三浦 健司 (Kenji Miura)

写真a

所属

岩手大学  理工学部  システム創成工学科  電気電子通信コース 

職名

准教授

研究室住所

〒020-8551 岩手県 盛岡市上田4-3-5 岩手大学理工学部 システム創成工学科

研究室電話

019-621-6458

研究室FAX

019-621-6458

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

磁気デバイス, 高周波デバイス, 磁気応用, 電磁環境

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年03月

    東北大学   工学部   通信工学科   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年03月

    東北大学  情報科学研究科  システム情報科学専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    2003年03月

    東北大学  情報科学研究科  システム情報科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(情報科学)  2003年03月

    学位の分野 : 電子デバイス・電子機器

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年03月

    岩手大学   工学部   電気電子・情報システム工学科   助教   [本務]

  • 2016年04月
    -
    2016年08月

    岩手大学   理工学部   システム創成工学科   電気電子通信コース   助教   [本務]

  • 2016年09月
    -
    継続中

    岩手大学   理工学部   システム創成工学科   電気電子通信コース   准教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

      東北大学 電気通信研究所   助手

  • 2007年04月
    -
    2012年03月

      東北大学 電気通信研究所   助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 電力工学・電力変換・電気機器

  • 電子デバイス・電子機器

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2012年度

    基礎ゼミナール

  • 2012年度

    電気電子工学英語研修Ⅱ

  • 2012年度

    電気電子工学応用実験

  • 2012年度

    電気電子工学専門研修

  • 2012年度

    電気電子工学基礎実験

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2012年度

    卒業研究指導(学部):2人

    副研究指導(学部):5人

    補助教員(修士・助教):5人

  • 2013年度

    卒業研究指導(学部):3人

    副研究指導(学部):6人

    補助教員(修士・助教):3人

  • 2014年度

    卒業研究指導(学部):4人

    補助教員(修士・助教):2人

  • 2015年度

    卒業研究指導(学部):3人

    補助教員(修士・助教):4人

  • 2016年度

    卒業研究指導(学部):6人

    学位論文審査(学部・主査):6人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):10人

    補助教員(修士・助教):6人

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 高周波磁気デバイスに関する研究

    研究期間:

    2012年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : GHz帯誘電率・透磁率評価

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    電子デバイス・電子機器 , 

  • 電波吸収性能を有する複合材料に関する研究

    研究期間:

    2012年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 複合材料

    研究態様: 国内共同研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    電子デバイス・電子機器 , 

  • 非固体材料のマイクロ波帯誘電率・透磁率計測手法に関する研究

    研究期間:

    2017年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 電磁環境

    研究態様: 個人研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    電力工学・電力変換・電気機器 ,  通信・ネットワーク工学 , 

  • マイクロ波による樹上果実の非破壊品質検査法に関する研究

    研究期間:

    2018年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 電磁環境,計測

    研究態様: 機関内共同研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    電力工学・電力変換・電気機器 ,  通信・ネットワーク工学 ,  食品科学

  • 内装材一体型無線LAN用電波吸収体に関する研究

    研究期間:

    2012年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 電波吸収体,電磁環境

    研究態様: 国内共同研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    電力工学・電力変換・電気機器 ,  通信・ネットワーク工学 , 

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 単磁極記録ヘッド・二層膜垂直媒体におけるエラー レート特性評価

    村岡裕明,三浦健司,杉田愃,中村慶久

    日本応用磁気学会誌   23 ( 43923 ) 1065 - 1068   1999年04月  [査読有り]

    学会誌  共著・分担

  • Precise Noise Characterization of Perpendicular Recording Media

    A. Takeo, Y. Takahashi, Y. Tanaka, K. Miura, H. Muraoka, Y. Nakamura

    J. Appl. Phys.   87 ( 9 ) 4987 - 4989   2000年04月  [査読有り]

    学会誌  共著・分担

  • 垂直二層膜媒体の時間軸ノイズ解析

    三浦健司,村岡裕明,杉田愃,中村慶久

    日本応用磁気学会誌   24 ( 43923 ) 231 - 234   2000年04月  [査読有り]

    学会誌  共著・分担

  • Effect of Head Field Gradient on Transition Jitter in Perpendicular Magnetic Recording

    K. Miura, H. Muraoka, Y. Nakamura

    IEEE Trans. Magn.   37 ( 4 ) 1926 - 1928   2001年04月  [査読有り]

    学会誌  共著・分担

  • 垂直二層膜媒体ノイズの記録磁界依存性

    K. Miura, H. Muraoka, Y. Nakamura

    日本応用磁気学会誌   25 ( 43923 ) 551 - 554   2001年04月  [査読有り]

    学会誌  共著・分担

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 電磁波吸収・シールド材料の設計、評価技術と最新ノイズ対策

