年02月)

    参加者数 : 25人

  • International Symposium on “Environmental Response Mechanisms in Plants and Animals” (2020年01月)

    参加者数 : 140人

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • Journal of Ethology [査読 (2012年07月)]

  • Journal of Ethology [査読 (2012年08月)]

  • Journal of Ethology [査読 (2012年08月)]

  • Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry [査読 (2013年08月)]

  • Flavour and Fragrance Journal [査読 (2014年04月)]

全件表示 >>

マスメディアによる報道 【 表示 / 非表示

  • 2013年度

    岩手めんこいテレビSuper News ひらめき☆ときめきサイエンス 実施紹介

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: テレビ

  • 2013年度

    盛岡タイムス ひらめき☆ときめきサイエンス実施紹介

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

  • 2013年度

    岩手日報H25.8.10朝刊、ひらめき☆ときめきサイエンスの実施紹介

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

  • 2014年度

    岩手めんこいテレビSuper News ひらめき☆ときめきサイエンス 実施紹介

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: テレビ

  • 2015年度

    岩手日報 ひらめき☆ときめきサイエンス実施紹介

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

全件表示 >>

 

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • ひらめき☆ときめきサイエンス

    種類 : ひらめき☆ときめきサイエンス

    担当部門(講演題目) : においの科学~なぜ犬や猫はおしっこのにおいで縄張りを確保できるか考えてみよう~

    2013年08月
     
     
  • 岩手県立水沢高校SSH大学実習

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : タンパク質と酵素のはたらき

    2013年09月
     
     
  • 岩手県立釜石高等学校SSH講義・実験

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : においの化学

    2013年09月
     
     
  • ひらめき☆ときめきサイエンス

    種類 : ひらめき☆ときめきサイエンス

    担当部門(講演題目) : においの科学~なぜ犬や猫はにおいをマーキングするか考えてみよう~

    2014年07月
     
     
  • 岩手県立水沢高等学校SSH講義・実験

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : においの化学

    2014年07月
    -
    2014年09月

全件表示 >>

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年度

    附属動物医学食品安全教育研究センター運営委員会

  • 2013年度

    企画室特命班

  • 2014年度

    附属動物医学食品安全教育研究センター運営委員会

  • 2014年度

    情報セキュリティ委員会

その他大学運営活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2012年度

    におい分子情報解析システム仕様策定委員