    三浦健司

    (株)技術情報協会  2016年09月

    学術図書

  • ICT社会の電磁環境を支える電波吸収体

    三浦健司

    日刊工業新聞社  2019年08月

    学術図書

  • 電波吸収体・電磁波シールド材の開発最前線

    三浦健司

    株式会社CMC出版  2020年07月

    学術図書

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 記録磁界急峻化による垂直二層膜媒体雑音の低減

    三浦健司,村岡裕明,中村慶久

    21世紀を支えるディジタル記録技術最前線 ( 日経エレクトロニクス・ブックス )    2005年04月

    論文に準じたプロシーディング  

芸術・技術・体育系業績 【 表示 / 非表示

  • 「電波吸収性能を付加したウッドプラスチック複合材の開発(Z-02)」

    大会・展覧会:イノベーション・ジャパン2013 ~大学見本市&ビジネスマッチング~ [展覧会]

    受賞名・順位等名:

    2013年08月
     
     

    三浦健司

    発表場所:東京ビッグサイト

  • 「電波吸収機能を有する木質プラスチック複合材」

    大会・展覧会:いわて産学官連携フォーラムリエゾンIマッチングフェア2013 [展覧会]

    受賞名・順位等名:

    2013年11月
     
     

    発表場所:岩手医科大学60周年記念会館

  • 電波吸収性能を有するウッドプラスチックコンポジット材

    大会・展覧会:岩手大学・岩手医科大学合同新技術説明会 [展覧会]

    受賞名・順位等名:

    2014年02月
     
     

    三浦健司

    発表場所:JST東京本部別館ホール(東京・市ヶ谷)

  • 電波吸収性能を有するウッドプラスチック複合材

    大会・展覧会:第4回A-STEP発新技術説明会 [展覧会]

    受賞名・順位等名:

    2014年11月
     
     

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 垂直磁気記録における非線形転移点シフトの記録密度依存性

    口頭(一般)  三浦健司,村岡裕明,中村慶久

    映像情報メディア学会年次大会 

    1998年07月
     
     

  • 単磁極書き込みヘッド・垂直二層膜媒体系でのエラーレート測定

    口頭(一般)  三浦健司,村岡裕明,杉田 愃,中村慶久

    電気関係学会東北支部連合大会 

    1998年08月
     
     

  • Noise Properties and Error Rate Performance for PR4 Channel in Perpendicular Magnetic Recording

    口頭(一般)  H. Muraoka, K. Miura, K. Nakagawa, Y. Nakamura

    Intermag Conference 1999 

    1999年05月
     
     

  • 垂直二層膜媒体の時間軸ノイズ解析

    口頭(一般)  三浦健司,村岡裕明,中村慶久

    第23回日本応用磁気学会学術講演会 

    1999年09月
     
     

  • 垂直二層膜媒体のノイズ特性と分解能

    口頭(一般)  三浦健司,村岡裕明,杉田愃,中村慶久

    電子情報通信学会総合大会 

    2000年03月
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会 磁気記録研究専門委員長賞

    2002年06月

    受賞者:  三浦健司

  • 石田(實)記念財団研究奨励賞

    2009年10月

    受賞者:  三浦健司

    ハードディスクの高密度化に関する研究

  • IEEE Sendai Section, Student Award 2009 (The Encouragement Prize)

    2009年12月

    受賞者:  E. Yamamoto, K. Miura, H. Aoi, H. Muraoka

    Track Density Enhancement by Shingled Writing in Hard Disk Drive

  • IEEE Magnetics Society Sendai Chapter Best Student Presentation Award

    2013年10月18日

    受賞者:  三ケ田祐也,三浦健司,関野登,久保田賢二,岡英夫,小林正彦,木口実,大友祐晋

    Wood-plastic composite with a magnetic function and its microwave absorbing performance
    (混練型木質プラスチック複合材の磁性化と電波吸収性能評価)

  • 電気学会東北支部長賞

    2015年04月28日

    受賞者:  村上和也,岡英夫,三浦健司,久保田賢二,関野登,浪崎安治

    磁性竹粉ボードの材料定数に関する実験的検討

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 電波吸収性能を有する混練型磁性ウッドプラスチック

    特許

    特願 特願2013-184349  特開 特開2015-53338  特許 特許第6429139号

    出願日: 2013年09月05日

    公開日: 2015年03月19日

    登録日: 2018年11月09日

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 近未来居住環境における木質系磁性電波吸収ボードの木質・電波吸収調整機能設計法

    基盤研究(B)

    支払支給期間:

    2012年04月
    -
    2014年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2012年度・ 168,000円・ 0円

    2013年度・ 300,000円・ 0円

  • 無線LAN二波吸収を実現する羽板構造木質系電波吸収体の構造設計

    若手研究(B)

    支払支給期間:

    2015年04月
    -
    2017年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2015年度・ 2,300,000円・ 690,000円

    2016年度・ 800,000円・ 240,000円

  • 新規損失材料探査のための透磁率・誘電率測定法の液体/半固体/磁性配向材料への拡張

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2017年度・ 1,900,000円・ 570,000円

    2018年度・ 1,100,000円・ 330,000円

    2019年度・ 700,000円・ 210,000円

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 広帯域電波吸収性能を有する磁性化ウッドプラスチック内装材の開発

    研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)

    資金支給期間 :

    2013年08月
    -
    2014年03月

    研究内容 :

    本課題では,高い耐水性を有する木質系材料として実績がある混練型ウッドプラスチックに磁性粉を分散させて電波吸収特性を付加した複合材を,その優れた可塑性と木質感を生かして内装と同化させた広帯域電波吸収体へと展開する.

  • 電波利用拡大のための液体/半固体/磁性配向材料高周波帯誘電率・透磁率評価法の開発

    部局経費

    資金支給期間 :

    2016年12月
    -
    2017年03月

    研究内容 :

    電波利用拡大のための液体/半固体/磁性配向材料高周波帯誘電率・透磁率評価法の開発

  • New Measurement Method of Broadband Permittivity and Permeability of Non-Solid Materials in Small Quantity

    部局経費

    資金支給期間 :

    2016年08月
     
     

    研究内容 :

    粉体等の非固体材料のマイクロ波帯の誘電率と透磁率を数十μL程度の少量で同時に計測する手法を新たに提案した.樹脂製トロイダル容器に被測定材料を封入してSパラメータを測定し,高周波回路計算によって樹脂容器成分を除去した.結果として,既知材料の誘電率・透磁率が精度良く得られたのに加え,体積割合45%以上のソフトフェライト磁性粉体の透磁率に関しても妥当な結果が得られ,本手法が有用であることを示した.

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    IEEE

  • 2012年04月
    -
    継続中
     

    電気学会

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会

  • 1999年06月
    -
    継続中
     

    日本磁気学会

  • 2012年04月
    -
    継続中
     

    日本木材学会

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2006年01月
    -
    2006年12月

    IEEE   Magnetics Society Sendai Chapter Secretary

  • 2008年01月
    -
    継続中

    日本磁気学会   広報委員

  • 2009年04月
    -
    2019年03月

    日本磁気学会   論文委員

  • 2011年01月
    -
    2011年12月

    IEEE   Magnetics Society Sendai Chapter Secretary

  • 2012年01月
    -
    2013年12月

    IEEE   Sendai Section Executive Committee

全件表示 >>

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • International Symposium on Ultra-High Density Spinic Storage Systems (2003年10月)

    参加者数 : 150人

  • 第7回垂直磁気記録国際会議 (2004年06月)

    参加者数 : 200人

  • 第8回垂直磁気記録国際会議 (2007年10月)

    参加者数 : 200人

  • 日本磁気学会第32回学術講演会 (2008年10月)

    参加者数 : 300人

  • 第9回垂直磁気記録国際会議 (2010年05月)

    参加者数 : 200人

全件表示 >>

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • 日本応用磁気学会誌 [査読 (2005年09月)]

  • 日本応用磁気学会誌 [査読 (2005年12月)]

  • 日本応用磁気学会誌 [査読 (2006年02月)]

  • 日本応用磁気学会誌 [査読 (2006年11月)]

  • 日本応用磁気学会誌 [査読 (2006年11月)]

全件表示 >>

マスメディアによる報道 【 表示 / 非表示

  • 2015年度

    技術のWebマガジン「テクポン」5・6月号に混練型磁性WPCの紹介記事が掲載された

    報道区分: 全国報道

    メディア区分: インターネット

 

企業・団体等への指導等 【 表示 / 非表示

  • 2011年度 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)

    指導等の内容 :

    「超高密度ナノビット磁気記録技術の開発」技術推進委員

  • 2012年度 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)

    指導等の内容 :

    「超高密度ナノビット磁気記録技術の開発」技術推進委員

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 仙北市立西仙北中学校 大学見学

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 講師

    2012年10月
     
     
  • 国立仙台高等専門学校 大学見学

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 講師

    2013年09月
     
     
  • 岩手県立釜石高等学校 SSH事業

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 講師

    2013年09月
     
     
  • 岩手県立釜石高等学校 SSH事業

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 講師

    2014年09月
     
     
  • 岩手県立釜石高等学校 SSH事業

    種類 : 研究指導

    担当部門(講演題目) : 研究指導

    2014年10月
     
     

全件表示 >>

他大学等の非常勤講師 【 表示 / 非表示

  • 国立仙台高等専門学校

    非常勤講師 (

    2011年04月
    -
    2012年03月

    )

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    ものづくりEF運営委員会